2008年05月15日

猛千代まとめサイト

有志の方による猛千代のまとめサイトです
http://takecho.seesaa.net/



samshosen at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キャラ別まとめサイト 

2008年04月27日

ブラックホークまとめサイト

有志の方によるブラックホークのまとめサイトです。
http://x64.peps.jp/genken/free/?id=genken&cn=10&_cus=jzxj4w

samshosen at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キャラ別まとめサイト 

2008年04月03日

閃サム・初心者編

前回のエントリで基本的な3D格ゲーのルールは覚えていただけたかと思います。
今回はそれを踏まえて対戦のスタートラインに立つための動きをあげていきます。
一部キャラについては当てはまらない点も出てきますが、主人公の覇王丸を基本として話を進めていきます。

■はじめの一歩
1・上段攻撃・中段攻撃
Aボタンを押すと上段で振りの早い横斬りが出ます。Bボタンを押すと中段でリーチが長めの縦斬りが出ます。まずはこの二つを覚えましょう。どちらもAA、BBと入力することでワンセットの攻撃を繰り出せます。
相手の動きを止める弱斬り・ダメージをとれる中斬りというように認識してもいいかもしれません。

2・下段攻撃
AA、BBだけでは立ちガードだけで防げてしまいます。次はガードを崩すための下段攻撃。
各キャラクターによって使いやすい下段は様々です。とりあえず基本技の1C(下段回し蹴り)を出してみましょう。

3・投げる
相手の近くでRボタンを押すことで投げることが出来ます。通常投げはワンボタンで抜けることが出来るため次第に通らなくなってきますがそのぶんダメージが高く設定されています。

まずこの基本を覚えましょう。実際のところ、この3つの要素だけで最低限戦うことができます。
ここから各キャラクターごとの固有技やその他のシステムを活用しての立ち回りとなります。


■縦と横
縦斬りは威力やリーチにすぐれ、中段攻撃が多く割り振られていますが軸移動でかわされてしまいます。
一方横斬りは発生が早く、相手の軸移動をつぶすことが出来ますが上段攻撃が多いためしゃがみに当てることが出来ません。
ガードさせればスキが少ない技でも空振りしてしまうと大きなスキを晒すことになります。
軸移動の使いどころが分かってくると駆け引きの幅が大きく広がります。


■技を覚える
たくさん技があって覚えられないと思うかもしれませんが、実際に使っていく技は限られています。
浮かせ技やリーチの長い技など実用的なものをいくつか覚えていきましょう。
共通の基本技に加えて、インストに載っているコマンド技を試してみてください。旧作からのキャラクターであれば引き継いだ必殺技は軒並み強力になっています。


■相手の技も覚える?
始めたばかりの頃はどれが上段?中段?下段?と混乱すると思います。まずは落ち着いて立ちガードしてください。ほとんどの技は上段か中段で、下段は一部のみです。
基本的に横に振っているものが上段、振り下ろしたり突き上げたりしているものが中段という認識で大丈夫です。
例外は食らって覚えましょう。痛くなければ覚えませぬと昔の人も言ってました。


■有利不利を考える
今攻めるときなのか、それとも守るときなのかを考えましょう。攻撃がヒットしたら続けて攻める、ガードされたら様子を見る。相手の攻撃をガードすればこちらにターンが移ります。これを意識しておいてください。硬直差不利の状況で無理に暴れても手痛いカウンターをもらってしまいます。
これが身につくころには様子見以外にもとるべき選択肢が分かってきます。


■シリーズの醍醐味、大斬り!
縦大斬り、横大斬りともにこのゲーム中最高クラスの破壊力を誇ります。
だからといって無闇に振り回していいものでもありません。ガードされれば反撃を受けますし、空振りしてしまった日には地獄が見えます。大きなスキを捕らえたとき、下段技を見切って弾いたときなど確定状況で叩き込むことを主軸にしましょう。
とはいえ一点読みでのぶっぱなし大斬りもまた、サムスピの魅力の一つかもしれません。


■いざ尋常に、一本目勝負!
実際にプレイしてみるのが一番です。なぜ勝ったか、なぜ負けたかを考えれば次にやることが見えてくるはずです。閃サムはシステムがシンプルで、難しい空中コンボなどもほとんどないため基本的な考えがわかればすぐに対戦できるようになると思います。まずは自分の使うキャラクターを決め、遊んでみましょう。


samshosen at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 初心者攻略 

3D格闘の基本ルール

・上段技 立ガードできます。一方しゃがみ状態には当たりません。
・中段技 立ちガードのみできます。しゃがみ状態ではガードできません。
・下段技 しゃがみガードのみできます。空中判定の相手には当たりません。

上段技がしゃがみに当たらない、というのが2Dと大きく違います。
これに加え、
・特殊中段技 立ちしゃがみ両方でガードできます。ジャンプで回避することができません。
・特殊下段技 立ちしゃがみ両方でガードできます。ジャンプで回避できます。
があります。以上二つはゲームによって呼び方が変わる場合、意味合いが違う場合があります。

・立ち・しゃがみ
立った状態としゃがんでいる状態は技の入力が区別されます。立ち状態中にいきなりしゃがみ中技を出すことは出来ません。その逆も同様です。しゃがみ状態から立ち状態への移行中には立ち途中技が出せます。

・ジャンプ
ジャンプ中は下段、投げを回避できます。2D格闘のように飛び込みで有利をとって〜という風にはほとんど使われません。

・しゃがみステータス、ジャンプステータス
前者は上段、投げをスカせる状態、後者は下段、投げをスカせる状態です。

・投げ技
立っている状態の相手を投げます。ガードすることは出来ません。つまりしゃがむことで投げを回避することができます。投げることが出来なかった場合投げ失敗モーションが出ます。
※閃サムにはしゃがんでいる相手を投げる技がありません。半蔵のみ空中の相手への投げ技を持っています。

・投げ抜け
一般的に2Dでは投げられるのを察知して投げ抜けを入力しますが、3Dは相手の投げモーションを見てから投げ抜けが可能です。
※閃サムの場合一部コマンド投げを除き、Rボタンのみで投げを抜けることができます。半蔵の空中投げのみ投げ抜けできません。

・軸移動
画面の上下、左右だけでなく奥、手前方向に移動することができます。ステージ内での位置取りや、相手の攻撃の回避に使います。

・ダウン
ダウンを取られている間にもやられ判定は残っています。そのまま寝ているだけでは追撃を受けてしまいます。

・ジャスト 決められたフレーム間にコマンドを入力(追加入力)することによって発生する技。もしくはその入力を指します。成功することによって技の性能が変化・強化されるもの(例・旋風裂斬、ツバメ返し)、そもそも成功しないと技が出ないもの(追加入力系)があります。



samshosen at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 初心者攻略 

2008年03月13日

キャラクター紹介・新キャラ編

前回の続きです。

キム
悪は許さん!の人のご先祖様…かどうかはわかりませんが飛燕斬や鳳凰脚を所持。
間合いを離す技をいくつか持っているので連携途中のしゃがみどころを覚えないと延々とキムのターンに?

J.
サムスピ界初の黒人キャラです。キャンセル構えから繰り出される無明逆流れは強力無比。
特殊ステップはぬるぬると打撃をかわします。イロモノかと思いきや案外渋い、それでいてアフロがプルンと揺れたりとラブリー。

アンジェリカ
キムと同様長物を持っていますがこちらは相手を幻惑する動きが多くなっています。
下段と見せかけて中段、中段と見せかけて下段。寄らば蹴る。

ヴァルター
ズィーガーと違って見た目的にも騎士のお方。立ち途中Bがガードポイント付きで相手を浮かす、と強力でこの技を中心に立ち回っていきたい。浮かせた後の追撃がものすごく一生懸命。ヴァー!

ブラックホーク
ネイティブアメリカン。特殊構えから繰り出す技はクセが強いものの、間合いを合わせれば大ダメージを奪えます。

ガロス
ガロスかわいいよガロス。長いAAはダメージも高く、振り回していける予感。
またジャンプCが中段になっており鉄拳のライトゥー風の使い方が出来るかも。


キリアン
長くて早い牽制と下段があるため中距離での立ち回りが強い。その一方火力はいまいち?
イラストと比べてポリゴンの顔が異様に濃い。

クロード
唯一、大斬りヒット時にもう一方の大斬りが連続技になるキャラ。(例・横大→縦大)
その他もろもろ火力が高い印象。追加コマンドでの追撃精度が重要っぽい。

刃兵衛
おじいちゃんの割に機敏な動きを見せる刃兵衛。
縦切り重視の技構成でいかにして相手の軸移動を狩っていくかがポイント?

武千代
主人公その2。鉄拳のポールのイメージ。スカ確の突貫撃(236A)と立ち途中Bのダブルアッパーが強い。
使いやすいので初心者にもオススメです。

鈴姫
今回のヒロイン。リーチが長く、火力も高めです。赤く光らないガード不能技もあります。
近距離の笛攻撃も強烈でこちらも初心者にオススメのキャラです。



samshosen at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)