2014年03月30日

袴田釈放(?)騒動に思う

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★国家の強制力を考察する

袴田事件に見る限りないクロが被害者然と振る舞うことの脅威!

TR2014032700603(1)20140327k0000e040196000p
 静岡県で一家四人を惨殺したとされる罪で死刑判決が確定した死刑囚であり、元プロボクサー・袴田巌(はかまだ・いわお)が東京拘置所より釈放されたことが一大センセーショナルに話題となっている。

 袴田…などと聞いても若年層の方はピンと来ないのではないか。筆者(有門大輔)もそうだった。大体、自分が生まれる昭和49年より前に起きた事件で、今から半世紀も前の事件などリアルで知る人も極少なのではないか。

tri_ ただし、筆者は袴田という死刑囚の名は高校生(90年代)の頃から知ってはいた。当時、ほんの一時期、熱狂的なボクシング・ファンだったということもあり、プロボクシング興行に合わせた袴田死刑囚の冤罪を訴えたチャリティーショーなどが行なわれた記事をボクシング専門誌(ベースボールマガジン社)などを通じて読んでいたからだ。

 あの頃から、ボクシングの元世界王者だとか有名人までチャイティーショーに引っ張り出しては「袴田冤罪」を訴えるキャンペーンが張られていたものだ。

 高校生の当時、ああ、袴田という元ボクサーが殺人事件の犯人として逮捕され、死刑に問われて戦っているのか…という程度の感慨だった。当時(20数年前)から再審請求がどうとか言っていたように記憶している。

 元プロボクサーというだけで一家四人を惨殺するのは容易だという理由だけで犯人にされてしまった…当時、そんな記事を読んだ記憶がある。

 いざ、自分が記事を書いて曲がりなりにも世に発表する立場として、袴田本人とそれを支援してきたボクシング関係者にとっては辛口となるが、手厳しい見解を述べさせて頂きたい。

 女子高校生が惨殺された「狭山事件(埼玉県狭山市で発生)」の石川一雄にしてもそうだが、決して冤罪が認められたわけではない。再審請求が認められたというだけで、限りなく「クロ」なのだ。狭山事件の石川に至っては再審請求自体も認められていない。
 石川の場合は飽くまでも無期懲役刑に服した後の「仮出獄」であって、マスコミが事件発生の当初から「石川青年」「冤罪」などと持ち上げたために、世間では勘違いされている向きもあるのかも知れないが、有罪判決を受けて刑に服した者が出て来ただけの話で、マスコミの印象操作により、冤罪同然に扱われているのは考えてみれば恐ろしい話だ。

 袴田にしてもマスコミが持ち上げまくるがゆえに、世間では冤罪が認められたか何かと勘違いする向きもあるのだろうが、再審請求が認められたことと裁判所が刑(死刑及び拘置)の停止を命じただけで冤罪、無罪が確定したわけでも何でもない。

 あまりにもマスコミが冤罪事件という「悲劇のヒーロー」の如く持ち上げるがゆえに冤罪、無罪というイメージが先行しているだけである。

 袴田の釈放された当時の様子をマスコミ報道の画像で見たが、まるで部落・同和勢力が総力を挙げて「同胞」を奪還したようにしか見えない。反権力などのイデオロギーとは無関係な支援者らには申し訳ないが。
 石川などは『部落解放同盟』が事件発生の当初より支援に乗り出すなど、狭山事件が起きた辺り一帯が同和・部落地区であったことから考えてもモロ、そのまんまである。

 前述のように石川は仮出獄だったし、袴田の場合は50年近くも拘置されていただけに、これはもう殺人罪で服役したのと同等くらいの刑に服したことになる。
 しかし、殺人罪こそがおよそ人一人を殺害しても死刑にならないことが問題であって、加えて死刑制度が正しく履行されていないことが何よりの問題だ。現存している死刑囚は平成26年3月現在で130人以上。

 この死刑制度が正しく履行されていれば石川への仮出獄も、袴田への刑の執行停止も命じられていなかったのかも知れない。つくづく現在の自民党政権(法相は谷垣禎一)は前の民主党政権よりもロクでもないことを仕出かしてくれるものだ。

 そもそも死刑制度がきちんと履行されてさえいれば、限りなくクロの被告の釈放を要求した部落勢力の奪還運動など起きていないし、自ら罪を認めて一審で死刑判決が下されながらも無期懲役に減ぜられた石川が堂々シャバに出て来ることもなかった。袴田の奪還を求めた、履き違えた解放運動がここまで広がりを見せることもなかったのである。

0015884200091962s 今の司法を取り巻く状況を見ていると、この死刑制度が正しく履行していないがゆえに、明らかに有罪(クロ)の者までが何十年も執拗過ぎるほどに往生際悪く冤罪を主張し、無罪を求め、年老いて無様な醜態を世間にさらしては「自由だ〜!」などと騒いでいるようなものである。
 マスコミがそれを挙って持ち上げ、やはり冤罪は多々あるものだと騙されては踊らされる世論も馬鹿だ。

 伝えられるところによると、WBC(世界ボクシング評議会)は袴田に対して「名誉世界王者」の称号まで贈るようだが、偽りの解放運動はボクシングの世界機構まで巻き込んだようである。

 世界的に見ても死刑制度の履行は増えている。マスコミは先進国は軒並み死刑廃止などと伝えるが、実際には死刑制度の履行をどこの国も重視し始めていることの証左だろう。

 おかしな話だが、日本の敵国・中国や北朝鮮こそ、どれくらいの者が死刑に処されているのか皆目分からない。中国などは昔ほど公開処刑は行なわれなくなったそうだが、それでも日本の比ではないだろう。北朝鮮などは独裁政権の指導層であっても軒並み姿を消しているのが現状ではないか。

 日本も現行の法律(死刑制度)くらいは、まともに履行すべきだろう。

 死刑制度を真っ当に履行しないから、死刑制度が存在しないも同然の法の空洞化を招く。

 死刑制度も真っ当に履行しないから犯罪の抑止力足り得ず、ますます凶悪犯罪の増加を招く。ますます外国人による凶悪犯罪の増加を招くのである。

 先ごろ、警察庁はベトナム人犯罪が急増・凶悪化の傾向にあるとの懸念を伝える公式発表を行なったが、以前は中国人・朝鮮人による犯罪が凶悪化の傾向にあるという見方が一般的だった。上には上がいるもので、ベトナム人の凶暴さはそれを凌ぐという。今後、新たな外国人による犯罪の凶悪化が続々伝えられる世の中になっていくものと思われる。

 死刑制度を履行しないから凶悪犯罪を誘発するように、死刑もまともに履行しないから、どうみてもクロの者までを悲劇の主人公に仕立て上げた、歪な連中による解放・奪還運動が沸き起こってくるのである。

 部落・同和層の出身者であるというだけで、同胞を救えと言わんばかりに部落・同和勢力による凶悪犯を逆に被害者に仕立て上げるような本末転倒なことが罷(まか)り通ってしまう。

 この悪しき因習のような状態を断ち切らなくてはならない。

 それには死刑の確定から6ヵ月以内に執行という死刑制度の正しい適用・履行が検討されなければならない。

 国家権力が法制度の適用を緩めたりすれば、公正かつ平等な法の裁き、適用がなされるとの向きもあるのだろうが、話は逆である。

 死刑という最高刑の適用が正しくなされてこそ法治国家の公正・平等は保たれる。

☆人権・人道の観点から本末転倒な人権・人道上の問題に!?

 弱腰、強腰で言えば死刑制度を扱う、同じく法務省の入国管理局では強制送還中に不法滞在の外国人を実力行使で死なせてしまうような事例があったりする。

 これは何も入管職員が虐待したり私刑(リンチ)を加えたりしたわけではない。

 猿ぐつわや手枷足枷(てかせあしかせ)をはめていれば、最初から外国人が暴れたりするはずもない。

 そうした猿ぐつわや手枷足枷が人権上・人道上の観点(?)から廃止されたがゆえに、暴れる外国人を入管職員が取り押さえるなどの実力行使をした末に起きた「事故」なのである。

 話はまったく逆だ。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★いよいよ本日!

私は所用で参加出来ませんが、奮ってご参加下さい!

3・30浅草デモのお知らせ
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11799685305.html

★お知らせ

☆4・9 栃木県警巡査(当時)の拳銃使用を支持する次なる「警察官激励」行動!

通り魔による無差別殺傷事件など凶悪犯罪多発時代への提言!

警察官「発砲」裁判・控訴審!(事件番号 平成26年ネ第428号)

4月9日(水曜日)午後2時30分より東京高裁「第809号」法廷にて開廷

※街宣活動の開始時間については追って告知

:関連エントリー 「発砲裁判と高裁への差し戻し
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51927102.html
fbd29897


2ちゃんねる撲滅!

侍蟻「2ちゃんねる討滅」実行!!

「在日特権」は明確な根拠に基づく外国人の特権問題!

2chこそはその他の根拠なき偽りと都市伝説を蔓延させる元凶!


在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

  

Posted by samuraiari at 02:34このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年03月28日

グローバルな人的移動への叛旗!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!

さる平成26年3月25日(火曜日)に前橋地裁前(群馬県)にて行なった街頭演説活動の動画が仕上がりましたので、ご紹介します。
動画は判決前の街宣が2部、判決後の総括・報告街宣が1部と、計3部構成です。

関越道バス追突は事件の発生に警察は何ら関係が無いにも関わらず、現場に急行した高速隊や取調官など、実に多くの警察官と検察官1名が出廷・証言を求められる異例の裁判となりました。

関越道バス追突事件裁判 第14回公判 Part 1
http://www.youtube.com/watch?v=f-VCXUWqkcM&feature=youtu.be

関越道バス追突事件裁判 第14回公判 Part 2
http://www.youtube.com/watch?v=IsRJMKNuJ3E&feature=youtu.be

関越道バス追突事件裁判 第14回公判 総括編
http://www.youtube.com/watch?v=W87BCVrBKlk&feature=youtu.be


★外国人実習制度を廃止せよ!

『反グローバリズム保守連合』の移民反対街宣の共闘報告!

 平成26年3月27日(木曜日)、東京・JR新宿駅東口のアルタ前にて「移民反対」の街頭演説活動が行なわれた。

☆関連ブログ(在特連)更新情報より

3/27新宿・移民反対街宣敢行!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11806527045.html
unnamed2
画像:さる1/19新宿アルタ前街宣より

 この街宣活動は『反グローバリズム保守連合』と所謂我ら「瀬戸一派」の共闘関係において行なわれたもので、今後、移民阻止・排除という我々の共通理念を表明する定期的な場として定着・拡大していくのかも知れない。

 今年1月16日にも開催されており、今回が2度目。

☆反グローバリズム保守連合の公式サイトより前回の街宣の様子

移民政策1月16日 移民政策反対街宣報告

 当日は新大久保デモなどで我ら愛国市民デモへの妨害(カウンター)を繰り広げたプラカード隊木野寿紀(首都圏反原発連合を母体とする『レイシストをしばき隊』や『男組』といった半グレ集団とも共闘)が偵察に来ている中で演説活動を行なった。

140327_1948~010001140327_1922~010001
 弁士は反グローバリズム保守連合の遠藤修一代表ほか荒巻丈氏(『チーム悪即斬』代表)と高木脩平氏(『護国志士の会』局長)、そして筆者(有門大輔)の計4名。

 街宣が行なわれたアルタ前と言えば先日、フジテレビの人気長寿番組『笑っていいとも』に首相・安倍晋三が出演したことでアルタ前は騒然としたようだが、先頃、公式の場でハングルを喋ったとか喋らなかったとかが騒ぎになった現首相の安倍を「お友達」として出演させるとは、いかにも「韓流放送」のフジテレビらしい。

 その安倍が首相に就任、自民党が政権に返り咲いて以来、ろくなことが起きていないのではないか。

 前の民主党政権の時代にさえ議論されなかった移民受け入れ議論が一気に加速。政府は最近明るみになった20万人の受け入れ計画を官房長官が公式に否定したが、政府の諮問会議では依然、しっかりと議論され続けている。

 しかも、安倍内閣が発足した一昨年12月26日その日から政府の経済財政諮問会議では外国人労働者の受け入れ拡大に向けた議論がスタートしている。
 外国人労働者の受け入れ拡大即ち外国人研修(実習)制度の受け入れ緩和と同義なのだ。これまで外国人研修生(実習生)について定められた期間内で受け入れては単純労働に使役し、期限が来ればまた新たな研修生を受け入れるといった入れ替え方式による「事実上の単純労働者受け入れ」ではないかという指摘があった。

 勿論、政府はこうした指摘を公式に認めてはいないが、外国人労働者の受け入れ議論に際して研修・実習制度の拡大に触れられたことは、政府として公式に外国人研修・実習制度が単純労働者の受け入れであることを認めたも同然だろう。

 そもそも外国人研修・実習制度自体が平成初期(バブル期)の単純労働者の受け入れ議論を叩き台として作られたものだ。さすがに当時の政府・政権としても外国人の単純労働者を受け入れるとなると世論や各界からの反発が強くて、とても無理だと判断したのだろう。そこで外国人研修・実習なる名目で事実上の単純労働者受け入れがスタートした。

 バブル好況の時代、安価な労働力を受け入れてくれとする企業からの要望に、研修・実習の名の下に世論との野合を図ったのである。

 期限の区切られた外国人労働者の受け入れ拡大と、日本人として生涯にわたって日本で暮らすことを意味する移民の受け入れ…この二つが同時進行しているのだから自民党現政権というのは実に性質(たち)が悪い。

 前政権の民主党の場合は支持母体が労組系だったので外国人移民・労働者の問題には触れられなかったが、ここが財界をバックとする自民党現政権との違いだと言えよう。

 少子高齢化や人口減少で労働力が不足するから外から受け入れを…とは一見は尤もらしい言い分に聞こえるが、受け入れを推進する財界の目論見は労働賃金やコストを抑えることのみ。一部の財界首脳の私益のために少子化や人口減少が巧みに利用されているのである。

 日本人と外国人ともに平等に雇用を与え、平等に共生すると言えば聞こえは良いが、そんな都合の良い話はない。結果的に日本人が切り捨てられ、国家間の取り決めに基づいて受け入れた外国人の雇用ばかりが優先されるのは自明である。

☆「現代版の士農工商制度」で農村なる労働市場を守れ!

 さて、受け入れ期間の延長や受け入れ人数の拡大が議論されている外国人実習制度だが、その多くが工場など生産現場に配置されている。もう一つ、外国人特に中国人実習生の受け入れが進んでいるのは各地方の農村。

 各農家も地域ぐるみの過疎化や後継者不足に悩まされている。嫁の来てもない。そうしたことから中国やフィリピンなど外国からの花嫁募集といった国際結婚が自治体ぐるみで勧められた時期もある。ところが、自治体主導でも国際結婚は上手くいかず、今ではどこの自治体も国際結婚の奨励・斡旋は行なっていないという。

 民間の国際結婚斡旋業者は上手くいっているケースを挙げたりするが、何とか収まっていれば、それを上手くいっていると言い含めているに過ぎない。

 実習生の話に戻るが、このままでは農業という分野そのものが外国人(中国人)によって席巻される事態は目前に迫っているのである。日本人になり手がいないのだから当然だろう。

 外国人移民・労働者の本格的な受け入れに踏み切った場合、特定の分野が続々外国人によって席巻される事態が予想される。この分野とこの分野は中国人、あの分野はどこそこの国の人といった具合に…。

 今でさえ建設現場のボード屋(壁)は中国人によって席巻されたという。ちょっと工事現場の横を通っただけでも分かるが、作業員から聞こえてくる声は中国語だったり…。

 バブル期から不法就労していて、既成事実的に中国人労働者が入り込んだ結果である。

 農業も然り。今はまだ実習生として農家での下働きに従事していたとしても、やがて農村で主導的な地位を占め、農家を持つのは中国人ばかりという状況になりかねない。

 農業は日本人の食生活、食糧の自給自足に直結する分野である。この分野を外国人に押えられるというのは非常に危険だ。

 最近も食品加工メーカーで、会社への不満からか、生産品に薬品を入れたとか毒物を入れたという事件が起きているが、そういった次元ではない不測の事態も起きかねない。

 どんなに日本人の食生活が欧米化していると言っても、やはり日本人が長きにわたって培ってきたコメ食という食文化からは切り離せない。パンやパスタを口にしても、やがてコメを食べたくなる習性が骨身に染み渡っている。

 昔の日本人がなぜに生活習慣病(成人病)などと無縁であったか。それは大根やゴボウといった土から採れる根の物ばかりを食してきたからである。

 この食糧自給に直結する農業分野が外国人、それも敵国・中国の出身者で占められるというのは国・社会の存立という観点から見てもかなり危機的である。

 即時、外国人技能実習制度を廃止して農業分野から中国人ほか外国人を排除することもさることながら、各地で過疎化が進む農村を救済し、日本人の農業従事者を増やすべく、農業従事者には公務員(役人)としての地位保障・保全を与えることが肝要ではないか。

 農業従事者への地位保障・保全によって、若年層の農家・農村への回帰を促し、必然、自給率が40%程度にまで低下したとされる食糧品・農産物の生産性向上に繋がってくるのではないか。無論、後継者不足・嫁不足といった問題も改善されてくるはずである。

 明治以前の武家時代まで、日本には「士農工商」と言われる格付けが存在した(その概念は近代以降の後付だが)。戦前・戦後を通じた学校教育では農民は搾取される対象であったとする歴史観がもっぱらだが、決して農家・農村が搾取されるばかりだったわけではない。そのような歴史観はほんの一部分を掻い摘んで喧伝(けんでん)しているのみで、実際の武家時代は農家・農村も含めて豊かであった。

 むしろ、農家・農村が虐げられ始めたのは明治の近代化以降であり、戦後の農地解放政策でそれが決定的なものとなった。

 今こそ「士」とともに「農民」への地位保障・保全を行なう「現代版の士農工商制度」において農家・農村の隆盛そして食糧自給の拡充・発展を行なわなければならない。

 それは激動目まぐるしい国際情勢にあって、日本がいつ「鎖国」してもやっていくことの出来る体制整備である。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★お知らせ

☆4・9 栃木県警巡査(当時)の拳銃使用を支持する次なる「警察官激励」行動!

通り魔による無差別殺傷事件など凶悪犯罪多発時代への提言!

警察官「発砲」裁判・控訴審!(事件番号 平成26年ネ第428号)

4月9日(水曜日)午後2時30分より東京高裁「第809号」法廷にて開廷

※街宣活動の開始時間については追って告知

:関連エントリー 「発砲裁判と高裁への差し戻し
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51927102.html
fbd29897


2ちゃんねる撲滅!

侍蟻「2ちゃんねる討滅」実行!!

他人のやっていることが気になって仕方のない、

ストーカーばかりを増殖させる巨大匿名掲示板!


在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

  
Posted by samuraiari at 12:59このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 

2014年03月27日

なぜ今、中国人排斥なのか?

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★やっぱり、やって良かったナチ・デモ♪

左右両派に見る「150年前」と変わらない日本人のメンタリティ

d
 さる平成26年3月23日に開催した江戸川・西葛西〜葛西デモへの反応は上々であった(以下、外追公式サイトよりご紹介)。
【東京】3/23西葛西デモの周知・遊説活動
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1803185.html
【東京】警察官激励!外国人犯罪撲滅デモ第3弾
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1803186.html
eb
 中国残留孤児2世3世を中心に形成される中国系マフィア怒羅権(ドラゴン)など不良外国人グループの追放を掲げた行進では、ナチ党旗を掲げたことについて賛否両論だったが、たかが30数名が行進した程度、それもナチの旗は3本程度だというのに何をそんなに慌てているのか?

 以下のようなメールも寄せられたのでご紹介しよう。

From: mochida syun pygmyjerboa@msn.com
To: "
samuraiari@gmail.com" <samuraiari@gmail.com>
日付: 2014年3月24日 16:23
件名: ハーケンクロイツを掲げる事について。
送信元: msn.
com

ハーケンクロイツは日本の右翼とは関係ない!

日本を貶めるだけだから、使うのを辞めてくれ!

日本の右翼が世界最悪という印象付けなの?

本当の右翼だったら、絶対に止めてくれ!

通りすがりの日本人の保守派より

以上

 日本を貶めるとか、保守運動のイメージを悪くするなどと言うが、たかが30数名が行進した程度で崩れるようなものなら、いっそ崩れてしまえば良い。そもそも右翼とか左翼といった概念にも固執していないが。

以下、拙ブログの過去エントリーに寄せられた3/23デモに関するコメントを未承認のものも含めて紹介

投稿記事:警察官激励デモとナチ党旗
投稿者名:あ
投稿日時:2014-03-23 09:43:31

ハーケンクロイツで激励される警察官は嬉しいのだろうか?励みになるのだろうか?
どう思いますか?
当の警察官は、誉め殺しだと感じるのでは?
とにかく、近所なので今日はデモを見に行きます。

投稿記事:警察官激励デモとナチ党旗
投稿者名:名無しのトゥミコロクル
投稿日時:2014-03-24 09:03:32
投稿IP:125.53.34.196

アーリア人でもないのにナチのシンパになるとか頭大丈夫ですか?

投稿記事:警察官激励デモとナチ党旗
投稿者名:英霊
投稿日時:2014-03-23 17:31:10
投稿IP:182.249.242.7

強ければいいなら、アメリカ国旗と支那の国旗を掲げよ。

あなたの理屈は支離滅裂。

趣味の範囲から逸脱するな。

ナチスはアメリカにも応援され、結局負けて世界で
疫病神扱いされている。

そんな縁起の悪いものを掲げるなんて あなたは日本を嫌いなのか?

もう誰もあなたのことを信用しなくなるだろう。まるでカルト信者だ。

保守と名乗るな。会津藩の英霊も怒っているよ。

投稿記事:3/23の葛西決戦へ向け!
投稿者名:アホかこいつ?
投稿日時:2014-03-26 02:21:29
投稿IP:113.144.20.67

対ソ開戦に踏み切らなかった? それを問題にするなら同盟国でありながら事前に相談無く対ソ開戦に踏み切ったナチスの所業こそ非難されるべきではありませんか?

以上

 最後の対ソ開戦についての意見に反駁しておくと、そもそも日独同盟というのは「反共」を前提として締結されたはずである。その同盟の理念から言うと、むしろナチス・ドイツこそが先陣を切って対共産主義の戦いに乗り出したものであり、同盟の理念に反したのは日本のほうである。バカかコイツは?

 まして第2次大戦前の日本の場合、中国大陸や朝鮮、満州において旧ソ連と国境を接する「当事者」だったのである。しかも、戦前日本は中国大陸に大規模な軍部隊まで進出させていた(当時の大陸への進出政策について筆者自身は肯定的には捉えていないが)。
 ナチ党旗という縁起の悪い(?)ものを掲げた以上は「保守を名乗るな」とするコメントもあったが、最初から保守派だとは自認していない。そのことは繰り返し述べてきたはずである。

img_7
 次のデモでは「葵の御紋」や「会津藩の旗」とともにナチ党旗を掲げた「夢のコラボ」でもやろうか? 日本の武家政権とナチによる「時空を超えた同盟」…のように。

 アーリア人でないことを理由にナチのシンパであることを非難する向きもあるが、それこそナチと同盟を組んだ戦前日本の国策こそ全否定してみてはどうだろうか?

 ナチ党旗を掲げた警察官激励のデモは却って誉め殺しになるのでは?…との向きもあったが、警察がどう感じるかなどは然したる問題ではない。

 むしろ警察を弱体化せしめる一方の自民党政権の信奉者による警察官激励こそ誉め殺し以外の何ものでもない。

☆13億人の1割が来ただけで…

1億3千万人の日本人は何処へ行けば良いのか!?

 ナチ党旗については思想信条の自由…といった問題以前に、これはミリタリー・ショップなどで一般的に市販されている物である。非売品を用いたわけでもない。1930年代、40年代に実際にドイツで使われていた旗のレプリカだ。

 凶器としても使える物ではあるまいし、ナチ党旗を持った行進が問題だと言うなら、それ以前にナチ党旗を制作・販売しているメーカーに対して先ず文句を言うべきだろう。

 一般的にナチ・ファンは少なくないというのに、その潜在的なナチ・ファンが表立って出て来れば文句を言う…。

z デモ当日、妨害・偵察に現れたカウンター勢力の左翼もそうだが、右派・保守派もどうでも良いことに文句を言っている。

 反面、西葛西〜葛西周辺には中国残留孤児2世3世を中心とするマフィア組織が出来てきたことは左派も右派も、誰も問題視してこなかった。それが今日までの散々な状況を野放しにしてきたのではなかったか?

 その西葛西〜葛西周辺では中国人に続いてインド人も密集し、定住・永住化し始めている。そのことについては保守派の誰も問題視しない。

 反面、たかが30数名のデモでナチ党旗が掲げられたことばかりを喧(かまびす)しく議論して問題視する…。

 左派はナチ党旗がレイシズム(人種差別)の象徴だとして非難し、保守派は日本のイメージを貶すとして非難…。

 どうでも良いことを喧しく議論して問題視し、表立って非難しては異民族の侵出という一番肝心な問題を野放しにしているのが保守派なる売国奴勢力なのである。

 旗、Flag(フラッグ)などは布きれで出来た一種のシンボル・マークである。

 その旗に恐れ戦(おのの)く様は150年前と変わらない。

 戊辰戦争の最中、戦場で掲げられた錦の御旗の前に幕府軍勢は挙って退却。薩長など明治維新勢力が官軍などと称する雌雄が決してしまった。

 戦争は先制攻撃を放った者勝ち、言った者勝ち。「何をニセ官軍どもが! 我らこそが真(まこと)の尊皇攘夷だ!」と言って幕府軍が総反撃すれば良かったのだが、あの、たかが旗で現在に至るまで、その趨勢(すうせい)が決まってしまった。

 たかが旗を掲げて官軍、たかが旗にひれ伏す、たかが旗に恐れ戦く。

 この150年前と変わらない日本人の性質をどこかで打ち破らなくてはならない。天子(天皇)に弓を引く「逆賊」との汚名を恐れて官軍が掲げた錦の御旗に慌てふためいた旧幕軍、ナチ肯定のレッテルを恐れてハーケンクロイツをタブーとする現代日本人…。

 この性質は見事に共通するもので日本人とは斯く在るべし、保守派とは…愛国者とは…といった具合に既存のイメージを固守することに囚われた時点で負けなのだ。

 総じて右派・保守陣営には「移民反対」という大まかながらも共通認識があるはずだ。それは日本人のコンセンサス(総意)と言えるかも知れない。

 中でも中国が最も日本に人口を送り込んでいる敵国ということは言うまでもない。中国人や朝鮮人が在日外国人問題の中でも優先順位が最も高いということも。

 日々在日中国人社会が拡大し続けていることなど、保守層ならずとも誰もが分かり切っている。

 では、その中国人を排斥するため、新たにやって来ようとする中国人ほか外国人移民をどうやって阻止するか?

 そのための方法として採り得るべき可能な手段は、可能な限り、採っていくしかない。

 デモでナチの旗を用いたとか、ナチ党歌を流したとか、どうでも良い次元の話である。問うべき問題は在日中国人ほか在日外国人の存在をどうするか、ということだろう。

 それをすることなく、肝心なことで誰も騒がず、ナチ党旗が掲げられた他人のデモにケチをつけている暇があるなら、国旗・日の丸を数百万本くらい立てたデモを開催するための努力でもしてみてはどうか?

 確かに、これが一昔前、あるいは20年くらい前なら状況は違っていただろう。「それ見たことか」「世間から反感と不信を買っただけだ」と忽ち社会からの抹殺という憂き目を見ることに終始していた。
 翻って現在は世間様からの反感・不信もあるにせよ、ナチ党旗への支持・賛同は別として、在日中国人ほか在日外国人問題を浮き彫りにしたことには成功したと自負するものである。

 欧州では移民排斥を掲げる極右政党・国民戦線が全国統一地方選で勝利。世界各地で中国人移民の暴動と警官隊との衝突が頻発。今や中国人排斥は世界共通の常識となっているが、日本人も表向きはともかく、そろそろ、この国際社会の「良い部分」にこそ倣わなくてはならない。一昔前ならナチに倣って憲法改正の手順を云々した副総理・麻生太郎などとうに吊し上げに遭っていたと思うが、多人種・多民族が共生するという今までの常識とは正反対の状況を渇望すれば必然、ナチ的世界観に立ち返らざるを得ない。口にしないまでも、どこの国でも薄々とそれを認識し始めている。それが現在の国際社会である。

 単に国際社会に倣ってというのみではない。中国人による犯罪発生率が高く、こと日本にとっては安全保障上の脅威であることは勿論。
 実際に迷惑で、脅威であるなら尚のこと、在日中国人社会そのものから排除しなければならない。

 保守からして、その肝心なことを何も議論していない体たらくなのだから、支持政党である自民党が移民の受け入れや外国人労働者の受け入れ拡大と言い出すのは当たり前。

 そのため、現状の保守運動とはほど遠い形で中国人排斥を主張する、ただ、それだけなのだ。

 ナチ党旗がどうとか…どうでも良いことに汲々とする運動と人生に終始したくはない。
c

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

以下、過去エントリーのコメントへのご返信

投稿記事:排外主義orヘイトを愉しめ♪ 
投稿者名:平野 俊一
投稿日時:2014-03-26 01:47:52

日本社会をよくしようと考えるならば、競争力のない既得権益によって高い収入と雇用又は社会的地位を得ている層を、各個撃破していく以外ないのでは?

日本の国力が停滞しているのは、外国人の流入が本質的な問題ではなく、日本社会の構造が既得権益の層の固定化によって活力を失い、リスクをとらずいかに既得権益の中に潜り込んで楽をしたいかを競っていることに原因があると思います。

あなたの日本に対する熱心なお気持ちは文面から伝わりますが、日本を好きで日本の社会を良くしたいならば、日本を何処を直せばよくなるか議論してみてはいかがでしょうか?

以上

その「既得権益」は外国と結託すること、外国人を受け入れることで成り立ち、さらに外国人の受け入れを拡大させようとしています。だからこそ特定国との国交断絶をはじめ、外国人の排除を主張しているのです。

以下、前々エントリーに寄せられたご意見

投稿記事:中国残留孤児子孫と犯罪
投稿者名:自民にも騙された
投稿日時:2014-03-26 20:59:12

米国でも、死傷者が出る大型バスの事故のニュースがありますが、やはり決まって運転手は、中国人です。米国では顔写真と名前が出ます。

移民政策の道具に使われる東京五輪なんか返上したほうがいい
東京五輪が全く楽しみでなくなりました。
移民ありきの五輪なんか、やめてしまえという気持ちでいっぱいです。

自民党が 外国人労働者増へ提言案!! 
http://blogs.yahoo.co.jp/rose_reiner_widerspruch/MYBLOG/yblog.html

以上

アメリカでも中国人移民への排斥機運は高まっているでしょう。
そうです! 保守・愛国を自認する誰もが浮き立った20年東京五輪ですが、誰もが楽しみでなくなって当然。国威を発揚する前に国威が廃れ、外国人に取って代わられています。東京五輪が近づくにつれ、反五輪即ち外国人受け入れ反対の機運が隆盛することでしょう。

本日、これから(19時から)!

★関連ブログ(在特連)更新情報

3.27 移民反対街宣のお知らせ♪
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11805511945.html
t02200124_0320018012816295030t02200124_0320018012816295028


2ちゃんねる撲滅!

侍蟻「2ちゃんねる討滅」実行!!

『2ちゃんねる』消滅なるネット・ユーザーの期待!

これこそは問われるべき「ネット世論調査」である!


在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

  
Posted by samuraiari at 18:28このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街・中国人追放運動 

2014年03月26日

関越道バス追突事件 第14回(判決)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★希に見る凄惨な交通犇О疊蛤瓠

中国残留孤児2世の元バス運転手に懲役9年6ヵ月の実刑!

PICT0077PICT0004
PICT0149PICT0205
 平成26年3月25日(火曜日)、群馬県の前橋地裁にて「関越道バス追突事件」の第14回目となる公判が開かれた。
 この日は自動車運転過失致死傷罪などに問われた中国残留孤児2世の元バス運転手・河野化山被告(45歳)への判決の言い渡しが行なわれ、高山光明裁判長は懲役9年6ヵ月、罰金200万円(求刑懲役10年、罰金200万円)を言い渡したものである。

 河野被告の罪は追突(自動車運転過失致死傷罪)の他、自分名義のバスを陸援隊所有として虚偽の申請を出し、無許可でバス事業を営んでいたことなど。

 関越道バス追突事件は一昨年4月29日に発生。事件発生から1年余を経た昨年7月23日の初公判以来、14回目での決着となった。
 7月に1回、9月に2回、10月に3回、11月には計5回、12月に1回、そして今年2月に1回の公判(論告求刑、結審)が行なわれ、このほど14回目となる公判で判決の言い渡しとなったものである。

関越道バス追突事件と前橋地裁前の行動カテゴリー
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/cat_50036405.html

 夏の初公判から秋冬を経て、春での一審判決…思い起こせば感慨深い。第14回目となった今回の公判では計6名が抽選に並び、1名が当たって傍聴券を引き当てることが出来た。特に判決となった今回は約400名が抽選券を求めて傍聴に並ぶなど、最も競争率が高かったものだ。

 これまで6〜7名で抽選に並んで全員がハズレになった「全滅」は計3回。14回のうち11回は2〜3名もしくは誰か1名が引き当てていたのだから「チームとしての勝率」は高かったほうか。

 抽選後、『共同通信社』は裁判所の敷地内で抽選に並んだと思しき人たちに茶封筒を手渡していた。おそらく現金が入っているのではないかと思われるが、人気裁判でマスコミが傍聴席を押えようと、「並び屋」を動員するのは知られている。当たって抽選券を引き当てれば何千円、ハズレの場合でも何千円貰えるのか知らないが、マスコミ各社による「ダフ行為」が公然と行なわれていることを看過している裁判所のスタンスも問題ではないか?
img10
 判決を受けて河野被告側が控訴するのかどうかはまだ分からないが、いずれにしても前橋地裁での裁判は今回が最後となった。当日朝、東京より支援者が運転する車で群馬・前橋地裁へと向かったものだが、行きの車中で筆者(有門大輔)はウトウトと眠ってしまった。
 高速道路でハッ!と目が覚めると、そこは関越道…しかも、あの防音壁への凄惨な追突事件が起きた現場のすぐ手前ではないか…! 

 やはり何かある…! そう決意を新たにしながら当日の地裁前での街宣活動と裁判傍聴に臨んだものである。

☆遺族の怒りと検察側による全面勝利!

主文、被告人を懲役9年6ヵ月。罰金200万円に処す

 9年…と聞いた瞬間に懲役9年かと思ったら求刑懲役の10年に限りなく近い懲役9年6ヵ月。罰金は求刑通り。
 正直、裁判結果は求刑をやや下回る懲役8年くらいかと予想していただけに、9年6ヵ月は意外だった(ただし未決勾留期間の400日は既に刑を終えたものとして算入されるという)。

 7人が死亡、38人が重軽傷を負わされ、多くの方が一生にわたる障害を負わされた事件…。

 被害者・遺族としては出来ることなら死刑を!…と叫びたいところだろうが(筆者としても思いは同じ)、現行法で定める刑の範囲内という意味においては最高刑の求刑がなされ、最長の実刑判決が言い渡されたと言えるのではないか。

 被害者・遺族側からの意見陳述も行なわれた計14回に及ぶ公判の最中、時に法廷で涙して法廷外に響き渡りそうな怒声を張り上げた遺族らの怒りと悲しみが河野被告による責任逃れの主張を退けさせたと言えよう。
PICT0279
 午後2時から始まった裁判だったが、被害者参加制度を利用して検察側の後ろに座った約10名のほか、傍聴席の3分の1が遺族らに優先的に割り当てられた。法廷内の被害者・遺族は約30名。これまでの審理では見かけたことのない方もおられた。
 亡くなられた方の遺影も持ち込まれている。この辺り、裁判所側もかなり被害者・遺族に配慮するスタンスが周知徹底されてきたと言えるだろうか。

 傍聴者が全員着席するや河野被告が3人の拘置所看守に連れられて入廷。この日ばかりは3人とも背が高く、体格の大きい看守ばかりだったので、小柄な河野被告がさらに小柄に見えた。
 黒の上下スーツに、やや伸びた短髪という出で立ち。主文の判決が言い渡された後、着席するように言われ、2人の看守に挟まれて判決理由に聴き入る河野被告の表情は、次第に悲壮さを増していった。

☆バスの単独追突としては類例を見ない被害!

 高山裁判長は主文となる判決を下すに至った要旨を述べ始める。

 河野被告が睡眠不足と疲労のまま運転を継続したと断定。「追突を予測出来た」「早期に運転を中止させるべきところを、注意義務を怠った過失」を認定したものである。

 まず、判決が下された「理由の要旨」だが、この裁判において追突の事実に争点はない。検察側が「眠気を感じていたのに運転を継続した」とするのに対し、弁護側は「SAS(睡眠時無呼吸症候群)が原因であった」と主張したものだ。つまり、河野被告が追突の直前、眠気を感じていたか否か。

 しかし、河野被告は裁判が始まる前、警察や検察の取り調べの中で眠気を認める供述をしている。それを裁判が始まるや否定し始めたものである。

 では、河野被告の供述に「任意性」はあったのか?

 この辺りについて、高山裁判長は「河野被告が陸援隊でバス運転手を務めるとともに、無許可でバス事業を営んでいた」点に言及。多忙で睡眠不足に陥ったまま、夜間のライナー便の増発号の運転を務めたと断定。

 当初、陸援隊の針生社長から北陸〜東京間の運転を依頼され、結局は断り切れずに運転をしている。

 会社側が用立てたホテルにチェックインした後も、ホテルを出た後にバスの後部座席で仮眠しようとしながらも、河野被告が相次ぐ携帯の呼び出し音で、満足な睡眠をとれなかったとした。

 事件直前、バスのスピードは短時間の間に時速60キロ〜100キロで推移しており、タコグラフを見た専門家は、その変化を「激しい」としていたものである。

 この専門家は河野被告と利害関係などはなく、高山裁判長も「信頼に足る証言である」とした。

 にも関わらず、河野被告サイドは審理中、「(河野被告が)一定の速度で走る訓練を受けていない」「カーナビを操作したため、足がアクセルから離れた」…などと主張していた。

 絶対に罪を認めない「中国人」らしいメチャクチャな主張である。

 河野被告は警察や検察での捜査段階より『突然、眠ってしまった』と供述していた」「『疲れは感じていたが、眠気はなかった』とする供述を認めてくれなかった」と主張しているが、高山裁判長は捜査状況の精査や、起訴後の河野被告への調書において「眠気はなかった」という記載が無かったことに着目。

 出廷した警察の捜査関係者や検察官の証言は信用に足るもので、「誤導はなかった」と判断。

 実況見分を行なった警察車両のビデオカメラについても言及。音声こそ雑であったが、そこに写っている限りにおいて、「被告人に対して任意性を無くすような誤導はない」「任意で眠気を感じた旨を主張していたと認定出来る」とした。
 河野被告は実況見分において「道幅が広くなった時に眠くなった」と具体的に述べるなどしている。

 乗客がサービスエリアでハンドルに突っ伏している河野被告を目撃したとしているが、これが河野被告が眠気を実感していたことの何よりの証拠だろう。

 SASについても、第5回公判で弁護側の要請により出廷した大学教授の専門家は、飽くまでも医学的見解としてSASには慢性的な寝不足から日中、突如として眠気を感じることなく居眠りに陥ることがあると証言したが、被告の主張を裏付けたり、補強するものではなかった。

被告人の主張は信用出来ず、被告人は仮睡状態に陥る前に眠気を感じていた

 そのように断じた高山裁判長は、河野被告が眠気を感じながら漫然と運転を続け、乗客45名を乗せて走行したのであるから、誰よりも安全を期さなければならない河野被告によって甚大な被害が及んだと説明。「パーキングエリア(PA)やサービスエリア(SA)があったのだから、適切な対応はとれたはず。プロ・ドライバーとして許されない、非常識極まりない」と断罪した。

 慢性的な睡眠不足のまま、針生・陸援隊社長への恩義を優先させた河野被告は追突を予測出来たはずであり、針生社長にも責任はあるが、河野被告の罪を軽減させるべき事由にはならない。

 ガードレールやコンクリート壁など、高速道路上の設置物についても「落ち度はなく、被害を拡大させた責任に転嫁することは出来ない」と指摘。

38名の乗客それぞれに障害を負わせ、肉体的・精神的な被害は重大。一瞬にして生命を奪われた人々、顔や身体に傷が残り、将来への希望を絶たれた人、それぞれの人生に与えた影響は大きく、家族を失った人々の悲しみは余人には想像もつかない。被害者・遺族の厳しい処罰感情は当然。
 被告人の保険金で賠償の見込みがあることや、被告人に前科がないことを考慮しても主文の判決は当然
」(高山裁判長)

 以上で裁判は終了したが、事は河野被告一人を厳しく処罰して片付けられる問題ではない。バスの追突事件・事故は全国レベルで頻発している。こと関越道バス追突以降は運転手の2人乗務制が義務づけられ、ただでさえ慢性的な人手不足のバス業界はさらに人手不足で今後、追突事件・事故は多発するものと思われる。

 それだけではない。河野被告のように国籍こそ日本であっても「実質中国人」のような帰化人運転手はバスの他、各交通機関に進出しているものと考えられ、プロ・ドライバーにあるまじき事態の頻発も憂慮されるだろう。

 国による欠陥だらけの歪な制度改革とともに、これら実質外国人に免許証を与えたばかりか、人命に関わる交通に携わらせた国の責任を、どこかで厳しく追及しなければならない。

 閉廷後、涙顔の河野被告が退廷した後、約30名の被害者・遺族も退廷。退廷の間際、遺族の一人ひとりが法廷に対して一礼していたのが印象に残った。

clip_image001
【関越道バス追突事件で亡くなられた方々】
ハセガワ・マヤさん(当時23歳 女性)
ミヤシタ・サチさん(当時19歳 女性)
ヤマセ・ナオミさん(当時44歳 女性)
ハヤシ・イクコさん(当時49歳 女性)
マツモト・チカコさん(当時29歳 女性)
イワガミ・クルミさん(当時17歳 女性)
キザワ・マサヒロさん(当時50歳 男性)

☆御礼

最後に、前橋地裁前での活動を継続出来たのは群馬県及び栃木県、そして埼玉県・東京都の有志らのご協力のお陰であり、この場を借りて篤く御礼申し上げたい。
PICT0174PICT0093
PICT0025PICT0059

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

以下、引用ニュースより

高速バス、過労運転防止策進むも後絶たぬ事故
産経新聞 3月25日(火)20時0分配信
 関越道ツアーバス事故を受け、国土交通省は過労運転防止に向け制度の見直しを進めてきた。
 国交省は、運転手の負担を軽減するため、平成24年7月から夜間運転を対象に、運転手1人当たりの走行距離の上限を670キロから400キロに下げ、上回る場合は運転手の交代を義務付けた。これにより、東京−大阪駅間(516キロ)などで運転手2人態勢が取られることになった。
 高速バスの事業形態の再編にも着手。以前は、決まった路線を運行する乗り合いバスと、旅行会社などが貸し切りバス事業者に運行を委託するツアーバスの2種類があったが、運行の責任主体などが曖昧となった関越道の事故を踏まえ、ツアーバスの業態を廃止、新たな乗り合いバス事業に一本化することを決めた。
 しかし、今月3日に富山県の北陸道小矢部川サービスエリア(SA)で宮城交通の夜行バスが大型トラックに衝突、計2人が死亡するなど、高速バスの事故は後を絶たない。

以上

 長距離のツアーバスの業態を廃止。限られた区間を走るバス路線が乗り入れる業態へと変化する兆しだろう。車社会と言えども、人が安易且つ安価で、短時間に長距離を移動する時代ではないのかも知れない。元より自動車の氾濫は外国人移民・労働者導入の口実にされるのみで、少子高齢化と人口減少、若年層の車離れが進む日本社会で今以上に車を氾濫させる必要性も少なくなってきている。
 マイカーを使った長距離の通勤や国内外からの観光促進など、これまでの「統一的な日本」という国・社会の形まで変貌することを余儀なくされているのかも知れない。かつて日本もいくつもの国に分かれていたように。


★関連ブログ(在特連)更新情報!

BjYtS-wCYAAC1a2
3/23江戸川デモ動画集のご紹介!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11803966931.html
smile20140323185227

在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

  
Posted by samuraiari at 03:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 関越道バス追突事件と前橋地裁前の行動 

2014年03月24日

中国残留孤児子孫と犯罪

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★いよいよ、判決!!

中国残留孤児2世の運転手による「関越道バス追突」!!

※前回と前々回の告知に誤りがありましたので訂正してお知らせします

☆前橋地裁前 街宣! 3・25 IN群馬県
仮病演出裁判弾劾・河野化山糾弾行動!

残留孤児2世運転手への厳罰と国の責任を問う!!

7名死亡、38名が重軽傷の関越道バス追突事件!!
SAS患者と主張する者に運転免許証を与え、中国残留孤児の子弟に国籍を与えた社会の大罪!
f29d3d97
日時:平成26年3月25日(火曜日)午後1時30分頃 集合・開始(予定)
場所:前橋地裁前 アクセス
主催:NPO法人外国人犯罪追放運動 外国人犯罪撲滅協議会
(連絡:有門大輔 090−4439−6570)

審理時間 14:00開廷


傍聴券交付情報

裁判所名  前橋地方裁判所  刑事第1部
日時・場所  2014年03月25日 午後1時15分 道交待合室(本館1階)
事件名  自動車運転過失致死傷,道路運送法違反,電磁的公正証書原本不実記録・同供用 平成24年(わ)第237号等

備考  午後零時45分から午後1時15分までの間に上記集合場所に来られた方にリストバンド型傍聴整理券を交付し,交付終了後速やかに抽選を行います。当選者に対し,午後1時45分までの間に,上記集合場所において傍聴券を交付します。開廷時刻は午後2時です。なお,傍聴希望者が少ない場合は,抽選を行わないこともあります。


★動画ご紹介! 外国人犯罪撲滅デモ 3/23江戸川・西葛西〜葛西

冒頭にご紹介した関越道バス追突事件につきましては後に詳述します。
PICT6182
中国残留孤児子孫の犯罪」に関連して、中国系マフィア怒羅権(ドラゴン)の撲滅を主張した「3/23江戸川・西葛西〜葛西デモ」の動画をご紹介します。

あらゆる意味で大変リスクの伴うデモ行進でした。
集会・行進の内実はともかく、関係者より開始前から開始後に至るまで無事に終了するよう、ご心配頂きました。また、当日、家庭や仕事の関係で最近は疎遠になっていた外追(NPO法人 外国人犯罪追放運動)の役員から激励の電話を頂いたものです。
少数精鋭」でのデモ行進となりましたが、開催した意義はあったと確信しています。一般市民による暴力団追放デモは数限りなくあれど、異民族・外国人による犯罪集団という観点からの追及は皆無でした。外国系マフィア追放という「道理」を真に志のある同志らと共に貫き通せたと自負しています。

★三つ巴の騒乱バトル!!

多摩川ボート(溝上邦明)によるカウンター(妨害)!

あぶり出して表面化させた「陣営内」に巣食う「敵」の正体!

【第3弾】警察官激励!外国人犯罪撲滅デモ デモ前2014/3/23
http://www.youtube.com/watch?v=KLfDpyNMZkU

【第3弾】警察官激励!外国人犯罪撲滅デモ2014/3/23
http://www.youtube.com/watch?v=KZFd64Ic0lU

(撮影者:Boljoaさん)


★同志らのお焚き上げ!

3/23葛西デモの終了後、『護国志士の会』の高木脩平代表ら旧・日友会関係者の一行は江戸川区内の河原へと赴き、名刺やTシャツなど旧日友会時代のグッズをお焚き上げして一斉処分。過去に決別を告げ、同志らと共に、新たな闘争への決意を誓い合ったという。
BjbM4VLCYAAysAm
高木代表は「綺麗に燃え尽き、忌まわしき過去に別れを告げました。僕のかつての名刺も天に登っていきました。この後、共に立ち会った同志と記念撮影し、今後の結束の誓いを新たにしました」とのコメントを残している。
なお、旧・日友会の元代表はネット上にて、私ども『外撲協(外国人犯罪撲滅協議会)』デモ参加者を動画で晒して反日認定するなどの所業に及んでおり、こうした心ない言動にいずれ相応の「落とし前」をつけてもらわねばなるまい。最近、ネットなど表立ったところから姿を消し、運動からも身を引いたと伝えられているが、そんなものは向こうの都合に過ぎず、当該の者に「時効」など無いことを宣告しておく。

★関越道バス追突事件 判決 3/25 IN前橋地裁

求刑通り(懲役10年)の判決が当然!

バス運行から観光振興政策と国の在り方まで見直すよう国の責任を問え!
140322_1242~010001
 春の行楽シーズン。
 全国各地で大型バスの追突事件・事故が頻発している。
 3月初旬、北陸自動車道の小矢部川サービスエリア(SA)では宮城交通(仙台市)の小幡和也運転手(37歳)が運転するバスがトラックに衝突。小幡運転手と乗客の男性(48歳)の2名が死亡、ほか24名が重軽傷を負うという凄惨な被害となった。

 その他、全国各地でバスが路肩に乗り上げたとか、同様のバス事故が頻発している。

こうなった原因について、拙ブログ過去エントリー「国と労働市場での国際競争にNO!」のコメント欄で指摘してくれた方がいた。

以下、ご紹介!

関越自動車道の事故以来、1人で運行
できたツアーも2人乗務が必要になり、
規制強化で人手不足は慢性化している
状態にあるようですが、石川のバス事故は
公明党の大田国土交通大臣の独善的な
欠陥のある制度改革がもたらした人災
なのではないでしょうか。国土交通省の
管轄する各種事業で人手不足が演出されて
外国人労働者を日本に送り込もうと
している動きが見られますが、石川の
バス事故を追及して、公明党を内閣から
追放するようにするべきだと思います。

珍しくない13連勤 石川のバス運転手、人手不足が慢性化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140306-00108338-hokkoku-l17
Posted by 海神力 at 2014年03月09日 12:16

以上

2 北陸自動車道での追突で死亡した小幡運転手も11日間連続の勤務の末の事故であったという。労働基準法では7日間に1回の休日が義務付けられているが、バス運転手の場合は厚労相の告示により、2週間に1度の休日出勤が認められているところが曲者(くせもの)。実際はそれ以上かも知れないが、最大で13日間続けて働かされることが常態化しているという。特に春秋の行楽シーズンにおいては。

 バス業界は慢性的な人手不足が伝えられる。募集に対する応募も少ない。最多の運転手を抱えるバス会社でも時間外の勤務が度々発生しているという。

 加えて関越道バス追突事件の影響である。あの追突以来、ツアー・バス運行では2人乗務制となった。

 この2人乗務の義務づけこそは関越道バス追突を受けて国が早急に乗り出した対策と言えるだろうか。

 しかし、単純に考えて、これまで1人の運転手で担っていた1台のバスを2人がかりで1台のバスを担うように義務づけられたようなもので、実際には対策…どころか逆に深刻な人手不足をさらに深刻な人手不足にさせる結果となっている。

 国としてもバス業界としても、外国人運転手を大量導入してでも人員を潤わせたいのが本心ではないか。車の運転という「単純作業」なら外国人でも何でも構わない…そんな本心と悲鳴が透けて見えてきそうである。

yjimageCA9EOAD4 関越道バス追突を引き起こした元運転手・河野化山(こうの かざん)被告は中国残留孤児2世であったが、この辺り、日本人でも取得が困難な大型2種免許に河野被告がパスした背景が見えてきそうではないか。

 河野被告こそはバス追突によって45名の乗客を死傷させ、2人乗務の義務づけによる慢性的な人手不足をさらに深刻化させた張本人だと言えよう。

 断言して今後、特に長距離のバス・ツアーで追突などの事件・事故は多発する。増えることはあっても減ることはない。国土交通相の拙速な制度改革がもたらした「人災」との見方も出来よう。外国人運転手など導入されようものなら、その頻度はさらに高まることだろう。車の運転はその人となりが如実に表れると同時に、民族性や国民性にも大きく直結する。特に車に関する重大事件・事故が日本以上に頻発している中国からの運転手導入となれば…。

 花見の季節、各地が行楽客で賑わうのは大いに結構だが、ひたすらバスを利用することになる国内外からの観光促進を煽ることが果たして、必ずしも善だと言い切れるだろうか。特に大量の観光客を送り込んでくる中国はじめ外国からの観光客など必要ない。

 余談ながら、こうした外国人観光客に対して、昨今の日本で「ヘイトスピーチ」と称される愛国市民デモへの警戒を各国大使館が呼びかける向きもあるようだが、こうした外国人観光客の意向に左右されて日本人愛国者の意見が妨げられるようなことがあってはならない。だいたい外国人観光客など入れ替わり立ち替わり、たまにしか日本に来ないのだから日本で日本人が行なっているデモ行進に四の五の口出しするなという話だろう。

 過多の外国人観光客に日本人の民意(愛国市民デモ)が配慮することを余儀なくされるとしたら、外国人観光客の存在というのは「スパイ」「工作員」の類でしかない。断言して外国人観光客など1人として存在しない。来ているのは外国人スパイ、外国人工作員のみである。バス・ツアーのみならず、観光行政そのものから抜本的な見直しが必要とされるだろう。

 バス・ツアーの話に戻ると、由々しき事態は数々のバス追突が関越道バス追突事件と同様、SASと呼ばれる「睡眠時無呼吸症候群」として一律に片付けられる傾向にあることである。

 だが、この症状は文字通り睡眠時の呼吸障害を指すものであって、眠気などは本来的な症状ではない。単なる疲労の蓄積と寝不足などの体調不良が相次ぐバス追突事件・事故の主要因である。

 疲れているから居眠り運転になって追突に繋がる。特効薬は体調管理を万全に出来るように休ませること以外にない。そのためには馬車馬の如く運転手とバスをフル稼働させている主要因(現行の観光促進政策)から見直さなければならない。

 全てのバス追突を一律に睡眠時何とやら…に結びつけることは、要するに運転手への精密検査を義務づけることで医療費の増大を狙った利権が背景にあったり、また、症状を緩和させるための医療機器を販売するための利権が絡んでいるとしか思えないのだ。

 これらのことは相次ぐバス追突事件・事故の根本的な解決にはならない。

 全ての発端は河野被告による関越道バス追突から。
 乗客7名を死亡させ、38名に重軽傷を負わせ、生涯にわたる障害を負わせた河野被告には検察の求刑通り懲役10年の判決が下されて然るべきだろう。

 しかし、河野被告一人を厳しく処罰しても事態の根本的な解決には至らない。

 バス・ツアーの運行システムから観光振興政策ひいては国の在り方まで問われるべき問題…。
 やはり、中国残留孤児2世という「実質的な中国人」がバス運転という人命に関わる重責を背負うことを易々と認めた「国の責任」は、遺族らによる国家賠償請求訴訟において問われるべきだろう。
20120429-479676-1-Lhqdefault
関越道も北陸自動車道も全ては、

あんな奴に運転させ、

あんな運行システムを強いた、

国(国土交通省)が悪い!!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

その他、中国残留孤児子孫による凶悪犯罪としては、『在特会』のデモ参加者を中国残留孤児3世の進藤同昇(当時17歳)が催涙スプレーで襲撃した傷害事件が記憶に生々しい(10年)。
681e3447b6f35bae
あの残留孤児少年による襲撃こそは在特デモへのカウンター(妨害)の元祖で、これ以降、カウンターの反日勢力は「先に手を出させて訴える」という手法で数年後に本格・再登場した。


2ちゃんねる撲滅!

侍蟻「2ちゃんねる討滅」実行!!

急増する2ちゃんねる嫌い!

閲覧・利用している者でもやめるにやめられない、

重大なる中毒性からの救済は2chの閉鎖以外にない!


在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

  
Posted by samuraiari at 21:43このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 抗議・街宣 | 池袋中華街・中国人追放運動

3/23排外行進のご報告!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★愛国市民デモVS外国人マフィア

3/23江戸川・西葛西〜葛西デモ行進

多摩川ボート(溝上邦明)が「カウンター(妨害勢力)」として出現!!

140323_1203~010001
 平成26年3月23日(日曜日)、私ども『外国人犯罪撲滅協議会』は東京・江戸川区西葛西〜葛西において第3回目となる「警察官激励!外国人犯罪撲滅デモ行進」を開催した。

 とりわけ今回は江戸川区葛西周辺を発祥の地とするチャイニーズ・マフィア怒羅権(ドラゴン)ほか外国人犯罪組織の撲滅を主張したものであり、同時に在日中国人の増加及び在日中国人社会の拡大に警鐘を鳴らしたものである。
 在日中国人社会の肥大化が即ち中国系マフィアの肥大化をもたらしたものであるとして。

 今回のデモ開催にあたり、共催団体『チーム悪即斬』(荒巻丈代表)と『護国志士の会』(高木脩平代表)、それ以外では『東京青少年の会』の冨成一秋会長、個人参加ながら『在特会』東京支部運営の方、そして撮影班、一般参加の方々より多大なご協力を頂いたことに篤く御礼申し上げたい。

 デモ行進の開催に際しては方々からご批判を受けた「ナチ党旗」ですが、それに端を発し、かつて在特会や『主権回復を目指す会』『日韓断交共闘委』などで行動を共にした間柄である多摩川ボート(本名:溝上邦明が運動史上初、カウンター(妨害勢力)としてデモ現場に出現するなどの奇行も見られた。

 多摩川こと溝上による公園周辺での拡声器を用いたカウンターは警戒中の警察官に排除されるや、また別の場所に出没して集会の半ば(12時過ぎ)まで続いたが、デモ自体は滞りなく出発・進行そして終了した。

 西葛西駅の周辺から葛西駅の周辺に至るまで、「中国系マフィアを叩き出せ!」「中国人移民を認めるな!」として江戸川区内を行進したものである。

140323_1240~010001
画像:今回のデモ行進に対しては5〜6人のカウンターが出没
開始前より約30名のデモ隊と激しい罵声の応酬が公園周辺で繰り広げられた
デモ集会とバトルの様子を江戸川区民にも見聞きしてもらえて良かったと思う
140323_1249~010001
こちらも手弁当で駆けつけた日本人愛国者の集まりだったが、日当は「0円だよ!」と答えたカウンター勢もまた手弁当で駆けつけた純粋な反レイシズム(?)だったのかも知れない(つまり日頃のデモ妨害に来ているカウンター勢の面々はカネが貰えるから出動しているに過ぎない単なる食い詰め者?)
140323_1250~030001
 日本国内を飛び越え、海外でもバッシング対象となったナチ党旗と「外国人マフィア」を追放対象としてデモ行進、今までにない都心から遠く離れた開催地…これが今回の動員数を低迷させた主要因であると思われるが、こと今回に関しては敢えてナチ党旗にこだわった意義を強調しておきたい。

287ea8ce あれは平成時代の初期、東京・上野や代々木公園に不法滞在イラン人が屯(たむろ)して都民の寛(くつろ)ぎの場を不法占拠した時のこと。

 現在、ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰はナチ党旗を掲げた街宣車で繰り出し、イラン人との全面衝突に乗り出す。また、鉤十字が描かれたビラを都内各所に数万枚貼り出した。
 こうしたセンセーショナルな行動が偏向マスコミの関心を呼ぶところとなり、人種差別主義者(レイシスト)のレッテルが貼られた。

 事態を憂慮した東京都は遂に工事名目で公園の一時閉鎖を決定。これにより大量のイラン人を公園から締め出すことに成功したのである。

 こうした結果をもたらしたのも、悪しき者らを排除するためには誰かが「悪名を甘受」した行動である。

 まして今や暴力団をも凌ぐ勢いで跳梁跋扈する中国系ほか外国人マフィアの追放を主張するのに、たかがナチの旗如きで騒ぎ、その所業を非難することに終始している日本人とはいかにノー天気で安穏としていることか。

 とりわけ右翼民族派にとっては悪名を甘受することが自らの使命であると謳っているように思うが、その民族派の中にも在日中国人社会との共生を、この期に及んでも口にする向きが絶えないことは実に信じ難い。

平成初期の「代々木公園からのイラン人追放騒動」について、ブログ日本よ何処へに掲載されたエントリーと、拙ブログのエントリーならびに一文をご紹介しよう

以下

2013年02月27日 「レイシズム講座(2)
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52944291.html
article-asahi-930407
2009年10月12日 「今、思い起こされる『行動する保守』運動の源流!
 今から16〜17年くらい前のことになるだろうか?

 まだ私なども極右活動に入る以前の話である。

 当時、東京では渋谷の代々木公園や上野公園が不法滞在イラン人らによって半ば占有・占拠されるといった状況を招いた。

 日本とイランの両国間におけるビザ免除措置が招いた不法滞在イラン人の増長によって、東京都内では異様な光景が繰り広げられ、多くの国民が異民族の氾濫に畏怖したのである。

 こうした状況を目の当たりに現在はブログ『日本よ何処へ』を執筆する瀬戸弘幸(当時、『国家社会主義者同盟』副代表)らが都内の至るところに「不良外国人を追放せよ!」「不法滞在イラン人は出て行け」とする、当時としても刺激的なビラをそれこそ数万枚といった数を長期間、広範囲にわたって貼り出した。

 ビラはナチスのマークが描かれた非常に先鋭的なビラだ。

 こういった運動が大々的なマスコミの注目を集め、朝日新聞社などに批判的ながらも取り上げられることとなった。
 必然、いやが上にも都内の公園を占有する大量の不法滞在イラン人問題に対する都民・国民からの不満が一気に噴出する大きな契機となったようだ。

 結果、公園は改修・工事などの名目で一時的に閉鎖されるなど、警察の摘発強化とも重なってイラン人の締め出しが進められたものである。

 現在でも麻薬の密売でその存在が問題視されているが、イラン人の不法就労問題は当時から日本各地で問題となっていただけに非常にセンセーショナルな出来事と言えよう。

以上

 なお、今回のデモ行進の終了に際しては、瀬戸主宰が郷里・福島県で取り組む「農業再生」についても終わりの挨拶で触れさせて頂いた。

 人手・後継者の不足、嫁不足で過疎化が進む各地の農村だが、今やこうした農村に中国人実習生や中国人妻が間隙を突くように続々入り込んでいる。

 少子高齢化と人口減から、何かと労働力不足が指摘される日本だが、こと農業という食糧自給に直結する分野で外国人特に中国人の「侵食」を許しているのは由々しき事態である。

 日本が移民の受け入れにも「NO!」であるとして国際社会からの離反、即ち「事実上の鎖国状態」を維持していこうというからには食糧自給はエネルギー確保に匹敵する死活問題だろう。

 農業従事者を公務員として地位保障する一方、ますます受け入れ拡大の方向にある外国とりわけ中国からの研修生受け入れ制度の廃止などもデモ行進において主張させて頂いた。

 今後、こうした農業、食糧、中国人実習生受け入れ問題にも焦点を移し、次なるデモの企画・実行に取りかかりたい。
※動画は後日ご紹介♪

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

絶賛発売中!!
140323_1225~020001
画像:護国志士の会の高木代表が現地販売した人気極右バンド『ANGERCALL(アンガーコール)』のCD♪
筆者(有門大輔)も初めて購入しました♪
画像
アンガ−

以下、3/23デモ行進における「前口上」と「コール」のご紹介!

外国人犯罪撲滅国民大行進IN江戸川

前口上

(江戸川区の)葛西の皆さん、こんにちは!

我々は外国人犯罪撲滅協議会のデモ隊一行です!

近年の暴力団の構成は、在日朝鮮人などが占めていますが、現在ではチャイーズマフィアの下請けと化しているのが現状です!

現在、覚せい剤および偽装結婚のあっせんなどを牛耳っているのが、チャイニーズマフィア『怒羅権』なのです!

日本の治安を著しく悪化させ、人口侵略により、日本人の生態系を破壊し、このような中国人たちを今すぐ日本から排除いたしましょう!

皆さん、知っていましたか?

何と、日本人学生が学費に苦しむ中、外国人留学生の学費はタダ同然であります!

彼ら中国人留学生が何をしているか!?

日本国籍が欲しくて、偽装結婚、保険金詐欺、強盗、覚せい剤の販売に関与しているのが現実であります!

少子高齢化に苦しむ日本人の子育て支援よりも、人が余って犯罪行為を繰り返す、中国人の子育てを支援して一体どうするのでしょうか!?

日本人は、今まで外国人に対して甘すぎたのではないでしょうか!?

今すぐ外国人犯罪を撲滅するべく、怒羅権の発祥地、葛西より中国人を叩き出しましょう!

現在、チャイナ・タウンのある都心では、日本人が読めない中文の看板があふれ立っていますが、中身は国際結婚や違法風俗などをあっせんする看板ばかりです!

多民族共生なる「移民政策」は、日本民族への民族浄化です!

東京・上野の中華料理店にて、難癖をつけられた日本人客が牛刀(ぎゅうとう)で切りつけられました!

また、日本国籍を取るために中国人妻が保険金詐欺・殺人を引き起こす事件は、頻繁に聞きます!

愛よりカネ、それが中華民族なのです!

愛想が良い中国人を信じてはいけません!

それは毛沢東や蒋介石を見れば明らかです!

チャイニーズ・マフィアの残虐性を見れば明らかです!
現在、過去、未来において明らかなのです!

もし、今、移り住んでくる中国人と、共生しようという方に問い質したい!
あなたが飼っている熱帯魚の水槽に、ピラニアという危険外来種を放てますか!?
そのピラニアが日本に来る中国人なのです!

特定外来種の中国人を叩き出せー!!

【シュプレヒコール】

中国人犯罪組織・怒羅権を叩きつぶせー!!

怒羅権を潰して、覚せい剤を撲滅するぞー!!

怒羅権を潰して、偽装結婚を根絶するぞー!!

怒羅権を潰して、保険金殺人を根絶するぞー!!

警察官は中国人凶悪犯への発砲をためらうなー!!

警察官は中国人凶悪犯を撃ち殺せー!!

警察官の中国人凶悪犯への拳銃使用を支持するぞー!!

警察官の中国人犯罪者への発砲を支持するぞー!!

移民政策を推進する国賊議員をぶっ殺せー!!

中国残留孤児の受け入れ政策を直ちにやめろー!!

怒羅権、追放!

怒羅権、粉砕!

怒羅権、撲滅!

以下、過去エントリー「3/23の葛西決戦へ向け!」に寄せられた反応(未承認、非公開)をご紹介♪

投稿者名:うるさい
投稿日時:2014-03-23 13:48:59
よくわかりませんが西葛西を爆音をたてながら移動するのはやめて頂きたい。
主義主張があるみたいですがボリュームを上げてまわりの気を引く以外のやり方でやってください。
はっきりいってただの気のおかしい集団でしかないの自覚してください

同じく、過去エントリー「3・23葛西デモのお知らせ」より「ダーク破壊部隊ブラジル一同まゆゆ命!さん」のご意見をご紹介!
有門氏、お疲れ様!多摩川には、びっくりしたが、保守団体も仲間割れか?多摩川は、もう、敵ですよ!カウンターがいなかったんで驚いております。ザコが4人位しかいません?怒羅権の奴らも見かけませんでした?葛西駅までの通路も駅内もバカ共の姿なし!俺は、ハーゲンクロイツ、好きですよ!しばき、男、プラカー、のりこねっとやはりこいつらは在日朝鮮人達と、証明されたなー!韓国マフィア叩きだせ!デモだったら、こいつら、カウンターしたかもねー?カウンターがいないデモ久し振りでしたね!皆さんお疲れ様!
Posted by ダーク破壊部隊ブラジル一同まゆゆ命! at 2014年03月23日 23:07

前エントリー「警察官激励デモとナチ党旗」に寄せられた「一日本親爺さん」からの激励文をご紹介♪
有門さん、今晩は。
本日のデモ主催、お疲れ様でした。
デモ実行まで、書き込み、電話等色々あったのですね。

>行動の目的で批判をするならともかく.....

私が重要視しているのはこの点です。
私は本デモの目的に賛同して参加しました。
誤解を承知で書くと、私にとってそれ以外の枝葉はどうでも良かったのです^^
行動する保守運動....当初は年に数回程度の参加でしたが
「在特会」発足と同時期ですから6、7年になりますかね。
振り返って見て気がついた点は:
1、こう言う活動をする人達は皆さん自己主張が強い。
2、声の大きい人の中に自分に甘く他人に厳しい人がいる。
1、は当然としても2、はいただけないですよね。
多摩川某はいただけない例かも知れません。
彼もこの道の先輩達の「自分に甘く他人に厳しい」点を嫌って離れたと聞いていますが、現在の彼のやっていることは先輩達とあまり変らないのでは?
彼の発言は野球場の外野からの野次にしか聞こえません。
私は彼にこう言いたいです!
「だったら、お前がデモ主催をしてみろ!」
「お前が攻撃する相手は向こうだろ!」
多摩川某は大事な点が見えない男に思えます。
彼の主催するデモを一度見て見たいものです。
まあ、彼以外でも彼と比較的近いと言われる声の大きな男達も彼と同様で自分に甘く他人に厳しいので
リアルに活動する若い人達は着いて行かないでしょう。

我々の活動は「時間の掛かる大衆運動」と私は捉えていますが、停滞期に思える現状を打開できるのは有門さんと
桜井誠氏しかいないのかな?と思うこの頃です。
デモへの一般参加者が増えていない現状での内ゲバは何の意味もありません!
世論喚起には逆効果で敵方の思う壺にしかなりません。
堪えるところは堪えて前に進もうと私は考えています。
利敵行為はお断り!
お休みなさい
Posted by 一日本親爺 at 2014年03月24日 00:18

以上

一番最初に紹介した「うるさい」は店の外に出て来て、しかめっ面でデモを見ていた中国人の方ではないかと思います(苦笑)。
まゆゆ命!さん、一日本親爺さん、有り難う御座いました。お疲れ様でした。
ゼロからの建て直しのつもりで飽くなき挑戦を続けます!


在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

  
Posted by samuraiari at 00:50このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 抗議・街宣 | 池袋中華街・中国人追放運動

2014年03月23日

警察官激励デモとナチ党旗

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★いよいよ本日!

【第3弾】警察官激励・外国人犯罪撲滅デモ行進!

〜外国人マフィア組織の追放を目指す国民行動〜
 IN東京・江戸川区(西葛西〜葛西)
5

内外で問題にされているナチ鉤十字(ハーケンクロイツ)の旗は複数本立ちます!

ナチ党歌「旗を高く掲げよ(ホルスト・ヴェッセルの歌)」も流されます!

【開催日時】平成26年3月23日(日曜日)
集合 午前11時45分
集会 午後零時
出発 午後1時(予定)
【場所】総合レクレーション公園『子供の広場』(通称・恐竜公園 =西葛西6丁目=)
地下鉄・東西線「西葛西駅」南口を出て450号線方面へ直進(徒歩3分)右手側
140315_1202~010001
【主催】外国人犯罪撲滅協議会
【現責】有門大輔
【連絡】090−4439−6570
【共催】NPO外国人犯罪追放運動 チーム悪即斬 護国市民隊・志士の会

以上

 今回のデモについては獅子身中の虫がその本性を露わにした。

 『在特会』ほか「行動する保守運動」の参加者なら言わずと知れた輩だが、多摩川ボートこと溝上邦明(53歳)なる者が江戸川区・西葛西〜葛西へのデモでカウンターをかけると公言している。
becb2565
 多摩川こと溝上については今さら説明するまでもないが、これまで在特会ほか『主権回復を目指す会』など各団体に擦り寄っては離反を繰り返している。昨年3月には「行動する保守VSレイシストをしばき隊」の公開討論会(文京シビックセンター)で瀬戸弘幸・ブログ『日本よ何処へ』主宰とともに、こちらサイドとして登壇しているが、その後、原発問題をめぐって離反。かつての同志らを口汚く罵った所業はつとに知られている。

 「本業」のほうはロシアなどを相手に商取引した過去があるようだが、それも今や遠い昔。

有限会社生活舎(文房具メーカー)のサイトより
http://www.a-pen.com/seikatsusha-legal.html

以下、多摩川ボートこと溝上邦明のツイッターより

seikatsusha-m
多摩川−慰安婦問題 @TAMAGAWABOAT ・5 時間
明日3月22日(日)11時半〜西葛西駅南口にて、『ナチスの旗を掲げるデモを許さない』街宣を行う。中国系マフィア追放のデモは容認できるが、公共の場でハーケンクロイツをアクセサリーとして掲げナチスを賛美する行為は、日本の公序良俗に反するとして、参加者にデモ離脱を訴える。主催:多摩川。

以上

 22日は「23日」の誤りである。

 あと数時間後には行なわれる予定だ。

 これが嘘だったとすれば多摩川こと溝上は、やはり口先だけの人騒がせな奴となろう。本当に行なったとすれば行動する保守運動の中から「表立ったカウンターへの転向第1号」となる。

 これまで在特勢力や行動する保守に身を置きながらデモ現場で衝突を繰り返す反日勢力(レイシストをしばき隊=現『C.R.A.C』=や『男組』など)との接触を図り、その本性が見え隠れして分かり難かったが、それが初めて公(おおやけ)の場で明らかになる。初の「快挙」だ。

 だいたいが反日の敵勢力と交わって時に同化しながら、一方で愛国者然と振る舞おうとは虫が良すぎるのではないか?

 これはネット上で双方の勢力と交わりながら「中立」と称したり、より高い次元で物事を判断していると称する「ネット軍師」にも同様のことが言える。

 本題に入ろう。
 多摩川こと溝上のツイートにある「中国系マフィア追放のデモは容認できるが」の部分がミソである。

 「行動の主たる目的」が何なのか? 焦点はそこにあるべきなのに、ナチの旗を用いているとかナチの歌を流したとか、どうでも良いような次元での批判に終始している。

 行動の目的で批判をするならともかく、手段や方法論で批判しているのだから話にならない。結局はナチ云々など口実で、実際はその目的について批判しているのと同義である。それを表立っては出来ないのでナチ云々を格好の口実としたのだろう。

 誰かが「排外主義だ!」と呼びかければ「そうだ!排外主義だ!」と呼応し、また誰かが「除鮮だ!」と呼びかければ「そうだ!除鮮しよう!」、「日韓断交だ!」と呼びかければ「そうだ!日韓断交だ!」と呼応しながら、実際にそれをやろうとすれば忽ち腰砕けになってしまう。挙げ句、非難する側に回る。その典型的なパターンである。

 排外、除鮮(朝鮮勢力の除去)という「なりふり構わぬ闘争」を貫徹しよう!…と決意したばかりなのに、たかが旗を持ち出しただけで忽ち腰砕けに…。
 今からそんなことでこの先、どうやって自分たちが主張して来た朝鮮勢力の排除を実現出来ると言うのだろう?

 ナチの旗をデモ行進に用いることで「国際的な批判を浴びる」とか「日本が悪者にされる」という向きもある。多摩川こと溝上にしても、拙ブログにしてもナチ党旗利用を批判するコメントが繰り返し投稿されているが、どれも同じことの繰り返しで一読一聞に値しない。

一応、非公開(未承認)の批判コメントをご紹介!

投稿記事:3/23の葛西決戦へ向け!
投稿者名:か
投稿日時:2014-03-23 00:49:41

日本の問題なのですからナチスを持ち出す理由がわからない。
日本の人種平等主義に反するとユダヤ人排斥を断じた樋口少将の事をお忘れか。
朝鮮中国憎しで周りが見えてないようですね。
ナチスに頼ることを考えた時点であなた方も売国奴、
民主党菅直人や鳩山や社民党の福島瑞穂、しばき隊やヨシフと同類だ。
以上
回答:売国奴認定でも何でも構いませんが、私としてはナチ賛美は対ソ開戦も然り、ナチと歩調を一にしなかった戦前日本への否定・批判でもあります!
1
 そもそも言論の自由が認められた社会で、公人でもない一介の私人が社会運動のデモ行進で現存しない政権政党の党旗を持ち出すことの、どこに問題があると言うのだ?

 国際的な批判…日本が悪者…大いに結構ではないか!

 私たちの運動体の大まかな共通認識として「移民受け入れへの反対」がある。

 移民反対は即ち、この移民の受け入れが当たり前のこととして受け止められている国際社会からの離反である。

 排外、除鮮、日韓断交に続いて「鎖国しよう!」と呼びかければ「そうだ!鎖国しよう!」と呼応したはずなのに、実際にそのための初歩的な言動に至っただけで忽ち腰砕けの逃げ腰に…。

 ことわざにもある、言うは容易く行なうは何とやら…である。

 国際的な批判にさらされて悪者にされ、孤立するなら国際社会からの離反、鎖国への第一歩。むしろ日本人愛国者として歓待すべき状況ではないか?

 ナチ・デモを中国が日本叩きのプロパガンダに利用する??

 韓国だろうがロシアだろうが、どこの国にでも徹底的に利用してもらえば良い。自分たちが主張して来た国交断絶への第一歩ではないか。

 どんな世界でもそうだが、本物か否か、その信念が偽りのない揺るぎないものであるかを問われる局面というのが必ずやって来る。

 結局はナチ云々を口実に批判を繰り返す者らは変革などを望まず、ひたすら現状維持を望んでは何も変わらない範囲での運動を志向しているに過ぎない。

 現代日本人がナチに倣うべき素晴らしき点。それはナチスが成し得て日本が現体制のままで到底成し得ないことである。

 少子化に喘ぐ現代日本と世界中の先進国だが、ナチスこそは近代国家において飛躍的な人口増加政策に成功した唯一の政権政党である。

 自民党政権下のままで少子化対策だ何だと言ったところで少子高齢化に拍車をかけるのみだ。

 中国人留学生に莫大な奨学金を与える一方で、苦学生を抱える日本の家庭には与えられない…。これでは若年層はますます子供をつくる気にならないだろう。

 東京・江戸川区の14歳以下の人口は約9万5千人。東京都内でもダントツの多さである。しかし、この江戸川区にも西葛西周辺をはじめ、中国人に次いでインド人やフィリピン人の「入植」が相次いでいるという。

 今はまだ若年層の多い江戸川区からお前ら外国人にくれてやる子供手当やら育児補助は無いぞということを主張していかなければならない。

 本物か否かを問われた事例をもう一つ。

俺もナチスやドイツは決して嫌いじゃないんだよ。歴史的にも学ぶべき点はあると思う。…だけども、警察官激励のデモで何故にナチの旗なのかな? …その辺りのスジ(筋)というものが立たないことには…云々

 ヘイト・スピーチが売りの、さる運動家(?)の言葉である。

 さる1月19日の埼玉・西川口〜蕨デモでは特別ゲストとして招聘した方だった(結局来なかったが)。

 ここも半ば腰砕け…。こちらが勝手に招いただけなので先方の都合というのもあるのだろうが、じゃあアンタ何らかの運動体を率いているの?アンタについて来ている若手っている?今から選挙に出て議員になれるか?と訪ねたい。
 失礼を承知で言わせてもらえば、ヘイト・スピーチが唯一の武器である運動家からヘイト・スピーチを外したら、タダの五月蠅(うるさ)いオヤジでしかなくなってしまう。唯一の武器であるヘイトを生かしてヘイトを究極的に追求したパフォーマーになるしかないのではないかと呼びかけもしたが、それもまたその人の生き方なのだろう。

 警察官激励デモにナチ党旗について改めて述べておくと、全ては「強い警察」をイメージしたものである。

 連日、尖閣諸島の周辺や日本領海内に進入した外国船舶(工作船)に対して一発の発砲さえも出来ない。警察官が中国人凶悪犯に発砲して逆に訴えを起こされる御時世である。

 ナチス・ドイツのような強い政権、強い社会であってこそ初めて外敵への発砲も如何なる実力行使も可能となる。

 現在のような自民党政権において強い警察、強い日本社会が生まれてくるはずもない。

 強い社会、強い日本とは自民党政権も主張していれば日本経団連などの財界も主張しているようだが、大量移民を受け入れて強い社会も強い日本もあったものではない。

 日本人のみの国家・社会を形成して発展させてこそ、初めて強い日本社会と言えるのである。

 こと近代国家のままの日本をイメージしてナチはそのモデルとして当てはまる。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

  
Posted by samuraiari at 08:28このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 抗議・街宣 

2014年03月21日

3/23の葛西決戦へ向け!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

『外撲協』『NPO外追』遊説隊 デモ周知活動 3/20 IN江戸川区西葛西

★埼玉・西川口〜蕨のリベンジ!!

34
 平成26年3月20日(木曜日)、『外国人犯罪撲滅協議会』『NPO法人 外国人犯罪追放運動』の遊説隊はPRカーを使い、東京・江戸川区の東西線『西葛西駅』周辺にて、来たる3月23日(日)に同地で予定しているデモ行進の周知活動を行なった。

 その後、「流し街宣」の遊説隊は同じく中国系マフィア怒羅権(ドラゴン)が結成された地域として知られる江東区などを通過。永田町の民主党本部前や自民党本部前を通過して「移民受け入れ反対!」をコール。霞ヶ関の法務省前では法務大臣(谷垣禎一)に対し、130人以上に及ぶ死刑囚への速やかな刑執行を求めてコールしたものである。

【第3弾】警察官激励・外国人犯罪撲滅デモ行進!
〜外国人マフィア組織の追放を目指す国民行動〜 IN東京・江戸川区(西葛西〜葛西)
【開催日時】平成26年3月23日(日曜日)
集合 午前11時45分
集会 午後零時
出発 午後1時(予定)
【場所】総合レクレーション公園『子供の広場』(通称・恐竜公園 =西葛西6丁目=)
地下鉄・東西線「西葛西駅」南口を出て450号線方面へ直進(徒歩3分)右手側
140315_1202~010001
【主催】外国人犯罪撲滅協議会
【現責】有門大輔
【連絡】090−4439−6570
【共催】NPO外国人犯罪追放運動 チーム悪即斬 護国市民隊・志士の会
5
 今回、事前の周知活動を流し街宣にて行なえた意義は非常に大きかった。
 前回、埼玉・西川口〜蕨デモ(今年1月19日)の時は酷かった。こちら側の準備不足もあったが、敵勢力(『レイシストをしばき隊』や『男組』などの反日勢力)がビラ撒きなどデモ妨害の周知活動を行ない、こちらのデモ開始直前には同じ公園を出発地点として、ほぼ同じコースを正反対の趣旨で通過する「デモ封じのカウンター(妨害)」を大々的に展開した。

 しばき隊の後身団体であるC.R.C.K(クラック)野間易通『週刊金曜日』の週刊金曜日ニュースで記していたが、事実上、デモは潰されたのである。
以下転載
64年ぶりに埼玉県蕨市で行なわれた排外主義デモに抗議――ヘイトスピーチを許すな!
(前略)
 1月19日の昼過ぎ、埼玉県のJR西川口駅から蕨駅前までの一帯で「中国人ほか外国人の入国全面禁止要求」を掲げるデモが行なわれた。主催の外撲協の母体は瀬戸弘幸氏を顧問とする「NPO法人外国人犯罪追放運動」で、そのルーツには1990年代初頭に埼玉を拠点としたネオナチ組織、国家社会主義者同盟がある。瀬戸氏らは2000年代なかばに現れた在特会(在日特権を許さない市民の会)を側面から、あるいはときに一体となって支えてきた、現在の排外主義勢力の中心のひとつだ。

 今回のデモは、5年前の09年4月11日に蕨市で行なわれた在特会主催のデモの延長線上にある。家族の中でただひとり在留特別許可を得た在日フィリピン人少女をターゲットにし、少女の通う中学校前をデモコースに組み込んで「日本から出て行け」と拡声器で罵倒した行為は、弱い者いじめであるとして既存の保守や右翼からすら大きな反発を受けた。彼らは翌10年4月にも蕨市で同趣旨のデモを行なっており、そのときの共催にも「NPO法人外国人犯罪追放運動」が名を連ねている。

 ただし、09〜10年と今回で大きく違っているのは、排外主義デモに大声でNOを言う人が大量に現場にいたことだ。5年前の {蕨デモ} ではカウンター有志約20人が沿道から反対の声を上げていたが、120人のデモ隊との勢力差は歴然としていた。ところが今回は、デモ隊約30人に対しカウンターは約200人。沿道からの罵声やシュプレヒコールで、デモの主張は完全にかき消された。

 また西川口・蕨の近隣住民有志が外国人排斥に反対の立場から事前に周知活動をし、当日も沿道へ説明ビラを配ってまわった。5年前の {蕨デモ} をきっかけに結成された「差別・排外主義に反対する連絡会」も周辺団地へのパトロールなど地道な行動を担った。

 さらに排外デモに先駆け、当日午前にほぼ同じコースでカウンターデモ「ヘイトスピーチを許すな!お知らせデモ 〜差別反対!埼玉パレード」(男組主催)が行なわれ、80人以上が参加した。

 13年に東京・新大久保や大阪・鶴橋から始まったカウンター行動は、現在では札幌や名古屋、大分や下関といった地方都市にまで広がりを見せている。それぞれが、自分たちの町へのレイシズムの伸長を許さないと立ち上がった地元有志によるものだ。西川口〜蕨においても、関東一円から集結したカウンター勢力と地元住民がうまく連携してヘイトスピーチを抑えこんでいた。事前周知、行政への働きかけ、街頭での抗議行動、カウンターデモなど一連の重層的な行動は、今後の地方都市でのヘイト抑えこみのモデルケースになりうるものだった。
(野間易通・CRAC、1月24日号)
以上

 文中、こちらの動員数は30名とされているが、実際は60〜70名。それでもカウンターの動員数にダブル・スコアくらいの差をつけられた事実は否めない。

 しかし、一度は潰されても何度でも何度でも這い上がってくる覚悟が必要だ。愛国市民デモの「行動する保守運動」にはカウンターが来ないようにと心がけ、そのために敵である反日勢力と接触・折衝する向きもあるが、そのようなデモはカウンターが来ようと来まいと必然的に衰退に向かってしまう。最初は良くても、いつか行き詰まる。

 埼玉・西川口〜蕨デモでは行動が著しく制限されたが、その分、今回の江戸川区西葛西〜葛西デモにおいては事前より伸び伸びとやらせてもらっているといった印象だ。

 これには協力者・支持者らのご尽力とご協力があったればこそで、この場を借りて篤く御礼を述べておきたい。

 時には負けて潰されることも大事。反省点を生かしつつ、その次に勝てば良いし、勝つまでやれば良い。デモや運動は一回きりで終わるわけではない。

 反日・カウンター勢力であるしばき隊の中には、わざわざカウンターには来ない旨を知らせてきたバカ(小林雄二もいるが、カウンターが来ようと来まいと来ることを前提に準備を行なう。負けを経て得られる経験もある。そうした中で運動の手法も、運動体の主義主張も研鑽(けんさん)されてくるものではないか。

 カウンターが来ないようにと主義主張を緩めたり、まして主義主張(思想)で妥協するようなことこそ取り返しのつかない「最大の負け」だ。我々が行なっているのは「妥協の産物」である議会政治ではない。闘争だ。

 怒羅権について触れておきたい。警視庁関係者によると本来的な拠点である葛西周辺からもかなり少なくなったと言う。
連中も十代、二十代といった若いうちは勢いにまかせて大暴れすることがありましたが、最近では構成員も高齢化して歳を重ねているので、数年前までのように大暴れする事例というのは最近では聞きません」(警視庁関係者)

 だが、逆の意味で危険である。結成されたばかりの若いうちは十代、二十代のアウトローが集う地元の不良集団に過ぎなかったが、組織化が進んで結束を固めるにつれ、勢力圏を各地に伸ばした、即ち単なる素人集団からプロの組織・勢力へと発展したと考えられるのである。

 それが証拠に、ここ数年、怒羅権メンバーが世間を騒がせる犯罪・事件ニュースを聞かない年はない。勢力圏の拡大・分散は各地に在日中国人社会が出没したことと同義であると考えられる。特に池袋・西口周辺など。

 従って在日中国人の侵出と、在日中国人社会の伸張に対する抗議としても葛西デモを企画したものである。

以下、来たる23日のデモに関してだと思われるが、ある方からメールが寄せられたのでご紹介したい(一部表記を変更した以外は原文ママ)

こんにちは、初めてメールさせていただきます、お節介なBBAです。
去年まで瀬戸さんのブログでコメントさせていただいて、有門さんのブログも時々読みに来てました。
HNは半年位で名前を変えて、●●●●や、●●●●●●●●●、●●●●●●●●●●他でした。
 
最近の有門さんに、とても危ない感じがします。
イギリス外務省が有門さんのデモを取り上げ、日本に旅行注意を出しているのを、ご存知ですか?
ナチスに対してユダヤ人は大変神経を使います。
先日のアンネ本破りにも、即対応しました。
今の世界支配者はユダヤ人で、日本を潰すのは朝飯前です。
 
ナチスと表現するのは危険なので、ネオナチと変えた方が良くないですか?
ネオナチなら今回のウクライナ革命勢力で、欧米にも受け入れられるようです。
シンボルマークも鍵十字を変えたマークです。鍵十字そのままでは日本に危険すぎます。
 
ウクライナはロシア人対ユダヤ人の問題です。ロシアがユダヤ人を国外に出そうとして来ました。
クリミアは元ロシアの領土を取り返しただけで、日本が竹島や北方領土を取り返す様な物です。
その点は問題無いと思いますが、沖縄にシナ人が移住して、住民投票してシナに変わると決めたり、
北方4島で住民投票してロシアに決定するような物なので、むずかしです。
 
プーチンさんは柔道をやっている関連等もあり、とても親日家です。
なんとかプーチンさんの間に、北方4島を返して貰うしか返還のチャンスは無さそうです。
最近はロシア軍と自衛隊が合同演習をしているそうで、信じられないような話です。
 
69年前の事は有りますがロシアは自国民に対しても、1千万人も殺したり餓死させてます。
日本人だけに酷い事をした訳では無いです。
通訳を通して、ロシアと捕虜で色々交渉は出来たようで、凍死しなかった人は帰国出来ました。
 
朝鮮半島からは殺されて帰れなかった人が多いいです。
それなのに未だに謝罪だ賠償だと言いながら、隙あらば乗っ取ろうとしています。
ナチと表現すると、韓国人に世界中で日本非難に使われ、自分達を被害者に仕立ててます。
どうかネオナチに呼び名とマークを変更して下さい。

以上

 「イギリス外務省が有門さんのデモを取り上げ、日本に旅行注意を出している」の部分のみで十分な成果である。
 ここまで話題にされているとは、些(いささ)か照れくさい。

 外国人観光客と言えども日本の敷居はそんなに低くないぞ、いつまでも日本で好き勝手に振る舞えると思うな、と伝えることが重要である。日本に来たいという外国人は多いかも知れない。しかし、憧れの国だからこそ、その敷居はとてつもなく高い、下手をすれば打ち首・斬首もあるかも知れない、そのような国であることが誇り高き国の姿勢である。

23日デモについてお知らせ♪

内外で問題にされているナチ鉤十字(ハーケンクロイツ)の旗は複数本立ちます!

ナチ党歌「旗を高く掲げよ(ホルスト・ヴェッセルの歌)」も流されます!

以下、過去エントリーに寄せられたコメントの中、未承認・非公開(承認制のため)のものを順次紹介!

投稿記事:「スパイ工作員」を叩き出す愛国心!
投稿者名:保守
投稿日時:2014-03-18 03:41:09

あなたが何を考えようが、それはご自由だがハーケンクロイツだけはやめて頂きたい。中国共産党に武器供与して日本の邪魔をしていたナチスを賞賛するとは、売国ではないか。そもそも愛国といいながら外国の旗やら思想に頼ることに、日本人として主体性がないではありませんか?

あなたが掲げるハーケンクロイツの写真を、現在の中国共産党が日本を悪魔化するプロパガンダに利用するのは目に見えているではないか。あなたは中共の回し者なのですか?

それに葛西のインド、フィリピン人にデモをして喜ぶのは、両国と領土紛争している、これまた中共ではないか。

あなたは、本当に愛国者なのか?
仮に理念が正しかろうが、自己満足では結果として売国になるではないか。

とにかく、ハーケンクロイツだけはやめてください。本当に、おねがいします。頼んでいるのです。お願いします!

以上

ナチが中共に武器供与? それを問題にするなら同盟国でありながら対ソ開戦に踏み切らなかった戦前日本の所業こそ非難されるべきではありませんか? 一方では独ソ開戦で、もう一方では「日ソ不可侵条約」とか有り得んでしょう? 挙げ句、同条約は旧ソ連から一方的に破棄、侵攻で幾万もの日本人同胞が凄惨な被害に遭っています。

余談ながら前出のメール送信者(お節介BBAさん)にしてもそうですが、特に女性なら旧ソ連・ロシア人による日本人への蛮行にこそ鋭敏であるべきです。プーチンが親日家だとか、他の国の人間にも悪いことをしたとか、関係ありません。問題は日本人に虐殺・暴行・略奪の限りを尽くしたことで、親日家ならなおさら謝罪・賠償させるべきでしょう。

日本を悪魔化? 中共のプロパガンダ? 回し者?
とうに悪魔化されているし、プロパガンダなどは今に始まったことでもありません。そもそも中共以上に悪魔化しないと連中には勝てないことに、今までの経過で気付きませんか?

「外国の旗やら思想に頼る」とありますが、既に倒壊した政権ながら外国の旗に傾倒していることは事実としても思想に国境はありませんよ。

葛西のインド、フィリピン人にデモをして中共を喜ばせる??
そのインド人やフィリピン人の存在も大問題でしょうが。何を言っているんですか。大丈夫ですか?

他人を「愛国者なのか?」とか、「売国奴じゃないか」とか…。
あなたこそ保守と称するタダの共生主義者にしか見えませんよ。


以下、同じく過去エントリーのコメント欄より

投稿記事:3・23葛西デモのお知らせ
投稿者名:あるでんて
投稿日時:2014-03-20 07:58:14

ハーケンクロイツ掲げるのを止めて下さい!どうして日本をナチスと同じだと言う韓国に付け入る隙を与えるような事をするの?あんたらの自己満足で日本が世界中から悪者扱いされてるの知ってますか!絶対に止めて下さい!

投稿者名:日和見人
投稿日時:2014-03-20 15:59:40

中国人が完全に日本に同化したら、それでいいとは考えられませんか?

以上

>あるでんて君
自己満足などと印象操作されますが、決してそんなことはありません。「日本で最も精強な愛国者(排外主義者)」による団結の強化です。

>日和見人クン
同化させて今井アレックス(吉祥寺強殺の犯人)のような輩ばかり増やすんですか? 今井アレックスだって日本語がまったく分からない、日本のことは何も知らない状態から13歳で来日。日本人とまったく変わらないくらいに日本人に同化しましたよ。
日本人への同化イコール必ずしも良い…とは限りません! むしろ悪い者ばかりを同化させる結果になります! 結果、日本人の質が総体的に低下するのみです!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★いよいよ、判決!!

中国残留孤児2世の運転手による「関越道バス追突」!!

※前回の告知に誤りがありましたので訂正してお知らせします

☆前橋地裁前 街宣! 3・25 IN群馬県
仮病演出裁判弾劾・河野化山糾弾行動!

残留孤児2世運転手への厳罰と国の責任を問う!!

7名死亡、38名が重軽傷の関越道バス追突事件!!
SAS患者と主張する者に運転免許証を与え、中国残留孤児の子弟に国籍を与えた社会の大罪!
dc9bfc4c
日時:平成26年3月25日(火曜日)午後1時30分頃 集合・開始(予定)
場所:前橋地裁前 アクセス
主催:NPO法人外国人犯罪追放運動 外国人犯罪撲滅協議会
(連絡:有門大輔 090−4439−6570)

審理時間 11:00開廷(17:00まで)


傍聴券交付情報

裁判所名  前橋地方裁判所  刑事第1部
日時・場所  2014年03月25日 午後1時15分 道交待合室(本館1階)
事件名  自動車運転過失致死傷,道路運送法違反,電磁的公正証書原本不実記録・同供用 平成24年(わ)第237号等

備考  午後零時45分から午後1時15分までの間に上記集合場所に来られた方にリストバンド型傍聴整理券を交付し,交付終了後速やかに抽選を行います。当選者に対し,午後1時45分までの間に,上記集合場所において傍聴券を交付します。開廷時刻は午後2時です。なお,傍聴希望者が少ない場合は,抽選を行わないこともあります。


★関連ブログ(在特連)更新情報

ヘイト落書き消し隊のウソ臭さ!その(2)
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11800805062.html
☆在日朝鮮人(マイノリティ)こそ陰湿・卑劣が似合う♪

12


2ちゃんねる撲滅!

侍蟻「2ちゃんねる討滅」実行!!
clip_image001
2ch閲覧イコール必ずしも2chへの親しみではない!

2ちゃんねらーさえ2chに反発して2ch離れが加速!



在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

  
Posted by samuraiari at 16:05このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街・中国人追放運動 | NPO外追 抗議・街宣

2014年03月20日

正当なる入管の強制送還!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

不法滞在ガーナ人の事故死 ★国に賠償命令の不当判決

法務省入管局は控訴の上、二審でこそ公正且つ正当に争え!

AS20140319000803_commLAS20140319000806_commL
画像:入管局によるスラジュ強制送還の様子(平成22年3月)

 平成26年3月19日、東京地裁で不法滞在ガーナ人(故人)の家族が起こした日本国への恐喝裁判(民事賠償請求訴訟)の判決が下された。

 この不法滞在ガーナ人(アブバカル・アウドゥ・スラジュ)は平成22年3月、入国管理局による強制送還中に死亡。

 死に至る原因が入管職員に体を押さえつけるなどされて暴行を加えられたとして、その家族が国に対して約1億3,600万円の損害賠償を求めて訴えを起こしていた。

 19日の判決で偏向裁判長・小林久起は約500万円の賠償を命じた。

以下、時事通信のニュースより引用

ガーナ人死亡で国に賠償命令=「入管の制圧行為は違法」―東京地裁
時事通信 3月19日(水)10時58分配信
 強制送還手続き中にガーナ人男性=当時(45)=が死亡したのは、東京入国管理局の職員が体を押さえ付けるなどの暴行を加えたためだとして、遺族が国に計約1億3600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であり、小林久起裁判長は約500万円の賠償を命じた。
 小林裁判長は「男性はタオルで猿ぐつわをされ、座った状態で膝に顔が近づくほど深く前かがみにされたため窒息死した」と認定。「入管職員の制圧行為は必要性、相当性を超えた違法なものだった」と判断した。
 一方、強制送還手続き中に男性が暴れたなどと指摘し、「男性が過剰で違法な制圧行為を誘発した側面は否定できない」と述べ、5割を過失相殺するなどして賠償額を算定した。
 男性の妻(52)は判決後に記者会見し、「入管職員の違法性が認められ、心から感謝している」と話した。

以上

 この裁判については、私ども『NPO法人 外国人犯罪追放運動』も昨年5月13日に一度傍聴しており、その時の記録を法人の公式サイトよりご紹介したい。

【東京】入管・強制送還「事故死」裁判傍聴録
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1773138.html
強制送還「事故死」裁判傍聴録 5・13 IN東京地裁
外国人犯罪者の人権の前には入管・警察は最下層!?

 それにしても酷い裁判だった。裁判長・小林は明らかに原告である不法滞在ガーナ人の家族と、その支援者ら極左・人権派勢力寄り。審理中、支援者から激しいヤジが飛んだにも関わらず、退廷を命じるどころか、ただの一言たりとも注意していない。どこの裁判所でも審理中、傍聴者の発言は一切禁じられているというのに…。

 支援者団体は不法滞在の外国人犯罪者を擁護・正当化することで有名な人権団体APFSなど。
http://www.jca.apc.org/apfs/
 法廷でヤジを飛ばした支援者らの所業はチンピラそのものであった。

 判決の中で裁判長・小林は「男性はタオルで猿ぐつわをされ、座った状態で膝に顔が近づくほど深く前かがみにされたため窒息死した」などと入管職員による過失を認定したが、死亡したガーナ人・スラジュが不法滞在の犯罪者であった点をあまりに軽視しているのではないか。軽視と言うか眼中にさえ無いようだ。

 当日の強制送還に至るまで、再三にわたってスラジュが激しく抵抗したことは想像に難くなく、おそらく飛行機に乗せられる際も自らの足で歩くことを拒んだのだろう。入管職員が飛行機に搭乗させようと、押さえつけたのは当たり前である。
 スラジュは「タオルで猿ぐつわをされた」とあるが、喚き立てて騒げば、それも当然の措置である。むしろ口を押えていなければ舌を噛んでしまう危険性を考慮した措置だと言えよう。

 何より判決の中でも「男性(スラジュ)が過剰で違法な制圧行為を誘発した側面は否定できない」とされているように、過剰で違法であったかはともかく、入管職員らがスラジュを制圧しなければならない状況だったのは事実なのである。

 昨年5月の裁判傍聴記録より、「死亡したスラジュは『CTAVN』という先天性の心臓疾患を患っていたという。医師の検死では『入管職員らによる圧迫は軽度なもので、些細な刺激でも致死性不整脈を起こすことがある』としている」と書いたように、死に至る原因は医学的にも証明されているのである。
 入管職員らによる圧迫、押さえつけは事実だとしても決して必要以上に強いものではなかったし、裁判長・小林が認定したように「入管職員の制圧行為は相当性を超えた違法なもの」ではない。

 賠償額はスラジュ側の過失も算定し、5割が相殺されるなど一見は公平性を装っているが、本来なら賠償の必要など無いところで、かなり無理矢理に違法性と賠償が認定された判決である。

 判決の後、スラジュの日本人妻(52歳)は記者会見し、「入管職員の違法性が認められ、心から感謝している」などと述べたが、夫の違法行為(不法滞在)は認識していないのだろうか。
 夫が自らの言動で招いた結果だというのに、夫が死亡したという一事を以って国を訴え、国民の血税から賠償金をむしり取ろうなどは人権を楯にした日本国への恐喝・恫喝裁判である。

 法廷に持ち込むことが禁じられている夫の遺影を持ち込んでも注意さえしない偏向裁判長・小林によってかなり強引に、ようやっと認めさせた国の違法性である。

 言うまでもなく行なわれると思うが、国は控訴の上、東京高裁(二審)において今度こそ正当且つ公正に裁かれることを期待したい。

:ガーナ人死亡に関する関連エントリー

2010年12月29日 発砲・実力行使をガツンとかませ!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51639631.html
送還中の不法滞在者死亡に入管職員の責任なし
またも正当な職務遂行を「特別公務員暴行陵虐致死罪」に問う愚!

2013年05月01日 国として被る差別・排外の悪名
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51893333.html 
警察官・入管職員を「殺人犯!」に仕立て上げた外国人犯罪者擁護
国全体として差別・排外の誹り畏れるな!

:黒人に関するエントリー

2011年07月18日 ニガー(黒人)の男が「人種差別」を口実に検挙逃れる?
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51764950.html
0d30e4fa

★大使から最末端まで、日本で猛威を振るう黒色人種!

 マスコミ報道では不法滞在ガーナ人の死亡(病死)を悲劇的に伝え、国家権力の暴力性ばかりが喧伝(けんでん)されているが、一方では裁判の同日(3月19日)、ガーナ大使ぐるみの賭博行為が警視庁に摘発されている。

以下、ニュースより引用

<賭博>ガーナ大使「公邸」で…日本人容疑者12人逮捕
毎日新聞 3月19日(水)11時51分配信
 東京都渋谷区のビルの一室でバカラ賭博場を開いたとして、警視庁保安課は19日、東京都板橋区、無職、山野井裕之容疑者(35)ら胴元10人と客2人の日本人計12人を賭博開張図利容疑などで逮捕し、バカラ台2台や約800人分の顧客名簿などを押収したと発表した。この部屋はガーナ大使が「公邸」として借りており、同課は大使が賭博場として貸し出していた可能性もあるとみて捜査。外務省を通じ事情聴取に応じるよう要請している。
 逮捕容疑は今月5日、渋谷区道玄坂2のビル内で客にバカラ賭博をさせ、賭け金を集めたとしている。同課によると、山野井容疑者を除く全員が容疑を認め、「ガーナ大使館の施設なので捕まらないと思った」などと供述している。
 保安課によると、この部屋は前任のガーナ大使が2012年9月に「大使公邸」として賃貸借契約を結び、13年3月に現大使が契約を引き継いでいた。12年10月ごろからカジノ賭博を始め、計約2億円を売り上げていたとみられる。
 部屋の扉には「駐日ガーナ共和国大使」として現大使の名前が掲示され、常連客の紹介なしでは入店できないシステムだった。家賃は月50万円で、胴元として逮捕された容疑者の一人が現大使の名義で振り込んでいたという。
 10年にもコートジボワール大使館の元外交官が、都心に借りたビルの一室を賭博店に貸して報酬を得ていたとして摘発される事件があった。

以上

 アフリカ辺りの小国は大使というエリートと言えども、かなりレベルが低いようである。大使など外交官による犯罪行為への加担と言うよりも、国そのものがそんなレベルなのだろう。

 尤も、中国や韓国などがやっていることに比べればカワイイものかも知れないが、あまりにも低次元な犯罪行為に加担しているという点では別の意味で厄介である。

 ガーナ大使が公邸として借り上げたビルの一室を使い、日本人の共犯者らが賭場を開いていたというもの。

logo
 聞いたこともないようなアフリカの小国の大使らを巻き込み、都内に賭場を開設する手口は映画『アウト・レイジ』(北野武監督、2010年公開)でも描かれている。

 椎名桔平演じる暴力団幹部らがスキャンダルで脅し上げた大使に大使館と称したカジノを開設させ、そこで収益を上げていたという展開。

 同映画が公開された10年にコートジボワール大使館の元外交官による賭博店への公邸貸与が摘発され、今回、ガーナ大使による大使公邸の貸与が摘発されたことから、こうした賭場の開設を行なった者らは映画を参考にしたのかも知れない。あるいは映画が現実世界で繰り広げられる犯行手口を描いたのか。

 いずれにせよ、ガーナ大使からしてこのザマなのだから、その国から来て不法滞在・不法就労していた者が入管による強制送還にも往生際悪く激しく抵抗、あまつさえ本人が「ウッタエル(訴える)」と口にしていたように、その家族が国を訴えて賠償金をせしめ取ろうという浅ましい魂胆も頷ける。

 エリートからして犯罪行為に率先的に加担しては私腹を肥やし、最下層のガーナ人は不法滞在・不法就労しながら摘発されるや自らは被害者と称して日本国をウッタエルとし、その死を自らの運動拡大に利用する人権団体…。

 現実世界は映画の世界を凌駕するほどにアウトレイジ(非道)が罷(まか)り通っているようだ。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

警察官激励!外国人犯罪撲滅!
1
3・23江戸川デモのお知らせ♪
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11799674407.html

2ちゃんねる撲滅!

侍蟻「2ちゃんねる討滅」実行!!
clip_image001
西村博之2chでの損害賠償請求を免れるためにペーパー・カンパニーを設立!

依然、西村は広告費を甘い汁を吸いつつ、「個人情報流出騒動」からも責任逃れ!

遂に2chの主導権を奪われたが、道義的責任は終生ついて回ることを忘れるな!


在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

  
Posted by samuraiari at 09:59このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 警察官 刑事告発・賠償請求問題 | NPO外追 調査活動

2014年03月19日

特定秘密と露・クリミア問題

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★移民に端を発する国の瓦解は明日の日本?

軍事力を背景に現在進行形の侵略国家・ロシアとの国交断絶を!

201403021009589a5
 前エントリー「『スパイ工作員』を叩き出す愛国心!」より、特定秘密保護法について考察したい。
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51934349.html

 さる3月16日の『在特会(在日特権を許さない市民の会)』主催の特定秘密保護法に関する集会については、動画などでご紹介した通りだが、ここで述べ切れなかった部分、触れられることのなかった部分についても補足で述べておきたい。

 日本国で最重要とされる機密情報とは何だろうか?

 安全保障に関することも然りだが、国というものを考えた場合、さらに根源的な秘匿すべき情報というのがあるのではないか。

 講師を務めた元警視庁の通訳捜査官・坂東忠信氏の講演は天皇陛下への感謝のお言葉と万歳三唱で始まったことは既に述べたとおりだが、陛下とご皇室の在り方こそは特定秘密として扱われるべき事項である。
4c955e6d
 現在の皇室報道を見ていれば分かるとおり、ご皇族はまるでタレント扱い。ワイドショーや写真週刊誌でもスクープされるなど、内親王殿下や親王殿下はアイドルか何かと見紛いそうだ。皇太子妃殿下への一連の報道について、皇太子殿下が会見で「(皇太子妃殿下の)人格を傷つけるような報道がなされた」と、かなり強い憤りを表明されるに至った。陛下が緊急ご入院の際には入院情報とともに、かかりつけの病院まで報道される有り様。

 だいたいが「天皇家」「ご夫妻」…などと皇室・皇族を一般家庭と同等に扱う報道がますます皇族・皇室の神秘性を損ねている。

 天皇陛下に至っては、戦前は軍隊の大元帥に担がれた軍人、戦後はタレントであると拙ブログは位置づけているが、表に出してはいけない存在をこれでもか!…と言うくらいに前面に出し続けているのが今の皇室に対する扱いだ。

 どこぞの国の将軍様ではあるまいし、軍隊の頂点になど担ぎ出したりすれば、一たび敗戦となった時に陛下が最高責任を問われかねない危うい事態であった(第2次大戦での敗戦では辛くも免れたが)。

 ご皇室の生活・在り様こそは最重要の機密として扱われるべき事項である。

 この最重要機密を議論せずして立法化された法律など単なるザル法である。

 16日の集会当日の様子は動画でご紹介したとおりなので、敢えて深く述べる必要もないと思うが、舞台裏での登壇者らによる議論・討論については誰も収録していないので知られてはいまい。

 舞台裏の特定秘密(?)をさわりの部分のみ述べると、特定秘密保護法をバッシングしたマスコミは一方で報道すべきことを国民に伝えていない。

 例えば炎上真っ只中にある「クリミア情勢」について、『日本侵略を許さない国民の会』の菊川明美代表は「ほんの一部分を掻(か)い摘(つま)んで報道しているのみで、世界各国で報道されていることは日本では何も報道されていませんものね」と話す。
hqdefault2
 同じく楽屋にいた右派政党『新風』の村田春樹氏は「冷戦時代にね、旧ソ連がミサイルにも搭載可能な小型の核爆弾を開発したとヨーロッパ中の国で大騒ぎになったことがあるんだよ。その当時、ヨーロッパのどこの国でも大騒ぎだったんだって。ところがね、当時の日本の関係者にそのことを話しても誰も知らないってんで仰天したってことがあったんだよ(笑)」と述べられた。

 関係書類に目を通して講演内容を再チェックしていた坂東氏の他、楽屋に居合わせた登壇者は筆者(有門大輔)を含めて4名。議論は村田氏と菊川女史のご両名を軸に進む。

 議論は第2次大戦直後、旧満州から引き揚げの日本人が旧ソ連軍の蛮行で凄惨な目に遭わされたこと、ソ連兵に強姦された日本の婦女子が引き揚げ後に中絶手術をしたこと、樺太・北方四島におけるソ連兵による日本人への蛮行など、実に痛ましく凄惨なお話だった。

建物の周りにね、日本人の男たちが何十人もうつむいたまま並んで立たされていたんだって。最初、何をしているのかなと思ったら、その周りには数人のソ連兵が機関銃を持って構えている。その建物の中ではね、ソ連兵による日本人女性たちへの輪姦が行なわれていたんだよ。
 ロシア人というのが日本の婦女子を一番多く強姦しているね。それに比べたら朝鮮人なんて小さいレベルだと思えるほどだよ
」(村田氏)

 殺した日本人の数も相当数に上るだろう。旧ソ連も含め、20世紀中に共産主義者が殺戮した人口は2億人以上にも及ぶとされる。

 旧満州を含む中国大陸及び朝鮮半島からの引き揚げは、戦前日本による進出政策に起因する。行ったは良いが、どんな目に遭おうと誰も責任を取らない。要は人間の使い捨て(棄民政策)だったのである。朝鮮半島や満州に莫大な出資を行なえば、国民を食わせられなくなって外に放り出さざるを得なくなるだろう。その爪痕は未だに深く、今度は中国から日本への侵出となって跳ね返って来ている。

 登壇した村田氏のお話(決意表明)の中でも触れられたが、クリミア問題は「ロシア人の入植と先住民の排除」に起因する移民問題だ。クリミアへ入植して人口の大部分を占めたロシア人が蜂起、遂にはロシア軍部隊まで非正規に投入されてロシアへの編入が実現しようとしている。

 その一方でマスコミは欧州全土で起きている移民への反発を伝えない。在特会など右派系市民団体が展開する「反韓・排外デモ」について、欧州では人種・民族差別を規制した法律が存在するとか、欧州に倣(なら)えとする情報ばかり。しかも欧州の悪い部分にばかり倣えと。

 この移民問題という「元凶」に触れられない限り、いくらクリミア問題をマスコミが報道したとしても意味がない。意味のないマスコミ報道なら、いっそ全てを報道しないほうが良い。

 前述のように世界中で常識のこととして知れ渡っていることでも、肝心なことは「何も知らない、何も知らされていない日本人」というわけだが、ウクライナやクリミアと直接商取引でもしている人ならともかく、大多数の日本人にとってはそれを知らなくても今日明日の生活には何ら影響しない。

 筆者が盛んに、情報も含めた「鎖国政策」に言及しているのはそのためである。だいたいが警戒心が薄く、お人好しで世界の流れに鋭敏でない日本人は世界との交流まして世界各国への進出には不向きな民族性であると思う。

 そう考えればマスコミ報道による情報統制など、特定秘密保護法の云々以前に現代日本人はマスコミによる「特定秘密保護」を経験させられており、見ざる聞かざる言わざるもまた精神の健全性と衛生を保つための一手。良識ある日本人なら今や「マスゴミ」と称されるマスコミ機関そのものが必要ないといった見解で一致しているだろう。

 日本への中国人などによる「事実上の移民問題」はそれこそ日本人のみで考え、日本人の判断で果断なる排除に踏み切れば良い。

o0460064712433042859 クリミア問題に端を発する「対露バッシング」は今にして思えば昨年(13年)、アメリカの人気アクション映画シリーズ「ダイハード ラスト・デイ」(ブルース・ウィリス主演)が公開された時点で明らかだった。同作品はシリーズの第5弾。
 主人公のジョン・マクレーンがロシアで捕らえられた息子に会うためモスクワへ行くと、国家的謀略に巻き込まれ、情報機関のスパイ工作員らを相手に息子ともども激しい銃撃戦やカーチェイスを繰り広げるというストーリー。

 旧ソ連との冷戦時代の余韻が残る時代でもあるまいし、何故に未だにロシアなのかと思えば、この映画が公開される前年、前々年より今日のクリミア問題が勃発する兆候は見られたのだろう。ロシア叩きのための一種のプロパガンダ作品として同映画が制作・公開されたことはタイミング的に間違いない。

 劇中、原発事故のあったチェルノブイリとされる場所がダイナミックな戦闘シーンの舞台として出て来たが、これなどは原発再稼働に踏み切らんとしていた日本へのさりげない牽制だったのではないかと思う。原発を再び稼働させるのは良いが、原発に頼り過ぎるなよ、アメリカ様のエネルギーを導入しろよ、電力の自由化と外資参入を忘れるなよ…といった具合に。

 一連のクリミア問題では首相・安倍晋三がロシアを非難、日本も欧米など国際社会に足並を揃える形で対露制裁に乗り出したのは大いに結構だが、こと北方四島問題(ひいては樺太まで)を抱える日本の場合、竹島を不法占拠する韓国と同様、ロシアも「国交断絶」の対象となり得る。

 これまで自民党政権下では歴代内閣で旧ソ連時代を含めてロシア首脳との友好関係により、北方領土問題の進展を匂わせる「演出」がなされて来た。今日の安倍内閣においても安倍とプーチンの友好ムードが伝えられていたが、ましてロシア相手に領土返還が対話で実現するはずはないというのに、保守色をアピールするためか、ロシアとの関係進展は他の内閣と同様に好意的に扱われて来た。

 いっそ国交断絶でもしたほうが北方四島問題の解決手段は武力衝突しかないという現実に立ち返ることが出来るのだから、そのほうが理に適っているだろう。
 竹島問題を抱えた「日韓国交断絶」然り、尖閣をめぐる侵攻が日々繰り返す中国との国交断絶も然り、「日露国交断絶」こそは如何なる日露関係の深化よりも成果のある「北方領土問題の進展」である。

 元より国交のない北朝鮮や台湾をはじめ、中国、韓国そしてロシアなど、周辺国の全てとの関係断絶状態こそは現代に在るべき「鎖国の形」「鎖国の理想型」と言えるかも知れない。

 ロシアへの制裁はビザ発給緩和に向けた交渉の停止に続く追加措置で済まされる次元ではなく、入植者と軍事侵攻によって一国の統一性と主権、領土の一体性を侵害したものである。

 何より日本こそが同様の手口で中国からの侵略の危機に瀕している最大の秘密を伝えないマスコミによる特定秘密保護は有害であり、その秘密(事実)を認めない日本政府こそは侵略に加担しているも同然である。

 特定秘密保護法には、そうした秘密を保持するための弾圧が企図されていると見なければなるまい。

 それは即ち皇室を戴く日本国の解体という、ウクライナどころではない未曾有の危機である。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★関連ブログ(在特連)より3月後半のデモ情報

1
3・23江戸川デモのお知らせ♪
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11799674407.html
2
3・30浅草デモのお知らせ♪
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11799685305.html


2ちゃんねる撲滅!

侍蟻「2ちゃんねる討滅」実行!!

2ちゃんねらー
が嫌う「まとめサイト」など2chを利用した儲け(=嫌儲)!

自らは世間から嫌われつつ、この先も何らかの形で利用され続けることに気付け!


在特連新風連ブロガー同盟強化月間、実施中!!

太賢さんのブログ131016_1700~010001000200010001000100031GuJ7JNVimg_631460_24468994_8

top01

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

  
Posted by samuraiari at 22:31このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック