2005年06月20日

あぁよかった。コンフェデ杯ギリシャ戦勝利

毎日、仕事が立て込んで、睡眠不足が続いているのですが、
昨夜は、コンフェデ杯を見てしまいました。

やはり忙しすぎて観戦できなかった第一戦のメキシコ戦は、
ふがいない戦いだったことが報じられており、
この第二戦はこの目でちゃんと見ないと!と意気込んでおったわけです。
結果は、大黒選手の鮮やかなゴールで勝利!
試合自体も満足できる内容でした。

もちろん、あいかわらずの決定力不足にはやきもきしましたし、
比較的試合全体を日本選手がコントロールできたのは、
ギリシャ選手のコンディションが悪かったせいなのか、などと
勘ぐったりもしましたが、
それでも、感心したのは、中盤の選手たちのボールキープ力ですね。

とくに中田英寿、中村俊輔両選手の力は圧倒的で、
そこに小笠原選手や福西選手が絡んだスピーディーなパス回しから、
右サイドの加地選手のクロスと、豊富な運動量を併せ持った厚い攻撃は、
これまでの日本の試合を忘れさせるすばらしい展開力でした。
FWの柳沢選手も先発だった玉田選手も、それぞれ持ち味を生かし、
魅力を発揮していたようで、
これでゴールを決められたら…と悔やまれる感がありました。

また、途中出場の大黒選手もすばらしい。
決定機も含め、状況判断が秀逸ですね。
出場すると彼にボールが集まるのも、チームメイトから信頼されているのでしょう。
今後ももっともっと活躍してくれるに違いありません。

惜しむらくは、左サイドの攻撃パターンでしょうか。
右サイドの加地選手が、コンフェデ杯で見違えるような動きをしているのに対し、
いつも右サイドから
うるさいくらい突破をしかけてくるサントス選手が目立ちません。
もしかしたら、
この数戦、課題の守備について本気で取り組んでおり、
あえて、自分の攻撃力は封印しているのかも。
そうであれば、前向きなチャレンジとして評価していいのかもしれませんね。

アジアでの戦いで強い武器となっていたセットプレーですが、
相手選手が大きく、あたりの強いコンフェデ杯では、
それほどアドバンテージとはならないようです。

このあたりを考えると、中盤でのキープ力と左右への大きな展開、
豊富な運動量によるボールへのサポートがより求められると思われますが、
今日のような試合が、相手に関わらずいつでもできるのか、
もしできないとすれば、どのような問題があるのか、
また、観戦のポイントを見い出したうれしい試合でした。

がんばれニッポン!! 次のブラジル戦も全力のプレイを期待!
  
Posted by samson00 at 07:12Comments(0)TrackBack(1)ニュース

2005年06月04日

大混戦の安田記念はアサクサデンエンで勝負!

どうやらフィリピン在留旧日本兵は、悪いウワサだったらしく、
あっしのジャパンも、大惨敗。
やっぱり乗り替わりは厳しいのかなぁ。
まだまだ勉強不足を痛感させられた、先週のダービーでした。
しかし、実力的に言って、負けすぎだろ!と思うのはわたしだけかしら。

さて、今週は激戦模様のマイル戦、安田記念です。
香港から強い馬がやってきてますね〜。
しっかし、このあたりは、まったくわかんない。
なので、前走の再先着馬ブリッシュラックを押させさせてもらいます。

日本馬本命は、京王杯SCを勝ったアサクサデンエン。
タイムも優秀だし、おそらく先行するであろう
ローエングリンの隣枠というのも好材料でしょう。
対抗は、ダービー卿CTを好タイムで勝った皐月賞馬ダイワメジャー。
これも先行力があってタイムも持っているので、期待大です。
この2頭を軸に、勝負します。

展開的には、前は速くなりそうなので、
差し足勝負になる可能性も。となると、
テレグノシス、スイープトウショウ、アドマイヤマックスの出番もありか。
前述した2頭に相手をブリッシュ、テレグノ、スイープ、アドマイヤ、
それに、格上ダンスインザムードを押さえて、
2頭軸マルチの5頭流しで、3連単勝負と行きたいと思います。

混戦模様の今回は、あまり自信なし。
ま、自信があってもなくても、結果はあまり変わらないのですが…。
  
Posted by samson00 at 10:39Comments(0)TrackBack(0)かけごと

2005年06月02日

ケータイアプリって使ってる?

asahi.comで、法林氏のコラム連載中。
今週は、ケータイアプリの話題をやさしく教えてくれています。

今さら聞けないケータイの話
学習にも使える いまどきのケータイ「アプリ」
http://www.asahi.com/digital/column01/TKY200506020142.html?to

考えてみたら、ケータイでアプリって、
ほとんど使ったことないなぁ。
でも、電車の中では多くの人が、
ケータイでゲームをやってるのを見かけます。

もしかしたら、ぼくはもうデジタルデバイスの社会では、
ターゲットユーザーからはずれてしまっているのかも…。
なんだかちょっと焦りますね(笑
  
Posted by samson00 at 15:59Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年05月30日

「ヒルズな人たち」のなかでは、藤田社長がお気に入り

いつもなにか読んでいる。
鞄の中になにか本がないと、落ち着かない本中毒なのですが、
あまりビジネス書は読まないほうでした。
が、最近は仕事の内容が変わり、よく読むようになっています。
あぁ、私もおっさんなのね…(苦笑)

さて、今日は、昨夜やっと読んだ本の感想を少しだけ。


ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録

今話題のlivedoor堀江社長や、
楽天の三木谷社長をはじめとした、IT業界の若き大立て者、
とくにソフトバンク孫氏以降の若き経営者の語録をまとめています。
なかでも興味を持ったのは、サイバーエージェントの藤田社長。
「億万長者になるってどういう感じ?」
という著者のちょっと意地悪な問いかけに、
「部屋に暖房が入った感じかな」
と、淡々と答えたという藤田氏。
バリバリの営業マンから、IT経営者として成功を遂げつつある彼にとって、
金を稼ぐことは最終的には自分の目標ではない、とわかったしまった
ちょっとしたさみしさと希望が満ちている言葉のように思えました。

以前、彼の著書を読んでいたこともあり、
また新たに、彼の人柄に触れた気がしたんですね。

渋谷ではたらく社長の告白
もしかしたら彼の強さは、この人ウケのよさなのかもしれません。

ちなみに紹介の「ヒルズな人たち」著者は、
ITジャーナリストとして取材力も筆のチカラも一流の
佐々木俊尚氏。gooブログで人気ブログを主宰しています。
■佐々木敏尚の「ITジャーナル」
http://blog.goo.ne.jp/hwj-sasaki/

論旨が中途半端で終わりがちなのもブログらしく、
いつも興味深く読ませて頂いています。
なにより読ませる文章には、感心します。
きっとお話するだけで、文章になってしまうような人なんだろうなぁ。
  
Posted by samson00 at 08:15Comments(0)TrackBack(0)読書

2005年05月29日

ダービー! 幻の日本人帰還兵にあやかって…

さぁ、あと30分あまりでダービーの発走です。
どきどきしてきますね。
僕の予想は、弥生賞組、そして皐月賞組を上位と見て、
検討していましたが、
ダンツキッチョウ、ニシノドコマデモ、ブレーブハートなど、
2着争いに関しては、迷うところも多く、いろいろ考えた夜を過ごしました。
で、昨夜の深夜、いつも週末に顔を出す寿司屋へ行きました。
ここは、板さんも常連さんもみんな揃って競馬好き。
人形町の駅前にあるちいさなカウンターだけのお店とあって、
値段も安く、気軽に寄れるお店なんです。
ビールを空けながら、まぁ、好きなことをいろいろと話します。
「事故がなければ、ディープインパクトで決まり!」
ここまではみんな異議ないのですが、
2着以降は、もうまとまらない。
「乗り替わりのアドマイヤジャパンは切りだ!」
とか、
「無欲のペールギュントが、最後飛んでくるハズ」、
「よくわからないから、誕生日で買うわ!」、
「映画馬券で、ディープ、ブレーブハート、シックスセンスでしょう(笑)」
などなど、勝手なことを言って盛り上がっています。

で、ある御仁が言いました。
「今週最大の話題は、フィリピンでみつかった旧日本兵、つまりジャパンだ!!」
これには笑いました。

今回、横山ジョッキーから乗り替わりとなったアドマイヤジャパン。
かなり人気を下げてます。
でも、この馬、強いと思うんですよね。
ディープインパクトに皐月賞で3馬身ちぎられましたが、
勝ちに行ってのこの着差。
弥生賞では、あわや、というシーンもありましたし、
人気薄なら押さえるべきでしょう。

というわけで、今週の予想は、
2頭軸のマルチで三連単ボックス。


ディープインパクト(5)
アドマイヤジャパン(14)
相手 
ブレーブハート(1)
インティライミ(7)
マイネルレコルト(12)
ダンツキッチョウ(13)
シックスセンス(15)

で勝負!
ちょっと買いすぎかな…、とも思いますが、
まぁダービーですから。よいじゃないですか。
さあて、発走を待ちましょう!
  
Posted by samson00 at 15:07Comments(0)TrackBack(0)かけごと

夜明けの片貝、狙ってみたが・・・

05-05-29_04-22.jpg先週の波にすっかり味をしめた会社のサーフィンチーム。「もっと早く来れば、夜明けの太陽を拝めるよ!」という僕の話にすっかりその気になり、うちを出たのが午前2時。しかし、期待に反し、曇天でした。来週に期待。水温は高いが北東の風強く、選んで乗る状況。それでもサイズは腰程度あり、充分楽しめました。
  
Posted by samson00 at 13:29Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月28日

強い、強い。タップダンスシチー

明日はダービー。
大本命ディープインパクトを中心に、話題は盛り上がっておりますが、
前日の今日は、中京競馬場でG橋碣肋泙ありました。
昨年の有馬記念2着馬、そして3年連続宝塚記念制覇を目指す、
タップダンスシチーが出走です。
もちろん断然の一番人気。圧倒的な強さで優勝しました。
■Yahoo!スポーツの競馬結果ページ
http://keiba.yahoo.co.jp/scores/2005/07/02/03/11/result.html

2番手、3番手として押されていた
昨年の有馬記念3着のシルクフェイマス、
エリザベス女王杯の覇者アドマイヤグルーヴは、
2着にも入れず、という結果。

前半1000mのラップが1分1秒前後。
そして最終タイムが1分58秒9。
1000m1分が平均ペースですから、
後半を57秒9程度で走ったことになります。
前半の1000mを走ってこのタイム。ちょっと驚きました。
テレビ東京の解説者も言っていましたが、
前半1000mを終えて、遅いラップに気づいた後続馬が接近してきたところを、
突き放しにかかるタップダンスシチー。
で、離されまいと追いかけた後続馬は、
自分のチカラを追従で使ってしまって、
最後まで1着馬を捉えることができなかった、
そんなレースだったようです。

いやぁ、強いっす。ずっとラップを落とさず、
2000mを走りきるとは。
昨年はアクシデントがあり、惨敗した凱旋門賞挑戦ですが、
今年こそ、無事に走って、ベストの能力を世界で試してもらいたいものです。

さて、ダービー。予想はしているのですが、
まだまとまっておりません。
明日また書きましょう。
  
Posted by samson00 at 16:57Comments(0)TrackBack(0)かけごと

30代独身男子の帰る場所

今週はたぶん、
ウィークデイだけで95時間くらい仕事してしまいました。
なんとかしないと、そのうち死にますね(苦笑

そんなへとへとの金曜日の夜、
送別会も兼ねた内輪のパーティへ顔を出してきました。
深夜12時半過ぎ、エレベータが開き店へ入ると、
いつもの80年代、90年代サウンドが鳴り響いています。
毎月、仲間内で飲むために集まるパーティでお世話になっているお店で、
小さいながら、DJブースも備えたDJバーなのです。
で、集まる奴らはみんな30代ばかり。
男女揃って、バリバリ働いていますが、
週末になると、仕事を忘れて飲みに来る、そんなところなのでした。

で、昨夜はアメリカから久しぶりに帰国し、
そして、再来週には香港へ出発する友人の送別会。
彼も、30代半ばで独身なのです。
もともと大手生保に努めていたのですが、
アメリカで仕事をする夢を捨てられず、突然単身で渡米。
留学しながら、アメリカで仕事をする可能性を模索していたのですが、
志かなわず一時帰国し、今度は香港で仕事をすることになったのでした。

仲間内でのMLを通し、彼の様子は知っていたものの、
数年ぶりの再会はうれしいものです。
彼も喜んでくれて、いろいろ話すことができました。
そのとき、ぽつりと一言。
「おれは幸せ者だよな。こうやって帰ってくるところがあるんだから。」

ぼくらが仕事仕事と熱中している間に、
周りの友だちは次々と結婚し、家庭を持ち、夜の世界から引退していきます。
「夜酒飲んでいるより、子供と過ごす土曜日の時間が大事。」
そうでしょう、そうなんでしょう。
未経験の僕たちは、黙って彼の言葉にうなずき、
笑顔で彼を送り出すわけです。

で、残り少なくなったぼくたちは、
いつの間にか居場所が少なくなり、
しょうがないから、自分で居場所を作るようになっていたんですね。

もう十数年前になってしまった
大学時代に考えていたライフスタイル。
28くらいで結婚して、35で子供ができて、
適当に仕事をこなしながら、40で部長さんになって…。

その後、バブルが崩壊し、終身雇用制も全く崩れ去り、
昔確かに存在したサラリーマン像が幻となってしまったいま、
そして、自分のやりたいことをずっとやり通すためには、
適当な仕事では済まされないことがわかったいま、
新しいスタイルを自分で設計し、
そこに向かって歩いている30代独身男性はどこに行くのだろう。
そして、どこで平安を得るのだろう。

なんだか、新しいドラマが生まれそうな、
そんな希望と不安に酔いしれた夜でした。
  
Posted by samson00 at 16:32Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年05月22日

またもや、負けた…>オークス

仕事先から帰ってみたら、
“オークス酷かったっすね!”との電話が。
今日は昼から夕方にかけて外で仕事をしていたため、
レースは見られなかったのです。

早速、Yahoo!スポーツの競馬ページで確認すると、
ガチガチの鉄板、上位人気三頭決着となっておりました…(トホホ

まぁ、狙いのエイシンテンダーやブリトンやジェダイトも
続いて入線していたので、まぁよし、としようか。
(と自分を慰めてみるテスト…)

レースパイロットは9着か…。どんなレースっぷりだったんだろう。
エアメサイヤは、ちょっとわからなかったなぁ。
もう少し競馬をちゃんと見ておかないと当たらないっすね…。
はぁ、まだまだ勉強不足です。

明日のサンスポ柴田師のコラムが楽しみです。
  
Posted by samson00 at 20:27Comments(0)TrackBack(0)かけごと

オークス!

連敗脱出をかけて、気合いを入れて予想します。僕の予想の基準は、持ちタイムと重賞実績、そして最近の勢いです。今回の本命はやはりシーザリオ。2000メートルでのタイトルも優秀ですし、桜花賞の結果からも格は上。負けられないでしょう。対抗には穴っぽいけどレースパイロット。2000メートルの持ちタイムはナンバー1で実は侮れない存在と思っています。前走フローラSでは負けましたが、先行して2着、今回も展開的に利がありそうです。この2頭を中心に、先行力を買ってブリトン、レースパイロットを前走負かしたディアデラノビア、復活を賭けるエイシンテンダーとショウナンパントル、おまけにスターウォーズ最新作公開にあやかりジェダイトを絡め、三連単を薄く買いたいと思います。いざ勝負!
  
Posted by samson00 at 13:04Comments(0)TrackBack(0)

二日連続。本日は片貝漁港。

05-05-22_05-49.jpg昨日の鵠沼が消化不良だったことあり、会社サーフィン部のみんなと再び海へ。さすが千葉の海は違います。サイズは腰程度なものの、しっかり楽しめました。さぁ、ちょっと睡眠不足ですが、帰って仕事です!
  
Posted by samson00 at 12:14Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月21日

鵠沼は夏でした。そして混みすぎ、人多すぎ

05-05-21_11-59.jpg今日は朝から会社のサーフィン部の連中と湘南は鵠沼へ。朝方より9時あたりのほうがサイズ、数ともにありました。まっ、あったといっても膝くらいすかね。仲間と行く海もまた楽し。
  
Posted by samson00 at 12:07Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月16日

ホームページ、ブログ、そしてML…

ホームページとブログの違い
以前、議論したことがある。
ホームページとブログの違いはなんだろうか、と。
どちらも閲覧できるし、リンクもできる。
もちろん、それぞれを特徴づけている機能の違いもある。

作りの自由度、機能の豊富さからいうと、
やはりホームページに軍配があがる。
ただ、それには知識が必要で、かなりDIYの能力が求められる。
ホームページの用途を限定することで、
ブログが開発されたいきさつを考えると、
ブログでできることは、ホームページでもすべてできるわけだ。

ブログはとにかくラクチンだ。
画像をアップしても参照先に気を遣うことはないし、
ケータイからの投稿も気張らずに行える。
アフィリエイトだって、ブログサービスによってはかなり充実していて、
今のニーズにぴったりだ。
ホームページがDIY的な能力を求められるものなら、
ブログは、やりたいことに対するメニューが豊富で、
ユーザーの間口が広いところに利点がある。

まぁ、このあたりは、専門書がたくさん出版されているので、
ご興味があれば、ぜひそちらをおすすめしたいが、
ぼくは、コミュニケーションのツールとして、
ホームページとブログの違いを考えたいな、と思う。

コミュニケーションツールとして考える
ホームページとブログ。
どちらもほぼ、同じ機能だとすると、閲覧数に違いがでると思う。
ホームページは、企業が企業自身の個性を発揮し、
世にアピールする道具として、現在多く使われている。
企業は、より多くの人から必要とされて存在しているので、
企業名やサービス名から検索されることが多く、
それだけ、アクセス数も多い。
個人でももちろん、自身の個性発揮のために
ホームページを使ってよいのだが、
1個人のことを知っている人間の数は、
芸能人などを別にすれば、たかがしれている。
当然、アクセス数は相対的に少なくなる。

となると、ブログは、
知っている人向け、読みたい人向けの情報発信でよい、
と言ってしまうこともできる。
となれば、自ずと書き方も変わるし、使われ方も変わる。

このあたりが、コミュニケーションツールとしての
ホームページとブログの違いとなりそうだ。

インターネットは、広く不特定多数が参加し、情報を取得できるものである
という前提は変わらないものの、
発信側が、目的に合わせ、発信の方法を変え、
それに合った、使いやすい機能のツールを選択する、
そんな基準で違いを認識することが、いまのところ正しい気がする。

予想を超えた議論
この視点から、他のツールを考えるとおもしろい。
ブログ、ホームページだけでなく、
ショートメッセージ、メール、掲示板、ML、SNSなど、
インターネットを使ったコミュニケーションツールは数多い。
閲覧する人数、規模に合わせて、使い分けつつ、
一度使ったソースを、多のツールにもカスタマイズして流用できれば、
コミュニケーションのスピードは、どんどん加速していくはずだ。

コミュニケーションはとても労力のいる作業だ。
そして、誰かが口火を切らなければ、始まらない作業でもある。
発言し、加速させ、制御させ、落とし込む。
そんなアシストがないと、予想を超えたおもしろい議論は、
起こりにくいものだと思う。
そういう意味で、
ひとつの発言が、規模を変えながら、時間と空間を超えて、
さまざな議論を呼び、発展していくのなら、
それは、インターネットを使っている意味があるなぁ、と思う。
  
Posted by samson00 at 14:24Comments(0)TrackBack(0)日記

2005年05月08日

牡馬陣、だらしないですよ!

チカラこぶで臨んだNHKマイルカップ。
またもや、敗れました…。

今回は、まったくカスリもしない…。
本命のペールギュントは、首差の4着。
1、2着はラインクラフトにデアリングハートと、
桜花賞組が独占しました。
■NHKマイルカップの結果(Yahoo!スポーツより)
http://keiba.yahoo.co.jp/scores/2005/05/02/06/11/result.html

まぁ、3着にはいったアイルラヴァゲインと、
ペールギュントの力関係は、
アイルラヴァゲインの成長度について認識不足の結果、
と反省すればよいのですが、
問題は、2着馬ですね。
桜花賞3着で、中2週のローテーションから、
NHKマイルカップで2着とは。

今回レースがレベル低かった、と捉えるべきなのか、
(それほど速いタイムでもないですし…)
皐月賞上位4頭とそれ以外では差がある、
つまり、ペールギュント以下はあまりレベルが高くない、
と見るべきなのか、
(となると、ダービーも皐月賞勢から買うべきか…)
それとも、今年の3歳牝馬勢はレベルが非常に高い、
と見るべきなのか。
もちろん、牝馬ならではの気まぐれ駆けかもしれませんが、
少し時間をかけて、この結果を消化しないといけません。

うーん、まだまだ勉強が足りませんな…。
  
Posted by samson00 at 20:01Comments(0)TrackBack(1)かけごと

すでにすごい人・・・

05-05-08_07-13.jpg片貝漁港です。ラジオによると胸〜腰サイズらしいのですがちょっと潮が合ってないような感じ。すでに時を逸した?これから1〜2時間楽しんできます〜
  
Posted by samson00 at 07:40Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月07日

NHKマイルカップはペールギュントでいきます!

今年のGI、悔しい思いが続いています。
皐月賞は、弥生賞のまま、と信じた第六感が当たらず、
シックスセンスに割られました。
先週の天皇賞は、ビッグゴールドが逃げ粘る、
と信じていたのに、スズカマンボが買えず、という始末。
どうも、いけません。

今週も懲りずにチャレンジ!NHKマイルカップです。
本命は、1600mの重賞を2勝しているペールギュントですね。
デイリー杯、シンザン記念とよい思いをさせてもらっています。
皐月賞も6着と実績上位。負けられませんね。

対抗馬、注目馬は4頭。
筆頭はニュージーランドTの勝ち馬マイネルハーティー。
続いて、桜花賞勝ち馬ラインクラフト、
アーリントンでこの距離の重賞を勝っているビッグプラネット、
そしてどうも気になるニュージーランドTの2着馬イヤダイヤダ。

絞りきれないので、ペールギュントから三連複総流しで6点勝負とします。
えーい!そろそろあたってくれい!

今週の買い目

三連複
2-11-12
2-11-14
2-11-17
2-12-14
2-12-17
2-14-17

  
Posted by samson00 at 20:14Comments(0)TrackBack(1)かけごと

2005年05月05日

おんおん泣いてしまいました…

ちょっとご無沙汰してしまいました。
GWといっても、仕事は毎日あり、
そして、プライベートでもいろいろバタバタしておりました。

さて、表題の件。
昨年大ヒットした「世界の中心で愛を叫ぶ」なる書籍ですが、
これが、映画化されるや、これまた大ヒットしたことは、
みなさまも記憶に新しいのではないかと思います。
ただ、仕事柄のせいか、どうせチープな恋愛ドラマなんだろう、
なんてなめてかかっておりました。

そのうち、彼女に無理矢理連れられて映画を見た男連中から、
映画の終盤、映画館中に男のすすり泣きが響き渡る、
なんて笑い話を聞いたり、
じつは、原作より映画のほうがよくできてる、
なんて感想を聞いたりすると、
ちょっと興味がわいてきました。

折良く、レンタルDVDが貸し出しされており、
ついに、見てしまったんです。

■世界の中心で愛を叫ぶ
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション

率直に言って、脱帽しました。
映画館で見なくてよかった、と思うくらい、号泣してしまいました。
うぅーん、いい映画だったっす。

主人公の青年が、ちょうど私と同い年の設定で、
高校生時代にラジオにはまっていたことや、
当時付き合っていた彼女と、テープでメッセージ交換をしていたことなど、
シンクロできる内容が多かったことがひとつ。

そして、なによりも強調したいのが、
主人公の女子高生を演じる長澤まさみの演技!
カセットテープに吹き込まれた彼女のセリフが、
ほんと、胸に響きます。

愛する人より先に死ぬことの辛さ、
そして愛する人になにもしてやれないときの辛さ。

ストーリーは、どこかで見たような気もする内容ですが、
本当の主役であった大沢たかおや、柴崎コウよりも、
高校生を演じた長澤まさみ、森山未来の演技に、感動しました。
あの演出はだれが指導したんだろう。
やっぱり、行定勲監督が、もっとも賞賛に値すべきなのかもしれません。

ほんと、見て損しませんよ。
機会があったら、ぜひ、おすすめします。
ティッシュ、いやタオルを準備して、
ぜひお楽しみください(笑)
  
Posted by samson00 at 16:49Comments(0)TrackBack(0)映画

2005年03月22日

キャリアップという念仏


ちょっと遅くなったけど、'050314付けのAERAを読みました。
あるコラムの一節に、こころを奪われました。

マンスリースコープ
養老孟司 虫の目 池田清彦 鳥の目 吉岡忍 魚の目
ニート万歳

今、話題のニート現象について、
著名にしてユニークなお三方の意見が、
対談形式で紹介されている記事ですな。

このコラムの一節。養老さんの発言です。

# 養老 ハローワークのビルに「自分に合った仕事がみつかるかもしれない」
# なんて垂れ幕が下がっているでしょ。あれはひどい。
# 社会の穴を埋めるのが仕事であって、
# 社会が自分に合った仕事を用意しているわけじゃない。
# 「私らしさ」ばかりが喧伝されて、
# それだけが大事なものになっちゃうと生きるのがつらくなるよ。

最近、面接官としての仕事も多く、多くの方々とお話させて頂くのですが、
志望動機その他に、“自分探し”があふれている方、多いんすよね。
「キャリアアップのために」
「その仕事にあこがれてました」
「夢をかなえたい」
別にいいんすよ。まずは熱い気持ちがないと、始まりませんからね。
でも、彼らを見ていると、
社会に対して自分はなにかできる?っていう問いかけは、
あまりしていないような気がするなぁ。

「この仕事、はじめはあまりスキじゃなかったけど、
みんなからありがとう、っていわれて、スキになりました」

もしかしたら、こんな気持ちで捉えられる仕事のほうが、
山奥にこもって、念仏を唱えながら、
自分の作品作りに命を削る仕事より、幸せかもしれませんね。

そういえばぼくも、キャリアアップって唱えていましたなぁ…。
  
Posted by samson00 at 09:06Comments(0)TrackBack(0)ニュース

2005年03月10日

堀江社長ってどんな印象?【ぼくの意見】

以前、このブログ上で、livedoor社長堀江氏についての感想を、集めてみました。
「で、あなたは、どう思うの?」
というお言葉をいただきつつ、自分の意見をまとめずにいましたが、
今日、おもしろい記事を見つけ、示唆を受けたので、
まとめてみたいと思います。

asahi.com【今日の視点】
「企業価値」を話題にする前に

私の率直な堀江社長観は、“違和感”でした。


●金を稼ぐのか、社会に貢献するのか



あっしもビジネスマン。金を稼がねばなりません。
もし作ったものが社会に必要なものなら、社会は喜んで対価を払ってくれるはず。
だから、社会に対して新しい価値を提案し、対価をいただく、
という図式は、至極もっともで、納得なのです。

では、この行動を支えるモチベーションは、なんでしょう。
金を稼ぎたいのか、それとも、社会に認めてもらいたいのか、ですね。
一見、鶏が先か、卵が先か、の不毛な議論のようですが、
社会から多くの賛同と資金を集めなければならないなら、
意外と重要な問題ではないかと思うのです。
出資する人は、出資する相手の考えることやパーソナリティも担保にして、
意志決定するでしょうからね。

また、もう一点、社会から金を稼ぐには、
社会に対し、具体的な策を提示していく必要があると思います。
本当に達成できるかどうか、やってみなければわかりませんが、
まず出資者には夢を見てもらって、その夢に投資してもらわなければなりません。

さて、堀江社長。
この方は、お金を稼ぎたいのか、社会に貢献したいのか、
ちょっとわかりづらいなぁ、と感じておりました。
その理由はたぶん、みんなが夢を見られるような、
具体的な策をアピールしていないから、なのではないでしょうか。
これが、ぼくの持っていた“違和感”でした。

  続きを読む
Posted by samson00 at 11:36Comments(0)TrackBack(0)ニュース

2005年02月28日

見なくてよかった…

ラズベリー賞は、「華氏911」の話題で持ちきり。
そんななか、別枠で伝えられたのが、「キャットウーマン」ネタ。
バットマン好きなあっしとしては、
ちょっと見にいこうか、なんて迷っていただけに、
見なくてよかった…。

http://www.asahi.com/culture/enews/RTR200502270001.html

いや、見たほうがよかったのかな(笑

そうそう、ここで書きそびれたけど、
映画「Ray」で主演ジェイミー・フォックス。
映画も、そして主演の彼の演技も、すばらしかったっす。
アカデミーの男優賞受賞。これは、もう納得ですね。

  
Posted by samson00 at 18:27Comments(1)TrackBack(0)映画