2011年07月31日

政界から芸能マスコミ覆う同和の影

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


高岡発言に受け手はどう報いる?

フジ抗議で「フリー何たら運動」レベルの一過性に陥る勿れ!

20110117140459_67_1

 連日、高岡、高岡、高岡と若手俳優・高岡蒼甫「韓流」批判に始まった一連の「愛国」発言の話題でインターネット上は持ち切りである。

 その真意、意図、背景は別として、一俳優のネット上でのつぶやきがマスコミ界を支配する韓流、即ち在日朝鮮人社会の影響力の強さをアピールするきっかけにはなっただろう。
 改めて芸能人の「発言力」の大きさを目の当たりにした次第である。

 世間では韓流ドラマの垂れ流し…「だから何?」程度の反応でしかないし、芸能・マスコミ=在日が「通説」となっているネット上に至っても今回の「高岡騒動」のように芸能・マスコミに携わっている所謂「中の人」から発信がない限り、それが爆発的な話題を呼ぶこともない。

 高岡発言で名指し批判されたも同然のフジテレビに対してはネットでの呼びかけで、近く抗議のデモ行進が開催されるようだ。
 ここでは敢えて高岡蒼甫が韓流批判から愛国発言に及んだ経緯は探らない。ただ、芸能人や著名人の発言を受け、それに扇動されるように、また、話題に便乗するように大掛かりな行動に至ったとしても、それは一過性のものに過ぎないのではないか。

 デモにせよ抗議にせよ、確かにやることには意義がある。しかし、沸騰する話題に飛びついたところで、それがブームに過ぎないことを私たちはフリー・チベット運動(08年)で散々見てきた。ブームが去ればチベット国旗だのウイグル国旗には誰も関心を示さない。

 今回のデモ行動は、芸能人・高岡が業界のタブーを打ち破る形で韓流を批判し、同時に「人権侵害救済法案(人権擁護法案)」が成立すれば世間一般はもとより、高岡のような芸能人はなおさら業界批判も出来なくなることへの懸念がオーバーラップしていることから、これぞ「日本版フリー・チベット運動」または「フリー・ジャパン運動」と言えるかも知れない。
 言ってみればフリー・チベット運動で集まり、そして去って行った人々が再び戻って来るようなものだろうか…?


「芸能界タブー」の本丸はどこか?

 平成23年7月26日、法務省は表現の自由の制限に繋がりかねないなど問題点が指摘されてきた人権侵害救済法案の骨格をまとめ、法務省政務三役の「基本方針」として8月上旬にも発表する方針を明らかにした。

 人権侵害事件を調査する『人権救済機関』は法務省の外局として設置するなどとし、民主党のプロジェクトチーム(PT)が取りまとめた内容に沿ったもの。政府は基本方針を軸に法案作りを本格化させて秋の臨時国会提出を目指すという。
 
 これを受け、保守・右派陣営も本格的に浮き足立っているが、自民党政権時代にせよ民主党政権の現在にせよ、法案作成の「フィクサー(黒幕)」『自由同和会』『部落解放同盟』とで組織の違いはあるものの、部落・同和勢力であることに変わりはない。

 従って保守・右派は本気で叩く気があるなら法案そのものを叩く重要性も然ることながら、02年に廃止された同和立法の代替法として同法案を持ち出した部落・同和勢力という「本丸」に斬り込まなければならない。
 現在のところ、保守・右派陣営で表立ってそれを展開しているのは解放同盟前で抗議街宣を行なった桜井誠会長率いる『在特会(在日特権を許さない市民の会)』くらいだろうか。

 さて、この人権侵害救済法案については今、話題急騰の高岡蒼甫もツィッターやブログで言及しているようである。

image_normal
tkok_sosk_8228 高岡蒼甫
いや、もう皆に迷惑はかけらんね。とにかくこの国はこのままじゃやばい。それだけはマジで事実。何にも大事な事は報道はされていない。人権擁護法案なんて通ったらもうみんな自由じゃないし、今のまんまのうのうとなんて生きられないよきっと。少し休ませてくださいな。
7月29日


 『高岡蒼甫 本人ブログ』のエントリー「報道されない事」(7月29日)より。

以下

人権救済法案


人権侵害の国際通報制度


自治基本条例


住民投票条例


これもマスコミが報道しない日本人に知らせなきゃいけない必要な情報です。

今後の自分に、日本を守るためには確実に必要なテーマなので是非早急に覚えておいて下さい。

以上


 活動家でも政治家でもない高岡本人についてどうこう言う気はない。問題はそれを受けて行動しようと言う側がどう捉えるかである。

 問題は人権侵害救済法案そのものにあるのではない。むしろ、どの政権であろうと法案を持ち出してくる部落・同和勢力こそが問題であって、政界からマスコミにまで及ぶ、その影響力の強さである。
 
 韓流に見られる在日社会の影響力などは二の次であって、法案の成立を主導しているのは解放同盟など部落・同和勢力であり、そこにフジテレビその他に対して仕掛けるほどの勢いで以ってデモ抗議を展開する気概があるのか?

 高岡らが位置する芸能界もまたネット上では何かと在日の存在ばかりがクローズアップされるが、「支配者」は飽くまでも部落・同和勢力である。

 小手先とブームに便乗した行動でフジテレビや韓流を叩いても「仕掛け人」の在日勢力は弱まらず、バックに控えている部落・同和勢力は痛くも痒くもないし、状況は今と然して変わるものではない。まして人権侵害救済法案を推進しようとする動きが止まるものでもない。

 一連の高岡発言そのものについては評価しているが、怒れる日本人の総力を挙げて部落・同和勢力そのものに斬り込まない限り、日本の政財官界から芸能・マスコミまで全てを覆い尽くすタブーは打ち破れないし、誰もが懸念している自由への侵害は防げない。

 彼ら部落・同和勢力は「差別解消」「平等」…即ち自由(?)を標榜しつつ日本人の自由を本気で侵害しようとしている。

 そうした企てを防ぐには、怒れる日本人の側も彼ら部落・同和勢力の言う自由を粉砕する(つまり差別的・排外的になる)覚悟で臨まなければならない。

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


☆動画・画像ご紹介! 7・29 経団連前

撮影・編集/主権回復を目指す会
20110729-77-204080000

1/6『東電擁護の子商人』経団連の拝金・売国主義に鉄槌を! 西村修平編

http://www.youtube.com/watch?v=DNfqlWg0zc0&feature=view_all&list=PL1DB1FDA059871890&index=0

20110729-77-611720000

2/6『東電擁護の子商人』経団連の拝金・売国主義に鉄槌を! 児島謙剛編

http://www.youtube.com/watch?v=WIduHiwiI1U&feature=view_all&list=PL1DB1FDA059871890&index=1

20110729-77-628670000

3/6『東電擁護の子商人』経団連の拝金・売国主義に鉄槌を! 松本英志編

http://www.youtube.com/watch?v=2n_CuFX3754&feature=view_all&list=PL1DB1FDA059871890&index=2

20110729-78-262550000

4/6『東電擁護の子商人』経団連の拝金・売国主義に鉄槌を! 有門大輔編

http://www.youtube.com/watch?v=BPXnllfN60A&feature=view_all&list=PL1DB1FDA059871890&index=3

20110729-78-282340000

5/6『東電擁護の子商人』経団連の拝金・売国主義に鉄槌を! 槇泰智編

http://www.youtube.com/watch?v=WfGxjrfu-Dc&feature=view_all&list=PL1DB1FDA059871890&index=4

20110729-78-303930000

6/6『東電擁護の子商人』経団連の拝金・売国主義に鉄槌を! 抗議文編

http://www.youtube.com/watch?v=P3y7sbmLAuE&feature=view_all&list=PL1DB1FDA059871890&index=5


至言!

保守・愛国運動は『2ちゃんねる』レベルに陥るな!

2ch的発想の運動で日本国を2ch的にする勿れ!

2ch発の闘争だから人権擁護法案を阻止出来ない!

no_2ch_0

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

  

Posted by samuraiari at 04:49このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月29日

経団連(商人国家)解体で日本経済救え!

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


☆ご報告 7・29 IN東京・千代田区

日本経団連が牽引する「商人国家」を徹底糾弾!!

110729_1136~01110729_1135~04
写真左:演説する西村代表
かつて石油危機の時、当時の経団連会長・土光敏夫氏は全国をくまなく歩き回り、
各企業に対して新たなエネルギー開発を説いて叱咤激励した。
その土光氏の食生活はお茶漬けにメザシ…。
このような質素な生活で土光氏は財界人としての姿勢を示したんだ! 
今、経団連会館でふんぞり返る米倉弘昌! 
貴様らにその一端でも学ぼうという姿勢が微塵でもあるのか!?


写真右:立派な造りの経団連会館…
東京の中心で大規模テロを起こそうとした場合、真っ先に標的になりそうな豪勢な建物だ
 

 平成23年7月29日、『主権回復を目指す会』西村修平代表)と『政経調査会』槇泰智代表)からなる一行は東京都千代田区にて、日本財界の総本山と言うべき『日本経団連』前にて抗議行動を展開した。

 単なる経済団体連合と言うにとどまらず、同団体会長が「財界総理」とまで形容されるように、今や日本の国家方針を決する意思決定機関とも言うべき経団連へ熾烈な怒りをぶつけたものだ。

 この日の抗議行動は、原発停止・脱原発による電力コストの増大から「生産拠点を海外シフトする」とした経団連の姿勢を糾したものであり、原発推進を自省するどころか、被災地で被災者・原発災害被害者が苦しむ最中、悪い雇用状況をさらに悪化させる亡国・売国の海外移転を進めるとする経団連を断固許さないとしたものである。

 当初の予定に加え、『NPO外国人犯罪追放運動』から参加した私・有門はノルウェーで移民への反発から大規模な極右テロが発生したばかりとあって、経団連が相も変わらず強力に推進する「移民受け入れ計画」をぶった斬らせて頂いた。

 経団連首脳部も日本国の行く末を憂いるとして、「強い日本」「強い日本経済」をつくるために外国人移民の受け入れを…と提唱している。
 しかし、外国人のチカラに頼って、海の外の人手に頼って強いもへったくれもあったものではない。

 本当に強い日本をつくる気概があるなら経済も安全保障も全て日本人の手で賄うことこそ国家としての強さである。

 外国に委ねる、外国人に委ねるメンタリティに日本人は支配され切っている。経団連が公然と表明した原発停止による電力不足からの海外移転。被災地においては帰化人経営者が指揮を執る外国資本の参入と技術の導入。
 
110729_1135~01 先ごろ若手俳優が韓流ブームに苦言を呈したフジテレビに至っては広告収入減からドラマ制作費を削らざるを得ず、そのため安価な韓国ドラマばかりを垂れ流す始末…。

 どおりで近年のテレビドラマは観るに堪えない詰まらないドラマが蔓延っているわけだ。ドラマ制作費を削らざるを得ないのであれば、コストを下げてでも(ギャラの安い無名俳優を起用してでも)魅せるドラマをつくることに専心すべきだと思うが、実に安直な発想に陥ったものである。

 このような日本に外国人移民など受け入れればどうなるかは一目瞭然で、欧州ではまだ極右の台頭や凄惨なテロという形で抵抗が起きているが、日本など瞬く間に消滅してしまうだろう。いや、経団連など日本の指導層を見ていれば支那(中国)に媚びへつらった姿勢から日本など消滅しているも同然で、これが全ての日本人に共通するメンタリティである。

 移民の受け入れは大量人口の即時的・物理的な移動であって、移民の受け入れから亡国が始まるのではなく、移民の受け入れによって亡国が「完成」するのである。
 従って、この「最終段階」に着々と取りかかる経団連の策謀に、かろうじて生き残る日本人の良識を以って楔を打ち込めと呼びかけたものだ。

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


☆画像と抗議文のご紹介!


<「電力不足」で脅迫する経団連は解体せよ!>

子商人・米倉弘昌会長の拝金主義を糾弾する


(社)日本経済団体連合会 会長
米倉弘昌 殿

平成23年7月29日
主権回復を目指す会 政経調査会

110729_1146~02110729_1135~03
 今、日本列島に一つの妖怪が出現している・・・「電力不足」という妖怪が。経済至上主義にまみれた経団連がこの妖怪を操り、我が国民へ電力不足という脅迫観念を注入している。

 長野県軽井沢町で開かれた経団連夏季セミナーで、出席した企業首脳から「脱原発で電力コストが増加すれば、企業は生産の海外シフトを進めざるを得なくなる」と、菅直人首相の脱原発路線に対する批判が相次いだ。

 「原発を停止したら雇用・生活が守れない」「現在の暮らしを維持できない」「原発を推進しなければ日本経済が破綻する」「会社をたたんで海外へ移転するしかない」などなど・・・。

 特に貴殿においては、記者団の質問に対し、電力供給が不安定になれば「設備投資ができないので外に出ざるを得ない」と述べ、企業の海外進出が加速すれば「雇用に相当影響があるのではないかと思う」と。

 日本経済のマイナス成長は10数年の長きに亘っており、経済の停滞は電力事情の逼迫とは全く関係ない。牽強付会(けんきょうふかい)も甚だしい。
 長引く不況に加え、この度の震災で国民経済が危機に瀕しているならば、なおのこと、経団連は雇用の確保に最大限の努力を傾注し、国民生活を守らなければならない筈だ。

 原発で儲けるだけ儲け、旨みがなくなれば後は野となれ山となれ、これが同じ日本人としての経営者がやることか。子商人と化した儲け至上主義の経団連は解体せよ!

 原発事故で生活を破壊された被災者、原発に危惧を抱く国民に対して何たる言い種であろうか。経団連会長として、人格を疑わざるを得ない恥も外聞もない言い種だ。

 原発の恩恵を最も与って来ているのは他でもない経団連傘下の企業ではないか。電源三法に基づく税金を注ぎ込むことによって、原発をこの狭い日本列島に乱立させてきた。原発推進はこの国民の税金抜きではあり得ない。

 電力を大口需要する企業を支えてきたのが原発であり、国民の税金によって企業は潤ってきた。特に経団連には電力・電気各社が加盟し、しかも福島第一の建設に関わり、安全を蔑ろにして巨利をむさぼってきた。こうした挙げ句、東日本大震災で原発が日本列島を放射能汚染し、国民生活を徹底破壊している。

 原発の恩恵に思う存分与って来た経団連と会長としての貴殿から、放射能汚染で深刻な被害に遭っている国民へ、重大事故を犯した謝罪・お詫びを国民は未だ一言も聞いていない。これほど企業道徳に反する無責任は他にあるだろうか。
 しかも貴殿は、今年4月の日本外国特派員協会での講演で、「東電は甘くはなかった」と最大の加害者である東電を擁護までした。身内同士でかばい合う癒着は醜悪極まりない。
 この度の夏期セミナーにおいても然り、経団連は原発を進めてきた己の責任には一言も触れなかった。原発事故を謝罪、被災地の今後を憂慮するのではなく、国民が原発を容認しなければ、「電力不足」で企業は海外へ「逃亡」せざるを得ないと、善良なる国民を脅迫した。
 この言辞の何処に企業の社会的責任を果たすべき経団連会長の矜持はあるのか、恥を知れと言いたい。目前の利益に右往左往する経団連の悪徳ぶりに、多くの国民は激しい憤りを抑え切れない。

110729_1136~02110729_1151~02
110729_1206~02110729_1218~02
 原発事故の途轍もないリスクを踏まえ、これからの日本のエネルギー政策全般にについて政府、国民へ提言していくことが経団連会長に課せられた使命であろう。

 菅首相が中部電力浜岡原子力発電所の運転停止を要請したことについて、鈴木修・スズキ会長兼社長は報道陣の取材に応じ、「福島第一原発の状況を見れば、浜岡原発が受ける被害はもっと大きくなるだろう。国の最高決定権者として正しかった」と評価を示した。

 さらに、自社の生産活動などへの影響については「仮定の問題なので答えられない」としながらも、「大きな問題にならないようにみんなで協力してやっていけばいい。生活を切り下げ、質素、倹約をしていくべきだ」と述べた。

 これぞ企業経営者としてのあるべき姿、社会的責任ではないか。原発の恩恵を享受してきた国民生活を見直し、経団連が利益第一・拝金主義の堕落から抜け出す最大の好期が今なのである。

110729_1205~01110729_1221~02
110729_1235~02110729_1230~01
経団連は財界が進めてきた原発推進を一から見直せ!
経団連は有力会員が犯した福島第一原発事故の謝罪をせよ!
経団連は原発に代わる代替エネルギーの開発を率先せよ!
経団連は目前の利益を追及する拝金主義を止めろ!


☆抗議行動を終えて…

110729_1230~02 相変わらず経団連の対応は抗議文も一切受け取らない、アポも取らせないという傲慢な態度である。国家権力が最重要拠点として守っているため、誰が抗議に来ようと強気なのだろう。

 これが商人をのさばらせた結果であり、この体制は何も戦後になって始まったのではなく、明治以降の近代国家になってから今日まで続いている「体制」である。

 商人主体で、政治にも深く関わる商人にいかなる苦情を申し立てようとも、それを受け付けさせないために国家権力がいくら強くなっても無意味であるし、商人を守るための軍事政権では意味がない。

 守るべきは日本人という「民族の共同体社会」であり、そのためには商人が追う目先の利益に囚われている場合ではないし、時に損得抜きで他国と争わなければならない場合もあるが、国家民族の利益が結果、大きな経済効果をもたらす。

 瀕死状態に陥る日本経済を救うためには、その実、経団連など経済団体の「物理的な解体」が急務ではないかと確信した次第だ。

至言!

企業家・起業家は『2ちゃんねる』に市場調査を委ねるな!

2ch的発想で日本経済そのものを2ch的にする気か!?

結果、日本経済が「あ●ーん」「お●た」では堪らない!!

事はアスキー文字の表現で済まされるような問題ではない!

汚い2ch的発想・表現を排して経済の発展に寄与せよ!!
no_2ch_0

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

  
Posted by samuraiari at 23:57このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月28日

商人(経団連)支配を覆せ!

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


☆抗議行動のお知らせ


<経団連の拝金・売国主義に鉄槌を!>

20081224_534817
※経団連前抗議 写真は08年12月のもの

【日時】平成23年7月29日(金)11:30集合・開始

【場所】日本経団連前 http://www.keidanren-kaikan.jp/map.html

※軍服、隊旗、ハーケンクロイツはお断りします

【呼びかけ】主権回復を目指す会 政経調査会

【問い合せ】西村修平(090−2756−8794)

20081231_537606

なぜ人口減少・少子化なのか、その責任問え!

 日本経団連(会長・米倉弘昌)は日本への移民受け入れを画策している。

 将来的な労働力不足…などと懸念する向きが世間では定説となっているが、政府お抱えの専門家が弾き出した計算などアテにならない。

 また、本当に移民を受け入れてまで生産性を向上させる必要があるのか? 労働力が頭数だけ足りているのに生産性が一向に向上せず、労働の質低下が懸念されている。

 しかも、ヨーロッパではイスラム系移民の増加に端を発する軋轢が行き着くところまで来てしまい、遂に90名超の犠牲者を数える大規模な極右テロがノルウェーで発生したばかりだ。

 トルコ人はじめイスラム系の外国人が約5%を占めるに至ったドイツではメルケル首相が「多文化共生主義」による受け入れを「完全な失敗」と認めるほど、移民・難民問題は欧州各国に共通する大問題である。

 そうした前例がある以上、日本国の利益になると思えない、経団連首脳の私益にもならない移民の受け入れに踏み切る意図が分からない。

 経済界含め日本がやるべきことは、移民の受け入れまで議論せざる得ないほど衰退した歪な人口構成への見直しであり、それには経済ほか安全保障・社会保障から司法・立法・行政に至るまで、「国家運営の全てが失敗だった」という「現実を認める」ことである。

 この現実を認められずに、ひたすら明治以降の近代を礼賛しているところが日本人の弱さである。移民を受け入れるなど、そこまで日本の若年層が減少したのは明らかな国家運営の失敗であり、破綻である。
 欧州では失敗を認めているが、それも移民問題が深刻さを極めてから認めているようでは遅い。

 何かと経団連の意向はニュースで報道されるが、そもそも商人(あきんど)が政治に口出しするような国であることからして間違っているのであり、移民政策や対支那(対中国)外交は元より商売人は商売にのみ精を出すべきであって、政治に介入する必要はない。

 日本経団連が為すべきことは、今ここで誤りを認めて引き下がることであり、そうでないなら遠くない将来、外国人移民との衝突を誘発した「元凶」として標的にされることは必至ではないか。ノルウェー極右テロ事件はそれを示唆しているように思う。

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

 

 当ブログの過去エントリー「ノルウェー極右テロへの支持声明」に寄せられたご意見をご紹介します。

以下

ただの企業家の安価な労働力欲しさの願いを叶える為に同化政策なんて言うキチガイじみた事を日本人を犠牲にしてまで朝鮮人に対して行い、差別を無くし人権平等を大義名分にし、それをひたすら謳い文句にして有色人種の代表者面して世界に喧嘩を売った事を保守の皆さんは誇りを餌に、この自虐社会の中で何とか崩壊しそうな精神状態を維持しながら生きています。

一言で言うと、この保守らは歴史の被害者です。一つ評価する点は被害者面をしない事です。ただ、被害者面しない事も悪い事です。被害者面をしない事は日本人の持つ誇りとして理性が働くので高貴な事でしょうが、守られるのは自我だけす。日本に未来が無くなれば全て意味なし、ですが、現代日本人が受けてきた教育の質の悪さを考えればカラを破る精神状態を作る事は難しくなっています。
日本の教育システムは儒教が元になっているので、出る杭は打たれます。まあ、それでも才能があるせいか日本はなんとか生き残ってはいますが、移民を受け入れれば入れるほど混血が進むし、しかも、そのほとんどが単純労働もままならないレベルの移民なので、日本人の更なる質の低下は免れないでしょう。

これは勿論、戦後からではなく、明治、つまり、戦前から国家の大政策として行われてきました事は今更、言うまでもありませんが否定したい人が多数いるかぎり言い続けるしかありません。

(後略)
Posted by みたいな実 at 2011年07月25日 08:10

以上

 日本の国家運営の失敗は今になって表面化したものではありません。戦前から日本人の生活を犠牲にする一方、朝鮮半島へ膨大な投資を行なう形で既に露呈していました。

 挙げ句の果てには統治下の朝鮮半島出身者も日本人として同等に扱うという「反差別」をスローガンにしてきたわけですが、現在、経済界を中心に推進されている「移民受け入れ計画」と何ら変わるところがありません。

 失敗が露呈した…と言うよりも生い立ち、つまりスタートの段階から歪な形だったのであり、同和・部落勢力をはじめとして在日朝鮮人勢力、左翼勢力、創価・公明党のような宗教勢力まで日本に寄生して利権を漁らせるような政体であることがおかしいのです。

 経済…と言うよりも経済界が主体となった国では、このような連中が跋扈して我が物顔でのさばるのは当然です。戦後ではなくて戦前に戻ったところで同じなのは前述した通りです。
 もともとサムライという超エリートの「種族」を排除して出来た近代国家ですから、何でもアリの商人が幅を利かせて、その上に同和・部落などと称する者らが陣取り、外国人でも何でも受け入れて対等に扱うようなことでも平然と行なわれてしまいます。

 現在の日本社会に隠然と存在する「身分制度」は、同和・部落なる特権階層から経団連首脳部のような商人、受け入れた外国人移民を労働力として充てようとする工業、そして蔑ろにされる農業など第一次産業、最下位に警察などが位置します。

 分かりやすく言うと、士農工商の逆で同和・部落を別格とした「商工農士」。ちなみに警察(警視庁)からは経団連会長に対して民間人では唯一、護衛(SP)を出しているそうで、まさに商人のつかいっ走りにされちゃってます…。

 商人の天下…では同和も在日も左翼も宗教団体の跳梁跋扈も、何もかも抑えることが出来んのです。その上、新たに外国人移民…誰がどう責任取るのかって話です。
 
 次に別エントリー「保守・右派ならパチンコ総攻撃を!」に寄せられたご意見。

以下

>現在は士農工商の正反対に「商工農士」の時代なので、

〔・ω・〕
まさしくそうです。
商が一番偉いのは大問題です。
長い人類史において商人が主権をとり執政を行ってる近代現代が、どれだけ人類史に逆らった事をしてるかとを客観的に見ないといけません。
膨張する事しか脳のない商人を野放しにさせとく事は人類を破綻させるだけとなります。

近江商人の訓示に三方良しと言うものがあります。
売り手良し、買い手良し、世間良し!この3つを商人の道標にすべき!的な教えです。
まるで古の近江商人が聖人君子に見えてしまいますが、まず、江戸時代にはこのような訓示は近江商人らの中に存在してません。都合よく現代になってから作られた虚像の近江商人の姿でしかありませんので皆さんご注意ください。
つまり、近江商人の力ある子孫が自身を正当化でもするために先祖を美化して虚構をはったのでしょう。
(後略)
Posted by みたいな実 at 2011年07月26日 21:44

以上

 日本経団連如きの商人が日本の政治を左右していること自体が国家社会の仕組みとして非常識極まりない!!

 移民受け入れの暴挙で、いつか志ある者からテロの標的にされて(前々からありますけど)しっぺ返しを喰らう時が来ることを警告しておく!!

−−− −−− −−−
至言!

ネット社会を悪化させる元凶『2ちゃんねる』

このネット社会の支配者・支配層を排除せよ!

自由・平等(?)社会で差別・偏見生む元凶!

no_2ch_0

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

  
Posted by samuraiari at 23:57このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月27日

在日ジェノサイドを称賛せよ!

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


俄か(にわか)極右化にトドまるな!!

人気俳優の愛国的発言で心躍らせることなく韓流排除を激烈に!

 前エントリーに引き続き、同盟ブログ「せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』」のコメント欄に寄せられたご意見を取り上げさせて頂きます。
 投稿者は当ブログにもご意見を寄せて頂いている「ネオ東條英機さん」です。ネオ東條英機さんはインターネット上のみならず、かなり以前から都内におけるデモ行進など街頭行動にも頻繁に参加されています。

チャン桜主催 菅直人の地元吉祥寺での 菅直人は辞任せよデモに参加しましたが 韓流ファン同様 菅直人ファンのオバちゃん達が多数で 何を主張しても軽蔑されただけの抗議活動でした・・・・・

>今菅直人を叩けないなら、引退してほしい

貴方も吉祥寺で 抗議活動してみると解かりますよ・・ 如何に無能な住民が多いことか・・・・

Posted by ネオ東條英機 at 2011年07月27日 01:08

※ 当ブログに寄せられたご意見ではありません

 ネオ東條英機さんの投稿は、首相・菅直人による北朝鮮系団体への6千万円献金とフジテレビへの韓国支配を受け、別の投稿者が「今こそ菅直人を叩けないでどうする?」とした意見に対するものです。
 多団体の行動に横断的に参加される中、保守団体『チャンネル桜』が東京・吉祥寺で主催した菅直人への抗議行動に参加してのもの。

 言うまでもなく、東日本大震災と原発事故への対処以前に、市民運動家の衣をまとい北朝鮮やポルポトを礼賛する政治団体との連携を進めてきた菅・民主党は酷過ぎるの一言に尽きる。
 しかし、引用コメントにもあるように韓流ファンならぬ「菅ファン」のオバちゃん軍団の勢いたるや凄まじい!!

 何せあの人たち…自民党だとか民主党だとかそんな次元で物事を見ていません。まして民主主義だとか全体主義だとか、そんな次元の話も通用しません。
 
 菅さんが良い、ファッションが良い、見てくれが良い、見る人が見れば良くないことは一目瞭然ですが、あのオバちゃんたちが良いと言えばどんな代物でも良いとなってしまう。
 ホントは人柄なんてメチャクチャ悪い菅直人ですが、菅ファンのオバちゃんたちが良いと言えば良い…。そのくらい常識ハズレな人たちを暴走させているのが自由という名の議会制民主主義というやつです。

 ですから粛々としたデモ行動で菅政権の非を論(あげつら)ったところでどこ吹く風。ネットでの民主党に対する厳しい声も見聞きしちゃあいません。

 「韓(菅)流カルト」にはシンプルにファシズムだ、極右軍事政権だのカルト・ファッショでいくべきなんです!!

 向こうがヨン様ならぬ「菅さま〜」なら、結局は女性陣が総動員して「対抗馬」を持ち出せ…となりますが、チャンネル桜らしく「閣下」こと田母神俊雄(チャンネル桜主体の『頑張れ日本!全国行動委員会』会長)でも持ち出して「タモさま〜」とでもいきますか(冗)?

 日本に所謂「極右勢力」というのは存在しませんが、「俄か極右」というのはいくらでも存在します。時々の状況次第で「軍事政権だ!」「戦争で拉致被害者を取り戻せ!」と口にする人はいますが、熱した瞬間を過ぎれば元通りの綺麗事保守に戻ってしまいます。拉致問題は重大だが、軍事政権やファシズム、排外主義なんかはダメだと。

 日本が軍事政権にもならずにどうやって戦争するのかと疑問なんですが、戦争という表現が良くて「殺せ!」とする表現がダメなのも理解出来ません。
 どちらも同義語なのに言葉を着飾っているからいつまで経ってもタブーを覆すことが出来ません。

 当ブログでも極右翼的な発言に拍手喝采を贈ってくれる一方、極右や排外主義を否定する普通の保守ブログに赴き、そこでも拍手喝采を浴びせている人は少なからずいると思う。
 穏健な保守層にしてみればその場の雰囲気などで一定程度に極右化することは良いとしても、それを「本業」でやる人ばかりになっては困る、常態化させてもらっては困るということなのでしょう。

 保守が本業で極右や排外主義をやらないから、いつまで経っても民主党のような自民党の分派政権をのさばらせることになります。一時的に極右化するような「俄か極右」ではイカンのです!

 一時的な俄か…では結局はポーズに過ぎないと見られて現体制には何の脅威にもなりませんし、それが世論になることもありません。極右化して普通、それが本業で日常的なものとなってようやく脅威っぽくなります。

 菅直人「親衛隊」のミーハー・オバちゃんに対して、「外国人参政権にハンタ〜イ」なんて運動をやっていたって効き目ありません。いっそ極右軍事政権化したファシズムで菅みたいな輩を応援しているミーハーからは選挙権を剥奪せよとする運動を展開しなきゃならんのです。

 成人年齢の引き下げまで議論される昨今ですが、現在は外国人など、いかに選挙権を拡大するかではなく、いかに政治に関わるに資さない層から選挙権を剥奪していくか、これこそが議論されるべき時なんです。

 私が『維新政党・新風』の選挙活動・党活動に携わり、「行動する勢力」として街頭でのデモ集会に携わり始めた前後、ネットの影響で左派から保守・右派に転じたものの、一たび事が起きるやまたぞろ左派に先祖帰り(逆戻り)するケースを少なからず見てきた。所謂「俄か保守」だったのである。

 そうした俄か保守が未だ跋扈している中、各保守・右派、各保守・右派団体は挙って極右化して軍事政権を欲するくらいでないと自らが望む状況は到底到来しないぞということをここに提言するものです。

 俄か…傾向は芸能界でも散見されます。
 その発言の逐一が世間に影響を与える芸能人ですが、それを無批判・無条件に讃える世間も怖いものです。では、以下。


高岡蒼甫が韓流ブームに苦言? 「戦後最悪なこの時代に、誰が望んでるんだ」

20080822181541665824

 人気俳優・高岡蒼甫さんが『Twitter』で日本国内における韓流ブームを非難し、話題となっています。

 簡潔に列挙すると、自らも世話になったフジテレビが韓流に侵されていることをネタに「今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい」とツイート。

 その他、「ここはどこの国だよって感じ。気持ち悪い!ごめんね、好きなら。洗脳気持ち悪い!」「TV局の韓国おし無理。けーPOP、てめーの国でやれ」「ただこんな戦後最悪なこの時代に韓国おしって、誰が望んでるんだって話。もっと伝えるべき事が沢山ある」「まず日本に目をむけないと」「俺は日本がよくなってほしい。惑わされずに良くなってほしい。とにかくそれだけ。だから売国は絶対にNOなんだよ。過激に聞こえるかもしれないけどこれが自分の言い方です」などなど、保守派が拍手喝采して喜びそうなツイートが並ぶ。

 若手の人気俳優による愛国的発言で思い出されるのは窪塚洋介

 01年に映画『GO』に出演し在日韓国人3世の少年を見事に演じ切った窪塚はあらゆる賞を総ナメにして俳優としての地位を不動のものとしますが、03年には一転して映画『凶気の桜』で不良外国人と日々乱闘を繰り広げる極右の青年ナショナリスト役を好演。

 この2作品の中間くらいだったと思いますが当時、窪塚が「石原慎太郎さんの著書を読んで憂国の情に目覚めた」旨の発言をして週刊誌などで話題を掻っ攫いました。
 しかし、インターネット公式サイトなどで窪塚が社会問題や国際情勢に触れると、「俺はいつだって戦争反対!」「テロはシカトするに限るってチョムスキーも言ってたっす」とする旨の発言…。

 石原慎太郎の著書を読んでいれば「テロはシカト(無視)」だとか「戦争反対」なんて発想にはならないと思うんですがねぇ…。

 結局は芸能人が話題提供のために「広く浅く」触れたものの一環だったということで、窪塚が愛国的な青年役を演じた映画の前宣伝だったと見ることが出来ます。

 高岡蒼甫と言えば、私としては映画『バトル・ロワイアル』(深作欣二監督)やテレビドラマ『太陽の季節』に出ていた頃が非常に印象深いのですが、何と言っても映画『パッチギ!』(井筒和幸監督)で凶暴な在日朝鮮人役を演じていたのを私はしっかりと観ていますよ。
 ですから韓流ブームへの苦言についても、言っている内容には賛同するけど「貴兄が言ってもね…」という気持ちにどうしてもならざるを得ません。

 ま、窪塚同様、近々高岡蒼甫主演の愛国的な映画もしくはテレビドラマが製作されるものと思われ、その前宣伝だったと見るべきでしょうね。

clip_image001
 確かに彼が言った内容は至極当然のことだが、それを挙って称賛する保守・右派層も情けない。窪塚の「ナショナリスト宣言」から約10年を経て今日の「韓流時代」が到来しているわけで、韓流への反発に対する「ガス抜きかも知れない…」という捉え方も必要です。

 ですから日本の世論が本当に韓流なるものの排除を求めているなら、いっそ「韓国人を殺せ!」「在日を殺せ!」というぐらいの極右・排外主義の発言にこそ称賛を贈るくらいでないと、生半可な保守的・愛国的発言に称賛を贈っていても到底、韓流なる「侵略」は覆せません。

 ネットではマスコミを「マスゴミ」「カスコミ」と揶揄してフジテレビはじめテレビ局解体の声が一層高まっていますが、ノルウェーでの極右による爆弾・銃撃テロ事件と同様、「在日韓国人なんかニューカマーもひっくるめて皆殺しだ!」とする声が高まって初めてテレビ局解体の動きも具体化するのです。韓流とはその火付け役まで含め「在日社会」そのものなんです。

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


☆動画ご紹介 7・20 IN東京高裁
 
画像 079(1)画像 080(1)

(1/3)7.20 創価学会の犬となった東京高裁の不当判決を許すな! 児島謙剛
画像 081(1)(1)
http://www.youtube.com/watch?v=gTye-CV3WTo


(2/3)7.20 創価学会の犬となった東京高裁の不当判決を許すな! 西村修平
画像 082(1)(1)
http://www.youtube.com/watch?v=cw3OH2hQyu4&feature=watch_response


(3/3)7.20 創価学会の犬となった東京高裁の不当判決を許すな! 槇泰智
画像 083(2)(1)
http://www.youtube.com/watch?v=ZzIzvyXjwNI&feature=watch_response

−−− −−− −−−
至言!

マスコミと同様、インターネットも「ゴミ化」している!

『2ちゃんねる』を解体・排除してネット社会も正常化!

その上で対比としてマスコミ解体・正常化を推進しよう!

no_2ch_0

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


  
Posted by samuraiari at 21:17このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月26日

反日国家・日本への叛旗!

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


いっそ同和支配の日本から「脱日」するか?

日本人パージの日本で愛国者は日本人特権区域の創設求めよ!
 

 何気ない一言が物事の核心を突いていたりする。

 当ブログに寄せられたものではないが、同盟ブログ「せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』」のエントリー「福島産の桃の販売について」に、これはと思ったコメントが寄せられていたのでご紹介したい。

BOO!さん>

>委員は地方参政権を持つ人に限定し、外国人が就けないようにする。

既に外国人にも「地方参政権」を認めているところがあるようですから、外国人でも委員になれますよ。
この理屈なら、北朝鮮人でも中国人でも委員になれます。

もうなんと言うか、日本から独立したい気分です。

Posted by 単なる利権じゃん? at 2011年07月25日 09:33

※注 当ブログに寄せられたご意見ではありません


 件のコメントは「人権侵害救済法案(人権擁護法案)」について議論していた際のものですが、同法案による委員の選定について述べられたことに対し、別の投稿者が「外国人でも委員になれる」ことを指摘したものです。

 確かに、外国人の人権擁護委員への就任を阻止するなら「日本国籍を持つ」と限定すれば良いものを、「委員は地方参政権を持つ者に限定…」とは明らかに「外国人地方参政権付与法案」が成立することを見越して、将来的には外国人(例えば在日朝鮮人)も人権擁護委員に選定することを目論んでいるのは確実でしょう。

 この人権侵害救済法案は『部落解放同盟』など同和・部落勢力が02年に廃止された「同和立法」の代替法として制定を強く推進しています。常日頃、保守派が揶揄して喧伝しているように「朝鮮人擁護法案」だとか「犯罪外国人擁護法案」とも言われていますが、在日だの外国人云々はカモフラージュと言えるでしょう。

 すべては部落・同和勢力の権益を守るために、在日朝鮮人社会や左翼組織、創価・公明党のような宗教勢力までが相乗りしているわけです。
 つまり部落・同和なる日本での「土着勢力」が在日朝鮮人のような新たに海の外から来た連中まで引っ張り込み、日本に寄生して日本人の血税をガッポリ掠め取ろうぜと反日勢力を総結集させて子分よろしく従わせているようなものです。

 従ってこの人権侵害救済法案が二度と出て来ないようにするためには、部落・同和勢力を「差別なんかどこにもねぇよ」と言って日本社会からパージしなければならないわけですが、現実には東京・六本木の一等地に本部ビルを構える解放同盟は未だに自らを「被差別層」と称し、この「錦の御旗」で大多数の善良な日本人を逆にパージし続けているわけです。

 民主党ばかりか自民党までがこの同和立法の代替法を推進し、民主・自民のいずれにせよ政権政党が推進しているということは「日本社会そのものが推進している」も同然です。
 差別・迫害主義でもないのに日本人が差別・迫害主義者であるとしてパージする法案を日本社会そのものが推進しているのだからブラックジョークに他なりません。

 そこで出てくるのがご紹介したコメントの「もうなんと言うか、日本から独立したい気分です」という箇所である。この部分こそが核心なのです!!

 小中学校から高校に至るまで自虐的・反日的な歴史教育が支配する中、然る若者が発した「嗚呼…また日本の悪口か!」に匹敵するインパクトではないか?

 続いて当ブログに寄せられた「みたいな実さん」のご意見をご紹介しましょう。

※注 当ブログのコメント欄に寄せられたご意見です

本当ですね、保守がパチンコを本気で叩くと言うんであれば、民主党だけでなく自民党とも縁を切るべきです。
まあ、大人の付き合いを絶縁してまで固執する必要はないですけど、重要な認識のはずです。

同和もそうです。自民党の売国が綺麗な売国だと思われてもかなわんです。
同和は野党だけとの結びつきでここまで勢力を伸ばしたのではありません。
与党とも念密な関係がありました。

そもそもが、同和在日連中はこの国の体制に組み込まれている自由と民主主義なるものの広告塔でもあります。

明治朝廷が築いてきた民主主義、それは自由民権運動に大正でもくらしーを国体に組み込む事により成立させてきました。
その代名詞的な存在が同和に在日です。この問題は戦後からぢゃなくて戦前からです。
勿論、国体から、その同和の存在を見たとしたら問題は全くありません。逆です。同和在日の存在は輝かしい近代日本の申し子とされてます。

そーいった事を問題だと言っているのは一部愛国者にしか居ません。この国体から見れば、その一部の愛国者のほうこそが問題的な存在なんですが、その事に気づき広い視野で認識に立って世の中を見渡す事が出来てるのは、その一部の愛国者の中の更にほんの一部でしかありません。

多くの日本人は良く認識しないといけません。この国では愛国者であればあるほど煙たがられる存在として体制側から敵視されている事を・・・。

Posted by みたいな実 at 2011年07月25日 23:17


 愛国者つまり日本人として生きようとすればするほど迫害・排斥される状況にあるのが現下の日本です。体制側から目をつけられたくなければ大人しく労働だけして、しっかり税金だけ納めなさいということです。
 それで血税が正しく使われているなら良いのですが、外国人犯罪者をもてなすように使われ、部落・同和の私腹を肥やすために使われたのでは堪ったものではありません。

 分かりやすい例で言えば、食卓に並べる豪勢な料理、衣服の購入や趣味に投じるお金、マイホーム購入、家族旅行、お年寄りの方なら成績が上がったご褒美に孫にあげるお小遣い…どこかで断念したりケチらざるを得なかったりした覚えはありませんか?
 そうしたおカネがヤクザまがいの部落・同和に流れていると思えば腹も立つでしょう。そういうことなんですよ!

 それでも愛国者は差別・迫害行為を否定して、クリーンな活動のみで人権侵害救済法案のような反日法案の阻止を目指す…なんて綺麗事を言っている場合じゃありません。
 このまま座して死を待つか、あるいは徹底した差別・迫害・排外主義者になって解放同盟や朝鮮総連・韓国民団のような組織を解体・排除して一気に問題を片付けるか、それしかないのです!

 ところが、日本社会はおろか愛国者の間でも問題はあります。何せ拉致問題の進展について、「平沼(赳夫)内閣を誕生させるべき!」なんていう意見がありますが、誰々さんを総理にすれば良いとか、誰々さんならやってくれるとか、そんなメンタリティが愛国者の中でも大部分を占めています。
 そんなことは自民党政権末期の安倍・麻生時代に経験済みで、亡国の村山談話を発表した内閣の一員であった平沼何某が総理になったところで国会議員の既得権益(同和利権)を守る政治が延々と続くのみでしょう。

 既得権益にしがみついている既成の政治家をアテにしてもどうにもならないのだから、保守派などの愛国者はとうに何らかの形で日本からの「独立」を模索していてもおかしくありません。先ほどの「日本から独立したい気分です」という意見に繋がります。
 
 近年の日本でそれが実現するチャンスがあったとすれば石原慎太郎東京都知事が「石原都政」を確立させた当初であったと思う。
 一頃「石原総理誕生」とか待望論が平沼同様に保守派から持ち上がりましたが、言動の一切が雁字搦め(がんじがらめ)の日本の首相になっていたところでどうなるものでもありません。

 首都・東京を日本の憲法・刑法・民法とも関係のない独立した「都市国家」にすることに意義があったのです。
都市国家
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%9B%BD%E5%AE%B6

 80歳近くになった現在でも都知事を務める石原氏が今からというのはちょっと無理っぽい気がしますが、本部を置く解放同盟だろうが朝鮮総連・韓国民団だろうが日本国とは関係なく扱えます。

 入管法も然り、不法滞在外国人はどんな目に遭わされても日本のように手厚く保護されません。人権救済機関も存在しない、日本の警察は発砲しなくても東京都のお巡りさんはアメリカのバイオレンス映画よろしくマシンガンでもショットガンでも撃ちまくっている! そんな状況が望ましい。
 北朝鮮工作員が潜入していればどうなるかなど言うまでもありません。

 現在では橋下徹大阪府知事が関西圏を盛り上げようと頑張っているようですが、どこの地域でも構わない。どうせ大多数が集うなら愛国者つまり日本民族こそが住みやすい都市をつくってもらいたいし、現下の中央から地方までがダメになっている日本とは関係のない(完全独立した)形でそれを実現してもらいたい。

 もう明治以降の「統一された近代国家」に拘っている場合ではない。明治になって武家時代の各藩・諸大名に既得権益を放棄させることで近代的な統一国家をつくれた…なんて為政者のプロパガンダだと思います。
 結果、サムライが「殺された」ことによって今日のように日本はダメになりました。日本国を想うなら生かしておくべきものを殺してしまった結果が現在です。

 愛国者即ち「真の日本人」が日本から脱して(脱日して)来られるような解放区・独立都市の創設、この段になってこれを提唱しない政治家というのはなべて同和の既得権益にしがみついているようなもので、信用に足らないでしょう。有権者の側も愛国者なら「ジャパン最高〜♪」なんて戯言を言っては明治以降の国体(国の形)に拘っている場合じゃない。

 愛国者としての地位・名誉と安全が保障されたサンクチュアリ(聖域)を欲して当然の段階に来ている。

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


同盟ブログよりお中元のモモ販売のお知らせ
852d7257
詳しい内容につきましては、
下記のお知らせコーナー・最新の記事をご覧になって申し込んで下さい。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52737184.html

 御中元用だけでなく、自家用の販売も行なっています。
ご注文は下記メールにて受け付けます。

fukushimaseto@gmail.com
−−− −−− −−− −−− −−− −−−
至言!

ウヨ(右翼)・サヨ(左翼)に限らず、

人間そのものを弱くする『2ちゃんねる』を閉鎖せよ!

所謂「石原閣下」も言及した2ちゃんねるの弊害、認識せよ!

no_2ch_0

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

  
Posted by samuraiari at 23:38このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月25日

保守・右派ならパチンコ総攻撃を!

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


見よ、この在日支配の現実!

パチンコで栄華を極める在日社会を「敵性民族」に認定せよ!

110725_1821~01110725_1835~03
在日支配の象徴!! パチンコ玉を模った石碑(左上)
110725_1817~02110725_1818~01

 自慢にもなりませんが、私の本拠地である東京・上野はパチンコ産業の巣窟です。

 上野周辺にパチンコ屋が建っているんじゃありません。

 続々登場する新しいパチンコ台の企画だとか芸能・アニメのキャラクター使用に関わる「パチンコ・メーカー」の巣窟なんです!

 パチンコとか在日朝鮮人が嫌いな人なら、このエリアに踏み入れば「気分が悪くなった」と言いますので、人によっては胸焼けや吐き気、目まいを起こすかも知れません。

 私が二十歳の頃から根城としている地域(台東区上野)とはそんな町並なのです。

 これまで各地で支那人(中国人)や朝鮮人によって乗っ取られた現状をルポして来ましたし、最近では群馬県に赴いてブラジル人社会の実態にも斬り込んでいますが、恥ずかしながら私の第2の地元・上野は在日朝鮮人社会で最も栄華を極める富裕層の巣窟でした。

 飲食店が林立する上野の繁華街(アメ横)も重要なデモ行進スポットですが、新攘夷運動『排害社』金友隆幸代表)はパチンコと在日問題を街頭行動で徹底追及するお考えがありましたら人通りこそ少ないものの、この「パチンコ・メーカー」エリアこそ格好の行進スポットかも知れません(土日・祭日ではなく平日ならサラリーマンも多いので相当なインパクトが見込めます)。

 もともと第2次大戦直後に朝鮮人が暴力でもって不法占拠し、縄を張った一等地にパチンコ店や飲食店が林立していますが、さらに近年になって膨大なパチンコ・マネーを背景とするメーカーがビジネス街に素晴らしいビルを林立させました。
 雑居ビルが立ち並ぶ町中には不釣合いに豪勢な自社ビルが建ったりしていますが、この辺りで一際目立つのは何と言ってもパチンコ・メーカーのビルです。

110725_1816~02110725_1829~02
110725_1830~01110725_1831~01
 全国各地、どこの地域であっても大抵は部落・同和勢力か在日朝鮮人勢力、あるいは左翼勢力、またはカルト勢力の強い影響下に置かれていますが(地域によってはそれら「反日フルコース」の場合もある)、何が違うかと言って、一般の層が多いのか、富裕層が多くを占めているのか、その違いはあると思います。
 ですから東京・上野は豪勢なビルを林立させるほど、在日朝鮮人社会の中でも富裕層が密集している。日本社会への侵略・支配の最たる成功型が表われていると言えるでしょう。

 ここに日本社会の実情をお見せしますので、これが実情であり、彼ら在日こそが支配者であることを知ってください。
110725_1826~01110725_1822~01
110725_1827~01110725_1826~02
 現在は士農工商の正反対に「商工農士」の時代なので、在日でもなれる商人になって在日がチカラを持つのは当然です。好き好んで「士」になる在日はいませんし、帰化して国会議員という士になり、「韓日友好の架け橋となる」などとワケの分からないことを言っていたハクシンクンのような輩もおりますが、在日社会の使いっ走りと見たほうが良いでしょう。
 結局は用心棒として使われる警察と同様、在日社会とりわけパチンコ屋の権益を守るために奔走させられます。
110725_1821~03110725_1834~03
 夏前、都内各所でパチンコ屋への節電を求める『パチンコ屋は節電に協力しろ!緊急呼びかけ委員会』渡辺昇代表)はこのほど団体の名称変更をして新たな形で節電活動の再スタートを企画しています。私はこの行動を支持しますし、賛同もします。しかし、節電云々を言っている場合でもなく、そうこうしている間に夏も終わっちゃいます。

 もうパチンコ問題は日本人を蝕み、その日本人から吸い上げた莫大なパチンコ・マネーが北朝鮮に渡っているので、この「血」の流れを止めろ−という段階に持っていくべきと考えます。韓国系もそうですが、日本人拉致を実行したテロ国家に違法ギャンブルの収益金が今以って送金されているなど許せたものではありません。

 先ごろ、民主党政権の外相・松本剛明は国際会議か何かの席上で、北朝鮮の外相と接触。
 この時に拉致問題を切り出したところ、相手方から「キミ、拉致問題なんてとうに解決済みだよ」と切り返され、何とも舐めた態度をとられました。

 「解決していない」「解決済みだ」という問答があったようですが、民主党政権にしてみれば首相・菅直人が拉致事件に関与した政治団体への献金問題で追及されている時期であるだけに、拉致問題で何らかのパフォーマンスを見せる必要性に駆られたものでしょう。

 自民党政権でも到底信用できませんが、民主党政権だと尚更。菅直人は国会で政治献金問題について公式に謝罪しましたが、菅政権が何を言おうと何をやろうと、このパチンコヘの規制に取りかからない限り、とてもではないが信用できるものではないし、拉致問題への真摯な取り組みとは言えませんね。
 まぁテロ国家との関係どころか、「朝鮮系テロ政権」そのものの菅内閣には何を期待しても無理でしょう。

 しかし、逆に言うと朝鮮系テロ政権だからこそ徹底的に追及する絶好機でもあるのです。菅・民主党が勝手に転ぶ「敵失」を待っているだけなら、野党になっても相変わらずリベラルなままの自民党と何ら変わらないじゃないですか。
 だから自民党にも民主党にもくっ付いている保守団体は自民党や民主党などの既成政党と完全に手を切るべきなんですよ!

 自民党にせよ民主党にせよ、表向きは勇ましいタカ派発言で知られる議員センセイでも裏では『部落解放同盟』など同和・部落勢力にはペコペコだということも珍しくありません。つまり同和・部落勢力とベッタリな既成政党にベッタリな保守団体というのは、同和・部落勢力と直でベッタリだと言えます。
 言うまでもないことですが、同和・部落勢力と在日勢力もベッタリでほぼ一体です。

 これでは拉致問題とイコールで関係するパチンコ問題にも保守・右派が厳しく斬り込めるはずがありませんね。

 現在の民主党即ち朝鮮系テロ政権とは、その対極に位置する「保守・右派層の在り方」を問うています。自民党がどうだとか、そんな問題じゃないんです。保守・右派層の日本人がどういう国家・民族社会の在り方を求めているのか。
 拉致問題からパチンコ・在日問題、同和・部落利権の問題…結局のところファシズム・極右軍事政権しかないでしょという結論に至ります。

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


110725_1833~01110725_1822~02

110725_1834~01110725_1835~01
110725_1836~01110725_1837~02

☆画像ご紹介! IN東京・上野 朝鮮人ゲットー

110725_1824~02110725_1841~02

ハングルで書かれた怪しげなキリスト系教会と朝鮮料理屋
110725_1824~01110725_1838~01
110725_1838~02110725_1838~03
110725_1840~01110725_1841~01
−−− −−− −−− −−− −−− −−−
至言!

人気タレント・ナイナイ岡村隆史への脅迫犯が逮捕!

後絶たぬ芸能・著名人への脅迫は匿名掲示板『2ちゃんねる』が温床!

市井の人々の間でも横行する脅迫状送付など陰湿な犯罪摘発強化を!

何らの予告もなく大胆に行なわれた北欧の極右テロよりも卑劣である!

信念に基づく大義を掲げたテロではなく陰湿な犯罪生む温床2ch潰せ!

no_2ch_0

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

  
Posted by samuraiari at 22:23このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

平和・安全なる盲信覆せ!

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


ノルウェー極右テロへの支持声明

大量殺戮が起きて当然、強固な信念が寛容なる「偽善」打ち砕く!

clip_image001

 90名超の犠牲者を出したノルウェーでの極右テロへの人々のショックは計り知れないようだ。
 ノルウェー含め欧州各国が深刻な移民問題に直面していることは再三述べられているが、私たち現代人はどこの国・民族であれ、流入・定着した異民族との「民族紛争」の時代に突入していることを正しく認識しなければならない。

:関連エントリー「激震!! ノルウェー極右テロ」
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51766924.html

 24日付の産経新聞では「なぜ『平和の国』で大量殺戮に及んだのか…」なる文言が決まり台詞のように踊っていたが、そもそも欧州が平和・安全と捉えることのほうがどうかしているのであって、スラム街出現や暴動頻発などの社会不安に対し極右政党が躍進するなど、軋轢・衝突が増幅している欧州各国の現状が「平和な国…」とは言い難いのである。

 際限なく押し寄せる移民・難民にヨーロッパの国々は寛容だなどというのは偽善も甚だしく、そのような言葉で着飾ったところで、問題が増幅すれば今回のような大規模テロという形で暴発するリスクを常に孕んでいる。寛容な社会への憎悪…という結論で片付けられるような問題ではなく、大量殺戮を目論んだテロは起きたとしても何ら不思議ではない。

テロ容疑者 全世界にニュース配信され、「極右ショック」を与える犯行に及んだアンネシュ・ブレイビク容疑者(32)は調べに対して、「行動は残忍だと認識しているが、必要だったと考えている」と供述。

 同容疑者は事件前、インターネット・サイトの『フェイスブック』などにイギリス思想家J・S・ミルの警句を借用した「信念を持った1人の人間は利益にしか関心を持たない10万人に匹敵する」とする文言を書き込んだりしていたようだが、事実、これまで移民問題に関心を向けることなく、ただ事件を受けて犠牲の大きさに悲しみに暮れている人々の心意気など何の意味も持たない。

 強固な信念を持ったアンネシュ容疑者の行動のみが先進国共通の移民問題(民族問題)に大きな一石を投じたものであり、その信念に基づく「行動」が寛容などという偽善を打ち砕かんとしている。

 日本も同様!
 ろくに政治・社会問題には目もくれず、個人の、それも目先の小さな利益にしか関心を持たない人間はゴマンと存在するが、信念を持った人間というのは極少である。

 よく平和で治安大国などと称される日本だが、一歩離れて見ればまったく平和でも安全でもないことにすぐ気付く。

 横田めぐみさんはじめ北朝鮮に拉致された日本人は事件発生から数十年かかっても奪還することが出来ていない。これは拉致事件に限らず、日本人が一たび外国組織に関わる事件に巻き込まれれば国家が救ってはくれないことを意味している。
 金銭の利益で言うなら、「同和対策事業」によって膨大な血税が『部落解放同盟』など部落・同和勢力によって食い物にされている事実には誰も公然と言及しない。

 その部落・同和勢力を筆頭に、拉致事件に加担しているばかりか日本人からパチンコ・マネーを収奪している在日朝鮮人社会は結託して日本に寄生しており、このような反国家勢力に牛耳られた国家社会のどこが平和で安全なのか。

 それでも安全・平和を盲信して、自身の利益にしか関心がないと言うのであれば、そのような人間から死んでいけば良いし無慈悲に殺されれば良い。ノルウェーのような大事件が起きて初めて泣いたところで文句を言えた筋合いではない。

 アンネシュ容疑者は20歳前後の頃に極右思想に傾倒。99年には当時、移民排斥を主張して脚光を浴びていた極右政党『進歩党』党員にもなった。
 日常生活では極右的な主張を口にすることはなかったようだが、ネット上では打って変わって「このままではノルウェーはイスラム教徒に乗っ取られる」として移民排斥の主張を展開。進歩党については「理想を捨て安易な多文化主義に走った」と批判していた。

 日本でも自民党を支持していることこそ保守だとか、極端な排外思想で敵愾心を剥き出しにした闘争ではなく、優雅さに洗練された運動こそ保守運動だとか、勘違いした輩が少なくないようだが、本来的に保守こそ排外主義極右翼であらねばならない状況というのは部落・同和と在日の存在からも明らかである。

 欧州でのイスラム系移民問題をいくら云々したところで、極東アジアに位置する日本人からは遠い国の出来事にしか過ぎず、テレビの液晶画面を通じた話でしかないだろう。そのため以下に記した日本国内の実状からノルウェーの移民問題を考えて頂きたい。

爆弾

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


潜入リサーチ 再び群馬・大泉のブラジル人天国へ!

もはや抗議・デモでも動かせない「社会不安要因」の増大!

ML_201107241625000ML_201107241717000
写真上:カーニバルと町中の様子

写真下:遅い時間帯になってくるとブラジル人ヤンキーもぞろぞろ集結
膨大な数のブラジル人による一つのコミュニティであり、
この数を圧倒する日本人で異民族社会を抹殺しにかからなければならない!
ML_201107241820000ML_201107241631000

 平成23年7月24日(日曜日)、私ども『NPO外国人犯罪追放運動』のメンバーは1週間前の17日に引き続いて、再び群馬県の大泉町に赴き、在日ブラジル人社会の実態を追ってきました。

:関連エントリー 「ブラジル人天国」へ降り立つ!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51765450.html

 この日は地域でカーニバルが開催されており、日本人もブラジル人も寄り集まって非常に盛況であったわけですが、この祭りの最中にも日本人とブラジル人の「共生」がとても実現しているとは思えない実状が報告されました。

 日本人は日本人、ブラジル人はブラジル人のみで固まり、もともと日本の町中であるというのにブラジル人の群れの中ではその熱気に圧倒され驚嘆したと言います。これは実際に経験してみないと分からないものでしょう。

 在日外国人の中でも支那人(中国人)・朝鮮人に次ぎ、3〜4番目をフィリピン人と競うくらいに多い在日ブラジル人。
 もはや日本社会の中で同和・在日と同様に「まったく異質な共同体」が群馬県内においても形成されているわけですが、これは自治体なり国に抗議してどうにかなるレベルの問題ではありませんし、デモ集会などでブラジル人に直接申し入れたところで動くレベルの問題でもありません。

 祭りを通して日本人とブラジル人間で何らかのトラブルがあったというわけではありませんが、問題は「ただ存在する」ということなのです。

 理屈で言うほど簡単には融合しないし、絶対に溶け合うこともない。だからまったく別々の共同体を構築しており、それが祭りでも顕著になったわけです。融合しないということは互いに離間し合ったままということで、反目し合い、いつの日か大規模な衝突に発展することは自明ですが、むしろ、そうならなければ(戦争しなければ)打開策はありません。

 日本は平和で安全だと言う人もいますが、そんなことは運良くまだ犯罪に巻き込まれることもなく、外国人との近隣トラブルを抱えたこともなく、ノー天気にのうのうと暮らしているから言えることです。実際にブラジル人による強窃盗・殺人・強姦などの凶悪事件は続発していますし、私どもNPO外追には国際結婚詐欺など知能犯罪の相談も寄せられました。

 そうした数々の事件というのは在日ブラジル人社会が存在しているから起きるものであり、そうした社会不安要因を既に抱えてしまい、それが日々増幅・増大しているのです。

 日本人とブラジル人、双方の不信感は増す一方で人為的に造られたモザイク国家ならいざ知らず、共生を強いられる謂れはないのだからブラジル人の側こそ全面的に日本社会に沿うべきです。しかし、そうはならない。ならば出て行けという話になりますが、そうそう簡単に追い出せるものではありません。とするならば、いっそどちらが日本で生き残るか、最終的には殺し合いをするしかありません。

 テロは確かに残忍で凄惨です。しかし、涙に暮れていることに何の意味もないことはお分かりでしょう。必然的に起きるものであり、欧州も日本も、大規模テロが起きたとしても当然の「戦争中」を生きているのです。

 同じく移民問題(民族問題)を抱え、それを迎え撃つ側の「原住民」「現地人」としての立場からノルウェー極右テロに最大級の賛辞を贈るものです。

 同和・在日朝鮮から合法・不法を問わず支那人そしてブラジル人・フィリピン人問題を抱える日本もいずれそうなりますし、国家・民族としてそうあらねばなりません。

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

至言!

人権侵害救済法案とは廃止された同和立法の代替法なり!

いっそこの危険法案を国会審議で大論争に持ち込むべき!

同和勢力そして法案が標的とする『2ちゃんねる』の是非を問え!


no_2ch_0

侍蟻を応援クリック!
 
応援クリック宜しくお願いします!


  
Posted by samuraiari at 04:11このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 調査活動 

2011年07月23日

激震!! ノルウェー極右テロ

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


「北欧の9・11」 死亡者90名超!!

移民増長の一方、政治への無関心が凶行と大惨事を招く

ノルウェー2ノルウェー3

 7月22日、ノルウェーの首都オスロの政府庁舎で大規模な爆弾テロ事件が発生。周辺はあたかも大地震と火災によって建物が倒壊したかのような惨状となり、多数の犠牲者が搬送されるショッキングな映像が全世界に配信された。

 それから約1時間後、首都郊外で行なわれていた与党集会にて警察官のような格好をした男が銃を乱射するという事件が発生。男は人々に整列するように命じ、平然とした表情で発砲したという。

 両事件合わせて死亡者は90名超という大惨事に!

_54227431_54227430 同時多発テロ、連続テロと聞けばイスラム過激派による犯行を連想しがちだが、逮捕されたのはノルウェー人のアンネシュ・ブレイビク容疑者(32)。
 同容疑者は極右団体やキリスト教原理主義との関係も指摘されており、今後、背後関係についても捜査は進むものと思われるが、もし単独あるいは少数の犯行とするなら世界史に刻まれる規模の被害・特異性と言えるかも知れない。

 事件発生の場所についても言える。ノルウェー、オスロと言えば「治安が良い」「平和な街」として知られていて人々はショックを隠し切れないようだが、「安全」「平和」との定評があるから何事も起きないとは限らない。

 むしろノルウェーにおいても今回のような凶行が発生する「土壌」というのはあったのである。

clip_image001
 欧州各国がイスラム系移民の増加・増長に悩まされていることは常々言われていたが、ノルウェーとて例外ではない。

 移民に悩まされるノルウェーではフランスの国民戦線(ルペン党首)やオーストリアの自由党(故ハイダー党首)などと比較される極右政党・進歩党が01年総選挙で165議席中26議席を獲得するなど大躍進。当時、イギリス新聞は「第2次世界大戦後、初めてノルウェーで極右が大行進」と報道。
 「社会混乱や経済混乱の多くは移民がもたらした。ナイーブになっていたら何も解決出来ない」とする強硬路線が脚光を浴びた。
 なお、ノルウェー極右勢力は09年の総選挙でも大躍進。一方では08年に初の移民出身の大臣が誕生するなど移民問題は相当に深刻であったことがうかがえる。

 こうした北欧の実状に鑑みれば、この国で何が起きたとしても不思議ではない。ノルウェーだのスウェーデンだのデンマークだのと聞けば「福祉と人権の先進国…」などと思いを馳せ、何事も起きないと考えているほうがどうかしている。
 これら北欧での極右・排外主義の躍進に「幻滅した」とする日本人の探訪記がブログでも散見されるが、それは当該国への一方的な「幻想」に過ぎない。

 どこも実状は日本人が想像しているようなクリーンなイメージとは程遠く、「なぜ?」「どうして?」と考えるのは平和ボケの証左だろう。

 考えてもみよ。イスラム過激派が世界各地でテロ事件を勃発させている現状に対して、反対の勢力の側から大規模テロが引き起こされたとしても不思議ではない。

 事は欧州をめぐる白人VS非白人・移民の衝突であり「戦争」である。
ノルウェー1
 移民問題が増幅しているから極右が躍進したなどと驚いている場合ではないし、喜んでいる場合でもない。むしろ極右がとうに政権を獲っていて当然の状況だというのに、日本と同様、愚かな有権者によって移民受け入れに有効な対策を打てないでいる現政権が選択された。結果、政権政党に対する不満・反発が今回のような大規模テロ事件を誘発した。

 現在の日本に置き換えてみても分かりやすい。
 民主党政権でやれ外国人参政権だの移民の受け入れが議論され、外国人留学生や生活保護申請者への公金支出は一向に歯止めが利く状況にはないが、これは自民党政権時代から続いてきたもので、仮にここで自民党に政権交代したとしても状況は変わらない。

 こんな状況で仮に新党結成、政界再編で「極右政党」が誕生したとしても、せいぜいがガス抜きくらいにしかならない。手厚い外国人保護が改められるどころか、ますます外国人への門戸開放が進む一方だろう。
 それが証拠に、在日朝鮮人が大部分を支配するパチンコは官僚・政治家による利権世襲制度の下で野放しにされたままであるし、在日朝鮮人の特別永住資格という「入管特例法」が国会で問題にされたことはない。

 挙げ句の果てには長年にわたる不法入国・不法滞在を続けていた外国人にまで在留特別許可が濫発される始末。

 もはや「極右軍事政権」でなければ何事も解決し得ないというのに、保守層からして「民主党が」「自民が…」といったレベルでの戦いに終始。ましてノンポリ層などはさらに低い次元。

 実際のところノルウェーでもこと外国人問題に関しては日本と似たり寄ったりの状況ではないだろうか。

 極右政党が独裁体制を敷いていて当然のところを今以ってそれが達成されていない人々の無関心が「北欧の9・11」と称すべき大規模テロ事件を招来した。

 欧州・北欧の移民問題が遠い国の出来事、対岸の火事としか見ていなかった日本人は今回の北欧9・11を同様に他人事と見てはいけない。

 在日朝鮮人はじめ外国人の増加・増長の一方で反発が増幅されており、それがやがてテロとして暴発を起こし、必ずや無関心層の我が身に跳ね返って来ることだろう。
 「なぜ(単一民族と思っていた)日本で?」「信じられない!」と驚いてもその土壌は現在、着実に育まれているのである。

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

☆画像ご紹介! 7・23 在特会


人権擁護法案反対デモ IN東京・秋葉原 約60名が参加!
110723_1528~01110723_1529~01
段々と近づいて来たデモの隊列(上下)
110723_1529~02110723_1529~03
「在特号」を先頭にデモ隊登場!(下)
110723_1529~04110723_1529~05
八木康洋副会長が率いるデモ隊(下)
110723_1529~06110723_1530~02
電脳都市を堂々行進!
110723_1530~03110723_1531~03
アキバのデモもすっかり定着
110723_1531~01110723_1532~01

至言ご紹介!

保守は保守のままにトドまるな! ネット右翼はネット右翼にトドまるな!
2ちゃんがなかったら嫌韓が無いと思う人は2ちゃんに影響された人であって、
本でもって嫌韓に目覚めた人もいるし、実社会で嫌韓になった人もいるわけで、
何よりも実社会から流れる情報がネットなり本になるわけです。
それに、嫌韓や嫌中でしか保守を名乗れないレベルが今居る大多数の保守であるわけなので、
それ以上の成長が見られなければ2ちゃんがいくら嫌韓を広めてたとしても評価できません。
だって、保守って左翼と変わらず日本の邪魔ばっかしてますから。
Posted by みたいな実 at 2011年07月23日 13:18
−−− −−− −−− −−− −−− −−−
no_2ch_0


侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

  
Posted by samuraiari at 21:57このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月22日

在日の弊害を徹底して伝えよ!

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


火蓋が切って落とされた新たな情報戦!

全ての日本人が犯罪者か、全ての朝鮮人が犯罪者か?

 インターネットから派生した「行動する勢力」は平成19年夏ごろより各地におけるデモ・集会など街頭行動を展開させてきたが、現在では「排害(はいがい)運動勢力」とも称する行動する勢力で一翼を担う『日本の自存自衛を取り戻す会』金子吉晴代表が以前、街頭演説活動での「統計」について興味深いデータを示してくれたことがあった。

 街頭演説で最も道行く人々の関心を惹く(立ち止まって聴き入る)のは「経済問題」であり、要するに自身の生活にも直結する「景気」だという。

 対してインターネット動画サイトで演説の様子などを流した場合、最も反響が高いのは在日朝鮮人など「朝鮮問題」だという。

 これが一般的な国民世論と、所謂「ネット世論」と言われるものの差であり違いであると思わされたものだが、金子代表は加えて「どんな問題でも経済にリンクさせて主張しなければダメだ」とも話す。

 特別永住資格という他の外国人にはない「特権」を享受する在日朝鮮人問題が日本経済と日本人の生活にリンクする問題と言えば多様であると思うが、その最たるものが21兆円産業と言われるパチンコの存在であり、在日朝鮮人が優先的な生活保護を享受する一方で日本人の生活困窮者が餓死・病死している公金支出の問題が挙げられよう。

 朝鮮民族学校への補助金の支出もまた然り。そんなカネがあったら日本人の生活に一円でも多く回せ。

 一般的な国民世論と、所謂ネット世論と言われるものの乖離は即ち「インターネットの台頭」を意味している。それまでは一般的な世論しかなかったところへ、不特定多数が瞬時に情報発信・交信を行なうようになったインターネットの登場により、そこで世間ではタブーとされていた「在日朝鮮人問題」が議論されるようになった。

 その元となったのが匿名掲示板サイト『2ちゃんねる』でのものであろうが、ネット社会が出現すれば同和であろうと、在日であろうと世間で口を噤まれる問題でも議論が交わされるようになるのは必然で、仮に2ちゃんねるが存在しなかったとしても他のどこかがその機能を果たしただけの話で、2ちゃんねるが存在したから日本がどうというわけでもない。

 それはともかく、在日朝鮮人問題がタブー視されない情報空間の出現・台頭には大きな意義があったと思う。それが勢いあまって、著名人なら生粋の日本人でも誰彼なくネット上では朝鮮人にされてしまうデマ・偽情報が頻繁に飛び交っているが、そうしたデメリットを差し引いても意義がある。

 そのネットから『在特会(在日特権を許さない市民の会)』という全国規模の行動団体を誕生させた意義も大きい。

7e3536b497c41bff8da1316e54f00f63 一番最近の例では平成19年3月、千葉県市川市のマンションで英国人英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)を殺害し遺体を遺棄した上、捜査員の追跡を振り切って長い逃亡生活と整形手術の末に逮捕された市橋達也被告(32 =裁判員裁判の1審判決で無期懲役=)が「朝鮮人だ」とする情報が飛び交っている。実際に街頭での朝鮮人排撃デモで道行く人々にそのように訴えかけているのを耳にもした。

 私には真偽のほどは分からないが、市橋被告が在日朝鮮系であるか否かなど重大な事柄ではなく、問題なのは同種の凶悪犯罪の数々が在日朝鮮人によって引き起こされているという「事実」であり、それが通名(日本人名)報道によって全て日本人の凶行であると世間に伝えられていることである。

 暴力団による組織犯罪などはその最たるものだが、事件に関わった構成員の氏名がニュースで伝えられたとしても、朝鮮名の本名と国籍が正しく報道されなければ組織暴力団の構成員に占める外国人(在日朝鮮人)の多さは示せない。

 ネットでは誰でも何でも朝鮮人で、言われた本人にとっては迷惑なことかも知れないが、在日朝鮮人によって治安が悪化した事実を伝える観点から「朝鮮人悪玉説」の風潮・横行は決して悪いことだとは思わない。
 市橋被告が朝鮮系ではなかったとしても、同種のセンセーショナルな凶悪事件で在日朝鮮人でありながら日本人であるかのように報じられてきたことのほうが重大な問題なのである。

 あれは今から15年前の平成8年、当時『国家社会主義者同盟』なる政治団体に属していた私は、一歳下の山之内龍(仮名)という後輩が頻繁に在日問題を説いていたことを思い出す。
 当時、私が21歳で、山之内が20歳。

 何せこの山之内、「韓国が大嫌い!」だから好きだったキムチも「食べない!」という徹底ぶりで、聞いていた私は「嫌いなら食べることはないが、好きなら食えよ」と思っていた。
 当時はニューカマーや不法滞在とされる外国人問題に主な焦点を絞っていたものだが、とにかく山之内が口を開いて外国人問題に言及すれば在日、在日、在日
 私などは「在日朝鮮人に苛められたんじゃないのか?」と笑っていたものだが、今にして思えばまだインターネットも無かった平成8年、要するに山之内などは現在で言う所謂「嫌韓流」や「ネット右翼」のハシリだったのだろう。

 それから約10年を経て本格的なネット時代が到来した頃、私はこのブログを書くことになったが、そこでもコメント欄には在日、在日、在日の意見が頻繁に寄せられるように。
 読んでいた私は「この人は何を在日、在日、在日と言っているんだろうか?」と訝しがっている内に、いつの間にか自分こそが在日、在日、在日と言っている立場になっていた!

 …結局、ネットもやらない旧時代の人には何を言っても在日問題は浸透しない。だから新時代というのは日常的にネットに触れる人々でつくっていかなければならない。私はそれを自身の経験を通じて実感している。

 ネットに触れていても政治・社会問題に触れなければ在日問題にも触れない人もいるし、ネットと政治・社会問題の両方に触れていても在日問題に対するスタンスには大きな隔たりがあったりするのを実際の保守運動を通じて目の当たりにしたものだ。

 だから私などは、一般世論と所謂ネット世論の乖離がますます進行しつつあるからこそ、いかにしてネット世論によって一般世論を併呑させるかに主眼を置いている。それにはネット世論の信憑性を高めていく意味で、「誰々は在日朝鮮人」と言えばネット上においてさえ「どうせまた2ちゃんねる情報」と一蹴されるような状況は断たねばならず、そうした観点から2ちゃんねるのようなサイトは撲滅すべきだと考えている。

 市橋達也が朝鮮系であるかどうかの出処も定かではない情報など然るべき立場の者が戸籍なりを確認して把握していれば良いことで、そのような凶悪犯罪者の個人情報などどうでも良い。
 朝鮮系であれば氾濫するネット情報が裏付けられただけの話で、そうでなかったとしたら何にもならない。

 要は通名報道によって朝鮮人の犯罪が日本人によるものと摩り替えられ、そうした外国人犯罪の一方で、警察官や教師の不祥事・ハレンチ罪ばかりが強調して報道されている事実こそが問題なのである。

 あたかも日本人が凶悪化・変質しているかのようなマスコミ報道がある一方、凶悪犯・変質者の全てを在日朝鮮人ほか外国人の仕業として氾濫する情報があって良いだろう。

 「一犬虚に吠えれば万犬実を伝う」という言葉があるが、日本人がその手法によって今日もなお悪玉に仕立て上げられているように、朝鮮人の悪辣さと在日社会による弊害という「事実」を伝えるには悲しいかな、凶悪犯・変質者は全て朝鮮人に仕立て上げていくしかないのが現実なのである。

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


☆画像ご紹介 東京・荒川区における異文化侵食!

110722_1515~02
私の自宅から自転車で10分くらいのところにある荒川区の朝鮮民族学校

 東京のコリアン・タウンと言えば赤坂が有名ですが、
赤坂が西側のコリアン・タウンなら東側のコリアン・タウンは荒川区。
 この辺りは09年都議選の時、反創価・反公明のチラシをポスティングして回りましたが、
創価信者と激しい攻防戦を繰り広げたことを思い出します。

 
赤坂も「創価と在日の乗り入れライン」と言われますが、
荒川区も同様と言えるでしょう。
 
しかし、生まれも育ちも荒川区の人に言わせれば
「半分は敵かも知れないが、半分は味方だと思っていい。
悲鳴や怒声をあげれば誰かが必ず出て来る。
荒川とはそういうところです!」
と誇らしげに語る。

 
事実、荒川区は良いところです。
雰囲気的に大阪に似ているところがあるなと思い、
私などは懐かしさを覚えました。
110722_1519~01

110722_1507~01
この地域でもパチンコ店だけは盛況です

110722_1507~02
節電とは名ばかり! 月にたった3日休んで節電に協力!? 全休して当然だろ!

110722_1507~03
相変わらずのパチンコの文化侵略!

110722_1510~01
韓国系の朝鮮料理店

110722_1511~02
キリスト教会があると思ったら…
やはりハングルでフェスティバルの案内が!
110722_1511~01
110722_1511~03

110722_1512~01
ゴミ出しの案内にはお約束の英語、支那語そしてハングルの併記が!

110722_1515~01
これまた韓国系の怪しげな仏教施設が!
北系の朝鮮学校近くです。

110722_1516~01
またまたキリスト系教会
朝鮮学校の真横

110722_1518~01
そして再び朝鮮学校の門前に…。


京都の朝鮮学校では隣接する児童公園を不法占拠し、
バックネットもない公園でサッカーの練習をするなど、
周辺住民への安全を考慮しない横暴ぶりが指摘されていましたが、
東京・荒川の朝鮮学校ではグラウンドもバックネットも揃っています。

きちんとしているじゃないか…などと評価する勿れ!!
 

全て揃っているということはそれだけ荒川区から補助を受けて、
学校にも値しない教育施設が学校並になっているということですよ!


何やってんだ、荒川区長の西川太一郎!!

公明に土下座して得た区長の座は居心地が良いですか?

写真撮影とリサーチのため周辺を自転車で何往復もしていた私の姿は
荒川区民の皆さんにはさぞ不審に写ったことでしょう。

途中、米屋のオジさんが店前まで出て来て、
かなり正確に人相から服装まで覚えられているはずです(汗)!

さすが荒川区、防犯意識も高いですよ。
それでも最後まで警察官が職務質問に来ることはありませんでした。

通報しないでくれた荒川区民の皆さん、どうも有り難う!

☆ご報告 パチンコ告発

 私ども『NPO外国人犯罪追放運動』も告発人に名を連ね、
『日本の自存自衛を取り戻す会』(金子吉晴代表)が中心となって
東京地検に行なったパチンコ告発は、
金子代表のブログでも報告されております通り
不受理とされました。
http://ccp58800.blog25.fc2.com/blog-entry-664.html
 そのため、今度は検察審査会に「審査申し立て」を行なっております。
7月13日に審査申し立てを申請し、14日付で受理書が送られて来ています。
http://ccp58800.blog25.fc2.com/blog-entry-680.html
−−− −−− −−− −−− −−− −−−

no_2ch_0

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!

  
Posted by samuraiari at 22:33このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本の極右軍事大国化を考える

 侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


菅・現政権への在るべき倒閣運動

『よーめん親衛隊』(日極会)構想の本格再始動を提言する!
 
127282515126716421216_f009125220100117001812
a2ceed09542678d7

 平成23年7月21日、衆院予算委員会にて自身の資金管理団体『草志会』が日本人拉致事件容疑者に関連する政治団体に献金していた問題について、首相・菅直人「団体が拉致事件と関係があることを知らなかった。当該の政治団体と連携活動をしていたことについて大変申し訳なく思う」と謝罪した。

:関連エントリー 菅・民主党への死刑判決
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51759855.html

 こうした謝罪と関係しているのか、同日のインターネット上では「菅内閣が総辞職」なる情報が飛び交うなどしていたが、保守派には往々にして「菅直人さえ辞めれば…」「民主党政権さえ引きずり下ろせば」どうにかなると思っている傾向が見られる。

 民主党が、自民党がと言う前に、どちらかが(あるいはどちらも)政権に絡むことは間違いのない二大政党の背後に存在し、戦後は元より明治以降の議会体制において隠然と支配力を及ぼす「部落・同和勢力」の一掃にチカラを傾けるのが保守としての真髄であるというのに、現行の議会体制を絶対のものとしているところが保守勢力の欺瞞性である。

 長らく続いた自民党ではダメだから、「生活が良くなる」という下衆で底辺の発想から現代日本人が選択したのが民主党政権ではなかったのか?
 自民いや民主、やはり自民…いや国民新党? はたまた、みんなの党? そんな消去法的な選択をせざるを得ないよりも、誰しも「極右軍事政権」「一党独裁軍事政権」という選択肢があれば、遅々として物事が進まない現状よりもそちらを選択するのではないだろうか?

 その選択肢が無いがゆえに妙な政党でも選択せざるを得ないのであって、人々の潜在意識の中には極右軍事大国…という選択肢を渇望しているような事態がここ数日間にも横行している。

 菅直人が国会で謝罪した21日、沖縄県の那覇検察審査会は、昨年9月に発生した支那(中国)漁船衝突事件で支那人(中国人)船長(42)に対する公務執行妨害、建造物損壊など3つの容疑について不起訴とした那覇地検の処分について、起訴すべきだとする2回目の起訴議決を下した。

 容疑者の船長は早々と帰国させてしまっているというのにまったく意味のないことだと思うが、これには沖縄沖で消息を絶ち、機体の残骸が発見された航空自衛隊F−15戦闘機が実は一部で噂されるように「撃墜された」のが真実であるため、そこから世論の関心を逸らす目的があったのではないかと穿ってしまう。

 先ごろ、これまで『人気ブログ・ランキング』政治カテゴリーの中でも穏健派と思われた保守ブロガーでさえ東日本大震災と原発事故、そして安全保障にかかる民主党政権の隠蔽体質から「もう軍事政権以外にない」とまで言い切った。
 事態はここまで来ているのである。


極右・軍事・排外ではなく、現代日本人の「底辺の発想」

 考えてもみましょう。

 日本の周辺は支那・朝鮮のような軍事独裁国家ばかりだというのに、日本が同じく軍事独裁国家にならずして未来永劫の安定を保てると考えるほうがどうかしています。まして北朝鮮には(韓国もですが)多くの日本人を拉致されていながら逆に恫喝されて「てめぇ舐めてんのか、この野郎!」「ぶっ殺すぞ!」みたいに言われるのは本末転倒ですよね。

 支那、南北朝鮮、ロシア…そういった国々の実像は誰もが知りながら誰もが何も言いませんし、何も言えません。

 そこへ来ると移民問題に苦しむ欧州各国でどこか一国でも良いので物理的に消滅することにより、その衝撃から一斉的に一党独裁のファシズム政権が誕生すると望ましいのです。

:関連エントリー 国家消滅が民族再生の好機
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51765998.html

 何せ日本人は明治以降、無類の「欧米かぶれ」ですから。福祉だとか人権、共生の進んだ欧米の真似をしたくて移民受け入れがどうのこうのと云々していますが、これが逆に「欧州でファシズムの嵐…」となればそれに倣うのは必然的です。

 明治以降の日本は欧米の猿真似で「商人国家」としての道へ狂奔し、亡国であろうと売国であろうと、利益至上主義が遂に平成の世で極まってきました。

 スウェーデンでスウェーデン人を脅かし危害を加えるイスラム系移民のギャングもいつまでも街中で横暴を極めていないで、国会でも官公庁でもいつものノリで乗り込んでスウェーデン国家を物理的に消滅させ、自らの「帝国」でも「王国」でも何でも名乗ってくれれば良いでしょう。
 大量殺戮と国家消滅という急迫不正の事態に対して欧州全土がファシズム化、その余波は必ず日本にも及びます。

 欧米かぶれの逆手をとれということですが、「極右軍事政権」という選択肢を潜在的に意識しながら非現実的であるから民主だとか自民だとか、鳩山か菅か小沢か、あるいは谷垣か…なんていう低次元レベルでの選択をしなきゃならんのです。

 まさしく、そういう「底辺の人間の発想」に陥らざるを得ないのです。

 不法滞在のフィリピン人が長らく在留資格もないまま日本に暮らしていながら一家揃っての特別在留を求め、周りの日本人が学校まで含めて振り回される羽目になっていますが、こんな時に法に沿ってビシッと強制送還が執行されればマスコミを通じて日本人が無駄に頭を働かせ、妙な考えに囚われる必要もないのです。

 不法滞在が良いか悪いかを問うまでもないように、極右軍事政権が良いか悪いかを問うまでもなく、そんな議論を延々と続けるのも底辺の人間がやることです。だから匿名掲示板サイト『2ちゃんねる』に入り浸って「ねらー」になっていてもインターネットはチカラを持たないし、何も変わらないのです。

 そのビシッとが自民党でも民主党でも出来ないことは明らかで、それを執行出来るのは極右軍事政権以外ないのですね。法に沿ったことも執行出来なれければ執行官の責任者が処罰(昔なら切腹)され、きちんと法が執行される世の中になれば国家社会は決して乱れません。

 保守・右派層は憲法改正案が好きですが、憲法が云々の以前に重大なのは「極右軍事政権であらねばならん」という常識が根付くか否かです。

 欧州各国と同様、人的資源をはじめ様々な財産を外国の侵略から守ろうとするなら、それがきちんと出来ていた明治以前の「攘夷三百年間」に倣えば良いのです。それが前時代的な古びたものとする発想はファシズムが既に葬り去られたものとする発想と同様、底辺の人間の発想に陥ってしまうでしょう。
 それを否定して「自己限定観」に囚われたままなら、自民か民主か、菅か谷垣か…という現状での低次元な選択しかないからです。

 では、誰が極右軍事政権化を言うのかとなると、それは次代の若者たちしかないのです。棺桶に片足突っ込んだお年寄りが言っても「過去の怨霊か」ぐらいにしか思われませんが、次代を生きる若者たちが主張するから原動力足り得るのです。

 クーデターによる極右軍事政権を提唱した『よーめん親衛隊』というのが存在します。同盟ブロガーの妖面さん(『この国は少し変だ!よーめんのブログ』)が提唱し始めたものですが、志を同じくする者として本格再始動を期します。

f4457bd4
2010.2.7 よーめん親衛隊「説明会」(エントリー中盤より)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51464690.html
−−− −−− −−− −−− −−− −−−

no_2ch_0

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!
 

  
Posted by samuraiari at 01:30このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック