こたろー税理士のブログ

ぼくの目標は「社長さんがラクになること、楽しくなること」。 税理士として、コンサルタントとして、人として、友人として。。。見たりやったりしたことを残していくブログです。たぶん、役に立つこと、感動することいっぱいです!

東北太平洋沖地震、この試練をどう乗り切るか?私たちの使命は大きい。

tumblr_lhzkwoMvhj1qzs01ro1_500

東北太平洋沖地震に被災されたすべての方に、心よりお見舞い申し上げます。

先週金曜日は、大阪・堺に行っており、そこで地震に遭いました。
巨大地震のニュースは衝撃的でしたが、大阪でさえ、長距離交通は混乱していました。
その後、午後9時過ぎのやっと新幹線に乗ることができ、午後11時前に会社に戻りました。

我が家では、まだ幼い長女のお世話と、先月生まれたばかりの
双子の赤ちゃんのお世話で忙しく、その夜は地震のニュースを見ていませんでした。

次の日、長女がロタウイルスで入院しているため、付き添い看護のため、
病院で恐ろしい巨大地震の映像のニュースを一日中見ていました。

「こんな未曾有の事態に対し、私たちに何ができるのか?」
もう2日もずっとそんなことを考えています。
募金、生活物資の送付、ボランティア活動・・・一通りできることはしたものの、
被災地の方々の困難を思うと、私のできることなどたかが知れていて、支援といえるものには程遠い・・・。

今回の災害は、地震、津波、火事、放射能漏れ、原油流出・・・すべてが複合した災害です。
世界中から届く巨大災害のニュースをすべて集約したようなものです。

この災害から立ち直るには、膨大な資金と時間がかかると思います。
被災者の方々が負った心の傷は癒されることがないかもしれません。

ただ、こんな時こそ、困難に立ち向かっていく気持ちが大切だと思います。
阪神大震災の時もそうでした、外国メディア(特にアメリカのメディア)は、お悔やみと称賛の心で、
今回の地震をこんな風に伝えています。

「日本は、歴史上、幾度となく巨大な地震や津波に遭いながらも、
国民が団結して困難を乗り切ってきた。
日本は逆境に強い。今回も日本が負けることはないだろう」。

こんな日本の国民であることを誇りに思った記事でした。


日本の技術力もこれと同じではないでしょうか?

とてつもない困難(革新的技術の壁)を幾つも幾つも克服し、
今日のジャパン・ブランドを築いてきたのです。

被災者の皆さんは、助け合い、支え合いながら頑張っています。
そして、地震のニュースを通じて、国民の心はいま一つになっています。
政治も暫定的とはいえ一つになっています。

日本を取り巻く経済状況、そしてその将来は、困難に満ちていますが、
こんな時こそ、私たち経営者や専門家が、政治家、そして国民自らが、
革新的で、真摯な努力を継続することによって困難を乗り越えていくのではないでしょうか。

今回の巨大地震の困難を、前向きに跳ね返していくことで、
必ず「美しいニッポン」が実現できると思います。

いま私たちにできることは何か? 皆さんと一緒に考えていきましょう。

福・禄・寿


福禄寿(ふくろくじゅ)は、七福神の一つ。
道教で強く希求される3種の願い、すなわち幸福(現代日本語でいう漠然とした
幸福全般のことではなく血のつながった実の子に恵まれること)、
封禄(財産のこと)、長寿(単なる長生きではなく健康を伴う長寿)の
三徳を具現化したものである。(ウィキペディアより)

去年12月後半より、毎週のように風邪をひき、熱を出し、今年に入ってからも
寝込む日が何日もできてしまった。
健康管理ができないというのは社会人としてどうかと思うが、
「今しかできない」ことをするとこんなになるのもやむを得ないとも思う。

ただ、やはり健康なくしては、幸福な人生を歩めないのも事実であり、
ここ2か月はあまりにも不健全な人生だ。。。

自分の健康の悪さ=不健全さは、自分に身近な人、家族や社員に現れる。
自分が発するもののすべてが、いろんな形で自分に返ってくるのであれば、
自分の行いに何かあるべきものではないことがあったのではないか。

この文章を書いている端から(前文のこと)、
すでに「自分」「自分」「自分」の三連発で、いかに傲慢な状態かを現わしている。

自分の使命は何か、

使命を達成できる状態か、

いい自分を発信できているか、

この数時間の間にしっかり見つめなおしてみよう。

香港ビジネスは、スピード、グローバル、ハイクオリティ。

大変遅くなりましたが、
明けましておめでとうございますm(__)m
今年も引き続き、ご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。

14-12-2010

香港二日目。

DSC00551a

香港島サイドにタクシーで移動して、
高層ビルの立ち並ぶオフィス街のレストランで飲茶をいただく。

中国スタッフの方でスケジュールを組んでもらったので、
事情がよくわかっていなかったが誰かと一緒に食事をするらしい。

しばらくしていらっしゃったのは、
台湾大手証券会社の「主席策略師」の女性だった。
中国スタッフのオーストラリア留学時代の友人らしい。
日本に数年いた経験もおありで、温厚そうな女性だった。

その女性は大事な会議があるとのことで、
その間暇つぶしにショッピングセンター内を詮索する。

九龍サイドの街並みと違い、こちらはすべてが洗練された感じ。
ブランドショップも多いが、品ぞろえ、店舗の大きさは
昨日のハーバー・シティのほうがいいかも。

しばらくして、台湾の証券会社の香港オフィスに向かう。
めちゃ長いエスカレータを上ってさらにエレベータで上へ。

りっぱなオフィス構えの元大証券(香港)に到着。
会議室に通され圧巻だったのはその眺望。
高層ビル見渡せる香港の海と九龍サイドは「これぞ香港」な感じ。

円卓上の会議机の向こう側に主席戦略師の女性他、担当者3名が並ぶ。
さっそく商品の市場性について話が始まった。

さすがだ。

市場の見通し、これからの販売展開の課題など、
議論がすべてにスマートでシャープな感じ。

「ここで仕事がしたい」と、心から感じる。

最後に、私に発言を求められたので、
その商品販売の根底にある究極の目的について。

「人間の尊厳と介護」

この点について、
先方担当者が、「私の親にすぐにでも買ってあげたい」と話を続けた。

よくわかってらっしゃるな。。。
安心して商品を中国へ送り出せる、と実感させられた。

DSC00611a

最後は楽しい語らいの「飲茶」

DSC00627a

スターフェリーで九龍へ。香港シティナイツ。

香港なう。こちらは景気が悪くないゾ!!

12-13-2010 

DSC00505a

今回は、お客様が香港の会社と取引を始めたいとのことで、
直接先方にお伺いして業務内容を検討する。

DSC00480a

お客様にチャイナエアーのビジネスクラスをとっていただいた。
足元こんなに広々ヽ(@`▽´@)/


DSC00514a
その上、ホテルはインターコンチネンタル2泊(`▽´)v
お部屋はちょーーー豪華ですヽ(@`▽´@)/

これだけ贅沢な内容でも、
ちょっと高いLA行きの往復チケットと同じくらいのお値段。

やるな。。。チャイナエアー。
今回、飛行機ちょっと古いけど。。。

それにしても。。。
こんないい環境でお仕事させていただいてありがとうございます!!
明日から頑張ります(^-^)/

朝6時に家を出て、現地香港に16時着(日本時間17時)。
台北のトランジットが約2時間でこんな感じ。
ちょっと時間効率悪いかも。。。ご飯もいまいちだった(^-^;

DSC00527a

今日は打ち合わせはないので、
KowloonのHarbour Cityにてお買い物に同行。。。

DSC00526a

香港の景気の現状としては、経済の拠点がシンガポールに移行し、
観光客をドバイやアジア諸国にとられて不景気だと聞いていたが。。。

DSC00532a

ところがどっこい、中国本土からの観光客が押し寄せて、
ブランド専門店には、夜9時でも中国人お客さんが外まであふれている。

日本どーなの??
法人税下げるって、どんだけ?
実効税率5%引き下げなんてぬるいぬるい。。。
海外から日本に企業を呼びたければ、
実効税率20%引き下げ断行!ですな。。。

まあ、他の方法で日本の将来を考えるしかないのですが。。。

DSC00538a

夜は、Harbour Cityの向かいの糖朝で飲茶&粥麺。
日本にも支店がいくつもあるらしい。。。

スイーツで有名らしいですが、
確かに「温かい杏仁豆腐(名前わかんない)」は絶品!
ヌードルも飲茶も全部おいしかったヽ(@`▽´@)/

外国でご飯食べて、ここまで「全部おいしかった」のも珍しい。。。
本当にお客様に感謝でありますm(__)m

さあ、明日はがんばるでぇ(o ̄∀ ̄)ノ”

時代の変化に対応すること

引き続き東京・新宿なう。

昨日のブログ記事と関連しますが、
某コーヒーショップで思ったこと。

DSC_0686


新宿・歌舞伎町の入り口にあるこのコーヒーショップ、
フロントスタッフは全員、中国人か韓国人。

たどたどしさの残る日本語で注文を受けてくれる。
一生懸命さとまじめさが伝わって切る。

僕もアメリカでやりましたが、
慣れない人、文化の中で頑張るのは大変ですが、
将来待っている世界は全く別のものになる。。。

なぜ、中国人スタッフか?
答えは簡単、中国人のお客さんが多いから。
その人たちに合わせてお店の構成を変えているのだと思う。

20年数年前の日本人が世界を圧巻させたのと同じで、
中国が急成長をしてきた。
アメリカ、ヨーロッパが経済的に苦しむ中、
アジア諸国や近い将来はアフリカ諸国が台頭してくる。

日本はどうするか。
現状をかんがみて、21世紀に対応した方向性をきめないと。

企業も個人も同じ。
時代が変わったのなら、それに合わせた商品サービスを。
売り先はどこか?どんな商品なら売れるか?
そのために自社の方針をどうするのか?

外国に行くと、その国の経済状況がよくわかります。
はっきり言って日本は停滞してきます。

今まさに大きな時代の流れの方向転換の時期になりました。

「あなたは将来どうしますか?」

この問いにすぐに答えられるよう、考えておきましょう。