2018年11月12日

「自国第一主義」で何が悪い!?

tora2
画像上:第一次世界大戦の終結100周年記念式典への出席のため、渡仏したトランプ米大統領
画像下:式典にてメルケル独首相やマクロン仏大統領と並ぶトランプ大統領夫妻
bei

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


1
日本第一主義」の『日本第一党』(桜井誠党首)による日韓断交デモ行進(11月10日)

★NPO外追 公式サイト(広報)より

2018年11月10日 【東京】日韓断交デモ(参加報告)
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1900436.html

2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆EU首脳演説とNHKの偏向番組

不法入国問題で自国第一主義を捨てよとする暴挙…

 さる11月11日で第一次世界大戦の終結から満100周年を迎えた。

 何を隠そう、我が日本とて第一次世界大戦での戦勝国の一国。世間的には何かと第二次世界大戦ばかりが取り沙汰されるが、極東アジアから遠い欧州が主戦場となった第一次大戦にて、戦勝国の一員に名を連ねた当時の日本の外交力と、尊い犠牲には最大級の敬意が払われねばなるまい。

 11月11日という「1」が並ぶ月日で第一次大戦の終結とは、なかなか洒落が利いているが、この大戦にて敗戦国ドイツに課せられた賠償金ローンは何と今からつい最近とも言える1987年までの支払いだったと言うから、終結から約20年後にナチス・ドイツが第二次大戦に踏み切ったというのも頷ける。

 第二次大戦後の日本に欠落しているのは、(第一次大戦での)敗戦の惨禍と恥辱に塗れた当時のナチス・ドイツによる「ナニクソ」根性だろう

 一方、当のドイツではメルケル政権がナチス政権とは真逆のことばかり繰り広げては大量難民(不法入国者)を受け入れ、ドイツ国民を苦しめているので、ドイツ極右政党の奮迅に遠い極東アジアから期待したい。

 さて、当の11月11日、ドナルド・トランプ米大統領夫妻や日本からは麻生太郎副総理が渡欧して第一次大戦の終結式典に参列したわけだが、マスメディアは世界的にミス・リードを繰り広げ、「不戦」の誓いの場である式典を利用してトランプ米政権による「自国第一主義」に大々的な批判を繰り広げた。

 メディアによるトランプ・バッシングは実に嫌らしい。

 フランスに到着直後のトランプ大統領がさも追悼式典への出席を雨天のためにドタキャンしたかのように報じた。

tora
画像:アンチ・トランプによるメディアのニュースより


 だが、(当ブログ)冒頭画像のようにトランプ大統領夫妻は他の首脳陣とともに参列した様子が映されている。事情がよく分からないが、実際のところは式典プログラムの一環にあったセレモニーへの出席を天候のために見合わせただけではないか

 さもトランプ大統領が式典そのものへの参加をドタキャンして拒んだかのような印象操作はいただけない。

 次に式典そのもので、フランスのマクロン大統領が「自分の利益が第一だと言い張れば、国の最も重要な価値を失ってしまう」とした演説をさも正論であるかのように報じている。

fu
画像:同


 日本のテレビ番組でも式典に託(かこつ)けたトランプ政権による自国第一主義へのバッシングは顕著だ。

 11日当日、東京都内の然る喫茶店の大型テレビで見たものだが、NHKによる教育番組「世界のいまでの自国第一主義へのバッシングは露骨極まりない。

世界のいま
http://www4.nhk.or.jp/sekaima/
sekai
画像:同番組にて引用されたアニメーション


 人気お笑いタレント・コンビ『アンジャッシュ』の児嶋一哉がコメンテーターの一人として出演したNHK番組・世界のいまでは、ヨーロッパのEU(欧州連合)を一つのマンションに擬えて番組が進行した。

 それまで一軒家として存立していた各国が大戦争後に共存共栄の枠組を作ろうとEUの叩き台になるものが第二次大戦後に誕生。それが後のEUとなったわけだが、助け合いなど、様々な取り決めをして拡大・発展してきたEUマンションには続々入居者(加盟国)が増えてきたことが紹介される。

 注目すべきはEUが独仏など、現在のメルケル政権やマクロン政権といった特にトランプ米政権の自国第一主義に批判的な2ヵ国を中心として結成されたということ。

 やがてアフリカ中東からの移民・難民(不法入国者)が増えてくると、地中海から欧州への玄関口として知られるイタリアのように受け入れを拒絶する国が出てきたことが紹介される。

 イタリア極右として知られる同国のマッテオ・サルビーニ内相などは「ミニ・トランプ」に形容されたほど。このイタリアの動きに同調する国としてハンガリーのオルバン首相もミニ・トランプに形容され、その他、チェコやポーランドなど東欧各国が挙げられた。

 唐突にミニ・トランプ…と形容されたあたりが、あたかもトランプ米政権による自国第一主義を叩きたい番組の意図するところだったのだろう。

 番組のコメンテーターらはそれぞれ番組の趣旨に同調するように、「それぞれの国が勝手なことをすれば(EUマンションが)成り立ちませんよね〜」という尤もらしい見解で番組を締めくくった。

 マクロン仏大統領の演説にしたところで、NHKの偏向番組にしたところで言いたいことはまったく同じだが、それぞれの見解は明らかに間違っている。

 不法入国者の問題について言えば、各国が自国第一主義で国境線を厳しく規制しなければなし崩し的に不法入国者が流入してしまう。

 マンションに例えれば、自室を綺麗にしようと清掃に務めるのは当然のことだが、どこか一室が不衛生にしてネズミや害虫まで湧くような状態にしていれば、忽ち隣室など他家にも影響してしまう。それがソックリそのまま現在の不法入国者問題に当てはまる。

 NHK番組では「移民・難民の受け入れを各国で割り当てようとEU(マンション)の取り決めがあるのに、従わない国が出てきてイギリスのように離脱する国まで出てきた」ことが紹介された。

 この前提が間違えている。物乞いの如く不法入国者の群れを各国の割り当てで受け入れなければならないという道理がどこにあるのか?

 世界のいまのコメンテーターらは「イギリスに続いて(EU)マンションから出て行く人が増えてしまいますよね〜」などとEU存続が大前提の話をしているが、必ずしも不法入国者(移民・難民)を受け入れなければいけないという前提もおかしい。

 常識的に考えても各国がそれぞれ同様に門戸を閉ざし、それ以上、不法入国者が入って来られない状況を作ってしまいさえすれば、それ以上に問題は拡大しない。

 そのような簡単なことさえ出来ないのがEU加盟の先進国、特に(第二次大戦の)戦勝国の実態なのだ。

bei2
画像上下:不法入国問題に喘ぐEUをよそに、世界で最強とも言えるほどに不法入国者に厳しい姿勢を示したトランプ米政権
bei3

 話はまったくの逆であって、むしろEUの側こそイタリアやハンガリーの不法入国者阻止に倣わなければならない。

 トランプ米政権の自国第一主義を批判する独仏などのEU各国だが、こうした状況では米国を中心にイタリアやハンガリーなど東欧各国も参画する形で、新たな「ナショナリズム国家連合」でも形成することが望ましいと言えるだろう。「新たな国」と言い換えても良い。

 NHK番組では「ヨーロッパが大戦争が始まる前の状況に似てきた」という専門家の意見も紹介されていた。あたかも米国やイタリア、ハンガリーといった国々が秩序を乱しているかのような物言いだが、話はまったくの正反対である。

 むしろ、米国やイタリア、ハンガリーの側に、EU加盟国の側が従わないからズレが生じて軋轢が深まり、対立が深まってしまう。

 過去、第一次・第二次と大戦争は常に欧州を中心に発生してきた。来たる第三次世界大戦の主戦場も現状を見る限り、欧州であることは間違いない!

 移民・難民と称された不法入国者の流入を阻止するどころか、なおもウェルカムと受け入れては、正しく不法入国者を阻止して排除しようとする国の足を引っ張るような馬鹿国家・馬鹿政権が存在する以上、正しい国がこれを征伐・討伐する以外にない。

 米国第一主義のトランプ政権をはじめ、東欧各国との間に反EU・アンチEUとも言うべき新たな枠組が誕生しつつあることこそ望ましい。

 他方、極東アジアの我が国では入管法改悪が遂に審議入りと報じられた。

nyukan
画像:ニュース記事より


 欧州の惨劇を目の当たりに、なおも(事実上の)移民受け入れ拡大なる暴挙に踏み切ろうとする我が国の政権による「馬鹿国会」での審議を止めるには、それこそ欧州で大戦争でも勃発してもらうことが望ましい。

 欧州で革命的にでも急進的な反EU・反移民の極右政権樹立が待たれるところだ。

 我が国でも少しは「日本第一主義」を志向する政権が作られるのではないか?


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョン楠ブタマのノーミソ萎縮(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12418202867.html
”チョン楠Oタマネギイシんカワサキ再デビュー!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12418249544.html
”チョン楠カルイシんショオニンヨッキュー(嗤!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12418406631.html
”チョン楠カルイシん焦り(嗤!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12418461310.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 23:34Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ | 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動

2018年11月11日

市民権を得た日韓断交デモ!

3
画像:日韓断交デモ出発前の集会(常盤公園にて11月10日)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆参加報告 11/10 IN神田〜東京駅前〜銀座〜新橋

『日本第一党』主催 日韓国交断絶要求デモ行進!

「徴用工」判決の虚構を吹き飛ばし、南朝鮮の反日に自ら抗う正当なる言論!

12
画像上:続々集まって来た参加者
画像下:桜井誠・日本第一党党首から託された激励文を朗読する主催者の堀切氏
54

67
画像左上:桜の花びらをイメージした「行動する保守運動」のノボリ
画像右上:堀切氏の主唱で韓国粉砕のコール!
画像左下:挨拶する日本第一党の岡村幹雄・東京本部長
画像右下:出発直前のデモ隊
89

 平成30年11月10日(土)、右派政党『日本第一党』の堀切笹美氏の主催による「日韓断交デモ行進」が東京・銀座界隈にて開催された。

 先刻承知のとおり、南朝鮮(韓国)最高裁での所謂「徴用工」判決の影響は日本企業にとって甚大である。戦前の日本企業による強制徴用・労働への賠償支払いが認められると、類似判決が続々下される恐れがある。

 お金がかかると企業の対応も素早い。部品の禁輸など、対韓報復の措置が講じられているわけだが、これまで靖国神社が朝鮮人によって放火されようと爆弾が仕掛けられようと、仏像が破壊されようと、竹島に南朝鮮大統領が上陸しようと、何らの反応も示さなかった企業までが南朝鮮への見方を厳しくしつつある。

 その間、「行動する保守運動」による日韓国交断絶デモ街宣は一貫して継続されてきたわけだが、その風向きが一気に反韓の右派系市民デモに向きつつある。

 ヘイトスピーチの誹りを受けようと、行政と激しく衝突し、時にマスコミの激しいバッシングに晒されては妨害勢力しばき隊からの激しいデモ街宣への妨害が繰り広げられる中、雨の日も風の日も一貫して反韓デモは継続されてきた。

 その反韓機運はついぞ企業・財界から政府・与党に至るまで、国ぐるみのものとなりつつある。

 歴史には、それまで単体として機能していたものが突如、有機的に動き出すことがあるという。

 今日の反韓機運も一貫して反韓デモを継続してきた人々による汗と涙の結晶と言える。

 遂に「時代が行動する保守運動に追いついた」「時代が反韓デモに追いついた」と断言出来る。戦前・戦後の長きに渡り、良かれ悪かれ緊密な関係にあった日本と朝鮮半島だが、遂に新たな日韓関係(断絶状態)へ向け、新時代の第一歩を踏み出そうとしている。

 遂に右派系市民運動・行動する保守運動による日韓断交デモが日本社会で「市民権」を得た瞬間だったと言えよう!

 忌まわしき南朝鮮最高裁での反日判決から間を置かず、今回の日韓断交デモを企画・実行された日本第一党関係者の方々、そして主催者である堀切氏に対して貴重な機会を提供してくれたことに篤く御礼申し上げたい。

 そして100人以上を動員した帝都での日韓断交デモの大成功を参加者の一人として祝したい。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★画像ご紹介!

ari3
画像上:筆者・有門大輔のツイートより
画像下:同
日韓断交デモを主催した堀切氏は来年の統一地方選挙で、新宿区より区議選への出馬を予定しておられる!
コリアンタウンを抱える新宿区にあって、同区の多文化共生政策にも真っ向、戦いを挑まれる覚悟なのだろう!
我々は日本第一党を支援する立場にはないが、こと新宿区議選にあっても日本第一党からの候補者以外を支援することは一
切ない!
ari

10
画像上:カラフルで刺激的な韓国批判のプラカード

15
画像上:今回の日韓断交デモでは、デモ隊中央部にて『護国志士の会高木脩平局長がコーラーを務めた!

takagi
画像上:高木局長によるツイートより

16
画像上:反韓デモ隊は東京駅前から銀座を経て、新橋に突入!
17
画像上:終着地点の公園にて

ari a
画像上:終着地点では、僭越ながら筆者・有門も挨拶する機会を頂いた!


 …私事ではあるが、今年1月より、瀬戸弘幸氏(ブログ『日本よ何処へ』主筆、『日本第一党』最高顧問)に同行して、関西圏での連帯ユニオン(関生支部)への討伐行動に加わったことにより、東京都内での行動に参加する機会は激減した。

 東京でのデモ行進で言えば、昨年10月末のトランプ大統領「訪日」歓迎パレード以来、約1年ぶりのこととなるのではないか?

 今回の日韓断交デモで思ったことは、南朝鮮(韓国)関連では大動員の上、狂ったように猛然と牙を剥いて妨害を仕掛けてくる妨害勢力しばき隊の数が目に見えて激減していたこと。

11
画像上下:しばき隊による沿道からの罵声を浴びせての妨害!
しかし…その数が極少だったこともあり、妨害者が浴びせる罵声もまったく勢いが乗らない!

12
13

 いつもは大人数を動員して待ち構えているような箇所にも横断幕を広げて大がかりに見せるのが精一杯。

 明らかに反韓デモのコールが妨害勢力による罵声を音量でも質量でも終始圧倒し続けた。

 この背景には、関西圏で連帯ユニオン関生支部・武建一一派に対する警察の捜査・摘発が進んだことが挙げられよう。

 沖縄の反基地(建設妨害)にしても、都内での反原発騒動にしても、しばき隊によるデモ妨害にしても、左翼・反日勢力は水面下でしっかりと繋がっている。

 沖縄・反基地も反原発もそうだが、右派系デモ妨害のしばき隊に対しても相当な資金が連帯ユニオンから流れていたとされる。

 この連帯ユニオンからの所謂反日資金」「連帯マネーが断ち切られつつあるのも、関西に乗り込んでの連帯ユニオン討伐を主導した瀬戸弘幸氏の大きな功績と言えるだろう。

 連帯ユニオン絡みでは瀬戸弘幸氏をはじめ、討伐行動に関わった同志らが連日取り調べを受けており、大阪府警による筆者・有門に対する(名誉毀損&暴力行為等処罰法違反での)取り調べもまだまだ続く見通しで、引き続き、気を引き締めて臨みたい。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!

韓国に怒りを!『日韓断交』 国民大行進 in 銀座2018/11/10デモ前

https://www.youtube.com/watch?v=o3NDTdHjaqg
韓国に怒りを!『日韓断交』 国民大行進 in 銀座(1)2018/11/10
https://www.youtube.com/watch?v=IZFoAAXxpQI
韓国に怒りを!『日韓断交』 国民大行進 in 銀座(2)2018/11/10
https://www.youtube.com/watch?v=ImGb9Dqz-Xs
(撮影:ぼるじょあ氏)


韓国に怒りを!『日韓断交』 国民大行進 in 銀座 始まりのあいさつ 平成30年11月10日(土)
https://www.youtube.com/watch?v=G4VcP_-AP1g
デモ行進 韓国に怒りを!『日韓断交』 国民大行進 in 銀座 平成30年11月10日(土)
https://www.youtube.com/watch?v=azYcIuG3OFw
韓国に怒りを!『日韓断交』 国民大行進 in 銀座  おわりのあいさつ 平成30年11月10日(土)

https://www.youtube.com/watch?v=mUeDl3KSvRs
(撮影:nippon nippon



最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョン楠ブタマの一発芸はゲイネタ!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12417977493.html
”クソスレはチョン楠ブタマの安全圏!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12418043896.html
”チョン楠ブタマのクソスレで御花見!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12418123618.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 01:36Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 

2018年11月10日

日米・自由社会と不法入国者追放!

bei2
画像:米ニューメキシコ州にあるメキシコとの国境フェンス


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆人手不足と人手不足解消を徹底検証!

コンビニの24時間営業も必要なく、社会そのもののサイクルを見直せ!

 目下、我が国での最大の政治論争と言えば入管法改悪をめぐる与野党の攻防…。

 あまりにも拙速過ぎて生煮え…中身がない…移民政策そのもの…。野党の言うことはいつも間違っているが、こればかりは野党の指摘が正しい。

nyukan
画像上下:ニュース記事より
nyukan2

ari2
画像上:筆者・有門大輔のツイートより


 野党による必死の抵抗が功を奏したのか、入管法改正をめぐる国会審議は審議入りするレベルにはなく、その日程はズレ込む一方で、国会会期の延長さえも言われ始める始末である。

 尤も、野党にしたところで生粋の極右でもなく、根っからの反移民の議員・政党ではないにも関わらず、その質疑・追及にさえ真正面から対峙・対決出来ない与党も情けない。

 元より立憲民主など、労組系を支持母体とする野党は、外国人労働者の受け入れ拡大に対する追及の「ネタ」や「コマ」には事欠かないのかも知れない。

 対する与党の側はと言えば、『日本経団連』など財界のご用聞きで外国人「単純」労働者の受け入れ拡大を言い出したに過ぎず、政府(官僚)や財界の丁稚に過ぎない以上、国会で追及されれば答えに窮してしまうのも無理はないだろう。

 それにしても、「その程度」の連中が入管法という国の一大事に関わる重要法案を弄くり、外国人労働者の受け入れを安易に拡大してしまおうというのだから、考えてみれば空恐ろしい話ではある。

 目先の人手不足を云々するのであれば、いっそ、外国人労働者の受け入れ拡大などせずに、どの業種や産業がどのくらい淘汰されて消滅し、実際に立ち行かなくなるのか、それを見極める契機にしても良いのではないか?

 本当に日本社会にとって必要な業種・産業であれば、どうにかしてでも再建しようという動きが出てくるだろうし、本当に日本社会にとって必要なければ必然的に淘汰・消滅していくのみだろう。

 せっかく、それらを見極める契機だというのに安易に外国人労働者の受け入れで頭数が間に合ってしまうから、それらの業種・産業が惰性的に続いているに他ならない。

 例えばコンビニエンスストア。目下、都心をはじめ、外国人留学生や実習生によって席巻され、今や外国人がいなければコンビニが半ば立ち行かないところまで来てしまっている。

 今でこそ24時間営業だから特に都心では深夜だろうと何時だろうと、誰もが安心して買い物に行く。確かに便利は便利かも知れないが、本当にそれが必要なのかを問い直す絶好の機会でもあるだろう。

 このコンビニが24時間営業ではなく、9時か10時に閉まってしまうものなら、誰もが夜8時くらいまでには買い物を済ませて深夜の買い食いによる肥満の防止にも直結する。

 コンビニが街のスポットとして防犯にも機能するのは大いに結構なことだが、なまじ深夜営業で電光が煌々とついているため、青少年が深夜まで徘徊しては屯(たむろ)してしまう。これが24時間営業でないとすれば、むしろ逆に防犯にも役立ってくるかも知れない。

 コンビニの24時間営業が深夜帰りのサラリーマンやOLたちの生活を助けているという指摘もあるが、まずコンビニが24時間営業を自粛し始め、年中無休が社会常識や社会通念でなくなってくれば各企業におけるブラックな雇用形態も順次改められる方向へと来るのではないか?

 …要するに現代日本人の生活サイクルは少なくともコンビニが存在しなかった昭和時代に戻しなさい…という話である。

 何も全ての問題がコンビニのせい…というわけではないが、若い親が深夜まで幼児を起きさせているというのも、いざとなればコンビニが存在するという安心感に依存し過ぎたことが一因かも知れない(繰り返し、コンビニだけのせいではなく、様々なメディアや娯楽が発達したせい…というのもあるが)。

 コンビニの24時間営業がなくなれば、深夜の時間帯を標的にした強盗も出没しない。防犯や国民の健康、生活、教育、労働形態など、様々な面で健全化を促すかも知れない。

 コンビニだけを例に出してしまって悪いが、コンビニに象徴されるように日本人…と言うよりも日本社会そのものの生活サイクルを利便性を追求するあまり狂わせてしまった原因をここで見直す契機とすることこそ望ましいのではないか?

 ここで外国人労働者の受け入れを拡大するということは、目先の人手不足は解消されるのかも知れないが、利便性を追求するあまり、大幅に狂ってしまった日本社会の悪しきサイクルを惰性的に続けることに他ならない。要するに悪循環を固定および拡大するだけなのである。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆トランプ米政権の新方針!

我が日本は「移民国家の本家」にどこまで倣えるか?

 他方、米国では国境の検問所を通過せず、米国に不法越境した不法入国者からは難民申請を受け付けないとする新方針が示された。

bei
画像上:ニュース記事より
画像下:筆者・有門のツイートより
ari

 米国の裁判所に申し立てられた難民認定申請は審理待ちの数だけで70万件以上。メキシコとの国境フェンスを不法越境した上で難民として認定せよとは、何とも米国の入国管理制度を舐め切ったものであり、悪用した行ないに他ならない。

 ドナルド・トランプ大統領は新方針を大統領署名により発布するそうだが、こうしたトランプ政権の毅然とした措置は、先の中間選挙でトランプ共和党が合衆国民からの信任を得たことによるものだろう。

:米・中間選挙に関する当ブログの関連エントリー

2018年11月06日 不法入国阻止のトランプ政権と中間選挙!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52086437.html

2018年11月07日 米・中間選挙と銃社会での自衛!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52086524.html

 マスメディアは先の中間選挙について下院での民主勝利を理由に、さもトランプ政権の米国第一主義に足かせが出来たかのような報道に終始しているが、こうしたメディアによるミスリードを防ぐためにも、今回の新方針の表明は評価出来る。

 トランプ政権としては普通に国境検問所を通過した合法移民についてはまったく問題にしておらず、ここでも飽くまでも不法越境の不法入国者を問題としている。

 米国が移民国家の本家であるとして移民政策の運用を勘違いしている向きもあるが、移民に開かれた自由はあっても、無法」「不法まかり通って良いはずはない。

 移民に開かれた自由な国だからと、誰彼なく国境線を不法に越えて良いというわけはない。

 移民の国だからと国境線さえ越えれば不法入国者も(合法)移民になるなどとはトンでもないミスリードであるし、それでは昨今の欧州への不法入国を「難民」と形容する向きと何ら変わらないものだ。

 こうしたミスリードが続いてきた結果、トランプ政権による選挙戦での広報活動さえ「人種差別的だ」とする誤った見解が導き出されてしまう。

 トランプ政権は正規の手続きに基づいた移民が渡米して来る元来の形に戻そうとしているに過ぎない。

 以下、筆者・有門のツイートより、日本で外国人労働者の受け入れ拡大がいかに犯罪の温床ばかりを育てようとしているか、その一端を垣間見て頂きたい。

ari5

ari6


ari7

ari8

 以上、移民国家の本家でさえ、不法入国・不法移民の問題は自由社会を脅かし、不法ばかりを蔓延させる重大事となっている。

 こと日本の場合、事実上の移民受け入れで移民国家の本家をも悪い意味で凌ぐ勢いである。

 メディアによって「移民」「難民」などと称された不法入国者の排除に欧米が必死に取り組んでいる最中、たとえ入国の上で問題はなくとも、生活保護の受給(憲法違反)や資格外活動(外国人留学生による不法就労)、行き過ぎた観光客招致など、片付けなければならない問題は山積しているだろう。

 技能実習生や観光客の失踪による不法滞在化、留学生による実態なき留学生活など、そちらの一掃こそ急務である。

 不法によって脅かされた自由社会にあって、日米欧の自由主義圏同士、特に日米同盟にあって強固な経済同盟を貫きたい

 ともに自由社会を守ろう!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


gougou2
画像上:オーストラリアで発生したアフリカ系テロリストによる通行人殺傷のテロ事件!


★「行動する保守運動カレンダー」より
11・10 韓国に怒りを!『日韓断交』 国民大行進 in 銀座
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1465


★反韓デモのお知らせ!

韓国に怒りを!『日韓断交』 国民大行進 in 銀座

日韓基本条約を破棄する韓国の愚行
無法国家とこれ以上付き合えるか!
韓国と断交し明るい社会を取り戻そう!!

平成30年10月30日(火)韓国大法院は徴用工裁判で日本側敗訴の判決を下し
日韓基本条約を破棄することを決定しました。
相互請求権の放棄
日本側の独立祝い金という名の事実上の賠償金8億ドル(当時の韓国の国家予算の二倍)
など日本にとって不平等条約もいいところの日韓基本条約でしたが
それすら破っての判決が下ったことに行動する保守運動は断固抗議の声を上げます。

【実施日】平成30年11月10日(土)
14:00集合 14:30出発

【集合場所】常盤公園
https://parknavi.jp/chuo/586.html

【最寄り駅】
JR総武線 新日本橋駅
東京メトロ各線 大手町駅
東京メトロ 半蔵門線 三越前駅
下車徒歩4分

【主催】「行動する保守運動

【現場責任者】堀切笹美


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョン楠カルイシんトーシロ ドーテー(嗤!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12417687146.html
”チョn楠カルイシnクソスレ ウチゲバ(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12417746755.html
”クソスレn玩具nシロート ドーテー(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12417815648.html
”チョン楠ブタマの正月返上!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12417874725.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 01:25Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動