2012年06月26日

売国奴の「化身」に告ぐ

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆近代を歩んだ先人罵倒の勇気持て!

古きよき時代、過去の遺物・情景として全てを切り捨てよ

2

 消費税率引き上げ関連法案を柱とする一体改革関連法案の衆院採決を控え、メディアが提供した話題は同法案をめぐる「造反劇」一色であった。同法案は与党から造反者を出しながらも26日に民主・自民・公明など三党の賛成多数で衆院通過、参院で可決・成立する見通しである。

 消費税増税などはかつて3%が5%になった当時、いや、消費税なるものが導入された20年以上も前より指摘・予想されていたことである。

 それにしても増税を主導する民主・自民などの与野党に対し、反対を表明している議員の頭目格が「政治とカネ」問題の代名詞とされた元民主党代表・小沢一郎と、元首相・鳩山由紀夫とは虚しさここに極まるといった感だろう。かたや新党の結成をほのめかし、かたや離党するまでの覚悟は見せておらず、いずれも到底、国民の利益に与した者らとは思えない。

3 それにしても税率を引き上げなければ国が成り立たない、「厳しい処分はしないから造反しないで」と引き止めた首相・野田佳彦ら党執行部が不甲斐なければ反対派もロクでもないし、こんなことで右往左往している様は実に嘆かわしい限りではないか。

 自民党総裁・谷垣禎一などは民主党の採決先送りを牽制するためか、記者会見で「造反議員には厳しい処分を科すべき」旨を発言したが、増税即ち自らのパイの安定化(利権確保)のためには平然と民主党と合意・共闘に至る辺り、まさに利権分配集団として民主党と「兄弟政党」であることを示している。

 事は一体改革関連法案だから保守・右派の反応もイマイチだが、これが仮にネット右翼など所謂「愛国者」が過敏に反応する「反日法案」に関わる採決なら事態はどうなっていたのだろう。今回の増税をめぐる採決と造反劇はそのための「テスト・マッチ」であるように思えてならない。

 例えば、つい先ごろも浮上したようだが、「永住外国人地方参政権法案」が与党・民主党から持ち上がったとして、これに対して自称・保守の自民党は永住外国人の「帰化基準」緩和・簡素化に関わる法案を持ち出してきたのが常であった。

 かたや参政権を進め、かたや対極として帰化簡略化を持ち出す。売国に対して売国を防ぐようで、それ以上の売国をやるのだから、どちらに転んでも救いはない。消費税増税についても似たようなことが言えるが、推進する「主流派」に対して擬制的にでも反対派・造反者をつくり出すことで賛成、反対の対立劇を「演出」しながら、結局は増税に持っていく手法は卑劣である。

 造反者の面々も小沢…に、鳩山…と来れば増税に反発する国民の気勢も上がらない。参政権、帰化簡略化も然り、為政者たる議員・政党は自らの権益(利権、得票)のためには、きちんと民主主義のルールに則ってやりましたというポーズだけは整えて一応の説明責任は果たす。税の搾取を増やす今回の一体改革関連法案などはその格好のケースだろう。

 自民党が政権転落後、民主党の本部前では座り込みの退陣要求が市井の人々によって継続されているのは大いに結構だとして、野に下った自民党は保守色を打ち出してアピールしているものの、保守・愛国と言うには到底及んでいないのが現実ではないか。

 選挙権を与えるよりも帰化を届け出のみで容認しようというもので、曲りなりも保守の理念を提唱する政党でありながら民主党以上の「売国」ぶり。こんな政党に政権復帰を期したところで、何がどうなるのだろうか。

 先に、『吉本興業』所属タレントの河本準一らの親族が生活保護を不正受給していた問題で、これを追及した片山さつきら党所属議員を、党を挙げて全面的にバックアップして生活保護問題にメスを入れようという機運にはまるでなかった。

 生活保護を不正に受給して日夜パチンコに注ぎ込んでいるような人生の落伍者にくれてやるカネがあるなら俺(私)に寄越せ、もっと有効に使ってやると思っている人は多いだろう。

 その不正受給を暴いてくれた功績は大きいが、当の片山とて財務行政を担っている頃は防衛費削減などが指摘されており、果たしてどこまで有用な税金・予算の分配を行なっていたのかに疑問符が持たれている。

 もっとも防衛費と言ったところで、本当に有用な装備の購入・維持に投入されているのかは甚だ怪しい。日本の自衛隊が保有する最新鋭の兵器とて、実用的と言うよりも世界に対する一種のショー的な意味合いが否めない。

 尖閣諸島の防衛問題一つとっても、東京都による買い取りが寄付金の集まりなどによっても進められているが、近海からの資源(石油)採掘と度々行き交う中国艦船・工作船の駆逐が出来なければ何を購入して、誰が運営・管理に乗り出そうと何ら意味がない。

 このように何から何までが雁字搦め。国という体裁は整えているが、その実、国ではない。日本・日本人のようでその実、日本でも日本人でもない。さながら日本の衣をまとった売国奴の「化身」が日本人ヅラをして徘徊しているようなものである。

 先ごろ、『部落解放同盟』など同和団体に事実上、占有された状態にあった大阪市内10ヵ所の市民センターについて、同市長・橋下徹(大阪維新の会代表)は2年後に全廃させることを決定。これを「歴史的に終止符を打つべき」としたが、歴史的に終止符を打つなら日本の近代体制そのものである。消費増税をめぐって迷走している議会体制とも言えよう。

 現在の議会体制、経済(財界)主導の体制、同和の跋扈は明治以降の近代から始まっており、政財界はそこからの系譜が受け継がれている。本来なら恥じて忍ぶべき生活保護の受給が、不正にも大っぴらに行なわれている様は、カネになりさえすれば何でもアリの発想がついに隅々にまで浸透し切ったことを物語っていよう。

 これら全てをひっくるめて引っくり返さなければならないところまで、あらゆるものが行き詰まりを見せている。

 それには為政者が全否定されなければならない。現在の体制や為政者の礎をつくったのは「明治維新の元勲」「功労者」それら革命運動のリーダーが動くための資金を用立て、現在の財界の基礎となった幕末の豪商ら、ここからして全否定されなければならないだろう。

 例えば右左に関係なく、一般的にも圧倒的に人気の高い坂本龍馬や高杉晋作などはトンだ極左テロリストに等しいと…。

 確かに、それまで広く英雄的に思われてきたものを全否定…とは難しい注文かも知れないが、これまでの近代社会で専門書や文献、演劇や映画、ドラマ、漫画、ゲームにもなって、くどいくらいに繰り返し繰り返し、飽きるほどに賞賛され過ぎたものである。

 どこの国でもそうだが、革命によって今の体制をもたらした者らとその系譜を受け継ぐ為政者を礼賛している限り、次の新しい体制も時代もやっては来ない。

 約半世紀前、第2次世界大戦(大東亜戦争)を戦った先人らも、軍人が誉れ高いとされた時代に戦って散華した。戦後になって、それを罵倒する日教組のような輩が幅を利かせもしたが、それでも彼らの栄誉を守らんとして極左勢力に対峙した保守・右派の愛国者も多数存在した。…それで十分ではないか。

 経済・産業・景気・雇用、食糧、医療・福祉、安全保障・治安…。現在の在り様に閉塞感と限界を感じているのであれば、新たな体制へと移行する以外にない。

 どうせ自民党は次の衆院選でも勝てそうにないのだから、その中から誰かがクーデターでも煽って強行的に民主党を政権の座から引きずり降ろすようなことをやったって良い。

 いや、それを言うなら国政進出に含みを持たせている大阪維新の会代表の橋下徹か、『日本維新の会』を立ち上げた石原慎太郎あたりが提唱するのもアリだろう。どうせ老い先短いのだから、ここらで昔を思い出し、青嵐会以上に大暴れをして恋焦がれた総理の座でも目指してみては如何だろうか。石原あたりが騒げば決起するような自衛官も出てくるだろう。

 クーデターなどはテロや戦争と同じで政治の延長上にあるもので、為政者の間における主導権争いに過ぎない。莫大な資金ばっかりかかって下らない選挙をやるよりも、老いも若きも強行的且つ暴力的な手段で政権交代をやったって構わない。

 その繰り返しと応酬の先に、閉塞し切った近代体制・議会制度から脱した新たな体制、新たな時代が待っている。

 この6月、三笠宮家寛仁(ともひと)親王殿下がガンとの闘病の末、薨去(こうきょ)なされた。皇族としてご活躍されながら広く国民に親しまれたキャラクターの方だったと思う。
 皇族の在り方として言えば神秘性も何もないのであって、あまり望ましいとは思わないが、昭和から平成にかけて戦後という近代における過程ではあれで良かったのだと思う。

 近代社会における皇族としての在り様まで否定しようとは思わない。ただ、これからの時代では違った在り様が求められているのだろう。寛仁親王殿下の薨去はそれを象徴したように思えてならない。

 明治、大正、昭和そして平成にかけて近代国家・社会を生きた当世代の先人らは、その時代にあって最善を尽くされたと思う。

 あの時代には直面した事象に対し、それ以外の道はなかったが、今なら懸案事項の全てを「旧体制」のものとしてクリアすることが可能な時期・状況にある。

 クーデターによる政権交代・政変は為政者こそが志向し、日本人はさらに先を行って近代を脱した新体制を志向する。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

かつて暴力団から、次に不良外人から入手した麻薬は、

今や『2ちゃんねる』を通じて売買されるまでに至った!

2ちゃんねるに書き込む程度の感覚で麻薬売買が蔓延!

暴力団、不良外人、2ちゃんねるは撲滅すべき3セット!


douwa

埼玉・大宮の朝鮮学校
t02200123_0320017912045764888t02200123_0320017912045820738
☆さる地方の地域に根を張った異民族・反日工作員の養成機関
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11286196593.html

総連支持の工作員で民族学校出身者の在日「千絵」も浸るノスタルジー?

同和の牙城に終止符?
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11287368339.html
☆大阪市、部落解放運動拠点2年後全廃 
橋下市長は「歴史的に終止符」

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

★同盟ブログ更新情報!


『みそ汁の具』 最新エントリー「日本固有の領土」
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11283442348.html

o0240032012536150939940003

gaitsuitop

  

Posted by samuraiari at 14:46このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月24日

性文化を大江戸回帰!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆近代日本と慰安婦問題

強制連行・人身売買の汚名は全面肯定で雪(そそ)げ!

AvtT8SJCQAIdztJ

 さる6月19日、韓国・ソウルの日本大使館前に設置された従軍慰安婦像に日本人の男性が「竹島は日本固有の領土」と書かれた木の杭をくくりつけたことが韓国で大きな話題となり、大変な反響を呼んでいる。

 男性は日本に帰国後、現場で撮影した画像を自身のブログにアップロードし、従軍慰安婦の像を売春女性の像とコメントしたことがさらに日韓双方での騒ぎに拍車をかけた。

 男性の名は鈴木信行氏。現在の『維新政党・新風』代表。筆者が09年まで同団体で東京都本部広報委員長を務めていた頃の直属の上役(東京都本部代表)である。

 鈴木氏に初めてお会いしたのは06年。筆者が人気ブログ『日本よ何処へ』(当時は極右評論)の瀬戸弘幸主宰(NPO外追顧問)と共に右派ブロガー連合体『新風連(新しい風を求めてNET連合)』を立ち上げて新風を支持・応援し始めた頃だった。

 当時、鈴木氏はまだ同団体の本部事務局長で、それ以前には本部青年部長、同広報委員長などの要職を歴任していたようだ。その後、鈴木氏は本部幹事長を経て3人目となる新風代表に就任。

 民族派団体出身ながら新風におけるエリート街道をひた歩んできた人である。

 まず、事の次第について、大使館という「日本領土内」とはいえ、わざわざ韓国にまで赴いて竹島の領有権を主張する木の杭を打ち立てたことに敬意と賞賛の言葉を贈りたい。

 敵に打撃を与えてすぐさま素早いフットワークでかわす「ヒット・アンド・アウェイ」方式は、ボクシング経験者の鈴木氏らしい攻撃だったと言えるが、警備の警察官のほか目撃者もいたであろうに、よくぞ袋叩きにも半殺しの目にも遭わずに無事、帰国を果たせたものだと思う。

 ただ、主張については韓国人ネットユーザーが「この男のしたことは許し難い戦争犯罪を犯したにもかかわらず、事実を否定する日本人の厚かましさ」と非難したように、従軍慰安婦の強制連行について「なかったこと」「虚構である」として否定するにとどまっていてはいけない。

 むしろ慰安婦さえ強制連行しなかったことがいけない、統治国からの強制連行などしていて当たり前。日本人がこの発想に至らない限り、いくら杭を打ち立てようが何度否定しようが、いつまでも従軍慰安婦の強制連行問題は持ち出される。

 近代以前の日本は「性」というものについて、大らかだった。江戸時代の遊郭などは最盛期の新宿・歌舞伎町や吉原をも凌ぐ華やかさだったという。今の基準で言えば、たかが風俗嬢がAKB並の扱いをされるくらいに。

 それが明治以降の近代になって薩摩・長州勢が日本の主導権を握るや性をタブー視する厳格(?)な風潮をつくった。

 その結果、統治国からも朝鮮人や台湾人の売春業者を通じて慰安婦を募集させ、朝鮮人売春婦らに高額な報酬を支払うという信じ難い状況をもたらした。

 どこまでも紳士ヅラをして、世界で最も進んだ近代国家を目指した明治以降の近代日本は、統治国から売春婦の強制連行さえせず、世界に手本でも示したつもりだったのだろう、救い難いアホさ加減を露呈。

 戦後、昭和時代の赤線廃止や最近の新宿浄化作戦、児童ポルノ規制強化に見られるように年々、性への抑圧は強まる一方で、「現在ほど性への抑圧が強まっている時代はない」と言われる。

 然る小学校では左翼偏向教師による過激な性教育が問題視されたが、これなどは抑圧時代への反発が歪な形で飛び出してしまった一例と言えよう。

 こんな状況だから、こんな社会だからアングラ視された性に関わる問題を逆手にとった従軍慰安婦「強制連行」問題が韓国・朝鮮人や反日左翼にとって格好のビジネスになってしまう。

 本来なら慰安婦? 強制連行? それがどうした?…で終わらされてしまう話である。 

 朝鮮やら台湾やら統治国からの慰安婦強制連行などしていて当然、その女どもにタダ同然で売春をさせていたら、大凶作と大飢饉に見舞われた東北で年端もいかぬ日本人女性が身売りされずに済んでいたかも知れない。

 朝鮮人を売春産業で潤わせた結果、謝罪と賠償を求められ、日本人こそが不遇な状況に置かれたことに口を噤んでいる。いつもながら近代日本は何事においても本末転倒である。

 今や繁華街を席巻する韓国人売春婦の女どもだが、今度は暴力団を通じた裏取引や人身売買を口実に、またも日本人を加害者に仕立て上げようとしている。

 強制連行や人身売買なら欧米や中国・朝鮮こそお家芸ではないかと思うが、近代以前の日本なら同じことが出来たはずである。

 それをエエカッコしいの近代日本だけが植民地時代の世界とは正反対の暴挙に及び、どこまでも綺麗事で取り繕っては今なおさらなる綺麗事で取り繕うことに終始。そんな弱さを知っているから韓国はいつまで経っても日本に謝罪と賠償を強要する。

 少なくとも慰安婦強制連行くらいはマトモに実行していたら、逆に執拗な謝罪及び高額な賠償を要求されなかっただろうし、韓国人売春婦がここまで大挙して押し寄せてくることもなかっただろう。慰安婦の強制連行なんて当たり前とされる国に何を言っても仕方がないし、韓国人売春婦が人身売買を云々しても詮無いことだからである。

 さらに強制連行・大虐殺を実行した怖い日本に対しては竹島不法占拠も日本人拉致事件も起きなかったかも知れない。

 朝鮮人を雇い、朝鮮人を生かした結果、今も昔も日本人を野に放り出し、日本人を殺し続けているのが近代日本である。

 高度情報化社会の現代、テレビもインターネットも点ければ白豚・欧米白人やnigger(ニガー 黒人)をCMやバラエティ企画に起用し、次いで韓流の美称で韓国人タレントを氾濫させる有り様…。

 これらは全て外国人サマサマで外国人をもてなすことを美徳としてきた近代日本の延長上に起きていることである。

 よほど高度な技術者や科学者のみならいざ知らず、遂には売春婦まで統治国からの強制連行・徴用ではなく、業者に募集させて高額な報酬まで支払ってやる愚かさの極みに至った。その結果、エセ慰安婦が謝罪と賠償を求めて氾濫する有り様である。

 全ては性をタブー視して抑圧、封殺しにかかる近代体制に起因するもので、この明治以降の近代体制をクーデター武力革命を以ってしても倒せとするのが我ら「大江戸回帰派」「侍蟻」の主張である。

 どれほどタブー視する社会になっているのか? かなり以前だが、警視庁公安部公安第三課の刑事と筆者の間で共通の顔見知りである右翼団体構成員の話になった時のこと。

 誰々は「渋谷のソープランドで受付のバイトをしている」と話すと、聞いた刑事は「え? どこ? どこの店? (渋谷方面の風俗店には)行かないようにしないとなぁ」と苦笑していたのを思い出す。人間として当然の欲求なのだから、一人前の大人なら正面から正々堂々と行って、誰に見られようと憚る必要などないはずなのに、これが今の風潮だ。本来的には小便に行くくらいの感覚で良い。

 最後に、韓国で大反発を招いて日本の保守・右派が拍手喝采を浴びせている慰安婦像への杭打ち立てだが、韓国マスコミによる「日本の極右」報道はネット社会の今だから広範に周知・拡散されているものの、在日本韓国大使館前への右翼民族派団体による抗議行動などは何十年も前から韓国では頻繁に行なわれて話題になっていた。知らぬは日本人ばかりなり。

 なお、「イシン(維新)」を標榜している限り、新体制への大変革は起き得ないことも付記しておこう。武家・幕藩体制で成り立っていた近代以前の日本と、商人(財界)主導の近代以降の日本は繋がっているようでまったく別物である。その「別物」へのなり代わりをイシン(維新)なるスローガンの下に実行した。

 即ち「明治維新体制」とも言うべき近代体制にあって、維新を標榜するということは、議会制の維新体制をさらに強化・補完することに他ならない。

 引き続き日本人が殺され続ける体制が続くことを意味するもので、自らの儲けのためだけに来日した韓国人売春婦を人身売買の被害者、悲劇のヒロインに仕立て上げようとする状況がそれを物語っている。

以下、同盟ブロガー・みたいな実さんのご意見
(過去エントリー「共生・帰化・同化政策こそ撤廃せよ!」より)

またぞろ、黒人は被害者であると言った意見の一つでも出そうですが、そんなバナナ意見はびた一文要らない事であると、山口県の同和に先に言っとく。

>例えば戦前日本が有色人種への差別的な扱いを撤廃するよう世界に働きかけたことはつとに知られているが、日本が国際社会に進出したがために、そのような筋違いな要求を世界に対して発信しなければならなかった。

・。・
筋違いも良いとこですね。何をとち狂った主張をしているのか? そのおかげで逆差別が起こるわけです。ヨーロッパなんて後進文明国なんてものはやっと被差別者の立場から解放されて有色人種に対しての差別を出来るようになりましたが、彼らはそれ以前は有色人種から差別を受けてたわけです。やるかやられるかの社会は人間社会であれば当たり前。現状も未来も一緒、人類史は常に弱肉強食です。西欧の丁稚でしかない西南政府が調子にのって実力もない癖にええかっこしくも遅れた派遣主義を取り戻すべく欲に目がくらみ奇麗事を抜かすものだから、結果、日本人が大虐殺される憂き目となりました。

>日本の保守・右派は明治期の日露戦争についてロシアの南下を防ぎ、その脅威から守る防波堤にしたとして美化・正当化する。…結果、日本が朝鮮半島に進出していたらロシアに隣接する状況に変わりはない。日本が進出までして半島で国境を接することと、進出せずに日本海側で守りを固めることとどう違うのか。

・。・
低脳明治朝廷ここにありといったところでしょう。ナポレオンが対ロ戦争でやったミスと同じ事をしています。前線の拡大は絶対負けるという事は当時の読み書きの出来る人間であれば誰でも承知していた事ですね。でも、それを日本は平気でやった。理由は簡単、日本という国は日本人に主権の無い国だからです。日本人の命を何とも思わない西欧人とその丁稚の西南人が日本を統治している結果で出てるんです。

Posted by みたいな実 at 2012年06月19日 16:34


:「人身売買」問題エントリー

つくられた悲劇 〜人身売買は存在しない?〜
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/27658578.html

反日勢力の策動 〜つくられた悲劇〜
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/50000548.html


 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

書き込み放置で日本を麻薬市場にした『2ちゃんねる』の大罪!

老若男女や社会的地位に関係なく、麻薬中毒者の激増・氾濫は、

「2ちゃんねる中毒」に通ずるものなり!

douwa


同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop

  
Posted by samuraiari at 09:37このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月22日

入管政策から近代体制をデトックス

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★真にルール・秩序ある国際化とは?

門戸破壊・全面受け入れがアリなら排外主義・鎖国もアリ!

pic_results24_big

 来たる7月より入管法の改正に基づく「新入国管理制度」がスタートする。

 新制度の下では、これまで各自治体で扱われていた「外国人登録制度」による外国人登録証の発行が廃止され、「在留カード」によって国(入国管理局)が一元管理することになるという。

 例によって在日韓国・朝鮮人が多数を占める特別永住外国人は新たな在留管理制度の対象外で、特別永住者証明書が交付される。

 現状では、自治体に外国人登録さえしていれば、不法滞在の身であっても乳幼児健診や就学の案内などが送られているという。

 外国人登録制度の廃止によって、在留資格のない不法滞在外国人が自らの登録申請を自治体で行なうことは不可能に。

 この度の制度改正はそうした不法滞在者を炙り出して根絶することが狙いだと言われる。

 カナロコの略称で知られる『神奈川新聞』などは「難民申請の外国人が登録を失う」として毎度の如く、不法滞在外国人を擁護する記事を掲載しているが、トンだ売国新聞である。
 難民と言えば先ごろ、国連は地球上の「難民人口」が過去最多に達したと発表したが、「そんなもん知るかいや!」という回答になろう。

 だいたい紛争・内戦状態であろうと何であろうと、そこに住んでいる者らは曲がりなりにも生活が成り立っている限りはそこに棲息している。ここが現代日本人の常識では考えられないところだが、より良い生活がある、食糧がある、職があるとなれば自国を放り出して難民化するのは戦時であっても平時であっても同じである。今以上の暮らしを求めた者らが仕事や家庭を放り投げて難民と化した、その人口が増えたというに過ぎない。

☆志向されるべき大江戸回帰!

img_07110701 法務省入国管理局のスローガンとして「ルールを守って国際化」「秩序ある国際化」とは役所などに置かれたパンフレットで散見される。

 こうした外国人との交流、国家間の人の往来が常識となった現在では、「排外主義」「鎖国」といった理想はおよそ非常識なもので突飛な現実離れしたものとして考えられているだろう。

 今から約10年前、法務省内部の様子に通じた知人が聞かせてくれた話によると、「省内では門戸拡大や外国人の全面的な受け入れを考えている役人は皆無だ」と伝えてくれた。

 確かに1人の日本人として、個人的な見解としてはそうだろうし、それは今も変わりはないのかも知れない。

 しかし、ここ数年の法務省そして入国管理局の動向を見ていると、そうした個々の心情もどこまで本当なのか訝しく思えてならない。

 数年間隔で策定される「出入国管理計画」では、遂に法務省それも入国管理局が自ら「移民の受け入れ」に言及しているし、玄関口の管理のみならず、受け入れてからの定住化・永住化に向けた基本政策の着手まで言及し始めた。

 個々の見解はともかく、省内の空気として、それまで徐々に醸成されていた「売国」への機運がどこかで一気に加速し始めたとしても不思議ではない。省の利益を追求する省内の空気がマトモであったものもマトモでなくしてしまったのかも知れない。10年を要さずとも、ほんの2〜3年でも同じ人間・同じ組織がその質をまったく変質させてしまうこともあり得るわけで、以前に聞かされた状態のままとは限らないだろう。

110903 私も抗議街宣やデモにおいて法務省役人へ抗議文・要請文を届けるために度々同省を訪れたが、役人らの態度は実に上から目線の居丈高なもので、国としての体裁や面子を取り繕うことに終始する言動を弄し、とても国家・国民の利益に奔走しているとは言い難い。

 もはや入国管理政策一つとっても、国を成り立たせる根幹が破綻して、その運営・管理に失敗していることは明らかだ。「近代国家」「近代体制」そのものの破綻・失敗と言っても良いだろう。破綻して失敗している状態を取り繕うことこそが使命となった者らに何をどう建て直して云々の話をしても噛み合わないし、仕方のないことである。

 元よりルールを守って国際化とか、秩序ある国際化という考え自体が成り立たない。

 経済界と議会の後押し、省としての利益追求もあるのだろうが、ひたすら移民の受け入れや在留資格の付与に関する基準緩和など、「徒な門戸開放」が今の日本国の方向性である。

 全面的な外国人の受け入れ、徒な門戸開放、売国…。これらがアリだとするなら、対極の考え方として排外主義や鎖国も大いにアリだろう。

 ルールを守って…秩序ある…国際化、これを逆手にとってこちらは「国際交流はルールを司る者だけがやれば良い」「国際交流は秩序を司る側の手で」と提唱しようか。

 明治になる前、近代以前の徳川家による武家・幕藩体制の日本はそうだった。だから通商や商業上の取り引きのみを認めた、本当にルールを守った国際化、秩序ある国際化が実現していた。

 現状のままで開国、友好、人権・共生の美名の下に国を売り渡して破壊し続ける者らがいる以上、物理的な手段(クーデター、革命)で現体制を破壊してでも真にルール・秩序ある国際交流が出来る体制へ移行させ、一大デトックスを実現させようという向きも世間的には正当化されて然るべきではないか。

以下、同盟ブロガー「みたいな実さん」のご意見


織田信長の頃は全国を統一していないので信長自身が当時、無頓着だったのでしょうね。幕末同様に西南人が内から外患誘致をしてもね。つまり船の技術力なんて関係無いんですよ。科学をあてにしたって北朝鮮一つまともに相手を出来ない現状は見ての通りです。北朝鮮・韓国にしろ外患誘致をしてる奴が居るかぎり簡単に日本は制圧されてしまいます。

九州のキリスト布教に寛容だったのも信長は統一者ぢゃないですからね。続いて統一する事となる秀吉以降、徳川家はキリスト教は敵と認識をしていました。

まさしく家康が260年間将軍で居たのが徳川家です。吉宗なんてものはその中でも名君の中の名君ですが、今、日本中で日本人が日本人だと思い込んで幸せ気分を味わえるインフラ整備をしたのも彼ですね。日本中の田舎でオラガ村の自慢の物産展をやれてるのも吉宗様々ですよ。国内産業の神様となってても可笑しくないです。

それと正確に言うと幕末のあれは革命ではなく幕府によるクーデターです。つまり大政奉還。維新政府が自らを美化したいが為に維新だとかとぬかしては革命だ革命だと騒いでるだけだが、西南人は何もやっちゃいません。やった事と言えば戦争を工作し荒廃を作って手柄をかっさらっただけでしょう。まあ、確かに西南人を同じ日本人と見てしまっていた幕府の唯一の落ち度はそこにあるのでしょうが、果たして日本人先人をそこまで非難をするのであれば日本人みずからが日本国を西南族の手から取り戻さない事には正論とはならないと思います。

それと無論、徳川は武器製造は禁止させます。西南族を見てしっていたので外患誘致を防ぐ為ですね。島原の乱を見てのとおり、常にキリスト教の丁稚が国を売ろうとしてたくらいです。当時は危機意識が高かったので武器製造を禁止させたんですよ。ただ、全ての科学の原理原則だけは学ばせていました。

Posted by みたいな実 at 2012年06月20日 07:12


おすすめ記事

日欄時代から学ぶ同盟の在り方
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11082853506.html
[一部引用開始]1638年、島原の乱鎮圧。
決め手はオランダ艦船の艦砲射撃。
カトリックの尖兵の売国奴・天草四郎率いる九州テロ集団が立て込もる原城を15日間計400発以上に及び砲撃、日欄軍の勝利に終わる。
この砲撃は老中・松平信綱がオランダに依頼したもので、その時の条件はポルトガル船の日本来航禁止。無論、両国利害一致。
日本は常に豊臣秀吉政権当時からカトリックの脅威に晒され頭を悩ませてますが、すでにカトリック強国二強の内の一つのスペインを1624年に追い出し、残るはポルトガルだけとなってました。
島原の乱が始まる前年1636年に日本はポルトガル人の子孫(混血児)をジャガルタに追放してます。今の執政者の如きも先人に学んで在日問題を解決して欲しいものです。今の日本にポルトガル人在日問題は一切、有りません。理由は簡単、その子孫がいないからです。未来を見据えた政治です。
当時のオランダはプロテスタント教国ですが、北部がプロテスタント、南部がカトリックとに分かれ、国家経営は商才のあるユダヤ人に任せていました。
オランダではユダヤ人の存在がカトリックとプロテスタントの間のクッションとなっていたのでユダヤ人は非常に大切にされていまして、所謂、海賊商人(イギリスとユダヤの混血)とは全然違ってまして日本とも良好な関係を作れたのもオランダでのその得意な立場であるユダヤ人の存在が大きいのです。
オランダはその歴史的な性質上、日本に対して宗教の押し付け、つまり侵略行為が一切無く、通商だけを求めてきました。それでも強固な関係を築いてました。[引用終了]

Posted by みたいな実 at 2012年06月20日 07:42


 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

『2ちゃんねる』自体が日本に蔓延する麻薬同然!

麻薬売買と違法情報の根絶とともに掲示板自体の根絶を!

インターネット社会もここらで一大的なデトックスが必要だ!


douwa
協賛ブロガーからのお便り6

http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11284384364.html

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop

  
Posted by samuraiari at 22:40このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月21日

欧米に倣うな日本の変革!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★仏トゥールーズで籠城事件! 自称アルカイダの男を逮捕

左派右派に限らず移民・国際テロとの衝突は不可避な21世紀

2

 6月20日、フランス警察当局は同国の南西部にある都市トゥールーズで男が4名の人質を取って銀行に籠城したとして事件を公表。

 男は拳銃一発を発砲し、事件現場は警官隊が出動して包囲、非常に緊迫した様子が伝えられた。

 トゥールーズでは今年3月、国軍兵士が銃撃によって死亡したり、ユダヤ人学校が銃撃されて生徒らが犠牲になるなど、連続銃撃事件が発生。アルカイダにも属するとされた容疑者が自宅アパートに32時間にも及んで立て篭もった。この事件では容疑者は警察によって射殺されたが、そうしたテロが相次いで起きているだけに、トゥールーズは移民問題と国際テロを象徴する都市と言えるかも知れない。

:関連エントリー

排外対象者こそが排外主義者の悲劇!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51827069.html
フランス兵士・ユダヤ人学校銃撃 ☆テロはアルカイダの犯行!
排除されるべき異民族・異教徒が「排斥」に乗り出し内戦本格化!

r
「未来の尖兵」に告ぐ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51827258.html
フランス南部 兵士・学校銃撃テロ ☆容疑者死亡で決着
不屈の戦いに自由・博愛・平等からの脱却も不可避!


 今回の事件は発生から約3時間後、容疑者が人質の女性1名を解放。さらに1時間後にもう1名を解放し、最後に容疑者が人質1人と銀行から出て来ようとした直後に警察官らが発砲した。

 容疑者は負傷して身柄を押さえられ、4名の人質は全員無事だったという。

 逮捕された容疑者は20歳代の男で、国際テロ組織『アルカイダ』に属しているとしながらも過去には精神病院への通院歴も報道されるなど、錯綜する情報の中で詳細なことは分からない。

 いずれにせよ、フランス当局としても同国のイスラム系移民の問題を刺激しないよう、敢えて正確な情報を流さないこともあり得る。

 フランスでは今春の大統領選で左派オランド政権が誕生。この6月の国民議会総選挙ではこれまた左派・社会党が圧勝で単独過半数を獲得。政権の座を追われた右派・国民運動連合は議席を減らして、ここでも敗退した。

 一方、極右として注目を集める『国民戦線』は現党首のマリーヌ・ルペンが落選したものの、前党首ジャン・マリー・ルペンの孫で現党首にとっては姪にあたるマリオン・マレシャル・ルペンが第5共和制では史上最年少となる22歳で初当選。14年ぶりに国民戦線の議席を復活させた。

 前述の連続的な国際テロといい、選挙といい、フランスでは目まぐるしい動きが起きている。

 さる6月7日、パリ郊外の閑静な森で中国人男女の足や頭部がバラバラにされた遺体が相次いで発見された。
1
 その後、別の中国人夫婦が容疑者であることが発覚したが、日本でも猟奇的な凶悪事件が話題になる中国人はフランスでも猟奇性を発揮している。

 当初、殺害された中国人夫婦から子供を預かった加害者の中国人夫婦だが、不測の事態(事故)によって預かった子供を死なせてしまう。この不測の事故…というのも真偽のほどは定かではないが、子供の死亡によって被害者夫婦から激しく責め立てられた加害者夫婦はついに殺害、死体遺棄という凶行に及ぶ。

 人が死亡した段階を以って警察沙汰になっていて然るべきだが、ここが中国人という人種の恐ろしいところで、とことんまで隠蔽しようとした行ないによって悲劇がさらなる悲劇を招来。

 一度は母国・中国へ逃げ帰った加害者夫婦だが、海外で同国人が犠牲になった事件とあって中国内で犯行が発覚すれば死刑は免れないと判断したのだろう。死刑制度のないフランスに戻って警察に自首。現在、取り調べを受けているという。

 中央政界から街中まで、フランスにおけるここ最近の動向をざっと列挙してみたが、左派政権であろうが右派政権であろうが変わらない事実は国際テロと切り離せない移民問題に向き合わなければならないことである。

 オランド政権における移民閣僚に見られるように、いかに移民出身者が政権を司るまでになろうとも早い話、移民が移民と衝突を余儀なくされることは前のサルコジ時代も同様だった。

 国際テロや国土防衛、治安、景気・雇用、格差、教育…フランスにおける全ての問題に移民社会が深く食い込み、移民の富裕層もいれば移民の貧困層もいる。フランス人の富裕層もいればフランス人の貧困層もいる中で、全ての問題に共通する移民問題にどう対処するのかが問われている。

 サルコジ時代、人々の失望とは結局は保守・右派ではどうにもならないとする反動から今年の左派大勝という結果を導き出した。

 これで左派でダメなら再び保守・右派とはならないと思う。そこが日本とは根本的に異なるところである。向こう5年はおそらく左派にとっても最後の盛期。その後は極右政権によるファシズムしか移民問題を根本的に解決する選択肢はない。

 5年後あるいはそれ以内で21世紀を生きる私たちは、今とはまったく違った価値観の欧州社会を見ることになるかも知れない。

 翻って日本も在日外国人や移民(帰化人)問題は深刻なところへ来ている。ある者は帰化して日本人に成り済まし、またある者は外国籍のままパチンコ経営やアングラ産業の運営によって日本人から吸い上げた現金で巨万の富を成すまでに成り上がり、かたや生活保護の受給者増で税収による国家の財政を逼迫させるに及んでいる。そんな韓国系・朝鮮系日本人と在日が多数に及ぶ。それに加えて600万人はいると思われる部落・同和層。

 生活保護を受給する生活困窮者とは言えない在日ほか外国人の存在は、フランスなど欧州で制度的保護・救済を受ける移民に通ずるところがあるのではないか。教育や職業訓練、現金の支給などで行政がどんなに救いの手を差し伸べようとも当の本人らにその現状から脱する気がサラサラないどころか、さらに付け上がって要求を拡大させる…。

 一方で生っ粋の自国民が一向に救済されないあたりは日本も然り、先進国に共通する傾向だと思う。帰化人(移民)が政権与党にまで進出し、閣僚にまでなっている現状は日本もフランスもその実、何ら変わらない。

 フランスの場合、今日の極右政党の躍進にも見られるように選挙でフランス人の意思・選択がまだ正しく反映されている。ドイツではかつて90%〜95%とも言われる超圧倒的な支持率でナチス政権というファシズムの成功型、理想的な独裁政治を実現させた。民主主義の結果によって、である。

 ヨーロッパの人々は議会制度に基づいてそれが実現できる可能性がある。ナショナリズムに基づく有権者の選択によってナショナリズム国家を創り上げる可能性が。

 しかし、明治以降、欧米の真似事をして今日に至っているに過ぎない日本には断言してそれが無い。選挙によって欧州のようなファシズムの成功型、理想的なナショナリズム国家の建設など望むべくもないのである。

 その手段は日頃、自民党だか大阪維新の会だかの支持に見られるように、欧米社会の擬制的なエセ保守・エセ右派の応援を呼びかける選挙制度や投票ではなく、「クーデター」「武力革命」しかないのではないか。

 それら暴力的な手段が三等国、野蛮国特有のものという認識が定着しているが、話はまったく逆である。

 擬制的なエセのナショナリズムしか存在しなかった日本こそ、実力行使に基づく大変革が提唱されて当然なのである。

 議会制度の中で変革だのチェンジだのと言葉遊びをしても何も変わらない。本格的に変化を求めるなら議会体制を転覆し、そこから脱した新たな体制への大転換である。

 変化を求めない、現状に何も文句を言わない人というのも多数に及ぶだろうが、そういう人たちこそ体制が変わっても何も求めない、新体制に何も文句は言わないのだから大いに近代体制の破壊をやったら良い。

 クーデター、武力革命の手段は高らかに提唱されて然るべきである。


☆新設カテゴリー『「大江戸回帰派・侍蟻」路線』
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/cat_50035658.html


 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

douwa
★パチンコ節電要求に対する回答

http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11283209845.html
すっかり忘れた頃にやって来た!
本日(6月21日)、東京都より郵便物が届く。

「請願・陳情審査結果通知書在中」と書かれた封筒を開封してみると、
さる平成24年2月23日に東京都議会へ提出した
「パチンコ節電要求」の請願・陳情に対する決定の通知書だった。


no_2ch_0
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

今日まで『2ちゃんねる』を生かし続けた世論こそ全体主義!

麻薬売買の情報氾濫さえ「言論・表現の自由」で認めるのか!

違法・脱法に、中傷・暴言、何でもアリの風潮こそ排除せよ!

巨悪な警察、国家が介入してでもネット社会に新秩序を作れ!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop

  
Posted by samuraiari at 21:30このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月20日

議会制度なる近代の呪縛

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆クーデターで政権交代主張してみよ!

先ずは選挙・投票なる議会体制支えるイベントからの脱却

20120613_2272968

 首相・野田佳彦は6月21日までの国会会期を9月8日まで79日間延長することを表明した。民主党政権の誕生から早や3度目の夏を迎えようとしている。その間、現大阪市長・橋下徹率いる『大阪維新の会』が台頭、来たる衆院選出馬にも意気込みを見せている中、未だ解散総選挙の兆しはなし。

 概して筆者(有門大輔)は保守・右派の思想や概念、考え方というものには一切与しない。

 保守・右派層に限らず、多くの人が民主党政権の売国ぶりや不甲斐なさ、政権政党としてはおろか政党や議員としての資質のなさに憤懣やる方ない思いで、日々を悶々として過ごしておられることだろう。自民党政権時代が懐かしい、自民党の時代に戻したい…これが特に保守・右派に共通する思いではないだろうか?

 ここは一つ、既存の保守・右派になり切ったつもりで、在るべき政権交代のプロセスについて述べてみたい。

※改めて断っておくが、これ以降は筆者の信条ではなく、筆者が保守・右派の立場になり切ってのものである

 米軍基地の移設に関する不手際で日米の同盟関係を壊した民主党初となった元首相・鳩山由紀夫から原発事故における人災で徒に被害を拡大させた前首相・菅直人を経て現首相・野田に代わったとはいえ、同政権に対する有権者の審判がどう下されるかは明らかである。

 ここは速やかに解散総選挙で国民に真を問い直し、保守政党・自民党を政権に復帰させるなり、政界大再編の契機を促すべきだろう。加えて大阪市長・橋下率いる大阪維新勢及び東京都知事・石原慎太郎が興した『日本維新の会』一派との連携・連立も興味深い。早速にも、これら愛国勢力による救国内閣を打ち立てるべく、次の衆院選では民主党候補を一斉に大量落選させよう!

以上

 …いつから日本人はこんな綺麗事しか言わなくなったのだろうか? 明治以降に議会体制と選挙制度が定着してからか。

 戦後半世紀以上にわたる自民党政治こそが帰化制度を野放しに、一方では緩和・人道的配慮という美名に基づき、入管法のなし崩し的な破壊で外国人の跳梁跋扈を許した。

 自民党が現政権の民主党以上に売国ぶりを発揮してきたことについて、ここで云々しない。民主党現政権の売国も事実である。

 然るに、その民主党を引き摺り下ろす手立てがセオリー通りの解散総選挙というわけか? 確かに今の常識で言えばそういう結論に至るのは当然だろう。

 しかし、政権交代して輝かしい保守政権(?)へと返り咲くまでに1年以上、来年以降に先延ばしせよと言うのである。

 ここで保守・右派層からどうしてクーデターを起こして政権交代させよ、武力蜂起で強制的にでも救国内閣をつくれ!…という主張が一斉的に出て来ないのだろうか?

 そういう武力に訴える手段は最後の最後の本当に最後…という向きもあるが、最後の最後を迎える前に死に絶えて、誰もそんな手段は採れそうにない。

 「暴力に訴え出るのは野蛮だ!」「三等国並で先進国の在り方ではない」とするご指摘もあるのだろうが、そんな発想に囚われたままでいる時点で負けである。

 あれはまだ自民党政権の頃、然るブログ上ではこんな話題になった。「どの政党、候補に投票すれば良いか分からない」。

 例えば自民党候補のトンデモな売国奴がいて、そいつを「落選させよう」という向きになった。ところが仮に落選させたとしても次に出てくるのは民主党の同和系候補。そうでなければ共産党系…。

 逆に今なら民主党候補を落選させたとしても、次に出てくるのは冴えない自民党候補だったり創価学会・公明党の候補であったりする…。

 ロクな候補が並べられていないのだから、その中から選択せよとなると、どこに入れて良いのか分からないとする向きが出てくるのは当然である。訊かれた私にもどこに投票して良いのやら分からない。いっそ投票所に行かないほうが良い。

 あなたの一票一票が政治を変えます、国を動かします…というキャッチフレーズが百歩譲って事実であったとしても、言ってみれば敵の土俵で戦い続けることを強いられているようなもの。
 これでは有権者の意思と一票によって選択しているつもりが誰が当選しても、どの党が政権を獲っても同じ…という結論になってしまう。

 保守政党の自民党へ政権交代…と言ったところで半世紀以上も憲法の一条文さえいじることが出来なかった政権に憲法の改正や新憲法創設を期待するのか、何を期待するのか?

 こんなことだから保守・右派が大好きでやまない自衛隊はいつまで経っても軍隊にはなれない。

 自民党政権で売国ぶりに歯止めがかかる…という向きもあろうが、民主党以上に売国に狂奔してきたことは前述の通り。

 この期に及んでもまだ選挙選挙で、投票にのみ変革の手段を委ねるのか?

 そうではないだろう!

 選挙などという勝てる政党にとってのみシャンシャン祭りの一大イベントにいつまでも付き合っている場合ではなく、国を憂う愛国者なら、

クーデターで政権交代を!

武力蜂起で救国内閣を実現せよ!

−と主張して当然である。それを誰もが夢遊病に冒されたように選挙選挙、投票投票のマインドコントロールに支配されてしまっている。

20120613_2272968 昨年、東日本大震災の直後では莫大なお金が動く総選挙をやっている場合ではないとする意見も聞かれたが、それを言うなら今年も同じである。進んでいるようで遅々として復興も原発事故の収拾も進んではいない。多分、衆院の任期が満了となる来年も…。

 途方もないお金と時間、ヒトが動いて労力を要するから尚のこと、クーデターという手段が正当性を持つ。仮に災害などの非常事態のない平時であっても同じ。

 クーデターなど非現実的…クーデターを起こす状況にはない…このような思考に冒された時点で自称・愛国者たちも敗北させられたも同然である。

 クーデターという発想が出て来ずに、選挙・投票という思考から一歩も抜け出せなくなった現状が自称・愛国者らの敗北を物語っている。動かし難い敗北を。

 そういう本当の愛国者による本当の愛国心がない限り、クーデターを起こすチカラを有した自衛隊も動かないし動けない。第一、厚遇で持て成してくれる政府に楯突くはずがない。保守・右派層からは国を守る人たちとして持て囃され、リスクを冒してまで今以上の名誉も求めないだろう。

 時折、愛国自衛官が国会議事堂に侵入して切腹したとか、叛乱を示唆する論文を発表したことで話題になったりするが、1人2人だから簡単に処罰されてしまうしすぐ目につく。これがどこの基地にも不満分子的な自衛官がいる、自衛隊幹部がいるとなれば処罰しようにも出来なくなる。他の官公庁についても然り。

 次にクーデターに決起した、武装蜂起したとなれば避けては通れないのが「在日米軍」の存在。

 必ずや叛乱部隊を鎮圧にかかるだろうが、そこは新たな政権・内閣をつくろうと言う者らでアメリカと直接交渉し、アメリカ様も喜びそうな国策に基づく国づくりでもすれば良いだろう。

 たかだが60万人にも満たない在日朝鮮人でもいざとなれば(大災害などで終戦直後のような壊滅的状態になれば)アメリカとの直接交渉で日本を新たな国につくり変えるだろう。

 同じことを当の日本人が出来ないはずはない。

 あと、財界や同和など既成政党のバックにいる奴ら。
 実際にクーデターの一つでも起きれば少なくとも当面は、今よりはずっと大人しくなって政治にも下手に口出ししなくなるだろう。

 以上、私なりに議会体制下における変革論を走り書きにしてみたが、選挙・投票という議会体制を支えるためのイベントに付き合わず、クーデターという手段が第一義的に来て当然。

 そう考えれば近代以降の体制を引っくり返して転覆させ、武家・幕藩体制に近い形に戻そうという筆者ら「大江戸回帰派」「侍蟻」(近代打倒派の総称)の主張も分かり易いのではないか。


☆新設カテゴリー『「大江戸回帰派・侍蟻」路線』
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/cat_50035658.html


 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

douwa
外国人犯罪へのご相談にお応えしよう♪
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11281811468.html
☆韓国人の妻を持つ市議会議員の事務所で暴行事件!?

どなたか愛知県内で韓国人の妻を持つ市議会議員について
ご存知の方はいらっしゃいますか??

その方の事務所で暴行事件だか傷害事件が起きたみたいです!

詳細をご存知の方、どんな情報でも寄せてくださ〜い!!

自称・・・なのかどうかは分かりませんが、
被害者(?)が暴行を受けたと言っている以上は、
事実を知りたく思いま〜す!


no_2ch_0
☆警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

メディア総動員(?)でも潰せない脱法のデパート『2ちゃんねる』

国を総動員して「言論」を手玉にとって弄んできた匿名掲示板を潰せ!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop

  
Posted by samuraiari at 22:28このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月19日

共生・帰化・同化政策こそ撤廃せよ!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★排外主義は「反日」になる覚悟で!

大アジア・共生思想が愛国的または進歩的とされる近代体制

0000013446

 1992年の米ロサンゼルス暴動の発端となった警官による殴打事件の被害者であるロドニー・キングが死亡した。

120617041435-la-riots-12-horizontal-gallery
 さる6月17日、カリフォルニア州リアルトの自宅プールで死亡しているのが発見されたという。享年47歳。
clip_image001
 溺死とされているが、事故ではなく他殺の可能性はないのだろうか。いずれにせよ、加害者にして被害者を演じて多額の賠償金と名声をせしめた者の末路とはこんなものだろう。

 ロス暴動とは黒人居住区にヒスパニック系住民や韓国系アメリカ人が進出、人種・民族間の軋轢が発端となって引き起こされた黒人による大規模な暴動事件である。
20100319223553480
 市長による非常事態宣言の下、暴動鎮圧のため州兵や軍までが動員されたが、2000年代半ばになって伝えられるようになった欧米での移民暴動はそれ以前より恒常的に繰り返されていたと言うべきか、少なくともその軋轢が絶えず増幅されていたことは事実だろう。
5990523907_d5f4270b9a
 まだインターネットも動画サイトも存在しなかった90年代初頭に、ビデオに収録された暴行事件の様子がよく瞬時に世界へ伝えられたものだと思うが、仕組まれた気がしてならない。

 事件当時、巨漢であり泥酔した上に大暴れして手のつけられないキングに対する暴行は行き過ぎた点もあったのかも知れないが、黒人による犯罪の多さから考えて警官らが過剰に反応したものと思われるし、商店主らによる黒人に対する警戒感は至極当然のものだろう。
20120224_2215717
 欧州の移民暴動についても同じことが言えるが、治安を悪化させ社会不安を増大させた当の移民の側に反省というものがまったく見られない。これが多人種間・多民族間で不信感や軋轢、対立を増幅させる原因と言える。

 「黒人イコール被害者」「黒人イコール被差別階層」という図式は人種差別撤廃の動きに見られるように世界的に顕著であるが、こと日本は「差別撤廃の病」が深刻の度合いを深めている。

losboudou1
 例えば戦前日本が有色人種への差別的な扱いを撤廃するよう世界に働きかけたことはつとに知られているが、日本が国際社会に進出したがために、そのような筋違いな要求を世界に対して発信しなければならなかった。

 世界に対し、その手本のつもりなのか戦前日本は統治下の朝鮮半島や台湾出身者まで同列に日本人として扱い、「同化政策」を推進した。

 朝鮮半島など労働者でも慰安婦でも強制連行して、使用済みになれば遠方へ強制移住なり大虐殺しておけば今日における拉致事件も竹島問題も、在日韓国・朝鮮人の特権問題もパチンコ問題も存在しなかったのである。日本には出来なかったが、ロシアなら朝鮮民族の根絶やしが出来た。だから朝鮮半島などはロシアに奪わせれば良かった。

 日本の保守・右派は明治期の日露戦争についてロシアの南下を防ぎ、その脅威から守る防波堤にしたとして美化・正当化する。
 …結果、日本が朝鮮半島に進出していたらロシアに隣接する状況に変わりはない。日本が進出までして半島で国境を接することと、進出せずに日本海側で守りを固めることとどう違うのか。

 その後、日本は中国大陸にまで進出して「五族共和」を理念とする『満州国』なるカルト国家まで創ろうとしたが、その大陸では度々反日暴動や中国人による大虐殺が起きて多くの日本人が犠牲になった。これなどはアメリカの黒人暴動以上の異人種・異民族による蛮行であり、共和…どころの話ではない。

 そして第2次世界大戦の終了間際、ロシア(当時はソ連)が日ソ不可侵条約を破棄して突如として満州に侵攻し、多くの日本人が憂き目に遭う。ここに北(ロシア)からの脅威を防ぐという名目の下に推し進められた近代日本の大陸進出はその正当性を失った。

 東京裁判史観がどうとかA級戦犯がどうとかといった指摘もあるが、見直すべきは日本の近代の歩みそのものである。

 世界に進出した近代日本は欧米のように植民地を植民地として扱うわけでもなく、内においても外においても平等、天皇陛下を中心とした国体にあって誰もが陛下の皇民・臣民であるとした理念を本気で実現させようとした。

 最近、右翼民族派の中にはこれを「世界皇化」と言う向きもあるらしいが、こういう体制の国にあってはそれこそが愛国者であり、それこそが愛国心とされてしまう。つまり戦前日本への回帰だが、多文化・多民族共生を推進する左派と同様、新憲法創設を推進する保守・右派勢力もまた戦前という「共生社会」への回帰を志向して互いに、誰もが競っているように思えてならない。

 このような体制にあっては異人種・異民族を排斥せよとする「本当の愛国者(排外主義者)」が逆に差別主義者や反日として敬遠されてしまう。この近代日本にあって排外主義を説くことは回りくどい言い方だが、「愛国者(保守・右派、右翼)こそが排外主義者にとっての敵」であり、「反日のレッテル」も覚悟しなければならない。

 真に愛国者だとするなら反日レッテルも覚悟の上で、今や日常生活にまで根付いた在日外国人・異人種異民族をすべて叩き出せと主張し、そのような外国人でさえ容易に日本人になれてしまう近代以降の「帰化制度」の廃止まで主張して当然だろう。

 排外主義も帰化制度の廃止も、同化政策の撤廃も真っ当に主張出来ない社会は歪(いびつ)だが、その概念は戦前・戦後を通じて一貫している。

 断言して日本から撤廃すべきは人種・民族差別ではなく、帰化という概念であり、異なる人種・民族同士を双方から一緒くたにしようと推し進める同化政策である。急務なのは帰化制度の廃止と同化政策の撤廃。

 排外主義も正当に掲げられない国なら、そのような国を司る「体制」そのものを引っくり返して、そっくり新しくつくり変える以外にない。

 黒人ほかアジア系の有色人種を大統領や閣僚に選んだ欧米も相当に深刻な共生・平等思想にヤられているが、日本はそれ以上に、遥かに深刻。

 外から入って来た者らも毒素であるが、それを迎え入れた国も受け容れた社会もそれ以上の毒素であり、デトックスする以外にないだろう。

 それには戦前回帰ではなお酷くなるばかりで、戦前も戦後も同じ近代の枠組の中でここまで歪になったのであり、それ以前の状態を志向すべきという観点から「大江戸回帰派」または「侍蟻」なる総称を標榜し、現体制からのクーデター・革命を提唱するものである。

 憲法改正やら創設などとバカなことを言っていてはいけない。何を正すかと言って、近代以降に失われた日本人の信仰である。日本人が日本人でなくなった、日本人らしいと思い込まされているところから今日までの迷走が始まっている。

 以下、同盟ブロガー・みたいな実さんのご意見をご紹介。

「本来ならば宗教を省いたら政治は語れないくらいだと思います。

日蓮系の習合信仰は見ての通りです。在日と習合するくらいなのでタチは悪いです。

戦前も一緒です。国柱会は八紘一宇を発明し、それを掲げては日本を朝鮮等と習合させていきましたね。また、天皇と日蓮との習合が国柱会の目的でした。なので天皇が神である事は都合が良いのです。神であれば天皇を日蓮(日蓮宗にとってみれば日蓮と仏は同意)と習合させる事ができますからね。これが保守の正体です。

戦後は創価が国柱会の後を引き継いでいるので天皇に接近していってます。日本はカルトが保守化をするようになっていったのが明治以降の日本人の持つ貧しい宗教観ですね。

江戸時代以前までは、あくまでも天皇は祭司でした。明治以降の天皇はスーパーマンにされてしまってます。これは最悪です。国民はスーパーマンのお願いとなれば言う事を聞かなければなりませんからね。その実、裏にはカルト商人がヨダレを垂れ流して待っています」

 帰化廃止と同化撤廃に基づく排外主義の実行も、「天皇陛下が心を痛めておられる…」と言われれば即座にやめなければならない。

 これが近代以降のカルト国家・日本の実態である。

 大事なのは日本が侵略から守られるかという道理ではないか。 

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

douwa

☆大飯原発、再稼動に思う

http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11280516066.html
t02200154_0450031612034180493
動かさずして滅び、動かして滅ぶ、

どっちも手つかずでなお滅び行く!?


☆ロート製薬への抗議デモ!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11281044431.html
120618_1221~010001120618_1223~010001
120618_1231~020001120618_1220~010001
ネット愛国新世代の台頭!

完全合法且つ整然とした行動ながら主張はより強烈な、
つけ入られる隙のない行動の広がりに賞賛を贈るものです。

見境なき差別的な言動や「愚連隊」的な行動が許された
一番幸せな時期に運動の中心に立たせてもらいました。

今、その時の経験を生かして、突飛に騒ぎ立てることなく、不必要に目立つことなく、
今回のようなネット愛国新世代のデモ行動に機会あらば参加させて頂きたく思います。


同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

同盟ブログ更新情報!! 
最新エントリー「起源説とは!?」
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11271522765.html


o0240032012536150939940003

no_2ch_0
☆警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

塀の中で『2ちゃんねる』の行く末を気にかけるホリエモンこと堀江貴文

長野刑務所にて新聞で追及され続ける2ちゃんねる問題に堀江は日々悶々!

同掲示板管理人・西村博之も盟友が囚われている塀の中へ放り込んでやれ!

面会者にグダグダ言わんでも後朝の別れを交わした盟友もすぐそこへ行く!

gaitsuitop

  
Posted by samuraiari at 15:31このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月15日

大江戸回帰派「侍蟻」は集結せよ!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆本ブログ開設7周年!!

皆様のご支援ご声援のお陰で、ここまで来ることが出来ました。

さる平成17年に開設されて以来、わが極右翼勢力(当時は『侍蟻』)はこの6月15日で満7年を迎えました。

当時は1日の閲覧数が僅か20〜30名程度でしたが、今や同盟ブロガーの「みたいな実さん」をはじめ大勢且つ精強な論者によって支えられています。

一番最初のエントリー

不法滞在外国人の追放から排外主義へ、そして近代体制の打倒、遂には武力革命(極右翼的デトックス)の提唱に至るまで、さらに強靭且つ有益な主張を強記して参りますのでご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。
fc0b1546-s
BLOG『極右翼勢力』主宰 NPO外国人犯罪追放運動理事長 有門大輔


☆「明治朝廷」「西南朝廷」…体制打倒の誓い!

政権交代でも新議会でもなく、帰化・同化推進の近代を葬る

 先日、過去エントリー「救われない近代の中の日本人」に以下のコメントが寄せられていたので触れておきたい。

2ちゃんねるの糞ゴミどもが以下のような書き込みをしてやがりました。せっかくなんで貴ブログでも帰化にかかわる題材としてとり扱ってやったらどうですか


746 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2012/06/13(水) 15:20:54.61 ID:77N3O911P
>>745
佐藤優がSPAでやっている人生相談コーナーにもうすぐ帰化予定で
「大学で中韓の反日政策の調査ならびに反日勢力打倒のための具体策の研究をしたい」
という19歳のネトウヨそのものの在日三世が
「これからよい日本人として生きてくためのアドバイスが欲しい」
という投稿があった。佐藤の回答は
・在日の行動パターンは三種類に分類される
・1.とにかく日本に適応しようとして日本人以上に日本人になろうとする人
・2.逆に韓国人以上に韓国人になろうとする人
・3.意識して政治的なことへの関わりを徹底的に避けてノンポリであろうとする人
・実は外務省職員にパターン1の帰化人が少なからず居る
・帰化後も2や3のタイプの人の心情をできるだけ汲み取るようにして欲しい
・「努力して日本人になる」という生き方は素晴らしい。あなたの帰化を祝します
というものだった

Posted by べらっちょ at 2012年06月13日 23:16


 もうすぐ帰化…ではなく、もうすぐ「帰国」の間違いではないだろうか? 思わず、そう言いたくなってしまう。

 佐藤優なる人物とは、元外務省エリート官僚で執筆家・政治評論家に転身してからは数々の媒体で連載を持ち、書籍も出している著名人であり、その思想信条はともかく、少なくとも世間一般では私などより遥かに愛国者・憂国の士として持て囃されてはいるだろう。

 しかし、こうした著名な愛国者(?)からして帰化人を歓待しているのだから、ここからしてどうにもならない。

 この週刊誌『SPA!』の人生相談コーナーに寄稿した帰化予定の在日大学生というのも問題だが、それを受けて嬉々とアドバイスしているようでは話にならない。受け手、迎える側(日本人の側)の問題である。

 中国や韓国の反日政策を調査しているとはそちらのほうも詳しいのだろうが、併せてこれらか日本人となる者として反日勢力を打倒するための具体策を研究していると言う。日本人愛国者の陣営の戦略・戦術、心理を徹底的に知り尽くして内部から撹乱・工作するつもりなのではないか?

 こう言うと大仰に聞こえるかも知れないが、事実、日本の愛国者陣営とは絶えず、このような手法で運動方針を歪められ、敵の術中に嵌って手中に収められてきたのが日本の近代史そのものとも言える。

 しかも、そうした帰化人が保守・右派運動のみならず、外務省という官公庁(政府内部)にも入り込んでいることが佐藤優の回答からもうかがえる。さらに昔に遡ればその数は相当数に上るだろう。その時点で「敵」に懐深くまで潜り込ませ、ヤられていることの証左と言える。

 帰化制度に基づいて帰化人を招き入れ、体制そのものからして「帰化人体制」と化しており、このような体制そのものを武力的にでも打倒して日本のデトックスを図ろうというのが我が極右翼勢力の主張である。

☆愚かなる愛国者たちに告ぐ!

 帰化制度を容認して愛国者も何もあったものではない。

 そのような愛国者の中、著書や講演でクーデター容認を明言する弁護士センセイが存在するという。「心ある自衛隊員が国会を取り巻いて祖国防衛権を発動することは許される」「暴力を排除するには暴力しかない」…愛国者にとっては何とも胸のすく快活な咆哮なのだろうが、我が極右翼勢力で主張しているのは政権交代でも現行憲法の無効論に基づく新憲法創設でもない。体制そのものを引っくり返してつくり変える。

 クーデターとは暴力的な手段によって政権・権力の委譲を実現するもので、体制転覆を指す「武力革命」とは趣きを異にする。

 その意味でクーデター…の提唱は正確ではないが、ここでは便宜上からクーデターという表現を使わせて頂きたい。

 先ごろ、人気右派ブログ『この国は少し変だ!よーめんのブログ』は独自の「妖面親衛隊」構想に基づいて目指していたクーデター計画の廃案を明言したが、ここで極右翼勢力なりのクーデター・プロジェクトを第一段階的に表明しておきたい(※注意 これは妖面氏のやっていたことについて良い悪いを言うものではない)。

1.ギャグでもパロディーでもなく「本気」である

2.当面、人集めには固執せず、「軍事組織」のようなものはつくらない

3.我が極右翼勢力の主旨に賛同する者の総称を「大江戸回帰派」または「侍蟻(さむらいあり)」とする

4.クーデター(革命)計画は日本が帰化人と外国人(異民族)に乗っ取られたという「民族問題」「移民問題」に基づき、この体制の転覆を目指すが、毒素を排出させることで日本を浄化させるデトックス志向による


 日頃、維新・イシンと連呼する愛国者たちは自身が大好きな「明治維新」で何が行なわれたか、その基本に立ち返るべきだろう。それまでの武家・幕藩体制を終焉させて、まったく新しい近代議会体制に基づいて都道府県など新たな統治機構をつくり上げた。

 次に時代の変革があるとしたら、現行の近代議会体制に基づく都道府県のままではそんな変革運動に何の意味もないし、いつまで経っても外国への無駄な投資と占領・支配を強いられる現状は何も変わらない。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★極右翼声明!

20120615-00000065-mai-000-view
日本に寄生した殺人犯のネパール人をみすみす帰すな!

東電OL殺害事件で刑を停止した司法の判断に猛抗議!


★極右翼声明2!

1c3d19591429afc157e95bc656e4097b
介護士候補者で来日したインドネシア人の女が不法就労!

名古屋入国管理局が自動車部品製造工場に立ち入り調査!

特定活動ビザで沖縄県から入国のはずが愛知県内で就労!

「介護では仕送りが出来ない」の勝手な言い分を許すな!

外国人看護師・介護士受け入れ制度が悪用されたケース!

事実上の外国人単純労働者の受け入れ制度となっている!


★極右翼声明3!
20120615-00000028-jijp-000-view
祝! オウム特別手配犯・高橋克也容疑者の逮捕!

10日前後に逮捕あると見た本ブログの予感ほぼ的中!


no_2ch_0
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

2ちゃんねる麻薬売買は麻薬大国・近代日本の当然の帰結!

アヘン帝国での成り上がりの末裔が為政者となった日本で、

ネット上でも麻薬の売買が公然と放置されていたのは当然!

元締と売人、中毒者の間で先ずはネット浄化でケリつけろ!

douwa
橋下・維新、国政断念の背景!? ★スキャンダル暴露に怯えた橋下徹!?
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11278173598.html

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop

  
Posted by samuraiari at 23:43このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月14日

営利至上主義なる支配層

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★極右翼的デトックス論 今こそクーデターの提唱を

どんな手段を用いてでも日本経済を壊滅的にぶっ壊せ!

BLOGハラ~1

 あれはまだ西暦2000年を迎える遥か以前のこと。1999年に世界は滅亡するのか云々のバカ話に花を咲かせていたことをふと思い出す。

 今でこそめっきり聞かれなくなったがノストラダムスの何とやらというやつ。もっともその頃より02年サッカーW杯の開催をめぐり日本招致で世間は賑わっていたことから誰一人として信じていなかったというのが正解だろう。

 結局、アジア初のW杯開催は日韓共催となり、日本の韓国への同化を象徴したことは昨今の韓流やら種子島における韓国の軍事衛星打ち上げを見れば一目瞭然である。

 それ以前に99年が終わる瞬間にコンピュータ管理の数字がリセット状態となる00年問題が世界的に憂慮されたことはあったが、仮に世界が滅亡するような事態があったとしても「俺(私)は滅亡してくれても構わんけど」というのが大多数に共通するホンネだったのではないか?

 滅亡によって困るのは富豪、金持ち、富裕層のみ…。カネが圧倒的なチカラを持つ世界観が崩壊することで紙幣が紙切れ同然になるからだ。

 漫画『北斗の拳』で核戦争後の荒廃し切った世界が描かれていたが、劇中、紙幣を手にした賊徒が「今じゃケツを拭く紙にもなりやしねぇ!」と言ったのが象徴的であったと思う。

 こと日本はその頃(00年以前)より既に崩壊したも同然の状態だったのだから、その時点で何が滅亡するだの救われるだのを云々したところで詮無いことだった。

261024950[1] 商人(財界)主導体制の国家で経済・営利至上主義に覆われているが、こういう価値観の社会ではカネを持った奴の天下で何でもアリ。富める者が賞賛される。カネさえ持っていれば、富豪・富裕層であれば国籍や出自は一切問題にされない。朝鮮人だろうが中国人だろうが、帰化人だろうがナニジンだろうがカネを持った奴が崇められてしまう。

 結果、経営陣の90%以上を朝鮮・韓国系が掌握する「20兆円産業」のパチンコ・メーカーに政治家が媚びへつらってパーティ券購入の名目で事実上の献金を受け、その走狗と成り下がる状況が到来した。警察官僚が挙ってこの利権に天下りして群がり、パチンコ広告CMで成り立つマスコミは文化的・政治的にあらゆる韓国への同化推進を絶賛する。

 パチンコによって日本という国・社会が動かされていると言っても過言ではないほど「害悪」なのだが、いかに破産者や自殺者を続出させようとも日本人から現金を収奪し続ける、このシステムを国も社会も誰も止めようとはしない。

 破産者に至っては生活保護受給の身に成り下がっても、なおも生活保護費をパチンコに注ぎ込む有り様で、間接的であるが、日本人の血税がパチンコに注ぎ込まれているも同然である。パチンコ店にとっては一般客より、むしろそちらのほうが安定的な収益を得られて好都合となっている。

 害悪・害毒以外の何ものでもないパチンコで成り上がった朝鮮・韓国人や帰化人の経営者こそが庇護の対象となり、まるで功労者のように崇められ、連中の思惑通りに動く営利至上主義社会。もはや名目こそは日本国であっても日本国としての体を成していない。

 このような価値観に覆われた国・社会にあってパチンコを廃絶しようとすれば、日本経済そのものを破綻させるしかないのではないか。

 どの道、今の財界主導体制では外国人労働者や移民の受け入れによって日本人の雇用は奪われ、日本国・日本社会・日本経済なる名目のみは残っていても、その内実は雇用する側から雇用される側まで外国人(異民族)によって運営されているという事態になりかねないし、それは現在進行形で既に進んでしまっているのが現状だろう。

 対中国外交で売国に次ぐ売国(限りない譲歩)を要求する財界にせよ、パチンコにせよ、公共事業を牛耳る同和にせよ、ン十兆円という巨万の富を持つ奴らが今の日本の支配層であって、奴らが手にする紙幣を紙くず同然の状態にしない限り、日本人から膨大な税を徴収し続けて領土・領海を侵食させ、本土を外国人に侵食させる売国に歯止めはかからない。

 この構造にあって成り立っている議会体制と政党、議員などは支配層のエージェント(代理人)に過ぎないのであって、こちらも事実上の世襲制となった特権階層だが、財界と同和そしてパチンコあってのもの。

 打倒すべきは経済・営利至上主義であり、いっそ経済破綻でもしたほうが現在の売国に歯止めがかかるだろう。

 士農工商で商いが一番下の価値基準に置かれた武家時代を終焉させた明治の近代以降、日本は富国・国力増強の美名の下で産業発展に狂奔し、その系譜は現在まで続いている。結果もたらされたのはムダで徒に膨大な消費であり、カネが全ての空虚な価値観と売国奴の氾濫である。

 経済・経済・経済、

 雇用・雇用・雇用、

 景気・景気・景気…。

 保守・右派も大好きな自民党もそうだが、選挙での公約や主張を見ていればいつだってこれらのキーワードが何を置いても一番の関心事にくるのではないか。

 財界はじめカネを持っている奴が最高!…とされる営利至上主義者たちが演出している選挙戦で、その中で競われる選択肢しか与えられないのだから当然である。

 確かに、その中で経済・雇用・景気は最大のテーマだが、「国の繁栄」「国の安全」の趣旨が異なっているとする愛国者である以上、その経済こそを破綻させてぶっ壊さなければならない!

 以下、二人三脚で本ブログを牽引する同盟ブロガー・みたいな実さんのご意見。
みたいな実さんのブログ
「現状のままのような経済が成り立ってる社会である限り日本からパチンコがなくなるわけがないですね。だって共生主義社会ですから朝鮮人経営のパチンコが無くなる時は来ませんね。

仮にその時が来るときがあったとしたら、朝鮮人等が更なる同化をした時だと思われます。
日々、同化をしていってます。戦前が何よりも同化度数が醜くく日本人は朝鮮等と一緒に国旗を振っていました。そのなれの果ての社会が現状の日本ですが、未だに日本の自称愛国者は在日朝鮮人らも日本に尽くしてくれるのであれば受け入れるとかと言ってるのが現状であり、今のところの限界です。

洗脳とは怖いものです。悪の無限ループにハマってますね。

明治朝廷を破壊しない限り、日本は日本人自らの手によって破壊し尽くしていく事でしょうね。

デトックス効果を期待する事は個人の身体に関して言えば100%と言っても良いほど求めてる事ではないでしょうか。

でも、社会のデトックス効果に関する認識に関しては極度のウブ状態なのが洗脳されてしまっている明治以降の日本人のメンタリティです。困ったものです」

 先日も知人と話していたが、経済破綻によってガソリンもなくなって車も走らせられない、雑貨一つ買えなくなって日々の生活や行動にも支障を来たすことを誰もが憂慮する。

 しかし、1日に何人もが自動車事故で死傷している今日の車社会で、これ以上に車を走らせる必要があるだろうか。若年層の車離れが進む一方で、さらに車の生産性を向上させる一点を以って移民の受け入れを説いているのが財界首脳である。

 確かに利便性はあって有用に使いこなせば良いのだろうが、タバコの煙による有害を喧伝する一方で、遥かに有害な車の排ガスについては誰も問題にしない。

 歩行による長距離間の移動を煩った現代人の足腰は退化し、世界でも最長とも言われるほど長寿国になったにも関わらず、早々と生きた屍(寝たきり)と化すケースがあまりにも多いのではないか。

 製品の消耗・消費にせよ、次から次へと使い切ることが当たり前となった現在の常識では、より安価な物を外から仕入れようとメイドイン・チャイナやらコリアを氾濫させ、結果、緻密で確かな製品をつくっていた町工場や製品を販売する商店街はめっきり衰退してしまった。

 遅かれ早かれ破綻するか、その前に日本人が労働市場から締め出される事態が来るかも知れない。どうせなら自らの意志で破壊して潰したほうが良い。

 自分だけがそうなっては困るが、皆でそうなるなら安心するのが日本人の性質というやつで、それが冒頭の「俺(私)は滅亡してくれても構わんけど」に通ずることだろう。

 既存の価値観を支えるものが物理的に崩壊しない限り、国や個々の繁栄・安全についても新しい価値観は生まれないし、あなたの懐を潤わせますよ、収入をアップさせますよという為政者の繰り出すマヤカシに踊らされている限り、生活が向上するどころか、好ましくない者らを蔓延らせ、ますます収奪されて切り詰めることを余儀なくされる一方である。

34c4e8647844070a
「復興」「がんばろう!!日本」…お前らが言うな、パチンコ店!!

 4773bd1f

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

在日・同和系暴力団を潤わせる麻薬ビジネス!

2ちゃんねる麻薬売買情報はネット・ヤクザの氾濫を象徴!

ネット・ヤクザの巣窟である掲示板を叩き潰せ!

douwa
報告 SOUKA関連裁判・第1回
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11276444470.html

同盟強化月間、実施中!!

o0240032012536150939940003

gaitsuitop

  
Posted by samuraiari at 15:14このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月12日

救われない近代の中の日本人

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★クーデター志向の狼煙を消すな!

現金収奪に次ぐ収奪システムを保守する歪な近代体制

120603_1421~010001120603_1421~010001

 さる6月8日、右派系弁護士として持て囃される南出喜久治をはじめとする現行憲法無効論派(新憲法制定派)は、東京都議会に対し、「占領憲法と占領典範の無効確認決議を請願する集会」を東京都議会第一会議室にて開催したという。

 同集会は先ごろ、東京都として尖閣諸島の買い取りを表明した都知事・石原慎太郎の憲法観を「全国的なうねりにしよう!!」との趣旨で行なわれたもので、集会の様子はインターネットでも生中継されたようだ。

 この集会にはSNSmy日本』(管理人・西田省人も協力団体の一つとして名を連ねている。

 南出と西田の両者に関連する事項として、本ブログでは度々言及しているのでそちらもご参照頂きたい。

カテゴリー「my日本(西田省人)問題」
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/cat_50035580.html

戦前後憲法で日本人は死滅?
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51819660.html
再掲:自殺青年への鎮魂歌
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51820752.html

 類は友を呼ぶ…と言うべきか、この二つの勢力がここにきて本格的に結合し始めたというのは非常に興味深い。南出論を信奉する一派にコミュニケーションの場(SNS)を提供している西田の側から接触を図ったのか、保守・右派にとって旬の話題にすかさず飛びつくところは、保守運動をカネに代えることに長けていて目ざとい西田らしい反応と言えよう。

 石原都政にせよ、尖閣諸島の防衛にせよ、首都・東京に事実上のチャイナタウン(池袋)までつくらせ、叩き出すどころか逆に溢れんばかりの中国人留学生を招き入れて跋扈させた都知事に何を期待するのか。尖閣どころか長距離弾道ミサイルによって日本全土が射程圏内に収められ、日本領域内で度々中国の艦船や潜水艦が航行するほど防衛網がズタズタになっているにも関わらず、誰に何をも期待するものかというのが我ら「極右翼勢力」(大江戸回帰派とも)のスタンスである。

 「東京から日本を変える」「国を動かす」というのが石原慎太郎が都知事選に当選を果たした前後のキャッチフレーズであったと記憶しているが、東京都議会へ憲法無効などを請願する動きはそれが本格始動したものと言えるかも知れない。

 しかし、東京都として日本を変える、国を動かすと言うなら、日本人個々も絶えず進化・強化を遂げているもの。石原は移民受け入れなどという暴挙を唱え続けた自身への見方がかつてないほどに厳しくなっていることを認識すべきであろう。未だ石原新党とやらに期待する向きもあるのかも知れないが、是が否でも「石原マンセー」とした風潮は石原自身の寿命と同じく極めて先細りしたものとなっている。

 来たる6月13日の都議会本会議では、『日本創新党』所属の都議会議員・土屋たかゆきが石原の「憲法無効論」「尖閣問題」「歴史観」について問い質す旨が方々の保守系ブログで告知されており、平成維新であるとの気勢を上げる保守陣営はサヨク(左翼勢力)との一大決戦と位置づけているようだが、この期に及んで敵がサヨクとは悠長なものである。
 石原にせよ土屋にせよ、草莽の民のつもりなのか南出にせよ西田にせよ、 揃いも揃って繰り広げるトンだ茶番劇に付き合う人たちの気が知れない。

 では、政権さえ変えれば良いのか。憲法さえ現行のものを無効にして新たに制定すれば良いのか。

 先ごろ友誼ブログである『この国は少し変だ!よーめんのブログ』妖面氏がこれまで単独極右軍事政権の樹立を目指すとして提唱してきた「クーデター計画」の方向性を廃案にして、「民間軍事組織」を目指す方針を表明した。
 これは都知事の石原が数十年前より私兵と私財を投入してでも尖閣諸島を防衛する構想を表明しており、都による尖閣の買い取りによってその案が具現化しつつある時流に即応したものかも知れない。

 これまで半ばギャグ、パロディーであるとしたクーデター計画について改めてその通りであったことを明言したわけだが、『妖面親衛隊』を擁する『日極会(日本の極右軍事政権化を考える市民の会 代表・妖面氏)』の決定を否定することも肯定することもなく、一団体の方針として尊重したい。

 しかし、事は西田らが主張するように民主党を政権から引きずり降ろすなり議員のクビをすげ替えるだけで済む問題ではないし、南出が主張するように無効とする現行憲法の代わりに新たな憲法を制定して済む問題ではないだろう。

 政権を変えた、憲法をつくっただけで今までの近代議会体制のまま…これでは何の意味もないのである。

 これでは売国でも愛国でも何でも御座れの商人(財界)が動かす国のままで、日本人が勉学・就労する機会を奪われ続ける一方、手厚い支援金でもてなされた上に続々日本で就職を果たす外国人留学生が増加する上に、さらに1千万人移民受け入れによってますます日本人は死地に追いやられる。

 収奪の上に収奪され続けた税は今、話題の生活保護制度によって同和・在日・カルト宗教・左翼政党そして暴力団が組織的に斡旋する者へと優先的に支給され続け、本当に生活が困窮した日本人は一向に救われない。

 挙げ句、新たな政権だとか新たに制定した憲法の下で交戦権が定められ、日本人には財界の利益のためだけに戦って死にに行くことを強いられる。

 極端な話、在日外国人サマのために貴様ら日本人が戦って死にに行けと言っているも同然だろう。

 先のエントリー「大阪・ミナミ 無差別殺人事件」に寄せられた同盟ブロガーからのご意見をご紹介したい。

パチンコの後ろには警察、生活保護の後ろには厚生労働省、敵は大権力者です。特に厚生労働省は生活保護予算を国民から搾取出来なくなればおまんま食い上げです。それと族議員。

この敵(既得権者)らが目をつぶる訳がないです。ので敵はこの運動をどうやって潰すかとしか考えていない事でしょう。

安全であると考える事は危険です。特にパチンコ廃止なんてものは万民受けします。つまりそれだけ敵は危機意識を持ちやすいと思います。伏線として、人殺しが珍しくない世の中であるといった事を世間に周知する事も充分考えられる事でしょうし、脅しもある、何よりも、この運動に対する敵対勢力を作りたいと思ってる事でしょう。と言うか、実際、既に裏で動いてる可能性も考えられます。敵は軍資金は無限にあると言っても過言ではありません。どのような戦術・戦略をもってやってくるかなんて事は想像出来ませんので、あらゆる危機を想定するべきです。

これは主義主張の問題ではありません。お金の問題です。敵はそこを一番に保守したがるでしょうから議論がどーのとか、法がどーのといった事は無視してくるでしょう。

敵はひたすらに既得権・財産を保守する為の戦いだと思っているはずです。

Posted by みたいな実 at 2012年06月11日 20:51


 この国の体制である為政者に現行憲法は無効だとか、今の政権政党は良くないといったことを言えば言うほど現体制を保守・強化するもので、ますます為政者をつけ上がらせる。

 憲法はこうあるべきだとか、中国から尖閣諸島を守るべきだとか、体制側はそんなレートで物事を見ていない。

 日本人から収奪する富、カネ、マネーが全ての体制は圧倒的なチカラで以ってこれを除去するしかない。

 近代議会体制の中が間違っているのではなく、財界やらマスコミあらゆる機構によって構成される近代議会体制なるものが存在すること自体が間違っているのである。

 日本の保守・右派は中国や北朝鮮の軍事独裁体制についてこれを人民の手によって崩せ、ということを主張する。だが、日本もまた明治以降、外国・外国人に優先的な投資ばかりを行なう世界で最も気味悪い歪な体制であることを認識しなければならない。

 そのためには我が極右翼勢力またの名を大江戸回帰派は、政権交代や憲法破棄・制定というレベルではなく、近代体制の打倒・転覆を標榜したクーデター志向の狼煙を消さない。

 それが出来る、出来ないの問題ではなく、何世代にもわたる途方もない時間がかかろうとも最終的に実現されれば良いのである。

 これは暴力や騒乱の煽動ではなく、体制そのものからして毒素であるため新たな毒素を際限なく招来しているので、体制そのものをデトックスしようという、ごく必然的な提唱に他ならない。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

日本列島、上から下まで、右から左までがシャブ漬け!

インターネットによる麻薬売買システムを確立させた大罪!

シャブ掲示板『2ちゃんねる』を閉鎖せよ!!


douwa
橋下徹の「河本準一・吉本興業」擁護 ★これやから信用でけ(出来)へんねん!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11275380613.html

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop

  
Posted by samuraiari at 22:37このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月11日

大阪・ミナミ 無差別殺人事件

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆緊急! 白昼、流血の惨劇

犯人は某賭博メーカーが雇った「鉄砲玉」!?

1

 平成24年6月10日午後1時頃、大阪・ミナミの繁華街で刃物を持った男が通行人らに襲いかかり、東京都東久留米市の南野信吾さん(42)と60歳代の女性が数ヵ所を刺されるなどして死亡した。
4

 百貨店や飲食店などが立ち並ぶ大阪市有数の繁華街・心斎橋の一角は日曜の午後にも関わらず、喧騒と怒号に包まれた。

 110番通報によって駆けつけた南警察署員は現場にいた男が犯行を認めたため現行犯逮捕。調べに対し、男は住所不定で無職の礒飛(いそひ)京三容疑者(36)。事件について被害者らと「面識はなかった」「誰でも良いので殺したかった」「昨日(事件前日)の晩から周辺をうろついていた」と供述している。
3
 目撃者らの証言によると、最初は男たちが言い争うような怒声が聞こえた直後に悲鳴が聞こえたので見てみると、人が血を流して倒れていたと話しており、磯飛容疑者は無言で被害者らを何度も突き刺したという。その瞬間は首を掻き切るような仕草だったらしい。

 マスコミ報道では容疑者の出自や国籍について一切触れられていないが、最初に正面から撮られた画像を見た時、顔つきや犯行手口の残忍さから考えて「中国人か?」と思わされた。そうでなくとも「帰化人」という可能性も拭えない。栃木県出身と報道されているが、同県の同和出身者か? いずれでもないにせよ、唐突な通り魔事件にしては出来過ぎた感が否めない。
2

☆東西・中部 反パチンコ同時行動!

パチンコ如きのために生命を投げ捨てる新手の襲撃者?

 事件当日の夕刻5時より、事件のあった大阪市中央区東心斎橋1丁目からすぐ近くの難波・高島屋前では、所属タレントの親族らが生活保護を不正受給していた問題で、『吉本興業』に対する抗議街宣行動が行なわれようとしていた。

 さらに、そこから少し離れた恵美須町では事件発生の同時刻、「パチンコ廃止のデモ行進」のために参加者が集合し始めていたはずである。

 このいずれものデモ行動には人気右派ブログ『日本よ何処へ』瀬戸弘幸主宰がテコ入れのために東京から遠征して参加。

 だからどうだというわけではないが、事件当日は関東でも『パチンコ廃止を求める会』による署名活動が2時より神奈川県の相鉄線・横浜駅前で行なわれ、そして愛知県内でも柘植雅次氏(前『維新政党・新風』愛知県本部代表)の呼びかけでパチンコ廃止署名が展開された。要するに東西そして中部でパチンコ廃止に向けた行動が同時進行していたのである。

 横浜での活動は然したる混乱もなかったが、こと大阪の場合、吉本やパチンコとパチンコを経営する在日朝鮮・韓国人の巣窟(本場)であるだけに、それらを攻撃する運動も本格化・定着化しかねない。従って抗議デモ運動への敵対勢力(例えばパチンコ・メーカーなど)が誰を雇って、どのような妨害を仕掛けてきたとしても不思議ではない。

☆初の「敵陣営」の追跡者?
 
終始つきまとった黒いスーツ姿の男2人の影!

 今回の推測をするに至ったのには、もう一つの根拠がある。

 大阪でのパチンコ廃止デモの様子は、ミナミでの凶悪事件の発生を受け、上空には3機のヘリコプターが飛び交い、救急車やパトカーなどの緊急車輌が何台も街中を走り回るという、非常に緊迫した中で行なわれた。

 デモ行進の集会場には参加者でも警察関係者でもない、明らかに異様な黒いスーツ姿の男2人が目撃されている。

 デモ参加者は別として、大阪府警の公安関係者は6月という時季とありポロシャツなどのラフな服装をしていたが、その男たちだけはスーツ姿。デモと難波での抗議街宣が終了して瀬戸弘幸主宰ら一行が居酒屋で打ち上げを行なったが、そこにも2人のスーツ姿の男が来ていたという!!

 さらに当日の晩、瀬戸主宰は大阪府内のネットカフェを利用したが、その道中、ふと背後を振り返ると、その2人の男が後を追跡していたという。

 パチンコ・メーカーか吉本興業が雇った調査員か!? 今後の動員力、(ミナミでの)事件への反応でも調査していたのか? いずれにせよ尾行を気付かれるとは調査員にしてはド素人である。…それとも気付かれることを前提として何らかのプレッシャー(威圧感)と牽制を与えることが目的だったのか!?

※ちなみに横浜での署名活動でも挙動の怪しい男が偵察していた

 こうした「敵陣営」の嫌がらせとも受け取れる行為は、何かを仕掛ける前触れと思えなくもない。
 

 極端な話、抗議デモが行なわれる付近や少し離れたところで何らかのアクション(事件)を起こして、次第に抗議デモが拡大した頃、今度は大勢の参加者が集まるデモ集会場所で何が起きたとしても不思議ではないだろう! 少なくとも、そのための空気をつくり出そうとしている…というのは考え過ぎだろうか?

 磯飛容疑者の精神鑑定や事件への動機は今後さらに捜査で解明されていくものと思うが、その背景全てがマスコミ報道によって明らかにされるわけではない。

 無職で住所も不定、そんな多重債務者で人格破綻の者を「鉄砲玉」のように使って通り魔事件に見せかけ、抗議デモへの妨害・テロを仕掛けてきたとしたら…!?

 もし私が妨害を仕掛ける側だったとしたらそういう手口を使うだろうし、昨今、理由無き通り魔的な殺人事件や病気持ち(てんかん患者など)による凄惨な無差別殺傷事件が世間を賑わせているが、特定の運動勢力へのテロ・妨害を仕掛けるにもこうした種の事件に見せかけることがカムフラージュするにも最適である。そのほうが実行犯から背後関係へと追及の手が及び難いからである。

 不可解な理由無き殺人、通り魔事件というのは確かに起きているが、ゆえに中には「紛い物」が紛れ込んだとしても何らおかしくはないだろう。

 刑務所を出たばかりで行き場もない、頼れる身内もいない、死にたいけど自殺し切れない…そんな奴が使う側にとっては最適。

 ここまで飽くまでも推測・想像の域を出ないが、在日・同和そして警察にとっての利権であるパチンコ産業と、在日・同和層が優先的に受給しカルト宗教団体と暴力団にとって主要な資金源・ビジネスとなっている生活保護制度に取り組む運動勢力にとっては強固な覚悟と細心の注意が求められる。

 吉本糾弾の向きが強まったこのご時勢で生活保護の不正受給も出来ず、ゆえにパチンコも出来なくなった中毒者且つ生活・人格破綻者がどのような行動に出るとも分からない。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

douwa
横浜パチンコ廃止署名
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11274201681.html

120610_1600~010001120610_1523~010001
BlogPaint120610_1525~010001

no_2ch_0
☆警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

『2ちゃんねる』中毒も社会問題として深刻!

ある意味では麻薬・パチンコ中毒以上に深刻!

勤務中に閲覧で業務に支障・解雇が後を絶たず!

同盟強化月間、実施中!!

みたいな実さんのブログ

同盟ブログ更新情報!

縄文時代を陥れようとする闇の勢力

http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11268966282.html

o0240032012536150939940003

gaitsuitop

  
Posted by samuraiari at 11:39このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック