副業!ドロップシッピングの始め方

副業でドロップシッピングの始め方をわかりやすく解説するサイト。主婦やサラリーマンの副業に特化して検証。

副業でドロップシッピングの始め方とは?

ブログネタ
アフィリエイトの基礎力をつける に参加中!
副業でドロップシッピングをしたいけど、
何をやればいいのかわからない・

09





初めは私もそうでした。

ドロップシッピングには有料、無料と両方あります。
まずは、無料ドロップシッピングで月5万円〜10万円を稼げなければ、
有料ドロップシッピングでは儲けられません


例え、副業でも商品を売るためには、魅力的なショップを作って、
成約率の高いコンテンツとキャッチコピーなど
基本を一通りマスターしておく必要があるのです。

まずは、月3万円を稼けるようになるには、
体系的なやり方を一通り学ぶ必要があります。

私はこの教材を使いました。
丁寧なマニュアルなので着々と作業を進められました

>>体験談はこちら



他のサイトも参考にどうぞ
ネットショップ開業の講習とは?
ネットショップ開業の仕入れはどうする?
ネット起業で脱サラって本当にできるの?

副業でドロップシッピングを始めるのに開業届けは必要なの?

ブログネタ
パソコン初心者からでも出来るネットビジネス に参加中!
もし、サラリーマンが副業でドロップシッピングを初めるのに、
開業届けは必要なのでしょうか?

本業で正しく年末調整をしていて。
ドロップシッピングの所得が
年間20万円以下ならば申告の必要はありません。

あくまでも副業ならば、税務署で雑収入で処理できるので
開業届けを出さなくてもよいのです。

ただし、儲かってきて税金対策をしたい場合には
「青色申告」をした方が事業主にとって税金が有利となります。

詳しいことは税務署で丁寧に教えてくれますよ!

>>月50万円の本業を目指すならこちら



下のサイトもどうぞ
もしもドロップシッピングのホームページ製作を依頼するには?
ドロップシッピングの被害を受けないためには?
ドロップシッピングが儲からない理由とは?

副業でドロップドロップシッピングを始める前の注意点とは?

ブログネタ
アフィリエイト に参加中!
副業でドロップシッピングを始めると被害のニューズも気になります。

儲かるか、儲からないかは、
一度、メインの商品を疑って価格調査する必要があります。
「価格.com」や「Yahoo!ショッピング」などで
卸値が高いのか、安いのかを調査してみましょう。

また、高額な初期費用だけで、稼いでいる会社もありますので注意が必要です。
無料体験をして、初期費用を支払って、圏外サイトで売上げゼロでは全く意味がないのです。

まずは、売れる商材を選ぶこと、アクセスを集めること、
このシンプルな構造を実践することが必要です。

>>ドロップシッピングの始め方を見る



他のサイトもどうぞ
ネットショップ開業の講習とは?
ネットショップ開業の仕入れはどうする?
ネット起業で脱サラって本当にできるの?

副業!ドロップシッピングの始め方

ブログネタ
パソコン初心者からでも出来るネットビジネス に参加中!
ドロップシッピングとは、直訳すると「直送」という意味です。

どんな商売形態かというと、アフィリエイトとネットショップを、
足して2で割ったようなビジネスモデルです。

もともとドロップシッピングは海外から輸入されたもので、
日本で本格的なサービスが始まったのは2006年9月頃。

副業や小遣い稼ぎとして人気が高いドロップシッピングとはいえ、
実はまだ3年も経っていないんですね。


しかしこのドロップシッピング、
“リスクは小さく大きく稼ぐ”手段としてはとても魅力的です。


アフィリエイトは、商品を紹介するだけですので、
在庫や配送のリスクや手間がかからない代わりに、
報酬手数料は数%と安いです。

パソコンさえあればブログでも商品を紹介できますので、
誰でも簡単に無資金で始められる点がメリットです。

一方ネットショップは、実際に商品仕入れ・管理・販売をしますので、
在庫や配送のリスクや手間が発生します。
しかしその代りに売値を自分で決められますので、利益は無限大です。

ショッピングカートを設置したショッピングサイトが必要なので、
初期投資が発生しますが、軌道に乗れば大きく稼げる点がメリットです。


これらに対してドロップシッピングは、

●パソコンがあれば誰でも簡単に無資金で始められる。
●店舗や事務所、倉庫が必要ない。
●卸値で商品を取り扱える。
●販売価格を自分で決められる。
●在庫がいらない。
●仕入がいらない。
●梱包や発送作業がいらない。
●人を雇わなくても一人でできる。

という点が特徴です。

アフィリエイトとネットショップの良いところだけを取り入れた、
まさに“リスクは小さく大きく稼ぐ”ビジネスモデルですね。


現在、ドロップシッピングのサービス提供企業は色々ありますが、
いわゆるDSP型(ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)で、
無料で使えて、商品点数とサービスが充実しているところとしては、

「もしもドロップシッピング」

「リアルドロップシッピング」

の2社が有名です。

取扱商品の販売管理はもとより、様々なデザインの商品広告やバナー、
そしてショッピングカートまでも用意してくれているので、
まさに手間いらずのDSPです。

もしこれから「ドロップシッピングを始めてみるか!」という方は、
こちらがわかりやすいです。

タグクラウド
  • ライブドアブログ