小島一志/本当の公式【wiki辞典】 嘘や捏造のない事実のプロフィール

●Wikipediaの犯罪に挑む…… 近年、Netの世界ではHPや個人サイト等に対する「荒らし」と呼ばれる誹謗中傷や名誉毀損が平然と野放し状態になっています。更には殺人予告など悪質性のエスカレート現象が社会問題となっております。 それらは当然、犯罪行為なのですが、Net上における他人のコラムや写真などの無断転載(著作権侵害罪、肖像権侵害罪に相当します)の氾濫についても何ら対策を講じようとしなかった各プロバイダも最近では警察の指導の影響からか自主規制に向けてようやく重い腰を上げたのが多少の救いと言えるでしょう。 しかし、そのような規制強化・改善の流れの中で唯一無政府または治外法権状態にあるのが俗に「wikipedia」と呼ばれるジャンルです。現在も活動中の著名人に関する多くのwikipediaを見れば、その荒れ様は明白です。 「Net界の百科辞典」を謳いながら、その現実は何ら規制らしい規制もなく、誰もが自由にwikipediaを編集可能という事実。対象となる本人への確認も一切なく、ともすれば読者の偏見、ひいては悪意に満ちた内容でさえ容易に掲載されてしまう事実。そのジャンルに関して当人のスタンスが中立か否かの確認もなく、単に特定の条件を満たした者が容易にwikipedia編集者に採用され、内容に対するクレームに対する是非の判断の殆どが彼らに託されている…事実。 現在のwikipediaは内部が腐れ果て、外部からの侵入者の悪意にも気づかない末期的症状に陥っていると断言しても過言ではないでしょう。 これで内容の「公平性」が保てるのでしょうか!? 唯一彼らが取る「荒らし」への対抗手段は、最大で期限付きの書き込みロック。後は言葉だけの言い訳しかありません。 「以下の内容の真実性については現在、編集者で協議中です」 「内容が全て正確とは保証出来ません」 賎しくも「百科辞典」を標榜する機関が「記述内容の真偽に対して保証出来ない」と公言しているのです。にも拘わらず何故、そんな真偽不明の内容を堂々と公開するのでしょうか? wikipediaにて扱われた本人(当事者)がクレームをつけようにも機械的な作業を延々と繰り返し、しかしそれでも編集者の合意がないと変更も削除も出来ないという現状。ましてやそれらの作業はPCでなければ不可能という。PCの扱いに慣れていない者にはまさに「泣き寝入りをしろ」と突っはねているのも同然です。 自らの正当性を主張する目的で以下のような断り書きが掲載されているのも良識を疑わざるを得ません。 「最初は事実でなくとも編集者たちの努力によって必ずや正確な内容に近づいていくことをご理解下さい」 芸能人、文化人等の著名人のwikipediaを試しに幾つか見て頂ければ一目瞭然です。必ず前記したような「内容は事実とは言えない」といった逃げ口上が巻頭に掲載されている物に遭遇するでしょう。 wikipediaの最大の罪は「Net界の百科辞典」を標榜しつつ、事実とは認定不可能な内容であっても、無責任な断り書きを掲載するだけで放置し、また本人(当事者)への確認が一切為されないという点、更には本人(当事者)であってさえ「事実と異なる誹謗中傷」と訴えても削除が容易ではないという部分にあります。 また「Net界の百科辞典」というキャッチフレーズを信じる人たちが他のHPや掲示板より圧倒的に多いという現実が更なる深刻さを生んでいるのです。普通ならば、まさか「百科辞典」の内容が嘘だらけとは思わないでしょう。疑うことさえないでしょう。 私はNetを殆ど見ない主義ですが、たまたま5年振りに自らのwikipediaを覗いて愕然としました。まるで他人の事では!? と疑い、卒倒する程に事実誤認の羅列に驚きました。その背景には明らかな悪意が感じられました。 PCに疎い私には為す術がありませんでした。結果的にすがる思いで顧問弁護士に相談するしかなかったのです。弁護士は内容を一瞥しただけで「名誉毀損罪で法的手続きに入るのに十分な案件だ」と驚き呆れました。 こうして、この度私はwikipedia(他のプロバイダも含む)に対して刑事告訴及び民事訴訟を起こす事を決意し顧問弁護士を法的代理人に立てる決定に至ったのです(2010年4月)。 また虚偽と誹謗中傷にまみれたwikipediaに対抗すべく、こうして顧問弁護士や後援者、更にはNet専門探偵社のもとに私版ながらも「事実のみを掲載するwiki辞典」を公にする事にしたのです。 ちなみに、タイトルに「wiki」とつけたのは、せめてもの対抗心と皮肉によるものだと理解して下さい。

小島一志 【来歴・概略および人物・特徴】

【概略と来歴】
小島一志(こじま かずし)
●編集者、作家、会社・団体役員
●一撃会、青水会代表。日本強育委員会顧問
●県立栃木高校卒業後、立教大学社会学部入学。
2年で中退後、翌年、早稲田大学商学部に再入学(1979年)。
卒業後、教員資格取得のため玉川大学に学士入学するも半年程度で挫折。
学習塾講師を経て武道専門出版社・福昌堂に入社。「月刊空手道」編集長に就任(1986年)。その後「フルコンタクトKARATE」の創刊に関わる。また「はみだし空手」などの編集及びゴーストライティングも数多い。
1988年独立。編集制作会社MUGENを設立。半年後、「月刊武道空手」創刊により編集長を務める。1990年から作家活動を開始。
1995年、極真会館第2機関誌「極真空手」をプロデュース。

続きを読む

「芦原英幸正伝」好評発売中!!

2/14
「芦原英幸正伝」の増刷がまたまた決定しました。各メディアの書評欄に取り上げられ、また芦原英幸先生の奥義・SABAKIのブームが到来の兆しが見えています。
現在、「芦原英幸正伝」の続編制作が検討中です。
次回作品は大きく体裁・内容を変えて共著者の息子・大志との対談集また語りおろしになる予定。
「芦原英幸正伝」では書ききれなかった数々のエピソード、手裏剣やコイン投げ、鋏術、トンファー…。芦原先生の十八番・武器術の紹介と考察。SABAKI究極の「裏」「殺し技」の公開。また本書ではあまり触れていなかった芦原先生の恋愛論なども~。
予定としては年末発売。

本書に関する感想や疑問などは、遠慮なく本書の表3(裏表紙)の番号にお掛け下さい。
℡ 080-9920-5877

「芦原英幸正伝」新潮社
22f40c9e.jpg


WIKI管理担当

「大山倍達正伝」について

昨年末に発売した「芦原英幸正伝」は朝日新聞をはじめ多くの媒体で話題になり、書評などでも取り上げられています。
また2012年発売の「大山倍達の遺言」、更には2006年に刊行した「大山倍達正伝」は現在でも重版を定期的に重ねています。

当方としては最新刊であり現在ムーブメントになりつつある「芦原英幸正伝」の購読を第一に薦めたいというのが本音です。

「ケンカ十段」と呼ばれ、極真空手史上最強とさえ言われる伝説の武道家・芦原英幸。彼の隠された真実に迫る「芦原英幸正伝」は幾度となく挫折を繰り返した後にやっと書き得た小島のライフワークでもあります。
芦原英幸は私にとって唯一「尊敬」する人物でした。彼独特の強い個性ゆえ、毀誉褒貶が激しく、彼を嫌う人間も少なくありませんでした。師匠の大山倍達がそのひとりでした。しかし素顔の芦原英幸は誰よりも人間味に溢れ、清濁併せ飲みながらも真っ直ぐに生きた努力の人でした。
「芦原英幸正伝」を通じて真実の芦原英幸を知って頂けたら幸いです。続きを読む
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ