Cool館通信

マンガ・アニメ作品や3Dモデルのレビューです。

About "Cool popcultural facilities journal"

関西在住のHN・「Kongdra」(空・ドラ/コン・ドラ)の運営する個人企画・「空琉文化館」がお送りする情報誌的ウェブログです。どうぞご自由にご閲覧下さい。
掲載記事は、マンガ・アニメおよび模型関連が主流です。

注意:記事の発表について、できるだけ正確な情報を集めるように努めておりますが、発表記事の内容に一部不正確な情報が含まれている可能性がございます。また、記事中の文章には、執筆者の主観的な部分が含まれている事がありますので、それらの点はご了承ください。

※リンクについては、リンクフリーとします。ご報告は任意ですのでよろしくお願いいたします。

 バナーはこちら(サイズ変更可)
Coolbnr01
(リンクはトップページのアドレスでお願いします)

※ブログ内記事及び画像の無断転載を禁じます。

bunner_G7_B


酒餅7参加(バンダイ1/144 Dr.スランプアラレちゃん M.Sリブギゴ)

Skm7Rbgp


kyucon7-2


アカ肉旧コン7参加(バンダイ1/144 ガンダムMSV MSN-01高速機動型ザク)

酒餅6参加(バンダイ1/144バイファム)2016年10月10日頃より作品公開。

アカニクスケコン3 2016年7月3日(土)参加。

アカ肉旧コン6参加(バンダイ1/144GMキャノン・Zガンダムシリーズ版)。


密かにTwitterでつぶやいています。もっと深く裏情報を見たい方は自己責任でどうぞ。
こちら江どうぞ



◎2017年7月5日発生の、九州豪雨被災地の方々に対し、心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地域の一日も早い復興を祈念致します。

◎2016年4月14日発生の、熊本地震につきまして、被災地の方々に対し、心よりお見舞い申し上げるともに、被災地域の一日も早い再建・復興を祈念致します。

熊本のシンボルタワー的存在・熊本城大天守の頂に再び鯱(しゃちほこ)が上がることを願っています。


被災された地域の方々が再生への希望を見出し、被災地域が再び夢と笑顔に包まれることをお祈り申し上げます。



☆映画『マイマイ新子と千年の魔法』関連模型展示企画・「昭和と長和」。

☆片渕須直監督映画『この世界の片隅に』DVD&BD 9月15日発売/レンタル予定!!

『この世界の片隅に』ソフト版発売に合わせて、『この世界の〜』、『マイマイ新子と〜』など片渕須直監督作品関連の模型展示コーナーあるいはリンクコーナーへの拡張を現在検討中です。


酒餅7作品公開!!

1980年代、ガンプラブームを引き金に隆盛を極めたキャラクタープラモデルは、各キャラクターが活躍する物語に魅せられた、当時の少年たちにとって、魅惑の作品世界にアクセスするためのデバイスだった…。

2010年台も後半に差し掛かった現在、昭和の香りを未だに残すとある居酒屋にて、酒と80年代キャラクタープラスチックモデルを愛するナイスガイたちは、泥酔より授けられたインスピレーションに動かされるままに、創り上げた「銘作」を披露し語り合う…。

bunner_G7_B


「酔いどれモデリング」主催のwebモデリング祭り・第7回「酒餅80’sロボプラモコン」が、2017年もめでたく開催されました。

11月より参加作品が公開中です。'80年代キャラクターモデルを愛するファンたちの情熱を燃やした成果といえる、酔拳モデリングの精華(真髄)を極めた(?)妙技をお楽しみ下さい。

改修改造などキャラクターモデル制作の多様化により敷居が高くなっていく傾向にあって、バッカスあるいはスクナビコノミコトといった、お酒の神様のお力添えを得ながらキャラクターモデルを製作する機会を提供した酒餅は、2010年猛暑の夏に第1回が開催されて以来、'80年代キャラクタープラモを愛する者たちの熱い支持を受け、2017年現在7回目を迎えました。キャラクターモデリングの新たな地平を拓くべく、酒を傍らにほろ酔い気分の伊達漢たちが、昭和開発のキャラクター模型を組み立てる機会を提供し続けるイベントとして、酒餅は回を重ねるごとに倍近くの参加希望者が現れ、60名を超過する参加者が結集、居酒屋が3〜4件必用になるくらいの盛況ぶりとなりました。増加していく参加者たちの魅力的な傑作が今回も集まり、模型ファンにとっては忘れられない2017年の後半を過ごすことができたことでしょう。

Skmrbgb03


パソコンからスマートフォンへと発展・拡大が著しい昨今のインターネット環境下において、複雑怪奇な情報の飛び交う今の世の中、キャラクターモデリングでは何を信じるべきか分らなくなってしまっているのかも。だけど、だからこそ、チャレンジ精神に満ちた思い切りが大事なはず。映画でお馴染みの「酔拳」に範を取り、お酒のお力をお借りして、酔えば酔うほど一線を越え、素晴らしい傑作が創造できるかも!?

アルコールの勢いによって燃やしたインスピレーションとイマジネーションで、昭和末期'80年代のアニメロボット系プラモを作るという大企画・「酒餅80’sロボプラモコン」ですが、この私も、バンダイ1/144Dr.スランプアラレちゃんシリーズの「M.Sリブギゴ」でエントリーさせていただきました。劇場アニメの『ポッピンQ』やTVシリーズの『タイガーマスクW』など、東映アニメーション60周年記念作や2017年に誕生45周年を迎える『マジンガーZ』などの東映アニメーション作品がマイブーム化したこともありまして、今回は東映系のアイテムで鋭意参加させていただきました。諸事情により製作が遅れ、製作期間約一ヶ月と短時間でしたが、酒神のご降臨に期待しつつ、無意識下での作業による偶然性効果が出せたかと思います。

Skmrbgb01Skmrbgb02

バンダイ Dr.スランプアラレちゃんシリーズの、1/144スケール「M.Sリブギゴ」です。1980年代に繁栄したリアルロボットものアニメの影響を受けて、鳥山明先生原作のマンガ『Dr.スランプ』およびTVアニメーション作品『Dr.スランプ アラレちゃん』に登場した、1980年代初頭当時の“はやり”だった「モビルスーツ」です。
悪役側のメカとして設定されていますが、モビルスーツを意識してデザインされた外見ゆえバンダイ側でも大いに刺激されたからか、めでたく模型化されたであろう製品です。

東映アニメーション創立60周年、マジンガーZ誕生45周年などもあって、最近は東映ものに昂ぶっておりましたので、今回は’80年台の東映アニメもので制作させていただきたいと思い、Dr.スランプシリーズにて参加させていただきました。


製作はこれまでの酒餅セオリー同様、基本素組みですが、手首はガンプラMSV旧キットのものに交換。少々小さすぎたかもしれませんが、こちらの方が腕部のフォルムが引き締まって見え、手持ち武器の取り回しがしやすそうかなと思います。
東映に昂ぶる酔いどれモデリングを進めているうちに、MSというよりマジンガー的なスーパーロボットのイメージにしてみようと思い、リブギゴのモチーフである、ゴキブリらしい触覚と翅は今回省略してしまいました。ゴキブリのイメージから離れてしまったものの、この方がマジンガー的ロボット特有の無骨な外見が強調されたかも。

Skmrbgb04


塗装はもちろん筆塗り。まずはGSIクレオスの水性アクリジョンを混色して作ったつや消しのブラックグレイを下地に、同ニュートラルグレー、つや消しブラックで塗り分け。続いて水性アクリルのトールペイント用デルタセラムコート混色のライトグレイ、ブラック、ネービーブルーで基本カラー。ドライブラシの要領だが、初めは筆に含ませた塗料はやや多めに、次に明るい色調にした塗料を、筆の拭き取りを多くして正調ドライブラシに近づけながらグラディエーション風に塗っていきます。今回はスーパーロボット風カラーリングにしたこともあってマーキングは一切なし。マーキングを考える時間が時間がなかった所にアルコールが絡んだ点もありますが…。

Skmrbgb05


ウェザリングは基本色時点で十分シブい色調にできたこともあり、従来のウォッシングは省略。タミヤウェザリングマスターのAセット&Bセット〜の組み合わせで仕上げさせていただきました。この“模型用化粧品”はやっぱり便利もの、今回もお世話になりました。

Skmrbgb06


製作の際に燃料とさせていただきましたドリンク類は、主に近所のスーパーマーケット各店で買ってきた缶チューハイ。手頃な値段で販売していることから、今まで利用してきた大阪市内の酒屋が、最近閉店して多少不安でしたが、それに替る安価なものがスーパーに出回ってきておりひと安心(?)です。楽しい夜製作のお伴として、モチベーションの持続に多少は貢献できたかなと思います。

今回のモデリングも、お酒の神様によるお導きの中、ガンプラMSV30周年お祝いする機会を得ることができ、'80年代ロボットプラモが好きなんだという思いを再認識する機会を得ることができたかと思います。今年も、素晴らしいイベントを企画してくださった主催者一同へに対し、感謝の意を表したいと思います。

Skmrbgb07

旧コン7参加作

kyucon7


アカブの肉球』主催の「アカ肉旧コン7」は、9月より参加作品の公開が始まり、'80年代キャラクターキットを愛する参加者たちによる総数50点以上の作品で、キャラクターモデルファンにとっては印象深い内容の、お楽しみいっぱいのイベントになるかと思われます。「旧コン7」は、キャラクターモデル、特に1980年代のプラモデル製品で”少年時代”あるいは”青春”を過ごした方たちの熱い想いに支えられ好評作品絶賛公開中です。

今回の旧コンは、参加予定50名と大所帯になり、'80年代リアルロボット模型博覧会らしい印象ながらこれまでとは毛色の違ったイメージにも思えます。私もマイペースに、1984年MSVガンプラ時代の少年が当時想像していたイメージ再現を目指して参加させていただきました。「1/144 MSV 高速機動型ザク」にて参加していますのでどうぞよろしくお願いします。今回も楽しい企画で盛り上がることを願っています。

詳しくは『アカブの肉球』サイト内の「旧コン」ページをご参照下さい。

サイト『アカブの肉球』内「旧コンページ」はこちら


Aoc7t01


1/144ガンプラ旧キット「MSV 高速機動型ザク」未公開画像です。

Ocpszb01


ガンダムMSVシリーズの第27弾として、1984年5月に発売。ザクの面影を残す顔つきに、まるごとロケットエンジンユニットの脚部といった大柄かつインパクトの強い外見ゆえに、新鮮な印象を感じ取った方々はきっと多かったことでしょう。

Ocpsz08


当時のパーツ設計では関節可動と特殊ギミックの両立は難しかったらしく、設定上の特徴のひとつである腕の分離ギミックを省略した設計ですが、それを除いても、もとデザインの特徴的な外見を概ね再現できているかと思われ、MSVとしての存在感は充分アピールされているようです。

Ocpszb02


MSVシリーズ後期の、傑作600円代キットという存在感を大事にして、今回も基本キットそのままで組み立てています。ただ、個人的にこんな感じのほうがいいだろうというイメージでの、一部の形状変更、また塗装上の便宜を考慮した上での一部関節のポリパーツ化を行っています。

Ocpsz11


 製作は、キット本来の外見を重視したストレート組みですが、両脚の間に付くランディングギアは、見た目の軽快さを考慮して未装着としています。また、塗装をしやすくするために頭部と肘関節の接続は他キットの余ったポリキャップと、最近のバンダイ製キットで使われている粘りのある素材製パーツのランナーで、胴体と脚部の接続は同じ素材のランナーを使って、後ハメできるようにしています。
今回は構造上上半身に可動部が集中しているためか、可動部の処理は比較的楽だったかと思います。
ランディングギアを取り付ける穴塞ぎなどに市販のモールドパーツを貼り付け、「リアルタイプ」風の渋めのカラーリングを加えて旧キットの魅力を引き出すことを目指しました。

Ocpsz12


塗装は「旧キット」の雰囲気重視とこれまでの作品との統一性を考えて、王道(?)筆塗り塗装。デフォルトの、白1色の単色カラーにザクらしい塗り分けをミックスしたオリジナルカラーリングにしてみました。下塗りは最近頭角を表してきた、GSIクレオス水性塗料・アクリジョン混色のブラックグレーを使い、トールペイント用の水性アクリルカラー・「デルタセラムコート」混色の手製ニュートラルグレイとブラックグレイで基本色を塗り分けています。

Ocpsz10


お楽しみのマーキングですが、キット付属のものに、一部飛行機や戦車のスケールモデルのデカールから流用。
今回は秘密兵器らしく(あるいは製作時間が取れなかったこともあって!?)マーキングは控えめにしています。

Ocpsz09


ウェザリングは、トールペイント用の水性アクリルカラー・「デルタセラムコート」のダークグレイとブラウン系の色を薄めてウォッシングとスミ入れ。仕上げはいまやお馴染みとなった感のある、タミヤの模型用”化粧品”・ウェザリングマスターのA〜Dセットでシャカシャカサッサと(笑)。

Aoc7Pszuc01Aoc7Pszuc02


当初予想された6月中の完成予定から大幅に遅れ、締め切り間近ギリギリまでの、「夏の追い込み」制作ということもありまして、あるあるパターン(?)の、夏休み明け始業式直前の宿題処理みたいな感じになってしまいました。カレンダーを目の前に”必死のパッチ”で宿題のノートを汚すみたいなイメージで。

Ocpszb03


今回は充分な時間がとれない厳しい状況でしたので、突貫工事となってしまい、お見苦しい出来になってしまったかと思いますが、限られた時間内で思った通りの形に近づけられるよう頑張ることができたかと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

「アカ肉旧コン7」公開間近!!

最近は、若かった(?)頃のようなブログへの情熱が下がったことと、それに替るかのようにツイッター率が上がってきているためか、当ブログの更新ペースも大幅に停滞してしまい、気が付けば2017年8月も最後の週に入ってしまいました。twitterなどのSNSでは充分伝にくいことへの対処もあるだろうことを考えて、以前のようなペースではございませんが、当ブログも細々ながら一応継続していきたいと思っております。

さて、今年15周年を迎える『アカブの肉球』が主催の、オールドキャラクターモデル発表会・第7回「アカ肉旧コン」の作品発表が8月27日より始まります。キャラクター旧キットファンたちの、web交流会的存在を目指したこの模型"コンパ"もファンの皆様たちの情熱に支えられ、めでたく7回目を迎えました。参加予定者も50名に達し、今やオールドキャラクターキットへの想いを各自の形で披露するイベントとして、独特な存在感が感じられるようにも思われます。今回もこれまで同じく、1980年代を主に、各種キャラクターモデル作品が多数公開され、約30点ほどの傑作が一堂に会することになりました。

通例では「コンペ」と呼ぶことの多い、web発表会ですが、「旧コン」をはじめとする『アカブの肉球』主催の当イベントでは、コンテスト的審査から離れた、キャラクターキット製作の楽しみを味わうという面を重視して、「コンパ」の語を使っています。ロック・ポップスなどの、ライブコンサートに近いイメージかと思われ、webというステージで披露された作品を介して、オールドキャラキットファンたちの熱い想いシェアしていく時間となるでしょう。
今回のコンパも、キャラクター模型を愛するファンたちの手による、ガンプラ旧キットに代表されるオールドキットの多様な姿を通じて、尽きる事のない新たな感動を与えてくれることでしょう。

今回も旧コンでは、リアルロボットからヒーローロボット、SFアニメメカなど、80年代初頭ガンプラブームの影響を受けて切磋琢磨の開発をしてきたキャラクターモデル作品が登場しています。ファーストからゼータ、ダブルゼータといったガンプラ旧キットは勿論のこと、、マクロスやザブングル、ボトムズ、エルガイム、2017年に誕生30週年を迎える『機甲戦記ドラグナー』などの80年代を飾ったキャラクターものの魅力豊かな作品が結集し、作り手たちのイマジネーションによって蘇った旧キットたちの新たな輝きが大いに期待されます。今回もガンプラブームと共に歩んできた80年代キャラクターモデルへの愛情と情熱を感じていただけるような企画になることを願っています。

Aoc7pv0


私も、ファーストガンダム・MSVシリーズNo.27「1/144高速機動型ザク」にて参加していますので、こちらの方もどうぞよろしくお願いします。
作品制作を通じて、ガンプラブーム当時の新鮮な感動を思い返すとともに、キャラクターキットの魅力と可能性を伝えていけるような"コンパ"となることを楽しみにしています。

アカブの肉球HP

「酒餅80'thロボプラモコン」第6回始まる

ここ最近は、個人的諸事情が重なってしまい、7月のスケコンからまたまた停滞気味になってしまい申し訳ございません。

ブログを始めた頃は、若さと物新しさを求める好奇心がブレンドしていたのか、記事アップ率が高かったような気がしますが、歳を重ねる毎に、冷めてしまったというか安定期に入ったというか記事のアップ率が低下してしまったようです。日常生活の煩雑さに振り回され、編集する時間が無いことを理由にしてしまっているようで、最近は月イチすらできていない、誠に恥ずかしい状況でございます。現在は模型コンパ等のイベントで、できるだけモチベーションを維持していければと思っております。
更新速度は早くないかとは思いますが、ここではマンガ・アニメや模型などに関連した、面白そうな情報をできるだけ発信していきたいと思いますので、何とぞよろしくお願いいたします。


さて、ここからは本題。
さあ、いよいよあのキャラクターキットの祭典が今年も開催されました!!!
約1年間の空白期間を経てあの 酒餅が帰ってきたのです!!!
「酒餅6」こと第六回酒餅80'thロボプラモコン、10月10日頃より作品公開開始となりました!!!

bunner_B


1980年代始めの、キャラクタープラスチックモデル発展期に登場した懐かしのキットを、お酒を傍らに今一度組み立てして、魅力豊かな'80thロボプラモの素晴らしさを、ネット上の"仮想居酒屋"感覚で楽しむ企画「酒餅80'thロボプラモコン」は、2010年の第1回開催以来、回を重ねるたびに衝撃的(笑)な作品が披露されていきました。冷却期間なのか昨年は未開催でしたが、今年はめでたく(?)第六回が開催されました。今回はガンプラ旧キットを除外した'80年代開発のキャラクターものを製作対象ということでやや敷居が高いかなと思われましたが、史上最多の参加者100名を越える空前のスケールとなり、非常に驚きです。
9月末〜10月1日の時点において45点の完成品が登場です。第2回締切り以降の作品も順次登場していくようで、今回も数軒の居酒屋を行ったり来たりして作品を披露して語り合うような感じでの盛況さが予想されます。

Skmvip01


私kongdraも個人的事情でエントリー宣言が9月とこれまでよりは遅れてしまいましたが、企画の興味深さに惹かれて参加させていただきました。バンダイの1/144バイファムをセレクトして、9月に製作開始して製作期間約一ヶ月で何とか一作仕上げてみました。キャラクターものを、飲酒しながらのこれほどの速さでスピード製作したのはほとんど始めての経験で、これこそ酒餅の魅力かもと実感させられる(?)心境です。
Archives
Amazonライブリンク
『CURE・生きる』は衝撃の感動作というのだろうか。恐怖と希望は隣り合わせ。
QRコード
QRコード
大阪時計

大阪の会社設立屋が送る大阪パーツ
『ポッピンQ』ソフト版発売!!
カウントダウンタイマー
楽天市場
  • ライブドアブログ