アクセス数の半分は俺。―主にFEプレイ日記と書評

基本FEのプレイ日記及びユニット評価やってます。書評というか読書感想文始めました。

日々酷いニュースの中で、藤井四段の躍進のニュースは私に希望を与えてくれます。遂に佐藤天彦名人を下したとか。((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

【あらすじ】
14世紀、アヴィニョン教皇庁の時代。
フリードリヒ美王の特使として、元異端審問官・パスカヴィルのウィリアムは、フランシスコ会とアヴィニョン教皇庁の会談の弟子のアドソと共に北イタリアの修道院を訪れる。その目的は、修道士アデルモの死の検証、及びフランシスコ会とアヴィニョン教皇庁の会談の調停にあった。

ウィリアムは、会談を無事に行う為にアデルモの死の真相を調査することになるが、死に深く関わっていると思われる文書館の立ち入りが許可されず、捜査は難航する。その間にも次から次へと修道士が不可解な形で死亡していく。

死亡事件が解決しないまま、アヴィニョン教皇庁一派が修道院に到着してしまう。彼らとフランシスコ会との会談は、ウィリアムの演説によって一旦有耶無耶となる。やがて、教皇庁一派の異端審問官ベルナール・ギーの暴走によって、事態はあらぬ方向に進み、様々な人の秘密が暴かれていく。

薔薇の名前〈上〉
ウンベルト エーコ
東京創元社
1990-02-18


薔薇の名前〈下〉
ウンベルト エーコ
東京創元社
1990-02-25





映画化してるらしいです・・・英語かよ。

薔薇の名前 特別版 [DVD]
ショーン・コネリー
ワーナー・ホーム・ビデオ
2004-09-10





【書評】
神学者御歴々の言葉を材料にしたオブラートでグルグルに包んだ醜いエゴを手に掲げ、ひたすら話し合いと言う名の雪合戦をする修道士の面々を観察し続ける話。殺人事件は単なるオマケである。慣れないイタリア語訳も相まってか、かなり難解な文章・物語に感じた。最初の方は何を言っているのかを読み取るだけで時間がかかった。「ダヴィンチ・コード」の亜種だと思って手に取ると痛い目を見る。ただ、「天使と悪魔」に関しては本作品の影響が見られるような気がする。

外界から隔絶された修道院、延々と過去を見つめ続ける神学議論、ブラック企業も真っ青の圧迫面接ならぬ圧迫裁判を仕掛けてくる異端審問官と、中世のなんとも言えないどんよりした閉塞感を感じることができる。その中でただ一人現代的感覚を持ったウィリアムが、妙に世界観に馴染んではいるがその実まぎれもない異物として鈍い光を放っている。中世に生きる現代哲学の代弁者としての、ウィリアムという登場人物の塩梅と言うかバランスが絶妙だと思った。

ゴリゴリの中世の作品だが、最終的に提示された議題は、今尚あちらこちらに潜むカルト宗教の問題とか、某芸人の芸が各学校で禁止扱いになった件とか、現代のいろいろな問題に通じていると思う。

以上

 封印の剣もう一周してみましたので、今回新しく使ってみたレギュラー陣の評価を追記します。10章までは死人なしだったのに11章で人が死ぬ死ぬ・・・。ティト隊は絶対に許さない。

オージェ
 気合い入れて育成しなくてもスクスク育つので、中盤の要になってくれた。手斧で間接攻撃できるのが強み。ただ、上級レベル8時点で上級レベル1ルトガーとほぼステータス変わらないのはどうなんだ?速さもだいたい同レベルのウェンディと同じだし。

ウェンディ
 8章でボールスを出撃させ、トライアングルアタックで宝物庫に向かってくる増援を倒させると、次の章で弱った傭兵を手槍でハイエナできるくらいには育ってくれる。レベル20まで育ててクラスチェンジさせると、殆どの敵に対して追撃がかかる恐怖のジェネラルが完成する。特に、サカのソドマスや竜相手に安心してぶつけられるのがありがたい。ジェネラルになっても砂漠で1マスしか動けなかったのはビビったが。

スー
 下級職の間は力が殆ど伸びず(30%ってウソだろ?)悲惨なことになっていたが、クラスチェンジした後はネックだった力も伸びて使いやすくなった。因みに魔防はレベル20までで1回も伸びなかった。守備は3回くらい伸びたのに・・・。真ん中ステータスがヘタれることはまずないので、鋼の弓を標準装備にしてしまってもいいかもしれない。

ゴンザレス
 彼のためだけに北ルートを選択。
 実効命中率の申し子。命中率60%程度の敵に向かわせてみたら、1回目外して2回目当てて一撃で倒した、なんてことがよくある。力は言わずもがな、速さと体格がいいので追撃もかかりやすい。21章と24章ではお世話になった。

ヒュウ
 値切らずに仲間にした。
 守備力が高いし育てるコストがあまりかからないので安心感がある。但し登場が遅いので、彼にフォルブレイズを持たせるつもりなら、別に理使いをひとり育てる必要がある。どちらかというとルゥリリーナがヘタれた時のバックアップのためのキャラ。

ニイメ
 杖Aが熱い。レストもリブローも思いのまま。二手に別れるマップでは本当にお世話になった。21章ドラマスに一撃でやられるのはご愛嬌。因みにアポカリプスは今回の魔(力)王だったレイにあげた。

ツァイス
 今回ティトの育成が遅れたのでメイン飛行士としてお世話になった。ナーシェン道場で即戦力になるのは大きい。イクリプスありがとう。使わないけど。

ルトガー
 今回デュランダルを持たせるつもりはなかったが、勝手に育ってしまった。ツァイスとルトガーは次最終メンバーにするよ。次。

ノア&トレック
 今回起用キャラが中盤に固まってたので経験値あげられなかった私も悪いんだが・・・1ピンが多すぎやしないかい?

ティト
 薄幸なのがシャニーとの明暗を分けている。シャニーのカモ、傭兵剣士や魔道士(サンダー持ちが多い)の相手が怖くてできないのが痛い。力はシャニーよりマシらしいがナーシェン道場門前払いなのは変わらない。マジでどうやって育てるんだよ。ハードか?ハードやれってか??

ロイ
 なぁ、レベル20で力一桁ってどういうことだよ。速さもないし。

 まだ最終メンバーになってない面子を次回に使うとなると、ルトガー(剣)、ツァイス(槍)、ワード(斧)、ウォルト(弓)、クラリーネ(理)ってとこか。ワードとウォルトが不安だ。闇と光は、下級職全員使ったから誰でもいいか。ニイメヨーデルっては・・・どうなんだろ?

以上

 昨日(2017年12月17日)のウーマンラッシュアワーの漫才はよくやったと思いました。テレビ局の検閲を通ったのは奇跡。あと笑い飯の漫才も面白かったです。

【あらすじ】
 ロンドンを船で3日間程進んだ先に浮かぶ貿易中継地点・ソロン島。ここに「呪われたデーン人」が攻めてくるとの情報を得た領主は、各地で傭兵を募り、自身の館に招くことにした。当日、館に来たのは各国から来た傭兵たちと吟遊詩人、そして、領主自身が命を狙われていると警告する騎士ファルクであった。
 ファルクの予言通り、領主は「呪われたデーン人」の侵攻を前にして暗殺されてしまう。領主の娘アミーナは、ファルクとその弟子ニコラとともに、領主暗殺の黒幕に操られてしまった「走狗」を探していく。



【感想】
 テーマは中世魔法世界とミステリの融合。厳密なルールを設定・明示した魔法世界にロジックが乗っかっている。
 アミーナ、ファルク、ニコラは領主の館の使用人や傭兵たちと接触し、魔法道具や心理学を駆使して容疑者を絞っていく。この容疑者(特に傭兵たち)が一癖も二癖もある面子で、読んでいて面白い。導入部で言及されていた「呪われたデーン人」が実際に侵攻してくるシーンもあり、このシーンでは各国から来た傭兵たちの個性豊かな戦闘シーンを見ることができる。
 あらすじだけ読むとお堅い中世古典のように見えるが、中身は徹底して現代大衆小説。実験色が強い関わらず、最初から最後まで読んでいて楽しかった。米澤作品の御約束に漏れず、アミーナにも途中で薄暗い未来が暗示されているが、そんなことを感じさせないくらいにラストは爽やかで希望に溢れている。題名とその使い方もカッコイイ。

以上

このページのトップヘ