2009年03月04日

イントゥ・ザ・ワイルド4



すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いた人間ドラマ。
ショーン・ペン監督。
エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、クリステン・スチュワート。


面白かったです。
この映画は前知識0で見るといいかと思います。


ほんとうにワイルドな旅。
よく考えれば矛盾もあるし、文明から完全に隔離されたわけではないという批判も理解できるけれど、裕福に育った彼にしてみれば十分すぎるほど過酷な旅だったと思います。
もちろん、私の生活からも想像できないほど。

あらすじだけ聞けば、無鉄砲で自業自得のような話なのにそうはならない。
そこがこの映画の素晴らしいところ。


以下、ネタバレあり。



出会う人すべての人生を変えてしまいそうな、魅力的な彼。
誰もが彼が帰ってくるのを心待ちにしていたのに。

エミール・ハーシュは何か賞にノミネートされてもよかったんじゃないでしょうか。
「スピード・レーサー」では魅力がわからなかったけど、今回の彼は全身全霊で役に取り組んだことが伝わってきます。

彼の場合、まだ最後に見つかったからいいけれど、ほとんどのこういう青年は行方不明のままで終わりでしょう。
そんな場合、家族はずっと消息を気にしたまま、苦しい人生を送ることになります。
または生きている、まだ会えるかもという希望があるほうがよかったのでしょうか。

人生、誰しも一度は親に反発を覚えるものと思いますが、生きていればそのあとまた乗り越えて和解の道を歩むこともできます。
でも死んでしまったらそこで関係も止まってしまう。
残ったほうは自分の中だけでその問題にずっと立ち向かわなければいけません。
私の叔父も、自分の親、兄弟と仲違いしたまま、どちらの死が目前に迫っても結局和解しませんでした。
これからもその問題を抱えて生きていくことになると思います。
彼が皆を許せる時期は来るのでしょうか・・。

なんだか映画から離れてしまいましたが、様々なことを考えさせられる映画です。
見てよかった。


★ランキング参加中★
ブログランキング
押してくれたら嬉しい、いや、かなり嬉しい。


samuko at 01:44│Comments(4)TrackBack(5)映画ア行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画「イントゥ・ザ・ワイルド」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年03月04日 12:49
原題:INTO THE WILD 予告も見ず、予備知識も何一つ得ないまま、ただタイトルに興味を惹かれての映画鑑賞だったけど、魂を揺さぶられると言っていい??衝撃の実話の映画化?? 本当に実話ということを知ったのは映画の最後のほうだったけど、最初のほうでは長くて退屈...
2. イントゥー・ザ・ワイルド  [ ピースのAMEBLO CANTABILE ]   2009年03月19日 09:58
【INTO THE WILD】 頭もよく将来を期待されていた一人の青年が、何もかもを捨てアラスカの地を目指して放浪の旅をする人間ドラマ。 実際の話をショーン・ペンが監督をしてるんですがいい映画だと思います。
3. イントゥ・ザ・ワイルド  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月06日 12:54
そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために  
4. mini review 09392「イントゥ・ザ・ワイルド 」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2009年09月22日 02:29
すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いた人間ドラマ。ショーン・ペンが監督を務め、原作は冒険家ジョン・クラカワー著のノンフィクション小説「荒野へ」。前途有望な未来を捨て自由を選択したすえに悲惨な最期を遂げる若者を演じるのは『ロード...
5. Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜  [ むーびーふぁんたすてぃっく ]   2010年01月16日 19:48
「Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会の..

この記事へのコメント

1. Posted by mrdaisy   2009年03月04日 03:47
映画の前にこの人の話を聞いてたので映画になるというときに「なんでこんなやつの映画をつくんだよ」とすら思った覚えがあるわ笑。
でもいいみたいよね、映画。

時間があれば見てみようかな
2. Posted by さむこ   2009年03月04日 20:22
原作が有名みたいだね。
私はまだ読んでないんだけど。

たしかに話だけ聞くとなんだかなーなんだけど、ショーン・ペンの力か、それだけではないいい映画になっていたよ。
ちなみにそっちでDVD見る時も英語だけで見るんだよね?
日本語入ってるDVDもたまにはあるのかしら。
3. Posted by mrdaisy   2009年03月05日 03:22
ショーン・ペンは主演男優賞もとって(とったよね?)監督やったり昔のやんちゃぶりは影をひそめてすっかり落ち着いたわね、ってあたしは誰よ。

こっちで日本語が入っているDVDはないなあ。みたことない。前も話したけど映画を英語のみで見るってものによってはとてもつらいわ。DVDはキャプションがあるから難しいのはそれでみるよ。

最近気がついたんだけどこのあいだ60年代のスパイダーマンのアニメをちょろっとみて、そのあと今やってるアニメをみたら今のはわからないところが多くって。昔のはストーリーも簡単なのに、最近のは科学的な話とかをまぜたむずかしい内容になってるのよね。おどろいたわ。

あとティーン用の映画とかはわからないわ〜。スラングが私には聞いたことがないものだったり、しゃべり方もきっとみんなアメリカ版柳原加奈子なのかしらね?(笑)。聞き取りにくくって。
4. Posted by さむこ   2009年03月05日 22:47
私もショーン・ペンがニコニコしているのを見ると、彼もすっかり落ち着いて・・と思っちゃうのよね(笑)
あのマドンナと結婚してたなんて、今では信じられないわ。

DVD、そうか英語の字幕で見るのね。
私も昔、そうやって勉強してた気がしてきた。
今度好きな映画、それで見てみよう。
でも時々英語字幕入ってない時もあるんだよね・・。

こっちじゃオバマ大統領の演説が英語の勉強にいいって、すごく売れてるみたいよ。
ハリウッドの俳優さんでも、聞きやすい人って時々いるね。
幼稚園始まったら、カフェで個人で英語教えてもらうのに申し込もうかしら。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ランキング参加中
ブログランキング


Archives
訪問者数


Blog内検索




Google









WWW を検索

このブログ内を検索