2013年01月31日

愛国者の仮面!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★韓国人工衛星そして河野談話

☆親韓ならぬ「韓国の走狗」が被っていた化けの皮!

naro 韓国が人工衛星ロケット「羅老(ナロ)」を打ち上げた。日本のメディアは産経新聞・フジテレビまでが挙って打ち上げ成功!…などと快挙のように伝えている。

 韓国は過去2度、同衛星の打ち上げに失敗しており、3度目も延期した上で今回の発射となった。
 これより先、北朝鮮が衛星打ち上げに名を借りた長距離弾道ミサイルの発射を強く意識したものであることは、韓国政府関係者の言葉にも述べられている。

 要は南北朝鮮の軍拡競争であり、ことミサイル・ロケット分野においては北朝鮮に大きく水を開けられている韓国が打ち上げに焦燥感を募らせていたことがうかがえるだろう。

 北朝鮮のミサイル発射は核搭載など軍事利用に直結するものとして激しく非難するが、韓国のロケット発射はまるで我が事のように喜び勇み立つ日本の各メディア。
 ここに日本がいかに韓国系移民に乗っ取られた社会であり、韓国との共生・同化に勤しむ体制に牛耳られているかが示されている。

 38度線を境に北朝鮮と対峙する韓国と立場を一にして、北朝鮮は激しく攻撃しても、韓国のやることにはたとえ竹島を奪われていようとアリバイ的な抗議のみ。
 従軍慰安婦強制連行の問題に至っては、これを政府として謝罪した「河野談話」について問われた首相・安倍晋三「筆舌に尽くし難い、つらい思いをされた方々のことを思い、非常に心が痛む」とした上で、「首相である私からこれ以上申し上げることは差し控え、官房長官による対応が適当と考える」などと述べた。官房長官に丸投げして自身は逃げに終始。

 …ここに、これ以上にないほど安倍晋三という旧長州閥出身のエセ愛国者の本性が明らかになった!

 韓国には逆らえない、抗えない、韓国には刃向かえない、立ち向かえない…飽くまでも同化・共生する対象であって、いかなる対立も許されないとする立場を公言したも同然だ。

 幕藩体制の頃からイギリスなど外国と内通しては朝鮮半島と良好な関係を保ってきた旧長州閥が主導する近代体制のスタンスは戦前も戦後も変わらない。

 朝鮮半島がロシアによる侵略の危機にあるといってはロシアとの熾烈な戦争を戦って国費と人命を消耗。朝鮮半島を統治すれば莫大な国費と技術・人員を投入。その近代史を朝鮮半島の近代化に寄与したと賞賛しているのが自民党支持の右派・保守知識人である。

 それと今、また同じことが行なわれようとしている。

 このほどの韓国ロケットの打ち上げではロシアからの技術提供があったことが、これ以上にないくらい強調された。

 そうした事実を伝えた朝鮮日報など韓国メディアの本心は、ロシアによる科学技術の提供を受けてもここまでが精一杯だ、このままでは北朝鮮との軍拡競争に負けてしまう、日本の科学技術を惜しみなく提供してくれと聞こえるのは気のせいか?

 日本は北朝鮮へのカードとして韓国へのあらゆる便宜を図り、さらなる便宜を図るのだろうが、冗談ではない。

clip_image001 このままでは韓国のための憲法改正、韓国のための国軍創設、韓国のための集団的自衛権の行使に踏み切ることを余儀なくされる安倍内閣・自民党政権の方向性が如何なく表面化したと言って良いだろう。

 むしろ日本こそが軍拡競争の当事者・韓国のために北朝鮮と正面対峙することを強いられているのである。

 また、この時期(韓国のロケット発射直後)に河野談話についての質問が国会でなされたタイミングに注目しなければならない。

 国会での河野談話に関する質問に立った日本共産党委員長・志位和夫、また、首相・安倍に対して「排外的ナショナリズムを想起する」とした民主党代表の海江田万里。これらも外国と内通しているのかも知れないが、安倍はそれ以上に内通していると考えられる。

 野党側が韓国または中国に対して刃向かいませんね?と訊ねて、与党から安倍が刃向かいません!と答弁したようなもので、売国政策の確認が行なわれたようなものだ。

 河野談話について話を振られた官房長官・菅義偉は31日夕方の臨時閣議後の会見で、「(当時の河野洋平)官房長官の談話なので、官房長官である私が答えるべきだということを首相が答弁した」と説明。「安倍内閣としてはこの問題を政治問題、外交問題にするべきではないと考えており、学術的な観点からさらなる検討を重ねることが望ましいというのが内閣としての考え方だ」と述べた。何をしたいのか、河野談話をどうしたいのかがまったく分からない。

 と言うよりも韓国には何も文句は言いません、韓国の意に反することは何もしませんという安倍内閣・自民党政権の姿勢を宣言したものだろう。

 保守も今日までのことで、いい加減に気づかなければならない!

 右派、保守、タカ派、愛国者…と讃えてきた安倍こそが敵国・韓国に与するものである。

 ロシアの技術提供にとって代わって日本が韓国ロケット開発・打ち上げに本格参入しそうな状況は目前に迫っているし、韓国のための南北統一を果たせるよう朝鮮半島に関わることが強いられようとしている。朝鮮動乱の戦後処理(日本からの投資)をも含めて。

 安倍・自民党はおろか、近代議会体制そのものに見切りをつけるべき時である!
naro2
応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ


★お知らせ

:同盟・兄弟ブロガーの「みたいな実さん」からのご意見ほか安倍とカルト統一教会の関係、安倍内閣によるODA増額について有志からのご意見、情報が寄せられたコメント欄をご紹介します
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51880472.html#comments

:「人気ブログ・ランキング(国内ニュース)」の紹介文を変えてみました
嫌韓のネット世論をリアル世論に転化せよ! 2chの誅滅と親韓勢力である旧長州閥(近代議会体制)の打倒を目指す「逆徒集団」!

:本ブログの新しい紹介文
異民族との共生・同化政策にNO! 戦前回帰ならぬ鎖国時代の大江戸回帰を志向する侍の排外主義ブログ!


★ご報告!

☆徳川慶喜公墓所参りと防犯活動

130130_1620~01130130_1604~01
東京・台東区に移り住んで早や18年。人生の半分近くをこの地で暮らした。台東区内を知り尽くしたつもりでも、実は知らないところのほうが多い。そのように思える。

130130_1600~01130130_1604~02
1月某日、東京・台東区の谷中(やなか)霊園にある武家・幕藩時代、最後の将軍「徳川慶喜公」の墓所を訪れました。

慶喜公の墓所であるだけに厳重な囲いがしてあるのは当然としても、塀の老朽化はいただけません。ここを管轄する東京都および台東区の杜撰な管理がうかがい知れます。
130130_1608~01130130_1608~02

門には徳川家の家紋がある墓所を正面から撮影。

130130_1605~01130130_1605~02

墓所の周りにはまだかすかに雪が残っていました。

130130_1614~01

ステンレス製花立の盗難事件が相次いでいることを知らせる立て看板。

慶喜公の墓所周辺で蛮行におよぶ不逞な輩がいるものだ。

130130_1610~04130130_1610~03

置き引きや引ったくりに注意を呼びかける警察と霊園による立て看板。

つくづく罰当たりなことをする輩がいるものだ。

130130_1612~01130130_1616~01
130130_1609~01130130_1610~01
「防犯特別警戒」と「重点警戒」を呼びかける立て看板が不審事件の続発を物語る。慶喜公の墓所を訪れた当日も時間帯のせいもあるのだろうが、人気はまったくというくらいになかった。すれ違った人は管理者らしき人を含めて2人くらい。そんな人目のないところだからこそ、盗難事件が後を絶たないのだろう。場所を選ばぬ犯行と設置物の盗難とは、中国人による犯行ではないかと思われる。
犯罪都市で知られる米ニューヨークでは「割れた窓」の論理を聞く。1軒のビルで割れた窓を放置することで、忽ちスラム化と犯罪増加を招くと。前述のように塀の崩落など、杜撰な管理体制が犯罪の続発を招いたと言えるのではないか。
応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力「2ちゃんねる誅滅」!!

麻薬売買情報のみに非ず!

『2ちゃんねる』には振り込め詐欺への加担など「犯罪の求人情報」が氾濫!

警察庁は昨年5月、2ちゃんねるが削除要請を受けながら放置した件数は、

2011年中で5068件に上ることを明らかにした!

うち口座売買に関するものは405件、携帯電話の売買は110件!

警察庁は後絶たぬ振り込め詐欺を助長する「犯罪インフラ」として分類!

アルバイト情報や融資情報を閲覧した者が知らぬうちに犯行に加担!

「口座を使用した振り込め詐欺事件の裏には、その数だけ口座売買事件がある」

さる警察幹部は携帯や口座の売買について、

「軽い気持ちで売買しているかも知れないが、こうした『犯罪インフラ』が無ければ、
多くの振り込め詐欺事件は未然に防げたのかも知れない」
と指摘!
(参考:毎日新聞神奈川版)

「六本木バット襲撃事件」で摘発された半グレ集団『関東連合』関係者の自宅には7億円の現金!

インターネットを利用した犯罪ビジネスの収益はその2〜3倍か?

振り込め詐欺や金融商品持ちかけなど特殊詐欺の被害が過去最悪!

平成24年中の特殊詐欺の被害総額は約363億5千万円に上る!

犯罪そして犯罪組織と連動した「2ちゃんねるの闇」に斬り込め!

在特連
在特バッシングへの反論(3)!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11460212521.html
☆左派系メディアの印象操作は逆効果!

shimpuren

太賢さんのブログ

NPO外追

  

Posted by samuraiari at 22:02このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月30日

安倍・自民の対中朝戦争の本質?

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★権威なき近代体制の弱さ

☆「紳士の軍隊」である国が戦う戦争は必ず負ける既定路線!

abe
 前エントリー「逆徒の誓い!」の中で、沖縄県の日本からの離脱・米合衆国への編入について触れたが、飽くまでもウチナーンチュー(沖縄人)として、琉球民族として真の繁栄を期す意味で述べたものである。それが成し遂げられるとしたら、別に帰属しているのは日本国でなくとも構わない。中国の支配圏に呑み込まれるか、半ば中国の支配圏に飲み込まれたも同然の日本国に帰属したままでいるよりも、日本との関係性・影響を残したまま世界最強国家の一州に編入させたほうが良いとの観点から述べたものである。同様に、日本人が日本民族(大和民族)として大和魂を燃焼爆発させられるのなら何も統一的な近代日本という国の形に拘る必要はない。

 かなり以前、社会運動の過程で「国が滅んでも民族さえ生き残れば良い」とする説を聞いたことがある。当時は乱暴な意見のようにも思えたものだが、結局はそういうことなのだ。国栄えて「民族」が絶滅してしまった近代国家の体制から脱しない限り、燃焼爆発させるべき大和魂も甦りはしない。

clip_image001 安倍内閣・自民党政権は中国が野望を剥き出しにする尖閣諸島について、海上保安官を400名増員するだとか尖閣防衛隊を600名で組織するといった方針を打ち出している。その他、原発施設の警備についてもマシンガンや防弾車両を配備して大幅に増強するとも。しかし、ただの税金のムダ使いでしかないし増税の格好の口実にされるのみだろう。

 防衛力の強化とは単に人員や装備・兵器・施設といったものを増やせば良いというものではない。実際に「攻撃に踏み切ること」「敵を攻撃すること」が何よりの防衛力の強化である。先手必勝、攻撃は最大の防御なり…。現状のように領海侵犯・領空侵犯をしてきた相手に一発のミサイルも発射せず、一発の銃弾も発射せず、ただ守り一辺倒では何を増やしたところで然したる防衛力の強化にもならないだろう。

 こうした状況に鑑みてのものなのか、福岡県警は全国で最多となる100名の増員を行なうと発表した。今後、各県の警察で同様の方向性になるものと見られるが、これも自衛隊や海上保安庁と同じで人員は各部署・部隊へと細分化して配置されるため、一つのセクションで増員されるのはせいぜいが1名か多くて2名くらいなのだ。

 人員を大幅に増員すると言えばさも大増員のように聞こえるが、実際はそのようなことであり、徒に増税しては浪費するものに他ならない。
 然る警視庁関係者は近く、警察官ほか公務員の給料が全体的に引き下げられることを嘆いていたが、実際には為政者たちが増税で潤う一方のことが行なわれている。

以下、過去2つのエントリーに寄せられた同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」と、超強力支持者「輿水 東さん」のご意見をご拝聴(途中、対談形式になったため2つのエントリーにまたがる投稿をまとめています)!

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51880294.html
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51880049.html
西南朝廷に支配をされた以降の日本は歴史が削除されまくっていますが、そのひとつ。今の日本の洗脳教育によって過去日本の歴史上には奴隷制度がなかったとされた嘘がまかり通ってしまっていますがそれは嘘でしかありませんね、答えはありました。鹿児島と琉球がそうです。で災難にも琉球ではその鹿児島族の王である島津家に侵略をされてしまい奴隷として使役をされていたんです。しかも琉球ではムチも存在していました。これも隠されている事ですね。日本にはその歴史上ムチの存在が無かった事とされていますがそれも嘘っぱち。

西南人に支配をされてしまった以降の今の日本は中国韓国らといった国々となんら代わる事がないほどの民度の低い嘘はき体質を身につけてしまっています。

それも何とか大平洋戦争によって西南人を征伐してくれたアメリカに日本が救われる事によって今に至ります。アメリカは経済の自由以外の自由は全て与えてくれた国ですね。戦前回帰は悪魔の思想です。日本を戦前に戻してしまったらまた恐怖政治が復活してしまいます。
戦前回帰断固阻止!!!
Posted by みたいな実 at 2013年01月29日 09:08

例えて言うならば民主党の売国は計画性の無い突発性の売国。それに対して自民党の売国は静かに進行する延滞性の猛毒の様な売国。どちらが悪質か説明しなくても解ると思うのですがおっちょこ保守には理解出来ない。いや理解しようとしない。
最右翼勢力以外に安倍晋三や自民党を徹底的に批判するブログや書籍は保守や右派系ではほぼ皆無。あれ程安倍晋三を嫌ってるはずのサヨクのブログも勢いはない。ある意味一番勢いのあるのは大アジア主義のコシミズと信者とおぼしきブログだけと言う状態。やっぱり保守は駄目だ。結局現状維持が心地よくなってしまって何かを変革しようとするエネルギーが微塵も感じられない。その点反原発運動やってる連中の方がエネルギーがある様に見える。
Posted by 輿水 東 at 2013年01月28日 21:53

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

>みたいな実さん
薩摩は幕府から琉球や清との密貿易を咎められた事を根に持っていた様ですね。くやしい〜くやしいくて仕方なかっのでしょう。
私は武家消滅もそうですが少なくとも1000年以上続いた由緒正しい朝廷、公家が消滅した事を重く見ています。明治朝廷なんて言う代物ではなくですね。
これは中国大陸や朝鮮半島が経験してきた王朝の交代、及び歴史断絶と何ら変わらないと思いますね。薩朝ら西南族は実権を握ると速攻で朝廷や公家を廃止しましたが結局それは今度は自分達がいつ同じように朝廷から朝敵認定されるかもしれない恐怖と卑劣な手段で徳川家から天下を盗んだと言う心のやましさがあったからではないでしょうか。
ところで徳川慶喜は大政奉還をしましたが朝廷も内心は困っていた様で当初は引き続き徳川家が政権を運営する事を期待していた様ですね。
Posted by 輿水 東 at 2013年01月28日 22:28

>輿水 東さん
アペがODAの予算額増やしましたね、やると思ってましたが、醜い輩です。それにしても在日の滑舌の悪さには苦笑せざる負えません「もりもろす」何回いってもマトモに発音出来ないものなんですね、こんな簡単な発音すらも、、、日本人として理解に苦しみます。
その通りで、実は徳川慶喜の大政奉還後も朝廷から正式に徳川家に執政が任されていたんです。しかも当時最も民主主義 (本物の)への改革に力を入れてたのも徳川慶喜だったんですがね、残念ながら明治以降は嘘によってその真実すらも隠されていますね。手柄を横取りしている連中の子孫が政治家だの財界でふんぞり反っている限り真実は隠され続けるのでしょうね。
Posted by みたいな実 at 2013年01月29日 09:26

>みたいな実さん
滑稽な話ですが笑えない話があります。今保守や安倍晋三信者はセキュリティーダイヤモンドとか言う対中国包囲網で沸き立っている様ですが中国は日本からのODAで浮いた金で軍拡やってるんですよ。で安倍晋三やその他の閣僚はその事実を知らないはずはないんです。それでここにきてODAを増枠すると言う話しでしょう。
完全なマッチポンプですよ。
一方アメリカからは中国驚異に対抗すると言う名目で開発が難航しているF35とか言う戦闘機を一機あたり150億円で買わされるはめになったんですよ。
Posted by 輿水 東 at 2013年01月29日 20:25

>輿水 東さん
挙げ句の果てに中国からの留学生受け入れですからね。ブラックジョークとしかなっていませんね。アペのやっている事は我々日本人を脅し、すかし、なだめては飴を与えて騙くらかして予算を組み込んで国民から税金を搾取したいだけなのでしょうね。気分の悪いものですよ。
Posted by みたいな実 at 2013年01月29日 22:18


Z20130128GZ0JPG001132001000
写真:現役そして既に退役した両老害による対中朝貢の売国狂想曲
 先ごろ、自民党元幹事長の加藤紘一と元首相・村山富市が訪中。尖閣問題に言及しなかった安倍の所信表明演説を中国首脳は評価したらしい。ここに韓国との共生・同化を推し進める、まるで朝鮮人も同然の安倍による中国への「朝貢スタンス」が示されている。

☆同和ヤクザに見る戦争のやり方!

 さて、福岡県警の最大規模の増員(?)は相次ぐ暴力団による犯罪が凶悪化したことを受けてのものだが、その九州・西南地方では治外法権かと見紛うくらいのことが起きている。しかし、治外法権のような凶暴さにこそ現在の日本が置かれた危機的状況から脱するキーワードが隠されているのではないか?

 福岡県では昨年中も暴力団組織『五代目工藤会』に関するニュースが報じられた。同会は1990年代より「中国人犯罪の排除」を標榜。シマ内(縄張り内)にある中国人経営の飲食店や風俗店を、構成員を総動員して虱潰しに調べ上げさせ、発見次第、暴力で強制排除する姿勢を貫いてきた。福岡市小倉に至っては中国人経営のスナックが相次いで放火され、ついぞ中国人経営の店舗は市街から姿を消したという。

 80年代には中国の福岡総領事館に散弾銃を撃ち込んで攻撃。総理大臣に就任する直前の安倍晋三の自宅(下関市)と後援会事務所に火炎瓶を投擲(とうてき)してもいる。

参考:ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A5%E8%97%A4%E6%9C%83
 暴力団追放運動の主導者や警察関係者への攻撃など、その凶暴性は暴力団社会でも群を抜いており、広域組織の九州進出をも阻んできた。

 然る事情通は次のように話す。
「工藤会の反権力姿勢は徹底している。普通は下(の構成員)が反発しても上(上層部)が大抵は権力に対して恭順するものだが、工藤会の場合は上層部からして反権力の旗振りをしている。暴力団への摘発が強化されている昨今だが、却って工藤会のような組織が生き残るのではないか。そうした徹底した反権力のスタンスが敵対組織は勿論、外国からの中国人の進出をも阻んだ。しかも領事館にまで散弾銃を撃ち込んでいる徹底ぶりだろう?

 東京でも新宿事件(中国人に暴力団員が殺害された)の時にそうなりそうな機運はあったが、福岡の域には達していない。やがて日本中の暴力団が工藤会のようにならざるを得なくなるんじゃないか?」

 冗談交じりだが、「そうならないとしたら、工藤会に東京進出でもしてもらわなきゃ首都圏は中国人や韓国人が溢れ返ってどうにもならんよ」と付け加えた。

 暴力団を肯定しているように思われるかも知れないが、彼らを美化するつもりはない。ただ、正しい戦争のやり方は示されている。

 今の安倍・自民党に象徴されるように、ただの一発も発砲しない、ただの一撃も加えたことのない「紳士の軍隊」では、いざ交戦しようにも絶対出来ない。紳士の軍隊のままでは負けるのは既定路線である。

 つまり今の近代体制のままでは日本人を守るための戦争は戦えない。財界や議会、政府など為政者を守って為政者の懐を肥やすための戦争ではあっても日本国民を防衛するための戦争ではない。

 安倍晋三も工藤会による自宅と後援会事務所への攻撃には肝を冷やしたことと思うが、同和出身者や在日韓国・朝鮮人で構成される暴力団組織一つも潰すことが出来ないのである。
 旧長州閥出身で山口県を地盤とする安倍だが、同じ西南族・同和の「同胞」で構成される暴力団にはすこぶる弱い。

 断言して安倍内閣・自民党政権に見られるように、現在の近代体制は弱い!

PN2012011901001165_-_-_CI0003
 武家・幕藩体制の時代、徳川幕府には圧倒的な武力に裏打ちされた権威があったが、明治以降の近代体制には何の権威もない。在るのは旧会津藩のお陰で西郷(隆盛)一派との西南戦争に打ち勝ち、武家時代の遺産で日清・日露両戦争に勝った(ただし日本もズタボロにされながら)とする近代体制による「偽りの権威」のみ。

 内向き(国民向き)にはすこぶる強いが、外(外国)に対してはすこぶる弱い奴をまるで愛国者のリーダーのように有権者が持て囃しているのが実情である。

 地元に帰っても西南同胞が暴力装置を持った組織には手も足も出ない…。

 断言して中央政府に叛旗を翻せる地域・自治体から順次、「工藤会」となって自主防衛と自主外交の方向性を模索、近代日本からの独立を果たすべきである。

余談ながら…岡山県の岡山市が「桃太郎市」に市名を変えるという。山梨県だか、どこかの市でカタカナ表記を用いた時にも違和感を感じる向きがあったのかも知れないが、明治以降、各都道府県の下に設置された市区町村もいつまでも堅苦しい名称に拘っている必要はない。いずれ崩れ行く、いつか崩さなければならないもの。着手するならその気になった自治体から順次、着手されるべきだろう。桃太郎という、鬼退治に向かうサムライをイメージした市名も脱近代・反近代をアピールするようで良いではないか。国の形、統治システムを崩していく初期段階とは、そのように為されるのかも知れない。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!

在特連
難民認定制度を廃止せよ!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11459441855.html
☆アフリカ人ホームレスのニュースに際し・・・

shimpuren
鈴木代表の公約!
http://shinpuren.jugem.jp/?eid=796
☆韓国からテロリスト認定された日本の愛国者!



2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力「2ちゃんねる誅滅」!!

西村博之(自称・元2ch管理人)の麻薬特例法違反幇助による書類送検はせいぜいが罰金刑!

堀江貴文への面会で長野刑務所を訪れた西村は「入るかも知れない」とネタをぶちかます余裕!

刑務所にぶち込んでも反省しない奴らは死ななきゃ反省出来ないし馬鹿は死ななきゃ直らない!

太賢さんのブログ

随時、更新中!
NPO外追

  
Posted by samuraiari at 12:33このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月28日

逆徒の誓い!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★近代日本を取り壊す!

☆沖縄逆返還・米再統治による防衛策から考察

【プロローグ】沖縄が中国による侵略の標的とされているのは事実だが、侵略の標的とされているのは日本本土も同じで今や都心では右を見ても左を見ても中国人ばかり、中国人に遭遇しない日はない。日本が中国人との共存・共生を志向したのは戦前、「満州国」の建国を夢見て大陸進出した時代つまり朝鮮半島との共生・同化(日韓併合)をし始めた時代に遡る。時を経て、今度は日本国内で中国人との共存・共生を模索しているが、それはさながら朝鮮半島そのものの姿と重なり合う…。

clip_image001 平成25年1月28日、首相・安倍晋三は参議院で所信表明演説を行ない、「日本経済の危機」「復興の危機」「外交・安全保障の危機」「教育の危機」という四つの危機を挙げたのを皮切りに、危機なる表現を計14回用いた。
 危機を突破して難局を打開する責務を説明したもので、自身の内閣・政権を危機突破内閣・政権に位置づけるものとして強調した。

 確かに「現体制による」大きな危機である。

 経済の失策で生活困窮者多数、雇用されぬ失業者多数、復興の遅れで生活困窮者多数、そして自殺者が多数…。外交上の失敗と安全保障の危機で拉致された者多数、犠牲者多数…。教育の危機で自殺者多数、外国人留学生への優遇の一方で進学・進級を断念した日本人学生が多数…。

 ひとことで言って近代議会体制でもたらされた危機である。今の統治システム・行政機構の中であらゆるものが限界に達してしまった、行き着くところまで来てしまった。

 近代体制そのものが元凶となった危機なのだから、体制を刷新せずして何をどうしたところで危機に変わりはない。

 よく、危機だから日本一丸となって団結しようだとか、日本国を挙げて、ガンバレ!日本…といったスローガンを決まり文句のように聞いたりするが、明治以降、統一された近代国家を誕生させてこのザマである。

 むしろ日本は今の形(体制)を壊すことでバラバラに寸断・解体されることが望ましい。統一的な近代国家体制がここまで危機に陥らせたのだから当然である。

 先ごろ、1月27日に東京・日比谷で極左勢力による在日米軍基地への最新鋭輸送機オスプレイの実戦配備に反対するデモ集会が行なわれた。

:関連記事 オスプレイ配備反対デモへのカウンター攻撃とオスプレイ賛成街宣

shimpuren
1・27オスプレイ賛成・街宣活動!
http://shinpuren.jugem.jp/?eid=795
☆安全保障のタブーを言えるのは我らのみ!
130127_1506~02130127_1532~04

在特連
1・27オスプレイ反対への迎撃行動!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11458298774.html
☆三千人VS三百人の戦い!
130127_1638~01130127_1625~03
 極左の反日・売国勢力は組織的な動員をかけて約3千人からのデモ参加者を集めたが、それが決して沖縄県民の声を代弁するものではない。それどころか、ほんの一握りの者らが自らの思惑通りに事を運ばせようと動員がかけられた、ごくセクト的な活動に過ぎないものである。

 それがさも沖縄全土の意見であるかのように偏向マスコミの報道ではオスプレイ反対デモばかりが好意的に伝えられてしまう。

 それでもオスプレイの配備は行なわれる。どのような反対意見があろうと決まったレールは規定路線として敷かれるというのに、一応の反対意見としてこのような極左の売国・反日勢力を生かしておく政府・体制の責任である。

 沖縄では一時が万事この調子。戦前は対米戦争(太平洋戦争)で苛烈な沖縄戦を強いられて犠牲に。戦後は左翼勢力が幅を利かせて米軍基地の駐留で犠牲を強いられていると言っては、一方でちゃっかりと基地が存在することによる利益を享受しつつ基地移転問題でも沖縄への予算拡大を引き出している。先のオスプレイ反対デモには沖縄で自治体の首長を務める者もいたらしい。

a0263296_20382686
 いっそ沖縄県を米国に逆返還するか、統治下・保護下として米国に編入させることが望ましいのではないか。それは極論だ、暴論だ、売国的で亡国的だ…とする向きもあるかも知れないが、日本国を挙げて沖縄の本土復帰運動を展開した結果が今日のザマだぜ!と言えばそれまでだろう。

 復帰を果たした先の「本土」がロクな奴に牛耳られていないのだから、沖縄と沖縄を取り巻く状況が最悪なのは当然である。

 前エントリー「異民族優遇の悪夢…再び!」でもご紹介したが、前々エントリー「対韓同化こそ売国の元凶」のコメント欄に同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」が次のようなご意見を寄せてくれているので、再掲しておきたい。

「思えば、江戸時代、琉球を侵略していた薩摩藩の島津家は自身の変わりに琉球王朝に対して鞭を討ち中国(清朝)に朝貢させ売国をし密貿易を謀り金儲けに勤しんでいました。鹿児島族、島津族といった連中はそういった生き物なんです。あそこら辺りの連中は日本人ではないんです。韓国人そのものなんです。
今よく沖縄で問題視されてる事がありますね、沖縄の左翼が中国に朝貢し売国をしているといった指摘がなされますが、で、沖縄の人の言い分ではその売国左翼は本土から来ている連中だと、いやいやそいつらは韓国人達だと、といった感じで色々と疑念が憶測を呼びますが。
…歴史を紐解けば簡単に答えが出てるぢゃないですか」

 本土自体が長州閥出身の安倍のようにトンでもない奴が政権政党の座にいるのだから、沖縄があらゆる形で犠牲を強いられるのも、沖縄県民が危機にさらされるのも当然であろう。危機はあらゆる意味で。

 今や帰化人の首長と左翼によって中国による侵略の危機にさらされ、それ以前は対米戦争の激戦地となって米国の占領・統治を受けた、近代以前は薩摩藩による支配で中国への朝貢を余儀なくされてきた…。

 よく日本はアメリカの52番目の州も同然である、とした揶揄が聞かれるが、対日侵略の中でも最たる標的にされている尖閣諸島および沖縄県こそは自らアメリカ合衆国の一州に飛び込ませたほうが(日本から脱出させたほうが)良いのかも知れない。
1115612
 日本国に帰属してロクなことはなく、武家時代のように九州圏の影響下にあってなお悪い、中国の支配下に入ればさらに救いがない…。残された道は日本から離脱、戦後社会を逆行して米国の再統治下に入るしかないのではないか。

 いや冗談ではない、沖縄・尖閣諸島までが日本国に帰属する日本領土だとする向きが大勢だろうが、そのような既存の発想に囚われたままでは沖縄とともに日本本土も沈み行くだろう。

 日本から脱出(独立)を果たしたほうが良いのは沖縄県だけではない。全ての地域と地方自治体に言えることだろう。

 安倍の所信表明にも教育の危機…とあったが、中央政府・文部科学省の通達に従っていてロクなことはない。各学校における日の丸の掲揚・君が代の斉唱は立派なことのように思えても、それに反対している日教組を北は北海道から南は沖縄県に至るまで生かし続けているのが当の政府・体制である。自由・民主主義、平等・公正の下に反対意見も聞くべきだとしながら如何なる反日・売国勢力でも公然とのさばっていられる社会なのだから当然だろう。

 それ以前の戦前には「皇民化政策」の下、外国人・異民族をも陛下の赤子(せきし)として日本人として扱うことが中央政府から各地域・自治体に通達がなされ、その通りのことが日本中で実施された。

 近代以前まで、せいぜい薩摩藩が沖縄(琉球王国)に対して強いていたことが近代以降は全国版として行なわれるようになったと考えれば分かり易いだろうか。

 従って沖縄県が最たるものだが、日本の各地域・各自治体が中央政府(安倍内閣・自民党政権)に従っていて救われるどころかロクなことにならないのである。
 そのような近代議会体制は打倒こそすれ、それを支えて強化するように強いられる謂われはどこにもない。

:以下、前エントリーに寄せられた同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」のご意見をご拝聴
同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

>日本の「防衛力強化」とは、兵器や装備・施設、人員を増やすことではなく、現状で持てる最新鋭の兵器をいかに「行使するか」である。現状のように行使しないから防衛力になるものも防衛力にならない。

全く以て其の通りですね。いくら憲法によって明文化しようとも意味がありませんね。100%意味が無いと言っても過言ではないです。
現に生活保護がそうです。憲法によって日本人にだけ与えられてる権利のはずですが、外国人(特に韓国人)にも与えられた権利となってます。これは如何な事であろうか。理解に苦しむ。
憲法を変えて軍隊がどうたらこうたらといった事をアペは言ってはいますが、ようは韓国朝鮮半島の為に軍事力を提供したいだけなのでしょう。とても日本人の為となる執政が行われているとはお世辞にも言えないのが明治以降の西南支配による日本の現状と言える今の世の中です。
アペが売国の為の改憲を訴えている事は明白ですね。パチンコにしてもそうです。これも違法のはずですが警察は取り締まりを行使しません。御覧の通り、これもアペ総理大臣がパチンコは個人の趣味の問題とした見解を発表しています。このことも韓国、朝鮮半島の為の政策でしかありません。
このように大きな問題であればあるほど憲法や法律による明文化には何一切の正義は存在しません。此の売国政策の数々は自民党を筆頭にした日本政府の一貫した政策であり、明治以降の途切れる事の無い親韓政策の成れの果ての姿でもあります。西南体制続く限り更にもっともっと酷くなるでしょう。
Posted by みたいな実 at 2013年01月27日 14:04

 右を見れば朝鮮半島・韓国との共生・同化を推進する売国保守政権、左を見れば中国に与してオスプレイ反対の極左・売国勢力…。

 全方位どこを見渡そうが、売国奴だらけの近代日本でいくら売国、亡国の誹りを受けようとも何ら畏れるに足らない。

 まず琉球(沖縄県)の日本離脱と米国への帰属、これが我が最右翼勢力の描く国家像第一段階である。次いで各地域・各自治体による日本からの離脱。首相自ら述べるように危機に瀕し、危機から脱し切れない中央政府で構成される近代議会体制にしがみ付いたままでは、やがて全てが共に没落してしまう。

 とにかく今ある国家の形・体制を永遠に続く不変なものだとは思わないこと。いつか変わり行くものだし、変えるとしたら危機に瀕してどうにもなりませ〜んと最高責任者(首相)自ら泣き喚いている、この時代から初めていくべきに違いない。

 ピンチ(危機)は逆に旧態依然としてどうにもならない既存の体制から脱却するチャンスでもある。

:以下、再び同エントリーより「読者さん」のご意見をご紹介

エントリーにおきまして前回のコメントをご紹介頂き、誠に有難うございます。
さて現在「歴史街道」「歴史群像」等で戦史を連載している田中健之さんという50代の右翼思想家がいます。面識はないのですが。

その人が7年前に宝島社から出した
「靖国に祀られざる人々ー(副題)棄民と逆徒の日本近代史」
という本を改めて読み返しました。
まず最初に雲井烈士の「討薩檄」が紹介されています。
その後は(残念ながら)田中氏が浸かってしまっているアジア主義の思想が延々と展開されているのですが、「あとがき」で重大な警告が書かれています。
「近代日本の歴史は無数の『棄民と逆徒』の歴史である。
その声なき声を聞かしめるべく上梓した次第だ。
(中略)
 近代以降の体制を『保守』しながら国防と治安のみを強化せよと言う意見が高まりつつあるが、これをもって『保守化』『右傾化』と考えてよいのだろうか。国士気取りの小泉やその取り巻きを『愛国者』と考えてよいのだろうか。否だ。必ずや同じ轍を踏むだろう」と。
 7年後の安部再登板の今、痛感します。
「また学習能力のないB層的愛国者は喜んで『棄民』にされるだろう。
数少ない我々真正愛国者は『逆徒』とされるだろう」と。
 しかし逆徒の汚名はもはや「喜んで受けよう」と考えますね。
Posted by 読者 at 2013年01月27日 20:18

 明治維新は天皇の軍隊として「官軍」を称した薩長閥によって成し遂げられ、「逆徒」の汚名を畏れた旧幕側は完膚なきまでに敗れた。結果、興国どころか武家社会も武士も完全に消滅させられた。

 長州閥主導で朝鮮半島への莫大な投資と犠牲を強いられ、今なおその体制が続いて、長州閥の末裔が日本を取り戻すとの大号令の下に朝鮮人との共生・同化を強いた戦前回帰を推し進めようとしている。

 こういう状況だから、こういう体制の下だから逆徒で一向に構わない。

 官軍はその名称とは裏腹に明治以降、日本を滅ぼした。

 次の体制変革では逆徒こそが日本を甦らせる!

応援クリック宜しくお願いします♪

最右翼勢力を支持!


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力「2ちゃんねる誅滅」!!

明確なネット規制なき日本!

ネット・ユーザーの質はますます低下(弱体化)!

ネット世論が実社会に反映される各国並になれ!

各国並のネット規制くらいは真っ当に実行せよ!

太賢さんのブログ

随時、更新中!
NPO外追

  
Posted by samuraiari at 23:49このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月27日

異民族優遇の悪夢…再び!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★安倍内閣の売国に期待!

☆「第2の国籍法改悪」が打ち出される予兆、大!

20130123101743e6b 安倍内閣・自民党政権は国連に対して北朝鮮による拉致事件の調査委員会設置を提起した。

 自身の内閣で「私が最高責任者であるうちに解決したい」とした意志を強く打ち出したものと言えるだろう。拉致を含む北朝鮮の人権侵害について専門的に調査する部局の設置だが、つくづく委員会創設だとか対策本部の設置で予算を割くことが好きな御仁たちである。

 民主党前政権で首相ら3閣僚のみが対策本部のメンバーとして名を連ねた拉致問題対策本部だが、安倍内閣・自民党政権の発足後は全閣僚がメンバーとして名を連ねる対策本部へと刷新された。この辺りは首相・安倍晋三の意向を強く反映してのものだろう。

 ただ、拉致問題を言うなら安倍も大々的な選挙支援を受けるカルト統一教会による日本人信者の韓国への連れ去りのほうこそ大事件であり大問題だと思うが、韓国との国際問題に発展する気配はまるでない。

 もっとも韓国系カルト統一教会からの支援など、安倍一人に限ったことではないが、こうした事実からも安倍・自民党がいかに韓国ベッタリの共生・同化政策を推進しているかがうかがえる。

 北朝鮮そして韓国という朝鮮半島そのものについて言えば、つい数年前にも大規模なミサイル攻撃があったばかりで朝鮮戦争は今以って継続中なのだから外務省としては日本人への渡航禁止を通達していなければならない。
 その上で、この極東アジアの非常事態(朝鮮戦争の継続と激化)について、かの国々の「在日同胞」をどう扱うのか。北も南も関係なく、在日韓国・朝鮮人を即時拘束して両国が連れ去った日本人被害者との「人質交換」を持ちかけていて然るべきである。

 それが現実は正反対のことばかりが行なわれているのだから、この安倍・自民党こそは最大の「在日政党」「売国党」として厳しく断罪されなければならない。

 拉致問題に対しても一見は強硬姿勢に見える安倍・自民党に対して、人々の評価はその愛国政党としてのスタンスを概ね評価しているところだろう。

 過去、民主党政権の誕生・発足により売国奴集団として総攻撃の的になることを歓待する向きが右派・保守層の中にあった。安倍内閣・自民党政権にはそれとは正反対にあらゆることを期待する向きが多い。
 しかし、実際は安倍内閣・自民党政権の発足こそ、「真の売国」が行なわれるものとして期待しなければならない。

cityofghosts2
 安倍・自民党は現副総理の麻生太郎(財務相兼任、元首相)とセットで「安倍・麻生内閣」と称される。安倍内閣の次はいよいよ、またしても麻生内閣か?

 安倍にせよ、麻生にせよ、いずれにせよ、一度は使い古されたものをまたも人気グッズのように持て囃すのだから、自民党の支持層もよく飽きもせずに街頭演説に馳せ参じては投票していられるものだ。

 特に麻生内閣の頃には「国籍法改悪」なる希代の法改悪が行なわれたことは、愛国者としても未だ記憶に生々しいところだと思うが、それでいてまたも性懲りもなく麻生を担ぎ上げている感覚が理解出来ない。

 この分だと、「人権擁護法案」や「外国人参政権法案」は遠のいても、その一方で国籍法改悪並のトンでもない売国法案・売国政策が安倍内閣で実現しそうである。いや、第1次安倍内閣とそれ以前より撒かれた売国政策の種は既に芽吹いている。

 だが、それで構わない。安倍・自民党でこそ真の売国が行なわれるであろうことは、真っ当な感覚の日本人で、真の愛国者であれば想像し得たことだろう。

 「外国人留学生30万人受け入れ政策」と血税投入の本格再始動に見られるように、いかに安倍・自民党こそが真の売国奴集団であったか。これまで何度裏切られてもカルト信者の如く自民党を支持してきた層もここらでいい加減に気がつかなければならない。ところが、気づかない。気づいても気づかないフリをして、明らかな売国であることを売国であると認めようともしないのである。
 選挙で統一カルトや創価学会・公明党の支援を受けては大量当選者を出した自民党だが、その支持層も統一や創価と等しくカルト体質に成り果てたようである。
original

以下、前エントリーに寄せられた同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」ほか超強力支持者らのご意見をご拝聴!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51879886.html
同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

新年早々朝貢競争に明け暮れるこの国の支配者はいったい何人なんでしょうかね、創価学会の力がないと外交ひとつ出来ない政府、大したものですね。

明治以降の日本は常に韓国とは兄弟かライバル関係とされた立ち位置にされてしまってますね、これもそれも全てが西南族支配の政治体制が続く限り止むことはないとおもいます。

思えば、江戸時代、琉球を侵略していた薩摩藩の島津家は自身の変わりに琉球王朝に対して鞭を討ち中国(清朝)に朝貢させ売国をし密貿易を謀り金儲けに勤しんでいました。鹿児島族、島津族といった連中はそういった生き物なんです。あそこら辺りの連中は日本人ではないんです。韓国人そのものなんです。

今よく沖縄で問題視されてる事がありますね、沖縄の左翼が中国に朝貢し売国をしているといった指摘がなされますが、で沖縄の人の言い分ではその売国左翼は本土から来ている連中だと、いやいやそいつらは韓国人達だと、といった感じで色々と疑念が憶測を呼びますが。

…歴史を紐解けば簡単に答えが出てるぢゃないですか。

Posted by みたいな実 at 2013年01月26日 09:21

外国人参政権の問題にしても戦前の皇民化と称した同化共生政策に発端になっているのは間違いありませんね。GHQのせいではない。

私はある意味韓国を見習うべきだと思います。だって韓国は日韓併合時代をこれでもかって言う程否定している訳ですから。
Posted by 輿水 東 at 2013年01月26日 16:57

前回のエントリーに関連する事ですが、
確かに薩長といっても「薩」のほうは大久保利通の作った官僚機構は残された(アメリカの悪意で)とはいえ、いまでは人脈は消えかかっています。
西南戦争終結後、当時設立されたばかりの海軍兵学校は雰囲気がガラリと変わったそうです。多数を占めて威張り散らしていた薩摩出身者(これは県民性ですね)が急に卑屈になって、土佐と佐賀の出身者が台頭してしまった為に。
しかし長州は違います。今に至るまでその官僚機構を利用し、まさしく「血」でもって日本国そのものを支配しているのです。
「汚らわしい、正しくは『穢らわしい』」血でです。
この穢れを祓うのは並大抵の事ではないですよ。
何しろ保守を名乗る者の大半が薩長体制を拝んでいるのですから・・・。
創価学会に対しては「国賊」と口が裂けても言えない松下政経塾のような「下賤な商人保守」がのさばるのも、これでは当然なのです。
Posted by 読者 at 2013年01月27日 00:20

 訪中しては土下座外交に終始、帰国後の公明党代表・山口那津男からの報告を受けた安倍が「中国との長期的な対話を望む」としたスタンスが全てを物語っているだろう。

 中国とのパイプが創価学会・公明党しか無いとしても、是が非でも中国と対話しなければならない、こういう発想に囚われた時点で日本人の負けである。

 まだ30年〜40年くらい前なら中国側から尖閣棚上げ論を持ち出されて喜んでいる程度だったが、今や日本の与党首脳の側からそれを言い出す始末で、まだ30年〜40年くらい前のほうがマシだったのである。

 カルト宗教の支援を受け、カルトと連立を組まなければ成り立たない自民党政治こそが問題。カルトの存在も問題だが、自由・民主主義、平等・公正の名の下にそれらを政党としてのみならず、存在そのものを許容して氾濫させる近代議会体制という政体こそが問題である。

 自民党が公明党との連立関係を解消すれば良いとする向きもあるが、創価・公明党のお陰で大量当選者を出して勝利している自民党が公明党と手を切れるはずがない。カルトをのさばらせては政治に進出させるのは自明であって、その国・社会の在り様がどのような者らによって日本が牛耳られているかを物語っている。安倍・自民党に象徴される朝鮮半島と内通してきた長州閥である。

 こういう宗教を尖兵としてやって来る外患、ヒトの流入を阻止した江戸時代・徳川将軍家の政策に倣わなくてはならない。現在の選挙制度で成り立つ近代体制へのしがみ付きは自民党の売国政治への支持に示されているし、新しい体制になり代わることへの畏怖である。何も畏怖することはない。今の体制のままでいることのほうが畏怖すべき事態であることは、先行きの見えない現状から誰もが分かり切っていることである。

引き続き、同エントリーに寄せられたご意見をご紹介

みたいな実さまの書き込みをみて、なるほどと思いました。
江戸時代にも隠れてコソコソとシナに貢ぐ言動・思考の歴史があったんですね。
反日マインドの基礎は「貢ぐクン」である事は理解しましたが、
シナ朝鮮における世界に対する影響を小さくするためには日本と東南アジアの防衛力強化しかないと考えています。

まさかとは思いますが「貢ぐクン」のために大東亜共栄圏や満州がつくられたとは考えたくもありません。
しかし敗戦とともに全てシナの手に渡ってしまった。。。

朝貢競争なら売国募金詐欺団体・日本ボランティア会もまけてません。

(中略)

コール例:
若者の未来を壊すサヨク
 いらない! いらない!

(後略)

Posted by 大和魂を燃焼させよ at 2013年01月27日 07:39

 日本の「防衛力強化」とは、兵器や装備・施設、人員を増やすことではなく、現状で持てる最新鋭の兵器をいかに「行使するか」である。

 現状のように行使しないから防衛力になるものも防衛力にならない。日本はともかくとして東南アジアの防衛力など日本が考える必要はない。その発想では戦前の大東亜共栄圏と変わらない。今、そういう観点で東南アジアとの関係を重視しているがゆえにアセアンからの留学生受け入れなどというトンチンカンな政策が実行されようとしている。

 「まさか」と思うように貢ぐ(朝貢する)発想に基づいて大東亜共栄圏が打ち出され、満州国もつくられた。満州と朝鮮半島・台湾の権益は第2次世界大戦の敗北で失ったが、それで良かった。中国の手に渡って正解、元に戻って大正解である。敗戦こそが日本の対アジア共生政策を終焉させたのである。

 今また、その時代に異なる形で回帰しようとしているが、アジアや世界といった視野に立脚した思考からいかに脱却するか、いかにそうした思考を断ち切るかが求められている。
 世界平和や共生が当たり前の思考になった現代日本人には至難の業だが、脱却して断ち切らなければならない。

 何度も我が最右翼勢力で述べてきたことだが、若者の未来を壊すのはサヨクのみではない。売国政治の自民党を盲信し続けるウヨク(右派・保守)こそ…だろう。

 自民盲信、近代議会体制への信奉の危うさを認識すべく、安倍内閣・自民党政権はこの上なく最大にして最凶の売国政策を連発して、その元来の売国体質を続々露呈させるべきであろう。
応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力「2ちゃんねる誅滅」!!

所謂「ネット右翼」は『2ちゃんねる』を発祥の地とする!

その垣根(2ch)を取り払わない限り、ネット右翼の思想もリアル化せず!

「ネットDE真実」を単なるネット情報の次元で終わらせるな!

在特連
:関連記事 在特バッシングへの反論(2)!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11457476501.html
☆移民社会として不可避且つ不可逆的なレール!

clip_image001

★法務省が「ネット人権侵害の相談、過去最多」との政府統計を発表!

昨年1年間で各都道府県の法務局に寄せられた相談件数は合計3903件!

人権擁護法案を凍結した安倍・自民党政権で法務省人権擁護局がこの発表の怪?

相談の大半がインターネット上の中傷で、次いで名誉毀損やプライバシーの侵害!

ネット上の中傷、名誉毀損、プライバシー侵害の代名詞と言えば『2ちゃんねる』

太賢さんのブログ

shimpuren

随時、更新中!
NPO外追

  
Posted by samuraiari at 12:04このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月26日

対韓同化こそ売国の元凶

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★中国への朝貢合戦!

☆対北強硬姿勢は愛国心よりも韓国に対する戦争協力

clip_image001 中国を訪問した公明党代表の山口那津男は、ようやく国家主席・習近平との会談に漕ぎ着け、親書を手渡すことが出来たようである。当初、中国へ赴いたものの、尖閣諸島で中国側に有利な「売国発言」で点数を稼いだつもりが、すぐに発言を撤回するようなことを述べたせいか、中国側からは誰が会談に出てくるかは分からないと突っぱねられたようである。

 与党首脳として初の訪中であっただけに、首脳会談の行方が注目されたが、懇願に懇願を重ね、病の床に伏しているとも、既に仏となっているとも分からぬ創価学会名誉会長・池田大作の精神を継承するとした発言が功を奏したのか。ようやく国家主席との会談が実現したことにより、党内外への面目を何とか保てたところだろう。

 中国側とすれば、手ぶらでは来るなよ、といったところではないか。まさしく中国への朝貢(ちょうこう)」である。

 一方、韓国も誰か知らぬが、要人を特使として中国へ派遣し、こちらはスンナリと親書を受け取ってもらえたことがインターネット情報でも伝えられている。

 まさしく韓日による中国への「朝貢合戦」と言えるだろう。どちらがより中国に気に入られるか、どちらがより中国に歓待されるか、それを競い合っているのである。

 よく日本の右派・保守層の中には「韓国と同じレベルに陥ってはいけない」「同レベルに堕してはいけない」とした指摘が散見されるが、それを言うなら対中朝貢で韓国と競うような売国レースはやめるべきだし、韓国に倣って中国に朝貢するようなことはやめるべきだろう。

 何も中国は日本が弱い、という理由だけで尖閣諸島を侵食しにかかり、日本に弾道ミサイルの照準を合わせて「侵略圏内」に収めているわけではない。日本が韓国との共同歩調(共生・同化)に勤しんでいるために日本を侮って、侵略しにかかっている。

以下、前エントリーに寄せられた同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」のご意見をご拝聴!

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51879717.html
同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

アペは、在日・外国人生活保護者らが憲法上不正受給がなされている事に対する言及も対策も何一切打ち出していませんね、ただ単に生活保護費を減らすとしているのです。生活保護はその受給者の90%以上が日本人となっています。これを減らしておいてアペが何を行おとしているのか?
日本人ならば見ないふりをしてたらいけませんね、アペが遣ろうとしていることは外国人留学生の30万人受け入れです。無論の如く留学生なので100%が外国人です、その内の70%が中国人です。この留学生受け入れ政策は、多くが日本人の為としかなっていない生活保護政策とは比較に出来ないほどの反日、且つ売国的な政策であるであろうということは在日保守自民党信者のカルト諸君らではない普通の日本人であるものならば誰でも理解の出来る事だとおもいます。
ゲーリーアペほど醜い売国奴も今時珍しいくらいです。しかも抗争中の敵国であるはずの中国に親書を送っていますね。これは朝貢です。ただまともに相手をされず足蹴にされてるところが西南人のアペらしさが全開に出ています。
こいつは中国だけでなくアメリカからもまともに相手をされてません。西南人は幕末からずっと一緒、外国からまともに相手をされたためしがないんですよ。ま、だから劣等感が募り最終的に発狂するんでしょうが、で、弱いものだからお仕置きされて奴隷とされると。で、そこに我々日本人が巻きこもれると。その繰り返し。西南人イーかげんにしろ!何時までも日本に巣食ってんぢゃねー!と、そろそろ西南人を朝鮮半島に強制送還せねばなりません。日本にとって邪魔でしかありませんから。
Posted by みたいな実 at 2013年01月24日 22:38

 ところで訪中と言えば今回の公明党・山口も然り、元首相・鳩山由紀夫による「売国行脚」ばかりがあまりにもクローズアップされて分かり難いが、自民党の元幹事長・加藤紘一や元首相・村山富市らも続々訪中を計画しているという。

kato その加藤紘一は先ごろ開催された社団法人『日中友好協会』(その実、中日友好協会)の新年会の席上、在日華僑・華人など在日中国人社会の重鎮ら250人以上を前に挨拶を述べた。

 加藤紘一と言えば昨年末の衆院選挙で、自民党歴々のメンツの中では唯一と言って良いくらい、落選の憂き目を見た一人だろう。数年前には自身の売国行為が原因で、山形県の実家を放火されてもいる。

 落選中で落胆かと思えば、こういう自らの売国奴としての存在感をしっかりアピールする桧(ひのき)舞台というのは残されているものだ。

 なお、この新年会では外務政務官・城内実からの祝辞が代読された。「2013年は日中平和友好条約の締結35周年に当たり、日本政府は大局から両国の戦略的互恵関係を深め、両国国民の相互理解を促していきたい」としたものだが、これが現在の安倍内閣・自民党政権のスタンスなのだろう。安倍内閣がタカ派だとか、城内が愛国者だとか、そんなものはまったく関係がない。

 周辺国との関係が大事…と言えば現代日本人の誰もが盲信して疑わずに騙されているが、南北朝鮮に倣って恥ずかしげもなく朝貢するような売国行為が外交、友好、互恵関係という名で正当化されている。

 特に韓国民との間がそうだが、現段階における中国人民との相互理解の促進など、日本人に共生・同化を強いるもの以外の何ものでもない。

 いかに加藤紘一が媚中派と言えども、北朝鮮への支援物資を東南アジア辺りで叩き売り、その収益で東南アジアの粗末な米を買っては北朝鮮に送り、差額をバックマージンとして懐に入れるような小者の国賊でなければ中国からあそこまで侮られることもなかっただろう。

 近代以降の日本は一事が万事この調子。

 朝鮮半島・韓国に同化するように模倣しているから、韓国以下に扱われて侮られてしまっている。

 島根県は1月24日、来たる2月22日に松江市で開催される「竹島の日」記念式典について、首相・安倍晋三以下外相など6名の閣僚に案内状を送り、出席を要請した。

 島根県知事は「竹島の日に首相自ら政府の見解を説明するのは大きな意義がある」と話しているが、政府主催「竹島の日」の開催も見送った安倍内閣・自民党は韓国に憚るあまり、県主催の式典も出席を見送るだろう。

 こうした売国の連続が「周辺国への配慮」という名目で正当化されているが、韓国には侮られるし、まして中国にはますます侮られる一方である。

 日本の右派・保守層が安倍内閣・自民党の何が良くて、どの辺りを支持出来るのか、皆目分からない。

 その安倍内閣・自民党が唯一、日本の政権与党らしいポーズを見せられたのは決まって対北朝鮮。

kita
 高校無償化について拉致問題や朝鮮総連との関連性を口実に、朝鮮民族学校への対象外を早々と決定したようだが、元より朝鮮学校に限らず、外国人学校など一律的に除外されていて然るべきものなのに、その朝鮮学校に対する無償化対象の審査が停止されたのも北朝鮮による韓国へのミサイル攻撃事件が契機だった。

:関連記事 荒川区・朝鮮学校は建て直し中!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11456629803.html
☆朝鮮・韓国系「移民社会」の現実!

 安倍内閣・自民党政権による朝鮮学校への無償化対象外の決定は、表向きは拉致問題や朝鮮総連との関連性を挙げているが、実際は朝鮮学校の関係者が言うように「教育問題に政治外交問題を持ち込んだ」「外交問題が影響するのはおかしい」としているように、北朝鮮による韓国へのミサイル攻撃が挙げられるのではないか?

 断言して南北朝鮮による交戦状態は今以って継続中であるし、実際にほんの数年前にも一方による攻撃が行なわれている。ミサイル開発・発射による軍拡競争は年中を通して繰り広げられている。

 拉致問題と拉致問題に端を発する対北朝鮮経済制裁の継続、国連での対北制裁強化の要請・決議など、自民党政治による北朝鮮への強硬姿勢は見方を変えれば「一方(韓国)への加担」「戦争協力」と受け取れるのではないか。

 この一方で、日本はロケット発射にかかる国家機密レベルの技術提供など、どれほど韓国への支援を惜しまなかったことか。

 政府主催・竹島の日の見送り、韓国への特使派遣、韓国に追随した対中国朝貢…。政権公約を前言撤回してまで韓国に憚った安倍内閣・自民党政権の売国は、韓国への加担・戦争協力と考えれば全て辻褄が合ってくるし、そのシナリオ通りに事が運んでいると見るべきだろう。

 韓国との友好と同化・共生の推進、終いには戦争協力で結果、韓国もろとも日本まで中国の実効支配圏に呑み込まれては敵わない。

 愛国者こそが自民党政治によって一貫して行なわれてきた売国行為を、近代以降、一貫して朝鮮半島・韓国との共生・同化を推進してきた議会体制もろとも葬り去り、安倍晋三ほか旧長州閥が韓国へ亡命するくらいでなければならないのである。

 敵は韓国でも中国でもなく、それらへ日本を売り渡している安倍・自民党に他ならない。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
在特バッシングへの反論!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11456345783.html
☆孤立化作戦とネガティブ・キャンペーンに負けず!


前エントリーのコメント欄より
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51879717.html#comments
今晩は

>また、立川デモは病み上がりの所、
>本当にお疲れ様です。

立川のデモでお会いしたとき、確かに元気がなさそうに見えました。

宜しくご自愛下さいね。
Posted by 一日本親爺 at 2013年01月25日 00:34

一日本親爺さん、デモ当日はお疲れ様でした。

声を出す度、咳が出そうになって挨拶もままなりませんでした。

次は完全復調して馳せ参じます!

2ちゃんねる撲滅!


太賢さんのブログ

shimpuren

随時、更新中!
NPO外追

  
Posted by samuraiari at 01:06このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月24日

韓日兄弟政策に楔を!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


誰々先生なら、何々党なら…☆そんな「先生」も「党」も存在しない!

韓国への媚と共生・同化政策、拡大する一途の外国人留学生優遇政策

★アペ(安倍)・長州党からの親書

TKY201212170362
 コメントもTB(トラックバック)も承認制としている我が最右翼勢力では、未承認のため表面上には表示されていないが、『2ちゃんねる』のスレッドまとめサイトと言うのだろうか、『【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版』というところから頻繁にトラックバックが寄せられている。

 要するに2ちゃんねるスレッドの中から話題のものを選出した専門のまとめサイトのようなものらしいが、スレッドの投稿内容から要所のみを抜粋して転載されている。こうした転載サイトについては当の2ちゃんねるが「禁止令」を発し、元管理人と称する西村博之が「今のうちに閉鎖せよ」という旨をアナウンスしていたように記憶しているが、件の匿名掲示板は麻薬売買やPC遠隔操作ウイルス事件に関連して未だに西村宅が強制捜査されていることから、奴が事実上の管理権限者と見て間違いないのだろう。

 さて、まとめサイトからのTBは承認しない代わりと言っては何だが、興味深そうな話題もあったので題材として使わせて頂こう。同サイトからのTBはだいたいが「ネット右翼」に関連する話題のもので、我が最右翼勢力への当て擦りの側面もあるのだろうか。その意図は定かではないが「ネット右翼の中のネット右翼」「キング・オブ・ネトウヨ」が集う最右翼勢力にTBとは当て擦りだとしてもまったく意味のないものである。

 では、まとめサイトが選出した話題を見てみよう。以下

http://newskenm.blog.fc2.com/blog-entry-3672.html

 1月24日付の韓国紙、ソウル新聞は朴槿恵(パク・クンヘ)次期大統領が06年、遊説中に暴漢に襲われて傷を負った際、官房長官(当時)だった安倍晋三首相が密かに親書を届けていたと報じた。
 掲載した親書の写しの写真によると「暴力行為に対する深い悲しみと強い懸念」を表明した上で、朴氏の回復が早く、早期に政治活動を再開したことを受け、安心したと記している。
 日韓関係にも触れ「最終的には兄弟や姉妹の関係のように築きあげることができることを望む」と締めくくっている。(ソウル支局)


 以上
 パク・クンへが大統領選に勝利直後より特使の派遣を行なった首相・安倍晋三だが、旧長州閥出身の安倍が父祖の代より韓国とりわけカルト統一教会との関わりがことのほか深く、パク一族とも親しかったことが伝えられている。

 元より長州閥そのものが明治期より朝鮮半島との共生・同化政策(日韓併合など)を推進してきた。

 よく明治維新は薩長同盟によって成し遂げられたとされるが、薩摩勢は明治後に大久保(利通)VS西郷(隆盛)による「西南戦争」により、西郷一派が壊滅。旧会津藩士も戊辰戦争の逆襲をせよとばかりに果敢に戦ったが、大久保の主導で西郷を粛清することに体よく利された。

 その大久保も後にテロリストの天誅に斃れる。近代日本が旧長州閥によって動かされてきたことは議会体制における初代首相からの顔ぶれを見れば一目瞭然である。

 その旧長州閥の系譜を脈々と受け継ぐのが現在の首相・安倍であり、自民党政治である。最近の例で言えばその自民党政治のラインから唯一外れたのが民主党政権であったと言えるだろう。前首相・野田佳彦は韓国大統領の竹島上陸、天皇陛下への侮辱に真っ向から向き合ったほうだったと言えるが、安倍はそのいずれも棚上げにしたも同然。そのことがまとめサイトで指摘されていたのは妙味深い。

 安倍・自民党にとって韓国は、日本を弟(妹)とした兄(姉)なのである。この歴然たる事実に安倍・自民党を支持してきたネトウヨはどう答えるのか?グウの根も出ないだろう?というのが件のサイト運営者がTBを飛ばしてきた真意ではないかと思うが、こちとらハナからそんなものは支持していない。

 2ちゃんねる利用者のうち、どのくらいが所謂ネトウヨに該当する層で、そのうち何人くらいが安倍・自民党を支持しているのか知らないが、そんなものに愛国を委ねているから突きつけられた事実に「涙目〜」と嘲笑された上にアクセクしなければならなくなる。

 安倍・自民党こそが誰よりも売国に勤しんできたという厳然たる事実に立脚しなくてはならない。

 ネット右翼と言われようが、ネトウヨと蔑称されようが構わないが、何よりも損失なのはネット右翼イコール安倍・自民党の狂信的な支持者と画一的に見做されることである。ネットという既存のテレビ・新聞メディアとは明確に一線を隠した最先端の、新たなメディアで情報を駆使して愛国者を自認する者こそ誰よりも先を行った思想、主義主張を説かなければならない。

 安倍内閣の誕生で万歳、自民党政権の復活で安泰…こんな世間の発想が自民党を安心させて売国に狂奔させる。

 安倍・自民党の親韓を通り越した全方位「土下座外交」を目の当たりに、気に食わないから退陣せよ、辞職せよでは済まない。

 退陣させるべきは安倍のみならず自民党政権そのものであり、野党までひっくるめた近代議会体制そのものである。

 自民党政権が推進してきた「外国人留学生30万人受け入れ計画」はネット上でもネトウヨが広く批判している売国政策だが、その計画を推進して現在約13万人(うち6割が中国人)の受け入れを実現したのが安倍。

 即刻やめるべき売国政策には違いないが、自民党が自民党である限りやめるわけはないし、安倍が安倍である限り売国をやめるわけがないのである。

 それこそが自民党が自民党たらんとされる所以であるし、安倍晋三が安倍晋三たらんとされる所以だからである。

 ひいては近代議会体制であるが故の売国であり、それこそ近代が近代たらんとされる所以だろう。

 大学4年間で一人当たり最低でも1千万円かかる生活費・学費を日本国として外国人留学生に無償援助。その一方で安倍・自民党は生活保護費を削減する策に出ようとしている。しかし、留学生への無償援助費が削減対象になったことなど一度としてない。

 中国人留学生の場合は援助費の一部を母国の大使館に積み立てて、それが反日工作の費用に用いられている。

 そうした事実がありながらも拡大の一途をたどる外国人留学生の受け入れ政策。

 留学生の受け入れも無償援助も、それのみをやめさせられれば良いが、自民党政権である限り、また、近代議会体制である限り、止むことはないだろう。

 外国人留学生を優遇し続ける一方で、日本人の生活困窮者をさらに苦しめるようなことも、それのみをやめさせるというわけにはいかない。

 やめさせるなら自民党政権から野党まで含めた近代議会体制そのものである。

 韓国を兄・姉として敬い、韓国に媚びた外交政策も然り。安倍や自民党に、韓国に媚びるのをやめろといったところでやめるはずがない。

 それが近代日本の支配層・為政者である旧長州閥の根っからのスタンスだからである。

 そんな奴らが主導権を握り、そんな奴らしか勝ち残れない選挙システムの近代議会体制そのものをやめさせるしか手はない。

 打倒しようではないか!

 ネットを駆使した最先端の右翼、最先端の愛国者ならこの領域に既に到達していて然るべきである。

以下、前エントリーに寄せられた同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」のご意見をご拝聴!

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51879518.html
同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

>中国での反日デモ暴動を契機に、中国に駐留する日本企業社員とその家族は即刻引き揚げるべきだとする議論があるが、ことは中国のみに限らず、世界各国に散らばる日本企業社員とその家族を即刻にも引き揚げさせるべきだろう。

中国朝鮮辺りでこそ紛争化されるのを待ち望んでいるのが、ゲーリーアペやセメント麻生の狙いでしょうね、そうなってこそこの連中は儲かるのでしょう、この西南イモ助連中が遣ろうとしている事は明治以降常に同じなので手に取るように判ります、で同化同化同化の嵐です。まさしく戦前回帰でもって天皇を利用しては同化政策を遂行する気でしょう。で、てめえら西南人の日本人としての薄い血筋を覆い隠す正当化をする為にも日本人の血を浄化し薄めたいとも思っているのでしょうね、で、更に同化同和の枠を広げては金儲けに勤しむと、日本民族にとっては全くもって迷惑せんまんな話しでしかありません、やだやだ。
Posted by モンブランみたいな実 at 2013年01月23日 20:16

同じくコメント欄より

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51879295.html#comments


(一月も随分過ぎましたが、)あけましておめでとうございます。
有門さん、年末年始もお休みなくブログ更新御苦労様でした。
また、立川デモは病み上がりの所、本当にお疲れ様です。
動画の方も全て見させて頂きました。旗が凄い勢いでなびいていて相当寒いのが分かります。
弁士の方々、皆さん気合入ってますね。
どの人が本当の日本人で、どの人が違うのか、部外者にはよく分かりませんが、少なくとも日韓断交デモに来ていた人達の多くは心から韓国を嫌っていると感じます。
一般人は気が向いた時だけデモに参加すればいいですが、主催者の方々は雨の日も風の日も暑くても寒くても、継続して活動しているわけで頭が下がります。

私は中韓に限らず外人全般が嫌いで、全ての外人に興味がないので、日本に外人は一人もいらないです。
国の形など難しいことは抜きにして、本当の攘夷をしてくれる人達を支持したいです。
外人全員を日本人にしちゃえば攘夷したことになる、という発想は無しで。
日韓断交デモが近い将来、「全外人帰化人追放デモ」になればいいなと思います。
その為には靖国神社という大きなハードルがありますが…。
Posted by 絶賛支持! at 2013年01月23日 23:52

絶賛支持!さん、あけましておめでとうございます。激励を有り難う御座いました。遅れ馳せながら本年も宜しくお願いします。

先日は立川までお越し頂きまして大変有難うございました!
今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by 中井ケイノスケ at 2013年01月24日 15:05

中井ケイノスケさん、先日はデモの主催、お疲れ様でした。
大変に盛況(精強)な韓国粉砕デモの大成功、新年早々おめでとうございます♪
協賛団体・呼びかけ人の一人として非常に嬉しく思います。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


2ちゃんねる撲滅!

太賢さんのブログ

在特連

shimpuren

随時、更新中!
NPO外追

  
Posted by samuraiari at 21:55このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月23日

海外進出時代の是非!?

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


アルジェリア ★人質事件と自衛隊法改正論

☆軍民の海外派遣そして日本国の方針と在り様を問う!

bass
 アルジェリアで発生したイスラム武装勢力による人質事件は政府関係者から現地に社員を駐在させている『日揮』の幹部社員までが同国に赴き、情報収集と安否確認に奔走した。

 日本人7〜9名が犠牲になったと伝えられていたが、どこの出身の誰が犠牲になったとも判然とせず、マスコミ報道ではいまいちリアリティが伝わらなかった。もっとも武装勢力のゲリラが人質らを乗せて走行している車両を目がけて政府軍が上空からミサイル攻撃を繰り広げているのだから、被弾すれば助かりようがないし、遺体の回収と確認作業を行なうこともままならなかっただろう。

 それにしても、いざ異国の地に赴けば、何が起ころうと邦人の安否はその国の処断に全てが委ねられる、委ねざるを得ない現実を改めて見せつけられた思いである。

 今回の事態を受け、日本国内には在外邦人を守るため、自衛隊による警護と展開などを可及的に出来るよう自衛隊法を改正すべきか否かという議論が盛んになりつつある。

 今回のアルジェリアでの事態こそは「日本にも存在する交戦権の行使」ではないが、政府・与党にその気があるのであれば可能なことであったのに、まさしく政府・与党の怠慢である。
 首相・安倍晋三が「キャメロン英首相とも人命第一で取り組んでもらおうということで一致し、セラル首相を説得しようとしたが、同首相は『(犯行グループは)重武装していてそういう状況ではない』とのことだった。結果として7人の尊い命が奪われたのは誠に残念だ」と、アルジェリア政府の対応を批判したところで詮無い。

 元よりアルジェリアに限らず、アフリカ大陸にはイスラム武装勢力が存在することなど最初から分かり切ったことであったのに、それを承知で現地に社員を駐在させていた日本企業とそれを奨励した政府の行ないは「ヒトの使い捨て」そのものである。

 事件後、犠牲となった社員の遺族らは「あんな危険な場所で仕事することを強いられていたのか」と憤りを表わしたが、もっともなことだろう。現行法に従えば、およそ自衛隊でも派兵されることのない、そんな危険地帯にも一民間人を送り込むという信じ難い荒業を強行していたのが日本という国である。
hitsugi
hitsugi2
 その意味で戦前、日本の一民間人らが朝鮮半島や台湾、満州国(現在の中国東北部)に赴いては略奪や襲撃、虐殺で犠牲になった頃と状況的には何ら変わらず、軍の派兵・展開を自衛隊の派兵・展開で再び繰り返そうとしている。

 中国での反日デモ暴動を契機に、中国に駐留する日本企業社員とその家族は即刻引き揚げるべきだとする議論があるが、ことは中国のみに限らず、世界各国に散らばる日本企業社員とその家族を即刻にも引き揚げさせるべきだろう。

 どんなに企業の利益があるのか、日本の利益になるのか、現地の権力者に何がもたらされるのか知らないが、それで危険地帯への進出・駐留を正当化させてはいけない。もはや日本人が競ってどこかへ進出する時代は終わっているし、いずれ否応なく本当に終わるだろう。

 在外邦人の救出という名目なら自衛隊や国防軍として出動させることに拘るのもおかしい。自衛隊の前身である警察予備隊でも事は足りるわけだし、武装警察や警察軍(いずれも仮称)のような形でも輸送機など装備が変わらないのであれば一向に構わない。

 欧米では民間軍事組織とも言うべき退役軍人ばかりで固められた軍隊並の警備会社が存在し、イラクやアフガンなどでも展開している。日本の場合、公人のほか世界各国に企業を進出・駐留させているわけだから、そういう需要はありそうなのに政府の肝いりで軍隊並の民間警備会社が組織されたという話を聞いたことがない。

 自衛隊法の改正やら軍の創設も然り、こうした事実はいかに日本人が世界に進出・展開するには不向きであるかを物語っているのではないか。
 これまで幾度あったか分からない在外邦人の犠牲、そして今回のアルジェリアでの犠牲を受けた自衛隊法の改正論議で茶を濁し、やがては集団的自衛権の解釈変更や改憲・軍創設へと移行するものと思われる。

 現在の安倍内閣・自民党政権が念頭に置いているのは朝鮮半島への自衛隊「派兵」と展開だろう。

 やがて朝鮮半島動乱で自衛隊が韓国のために派兵され、日本が韓国のために戦うことが極東平和という名目で正当化。独裁体制の崩壊後、北朝鮮のインフラ整備という口実で自衛隊が駐留、そして日本企業が進出・駐留する事態は目前まで迫っている。

 世界平和を口実に韓国との同化・共生を正当化するように、世界への貢献を口実に韓国への貢献(朝鮮進出)を正当化しようとしている。

 アルジェリア人質事件も然り、事件後の安倍内閣・自民党政権による韓国との同化・共生政策の推進こそ警戒しなければならない。
clip_image001

☆軍民の海外派遣に続いて天皇陛下・皇族まで派遣?

★韓日・中日における皇民化(臣民化)政策の逆バージョンだ!

戦前・戦後を通じた軍事進出と経済進出、日本人が海外進出を盲信して国是とする近代時代そのものの在り様が問われ直さないといけない…

 アルジェリアでの事件を受け、16年前の97年、ペルーで共産ゲリラによる日本大使公邸占拠事件が発生した当時、大使であった青木盛久氏(74歳)がインタビューに答えた。自身も人質になった経験を踏まえ、青木氏は「ペルーの時より難しい事件だ」と心境を述べた。

 あの当時、軍・警察の武力突入で事件解決へ導いたのは時のフジモリ大統領。ゲリラを一掃し、日本大使公邸を奪還・解放した瞬間の将兵らによる勝利の雄叫びはさながらサムライ集団の勝ち鬨(かちどき)のようだった。
 その後、汚職・不正の発覚で失脚したフジモリだが、あの事件を解決に導いた手腕からは海を渡って継承されたサムライ精神の片鱗を見たものである。

 今回のアルジェリア人質事件を契機に、邦人を救出出来ない自衛隊で良いのか? 国防に関心を持ち、自衛隊に何を期待するかの議論が一段と広がりを見せるだろう。

 尖閣諸島をめぐる中国からの軍事侵略と相俟ってその傾向は加速するのではないか。連立政権を担う公明党が領有権の棚上げ論を持ち出して自衛隊機の出動に難癖をつければ、自民党が尖閣上空は日本領空であると主張。両党間に隙間風が吹き始めている今、政局の動向と合わせて自衛隊法の改正は勿論、集団的自衛権の解釈変更や改憲・軍創設がますます現実味を帯びてくると見ている。

 ここでは人質事件を受けた自衛隊法の改正論議にとどまらず、さらに一歩も二歩も踏み込んで、戦前日本のケースを例に考察してみたい。

ouji 先ごろアフガンでの軍任務を終えたイギリスのヘンリー王子がマスコミのインタビューに自ら「旧支配勢力タリバンの戦闘員を殺した」と語った。

 英軍将校としてアフガンに派遣された同王子はアパッチ攻撃ヘリの副操縦士としてタリバンに対する空爆の調整任務やタリバンとの接近戦を行なった部隊への支援、負傷兵の輸送など多数の任務を担ったが、空対地ミサイルやロケット弾、機関砲を発射した。

 王子は「命を守るために命を奪う。そういう考えを軸に僕たちは活動していると思う」「必要な時には撃つ…けど、本質的に英軍は抑止力以外の何物でもない」とした上で、「イスラム過激派を打ち負かした」「楽しいよ。僕はプレイステーションで遊ぶのが大好きな人間だから。僕のこの親指がすごく役に立っていると思いたいね」と語った。

 戦闘行為をゲーム感覚で楽しむように話すところは狩猟種族のアングロサクソン的で今風だが、国家国民を守るためには敵を殲滅(せんめつ)せよ、とした発言は英国王子としても英軍将校としても当然のものだろう。

 我が国の皇室もこう在ってほしいものだ。ただ、「王国」である英王室と、「帝(みかど)の国」である日本の皇室を一にしては語れない。

 戦前日本では天皇陛下が皇軍の大元帥となり、皇族が将校クラスで軍務に就いていた。英王室の男子は軍務に就くという伝統を戦前日本がモデルとしたことが伺える。

 それが近代国家というものだろう。 

 改憲して軍隊を持つということは戦前回帰と同義であり、戦前回帰とは天皇陛下を軍の最高責任者に持ってくることである。しかし、天皇陛下が「将軍」の地位である大元帥を担い、皇族方が将官を担うこと自体がおかしい。

 話は逆だ。武門を職務としてのみならず、代々の家系として、生き様として担う者の中から最高権限者が「将軍職」を天皇陛下から賜っていなければならない。

 日本の皇室にも軍役の意義を説いた英王室のように在ってほしいとするなら軍役に就かせるべきではないかとする意見もあろうが、この辺りを混同して英国を模倣させたのが長州閥を中心に明治維新をもたらした近代体制ではないかと思われる。

 第2次世界大戦で敗れた時のように、一たび事あらば天皇陛下を敗軍の将として敵に差し出すような体制をつくってどうするのか? 尖閣有事で交戦した末に陛下を中国へ差し出したいのか? 朝鮮動乱が収拾した後に陛下を訪韓させたいのか? そのような戦前の皇民化(臣民化)政策(※)」を焼き直ししたシナリオが目に浮かぶようである。

 むしろ警察として治安も安全保障も担う体制をつくることのほうが現状からはよほど現実的である。

※こうみんかせいさく【皇民化政策】
日本の植民地統治の下で朝鮮人を戦時動員体制に組み込むためにとられた一連の政策。日本の朝鮮支配の基本方針は同化政策と呼ばれ,朝鮮人の民族性を抹殺し,〈亜日本人〉化することにあった。満州事変から日中戦争へと侵略戦争の拡大とともに,この政策はより強化徹底され,特に日中戦争以後はその極限化として,朝鮮人を完全なる〈皇国臣民〉たらしめんとする〈内鮮一体〉が提唱されるに至った。そのために展開されたのが皇民化政策である。
 

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
韓国征伐デモの動画ご紹介!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11454563659.html
☆ある日本社会の日常風景

忘れるな! 北も南も朝鮮人! 韓国粉砕! 鮮人、殺せ!


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力「2ちゃんねる誅滅」!!

誹謗中傷のメッカ・匿名掲示板『2ちゃんねる』は、

部落・同和出身の西村博之がつくり出したタンツボ!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ


太賢さんのブログ

shimpuren

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 14:29このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月21日

排外主義と最右翼勢力!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★韓国粉砕!デモのご報告(1/20 IN立川)

 平成25年1月20日、東京・立川市内にて「韓国粉砕!デモ行進」(『日韓断交共闘委員会・帝都』主催)が開催されました。当日の様子については関係ブログにて報告記事を掲載していますので、是非そちらをご参照下さい。

20130121023632b3a
画像:ブログ『正しい歴史認識・国益重視外交・核武装実現』より拝借
デモ行進の先頭で横断幕を持つ筆者(有門大輔 =写真左側=)と『日本の自存自衛を取り戻す会』金子吉晴代表

在特連
1・20韓国粉砕!デモのご報告
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11453345639.html
☆東京・立川に韓国粉砕の叫びがこだま!

shimpuren
韓国粉砕!大行進IN立川のご報告
http://shinpuren.jugem.jp/?eid=794
☆ネット右翼・・・の前に日本人としての行動である!

20130121025520173
 デモ行進の当日、私は2日間ほど風邪で寝込んだ病み上がりの身体で遠方とあって、日章旗を持参しようかと思ったが、荷物等は持たないことにした。

 JR立川駅を降り、デモ行進の集会場所へ赴くと寒気から咳と痰が出て風邪がぶり返しそうになるのを実感。行進が始まってからも喉の調子が悪いため、シュプレヒコールの唱和でもなるべく声を出さないようにした。

 帰り際、自身の団体(NPO外追)として参加してくれた会員から蜂蜜入りの生姜茶を見舞い品代わりに手渡された。これが効く。デモ終了後は急ぎ帰宅したが、すぐに熱湯で溶かした生姜茶を飲んでから寝床に就いた。
130120_1528~01130120_1520~01
写真:デモ主催者を務めた『新日の丸友の会』中井ケイノスケ

 今回のデモ行進において、出発地点の緑町公園に帰還後、締めの挨拶で私から述べさせてもらった点は以下。

 まず、日章旗や旭日旗を手にした参加者らの行動を「愛国・日の丸革命」と形容させて頂いた。単なる保守運動でもなく維新でもなく、「革命」であるという点。その上で…

「在日社会ほか韓国との問題は決して戦後から始まったものではない。その発端は全て明治政府にある。明治維新によって明治政府と近代国家を打ち立てた長州閥は当初、『尊皇攘夷』を行なうと公言して新体制を発足させたはずだった。ところが、実際には正反対に大開国へと踏み切り、日韓併合によって朝鮮半島との共生・同化政策へと突き進み、莫大な国家予算と人材を朝鮮半島のために投入した。その明治政府の『申し子』が長州閥出身の安倍晋三であり、現在の自民党政権である。

 安倍は先ごろ、東南アジアへ赴いてはアセアン諸国に対して3万人の留学生を受け入れると表明。現在、日本は30万人の外国人留学生を受け入れるとしていますが、残りは中国および韓国から受け入れるということに他なりません。安倍内閣・自民党政権は中国に対しては強硬姿勢を見せているようですが、中国からの留学生受け入れに勤しむ安倍・自民党が本気で中国と事を構えられるわけがありません。まして、我が国固有の領土・竹島を不法占拠している韓国とは、なおのこと本気で事を構えられない。

 安倍・自民党にも象徴されるように、明治以降の韓国との共生・同化政策という因習を断たねばなりません!」

 概ね上記のような内容だったが、自民党政権だからと言って決して歓待も安心もしない、むしろ自民党政権だからこそ懸念してさらに警戒を強めなければならない、この日韓断交委のデモに集う方々はそういう高く、強い愛国心と志を持つ人が多いのではないかと思う。

 それほど愛国行動が広範に広がり、競合と先鋭化(愛国心の強化)が強まってきた証左と言えるのではないか。

 自民党の外国人留学生受け入れ政策はそれほどにこの上なく売国行為で、事実上の移民受け入れ政策である。中国人留学生に限って見ても9割以上は学校を卒業後も日本での就職を選択するとされる。
 単に日本で就労し続けるにとどまらず、やがて日本で家庭を築き、生活基盤を築く。その留学生を血税を使ってまで招き入れているのである。日本人の苦学生には奨学金を与えず、進級・進学を断念させる一方で…。まさしく東北飢饉を見捨てる一方で朝鮮半島に莫大な投資を行なった戦前日本の轍を踏んでいる。
20130121025612241
以下、過去エントリー「日本人は何処へ還るのか?」より、同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」ほか支持者の方々からのご意見をご参照(掲載はコメント欄への投稿順)

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

アペによる留学生30十万人計画、現段階で13万人くらい受け入れてるそうです。
その6割が中国人だそうですが、そんなことをやりつづけているアペ自民党が中国に楯突くわけがありませんね。口だけは国民受けする事を言いますが、事実は得意の土下座外交しか行ないません。
大学四年間1人につき最低一千万円かかってるとして、それが全て無償援助です。その癖アペ自民党は生活保護は減らすといってますね。生活保護費のほとんどは医療費です。かつ今は震災受給者も多い事でしょうが、どちらにせよ生活保護費のほとんどは日本人によって日本人の為に国内で消費されるものです。ですが、一方、留学費の無償援助費は反日大学の懐に収まる以外は中国人による母国への仕送りで消えるものです。しかもこの裕福な留学生を使いては安いコストで労働をさせる馬鹿らも後をたちませんね。自民党政権の復活により、この戦後最悪の反日政策である留学生受け入れ政策がその提言者のアペと共に蘇りました。日本人は中国人の為に税金を払わせられる時代が再び到来してしまったということです。この政策は以前、日本国民の非難の的となった「政府なんたら援助」の代替案でしかありません。日本国民の反感を買い中国に対して援助しにくくなったので形を変えただけのものです。これが在日保守アペ自民党の遣り口です。
Posted by みたいな実 at 2013年01月19日 23:22

なーにが安倍バッシングを許すなですよね。
桜派や日本会議等は改めて罪深いと思いますね。思うに外国人参政権反対運動や人権法反対運動は安倍晋三達の売国政策を隠蔽する役割を果たしているんではないんですかね。例えば某S局が主催する国民集会やデモ、その他の保守団体が主催する集会で留学生優遇問題が議題に挙がった事ってあるんでしょうかね。保守系のブログで時々この問題を取り上げている事がある様ですが決して安倍晋三や自民党を絡めて批判する事はしないです。それどころか民主党や大学批判に論点をすり替えてたりします。しかし安倍晋三達も上手い事考えたと思いますよ。アメリカやカナダみたいに表立って正式な移民制度を造ればさすがに支持層から反発を食らう事を見越して留学生優遇大量受け入れと言うシステムを取ったんでしょうね。
Posted by 輿水 東 at 2013年01月20日 19:54

>海外に留学生を送り出さなければ招けないような外国人留学生はわざわざ日本人の血税を使ってまで招く必要はない。

日本人以外の有色人種は一円の価値も無い!
世界学問ランキングの上位は全て中韓台ですが、
これは出題者の答えを当てるゲームであり 要するに初めから全て答えが有る物です。

しかし、
医・科・化の科学技術の分野には初めから答え等有りません。

全て技術・研究者の知能です。

年収200万でも昔の殿様や貴族よりいい生活が出来るのは、
医、科、化、の科学技術の産物である工業製品の進歩、発達のみによるものです。

これが出来るのは日本人と白人だけです。

支那兵朝鮮人を始めアジア、アフリカ等の有色人種を日米欧列強国に留学させても
科学技術の分野に貢献すると言う事は絶対に有りません。

当に無駄使い、これこそ事業仕訳の対象にすべきです。

我々の税金は医学、科学技術の研究開発費にのみ使うべきです。
Posted by KESSELRING at 2013年01月21日 00:09

>その他の保守団体が主催する集会で留学生優遇問題が議題に挙がった事ってあるんでしょうかね。

その通りで留学生問題を取り上げたとしても、その元凶である自民党およびアペを非難する声は皆無ですね。パチンコを批判してもパチンコは趣味の問題であるとした見解を発表しているアペを非難するとことすらも皆無です。しかも無理くり民主党辺りのせいにして逃げていますね。このような醜い性質はカルトに洗脳されている人に多く見られる性質です。例えば民主党の支持者は民主党がダメであるといった判断をした時点で多くの人が民主党を見棄てました。ただ自民党は見ての通り支持者ではなくて信者なんです。だから信者らは自民党が何をしても自民党を見棄てる事がありませんね。それどころか逆に声を荒げて題目を唱え現実逃避をしだします。一言でいうと憐れで不健全な連中が自民党カルト信者といった所でしょうね。ただ、その主導的立場の連中は在日ですので我々日本人は何時までもこのカルトの横暴を見過ごしていても良い訳ではありません。
Posted by みたいな実 at 2013年01月21日 12:12

☆安倍・自民党による現代版日韓併合・満州国の理念!

 右も左も排外…ならぬ外国人頼みの「拝外主義」と成り果てたゆえに外国人留学生の天下となった今日の惨状がある、そのような思いから我が最右翼勢力(当時は二代目極右評論)が「排外主義」を標榜し始めたのは2010年のことだった。当時、金友隆幸氏から排外戦線の構築における共闘を持ちかけられもしたが、この頃の私はそういう心境にはなかった。

 結局、それっきり両者が同じ道を歩むことはなく、お流れになった話は二度と持ち上がることはなかった。しかし、それで結果的には良かったのだろう。

130120_1526~04 その後、金友氏は自ら『新攘夷運動・排害社』を立ち上げ、さらに日韓断交共闘委員会へと発展的に解散。今までの運動体にないスタイルを確立させることで街頭運動を華々しく拡大させた。
 日韓断交共闘委に見られるように、各協賛団体による持ち回りでのデモ開催は、特定団体が主催団体の座を独占するなど、利権や主導権争いを生み難い。

 一方の私は同年夏に現在の同盟・兄弟ブロガーとなる「みたいな実さん」らと出会い、排外主義をさらに進化させて近代打倒と前近代(武家体制)への回帰を歩み始める。排外主義を突きつめるならそれが本当に実行されていた時代はいつか、また、排外主義とはまるで正反対の開国・共生主義が行なわれていた戦前日本への回帰では元も子もない。
 世間で当たり前のこととして賞賛される明治維新と明治以降、現在まで続く近代体制から脱してこそ本当の排外主義が打ち立てられるとの理念の下、みたいな実さんをはじめとする支持者らとともに長州閥主導の近代打倒を掲げてきたものである。

 もし3年前に私と金友氏とほか何者かのコラボでも実現していたとしたら、2人が共に一度は師事した西村修平氏(主権回復を目指す会代表)の影響下から未だに脱せずにいたかも知れない。結果、現在の西村氏が提唱する「街頭行動における節度」に囚われたとしたら、運動体そのものが埋没してしまいかねなかった。こと私に関して言えば、既存右翼との柵(しがらみ)をつくってしまうことで近代賛美や明治維新への礼賛から脱し切れていたかどうかは分からない。

 ともかく打倒すべきは現代版「明治政府」への回帰を目指す安倍・自民党に見られる長州閥主導の議会体制であり、現代版「日韓併合」・現代版「満州国」の如く韓国人や中国人の留学生らに無償で奨学金と宿舎そして在留許可を濫発する安倍・自民党の同化政策、共生政策である。
 この体制を打倒するためならば、如何なる汚く乱暴で卑劣な手段をとったとしてもまったく構わない。

 現行の外国人留学生受け入れ政策こそは、明治政府への回帰を象徴する「大売国」に他ならない。
130120_1531~02130120_1529~01

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力「2ちゃんねる誅滅」!!

半グレならぬ「ネトグレ」がウェブ上を徘徊!

秩序なきネット社会はネトグレ掲示板の天下!

太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 21:42このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月19日

日本人は何処へ還るのか?

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


いよいよ明日(1月20日)は「韓国粉砕国民大行進IN立川」!
break_off_diplomatic_relations_with_skorea_1
新風連ブログより http://shinpuren.jugem.jp/?eid=793
shimpuren
もう趣旨も説明も必要ない!敵(韓国)はぶっ潰して粉砕するのみ!

★軍事侵略と移民国家の事実…

☆自民か民主か、戦後か戦前か、行くも戻るも地獄の無限ループ

 安倍晋三による東南アジア歴訪と、鳩山由紀夫による訪中は事実上、現職総理と元総理ひいては政権政党と野党第一党によるアジア外交の競い合いであり、中国以外のアジアであるか、中国をはじめとするアジアであるかの違いだけでその本質は何ら変わらない。

世紀の与野党アジア外交! http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51878831.html

 ともに政権与党を経験して、ともに『日本経団連』ほか財界の意向を背景とする両党が「売国」を競い合う近代議会体制の中では、日本人の行く末は自民党政治に還るか、またぞろ民主党政治に還るかの無限ループでしかない。

 先ごろ、尖閣諸島沖に中国の海洋監視船3隻が出没、1月8日以来で11日ぶり、日本政府による尖閣諸島の国有化からは23度目となる中国公船の領海侵犯が確認された。

 こうした周辺事態に対し、集団的自衛権の行使や憲法改正・国防軍創設を急ぐとしているのが安倍内閣・自民党政権。

 しかし、日本が憲法改正を実現し、国防軍を創設したからといって、それで強国になれる保障がどこにあると言うのか? 例えばであるが、これこそは外国人移民の受け入れによる労働力の補完で日本経済が持ち直すとした議論と同じである。労働力の受け入れ・補完によって実現するのは労働者賃金などコストの固定化のみで、却って労働市場は職の奪い合いで混乱(やがて安全保障の崩壊)が予想される。

 仮に改憲・軍創設が実現化したとしても、国の内実が変わらないようでは状況は今と大して変わらないか、より悪い事態を招くだろう。

 一度は中国人民解放軍と交戦したものの、やはり日本人に戦争を戦う覚悟はなくて、中国ほか周辺国とは仲良くしなければいけないとする風潮に支配されたとしたら、瞬く間にまたぞろ民主党のような政権が復活するかも知れない。

 国を挙げて開戦だと気勢をあげたものの、大逆襲に遭って惨敗を喫した途端にシュンと大人しくなった経験を半世紀ほど前にしたではないか。

 改憲・軍創設の悲願は実現したものの、愛国者が望んだものとは正反対に一層媚中・媚韓となった近未来が到来するかも知れないのである。まさに中国ベッタリな経団連の思惑通りの展開だが、日本人が怒って反政府暴動でも起こそうものなら、それこそ本当に国防軍(仮称)による出動・鎮圧となるだろう。

 その方向へまっしぐらに突き進んでいるのが安倍内閣・自民党政権に他ならない。

 尖閣諸島で起きている事態を中国による「軍事侵略」であると認めず、領土をめぐる係争が起きているのに係争だと認めないのだ。一方的な侮りや侵略を受けても何ら打つ手がないということも悪いが、その事実を侵略・係争であると認めないことはなお悪い。

 安倍内閣・自民党政権が選挙公約で「移民受け入れ計画」の実行を掲げていたように、明らかに移民国家に向けての諸施策が行なわれているにも関わらず、その事実を頑なに認めない。どんなに入管法を緩和させたとしても。
 いや、それどころか「日本は事実上の移民国家である」という事実を絶対に認めない。それ以前に、明治以降の近代日本はとうに移民国家に成り果てていたにも関わらず、その事実を頑として認めない。

 未だ改憲をもタブーとする風潮があるにはあるが、その改憲が多文化・多民族の共生つまり移民国家を企図したものであるとはなおさら認めないだろう。

 民主党政権で悪く、自民党政権ではなお悪い。

 では、この先、日本人は何処(いずこ)へ還りつこうとしているのか?

以下、前エントリーより同盟・兄弟ブロガー「みたいな実さん」のご意見をご拝聴

>一方、同じ頃、首相・安倍晋三はベトナム、タイ、インドネシアなど東南アジア諸国を歴訪。

早速この馬鹿、ASEANから三万人の留学生を受け入れるといった約束をしてきましたよ、と言うことは残り27万人は中韓からの留学生なんでしょうね、しかも至れり尽くせりといった待遇で。

>今回の訪中でも国賊的言動が槍玉にあげられた鳩山だが、この鳩山が首相に就任する直前の09年、「日本列島は日本人だけのものではない」とした発言が未だ記憶に新しい。 

鳩山は口だけですが、アペは売国に関しては公約を守るのでアペのほうが百倍タチが悪いですね。今、日本中にいる中国からの留学生はアペが受け入れたんです。そういえばアペも鳩山も天皇の御親戚でしたね。
Posted by みたいな実 at 2013年01月18日 22:29

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

続いて前々エントリーより同じく

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51878659.html
>警察庁は先ごろ、昨年度の自殺者が15年ぶりに3万人を下回ったとの発表を行なった。

これは民主党政権が相談窓口を増やしたのが影響した模様です。無論、これだけだと自殺大国日本の根本的な解決とはなりませんが、ただたったこれだけの事をするだけで数千人にも及ぶ自殺願望者が踏みとどまりました。経済や景気には全く関係のない政策なので蔑ろにされていますが、日本人として温もりを感じさせてもらえた大きな政策であったと思います。それにひきかえ在日保守政党の自民党は例年の如く日本人の犠牲を強いては韓国の為に始まり韓国の為にオワル政策ばかりを行うことしか考えていない模様ですね、キムチ悪くてしょうがないものです。またこのキムチ悪さは韓流だの西南流だのといった意味の判らん俳優らが図々しくも日本人の役を席巻して止むことのないという程度の低いキムチ・カルチャーが日本を占領している事象から見ても充分伺えることですね。

>次に暦(こよみ)もそうである。現在のように1月元旦の真冬に年が明け、春・夏・秋を経て、また12月に年の瀬を迎えて同じように新年を迎える生き方に日本人はいつから飼い慣らされてしまったのか。

日本は有史以来江戸時代が終わり在日体制である明治ちょん廷に侵略されるまでは正月は春の事だったんですが、今ぢゃ正月は冬の事とされてしまっていますね。これはいったいなんのギャグなんでしょうかね。明治以降は日本の伝統文化の「で」の字もありゃしないですね。日本人として迷惑な話です。ちなみに今年の元旦は2月10日です。この日にお祭りをやる寺社が、まともな寺社としての1つの目安とはなるでしょうかね。
Posted by みたいな実 at 2013年01月17日 21:58

☆アルジェリア邦人人質事件の教訓

clip_image001 1月中旬の日本列島ではアフリカ大陸のアルジェリアで武装勢力によって日本企業の社員が人質にとられたとのニュースで持ち切りだった。
 政情不安の地球の裏側まで一民間企業が出向くのだから、一たび事があれば真っ先に人質にとろうと標的にされるのは当然である。公職でなければそうそう安全は保障されないが、その公職とて絶対的な安全が保障されるわけではないことは97年の在ペルー日本大使公邸占拠事件が物語っている。

 日本はこの期に及んでも政府関係者が現地へ赴いては外国機関による救出を待つしかないが、自衛隊の最精鋭部隊にせよ何にせよ、警察予備隊や警察軍としての行動・展開が出来れば独自の速やかな救出作戦も可能なのではないか。
 かつて、植民地支配の帝国主義時代のように異国を統治するために軍の大部隊による移動・展開を必要としないし、まして外国のために日本が犠牲を払う必要もない。世界平和もアジアの安定も、日本にとってはどうでも良い話である。

 押さえておかなければならないポイントは、日本人が還りつくべき場所は戦後にも戦前にも近代以降、存在しない。また、識者が好んで使う「第三の道」というのも存在しない。

 前述のアルジェリア人質事件にしたところで、そもそも日本人が不向きにも遥々海の外まで出かけて行くことにこそ問題がある。
 海外に進出しなければ成り立たないような日本経済はぶっ壊すべきだし、海外に進出しなければ成り立たないような企業は経営陣・株主が日本人だろうとどこの国の人間だろうと国外に退去させるべきである。さらに言えば海外進出の企業を従えなければ成り立たない国家など打倒すべきである。

 これは全てのことについて言えるだろう。

 海外に留学生を送り出さなければ招けないような外国人留学生はわざわざ日本人の血税を使ってまで招く必要はない。海外に観光客を送り出さなければ外国人観光客を招けずに、観光立国として成り立たない政策など倒すべきである。

 そして海外に派兵しなければ自国が守られない安全保障政策などぶち壊すべきだろう。

 アルジェリアほかアフリカ大陸と同様、朝鮮半島有事では日本の国防軍(仮称)を派兵した後にインフラ整備のために日本企業が社員と設備・資材を投入する事態は自明であり、戦前(日韓併合)の轍を踏むものである。

 朝鮮半島など、それこそどのような武装グループによって日本人社員が拉致されるとも分からないし、身代金のみを奪われては殺害されるようなケースを何度繰り返すとも分からない。

 国内循環型経済と鎖国(限定的な貿易)によって日本側からも人は出ないが、海の外からも人を招き入れない日本人のための国と社会、それを望む。

 狭い日本そんなに急いでどこへ行く…というのはスピード違反防止のためによく聞かれる標語だが、現代の車社会における標語だろう。実際は日本はとてつもなく大きく広い。北は北海道から東北、関東、信越、東海、中部、北陸から関西、中国、四国へとかけて、その地域で文化も風土も景色もまばらである。

 各都道府県が警察組織を持つように、各自治体が治安とともに安全保障上の責務を担っていけば、侵入者を防ぐことも不逞者を炙り出すこともそう困難なことではないだろう。

 今ある国と社会の全てが国家であると盲信しているうちは、閉塞した現状からは脱し切れないのである。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


在特連
体罰排除から人権擁護へ!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11452316951.html
☆強いリーダーシップの目はどう出るか?


2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力「2ちゃんねる誅滅」!!

警視庁の2ちゃんねる強制捜査は西村博之にとってもトンだ茶番劇!

何ら影響のない家宅捜索と押収物を笑い話のネタにする小僧の悪態!

これがPC遠隔操作事件と麻薬情報の氾濫に対する運営陣の反応だ!


太賢さんのブログ

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 22:37このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月18日

世紀の与野党アジア外交!

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★鳩山訪中と安倍ドクトリン

☆大東亜共栄圏の再現はアジア各国との共生・同化と同義!

hato 元首相・鳩山由紀夫は中国を訪問。

 南京大虐殺記念館などを訪れ、記者団のインタビューに答える形で「尖閣諸島を係争地と認めることが大事だ」との見解を示した。

 これに対して安倍内閣・自民党政権で防衛相を努める小野寺五典はテレビ番組に出演し、「日本にとって大きなマイナスだ。言ってはいけないが『国賊』という言葉が一瞬、頭をよぎった」と述べ、強く非難した。

 またぞろ右派・保守層がエネルギーを消耗しそうな事態が勃発している。

 安倍内閣・自民党政権とそれを支持する右派・保守層の言い分はこうだろう。「日中間に尖閣諸島をめぐる係争などなく、尖閣は固有の領土なのに、中国側は『日本の元首相はこう思っている』と世界に宣伝し、いかにも係争があるかのように国際世論がつくられてしまう」と。

 今回の鳩山訪中について、中国側のメディア・レコードチャイナなどは「鳩山氏こそが日中関係の難題に真正面から向き合う最初の元高官だ」として最大級の賛辞を贈っている。

 ここは不毛な鳩山バッシングでエネルギーを消耗するのではなく、冷徹に鳩山訪中と鳩山発言の意義を見出してみたい。

 尖閣諸島をめぐっては中国が公的に領有権を主張し、今に始まったことではなく、軍艦や軍機を度々周辺海域や空域に展開させていた。

 こうした「軍事侵略」に対して、日本側がいつ反撃に打って出るのかが注目されている。事は在日米軍が存在するからまだこの程度で収まっているものの、日本単独ではとうに尖閣は中国によって奪われているし、これからだって軍事侵略の度合いはますます強くなってくる。いずれは奪われてしまうだろう。軍事侵略が現実のものとなり、日本がろくに迎撃も出来ていないのに、これで何で係争が存在しない…のか?

 そう考えると尖閣をめぐる係争など存在しない、と断言する安倍内閣・自民党政権とその支持層である右派・保守のほうがよほど国賊的と言えるのではないか。

clip_image001 一方、同じ頃、首相・安倍晋三はベトナム、タイ、インドネシアなど東南アジア諸国を歴訪。首相就任後、初めての訪問先として東南アジア各国を選んだ理由は、同じく中国との領土係争を抱える東南アジアとの関係強化で中国を牽制する狙いがあるという。

 同時期の元首相・鳩山訪中は現首相・安倍の行動を意識したもので、中国側からの招請であったと思われる。

 安倍は最後の訪問先となるインドネシアで1月18日、アジア外交の基本方針となる「安倍ドクトリン」を発表。

 東南アジア諸国と安全保障で連携強化を図り、対中国で共同戦線を構築するとしたもの。これなどは、まんま大東亜共栄圏そのものの構想である。

 アジア各国、異文化・異民族との共生を目指した大アジアの大東亜共栄圏構想である。

 今回の訪中でも国賊的言動が槍玉にあげられた鳩山だが、この鳩山が首相に就任する直前の09年、「日本列島は日本人だけのものではない」とした発言が未だ記憶に新しい。

 鳩山の発言は国賊的言動には違いないが、事は鳩山一人をバッシングして叩き、攻撃するなり殺すなりして解決するような問題ではない。むしろ鳩山の発言は戦後史どころか戦前を合わせた日本の近代史における姿を言い表わしている。

 戦前日本こそは朝鮮半島・台湾出身者でも同じ日本人として扱った。中国大陸の東北部では「満州国」なる五族共和の理念に基づいた多文化・多民族共生国家の建設とアジアとの共同体(大東亜共栄圏)の構築を目指した。

 明治以降、戦前日本の頃から既に日本人だけのものではなかったのである。

 確かに昨年末までの3年間に及ぶ民主党政権も酷かったが、その前後の自民党政治はさらに輪をかけて酷かった。何よりも、それ以前の明治政府は尊皇攘夷の公約をしておきながら、正反対に大開国を実行して日本史上で最悪の政権・体制だったのである。

 今、また、その戦前に回帰しようとしているのだ。

 民主党前政権に見られるように左派も近代以降の開国・移民政策を進めようとしたが、安倍・自民党に見られるように右派・保守もさらなる開国・移民政策を進めようとしている。

 鳩山らがリベラルのスタンスから「日本列島は日本人だけのものではない」路線を行なっていたとすれば、現在の安倍・自民党こそは右派・保守の理念である大アジア建設に基づいて「日本列島は日本人だけのものではない」路線を行なおうとしている。

 リベラルか、保守か、そのスタンスの違い程度で結局、やっていることはどちらもそう変わらない。

 安倍が対中包囲網のために東南アジア諸国を歴訪したが、その安倍は大スポンサーである『日本経団連』(会長・米倉弘昌)に赴いては「中日友好の発展に尽力します」と約束。

 今回の鳩山訪中はむしろ経団連の意向を「裏」で受けたもので、3〜4年後の総選挙では再び民主党政権が返り咲くための伏線だと思えなくもない。

 与党が対中強硬路線を見せれば、野党が親中国路線を見せる、民主党政権の時代は与野党の立場が入れ替わったもので、だから現在の近代議会体制などは財界やマスコミの意向一つでどうとでもコントロールされてしまう。

 安倍・自民党が新ドクトリンにおいて目指す大アジア政策がいかに恐ろしいものであるか、その現状をお伝えしたい。

 中国や北朝鮮など東アジアに唯一残る共産主義軍事独裁国家群に強硬姿勢を見せる安倍・自民党だが、同じ自由主義圏とされる韓国との間でこそ我が国固有の領土・竹島を不法占拠されるという、名実ともに領土問題・領土係争を抱えている。

 事は中国大陸と朝鮮半島に関わる問題のみではない。

 それら以外の国々なら何の問題も生じないのか?

 画像は、さる1月12日、東京・新大久保で行なわれた『在特会』主催の「韓流粉砕!デモ行進」に『NPO外追』の会員が参加した時のものだが、新大久保の町中で裏路地に入ると、妙な帽子をかぶった老人男性がいたという。

 様子を窺っていると、その辺り一帯はトルコ系料理の店ばかり。
FJ3103110001FJ3103130001FJ3103150001
 さらに町の奥へ進むと、沢山の洗濯物が干されている建物。さながらリトル・トルコ人街といった趣きだが、前述の老人男性はトルコ人街を牛耳っているボスと思しき者だったという。

 午後8時過ぎの新大久保駅周辺はトルコ人ほか外国人の待ち合わせで賑わっていた。

 明治時代の日露戦争以来、比較的、親日国とされるトルコだが、そのトルコ人でさえこのように束になれば無秩序な有り様である。

 明治以降、大アジア主義そして大東亜共栄圏の理念に基づいて日本のためではなく、アジアのための戦争に踏み切り、大開国に踏み切った帰結がここにある。

 最後の画像は東京・台東区における『在日韓国人貴金属協会』(右は同じく台東区内を走行していた韓国系パチンコの宣伝カー)。これから移民国家になるのではなく、近代日本は既に移民国家となっていた。
130116_2026~01121222_2108~01
 アジアとの共闘・連携を提唱した安倍・自民党の新ドクトリンこそはアジア各国との共生・同化政策(移民政策)と同義であることを忘れてはいけない。

 安倍・自民党の開国政策を叩けない事実は、右派・保守ひいては日本人の弱さを物語る。

応援クリック宜しくお願いします♪
最右翼勢力を支持!


★韓国粉砕国民大行進のお知らせ

2ちゃんねる撲滅!
★最右翼勢力「2ちゃんねる誅滅」!!

『2ちゃんねる』運営会社の株主を徹底して吊るし上げよう!

警視庁は本気で強制捜査をしているなら、反社会的媒体の株主に関する実態を暴け!

同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ


太賢さんのブログ

在特連

shimpuren

NPO外追

  
Posted by samuraiari at 21:27このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック