2005年09月30日

少子化・国力減退で悪いか!?

9d3ac17d.jpeg

写真:ブラジル移民した家族を描いたNHK放送80周年ドラマ「ハルとナツ〜届かなかった手紙〜」の放送を直前に控えて。
 外国から日本にチャンスを求めてやって来る者は多いが、かつてのように、日本人にとっての狄慧恵廊瓩郎覗瓠存在しない。

 愛知万博はようやく閉幕したが、こうした国際的イベントや観光、または就労、就学などで世界各地から外国人を呼び寄せる要素を持たざるを得ないのは先進国としての義務・責務であり、富める者の狃斌伸瓩任△襪箸気┯世┐茲ΑE然、その中に狆靴れざる客人瓩箸靴読塰―∀目的あるいは何らかの犯罪目的で紛れ込む外国人が少なからず存在するのも確かな事実である。故に我が国としても入国管理体制の強化・徹底に努めているわけだが、古今東西「誘発の可能性のあるところ」へ人が集まるのは必然であり、経済大国を目指して犹たざる者ら瓩大挙して押し寄せるのも自明の理であった。
 昨今、しきりに景気回復が謳われているが、そもそも繁栄と秩序が背反することは他の先進国を例に見ても不可避の選択である以上、我々が現在の生活レベルを維持または向上させつつ努めるならば、治安・安全において歪みが生じるのも無理はない。しかし、そのような中においても、より良い安全な市民生活を志向して努めるのが犢駝韻了般伸瓩任△蝓△修了般燭鮃駝韻紡紊錣辰突行する最前線の警察官や入管局職員、海上保安官そして自衛官を私は敬服してやまないのである。
 我が国に存在する不法滞在外国人は一説には100万人とも150万人が存在すると言われるが、彼らはひとえに富を求めてやって来た。
 出入国管理法が存在する意味をひも解けば、もし我が国が世界経済の後塵を拝するような三流、四流国家であったとしたら、出入国管理法なる法が存在せずとも我が国に入国を試みようとする外国人はおそらく皆無だろう。
 結論を言えば不法滞在外国人を激減させるには、我が国が「貧」になり、魅力の少ない国になる道が手っ取り早い。昨今、とかく少子化による国力減退が憂慮されているが、だから、私はここで少子化によるデメリットを「静かに歓待せよ」という安直な意見に終始するつもりはない。生活レベルを落とすのはそう容易ではないからだ。
 少子化によるメリットは何なのか―?
 石原慎太郎東京都知事の著書『
勝つ日本』では「少子化により濃密な教育が可能になる」ことが指摘されているし、日下公人氏の著書『人口減少で日本は繁栄する』で初めて少子化によるメリットに言及されたように思う。
 そのような観点から少子化を見る向きが、何故にこれほどにまで皆無だったのか、それが不思議でならない。

ブログ・ランキングへの応援クリックをお願いします!

<愛知万博>
犯罪、外国人旅行客などの数値まとめ
 閉幕した愛・地球博(愛知万博)期間中に会場で発生した窃盗や失そう事件、中部国際空港利用の外国人旅行客などの数値が28日、まとまった。【窪田弘由記、林幹洋、大島有美子】

  続きを読む

Posted by samuraiari at 17:24このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年09月29日

情報・科学の発達に見る移民の概念

00a7d1f8.jpg

写真:法務省入国管理局が発行したパンフレットより

 交通網の発達が驚異的な進歩を遂げていることは、これまでも述べてきた通りである。新幹線の東京〜大阪間あるいは東京〜広島間など、実際には今よりもずっと時間を短縮することは科学・技術的に可能であるそうだ。しかし、それをやると会社の出張等でホテルでの宿泊客の激減が予想されるため、難しいという。そもそもビジネスマンにしても、出張先で、商談成立後に一杯祝杯をあげたいというのが人情というもの。そんな配慮があるのかどうか知らないが…。
 同様に、国際線における時間的短縮も実現されることは間違いない。つまり、朝、米国に飛び経って、夜には日本に帰国しているという構図だ。そのような交通網の発達で世界がますます狭小になる中で、出入国管理体制は多忙を極めるというデメリットも確かに存在するであろうし、科学の発達は我が国にも抜本的な出入国管理体制の転換を迫るだろう。
 交通網の発達が一因であろう不法入国不法滞在外国人問題は目下、我が国の治安を著しく乱す一大要因だが、国民・民族さらには人類の叡智と発展を示すべく歴史という不可逆的なレールの上を走る我々は、科学の進歩を逆戻りすることは許されない。つまるところ変えるべきは犹箸βΔ琉媼鵜瓩任△蹐Α
 かの日航機墜落の御巣鷹山事故の際、機長の遺族宅に誹謗中傷の電話が相次いだ様子がドキュメンタリードラマを通じて映されていたが、時代は違えど、ITの発達でインターネットが個人に対する誹謗中傷の道具とさえ化している現在と、人々の意識はそう変わらないのだと思わざるを得なかった。
 国家間の戦争にせよ、どんなに最新鋭の兵器を有していても、それを使う者らの士気が低ければ、十分に機能しまい。

不法就労者の増加を危惧する方は応援クリックをお願いします!

 こと不法入国不法滞在外国人問題において求められる概念の変貌とは、繰り返すようだが「世界は狭小」になっており、そのような現代においては移民の定義も新たにすべきということだ。
 まだ日本に国力がなかった貧困の時代…我が国からも新天地を求めて南米や北米に移住した方々がいた。政府にとって口減らしの意味もあったのだろう、行きの渡航費は全て政府が負担したという。ある者はブラジルやペルーへ、またある者はハワイやカナダへ、何ヶ月もかけて船で渡ったのである。…現地に頼れるツテがあったわけでもない。言葉も通じずトイレの場所さえ訊けぬ新天地での苦労は並大抵のものではなかっただろう。
 ところが、現代では職場や住居の情報など、全て母国で入手することが可能なほどに情報網は発達している。そして僅か数時間の内に異国にたどり着けるほどに交通網は発達した。
 不法滞在外国人(不法移民)が摘発される度に「彼らは遠い母国を離れ、低賃金ながらも日本経済に貢献してきた」云々の悲劇的な苦労話がマスメディアを通じて喧伝されるが、現代においては移民の概念が大きく変貌している事実を今一度、知る必要があるだろう。
 「かつて日本も多くの移民を送り出したのだから、今度はその恩恵に報いる時だ」とする道徳論を、さも当然のように説く者が未だに少なくない中、その重要性を切に感ずるのだ。

  
Posted by samuraiari at 12:58このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年09月28日

100年後の日本民族のために…

e5f352bd.jpg

写真:富を求めて日本を目指してきた中国からの経済難民(不法入国者)

ブログ・ランキングへの応援クリックをお願いします!

 誘発の可能性があるところに集まるというのは人間の性(さが)なのだろう。昨今、日本各地で南米など亜熱帯地域に生息する動物や昆虫が発見される騒動が相次いでいるが、これは珍しい動物を飼ってみたいという人間のエゴによるものであり、決して動物らが自ら生存圏を飛び出したわけではない。
 同様に、人間のみが無限にテリトリーを拡大する愚を犯している。その最たる手段がかつては国家間の戦争だった。武力を背景に、他の国から資源を収奪する植民地支配のテリトリー・ゲームが終焉した今、世界は各民族がそれぞれのテリトリーを脱する新たなウォー・ゲームの時代を迎えていると言っても過言ではないだろう。
 地球史上、他民族の大量移入によって一つの民族が淘汰されたという例は数知れない。交通網の高度発達により、その脅威は我が国において一層、現実味を増している。
 富を求めて我が国を目指す不法入国者が依然、後を絶たないが、人間の中にも存在することを否定し得ない自然の摂理に遵(したが)って鑑みるならば、こと外国人政策に関して我が国が取るべきは一端でも外国人労働者を受け入れる意思を諸外国に対して発してはならないということだ。もし、そのような軽挙に出たとしたら、諸外国において瞬く間に「日本は外国人労働者の全面開放に踏み切った」との誤ったメッセージが人心を伝播し、不法入国の動きは急加速することだろう。
 少子化により労働力不足も懸念されているが、対案があろうがなかろうが文字通り、このまま行くしかないのである。(つづく)
 

万博の外国人33人が失踪 
8カ国、不法滞在も
 25日に閉幕した愛知万博(愛・地球博)の期間中にイベント出演などで入国した外国人のうち8カ国の男女計33人が失踪(しっそう)し、一部は不法滞在の状態になっていることが27日、愛知県警の調べで分かった。
 県警は、失踪者が国内で不法就労している疑いもあるとみて行方を捜している。

  続きを読む
Posted by samuraiari at 12:43このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年09月27日

「治安大国」の復権に向けて!

b5f35865.jpg

 目には目を、歯には歯を!
 
捕らわれる側の凶悪化とも言うべきか、近年の治安悪化は深刻である。
 中国人窃盗団によるピッキング事件が各地で勃発しているが、彼らは警察官に犯行現場を押さえられても大人しく捕まったりはしない。警察官に刃物を振り回し、平気で発砲さえする。
 凶器を持った精神異常者や薬物中毒者が、大人しく説得に応じることもないだろう。武器使用の制限を緩和し、自身の身体を保護する装備を整えてこそ市民の生命も、財産も守り得るのではないか。
 今般の警察庁による警察官の装備強化を歓迎したい。

只今ブログ・ランキングに参加中

公務執行妨害が増加 

「精強な警察」へ装備強化
 警察官に対する公務執行妨害事件が10年前の2・8倍を記録するなど、警察の“第一線”の危険が増しているとして、警察庁は来年度から、全国の警察に、太さを2倍近くにして強度を高めた警棒や、車の窓ガラスも粉砕できる警杖(けいじょう)を導入することを決めた。
 「制服」による威圧効果が薄れ、容疑者から直接、刃を向けられるケースも急増していることから、腕を保護する耐刃手袋も用意する。
 同庁は、装備の“武装化”を進めることで「精強な警察」を取り戻したい考えだ。

  続きを読む
Posted by samuraiari at 17:56このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年09月26日

大陸からの経済難民にどう立ち向かうべきか

e12b0b1f.jpeg関東を本拠地とする某右翼団体では、構成員は武道の鍛錬に励むことを欠かさない。水面下では秘密結社的に狎鐺部隊瓩鯤埓しているとも囁かれている。
 団体の幹部がその猝榲瓩砲弔い銅,里茲Δ墨辰靴討れた。
「武道をやったところで日本人が外人に勝てるわけはないんです。
 白人は日本人よりも体格が大きいし、中国人や韓国人の中には軍の特殊部隊にいた者もいる。そんな連中を相手に、常識で考えて一般の人間が勝てるわけがありません。
 しかしね、勝てないまでも猊蕕韻覆き瓩燭瓩侶盈をしようということで鍛錬を重ねているわけです

 どうやらキーワードはここにあると言えそうだ。勝てなくとも良い、負けなければ。
 ここでは中国人を皆殺しにせよだとか、中国共産党を打倒せよなどという突飛な論調に終始するつもりはない。
 問題は日本人の治安に対する概念だが、全ての人が防犯スペシャリストになれ、というのも無理な話だろう。
 単純明快に「安全はタダで享受できるものではなく自ら構築するものだ」という認識である。
 防犯機器メーカーの中間管理職は、日本人の防犯意識について次のように語る。
「治安崩壊が指摘されて久しい昨今ですが、日本人の意識はまだまだ安全神話に浸っていますね。確かに治安悪化に対する認識は高まっていますが、広範なレベルで見れば安全はタダという認識のままで防犯機器に対する理解も依然、低いというのが現状です」
 確かに、治安崩壊とは言うけれど、都心部では深夜でも一人歩きしている女性がいかに多いことか…。
 日本人が海外旅行先などで事件・事故に巻き込まれるケースとしては外国の治安状況を十分に理解しておらず、日本にいる時と同様に行動
してしまったパターンが多いのではないか。
 犯罪都市という表現は大げさかも知れないが、確実に治安は悪化しており、もはや安全はタダではなくなったという認識は必要だろう。
 それが、好むと好まざるに関わらず大陸からの経済難民を迎え入れるであろう猖榲攘萓鎰瓩砲いて、我々が負けないための必須条件であると言えそうだ。

ブログ・ランキングに参加中!

写真:中国人が乗り込んでいた集団密航船

  
Posted by samuraiari at 12:18このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大陸からの経済難民にどう立ち向かうべきか

8dc138d0.jpegこの猝餡陲蔑擔佑燭銑瓩話戮れ早かれ、やって来るものだ!

 中国に好感を持っていない方が増えている―。

 世論調査結果では昨今の我が国で反中国感情の台頭が著しい。

 軍事力増強に裏付けられた覇権主義に基づく内政干渉であれほど傲慢な態度を示されれば、友好関係を築けと言う方が無理だろう。

 中国は日本にとって仮想敵国であるどころか、それらは明白に我が国に対する侵略行為だ。

 ソ連崩壊以降、共産主義の脅威はより現実的な危機となって我々の眼前に迫っていると言えるのではないか。

 そして中国人の犯罪多発である―。

 我が国の治安状況に目を向ければ、不法滞在外国人を国籍別に見た場合、留置場など収容施設に収監されている外国人犯罪者の中でダントツに多いのが中国人だ。

 その背景には現在の日中関が密接に影響していることは今や万人が知るところだろう。

 先ごろ、中国全土で団体観光客にビザを発給する制度が実施されたが、これにより不法滞在を含め中国人犯罪の増加が懸念されている。

 しかし、中国の共産主義独裁体制と自由経済による矛盾は貧富の格差や失業者の増大、暴動という社会の歪みとなって表面化し、増幅しているのは周知の通りだ。

 それが経済難民(不法入国者)という形でこれまでも噴出してきたわけだが、今後、この動きは急加速するだろう。

 つまり、中国人という厄介な隣人たち瓩話戮れ早かれ、やって来るものだったと考えた方がよい。 

 では、我々は一体、大陸からの経済難民の大挙襲来に対して何を為すべきなのか―。

[有門大輔]
ブログ・ランキングに参加中!

  
Posted by samuraiari at 12:16このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年09月22日

不法滞在者を雇うな!

14d082b5.jpeg

中国人と信用し合えると思うな!
写真:逮捕・連行される中国人犯罪者

 親代わりとなって中国人留学生を世話していた会社社長が、“息子”であるはずの中国人留学生らに金銭強奪目的で殺害されたのは今から3年前のことだった。
 その遺族が犯人である中国人留学生らを相手どり、賠償請求していた裁判で、このほど判決が下った。金がないために“日本の父”の世話になり、金がないために強盗という犯行に至った者らに、賠償を履行するだけの経済的能力がどれほどあるのか疑問だが、不法滞在ではなく留学生であっただけに国家に責任を問うことは出来なかったのだろう。

 仮に、これが不法滞在者による犯行だった場合、それを放置してきた国家に責任を問うことが可能である。なぜなら事件は、不法滞在者を逮捕・収容、そして強制送還する義務と責任を怠った国家の責任であるからだ。
 しかし、被害者もしくは遺族が猗塙圓忙蠅辰辛塰‖攤濕圻瓩鮓曚辰討い燭箸靴燭藥情は異なってくるのではないか。なぜなら、当局の摘発を逃れるために被害者自身が便宜を図っていたと解釈し得るからだ。
 だからこそ私は飲食店・会社の経営者たちに言いたい。「不法滞在者を雇ってはならない」と。
 飲食店で起きた外国人による強窃盗事件は、たいていの場合は店に勤めている外国人が集金日など、大金が入る日の情報を洩らしたと見て間違いないだろう。
 不法滞在ながらも雇っていた中国人従業員が、ある日「母国に帰る」と言うので社長宅で歓送会を開いた日の深夜、中国人強盗団に襲撃されたという話もよく聞く。歓送会の折、社長宅で金品の猊閉蠅甅瓩鬚靴臣羚饋予抄醗が実行グループに情報を提供したのだ。
 会社経営者から「彼は不法滞在だが、よく働く」という話がマスメディアを通じて喧伝されるが、考えてもらいたい。彼らは不法滞在であるが故に低賃金の労働にも甘んじるし、キツくて、危険で、汚い仕事にも甘んじているに過ぎないのだ。物好きなお人好しはそうはいない。正式な就労ビザが与えられれば、より良い職場を求めて去って行くだろうし、不法滞在であるが故に犯罪への加担を強要されれば断わりにくい…と言うよりも得てして一攫千金の誘惑には弱いものなのだ。
[有門大輔]

不法滞在者を雇ってはならないと思う方は
応援クリック
をお願いします!

「留学生の父」強盗殺人 中国人5人に7千万賠償命令
 大分県山香町で2002年、建設会社会長吉野諭さん(当時73歳)夫妻が、世話をした元中国人留学生ら5人に自宅で襲われ、吉野さんが死亡、妻(75)が重傷を負った事件で、遺族が5人に約8700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、大分地裁で言い渡された。
 浅見宣義裁判長は5人に約7600万円の賠償を命じた。

  続きを読む
Posted by samuraiari at 23:15このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ニューオーリンズを予兆させるもの

94681218.JPG

 外国人に限ったことではないが、火事場泥棒は必ずいるものだ。その意味から不法滞在外国人という犯罪者予備軍を社会に内在していた場合、大災害時に乗じた騒擾事件が起きると考えて当然だろう。
 明日のニューオーリンズを予兆させる事件は各地で頻発している。 

ブログ・ランキングに参加中!

<台風14号>被災者宅で傘盗む 容疑の中国人逮捕 宮崎
 台風14号の被災者方にあった傘を盗んだとして、宮崎県警宮崎南署は10日、大阪市平野区の無職の中国人、陸清林容疑者(49)を窃盗の疑いで逮捕した。陸容疑者は「大阪から車に乗って4人で来た」などと話しており、窃盗目的にグループで被災地に来た可能性もあるとみている。
調べでは、陸容疑者は同日午前5時40分ごろ、宮崎市小松の男性(53)宅の勝手口に掛けてあった女性用の傘1本(時価1,000円相当)を盗んだ疑い。一帯は台風14号の豪雨で冠水し、男性宅も被害を受け、後片付けをしていた家族が陸容疑者を見つけ、通報した。【佐藤恵二】
(毎日新聞) - 9月10日20時7分更新
 

  続きを読む
Posted by samuraiari at 22:12このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年09月20日

「リトル・テヘラン」を創らせるな!

 一時はくつろぎの場である代々木公園一帯を占拠し、当局からの締め出しによって姿をくらましたと思われがちなイラン人だが、民主党前衆院議員の薬物所持・使用で、その暗躍が再びクローズアップされている。
 今から10年ほど前まで、不法滞在と思しきイラン人集団は偽造テレカを売り捌くために街中で屯していた。当時、東京・上野公園はまさにリトル・テヘランの様相を呈していたものである。
 その後、携帯電話の急速的な普及によって偽造テレカの需要がなくなったために、イラン人らは偽造テレカ売買から手を引いたのであり、決して彼らが罪を悔い改めたわけではない。
 次にイラン人らは麻薬の密売を末端で請け負い、街中の至るところに出没し出した。最近でも渋谷や六本木などで、イラン人同士による拳銃やナイフを使った抗争事件が勃発しているが、“商売”に端を発したトラブルだろう。
 彼らが売人として“顧客”と接するため、一般人は以前のように暴力団と接触することなく覚醒剤に安易に手を染めることが可能になった。これが青少年にまで覚醒剤蔓延を招いた一因ではあろう。

 かつてイラン人集団を配下に使ったことのある暴力団幹部は次のように語る。

「我々のような稼業の者にはよく分かるが、ヤクザの下請けのようなことをしている不法滞在のイラン人はシノギ(稼ぎ)も大して大きくないから、着ている服も大したことはない。勿論、連れて歩いている女も大したことはないな。
 だが、イラン人の連中がいい服を着て、いい車を乗り回し、いい女を連れて街中を闊歩し出すような状況になったらどうなると思う?
 そういう状況になってこそ初めて日本の男は皆、怒り出すだろう。今はまだ状況がそこまで来ていないから、日本人の側にも危機感がない」

 この幹部氏が「もっとも我々とて黙ってない」と述べたことを付記しておこう。

日本各地に「リトル・テヘラン」を創らせたくない方は
応援クリックを!

  
Posted by samuraiari at 19:25このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年09月19日

民主党は不法滞在者追放に全力を傾けろ!

  覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された小林憲司前衆議院議員がイラン人組から覚醒剤を入手し、在職中から覚醒剤を使用ていた事件は、民主党関係者のみならず政界全体に対する国民の間に不信感を増幅させた。

 民主党が国民の信頼を回復するには、先の選挙で政権公約には掲げられていなかった「不法滞在外国人の追放」に全力を挙げることが求められていよう。郵政法案に端を発し、新党結成の動きが見られる中、不法滞在外国人問題に言及した政党は自民党を置いて他に皆無であった事実は、最善とは言えずとも、国民がどの政党に日本の未来を託し、己らの生活と安全を依拠しているかを物語っている。

 民主党では前原誠司代表というニューリーダーを選出したが、日本という、国家という観点から一連の動きを捉えた場合、急務とされるのは右派から左派及びリベラル派までが混在する民主党内での挙党体制構築でもなければ、与野党の激しい対決でもない。自民・民主による内憂外患の打破である。

 前原代表の選出から小林前議員の逮捕まで一連の騒動には、我が国が抱える外交・内政問題の危機に与野党が一体となって対処し得るのか、その全てが集約されているように思うのだ。

只今ブログ・ランキングに参加中です!

  
Posted by samuraiari at 17:14このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック