2008年10月08日

崖の上のポニョ4



アンデルセン原作の童話「人魚姫」を基に、人間になりたいと願うさかなの子と5歳の男の子の友情と冒険を生き生きと描く。
宮崎駿監督作品。


いきなり最初から海中のきれいさにうっとりとやられました。
ポニョがわりとすぐ出てきてくれるので、娘も大喜び。
声を出してケタケタ笑っておりました。

ジプリの作品は、ちょっとした動作が丁寧に描かれており、触感までわかるようなところが大好きです。
魚に戻る途中のポニョの顔、海の中から見える2人の顔、かわいい〜。

もうねえ、ポニョの声とセリフがかわいくて。
あの声はほんとに子供の女の子なのですねえ、上手!
ただ、フジモト役の所ジョージの声はいただけない。
だってバズの顔(トイ・ストーリー)が出てきちゃうんだもん。
有名人の声優にするのはいい加減やめてほしいなあ。
でも、リサ役の山口智子には気がつかなかった。

後半の話で引いてしまう人達がいるのも納得、リサの車の走りっぷりにも行動にも疑問もわくけど、それをはるかに超えるものが映画にあると思います。
また1つ、お気に入りのジプリ作品が増えました。

「ポニョ、そーすけのことだいすきー!」というセリフがあるのですが、映画館から出て娘が突然言った嬉しい言葉。

「サク、ママのことだいすきー!」



★ランキング参加中★
ブログランキング
押してくれたら嬉しい、いや、かなり嬉しい。


samuko at 21:11│Comments(2)TrackBack(2)映画カ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『崖の上のポニョ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年10月12日 23:14
□作品オフィシャルサイト 「崖の上のポニョ」□監督・原作・脚本 宮崎駿 □キャスト(声優) 山口智子、奈良柚莉愛、土井洋輝、長嶋一茂、所ジョージ、天海祐希、吉行和子、奈良岡朋子、矢野顕子■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(...
2. 『崖の上のポニョ』は大人には厳しいか?  [ 映画のブログ ]   2010年02月07日 18:44
 宮崎駿監督は、自分の子供の世代を対象に作品をつくっていたという。  長男の宮崎吾朗氏は1967年1月の生まれ。  たしかに息子さんが成長...

この記事へのコメント

1. Posted by ニモ   2008年10月09日 22:40
映画デビューおめでとう、サクちゃん

本当に、子供がいると『ぽにょ』が余計に愛おしくなりますよね(*^_^*)
ひとつひとつの動作が可愛過ぎて。。。
ラーメン食べながら、うとうとしちゃうところも好きです(笑)


わたし、『となりのトトロ』とかって子供の時からすきだったけど
自分が親になってみて、また違った意味で大好きな作品になりました。
子供が頑張ってる姿っていいですね。
2. Posted by さむこ   2008年10月09日 23:20
ニモさん、ありがとうございますー。

ほんと映画も見方が変わりますね。
わからなかった映画を理解できるようになったり、母娘の気持ちの対立の場面では、前は娘の立場からだけだったのに両方の気持ちがわかるようになったり・・。
ママと離れて探す場面なんて出てきたら、それだけでうるっときますねえ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ランキング参加中
ブログランキング


Archives
訪問者数


Blog内検索




Google









WWW を検索

このブログ内を検索