2016年12月05日

偽りの弱者救済へのご回答!

1
画像:池袋駅西口での街宣の様子


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆参加報告 12/4 IN高田馬場〜池袋

ユーキャン新語・流行語大賞に対する抗議街宣+『護国志士の会』池袋・定例街頭演説活動

 平成28年12月4日(日)、「行動する保守運動」関係者である江川まり女史の主催で出版社ユーキャンへの抗議行動が展開された。

2
画像:高田馬場(新宿区)におけるユーキャンへの抗議行動


 当日は真横の学習塾にて試験が行なわれている最中ということもあり、やや静かめの抗議街宣となった。

 ユーキャンは保育園落ちた。日本死ねという表現を今年の流行語大賞に選ぶという暴挙を犯した。昨年はアベ政治を許さないという言葉を流行語大賞に選ぶなど、明らかに思想的に偏った選考を繰り返す左翼偏向出版業者ユーキャンに対して熾烈な抗議街宣が展開されたものである。

 「日本死ね」にせよ「アベ政治」にせよ、誰も使っていないし、特定の政治的主張に偏った人しか使っていない。

 まず、保育園の審査に落ちたとのことだが、安易に幼い我が子を即保育園に預けることが必ずしも是だとは思わない。無論、昭和の頃のように専業主婦が少なくなり、夫婦共働きの家庭が多くなった現代で、滅多なことは言えないが、やはり基本的には夫婦どちらかの親に頼ってでも家庭で育てることが基本である。

 かく言う筆者・有門大輔も家庭の事情で1年保育しか受けていない。だが、今にして思うことは、あの時期に1日の大半を家族でもない他の子供たちと過ごすことが必ずしも是だとは思わない。一言で言うと、あんなところに2年も3年も置かれなくて良かったということだろうか。

 現在の安倍政権では労働市場開放の一環で外国人家政婦・ベビーシッターの受け入れも進められているようだが、保育園が満員だからと安易に外国人家政婦やベビーシッターに委ねることも危険である。その意味でアベ政治を許さない…というのは分からぬでもないが、昨年は安保法制が取り沙汰された時期であるだけに、やはり特定の政治思想に与する者らの仕業と思わざるを得ない。

 さて、日本死ね…なる表現は大多数の人が思っていることだろうが、紛れもなく、日本と日本人に対するヘイトスピーチそのもの。

 左翼勢力を中心に、やたらヘイト規制法を持ち出し、右派市民デモを攻撃する向きが目立つが、「日本死ね」なる表現と、それを流行語に選ぶような反日出版社の暴挙こそは(日本人への)ヘイトスピーチとして法規制されて然るべき問題である。

 さらに問題なのは、保育園落選騒動が起きた時に「日本死ね」なる母親のツイートが盛んに喧伝されたことである。この時点から「日本死ね」プロパガンダが始まっていた。

 この馬鹿母による「死ね」表現が正当であるとして盛んに喧伝(けんでん)したマスメディアの偏向報道が後にユーキャンによる流行語大賞選出に繋がったと言えよう。

 もし同じ「死ね」と言うなら、それは日本と日本人に対して言われる言葉ではなく、ろくに東京都内の保育園も整備・拡張せず、韓国人ニューカマーのための韓国学校や在日コリアン向けの老人ホーム建設に狂奔した当時の舛添要一・東京都知事に対して言うべき言葉である。

 その舛添に対して一貫してリコール・デモを継続したのが当日、ユーキャンに対して抗議行動を展開した「行動する保守運動」関係者の一同である。

 ユーキャン抗議と一連の舛添リコール・デモを継続してきた人々の奔走に、同じく一参加者として、改めて感激する次第だ。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆弱者救済は本来的に右派の主張なり!

 ユーキャン抗議が行なわれた高田馬場から池袋へ移動。

 『護国志士の会』(高木脩平局長)による池袋での定例街宣に合流するためである。池袋街宣の主催者は同会の荒井泉・練馬支部長。

34
画像左上:主催者の荒井泉・練馬支部長
画像右上:スーツ姿で登場し、宿敵であるしばき隊勢力へのコール合戦を主導し、演説ではしばき隊内部における大阪・十三リンチ事件を追及した高木脩平・護国志士の会局長(プラカードに掲げられている写真はリンチ事件の被害者)


 当日の街宣テーマは外国人への生活保護支給

 ただ、街宣そのものはしばき隊など妨害勢力による罵詈雑言のせいで演説らしい演説になり難い。

5
画像:しばき隊による妨害の様子
街頭演説をしている真ん前に陣取り、終始、罵声を飛ばす妨害行為が通行人らの耳目を惹く


 私・有門も途中からシュプレヒコールに切り替え、後の「コール合戦」としばき隊への罵り合いに重点をシフトしたほうが有用なのかと思った。

 しばき隊が「差別をやめろ!」と言ってくれば、こちらは「共産党!」「民進党!」のコールで徹底応戦。

 その様子は動画で確認して頂くとして、生活保護支給に並び、外国人(支那人)留学生への優遇政策の実態もトンデモない。

shina

 月額の支給に加え、国公立・私立ともに授業料を完全免除。宿舎や医療費の補助に加え、里帰りの渡航費用まで往復ともに全額負担。

 一人頭、年間で260万円以上、4年間では1千万円以上に上る。

 そんなカネがあるなら、うちの息子にくれ、うちの娘にくれ、俺にくれ、私にくれという向きが多数あるだろう。単に政治が悪いとか、そのような政権政党を支持してきた有権者が悪いという次元では済まされない。

 外国人留学生にばかり優遇政策を行なうような政権政党を支持した覚えはない。

 学費に加え、生活から里帰りの渡航費用まで日本人の血税から面倒を見てもらうとあっては、これはもう難民以上に酷い。生活保護を受給している外国人よりも悪い。

 逆に外国人留学生に高い授業料を支払わせるのが当然で、現在、外国人留学生に与えている優遇措置を全て日本人苦学生にこそ回さなければなるまい。

 日本人のノーベル賞受賞者は何人に上るのか? それほど優秀で素晴らしい日本人の人材こそ国が育成しなければならない。

6
画像:弁士が演説中、脇では護国志士の会幹部が小型メガホンで演説の趣旨を説明
「何の騒ぎなのか?」と尋ねてくる通行人も多かったものだ


 生活保護については外国人への支給は一律廃止で当然だが、護国志士の会幹部を含め、参加者からは「小学校での給食費の完全無償化」と「交番・派出所における児童へのオニギリの支給」「子ども食堂の拡充」などが提言された。

 飽食の時代と言われる平成の世でも、日本人の生活困窮者が生活保護も受けられず、餓死する事態が相次いでいる。

 貧困家庭では子供が満足に食事も出来ないでいる。共働きの家庭も多く、子供に満足な食事が提供されていないケースも少なくない。

 高齢層の生活困窮者にしてもそうだが、とにかく食事さえ出来れば命は助かる。日本人の中から餓死するような人を一人も出さない、そのための政策が急務である。

 一人暮らしの高齢者、両親の共働きや母子家庭・父子家庭のために一人になりがちな子供が近所の交番・派出所に行きさえすればオニギリが支給される制度があれば、所轄警察が近隣の状況を把握しやすく防犯にも役立つだろう。

 子ども食堂の拡充も有用である。

 不逞外国人への保護など、左翼勢力が言う偽りの弱者救済に対し、本来的に右派勢力から「(日本人への)真の弱者救済・保護」が主張されなければならない。

hei
hei2
画像:全国一貧困率の高い沖縄県における子ども食堂
在沖米軍関係者のボランティアによる協力で運営されているそうだが、沖縄全体で拡充されているかと言えば、そうとも言えない
しかも食堂は米軍関係者のボランティアによるところも大きく、これはボランティアが当たり前とされる米国の出身者の協力があってのもの
つまり在沖米軍の縮小(米兵の減少)は、子ども食堂のほか、沖縄社会にとって致命的である
沖縄県も含めて、日本全国全ての地域で子ども食堂の拡充が望ましい


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より

12・8 第5回 移民反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1120
12・11 第8回 埼玉県時局演説会
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1121


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

sotokanda
同盟ブロガーによる『2ちゃんねる』反日スレッドへの強烈な逆カウンター!
情け容赦、待った無しの鋭いツッコミが今日もアンチ右派の工作員を斬りまくる!

とくと、ご覧あれ!!

チョン糞ノンポリ工作員(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12225726298.html

ノンポリを
装うチョンは
工作員!

釣り専門
掲示板では
釣られている!

今日詠みし歌


701c9198-s

  
Posted by samuraiari at 01:48Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ 

2016年12月04日

トランプ効果と日本

tora


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆『大米帝国』の時代だ!

政権発足前より既に「トランプ効果」は各国で絶大!

政治への関心・無関心は、「政治を面白くする政治家」次第!

 アメリカのドナルド・トランプ次期大統領は台湾総統と電話会談。この米台の「歴史的な首脳会談」が非常な反響を呼んでいる。
nawa
:関連ブログ記事

★沖縄・米領復帰運動
米台関係が急展開の兆し!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12225400289.html
tai
画像:トランプ次期大統領と電話会談する台湾総統


 トランプ氏はフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領とも電話会談し、就任後のトランプ大統領がフィリピンを訪問して会談することも内定しているという。

fi
画像:トランプ次期大統領と電話で会談するドゥテルテ大統領


 とりわけドゥテルテ大統領の「麻薬撲滅作戦」(売人の粛清)について、トランプ氏が「正しい手法だ」として評価したという。

 最近、支那(中国)を訪問した際の媚中姿勢が日本の保守派から酷評されていたドゥテルテ大統領だが、現在のオバマ政権からしてドゥテルテ大統領を非難していれば米国から離れてしまったのも必然。

 そもそも同大統領による売人の粛清(射殺)を奨励した麻薬撲滅作戦は支那マフィアの一掃を主眼としたもの。麻薬汚染が夥(おびただ)しい米国としても見習うところがあるのだろう。あのトランプ次期大統領をフィリピンにまで来させるとしたのは、ドゥテルテ大統領の対中強硬姿勢あってのものだ。

 関係が断絶したはずの米台の首脳会談と両国関係の進展・発展。人権問題として世界中から非難(?)を浴びたはずの「ドゥテルテ作戦」への評価。

 世界は今、その価値観が根底から大きく覆ろうとしている。

 世界を主導するのはアメリカ、そのアメリカのリーダーが正しいことを正しい、悪いことを悪いと言うことでアメリカの政治がとてつもなく面白い。国際政治がとてつもなく面白くなろうとしている。

 人々の政治への関心・無関心も政治を面白くする政治家次第。政治家が政治を面白くすれば政治に関心のある層はより政治に関心を持ち、普段、政治にまったく関心のない人々までが政治に関心を持ち始める。

 大統領選にせよ、何の選挙にせよ、選挙の「仕掛け人」は同じで、誰が当選しても変わったようで何も変わらないと言われる。選挙の仕掛け人がアメリカで言うならユダヤ資本。

 しかし、そのユダヤ資本が押しつけてきた「グローバリズム」「グローバル・スタンダード」に対し、アメリカ合衆国民はトランプ当選で以って「NO!」を突き返した。
 国境線の開放、外国人移民・労働者の流入と資金、技術・産業の国外流出に対する「NO!」を。

 トランプ政権の発足を前に、アメリカは空然の好景気だと言われる。

 単に金銭や景気だけの問題ではない。本来の在るべき形に正されることで国際政治が面白くなり、アメリカ内外で人々は「トランプ効果」に浴している。

 こうした中、日本のように「我が国は『一つの中国』を原則とする中華人民共和国との日中友好条約に基づき…云々」などと外務省の答弁を棒読みしただけの内閣・政権ではトランプ米国から突き放され、世界から見放されてしまうだろう。

 トランプ米政権とまったく逆方向に行こうとしているのが安倍内閣・自民党政権。

 未だにTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の発足を云々する向きもあるようだが、もしTPPの発効ルールを変更し、米国抜きの11ヵ国で発効した場合、全てのベトナム人が日本で賃金労働する権利を得るという。

 TPPの発効を見越したベトナムでは、小学校から日本語教育が行なわれている。TPPが米国抜きで発効した場合、ベトナムから日本への大量の移民が予想されるという。

 どなたかが言っていたが、まさにトランプ誕生は日本にとっての「現代版の黒船」。

 世界の価値観が大きく揺らごうとしている中、日本だけが旧態依然としていることは許されない。

 では、トランプ米政権がどのような針路に突き進もうとしているのか。それを分析するとともに、あるべき日米関係・日米同盟と、世界との調和を考察したい。

以下は然る専門筋の分析

アメリカは『自国領しか守らない時代』に突入するでしょう。

 トランプは最重要国外基地(サウジアラビアの米軍基地)の撤退すら選挙期間中に提唱して、他の17名の共和党候補者を破る人気を獲得しました。

 従って、プエルトリコやグアムのように準州として米連邦に参加するということは、プエルトリコのアイデンティティ(言語はスペイン語)を公用語として維持しながら、経済は世界最強のドル経済で、防衛は世界最強ディフェンス米軍が担うことになります。

 つまり準州(semi state)になることによって、グアム(チャモロ民族)やプエルトリコは、アイデンティティを維持したまま、世界最強の『経済』と『防衛』に参加出来るのです。プエルトリコも公用語をスペイン語として維持したままで米連邦に準州として加盟し、恩恵を享受しています。

 もし、グアムが準州として米国に参加していなかったら、中華人民共和国に滅ぼされていたでしょう。

 沖縄も同様に中華人民共和国に、軍事的に滅ぼされる危険性が非常に高いです

 好景気に沸くアメリカ(グアム含む)では失業率の低下が継続しているという。2011年には8.5%であった失業率が2016年10月には4.9%に減少した。
gu
 自国の経済・産業のみを保護する、本土と準州を含めた自国領のみを守る。これらは本来的に至極当然のことであり、トランプ次期大統領は何も特異なことをしようとしているわけではない。
tora2
画像:元軍高官の登用が取り沙汰されるトランプ新政権


 まさに大英帝国ならぬトランプ王朝の「大米帝国」の時代であり、アメリカの中東からの撤退が本格化すればサウジアラビアも米国の準州になるかも知れない。前述の台湾にしてもそう。

 日本もこの波に乗らない手はない。

 米ソ冷戦時代、日本の左翼勢力は「米帝(アメリカ帝国主義)の傀儡」として政権政党や保守派を蔑んだものだが、その米帝で良いのである。

 何も日本そのものとして米連邦の準州として加盟せよという話ではない。

 極東アジアにおいては「沖縄」という重要拠点に、米連邦の準州として「対中(対支那)の反共防波堤」の防衛拠点を構築する必要がある。

 いや、むしろ、そうしなければ日本は、この「大米帝国」時代から置き去りにされてしまうだろう。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


以下、然る保守派の方が撮影に成功した沖縄での支那共産党員の実像


那覇市役所前、上海から来た中国共産党員は「もうすぐ人民解放軍が来る、その時、分からせてやる!」
https://www.youtube.com/watch?v=jdrMROwnsdw



以下は然る米国人の日本人観(少々長いですが)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

d
画像上下:東日本大震災で救援物資を運ぶ在日米軍
f

hei
画像上下:沖縄での貧困対策の一環として、共働きで両親が留守がちな家庭の子どもを集めた『子ども食堂
在沖米軍の将兵もボランティアとして参加しています

hei2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
12・8 第5回 移民反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1120
12・11 第8回 埼玉県時局演説会
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1121


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

sotokanda
同盟ブロガーによる『2ちゃんねる』反日スレッドへの強烈な逆カウンター!
情け容赦、待った無しの鋭いツッコミが今日もアンチ右派の工作員を斬りまくる!

とくと、ご覧あれ!!

チョン糞ネラーの業務報告(笑!!!!

http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12225199112.html
チョン馬鹿ネラーの近親憎悪(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12225341675.html

クソスレも
汚れ仕事で
カーストが!

プライドだけ
高きチョン馬鹿
ルンプロだ!

ヒラリー推し
負けて慌てて
中立に!

中立を
装うアンチ
名無しにて!

今日詠みし歌


701c9198-s

  
Posted by samuraiari at 11:09Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日米共栄圏IN沖縄県&対中防衛 

2016年12月03日

初冬の「凶悪犯罪」最前線!

happou2
画像:刃物を持った男が通行人を襲って暴れ、警察官が発砲で制止した事件現場を検証する京都府警


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆警察官の拳銃使用に賞賛の声!

凶器を振りかざし迫って来た凶悪犯罪者に二の矢、三の矢!

happou

 さる11月29日午後7時過ぎ、京都府京都市北区にて27歳の男が刃物を手に「殺すぞ!」と叫びながら暴れ、母親と連れ立っていた6才の男児に切りつける事件が発生。

 通報を受けて駆け付けた北警察署の男性巡査部長(三十歳代)が男を発見。「刃物を捨てろ!」と警告した上で上空に向かって拳銃一発を威嚇射撃。しかし、なおも男が「撃ってみろ!」と言いながら襲い掛かろうとしたため、男性巡査部長が拳銃四発を発砲。四発の銃弾全てを男の両足に命中させ、銃刀法違反と公務執行妨害の現行犯で男を逮捕した。

 インターネット上では既に賞賛の声で溢れているが、まず、男性巡査部長の射撃の腕を評価したい。

 しかも、威嚇射撃の上で、発砲した四発全てを容疑者に命中させている。単に命中させたのみならず、全てを両足に。通常、刃物を手に迫って来た相手になかなか上手く拳銃を操作することさえ、ままならなさそうだが、そこは日頃からの射撃の訓練に加えて警察官の平常心

 被弾した容疑者は、容疑者によって切りつけられた男児とともに病院へ搬送されたが、いずれも命に別状はなし。

 凶器を手にした警察官の発砲では、10年前の平成18年、栃木県警巡査が凶器を手に襲い掛かって来た支那人(中国人)凶悪犯に発砲し、腹部に命中させて凶行を制止している。

 ただし、この時は死亡した支那人容疑者の家族が県と発砲した巡査を相手取り、民事と刑事の両方で訴えを起こした。足掛け7〜8年に及ぶ裁判となり、両方の裁判で警察官の拳銃使用の正当性がようやく認められた。

 こんな裁判を数年がかりでやること自体がおかしいが、拳銃使用するにしても逐一、極めて限られた制約の中でやっている警察官は非常に難しい職務遂行を強いられているものだ。

 そのような中、警告、威嚇射撃に次いで拳銃を使用。脚部が必ずしも安全ではないが、容疑者の生命まで重視される狂った判断基準の中、発砲した銃弾全てを脚部に命中させる至難の業をやってのけたことは高く評価される。

 これでは撃たれた容疑者がいかに「不当な拳銃使用だ」「行き過ぎた発砲だ」とイチャモンを付けたところで、裁判のしようもないだろう。

 ここまで手かせ足かせのような制約の中、発砲基準を満たしたのである。いかに偏向マスコミと言えども文句の付けようがない。

 以前、現職の警察官から「足は撃たれた瞬間は熱い感覚があったりするそうだが、痛みは後から来たりする」と聞かされたことがあるが、足を撃たれた容疑者がさらに襲い掛かって来ることも想定された中、二の矢、三の矢の如く放った銃弾を全て足に命中させたことは非常に素晴らしい!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆ブラジル人凶悪犯への在留許可!?

履き違えた人道主義と司法の偏向が国の在り方をも揺るがす!?

 さる11月30日、名古屋高裁(藤山雅行裁判長=画像下=)で狂った判決が下された。

 在留期間を過ぎて不法残留となり、三重県内に不法滞在していたブラジル人の男(37歳)が退去強制処分の取り消しを求めていた裁判で、同地裁の藤山裁判長が「一家離散を招きかねず、人道に著しく反する」として同処分の取り消しを命じたのである。

bura2
bura
 このブラジル人の男は平成25年9月12日に無免許でひき逃げ事件を起こし、その間に在留期間を過ぎて不法滞在になったという。マスコミ報道の記事ではひき逃げ事故とされているが、明らかにひき逃げ事件である。

 判決の中で藤山裁判長は「強制退去処分は社会通念に照らして妥当性を欠き、裁量権逸脱で違法」などと述べ、ひき逃げ事件を起こして警察への出頭をためらっている間に在留期限を過ぎたとして「意図的に不法残留したわけではなかった」と断定したのである。

 これが逆にブラジル人がひき逃げ事件の被害者であったとしたら、情状酌量の余地はあったかも知れない。

 確かにブラジル人の男は最初は正規資格で来日したのだろう。しかし、それが無免許での運転とはどういうことなのか? しかも、ひき逃げという重大な事件を起こしている。

 男が出頭をためらったのは無免許での運転が露呈することに加え、日本に在留出来なくなってしまうことを恐れたのだろう。もしかすると、ひき逃げ事件そのものをやり過ごそうとしたのかも知れない。

 いずれにしても人命に関わる重大な刑事事件を起こしてしまった以上、刑期を務めた後は退去強制処分に従い、速やかに帰国の途に着くのが道理だろう。

 刑事事件を起こし、逮捕・起訴されている間に在留期間を過ぎるのは当たり前のことであり、在留資格の更新が出来なかったとか、不法滞在になってしまったのは当然である。

 強制退去処分は社会通念に照らして妥当性を欠くどころか、妥当過ぎるくらいに妥当である。藤山裁判長の言う裁量権とは何なのか? 逸脱どころか適法過ぎるくらいに適法に基づいた強制退去処分である。国から言われる前に「自ら進んで帰れ!」といったところだろう。

 藤山裁判長の判決理由は「離散家族を作らせず、人道に沿う」とされている。

 ネット上には「一家揃ってブラジルへ帰れば良い」とする向きが強い。当然だろう。離散家族も何も、男の家族が全員、正規の在留資格を有していたとしても、それは夫であり父である男の責任だ。離散したくなければ退去強制処分となった男の後を追ってブラジルへ帰るなり、それが嫌なら自ら招いた離散状態を甘んじて受け入れるしかないだろう。

 まったく以って狂った判決である。

 一家離散や人道…こんなものさえ持ち出せば、いかなる横暴もまかり通ってしまう。このような司法の誤りを許してはならない。

 裁判長の頭の中では「離散家族解消→人道」が真っ先に来ているのだろうが、あまりにも本末転倒である。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


以下、過去エントリーのコメント欄より外国人犯罪及び外国人移民・労働者情報!

2016年12月01日 「共産勢力VS日米同盟の熱戦時代!」
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52033255.html#comments

ブラジル国籍のタカエス・ファビオ・ヒサノリ容疑者(36)ら外国人自動車窃盗団4人を逮捕 50台以上被害
 愛知県豊田市でワゴン車1台を盗んだとして窃盗グループの男4人が逮捕されました。このグループが盗んだ車は50台にのぼるとみられています。
 窃盗の疑いで逮捕されたのは、ブラジル国籍の無職、タカエス・ファビオ・ヒサノリ容疑者(36)ら4人です。警察によりますとタカエス容疑者ら4人は10月、豊田市にある会社の駐車場からワゴン車1台を盗んだ疑いがもたれています。警察の調べに対して4人はいずれも容疑を否認しています。この窃盗グループが盗んだ車は約50台に上るとみられ、警察は部品に解体して海外に輸出していたとみて犯行の経緯などを詳しく調べています。
http://www.nagoyatv.com/news/?id=150961
Posted by 情報提供   at 2016年12月01日 23:56

ブラジル国籍の男3人とレバノン国籍の男1人で構成された外国人自動車窃盗団逮捕 余罪多数
 愛知県豊田市で今年10月、会社の駐車場に止めてあった車を盗んだとして、レバノン国籍の自動車解体業アティエ・チャルベル容疑者(39)とブラジル国籍の男3人が11月30日、窃盗の疑いで逮捕された。警察の調べによると、アティエ容疑者らは今年10月、豊田市内の会社駐車場で、ワゴン車1台を盗んだ疑い。4人はいずれも容疑を否認しているという。4人の関係先からはドリルや鍵を使わずにエンジンを動かせるエンジンコントローラーなどが押収されており、警察は県内で発生しているほかの自動車盗難事件にも4人が関与しているとみて余罪を追及している。

経済移民や難民受け入れによって増えるのは外国人犯罪だけではない。増えるのは、「経済移民や難民さえ受け入れなければ起きなかったはずの犯罪」であり、
最終的には社会秩序全体の崩壊に繋がる。「経済移民(外国人労働者及びその親族)や難民受け入れ、永住促進の多文化共生政策、グローバリズムに断固反対!」

http://www.sakuranokai.org/article/443474865.html
Posted by 情報提供   at 2016年12月02日 00:19


2016年11月26日 「ジャパン・サードの惨状」
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52032916.html#comments

日本の財布はねらわれている 食いつぶされる税金
年に25億円消える エサにされた生活保護費 集団でインチキ受給
税金が納められないといって首をくくった者がいた。一家心中の悲劇もあった。多くは善良な気の弱い人たちだった。だがこの人たちは悲劇の一歩手前で、もっと別な生き方を見つけ出すことができなかったものだろうか。税金−−これは国民の上におも苦しくのしかかっているものの一つである。しかしこの税金のうち毎年二十五億円が、日本人のためでなく在日外国人の貧困者救済のために使われていると聞いたら、ちょっと驚く人もあるだろう(以下略)。
http://kasataro.sakura.ne.jp/archives/347

外国人の生活保護問題を取り上げた新聞記事です。巧妙な不正の手口や不正受給しながら愛人を囲っていた悪質な例も紹介されています。これは60年前の記事ですよ。今と全く変わっていません。連載記事は一冊にまとめられ「白い手黄色い手」として発行され、アマゾンで検索すれば古書の入手は可能です。

増える外国人の生活保護
 現在わが国では、生活保護受給世帯が過去最多を更新し続けている。その中で外国人受給は4万世帯を超え、年間1200億円にも達している。これ自体10年前と比べ2倍近くにも激増している。厚労省の4年前の調査では、生活保護の全体数は月平均155万1707世帯。うち外国人は4万5634世帯。国籍別統計値はさらに前年数字だが、韓国・朝鮮人が約2万8700世帯、フィリピン約4900世帯、中国約4400世帯と続く。うち特別永住者の韓国・朝鮮人が62%超を占める(以下略)。
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52032916.html#comments
外国人の数が増えるほど日本人の負担は増します。今からでも歯止めをかけないと我が国の福祉制度は破たんするでしょう。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年11月27日 15:09

外国人犯罪の勢力図に変化? ベトナム人の刑法犯が中国人抜く
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/sankei-afr1611270002.html

報道によりますと、近年ベトナム人の犯罪が急増しており、刑法犯では中国人を抜いたとのことです。集団万引きや地方における農業トラクターの窃盗や違法薬物や性犯罪など。警察幹部はベトナム人のマフィア化を懸念しております。ポーランド在住の日本人によると首都のワルシャワにもベトナム人が居住してマフィアを組織し、深刻な社会問題となっているそうです。ベトナム人マフィアは、ドイツ、アメリカ、オーストラリアに存在し、近年は韓国でも暗躍しているので、早急に手を打たないとわが国でもベトナム人マフィアが組織化されるでしょう。
beto
裏コリアタウン」激変! ベトナム人殺傷事件から見えた“民族軋轢”の実態
http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/150925/evt15092515050025-n1.html
大阪市生野区の今里新地で、近年ベトナム人が増え、在日韓国人との軋轢が生じているとのことです。私は、何度か海外における移民問題で、移民同士の民族対立や宗教対立を指摘してきましたが、ベトナム人と韓国人の軋轢が頂点に達すると大規模な衝突へと発展する危険性があります。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年11月27日 15:28

buru
ブルガリアで難民達が暴動を起こしました。
https://www.rt.com/news/368101-bulgaria-migrants-camp-clashes/?
ブルガリアのHarmanliという場所の難民キャンプで、3000人のアフガニスタン人難民が収容されていたのですが、伝染性の皮膚病が蔓延していため、出歩くと伝染病が広がると、地元住民から抗議が来て、当局が検疫のために難民の外出を禁止したのです。これに怒った難民が暴徒化したのです。
以下が、暴動の映像ですが、以前ドキュメンタリーで観た中東の紛争地域の映像と全く同じです。

https://www.youtube.com/watch?v=A4SRRMLv5lY&t=265s

buru2
これは、フランスで起きた移民が警察署を攻撃している映像です。
https://www.youtube.com/watch?v=gkGa2-wiJFY

futsu
これは、パリで起きた移民暴動を警察が鎮圧している映像です。
https://www.youtube.com/watch?v=wTlYtcB1s-c&t=302s

futsu2
御覧になればわかるように、移民や難民を入れた国は、中東やアフリカの紛争地域と同じ状態になるのです。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年11月27日 16:00

>名無しの権兵衛さん
欧州の問題はひとまず、大阪でベトナム人が急増、コリアンタウンで対立化が深まっているとは起きるべくして起きた問題ですね。
こう言っては何ですが、私はいっそ大規模な衝突に発展したほうが良いと思います。
今のまま「日本人(行動保守)VS在日(民団・総連)」の対峙が続いても、やはり日本人が差別している側に仕立てられやすい。無論、メディアの論調も段々とは変わりつつありますので、継続は重要ですが。
ここでベトナム人コミュニティという要素が加わることで、これまでマスコミ報道で絶対視されてきた「在日イコール被差別階層」という固定観念が崩れていく契機にはなればと思います。
無論、ベトナム人コミュニティの拡大とベトナム人犯罪の増加は日本社会にとってこそ深刻且つ重大な問題ですが。

Posted by 有門大輔 at 2016年12月01日 23:25

以上

 その他、一頃しきりに導入が喧伝(けんでん)されたマイナンバー制度は、東南アジアからの外国人労働者は漢字が読めないため、移民受け入れの前段階として、漢字が読めない外国人単純労働者でも認識可能な「数字」を基本としたマイナンバー制度導入が実行に踏み切られたという。

 マイナンバーは日本人のみならず、日本に在留している外国人(留学生や技能実習生など)にも既に付与されている。

 現政権下では日本人と外国人の区別なく、まったく同じ扱いにする方向で動いていると考えられよう。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆大和証券「チャンシマ」抗議街宣!

 ブラジル人など外国人の屯(たむろ)と跳梁跋扈そして犯罪についてもそうですが、右派デモ妨害で知られるしばき隊』『男組による街中での騒乱はヨーロッパでの難民暴動に酷似しています!
cyan2
 その男組・しばき隊に大幹部として加入し、右派デモへの暴力的妨害に加担した男が『大和証券』に何とダイレクト企画部長(当時)として勤務していたことが判明しました!

 男の名はネット上のハンドルネームがチャンシマ」こと本名:嶋田眞人(しまだ・まさと)!

 さる12月1日には桜井誠氏(『日本第一党』党首)の呼びかけで大和証券(東京・中央区)への熾烈な抗議行動が展開されました!

 しばき隊・男組というデモ妨害に際して何人もの逮捕者と前科者を出した反社会勢力・半グレ集団とも言うべき組織に大幹部として在籍した男が大和証券でも幹部社員として勤務していた事実について、大和証券は何ら説明責任を果たしておりません!

 人事異動によってダイレクト企画部長の首がすげ替えられただけでは到底、納得のいくものではないでしょう!

 抗議行動に参加した瀬戸弘幸・ブログ『日本よ何処へ』主宰は、この事実について大和証券の代表取締役社長に対して「使用者責任」を問うべき民事訴訟を準備しましょうと全ての参加者と支持者に呼びかけられました!
cyan

★動画ご紹介!

高画質【街宣・ノーカット】チャンシマ事件を許すな! 大和証券のコンプライアンス問題を問い質す!28.12.1
https://www.youtube.com/watch?v=3IVV8Cl3GQQ
(撮影:sencaku38さん)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★「行動する保守運動カレンダー」より
12・4 護国志士の会、練馬支部街宣
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1093
12・8 第5回 移民反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1120

★沖縄・米領復帰運動
オスプレイの実戦配備を強行せよ!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12225054997.html

nawa6
沖縄で男組・しばき隊関係者ほか反基地・反米勢力が逮捕されまくり!


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

sotokanda
同盟ブロガーによる『2ちゃんねる』反日スレッドへの強烈な逆カウンター!
情け容赦、待った無しの鋭いツッコミが今日もアンチ右派の工作員を斬りまくる!

とくと、ご覧あれ!!

チョン糞釣り大量ー(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12224728208.html

工作員
息吐くように
デマを書く!

チョン糞は
掲示板にて
落書きし!

今日詠みし歌


701c9198-s

  
Posted by samuraiari at 00:33Comments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 | ブラジル人犯罪・日系人特権問題

2016年12月01日

共産勢力VS日米同盟の熱戦時代!

tora
画像:演説するトランプ次期大統領


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆潜伏していた不満・叛乱分子

 米メディアが伝えるところによると、ドナルド・トランプ次期大統領が米エアコン・メーカーのメキシコへの工場移転を阻止することに成功したという。

 同様に日本政府も日本企業の工場海外移転を阻止する取り組みで、日本人労働者の雇用を守ってもらいたいものである。

tora2

 そのトランプ次期大統領だが、アメリカ国旗である星条旗を燃やした不満分子は「全員、刑務所送りにする」と発言した。

 メディアは共和党の関係者や議会関係者、政府当局者からの批判が殺到していると伝えているが、どう考えても真っ先に批判されるべきは星条旗を燃やすようなテロリスト紛いの者らのほうだろう。

tora3

 燃やすところまで行ってはいないが、日本にも国旗・日の丸を損壊するような不逞極まりない過激派紛いの連中が存在する(画像は宣伝ではありません)。

han

 画像上は右派市民デモに対するカウンター(妨害)の様子だが、日の丸に「×印」をつけた上、「殺せ」と書かれたプラカードを公然と街中で掲げている。
 デモ妨害に際して「差別反対」「ヘイト反対」を掲げているが、その実態は「日本に対する敵意」「日本人(が行なうこと)への敵意」なのである。
 画像下は同じく右派市民デモへのカウンターにて、日の丸に×印を描いた反日分子。
han2
 その他、「原発反対」や「性差別反対」など、何かにつけて差別差別と騒ぎ、何かと反対反対を主張する者らは日本社会への反発に根差している。
han3
 右派市民団体『在特会』への反発はその最たるもの。在特会及び「行動する保守運動」系デモへの反発、即ち日本そのものへの反発である。
han4
 「鏡(かがみ)」という字が見たことのない字で書かれており、日本語が不自由な外国人が書いたと思しい。「在特会は日本の鏡」とあるが、その通りだろう。これまでの在日朝鮮人の横暴に我慢ならないとした日本人が行動に打って出た。それが当の在日にとってはこの上なく恐ろしいのだろう。

 一方、アメリカ合衆国にはこれまで左翼・左派は存在するとされてきたが、自国の国旗を損壊するような奇形左翼(所謂ガチガチの共産主義者)は存在しないと思われてきた。だが、実際には存在した。それも日本以上に酷い形で存在した。
hirari
 トランプ大統領の誕生こそは、日本以上に酷いアメリカの惨状を浮き彫りにしたのである。

 日本での右派デモ妨害のカウンターは「日本人だ」と称しつつも堂々日の丸を損壊している。それが「差別反対」「ヘイト反対」「米軍地反対」「原発反対」「在特会に反対」「桜井誠に反対」を掲げ、一般ピープル(?)と称する共産主義者だった。

 アメリカ合衆国でも反トランプ勢力が我こそはアメリカ合衆国民と称しつつも星条旗を燃やしている。それがヒラリー民主党支持派を装った共産主義者であった。

 同盟国である日米両国でまったく酷似した現象が見られるとは何とも数奇なものである。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆生涯を賭して(沖縄の)体制変革に執着する意義!

 共産主義者が「共産主義だ」「マルクスだ」と主張しているなら、まだ良い。

 だが、この21世紀における共産主義者は共産主義者の体をなしていない。日本でもアメリカでも。ある時はグローバリストと称し、またある時は地球市民を装い、またある時はリベラルと偽っているのである。

 つい先日、「日米『鎖国』と『反共』の時代」なるエントリーを掲載したが、まさに21世紀は日米ともにアジアにおける共産主義との戦いの時代であり、国の門戸を破壊しにかかった共産勢力との戦いである。

:関連エントリー

2016年11月24日 「日米『鎖国』と『反共』の時代」
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52032675.html

 90年代初頭にソ連は崩壊したが、「東西冷戦」構造の終焉はヨーロッパだけのことであり、極東アジアにおいては北朝鮮が存在し、支那中共(中国)という共産主義国家が依然として存在している。

 しかも支那は自由経済を導入して久しいとはいえ、人民解放軍系の国営企業の下、依然、共産党の一党独裁に変わりはない。今年、支那で日中友好事業に携わる日本人が公安当局に身柄を不当拘束されたが、支那政府による明らかな日本人拉致事件。北朝鮮と何ら変わることのない共産主義独裁の国。即ち北朝鮮の拡大版が支那中共である。

 こんな国と何故に日本が友好関係にあるのか分からないが、日本に大勢の支那人(中国人)が在留しているように、アメリカにもまた支那人とともに大勢の共産主義シンパが息を潜めていたのである。
 その潜在的な共産シンパがヒラリー民主党の敗北を受けた反トランプ・デモ暴動となって一気に表面化した。

 反トランプ・デモ暴動の様相は、日本で言う「反原発デモ」や「安保法制への抗議」またはしばき隊による右派デモ妨害や沖縄での反基地暴動に酷似している。

 日本においても共産党の看板を出していない、隠れ共産シンパとの全面衝突の時代を迎えようとしている。まさに共産勢力VS日米同盟という熱戦時代の真っ最中なのだ。

以下、前掲の関連エントリー・コメント欄より

私は日本国土の全ての米州化に賛成ですよ、日米同盟があるからこそ戦後の日本はここまで来れたのです。
最期はアメリカの一部になるのも良いと思いますよ
Posted by 愛国保守 at 2016年11月27日 00:35

あ
い
何がアメリカの一部だよ?

アタマ湧いてんのか? そんな甘々で愛国保守たる名前負け以下のポチに成り下がるなよ(苦笑)

いつまで人任せのお坊ちゃんになるんだ?

いい加減自分の足で立ちなよ? まだ介護が必要なのか?

はっきりいうけどな アメリカ様様で金魚の糞みたいにすり寄る言い分もわかるが

これからは自分の足で 手で アタマでしっかり物を考えないとこれからの未来はないよ。

国も民族も違うんだ。 いざとなれば簡単に裏切れ 己の身でやらなければならないんだよ。

自分の国の事だろ? 他人事みたいに云いやがって…。

自分なりに考えて覚悟決めて物を書け!
Posted by ぐりー at 2016年11月27日 23:12

う
以上


 日本の「自主防衛」「自主独立」についての有り難いご意見を頂いたので、自分なりに思うところを記してみたい。

 日本が自主防衛・独立を確立することは、全ての日本人愛国者にとっての悲願であると思うが、日本が自主防衛・独立を確立するということは即ち『大日本帝國』時代に完全回帰しなければならないということである。

 つまり、軍事力としては再度、支那大陸(中国大陸)に進出したり、シベリアにまで出兵したり、朝鮮半島を再び併呑するくらいの国力を持たなければならない。

 おそらく、当ブログの読者諸氏の大部分は「二度とシナチョン(支那・朝鮮)には関わりたくない」というのが本心だろう。

 しかし、自主防衛を言いつつも、東側には太平洋しかない日本の地理的条件から(今風の表現で言う)安全保障を確立するためにはロシアにも支那大陸にも朝鮮半島にも進出しなければならない。

 …だが、現在の日本には対外的に進出する体力もなければ、兵力もない。かつてのように徴兵制も現実的ではない。国家としての理念もない。

 だとすれば現在の「枠組」である日米同盟・日米安保の中で、国の存立を考えるしかない。

 繰り返すが、我が国の同盟国とは、かつて大日本帝國として朝鮮半島への進出・支那大陸への進出を果たした頃のイギリス(日英同盟)でもなければ、第2次世界大戦をともに戦ったナチス・ドイツ(日独同盟)でもない。他ならぬアメリカ合衆国(日米同盟)なのである。
e
 イギリスと日英同盟を結んでいたから日本が主権国家ではなかったのか? ドイツと軍事同盟を締結して戦争を戦ったから日本は主権国家ではなかったのか? そんな馬鹿な話はない!

 日本に米軍基地が存在することで日本が真の主権国家ではないとする向きもあるだろうが、同盟関係の一形態として存在するのだから、日本に米軍基地が存在することは恥でも何でもない。

 そんなことを言い出したらヨーロッパにも中東にも韓国にも米軍基地が存在するではないか。

 コメントをくれた「愛国保守さん」は根っからの自民党支持者であると思われるが、「日本そのものの米州化」というくらいに突き抜けた議論はあっても良いと思う。

 安保賛成派も反対派も、親米派も反米派も紋切り型の議論ばかりで、突き抜けた議論というのがない。

 中途半端な対米従属を言うよりも、日本そのものの米州化というくらいに突き抜けていたほうがスッキリする。

 翻って「対米自立」を言う人たちはいっそ北朝鮮との結託を主張したり、「日中ネオ軍事同盟」というくらいに反米姿勢で徹底してくれたほうがスッキリすると思うが、沖縄での反基地暴動にせよ、その辺りを巧妙に隠しているのが卑劣である。

 かつて当ブログで「武家(大江戸)回帰」を主張したのも、日本の体制変革という突き抜けた部分での議論を拡大化させたかったからだ(ちなみに、この頃から「沖縄の米州化」を主張していた)。

 それを今、沖縄に特化した体制変革を求めている。特に共産系が強い沖縄にあって組織票で雌雄が決し、共産シンパの知事が選出されては基地問題が迷走するような混乱をいつまでも続けさせてはならない。いつまでも左翼が沖縄で幅を利かせるような状況を許してはならない。

 沖縄こそは「米州化による体制変革」で共産勢力・シンパを一掃しなければならない。

 それが対支那(対中国)において最大の牽制になるのであれば、やらぬ手はない。

 アメリカにとっても沖縄が自国領となれば米軍駐留(と、その拡大)に際して合衆国民の理解が得られやすくなる上、アジアで戦う意義がより鮮明化するだろう。

bc
画像:沖縄での米軍属による事件で、公道で謝罪し続ける米軍関係者とその家族


 その実現化は決して容易ではない。一生涯を賭しても陽の目を見るかどうかは分からない。だが、だからこそやる意義がある。私は「難しい」(つまり、出来ない)という言葉があまり好きではない。

 こと社会運動にあって、難しいを逃げ口上にしては難易度の高いことは何も達成出来ない。

 いつだって一生涯を賭して追求することの出来るテーマを自分なりに探し、自身に科してきた。

 沖縄には過去4度赴き、高校時代の3年間はウチナーンチュー(沖縄人)2世の担任教師だった。両親と一家揃ってのブラジル移住経験もあり、トンデモないクソ左翼教師だったが、逆の意味でも沖縄には何らかの縁があるのだろう。

 外国人犯罪問題とともに、沖縄の体制変革もライフワークの如くテーマとして生涯を通じて関わり続けたい。

 次のトランプ米政権が移民問題とともに対中関係でも厳しい姿勢を示している最中、単に歴史の証人ではなく、その一端でも当事者として生命を全うしたいものである。
え
お

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★沖縄・米領復帰運動
反米勢力への反撃!(4)
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12224385189.html

a

★「行動する保守運動カレンダー」より
12・4 護国志士の会、練馬支部街宣
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1093
12・8 第5回 移民反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1120



2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

sotokanda
同盟ブロガーによる『2ちゃんねる』反日スレッドへの強烈な逆カウンター!
情け容赦、待った無しの鋭いツッコミが今日もアンチ右派の工作員を斬りまくる!

とくと、ご覧あれ!!

余命に怯えるチョン糞(笑!!!!

http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12224132501.html
クソスレはチョン糞レールの終着点(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12224330677.html

自信の無さ
名無しになって
クソスレに!

名無しゆえ
名無しのデマに
踊らされ!

クソスレは
一般気どる
檻の中!

現実を
認めぬ大卒
スレで喚く!

カウンター
全てが分かる
あの風体!

今日詠みし歌


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 03:20Comments(12)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日米共栄圏IN沖縄県&対中防衛 

2016年11月29日

亀井氏と幕府軍合祀

3
画像:11月27日の勉強会の様子


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆参加報告 11/27 IN文京区民センター

『日本の心を学ぶ会』第68回勉強会

「尊皇思想と維新を考える」 本年度最後の集い

亀井静香衆議院議員ら「幕府軍合祀」を推進する真意とは!?

d
画像:靖国神社での昇殿参拝を終えた直後の亀井静香議員(左)や石原慎太郎・元東京都知事(右から2人目)、平沢勝栄衆議院議員(右端)


 平成28年11月27日(日)、文京区民センターにて『日本の心を学ぶ会』(渡邊昇代表)第68回目の勉強会が開催された。

 毎月第4土曜日に月1回で開催されてきた同会の勉強会だが、12月度は年末に差し掛かるということもあり、この11月度の勉強会が今年最後の集まりとなった。

 この11月末はデモ街宣の運動よりも、何かと行事関連への参加が多かったものである。

 27日の勉強会より前の24日には埼玉県さいたま市の『さいたま共済会館』にて開かれた三島由紀夫・森田必勝両烈士の慰霊祭(三島・森田精神恢弘実行委員会 染谷高実委員長主催)に渡邊代表らとともに参加。

12
画像:慰霊祭の様子


 その3日後の勉強会となったわけだが、当日は会場設営の準備に加え、渡邊代表が遠方での仕事の都合で到着が遅れたため、僭越ながら筆者・有門大輔が主催者に代わって開会の挨拶を務めるなど、お手伝いをさせて頂いた。

 勉強会の講師は『四宮政治文化研究所』代表の四宮正貴先生。

 勉強会の演題は「明治維新と靖国神社」。

4
画像:勉強会にて講演中の四宮先生


 現在、衆議院議員の亀井静香氏らを中心として、靖国神社への幕府軍戦没者(白虎隊や新選組を含む)と西郷隆盛ら明治初期の乱における戦没者らの合祀計画が進められている。

 当日の勉強会の主題は、その幕府軍ら靖国神社に祀られていない戦没者の「合祀問題」であったと言っても過言ではない。

 勉強会での概ねの総論としては、「戊辰戦争で朝敵とされた徳川慶喜にせよ、明治期には爵位を与えられるなど、既にその名誉は回復されている」「西郷隆盛にしても上野に銅像が立つほどだ」「明治天皇がお赦しになられた」「官軍を祀った靖国神社とて旧幕府軍や西郷隆盛らを侮蔑しているわけではない」と結論付けられた。

 その上で明治維新から約150年を経た今になって合祀をする意義もないという見方が大勢を占めたものである。

 ただ、しかし、筆者・有門としては戊辰戦争で官軍が戦ったのは外国軍ではなく、旧幕府の将兵であり、同じ日本人である以上、靖国神社に合祀されるべきではないかということと、明治維新は150年が経とうかという現在になっても未完成のまま、「明治維新、未だ完成せず」という所感を僭越ながら(質疑応答の際に)述べさせて頂いた次第である。

 明治維新は外国勢の脅威を前に、「挙国一致」を目指して進められた。しかし、政権中枢から旧幕府・旧会津藩が外されたように、必ずしも挙国一致とは言い難い側面もあった。

 その明治維新を経て、現在を生きる我々が合祀によって「真の挙国一致」を完成させずして、次なる維新もないし、次代へ繋ぐことは出来ないと思う次第である。

e
画像:終戦記念日の靖国神社

 講師を務められた四宮先生とて徳川慶喜ら旧幕府側への尊敬の念も持たれている。四宮先生より明治期の旧軍(帝国軍)にて起きた面白いエピソードが紹介された。

 然る会津出身の将官と長州出身の将官との間で問答となり、「朝敵(とされた会津)の側」として揶揄された会津出身の将官は「我がほうが朝敵だと!? ふざけるな!! 『禁門の変』で御所に火を放って帝(みかど)を連れ出そうとしたのはどこのどいつだ!?」と猛然と反駁したのに対し、長州出身の将官は何も言えずに口を噤んだという。

 さて、ここからが勉強会での本当の意味での「本題」でもあったわけだが、亀井静香議員らは何故に旧幕府側や西郷隆盛ら明治期の乱における戦没者の合祀を進めているのだろうか?
c
画像:最近発見された斎藤一・新選組三番隊組長の写真


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆亀井氏の歴史認識と合祀計画の狙いについて

 勉強会の席上、四宮先生は以下のように分析された。

政調会長や大臣まで務め、総裁選にも出馬するなど総理の椅子も夢ではなかった、かつての自民党重鎮である亀井氏も下野して久しい。もう年齢も年齢だし、陽の目を見ることはないと思われます。今の総理大臣が長州閥出身の安倍さんだから何とか一矢報いたい思いがあるんじゃないでしょうかね

 亀井静香氏と言えば、まだ自民党に在籍していた頃、唐突にも死刑廃止終身刑導入に言及したことが思い出される。

 ただし、これは人命が云々とか、亀井氏の死生観が云々のレベルではなく、その背後には死刑廃止→終身刑導入→凶悪犯激増→刑務所増設→刑務所職員の増強→法務省(矯正局)の利権拡大→建設業者に発注→各種業者の参入…といった「利権構造」が多分に絡んでいたものと推測される。

 その亀井氏はつい最近、『月刊日本』(今年10月号)にトンデモない妄言を寄稿したとして問題視されているのだ。

以下、四宮先生の四宮政治文化研究所が発行される機関紙『政治文化情報』より転載しよう

亀井静香氏は月刊日本(本年十月号)において、『昭和天皇は明治憲法下において、日本国と日本国民を救うことが出来るお立場でありながら、そうされなかった。大東亜戦争が始まる時、昭和天皇は日本が破滅的な状況へ向かうのをお止にならなかった。また戦争が終わる時、昭和天皇は広島・長崎への原爆投下とソ連参戦までご聖断を下されなかった。もっともっと悲惨な状況になる前に降伏することが出来たのではないか。そして戦いに敗れた後、勝者による戦争責任の追及が進む流れの中で、東京裁判に東条英機以下七人の首を差し出された。…こういう一連の問題について、今上陛下はご自身の経験がおありになるから、やはり天皇たる者はそういうことをやってはならぬ、という忸怩たる思いがおありになったのではないか』と語った
a
(中略)

原爆が二発落とされ、ソ連が参戦した後でさえ、『終戦』に猛然と反対する勢力が多かったにも関わらず、昭和天皇が終戦を決断されたのはまさにご英断と言うほかない。
『昭和天皇がもっと早く終戦のご聖断を下されていたら、広島・長崎に原爆は落とされなかった』などというのは妄説である。原爆を落とし、無辜の民を殺戮したのはアメリカである。また、日ソ不可侵条約を一方的に破棄して、満州、南樺太・全千島、朝鮮半島北部を侵略したのはソ連である。しかるに、昭和天皇に対し奉り、後知恵で責任を追及するのは筋違いも甚だしい

以上

 こうした過去と今現在の言動から鑑みるに、亀井氏が旧友の石原慎太郎・元東京都知事らと組んで幕府軍合祀を進める真意とは何であろうか?
 石原氏もまた昭和天皇の退位だとか、靖国神社からの然る戦没者の分祀に言及したりと、何かと問題発言が見られる。
b
 推測だが、亀井氏らは幕府軍合祀に加え、次々と合祀を進めていくことで終いには外国軍の戦没者だとか、日本海に沈んだ北朝鮮の工作員まで合祀することで靖国神社の戦没者追悼施設」化を狙っているのではないか?

 北朝鮮工作員が云々は別としても、少なくともそういう方向に持っていこうとしているように思えてならない。

 四宮先生は勉強会の終わりに次のように結ばれた。

合祀は結構だとしても、それを進める亀井氏らの動機が不純に思えてなりません。合祀だとか、そういう問題は政治家が口出しすべきではないんですよ。下手に政治家が口出しをするから、おかしなことになってしまう

 「賊軍」とされた旧幕府勢の名誉回復と合祀計画についての大きなきっかけを作ってくれたこと自体は有り難いが、却って足を引っ張ったりすることのないよう亀井氏に釘を刺しておきたい。
6
画像:閉会の挨拶を述べる渡邊代表
5
画像:『日本第一党』の幹部らのご挨拶


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

sotokanda
同盟ブロガーによる『2ちゃんねる』反日スレッドへの強烈な逆カウンター!
情け容赦、待った無しの鋭いツッコミが今日もアンチ右派の工作員を斬りまくる!

とくと、ご覧あれ!!

チョン糞スレはエンターテイメント(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12223878866.html
クソスレはドロップアウトの先(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12223964733.html

和解して
消えぬ十字架
背負わされ!

ベストセラー
批判は名乗り
堂々と!

クソスレは
猿山そのもの
名無し猿!

コミンテルン
そこら中で
カウンター!

クソスレは
内容そのもの
エンタメだ!

今日詠みし歌


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 14:31Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ