2012年07月30日

日本(民族共同体)を一からつくり直せ!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【プロローグ】

 さる平成24年7月29日というのは、とりわけ愛国者にとって日本の「現実」をまざまざと見せ付けられた1日だった、そのように後世で回顧されるのではないか。

 まず、東京では原発の即時停止を求める極左デモに対して、保守・右派のカウンター攻撃も行なわれたようだが、動員数で勝る反原発・極左勢力によってその声は掻き消されたにも等しかったという。警視庁発表で約1万2千人のデモの群集が国会議事堂を包囲した様子がマスコミ報道で大々的に伝えられた。

 やれカネを配った、弁当を配ったとして動員の「不純さ」が指摘される極左の反原発デモだが、思うに動機は関係ない。要はどれだけの人を動員したかの「実行力」の問題だろう。

 極左・反原発デモを目の当たりに愛国勢力としても組織や運動、動員の在り方について再考を迫られるところだが、一方では反原発派の勢いとて夏の酷暑には勝てずにやがて衰退に向かう、とする見方もある。かつて街頭行動に出たことで注目を浴びた「行動する保守」運動がそうであったように、発足から勢いが著しい反原発デモとて言ってみれば国家権力による「お試し期間」。やがて主催者らに対して国家権力からの大々的な摘発が始まるのではないか。
 徒に反原発なる一時のムードやブームに流されることなく、冷静な視点から物事を捉えることも必要だろう。

 極左に混じり、反原発行動に参画する新右翼『一水会』は在日外国人にはリベラル的なスタンスで知られるが、先ごろ、同会のブログにて「原発など穢れた技術は韓国のような穢れた朝鮮民族にくれてやれ」とする旨の主張がなされたという。原発に対する見解はともかくとして、「穢れた民族」なる表現を用いたことには賞賛の声を贈りたい。

 原発再稼動への怒りから勢いあまって思わず飛び出した主張なのだろうが、そのくらいの突き抜けた主張をしてこそ極左に便乗したと非難される右からの脱原発・反原発は独自性を以って飛躍する。

 反原発で極左の思うがままに社会混乱と国の破壊に加担させられ、原発推進で財界の片棒を担がされる日本のエネルギー問題は行くも地獄、戻るも地獄。どうせ同じ地獄なら飛び抜けて突き抜けなければ損というものである。

 一方、東京から離れた関東地方の片田舎でも動かし難い日本の現実をまざまざと見せつけられた。


★日本最大 「移民の祭典」!!

群馬・大泉まつり IN邑楽郡大泉町 7・29

ブラジル人カーニバルと否応ない「多民族共生・移民国家」の現実

120729_1837~01
120729_1817~03

 さる平成24年7月29日、群馬県邑楽郡大泉町(おうらぐん・おおいずみまち)では「大泉まつり」の最終日として、盛大な祭りが開催された。
 同町の観光協会サイトで見る限り、この地域に多く住んでいる在日ブラジル人と共に盛大なカーニバルが毎年開催されているような印象を受ける。
http://www.oizumimachi-kankoukyoukai.jp/matsuri.html

 しかし、実際には日本人(群馬県民)の祭りは日本人の祭り、ブラジル人のカーニバルはブラジル人のカーニバルとしてまったく空間を別にして行なわれているものだ。
120729_1810~010001120729_1921~020001
写真上:従来の地元のお祭り
写真下:まったく分かれて行なわれているブラジリアン・カーニバル
120729_1814~01
120729_1815~02
120729_1817~02
「潜入リサーチ 再び群馬・大泉のブラジル人天国へ!」
もはや抗議・デモでも動かせない「社会不安要因」の増大! 平成23年7月24日
http://gaitsui.info/1st_section/kouhou2011_07_24/2011_07_24.html

 私ども『NPO外国人犯罪追放運動』は昨年度もこのカーニバルの様子をお伝えしているが、今年度はその臨場感を少しでも共有してもらおうと動画にて提供する次第である。

(1)群馬ブラジル人カーニバル 移民社会の現実

http://www.youtube.com/watch?v=8jCKmeU0bT0&list=UUq-_MwfnfO16_oB_V9szqOA&index=1&feature=plcp

(2)群馬ブラジル人カーニバル 移民社会の現実

http://www.youtube.com/watch?v=gozaUn5n8Z4&list=UUq-_MwfnfO16_oB_V9szqOA&index=1&feature=plcp

群馬県人エリアからブラジル人エリアへ 「夜の狂気の宴」

(3)群馬ブラジル人カーニバル 移民社会の現実

http://www.youtube.com/watch?v=IEOOC9mJRDs&list=UUq-_MwfnfO16_oB_V9szqOA&index=1&feature=plcp


(4)群馬ブラジル人カーニバル 移民社会の現実

http://www.youtube.com/watch?v=JrJ6BmkalVc&list=UUq-_MwfnfO16_oB_V9szqOA&index=1&feature=plcp

 同じ祭りと言えども在日ブラジル人の場合は、日本人とはノリからして明らかに段違い。カーニバル会場では舞台から耳にとどまらず心臓にまで響くような大音量が流される。普段は人通りも殆どなく、人影もまばらな公園内にはまっすぐ歩くことも困難で何度も立ち往生を余儀なくされるほどにブラジル人が密集する。この日のカーニバルのため地元・大泉町のみならず群馬県内はもちろん栃木県や埼玉県など各地から在日ブラジル人が一斉に集う。そこにいた日本人は私たちくらいなものだろうか…。

 象徴的だったのは、日本人の祭りのほうにはブラジル人や他の外国人の姿も散見されるが、ブラジル人カーニバルのほうでは生っ粋の日本人らしき姿は皆無だったということである。これなどは「多文化・多民族共生」の現実を物語っているのではないか。ブラジル人の側は日本的なものに馴染んだとしても、当の日本人の側はブラジルの文化には馴染み難いと言うか馴染めない!と言うよりも馴染めるはずがない!

★いっそ国を破綻させて一からつくり直すか?

 …おそらく、日本中を見渡しても特定の出身国の者同士がこれほど一同に会して開催されるカーニバルというのは、ここ大泉くらいなものだろう。騒音防止条例とやらの規制は群馬・大泉ではどうなっているのか知らないが、おそらく在日ブラジル人社会に対して「ガス抜き」の意味合いもあって、年に1度のバカ騒ぎが大音量の下に容認されているのではないか。

 この一事を以って、日本社会が在日ブラジル人社会の存在を容認せざるを得ず、「事実上の移民国家」であることを如実に物語っている。

 「百聞は一見に如かず」とはよく言われるところだが、この群馬・大泉における在日ブラジル人の祭典も聞いただけではその臨場感は伝わらない。そこでまずは画像を見てもらおうと昨年は画像をご紹介した。しかし、画像だけでも伝わらないので今年撮影した映像をご覧頂きたい。映像でも限界はあると思われるので、この臨場感と言うか多民族共生・移民国家の現実は直に見た人でなければ実感は持てないだろう。

120729_1830~02
 在日外国人社会を論じるに、日本に隣接する国として中国人や韓国・朝鮮人の問題は、わが国の政治問題としては最優先事項となるが、世界レベルではまったく違った視点となる。

 こと移民問題に苦しむ欧州各国の場合、北アフリカやイスラム系移民の流入によって国の存立が危ぶまされている。世界中で国際テロを引き起こしているのもイスラム系移民だ。逆に欧州では中国人や韓国・朝鮮人問題の優先順位はかなり低い。その意味で在日外国人と言えば、中国・韓国人ばかりが目立つ日本のほうが傾向としては特異なケースと言えよう。

 日本の右派・保守には中国や朝鮮問題ばかりを危険視して、他は中央・東南アジア系であろうと南米系であろうと全てが親日的といったイメージが先行しがちだが、昔はどうあれ、基本的にどこの国の出身者が反日的だとか親日的といった視点では捉えないほうが良い。
 群馬・大泉での日本最大とも言うべき「移民の祭典」にも見られるように、程度で言えば中国・韓国人よりはマシというだけで、ブラジル人の増長ぶりは在日外国人社会の中でも群を抜いて凄まじい。

 日系も多いブラジル人が半被を着て神輿を担いだり、浴衣を着て日本の祭りに交わることはあっても、その逆に生っ粋の日本人がブラジル人の群れに交じってカーニバルで踊っているような光景は目にしなかった。

 言ってみれば日本側の祭りで日本人7〜8に対してブラジルほか外国人が3〜2、一方のブラジル人カーニバルのほうではブラジル人10に対して日本人など0も同然。この比率は少子化が進む一方の日本社会に対して、繁殖力の強い在日外国人社会の在り様を物語るようで興味深い。いずれ双方においてブラジル人が圧倒する日もそう遠くないのではないか。

 日本と同じく出生率の低下が著しい欧州各国もイスラム系アフリカ系移民によって侵食され尽くしているが、街中の治安などは通常の警察力ではどうにもならない次元へと来てしまっている。移民社会のほうが重武装しているくらいで、とてもではないが、警察が出動したくらいではどうにもならない。それにもまして警察の人員を削ってしまったところもある。

 かと言って軍隊が出動したところで異民族も殺せない軍隊では何の意味もない。今の先進国、国際社会という概念のままでは絶対に移民を殺せない。移民社会を抹殺して排除しようにも与党や軍隊の中枢にも移民出身者が浸透していて、身動きがとれない状態にある。

 もう先進国はいっそ、どこも破綻して物理的に崩壊し、異民族との戦争を経て一から国をつくり直すしかないのではないか?

 日本もまだ関東や東海・中部の一部でブラジル人社会と上手く収まっているようでも、いずれ大きな禍根となって表面化する時が来るに違いない。

 それでなくとも人権や同和対策に関わる思想と機関がビッチリというくらいに省庁や各自治体など司法から立法、行政の至るところに浸透し切った日本も同和対策事業では、それらを完全排除しようにも身動きが出来ない状態にある。

 そこに在日朝鮮・韓国人に続いて中国人そしてブラジル人などが巣食ってきたものであり、ここも日本国などという明治以降の近代国家・社会という枠に囚われることなく、一からつくり直すことを志向したほうが良いのではないか。

 120729_1830~01
120729_1831~01


 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

2ちゃんねる撲滅!
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

警視庁は身内にも蔓延したネット発の麻薬汚染を断て!

2ちゃんねる中毒を経て麻薬中毒が2ch発ベストセラー!

売る側も買う側も2ちゃんねる中毒で人生が激変した!

同特連へGO!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ


太賢さんのブログ

NPO外追

  

Posted by samuraiari at 20:02このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 調査活動 

2012年07月28日

日本も「愛国無罪」で行け!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★我々が生き延びる術

周辺国および世界を向こうに愛国無罪には愛国無罪で

no title 

 さる平成24年7月22日、関西方面では「日韓国交断絶国民大行進」が盛大に開催されたようである。

 そのデモ行進の最中、参加者らが地べたに敷かれた韓国国旗を踏みつけたことがネット上でちょっとした(?)騒ぎになっている。

 ニコニコ動画でのコメントの嵐に始まり、アンチ勢力はユーチューブでの拡散にも躍起で、ここぞとばかりに民族主義・排外主義の封じ込めに余念がないという。

Japanese patriot performance for KOREA 韓国国旗踏みつけ行為

http://www.youtube.com/watch?v=I9S6dYkE7oY

 動画サイトのユーチューブやニコニコ動画(以下、ニコ動)には数々の非難コメントが並ぶ。

「こういうことしたら韓国人と同じだろ。国旗踏みつけるとか民度低いこと二度とすんじゃねーよバカ」
「他国の国旗に敬意を持たないような人が愛国を唱えるのは虫唾が走りますね。日本の恥です」
「patriotって愛国者って意味でしたよね。ちょっとこのキチガイ連中にはあてはまらない」
00144
「韓国人と言うだけで一概に叩く人たちは日本の民度を大きく下げてる気がする。一部の韓国人を叩くならあくまで冷静に日本人らしく対応すべきだと思いませんか?」
「自分は国旗焼いたり踏んでるしてる韓国人を低レベル●●●とか言ってるけどお前もそのレベルなことを知れよ。一部のこういう奴のせいで日本が変なふうに思われるから最悪」
「僕は韓国嫌いだけど、これは常識的に考えて恥ずかしいと思うのですが」
※ ●部分は『2ちゃんねる』のアスキー文字

 一見はもっともらしくも聞こえる意見が今現在も羅列されている。綺麗事が好きな保守・右派も交じっているのだろうが、そうした保守・右派陣営も引き込まんと真っ当な愛国者を装って「愛国勢力の分断」と「排斥主義者の排斥」を図るのが在日韓国・朝鮮人や左翼の常套手段である。

 問題とされる韓国国旗はよく出来たつくりで、白地の中央に赤色と青色からなる陰陽があるのは本物の太極旗そのままでも、その周囲四隅に配置された掛(かけ)を害虫に模しているのはなかなかシャレが利いているではないか。

 それを参加者らが代わる代わる踏みつけるとは、デモ行動の意義や参加者個々の意志が強く表わされていて非常に好ましい。
 欲を言えば中国や韓国でやっている反日デモのように、韓国国旗を力いっぱい地団駄を踏むが如く思いっきり踏んづけるパフォーマンスがあっても良かったくらいである。

 中国・韓国国旗の損壊(焼却)などは関東の有志らによってこれまでも行なわれたことがあるが、悲しいかな、当人らの力量が及ばなかったこともあってか、ネット上でもあまり大きな反響は呼び込めなかった。
 時に街中で、時に靖国神社境内で行なわれたパフォーマンスらしいが、私自身は直に見たこともないしネット上の動画などでも確認したこともない。

 それが今回、関西で行なわれた韓国国旗への踏みつけ行為が少なからぬ反発を招いているようで、ある意味では喜ばしく、ある意味では嘆かわしくもある。

 国旗踏みつけなどは動画でたまたまアップされたものが在日韓国・朝鮮人や左翼の目に止まり、格好の槍玉にあげられているだけで、かく言う私も08年長野・聖火リレーでは中国人留学生らとの衝突の場で五星紅旗を思いっ切り地べたで踏みつけたものだ。

 それ以前には『新風連(新しい風を求めてNET連合)』という『維新政党・新風』(過去、参院選に5度出馬した右派選挙団体)を支援するブロガー連合体サイトを運営・管理していたものだが、原爆投下に対するアメリカ大使館への抗議行動に赴いた際、協賛ブロガーの1人が星条旗にハーケンクロイツを模した旗を持参していたのを活動の様子として掲載したところ、これが「国旗損壊に当たる」「国辱的だ」とする謂われなき非難を受けた。
ChimpuDokuro
 当該の問題画像(?)については後に団体としての見解を示したが、非難を突っぱねるような声明にこれまた非難の嵐を呼び込み、コメント欄が「炎上」したことを思い出す。

新しい風を求めてNET連合 http://shinpuren.jugem.jp/

星条旗問題についての見解を表明する! http://shinpuren.jugem.jp/?eid=179

 星条旗問題で見解を一にした当時の協賛ブロガーとは既に袂を分かつている者もいるが、そんなことはどうでも良い。

 あの時点で今後どういう方向性へと進むのか、どういう手段を選択しようとしているのか、そのスタンスがより明確になったと思う。

 結局、これが契機となって団体の分裂を招いたが、後に本格始動する「行動する保守」運動にとっても大きなターニング・ポイントとなった。

 それ以降、翌年、翌々年あたりには街頭行動を通じ、国家権力や敵性民族とより熾烈な衝突を繰り広げ、刑事事件で逮捕者や有罪判決まで受けた同志を続出させた。

 国旗損壊どころか大使館への突入や敵性民族への直接攻撃があっても良いくらいだという思いで、少なくとも週に3回以上は各地での街頭デモ行動に赴いた。その思いは今も変わらない。

AyygYLcCYAAeMV6
 今回の関西における日韓国交断絶デモにせよ、参加者が国旗を踏みつけている姿が韓国内で報道され、向こうで大々的な反発を招いて「日本との関係を断ち切る」「官民を含めて一切の交流をしない」と言ってくるなら大いに結構ではないか。

 そのためのデモ行進であり、それ(関係断絶)を欲した行動なのだろう?

 そう考えれば、韓国国旗の踏みつけに対してネット上で非難を繰り広げる者らの主張がいかに偽善的で、偽りの美徳、偽りの愛国心に満ちたものであるかが分かるだろう。

 私自身は未確認だが、ニコ動のコメント欄には国旗踏みつけ行為を賞賛する向きもあるものの、ここでも激しく非難する向きが大勢を占めると伝え聞く。結局、ドクロ星条旗を非難した5年前と何も変わっていないのである。進歩・進化していないと言うべきだろう。

 ニコ動なども所詮は『2ちゃんねる』ユーザーの2ちゃんねらーと変わらないレベル。いとも簡単に工作されてしまうし、無責任に賞賛や非難の声が溢れる。社会運動の過程で情報ツールとして活用する向きもあるが、私は個人的にはまったく評価・信用していない。

 生放送で何千人、何万人の支持を集めるのは大いに結構だが、それを過信してもいけないと思う。国旗踏みつけというセンセーショナルな局面でもご覧のような有り様。

 中国・韓国の「愛国無罪」に対しては愛国無罪で応戦すべきところを、日本人というのは何と低次元なメンタリティなのだろうか。

 保守・右派で愛国者を自認する者でさえ、国旗踏みつけを口実に非難・罵倒するアンチ勢力の口車に乗せられて煽られ、むしろ率先的且つ中心的に非難を繰り返している。

 韓国国旗を踏みつけるような連中と普通の愛国者が同一視されるのは「耐え難い」「腹立たしい」「悲しい」「恥ずかしい」旨が猛烈に書き立てられているが、そもそも「普通の愛国者」って何なのか?

 スマートで大人しく整然と韓国に抗議して、在日の方々は速やかにお帰り頂けませんか?…と穏やかに諭すことが普通で崇高な精神性だと思っているのではないか。自分たち日本人は中国人や韓国人(朝鮮人)とは違うんだ!という驕り高ぶり、履き違えた優越感に浸っているのではないか。

 結局、明治以降の近代体制で、よその国々が植民地支配や強制連行を普通にやっている時に、ひとり日本だけは統治だとか植民地出身者を同等に扱う同化政策をやっていたことに起因するだろう。こと日本の場合、近代そのものがいけない。

 その点で言えば、こと反日では愛国無罪に徹せられる中国人や韓国・朝鮮人のほうが現代日本人より遥かに上である。

 スマートで穏やかな抗議手法に徹したところで世界中の誰も認めてはくれない。評価もされない。逆に国旗踏みつけで海外から非難する向きがあろうと、それが何だと言うのだろうか? 敵国の国旗を踏んだ、燃やすなどは事ある度に世界中のどこでもやっていることではないか。

 日本人が中国や韓国における日の丸損壊・焼却に反発して抗議しているように、日本人がどこかの国の国旗を踏みつけたり燃やしたりすれば、当該国から抗議の声が寄せられたとしても当たり前のことである。だから何なんだ、それがどうしたんだという話だろう。

 国益が衝突すれば人同士も衝突する、それが国家と国家、民族と民族というもの。国旗踏んだ何だでネットで朝から晩まで大騒ぎとは、どこまで暇でウブな奴らなんだという話である。

 ネットで執拗に噛みついてくる世間知らずで狭小なチンピラどもに、国旗への尊敬や国旗の尊重・尊厳などを説かれてもなぁ…といったところだろう。

 断言する!

 愛国無罪に対する愛国無罪とは、中国人や韓国・朝鮮人のほかブラジル、ペルー、フィリピン、ベトナム、イラン、パキスタン、インドなどなど世界中の人間が溢れかえり、明治の近代以降は既に「事実上の移民社会」となった日本で、大成功した帰化人(移民)や外国人を標的に生命も財産も奪い、ほかは身包み剥いで一文無しで叩き出せとするものである。

 帰化人および外国人経営者・成功者の大邸宅に日本人の強盗団でも押し入って大々的な被害があらば愛国者一同を挙げてその義賊的行為を讃えよう!

 虐げられて搾取され、殺され続ける日本人は愛国無罪でなければ、日本人として生き延びられない状況が到来している。

以下、前エントリー「強殺されても強殺出来ない日本人?」に寄せられた同盟ブロガー・みたいな実さんからのご意見をご紹介したい。拝聴!

普通の国ならば犯罪の矛先は裕福でなくとも外国人に向けられるものです。なので外国で日本人移民が強盗に遭う事も多くあると聞くが、それを聞いても差別をされたと思う日本人はいません。

でも日本国は最悪ですね。外国人犯罪、成りすまし犯罪も、その当の犯罪者である中国・朝鮮人を襲っては駄目などころか詮索すらも出来ません。

そんな事をしたら人権団体と言われる、これまたその出自の詮索をしてはいけない組織に吊し上げをくらってしまう。何故か人権団体解放史に出てくる解放の父は決まってその存在が在日であると言う時点で「同じ日本人」を語る同和と言う存在の答えが露呈しているはずですが、詮索不能です。

つまり日本という国は外国人を排斥するどころか、外国人から排斥されるよう仕組みを改悪されてしまったのが、明治以降の近現代の有様ですが、そのトドメとなったのが、いわゆる保守の大好きな「教育勅語」です。特に京都のカルト系保守が愛して止む事がない模様となってるようですが、この「教育勅語」とは簡単に言うと日本風、つまり和風ですらありません。いわゆる和洋折衷とすらもなっていない代物で、その正体は「儒洋折衷」です。朱子学とキリスト教を混ぜ合わせたものが「教育勅語」というものなのですが、これをもって日本は戦前、日本民族浄化政策を実行しました。

つまり全ての日本国民は天皇の赤子であるといったカルト思想を植え付ける事に寄って朝鮮・台湾人等とチャンポンされた。戦前、朝鮮人なんかは日本国旗をふり天皇マンチェーしてたくらいです。これが水平、つまり同和政策の最大の政策でした。これにより日本人の心は徹底的に押し殺され共生社会とは、イコール善社会であるといった洗脳を受けてしまい今に至ります。

なのでナンペイや大津事件は異常なようでも必然的に起こり続けますし、日本が明治以降、凶悪犯罪・自殺が異様に増えた原因でもある。

Posted by みたいな実 at 2012年07月27日 06:04

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

2ちゃんねる撲滅!
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

西村博之『2ちゃんねる』の「Xデー」は見せしめにとどまらず、

ネット社会が存続する限りは、いつか何処かで誰かの手によって、

葬り去られなければならないネット社会再編・整理の必然である!

放置して公然と有害情報(麻薬売買)が放置される状況を招いた!


同特連へGO!
報告 SOUKA関連裁判・第2回
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11313057456.html
o0320017912101038968

 同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ


太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 13:24このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月26日

強殺されても強殺出来ない日本人?

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★ナンペイ事件から考察する

日本人から収奪した奴(人権・共生社会の支配層)から奪え!

TKY201207240748

 実際に記事を書いてみても思うことだが、さる平成7年7月に東京・八王子のスーパー『ナンペイ』で発生した強盗殺人事件への関心は今以って高い。

 閉店後の事務所で作業していたアルバイトの女子高生2名とパートの主婦1名の計3名を後ろ手に縛り、後頭部から拳銃で撃つという残忍な手口から、『NPO外国人犯罪追放運動』顧問の瀬戸弘幸・BLOG『日本よ何処へ』主宰は事件発生の当時より外国人による犯行ではないかとの見方を強め、後に著書となった単行本『外国人犯罪』でもそのように記した。

 この事件は私が上京して極右運動に参画した最初の夏に起きた事件であり、私個人にとっても非常に印象深い。

 事件について事情を知るとされる中国人がカナダで拘束され、警視庁が旅券法違反容疑での身柄引き渡しを要請している。事件当時は日本に在留しており、後に日本人の男に成り済まして日本から出国した際の容疑である。この身柄引き渡しについて、然る弁護士が「無関係の事件で他国に身柄引き渡しを要求することは許されない」「実行されれば(阻止のために)法的措置を取る」としており、その様子をマスコミも伝えているが、身柄引き渡し要請は旅券法違反容疑だというのに、バカな法律家とマスコミが巷を徘徊しているものだ。

 一方で何年も前からナンペイ事件の容疑者像に迫っていたマスコミ報道もある。以下、ご紹介するのは毎年の如く触れているナンペイ事件に関する過去エントリーへ寄せられたコメント。

2010年8月1日の記事「ナンペイ事件を忘れない」
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51563044.html


あの時囁かれたのは、「東北部出身の軍隊経験者」ではないか?でした。後頭部から撃ち抜いて顔を潰すのは、特定の信仰からくる処刑方法だと言った旧軍関係者や老華僑もいました。確か中国人の仕業だと始めに言い出したのも、違法居留の中国人達でした。
当時としては根拠も無い、証拠にも為らない噂でしか有りませんでしたが、根拠も証拠も無くても事実は事実なんだと、そう司法に迫れる勇気と行動力があの時有れば、事件は解決していたのかも知れません。合掌。

Posted by 飴屋惣助 at 2010年08月02日 11:53

PN2012072401002130_-_-_CI0003
最近もある週刊誌がナンペイ事件の特集を掲載
それによるとナンペイの社長は、中小企業のオヤジにありがちな毎晩、飲み歩くのが好きだったオヤジ(事件、数年後にお亡くなりになったそうです)
バブリーにRolexの腕時計して
金の使い方もハデだったそう
中小企業ぽく、高級店よりノリのいい外国娘がいる店がお気に入りだったらしい
事件発生直後から、中国娘パブやフィリピンパブのホステス達が情報を同胞に流したのでは?とマークされてたそうです
金周りのいい男がいると
これだけハデに毎晩飲み歩いてる位だから儲かってるだろう・・と外国人が安易に目をつけた・・
ナンペイは地域密着型スーパー
全国展開してる大型店と違い、日本人から見ると大金が金庫に入ってる店には思えない
なのに襲ったのはハデに金を使う姿を目の当たりにしてた外国人、特に中国人とフィリピン人が当時からマークされてたと書いてありました
外国人ならとっくに出国してるでしょう

Posted by 週刊誌情報もバカにできない at 2010年08月04日 17:54


 毎晩のように中国人や外国人のホステスがいる店を飲み歩いていたスーパー・ナンペイの社長がふとした自慢話から店舗にある金庫のことなどを漏らしたのではないか。それを聞いたホステスが同胞の男たちに伝えて犯行に繋がった…というのはこれまでの外国人犯罪でも頻繁に見られた手口である。「外国人ならとうに出国している」とした投稿者。全ての要素がカナダで拘束された中国人に繋がってくるのではないか。

 当時、東京西部では中国人によるこの手の凶悪事件が起きており、ナンペイ事件が起きる3年前の平成4年5月には多摩市内のパチンコ店を3人組の中国人が襲撃。鋭利な刃物などで現金を搬送中の店員2名を殺害するなどして2人の中国人が逮捕された。平成7年12月に東京地裁八王子支部(現立川支部)で「外国人犯罪者に対する初の死刑判決」が言い渡され、平成14年6月に最高裁で死刑判決が確定。
 しかし、刑の確定から丸10年を経てもなお執行されず現在に至っている(なお、主犯格は現在も逃走中)。

 周知の通り、パチンコはその95%を在日韓国・朝鮮人が占めているアンダーグランド産業で、違法賭博でシコタマ儲けているパチンコ店が犯罪での一攫千金を目論んだ中国人の標的にされるというのもごく必然なことだろう。

 特別永住資格という法律上の特例によって巧妙に日本に居座り、法の網を掻い潜って警察権力からはお目こぼしをもらう形で大儲けして私腹を肥やしているから、新たにやって来た外国人に狙われる。

 どうせなら店舗ではなく、パチンコ経営者の大邸宅でも襲われれば良かったのだろうが、いつしか市民団体『在特会』のチンピラ・アバズレ副会長(当時)が率いる愛知勢が県内のパチンコ経営者の御殿を訪問して回るという企画を行っていたが、強盗を計画する者らに格好のネタを提供したのではないか。

 そんな企画を実行したせいかどうか知らないが、当の副会長自身がパチンコの魅力に嵌って「パチンカー」に堕落したようだが、何度かは勝ててもトータルでは絶対に大負けさせられているパチンコに嵌りに嵌った結果、身包み剥がれて破産状態に陥るのは目に見えている。

 強盗をやった者が刑に処され、殺人まで犯した者なら死刑の厳罰に処されて当然だが、そのように中毒者を増やして現金を巻き上げ、大儲けしている在日パチンコ経営者なら襲われたとしても当然だろう。

 この不況下なら、ましていつの時代もタタキ(強盗)をやる奴というのは後を絶たないが、どうせやるなら非力な婦女子の頭を撃ち抜くような無慈悲なことはせず、「罪人」なりの美学を持ってやれ!という話である。

 以下、先日のエントリー「八王子ナンペイ事件と移民国家」に寄せられた中傷コメントに対する筆者からの反論を掲載。件の中傷コメントは既に削除してしまっているが、私の反論から内容をご推察頂きたい。

削除したけど、出血大サービスで主張の一端だけは掲載しながら反論しといてやるわ。

>侍を僭称しているが、その正体はどこの馬の骨とも知らないカスの集まりである

いや、ほんまにカスですよ。カスやないと出来ませんもん。うちら優雅な邸宅で上品に紋付を着てるような高貴なモンと違いますねん。

間違ってもオタクはんみたいに、家柄や出自を自称したり、学歴や職歴みたいな下らないものは誇れませんわ。

>私はこのクズどもにふさわしい名前を考えた
>それは 【土匪】である!!!!!
>どひ【土匪】とは?
>土着民で武装して集団となって略奪・暴行をする賊。

ほんま土匪みたいなモンに憧れますわ。土匪になりとうおます!

同和や在日のセレブから奪えるもんは全部奪い取りたいですもん!
あいつら全部、皆殺しにして。

最高ですやん!

そんな野良武士を目指してますねん!

そら罪も無い前途ある女子高生やパートのオバちゃんを殺したりしたら、あきまへんわ。

カネを奪うためだけにアルバイトの女子高生を殺したりしたらただの凶悪犯ですけど、パチンコ屋の経営者とか在日・同和のセレブやっつけたったら、もう英雄になれますんやで!!

Posted by 管理人:有門“排外”大輔 at 2012年07月25日 22:39


20120717-220717035-47 今どき純真な右翼テロをやろうという者は皆無である。

 第一、首相や閣僚、政治家を1人2人殺したところで世の中は何も変わらない。そんな輩をターゲットにしてもどうにもならないのが近代の国家・社会である。

 しかし、長引く経済停滞の中で妻子を食わせんがために強盗でもやろうかと食い詰めた者はゴマンといる。今の日本で最も富裕層なのは前述のパチンコ経営者然り、アングラ産業で肥え太った在日韓国・朝鮮人。そして「同和対策事業」の恩恵で肥え太った同和勢力の上層部である。

 「中流」などという意識はほんの一時期に持て囃されたものに過ぎず、絶えず格差や貧富の差を生み出しているのが明治以降の近代。

 人権・共生・反差別…近代国家・社会が行き着くところまで行き着いた現代では、在日・同和こそが被差別層なる「特権」を楯に富と名声を手にし、大多数であるはずの日本人ばかりが虐げられる本末転倒な状況を招いた。

 その最たる犠牲者が経済不況の中で家族を抱え、今日も食うや食わずの日々を強いられる者らである。

 間違ってもタタキ(強盗)が好ましいなどとは言わないが、同じ奪うにせよ、近代日本で一番ふんぞり返って日本人から収奪している奴らから奪ってみろ! そうしたらお前ら讃えてやるよ!…という話である。

 昨今、日の丸を掲げた「愛国デモ」が全国各地で盛んだが、真に讃えられるべき愛国者とは動機はどうあれ、敵を殺して敵から奪った奴なのである。

 今、日本人の中から「金嬉老」を生み出さなくてはならない。

… … …
 「荒らし常習犯」のSHINこと岡田信幸(53歳)さん。アンタ、妻子もろくに食わせないで麻薬の密売や寸借詐欺みたいなことで卑しいカネを稼いでいるようではダメだよ!

 右翼テロをコピーペーストして方々のブログに貼り付けているヒマがあったら、アンタこそタタキにでも行って来いよ!

 モトジマ銃撃だか浅沼テロだか赤報隊の朝日新聞襲撃か何かは分からないけどさ、そんなことで動かないほど元よりズタボロにされているのが明治以降の近代日本なんですよ。

 人権・共生・反差別の社会で支配層になっているのは誰なのか? 政治家やマスコミみたいな提灯持ちへの攻撃をいくら呼びかけてたってダメなんだよ。

 コメント欄で暴れていたのはSHINじゃなければ南出系のシノノメか『my日本』関係者の素うどんこと「素うんこ」か、はたまたカルト信者のストーカーか!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

2ちゃんねる撲滅!
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

獄中のホリエモンが予想した西村博之(2ch管理人)逮捕!

堀江貴文曰く「2ちゃんねる摘発とひろゆき逮捕を見せしめ」?

「別の誰かがもっと酷いサイトを作るだけのような気がする」?

2ちゃんねるを放置したままでは後戻り出来ないくらいに酷い!

現在でさえ手を付けられずに大変なことになってここまで来た!

嘘・詭弁を弄する西村博之も覚せい剤でアタマがやられたのか!

同特連へGO!
東村山街宣報告!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11312786755.html
PICT4725

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ


太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 23:47このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月25日

八王子ナンペイ事件と移民国家

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★全ての在日社会に責を問う!

「移民国家」である近代で起きた一つの大きな悲劇!

589fc568ba8f251a117a9a4779eff50f

 我がブログでも毎年、夏が来る度に継続的に言及しているが、さる平成7年7月末に東京・八王子のスーパー『ナンペイ』で発生した強盗殺人事件が依然として未解決のままである。

 この事件はその手口の残忍さから、事件発生から17年を経た今も人々の記憶に生々しい。

 深夜、閉店後のスーパー事務室で後片付けや会計処理に追われていた女子高生2名と主婦1名のアルバイト計3名が後ろ手に両手を縛られ、目隠しをされた上に背後から後頭部を拳銃で打ち抜かれるというものだった。まるでアメリカのバイオレンス映画並に荒々しい犯行手口は当時、世間を震撼させた。

 その後、事件発生の夏が来る度、特に集中的な情報提供の呼びかけや事件を風化させないための周知活動が行なわれている。

 そして、このほどカナダ在住の中国人の男(41歳)が事件に関する情報を知っているとして、警視庁はカナダ当局に対して旅券法違反容疑などで男の身柄引き渡しを要請しているという。

 この中国人の男は事件当時は日本に在留しており、後に出国。カナダで身柄を拘束されていた。
 麻薬密輸罪で中国で2010年4月に死刑が執行された武田輝夫元死刑囚(当時67歳)が刑執行の直前、「中国人の男から事件に関与した人物を知っていると聞いた」と証言したことから、警視庁が中国に捜査員を派遣。その上でカナダ在住の中国人が浮上し、このほどの身柄引き渡し要請に至ったものである。

 しかし、この事件ではテロリスト気取りで老齢者の粗暴犯が犯行を供述するなど、事件解決への手がかりが何度かリークされながら、ほどなく露と消えることを繰り返してきた。発生から20年近くが経過。事件を風化させないためのガセ情報のリークではなく、犯人特定に繋がればと思う。

 その他、何気に在日外国人が関わったニュースが飛び交う昨今である。

 00年と08年、大阪市内で中国人女子留学生と会社員男性を殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、1、2審で死刑とされた無職・加賀山領治被告(62)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(寺田逸郎裁判長)は7月24日、「あらかじめ凶器を準備して強盗する相手を物色するなど計画性が認められる上、ナイフで突き刺して殺害したのも残虐で、人命軽視の性向は顕著。死刑はやむを得ない」として被告側の上告を棄却。死刑が確定した。

 同じく7月24日午後4時20分ごろ、大阪府豊中市待兼山町の大阪大学理学部研究科棟で、「男性が腹をナイフで刺された」と同校の警備員から119番通報があった。男性は研究科棟の玄関付近で倒れており、病院に運ばれたが、意識不明の重体。大阪大学によると、男性は阪大大学院理学研究科で生物科学を専攻するベトナム人留学生だという。府警豊中署は殺人未遂容疑で捜査を開始した。

64adb707 中国人の関与が指摘される八王子スーパーでの強殺事件と中国人留学生が被害者となった凶悪事件での死刑確定、そして大学研究棟でのベトナム人留学生への刺傷。

 普段のニュースで、こうも外国人の存在が何気なく取り沙汰される背景には日本が事実上の移民国家になった、いや、既に古くより事実上の移民国家となっていたことを物語っている。

 ただ、日本政府が「移民の受け入れは行なっておりません」と言っているだけで、移民即ち帰化人の存在は一般的に思われている以上に長きにわたって、根深く日本社会に浸透していたのだろう。明治の開国、近代化以降、一貫して継続されてきたことで、そうした風潮が新たな移民(ニューカマー)を続々入植させ、今また共生の名に置いてさらなる受け入れ拡大が行なわれているものと思われる。

 バブル期には国際化、それが今では多文化・多民族の共生…。文言や表現こそ異なれど、外国人の受け入れと外国人との共存(?)は一貫して美化され提唱・継続されているのが近代国家社会の実像である。それより、さらに以前は「大東亜(大アジア)」「五族共和」などと盛んに言われていたものだ。

 先ごろ、最高裁の司法研究所は死刑判決が終戦直後の混乱期並に増加していると指摘。

 殺人事件では昭和20年代は1.02%だったが、30年以降は0.2%台に。しかし、平成7〜16年は0.63%に増加。同17〜21年の直近の5年間では0.99%と昭和20年代の数値に近づいたという。

 この数値は外国人が大暴れした頃の数値とも言えるのではないか。終戦直後の混乱期に朝鮮人や台湾人などの「三国人」が大暴れしたことはつとに知られているが、社会の安定化とともに落ち着きを取り戻す。それでも暴力団絡みの凶悪事件など朝鮮人をはじめとする在日外国人犯罪は相次ぐ。そして時を経た近年になって従来の中国・朝鮮人に加え、ブラジルやペルーなどの南米系やイランやパキスタンなどの中近東出身の外国人による犯罪、東南アジア系外国人による犯罪の増加によって再び急上昇してきたものと思われる。

 この戦後という括りのみで捉えられがちだが、戦前などは完全な治安維持・国土防衛体制どころか、その治安・防衛を担う側(憲兵など)にまで異民族が入り込んでいた。だいたい現在よりも在日外国人の数は多かったのだから、単純に考えても戦前社会における異民族の跳梁跋扈ぶりは想像に難くない。

 在日外国人・異民族による犯行および増長ぶり、そして治安の混乱と死刑判決の増加などは戦後ではなく、近代の括りで見なければならない。

 近代以前では考えられなかったことが平然とまかり通ってるのが近代であり、異常な事態を昔からの日常としか受け止めていないのが現在である。
PN2010073001000420_-_-_CI0003
写真:現在は駐車場となっている事件現場

 八王子スーパー・ナンペイ事件に話を戻そう。

 不法在留の外国人による(と思われる)凶悪犯罪で、前途ある2名の少女の生命が無慈悲に奪われている一方、同じく不法残留の外国人少女への国外退去命令が「無慈悲だ」「非人道的だ」「可哀想だ」とする向きもあるが、こんな次元で可哀想などを言っている時点で日本社会は舐められている。

 日本で2名の少女が残忍にも殺害されたら見せしめと報復的に、中国人であろうがベトナム人であろうが、児童が殺されるくらいの怖さがないから、このような凶悪事件の発生を招く。

 北朝鮮に日本人の子供が拉致されたら北朝鮮籍の児童を人質に取るくらいのことをすべきだとする主張もあるが、全てに通ずることである。

 容疑者本人への厳罰(死刑判決と死刑の履行)は勿論のこと、中国人なら中国人、ベトナム人ならベトナム人、ブラジル人ならブラジル人…全ての在日外国人社会に関わってくる問題だぞということがまったく認識されていないから、同じ悲劇が繰り返されて、いつまで経っても後を絶たない。

 そもそも文明開花や共栄圏、友好、国際化、共生など、いかなる名目を掲げていようとも日本人には外国人・異民族との交わりは向かないことがこの150年弱で見事なまでに示されているし、そのようなことを強いる体制というのも日本人には似つかわしくない。

 似つかわしくて当たり前だと思っているのは当の現代人くらいなものだろう。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

同特連へGO!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

★同盟ブログ更新情報!

『飴屋兵助差別事件から伺い知れる本当の日本人気質』
犬食い民族は日本から失せろ! その3
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11305512299.html


太賢さんのブログ
本当の時間
http://ameblo.jp/yamabushitaiken/entry-11300775960.html
現代人が失った本当の暦(こよみ)


2ちゃんねる撲滅!
★大津・イジメ自殺でネット中傷被害!

加害者である同級生の母親と間違われた市内の女性への脅迫!

インターネット上で殺害・危害を示唆する書き込みと脅迫状!

不確かな情報でイジメの心理を焚きつけた『2ちゃんねる』

掲示板に溢れた女性と女性が主宰する団体の名称に足すくむ!

警察も総務省も法務省も、誰も手出し出来ない魔物2chを葬れ!


NPO外追
外追声明! 
http://gaitsui.info/statement/seimei2012_07_23/2012_07_23.html

街角の外国人情報 http://gaitsui.info/2nd_section/town/foreigner.html

  
Posted by samuraiari at 00:03このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月22日

日本の救国史「排外革命」!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★大津から見る日本の害悪!

近代のステイタスを社会の埒外へ追いやる排外主義を!

72_20120712062045

 滋賀県警はこの週明けより、大津市の皇子山中学校で起きたイジメと自殺問題について生徒約300名からの聴き取り調査を開始するという。

 しかし、これとてどこまで実態解明に繋がるのかは不透明である。容疑者への取り調べなどとは異なり、警察を向こうにした参考人としての事情聴取と言えども、大人でもごく普通の人なら気が滅入ってしまう。しかも14歳前後の中学生となると尚更である。

 まして普段は接することの少ない警察官を前に、時に誘導的に、時に執拗に、時に厳しくも問われたりすれば、どこまで事実を正確に話せるかは分からない。第一、当の県警が及び腰であったことが自殺という事態まで招いたのではなかったか。その警察とて中立公正を謳ってはいるが、県や市、地域のどことどう繋がっているのか分かったものではない。そうしたアンダーグランドな繋がりが大人社会にあっても見て見ぬふりをする風潮を生み出して蔓延させ、一中学校内におけるイジメで死亡者まで出すという最悪の結果をもたらした。

 滋賀・大津の皇子山中学校イジメ自殺事件についてはBLOG『同特連(同和・カルト特権を許すな!ネット連合』でも先のエントリーで取り上げたので、そちらもお読み(ついでに応援クリック)頂ければ有り難い。
douwa
滋賀・大津の全貌に迫る! http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11308416997.html

 同特連ブログで主張したことは、警察や学校という機関そのものが害悪だとは言わないが、その周辺に巣食う社会の構造というのは全て害悪によって覆われており、それらを一掃すべき旨を述べさせて頂いた。

 その他、パチンコやカルト宗教など、国民生活の向上や福利厚生、娯楽として定着・普及しているものほど実は金銭を巻き上げ、心身を蝕む害悪で、こと学校においても同和教育の弊害・実害が表面化した以上、それらを社会の害悪と位置づけて一掃へと働きかけるべき旨を主張している。

 社会に当たり前のように存在しているものでも実はそれこそが諸問題を生み出している害悪であり、真っ先に斬り捨てなければならないものを有り難がって畏怖し、崇め奉っている様は滑稽だ。
dca6f211-s
 同和・人権教育で学校教育にも強い影響力をおよぼしている同和団体『部落解放同盟』などは、古くから差別を受けてきた人々によってつくられた団体で、差別解消のために様々な運動を行なっている人たちとして世間一般では受け止められているのだろうが、実際は解放同盟のような組織が存在するからこそ差別が一向に解消されない悪循環を生んでいる。それどころか、差別を口実に利権を漁る団体の増長を許し、逆に被差別層というのが一種の特権やステイタスにまでなってしまった。それが今回の大津のように、非人間的な者らによって非人間的に扱われたイジメ被害者を自殺にまで追いやり、なおも学校や教育委員会など地域ぐるみでの隠蔽工作が行なわれている。

 皇子山中学校には全国各地から抗議の電話が殺到、回線がパンク状態になり、保護者らとの必要な連絡にも支障が生じたことが教職員より伝えられているという。そのため学校側は生徒と保護者にのみメールなどで通知した週代わりのレンタル回線に切り替えるなどの対応に迫られているらしい。

 調査が不十分、生徒を見殺しにした…そのような抗議の電話が圧倒的多数のようだ。
 それもこれも教育現場から同和の影響力を排除出来なかったことに起因するもので、イジメを見過ごし生徒を自殺に至らせ、なおも隠蔽工作に終始する姿勢は何も皇子山中学校に限ったことではなく、全ての学校に共通することであり、これでは学校そのものが害悪と言われても仕方がない。

img_878352_30687834_0
 だいたいが今の学校教育では、教育水準や進学率はかつてと比べようがないほどに上昇し切ったにも関わらず、良い大学まで進学したところで偏差値やら出身校の自慢に終始して、カスみたいなプライドに寄り縋って徘徊する害悪のような人間ばかりを量産している。有用な人材が育たないのだから社会の各界各層で能率が下がってくるのも致し方ない。

 学校教育が終わっているなら家庭教育はもっと終わっている。学校というところに預けて後は他人任せ、大津の問題でも加害者生徒のうち誰一人として公(おおやけ)の場に出て来て責任を負おうとする保護者さえいない。

 家庭さえも害悪と言われそうだが、ここまで学校という存在が教育において絶対的なものになってしまった。その学校でさえどうにもならないのなら、子供にとって最も身近な「教育の最高責任者は親」という原点に立ち返るしかないだろう。

 誰もが当然のこととしてやっているから誰も疑問に思わないが、学校にさえ預けていれば大丈夫とする発想こそそもそも異常である。

 そう考えれば、当たり前のこととして社会に存在するあらゆるものが疑わしく思えてくる。例えば前述のパチンコ。これも娯楽として国民生活の向上に役立っていると思っている人が大多数かも知れないが、酷い場合だと10回行ったうちの1回も勝てない。たまに勝って喜んでもその間に膨大な額をむしり取られている。そんなことを何年も繰り返していたら破産から終いには自殺にまで陥るのは当然である。街中や駅前などどこにでも建っている、このパチンコが娯楽どころか名実ともに「違法賭博」であると認識している人がどのくらいいるだろうか?

 宗教団体も然り。創価学会などはただの一信仰団体として受け止めている人もいるのだろうが、その実態は公明党の支持母体であるどころか、教団を発信基地として司法、行政、立法、マスコミの至るところに信者を送り込んだ一種の権力機構である。ゆえに日本では一宗教団体であっても、フランスではカルトの認定を下された。ただの宗教団体の信者が選挙の度に大量動員されて右から左へと動かされる…当の信者も外から見ている側も、この状態が創価ならごく普通と思った時点で宗教でも信仰でもなくなっている。

 社会に貢献どころか実は有害、これは同和運動団体も然り、極左教職員組合『日教組』の牙城である学校も然り、経営者の95%を在日韓国・朝鮮人が占めるパチンコも然り、創価学会ほかカルト的な宗教団体も然り、インターネットの匿名掲示板『2ちゃんねる』も然りである。
 有用な情報ツールとして有り難がっている人もいるのだろうが、その一方では著しく知性・知能の衰退を招き、挙げ句の果てには麻薬売買の情報ツールと化した社会の害悪でしかない。

 これら社会的ステイタスを得たものを「社会の埒外」に排除する排外主義に立脚することが肝要である。排外主義とは単に「支那人出て行け」だの「中国人を叩き出せ」「韓国・朝鮮人を強制送還しろ」と言って、その実現を目指すだけではない。社会的ステイタスを害悪として埒外(反社会的存在)へと追いやること。これが排外主義である。

 そして最後にこれら全てを野放しにしている国の体制。
 国会を構成する政党・議員は財界の意向によって候補者の擁立から党の政策・公約を決し、言ってみれば財界の代理人(エージェント)として表舞台に立っているようなものだ。

 現在、失業率4.4%くらいとされる日本だが、潜在的な者まで含めればその数倍に上ると思われ、今後ますます失業率は増加の一途をたどると思うが、そんな状況下でも財界は自らの利益のために外国人移民・労働者の大量受け入れを公然と要求している。

 若年層が家庭を構築するためには先ず経済基盤(生活)の確立が急務だが、相も変らぬ低コストの生産性を重視する財界は契約社員なる歪な雇用形態を創出しては安易な大量首切りを実行させ、昨今の少子化傾向にますます拍車をかけている。

 その上、1千万人とも5千万人とも分からない大量の外国人移民・労働者を受け入れることで日本人労働者を労働市場から締め出そうとすることも平然と行なう。今でさえ年間10万人を下らないとされる日本人の自殺者。

 中国・韓国との関係重視のためには日本の国益を損なう売国も当然と主張する商人がリードする体制で国が立ち行くはずがない。

 その政財界が現在進行形で打ち出しているのは消費税アップ。まともに高い税金を納めていても人一人の安全は拉致問題に見られるように何ら保障されないし、重税を課せられてますます虐げられる一方。大津のような自殺事件を受けても最高責任者の首相がリップサービス的に当たり障りのないコメントを発する程度。

 タテマエでは選挙で議員を選べることになってはいるが、それとて財界の意向によって擁立された候補者を同和団体や創価信者による票で当落させるゲーム(権力闘争)に付き合わされているに過ぎない。

 ここらで日本人も政治家や政党がどうこうではなく、近代的・民主主義なる国の体制そのものについて必ずしも絶対的なものではないとする思考に至らなければならない。選挙で選べる候補者など低次元での選択だが、国の体制こそ一大選択である。

 子育ても終わって家庭もある、年金もある、貯蓄もあると言う人もいるだろうが、老い先短く、限定的に恵まれた人だけが満足していてもどうにもならない。

 人の一生はたかが知れているが、国はずっと続いていくのである。

 それに、少々裕福な家系であっても財産分与を三代も続ければ財が全て消滅するのが今の日本の体制である。

 日本は豊かで恵まれた国であるとするプロパガンダから脱して、日本の有史以来、類を見ない「悪しき体制」に支配されているという認識に立脚しなくてはならない。

 そう言うと、日本は北朝鮮のような国じゃないぞ、という向きもあることだろう?

 しかし、当の北朝鮮の人民だって首領様がいて軍があって党があり、そして人民がいるという状態がごく普通で当たり前だと思っている。日本人が現行の体制を普通で当たり前と思っていることとどう違うのか?

 餓死も含めて年間10万人以上の自殺者を出す国。日々の食事にありつけても口にするのはファーストフードや長期的には健康に害を及ぼす妙な加工・輸入食品が圧倒的多数…。住まいは新築であろうとウサギ小屋のようなマンション。どこが豊かで恵まれているものか!

 独裁が悪いという話でもなく、民主主義が悪いという話でもない。近代そのものが悪いという話である。

 今の体制が絶対的に正しいものではないと疑問を抱くこと、正しいとは限らないどころか日本史上で最低最悪、打倒を目指して当然。

 そう思うところから日本の救国史「排外革命」は幕を開ける。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0
★極右翼 「2ちゃんねる断罪キャンペーン」!!

滋賀・大津の中2年男子自殺で日本列島が揺れている!

しかし、陰湿なイジメで自殺は『2ちゃんねる』も同様!

2ch自殺騒動こそ真相究明も断罪・反省・総括もされず!

大津事件でスレッドを乱立させて騒いでいる場合ではなく、

2ちゃんねるこそユーザー自殺の責任を負わせて消滅させよ!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop1

  
Posted by samuraiari at 23:23このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月21日

アジア同胞なる悪夢!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★極右翼が提供する「近代終焉」企画!

外国のために犠牲と投資を強いられた大アジア政策と戦争

img20091216115631000
画像:他サイトで拾いました。
まだ私が街頭行動で中心に立っていた頃、
ニコニコ動画で私のキャラがつくられたようです。
話には聞いていましたが、初めて見ました。

 平成24年7月20日の関東地方は曇り空で時折、雨がぱらつくなど、所要のため地方に赴いていたが、梅雨明けが宣言された早々のこの時期にしては珍しく肌寒い一日となった。

 毎年、今頃の季節になると風物詩のように繰り返されるのが「終戦ン十周年」と銘打たれた終戦特別企画のテレビ番組である。今夏もまた半世紀前の戦争を振り返る熱きドラマやドキュメンタリータッチな放送がテレビを席巻するのだろうか。

no title この半世紀以上も前になる大東亜戦争は敗戦後、占領軍総司令部(GHQ)の検閲と命令によって「太平洋戦争」と呼称するように改めさせられた。

 敗戦については無条件降伏ではなかったとする評価もあるが、戦後処理に関わる条件を呑まされ、事実上の無条件降伏に等しくされてしまった時点で完全な敗北である。「神」である天皇陛下が「武器を置け」「矛を収めよ」と一言発すれば、誰もが右へ倣えで武装解除して、後は好き放題にされてしまう体制であったことこそ問題である。

 無条件降伏であったかなかったかなど、大した問題ではない。戦争の呼称についても然り、勝者の歴史観が根付かされてしまうのも必然だろう。それを踏まえた上で戦争そのものは勿論、そこに至る経過と今以って「戦後」を引きずっている後の経過(即ち日本の近代体制時代)を総括しなければならない。

 先に勝者の歴史観と記したが、では、敗者である日本の真の歴史観とされるものも本当に正しいのか?

 戦争当時は使用されていた大東亜戦争なる呼称は現在、保守・右派を中心に再び広がりを見せ始めているが、そんな呼称が普及・定着して何がどうなるというのだろうか。

 大東亜戦争とは読んで字の如くアジアのための戦争であって、言い換えれば「大アジア戦争」とも呼べる。

 こと愛国者は日本人が欧米列強の植民地にあったアジアの国々を解放して、共に欧米列強の侵略と戦ったとしてこれらを礼賛するが、日本人が外国のために戦った、異民族のために死なせられたというのに、これを無条件で讃えている場合ではない。

 日本がアジアのために犠牲になったのは大東亜戦争に限らない。その下地は明治の近代化以降、一貫して推し進められてきたものであり、日清・日露戦争は朝鮮半島進出への足がかりを築くものとして朝鮮人のために犠牲を強いられたも同然である。膨大に失われた将兵の人命、戦費、その後の日韓併合におけるインフラ整備のための莫大な投資…。その後も第1次世界大戦を経て中国大陸への橋頭堡(満州国など)を構築するため、官民を問わず少なからぬ犠牲を払いながら大アジアのための国策に邁進。その結果として起きたのが大東亜…なる大アジア戦争であった。その尾を未だ引きずるのが現在であり、「近代体制」という括りにおいて戦争と戦争前後を「総括」しなければならない。

 戦前日本が統治下に置いた朝鮮半島と台湾で顕著に見られるが、かの国々を発展・近代化させるために惜しみない投資の一方、飢饉に見舞われた東北農村では年端もいかぬ若い娘が遊郭に身を落とさなければ自身も家族も生きられない状況を招来した。…朝鮮半島からの慰安婦強制連行を云々する向きもあるが、日本国内でこそ「事実上の慰安婦強制連行」が行なわれていたようなものである。

 敗戦後も占領軍の命令によって「慰安婦を差し出さなければ婦女子の安全は保障しない」(差し出しても保障されなかったわけだが)と脅され、日本が強制的に慰安所をつくらされた。

 こういう事実があるにも関わらず、日本人は朝鮮半島や台湾で慰安婦の強制連行など一切しなかった…と弁明したところで何か意味があるのだろうか?

 博学で高潔、知性と誇り高さに自尊心を潤わせたところで、所詮は当の自分たちが東京大空襲や原爆投下で大虐殺の犠牲者となり、慰安婦強制連行の被害者になったというのはブラック・ジョークでしかない。

 挙げ句の果て、世界で最も野蛮なアメリカ人が理知的で進んでいると盲信させられ、同じく野蛮な朝鮮人や中国人は善良な「被害者」で、日本人こそが「加害者(戦争犯罪者)」のように仕立て上げられるという本末転倒な事態を招いた。
1
 ここで我が極右翼勢力なりに大雑把な総括(事実と結論)として、以下の項目を書き記したい。

・日本は朝鮮や台湾を植民地支配ではなく統治した → だから、いけない!

・大東亜戦争は侵略ではなくアジア解放を目指した戦争だった → だから、いけない!

・散華、負傷された日本軍将兵はアジア解放のために勇猛果敢に戦った → だから、いけない!

・朝鮮半島や台湾で慰安婦と労働力の強制連行は一切行なわなかった → だから、いけない!

・中国大陸で南京事件など大虐殺は行なわなかった → だから、いけない!

 こうした事実と結果を受け、現在の日本の愛国者らはひたすら大アジアのために散華された英霊を手放しで絶賛することに終始し、日本人を欧米人や中国・朝鮮人より遥かに高い水準に位置する民族性を持つものとして誇りに思っている。

 そんな誇りに寄り縋って自分たちを高みに置いている間に、下に位置していると思っていた中国人や朝鮮人に好き放題に侵略される状況を招いてしまった。

 おそらく当人らも国のため、家族のためと思って戦い、散華されたものと思うが、実際はアジアのため。

n4 大東亜戦争での犠牲者は約300万人。その多くが二十代、三十代の前途有望な若年層だった。後世となった今では特攻隊まで賛美する傾向もあるが、それだけ多くの有為な人材が失われたということであり、一言で言えば何でアジアのために日本人が死ななきゃならんのかという話である。

 インドネシアだかビルマだかで敗戦後も旧日本軍将兵と現地人が共に独立のために戦ったことなどが美談として伝えられているが、その逆に、パプア何とか島だとか原始人しか住んでいなさそうな東南アジアの各地で日本軍が襲撃を受け、将兵が犠牲になったケースも少なからずあると思われる。

 第一、同胞でもない者を「アジア同胞」などという妙な概念までつくり出して、何故に日本人がアジア人と共にアジアのために戦って死ななければならんのかと思う。

 同じ戦って犠牲にするなら、北の果てにある酷寒の大地や灼熱の太陽が照り注ぐジャングルの中まで、半世紀以上を経た今なお遺骨収集に向かわなければならないところで戦わせて犠牲にするのではなく、日本の周辺においてのみ有用な戦い方をさせるべきである。

 その意味でわざわざ多大な犠牲を払い、莫大な投資をしてまで朝鮮半島や満州(現在の中国東北部)に進出して、ロシアと国境を接するなどはタダの自殺行為に等しい。

 朝鮮やら台湾如きにくれてやるカネがあるなら、そこからタダ同然で慰安婦でも労働者でも強制徴用して、東北農村から日本人の若い娘が遊郭に身を落さなくても良い暮らしをさせてやれ!…という話である。

 そして、恐ろしいことに外国と外国人に莫大な援助・救済措置を施す一方で、日本人を見殺しにするような政策は一見は平和・平穏になった現在もなお継続されているということだ。

 額こそかつてと比べて少なく、規模こそ小さくなったのかも知れないが、ODA(政府開発援助)垂れ流しの一方で地方の過疎化が進み、日本人失業者が日々増大しているというのに、その一方で推し進められる外国人労働者・移民の受け入れ。来日間もない外国人にまで生活保護を支給する一方で、日本人の生活困窮者が餓死・病死・孤独死…。朝鮮人経営のパチンコなる違法賭博(20兆円産業の現金収奪システム)を野放しにする一方、年間10万人以上にも上る日本人の自殺者…。毎年、東京大空襲にも匹敵する規模の無差別攻撃が行なわれたのと同じである。

 大東亜戦争のアジア解放・アジアの自由に特に象徴されていると思うが、とにかく明治の近代以降、日本では自由に次ぐ自由、自由…を追求し続けてきたと思う。その時代々々によって自由の解釈や度合いは人それぞれで異なっていると思うが、総体的に見れば、そのような方向にあったことは間違いない。

 自由に価値観を置いてきた近代国家社会の結果、職業の選択や結婚など全て、あらゆる意味で自由な国・社会が到来したと思う。しかし、自由になったところで誰もが何をどうして良いのか分からず、離職や離婚が当たり前のように繰り広げられるようになってしまった。よしんば職にありつけたとしても、転職さえ日常茶飯事の世の中では誰もが自分の仕事に誇りや生き様を見出せなくなってしまったのではないか。

 何かから解き放たれた、解放されたとする近代体制下の自由こそマヤカシであると疑ってかからなければならない。では、その自由の対極にある価値観が本当に悪しきものなのか、本当に不自由なものなのか、また、今あるのは本当の意味での自由なのか。

 明治の近代化以降、自由・民主なる言葉が流行り出し、戦後にはそれに加えて権利・人権なる言葉が流行って今に至る。

 現在までの約150年の近代時代とは明治維新によってもたらされたものであるが、各国で皇帝や王朝が打倒された革命とは異なり、日本のそれは帝(みかど)だけは変わらず綿々と受け継がせてきたイシン(維新)であることを愛国者は繰り返し強調する。

 だが、近代化以降、帝の在り方も戦前は皇軍の総大将、戦後は日本のマスコット・キャラクターというように著しく歪められた革命であったことに違いはない。

 革命でもたらされた歪(いびつ)な体制は、クーデターひいては革命によってしか打倒されない。

 国を司る者を選ぶ権利と自由があるようで実はまったくない。それはこと政治に限らず、国・社会における全てのことに共通するのではないか。 

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0
★大阪地裁 「2ちゃんねる中傷投稿に賠償命令」!!

各界を覆う『2ちゃんねる』狂想曲! 医療界も異常事態!

いい年こいた医師が同業の医師を2ちゃんねるで誹謗中傷!

2ちゃんねるを利用した名誉毀損に110万円の賠償命令!

論評に値しない中傷が一端の言論としてまかり通った帰結!

もはや安易な中傷ツールと化した掲示板を直ちに閉鎖せよ!


douwa
反カルト街頭行動のお知らせ
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11307760625.html


同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop1

  
Posted by samuraiari at 00:49このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月19日

改憲・憲法破棄なるマヤカシ

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★愛国者の悲願とは?

改憲にも憲法破棄(新憲法制定)にも与せず! 護憲も論外…

img_441813_30442620_0

 こと保守・右派とされる日本の愛国者にとって、悲願と言うか背骨(バックボーン)、アイデンティティとは何であろうか?

 憲法改正・制定によって自衛隊を国軍化させ、全てと言って良いくらいに世界中のどこの国にもある「軍隊」を持つことではないだろうか。

 明治の近代化以降、日清・日露両戦争および第1次世界大戦に勝利し、敗れはしたものの第2次世界大戦では米国という超大国を向こうに華々しい戦火を交えたとされる大宣伝は、日本人としての誇り、矜持をこの上なくくすぶってやまないものだと思われる。

 約半世紀にわたって国軍なるものを持つことが許されなかった日本だが、軍隊を持つ持たないなどは明治以降、たかだが150年にも満たない極めて短期的な歴史観によって植えつけられた価値観である。
title_constitution
 明治から昭和時代の前半まで、戦前の華々しい大躍進には日本人としての魂を揺さぶられるところかも知れないが、世界に日本ここに在りを知らしめたロシアとの日露戦争とて結果、もたらされたのは日韓併合。当時の日本の国家予算の約半分を投じて朝鮮半島の近代化・インフラ整備に充てるというのは狂気の沙汰としか思えない。ODAで援助したり、パチンコ経営で朝鮮人に大儲けさせていることとは比較にならない規模であったと思う。一方、東北農村の過疎では娘が女郎屋に身売りするようなことが起きていたのではないか。

 米国と戦火を交えた大東亜戦争とて読んで字の如く東亜即ちアジアのための戦争で、放っておいても良いような植民地の国々を欧米から解放したと高らかに宣言したところで、日本人にとって得になることなど一つもない。

 実際に戦って散華され、また負傷された将兵一人ひとりはともかくとして、もうそろそろ日本の愛国者も絶賛する近代史を客観的に評価し始めても良いのではないか。

001 これまで日本の戦後史では左翼が侵略戦争だ、侵略者だとして先人らを罵倒し続けたのに対して、保守・右派は「いや、アジア解放の聖戦だ」として反駁することを繰り返して今に至っていると思うが、この近代というものが「悪しき体制」によって導かれた狂気の時代であり、日本の有史以来、朝鮮人ほかアジア人のために有為な日本人の生命と財産がムダに消耗された時代であると「総括」されない限り、不毛な左右論争からは永遠に脱し切れないと思う。無論、中韓など諸外国の内政干渉や歴史認識の強要からも。

 巷言われる南京大虐殺も朝鮮半島からの強制連行も事実無根だが、むしろ「それをやらなかったからダメなんだ」というメンタリティにならない限り、今の日中・日韓関係は永遠に続く。

 考えてもみれば南京事件が起きたとされるのは1937年。その年に生まれた赤ん坊も今や75歳前後。日本が本当に大虐殺を実行していれば、後の中国共産党や人民解放軍の幹部になったり、対日侵略に加担することとなる中国人は存在しなかったかも知れない。現在の東シナ海や尖閣諸島をめぐる争いも起きていなかったかも知れないのである。

 それは今だから何とでも言える卑怯な後付けだ、後出しジャンケンだとする向きもあるだろうが、海の外へ出るからにはそれくらいのことをやっていなければいけない。そこに待ち構えるのはやがて逆襲もあり得る蛮族だ。実際に現在、逆襲の憂き目を見ている。アメリカ人がベトナムのジャングルで戦争をやろうと、中東の砂漠のド真ん中で戦争をやろうと勝手だが、東南アジアのジャングルや果てしなく広大な中国大陸、酷寒のシベリア辺りまで出兵して戦争をやるというのはそもそも日本人の性に合わない。

 日本人は欧米白人のように植民地や異民族の扱いにも長けていないし、有効な脅し方も知らない。カネや技術を無償提供するようなことが当たり前で駆け引きや交渉事も下手。外交も下手で、一時的には上手くいっても永続的に国際競争で勝ち残る性質ではない。だいたいが海の外へ進出して行くようには出来ていない。

 明治の近代化でたまに外へ出たかと思えば、植民地支配ではなく統治だとか、強制連行どころか同胞として扱っては無秩序に受け入れる有り様…。朝鮮人やアジアのために戦った戦没者をカルト宗教よろしく奉っているが、まだ日本人同士で西だ東だ、われは薩摩・長州だ、われこそは徳川・会津だと争っていたほうがよほど有意義だったのではないかと思う。

 江戸城の無血開城に至った戊辰戦争にせよ、どの道、江戸城は解体されて皇居にされてしまう運命を辿るくらいなら江戸の町を焦土にしてでも消耗戦をやっていれば、同じ近代化をするにせよ、徳川家や会津藩も明治新体制の中枢に入っていたかも知れない。

 歴史に「たら」「れば」は禁物だが、たとえ右からも左からも悪者に仕立て上げられようとも、徒に身近な先人への礼賛に終始することなく、正しく総括することが後世を生きる者の使命だと思う。

 同じ進出するにせよ、戦国時代の乱世で、武力と体力にかけては「世界最強」とまで言われた頃の日本人がアジアへの覇道を歩んでいたほうがよほど有為な「侵出」になったのではないか?

 そう考えればサムライがただの1人も存在せず、近代化以降の日本が国策として行なったアジア進出と戦乱の数々が到底手放しで讃えられたものではないと思えてくることだろう。

 以下、前エントリー「滋賀・大津事件の闇」のコメント欄に寄せられたご意見への筆者の回答。件の回答は特定の投稿者のみならず、現在の右派そのものに対して投げかけたものとご理解頂きたい。

無意味だとは言いませんが、さほど教養が必要だとは思えません。役に立たない害悪みたいな教養ばかりを身に付けさせられています。
教養のない支那人は大虐殺をしたが、教養ある日本人は違う…こんな履き違えた優越感に浸っている時点で負けです。同じように殺せなかったから今、日本が侵略される羽目になっています。支那人を見下す前に彼らの生命力の強さを認めて見習わなきゃいけません。

>野田もだけど自民も他の政党も綺麗事しか言えず、
>覇道の視点での対策が無いんですな。
>憲法9条に縛られている国防を蔑ろにしている奴隷国家らしい

憲法を云々に囚われている時点で奴隷根性なんですよ。憲法九条を改正したって新憲法をつくったって、そうそう変わるものではありませんぜ。
覇道と言うからには女子供を虐殺出来ます? 今だって世界最強最新鋭の兵器・装備を備えているのに、それを軍隊にしたからって如何ほどのものなのかと思います。戦えない以前に女子供も殺せないってのが何の脅威にもならないでしょう。標的だけを狙ってピンポイント攻撃? そんなアメリカ辺りに毒された発想に陥っている時点で日本人はダメなんですよ。

Posted by 有門“排外”大輔 at 2012年07月17日 22:11


 続いて同じコメント欄に寄せられた同盟ブロガー「太賢さん」からのご意見。

o0240032012536150939940003
有門さんへ

>憲法を云々に囚われている時点で奴隷根性なんですよ!

まったくその通りです。

この前ツイッターで↓をつぶやきました。

「昭和憲法は米国占領下にGHQによって作られた憲法。明治憲法は英国占領下にユダヤ人によって作られた憲法。昭和憲法を有難がるのが左翼。明治憲法を有難がるのが右翼や保守。こんな我が国の国体に合わない両憲法を有難がってる輩の気がしれないね。分断統治の好例だね。と云うより奴隷根性かな。」

「あのね、みんな勘違いしてるけど日本には交戦権あります。尖閣や北方領土、竹島等は防衛権が発動出来ます。でもやらないのは政府の怠慢。ユダヤ人が作った帝国憲法だのGHQが作った昭和憲法といった国内法の問題じゃありません。」

そしたら新無効論者にフォロー切られました^^

そもそも何で両憲法を批判してる私をフォローするのか分かりませんが。

Posted by 太賢 at 2012年07月18日 03:03


 憲法改正や憲法破棄による新憲法制定などというのは大層なことのように思えても、その実、極めて短期的で狭小な視野に基づいた発想であり目的である。

 日本人が異民族から畏怖された、あるいは尊敬された時代というのは何も近代化以降の「皇軍」が存在した時代だけではなかったと思うし、むしろその皇軍の中に朝鮮人や台湾人まで加わっていたなどは笑止の極みでしかない。

 先ごろ、右派系市民団体『在特会(在日特権を許さない市民の会)』が靖国神社前で、極左・反天連による8月15日のデモ行進を許すな!とする署名活動を行なっていた際、言いがかりをつけて乱入してきた在日朝鮮人とあわや乱闘の騒ぎになった。

2012.07.16(月)在特会の署名活動を在日朝鮮人が妨害被害届提出へ

http://www.youtube.com/watch?v=9qeWb95ES-M


 同会会長のツイッターには当然の如く、在日朝鮮人の不逞に対して怒りのフォローが殺到したが、「同じ日本軍将兵として戦った朝鮮の方たちも祀られている靖国神社から『朝鮮人出て行け』はおかしい」とする理解不能なフォローも少なくなかったという(私自身は書き込みを未確認)。

 妙なフォロワーも紛れ込んでいるのか、明治・近代体制の象徴である靖国神社をぶっ壊せ!…とまでは言えないとしても、日本の右派・保守なら少なくとも「英霊祭祀から朝鮮人や台湾人を外せ」「排除しろ」と主張して当然である。当の朝鮮人としても合祀から外されることを求めているのだから、理に適っているだろう。

 これを主張しない、主張出来ないところからして日本の保守・右派がどんなに強硬姿勢を見せようとも結局は外国人・異民族との共生を前提として、いかに根っ子が歪められているか、その元凶が示されている。あるいは明治以降の日本人がいかに歪められているか、とも言える。

 以下、同じく同盟ブロガーの「みたいな実さん」が寄せてくれたご意見をご紹介。

エントリー「クーデター・革命的に尖閣上陸出来るか?」より

明治朝廷は江戸時代の武士の存在に対して汚いイメージを作り、挙げ句に農民等は奴隷であったとしたイメージをつくっては武士以外の階級(?)の者たちの生命財産を武士の横暴の為に搾取されていたといった難癖をつけ、未だに官製テレビや小説、あらゆるメディアの安い宣伝によって国民を洗脳しては武士政権を倒した明治朝廷の存在を正義の使者として宣伝する事によって自身を正当化し続けています。
武士による政治とは、鎌倉幕府を開いた源頼朝以降、江戸時代が終わるまでは常に日本国民の為に行われていた政治でしたが、明治朝廷人は同和という使い魔を使い、未だに武家体制の荒探しに躍起になっては自身の正当化を計る事に心血を注いでます。如何に明治朝廷を支配する西南人と言う者たちが日本人ではないと言う事が伺えます。

明治以降の世は、日本国民の為の政治が行われる事は一切なくなりました。常に商人の為の政治が行われては日本国民は奴隷とされ生命財産を搾取され続けてきました。これが本当の事です。

憲法改憲・無効だのといったじゃれ合いにしてもそうですが、ようはこれは戦前回帰を企んでいるのが良く分かりますね。つまり戦前のように外国人との共生社会を作り出す事で同和商人どもが日本人の生命財産を奪う魂胆でしかありません。

現状の憲法の内容で決定的に欠落している部分は外国人との共生に関する規定がない事です。つまり戦勝国米国が日本を孤立化させる事によって米国による日本に対しての単独支配を目論んだ為に作られた憲法でしたが、今、その懲罰憲法の存在も米国が掲げるグローバル化の前では逆に邪魔でしかなくなってきてます。なので戦前の英国と同様、米国は日本に対して、もっと世界で働いて貰いたいと思っています。憲法を改定する目的は移民等・外国人に関する人権の規定が重要視されるであろう。外国人の生活保護受給が合憲となる日も近いと思います。

Posted by みたいな実 at 2012年07月14日 05:34


みたいな実さんのブログ

★再掲 同盟ブログ『みそ汁の具』更新情報!

現行憲法でも交戦権の行使(戦争)は可能!

憲法無効・帝國憲法への回帰によって日本はますます共生時代に突入!

外国人への生活保護やあらゆる権利が憲法で明文化される闇黒時代へ!

「憲法改憲・無効論に秘められた日本の行く末」
犬食い民族は日本から失せろ! その2
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11301317282.html


 保守・右派は総じて現行憲法の破棄・帝國憲法の復活即ち戦前への回帰を志向しているが、少子化でとても海外への進出が出来る状態にはないし、かつてのように徴兵制をするにせよ、今や兵器・装備の扱いには膨大な時間とコストがかかる。

 小銃一丁を扱って行進と敬礼の訓練をやっていれば良いという時代でもなく、国も社会も人もあらゆる条件が違い過ぎる中にあって、戦前回帰の志向が加速している目的はひとえに改憲・新憲法によって外国人との共生を規定することにある。
ref_l
 他国の公正と信義に委ねる…とした現行憲法の護持はもちろん、憲法改正にも憲法破棄による明治・帝國憲法の復活にも新憲法の制定にも与しない。近代国家社会の象徴とも言うべき憲法なるものが一切存在しない状態と、それ(近代)以前の状態を志向する。

 現行憲法に定められた「政教分離」の原則さえ形骸化し、特定宗教団体の政治権力への介入が公然と行なわれている今、いっそ憲法が一切存在しない状況で近代以前(武家時代)の慣例に倣い、妙な輩は日本社会の総意に基づいて斬り捨て御免とする状況を望む。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0
★第一東京弁護士会 「2ちゃんねる中傷投稿に厳正処分」!!

中傷が中傷の連鎖を生む巨大匿名掲示板!

痴情のもつれから発生したネット上の中傷で相談受けた弁護士が逆中傷!

法律家にあるまじき稚拙で低レベルな対抗措置を誘発した『2ちゃんねる』

法律相談にも関わらず、安易且つ低劣な対応は2ちゃんねる中毒の証左!

第一東京弁護士会が懲戒処分にした男性弁護士は確かに加害者であるが、

中傷を書き込まれた大阪市在住の男も交際めぐる女性への加害者である!

加害者が被害者に、被害相談を受けた者が新たな加害者になる本末転倒で

人権問題(?)を連鎖させる落書き帳2ちゃんねるの存在を断じて許すな!

douwa
北工作員の接触とネット・ストーキング!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11305376574.html

gaitsuitop1

  
Posted by samuraiari at 10:24このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月17日

滋賀・大津事件の闇

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

やはり大金脅し取りもあった! 同和・在日・極左のタカリに共通!

★イジメ加害者3人は否認へ

自殺した中2男子の両親が起こした民事訴訟の第2回口頭弁論の前後…

PN2012071601001877_-_-_CI0003

 滋賀県大津市での中2男子の自殺を受けて、首相・野田佳彦は7月16日に出演したフジテレビの番組で異例とも言えるメッセージを発した。

 世間では「中2病」などと言われ精神未発達の者を指す言葉として使われているが、思えば中学2年生で14歳という年頃は人生において大きなターニングポイントと言える年頃なのかも知れない。

 かく言う筆者も後々にして思えばのことだが、教育現場における『日教組』なる極左集団の相貌を垣間見ることになったのは中学2年生の頃だった。大阪という土地柄だけあって部落・同和、在日(韓国・朝鮮人)、創価学会なども身近には存在したのだろうが、ハッキリと「敵」の姿を目にし出すようになったのはこの頃のことである。

 また、そんな教師に限って生徒ウケはすこぶる良かったりするので始末に終えない。こうして児童も保護者も誰もが長いものに巻かれ、非武装中立という美名の反戦平和教育に染められ、義務・責任を回避して権利ばかりを主張する風潮に染められていくのだろう。

 さて、テレビの液晶画面を通じて全国に届けられた現職首相による貴重なメッセージだが、その内容は「尊い命が失われて誠に残念。本当に痛ましい事件」「いじめている子、いじめられている子がいると分かったなら、見て見ぬふりをしないこと。これが一番大事なことです」「あなたは1人ではありません。あなたを守ろうという人は必ずいます。それを信じてお父さん、お母さん、先生、友だち、誰でも良いから相談してください」という実にありきたりなものだった。

 いくら県警による捜査のメスが学校にまで入ろうと、首相がメッセージを発しようと、これではいつかまた同じ悲劇がどこかで繰り返されるだろう。情報化社会と言われ、テレビ・メディアでもイジメ問題が頻繁に報道されるようになってから何度同じことを繰り返したことか。

 現職首相によるナマのメッセージであり、まして「集団的自衛権の解釈変更」まで議論しようかという政権・内閣を司る者として「やられたら、やり返せ!」くらいのことは言ってほしかった。

 これこそが子供をイジメから守る基本であり、一国の最高責任者である首相からして物分かりの良い大人のような言動に終始していてどうするのか?

 さらに滋賀・大津におけるイジメ・自殺問題とは、一地方の「同和地区」という限られた空間、治外法権とさえ言える地域で弱い者をターゲットに執拗に繰り広げられた出来事である。同和層という特定層によるやりたい放題が見過ごされたがゆえに起きた悲劇であることは、自殺から遺族(両親)による提訴を受けた後の隠蔽工作にも見受けられる。

 同和も在日もその本質は変わらない。連中は弱い者を見つければカサになってかかってくる。その手口は陰湿且つ残忍であることは連中の性質を物語る。

 そうした同和・在日が今以って差別を受ける被差別層などとされる現状こそ、一国の頂点に立つ者として斬り込む責務があるのではないか。そのような在日・同和問題という物事の本質を放置している限り、悲劇はいつか、どこかで必ず繰り返されるに違いない。

 個々人のケースではイジメの加害者でも社会の総体として見れば「差別問題の被害者」とは本末転倒である。結果、人権で優遇されてイジメでも何でもやり放題とは笑わせるではないか。

 この同和・在日そして日教組の存在こそは日本社会に対する総がかりなイジメ問題であり、教育現場でのイジメにとどまらず、あらゆる社会問題を派生させる元凶と言える。

 続いて加害者と市、教育委員会について。イジメ・自殺問題を放置、隠蔽した当事者と関係者らに対して「天誅を加える」と書いた葉書を郵送した愛知県在住の60代の男が脅迫罪で逮捕されている。

 この他、県庁や支庁、教委、学校に対して爆破や殺害を仄めかす内容の電話が相次いだことで、渦中の皇子山中学校が臨時休校となるなど、全国からの攻撃はますますヒートアップ! 滋賀県警も厳重警戒態勢を敷いている…ところだろうが、全国的なニュースで話題となり、社会的非難の強まっている学校に脅迫とは何かに似ていないか?

 そう、北朝鮮関連のニュースが注目を集める度に、女子生徒のチマチョゴリが切られたとか脅迫文が届けられたという朝鮮民族学校のケースにソックリだということだ。

 確かに実際に脅迫的な内容を郵送したとして男が逮捕されてもいるが、それに便乗して学校側を被害者に仕立て上げるような工作が為された可能性はないのか、県警には徹底捜査して頂きたいところである。

 生徒へのアンケート調査を非公表とした市教委の関与は厳しく指弾されるところだが、学校内には「内部告発」さながらにイジメの実態を書き記した生徒たちの良心によって実態解明が進んだことも事実である。

a4aae381
 そしてインターネット。人気ブログや著名人のブログ、そして匿名掲示板『2ちゃんねる』ではイジメ加害者らの氏名や顔写真、電話番号、住所、親の氏名や勤務先などが掲載されるに至った。中には加害者の祖父とされる県警OBの氏名や勤務先までが掲載され、実際に勤務先に電話が殺到するなどの事態に発展したという(こちらは後に同名ながらも加害者とは無関係であったことが確認された)。

 サンケイ・グループの『夕刊フジ』では「ネット異常暴走」と題し、2ちゃんねるでの加害者の「個人情報」羅列は「ネット・リンチ」であると批判的に報道する向きもある。

 どの程度の販売部数なのか知らないが、少なくとも東京都内では各駅の売店に並び、帰宅途中の人々が読む紙媒体だというのに、何を甘っちょろいことを言っているのかと思う。

 1人の人間を自殺にまで追い込んだ加害者らは同じく死に追いやられたとしても当然。物理的な私刑に遭ったわけではあるまいし、むしろたかがネット上のリンチで済んでいるだけ生温いと思わなければいけない。

 現職首相のメッセージではさすがに言えぬかも知れないが、加害者も死んで当然、死ね、と言えるくらいでなければ今後もどこかで陰湿に繰り広げられるイジメ問題に終わりはない。

 ネット上での書き込みをめぐり、「このままでは第2、第3の自殺者が出かねない」と懸念する専門家の意見が夕刊フジに掲載されていたが、それが目下、最大ニュースとして注目を集めるイジメ問題の加害者とその親族であったとしたら書き込んでいる投稿者たちとしても本望、万々歳といったところだろう。

 それで匿名を楯に、個人を攻撃していた側が法的措置による制裁を受けることになったとしても、それも良いのではないか。攻撃と犠牲、その応酬と連鎖によって社会は強くなっていく。

 インターネットによる「加害者情報」の氾濫を懸念する警察も人権問題(?)を取り扱う法務省人権擁護局も2ちゃんねるのような媒体が問題であるとするなら、さっさとネット規制で潰すなり閉鎖に追い込むなりすれば良いことだろう。

 彼らが懸念するネット・リンチ(?)は今後、ますます何かの事件・事故の度にヒートアップして情報の伝達が加速することは間違いない。

 体制側や為政者にとって、ネット情報は抑えれば危うし、抑えねばなお危うしの状況にある。

 ネット…どころか、いずれ同和・在日などは日本人が総力を挙げて、いつか物理的なリンチに晒してやらなければ日本という国・社会の存立が危ぶまれるところまで来てしまっている。

 今この段階でネット・リンチ如きを畏れていてどうする? 逆に掲示板の一つも閉鎖出来ないようでどうする?

 中東・アフリカのジャスミン革命ではないが、独裁的な政体から民主化へ、近代的な体制から非近代化へもまた然り、「ネットと体制の衝突」はどういう形であれ、必然である。規制・閉鎖によって第2、第3の2ちゃんねるが出現するだけとする向きもあるが、より正確且つ迅速な情報媒体でネット・ユーザーが事件・事故の真相を追及していくようになれば良いと思う。それによって加害生徒のようなクズが自殺しようと構わないわけだし、逆にネット・リンチの2ちゃんねるにしか生き甲斐と居場所・行き場を見出せないようなクズが何人自殺しようと構わない。

 要は誰もが篩(ふるい)にかけられているのであって、潰し合いと淘汰のスパイラル。
 渦中の皇子山中学校に通う「良識ある生徒たち」にとっては、学校に県警による家宅捜索が入るなどして非常に堅苦しい思いをしていることだろうが、耐えてもらわなければならない。

 学校に人権教育を強いる同和関係者や極左・日教組の糞教師が蔓延っていることのほうがむしろ異常で、これらに物理的なリンチを加える凄惨な光景にも耐えてもらわなければならない時がいつか来るに違いない。

 そうでなければ現在の日本を支配する、この歪な体制を覆せないところへ来ているのだ。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0

みたいな実さんのブログ

★同盟ブログ『みそ汁の具』更新情報!

現行憲法でも交戦権の行使(戦争)は可能!

憲法無効・帝國憲法への回帰によって日本はますます共生時代に突入!

外国人への生活保護やあらゆる権利が憲法で明文化される闇黒時代へ!

「憲法改憲・無効論に秘められた日本の行く末」
犬食い民族は日本から失せろ! その2
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11301317282.html


o0240032012536150939940003

douwa
東京12区と在日・創価の乗り入れライン
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11302777584.html


随時更新、新コーナー増設中!
gaitsuitop1

★「街角の外国人情報」 調査員からの追加情報!
http://gaitsui.info/2nd_section/town/foreigner.html
120712_1250~01

★千絵蔵こと「千絵ちゃん」からのお便り…ならぬ脅迫メール!?

120715_2047~010001こちらの勝手な「認定」ではなく、自ら朝鮮民族学校出身の在日3世と称する「在日の輪の千絵蔵」こと千絵ちゃんからメールが変わらず届いていました。

前回のエントリーで私が「自称三十ン歳」としたことがこの上なく気に入らなかったようです。何が何でもここだけは訂正させなければ、という思いがひしひしと伝わってきます。

にわかに信じ難いし、マトモに取り合うのもバカバカしいのですが、とりあえず千絵蔵は三十ン歳…ということにしておきましょうか。

「後で有門さんがアセアセになりますヨ」と言われても違っていれば「あっそう」で終わりそうな話だし、千絵蔵の年齢って誰も興味がないことなんですけどね。

しかも…今回は「朝鮮大学出身」で「全国各地に知り合い(同胞?)がいる」と脅迫めいた内容でした(笑)。まぁこんなものに屈する私ではありませんが、この粘着はどうにかならんもんですかね(苦笑)。

チャンバー…あ、違った、千絵婆の中に残っていた何かが今回のような怒り心頭メールに繋がったのでしょうか、この辺はよく分かりませんが?

そう言えば最新メールではやたら犬食について食用に犬を飼っているわけではない旨を述べていましたが、犬は食べても、よほど同盟ブロガー(みたいなミーさん)の記事が気に食わなかったようです。

自分のところのペット(犬)は食わなくても、よその犬は食べるんだろう? そんな千絵婆には「イムジン川」の曲をリクエスト♪

  
Posted by samuraiari at 08:54このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月14日

パチンコ打倒は体制打倒!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!

パチンコ・メーカー『ガイア』に抗議街宣!

http://www.youtube.com/watch?v=Z_HhqP7xqLI&feature=youtu.be

NPO外国人犯罪追放運動プロデュース

★荒巻丈「青年隊長」が吼える!

☆愛国運動初! パチンコ・メーカー(ガイア)本社前での抗議行動!

40億円脱税! 社長が覚せい剤で逮捕!

朝鮮人と国家権力の妨害に屈せず、ガイア本社前で徹底攻撃の快挙!

BlogPaint 平成24年7月12日、『パチンコ廃止を求める会』と『政教分離を求める会』の両会で活躍し、『NPO外国人犯罪追放運動』にも属して「街角の熱血漢」「青年隊長」の異名をとる荒巻丈(あらまき・じょう)がパチンコ・メーカー『ガイア』本社(東京・中央区日本橋横山町)への抗議街宣を敢行した。

 この7月、同社は社員の給与を水増しした上、40億円の脱税をしていたことが明らかとなっている。

 しかも、昨年6月には同社の当時の代表取締役であった渡辺直行が覚せい剤使用の容疑で逮捕されるなど、暴力団顔負けの反社会的な行ないまで起こした。

 刑事事件における社長の逮捕を受け、そして今度は脱税の発覚とは同社が何ら反省していないことの証左に他ならない。

 パチンコそのものが違法賭博であるとして廃止を求めた運動(署名活動など)が各地で展開されているが、ガイアの一件でパチンコが「脱税の温床」であるという一端が明るみになったと思う。

 ガイアは200店舗以上を抱えるグループ系列企業。ン十億円もの脱税が可能で、その巨額の使途も気になるところだ。どこそこへの献金などに使っているとしたら、大震災被災者の救済など有用な使途はいくらでもあるだろう。何よりもパチンコ中毒によって破産、生活破綻、中毒者本人の自殺によって遺された家族の問題があるのだから、中毒に陥らせた責任としてメーカー自身が救済を施すべきであろう。

 覚せい剤使用で逮捕された元社長・渡辺直行のようにガイアの経理担当者はクスリでハイテンションになって経理をしていたわけではあるまいに?

 ガイアの社長や社員が重度の覚せい剤中毒に陥って逮捕されようが廃人になろうが死のうが勝手だが、これ以上、日本人をパチンコ中毒に陥らせて身包みを剥ぎ、一文無しにして破綻・自殺に追い込むようなことは断じて許されない。
uvs120714-001uvs120714-010

uvs120714-002uvs120714-011
 抗議街宣の当日、ガイア本社は騒々しい外の様子を恐る恐る窺っていた。途中、何人かの社員が玄関口まで来てカメラで撮影しているのが確認された。その他、物陰から街宣の様子を窺っている者も。

 10分を過ぎようとした頃、ガイアの関係者と思しき2人組がすぐ近くまで来て街宣に聴き入っていたが、問いかけても何も言わない。終始無言。
 ガイアからの110番通報だったのか。近くの派出所から2名の制服警察官が出動してきたこともあり、ここらで街宣を終えて引き返そうと駅へ向かうが、そこにも先ほどの2人組が後から付いてきた。かつて衆院選・東京12区で公明党候補の落選運動の一環として大々的な創価・公明批判のポスティングを行なったが、その時に終始付きまとった創価信者たちを彷彿とさせる追跡だった。

 警察官が街宣をしていた私たちに素性の確認を求めてきたため、NPO外国人犯罪追放運動の代表として私の氏名、連絡先が記載された名刺を渡す。すかさず、追跡してきた2人のうち1人が警察官に「後でその名刺を確認させてください」と言っているのをハッキリと耳にした。

 名刺を受け取った警察官はその場では見せようとしなかったが、その後、私の情報を2人組に漏らしたのかどうかは分からない。しかし、パチンコ・メーカーと所轄警察署の癒着ぶり(?)の一端を示すエピソードと言えるのではないだろうか…。創価・公明批判のポスティングで創価信者たちと警察官との間でも似たようなことがあったのを思い出す。

 帰り際、付近のコンビニエンスストアで飲料を買ったが、この店前にも追跡者らがつけて来て、私たちが日本橋横山町の界隈から立ち去るまで様子を窺っていた。

 帰途、タクシーを拾ったが、私と「荒巻隊長」の間でガイアの話になると運転手が会話に参加してきた。

「ガイアは(玉が)出ないっすよ。私も行ってたんだけど、お客さんから良い話を聞かされたからもう行かない」

 タクシー運転手にはパチンコ狂いが少なくない。それは運転手の話からも聞かされた。会社に戻ると、タクシーがズラリと並ぶ駐車・洗車場では運転手同士でパチンコの話題一色だという。

「皆、いくら勝ったとか勝った時は喋るんだけど、負けたことは一切言わないんですよ。一所懸命タクシー走らせたお金をせっせせっせとパチンコに注ぎ込んじゃうんですよね。中毒になったらお金を借りてまで(パチンコに)行きますからね」

 荒巻隊長がガイアの仕組みとパチンコの愚かしさを説く。運転手が驚嘆の声をあげた。

「あ〜、なるほどですね! (パチンコ店で)今日は出してねって防犯カメラに向かってニコリとしたりするんだけど、俺なんかはカモられてた口だ(苦笑)。女房にも怒られた口でしてね。『パチンコに注ぎ込むお金があったら私に寄越せ』って。
 確かにそうでしょうね、パチンコ以外の競馬・競輪・競艇・オートレースとかならともかく、パチンコだけは嵌ると厄介ですね。
 ギャンブルだから破産申請も下りない? え? 一家離散? 3千人が自殺? 年間そんなに…? うちの会社でも自殺した同僚がいましたよ。たぶんパチンコなんでしょうけど、会社にまで借金取りが来て、どうにもならなくなって会社の寮で首吊って…。
 パチンコも9割以上が朝鮮人なら金貸しも朝鮮人で日本人は『カタ』に嵌められちまっているわけですね? あ〜勉強になります。
 すると…外人犯罪の追放に、パチンコ廃止を求める会…ですか。そんな運動も出てきているわけですね。大賛成ですよ」

 パチンコ産業自体が斜陽産業だと言われ、各メーカーの間でも格差は生じているのだろうが、それでも総体的に見て20兆円産業の猛威は衰えない。

 違法ギャンブルのパチンコ経営者も広義では「商人」に分類されるのだろうが、商人主体で儲けさえすれば何でもアリとなった現在の日本社会で外国人(韓国・朝鮮人)や帰化人の商人をこの上なく潤わせている。

 韓国や台湾で禁止されたパチンコについて、日本のみがその動きに逆行するように規制緩和を求められたりする謂われはないし、まして現状では店外の景品交換所で行なっている換金を店内で可能とする緩和などは許せたものではない。

 思うにパチンコ自体が日本の政官界というシステム・体制に深く組み込まれてしまっている以上、パチンコがなくなる時は日本の体制そのものをぶっ壊す時、逆に言えば議会政治や官公庁による統治機構、財界主体となった日本の体制をぶっ壊さなければパチンコもなくならないことと同義である。

 パチンコによる中毒、破産・自殺が相次ぐ中、ますますパチンコ・メーカーにとって優位な環境整備・法整備が推し進められる傾向にある中、そのような認識に基づいて反対・廃止運動を継続しなければならないのだろう。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

4773bd1f

パチンコ廃止を求める会掲示板 http://8200.teacup.com/notpachi/bbs

index-bnr
BLOG http://cultbuster.seikyou-bunri.net/

掲示板 http://8232.teacup.com/cultbuster/bbs


★「SHIN」は麻薬中毒者!?

 ガイアの元社長も覚せい剤使用で逮捕されているが、同じく本当の、それも重度な中毒者ではないかと思われる者が一人。

 方々のブログ・サイトで今日も荒らし行為に狂奔している常習犯「岡田こと佐藤またの名を沖田浩二その他なり済ましも含めてHN多数の元AV監督・SHIN」である。

 先日(7月2日)に当方に電話を寄越してきた時はいきなり「防衛大臣が来て…」で始まるのだから呆れてしまう。

 防衛相が岩国基地に来たとか、そんな類のオチだとは思うが、何の脈絡もなく大それた話を持ち出したり意味不明に大金をくれてやるとした言動から、コイツは麻薬中毒者の類ではないかと思う。

 そして、電話をかけてくる時はいつも違った電話番号。おそらくは料金未納で停まる寸前の「飛ばし携帯」からかけてきているのだろうが、SHIN、ネット売買で麻薬売ってるのお前だろ?

 人(筆者・有門大輔)のことをさんざん麻薬ディーラーに仕立て上げてくれたようだが、常日頃、アンダーグラウンドな世界との繋がりを示唆して大物ぶっているお前こそ麻薬密売人に相応しい諸条件が揃っているな?

 おかしな人(在日)がもう1人。

 最近の我がブログのコメント欄でもお馴染みの「千絵」(朝鮮学校出身の在日3世で自称三十ン歳)はアメーバ・サイトの「なう」でフォローしている人が誰もいないのに延々と1人でつぶやき続けている日々…。頭おかしいんじゃねぇか!?


clip_image001
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

警察庁が「長官官房審議官(サイバーセキュリティ戦略担当)」を新設!

片桐裕長官は匿名掲示板への強制捜査の壊滅で新ポスト創設の面子を保てるか?

滋賀・中2男子の自殺めぐる捜査で長官声明を発したが2chでも自殺者が出ている!

強制捜査の契機となったネット麻薬密売人は私の周辺にも頻繁に出没しているぞ!
no_2ch_0

douwa

みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

随時更新、新コーナー増設中!
gaitsuitop1

  
Posted by samuraiari at 23:08このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月13日

クーデター・革命的に尖閣上陸出来るか?

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★パンダの生死報道に見る対中依存!

敵同然の体制には「武」を以って叛旗、離脱から独立を!

clip_image001

 日本が2011年2月に、中国・四川省から東京・上野動物園へ貸与されたジャイアントパンダ、シンシンとリーリーの間に生まれた赤ちゃんが生後わずか6日で肺炎により死んだ。

 死因は母乳を詰まらせて肺炎を起こしたとされているが、マスコミが挙って報道し、周囲が過度のストレスを与えたことも一因にあるのではないか。

 生後間もなくというほどではないが、私の親戚の女の子ちゃんも私が10歳の時に肺炎をこじらせて僅か2歳で夭逝している。叔父夫婦の娘で、遅くに生まれた子だったので、それはそれは両親の可愛がり方も半端ではなかったという。私とは8つ違いで存命であれば29歳、今年の誕生日で満30歳を迎えている。

 ちなみにこの叔父夫婦が結婚式を挙げた時、当時5歳だった私と親戚で同い年のY子ちゃんが新郎新婦に花束を贈呈するマスコット・キャラクターの役を担った。Y子ちゃんが新郎の叔父に、私が叔母となる新婦にそれぞれ花束を贈呈した。

 それから約20年後、親戚一同から疎遠になっていた叔父夫婦はそのY子ちゃんが結婚する時に知らせを受けていながら、また、自分たちの結婚式では花束贈呈の役を担ってもらいながら祝電一つも寄越さなかったというのだから、まぁ酷い話ではある。
 疎遠になったこともY子ちゃんの結婚には知らんぷりを決め込んだことも、幼くして自分たちの娘を失っている悲しみとやっかみのようなものが遠因になっているのかも知れないが。−閑話休題。

 たかがパンダのことでマスコミが一大ニュースにしていることを以って日本がいかに中国に憚って、中国に依存しているかということが示されている。パンダはもともと中国ではなく、中国が実効支配・統治するチベットの動物だとする指摘もあるが、この際どうでも良いこととしよう。

 パンダ特需に期待を寄せていた上野商店街はさぞ落胆していることだろうが、長らく上野を地元とする者から見てもパンダがいようがいまいが、然したる違いは感じない。確かに上野と言えば動物園即ちパンダというイメージが定着しているのだろうが、そこまでパンダ、パンダと大騒ぎしては中国に対価を支払ってまで貸与してもらい、上野ひいては東京都の活性化につなげようとする様は滑稽である。

kenka 結果、国賓級(?)のパンダが来ては大騒ぎ、パンダが生まれては大騒ぎ、そしてパンダが死んではまた大騒ぎしなければならない。

 東京都知事の石原慎太郎はパンダが来ても生まれても死んでも然したる関心を示さなかったようだが、赤ちゃんの名前として「尖閣諸島」にちなんだセンセン、カクカクと命名すれば良いとはなかなかシャレが利いていたのではないか。

 上野に住みながら未だに食べたことのない名物「パンダ焼き」を一度は食べてみたいところだが、上野ひいては東京都を活性化させるにはパンダやキャラクターが不可欠というわけではない。上野には今やズタズタに引き裂かれて見る影もなくなってしまったが、『寛永寺』という名所がある。

 パンダがいなければ、動物園がなければというイメージが固定化されているのかも知れないが、武家時代から徳川将軍家がお参りしていた寛永寺が明治以降の近代になって名所らしい名所でもなくされてしまい、道路や建物で分断され、ただの散策・通過コースにされてしまっている。パンダや動物園が云々とするのは一種のプロパガンダである。

 何も活性化に繋げるべき上野の名所は動物園だけではないし、また、パンダがいなければ動物園が活性化しないというわけでもない。パンダがいなかった頃も休日となれば上野公園には家族連れが大勢来ていたものだ。

 ちなみに動物園の動物というのはそれが何であれ、普段はナマで見る機会のない動物を一度ウォッチし出すと意外と見入ってしまうものである。ここで動物園に付き物なのが小さな子供の迷子。
 あれは私が小学校2年生の時だったと記憶している。学年行事で動物園に行った時、サイだったかゾウだったかカバだったかは忘れたが、動物の生態に見入っていると周囲のことが視界にも耳にもまったく入らなくなる。…ふと気がつけば隣にいたはずのクラスメイトたちが1人もいない。檻の前に立っているのは自分だけ。

 全体で移動する時に「すぐに来るだろう」と思って誰も声をかけないから往々にしてこういうことが起きる。その時には遥か遠方にクラスメイトの姿を発見したので走ってすぐに追いついた。だから動物園や水族館に行った際は自分とは関係がなくても、動物・生物に見入った子供やその周囲の動きには少しの気を配ってほしい。

 まぁ動物園は気軽且つ気楽に時間を過ごせる娯楽施設ではある。余談ながらタレントのテリー伊藤は「生活保護費でパチンコやったって良いじゃない」とする旨を娯楽の一環として述べたとしているが、瞬時に何万円もかすり取られる違法賭博のパチンコとは違い、入館料もたかが知れていて長い時間を過ごせる動物園のような施設こそ娯楽というものではないか。パチンコなどはギャンブルでさえなく、まして娯楽とは言えない。−閑話休題。

 以上、話が横道に逸れてしまったが、パンダ即ち経済効果という一種のプロパガンダに乗せられてしまい、それだけ中国に依存している現状でもあることを述べさせてもらった。

 そもそも何故パンダを呼ばなければいけないのか、何故に経済効果を追求しなければならないのか、何故にたかだが1〜2匹のパンダに都の活性化を委ねているのか、ここまでパンダ・ニュースに右往左往するのか、それが皆目分からない。

 パンダによる集客と言ったところでパンダのレンタル料として莫大な額を国民の血税から中国に支払っている。結局は別のところで高く取られていながら、なおも日本社会それも東京都民が総意として中国に依拠している状態で、東京都による尖閣諸島の買い取りだの管理・管轄と言ったところでどれほどのものなのか。

 この尖閣諸島の買い取りについて、日本国政府が買い取るとして横槍を入れてきた。今の民主党政権・野田内閣であるが、中国が反発を示している云々の前に立ちはだかっているのは当の日本国である。

 言い換えてみれば今の「日本の体制」、今や中国と一体で中国も同然の体制、これこそが日本人の真の敵なのである。

 政府は東京都による尖閣諸島の買い取りについて、事前調査のための上陸さえも「許可しない」との通達を出したという。これに対して都知事の石原慎太郎は「許可される」との見通しを示していたが、今後も粘り強く交渉して許可を引き出そうとするのだろうか?

 ここは政府が許可せずとも、東京都知事による指示・命令としてクーデター的にでも尖閣上陸を敢行すれば良いだろう。

9e26d82bf274faf58cef52e66e2eda79
 本気で東京都が独自に管理・管轄すると言うなら自衛隊とは別に、警視庁の中で重武装の「TOKYO親衛隊」でも「尖閣親衛隊」でも編成して常駐させれば良い。そこにも政府の横槍は入るだろうが、それなら大阪や愛知に先立って東京から地方自治体初の「独立都市国家」として名乗りを挙げてもらうのも良い。

 もっとも日本多民族国家論者で移民受け入れ推進派である石原の場合、現状でさえ池袋チャイナタウンだの事実上の多民族化が進行しているというのに、名実ともに東京都を多民族化されては適わない。だが、少なくとも「東京独立」への道筋さえつけてくれるならそれも良い。

 先ごろ、都議会での答弁にて日本国憲法の無効・破棄にも言及した石原慎太郎。尚のこと、日本からの離脱・独立を推進して然るべき立場にある。戦前の大日本帝國憲法にせよ戦後の日本国憲法にせよ、変えるべきはこの憲法と議会によって成り立つ日本国の体制側ではない。地方自治体も含めて中央政府の意向を「受けてきた側」である。もはや体制側に何を期待しても、どうにもならない。

 本格的に独立国家・東京が始動するとしてもポスト石原か、その次ということになろうか。かつて約300年続いた徳川将軍家による鎖国時代が幕府の権威失墜によって終焉を迎えたことは事実だが、明治以降、開国政策一辺倒によって続いてきた日本の近代体制も、元より権威も信用も地に墜ちてしまっている以上、順次その「体制からの独立」によって終焉へと導かれるべきは必然である。

 滋賀県大津市ではイジメに端を発する中2男子の自殺問題で、皇子山中学校にまで県警による家宅捜索が入り、いよいよ報道は加熱のピークを迎えた。マスコミ報道では直接的にクローズアップはされないが、ある意味では関西や九州地方より根が深い『部落解放同盟』など同和問題の存在がここまで事態を悪化させたと見られる。

 無い差別が「ある」とされたことにより、それを口実に特定の層や勢力が好き放題に振る舞うことも看過されてきたのが地方・地域における実情であった。こうした部落差別・同和問題が存在するようになったのは明治の近代化以降。国による「同和立法(同和事業特別措置法)」は02年(平成14年)に廃止されたが、地方自治体レベルでは事実上、依然として継続されてきた。

 幕藩体制が終焉し、中央集権の統一国家になってから穢多(えた)・匪人(ひにん)の子孫とされる「部落・同和問題」が浮上した。武家時代、特に江戸時代は「士農工商」からなる厳しい身分制度と、その下に穢多・匪人が位置した差別構造があったとされる。しかし、そのような厳格な身分・差別制度によって住み分けがなされていたとは思わない。頂点の武士とて禄の少ない者は極貧の生活で、最下層に位置する商人のほうがよほど裕福な暮らしをしていたのではないか。

 それを言うなら、むしろ現在こそ「隠れた身分制度」が存在する。確かにタテマエ上は自由・民主主義社会で誰もが出自や地位、職業に関係なく交流・交友関係を持てるが、この辺りは武家時代とそう変わらないと思う。

 一握りの国会・地方議員が事実上の世襲体制を構築していて、選挙という体裁は整えているが、外部から新規参入しようにも絶対的に勝てないシステムが作り上げられている。そして同じく世襲も同然の財界がモノを生産する産業・工業を中心とした体制を維持し続けようとしている。

 言い換えてみれば現在は武家時代の正反対で「商工農士」の逆身分制度。そのさらに頂点に君臨しているのが部落・同和。どれくらい先か分からないが、後世で今の時代が振り返られる時、後付けでそのような分類がなされるのではないか? 現に今の時代では、誰も見たことがない江戸時代をそのように評価しているではないか。戦後のみではない。この近代社会こそは「暗黒時代」として評価されるべき時代である。

 同和事業など「差別特権」問題一つとっても、大阪府という地方単位でやっと本格的な廃止に向けて先鞭がつけられたかな…といったレベルである。いっそ統一国家・中央集権という枠組を取っ払って、地方単位で独立したほうが同和事業など差別特権の問題は解消に向かうのではないか。関西・九州も然りだが、滋賀・大津のような一地方・一地域の特異性が浮き彫りになって、解消にはよほどスムーズだと思う。

 中央集権体制のままでは、せっかく廃止された同和立法もまたぞろ復活(人権擁護法案の成立)がなされそうな気配で、そちらのほうへ向かう一方だ。

 地方独立ですぐに財源がどうなるとか枯渇するといった向きもあるが、誰がそんな経済的収支の話をしているのか? 今の東京都を見ても分かるように、パンダ1匹か2匹を連れて来て上野の街の経済効果がどうのこうのと言っているレベルである。

 そんな目先の収益を追う無限ループではなく、農業・林業・水産業といった地域性と資源を生かした新たな社会モデルを追求している段階で、現行の価値基準に基づいて経済効果や打撃を云々しているようでは話にならない。

 東京都による尖閣管理・管轄と、政府からの横槍に見られるように地方独立はチカラ要するに「武」を重んじて革命的に断行されるべきものである。

 体制との衝突そして離脱・独立という発想に至らない限り、地方が真に地方として成り立つ時代は到来しない。

  極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

no_2ch_0
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

麻薬売買・違法情報の氾濫が当たり前となったネット社会も、

クーデターや革命的に再編・整理・統合を行なうぞ!!

社会の掃き溜め・吹き溜まり2ちゃんねる)を一掃!!

douwa
創価関連裁判・第2回
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11301341692.html

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

随時更新、新コーナー増設中!
gaitsuitop1

  
Posted by samuraiari at 20:58このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック