2005年07月25日

三色同刻

【三色同刻(サンショクドウコウ)】 二飜(二飜)
 
三色同刻とは同じ数字の刻子を3組によってできる役です
鳴いても二飜です
 
刻子は暗刻でも明刻(ポンして作る)でも構いません
 
例えば萬子の1、索子の1、筒子の1を3枚ずつ集めると三色同刻
同じ数字の刻子が3色あるので、三色同刻 d( ̄_  ̄)ネッ!!
 
数牌はみんなが使うことが可能だし、ある意味役満の大三元より作りにくいのです(ノ∀`)
それくらいレアな役なのです(´∀`)
 
なのに二飜は厳しいよ(;´Д`)
 
鳴いて無理して作る役でもなく、あ〜そんな役あったな、程度の扱いです(´∀`)
レアな役だから少し無理して狙いたくなるけれどもねヾ(≧∇≦)〃
 
 
三色同刻  
Posted by samurai_no3 at 04:09Comments(1)TrackBack(0)

2005年07月20日

河底にまつわる役

【海底撈月(ハイテーローユエ)】 一飜(一飜)
最後の牌でツモること
一般に『ハイテイツモ』などと呼ばれます
 
【河底撈魚(ホーテーローユイ)】 一飜(一飜)
最後の牌でロンすること
一般に『ハイテイロン』などと呼ばれます
 
両方とも鳴いても一飜です
 
 
【タンヤオ河底撈魚】
 
 河底撈魚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
麻雀は136枚を使ってするゲーム
4人に13枚ずつ配って、王牌(ワンパイ)に14枚残して終了するまで順番にツモを繰り返します
14枚残した最後の一枚でツモった場合につく役が海底撈月最後に切った牌でロンできる場合につく役が河底撈魚です
 
『王牌の14枚は5人目の対局者のため』という説があり、必ず14枚残すんです
 
じゃないと5人目の対局者が少牌に 。・゚・(つД`)・゚・。
 
なので最後の順番の人は槓できないのです
それに最後に切った牌をポンやチーすることもできません 
 
+++
 
昔、雀荘で打っていた時に
3つ鳴いて手牌が4枚、トイメンが5索待ち濃厚(;´Д`)
5索を暗刻にして耐えていたその時に・・・
 
最後の最後で5索キチャッタ━━━(;´Д`)━━…
 
最後の1枚は槓できないので、残りの一枚を切ったわけですが・・・
手の内が5索4枚なのでノーテンに _| ̄|○lll
 
なんてことがありました(´∀`)
 
結局5索を打てばやっぱり振込みだったのですが
 
『お前の運のなさには感動を覚えるよ』
なんて褒め言葉を戴きました(ノ∀`)
 
+++
 
さてさて、他に役がなくても『最後の一牌』というだけであがれるのですが、
それだけを目指すのはあまりにも危険 (( ;゚д゚))
 
 
【河底撈魚ドラ1】
 
河底ドラ1
 
 
 
 
 
 
あくまで他の役を目指しておまけ程度に考えておくのがいいでしょうヾ(*´∀`*)ノ
  
Posted by samurai_no3 at 07:56Comments(1)TrackBack(0)

2005年07月16日

混一色

【混一色(ホンイーソー)】 三飜(二飜)
 
萬子、筒子、索子のどれか一色に字牌を組み合わせて作る役
鳴いたら二飜になります
 
萬子の混一 ・・・ 萬子+字牌
筒子の混一 ・・・ 筒子+字牌
索子の混一 ・・・ 索子+字牌
 
の3パターンですd(・▽・)ネ!
 
混一色を『ホンイツ』と呼んだりします(´∀`)
 
チンイツと比べて使える牌が多い分、鳴かないで手作りができることも増えてきます
鳴かないホンイツを『メンホン』と呼んだりします(´∀`)
 
鳴かないで作れば、例えば一気通貫と組み合わせた場合
・一気通貫が二飜になる
・立直やツモなんかとも組み合わせることができる
と、かなり強力な手になります(・∀・)
 
【メンホン+一気通貫(倍満)】
 
混一一気通貫
 
 
 
 
 
 
 
七対子と組み合わせればツモったら必ず跳満になりますヾ(*´∀`*)ノ
 
【メンホン七対子(跳満)】
 
メンホン七対子
 
 
 
 
 
 
ただ、染めれば高くなるという訳でもなく、他の役との組み合わせで高得点になる
 
んですね(;´Д`)
ホンイツしか役がないことを『バカホン』と呼んだりします(ノ∀`)
 
・点数が安い
・守備力低下
・待ちが読まれやすい
 
と、ハイリスク・ローリターンなので良い子は真似しないように m9っ`Д´)
 
 
【バカホン(2,000点)】
 
バカ混
  
Posted by samurai_no3 at 02:35Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月13日

清一色

【清一色(チンイーソー)】 六飜(五飜)
 
萬子、筒子、索子のどれか一色だけを使って作る役
鳴いたら五飜になります
 
 
麻雀牌は
萬子9種×4枚=36枚
筒子9種×4枚=36枚
索子9種×4枚=36枚
字牌7種×4枚=28枚
の合計136枚で構成されています
 
余談ですが、、、
萬子(マンズ)はお金の単位
筒子(ピンズ)は穴の開いたお金
索子(ソウズ)はお金を通す棒
なんです
 
まあこれを知ったから麻雀が強くなるわけではないので、ホント余談です。。。
 
136枚のうち、どの色のチンイツでも使えるのはたったの36枚(;´Д`)
だから結構出来にくい役なので、その分点数も高いわけですヾ(*´∀`*)ノ
 
【チンイツ+ツモ(跳満)】
 清一色一盃口ドラ1
 
 
 
 
 
 
攻撃的要素がかなり強い役で、ドラや他の役が絡むとかなり高得点になります
 
 
【チンイツ+一盃口+ドラ1(倍満)】
  清一色ツモ
 
 
 
 
 
 
とはいっても、逆にドラや他の役が絡まないと鳴いたら所詮満貫
また、捨て牌から染めている色がすぐにバレるので、上級者に囲まれたら鳴ける牌を切ってくれません(ノ∀`)
 
なので、無理やり目指す役ではなかったりします(;´Д`)
 
逆に他の人、特に下家(次の順番の人)が染めていると感じた時は、自分が勝負に行ける手牌でなかったら、極力その色の牌は切らないようにしましょう
自分がアガれそうもないのに他の人のアガリの手助けをする必要はありませんからヾ(≧∇≦)〃
 
 
でもバンバン鳴かせてくれる人がいるからって、こういう仕掛けをすると守備力低下ですからっ!!
 
 
いくらチンイツが満貫でも・・・  
Posted by samurai_no3 at 23:36Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月12日

どこから跳満?

役の解説の途中ですが
 
『やった〜、跳満だっ!!て喜んでるけど、どういう意味かわからないwどうなったら跳満なのさ??』
 
そんな質問を戴きました(´∀`)
 
麻雀の点数ってのは符と飜数の組みあわせによって計算されます
符はちょっととっつきにくいと思われるので後回しヽ( ´ー)ノ
 
livedoor麻雀の場合、コンピューターが計算してくれるので、まずは大雑把に理解しておきましょう
ちなみに雀荘で打つ場合、点数は自己申告制度なので、細かい計算も知らないと損をします(ノ∀`)
 
 
タンヤオは一飜、立直も一飜、三色は二飜でしたね
 
簡単に説明すると
 
+++
 
先生、僕の手タンヤオがあります(・o・)ノ
 
じゃあ1ポイント!
 
先生、僕の手立直もあります(・o・)ノ
 
じゃあもう1ポイント!
 
先生、僕の手三色もあります(・o・)ノ
 
じゃああと2ポイント!
 
先生、僕の手ドラも2個あります(・o・)ノ
 
更に2ポイントだあ!
 
全部で6ポイントだから六飜で跳満ヾ(*´∀`*)ノ
 
+++
 
ってな感じです
 
四飜までは手の形によって点数が変化していくのですが、五飜になるとどんな形でも満貫
 
それ以上も含めて表にすると
 
1〜4飜 『符』によります 後述
5飜 満貫 12,000点 8,000点
6〜7飜 跳満 18,000点 12,000点
8〜10飜 倍満 24,000点 16,000点
11飜〜 三倍満 36,000点 24,000点
 
 
※通常は13飜から数え役満(親48,000点、子32,000点)となるところが多いですが、livedoor麻雀の場合では11飜以降全部三倍満として扱います
 
なかなか出来にくい役は元々ポイントが高いのです
一つの役で一番多くのポイントを貰えるチンイツは、鳴かないで作ればそれだけで跳満ヾ(*´∀`*)ノ
 
色々組み合わせれば点数はどんどん高くなるので、たくさんの可能性を考えながら手作りをしてみましょうヾ(*´∀`*)ノ
  
Posted by samurai_no3 at 16:24Comments(0)TrackBack(0)初心者講座