2012年12月31日

自民党なる最大最強の移民推進派

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★年末のご挨拶

今年一年、我が『最右翼勢力』ならびに関連ブログ・団体へのご支援を賜り、誠に有り難う御座いました。来年も引き続き、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。

この平成24年というのは皆様方にとって、どのような年だったでしょうか。年の瀬になって衆院解散総選挙となり、安倍・自民党への政権交代が実現しました。しかし、その衆院選では投票率が大幅に下落。政権政党のみならず、近代議会体制への不信はますます強まり、明治以降のその体制は徐々にではありますが、綻びを見せつつあります。

近代の開始直後または大正、昭和初期・中期あたりならいざ知らず、この平成も25年目を迎えようとしている今日は近代体制打倒の狼煙を上げるには打ってつけの時期であり、私たちはある意味で非常に「良い時代」を生きています。来年も同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」をはじめ、有志らと共に、さらに精強な論陣を張る所存です。

平成24年大晦日 『最右翼勢力』主宰 有門“排外”大輔

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

★平成24年(2012年)を総括!

 日本の周辺に目をやると、韓国が不法占拠を続ける「竹島」に李明博大統領が歴代大統領としては初めて上陸・視察。一方の日本は野田前内閣が政府見解として「韓国による竹島の不法占拠」という事実に言及した。

 東京都が買い取りするとして話題になった尖閣諸島は、同じく野田前内閣が国有化を決定。これに猛反発した中国側は連日にわたって周辺海域に海軍艦船を航行させ、一触即発の事態が今なお続いている。これほど我が国の「安全保障」が問われた年もなかったのではないか。

 そして、衆院選挙で迎えた年末、北朝鮮がロケット衛星に名を借りた長距離弾道ミサイルの発射実験を強行。衆院選では「憲法改正」「国防軍創設」を掲げた安部・自民党が大勝して政権返り咲きを果たした。

 ところで、この安倍新内閣・自民党新政権(その内実は以前とまったく変わらないが)に誰もが望むことは、民主党に政権交代した時の期待と同様、景気浮揚・経済活性化・雇用拡大ではないか。

 そのため安倍晋三は原発拡大を打ち出した。原発を牛耳る『経団連』など売国商人の財界を肥え太らせるような話だが、当面の景気対策としてはやむを得ないというのが世間の大半の声だろう。ただ、短期的にはともかく、長期的展望として言うなら輸出入とマネーゲームが拡大・暴走の一途を辿る日本経済も日本という国も、本当に破綻を来たすものなら、ここらで一度破綻してもらったほうが、国そのものの形も新たなモデルが描けるというものだ。

 やれ破綻だ破綻だ、現金が紙くず同然になるぞと騒がれているが、ぶっちゃけた話、破綻して困るのは為政者と富裕層のみだろう。

20080614_467091 景気・経済・雇用の長期的な展望として、必ず持ち上がるのが「移民の受け入れ」。元の言いだしっぺは民主党だが、自民党が「売国競争」の過程で「1千万人受け入れ」などという大風呂敷を敷いてスポンサー財界のウケを狙った。

 この不況下では想像し難いが、少子高齢化により将来的に労働人口も減少するので新たな国の担い手として外国人移民を受け入れよ、そうでなければやっていけないという論である。

 現在の安倍内閣・自民党政権による経済政策について多方面から賛成・批判の声が上がっているが、いずれも最終的に集約されるのは移民の受け入れ政策である。これは政府や財界お抱えの経済学者のみならず、それに踊らされた有無を言わさぬ強制的な国民的合意になりつつあると言えよう。

 少子化や労働人口の減少など人口に関する問題は「人口政策」として、どうやって増やすかが真剣に討議された上で、施策に反映されるべきものである。その人口政策がいつの間にか「移民政策」にとって代わられていることは空恐ろしい。

 人口政策で何十年先のいつ頃まで、急速に増やすことは不可能だと判断されれば、それに見合った社会なり経済なりの新モデルが持ち上がって然るべきだが、移民受け入れの結論ありきなのである。

 経済政策では短期的な視点として現在の失業問題をどうするか、若年層を就業させて家庭を構築させる、それによって人口増加に転じさせる人口政策にも目処がつきそうなものだが、ここからして最終的には「移民を受け入れなければやっていけない」といった政府・財界お決まりの文句が最後に登場したりする。

 移民の受け入れというのは国民的な合意・総意でも何でもなく、財界という一握りの為政者のみによって演出されたプロパガンダに過ぎないものだろう。

 その移民の受け入れを財界の意向に沿って、先の衆院選で政権公約に明記したのが安倍現内閣・自民党現政権である。

 自民党カルト信者は移民の受け入れについては大反対しても、自民党の存在そのものについては絶対に否定しない。近代議会体制を是としているのと同義である。

 もっとも本気で移民の受け入れに反対していれば自民党に投票…などという結果にはならないはずだ。それを理解している良識派・愛国者は自民党にもどこにも投票しなかった。それが議席こそは大量獲得しても投票率そのものの低下を招き、得票数の低下を招いた自民党大勝利の選挙結果に表われている。

 つまり自民党とその支持者こそは、体よく財界に踊らされた最大にして最強の「移民政策推進派」ということになるだろう。

 自民党を大勝させておいて、移民政策のみには反対、阻止しようなどと、そんな都合の良い話があるか。自民党以外に入れる党が見つからないなら、投票所へ行かなかった人のように、とっとと近代議会体制そのものに見切りをつけるべきだろう。

 そして自民党政権による移民受け入れが具体化した時に、その支持者らは必ず言うに違いない。「条件付の受け入れであるなら…」「厳しく審査して制限すれば…」「治安さえ強化すれば…」「改憲(国軍創設)さえされていれば…」。

 ところが、近代以降、事実上では開国しっ放しの日本はここらで名実ともに開国へ踏み切れば、もう二度と門戸閉鎖・制限の方向には戻せないことを意味する。
 今でさえ怒涛の如く雪崩れ込む事実上の外国人移民は1千万人が瞬く間に1億人になったとしても不思議ではない。

 実はこれこそが「最大にして最悪の安全保障の崩壊」である。

 平成25年は憲法改正そのものが外国人移民受け入れの一環として本格始動する、そんな慌ただしい一年になりそうだ。

7b5edf9d-s
応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
第3弾 解同の出自を追え!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11437816658.html

解同委員長のインタビュー記事と出自報道
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11438818701.html

shimpuren
年末のご挨拶
http://shinpuren.jugem.jp/?eid=789

2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

ネット犯罪への警察当局の後手と無力さは治安崩壊の一端!

やがて安全保障の崩壊にも直結!

太賢さんのブログ

NPO外追

  

Posted by samuraiari at 16:51このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月29日

北朝鮮より悪しき近代

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


日本人拉致事件
 ★この「体制」での解決は無い!

☆統一カルト政権の下、日本人を死に追いやって見殺しにし続ける

clip_image001 就任早々、首相・安倍晋三は北朝鮮による拉致被害者の家族らと面会。「この内閣で必ず解決する決意で拉致問題に取り組む。オールジャパンで結果を出していく」ことを明言した。

 それにしても十数年前、首相に面会するどころか、拉致被害者の家族らが自民党本部前で何を陳情しようと門前払いだった状況からは隔世の感がある。

 この当時の同党幹事長は今衆院選で落選した加藤紘一。同和のドン・野中広務らが党首脳に位置していた頃である。

 ところで安倍内閣がオールジャパンで取り組み、結果を出すとした拉致問題。小泉内閣で対北朝鮮経済制裁が発動されてから早や8年。
 パチンコ産業全体の95%を占める朝鮮系パチンコ・マネーの凍結にも乗り出したいところだが、だいたい北朝鮮系(総連系)のパチンコ店は減少傾向にあり、むしろ南系(韓国民団系)のほうが多い。韓国系カルト・統一教会からの選挙支援ほか韓国との繋がりが深い安倍は、パチンコへの規制緩和こそすれ規制強化に乗り出すことはないだろう。

 北系に限定して総連幹部らの資産を凍結、身柄を拘束するなりして日本人拉致被害者との「人質交換」を迫るような排外主義的な政策に乗り出すとも思えない。

 安倍内閣で臨むとしている取り組みと、オール・ジャパンで出そうとしている結果とは、おそらく対北朝鮮を念頭にした憲法改正・国防軍の創設だろう。

 それにしても尖閣諸島問題で軍事侵略を繰り返す中国への譲歩、竹島問題で国家行事にするとした「竹島の日」の見送りで韓国に譲歩…。北朝鮮のみに強硬姿勢で臨むとした姿勢は日本の近未来を暗示しているように思えてならない。

 間違いなく安倍内閣・自民党政権では改憲および国軍創設で朝鮮半島への派兵が行なわれるだろう。拉致被害者奪還のためと言えば聞こえは良いが、その実、日本が韓国の防波堤となり日本人が韓国人のために犠牲になる戦争である。

 しかしながら、政府に救出を求めたい拉致被害者の家族とは、何も北朝鮮によるものだけではない。

 韓国のカルト教団・統一教会に洗脳され、連れ去られた日本人信者の家族とて思いは同じだろう。ただ、マスコミで大々的に報じられているか、そうでないかの違いでしかない。

 カルト信者への洗脳こそは共産主義国による洗脳とは違って深く、深刻である。親兄弟姉妹などの親族や友人が何を言っても聞く耳を持たない、全財産を信じ切った教団に投げ渡し、その身まで捧げようと韓国にまで易々と赴き、そこで生涯を終えるまで奴隷同然の扱いも喜んで甘受すると言うのだから、これはそれこそ手足を縛って監禁でもするしか阻止する手立てはない。

 こうしたことが日本と韓国、両政府の怠慢・不作為によって放置されたままである。安倍・自民党のタカ派強硬論など誰に対してのタカ派強硬論なのか分からないし、まるで意味がない。

 対北朝鮮軍事制裁即ち日朝戦争で拉致被害者の奪還なりが叶えば大いに結構なことかも知れないが、その一方で韓国カルト統一教会に拉致同然に連れ去られた日本人信者の問題は放置されるどころか、ますます水面下で被害拡大の一途を辿るだろう。

 安倍内閣の指示だろうが、先ごろ、警察庁は北朝鮮による拉致被害が濃厚な行方不明者は868名に上ることを発表した。だが、統一カルトによる被害はその7〜8倍は下らないのではないか。

 その統一カルト(もしくは国際勝共連合)の大々的なバックアップで選挙地盤を維持している安倍・自民党は、国内では「創価・公明内閣」と揶揄されているが、さらに大きな視野に立てば統一カルトの意向で日本という国そのものが動いていると言っても過言ではない。
 統一カルトの意向に沿った反共産主義路線・対北朝鮮強硬姿勢であると言える。日朝戦争の後には日本からの莫大な投資で旧北朝鮮のインフラ整備が行なわれるであろうことは間違いない。

 まさしく安倍・自民党のやろうとしていることは日本人の国民生活を犠牲にする一方、朝鮮半島に莫大な投資・提供を行ない続けた明治以降、戦前日本の路線を踏襲したものである。

以下、過去エントリーより同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」のご意見をご拝聴! 
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51875602.html
戦前は残酷極まりないですね、すばらしい内容の投稿の数々で勉強になりました。北朝鮮同様の地獄社会が戦前の日本であった事をまた一段と認識出来た次第です。いや、排外主義を貫き通し同民族同士でこちょこちょとやっている北朝鮮の方が遙かにマシでしょうね。戦前日本は大アジア主義を掲げ特に朝鮮半島、台湾、中国といった異常な程の野蛮民族を好きさんざん請け入れては逆に日本人に対しては外国に移民しろだのと言ったイカレタきった政策を施してたほどですので、偉大なる明治日本が日本人の生命財産を守ってくれてただなんて事は全く想像出来かねます。逆に如何に日本人を虐待し日本から日本人を追い払うかといった野蛮なる行為を兇暴なる外国人を使役し行ってたかと言う事をなんなく想像でけてしまいました。
偉大なる明治日本が守っていたものは日本人ではなく、その明治の主権者である西南人と同根同質の民族である朝鮮人、台湾人、中国人らといった連中の事でしょう。現に戦前復古しようとしているアベ内閣の閣僚人事を見てみれば一目瞭然です。戦後最大の親韓内閣が発足
しようとしてますね。ハニガキさんも自民倒信者である事は言う迄もなく、公明党推薦の議院ですので山口公明党代表に見染められて入閣を果たしたんでしょうね。というかこの人も総裁経験者ですね。
Posted by みたいな実 at 2012年12月28日 17:31

★同盟・兄弟ブログ更新情報!

みそ汁の具 最新エントリー「第二次安部内閣 創価総体革命純愛狂奏曲」
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11436597810.html

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

★日本人を殺し続ける近代

 先に南北朝鮮による日本人拉致事件について言及した。しかし、国内に目をやると現衆議院議員で『日本維新の会』代表の石原慎太郎が東京都知事に在職していた頃より、東京都の児童相談所が児童虐待をでっち上げてでも親から子供を引き離すようような北朝鮮工作員も顔負けの拉致同然のことが公然と行なわれている。

c07aa1bf-s そのため両親らが児童相談所による(子供との)隔離措置の解除を求めた訴えを起こすケースが頻発している。こうしたことは各都道府県の全国各地で引き起こされており、児童相談所と警察による「魔の手」から逃れるため、母子がオランダにまで逃亡して難民申請をする事態に発展した。軍政の国ではあるまいし、この自由社会と言われる日本から難民を出すとはどういうことか。

 拉致事件に誰よりも強硬的な主張をしていた石原のお膝元でさえ拉致同然の事態が横行しており、しかもそれが行政の名において引き起こされていることは空恐ろしい。確かに児童虐待や育児放棄などの問題は起きるには起きているが、決してマスコミで報道されるような状況が日本社会の全体像ではない。

 むしろ児童虐待などの問題はごく稀なケースで、児童相談所が虐待でも事件でもないようなことにまで介入して虐待・事件のでっち上げを行なっているケースが少なくない。マスコミもこうした事実を知りながら、世間の耳目と共感を惹きやすい児童虐待の問題ばかりをクローズアップしている。北朝鮮がどうこうの前に日本国内の行政による拉致問題をどうにかせよという話だろう。

99d84ecc その他、拉致・誘拐のケースとは外れるが、来日間もない在日外国人からして生活保護を優先的に享受する一方で、生活保護を受けることさえままならなかった日本人が自室でひっそりと餓死・病死するケースが後を絶たない。中には生活費に困窮し、自ら生命を絶ったというケースもあるだろう。今年の自殺者は例年に比べて減少傾向も伝えられるが、それでも10万人を下らないと思われる。第三国の難民キャンプではあるまいし、飽食の時代と言われる日本国内で何たるザマだろうか。

 一般的にも日本人は進学や雇用・就職においても不利な状況を強いられる一方である。
 東京都内ではコンビニや飲食店のアルバイトでは潤沢な奨学金を与えられた上に宿舎まで提供された中国人・韓国人がいるのが当たり前。日本人の苦学生はアルバイト先を見つけることさえままならない。正規雇用の就職においても然り。
 自民党の政権公約には「移民受け入れ」が明記され、こちらのほうは尖閣・竹島といった領土問題への譲歩(売国)と異なり、撤回・修正される気配さえ見えない。外国人移民を受け入れるとは労働力の補完と言えばまだ聞こえは良いほうで、その実、日本人の雇用を奪う、日本社会の構成要員を異民族にそっくり入れ替えると宣言したも同然である。

 共産国家とカルト大教団による拉致事件、そして拉致同然の行政、生活保護の不正受給横行の一方で続出する餓死・自殺者、進学・就職の機会収奪…。
 北朝鮮と韓国の双方に送金が行なわれているパチンコもまた借金まみれから他人のお金に手をつける(犯罪を起こす)までに中毒者という犠牲者・被害者を生み出すもので、国の責任で直ちにパチンコ営業そのものをやめさせなければならない。

 多岐にわたって日本人が犠牲を強いられ、死に追いやられるケースに触れた。北朝鮮による拉致事件は日本人が犠牲にされた一つのケースに過ぎない。

 拉致事件だけを見ていては拉致事件の全貌は見えては来ない。

 安全保障と社会保障、経済政策という現体制でいかに日本人が犠牲にされているか、その一つとしてクローズアップされたのが北朝鮮による拉致事件である。

 元より体制として日本人の生活を守る、日本人を救うために出来ていない近代時代にあって、この(安倍)内閣どころか、この体制での解決は無い。

 そもそも拉致問題の担当大臣まで設けられ、拉致被害者奪還運動に国家予算が投じられること自体が歪な利権構造を生み出すものでしかないだろう。

 韓国のために戦争して徒に犠牲者を増やし、戦後にインフラ整備のために莫大な出費を強いられるよりも、拉致事件に限らず日本人を死に追いやり、見殺しにし続ける現体制の打倒こそが急務である。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
第2弾 解同の出自を追え!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11437024291.html

2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

違法書き込みの放置で麻薬特例法違反(幇助)で書類送検された

自称・2ちゃんねる元管理人の西村博之は何ら反省していない!

全て警視庁と財団法人インターネット協会への責任転嫁に終始!

脱法精神に染まり切ったこの半グレには人としての情と良識を、

法による厳正な処罰と社会的制裁によって教えてやるしかない!

shimpuren

太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 22:43このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月28日

薩長・西南内閣の対韓同化・共生!(2)

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


前エントリー 
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51875435.html

★「半グレ」から考察する 〜戦前・戦後の犯罪史〜

☆同和の解放、異民族との同化・共生政策の近代体制が元凶!

clip_image001 安倍第2次内閣で法相に就任した谷垣禎一は、「国民感情や被害者感情からみて死刑制度を設けていることは根拠がある。その法の下で執務をしていきたい」として死刑の執行に前向きなスタンスを表明した。

 かつてハニートラップに引っかかり「ハニガキ」などと揶揄された男にしては真っ当なことを述べていると思うところだろう。自身を引っ掛けた外国の工作員を「外患誘致罪」(有罪なら死刑)で即極刑に処すくらいのことでも表明してくれれば面白いが、現行法で定められていながら、そこまでのことは如何なる内閣でも期待は出来そうにない。

 しかしながら、安倍内閣・自民党政権で掲げている悲願の「憲法改正」「国防軍創設」とは他国との交戦状態を想定してのものではないのか?

 戦争とは大量破壊兵器を用いて大衝突を繰り返す戦闘ばかりではない。その前にも様々な情報戦や謀略・撹乱工作が張り巡らされ、それは既に今の日本が直面している状況と言えるだろう。

 そうした中で、今現在も既に日本国内で暗躍し続ける中国や韓国、北朝鮮のスパイ・工作員を厳正に罰する(死刑に処す)刑法を機能させずして改憲も軍創設もまるで意味がないのではないか?

 その安倍内閣・自民党政権が改憲と軍創設で目論む戦後レジームからの脱却、即ち「戦前への回帰」だが、その戦前日本の治安状況はどうだったのだろう?

 先ごろ、友誼ブログ『日本よ何処へ』瀬戸弘幸主宰)の管理部から連絡を受けたが、以下のような匿名投稿を何度削除しても繰り返している馬鹿がいるのでそちら(当ブログ最右翼勢力)で掲載してもらえないかということだった。

 『戦前の少年犯罪』なる書籍をもとに図書館かどこかのデータから戦前の犯罪史を一部引用した投稿だった。所謂、荒らし投稿の類だが、出血大サービスのお涙頂戴劇で以下に原文ママで掲載して差し上げよう。
以下

→管賀江留郎『戦前の少年犯罪』
2012/06/17 22:51

日本の老人の邪悪さがわかる一冊

『全国革新懇ニュース紹介』

戦前の少年犯罪

著者:管賀江留郎(かんが えるろう)

発行:築地書館 2007年

国会図書館にこもつて古新聞古雑誌をあさり、

「少年犯罪データベース」というサイトを運営する人物による本。

膨大な資料にもとづき、戦前のほうが比べものにならぬほど、

少年犯罪において、より発生率がたかく、より兇悪だと立證する。

読んでたのしいものではない。

小学校二年生(満9−10歳)が、近所の子のこづかい銭を盗んで咎められ、

逆上して三人殺した1933年の事件とか、いちいち例をあげる暇はない。

著者は第一章だけで、小学生による18件の殺人をとりあげ、

「こんなのはごく一部です」という傍白で、読者を無感覚にする。

同世代の作家もやっておられる尼さんが最近は子どもが殺人を犯すような

酷い時代になってしまったと善男善女をたぶらかしたりしています。

まさしく、末法の世です。

親殺しに老人殺しに異常犯罪、360度殺しまくる

偉大な先達の進歩性にほとほと感じいる次第だ。

Posted by 偉大なる日本人1 at 2012年12月26日 14:45


むかしの小学校は戦場。

『バトル・ロワイアル』なんてままごと。

1928年。

小学校一年生(満6歳)ふたりが、

女の子を東京市深川区の材木倉庫へつれこみ、硫酸をかけ四週間の重体とした。

1934年。

北海道網走郡の小学校三年生が、下校中に同級生を松林へつれこみ、

裸にして木にしばりつけ、火炙りにしようとしたところを教師にみつかる。

授業中に筆を貸さなかつたことが原因。

残酷すぎて映画化不能。

教師も負けてない。

1928年。

東京府豊島郡の小学校教師(32)が、受け持ちの六年生60人のうち

進学希望者18人を放課後に受験指導する口実で二か月にわたり、

裸にして変態的行為をはたらいた。

発覚後免職に。

妻と四人の子がいた。

1933年。

愛媛県喜多郡の高等小学校校長(44)が、

女生徒数十人を強姦していたことが発覚し逮捕された。

1935年。

岩手県紫波郡の小学校で教師(31)が、

県立女子師範学校へ進学希望の女生徒(14)ら数十人を、

放課後に受験指導する口実で強姦して逮捕。

戦後もおかしな教師はいるけれど、桁がちがう。

Posted by 偉大なる日本人2 at 2012年12月26日 14:45


戦前の教育復活をめざしている方々は戦前の教育について

どの程度の知識をお持ちなんでありましょうか。

ここに掲げたのは私が収集した事件のほんの一部で、

当然私のまだ知らない事件もその何千倍とあるでしょうから、

戦前の教育復活をめざしているみなさんもぜひとも一生懸命お勉強して

戦前の知識を身につけていただきたいものです。

教育はまことに大切なものであります。

戦前は強姦天国。

いまとくらべ検挙者数が多いのは当然だが、

統計上の被害者はみな幼女なのが大きくことなる。

14歳以上を犯しても、ほぼすべて示談となり、

場合によつては犯人と被害者を結婚させ、告訴を取り下げさせた。

強姦は犯罪とみなされなかつた。

勿論、当時の女はすこしも貞潔でない。

宝塚にはまり、援助交際にたよつた神戸の女学生(満13−14歳)とか、

ドイツ人留学生のもとにエロい恋文が殺到したりとか、

乙女心は時代をこえ不変で安心する。

いまの日本の自殺者は、老人が多い。

景気の浮沈は関係なく、やつらは昔から自殺率が高かつた。

ゲーム感覚でゆきずりの相手と心中した。

船で知りあつたもの同士、ポンと大島は三原山火口へ飛びこんだり。

つまり現代日本の老人は、邪悪な生存競争を勝ちぬいたチャンピオン。

ゴキブリよりしぶとい敵だ。

Posted by 偉大なる日本人3 at 2012年12月26日 14:46

以上

 これらの犯罪史がどこまで事実なのか、確認する術もなかなか無いが、戦前は戦後よりも酷かったというのは事実だろう。
 少年犯罪の凶悪化がクローズアップされたのは80年代から00年代にかけてのことだと思われがちだが、終戦直後というのはそれ以上に凄惨な少年犯罪が多発していた。それ以前の戦前となると、なお悪かったことは想像に難くない。

 滋賀・大津で中学2年生男子が自殺した問題で、加害者側の2人が書類送検された。今のイジメが陰湿で昔のイジメはカラッとしたものだった、戦前は中学生が自殺するようなケースは皆無だったとする情報も飛び交っているが、全て過去(戦前)を礼賛して今(戦後)を悪しきものとするプロパガンダである。

 イジメは昔から凄惨で陰湿だったし、今も警察や自衛隊の組織内部での自殺者は後を絶たないが、戦前の旧軍や警察ではそれ以上に凄惨・陰湿なイジメがあったと思われ、自殺者も相当数に上ると思われる。

 変質者による性犯罪も最近のケースでは宮崎勤(死刑執行により故人)の事件があまりにも有名だが、それ以前の明治時代にもそれを遥かに凌ぐ変質的な猟奇事件が続発していたという。

508c6c84
 この2012年の日本を騒がせたキーワードは「半グレ」である。晩夏の六本木で発生した「集団バット撲殺事件」は『関東連合』など暴力団には属さないが、犯罪を生業とする新手のアウトロー集団としての存在がクローズアップされた。

 同じく関東圏では中国残留孤児2世3世らを中心とする『怒羅権(ドラゴン)』の存在が有名だが、関西でも『強者(つわもの)』と称する新興半グレ集団の台頭が大々的に報じられた。

 しかし、半グレというのも昔から存在したし、戦後から間もない時期には『三声会』なる愚連隊組織が東京・新宿を席巻して暴力団をも配下に従えたものである。

 その他、大小無数に存在した半グレだが、兵庫・尼崎を中心に次々と家ごと乗っ取っては家人に家人を虐待・殺害させるなど、ヤクザ顔負けの非道を貫いた「角田ファミリー」も広義では半グレの範疇に入るだろう。

 これら半グレや凶悪犯罪に共通することは、必ずそこに在日韓国・朝鮮人や中国人などの異民族、同和出身者などが介在しているということである。

 戦前日本には朝鮮半島・台湾への統治政策の下、今よりも多く在日外国人・異民族が存在した。そう考えると戦後の日本社会に跋扈する半グレや外国人による凶悪犯罪などはむしろ減少したほうであり、戦前のほうが遥かに多く、残忍で凄惨且つ陰湿な犯罪が多かったと結論付けられるべきだろう。

 外国では極右ナショナリスト集団と一体化した地域のアウトロー集団が前衛となり異民族の排撃に立ち向かうものだが、日本の場合は明治以降から既に手遅れだったのである。暴力団や半グレのアウトローは言わずもがな、ナショナリズム運動にまで異民族が入り込んでは他国の国益まで謳う始末である。

 警察や自衛隊に工作員の如く帰化人が入り込んでいるとの情報も伝えられるが、そんなものは戦前から旧軍にも憲兵隊にも露骨に存在した。

 確かにどこの国であれ、100年前の人間が今の人間よりも野蛮だったことは共通しているのかも知れないが、それにしても明治以降、(太平洋戦争での)敗戦までの戦前日本のみが取り立てて理想的であるかのように語る保守派の理論がまるで分からない。

 近代以前、つまり幕末までの武家時代にはサムライが存在し、特に幕末動乱の京都では凄惨な斬り合いが繰り広げられた。こうしたチャンバラ劇をさも野蛮で、非文明的なことと捉え、そこから脱した近代を文明開化のように捉える向きがもっぱらであると思うが、それを言うなら異民族を跳梁跋扈させ、まして異民族を治安維持・国土防衛に当たらせるほうがよほど非文明的で野蛮なことだろう。

 倒幕により、そうした近代(その実、非文明的で野蛮)をもたらすために暗躍し、テロを繰り広げたのが薩長を中心とする、所謂「イシン(維新)の志士」であり、それを公然と斬り捨てる行為は少しも野蛮ではない。むしろ近代化の結果、同和や朝鮮人はおろかニガー(黒色人種)まで跋扈させて、ろくに交通法への違反キップも切れない警察行政を司る現体制のほうがよほど野蛮な現実をもたらしている。

 挙げ句の果てには前述のように、工作員の中国人・韓国人を公然と留学や就学、研修、就職・就労、公務などの名目で横行させてしまっている。

 なるほど、治安の悪化も外国人の激増とスパイ・工作員の暗躍による安全保障の崩壊も、全ては近代以降の異民族との同化・共生政策によってもたらされたものであり、その系譜を脈々と引き継ぐ今、また戦前に回帰しようという動きが強まってきたわけでそのような愚挙は断じて許されない。

 安倍・自民党政権による戦前回帰は、戦前日本の朝鮮半島・台湾との同化・共生政策と同様、外国人移民の受け入れと並行して改憲・軍創設が行なわれるであろうことは同党の政権公約を見ても一目瞭然。

 一見はタカ派の強硬的な主張に見えても、安全保障一つとっただけで戦前回帰というトンでもない売国・反日政策を行なおうとしていることは間違いないのだ。

 この近代体制を打倒・打破しない限り、少々良くなることはあっても異民族との同化・共生を強いられ、本当に差別されてきたのかどうかも怪しい部落・同和を跋扈させる「地獄」であることに変わりはない。

半グレの異民族・帰化人、同和に立ち向かうには日本人も「一億総半グレ」になるしかない!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
解同の出自を追え! 
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11436289919.html


shimpuren
内なる敵を追え! http://shinpuren.jugem.jp/?eid=788

2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

麻薬売買ほか犯罪情報を氾濫させた掲示板『2ちゃんねる』の運営陣も半グレ!

元管理人・西村博之はネット番組に出演し、「法違反してない」と容疑を否定!

西村は「削除の依頼は来てない」などと、この期に及んでもさらに嘘を重ねた!

虚言・戯言を駆使して脱法の限りを尽くした貴様は容疑を判断する立場にない!
clip_image001

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

太賢さんのブログ

随時、更新中!
NPO外追

  
Posted by samuraiari at 12:06このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月27日

薩長・西南内閣の対韓同化・共生!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★韓国への慮り 第2次安倍内閣が発足…!

☆かつてロシアで今、北鮮! 半島への進出・防衛・投資を強いられる事態は必至

clip_image001 吉田茂以来、戦後宰相で2人目となる返り咲きの第2次安倍内閣の発足は何を物語るのだろうか。

 明治以降、近代議会体制における首相の在任歴をザッとウィキペディアで振り返ると、体制の発足当初は薩長閥出身者・西南族が何度も返り咲く形で首相の座が回されていたことがうかがえる。

 戦前と戦後を通じ、それ以降もところどころで薩長出身・西南族の宰相が顔を見せる。

 旧長州閥の山口県を地盤とする安倍晋三の返り咲きは首相の任期が1年周期と言われる昨今の国会にあって、いかに薩長閥・西南族が主導権を握った勢力であるかを物語るものだろう。

 さて、その旧長州・西南勢力を支持基盤とする安倍がいかに韓国との同化・共生政策を重んじているかは内閣発足前の大きなブレを見ても感じ取れる。

 国家行事として行なうべき「竹島の日」主催の見送りに見られる竹島問題における譲歩と、新大統領誕生への特使の派遣。初当選から間もない格下でも送り込むならイザ知らず、大臣まで経験した党の古参幹部で派閥会長の額賀福志郎を特使として派遣するあたりは、いかに発足前から安倍が韓国に慮(おもんぱか)っているかが伺えよう。靖国参拝の見送り表明もまた韓国への配慮があることは疑う余地が無い。

 安倍の実績について、第1次内閣とそれ以前、北朝鮮による日本人拉致事件にどの政治家よりも強硬に日本国としての主張を曲げず、一貫して取り組んだと強調する自民党カルト信者の大ばか者がいる。

 その一方で、カルト統一教会が何千人もの日本人信者を洗脳して韓国内へ連れ去り、奴隷同然の暮らしを強いている事実について安倍は何も言わない。何も言わないだけならまだ良いが、その統一教会の大々的な支援を受けて選挙基盤を維持しているようでは話にならない。
 山口県内で開催された韓国文化フェスティバル(統一教会が主催?)に来賓として出席している辺りはまだカワイイくらいで、安倍がいかに韓国に媚びへつらったスタンスであるか、その背景が見て取れるというものだろう。

 なるほど、安倍の北朝鮮への強硬姿勢は自らの対韓「追随」政策のカモフラージュである。安倍こそは対北鮮を口実に韓国との同化・共生を推進する旗振り役と言えよう。

 その安倍が悲願として提唱しているのは憲法改正と国防軍の創設。韓国のために北朝鮮と戦争することを強いられ、韓国のために北朝鮮へのインフラ整備のための投資を強いられる日本の未来像が見えてきそうだ。明治以降、戦前日本の歩んできた道のりそのものでしかない。

 明治日本や戦前回帰の何が悪いと言って、朝鮮半島への莫大な投資を「近代化させた」とか「理想的な統治政策」として崇め奉っているのが保守派であるわけだが、その一方では東北地方を主に日本人の生活を大飢饉に陥るまで犠牲にしたのだから、これ以上の売国・国賊行為、反日行為は他にない。

 今でも大震災から東北復興を提唱しているが、この反省と総括なくして国家再生も何もあったものではないだろう。

 かつて日本は朝鮮半島をロシアの南下政策(脅威)から守るためにロシアと対峙した、戦前も敗戦まで一貫して共産主義の脅威を阻止するとの名目で朝鮮半島および中国大陸東北部に進出し、その地に留まり続けた。

 今やそのロシア(旧ソ連)の脅威が同じく共産主義軍事独裁国家の北朝鮮になり代わっただけで構図はまったく同じだと思わないか。

 間違いなく、安倍内閣もしくは自民党政権のうちに改憲・国防軍創設は実行に移され、韓国のために日本が最前線で北朝鮮に対峙することを強いられる状況はやって来るだろう。

 北朝鮮への強硬姿勢といったところで、以前、第1次安倍内閣で朝鮮総連系パチンコ・マネーの流出を抑えるために行なわれた貸金業法改正は政権に就く以前の野党・民主党の立案によるもので、むしろサラ金業界の代弁者である安倍は同法改正案には難色を示した側である。

 このほどの第2次安倍内閣では高校無償化政策について朝鮮民族学校を対象外とする方針が決定されたが、これとて外国人留学生の受け入れ拡大を推進する一方で行なわれた決定であり、保守・愛国的なポーズに騙されてはいけない。

在特連
:関連記事
朝鮮高、無償化対象外の一方で・・・
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11435208777.html
☆売国内閣発足! アペ内閣・公明党推薦議員の文科相・下村博文の巧妙な売国戦略

 対北朝鮮や改憲などで強硬姿勢・タカ派的な主張ばかりが強調される安倍内閣は「危機突破内閣」などと命名されたようだが、その一方ではスポンサー財界の主張を代弁する者らしく「移民の受け入れ計画」を政権公約に明記しているくらいである。

 経済の建て直しにせよ、改憲・国防軍の創設と北朝鮮への強硬姿勢にせよ、国民生活を守るとしながら、その一方で拡大した外国人留学生受け入れのために莫大な血税を投じ、新たな外国人移民の受け入れで莫大な血税を投入するようでは話にならない。

 国民生活を守るとの大義名分で韓国のために戦争を強いられ、国民生活を守るとの名目で外国人移民のために納税を強いられる…。北朝鮮がどうのこうのの前に、少しは北朝鮮を見習って安全保障上の観点からも経済の観点からも鎖国に近づけるようなことをせよという話である。

 北朝鮮による日本人拉致事件も問題なら、韓国による日本人拉致事件と領土の不法占拠はそれ以上に大問題。

 北朝鮮のミサイル発射が問題なら、韓国のロケット発射に国家機密レベルの科学技術まで易々と提供している「韓日共生・同化政策」をどうするのかという話である。

 もはや安倍に限らず、如何なる政党、如何なる議員にも国家の命運は託せない。

世界平和だとか極東の安定という近代国家の発想に囚われた時点で日本人は負けである!

他国のどこが戦乱になろうと、まして朝鮮半島で同民族同士の殺し合いなら勝手にやらせておけ!

韓国が危なくなれば日本も危ういなどという安倍・自民党や財界ら為政者のプロパガンダに乗せられるな!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


shimpuren
最新記事 「鈴木信行」という男
http://shinpuren.jugem.jp/?eid=787
20121226_130354


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

麻薬売買情報の氾濫で2ch創始者・西村博之は警察からの削除要請メールを一切無視!

ここまでコケにされたメンツ丸潰しの対応に、ここで断固逮捕・起訴に踏み切らなければ、

警察庁・警視庁は2ちゃんねるサイドと結託し、裏取引をしているとの誹りを免れない!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

太賢さんのブログ

随時、更新中!
NPO外追

  
Posted by samuraiari at 02:26このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月25日

自民党カルト信者に告ぐ!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★本当の売国! いよいよ安倍内閣・自民党政権が発足

尖閣・竹島、靖国見送り、TPP推進…
開始前から譲歩の連続で見えた石破次期内閣で人権法成立!

clip_image001:写真
思わず、「早くも退陣の準備ですか?」と聞きたくなるバッグを手にした安倍晋三の姿

 民主党代表選は12月25日、元国交相・馬淵澄夫と元経産相・海江田万里との間で争われ、海江田が勝利。代表を辞任した元首相・野田佳彦の後任が海江田で、民主党としてはリベラル色をアピールしたいところだろうが、より存在感を薄めて埋没していくだろう。

 断言して民主党は代表・野田の下で首相指名選挙に臨むべきだった。野田こそは近年における内閣の中で最も尖閣・竹島問題で功績を残した首相だったと言える。民主党の党体質や元々の思惑がどうあれ政治は「結果」こそが全てだ。

 何を言ったのかよりも、「何をやったのか」が大事だと思う。韓国が竹島を不法占拠した時に、中国が尖閣の領有権を主張した時に手を打つべきだったという向きもあるが、それらを放置してたな晒しにし、中韓を刺激しないよう務めてきたのが歴々の自民党政権である。

 その自民党政治をそっくりそのまま受け継ぐ安倍晋三の内閣・自民党政権が再び始まろうとしている。
 安倍こそは首相就任の以前に早くも前言を翻し、中韓への相次ぐ譲歩と売国で「本当の反日政策」を公言して憚らない。
 もはや自民党こそ「言った者勝ち」の公約合戦に終始している。
 とにかく選挙で耳目を惹け、保守層の拍手喝采を浴びられそうな公約をぶち上げろ、当選・勝利さえすれば後はいとも簡単に前言を翻しても構わない。…そんな発想で政治に携わっている。

 これを支持する自民党信者もなお性質が悪い。イメージのみで愛国の安倍・愛国の自民党であると崇め奉り、他方、イメージのみで民主党をひたすら売国政党として貶めるカルト臭が漂う。もはやそこには如何なる政治的な主義主張も思想も存在せず、ただ、政党間の争いのみが存在している。

★近代レジームからの脱却を!

 いよいよ安倍内閣・自民党政権が発足。大方の党役員人事・内閣の顔ぶれは前以って発表されていたが、それにしてもまったく変わらない。

 変わらないというのは首相に再任された安倍と、党役員・閣僚に名を連ねた自民党幹部の顔ぶれという意味ではない。

 同じ人間が政治をやるにしても、そこで行なわれる政治もまったく変わらないという意味だ。元の自民党政治に戻ったに過ぎない…これが率直な感想だ。
 安倍晋三はさる06年にも小泉純一郎の後継として首相に就任しているが、まるでその続きを見ているかのようだ。

 周知の通り、竹島・尖閣では中韓を刺激しないよう譲歩の姿勢を見せた。安倍支持の自民党カルト信者はこれを「様子見」として評価しているが、尖閣には連日のように中国軍機が接近しては挑発的行為を繰り返しているように、これが本当の様子見というものだ。日本固有の領土をめぐる事態で譲歩して一体、何が様子見なのか?

 靖国参拝の見送りは既定路線として、民主党が推進したとして批判したTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)には積極的参加のスタンスを明らかにしている。

akiba ここまで譲歩に次ぐ譲歩、売国に次ぐ売国、反日に次ぐ反日をやろうとしている内閣・政権のどこが保守で、何が愛国なのか? 以前に首相を務めていた時の「曖昧戦術」にしてもそうだが、これでなおも支持していられる自民党信者の気が知れない。結局、彼らにも愛国心などなく、ひたすら「自民党への愛党精神」でしかないだろう。

 この調子では保守派が最も懸念する「人権擁護法案」がまたぞろ持ち上がってきそうな勢いである。安倍の内閣ではやらないだろうが、その次に現幹事長の石破茂(自由同和会)辺りが首相に就任して推進するシナリオが読めてくる。

 さすがにそれには保守派も猛反発するだろうとする向きもあろうが、それを黙らせる秘策が安部・自民党の悲願とされる「憲法改正」ではないかと見ている。改憲さえされるのであれば…といった具合に。

 しかし、前述のように竹島・尖閣で譲歩に次ぐ譲歩を続けている状態で、仮に愛国者の悲願とされる改憲および戦力の保持が実現しようと何の意味があるのだろうか? 今でさえ何も出来ない状態で仮に改憲・再軍備したところでそれを行使出来るとは思えない。戦力や交戦権を保持しているが、それを行使出来ないなどと今までと似たように答弁する光景が目に浮かぶ。

 これでは如何なる大量破壊兵器を保持したとしても状況は何ら変わらない。

 就任前から敗走を続ける安倍・自民党を礼賛していられる保守派の神経が理解し難い。

 自民党がダメならどこが良いのか? 民主党は売国奴の巣窟だぞ!…と自民党信者の保守派は言うのだろうが、その自民党こそが売国奴の巣窟であり、まだ民主党政権のほうが真っ当に機能していたとするのが正しく政治を見ている者の評価である。

 では、『日本維新の会』か? 維新の会こそは民主党の右派バージョンであると見ている。民主党同様、保守派の寄り合い所帯で次の衆院選辺りにはまたぞろ政権交代が行なわれるのではないか? それでダメだから、やっぱり自民党!というシナリオまで目に浮かぶ。

 結局、議会政治で行なわれていることというのは近代以降、何ら変わっていない。安倍・自民党のやっていることも変わらないが、戦後一貫して変わらないし、朝鮮半島(韓国)との同化・共生政策を推進した戦前からも一貫して変わっていない。明治以降、薩長閥・西南族が支配した近代議会体制は変わっているようで何も変わっていない。それを安倍の再登板が示しているではないか。

 自称・愛国者の保守派が踊り湧き立つ新宰相・安倍の誕生後に、またぞろ「移民1千万人受け入れプロジェクト」や「外国人参政権法案」そして人権擁護法案の実現に向けた動きが同時進行することを彼らはまだ知らない。

 高らかにぶち上げた愛国・タカ派論も嘘っぱち。野党もマッチポンプなら政権交代も単なる一時的な息抜き。

 自民党政権がダメだから他の政党を持ち出すんじゃない。そんな近代議会体制に囚われた発想だから売国政治を延々とループさせる結果になる。他の政党、例えば維新の会を政権にしてもなお愛国者が期待を裏切られる羽目になったから自民党政権に戻すのはさらなる愚策。それをやっているのがリベラル左派の民主党を引き摺り下ろした後の今現在である。

 脱すべきは安倍が言うような戦後レジームからではない。自民も民主も維新も含めた、この近代議会体制からの脱却なくして国家再生はない。
121219_1313~01
写真:ゴミ箱に破り捨てた今衆院選の投票用紙

応援クリック宜しくお願いします♪

最右翼勢力を支持!


以下、先のエントリーより同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」をはじめ、素晴らしき仲間たちのご意見をコメント欄ごとアドレスとしてご紹介します。

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51875006.html#comments



同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ
最新更新情報! 「孝明天皇」
http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11432457555.html

在特連
「特権」を返上した男
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11434301708.html

DSCN0712
反韓姿勢に特化せよ!
http://shinpuren.jugem.jp/?eid=786

2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

2ch元管理人と称する西村博之のPCから数百通の削除依頼メールが発見される!

西村がメールを通じて2ch上に氾濫する違法情報を把握していたことは間違いない!

過去、警察関係からの削除依頼はたった「2通」としていた西村だが、ウソは歴然!

脱法精神の塊であるこの男を直ちに刑法犯で国際指名手配(海外に出国中?)せよ!

太賢さんのブログ

NPO外追


  
Posted by samuraiari at 23:33このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月24日

(続)反韓・嫌韓なる国益と『新風連』の再結集!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★むしろ「維新前の体制」へ

☆敵国・敵民族への対決姿勢・鎖国体制から新時代を!

 前回のエントリー「反韓・嫌韓なる国益と『新風連』の再結集!」にて韓国という最大の脅威と、韓国との国交断絶なる「最大の国益」、そして党是に日韓断交を明記した『新風』鈴木信行代表)への支持を呼びかけるものとして、『新風連』の再結集を宣言した。
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51874715.html
 取り急ぎ新風連では新風の党名変更、つまり「維新政党・新風から『新風』を正式名称へ」と提唱している通り、今後、我が最右翼勢力でも新風連でも「維新〜」とは呼称せず、単に「新風」としか呼称しないことを宣言しておく。

新風連(新しい風を求めてNET連合) ☆党名変更運動
http://shinpuren.jugem.jp/?eid=785
DSCN0712
 韓国との国交断絶は明治以降、いや、それ以前にも存在した朝鮮半島との交流を断つとしたもので、戦前は国交どころか統治国として日本が韓国のために莫大な犠牲を払い、日本が韓国のために莫大な投資を行なってきた。戦後は暫くの間を経て国交正常化、韓日友好条約を締結して現在に至るが、明治維新後の日本の近代体制にあってかつてない挑戦と言えよう。いや、戦後の一時期に国交が無かったことを考えれば取りあえずはその状況にまでの逆行を意味するものか。

 ただ、国交があろうが無かろうが、その間も朝鮮半島からの不法入国は後を絶たなかったわけで、それが今の在日社会の形成に至っている。この時代の国交無き関係とは第2次世界大戦での敗北とGHQ連合軍の占領政策の中で強制的に朝鮮半島との関わり(統治政策=共生・同化政策)を断たれたことによる。

 そうではなく、能動的に日本からの断絶・断交を突きつけようというのが新風および新風連、そして我が最右翼勢力の主張である。

 つまり韓国を敵国とせよ、韓国人を敵民族とせよ、というものだ。

 言い換えれば韓国と北朝鮮のような関係(朝鮮戦争を休戦中=交戦状態が継続=)であり、日本こそは現在の北朝鮮のポジションに位置して当然である。

 北朝鮮のような金王朝・全体主義独裁国家が理想だとは間違っても言わないが、大江戸の徳川将軍家による武家政治を志向するという意味では似通った部分がないわけではない。ただ、現在の北朝鮮の体制とは、むしろ近代の戦前日本のほうが似通っているし、人によっては戦前日本が北朝鮮以上にグロテスクだったという見方もある。それが事実だ。

 北朝鮮が南(韓国)への敵対関係という原則に忠実で敵対姿勢を一貫している一方、韓国側は対北支援など宥和政策をとる勢力が存在するし、政権の座に就いていたこともある。韓国が何という滑稽でアホな国かと思うが、日本などはそれ以上にアホで近代以降、朝鮮半島への投資・献上という愚かな体制が一貫して続いている。

 むしろ韓国のフリを見て少しは日本のフリを直し、一貫した対韓姿勢を一糸乱れず貫いている北朝鮮を見習ったほうが良いだろう。

 外からはおいそれと人が入れないし入らせない、中からも出られないし出させない北朝鮮のスタンスこそは近代以降、(人を)外に出し続けるわ、(人を)中へ受け入れ続ける一方の日本が倣うべきである。
 この辺りが戦前日本と決定的に異なるところであり、北朝鮮以上にグロテスクだったとされる点の一つだろう。

 せめて明治以降、戦前の日本が武家時代もしくは現在の北朝鮮のように事実上の鎖国政策だけでも継続していれば、在日は跋扈するわ帰化人が各界各層に浸透する今日の惨状にはなっていなかったに違いない。

 天皇を中心とするか、金王朝を中心とするかの違いだけで、戦前日本と北朝鮮は似通ってはいるが、その性質を真逆くらいに異にするものである。

 つまり韓国人を正常に敵として日本に居させない、入れない、また、日本から赴かないようにさせる状況が望ましい。

 日韓断絶・断交は単に「絶交〜」と言うにとどまらず、とてつもない壮大な新時代への幕開けである。それを契機に韓国と韓国人に対する如何なる敵視政策をとるべきか、いかにこれまで国是とされてきた「開国政策」や「外国人政策」を抜本的に改めて鎖国体制に持っていくか。

 開国に次ぐ開国で、これ以上に開国しようがないくらいに閉塞し切った状況を打破する突破口が日韓断交である。

 「維新」「鎖国」は間違っても相容れない。

 むしろ維新以前の鎖国・武家体制の状態を志向する。

 それが日韓断交を発端として新時代を切り拓くことである。

 近代日本が異民族のような同和と異民族の在日・帰化人に蹂躙された発端は、薩長閥・西南族主導の体制下で開国政策に踏み切ったことと朝鮮半島への関わり(日韓併合)にあるのではないか。開国即ち日韓併合だったと言っても過言ではない。

 単に国交が無い状態ではなく、日本の近代史を逆行させるように韓国への敵視政策の一貫という意味において日韓の断交・断絶を実現させ、さらなる敵視政策の履行・実行でこそ日本の新時代が切り拓かれる。

以下、同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」のご意見をご拝聴! 

新風は反韓姿勢に特化した存在にした方がよいんぢゃないですか。北朝鮮なんて怖くないでしょう日本人であれば。あんなもの怖がる連中なんて世界中探しても韓国人と西南人だけですよ。我々日本人にとっての本当の脅威は不必要に北朝鮮や中国の脅威を煽っては韓国と同化しようとする勢力、つまり自民党や西南人の煽動に乗らされてしまうことですよ。今の新風の体制には期待できるので頑張ってもらいたいものですが、その今を大切にしなければ未来の信頼の保障は築けませんよ。
Posted by みたいな実 at 2012年12月22日 16:05

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ
西南賊によって売られ続けた日本を取り戻すべく苦労の多い中、普通の国になるべきと舵をきってきた久し振りの日本人内閣である野田内閣がつぶされてしまいました。
まさしく日本最大最悪の成りすまし勢力の筆頭であるアベに乗っ取られました。この事により今までの野田さんによる愛国政策への反動として反日売国政策が推し進めらて行くことが既にアベの手によって明確であることはいやしくも日々露となっていってますが、この事は何よりもあの自民党宣伝CMによって懸けられ続けていた呪いの言葉に全てが集約されているといっても過言ではないでしょう。
「日本をとりころす」今、日本最大最悪の反日勢力である自民党が復活しようとしています。それにしてもこの西南人と朝鮮人と言う生き物は何時になったらタ行の発音をまともに喋れるようになるのでしょうかね。キムチの悪いこの自民党とか言う特定ミンジョク政党を野放しにする限り日本人は殺され続けるでしょう。
早速とアベは今負担の大きくなっている生活保護を削ると言いだしましたが、今負担が大きくなってるのは当たり前です。生活保護は今東北の被災者の為に多くつかわれてるのですから、それを削ると言い出しました。せっかく民主党に代わり下がりだした日本人の自殺者数がまた再び上がって来るのでしょうね、怖い事です。
Posted by みたいな実 at 2012年12月22日 12:37


★さっそく安倍が裏切った!!

akiba 新風および新風連・在特連そして最右翼勢力が対極(最大の敵)として位置づけているのは共産・社民など左派勢力ではない。自民党政治そのものである。

 政権がスタートしているも同然の安倍・自民党は「竹島の日」見送りに続いて「靖国神社参拝」を見送るとしてまたも保守層を裏切り、ひたすら韓国への追随姿勢をこれ以上にないくらい露わにしている。

 この期に及んでもまだ安倍晋三を愛国者として讃える向きがあるが、その一方で安倍を批判する向きも保守層にはある。彼らの本心は自民党の政権を望むが、反日は要らない…というもの。そんな虫の良い話があるか!

 自民党だからこそ、自民党を選んだからこそ反日政策と韓国への媚びへつらいがあるのであって、自民党を選んだ奴は自民党の反日に文句を言うな!

 ただ、安倍の靖国参拝見送りは自らの先祖が祀られた神社への参拝を見送るとしたもので、脱薩長・反西南を掲げる我らとしては大いに歓待すべきことなのかも知れない。

 反日やっても救われず、祖先にも救われない安倍はまたしても腹痛で退陣・失脚を余儀なくされそうである。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
SSに米裁判所が仮処分!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11432221060.html
☆捕鯨を妨害する最大の敵


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

2ch・西村博之の送検はネット犯罪への見せしめと捜査の幕引きを示唆!

麻薬売買に関する一連の強制捜査は事実上の「終了」が宣告されたも同然!

『2ちゃんねる』の閉鎖なくして、ネット上の犯罪の抑止効果にも期待薄!

今の体制では国家権力はいかなる反社会の芽を摘むことにも手が及ばない!

太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 02:08このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月21日

反韓・嫌韓なる国益と『新風連』の再結集!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★韓国という最大の脅威!

☆共産主義圏と自由主義圏の対立という構図ではない

paku 韓国大統領選は12月19日に投開票が行なわれ、与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ 60歳)が当選。韓国初の女性大統領の誕生となった。韓国は常に日本で懸念されたことを先駆けて実現させている。不法滞在外国人の合法化、移民の受け入れ、人権擁護法案の制定、外国人参政権の付与などなど。どれも好ましい結果が出ているとは思えないが、韓国が行なったことで唯一、日本が倣うべきは強い中毒性で破産者を続出させる違法賭博パチンコの全面廃止だろう。

 朝鮮総連系のパチンコ・メーカーを通じて日本人から収奪した現金(パチンコ・マネー)が北朝鮮のミサイル開発・発射に使われていることは誰もが知っている。知っていながら中毒になって嵌ったパチンコをやめられない。

 風雲急を告げる極東アジア情勢にあって、日本にとって最大の脅威とは何か?

 この12月にも北朝鮮がミサイル発射を行なったが、それを言うなら韓国も軍事利用のロケットを打ち上げている。しかも日本が国家機密の科学技術を惜しみなく提供して。

 北朝鮮による日本人拉致事件は最大の主権侵害として度々持ち出されるが、それを言うなら韓国もカルト統一教会が日本人信者を何千人と自国内に連れ去りながら放置している。

 北朝鮮のミサイルが打ち上げられる度に、共産主義軍事独裁国家に対峙する韓日同盟や韓日関係強化の重要性が言われるが、当の韓国こそが日本にとっての脅威である。

 同じく共産主義軍事独裁国家として中国の存在が最大の脅威であると言われる。中国を叩けば北朝鮮も弱まるといったように。しかし、そのために韓国との同盟・関係強化が欠かせないというのも妙な話である。

 共産圏VS自由圏というのは欧米の、とりわけ冷戦構造時代の発想であり、必ずしも日本と日本人の敵は共産主義者ばかりではない。
 こと日本の近代史を紐解けば、日韓併合の名の下、朝鮮半島統治のために清国やロシアと激しい戦火を交えて犠牲になることを強いられ、統治後は朝鮮半島の繁栄のために莫大な出費と日本人の生活を犠牲にすることが強いられた。

 現在の日本と韓国を取り巻く状況にまったく酷似している。韓国のために北朝鮮と対峙、韓国のために中国と対峙。莫大な犠牲と出費を強いられることは免れない。

 そう考えると戦前・戦後を通じた共生政策を強いられ、韓国人(朝鮮人)を日本人として扱うにせよ、日本人が朝鮮人化するにせよ、明治以降、朝鮮半島との同化を強いてきた韓国の存在こそが日本にとって最大の脅威である。

 先ごろ、衆院選では安倍・自民党が圧勝し、韓国側は「極右政権である」として懸念を表明しているが、韓国に日本を攻撃させるための自民党の政権復帰としか思えない。

 大統領に就任早々、朴は日本との「共通の歴史認識」に言及したが、誰が大統領になろうと、左派が政権に就こうと韓国の日本に対するスタンスは変わらない。韓国の大統領や政権、国情がどうといった問題ではなく、こと日本の近代化以降、そうした韓日関係が当然のものとなっている。つまり良好な両国関係などといったものは存在するはずがなく、正常な日韓関係とは日本側から完全に関係・交流を断ち切った状態だろう。

paku2 国内向けではタカ派強硬論で通っている安倍晋三は政権復帰と首相就任が確実となるや、新大統領への特使として元財務相・額賀福志郎(日韓議員連盟幹事長)の韓国派遣を決定。

 政府主催で行なうとしていた「竹島の日」式典について、政府関係者の出席どころか、開催そのものを見送るとした。韓国新大統領には特使・額賀を通じて「両国は戦略的利益を共有する」とした親書が手渡される予定。両国でともに新政権が誕生することを機に、竹島問題で悪化した関係修復を目指す構えだが、ここに如何なる政権政党が誕生しようと、日本がいかに韓国に憚っているかが伺える。

 竹島の日が政府主催の式典となれば、韓国側による大統領就任式への(日本の)首相招待が困難になることを懸念して配慮したものだが、そんなものに招待されずとも良いではないか。就任式への出席のため、政府主催の竹島の日を見送るとは、安倍新内閣・自民党新政権が竹島領有権を韓国に譲歩・献上したも同然である。

 これではまだ「韓国による日本固有の領土・竹島への不法占拠」を内閣の公式見解とした野田佳彦のほうが100万倍もマシな愛国宰相というものだろう。

 極東アジア情勢を共産主義圏VS自由主義圏という構図で捉えるのは誤りであり、明治以降の戦前日本が朝鮮半島を統治して主導したという見方もあるが、それは教科書通りの一側面的な捉え方であって、莫大な出費と犠牲を強いられるのでは元も子もない。
 朝鮮つまり韓国こそは日本に便乗して寄生して、日本を悪用して、日本から搾取した。そのような韓国に近代化以降、今現在もなお投資しては媚びへつらっている日本の体制こそが悪い。

 極東アジアの平和と安定を考えるに、中国に支配・蹂躙されたチベットやウイグルなど他国・他民族のことなどどうでも良いのであって、こと日本の国益を考えた場合、韓国との友好関係や同化・共生政策が続いている限り、真の安定も平和もないのである。

 従って、真の愛国者であるなら官民を問わず、韓国との一切の関係・交流・往来を断絶する「最大の国益」を追求しなければならない。その韓国に私企業と言えども与して便宜を図ることは売国行為そのものである。

☆多民族共生国家(戦前日本)の再現!

aikokusya
 竹島の奪還や韓国の脅威を謳いながらも、韓国企業それも反日ゲームを制作した会社との取り引きをしていた保守系SNS『my日本』の問題については昨年来、一貫して追及してきた。

my日本(西田省人)問題カテゴリー http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/cat_50035580.html
 このほどmy日本と提携関係にあった議員に関する動向が判明。東京都議・土屋たかゆきが「韓日同盟」を主張する発言をしていた。
http://ameblo.jp/sekainipou/archive1-201109.html
>政界全体で共産主義に対する警戒感が薄れていますね。
>佐藤栄作首相の時代くらいまでは、日本、韓国、台湾は「反共の防波堤」と言っていました。
>僕は今でも、この考え方は大切だと思っています。歴史認識や竹島などで問題はあります。
>あるけれども、それはお互いの主張を表明していればいいわけで、一番の脅威は中国です。
>経済的にも思想的にもそうです。だから、共産主義に対する防波堤を再構築すべきだと思っています。

 つまり、中国に対抗するには韓国と組むべきと発言しており、韓国との歴史認識・領土問題については、「それはお互いの主張を表明していれば良い」と、韓国側の主張に寛容である。
 韓国企業による反日ゲームの宣伝媒体を担っていた会社(株式会社ネットシーズ)の経営者・西田省人(my日本の管理人=代表取締役)と組むことに、土屋が抵抗が無かったのも頷けよう。

 また、my日本の「ティーパーティー」なる集会に出席した自民党の下村博文(しもむら・はくぶん)は、間もなく誕生する安倍新政権での入閣が確定的である。
250px-Hakubun_Shimomura
 この下村、かつて留学生問題の委員長として「留学生30万人受け入れ計画」を提唱したことを
自身のサイトで公言した。
 また、下村が中国人・韓国人留学生に学生ビザを発行していることで知られる日本語学校について、その日本語学校の経営を守るように主張していることも判明している。

 また、下村が福田内閣の際に推進した「留学生30万人計画」は、今回の自民党の2012政権公約にも明記されている(15ページ目)。
>84 「留学生30万人計画」と学生・研究者の国際交流の積極的推進
>「留学生30万人計画」の実現を目指し(当面20万人目標)、国・地域・分野等に留意しつつ、優秀な留学生を戦略的に獲得します。
>東日本大震災の影響により、日本で学ぶ留学生や研究者が減少しないよう、日本の学校や研究機関の教育研究活動に関する情報発信の強化、生活支援など在学時の受け入れ環境づくり、卒業・修了後の就職支援など社会の受け入れの推進を図ります。

 いわゆる低偏差値大学については、留学生が納付する授業料が主な資金源となって維持されている大学もあるという。文科相・田中真紀子が3大学の新設許可を却下した際に下村は抗議していたが、そういった低偏差値大学が留学生への「学生ビザ発行所」になっていることは公然の事実である。

事例:かつての萩国際大学(現在の山口福祉文化大学) 
※東京サテライト教室は606人のうち605人が留学生であり、中国人学生が9割を占めていた。不法就労の受け皿になるとして入管が調査したところ、11年以降、長期欠席や授業料未納などを理由に110人の留学生が除籍され、そのうち70人が帰国せず行方不明。同教室は文科省の定める校舎の要件を満たさないとして改善を指導された。

 現在、特に首都圏ではどこのコンビニでもファースト・フード店でも就労者は中国・韓国からの留学生で占められている。日本では勉強せずにアルバイト労働などをしている者が多いことは公然の事実であるにも関わらず、下村博文などは留学生招致に「もっと予算を使え」と言う。
 下村らが主導する「留学生受け入れ増加計画」が今後の移民受け入れ計画の準備行為であることは明白。もはや移民受け入れの主張も同然だ。

 戦前日本が志向した多民族共生国家の建設は、今や移民受け入れという政策に形を変えて再び実現しようとしている。その中で韓国との同化・共生もこれまで以上に是として推進されることは間違いない。何故に日本が他国・他民族とりわけ韓国などのために国家国民の財産を提供しなければならないのか?

 ひとえに他民族(異民族)に便宜・供与することで繁栄と強国を演出してきた「薩長閥」「西南族」主体の近代体制の問題である。

☆『新風連』の再結集! 『在特連』との双頭態勢へ!

 日本の脅威・敵は北朝鮮か中国、この共産主義軍事独裁国家の両方だとする向きが日本の愛国者の間でもっぱらの見解である。しかし、ともすれば同じ自由主義圏で同盟国とさえ思われがちな韓国の存在こそが日本にとっての脅威であり最大の敵。
 この期に及んでも韓国との同化・共生を推進しようと、竹島問題がありながらも韓国への「朝貢」に出向くのが自民党政権のスタンスであり、民主党政権よりもなお悪い。

 そうした中、韓国との国交断絶を党の基本政策方針として明記したのは、かつて筆者(有門大輔)も東京都本部広報委員長として所属した『新風』である。

新風・鈴木信行代表のブログより
『日韓友好』を削除し『日韓断交』へ!
 
http://blogs.yahoo.co.jp/ishinsya/44440385.html
 07年、参院選に出馬した新風を支援するべく設立した外郭団体『新風連』(当時は瀬戸弘幸代表)を09年の休止以降、3年余を経て再び起動・結集させたのでご紹介しよう。

新風連(新しい風を求めてNET連合) http://shinpuren.jugem.jp/
DSCN0712
 今後は在特連(在日外国人の特別永住・帰化を許すな!ネット連合)と併せ、新風連との「双頭態勢」で我が最右翼勢力を胴体とする排外主義・近代打倒(大江戸回帰)への陣地構築としたい。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
自称・集スト被害には参った・・・
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11431251220.html
☆裏の裏の裏を掻いた工作なのか?


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

麻薬取引の投稿放置で事実上の管理者・西村博之を書類送検!

麻薬特例法違反で逮捕に踏み切らなかった警察当局の及び腰!

書類送検は反2ch傾向が強まった世論を欺くための茶番劇!

有罪が下れど西村にとって無罪同然の執行猶予に騙されるな!

掲示板閉鎖なる「悪徳ねらー」にとっての死刑こそ望ましい!


同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 23:26このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月20日

「維新」なる呪文からの解放!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★革命を唱えることの有意性!

☆維新に酔わされ圧迫され、維新に殺され続ける日本人

ishin 先の衆院選で54議席へと大躍進を遂げた『日本維新の会』は現代表の石原慎太郎に加え、代表代行の橋下徹(大阪市長)を代表にして「二人代表制」にすることを公表した。

 何かのプロセスに似ていると思っていたら民主党の発足時も鳩山由紀夫と菅直人(ともに後に首相)の二人代表制でスタートしている。自民党の分家・分派集団が左派勢力とくっ付き、その後、自由党(当時)など小沢一郎の勢力と合併して政権奪取。一度は党代表の座を目指した小沢とその一派が去り、小沢に勝った野田佳彦の内閣・政権で臨んだ総選挙では大敗。野田が辞任した後に誰が民主党代表になるのかが注目される。

 鳩山は落選の憂き目を見る前にタイミング良く引退、菅直人は小選挙区で落選しながらも比例復活。「重鎮クラス」が相次いで落選した中で、若手を中心とした新代表の選出が模索されている。

 民主党が現在に至る経過をザッと振り返ってみたが、日本の近代史と言うか議会制民主主義の体制では二大政党制が原則であったように思う。戦後政治を見ただけでもかつては自民党と社会党、その次に自民党と民主党、今後は自民党と日本維新の会が「タカ派競争」を繰り広げる中で再び二大政党制の時代がやって来るだろうと予測している。

 自社は社会党政権の時代に連立を組み、民主・自民による大連立は何度か話が持ち上がりながらも立ち消え、自民と維新の会は、第2次世界大戦(太平洋戦争)突入の直前に翼賛体制が組まれたように、大連立どころか救国内閣・政権として翼賛体制を構築する可能性があると見ている。

 それほど尖閣諸島に端を発した中国の軍事侵略が現実のものとなっているからだ。そのような中で維新の会は政権の座に就くだろうし、石原にせよ橋下にせよ、一度は総理の座に就くに違いない。

 日本の「戦前回帰」は保守・自民と、維新勢力による翼賛政権からスタートするのではないか。

 ところで前述の民主党は左派勢力、かつての共産主義者の隠れ蓑であったことは同党の発足当時から識者が指摘していたところである。

 「市民が主役の民主党」といったキャッチフレーズに見られたように、そこには民族はおろか国民という概念さえも存在せず、「地球市民」的な国家という概念をも無視した共産主義にも通ずる発想であることは明白だった。

 09年に民主党が政権奪取した頃より経過を振り返ってみると、当初の鳩山・菅の内閣こそ在沖米軍基地移転の問題で迷走させたものの、次の野田内閣では尖閣諸島の国有化に見られるように日米安保発動のための再確認が行なわれた。その前の自民党政権時代に少しばかりの波風が立ちながらも、終ぞ何事も起こらなかった。それに比べ、「反日極左政権」だとか「左翼政権」と言われた民主党政権では尖閣国有化という、国民にとっても、おそらく政権担当の当事者にとっても相反する結果が見られたことは皮肉だったと言えよう。それもこれも民主党という売国政党に政権を取らせ、曲りなりにも保守とされた自民党が野党になって右サイドから政権政党を攻撃したお陰である。

 翻って現在、維新の会が衆院では事実上の野党第一党の座を占め、今後もさらなる躍進が予想される。前述のように自民党との二大政党や連立、翼賛政権の形成まで。

 この維新の会の正体というのを正しく見なければならないが、石原・橋下の両代表が率いる維新勢力とは大ざっぱに言って共産主義ならぬ「共生主義者らの新たな隠れ蓑」であると見ている。

 橋下は選挙前、韓国が不法占拠を続ける竹島について「韓日による共同管理」「韓日共有」などというアホな見解を公然と主張している。
 その橋下の出自が週刊朝日で追及されかけたが、この時に「出自を問うな」「追及するな」「探るな」としたのは、当時は東京都知事で現維新の会代表の石原である。

 ちなみに竹島問題について「韓国による不法占拠」なる事実を内閣の公式見解としたのは皮肉にも民主党政権の野田内閣である。

 そう考えると、以前に長らく政権を担っていながら尖閣・竹島問題で何ら事態を進展させられなかったどころか波風を立てぬよう、中韓を刺激しないよう腫れ物に触るようにご機嫌取りに終始した安倍晋三麻生太郎などよりも、野田佳彦のほうがよほど愛国者、愛国内閣だったとして讃えられなければならない。石原や橋下よりも。

 維新の会に話を戻すと、維新という現代ではさも勇ましい標語のように思えるが、この維新勢力こそが朝鮮半島との共生・同化政策を進めてきたことは明治維新以降、薩長閥・西南族が支配した近代日本の道のりを振り返れば一目瞭然である。朝鮮の近代化のために莫大な国家予算を投じ、日本人を犠牲にする一方で朝鮮半島や台湾など統治下の出身者を同じ日本人として扱った。

 断言して維新勢力の台頭と政権掌握、もしくは自民党との連立や翼賛政権が組まれた時こそ韓日共生・同化政策が名実ともに完成を迎え、日本が朝鮮半島(韓国)のために北朝鮮との交戦を強いられる時である。

 むしろ竹島を不法占拠し、北朝鮮以上に日本人(カルト統一教会の信者など)を拉致しているも同然の韓国こそ日本が叩かなければならない相手である。その統一カルトとも関わりが深いのが誰よりも安倍であり自民党。

 これまで近代社会では政治に限らず、何かを刷新する、革(あらた)める時には時代変革のスローガンとして必ず「維新」が用いられてきた。その維新が国会に本格進出し、今後、さらなる躍進で政権奪取はおろか独裁・強権的な権力として君臨する状況にあって維新に代わる時代変革、体制変革のスローガンが用いられるべきである。

 自民党政治こそが年間10万人以上も自殺者を出す閉塞した現状を打開してくれると思っていたら、その自民党政治こそが国民生活を圧迫し続け、維新が閉塞した現状を打開してくれると思っていたら、今度はその維新こそが国民生活をさらに圧迫しにかかることは、大江戸と称された武家社会・幕藩体制がぶち壊された明治以降の軌跡が示している。

 日本人の敵は決して左翼、共産主義者ばかりではない。維新勢力を含む明治以降の近代における共生主義こそが真の敵であり、日本人もここらで左翼用語として敬遠されてきた「革命」なるスローガンを畏れずに使わなければならない時に来ている。

★日本唯一の反韓・嫌韓政党の行方!

 明治から今日に至るまでの近代国家で、特に現代日本人が維新なる「呪文」に囚われた実例を身近なケースから紹介しよう。

 かつて私も東京都本部広報委員長として関わった『維新政党・新風』鈴木信行代表)は国政選挙を戦う団体として、初めて「韓国との国交断絶」を公約に明記した反韓・嫌韓政党である。

 この維新政党・新風では「維新政党」なる部分を削除して、ただの「新風」とすべきではないかとする意見が党大会などで何度か討議された。私が在籍した時代にも。
 それを意識してか、古参の党員らも「新風、新風」と呼称していたが、それがいつの間にか「維新政党・新風」と呼称していたという。

 この当時、私は新風が標榜する維新には何か歴史的な意義があるのかも知れないと思った。しかし、今にして思えばそうではない。イシンなるスローガンは一種の呪文であり、維新を標榜している限りイシン、イシンと言い続けなければならない。そう仕向けられている。

 まずは維新からの脱却! 維新政党・新風には「革命政党」にせよ…とまでは言わないが、維新政党の部分を取った『新風』にすべきではないか。そのように提言したい。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!

 以下、過去エントリーに寄せられたご意見に対し、当該コメント欄で回答しようと思っていたが、敢えて、ここでご回答申し上げておきたい。

続・安倍レジームなる西南体制! http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51874185.html
大江戸回帰というなら、松沢候補に入れれば良かったんではないですか?彼は江戸城の天守閣の復元を公約に入れてましたよ。日本の東京ではなく、一地方東京としての意識を持つ良いきっかけになるのではないかと。東京もね、一地方としての意識を持った方が伸びると思うんですよ。今は東京だから凄いんだと、それによっかかって楽してるような感じですもん。確かに日本中から人が集まってくるがそのせいで没個性化しているところもあるし、有象無象の人間が増えるのも事実です。
良い意味でも悪い意味でもコスモポリタン化して「排外」的意識を育てる上でも不利な状況にあると言えます。
私は禁煙条例大賛成だし(これは有門さんは大反対でしょうね)、別に彼でも良かったんですが、彼のバックにいる吉本が嫌なんで、今回は彼には投票しませんでした。吉本ごりおし、吉本芸人使った韓流ごりおしで辟易してるのに、今度は政治にまで介入されたら溜まりません。
Posted by 大江戸回帰というなら at 2012年12月18日 23:57

 大江戸回帰…とは単に有形文化財の保存や復元のみを目的としたものではありません。飽くまでも我が国の在り方と政治における体制について言及しております。「江戸城の天守閣の復元」が公約に入れられたとは素晴らしいと思いますが、それが即ち投票の理由にはなりません。
仰せのように禁煙条例には大反対です。煙害よりむしろ酒による害が甚大。
飲酒運転で幼い人命まで失われていますが、運転中の喫煙で人命が失われたケースは皆無に等しいくらい聞きません(どちらかと言うと、よそ見運転の部類)。
酒に酔って喧嘩沙汰になり最悪、殺傷にまで発展したというケースは枚挙に暇がありませんが、喫煙していて喧嘩になったとは聞いたことがありません。
酒に酔って女性に抱きついたり痴漢行為をしたケースは日常茶飯事ですが、喫煙している人がムラムラして痴漢したというケースは聞いたことがありません。
以上、むしろ制定されるべきは禁酒条例であり、それよりも禁止・廃止されるべきはパチンコ・パチスロなどの違法ギャンプルでしょう。

選挙に行かない=結果どうなろうと文句を言えない
自分の権利を放棄したわけだからその後どのような政治になろうが文句は言えん。
今回安倍自民の圧勝は、選挙に行かなかった人+政治に自分の意思を示す
事を諦めた人が多かった結果ではないか?
その結果がアメポチの安倍自民圧勝を招いてしまった。
自民党を選んだ人もそうだが、投票に行かなかった人も安倍政権の誕生に力を貸した事になった。
Posted by 報告 at 2012年12月19日 00:33

そう、文句は言えない。議会政治の中ではね。
だから私は議会制民主主義で良い政党、良い政治家が出て来てくれるとは思わないし信じない。政治家や政党ではなく、近代議会体制という体制そのものについて文句を言っています!
「近代議会体制の中」で文句を言うつもりはありません。
投票に行くということは白紙投票という選択肢もありますが、安部・自民党を勝たせずとも、他の誰かを勝たせることになります。安倍・自民党を選ばずとも他の議員・政党を選出、信任することになります。私は誰も、どこも支持していませんし、選挙という体制そのものから否定しています。

その他、SHINこと岡田信幸の差し金だと思われる「日本丸」「シノノメ」といった馬鹿親父軍団が突っかかって来ているが、こちらはコメント掲載を未承認!
戦前・安倍マンセーの信者投稿は薩長土人の本性が露わになるだけで徒労に終わるだけだし馬鹿は物言わないほうが良いよ。奇しくも(?)お二人とも鹿児島県のご出身!

以下、同エントリーに寄せられた同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」のご意見をご拝聴!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ
開国に次ぐ開国、いわゆる売国、その老舗の自民党復活でTPPが加速度を増す事は想定内ですが、次の選挙が終わるまではノンベンダラリといくであろうか、それとも今から直ぐにでもそこらの大した事のない弱小国を仮想敵国に仕立てあげては外交の危機を煽りTPPを推進する為の工作をしては民意といった中身のない言葉を利用して次の選挙に乗り込むで有ろうかと、どちらであるかはわからないが、すくなくとも今回の選挙によって何よりも証明された事は、日本人は政治家を信用していないということの証明がなされた程の投票率の低さでした。
自民党が圧勝したと煽っては良からぬ政策を推し進めようとする姑息なあらゆるメディア、自民党は民主党に敗北したあの選挙の時よりも投票数を落としている現実を覆い隠す為にばか騒ぎしてるのも、この売国メディアらが一重にアベ、アソウの売国ゴールデンコンビの復活を期待しての事でしょうね。
TPPにアジアゲートウェイに自由と繁栄の弧構想…、戦後最悪内閣が誕生しようとしてますよ。
ま、それでも今回の選挙によって露呈した、思ったより高かった日本人の民度の高さは唯一の救いでした。選挙に行く事を強要されて行くようになったらそれこそ終わりなんでね、鹿児島選挙ぢゃあるまいし。
Posted by みたいな実 at 2012年12月18日 08:21

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
ロート事件!不当判決への抗議
t02200165_0220016512336268450
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11429998918.html
☆「竹島」問題に火をつけて大統領上陸を招いた?


安倍新内閣と福島原発そして大阪・部落
t02200273_0362045012337184797
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11430466210.html
☆人権は人権を守っている人に適用の基本


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

サイバー犯罪捜査でNECがICPO(国際刑事警察機構)と提携!

『2ちゃんねる』での麻薬売買と遠隔操作事件が念頭なのは明白!

捜査支援の施設をシンガポールに設立!

アングラ産業の拠点が同国に密集!

ネット犯罪の温床根絶は国際的な「要望」と「期待」である!
sk_remote_01

太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 00:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月18日

続・安倍レジームなる西南体制!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★大江戸回帰なる大革命!

☆維新標榜の「戦前回帰」という戦後レジームからの脱却ではなく…

前エントリー http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51874045.html
121212_1517~01写真:東京・上野にて「大江戸清掃隊」の半被を着て地域の清掃活動をする高校生ら
大江戸志向は意識せずとも普段の至る所で散見される

 自民党の大勝利という有り体な選挙結果には何の躍動感も沸かない。いや、投票率が下落して組織票のみの投票結果で自公が信任されたという近代議会体制の欺瞞が暴露されたという点では躍動すべきか。

 衆院選の直後、弁護士を中心とするグループが原告団を形成、人口密度の違いから生じる「一票の格差」を理由に全都道府県における衆院選結果は無効だとする訴訟を起こした。その向きに賛同するものではないが、議会制度の在り方とインチキ性に疑念を呈する向きがあることは評価したい。もっとも我が最右翼勢力は近代議会体制そのものが無効だと主張している。

 さて、民主が57議席という大敗を喫する一方、日本維新の会が大躍進し、今後の勢力は与党・自民、野党・維新やみんなの党を軸に、どちらがより保守であるか、どちらがより愛国であるかを競うタカ派合戦のもと、戦前への回帰を志向していくに違いない。

 近代議会体制の何が良くないのか。例えばの話、中国が連日にわたって領海・領空侵犯の侵略を繰り返す尖閣諸島の問題があるから自民党は先の選挙戦では「国防軍の創設」「憲法改正」「集団的自衛権の解釈変更」を公約に掲げた。事実その通りに動いていくだろう。

 ただ、それほど戦争状態そのものだとすれば中国人の日本入国は勿論、キナ臭さを増す朝鮮半島からの往来・韓国人の出入国を禁止する「鎖国体制」が敷かれていて当然である。

 鎖国…と言えば幕藩体制・武家社会を想起して、明治以降の近代社会に慣れ親しんだ現代人からはダークなイメージを抱くところだろう。日本の明治以降を見てみれば分かる通り、これ以上にないくらい開国に次ぐ開国を続け、戦後の一時期は収まっていたが、それがここへ来てまたぞろ戦前へと回帰しようとしている。一貫して開国を続けてきた近代議会体制に鎖国など出来るわけがない。よしんば鎖国を宣言したところで有名無実なものとなるだろう。

 スパイ・工作員もどきの敵民族を受け入れない。これは戦争のセオリーである。ところが、実際には尖閣諸島・竹島をめぐって交戦状態も同然の中国人や韓国人を受け入れてしまっている。

 本当に鎖国状態に踏み切ろうとすれば、近代以前に戻るしかない。

 議会体制のまま鎖国に踏み切ろうとしても、議会のスポンサーである財界が黙ってはいない。日本経済のごく僅かなパーセンテージしか占めていない輸出入を口実に、国民生活はどうなるのか、輸入・貿易なくして経済は成り立たないとする財界首脳の売国商人(あきんど)の言うがままに、中日友好・韓日友好の外交政策が行なわれているに過ぎない。輸入・貿易で成り立っているのは貴様ら売国商人のステイタスだろうと。

 鎖国状態になってもやっていける国内循環型経済と国内の資源活用。近代以前にやっていた形に戻そうというものだが、そんなのは時代錯誤だ、現状にそぐわない、活用出来る資源など無い、絶対に無理だ、国民生活は忽ち破綻するとはよく聞かれるところだが、全ては売国商人とその走狗である議員そしてマスコミのプロパガンダである。

 政府お抱えの馬鹿学者が言うような有り体な経済学ではなく、鎖国状態になったとして、その方途を探るのが為政者としての使命だろう。それが実行されるとなると、忽ち体制が崩れ去るので絶対にやるはずがない。だから鎖国が絶対にタブーで、馬鹿げた妄想だと一笑に付す「洗脳」に体制側の誰もが必死なのである。

 鎖国政策と国内循環型経済の確立 これこそが悪しき近代議会体制から脱する「最高の大義」であり、日本の生命線の岐路と言えるだろう。

 それなくして際限なく押し寄せる敵民族の流入は防げないし、日本の土地・資源を買い漁ろうと目論む外国人資本家の侵食も防げない。

 300年にわたる鎖国政策は武家・幕藩体制だったから可能なのである。

 近代議会体制のまま鎖国政策など絶対に不可能。それこそ輸入・貿易なくして国は成り立たないとする売国商人の言説が逆手で証明しているように、やろうと思っても無理なのである。

 明治以降、近代議会体制が発足して約150年が経つが、安穏として安定した国や社会があったわけではない。その間、サムライが死滅させられ、日本人が次々淘汰されてここまでズタボロの状態にされたのである。

200px-Abe_Shinzo_2012_02200px-Abe_Shinzo_2012_02
 その系譜を脈々たる長州イズムと受け継ぐのが旧長州閥出身・西南族の安倍晋三であり、この安倍が大勝利した自民党ひいては議会体制を牽引し、戦前への回帰でなおも日本をズタボロにする近代議会体制を強化しようとしている。

 よく自民でも民主でも維新でもダメならどの党が良いのか?…とする問いを聞くが、馬鹿なすり替えをするな。

 近代議会体制が良くないと言っているのである。

 こういう卑劣なすり替えとプロパガンダこそ朝鮮半島や中国大陸との共生・同化政策を推進する自民党の翼賛・独裁体制をもたらすものに他ならない。

 その売国自民の独裁がホラ…現実のものになったゾ。

同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」のご意見をご拝聴!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ
とても有意義な選挙でしたよ、投票率が低くてすばらしかったです、まさしく我々の狙い通りぢゃないですか、政治家、特にネクスト内閣であるアベ自民党に対する期待感の無さの現れが今回の最大の選挙結果であり、収穫でした。ま、それと同時に、、投票率が低くなると言うことは、大きくカルト票を母体に持つ自民党を圧勝させてしまう事になってはしまいますが、それは想定内なので御愛嬌といったところでしょうね、ただ本当に圧勝したのは我々です。これは良い流れです。このまま頑張っていきましょう!
Posted by みたいな実 at 2012年12月17日 09:30

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
衆院選のアレやコレ
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11429378561.html
☆やはり落選したドラゴン松本


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

政権政党はPC遠隔操作ウイルス事件をどう捉えているのか?

むしろ安倍内閣にネット規制に乗り出す気概を問うてみたい!
sk_remote_01

太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 03:33このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年12月17日

安倍レジームなる西南体制!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★300議席 自民大勝の衆院選を総括

近代政治を是とする「安倍(薩長閥・西南族)レジーム」からの脱却

abe 衆院選は大方の予想通り自公連立で320議席以上を獲得。

 自民党は単独で300議席を得て、政権への返り咲きと総裁・安倍晋三は近代政治史上で初となる2度目の首相就任を確定的なものとした。

 …何ともつまらない、実に下らない選挙結果となった。

 大番狂わせも何もない。出来レースで最初から勝敗の行方は決まっていたも同然。

 3年前はまったく逆で、今回100議席を大きく下回った民主党が300以上の議席を獲得して政権交代を実現した。その前の衆院選は「郵政選挙」と言われ、この時は今回とよく似たパターンで自公が300以上の議席を獲って圧勝している。

 来たる数年後の選挙ではまたも自民党の対立軸に来る「何とか党(維新勢?)」が圧勝して自民が惨敗…?

 こんな茶番劇をいつまで繰り返すつもりなのか?

 選挙も民主主義も何も、スポンサーである財界の意向で自民党にするか民主党にするか、政権政党のクビはすげ替えられてしまう。組織票で勝敗が決することは誰でもが知っている。有権者の一票などは議会政治というショーを演出するためのエキストラ出演でしかない。スポンサーである財界の意向で並べられた立候補者の中から選べというのだから、選択肢などあるようで無い。

 公明党が創価学会を支持母体とすることはよく知られているところだが、それを言うなら自民党も創価学会をはじめ霊友会や立正佼成会など宗教団体の組織票を得ている。これでは宗教団体に課税する宗教法人法の改正など出来るはずがない。

 そして部落解放同盟や自由同和会などの「同和票」や労組・業界団体の組織票。政権政党を選択したのは有権者の一票ではなく、支配層の意向と組織票である。有権者に押し付けられるのは「選んだのはお前らだろう?」という責任のみ。

 結果が分かり切っているような選挙結果に一喜一憂して、真面目に投票へ行くことが政治であり、自民党を勝たせることが愛国だと思っている近代政治をそろそろ終わりにしないか?

写真:東京都内の投票所
FJ3102810001FJ3102800001
 政治に求められるのは「国益」であり、国益こそ愛国である。

 そう言うと、どこの政党もどの議員も「国益の追求に奔走しています」と言うし、自らの政治が「国益に適っています」と言う。

 しかし、国益とは単なる一政党ひいては議会政治如きに委ねられるべきものではない。

 今回の選挙でも元首相や現職閣僚の落選が相次いだが、「昭和政治」の代名詞と言うべき父祖の代から受け継いだ地盤(王国)での落選も見られた。どんなに強固な選挙地盤を誇っていようと、時間の経過とともに脆くも崩れ去ってしまう。

 逆風を跳ね返すか、跳ね返せずに吹き飛ばされるか。一たび風が吹けば崩れ去ってしまうような地盤を選挙区とする議員とその議員によって形成される政党など、その程度のものでしかない。

 自民党と民主党の間で、時々で移り変わる組織票の行方が政党や選挙というものの軽さを物語っているのではないか。

clip_image001 日本の支配層がその時々の都合で有権者を欺くためにすげ替える「顔」に過ぎない。長らく自民党政治でこりゃマズイと思えば、マッチポンプのように派生した野党を勝たせて政権交代を演出。それがダメだとされるや早々と元の自民党政治に戻す。今回の自民圧勝ムードのマスコミ報道を見ていると、ほんの3年前に自民党を猛バッシングして政権から引きずり下ろしたのが何だったのかと思えてしまう。

 仮に百歩譲って安倍・自民党が真に信任に足るものだとして、では、安倍が最初に首相に就いていた頃に解散総選挙が行なわれていれば同じように自民圧勝、再び安倍を首相に信任…となったのかということである。あの当時のムードを思い出すに、おそらく、そうではなかっただろう。安倍・自民党態勢で最後の党幹事長が麻生太郎だったことから、状況的には今とあまり変わりはないというのに。

 売国議員の相次ぐ落選は爽快で拍手喝采だが、もう少しマスコミ報道の意表を突くような選挙結果はなかったものか。マスコミで読みが出来るような選挙結果で有権者が一喜一憂とは実にお安いものである。今回に限ったことではないが、近代史上の選挙結果はすべて売国奴を落選させて別の売国奴を当選させたようなもの。

 国益とは一旦でも失政すれば為政者が腹を切るくらいの覚悟で臨んでこそ追求されるべきものだが、現実には為政者は頬かむりで有権者が首を括らされるような始末である(年間自殺者が10万人以上)。

 景気第一、経済第一、雇用第一で「世界の中の日本…」がどの党も、どの候補者も当たり前になっているのだから、これで真の国益など追求できるはずがない。

 新政権の発足にあたり、尖閣諸島問題で敵対姿勢を強める中国をはじめとする敵国も含め、世界各国との関係(外交・貿易)が大事だと言っているのだから、敵国でありながら財界の意向で友好関係であることを余儀なくされるため、国交断絶という最大の国益を追求できるはずがない。

 中国・韓国など周辺国との関係で言えば、外交の延長上にある戦争つまり「交戦権の行使」にとうに到達していなければならない。

 留学生でも労働者でも外国人を受け入れることが是とされているのだから雇用第一と言って誰の雇用が保証されるかと言えば外国人である。

 少子高齢化社会だから海の外からでも労働力を連れてこなければ景気は浮揚しないなどと、政府お抱えの専門学者に同じことを繰り返し言わせているのだから、誰のための景気・経済・雇用なのかという話になるだろう。

 前述した交戦権の行使に到達していれば、貿易・輸出入なき状況でどういう経済が可能なのか、日本に活かせる資源とは何なのか、ひいては国・社会の在り方はどうあるべきなのか、新しいモデルが必然的に出てくるはずだが、支配層・為政者の旧態依然とした頭の構造からそれが出てくるはずもない。

 だから国防軍創設だとか憲法を少しばかりいじるとか、戦前への回帰しか方途がなくなってくる。

 スタートから60余年の自民党政治も限界だが、それを言うなら議会体制そのものが限界にきてしまっているだろう。たまにすげ替えた民主党政権では有権者の目をだまくらかすにも限界、そのため安倍・自民党などという一度は失敗して使い古された者らの返り咲きをさもニューフェイスであるかのように華々しく宣伝しては持ち上げる。

 自民党政治の復活によって表層的に日本は安泰だと保守層の誰もが思っているはずである。

 しかし、戦後に限って見ても朝鮮動乱の戦争特需から高度経済成長、バブル期を経て間もなく平成25年を迎えようとする今まで果して本当に安泰だっただろうか。その間、竹島を奪われ、尖閣諸島を脅かされ、朝鮮戦争のドサクサで朝鮮人の不法入国を招き、在日社会の居留を特別永住資格の名目で容認。北朝鮮による拉致事件が頻発。好景気でまたも不法就労外国人を増加させ、今や日本社会に構造化した「民族問題」にまでなっている。その上、自民党政権による「移民1千万人受け入れプロジェクト」の再始動である。

 それ以前の戦前となるとなお悪い。朝鮮・台湾出身者を日本人として扱い、それらの統治国に国家予算の半数を投入した上に、中国大陸に多民族共生国家の建設を目指した。きたる安倍内閣・自民党政権ではその戦前への回帰が本格的に始動しようとしているのだ。

 本当に安倍の祖先らが築いた明治以降の近代化が文明開化だったのか、本当に近代以前の武家時代・封建社会が闇黒の(夜明け前の)時代であったのか。戦後と戦前の括りではなく、近代と非近代・前近代、この括りで是非が問われる段階にきているだろう。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
衆院選 同和の同士討ち!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11427909463.html

2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力 「2ちゃんねる討滅」!!

PC遠隔操作ウイルス事件は迷宮入りが確定的?

インターネット社会という無法地帯を放置してきた帰結!

警察当局のネット社会への無知も然り、言論の自由に怯え、

ネット社会を野放しにしてきた社会全体の責任である!

国民の総意の下、社会全体としてネット規制に乗り出せ!
sk_remote_01

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 03:12このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック