2021年10月25日

「対中包囲網」と自由主義圏での同盟の在り方!

2
画像:このほど、米艦隊とともに南シナ海に派遣されたドイツのフリゲート艦!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

下手物3択の衆院東京12区(創価の牙城)崩壊…!(10月24日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=538
12区


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

沖縄県警への派遣・出向、身分替えは正当!(10月25日付)
愛知県の上告を断固支持!
nawa2


suto2
関連ブログ 「ストーカー規制法」改正推進本部より

集スト対策の参加報告!(10月25日付)
1

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆独フリゲート艦アジア派遣と台湾のTPP加盟!

「対チャイナ包囲網」と自由主義圏での同盟(覇権)合戦!

doku2
画像上下:ネットニュースより
doku
doku3

 今年8月にドイツを出港したフリゲート艦バイエルンが先ごろ、米艦隊とともにフィリピン沖を航行。

 異例とも言われたドイツのフリゲート艦のアジア派遣は日本でも報道されたが、予定されていた中共(中国)への寄港が中共側より拒否されたと伝えられたのが先月(9月)のこと。

 来月(11月)には日本・東京への寄港が予定されている。日米両軍との合同軍事演習も予定されているという。

 ドイツは先の第二次大戦における敗戦国で、これまで中共との関係も浅からぬものがあり、「チャイナ包囲網」への参加には及び腰であったため、欧米各国にあっても出遅れたのかも知れない。

 刻一刻、段々と国際情勢は19世紀末から20世紀初頭の植民地時代に似てきた。欧米列強のアジア回帰。

 しかし、ドイツの動きも分かったものではない。大東亜戦争(第二次大戦)に至る「日中戦争」当時は中国国民党に与するなどしており、元よりドイツとチャイナの関係は深かった(一方の日本も大戦中、「対ソ戦」の不参加でナチス・ドイツを裏切る形となったことから言えた義理ではないが)。

 ドイツ・フリゲート艦のアジア出港が伝えられたのが今年2月で、フィリピン沖での航行が8月、中共への寄港拒絶が9月のことでいずれも日本では菅内閣の頃だったが、日本寄港が予定されている11月には衆院選の大勢も判明しており、おそらく岸田政権としての出迎えとなる(防衛相は前内閣から岸田内閣でも留任・継続)。

 …岸田内閣・政権による解散で現在、衆院選挙の真っ最中だが、岸田文雄首相が選出された背景とは何だったのだろうか?

kishi
画像:新総裁・総理に選出された岸田文雄首相

 総裁選より改めて振り返ると、マスコミ報道では河野太郎(現・党広報本部長)の有利が伝えられたが、立候補者の全員が過半数に達しなかった第一回目の投票より、岸田首相が1票差ながら首位でリードしての決選投票。

 この時点で同じく総裁選を争った高市早苗氏(現・政調会長)の陣営との連合を組んでいた岸田首相の勝利は半ば確定的だった。

 これがもし10年前の状況であったとすれば、間違いなく河野太郎が勝利していただろう。

 小泉進次郎前環境相や連立政権パートナーの公明党と同じく、チャイナ・ソーラー利権の河野ではなく、岸田首相が選出された背景には昨今の対中包囲網の強化が多分に関係していたものと思われる(加えて岸田首相の祖父が台湾で事業展開していたという系譜も)。

 首相になれるも、なれないも時の「運」次第。全ては時勢とめぐり合わせ…。

 …既にその下地は以前からあったのだろうが、岸田内閣の登場前後は折しも台湾がTPP加盟に動きを加速させ始めた頃。

nittai
画像:同

 この台湾のTPP加盟申請とて、対中包囲網の強化と(トランプ前政権の時代より)米国による台湾の独立支援があったればこそだろう。

 10年前あるいは5年前では考えられなかったことが現在、普通に起きている。

 日本と台湾…日台関係は近年かつてないほどに急接近しているが、まさしく日台が国交断絶した(日中が国交樹立した)昭和時代の逆パターンのようでさえある。

 米国とてトランプ前政権よりバイデン現政権に移行しているが、それでも「対中路線」ではトランプ時代と変わらない。

 米国による台湾への関与強化に対しては中共に呼応するように北朝鮮が猛反発を示している。

beitai
画像:同

 …ここに中朝なる極東アジアにおける共産主義国家群がいかに極東アジアの平穏を乱す存在であるかが見事に示されていると言えるだろう。

 朝鮮半島だけを見ていても北朝鮮問題の進展・解決には至らない。中共が侵略し続けるチベット・ウイグル問題も然り。

 欧米各国の自由主義圏による対中包囲網の強化と台湾の独立支援…これらの動きが包括的に固まった時に北朝鮮も中共も断末魔の叫びを聞くことになる。

 即ち「第二次朝鮮動乱」「台湾有事」「尖閣(諸島)有事」の勃発と同義。その逆もまた然りである。

 まさに極東アジアこそは「冷戦構造の残滓(ざんし)」であり、かつての東西(米ソ)冷戦構造をそっくりそのまま21世紀にまで持ち越したものだ。

 しかし、それらもこの今世紀初頭…どんなに遅くとも今世紀半ば頃までには完全決着がつくと見て間違いない。

 場当たり的で何気なく、ありふれた結論にしかならないが、日本としては日米同盟の強化に加え、とにかく自由主義圏との同盟に次ぐ同盟しかない。

 「自由主義」という価値観を一にする各国との同盟強化…。

 日米同盟に加え、かつてのように「日英同盟」の復活も良い…フランスとの新たな「日仏同盟」も良い…台湾との「日台同盟」も必要…ドイツとの「日独『再』同盟」だってあるかも知れない。

 無論、米国はその中でも主導権を握ろうと必死に覇権争いに食い込んで来るであろうことは言うまでもないが、結局、どの同盟が生きて、何の条約が生かされて勝利者になるも敗北者になるも、生き残りの生存者になるも全ては時の運と時勢、そしてめぐり合わせ…。

 これまでも各国との縦横無尽な同盟・条約関係の中で生き残ったものだけが次代に生かされた。

 「日ソ中立条約」などという日本の敗色が濃厚になるや簡単に破られては北方四島侵略の発端のようなものは失敗例の典型で、時を同じくして日独伊三国軍事同盟なるものも前述のように、結果的にほとんど生かされることはなかった。

 どこの国との何の同盟がどのように生かされて、どこの国と何の同盟がまったく生かされないかというのも時の運と時勢、めぐり合わせ…。

 確実に言えることとは共産主義国こそが巧みに分断工作を仕掛けては大戦中のように「(日独という)共通の敵」をつくり出しては破滅的な争いを仕掛けるということ。

 かつてのソ連の存在は中朝など極東アジアの共産主義国家群に置き換えられる。

 自由という価値観を信じ、そのための自主独立を保つことに専心する以外ない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

バナー
  
Posted by samuraiari at 20:06Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日米英仏ネオ共栄圏IN沖縄県&対中防衛・自衛軍出動 

2021年10月23日

『日本第一党』VS外国人犯罪!

s1
画像:衆院選にて東京15区内(江東区内)で演説する桜井誠候補(『日本第一党』党首)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!
桜井誠 東京15区 豊洲ビバガーデン前
(提供:桜井誠チャンネル【日本第一党 公式】)

:拙ブログの前エントリーより
2021年10月22日 衆院選と「日本第一主義」の理念!

 衆院選の序盤、街頭での演説にて「政治理念」を説くことに重点を置いた桜井誠候補(『日本第一党』党首)は中盤戦に際し一転、「超積極財政」などの政策論に重点をシフトしつつ、自民党をはじめとする既成政党と全国会議員への批判を展開した。

 桜井党首をはじめ、日本第一党が主張していた100兆円の国債を刷る積極財政を政府・与党はやっておきながら、消費税から所得税に至るまで全ての税金をタダに出来るにも関わらず、何一つやっていない。

 国会議員の年収約2千万円。その他、前期・後期に分かれた特別賞与(ボーナス)や文書・交通費など領収証不要の公費(月100万円)合わせて年間3800万円も得ている議員が身を切ってそれらの給与・特別賞与・公費を返上したという例は一例とて存在しない。

 …一方、コロナ渦で塗炭の苦しみに喘ぐ国民にはスーパーやコンビニで買い物をする度にレジ袋にまで2円3円5円の税金がかけられている。

 「我々が主張していた超積極財政を政府・与党は実際にやった。だから我々の主張とは絵空事でも何でもない。それでも政府・与党は出来るはずの税金の無税化を国民のためにやらない」「本当に国民のための政治をやったら国会議員の収益、キックバックが何もないからだ!」「選挙の度に『身を切って国民の皆様のために…』などと言っている議員が一度でも身を切ったことがあるのか?」(桜井党首)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


suto2
関連ブログ 「ストーカー規制法」改正推進本部より

集ストを生む「言論弾圧」条例!(10月22日付)
1


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

直ちに「北朝鮮による拉致事件の普及啓発を推進する決議」を!
(10月22日付)
kita


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

公明党が大苦戦の衆院選!(10月22日付)
koumei2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


衆院選! ☆当落でも勝敗でもなく…

ただ「自国民の生存」を賭した闘争!

 目下、衆院選を戦う『日本第一党』党首の桜井誠候補は、自らが立候補した東京15区(江東区)の新木場駅前にて、ベトナム人ほか多発する外国人犯罪に言及。

 単に治安が悪化したという問題にとどまらず、300万人以上の在留外国人に対して200万人以上の日本人失業者(いずれも公式的な統計より)の問題に始まり、コロナ渦にあってなおも旧正月に合わせた支那人(中国人)ウェルカムをやった時の安倍政権による失策を追及するところから始まった。

★動画再掲!
(※その内容が過激であるとされたゆえか、現在、YouTube動画にダイレクトにアクセスしてしか視聴出来なくなっているが、アドレスを貼り付けておきたい)

日本第一党 衆議院選挙 新木場駅前
(提供:桜井誠チャンネル【日本第一党 公式】)

 …やれ高度人材であり、善良な人々ばかりであるとして技能実習生の受け入れ拡大に狂奔してきた結果がグエン姓が圧倒的に多いベトナム人による犯罪の多発!

 その自民党政権に一票を投じて支持してきたのが日本の有権者であり、「その責任を果たさなければならない」ことを桜井候補は選挙演説にて主張したものだ。

 …もはや、桜井候補の選挙戦は当選するか落選するか、勝つか負けるかの次元ですらなく、ただ在るのは「生存者のみ」の戦い。

 この選挙戦の最中、都内在住の80歳代の女性からキャッシュカードを騙し取って現金100万円を引き出したとして支那人とモンゴル人のカップルが摘発されている。

shina mon
画像上下:ネットニュースより
shina mon2

 その他、桜井候補が選挙戦を戦う東京15区内(江東区内)の亀戸では支那人マッサージ店が強盗被害に遭って現金約3千万円を強奪されている。

 外国人による犯行かどうかは分からないが、殴打されるなどの被害に遭った支那人従業員が「日本語を話していた」とする意味深な証言。

shina3
画像:同

 外国人犯罪の脅威に晒され、被害に遭った日本人が在りもしない「過去の(アジアへの)侵略」を口実に黙って耐えていろ…などと我慢を強いられる謂われもない。そのような忍耐を強いる者こそ姿形は日本人でもその精神は「売国奴」。

 もはや守るか奪われるか…生きるか死ぬかの瀬戸際にまで追いやられた最大の元凶は自民党に一票を投じてきた有権者にあり、自民党政権を勝たせ続けてきた日本国民こそが「最大の犯罪者」であると桜井候補は断じた。

 単に外国人ばかりを責めて済む問題ではない。雇用・失業や治安の問題も然ることながら、国の在り方が問われた選挙でむざむざ自民票ならぬ「自殺票」を投じてきた日本の有権者こそが最大の犯罪者…。

 その結果が外国人犯罪の多発となり、今になって表面化してきている。

 身寄りのない老齢者にとって、たとえ100万円であれど奪われれば死活問題。

 まさに曾祖父母、祖父母、両親、兄弟姉妹、子や孫らの生存を守るために問われているのが選挙の結果。

 このコロナ渦ではベトナム人同士による誘拐事件が頻発し、母国の家族に身代金を要求する事件が急増傾向にあると報じられたが、単に外国人が強盗殺人をしただとか誘拐事件を起こしたといった問題ではなく、ベトナム人が何したコレしたの問題でもなく、そういう社会にしてしまった自民党ほか野党など既成政党に投票してきたことの帰結だとして桜井候補が総括。

 そういう外国人ばかりを増やしては野放しにしてきた自民党ほか既成政党にこそ責任があるが、そういう政党ばかりを選挙で選んできた有権者にこそ責任ならぬ「罪」があると。

shina2
画像上下:各地で頻発する支那人やベトナム人による犯罪の数々!
無職の外国人が堂々日本に居座り、挙げ句、缶ビール1本のために強盗に及んでその後も居座りを続けられる国など、考えてみれば尋常なことではない!
shina

beto
画像上下:たかだが「3千円」と言えども、それを奪うために強盗に及ぶなど、かつて年収800万と言われた時代より年収300万以下が平均的となっている日本は一握りの富裕層のために最貧国に成り下がりつつある!
beto2

 まさしく問われているのは日本人の「生死」

 多発する外国人犯罪が怖いです…どうにかならないですか?…どうにかして下さい…とはよく聞くが、外国人問題だけがどうにかなったりはしない。

fi
画像上下:その他の外国人犯罪より!
外国人との共生社会の実態は麻薬汚染の拡大!
組織的な偽装婚で在留資格を得た外国人が今日も我が物顔で!
toru

 …その外国人の受け入れを拡大させている政権与党からしてどうにかしなければならない。

 どこかの政党・候補者を選ばなくても良い。単に投票率が上昇して人々が政治の動向に関心を強めた…。ただ、その一事で如何に政権与党と言えども、もう好き勝手な門戸開放さえ出来なくなってしまう。

 まずは既成政党がなべて「移民推進党」である状況から、まず「売国」を止めよう。それが他党の誰にもない桜井候補の主張である。

 その結果、社会保障(生活保護の支給など)から漏れたり、在留資格の喪失による就学・就労の道を閉ざされたと主張する外国人には今の日本人が言われていることと同じことを言えば良い。

 「てめぇの生き方はてめぇで決めろ!」…それしかない。「てめぇの国はてめぇの国で生きろ!」

imin
画像上下:10月23日付の東京新聞朝刊より
さも自民党のみが受け入れ拡大に反対しているかのようなアンケート結果で、これで自民党は票を得ているのだろうが、選挙後には自民党こそが受け入れ拡大に狂奔!
原発再稼働推進のように「やる」と言ったことをやらない…逆に外国人受け入れ拡大のように「やらない」と言ったことをやる…自民党政権はまるでアベコベ公約!
genpa

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

バナー
  
Posted by samuraiari at 15:52Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪ほか凶悪・組織犯罪 | 「護国の鬼」シリーズ(政界・政局その他)

2021年10月22日

衆院選と「日本第一主義」の理念!

1
画像上下:衆院選での桜井誠党首の第一声より
2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

公明党なる最大の阻害勢力!(10月21日付)
日本の安全保障ばかりか極東アジアを危機に陥れる!
koumei


★動画紹介!
10/21 川崎市への開示請求と、ヘイトスピーチなる所謂「虚偽告訴」への反撃!
(提供:国民の総意ちゃんねる)


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

川崎市への開示請求と、ヘイトなる所謂「虚偽告訴」への反撃!(10月21日付)
jiyu

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆実務最優先・実務至上の戦後日本への風穴!

『日本第一党』桜井誠党首らが戦う異次元の選挙戦!

:拙ブログの関連エントリー
2021年10月19日 衆院選の告示と『日本第一党』!

3
画像上下:衆院選における日本第一党の街頭演説より
4

 …まず、衆院が解散した経緯から振り返ってみたい。

 9月末の自民党総裁選と、続く10月4日の首班指名投票を経て選出された岸田文雄首相は党総裁・総理への就任から程なく衆院を解散するとした。

 今回の衆院選をかつて自民党が政権転落した平成21年(09年)の衆院選に擬える人もいるが、よく根拠もない中、やたら民主党(当時)押しが激しかった当時とはまったく雰囲気が異なっている。

 岸田政権では自民党副総裁に就任した麻生太郎氏が首相在任中のこと。あの平成21年初頭には民主党の小沢一郎に金権疑惑が持ち上がり、同時に麻生政権にあって閣僚を務めていた二階俊博にも疑惑が持ち上がった時だった。

 ここで二階を切ると同時に、小沢・民主党を追及するとして衆院解散に打って出れば麻生・自民党は勝てたと見る識者もいたが、全ては後の祭り…。

 任期ギリギリでの解散となった同年秋の衆院選で自民党は大敗して政権転落。その約3年後に安倍晋三総裁(当時)率いる自民党として政権復帰を果たし、菅政権を経て現在の岸田政権に至る。

 就任早々、ありとあらゆるボロが出る前に解散に踏み切った自民党の大敗はなく、むしろ、「単独過半数」までがささやかれる状況にある。

 以上が世間一般的な衆院選の行方と予想だが、本稿で述べたい衆院選はまったくの異次元…。

 およそ9党による党首討論が開かれる一方、既存メディアからはまったく黙殺されている『日本第一党』(桜井誠党首)は桜井党首が江東区をはじめとする衆院東京15区から、そして東京比例ブロックには4名の候補者を擁立して立候補。

★動画ご紹介!

衆議院議員選挙東京15区 桜井誠出馬 第一声

【桜井誠】日本第一党 衆議院選挙(東大島)

桜井誠 東京15区 住吉駅前

桜井誠 東京15区 イオン東雲店前

日本第一党 衆議院選挙 新木場駅前

桜井誠 東京15区 門前仲町駅前

日本第一党 衆議院選挙 事務所より
(提供:桜井誠チャンネル【日本第一党 公式】)

 …さっそく選挙という「実戦」における桜井党首の演説を拝聴したが、自民党をはじめ国会に議席を持つ、ありとあらゆる主要政党と主要候補を扱き下ろすことに終始。

 保守運動の関係者が口々に言うように、選挙戦なんだから少しは第一党の政策を…と思っていたが、そのような懸念を要さず! いかに戦後70年余の自民党政治をはじめ、既成政党が「日本人を殺し続けてきたか」

 いかに日本第一…ならぬ「日本最下位主義」の自民党政治によって日本人の生活が破壊されまくったかを説くことから始まっていた。

 桜井党首が述べているのは政策よりも「理念」! この理念こそは司法からも立法からも行政からも、そしてマスコミ報道からも「実務」ばかりを優先するあまり、戦後日本から喪失されて欠片も見当たらなくなってしまったものだった。

 自民党政権をはじめとする既成政党はこの「戦後日本」という状態を現状維持のまま、小手先の景気対策を説くことに終始している。国という大枠にあって、これほどのセセコマシイ選挙戦があるだろうか?

 従って憲法改正をはじめとする安全保障などは最たる争点にはならない。日本という国を周辺国の侵略からどう守って、どう発展させていくか、その理念が選挙戦では説かれず、当然、選挙の後にも何らの理念も生まれない。

 では誰が…どのような形でその理念を説くか? その理念をどう上手く人々に伝えることが出来るのか? それを実行することの出来るカリスマが渇望されていた。

 「 桜 井  誠 」という人はその理念を(演説で)伝えるのに類稀なるセンスと天才的な能力を持っているのかも知れない。

futsu
画像上下:フランスで新たに台頭し、大統領選への呼び声高い極右は「日本を手本」としているようだが、それは日本を買いかぶり過ぎだ!
futsu2
futsu3

 …確かに政治は理念だけではダメ。しかし、その理念こそが現代日本の戦後政治からはスッポリと大きく抜け落ちてしまっているものに他ならない。

 日本第一党と言えば、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』の系譜より、あたかもヘイトスピーチの代名詞であり、外国人排撃の象徴であるかの如く左翼・在日の反日勢力から…時に右派・保守陣営からの攻撃にも晒されているが、大まかに言うと「移民反対」が同党の理念だとしても、単に外国人移民を批判するだけでもダメ。

 いかにして日本人を虐げる政策・政治の延長上に外国人移民流入の問題があり、その結果、なおも日本人が殺され続けようとしている現状を最大限に説くことで、日本第一主義(日本国が一番、日本人が最優先)の理念を説かなければならない。

 その意味で日本第一党・日本第一主義とは、まさに桜井党首が説かんとしている理念にこれ以上にピッタリなネーミングはないだろう。

 「おいコラ!」「オッサン!」「おいババァ!」「かかって来い!」「バカタレ!」「クソ!」…などなど、普通の人が言えば単なるチンピラかゴロツキになってしまうが、こと選挙戦にあっては特に候補者にとって禁句とされている表現も桜井党首ただ一人が使うことを許される。

 許される…などと言えば語弊があるが、これらの汚くて乱暴な表現を実にコミカル且つ自在に駆使することが出来るのは、まさに桜井誠というキャラクターゆえ。

 桜井党首が説かんとしている理念を説くためにはそれらの刺激的な表現が必要。言わば理念を説く突破力が汚くて乱暴な言葉づかいさえもモノともしない。

 並の候補者が他党の批判や他の候補者を扱き下ろすような演説に終始すれば、忽ち「他人の悪口ばかりじゃなくて政策を言って下さい」などと野次が飛ぶところだろうが、他党・他候補の扱き下ろしに終始するからには、それこそ「世間の万人が納得し得る理念」でなければならない。

 この頽廃し切った現代の戦後日本にあって、日本国に在らねばならない理念を説き、ただ1本のマイクでの演説のみで伝えることに誰よりも長けた桜井誠というアジテーターはもしかすると、かの「アドルフ・ヒトラー」の演説力に匹敵するのかも知れない。

 安全保障・外交をはじめ、原発などエネルギー問題、景気や税金…どれ一つとして日本の領土が拡張され、資源が増えて日本人個々の財布の中身が増えるようなことはなく、むしろ削り取られていく一方…。

 確かに子供から年寄りまでが携帯電話(スマホ)を持ち、いつでもどこでも自在にネットにアクセス出来る時代となり、かつてと比べて社会は驚異的に便利にはなったが、それは科学技術が発達したというだけで、日本人は20年前30年前あるいは40年前と比べても格段に生活レベルは下がり、貧しくなっている。何よりも精神が貧しくなっている。

 コロナ感染が格好のケースだが、いかに日本人が殺され続け、いかに日本人の財産がむしり取られていく一方の状況にあって、だからこそ正反対で真逆な日本第一主義に向かわなければならない。

 今やっていることと正反対のことをやれば良い…要はそれがカラクリなのだが、それ一つを伝えるためにとてつもないエネルギーと「百数十年に一人」と言うくらいの才能を要する。

 とてつもないカリスマと同じ時代を生きているのかも知れない。

5
画像上下:日本第一党の出馬会見と出陣式より
6

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

バナー
  
Posted by samuraiari at 01:02Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ(政界・政局その他)