2010年09月30日

尖閣事件の「戦犯」を追及せよ!

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。


侵略が迫った「戦争」に是非を問う暇なし

法治の前に、日本という国・社会を成り立たせる道理の貫徹を!

 尖閣諸島沖における一連の出来事について、次の日曜日(10月3日)にも各団体が東京都内で反支那(反中国)デモ行動を予定している。

 こうした運動に支那の横暴と言うよりも逮捕・拘束した支那人(中国人)船長を早々と釈放した那覇地検の決定、つまり「司法の屈服」への怒りに湧き立つ人々が集うのは当然だ。

 九州・福岡県では右翼団体の街宣車十数台が支那人観光客を乗せたツアー・バスを取り囲み、バス車輌を蹴り続けるといった事件も発生している。
 
 政治・社会運動の先頭に立つ者らがこうした先鋭的とも言える行動に及ぶのはむしろ必然的であるが、では一般層と言うか政治・社会運動に関わりのない層はどうなのか?

 ここ数日、私なりに幾人かの政治・社会運動とは関係のない企業人らと話す機会があったのだが、やはり誰もが尖閣事件に対する憤りは強い。
 「支那人船長を釈放とした那覇地検を告発することは出来ないか」「司法が国際関係まで考えてもらう必要はない」「首相(菅直人)や官房長官(仙谷由人)ら上からの圧力があることは間違いなく、昔なら浅沼のように殺されていてもおかしくない」とする意見まで。

 浅沼とは昭和35年に元大日本愛国党員の少年・山口二矢(やまぐち・おとや=当時17歳=)によって日比谷公会堂の壇上という公衆の眼前で暗殺された当時の社会党委員長・浅沼稲次郎のことで、その前年に訪中し「アメリカ帝国主義は日中両国人民の共同の敵」と発言したことで国内外から大きな波紋を呼んでいた。また、帰国時に支那の人民帽をかぶって飛行機のタラップを降りてくる光景も右翼勢力を大きく刺激した。

asanuma-2-2
写真上下:昭和35年10月12日に発生した社会党委員長暗殺事件は三党首立ち会い演説会の壇上で数千人の眼前で起きた
事件から今年で50年という節目を迎える直前に、「尖閣事件」で支那の脅威が牙を剥き、日本の体たらくがこれ以上になく表面化したことは運命的である

asanuma-2

 運動を推進する上で、国民世論や社会の動向を正確に把握することは重要である。

 サイレント・マジョリティ(物言わぬ多数派、静かな多数派)と言うべきか、世間の耳目というのを垣間見ると事のほか「心情右翼」が多いということに改めて気付かされる。
 これはインターネットが普及し始めた頃に、それまで情報を一手に掌握していた既存マスメディアの報道とは裏腹に保守的・右派的な傾向がむしろ強いということが示されてきたが、それから十数年を経て、その傾向がより進化・先鋭化していることに着目すべきだろう。

 当ブログのコメント欄で常連となった「みたいな実さん」「愛国心の密度が以前より高まっている」旨を指摘していたが、それは何も街頭で行動・運動している参加者に限らず、一般的にも尖閣事件などここ最近の内外の情勢を受けてさらに硬化してきたと見るべきである。

 尖閣事件への日本側のお粗末な対応が際立って以降、国会周辺では刃物を所持した右翼団体構成員が逮捕され、長崎県の支那領事館では発炎筒を投げ込んだ右翼団体構成員が逮捕されている。
 このブログは警視庁公安部ほか少なからぬ警察関係者も監視していると思われるが、右翼団体あるいは最近になって警察白書にも掲載された「行動する保守」運動と称する勢力だけを見ていては今後、本格的なテロ事件が起きる土壌を見抜くことは出来ない。

 もっとも公安警察としても自らが把握していないノーネーム、ノーマーク、ノーリストの「潜在右翼」が突発的な直接行動に及ぶことを警戒しているのだろうが、国を成り立たせる上で基本的な要素である安全保障や司法が酷く歪められ、極限まで高まった緊迫の状態下では何をどう警戒しようと防ぎようのない外国人(支那人)襲撃や国賊抹殺の大規模テロ事件が起きることを断言する。

 暴力というものを積極的に全面肯定するわけではないが、事実としてその兆候は国内の治安状況を見ても顕著だ。

 栃木県や神奈川県、奈良県そして東京都でも起きたことだが、支那人や朝鮮人犯罪者による凶行は誰がどう見ても刑法上で言う「暴力」に違いなく、それを制止するために警察官が警棒や拳銃といった武器を使用することが法によって認められているはずだが、その警察官の正当であるはずの職務遂行さえ「不当な暴力である」として民事・刑事の両方で訴え出るケースが後を絶たない。

 実際に栃木県の宇都宮地裁では警察官の発砲を刑事事件として裁く第一回目公判が来月10月にも開かれる。

 こうなってくると不当な暴力を制するための法的措置(実力行使)さえも不当な暴力として扱われ、国・社会を成り立たせる「道理」というものが完全に狂ってしまう。

 その道理を歪めようとしているのが日本人の反日左翼と反日外国人が結託したいわゆる反日勢力というやつであり、その悪影響も甚大で、外国人はおろか凶悪犯罪そのものに及び腰な現在の警察では欧州・フランスの移民暴動と同じく日本でも懸念される在日支那人による大規模暴動に有用に対処し得ないことは長野・聖火リレー騒動でも実証済みだ。

 とかく法治国家とされる現在の日本では法治の遵守こそ目指すべき「至上且つ崇高な価値観」であるかのように保守派・右派でさえ思い込まされている節があるが、その法を逆手にとられて法治主義によって混乱に陥らされている現状にあって、もっとも遵守すべきは「日本という国・社会を成り立たせる道理」である。

 工作船とも思しき艦船改造型の支那漁船が日本の領海内に不法に侵入・操業、これを海上保安庁が摘発して収容しているというのに法を司る地検が「日中関係」だの「国際情勢」を云々して早々と釈放に踏み切ったのも法治主義による日本人抹殺の一形態と言えよう。
 拘束し続ける容疑者について釈放するか釈放しないかで揺れるくらいならば、侵入が確認された段階で銃撃するなりして即座に撃沈すれば良かった。

 正確には法律は日本人を抹殺していくことを目的とはしておらず、正しくは法の運用によって日本人抹殺と言うべきだが、その法の運用が著しく歪められていることによって日本の行く末が危ぶまされている状況にあって、日本国・日本社会を成り立たせる道理こそ何を置いても最優先という観点に立脚すれば、テロも不当な暴力と断ぜられるものではないという新たな観点が浮かび上がってくる。
 その意味で侮りと謂れなき誹りを浴び続けるわが国からいつ、どのような形でテロによって日本人の怒りを噴出させても何ら不思議ではあるまい。

 この戦後65年間の社会では跳梁跋扈した左翼・反日勢力によって日本のあらゆるものが破壊されて今日に至った。
 決してそれらは日本人の総意として行なわれたわけではなく、それが良い悪いは関係なしにほんの一握りの猛烈な情念と日本国への怨念によって巧みに推進されてきたものである。

 それとは逆のベクトルについても同じことが言える。
 いかにカルト化や先鋭化が指摘されようとも、日本が日本であるため、日本人が日本人であるための道理を貫かんとする情念と反日勢力への怨念が総体的には一握りであろうが日本を動かす原動力になり得るわけで、ましてサイレント・マジョリティに支えられた流れが一気に加速した時、驚異的なチカラを発揮するだろう。

 問題はそこへ辿り着くまでがとてつもなく時間と労を要するもので、行動・運動に携わる者らには相当な信念と情念そして覚悟が必要ということである。

no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  

Posted by samuraiari at 01:29このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月29日

「西村修平」と共に歩んだ3年間を総括する

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。



尖閣・東シナ海の権益守るには米国の参入以外にない!

 いつかやった失敗をまた繰り返す。

 喉元過ぎれば熱さを忘れるとは日本人の習性であるように言われるが、やはりそうだったのかと思わざるを得ない。

 尖閣諸島沖での支那(中国)工作船船長の逮捕・拘束(その後、釈放)を機に日中間の首脳会談はお流れになってしまい、先ごろ外相・前原誠司は海上保安庁巡視船への衝突を「故意のもの」と断定し、「日中間の首脳会談セットは難しい」との見解を示したが、こんな国と会談している必要はない。

 自国の防衛さえ他国に依存して、仮に尖閣諸島に自衛隊を駐留させたところで戦える(発砲・攻撃する)見込みのないものを据え置いたところで防衛省の利権を肥やすのみである。

 つまるところ日本が尖閣諸島および東シナ海で支那による一方的な掘削・開発が進行する油田という権益を守るためには、この収益をアメリカ合衆国と二分すること、加えて沖縄本島に米軍艦隊が円滑に入出港することが可能な軍港を開くこと。
 この二点を履行するだけでアメリカは本気で尖閣諸島・東シナ海を守り、支那・中共の脅威を完全に排除することが出来るだろう。

 何も日本のために米軍将兵が血を流すのではない。アメリカはアメリカの国益を守るために血を流させるのだ。
 日本が綿密に首脳会談すべき相手は支那ではなく、アメリカに他ならない。

・・・ ・・・ ・・・
 かつて第2次世界大戦前、日本は支那の北東部に「満州国」という理想国を建設しようと目論んだが、日本の支那への進出を快く思わないアメリカは日本に突き付けたハル・ノートによって「日本は中国大陸から撤退せよ」としたが、それは同大陸の北東部にあった満州国は含まない。
 日本側はそれを「満州国を含む中国大陸から撤退せよ」という意味に誤読して日米間の交渉は決裂し、大戦争へと突入した。

 この時、日本が満州国の権益にアメリカ・イギリスを引き込むことで、その上に位置する共産国・ソ連(現ロシア)を牽制する状況をつくっておけば、その後の日本およびアジアの行く末は大きく違っていただろう。

 私どもは今般の尖閣事件を大東亜戦争に至る日中戦争の引き金となった盧溝橋(ろこうきょう)事件に擬えて第2次日中戦争の発端となる「第2の盧溝橋事件」と位置づけているが、満州国のパターンと同じく日本は単独での権益確保に固執しているがゆえ、同じ過ちを繰り返そうとしているのではないか。

 こと対支那戦争では、日本を含む「世界各国VS支那・中共」の戦いへ持っていかなければならないのである。

西村修平なかりせば! 

 ことほど左様に、人それぞれ国を想う気持ちは多様で、その方法論や理想もまた然りである。
 つまるところ私たちが何を言おうとそれを履行するには相応の権限が必要なわけだが、それがない以上、「道理」を以って眼前にある国を危ぶませ、貶める一方の現状に怒りの拳を突き上げる以外にない。

 よく保守運動に見られる傾向だが、こと支那の問題に関してもお金をかけてご大層な会場をセッティングし、著名な先生方が執筆した書籍を販売してそれで国が救われるはずがない(知識の普及・共有という意味では良いかも知れないが)。

DSC00657

DSC00681

DSC00666

 日本という国に対する周辺国からの侮りに対して、日本人の中に激しい怒りが込み上げているということを街頭において示そう、そのことによって全国に散在する同志を糾合していこうとの趣旨で私どもは平成19年夏より主権回復を目指す会西村修平代表)や『在日特権を許さない市民の会』(桜井誠会長)らを中心とする「行動する保守」(以下、行動勢力)なる運動体に参画し、約3年にわたるデモ・抗議闘争を展開してきたものである。

 呼びかけの主体はせと弘幸BLOG「日本よ何処へ」がそれを担ってきたが、実際の最前線での指揮・統率された闘争という意味において西村修平氏こそは日本屈指のアジテーターであった。
 『外国人参政権に反対する会・東京』代表の村田春樹氏はじめ各地域で主導的な役割を担う保守運動家・弁士・講師の少なからぬ方々が西村氏の薫陶を受けて今日のご活躍に至っているとされる。

 言わば最近になって東京ほか各地で盛況さを見せる保守派・右派系の街頭行動における「パイオニア」とも言うべき存在が西村氏であり、勿論、それは1年365日絶えず行動を共にしてきたカメラマン・細川勝一郎氏やマネージャー的存在・紫藤益男氏ら主権回復を目指す会の中で側近であった人々の演出と奔走があったればこそだろう。

 その主権回復を目指す会では様々な内部問題がインターネット動画を通じて表面化してもいるが、それでも西村氏らが辿った足跡・軌跡というのは着実に残された。
 『チャンネル桜』などは保守・右派という立場に立脚すれば、本来的には西村氏らを全面的にバックアップすべきであったが、良きにせよ悪きにせよ西村氏らの行動が認知され出してからデモや街頭集会などの行動におよびはじめた彼らの活動は「後追い」との指摘を免れまい。

 今後はどうなるのか分からないが、特に東京都内では同日同時刻に複数の箇所で街頭行動が展開されるまでになるほど、今日における行動というものを定着させてきたのが西村氏が残した色褪せることのない功績である。

 何やら他人事のような書き方になってしまったが、同じく行動勢力の一翼を担ってきた者として思うことは、あっと言う間の3年間だった。

20080627_471748

20081112_520814

20081001_505605

 この間の行動を通じて思ったことは、街頭行動に参加しながら一度たりとも弁士としてマイクを手にすることもなく、夏の暑い日も冬の寒い日もプラカードや横断幕を手にシュプレヒコールを唱えていた人々によって支えられてきたということである。
 一人や二人の街頭行動では単なるピエロでもそれが常時20〜30人あるいは50〜60人、多い時で3桁の人を集めれば一定の勢力だ。

 先般、参加者の一人であった方から「行動外」での話をうかがう機会があったのだが、町中で不法滞在と思しき客引きの外国人をとっつかまえ、その者の自宅まで案内させて「在留ビザはあるのか!」「パスポートを見せろ!」で警察まで駆けつける一騒動になったそうだ。
 その他、町中で不逞な外国人と喧嘩沙汰になったという参加者の話は枚挙に暇がないが、これらは端的なケースであるとしても、ある意味では「行動勢力」で弁士・幹部と称される者以上に強い情念やナショナリズムを内包する方々が街頭演説以外でそれを発揮する機会はないものかと考えるに至ったのである。

 いや、むしろそうした方々だからこそ主体的になれる行動とは何かを。

 前述のように既存の保守運動を脱却した「行動勢力」は演説やデモ行進など街頭行動を定着化させた。しかし、それのみで世の中が動くほど甘くはないのも事実である。

 先に述べた主権回復を目指す会は過日「解散会議・決議」を開催、既に元側近となった細川・紫藤両氏は、僅か60万人程度で日本を巧妙に支配・コントロールするに至った在日朝鮮人のチカラを方法論として称賛し、今や圧倒的大多数の日本人のほうが「弱者」であるとして、「外国人の増殖を脅威に思うなら外国人以上に通常の社会生活に励むべき」旨を説いていたが、単に学業や仕事に励んでいればそれで良いわけではないと思う。

 弱者は弱者らしく肩をすぼめて生きていれば良いというわけでもなく、弱者らしく権利を求めていくことが肝要で、前記したように参加者が町中に氾濫する不逞外国人の取り締まりを厳に求めて騒動を起こし、時に衝突するのも弱者としての権利要求である。

 そのように、街頭行動という「何か特別な人々がやっている」という印象を与えがちなことを通常の社会生活の中で、通常の社会生活に近い状態で示していくことが有効なのではないか。従来の行動・運動という概念からさらに脱却して。

 むしろ、そうでなければ西村修平・瀬戸弘幸・桜井誠・村田春樹という「四天王」とも称された各氏がこれまで牽引してきた行動は意味を成さない。

 それによって私は新たな潮流を生み出したく思うものだが、ただ、それを普及させるとか広めるといった陳腐な言葉で飾りたくはない。

 これは私どもNPO法人 外国人犯罪追放運動のメンバーにも伝えたいことであるが、後に自身の生涯を振り返った時、富や名声を得られずとも日本人として、人として自身が納得のいく「生き方」を追求してもらいたいのである。

no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  
Posted by samuraiari at 01:24このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月27日

一般層から対中戦争を本格始動!

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。


☆行動予定 『排害社』からのお知らせです

「国慶節は滑稽だ!」

不逞支那人(中国人)排撃運動 第1弾!

d0178541_3353987

尖閣・沖縄・日本を支那人から護れ!
侵略には支那人排撃運動で対抗せよ!

 尖閣諸島沖で違法操業していた漁船の支那人船長を、我が国政府と那覇地検は無罪放免で釈放にした。これは我が国の外交的敗北に他ならない。支那(中国)本土はこの「勝利」に湧き立ち、侮日世論はますます激化の一途を辿っている。
 しかしながら、我ら心ある日本国民は断じてそれを了としない。政府が敗北を喫しても、我ら国民は「徹底抗戦」を訴える。いまや我が国には七十万人にも及ぶ在日支那人が住み、来日観光客と合わせ激増中であり、まさに「人口侵略」そのものである。
 支那本土が国慶節に沸き立つ最中の十月三日、我らは支那人に占拠されつつある池袋西口と、支那人観光客が成田空港からの窓口とする京成上野駅前にて支那人排斥の声を大にして訴える。心ある多くの日本国民の参加を待つ!

不逞支那人を日本から叩き出せ!
支那人を着払いで大陸に返品せよ!
支那人の侵略から日本列島断固と護れ!

午前の部

【日時】平成22年10月3日(日)11:00開始
【場所】池袋駅西口交番前集合

街宣を行なった後、有志にて自主的に池袋駅北口を防犯パトロールします。

午後の部

【日時】平成22年10月3日(日)15:00開始
【場所】京成上野駅前集合

街宣を行なった後、有志にて自主的に上野駅から御徒町駅にかけて防犯パトロールを実施します。

【主催】新攘夷運動 排害社

※わが『NPO法人 外国人犯罪追放運動』は上記行動に協賛し、後援しています。

【問合せ】haigai@excite.co.jp(排害社事務局)

【注意】雨天決行
国旗・旭日旗、プラカード、ノボリ持参歓迎
人民服、チマチョゴリなど日本にそぐわない恰好はご遠慮ください
動きやすい恰好推奨
撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください

敢えて招き入れ、迎撃せよ!

 これまで国政選挙でもおよそ争点になったことのない「安全保障」が今ほど熱く議論されている時はないと思う。

clip_image002 尖閣諸島沖での支那(中国)工作船の船長逮捕・拘束と相次ぐ恫喝そして船長の釈放から謝罪・賠償を要求する更なる恫喝、「日中戦争」の序章とも言うべき真っ只中で与党・民主党の有志らは尖閣諸島に自衛隊を駐留させるべきとした声明を発表。

 この尖閣事件について与野党は衆院予算委員会で9月30日にも集中審議することが確認された。

 しかしながら仮に尖閣諸島に自衛隊を駐留させたところで支那の猛攻はとどまるところを知らない。だから何もしなくて良いというわけではない。

 自衛隊を「尖閣諸島防衛隊・守備隊」として駐留させられるものならさせるに越したことはないが、今現時点でも支那の漁船(?)が尖閣諸島沖周辺で不穏な動きをしているのなら威嚇射撃でも何でもすれば良い。

 領海内に侵入してくれば即座に撃沈させれば良いだけだ。
 その基本的なことさえも出来ない現状の日本がどこに自衛隊を配置しようが、どんなに最新鋭の装備を揃えようともそれが「張り子の虎」であれば支那としては何ら恐るるに足らない。

 自衛隊を尖閣諸島に派兵・駐留させたものの支那による恫喝と領海侵犯行為の数々が止まないとなれば、やはり「話し合いしかない」「対話・議論しかない」という結論に達するのは自明で、これでは左派や反日勢力を利する一方だろう。

 ここが私が民主党内は勿論、いわゆる保守派・右派の言説に信を置けないところである。

 尖閣諸島とその周辺海域でどうするもこうするもなく、不法侵入してきた支那漁船には可能な限りの銃弾を浴びせて有無を言わさず撃沈するしかないわけで、そのための準備・覚悟はあるかが政治レベルで議論されていないからだ。

 ポーズも重要かも知れないが、実際的な準戦時状態にあって一見は強硬策であるかのように見えて肝心なところで強硬策になっていないポーズはやめにしてもらいたい。

 そこへ来ると支那の側は国を挙げて「本気」の戦争を仕掛けてきている。日本を舐め切っているからと言ってしまえばそれまでだが、向こうは実際に日本に漁船(艦船を改造した工作船)の領海侵入・不法操業という先兵による「攻撃」を次々と何年にもわたって仕掛けてきている。

 逮捕・拘束を経ての釈放という日本の司法をも屈服させた「対日戦勝利」に沸き上がり、国内は言うに及ばず日本をはじめ各国に居住する支那人の『中国共産党』に対する求心力と忠誠心はさらに高まっていることだろう。

clip_image001

 日本側は事態の沈静化を目論んで船長釈放に踏み切ったが、こうした事態が続けばそう遠くないうちに日本国内においても各地で在日支那人が公衆の面前で公然と「対日戦勝利」を祝するイベント・集会を大々的に開催することが予想される。

 これに日本人が萎縮したままでは、あたかも日本が中国漁船への不当弾圧に及び、支那こそが正当な戦いを推進しているかのような構図が完全に、着々と定着していくだろう。

 「チャイナ・タウン」の建設構想が云々された段階で既に東京・池袋は在日支那人によって半ば押さえられた。成田空港からの中継地点として連日スカイライナーから来日支那人が京成上野駅に降り立つ。
 65年前の敗戦直後から一等地を朝鮮人に奪われ、今その地に朝鮮系パチンコ店が林立する上野は私も古くから親しんできた街並だが、今なお在日系のボスが幅を利かせる上野は支那人という新たな「入植者」の侵出にも鈍感であり、特に現在、活力を失った上野の街に然したる抵抗力はない。

 半世紀以上も戦争を経験せず、他国に安全保障を委ねてきた現在のメンタリティから考えて尖閣諸島を奪われたくらいで日本人が覚醒するというのは見通しが甘い。沖縄本島を奪われても目覚めることはないだろう。
 
 本州でも至る所に支那人が氾濫。つまり日本は大東亜戦争直後とまったく同じ状態からの戦いを強いられるのだ。

 政治・社会問題レベルは言うに及ばず、普段の生活圏レベルから既に日本に深く入り込んだ敵(支那人)を払い討て!

no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  
Posted by samuraiari at 23:02このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月26日

今世紀間に及ぶ対中戦争への心構え

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。



尖閣事件 戦意剥き出しの支那(中国)に何を見る?
 
対話・議論から「戦う」「抗う」へ日本人のナショナリズム解放を!

 まるで祝賀ムードそのものだ。

 尖閣諸島沖の不法操業で逮捕・拘束した支那(中国)工作船船長の釈放を受け、向こうではさながら英雄の凱旋帰国を国家総動員で歓待し、「抗日戦争」での勝利に雄叫びをあげている。

clip_image001
写真:堂々と凱旋帰国した支那人船長(中央)
再び尖閣諸島周辺への展開も示唆


 予想されたことではあるが、日本側の船長釈放という譲歩(後退)を受けて支那政府は謝罪と賠償を求めて猛然と噛み付いてきた。
 半世紀以上も前のことで謝罪と賠償、現在進行形のことでも謝罪と賠償。結局、日本が弱いままではこの状態が延々と続いて乞食になるまで周辺国に謝罪と賠償を続けなければならない。

 これに対して首相・菅直人や民主党幹事長・岡田克也は断固として謝罪も賠償も拒否する姿勢を見せているが、すんなりと頭を下げてそれでやり過ごせればと思ってはいても国民世論の目もあるのでおいそれと謝罪するわけにもいかないのが実情ではないか。

 支那にしてみれば、船長の釈放に踏み切った以上は非を認めたのだろう−、ならば謝罪と賠償は当然だ−という言い分なのだろう。
 ここで安易に謝罪すれば次はそれを口実に賠償を要求し、尖閣諸島周辺における支那漁船・工作船による不法行為はますます横暴を極めるに違いない。

 さて、ここで留意すべきは前首相・鳩山由紀夫などがメディアに登場しては「私なら温家宝首相と直接対話出来た」だの「中国首脳とのパイプがあった」だのと、やたら「対話の重要性」とやらがマスコミで云々されていることだ。
 
 この「対話」「話し合い」こそは戦後日本社会で至上の美徳であり価値基準であるとされてしまった。

 しかし、今回の尖閣事件に見られるように真っ向から国益が衝突し合ってまったく噛み合う余地のない中で、何を話し合ってどのように対話せよと言うのだろうか?

 菅直人の「日中双方が冷静に」とした見解に示されるように、「話せば分かる」はずが強烈な反日ナショナリズムで人民を焚き付け最初から話し合いを拗(こじ)れさせることが目的であった「ヤクザのような」支那政府を相手に対話も何もあったものではない。

 対話のテーブルに着くことは重要だとしても、その前提になければならないのは日本が支那を相手に戦争を戦うだけの気概と用意がある、そして戦争を戦えば日中双方が共倒れになるからそれは回避しようとの条件一致のもとで行なわれるべきだ。
 それでいてようやっと対等な話し合いが可能なのであり、現在のように武家は消滅し軍隊も存在せず、他国に国土防衛を依存している日本が話し合いを目的として対話のテーブルに辿り着けたとしても、一方的な恫喝のもと、結局は戦わずして支那の奴隷になるしかない。

 支那国内で軍事境界内に立ち入り施設を無断撮影していたとして建設会社フジタの社員4名が拘束されたが、今なお解放の目途も立っていないというのに、領事館員がやっと面会することが出来るかどうかの段階で日本側は支那人船長の釈放に踏み切った。

 確かに菅・民主党政権の対応はお粗末そのものである。
 この尖閣事件への対応の杜撰さが尾を引いて早期での退陣・内閣総辞職も懸念されている。 

 だが、支那との話し合いに活路があると錯覚する旧態依然とした平和妄信の思考から、支那・共産党独裁政権の首脳陣とのホットラインの無さを理由に突き上げるのは誤りである。

clip_image003

 尖閣事件を機に、言いがかりに終始した支那サイドの対応から多くの日本人は話し合い・対話といった類のものがこの段階ではいかに無力であるかを痛感・実感したはずだ。

 真っ先に話し合い・対話、それで日本の国益を損ねずに解決が図れるのなら支那独裁政権との強固なパイプラインを持つ「小沢一郎」を宰相に…という声が持ち上がるのは必然だろう。

 今、日本人が密かに求めてやまない美徳とは、「戦う」「抗う」という概念を置いて他にない。

「行動する運動」とは対極のコンセプト構築を!

 この話し合い・対話シンドロームは在日支那人との関係においても然りである。

 今の民主党政権になって始まったことではないが、とかく現在の日本の政治では朝鮮高校の対象化が云々される高校無償化政策や外国人家庭をも対象とした子供手当政策をはじめ、何かと政治において日本人と在日外国人との利害の衝突が表面化している。
 その他、外国人参政権法案やら外国人住民基本法案など取り返しのつかない在日外国人への権利付与までが。
 
 その程度こそ違え、世界各国に存在するのと同様、日本においても存在する「民族問題」が政治レベルに達して久しい現状を物語っているが、嘆かわしきことに右翼関係者や保守派の中にさえ外国人と話し合え、敵対勢力と対話せよとする向きが少なくない。

 つまり日本を解体する懸案事項に対して、どうするこうするもなく粉砕すべきだというのに、それぞれの問題において議論せよとする結論に真っ先に頭がいってしまっている。まさしく商売右翼・ビジネス保守の典型と言うべき類の発想だろう。

 そうした既成右翼・既存保守とは対極的に台頭したのが初めに行動ありきの「行動する保守」であり、後に「行動する運動」「〜社会運動」と称した勢力だ。

 この行動勢力の中核をなしてきた『主権回復を目指す会』(西村修平代表)では内部のゴタゴタがインターネット上に掲載されてもいるが、それでも今月東京・渋谷で2度にわたって行なわれた尖閣事件での支那糾弾街宣ではそれぞれ約50名の参加者を集める盛況さだったという。
 いずれの行動においても私自身は参加しておらず、自分のいない行動勢力を外から客観的に見て思うことは、常時50名以上を動員するとは僅か数人で行なっていた3年前からは考え難い状況で、それだけ「運動」というものが定着してきたことを物語っていよう。
   
画像 040(1)

 この約3年間にわたって私どもは共に「支那人は出て行け!」「朝鮮人を叩き出せ!」とするシュプレヒコールを叫び、運動に加わってきたわけだが、行動勢力の「〜は出て行け、〜を叩き出せ」は常に政治問題・社会問題があって唱えられたスローガンであった。
 政治的主張があって支那人・朝鮮人の排除が唱えられるといった具合に。

 勿論これ自体を否定するつもりはない。むしろ、これこそが運動の核として在るべき情念だ。

 しかし、前述のように政治的対立から支那人・朝鮮人と対峙するこれまでの運動では、「生活圏」の観点から支那人・朝鮮人の排除はあまり提唱されていなかったと思う。
 
 要するに「俺の住む町で不法滞在するな!」「俺の仕事場近くで客引きするな!」といった類のものだが、「支那人だから出て行け!」「朝鮮人だから出て行け!」とはこれまでの運動では言われなかったのである。

 今日の状況を見るに、そのような観点から支那人・朝鮮人の排撃が提唱されて然るべき段階にとうに達している。

 政治や歴史とは無縁そうな繁華街にいる支那人女の客引きでさえ、こと対日本の政治・歴史問題となるとステレオ・タイプの支那人と化して過去の侵略やら謝罪を云々するのは回答を待つまでもない。今回の尖閣事件に対する認識においても。

 ドイツのネオナチがそうであったように、政治・社会レベルではなく生活圏レベルから支那人・朝鮮人などの在日外国人との対立・対峙というコンセプトでの運動構築が急務であると思う。
 それは移民問題に苦しむ欧州各国然り、日本民族の存亡という観点に立てば戦う以外に日本人が日本人として生き残る術はないわけで運動の後退ではなく、進化・進歩、前進を意味するものだと自負している。

 話し合ったところで話し合いにならない、対話したところで対話にならない、議論したところで議論にならずに対立がますます深まる一方なら単純明快な話、「外国人は日本から出て行け!」しかない。

 それでも出て行かないだろうし、どちらかが生きるか死ぬかの流血の惨事が繰り広げられるかも知れないが、それでも日本人の中に戦う、抗う精神を示す必要があり、それなくして国・社会を一旦リセットしてゼロからやり直すことも出来ない。

 近い将来ではなくとも、それがやがては何を置いても話し合い・対話・議論ありきのシンドロームに侵された日本人の精神構造を「戦うことこそ美徳」に転換し得る日が来ると確信するものである。

no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  
Posted by samuraiari at 23:26このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月25日

排外主義で第2次日中戦争を戦え!

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。


尖閣事件 支那人船長釈放に見る日本の「敗北」

司法までが屈服した現状で保守派は何を軸に団結するのか!?

clip_image002
写真:支那人船長が拘束されている警察署前に集う報道陣

 尖閣諸島沖での不法行為で逮捕した支那(中国)工作船の船長について、沖縄の那覇地検はこれを釈放。そのニュースが全世界を電撃的に駆け巡った。

 共産・支那政府が経済、軍事を含めたあらゆる方面からの報復を示唆して恫喝を加えてくる中、日本がどこまで法に則った処罰を粛々と進めるのかが注目された末、この圧力に屈してしまったと言えよう。

 民主党政権の官房長官・仙谷由人「検察の判断である」として司法手続きの結果として釈放が妥当との判断が下された旨を説明しているが、当の検察が「今後の日中関係に配慮して…」を云々しているのだから、日本の最高権力からして支那による外圧に屈し、外国の侵略と日本領海内における外国人の蛮行を看過したことを意味している。

 よく、「支那の軍事的脅威」とそれによる「日本侵略・支配」が話題にされるが、明らかに支那政府の意図であると断定し得る漁船を装った支那工作船の暗躍と、逮捕後における処理の杜撰さこそが軍事的脅威と日本への侵略・支配が現実のものとなったことを示していよう。

 日本は司法・立法・行政の権力構造となっているが、それらは外国からの侵略の前にはかくも無力で脆くも腰砕けになることを見事なまでに露呈したのだ。
 日本は紛れもなく「第2次日中戦争」の緒戦に敗れたのである。

 かつて日本が戦った大東亜戦争もアメリカ・イギリスなど連合国による対日経済封鎖が発端となって引き起こされたが、その意味でやれ何を対日輸出禁止するだの人的交流を取りやめるといった支那による様々な圧力が示唆された段階から戦争は始まっていた。
 誰が言ったのか、「賢明な者は戦わずして敗れない(不戦不敗の)道を選ぶ」といった言葉があるが、現在の日本は戦わずして敗れてしまったのである。

 釈放の報道がなされる前、訪米中の首相・菅直人はオバマ米大統領と「尖閣問題について共同で対処する」旨の合意を得ていたが、同盟国との協調関係もこれではまったく意味をなさないものとなってしまった。

 何よりも憂慮されるのは幼女誘拐事件の冤罪をはじめ、厚生労働省幹部が起訴されたものの後に無罪・復職となった件で検察の不手際がこれでもかこれでもかと徹底糾弾されている中にあって、今回の尖閣事件でも「検察は日中関係を阻害してでも中国人船長を起訴し事件化しようとした」などと歪曲した情報が流布されかねないということだ。

 必然、それは政治資金規正法違反など「政治とカネ」問題で近く検察審査会で起訴・不起訴の議決が待たれる民主党元幹事長・小沢一郎の扱いにも何らかの影響を与えかねない。
 
 つまり、民主党政権はこの尖閣事件の機に検察という司法・官僚を徹底してバッシングすることで、同時に支那・中共におもねった路線を「決定的」に選択したのではないかということである。     

 勿論、これを煽動・主導したのは今や司法・立法・行政を差し置いて「第一権力」とも称されるマスコミであり、そのマスコミの大声援の下、民主党政権はいよいよ以って日本人の国民意識・国民生活から著しく乖離した、支那の軍門に自ら下る道を邁進し始めたのかも知れない。

 絶体絶命的な危機をチャンスに転換し得るかと思いきや、土壇場で元の路線に戻る何という不甲斐なさ。

 こうした現状を目の当たりに、私は現在の保守派・右派運動の在り方にも大いなる疑義を呈さざるを得ない。
 
 私が在特会(在日特権を許さない市民の会)からの退会表明をしたエントリーでも寄せられた意見だが、とかく「保守の団結」「大同団結」を提唱する向きは強い。
 「とにかく1+1が2にも3にもなるように」との思いから様々な折衝に奔走している同志は数多くいる。しかし、ではそれらは何を目的として団結しようとしているのか?

 決まって返って来る言葉は「日本を存亡の危機から救うため」とか「売国政権を葬るため」「内外の反日勢力を撃退するため」といったものだが、大団結を謳う割にはセンチメンタル過ぎやしないか?

 そもそも何を以って売国的・反日的とするのかの尺度も明確なようで、実に曖昧である。

 例えば東京都知事の石原慎太郎は今回の尖閣事件に際して、支那の出方を「ヤクザのやり方である」としてバッサリ切り捨て、保守派はじめ世間の賞賛を浴びているが、この石原慎太郎にしたところで無秩序的な移民受け入れ構想を肯定・推進する立場にあるわけで、その意味では売国的・反日的とも言える。

 民主党政権がダメならやはり元の自民党に政権を託すしかないというのが現在の消去法的な選択であると思うが、その自民党の復活運動のために団結しようとする向きが保守派・保守層の中に根強くあることは否めないし、それこそが目的であるなら私はなおさら団結構想には同意出来ない。

 と言うよりも私の目には団結してから目的を定める、あるいは団結すること自体が目的化してしまっている感が否めない。

 だから私はそうしたムードに嫌気が差して早くから「脱保守」を表明していたし、そうした流れが過日の在特会からの退会表明に至った一因でもある。
※それでもなお私のブログを応援するという在特会員とその他の方々に感謝しきりです。

clip_image003

 今回の尖閣事件でも明らかになったこと。

 それは支那という軍事独裁の全体主義国家から仕掛けられた戦争には、自由主義・民主主義を金科玉条のものとする旧態依然とした保守思想では戦えないということである。
 ましてアメリカ合衆国のように民主主義を守るどころか他国・他民族にまでそれを押し付けるために軍隊を世界各地に急派するほどの団結力は日本には生まれないのではないか。

 つまるところ日本が支那に猛然と牙を剥かれた現在の危機的な状況を脱するためには、それこそ支那と同様に極右軍事政権の独裁体制を目指す以外になく、保守派・右派はそのために団結するしかないだろう。
 それには極左過激派に倣って、一つの強烈な理念の下、それに反する者らは次々に粛清していく以外にないわけで、到底保守派には真似出来そうにない。

 同じ左翼に倣うなら、普段はいくつものセクトに分かれていて利権をめぐる争奪戦を繰り広げていようとも、いざ、反日行動で日本を貶めるためには団結するパターンとは逆で、日本のためになる(日本を強くする)行動では団結して翼賛的な体制を目指していくほうがまだ日本的とは言えまいか。

 しかし、それとて上手くいくとも思えない。
 ある意味では戦後左翼が理想とした国・社会は今日に至って半ば実現したと言えるが、保守派・右派陣営が辿り着くべき理想が国家ビジョンとして描かれていないからだ。
(ゆえに私は一笑に付されると分かっていながら敢えて「武家政治」の復権を提唱しているが)

 むしろ、支那のほうが尖閣諸島や沖縄は言うに及ばず日本そのものを押さえて太平洋へと進出を目論むなど、今世紀間にわたるビジョンを描き切れているだろう。

 今回の尖閣事件で逮捕・拘留の後、釈放された支那人船長は帰国すれば国を挙げた大喝采を浴び、抗日の「英雄」として大いに讃えられることは間違いない。
 悔しいが、これが上り坂にある国の団結力なのだ! それが良い悪いの問題ではない。

clip_image001
写真:釈放を聞いて支那人船長の母親はひたすら支那共産党政権と指導層に対する感謝の言葉を述べる


 翻って日本には何があるのか?

 これは既に日本国内・社会に日常生活からして深く浸透してしまった支那人を排撃していく以外にない!

 支那人船長の釈放を受けて、沖縄の漁師らの「せっかく毅然とした対応を続けていたのに、甘い姿勢を見せた以上、すぐに中国の漁船がドサッと来るようになるはず。どうせ政治判断なのだろうが、政府にはがっかりだ」とする意見がインターネット・ニュースでも流れた。
 既に政治レベルで支那人の受け入れをどうするこうするの段階ではなく、生活圏から在日支那人を叩き出す方向へ持っていく。

 今回の釈放騒動での収穫は上層部の政治的判断に、海上保安庁や警察の最前線が強い反発を示したことだろう。

 そのボンクラな上層部さえいなくなれば真っ当になるのである。

 日常生活から支那人を排斥する排外思想の実践、その浸透によって日本という国・社会をそれに沿った形(強硬姿勢)に持っていく、それしかない!

no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  
Posted by samuraiari at 01:16このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月24日

支那による報復への報復を!

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。


日本人4人が不当拘束!

支那人急増にあって日中対立だから「排外主義」が重要であった

clip_image002

 支那(中国)国内で9月23日、河北省の軍事管理区域に侵入して不法に「軍事目標」をビデオ撮影していたとして、日本人4人が拘束され取り調べているとの報道が支那国営通信社が報道。

 同省の国家安全局は「4人に対して法律に基づいた措置をとっている」としているが、日本の海上保安庁が尖閣諸島沖で不法操業していた支那漁船を摘発、支那人船長を逮捕・拘束したことを受け、支那サイドが尖閣諸島の領有権は言うに及ばず、船長の無条件釈放を求めて猛反発を示してあらゆる方面からの報復を宣言するなど、「準戦時状態」とも言うべき緊張状態にある。

 言ってみれば軍事独裁国家・支那によるヤクザの言いがかりにも等しい横暴なのだが、こうした事態にあるからこそ支那に在留する日本人のみならず各国に住む在外邦人は普段の行動に細心の注意を払わなければならなかった。

 特に支那の場合、たとえそれが見物遊山の行動であったとしても当局からどのような難癖をつけてくるか分かったものではない。
 今回、不法侵入・撮影とされた軍事管理区域にしたところで平素から軍事境界内だったのかどうかは甚だ疑わしい。

 何せ支那という国では通常通り会社の運営・業務を行なっていたある日、突如としてやって来た地方の役人が「ここに道路を通すことになったから会社を立ち退かせよ!」と命じてきたのだという。
 困り果てた事業主は地方政府に納税だか何だかの名目で現金を支払ったところ、役人は「別のところに道路を通すことになった」として立ち退きはせずに済んだという。

 これは実際に支那に進出した日本の事業者が体験した実話で、これと似たような話は枚挙に暇がないと言われ、何だか漫画チックな話だが、まるで露店主に対するヤクザのショバ代要求のようなことが地方政府いや国家レベルで行なわれているような国だから何が起きても、何をでっち上げられても不思議ではない。
 「また数年後には政府施設を建てるとか何とか、別の名目でやって来ては事業主から地代を徴収するのではないですかね」と支那から引き上げてきた日本の事業者は話す。

 さて、河北省で拘束された日本人4人についてだが、こうした在外邦人の拉致・身柄拘束で思い出されるのはイラクでの日本人誘拐だ。
 日本政府が危険区域であるとして「渡航しないで下さい」とアナウンスしているにも関わらず、敢えて危険地帯へ赴き、結局はテロリスト集団に身柄をさらわれて何らの責もない日本政府関係者が命懸けで奔走する事態となった。

 今回の河北省でのケースももしかすると本当に軍事管理区域に立ち入り、無断で撮影に及んでいた可能性も否めないが、どちらにせよ特に近年の日本は「人質」「人命」に関わる問題ではマスコミ報道からして右往左往させられた。

 今後の展開として支那で日本人が不当に逮捕・拘束されるケースが相次ぎ、尖閣事件で逮捕・拘束中の支那人船長の無条件釈放と引き換えにするような「人質外交」を日本は迫られるかも知れない。

 当ブログでも尖閣事件の発生以降、「日中戦争は始まっている」「攻撃・戦闘開始」の旨を記してきたが、既に戦争はこの段階から始まっているのであり、この「報復」の連鎖こそは本当の戦争に至るまでの導火線である。

 もう現時点でそういう状況に直面しているわけだが、日本サイドはどのように対応するのだろうか? 

 粛々と支那人船長に対する法的手続きを進めるものと思われるが、日本人一人が支那で在りもしないスパイ容疑をかけられるなどして長期服役を余儀なくされたり、あるいは死刑に処されたりするケースを私たち日本人はどこまでリアルに想定していただろうか。

 私たち現代日本人は、北朝鮮による日本人拉致事件や平成13年の金正男不法入国事件(独裁者の息子を即時送還)で人質外交の重要性を思い知らされてきたはずである。

 北朝鮮の国家犯罪で拉致された日本人、今回支那で不当に逮捕・拘束された日本人4人のケースは本質的には共産主義独裁国家の横暴という点では何ら変わらない。
 尖閣諸島という日本の領土・領海に不法に立ち入った支那人らを逮捕・拘束したことに対する報復として、河北省での不当逮捕・拘束があったことは間違いなく、日本としてはここで弱腰になることは許されない。

 向こうが戦争行為とも言うべき日本人の不当逮捕・拘束に臨んで来たのであれば、こちらとしても在日外国人の中で数的トップを占めるに至った在日支那人を人質にするくらいの措置が望ましいのではないか。
 それこそ移民への強硬姿勢に乗り出したフランス顔負けの排外主義政策で。

 よく支那の侵略と戦う−とは保守派・右派の方々が主張することだが、軍事独裁国家の横暴な報復に対しては同等かそれ以上の報復攻撃を仕掛けることこそ「戦う」と言うのではないのか?

画像(1)
写真:渋谷での対支那糾弾街宣 問われる日本人の気骨

 取っ掛かりとして支那人留学生・研修生の受け入れ全面停止措置が良いと思う。
 支那人だけに限定するのが問題ならその次に多いであろう朝鮮人についても同様で、全ての留学生受け入れ停止および留学生支援金の即時での支給停止も効果的ではないか。

 それで支那人留学生らが暴動でも起こそうものなら徹底して弾圧する以外にない。支那人の横暴・増長に対して暴れたいのは日本人のほうだ!

 就任早々、拉致被害者の家族らと面会した新法務大臣・柳田実氏は死刑執行についても果敢に臨む姿勢を示していると聞くが、この段においてこそ凶悪な支那人死刑囚への刑執行に及ぶことも効果的である。

 然るに、在日支那人への強硬姿勢に出ようにも現在の治安行政のトップ・国家公安委員長はあの売国奴として有名な岡崎トミ子であるだけに厄介だ。

clip_image001
写真:岡崎トミ子 その売国ぶりや千葉景子以上?

 この岡崎トミ子、ここ最近、起訴されたものの無罪となった厚生労働省官僚(後に復職)の件でこれを事件として追及した検察の不手際を逆に追及し裁きにかけよとする向きが盛んにマスコミで報道され、他の刑事事件と同様に冤罪を防止する一環から取り調べ過程をビデオ映像で収録する「可視化法案」をしりきに提唱している。

 一度は成立が見送られたこの可視化法案については法相も積極的な姿勢を示しており、「政治とカネ」問題で東京地検の捜査を受け、来月にも検察審査会による起訴・不起訴の議決が待たれる元幹事長・小沢一郎を抱える民主党政権であるだけに検察とのせめぎ合いの中で同法案は強行に推進されるかも知れない。

 加えて容疑者・収容者の人権を保護するとの観点から、またぞろ「人権擁護法案」が成立に向けて本格始動するかも知れない。

 これらはいずれも警察行政や司法の権限を弱体化させるばかりか、その名称こそは立派だが、犯罪容疑者特に増加の一途を辿る外国人犯罪者を利するものであることは明白だ。
 
 これでは善良且つ真っ当に暮らす日本人ばかりが虐げられる一方で、尖閣事件に端を発する支那の横暴に乗じて増長する一方の在日支那人を制圧するどころの話ではない。

 しかし、岡崎トミ子のように外国(韓国)で日の丸を貶した反日行動に日本の議員として加わった売国奴もまたここで試されている。

 国の為に生命を賭して戦うことも難しい。しかし、国の完全な破壊者となることも容易ではない。
 日本のみならず世界中の注目を集める尖閣事件を発端とした「日中戦争」の序章に際して、本当に日本という国を木っ端微塵に壊すだけの売国奴・国賊としての覚悟があるのか!?

 日本に名実ともに支那人民解放軍を招き入れ、名実ともに支那の支配・統治下(日本を支那の一部とする)に組み入れるだけの度胸があるのか!?

 日頃、平時には売国・反日行為に奔走している岡崎トミ子も土壇場で変節しないかどうか、それを今、見極めてやる時でもある。

 この御仁、就任当時の記者会見では「安全」「安心」などとさも口当たりの良い御託を並べていたが、その言葉通り、反日・売国・国賊をやっても日本が名実ともに消滅して困るのなら粛々と法律に書かれたことを遂行していく以外にないだろう。

 本当の意味での評価・賞賛・支持を得たいなら結局は真面目にやるしかないのである。

☆動画&画像ご紹介
http://ameblo.jp/jmuzu10812/entry-10655773235.html

no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  
Posted by samuraiari at 03:44このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月21日

在特からの退会そして「民族社会」を目指す!

☆お知らせ

 私、有門大輔は3年前の入会以来一会員として名を連ねてきた『在特会』(在日特権を許さない市民の会)から平成22年9月21日をもちまして退会します。

 これまで在特会では活動を通じて多くのことを学び、今年7月には動画生中継サタデー・ナイト・スペシャルへの出演や夏フェスティバル(埼玉支部)にて講師としての御役目を頂くなど貴重な経験を積ませて頂きましたことに篤く御礼申し上げます。

 一時代を「行動する保守」(後に「行動する運動」「行動する社会運動」)として戦ってきたことは今後の私の人生、行動において大きな糧となることでしょう。

 なお、在特会から退会しましても危急存亡の「在日支那人」問題と同じく在日朝鮮人らが享受する「在日特権」の廃止を目指していく志は不動であり、その方向性に何ら変わりはありません。

 新たな同志と共に、より精強に戦っていく所存です。

 まことに有り難う御座いました。

平成22年9月21日

BLOG『新・極右評論』主宰:侍蟻こと有門大輔


創出されるべき新たな無双伝説

〜「瀬戸弘幸」「西村修平」「桜井誠」の後に来るもの!?〜

 9月某日、わが『NPO外国人犯罪追放運動』と『民族社会主義者同盟』および一般有志は某所にて会合を開き、今後の在るべき「行動」についての意見交換を行ない、その取っかかりに着手した。

TS3R00910001

 本来的に、行動に至っているべき保守がただ危機を煽り、シンポジウムや書籍類の販売を盛況にして「語る」ことにのみ狂奔している現状に鑑み、有無を言わさず日本が直面している問題にまず街頭で声をあげよ−として平成19年に「せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』(=当時は極右評論)や『主権回復を目指す会』(西村修平代表)、在特会を中心に発足したのが「行動する保守」運動であった。

 それから3年の歳月を経て、「行動する運動」「行動する社会運動」とも称した現在の行動勢力の周辺には、多くの同志が集ったものの非常に不穏な空気が漂っている。

 誰と誰が何を原因としてどう反目し合っているのか、私はその全てを詳細に把握しているわけではないのでインターネット上に飛び交っている情報や人伝で見聞きして、各自で正確な状況をご確認頂く以外にないが、一つ言えることはよく我々が「世が世であればあの売国奴政治家はテロの凶弾に斃れている」とか「世が世であれば暴徒と化した民衆によってあの国賊はリンチに遭っている」と言うように、我々の間で問題の当事者となっている方々は世が世であれば(世が世でなくとも?)内部抗争や粛清によって「肉体的に抹殺されている」ということである。

 加えて我々には誰が悪くて誰が正しいとか、何が道理に適っていて何が道理に適っていないといったことを精査して検証し、追及・弾劾しているような暇もない。

 つまるところ関係者の間で如何とも動かし難い状況が生じた場合、それが如何に卓越したリーダーであろうと、その者らはある意味ではもう「この世には存在しない」という想定で動かなければならない。

 よく言われるところに「あの人なくして…」というのがある。
 あれは自民党の保守派としてその将来を嘱望された故中川昭一氏が亡くなった時、テレビでは盛んにその死を悼むニュースが流されてネット上でも保守層の阿鼻叫喚が見聞きされたものだが、故人の功績を讃えるのは良いとしても、極端な話、人一人がいなくなったところで良くも悪くも国・社会を取り巻く状況がどうにかなるというものではない。

 これは以前にも当ブログに記したことだが、亡くなった当人にしたところで日本という国・社会がとてつもないチカラを生み出せると信じていたからこそ生命のある限りまで奔走を続けたのであり、残された者らが嘆くばかりでその代償を払うくらいの意志がなければ、それは却って故人への冒涜となってしまう。

 過日、某所で開かれた我々の会合というのも事実上リーダーが不在となった行動勢力の状況下で誰が強制して誰が従ったということもなく、それぞれの意志によって極めて必然的に集い行なわれたものであった。

 遡ること15年前。
 私が極右活動に参加し始めた頃、歴代天皇の名や教育勅語を習得し、憲法改正への道を唱えることこそ右翼としての正道であると思っていた一時期もあった。
 
 しかし、その十数年後に「行動」へと参画するに至った過程で、憲法改正または破棄を最も阻害しているのは反日左翼でもなければ在日朝鮮人でもなく、実は「憲法改正・破棄運動」「目的」と化してしまった保守・右派勢力そのものであるという現実に直面した。
 それが証拠に、憲法改正の議論は自民党の中でも行なわれていたし、各保守・右翼団体においても活発に議論が交わされていたものだが、それを実現した後に国をどうするこうする、軍をどこへ出兵させて何をするかといった具体的な国家方針なりビジョンは聞いたことがない。

 明治の初期、日本がまだ近代国家としてヨチヨチ歩きの頃、征韓論に見られたように国家としての明確なビジョンは政治レベルでは盛んに議論され、後にそれが実行された。
 今日に至るまでの半世紀間、日本では最大の保守勢力・政党である自民党でさえ、憲法改正を党是として目標とするがゆえ皮肉にも「戦後」と称される社会やイデオロギーを固守することに汲々とし、結局はそれが国家方針となって政権交代を実現した民主党政権にもその系譜が受け継がれている。

 戦後イデオロギーからの脱却を至上の命題とする保守勢力でさえ戦後社会を構成する一部となってしまっている状況下で、私なりに憲法を改正するも破棄するもあったものではなく、国の形そのものを大転換させるなり逆行させる以外にないのではないかという結論に至った。
 
 かつてのように国家として朝鮮半島なり支那(中国)大陸なり外へ進出するビジョンも余力もないのであれば、「選りすぐった一部の国との貿易・交流は活発化」させてもそれ以外は全て外壁を閉ざし、固い鎖で締めていた時代に戻るしかないではないか。

精神性を追求せず「現状打破」を目指せ!

 先に外へ出ないなら鎖で固く閉ざして内にこもれ−と記したが、東京都内のさる専門学校では多数の支那人(中国人)学生が我が物顔で幅を利かせ大手を振って闊歩しているという。

 ある生徒は夏の暑い日、「靖国神社」の文字や鳥居・境内の絵が模された扇子を使用していたところ、それに反感を持った支那人学生から扇子に唾を吐きかけられたことがあった。

 日本の戦没者を祀った神社が描かれた扇子が癪に障るという一事で、何か日本人のほうが悪いことをしているようで肩をすぼめて生きなければならない…。
 これが一学校内にとどまらず日本のあらゆる地域社会、いや国全体で起きている逆転現象ではないか。

 周辺でもマンションに若い夫婦が引っ越してきたと思ったら支那人夫婦だったとか、幼稚園への子供の送り迎えでは支那人親子の姿が至るところで目立つ。スーパーでの家族を引き連れての買い出しでも。

 支那人のケースはこれにとどまらない。
 繁華街で「オ兄サン、1時間4千円ポッキリ、ドデスカ」などとキャバクラや風俗店への呼び込みを行なっている支那人女はおおむね偽装国際結婚で遠くない将来には日本国籍の取得が可能となる、れっきとした日本人の配偶者として在留しているのである。

 我々が取り組んできた池袋チャイナタウン計画の粉砕行動においても「日本の恥なんだよ!」として野次を飛ばし、行動を妨害してきたのは支那残留孤児3世の少年で、頭の構造は支那人そのもので忠誠の対象は故国・支那であってもそれもれっきとした日本人なのである。

 今や在日外国人の中でもトップの地位を占めるに至って久しい支那人だが、単に在日支那人が激増しているにとどまらず、それがこれまで存在しなかった「中国系日本人」とでも言うべく制度上はれっきとした日本人となって、日本人の在り様を著しく歪めつつあるのだ。

 ここで、では真の日本人とは何か−、あるいは真の日本人は斯く在るべきかという議論になれば、それこそ生涯をかけたテーマとなってしまう。
 前述のように右翼としての在り様や正道を追求し始めれば歴代天皇や教育勅語の習得と同じくそれこそが「目的」と化してしまうし、第一それでは行動でなくなる。

 武家政治の復権は私の理想とするところだが、それは政治を執る者らが持ち合わせるべき精神性で、それを自らが率先的に習得することに励んでいればそれこそ武芸に汗を流すことが活動・行動となってしまう。

 真の日本人と聞いて「戦前」「武士」を連想して酒場で議論に花を咲かせているのは大いに結構だが、そのような不毛なことを追求するよりも、傍若無人な支那人に直接攻撃的に「出て行け!」と罵倒してやるくらいの行動を開始せよ。

 過日、その戦端を切り開いたものである。

no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  
Posted by samuraiari at 04:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月19日

戦う指導者を生む土壌

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。



多文化・多民族共生なる「革命的」概念を覆せ!

[仏] 極右ルペンがサルコジ現大統領を育てたという客観的事実

 日本では在日支那人(中国人)の増加が顕著だが、欧米各国においてはイスラム系移民の流入と増加、伸張が著しい。これらに共通することは「非近代的」とされる社会から先進各国への止め処ない人の流れが続いているということだろう。

erp0902061037005-p1

 移民に悩む欧米各国でとりわけフランスがサルコジ大統領の強力なリーダーシップの下、ロマ族をはじめとする移民の蛮行を徹底排除しにかかっていることは既に述べた通りだ。    

:関連エントリー 少数民族なる誤認識から改めよ!    
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51586925.html

 これまで「自由・平等・博愛」の標語で知られたフランス共和国だが、それらは国家間の境界線と国民の権利が完全に保障された国・社会の下で成り立つ概念であり、ここへ来てフランスが移民への強硬姿勢に出たからと言って日本からは想像を絶する移民問題に苦悩する同国の事情に鑑みれば、何ら矛盾することではないと思うのだ。

 日本でも自治体や教育の場で盛んに言われ始めた「多文化共生」だの「多民族共生」は自由主義や平等主義、博愛精神に通ずるものとして考えられがちだが、そもそも異なる文化や異なる民族が共生することは土台不可能なのだから、「多文化」「多民族」と「共生」なるまったく矛盾する言葉がいっぱしの社会通念として公然と辞典にまで掲載されていることに改めて驚きを禁じ得ない。

 だいたいが支那人や朝鮮人に限らず、白人、黒人といった外国人を人種別・民族別に好きになろうが嫌いになろうが個人の自由であり個人の権利であると思うが、好きになった人は勝手に個人レベルで交流を深めていれば良いのであって、どうしても好きになれない人々を無視するかのように国・社会としてこのような「多文化・多民族共生」が一方的に進められ、グローバリズムが世界的に幅を利かせている現在の状況は明らかに異常だ。

 つまり、多文化共生だの多民族共生などという概念は比較的近年になってから蔓延してきた思想・思潮であり、それまでの世界には見られなかった「革命的」思想・概念であると断じることが出来よう。

 確かに、かつての日本も朝鮮半島や台湾を統治下に置き、今風に言うなら多文化・多民族共生の国家を形成していたと言えるのかも知れないが、それとて日本が軍事的にも強国であったから為し得たことであり、一度戦争に敗れればとてつもなく大きな禍根と傷跡を今以って引きずっていることを現下の日本が実証している。

 65年前の第2次世界大戦の終結によって日本の統治も、欧米の植民地支配も終焉を迎えたが、今度は旧統治国や旧植民地国からの人の移動をせき止めるな、一旦受け入れたものは何があっても送還するな、といった概念によって共生を強制されているのだから、これは「逆帝国主義」の時代であると思う。   

 日本でもかつて統治していた朝鮮半島から終戦直後の混乱に紛れて多くの朝鮮人不法入国者が海を渡ってきて無法にも住み着いてしまった。
 特別永住なる特権の下、ただの外国人でありながら日本人と同等の、いやそれ以上の権利を有するに至っているのだから
韓国によって不法占拠された竹島の如く日本列島そのものが朝鮮人のためのものと化してしまっている。

 その次に来ようとしているのが在日外国人の中でもトップを占めるに至った支那人で、東京・池袋チャイナタウン構想に見られるように支那人におもねった社会へと変貌を遂げることを余儀なくされている。
 過日は支那の「人民解放軍に例えるなら野戦司令官」と公然と支那の走狗であるかのように口走る小沢一郎なる実力者が敗れはしたものの次期首相の座を争うに至っており、善良な在日支那人を装った人民解放軍将兵が既に日本に上陸しているも同然で、遠くない将来、名実ともに支那の支配・統治下に置かれることを暗に示しているようだ。

 日本やドイツといった旧敗戦国でありながらこの半世紀間で目覚ましい経済復興を快く思わない何者かが仕掛けたのであろうが、「多文化・多民族共生」なる革命的概念によって日独のみならずアメリカやイギリス、フランス、ロシアに至るまで旧戦勝国はじめ先進各国が国内に入り込んだ移民問題に悩まされている。
※これによって、まんまと勝利を収めつつあるのは第2次大戦でも結託したユダヤ勢力と共産・支那だ!

 このように多文化・多民族共生という革命思想に侵された世界の現状で、真っ先に排外主義・政策に乗り出したフランスの大英断を讃えたい。
 しかしながら、フランス国民の権益のため移民への強硬姿勢にはいかなる内外からの批判・妨害にも屈さないとして戦うサルコジ大統領も、移民問題に苦しんでいます−どうにもなりません−では、ご登場を−という具合にポッと出に躍り出たわけではない。

 フランスでの移民問題の切迫さをひたすら追及してきた功績は泡沫候補・政党として選挙戦を戦い続けてきた極右『国民戦線』ジャン・マリー・ルペン党首の存在を抜きには語れない。

clip_image001

 何も移民問題への反発が即サルコジ大統領の登場をもたらしたのではなく、そこにはフランス人としての生存権を賭して長きにわたって戦ってきた極右政治活動家の奔走があった。 

 ルペンが強硬な移民排撃の主張で政権与党を突き上げたことによって、与党もまた国民を苦しめる移民問題への早急な対応を迫られ、当時内相であったサルコジが移民への強硬発言で着実にスターダムへの道を上り詰め始めたのだ。  
  
 「ルペンがいたからサルコジが育った」。これは以前に私も地方本部役員として属していた『維新政党・新風』の本部役員がなおらい(飲み会)の席上で示した見解だが、ルペンの極右思想・排外主義なくして今日のフランスにおける強硬策の実行はない。

 ルペン党首と親交のある日本のさる新右翼関係者の中にはルペン党首を「排外主義者ではない」とする見方を示す者もいるが、トンでもない誤認識である。

※参照 ウヨクVS右翼 IN靖国神社
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51570294.html

 前述の新風本部役員の見解は、「新風は日本の国民戦線であるべき」という旨で述べられたものだと思うが、残念ながらその後、極右とは程遠い綺麗事保守の路線を選択した新風は自らの存在を踏み台に強硬な政権はおろか強硬な政党・政治家を誕生させるにも至っていない。

 「極右」について言うなら、当ブログの名称『新・極右評論』の極右(きょくう)を「ごくう」と読んでしまう人が意外に少なくない現状に直面した。
 自民党政権末期に、当時首相であった麻生太郎さんによる漢字の読み間違いを殊更持ち上げてバッシングしたマスコミのように「ごくう」と読み間違えた方々をバカにするつもりはサラサラないが、「極右」なる存在がいかに日本人の中に浸透していないかを物語る事象と言えよう。
 まして最近になって政治や社会問題に関心を持ったような人なら尚更である。

 極右路線そして排外主義。 
 在日の支那人、朝鮮人という民族問題を抱える日本にとって、これらを敢えて日本的な概念に沿って言うなら「鎖国」ということになろうか。

 雪崩れ込む如く流入し、深く浸透した外国人によって国・社会の在り様を歪められた日本にとって「鎖国」こそは新たな国是とすべきだ。

 単に外国人の流れを規制するのみならず、明治維新以来一貫して続けられてきた開国政策を抜本的に一大転換させなければ移民問題に苦しむ欧米各国と同じく日本も救われない。

 そのため私は大政奉還以前の武家政治の復権をも提唱するものだ。

no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  
Posted by samuraiari at 17:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月18日

少数民族なる誤認識から改めよ!

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。



排外主義は「文化」云々に非ず

民族の「生存本能」であり「防衛本能」そのものである!

clip_image001

 わが国では党代表選に再選した首相・菅直人による新内閣が発足。
 治安行政のトップに岡崎トミ子なる国賊が就任したことで良識派からは悲鳴があがっているが、その一方でフランスの大統領は実に頼もしいものだ。

 フランス政府が国内に違法キャンプを設営するなど社会不安要因となっている移民・ロマ族の集中摘発に乗り出したことは周知の通りである。

 同政府の強硬措置については当ブログでも取り上げているので過去エントリーをご参照頂きたい。

フランスの排外主義に倣え!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51580722.html

 ロマ族の国外送還をめぐって今月16日にブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)の特別首脳会議の席上、サルコジ仏大統領とバローゾ欧州委員長が激しく舌戦の火花を散らしたという。

 バローゾ委員長は人種・民族差別を禁じるEU法に鑑みてフランス政府の施策は「第二次世界大戦中のナチス・ドイツによるユダヤ人強制連行を連想させる」として不快感を表明。レディング同副委員長(司法・基本権・市民権担当)も「第二次大戦後、欧州で少数民族が退去させられる事態に再びなるとは思ってもみなかった」との見解を示した。

 これに対してサルコジ大統領が「わが国を傷つける発言だ」として、レディング副委員長の出身国を引き合いに「ルクセンブルクがロマを引き受けたらどうか」と徹底反論。
 この辺りの切り返し方は流石で自国民のため、国益のために戦う国の指導者は舌戦のやり方も桁的に違う。

 日本の場合、支那・中共(中国)を中心とする東アジア共同体の中で、ちょっとでも在日の支那人(中国人)に強硬的とも思える施策をただ講じようかと議論しただけで支那政府から猛然と脅しをかけられ、脆くも前言を翻して逆に数十万人、いや数百万人規模の支那人受け入れを呑まされる光景が目に浮かぶ。

 現に尖閣諸島付近で起きた海上保安庁による支那人船長の逮捕では、駐中国の日本大使が数回にわたって支那政府から呼び出しを受け、難癖をつけられる一方。
 連日、日本大使館・領事館前では支那政府「公認」の反日抗議活動が繰り広げられ、近々4年前の大規模反日デモを彷彿とさせる暴動が懸念されている。

 こうした騒動を口実に、支那メーカーが今秋にも予定していた日本への1万人規模での団体旅行の中止を決めたことが明らかにされた。
 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を背景にした、反日感情の高まりがあると各メディアが報道。

 同計画によると、健康食品などを扱う『宝健日用品有限公司』(本社・北京)の社員らが10月上旬に来日し、5泊6日で日本各地を観光する予定だったとされ、1万人規模の日本観光旅行で買い物や食事などの経済効果が数億円に上ると試算されていた。
 支那人が1万人も来日してどれほどの経済効果が見込めるのか知らないが、そのような者らが一年中を通じて大量に往来することで、日本社会全体が「中国人様、いらっしゃいませ!」「中国人様は皆、神様!」となって何もかもが中国人仕様になっては適わない。

 支那人が大挙して押し寄せる事態にならなくて大いに結構!

 外相に就任する直前の国土交通相・前原誠司が閣議後の記者会見で、「中止されるのは残念だが、国益や日本の主権を基本に対応すべきだ」と述べた対応もなかなかに宜しい。
 
 ことほど左様に、尖閣諸島問題で安易な妥協をして支那に譲歩すれば、観光における経済効果は得られても尖閣諸島また周辺海域での日本の権益を大きく損ねることが実証されていると言えよう。
 
 お隣の悪しき軍事独裁国家に譲歩したところでむしろ傍若無人に振る舞う観光客ばかりを大量に送り込まれて何も得することはなく、対立することで長い視点では国益になることを踏まえ、現代日本人もここらで戦後的価値観を180度転換すべきである。
 
 欧州の話に戻すと、バローゾ委員長はフランスの排外的な施策に「法的措置も辞さない」との姿勢を示したようだが、サルコジ大統領は記者会見で「違法キャンプの解体を続ける」と宣言。
 欧州委の指弾を受けても送還路線を変更する考えはないことを強調。

 何と頼もしいことか。

 当初フランス政府は「不法滞在者の摘発でありロマ族を集中的に狙ったものではない」と説明していたが、内務省が警察に対して「ロマのキャンプを優先して撤去せよ」と命じていたことが発覚したという。

 それで良いではないか。
 多様な人種・民族にまたがる移民問題では何に優先的に対処していくかを定めなければならない。
 
 わが国の場合、特別永住者という単なる外国人の在日朝鮮人にさえ、奴らの言う「民族差別だ」という反発の声に迎合し、さも日本国内に居住する少数民族であるかのように扱って高校無償化の適用や参政権まで付与しようかという有り様。

 それにしても国籍を剥奪されても当然の移民による不法行為という問題、摘発されて当然の不法滞在外国人問題を「国内に居住する少数民族への迫害」にすり替えるとは、いつの時代でも、どこの地域でも国境線を取り払って多民族・多人種を混在させようとする輩のやることは似通っているものだ。
 在日朝鮮人など何の権利・資格を保障するも与えるもなく、それらの特別永住資格こそは世界に類例がなく真っ先に見直され剥奪されるべきものに違いない。

 ロマ族の違法キャンプよろしく京都では朝鮮民族学校が隣接する児童公園に朝礼台やサッカー・ゴールを設置してグラウンドとして不法占拠する事態を数十年にもわたって看過。
 約60万人のうち10人に1人が暴力団構成員となっているほど日本に治安上与えた悪影響は甚大。

 あまつさえ日本社会になおも牙剥く増長ぶりから抑圧された日本人の反発を最大限まで解放し、これら在日を率先的に送還し排斥しようという排外主義が高まるのもまた必然であろう。

 排外主義は日本の文化には根差さない…とする保守系・右派系学者も存在するようだが、断じて「文化」云々の問題には非ず、どの人種・民族に限らず生存本能であり防衛本能として必然的に噴出するものである。

no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  
Posted by samuraiari at 23:58このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年09月17日

亡国の内閣が疾走中!

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。


菅直人の新体制を簡潔に検証!

頽廃極まる時代に突拍子もない閣僚人事こそ歓待する

 脱小沢路線がどこまで進むのか、その動向が注目される民主党政権の新執行部と改造内閣の顔ぶれが発表されたので、私なりの評価をしてみたい。

 冒頭に断っておくが、私は民主党政権はおろか自民党はじめ野党までをひっくるめた議会政治そのものを全否定する立場にあるが、現状の政治・政権運営における批評としてお読み頂きたい。

clip_image002

▽総理=菅直人

▽総務=片山善博(民間)

▽法務・拉致問題=柳田稔

▽外務=前原誠司(ポスト変更)

▽財務=野田佳彦(留任)

▽文部科学=高木義明

▽厚生労働=細川律夫

▽農林水産=鹿野道彦

▽経済産業=大畠章宏

▽国土交通・沖縄北方=馬淵澄夫

▽環境・防災=松本龍

▽防衛=北沢俊美(留任)

▽官房=仙谷由人(留任)

▽国家公安・消費者・少子化=岡崎トミ子

▽郵政・金融=自見庄三郎(留任)

▽経済財政=海江田万里

▽国家戦略=玄葉光一郎(ポスト変更)

▽行政刷新・公務員改革=蓮舫(留任)

民主党
▼代表=菅直人

▼幹事長=岡田克也

▼政調会長=玄葉光一郎

▼国対委員長=鉢呂吉雄

 率直に菅直人による体制というのはある意味で非常に興味深いものがある。

 尖閣諸島付近で違法操業していた艦船改造型の支那(中国)漁船を海上保安庁が摘発、船長逮捕で支那側が猛反発して「あわや戦争!」という状況にあって、外相にかつて「中国脅威論」を唱えたことで支那要人との会談をドタキャンされた前原誠司をもってくるあたりはなかなかのセンスと言えよう。
 支那漁船の尖閣における操業は米国の専門家筋は「組織的な動き」と捉えており、何かと危うさも指摘される前原だが、大いに奮起頂きたい。
 
 前法相・千葉景子が杜撰を通り越した存在感をフルに発揮したため、後任の法相ポストにはどのような人事がもってこられるのか注目していたが、右寄りなスタンスで知られる旧民社党系の柳田実。

 拉致問題担当相も兼任しており、死刑制度の取り扱いに積極的な取り組みを期待したいところだが、拉致被害者家族としては奪還運動を通じて実績はおろか名前も素顔も把握しておらず、未知数の新大臣に懐疑的な向きもあるようだ。
 では彼らが拉致問題の解決に向けて最も期待出来る人というのは誰なのだろうか?

 仮に誰が拉致問題担当相に就任しようが、同じく日本人拉致を実行した韓国を問題視せず、拉致被害者奪還運動そのものが「利権」と化していると指摘される中で誰が担当相になろうが、その程度はたかだか知れているし状況は今とさして変わらない。
  
 むしろ何らのしがらみもないポッと出が就任したことを歓待したい。

 次に総務相には、かつて鳥取県知事として人権擁護に関する条例を制定させたことで全国から猛烈バッシングを浴びせられた片山善博が民主党政権下では民間人として初の登用。

 これと並行して、日本解体法案として悪名高き「人権侵害救済法案」(旧称:人権擁護法案)を中心的に推進する部落解放同盟・同和利権をバックとした松本龍が環境大臣として入閣したことで、同法案の成立を危惧する声が保守派からあがっている。

 しかし、党の要職に就くならいざ知らず、入閣となれば法案成立にかける労力は逆に削がれるように思うが、ここには保守派が危険を煽ることで自らの「保守ビジネス」を活性化させようとする目論見が透けて見えるように思えてならない。

 ただ、テレビやインターネットを管轄する総務相ポストに曰く付きの人が配置されたことからもメディア規制に関する動きが急加速する可能性は否めない。
 だが、同法案の危険性を煽るばかりでまったく世間的にも知られることのない問題のままで、国民的議論にもならないようではゾンビのようにいずれの政権でも必ず持ち上がる人権法案を完全に葬り去ることは出来ないだろう。

 そして保守層が最も問題視する岡崎トミ子の国家公安委員長就任。

 『在日特権を許さない市民の会』や『主権回復を目指す会』といった市民団体が在日朝鮮人組織(朝鮮民族学校)の横暴(公園の不法占拠)に立ち向かい、結果、刑事事件における関係者の逮捕と民事訴訟という日本人弾圧が繰り広げられている中、治安行政のトップに君臨したのが、かつて外国(韓国)において反日行動に公然と顔を晒したことのあるこの御仁だ。

 それにしても、ここで杓子定規な政治家が国家公安委員長に就任しようと、日本人には厳しく、在日朝鮮人ら外国人には甘くあるという現在の社会通念(外国人イコール弱者)に基づく基本的なスタンスに変わりはない。せいぜいがその程度に多少の差があるくらいだろう。

 警察もヤクザも日本人が一体となって朝鮮人の横暴を制圧してきたのが厳然たる日本の戦後史。
 その両方を今や在日朝鮮人が操っていると言っても過言ではない中、これを正していくにはその事実をより鮮明且つ露呈する売国奴の就任こそは最も相応しく、国賊・朝鮮の下僕であればあるほど、いや忠誠心は朝鮮人そのものであることのほうが望ましい。

 混乱と破壊、殺戮という「維新」に求められる要素が揃いつつある時代だ!

※参考までに以下のコメントもご紹介しておきます。

菅内閣の布陣を眺めれば明らかな華僑支配内閣、これが中華思想で云う殖民侵略なのかと残念に思います。
注視閣僚。
 ◆法務=柳田稔(参)
 ◆財務=野田佳彦(衆・留任)
 ◆文部科学=高木義明(衆)
 ◆国土交通=馬淵澄夫(衆)
 ◆環境=松本龍(衆)
 ◆防衛=北沢俊美(参・留任)
 ◆消費者・少子化・国家公安=岡崎トミ子(参)
 ◆行政刷新・公務員改革=蓮舫(参・留)
御存知の方も多いでしょうが、帰化人や親族に特亜出身の反日華僑の居る閣僚と、在日華僑会の支援を受ける閣僚です。

嘗て中国辺境の地から訪れた同朋はこう言いました。
「日本軍が(我々の国に)来ていれば、(我々も)独立出来たかも知れない…」
そう、自民族の国家と政府が存在する有り難さは、日本人の私にも良く分かりました。
そして最近その有り難い祖国の危機を感じる出来事がありました。それは司法の横暴、組織犯罪処罰法違反(組織的威力業務妨害)は断じて市民運動家に適用すべき法では無いと信じます。

新内閣発足に当たり、八百万の神々の棲む和みの祖国よ、司法権力に恐怖と嫌悪を覚える検察国家にならないでくれよと祈ります。

Posted by 飴屋惣助 at 2010年09月17日 22:16

☆お知らせ(主権回復・槇政経調査会)

 支那在住の日本人の生命・財産・安全を守れ!


no_2ch_0

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。

  
Posted by samuraiari at 23:58このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック