2011年02月15日

みやぎ県議選

4月1日告示の県議会議員選挙で、動向が注目されていた

境 恒春(さかい つねはる)氏(31歳)は出馬の環境が整った

ので、気仙沼・本吉選挙区(定数3)への出馬の意志を固めた

との報が入りました。

境氏は「31歳!若さと情熱と行動力で明るい未来をつくります」

と述べています。

明日16日、「みんなの党の公認」を受けた後、近日中に

記者会見を行い、出馬にあたっての抱負などを発表するとの事です。

境氏には県政の光が当たっていなかった気仙沼・本吉地域の発展の為、

大いに頑張って貰いたい。




samon2918 at 13:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年02月02日

立春

 暦は早くも2月に入りました。

 明日は節分、明後日には立春と、暦の上では既に春。

 しかし、秋田市では1月の降雪量は観測史上3位の188センチに達したほか、
 
 気温が例年より低く推移したため、除排雪作業に想定以上の時間がかかったそうです。


 明日2月3日は「節分」です。

 豆をまいて悪疫退散や招福を願う行事が行われます。

 ご自宅で豆まきの準備等はされていますでしょうか?

 近くの神社でも、毎年節分神事が開催されているので、足を運んでみたいと思っています。

 実際の季節としても春がゆっくりと迫ってくる頃ですね。

 

























samon2918 at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月11日

善意は、まずあなたから(互譲の精神)

皆様こんにちは!

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

新年早々良い話をご紹介します。

南三陸署は昨年、県内24警察署で唯一、死亡交通事故ゼロを達成したそうです。

同署では、「町民の交通安全に対する意識の向上がうかがえる」とし、

今後も重大事故防止に努めていきたい」と話しています。


交通ルールの基本は、「互譲の精神」にあると教えられました。

時にあたって、個人個人が自分を優先させようとするならば、

必ず事故や争いの因となるからとの配慮に他なりません。

 たとえば、車を運転していて、対向車の列の中の一台が右折のサインを

出して止まった時、こちらも手前で止まって先方の車を先に右折させてあげれば、

全体の車の流れもスムーズになり、相手からはとても感謝されることがあります。

そんな時は、こちらも気分が良くなりますし、

先方も、次の機会には同じようなお返しをされるでしょう。

それが回り回って、私もこの頃、この恩恵を受けるようになりました。

 事は交通に限りません。全ての社会生活において、思いやりのある行動を

自ら率先して行うようにしていったならば、ギスギスしがちになった今の世の中も、

やがて再び心豊かで住みやすいところになっていくものと信じます。



samon2918 at 15:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月19日

住宅リフォーム補助

南三陸町12月議会の一般質問で、千葉議員が住宅リフォーム補助を取り上げた。

質問の趣旨は「建設業の衰退は雇用の場の減少であり、消費低迷の大きな要因である。建設業や工務店への町発注工事を増やす方策として、岩手県宮古市の事例(住宅リフォーム補助制度)に取り組めないか」

これに対し、町長は「町独自の経済対策として、道路予算を増額や耐震工事の助成をしている。地域経済の振興を図るため、可能な限り地元業者の受注機会の確保に努めたい」との答弁。

県内では石巻市と加美町が「住宅リフォーム補助制度」を導入しているが、県南の柴田町も来年度創設する方針を明らかにした。

柴田町長は12月議会で、「町民のリフォーム需要を掘り起こし、町内業者の請負工事を創出する。事業費約1,000万円を2011年度一般会計当初予算に盛り込む方針」と語った。

その内容は、町民が町内業者に工事を発注するのが条件となる。対象はバリアフリー化、雨漏り修繕、トイレや浴室の改修などの改築工事で、20万円以上の工事に、一律10万円を補助する。

町担当課は「町内の小さな業者は仕事を確保するのが困難な状況。少しでも多くの業者に仕事が回るようにしたい」と話している。

samon2918 at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月30日

「バッハオニオン」加工品開発

先週、南三陸アグリネットワーク21の仲間とJA加美よつば営農センターを訪問し、
「バッハオニオン」についての視察研修を行った。

JA加美よつばでは、JA加美よつば産玉ねぎの特徴(甘さ)を活かして
「バッハオニオン」のブランド名でジャム、ピクルス、ドレッシング、スープ、
カレーを11月からJA加美よつば農産物直売所などで販売しています。

以下、地域農産物を活用した加工品開発についてご紹介します。

*開発の目的 

農産物を取り巻く環境は近年目まぐるしく変化している。
 JAもただ農産物をそのまま販売するのではなく、
 付加価値を付け加工品と姿を変えて販売する事が必要である。

*開発までの経緯

1)平成20年度から開発を開始し、今年で3年目になる。(3年事業)
2)事業は国庫補助事業の、「農林水産物・食品地域ブランド化支援事業」を活用。
  (国の補助2分の1、JAの補助2分の1)3年間で800万円(国400万円、JA400万円)。
3)地域の玉ねぎ「バッハオニオン」(登録商標)を使った加工品5種を開発。
  今年度の11月に販売を開始した。

*開発までの作業の流れ①

1)まず、誰に、何を、どこで、どのようにして販売するのかを設定する。
2)商品化する原料(品目)を決定する。
3)どんな加工品を作るか決定する。
4)開発が自分でできるのか、また委託をしなければならないのか。

*開発までの作業の流れ②

1)委託製造をする場合、大中小と企業の大きさは様々であるが、
自分たちの開発する商品の特性やロットとマッチする業者を探す。
2)最後に販売である。どこで、どのように売るかで商品の特性を生かすも殺す場合もある。

*関係業者

1)委託製造:㈱やくらいフーズ(加美町)ーPB開発のためOEMで加工品開発。
2)レシピ開発:レストラン・ラ・ペ(仙台市)ーシェフの職人の腕でレシピ開発。
3)コンサルタント:FMS総研(仙台市)−モニター調査・ロゴマークデザインなど。

*開発商品一覧

1)バッハオニオンのジャムー350円(120g、ビン)
2)バッハオニオンのピクルスー350円(120g、ビン)
3)バッハオニオンのドレッシングー500円(195g、ビン)
4)バッハオニオンのスープー550円(200g、レトルトパウチ)
5)バッハオニオンカレーー500円(500g、レトルトパウチ)
以上




samon2918 at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月23日

議会と住民との懇談会(2)

昨22日(金)午後7時〜9時まで、志津川公民館での懇談会に参加した。
参加者は20名。

町民からの要望、意見、提言は次の通りでした。

Oさん(新井田)議員定数16名と決まったが、増員してはどうか?
Gさん(汐見) 16人で町の隅々まで目が届くのか?
議会      議員定数は町民の意見を聞き、20,18,16名の中から、多数決で16名と決めた。
しかし、持分広がったので、戸惑っている。そこで、皆さんの意見を聞き参考にする為、懇談会を開いた。

Xさん(不詳) 議員の年間の実働日数は何日位か?
議会     定例会ー30日、臨時会、委員会など、年間60日位。
Xさん(不詳)当町の議員は若い人が少ない。年間180日位の実働であれば、町長報酬の半分位の報酬を出しても良いと考えて質問した。当町の議会には議会基本条例があるのか?
議会    無い。姉妹町の庄内町を視察し、先進事例を勉強中。
Xさん(不詳)議員任期中に実施して欲しい。

Oさん(新井田)庄内視察の折、遊休農地の活用策も聞いたのか?
議会     テーマに入れていなかったので、聞いていない。

Gさん(汐見)町職員の対応が悪い。議会として指導を徹底して貰いたい。
Sさん(天王前)前回、定数16名に賛成した。但し、360日、議員活動をするため、通年議会を要望したい。又、ネットで議会を見ているが、本会議で傍聴するのとは迫力が違う。夜間議会や休日議会を検討して欲しい。
議会    夜間議会や休日議会は執行部の了解が必要だ。検討課題とし、もう少し時間を。

Oさん(新井田)9月議会、町長が病気で、議事日程が変更になった。副町長で代行できなかったのか?
議会    一般質問の日程を変更した。答弁の責任が違う。
Gさん(汐見)何の為に副町長がいるのか?
議会     代行できない事項もある。
Oさん(新井田)それなら、経費節減のため、副町長は要らないのではないか。
当町の議員には議員らしからぬ発言をしている者が居ると聞く。新聞に取り上げられており、町民の恥だ。
議会    ・・・・・・・。

Sさん(十日町)一般質問の時間が90分から60分に変更になった。議運で決めた事を蒸し返すのは可笑しい。
質問の中味が問題であり、効率的に進めてもらいたい。議会はネットで見ているが、休憩が多い。傍聴者はどれぐらいいるのか?
議会    少ない。

Oさん(新井田)病院の問題、手遅れになってから、他の病院へ回される。
議会     キチンとやっている筈。
Oさん(新井田)顔面神経の病気で入院した事例だ。
議会     医者、やっている。
Oさん(新井田)やってないから言っている。
Gさん(汐見)救急車で病院へ行ったが、受付を拒否された。
Hさん(本浜)叔父が末期がんで入院していたが、娘が古川に住んでおり、転院を希望したが、許可してくれなかった。やむを得ず、退院して、古川のホスピタルに移した。こんな公立病院はいらない。
Sさん(廻館)他の病院へ行けない人もいる。医師を招聘し、病院を存続して貰いたい。
議会    公立病院に120名入院しており、存続に向けて、努力したい。遊休農地は400haと多いが、遊休農地の解消は環境保全につながるので、対策を検討している。

Oさん(新井田)志津川は海があるのに小売店の魚が高い。何故か?
議会     仲買人の縄張りがあり、競争率が上がっていかない。漁船と仲買人は鶏と卵の関係だ。売る方も買う方もスムーズに行くように、議会でも動いている。売る方が値段を付けられない現状にある。
Gさん(汐見)養殖漁業者はサンドバックに砂利をいれ、いかだのアンカーに使っているが、砂利を海に捨てている。養殖者が海を自ら汚している。
議会    指摘の通り。漁業者の中で注意しあって、海を守らなければならない。

Kさん(南町)商業部会は産業・建設委員会と話したことがない。道の駅の話が出ているが、最前線の商工者の話も聞かない。不安である。国も評価している商工事業についても議会からの質問もない。議会はモット町民に目線を向けて欲しい。
議会    反省している。道の駅は三陸道で、検討している。
Kさん(南町)道の駅設置は反対だ。町の活性化にはつながらない。
Kさん(南町)個人で報告会をしている議員は何人居るのか?
議会     やっている人もいる。

Oさん(新井田)今の町政は事後承諾だ。議員達がモット近くを見て欲しい。
議会     町の活性化が大きなテーマである。持ち帰って対応したい。

Hさん(本浜)奄美大島で大雨の災害が発生している。昨年は我が町でも起こった。その時、町の危機管理室は機能しなかった。その後、災害用通行止めの棒を頼んでいるが持ってこない。議員は現場に来て勉強して欲しい。
次回の懇談会はいつやるのか?
議会    検討します。
                                       以上







samon2918 at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月22日

南三陸町議会と住民との懇談会

昨21日午後7時〜9時まで、議会と住民との初めての懇談会が戸倉公民館と入谷公民館で開催されました。

開催の趣旨(目的)は「今後の町づくりは、住民と対話して地域のニーズや住民の思いを吸い上げ、議会活動に反映させる」とのことでした。

昨夜は戸倉公民館の懇談会に参加しました。参加者は25名。他に、河北新報、南三陸新聞、南三陸マイタウン情報の記者さん。

住民からの意見・要望・提言は次の通りでした。

Sさん(志津川)開催日時の設定について、平日でなく、土、日の開催は出なかったのか?
議会     出なかった。今後の開催については検討する。

Kさん(在郷)県議会議員の選挙区割りと定数が決まったようだ。気仙沼と一緒になれば、当町からの当選は難し      くなり、当町が抱える病院問題や三陸道の進捗など、意見が反映されなくなるのでは。
議会    県議の選挙区と定数はほぼ決まったようだ。懸念はしている。   

Aさん(折立)先般、南三陸新聞で、議会と議員の活動について、かなり「ビリッ」とやられた。昨年選挙に立候補した時の抱負を、町に対しどの程度出しているのか?各議員の話しを聞きたい。
議会    本日の懇談会は議会として臨んでおり、議員個々の意見は控える事にしている。

Aさん   執行部提案について、賛成多数のようだが、初心を忘れずに頑張って欲しい。

Eさん(寺浜)定員16名で充分か?充分ならモット減らしても良いのでは。
議会    議員の守備範囲が広くなり、町民の負託に応えるのが厳しくなった。従って、懇談会を設けた。

Eさん   少数でやるには、優秀な議員が必要になる。

Kさん(在郷)外貨を稼ぐ工夫が必要では。道の駅を設置してはどうか。又、海沿いの道路に木の葉が邪魔して、      海が見えない。議会で取り上げないのか?
議会    良い意見だ。道の駅は提言している。庁内で、三陸道との関連で検討している。

Eさん(寺浜)病院は赤字だそうだが、病室にクーラーもついてない。何とかならないか?
議会    クーラーの設置は来夏までに解消される。

Hさん(折立)?医師不足解消のために、町で育英資金を出して育てたらどうか?働いている町民が1万人として      1人1,000円の拠出をすれば1、000万円となり、医師を育てる事ができる。そうすれば、      町内の子供達にも励みにもなる。      
先日、町長の出前トークで話したら、町長から「鮭の回帰率より悪い」と言われた。
      
基礎年金を7万円にと言われているが、何時からなのか?
      
ボランテイア活動は一般的に無償と言われているが、ボランテイア活動にポイント制を導入し、       自分が介護をして貰う時に還元してはどうか。
議会    医師招聘のプロジェクトチームを立ち上げた。提言していく。      
政府に意見を出していく。      
議会として提言していく。

Mさん(婦人会)道の駅の設置は海の見える所に考えて欲しい。

Sさん(志津川)当町の教育の現状と課題について、特に、地域連携型の中高一貫教育の今後の動向と課題につ        いて、議会として把握されているのか?
議会    学力向上は町民の願い。他町に負けない環境づくりに取り組んでいきたい。

Sさん(志津川)県立高の入試制度は現、中1年生から変る。県から早く情報を入手するべきではないか?

Aさん(折立)戸倉中は生徒数が少なく、やりたい事もできないでいる。子供のことを真剣に考えるならば、志       津川中との統合を早く進めるべきではないか。統合について議会で議論しているのか?           登米市の中田町は当町より人口も多いが1中のみで、遠くから通っている。
議会    意見として聞いておきたい。

Oさん(寺浜)町境の消防団活動について聞きたい。隣町の火災への出動は出来るのか?
消防関係者 市町間の協定書がないと出動は出来ない。

Kさん(在郷)住民の皆さんは議員個々の話を聞きたいと思う。今回の懇談会は今後、議員個人として報告会を開      く、足がかりと考えて良いか?
議会    趣旨はわかる。有権者とすれば一人ひとりの議員活動を知りたいと思う。今回は町民が議会と執行      部に望むことを聞きたい。今日、皆さんの話を聞いて大変勉強になりました。

Sさん(志津川)議会をモット知って欲しいのであれば、夜間議会を開くとか検討してはどうか?
議会    今回は初の試みでしたが、多くの住民が集まっていただき、又、色々な提言をいただいたことに、      感謝しています。夜間議会の開催は今後の検討課題と思う。                                        以上            

samon2918 at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月18日

雇用の拡大

民主代表選で菅直人首相は「雇用拡大によって経済を成長させる考え」を強調した。更に菅氏は「介護などで新たな雇用をつくる。中小企業に若い人の雇用をつなぐ。日本国内での雇用を守る。この3つを頑張る」と表明し、代表に選出された。
そして、昨17日、菅改造内閣が発足した。菅首相が名づけた「有言実行内閣」の真価が問われる。

さて、当町の9月議会は町長が体調不良で入院したことに伴って、変則的な日程で議事が行われたが、昨日閉会した。

一般質問は最終日に行われ、5氏が高齢者福祉、産業振興、雇用の場の確保などを質した。
その中で、雇用に関する質疑は次の通り。(18日付、三陸新報より)

千葉伸孝議員「第3セクターを設立して、若者の雇用の場を確保する考えはないか」
町長「第3セクターを立ち上げるような事業目的がなく、今のところ設立する考えはない」

この他に質問と答弁は種々あったと思うが、行政として雇用の場をつくる熱意と仕組みが出来ていないと感じた。

千葉信孝議員「働く場がない若者の町外への流失に歯止めをかけるため、何をしているか」
町長「新規雇用促進奨励金を1人当たり10万円から30万円と増額したことにより、地元に残った高卒者が24人と例年に比べ増えた」

町内の新規卒業者の内、大学・専門学校への進学者や家業を継ぐ人も多いので、就職希望者は少ないと思う。しかし、学校卒業後(2年・4年後)に町に戻ってくる若者はどれ位いるのでしょうか。

先日、町内の御婦人が「町内に若者の働く場がない。やむを得ずに、町外に出て行く。町に戻ろうとしても、仕事がないので、呼び戻せない。このままでは、高齢化が益々進み、家族が崩壊する」と、切実に述べていた。

若者の雇用の場の確保について、行政は他町の事例を参考にし、もっと真剣に取り組むべきです。

宮城県は大衡村にセントラル自動車、トヨタ系の自動車関連産業を誘致、大和町では東京エレクトロンが宮城新工場を着工しています。

東京エレクトロンは来年4月の稼動予定。稼動時の従業員は1000人を予定し、将来は2000人への拡充を検討しています。

自動車産業や半導体産業は裾野が広く、当町でもこれらにかかわれる仕事があります。

samon2918 at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月05日

田島農園八瀬ブドウ園の見学

CIMG4100











CIMG4096












9月3日、南三陸アグリネットワーク21の情報交換会があり、田島農園の八瀬ブドウ園を見学した。
田島さんは今から10年前(2000年)に「ぶどう事業計画」を立案。
翌年(2001年)から農地(宮城県内全般)を探し、
2002年4月、気仙沼市太田で、試験栽培を開始した。
2004年12月、気仙沼市八瀬地区に山林1.2haを確保し、
2005年月、八瀬ブドウ園が誕生した。
2007年、八瀬ブドウ園で初収穫があり、ぶどう狩りを開始している。
現在の栽培面積はぶどう狩り及び生食用品種 1.2ha、加工用 1.5ha
ぶどう狩り・生食用の品種は大粒キャンベル、高墨(たかすみ)、竜宝、ブラックオリンピア他。加工用品種は山ブドウ系の紫山ブドウ。
先月27日、気仙沼市立月立小の全児童を4年前から招待している。
ブドウ園は、入園料600円(子供400円)で食べ放題を楽しめる。
持ち帰りは1グラム1円。
9月12日(日)午前10時から収穫祭があり、ぶどう踏み体験などを予定しています。
問い合わせは田島さん(電話090・7072・3376)まで。

samon2918 at 19:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月19日

おもいで志津川

おもいで志津川

    作詞 春原武勝
    補作 野口いくお
    作曲 関口重夫
    編曲 安形和己
  歌  菅原ひろ子

1、あの海も空も とんで行く
  ちぎれ雲 ちぎれ雲
  列車の窓辺
  いつか逢えるさ東京で
  渚を駆けた 袖浜(そではま)の
  いとしいひとの面影を
  ああ 志津川
    思い出の志津川

2、あの波も音も 聞こえます
  夢に見た 夢に見た
  季節の花よ
  私の心 紅つつじ
  田束山(たつがねさん)の 春便り
  あなたを呼んでなつかしい
  ああ 志津川
    思い出の志津川

3、あの夕日燃えて
  よみがえる よみがえる
  ふるさとが今
  歌津大橋(うたつおおはし) 白い舟
  ドライブ帰り 手を振れば
  海辺の花火 夏祭り
  ああ 志津川
    思い出の志津川
             ( 製造・ポリドール株式会社)

 菅原ひろ子プロフィール

  本  名 菅原 弘子
  生年月日 昭和31年10月23日 
  出  身 宮城県歌津町(現 南三陸町歌津)
  経  歴 志津川高校卒業の後上京、作曲家関口重夫門下生として
       歌謡曲のレッスンを受ける。
  

samon2918 at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月23日

なつまつり(2)

CIMG3971子どもたちの大漁唄いこみ

samon2918 at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

なつまつり

CIMG3962

7月23日午後、猛暑の中、志津川保育所のなつまつりが行われました。
子どもたちは暑さにも負けず、日ごろの練習の成果を存分に発揮していました。
お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんたちも大勢訪れ、子どもたちの元気な踊りやおみこしかつぎを楽しんでいました。

samon2918 at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月23日

議場での「バカヤロー」発言

南三陸町の6月定例議会が昨日より始まりました。

昨日は3議員の一般質問が行われました。

本日も引き続き3議員の一般質問が行われていましたが、
その状況をインターネットで視聴していました。

その中で、T議員は「質問時間が60分となり、
準備した質問の半分位しか、質問できなかった」
と述べて、一般質問を終わりました。

その途端、H議員から、「質問時間が60分になったことを、
今頃分かったのか、バカヤロー」との発言がありました。

1953年3月14日、吉田茂首相と右派社会党の西村栄一議員との
質疑応答中、吉田が西村に対して「バカヤロー」と暴言を吐き、
衆議院が解散したことは有名な話です。

わが町の議会はどのように対応するのでしょうか?







samon2918 at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月26日

チリ津波から50年

CIMG3834津波訓練

当町の地震・津波防災訓練が24日午前6時より、町内全域で行われた。
写真は五日町の訓練状況です。

samon2918 at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月28日

いずみ朝市に出店

CIMG3729



仙台市泉区の農家などが出店する恒例の「朝市」が25日、泉区役所前広場で始まり、私たち南三陸町の有志も参加しました。
天候不順のため値上がりが続く野菜を少しでも安く購入しようと、早朝から大勢の買い物客で賑わいました。
南三陸町からは野菜、いちご、お米など農産物、生しいたけやこごみ、ふきのとうなど山菜、殻付ホヤ、ワカメなどの海産物、くるみ饅頭、豆大福、草大福などを15人の方々が出品しました。
朝市は12月まで第2、第4日曜日に開催。9月までは午前6時〜7時半、
10〜12月は午前6時半〜8時。

samon2918 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月25日

たらの芽栽培

CIMG3658
CIMG3676


先週、町内の方々と「JAみやぎ亘理のたらの芽栽培」を視察してきました。

平成9年より、有志で栽培を開始し、平成10年3月に4名で「たらの芽部会」を結成し、栽培を拡大しています。

主たる目的は「たらの芽の生産拡大と生産技術の向上」「有利販売に向けての集出荷体制の強化」を掲げ、出荷物は一元選果場を設け、選果選別を一箇所で実施し、出荷者間の規格・品格の統一と、会員間の作業の相互協力を実施している。

1、選果場内共同施設として
  自動ラップ包装機 2台
  簡易予冷庫    1台(3坪)
  半自動梱包機   1台

2、生産者数ー3名

3、栽培面積は14ヘクタール。丘陵地帯で栽培している。

4、たらの芽伏せこみスケジュールは
  12月 1日、穂木刈り取り
  12月10日〜伏せ込み開始
   1月10日〜出荷開始

5、販売実績
  平成19年度 6,290kg 20,179千円
    20年度 5,524kg 19,570千円
    21年度 5,993kg 19、040千円


samon2918 at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月13日

南三陸町議会

一般質問の時間短縮は疑問!!

南三陸町3月議会は3月2日(火)から始まり、12日(金)終了しました。

一般質問は3月2日(火)、3日(水)の両日、8人の議員が地域振興、産業振興、福祉施策などについて質していました。

私はインターネットにより、8議員の一般質問を拝聴しましたが、大瀧、鈴木、三浦の3議員は持ち時間が足りないため、質問が充分に出来ないようでした。

その理由は今回から持ち時間が30分短縮され60分になったからです。

一般質問とは議員が町の行財政全般にわたって、執行機関(町長や教育長など)に対し、事務の執行状況、将来に対する方針などについて所信を聞き、報告や説明を求め、疑問点を質す事で、町民の声を反映する貴重な機会なのです。

平成19年9月より、従来の総括方式(質問回数は3回のみ、時間制限はなし)に加え、一問一答方式を導入し、持ち時間はどちらの方式も答弁を含めて60分となりました。

一問一答方式は持ち時間内であれば、質問回数は何回でも可能であり、
質問は詳細にわたるので、議論を充分深める事が出来ますし、
傍聴される町民にとってもわかりやすいと思います。

その後、議員間の協議を経て、30分延長し20年9月から持ち時間は答弁も含め、90分となっていました。

今回の30分短縮は議会運営委員会(星喜美男委員長)に於いて、
「90分間、質問する議員がいない」、「議会の進行が読めず、執行部の執務に支障をきたす」、「時間短縮により、経費の削減を図る」、「質問は簡潔に行う」などの理由により、決定したと聞いています。

全員協議会では短縮反対の意見も出たようですが、議会運営委員会の決定事項であり、尊重することとなったようです。

旧本吉町では議員の持ち時間が60分でした。当町は議員の質問と執行部の答弁を併せて60分です。
議員の発言を封ずるような時間短縮は残念でなりません。


samon2918 at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月06日

寅年を迎えて


平成22年は寅年。12支では虎があてられています。
虎は12支では3番目。虎は、アジア特産の猫科の猛獣です。

「虎」のつくことわざや用語はたくさんありますが、

「虎視牛行」」(こしぎゅうこう)という言葉をご存知ですか。

「虎のように辺りを鋭く観察し、牛のように悠然と歩く」。

禅堂などでは「歩くときには前方2メートル先に自分の視線を落とし、
虎のように目を開き、牛のようにゆっくり歩け」と諭しています。

先の見えない今の時代には「グッ」と来るものがあります。

私は未熟者でこれまでの人生でも、このバランスを失って、
失敗を数多く重ねてまいりましたので、先を見るタイミングと
それにまして絶えざる歩みの大切なことを痛感しています。

激変する社会、イノベーションの時代に対応する先見性と
同時に物事の本質を見誤らないで、ゆっくりと歩む愚直さをもつことが、
長丁場の人生をすすんでいくうえで、心がけるべきことと思います。



samon2918 at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月12日

ナルヨウニ、ナル。シンパイスルナ。

一休和尚の遺言状には次のような文句が書かれてあったという。

「ナルヨウニ、ナル。シンパイスルナ」

これが全文である。一読、平凡な文句だが、さすがだと思う。

一休の人生処世の生き方を端的に表現している言葉だ。


人生の難問に突き当たったとき、右か左か岐路に立たされたとき、

ふと、この言葉を思い出し、勇気づけられることが多い。

人生あれこれと思い悩み、心配してみても、良くなるという保証が

あるわけではない。

心配すればするほど、かえってノイローゼになり、悪い結果を

招きやすいのではないか。

やるだけの事をやったら、後はどうともなれと、運を天にまかせるくらいの

気持ちが大切だと思っている。

また世の中の理というか、天地自然の法則に従っていれば、

「ナルヨウニ」なっていく。

無理に逆らえば、なるものもならぬ、苦労するばかりである。

ともかく、この言葉は考え方によっては、味わい深い人生の指針の一つである

と思っている。

samon2918 at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月09日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

緩やかな景気回復の兆しに乗っているとはいうものの、
わたしたちの日常生活は相変わらず節約、ケチケチムードが充満し、
財布のヒモを緩める気持ちまでには至っていないようです。

さて、迎えた年は平成22年、西暦2010年、12支でいえば寅年。
虎は勇猛果敢な動物といわれ、虎に関する故事、名言は多いようです。

誰でも知っているところでは「虎は死して皮を残し、人は死して名を残す」
「虎の威を借る狐(きつね)」「虎の尾を踏む」などがあります。

新年早々、縁起でもないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、
虎は死んだ後も美しい皮を残します。

わたしたち人間も死んだ後、生前の美しい名前が残るよう
日ごろからの心掛けを大切にしていきたいものです。



samon2918 at 10:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)