2015年01月31日

ムスリム問題と愛国者フォビアを考察

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★参加報告 1/31 有楽町マリオン前

イスラム過激派に与する反日極左を徹底糾弾!

新たな反日網? ムスリム増加が日本の基本的安全を脅かす戦慄の未来!

150131_1106~010001150131_1117~020001
150131_1146~020001150131_1117~010001
 平成27年1月31日(土)、『在特会(在日特権を許さない市民の会 =八木康洋会長=)』の主催により、東京・有楽町マリオン前での街頭演説活動が開催された。

 イスラム過激派組織ISIL(イスラム国)による日本人誘拐事件が連日トップ・ニュースとして報じられている。

 人質とされた湯川遥菜さんは果たして殺害されたのか殺害されていないのか、様々な情報が交錯して誰にも真相がよく分からない。こうした人質事件を口実に、政府批判を繰り返し、イスラム過激派テロリストへの支援(身代金の提供)を要求する反日左翼の手口は卑劣である。

 身代金を渡すということはイスラム過激派の勢力に手を貸すことと同義である。

 確かに囚われた人命は救えるに越したことはないが、テロリストへの支援など論外。首相官邸前でバカ騒ぎをしている反日左翼の声だけが国民の意見ではない。「テロリストへの支援を許すな!」とする在特会の街宣活動は、イスラム過激派に与する日本国内の反日左翼に抗議の声をあげたものである。
150131_1145~010001
 在特会の主催による街頭活動は昨年12月に八木氏が新会長に就任して以来、初のことだった。

 筆者(有門大輔)からは危険地帯への立ち入りは自己責任であり、徒に人命第一、人命最優先の風潮に流されてイスラム過激派に与する左翼を利するようなことがあってはならない、人質の解放を釈放と表現することでイスラム過激派に国・国家としてのお墨付きを与えてはいけない旨に言及。

2015年01月25日 「イスラム国の人質殺害
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968482.html

 加えて政府の渡航自粛勧告を無視して危険地帯に立ち入った者には罰則が必要である旨を説かせて頂いたものである(その内容は上下の過去エントリーでも言及)。

2015年01月26日 「吉田松陰と鎖国論
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968571.html

 反日左翼に流されるなとする在特会の街頭演説もそうだが、現在、あらゆる社会運動・市民活動などを通じてISILによる日本人誘拐事件が取り上げられている。

 さる1月29日、新宿アルタ前でイスラム問題に言及しようとした保守系の街頭演説が左翼系を主体とする妨害勢力によって潰された。

2015年01月30日 「緊急! 愛国者へのヘイトスピーチ規制を!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968953.html

 その時のエントリーに寄せられたコメントをご紹介したい。

以下

ムスリム問題には一切かかわらない方がいいです。
反日左翼の人々が今、韓国・朝鮮、ユダヤ、イスラム、これらに対する「反差別」を唱え、反日ネットワークを強引に構築しようとしています。
人権擁護法の強力なものを制定しようと頑張っています。
当然ながら、そういった事に抵抗し、反日の在日外国人に不満を持ち叱り飛ばす親日のムスリムも少なくありません。

2月10日頃第三書館が、シャルリー・エブドの風刺画を載せたイスラム風刺画を出版するそうです。
日本で最も「イスラム過激派」との親和性が高いと思われる出版社が何の為か知らないけれどこういう狎り”みたいな事をやっている。

自演、謀略、情報戦のご時世です。
情報戦に勝ちたいなら、先ずは古典『孫子』に学ぶ事です。
そして、敵に燃料を投下したり、餌をやったりしない方がいいです。
Posted by お願い at 2015年01月30日 05:37

以上

 「反日左翼が朝鮮、ユダヤ、イスラム、これらに対する『反差別』を唱え、反日ネットワークを強引に構築しようとしている」とのくだりには覚えがある。だいたい予想出来る、分かり易過ぎるパターンだ。

 在特会はじめ「行動する保守運動」系のデモや街頭活動に激しい妨害を加えてきたことで知られる男組は、妨害勢力の中でもしばき隊(現CRAC)と双璧をなす団体である。

 先述の29日アルタ前街宣にはしばき隊の連中が挙って「街宣潰し」に押し寄せて中止に追い込んだが、一方、男組は来たる2月10日に日本の路上から『アジア』を『世界』を考える 〜外国人労働者問題とISIS人質事件のリアル〜と題した集会を東京都内で開催する。
ohomo

※宣伝ではありません

 男組公式サイトでの呼びかけでは「ISISによる人質事件は世界に大きな波紋を広げ、国内でもイスラムフォビアを拡大している」とされていた。
※イスラムフォビア…イスラム恐怖症、イスラム嫌悪など

ohomo3
 さる29日の街宣妨害でも「右派グループがイスラムフォビアを煽っている」として妨害が呼びかけられ、瞬く間にしばき隊連中が殺到したといったところだろう。

 つまり、しばき隊・男組などの妨害勢力から見て、イスラム過激派によるテロに対しては在特会・行動する保守運動など愛国市民勢力も我々も批判していることに変わりはない(ただし、しばき隊・男組関係者による国会前での抗議街宣などは左翼さながらの政府批判であり、テロに屈して、即ち身代金を払って人命を救えと主張したいようだが)。

 「しかし、ネトウヨ(妨害勢力による愛国市民への蔑称)はテロ事件を口実にイスラムフォビア(ムスリムへの差別)を煽ろうとしているだろう?」というのが連中の主張である。

 しばき隊にせよ男組にせよ、これまでは在日朝鮮・韓国人というマイノリティを、ニューカマーまで含めて差別から守るとし、在特会・行動する保守系による愛国市民デモへの妨害・攻撃を繰り広げてきた(実際には愛国市民こそがマイノリティであり、差別されているのは日本人の側だが)。

 今度はその「在日戦線」に加え、人質事件に乗じて在日のムスリム(イスラム教徒)まで自分たちの仲間に加えようという魂胆に違いない。集会の呼びかけからは、そういう意図がありありと感じられてならない。

 韓国の人たちを差別するな…に続いて「ムスリムの人たちを差別するな」…というわけである。

 男組連中のムスリムへの同胞意識がどれだけ強いのかは疑問だが、そうしてムスリムをも引き込むことによって在特会・行動する保守運動系への包囲網を拡大させ、自らの勢力拡大を目論んだものではないか?

 だが、ムスリムの問題もテロと切り離して考えられるほど単純ではない。先ごろ、東京都内のモスクでムスリムたちが日本人人質の無事を祈っている様子がマスコミで報じられた。

musurimumusurimu
 日本でもイスラム系外国人が増加傾向にあるが、イスラム系移民を大量に受け入れてしまったフランスでは、極右政党『国民戦線』のジャン・マリー・ルペン前党首がフランスのイスラム化現象について、「殺戮を繰り返すテロリストにムスリム移民は最終的に降伏し、テロに協力することになる」と述べている。

 また、冒頭の在特会街宣では人気極右ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰が「ムスリムの存在を甘く見るな!」と提言した。今回の街宣には佐藤悟志氏(青狼会)も参加していた。
150131_1125~020001150131_1128~010001
 両名はイラン人不法滞在者が上野・渋谷などに溢れ返ったバブル期より「ネオナチ」と称される運動に参画。数百人のイラン人が屯する代々木公園に街宣車で突っ込んではイラン人の群れと衝突、街頭で繰り返しイラン人増加とイラン人犯罪への警戒を呼びかけてきた(ちなみに約20年前、この当時の両名の活動がテレビ・ニュースで報道され、それを見て上京した筆者・有門にとっても懐かしい限りである)。

 ムハンマドの生涯を描いた小説「悪魔の詩」の日本語訳を出版したとして、筑波大学助教授の五十嵐一(いがらし・ひとし)氏がイラン最高指導者のホメイニから死刑宣告を受けた後、同大学構内で何者かによって殺害される事件が発生したのもこの当時。

悪魔の詩翻訳者殺人事件(ウィキペディアより)

 バブル期からバブル期直後にかけては偽造テレカ販売を主な資金源としていたイラン人犯罪グループは携帯電話の普及によってシノギを失い、今や麻薬売買を担って日本の地下社会に根を下ろした。イラン人の来日を爆発的に増加させた日本との相互ビザ免除は廃止。

 それから約20年を経て、イラン人増加とは異なる形で再びイスラム問題が日本でも台頭し始めた。

 イスラム、ムスリムの問題とは「反差別」「アンチ・レイシズム」を掲げた連中がイスラムフォビアへの反対も掲げたところで仲良く手を取り合えるような生やさしく、甘っちょろい問題ではない。

 中東でのISILによるテロはフランスなど欧州出身のイスラム系移民2世3世も少なからず加担していると言う。

 情報網と交通網の発達によって世界が狭小になった現代、かつて殆ど関わりのなかった地理的・歴史的経緯を無視して日本でもムスリムの爆発的な増加とイスラム過激派の台頭を招く恐れがある。欧州各国での極右勢力の台頭とムスリム移民との衝突は、日本にも何らかの形で影響・波及するものと思われる。

 ムスリム移民が増加したフランスでは基本的安全さえ侵されていると言うが、将来的には日本も同様。

 その存在の是非を論じるのは差別か反差別かではなく、「生か」「死か」である。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介! 1/29新宿

【速報】反グローバリズム連合・新宿街宣中止【妨害者のシバキ隊発見!】

https://www.youtube.com/watch?v=38vNyhUNPKc

【速報】反グローバリズム連合・新宿街宣中止【シバキ隊のストーカー行為!】

https://www.youtube.com/watch?v=kPiI4c2rrw0
(撮影者:sencaku38さん)

★動画ご紹介! 1/31有楽町

【2015/1/31】テロリストへの支援を許すな! 有楽町街宣活動 1

https://www.youtube.com/watch?v=59rFwgB20X0

【2015/1/31】テロリストへの支援を許すな! 有楽町街宣活動 2

https://www.youtube.com/watch?v=6rcpH6CjrvQ

【2015/1/31】テロリストへの支援を許すな! 有楽町街宣活動 3

https://www.youtube.com/watch?v=e3rVd2NyhQU

(撮影者:ts25mumonさん)


☆今回は第1回目ということで在特会街宣をスルーした男組だったが、
次回以降は必ず妨害にやって来るだろう!
 生と死に関する事柄だが、近々イスラムフォビアを議論するとした集会を開催する男組の組長・高橋直輝は日本人愛国者へのヘイトを全開にしたツイートをしている。

 差別反対から遂に「お前らがいる限りこの国は良くならないから日本から出て行け!」と来たものだ。
ohomo2
 日本のイスラム化現象が進行してイスラムの支配圏にでもなろうものなら、自らもイスラム教に帰依しなければ生存権もないというのに随分と暢気なものだ。

 将来的に日本でマジョリティとなるのは支那人(中国人)か、ムスリムかといった状況で日本人愛国者の排斥をも公言する者まで駆逐・淘汰されかねないのがイスラム圏拡大の勢い。

 まさしく奴らの存在を軽く見てはいけないし、決して甘く見てはいけない。

以下、『政教分離を求める会』ブログより、日本人が退去するのではなく、珍しく外国人に自ら退去を申し出させた「集団ストーカー裁判」の報告。

対集スト裁判のご報告!
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=69
☆実行者の素顔を暴き、白日の下に晒した!
☆対集スト問題で金字塔を打ち立て、被告を退去に追い込むか?


(前略)
 注目の裁判では、被告である江本鋭次こと「張鋭」が集団ストーカー行為の主たる役割を担い、梅野さんたちに対して数々の嫌がらせをした事実を認めて謝罪を表明、加えて現在の住居(原告・梅野さんたちの向かい側)から引っ越すことを条件に和解案を提示しました。
 
(中略)
 まず、今回の裁判で画期的な点を挙げておきます。
 
1.これまで集団ストーカー絡みでは、集団ストーカー行為を仕掛けた側が標的とした人を挑発して裁判沙汰に持ち込んでは賠償金をせしめようとする手口が見られたが、今回のケースでは集団ストーカー被害者の側が原告としてストーカー行為を行なう者を訴えたこと
 
2.訴えを受けて被告であるストーカーが罪を認めて(形式的であれ)謝罪したこと
 
3.これまで謎のベールに包まれた集団ストーカーの実行者が被告として、その実態を暴かれたこと
 
4.これまでのケースでは集団ストーカーを仕掛けられた側が引っ越すなどのパターンが見られたが、今回の裁判では集団ストーカー行為を仕掛けた側が「出て行きます」「退去します」と明言したこと
 (知っている限りのケースでは裁判で賠償金をせしめてから、集団ストーカー行為を仕掛けた側が裁判に関係なく引っ越すというのはあった)

(後略)

以上

日本国内で転居するのではなく、日本国籍及び在留資格の取り消しで故国へと帰せたらなお万々歳である。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


所謂「ネトウヨ」が最初に追われ、次いで日本人という存在自体が追われる!

次の時代にやって来るのは日本人であること自体が恥ずかしいという煽りだ!


setohiroyuki
 
garyou shishinokai

 azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

※リンク集をリニューアル!!
top01

  

Posted by samuraiari at 21:12このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 

2015年01月30日

緊急! 愛国者へのヘイトスピーチ規制を!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★駆逐される日本人 1/29 『しばき隊』による街宣妨害!!

罵詈雑言で乱入、暴力的な言動で場所を占拠…愛国運動を妨害するヘイトこそ許すな!!

B8gmn0ICYAAokhaunnamed
画像左:妨害勢力との衝突を懸念した警視庁関係者に誘導され、改札口へと促される高木脩平・護国志士の会局長(中央)
画像右:日本でのヘイトスピーチ規制を呼びかける英字新聞(筆者・有門大輔が写っている)

 平成27年1月29日、これまで丸1年にわたって新宿アルタ前での「移民反対街宣」を継続してきた『反グローバリズム保守連合』が月例の街頭演説活動を行なおうとしていたところ、押し寄せた妨害勢力しばき隊によって街宣の中止を余儀なくされた。

 「行動する保守運動」勢力の街頭活動が中止に追い込まれたのは今年1月4日、東京・板橋区の大山駅前で予定していた「売国議員糾弾街宣」以来、今月2度目のこと。

 筆者(有門大輔)は所用のため参加出来なかったが、筆者・有門も属する『護国志士の会』の高木脩平局長がJR新宿駅東口に到着すると、見慣れた顔の刑事(警視庁公安部)から「今日はこのまま帰ってもらえないか」と促されたと言う。

 公安たちは警戒・警備のため手分けして東口など要所に張っていた。
… … …

 これより以前、既にアルタ前にはしばき隊の面々が殺到していたようだ。主催団体の反グローバリズム保守連合は、開催の直前になって「行動する保守運動カレンダー」に街宣予定を掲載。
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=696
 賛成派・反対派をあわせ忽ち300以上のツイートで街宣情報が拡散される。妨害勢力しばき隊はツイッター情報を通じて続々集まって来たようである。

 警視庁関係者が顔と氏名を把握している限りで、その数16人。その他、素性が知られていないシンパを含めると20数人はいたのかも知れない。これまで在特会デモなど行動する保守運動系の愛国市民デモに妨害を繰り返してきた毎度お馴染みの顔ぶればかり。石野、山本、木野、佐藤などなど。
shibaki3shibaki4
 イスラム過激派による日本人誘拐で日本中が右往左往する最中、同街宣の呼びかけでは以下のような主張が掲載された。妨害勢力しばき隊はそれに触発されたようである。

「外国人労働者と治安問題

イスラム教徒の多くは穏健かつ平和的な人々でしょう。ユダヤ教やキリスト教と同様に一神教、そして旧約聖書も共通です。そもそもがキリスト教もユダヤ教であっても、歴史的に見て宗教=平和ではありませんが、それが各民族のアイデンティティを形成する重要な要素となっています。

我が日本には神道があり、八百万の神を祀る多神教です。
私たち日本人にとって天皇とは国体そのものであり、それが私たちの歴史伝統、アイデンティティそのものとして、その独立性を守ってきたのです。

今後、イスラム教国から労働者を呼び込むならば、彼らの教義上、今、ヨーロッパで起きているよりも更に悲惨な衝突を生むかもしれません。

(中略)

日本の神道は多神教として八百万の神を祀る寛容な宗教であり、我が国では信教の自由も認められていますが、受け入れられる側もそうでなければ多文化主義など成り立ちようがありませんが、それはとてつもなく困難な問題です。

低コスト労働力の輸入という差別的な政策から引き起こされる軋轢によって一部の人々が過激化する大義名分ともなり得る教義とも言えるものです。
国内の創価学会や統一教会などを扱うカルト糾弾の運動にイスラム教が加えられるのも決して遠い未来のことではないかもしれません。

私たちからすれば一般のムスリムとはカルトのカルト末端信者同様、被害者でもあり、その多くは善良な人々でしょう。
しかし残念ながら、この問題は一部過激派だけの問題とは言えないのが現状です。

私たちは日本人として神道に基づく多神教国であるこの日本を守らなければなりません」

 欧州各国に雪崩れ込んで上手くいかないものが日本に来たとしても上手くいくはずはない。

 アメリカ合衆国の世界戦略に沿って中東の石油にばかり依存している日本の姿勢も問題。日本国として対イスラム過激派対策で資金を拠出するのは「人道支援」という名目であったが、安倍晋三首相はイスラム過激派の壊滅…だとか余計なことをイスラエル国旗の前で発言したと言う。

 こうした首相の発言や日本にとって利益の少ない中東への肩入れが事件の直接的な引き金になったのは事実としても、イスラム教とイスラム過激派に対するスタンスは至極正当だろう。

 同様の日本人誘拐事件の再発を防ぐには、日本の対中東戦略を抜本的に見直し、ロシアや東南アジアから石油を輸入するようにすべきである。
… … …
 主催団体代表である遠藤修一氏と中継カメラマンとして同行していた護国志士の会幹部カルロス氏がアルタ前に到着するや「対話」を呼びかける形で取り囲んだと言う。名目は対話などと言うが、誰かが問いかけを行なっても周囲から罵声が浴びせられるなど、対話にならない。理詰めした反論を返されると不利だというのを連中も分かっているのだろう。罵詈雑言、怒声を浴びせることで言葉を返せないように仕向ける。

 これこそが「ヘイト反対」「レイシズム反対」「差別反対」…と言いながら愛国運動の声を封殺しようと目論む者らの卑劣な手段である。

 公安の刑事たちも少ない人数ながら、双方が暴力沙汰の衝突に発展しないように引き離そうとカルロス氏らをアルタ前広場から地下鉄入り口のほうへと誘導した。しかし、そこにもしばき隊が殺到。現場は大混乱だったと言う。

 そして騒動の最中、駅東口に到着した高木局長は、妨害勢力との衝突になるまいと警戒していた公安らの「誘導」によって改札のほうへと促された。
B8gmn0ICYAAokha
 妨害勢力はこの時の様子を携帯カメラで撮影し、「連行」などとツイッター上で触れ回っているようだが、こういう事実の歪曲も連中の常套手段である。

 妨害勢力による主なターゲットは高木局長とカルロス氏だったようで、2人への攻撃が集中したようである。

shibaki2shibaki
 反グローバリズム保守連合主催の新宿アルタ前街宣にはこれまでも妨害勢力しばき隊が来たことはあるが、大規模デモ(西川口)の直前など限定された時のみであった。

 後は木野など誰か1人で偵察程度に来ていたとか散発的なものであり、群がっての妨害はアルタ前街宣に限ってはほぼ皆無であった。

 行動する保守運動全体としてデモや街頭活動を自粛する傾向にあるが、妨害勢力しばき隊の連中はいよいいよ他の街宣活動にもターゲットを移し始めたようである。

 特に護国志士の会は行動する保守運動の中でも急先鋒のグループとして見なされているはずだ。今後いかなる行動であっても気を引き締めねばならないが、結局、「ヘイトスピーチ・デモ」などと言われる街頭行動が鳴りを潜めても、妨害行為は一歩またさらに一歩と次々、愛国運動への妨害の度合いを強めてくるのである。

 もはや連中にとっては運動の形態がどうあろうと、我々が存在していること自体が気に食わない、根絶やしにしたい、日本人愛国者へのレイシズムに根差した言動であり、1人残らず根絶するまで潰したいという日本人へのヘイトスピーチ」「日本人愛国者へのヘイトクライムなのである。

 現在、国会ではヘイトスピーチ規制法の動きが高まっているなどと言われるが、むしろ必要なのは「日本人へのヘイトスピーチ規制」だろう。

 なお、我ら護国志士の会は来たる平成27年3月1日(日)に、埼玉県内で「攘夷国民大行進(仮題)」を予定している。主催は高木脩平局長。

 高木局長は「絶対に負けられない!」と決意を改めて表明。

 今や日本列島から陣地を奪われ、追い立てられているのは外国人ではなく、日本人の側である。

 断じて追われてはならない!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★お知らせ

行動する保守運動カレンダー」より

3・1 攘夷国民大行進(仮)
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=691

主催:高木脩平・護国志士の会局長(代表)

★高木局長との軌跡

544-3
NPO外追公式サイト」より

2014年09月13日 【東京】朝鮮邪教(カルト)・反日資金源撲滅国民大行進
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1817460.html
o0581043513067897336fc2_2014-09-16_00-00-29-558

2014年11月09日 【埼玉】異民族排斥デモ行進
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1821645.html

mqdefault203415b8e-s



2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

所謂「ネトウヨ」なる蔑称の次には、

日本人愛国者を犯罪者扱いする蔑称と風潮が台頭する!

一部では既に異常者・抹殺対象の扱いにさえなっている!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01

  
Posted by samuraiari at 02:26このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2015年01月29日

帰化人集スト裁判のご報告!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★裁判傍聴記 1/28 INさいたま地裁越谷支部

元中国人の男が「集団ストーカー行為」を認めた画期的な瞬間!!

150128_1103~020001150128_1103~020001
画像:さいたま地裁越谷支部

 平成27年1月28日(水)午後11時30分より、さいたま地裁越谷支部第2法廷(蛭田円香裁判長)にて集団ストーカー犯罪の頭目を訴えた民事賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が開かれた。

 この裁判については拙ブログの1月27日付エントリーでも告知していたが、原告である梅野祐亮さんから集団ストーカー被害の実態と裁判の開始が知らされていたものだ。

2015年01月27日 「集スト裁判の告知!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968658.html

場所:さいたま地裁越谷支部
原告:梅野祐亮・允子
(訴訟代理人:弁護士法人アームズ法律事務所 弁護士:浅水尚伸、中村信行、麻王秀一郎、出口和歌子、加藤善大)

被告:張 鋭(通名:江本鋭次)
事件番号:平成26(ワ)第839号

 本題に入る前に訂正しておかなければならない。先のエントリーで梅野さんら原告を「梅野夫妻」としたが、正しくは「梅野さん親子」「母子」であった。

※訂正とお詫び
 埼玉県越谷市の団地に居住する「梅野さん夫妻」は少なくとも平成25年3月頃より、同団地に居住する元中国人の男らから様々な嫌がらせを受けてきたという。

… … …
 原告は、筆者(有門大輔)より一歳年上の梅野祐亮さんとその母・允子さん。允子さんはご子息であられる祐亮さんともども言葉遣いも丁寧で、一言で言えば上品なタイプ。年齢は70歳前後くらいだと思われるが、控え目な雰囲気と常に相手を気遣われるお人柄の良さがにじみ出ていた。清楚な感じで、「淑女」といった表現が似合うだろうか。

 裁判所に到着すると初対面の允子さんが実際の集団ストーカー被害について話してくれた。

もう、こんなことが数年来にわたって繰り広げられるなど、私もこれまでの人生で経験したことのないことであり、人間というものの恐ろしさをまざまざと見せ付けられた思いです。
 異民族と言いますか、特定の(カルト)団体に属すると人間というのを、こうまで歪めてしまうのかと非常に恐ろしい思いがしています。

 昔の江戸時代の十手(じって)と言うんでしょうか、捕り物に使う武器を手にした中国人の方がマンションの通路に並べて干した何枚もの布団や座布団をひっきりなしにバンバン、バンバンと力強く、それこそ『キチガイ』のように叩いては騒音を立てていました

 允子さんら梅野さん母子は、おそらく普段は「キチガイ」などという表現は使わないのだろう。そうした表現を使わない人でも、そのようにキツイ表現で以って説明するほどに集団ストーカー行為による嫌がらせは陰湿で長期間にわたって執拗に継続されてきたと見られる。

 ある時など、十手でマンションの手すりや金属部分を叩いては敷地内に響き渡るような激しい音を立て、そのせいで允子さんは左耳の聴力に支障を来たしたことが検査で判明している。これなどは、もう傷害事件の類だろう。

 嫌がらせを繰り広げる中国人の男は5階からわざと階下に落下させた布団を取りに階段を降りて行ったが、また戻って来る際に片手に持った十手を振り上げながら階段を上ってくる様子は狂気の沙汰でしかない。

 梅野さんらが外出する際には必ずと言って良いほどに伴走でもするかのように後を尾行して来る。梅野さん宅で所有している自転車のタイヤが刃物で切られたことなど5〜6回ではないと言う。

 その被告である中国からの帰化人・江本鋭次こと張鋭が裁判所に到着した。傍らには息子と思しき男を伴なっている。

 開廷と同時に張被告も入廷。張被告は入廷から被告席に座り、閉廷に至るまで終始、マスクを外さなかったので、その表情を覗うことは出来なかったが、昭和45年生まれということが判明しているので年の頃は44〜45歳といったところか。家族は息子のほかに妻を持ち、飲食業に携わる妻がいる一方、自身は「専業主夫」を自称していると言う。

 張被告はグレー色のジャージにスニーカー、青いマフラー、フードの付いたコートを着用しており、一見は二十代後半から三十代くらいにも見える。身長175センチくらいの痩せ型。

 何と言うか短く刈り込みながら髪の毛はボサボサ。その顔つきと雰囲気から中国人だと分かる人には分かる。どことなく凶暴そうな雰囲気で、何らかの凶悪犯罪に及んで被告席にいたとしても不思議ではないくらいの薄気味悪く、得体の知れない風貌だ。

 「出来れば裁判などやりたくなかった。今回が初めてです」という梅野さん母子は当然ながら裁判に至る前、張被告に口頭で迷惑行為をやめるように注意した。

 注意でもしようものなら、忽ち逆ギレしては凶暴性を剥き出しに食ってかかって来そうな出で立ちだ。事実、梅野さん母子が暴力的な言動で以って威圧されたことなど数え切れない。挙げ句、「デス・プリント」と称される「死亡」と書かれた紙を梅野さん母子に示してくる有り様である。

 どういう凶行に及ぶとも分からない者が威圧・威嚇しながら、自分の住む階から1階まで自転車を上げ下げする光景は、何のつもりでそんなことをやっているのですかと聞きたくもなるが、意味不明で奇異な言動の数々は実に恐怖である。

 こんな連中の標的にされては生きた心地がしない。梅野さん母子もご他聞に漏れず、真っ当で正常な日常生活を営めなくなってしまった。

 裁判は始まってすぐに原告側(梅野さん母子)の訴訟代理人(弁護士)と、張被告による別室での「弁論準備手続き」に入り、閉廷。

 弁論準備手続きの最中、待合室で待機していた梅野さん母子が話す。

昔、お付き合いで1年間だけ『聖教新聞』を購読していたことがあります。ただ、私たちは創価学会の信者ではありませんでした。その後もお付き合いのある方から新聞の購読や集会、入信へのお誘いは受けていたのですが、あまり面と向かってハッキリと断ると角が立つと思い、『時間がありましたら…』という程度にそれとなくお断りはしていました。
 きっと私どものような障害者を抱える家庭は(創価学会に)入信して当然だろうという周りの反感があったんだろうと思います

 梅野允子さんには障害を抱える息子さん、つまり祐亮さんの弟さんがおられる。デイケア施設に通っていたりするが、その施設の職員も創価学会信者で占められているのではないかと思われる。

 原因はそこにあったと考えられるのだ。マンション中に響き渡るような音を立てて梅野さん以外のご家庭が黙っているとは思えない。やはり周囲の暗黙裡の容認、不作為の共犯関係があってのことと考えられるだろう。

 ある時、それまで允子さんと懇意にしていた別の階に住むご家庭の主婦が、元中国人のストーカー男と同様に布団を叩いて、そそくさドアの中に隠れるように入っていく光景に出くわした。
とても快く接して下さった方でも、あんな風に態度を豹変させるのかと信じられない思いでした。そこのご家庭はお子さんが中学校に通っているということもあり、子供が学会の繋がりで苛められたりはしないかと恐怖心に駆られ、それで私たちに対しても冷たく態度を翻したのではないかと思っています」(允子さん)

 集団ストーカー行為は時に元中国人の男が自分の息子とその友達まで加担させ、明らかに地域ぐるみで自家用車など梅野さん宅の所有物に嫌がらせを繰り広げることもあったが、飽くまでも主体であり「先兵」だったのは江本こと張被告。

 無論、嫌がらせを発見した現行犯で警察に通報したこともあったが、バイクで駆けつけた警察官が迂回して様子見していたかと思ったら、集ストを繰り広げる者らが逃げるように促した後で事情聴取に来るなどということも。時には事情聴取や様子見にさえ来なかったと言う。

 我々も創価学会批判のポスティング活動を展開した時(平成21年の都議選と衆院選)、さんざん創価学会信者らの妨害に遭ったが、向こうは地元の公明党議員まで駆り出してきたりした。地元の議員なら所轄警察署にも顔が利く。こちらの個人情報が警察官を通じて漏れていたのだ。

… … …
 梅野さんが提訴した昨年末より、張被告の側からは「精神異常ゆえ、そのような行為(集ストなど嫌がらせ)に及んでしまいました。申し訳ありません。賠償金は払いませんが、今年3月までに今の住居を引き払います」ということを条件に和解案を示してきたという。

 注目の第2回口頭弁論平成27年2月13日(金)午後2時30分より、同地裁越谷支部第2法廷にて。

 今回の口頭弁論では集団ストーカーの主犯格が自らの罪を認めて謝罪(心から反省などはしていないだろうが)、これまで謎のベールに包まれていた集スト犯罪の実態が初めて表沙汰になったという意味では画期的な瞬間であり、画期的な裁判だったと言える。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆異様だった越谷支部、越谷の街、

そして駅ホームに居た「元中国人被告」とその息子…!!

 それにしても異様だったのは、さいたま地裁越谷支部の雰囲気である。着いた直後から、異様さが目と鼻についた。裁判所に隣接する駐車場が創価学会の敷地だったということと関係しているのかどうか分からないが、職員や来訪者の全てがカルト信者独特の目つきや顔つきである。

 着いた直後、法廷前には3人の清掃員が作業をしているだけだった。しかし、何らかの裁判が行なわれていたり、始まる直前の時間帯でないのにも関わらず、3〜4人の職員が法廷前に立ち、暗に何かを見張っているような雰囲気だった。

 集スト犯罪に見られる「仄(ほの)めかし」ではないのだろうが、1人の職員は法廷から廊下を通って事務室へ、事務室から廊下へ、そしてまた法廷へと出入りを繰り返していた。

 何よりも街の雰囲気もどこか異様である(そう思えただけかも知れないが)。帰りの道中、飲食店に立ち入ろうとしたが、店員から明らかに空いているはずの席を「予約」だとか「待ち合わせ」だと告げられ、「少々お待ち頂けますか?」などと言われた。「いらっしゃいませ〜♪」という店員の明るい声が売りのチェーン店であるにも関わらず、声の張りもなく、店の雰囲気も異様だったので帰ることにした。

 そして東京への帰途に着く越谷駅のホームでは信じ難い光景を目にした。

 閉廷から暫く経っているはずなのに、法廷で見た江本鋭次こと張鋭被告とその息子がいるではないか!!

 単なる偶然にしては、あまりにも恐ろしい!!

 彼らは同じホームから筆者・有門とは別方向の電車に乗って行ったが、その際、張被告が何気に何かを攻撃するかのような動作を一瞬見せた。単に身体を動かしただけかも知れないが、その異様な立ち居振る舞いは集スト被害者を大いに脅かすことだろう。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆カルトと異民族をめぐる凶行!?

 愛知県では名古屋大学生による殺人事件が発生。「人を殺してみたかった」とする女子大生が70歳代の女性を斧で惨殺するという犯行手口だった。
Aw3swX520150127-00000030-ann-000-2-view
 一説には殺害された女性がカルト教団への入信を強引に勧誘していた矢先に発生した事件だとも伝えられる。
 ネット上には加害者である女子大生(19歳)の画像が出回るなどしており、その顔つきからも「犯行手口といい、動機といい、日本人では考えられない」とする評価がもっぱら。一方、殺害された女性もまた日本人らしからぬ風貌だと評判だ。

☆書籍ご紹介!

sutosuto2
画像:集団ストーカー犯罪撲滅を目指す団体の代表者が発行した単行本

『集団ストーカー認知・撲滅』(発行:パレード 発売:星雲社)

安倍幾多郎(あべ・きたろう =HN:馬苦路さん=)



2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

ネット右派層に限らず、日本人を標的にした組織犯罪!

集スト犯罪の陰湿さはリアルでもネットでも変わらず!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01

  
Posted by samuraiari at 01:02このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック カルト邪教政党・集団ストーカー問題 

2015年01月27日

第6弾 無法の表現

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★東スポ紙への申し入れ

ビートたけし・同紙客員編集長による不敬助長(?)について

東スポからは真摯な対応が見られるもサザン桑田は新たな不敬に及ぶ?

unnamed
画像:東スポ幹部に「要請文」を手渡す渡邊昇代表(手前)と筆者・有門大輔(奥)

 さる平成27年1月26日(月)、『牢人新聞社』の渡邊昇代表と筆者(有門大輔)は東京・江東区にある『東京スポーツ新聞』へと赴いた。

渡邊昇代表のブログ『一介の素浪人』 http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/

 我々はさる1月11日に、東京・渋谷のアミューズ前で、桑田佳祐サザンオールスターズによる年越しライブでの紫綬褒章の取り扱いをめぐる不敬な言動を糾す抗議行動を行なった。

 その1週間後の同18日には文京区で記者会見を行なった。

 抗議行動から記者会見へと至る経過は東京スポーツ新聞および同社のウェブサイトでも報道して頂いた次第である。

 しかし、その時の19日付の東スポ紙では、同紙の客員編集長である北野武(ビートたけし)氏が自身の「たけし世相斬り」コーナーでサザン桑田氏による不敬な言動に言及。

 たけし客員編集長は「不敬演出『フォローがなってなかった』」「紫綬褒章出すならまずニセモノ出せ ありがたみ伝わらないよ」「紫綬褒章をステージ上で、ファンを盛り上げるための『道具』にしちゃったんだってね。そりゃ、やり方間違えてるよな。紫綬褒章をジーパンから出すってパフォーマンスはいいけど、ニセモノを出さないと」「そういうふうに『ありがたいもんだ』ってフォローをしないから、桑田は怒られるんだよ。ギャグとしてはいいんだけど、フォローがなってなかった」と述べるなど、不敬を助長しているとも受け取られかねないユーモアを飛ばしたものである。

150119_2204~01
:関連エントリー

2015年01月20日 「第5弾 無法の表現
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51967942.html
☆東スポ紙 たけしが不敬演出を肯定・助長!?
☆サザン桑田が紫綬褒章の扱いで受けた有史以来変わらぬ「帝国」の洗礼

150119_2204~02
 週刊誌など様々な媒体でビートたけしのギャグとユーモアを混ぜた毒舌コーナーを見かけるが、東スポ紙でのたけし客員編集長の同コーナーはもう30年以上の連載になると言う。

 同紙の説明によると「たけしさんに1面を与え、たけしさん、どうぞ好きに書いて下さい…という形でやっています」というもの。

 今回の東スポ行きは牢人新聞の渡邊代表がコンタクトを取り、双方で日時を設定して対話の場が設けられたものだ。

 応対に出たのは東京スポーツ新聞社編集局の平鍋幸治文化部長・局長補佐と文化部の記者1名。

 今回の東スポ行きについては事前に渡邊代表とその趣旨を打ち合わせていた。
単に乗り込んで怒りの声をぶちまけることだけが運動じゃない。アミューズのように真正面から対応せず、逃げに終始して有耶無耶にしようとするのではなく、相手が対話のテーブルに着きましょうと言ってくれた時は、こちらも相応の出方をして、申し入れるべきは申し入れ、それを相手が聞き入れられないというのであれば、その都度対応を考えていけば良い」(渡邊代表)

 そのような趣旨で東スポに赴いたものである。

 東スポの歴史を振り返ると、昭和30年代半ばに『国会タイムズ』(国会タイムズ新社)として設立された。すぐに現在の東京スポーツ新聞に改められ、東スポほか地域ごとに大阪スポーツ、中京スポーツ、九州スポーツといった4社体制がとられている。
http://www.tokyo-sports.co.jp/company_about/

 現在の代表取締役は編集局長も兼任する酒井修氏だが、同社の設立者である現在の太刀川恒夫代表取締役会長は、かつて戦後右翼のフィクサーと言われた故児玉誉士夫氏の秘書を務めていたという。
http://www.tokyo-sports.co.jp/company_chairman/

 どうしようもない左翼と左翼崩れが幅を利かせるマスコミだが、こうした戦前・戦後を通じた右翼運動の系譜が言論界にも脈々と生きている。

 平鍋文化部長(局長補佐)との話し合いだが、実は筆者・有門は他用と、行き慣れない場所のせいか会社の所在地をなかなか見つけられず、遅れて到着してしまった。

 それでも先に到着していた渡邊代表ともども同部長より快く迎え入れられたものだが、話し合いの内容は「たけし問題」にとどまらず、外国人犯罪とりわけ在日中国人・朝鮮人による犯罪から日系ブラジル人犯罪、その在日ブラジル人が持つ「日系人特権」の問題、凶悪犯罪者への警察官の拳銃使用から正当防衛の問題、池袋や錦糸町、上野、六本木など東京都内で特に治安が悪化している地域など、実に多岐に及んだものである。

 そうした事項への関心も新聞記者としてのものであり、また一人の日本人として肌身で思う治安悪化への憂慮と言えるだろうか。

 想像以上の長時間に及ぶ、多岐にわたる対話のテーブルであったと思う。

 こちらを篭絡しては撹乱することしか考えていない敵勢力(妨害勢力)と話し合う必要はないが、抗議する側も人であれば、抗議を受ける側もまた人、お互いにその人となりを知ることは重要である。

5e7bf730-s
 東スポ紙に限らず、スポーツ新聞系は駅売店でも派手な見出しが目立つ。平鍋部長によると、「昔は派手にやっていたが、最近はかなり控え目ですね。それでもなお人目を惹くというのは嬉しい限りですね」と紙面の作り方について話す。サザン桑田抗議の時もかなりセンセーショナルな1面トップでの見出しであった。
CIMG8841
 時に拡声器を担いで大声を張り上げ、デモで高らかにコールし、丁々発止のやり取りをすることも確かに重要であるが、時に静かに対話の席に着き、一方が相手方の活動内容を知り、もう一方が相手方の報道(業務)に対する熱意や取り組み方を知ることも重要であり、これもまた「運動の一形態」である。

 その上で申し入れる抗議や要請の内容も、より説得力を持ち、想像以上の効果を生むのではないだろうか。

 渡邊代表とともに筆者・有門が手渡した要請文について、平鍋部長は「編集局の各責任者・記者に閲覧させ、その内容を熟慮致します」と述べてくれた。

 今回、渡邊代表主導の申し入れにおいては、抗議・要請する内容以前に重要なことがあることを、また一つ学ばせて頂いた。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

以下、要請文の全文掲載

要望書

東京スポーツ新聞 御中

 我々は貴紙に対して以下のことを要求する。

 さる平成27年1月19日付の貴紙では「客員編集長」の北野武氏による「たけし世相斬り」コーナーで「桑田にダメ出し」と題した記事を掲載した。

 同コーナーにおいて北野武客員編集長は「不敬演出『フォローがなってなかった』」「紫綬褒章出すならまずニセモノ出せ ありがたみ伝わらないよ」という見出しで、年越しライブ2014におけるサザンオールスターズ桑田佳祐氏(アミューズ所属)による紫綬褒章の取り扱いに言及。

 その中で、ライブの小道具に紫綬褒章のニセモノを出せ、作れとも受け取れる不敬の助長発言が見られたのは残念極まりない。

 北野客員編集長は自身がベネチア国際映画祭で受賞した金獅子賞を受賞した時、帰国後の会見で金獅子像のミニチュアを金獅子賞に見立てたエピソードを披露。ニセモノだとする突っ込み(指摘)が入ってからホンモノを出したことやフランスの芸術文化勲章であるコマンドール賞を受賞した時にもチョコレートのメダルを出してからツッコミが入り、本物を出したというエピソードを披露した。

 しかし、これらは外国の映画祭が設けた映画賞、文化勲章であり、それと天皇陛下が国内の功労者に授けた紫綬褒章を同列に語ることは出来ない。

 紫綬褒章の取り扱いについて受勲者に対し、何も難しいことを要求しているわけではない。形式ばったことをしてくれとも言わない。ただ、自身の功績が讃えられ、陛下から賜った勲章を後生大事にしてくれというだけである。

 紫綬褒章は日本国民への貢献として今上天皇陛下がその功績を認め、受勲者らに授けたものである。

 北野客員編集長の言動もまたフォローさえしていれば不敬な演出も構わないと言ったも同然であり、これを単なるギャグのレベルとして受け流せるものではない。

 北野客員編集長は同紙・同コーナーにおいて自身も紫綬褒章受勲の候補に挙がったことを述べているが、候補に挙がること自体が名誉なことであり、なおのことギャグや笑いのネタにされる際にも細心の注意を払われたい。

 さる1月18日、サザン桑田氏とアミューズへの抗議行動を行なった我々は東京都内にて記者会見を開催。一連の行動を主導した『牢人新聞』代表の渡邊昇代表から述べたことは貴紙において記事にもなっている。
「この抗議は相手にダメージを与えるということでなく、きちんと政治的な問題などを分かってほしいという思いから開いたものです。今後も監視は続けていきます」

 不敬な言動は何もサザン桑田氏に限ったことではなく、今後、いつ如何なる形で、誰が不敬な言動に及ぶとも分からない。その不敬が及ぼす波及効果はサザン桑田氏によるもの以上かも知れない。

 然るに貴紙の客員編集長による一連の記事には、監視を明言した直後、非常な違和感を感じたものである。

 ここに我々は貴紙に対して以下のことを要求する。

 昨今のマスコミ報道に見られる傾向だが、「雅子様」「愛子様」といったように皇族をまるで一般家庭と同等に見なす傾向が強まっているように思う。「皇太子ご夫妻」だとか「天皇ご一家」といったように。
 これを、「天皇皇后両陛下」「殿下」「妃殿下」「両殿下」「内親王殿下」といったように、本来あるべき敬称を用いての報道を徹底してもらいたい。

 今ある日本国民の皇室・皇族への姿勢とは、まるでタレントに対するような「親しみ」であっても、「敬い」ではないように思う。

 皇室・皇族への親しみよりも必要なのは、この敬いではないだろうか。今、この敬いが消えてしまい、皇室・皇族を軽視するかのような風潮の延長上としてサザン桑田による紫綬褒章への粗末な取り扱いや不敬な言動があったのではないかと憂慮するものだ。

平成27年1月26日
牢人新聞社 代表 渡邊 昇
NPO外国人犯罪追放運動 理事長 有門大輔


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

昨年夏のカルト撲滅デモより年末年始にかけて渡邊昇代表との共闘!
soukaB6LU44NCQAE8lb3

78d34137

B7ohtdRCQAAENAtnabe

★桑田佳祐サザンオールスターズによる新たな不敬!

kuwata0223_main_A
天皇陛下から賜った紫綬褒章の取り扱いをめぐる不敬を糾されたばかりの桑田佳祐サザンオールスターズが最近、発表・発売したニューアルバムには、国旗日の丸を模したものなのか、白い玉砂利の真ん中に全身アカ尽くめの女がうずくまっているというパッケージ。
054ff806822c28e3c4e9e59af5abde1b
これがサザン桑田による新たな不敬であり、先の紫綬褒章問題を何も反省していない、桑田による世間への意趣返しではないかとインターネット上で話題になっている。
kuwata0223_main_A054ff806822c28e3c4e9e59af5abde1b

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

matsu
著名人とネット右派層に対する差別表現と誹謗中傷が羅列!

生産性無き「カキコ」と「オチ」に狂奔させる中毒媒体を閉鎖せよ!

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01

  
Posted by samuraiari at 22:03このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

集スト裁判の告知!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

※訂正とお詫び…

拙ブログの告知におきまして「越谷支部」と記すべきところを、誤って川越と記していました。

1・28 さいたま地裁越谷支部 11:30開廷

★帰化人集団による近隣テロ!!

かつてないガスライティング(心理的虐待)の確証に司法の判断や如何に?

gasu
画像:ガスライティングを描いた映画のワンシーン

ガスライティング(ウィキペディアより)

 埼玉県越谷市の団地に居住する「梅野さん夫妻」は少なくとも平成25年3月頃より、同団地に居住する元中国人の男らから様々な嫌がらせを受けてきたという。

 このほど、その証拠(画像・映像など)を元に民事訴訟の場に訴え出た。

 カルト信者などによる所謂集団ストーカーの類の犯罪はこれまでいくつもの事例を見てきたが、いずれも確証や物的証拠に乏しく、警察当局や司法に掛け合っても決定的な事態の進展には至らなかったものである。
and_296441
画像:ガスライティングを描いた書籍

 ところが、梅野さん夫妻への集団ストーカー犯罪のケースは画像、動画などで気味が悪いくらいに、集スト犯罪の実態が浮き彫りにされていたものである。

 集スト犯罪と聞けば、これまでは一般的に「本当にそんな集団的な犯行があるのか?」「組織的な付きまといや嫌がらせなど、考え過ぎではないのか?」と目されてきたものだ。

 しかし、梅野さんの場合は表沙汰にならないよう巧妙且つ緻密、そして長期間にわたってジワリジワリと繰り広げられてきた集スト犯罪の実態が奇跡的と言うくらいに表面化したケースと言えるだろう。

 時に中学生くらいの児童まで嗾(けしか)け、梅野さん宅と団地敷地内にある梅野さんの所有物(自家用車など)への嫌がらせを繰り広げ、また梅野さんら当人に執拗な攻撃が仕掛けられた。

 その首謀者を相手取っての民事賠償請求訴訟である。

 被告の名は張 鋭(通名:江本鋭次)。元中国人の帰化人。

 張被告は梅野さん夫妻らが居住する団地5階より通路を挟んだ向かい側の団地5階に居住している。

 張被告は毎朝・毎夕、そして白昼の時間帯にテープレコーダー機器を使って野生動物の声を流しながら、オーバーに布団を叩く音を立てた。

 梅野さんら(原告)が見やると、張被告は梅野さんらに対して拳を振りかざしたり突きつけるような仕草で威圧、梅野さんらに向かって死亡と書かれた紙を示すなど、完全に異常者の言動である。

 こうした他愛もない嫌がらせでも何年も何年も続けられると堪ったものではない。

 ある時、梅野さんは張被告に対し、ベランダ越しに口頭でやめるように直接申し入れている。また、梅野さんは団地の管理者にも苦情を申し立て、その管理者より張被告に対しては注意がなされたにも関わらず、未だそうした執拗な嫌がらせと威圧行為をやめていない。

 拳を振り上げる行為は暴力行為を示唆する動作であり、死亡と書かれた紙を提示する行為は刑法で言うところの脅迫にも該当する。

 数年来の長期間にわたる嫌がらせと威圧行為のため、梅野さんらは平穏に生活する権利を侵害され、絶えず恐怖感や不快感、精神的苦痛に苛(さいな)まれている。

 その苦痛はとてつもなく甚大だ。

 梅野さんらは遂に訴訟代理人(弁護士)を立て、司法の場に訴え出て戦うことを決意した!

【裁判の詳細】

日時:平成27年1月28日(水) 11:30開廷
場所:さいたま地裁越谷支部
原告:梅野祐亮・允子
(訴訟代理人:弁護士法人アームズ法律事務所 弁護士:浅水尚伸、中村信行、麻王秀一郎、出口和歌子、加藤善大)
被告:張 鋭(通名:江本鋭次)


※訂正とお詫び…

拙ブログの告知におきまして「越谷支部」と記すべきところを、誤って川越と記していました。

裁判所案内図
http://www.courts.go.jp/saitama/about/syozai/kosigayasibu/
s_0_vc2_img-01_vc2_img-01_0_vc2_img-01

以下、訴状(一部関係者の居住先、連絡先等を伏せています)
CCF20150127_00000

以上

 この裁判については、さる1月7日、人気極右ブログ『日本よ何処へ』(瀬戸弘幸主宰)に掲載されている。

2015年01月07日 「集団ストーカー事件で裁判始まる
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53092923.html

 訴状に書かれた請求の趣旨・原因については極めて争点が絞られているが、執筆者の瀬戸主宰は実際に集スト犯罪の犯行現場を収録した映像や画像を原告の梅野さんより閲覧させてもらっている。

 以下に転載するが、

1.本人が所有する車の周りを複数の人間が中を覗き込むように見ている写真
(合住宅の上からその駐車場が見え、写真でしっかりと捉えてあった)

2.その車の前後に生ゴミ、鳩の死骸、新聞紙(聖教新聞)を丸めたものが散乱している事実

3.複数の者が真っ昼間からその駐車場に屯(たむろ)して、何らかの機械の部品を広げては騒いでいる画像
(それは単に騒いでいると言うよりは被害者を威嚇しているような感じで写っていた)

4.梅野さん宅の自転車のタイヤがナイフで切られたり、チューブが全て剥ぎ取られた様子

…などなど戦慄の近隣テロであり、ガスライティング(心理的虐待)と言えよう。

 カルト団体の仲間なのか、帰化した中国人同胞の繋がりか、そうした数々の嫌がらせを集団的且つ組織的とも言える形で繰り広げた集スト犯罪の首謀者を相手取った司法の戦いが今、始まろうとしている!

 その背景、経過も相当に根深いものと考えなければならないが、異民族及びカルトによる日本人を標的とした集スト犯罪への反撃の狼煙が上げられ、戦いの火蓋が切って落とされた!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

:拙ブログの関連エントリー

2015年01月10日 「前進! カルト根絶への第一歩!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51966945.html
☆ストーカー規制法に改正の兆し!!
☆法を掻い潜る企業関係者への付きまとい続発に警察庁ほか各界も憂慮…!

sutosuto2
画像:集団ストーカー犯罪撲滅を目指す団体の代表者が発行した単行本

『集団ストーカー認知・撲滅』(発行:パレード 発売:星雲社)

安倍幾多郎(あべ・きたろう =HN:馬苦路さん=)


以下、ヤフー・ニュースより

suto
接客女性に「苦情」言ってつきまとう「クレームストーカー」 どう対処すればいいの?

弁護士ドットコム 1月24日(土)13時30分配信

ストーカーの被害が後を絶たない

企業の窓口として電話応対や接客を担当する女性に、苦情を装ってつきまとう「クレームストーカー」の被害が問題視されている。

毎日新聞の1月上旬の報道によると、ある育毛サロンの店長だった30代の女性は、客の男性からクレームを理由にしつこく面会を要求され、最終的には異動を余儀なくされた。その後、男性から女性個人に対して、慰謝料を請求する裁判まで起こされたという。

こうした「クレームストーカー」は、ストーカー規制法で取り締まることはできないのだろうか。また、企業として、どういった対応をすべきなのだろう。ストーカー問題にくわしい池田伸之弁護士に聞いた。

●「ストーカー規制法」での規制は難しい?

「ストーカー規制法は、大まかに説明すると、つきまとい等の行為に対して、次のような形で対策を規定しています。

(1)警察署長等が警告を出す

(2)ストーカーが警告に従わない場合、公安委員会がつきまとい等を禁止する命令を出す

(3)ストーカーがその命令にも従わない場合は、刑事罰の対象とする」

クレームストーカーに対しても、こうした対策を講じることはできないだろうか。

「ストーカー規制法で対処するのは、難しいと思われます。

この法律で規制対象となっている行為は、単なるつきまといではなく、そこに『恋愛感情その他の好意の感情』または『そうした感情が満たされないことに対する怨恨の感情』を、満たす目的が必要だからです。

表面上であっても、サービスに対する『クレーム』という形をとっている場合、『恋愛感情がらみだ』と客観的に受け止められる言葉が出てこない限り、現実問題として、ストーカー規制法による規制は難しいと思います」

では、ほかに法的な対応策は考えられるだろうか。

「このような場合、軽犯罪法や迷惑防止条例等にも該当することが多いと思います。ただし、ストーカー規制法のように、警告、禁止命令という速効的な抑制手段が取れません。

警察で警告などを出してもらえないときは、弁護士に相談して介入してもらったり、民事上の面会禁止の仮処分申請などで対処してもらうことも、検討する必要があります」

●企業はマニュアルの整備を

企業側としては、どんな対応をすべきだろうか?

「特に接客サービスを運営する企業については、『すぐ社内に通報する』、『複数で対応する』、『上司が対応する』など、クレームストーカーに対する対応マニュアルを整備し、従業員に徹底する必要があります。

もし、これらの対策が採られず、従業員に被害が及んだ場合、従業員に対する安全配慮を怠ったとして、企業に損害賠償の責任が生じる場合もあるので要注意です」

池田弁護士はこのように指摘していた。

【取材協力弁護士】
池田 伸之(いけだ・のぶゆき)弁護士
愛知県弁護士会
事務所名:池田総合特許法律事務所
事務所URL:
http://www.ikeda-lawpatent.jp



2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


今や悪口雑言の痰壷、ネット右派層に限らず全日本人が差別と中傷の標的!
matsu

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01

  
Posted by samuraiari at 00:18このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック カルト邪教政党・集団ストーカー問題 

2015年01月26日

吉田松陰と鎖国論

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★参加報告 1/25 IN文京区民センター

第47回 『日本の心を学ぶ会』勉強会

松陰の出国失敗と断罪、そしてイスラム国ほか危険地帯への渡航に罰則を!

150125_1815~010001
 平成27年1月25日(日)午後6時より、東京・文京区民センターにて『日本の心を学ぶ会』(渡邊昇代表)による勉強会が開催された。

 第1回目の頃より、(事実上の正会員として)ちょくちょく参加させて頂いて来たが、もうこの勉強会も第47回目を迎えると言うのだから、その継続性たるや凄まじい。
150125_1811~010001
 今回に入って最初の勉強会での演題は、NHK大河ドラマで吉田松陰の妹の視点から描いた『花燃ゆ』がスタートしたこともあり、「吉田松陰とその精神に学ぶ」。講師は同勉強会の専任とも言える『四宮政治文化研究所』代表の四宮正貴先生。

※勉強会より前、渡邊代表からは桑田佳祐サザンオールスターズによる不敬を糾した一連の抗議行動と記者会見などの経過報告が行なわれた。それを報じた東京スポーツ紙の見解を伺いに行くということも併せて。

渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』 http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/


 明治維新の原動力であり提唱者とされる吉田松陰が政治学・兵学に秀でた学者肌であったことはつとに知られている。しかし、松陰の学問への飽くなき追求は偉くなるためとか、賢くなるためではなく、その全ては「行動するため」の学問であった。

 浦賀よりアメリカ艦船に乗り込み、日本からの出国と米国入りを企て、近代兵学を学ぼうとしたものの敢え無く失敗。投獄された。

 江戸期の鎖国政策は外からも受け入れないが、日本からも出さないことを大前提としていた。

 話は逸れてしまうが、中東のイスラム過激派組織ISIS(イスラム国)で人質にされた日本人2人のうち1人が殺害されたとして話題になっている。
yukawa
 危険地帯に飛び込んだのは自らの意思と過失。これまでも同様のパターンで海外の武装組織に日本人が人質にされ、その度に身代金をめぐる報道に日本中が右往左往させられ、時には政府関係者が命懸けの交渉ごとに奔走させられた。

 日本国内から拉致された人や海外で別の場所から危険地帯へ連れ去られたような人は別として、日本政府が「渡航禁止」「自粛」を呼びかけて危険を伝えているのに、自ら危険地帯へと踏み入った者には何らかの罰則を設けるべきではないか?

 罰則があればリスクを冒してまで危険地帯には踏み入らないとする抑止力にはなるだろう。今回のイスラム国でのケースのように過激派組織の人質になったとしても、家族・親族が「身代金を払ってでも助けて下さい」とか、バカな左翼連中が「身代金を払え!」などと言い出したりしないのではないか?

 仮に日本へ無事帰って来られたところで当人を待っているのは罰則(懲役刑)だとしたら、あまりにも割に合わないからだ。
yukawa2
 だいたい政府としては行ってはいけません、危ないですよ、安全は保障されませんよと伝えているのに、その勧告を無視して危険地帯へ渡航した結果、人質になってしまった愚か者についてまで政府が責任を問われるようでは割に合わない。税金から身代金を拠出することになる日本国民にとっても割に合わない。
 さらに過激派組織が手にした身代金で武器を購入して勢力を拡大し、余計に在外邦人の安全が脅かされるようではあまりにも割が合わなさ過ぎる。

 政府は危険地帯への渡航禁止・自粛を呼びかけるとともに、当該の地域へ自ら踏み入った者には厳しい罰則を設けるべきである。
yukawa3
 たとえ日本を強くしたい、守りたいとする「やむにやまれぬ大和魂」であったとしても、松陰の出国と米国への入国を企てた行ないも当時の国法に触れる行ない。

 たとえ海外で誰を救いたいとする慈悲の心があったとしても、一たび人質にでもなれば日本中を振り回すほどに大迷惑を及ぼすのだから、その行ないには当然、投獄された松陰の時と同様に厳しい罰則が設けられるべきだろう。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆日本から消えたナショナリズムを取り戻せ!

 勉強会における四宮先生の講演で象徴的だと思ったのは幕末のペリー来航に際して、幕閣に名を連ねる雄藩をはじめとする各藩が「尊皇攘夷」を唱えて夷狄(いてき)を討ち払えと主張したということ。ここまでは誰もが知っているが、四宮先生はそれを「ナショナリズム」と形容された。

 そう、明治以降の日本にあるのは本当のナショナリズムではなく、日本人の本当のナショナリズムは武家・幕藩時代にあったのである。言い換えれば明治以前、武家時代の江戸期までが本当のナショナリズムであり、鎖国主義という尊皇攘夷が実現していた時代なのである。

 幕末期に明治維新の志士らが「尊皇攘夷! ソンノージョーイ!」と叫んだのは、消え行く尊皇攘夷(鎖国主義)時代への哀愁だったのではないだろうか?

 その哀愁は明治期になっても続いた。旧肥後藩士をはじめとする「神風連の乱」から旧長州藩士・前原一誠による「萩の乱」、西郷隆盛ら旧薩摩藩士による「西南戦争」など、これらもある意味では武家回帰を志向した「明治新政府(開国主義)への叛乱」である。

 これまで拙ブログでは排外主義をも超越し、旧幕府側のスタンスから吉田松陰をはじめとする旧長州藩や旧薩摩藩など西南藩閥を敵視して脱近代と武家回帰(当時は大江戸回帰)を唱えてきた。

 しかし、当の西南こそが武家回帰の本流だったのである。唱えるべきは西南からの武家回帰!

 現在の『靖国神社』の在り様とは、戊辰戦争における官軍側(旧薩長を中心とする倒幕側)の将兵をはじめ明治以降の戦没者しか祀られておらず、「明治維新」という旧薩長藩閥による革命の象徴であると思う。

 ここに前述の神風連の乱の旧肥後藩士、前原一誠をはじめとする萩の乱を起こした旧長州藩士、西郷隆盛ら西南戦争に決起した旧薩摩藩士、そして旧会津藩士や白虎隊、新選組など旧幕府側の将兵ら賊軍・叛乱軍とされる戦没者も祀り、その名誉回復をはかるという約150年の時を経た挙国一致。

 武家回帰だとか大江戸回帰と言えば、文明ごと退化させるなど、中東で言えばイスラム原理主義のイスラム国のような非近代性を連想するのかも知れないが、これが我々が目指す武家回帰の思想である。

 一頃、靖国神社に代わる代替の慰霊施設として国立戦没者墓地を建設するという構想が自民党政権で持ち上がり、ここに北朝鮮工作員だとか敵国の将兵まで慰霊するという案もあったという。古来にはそのような慣わし(敵兵を祀る)もあったのかも知れないが、現代の常識ではトンでもないことである。

 祀るべきでありながら、祀られていない戦没者が幕末から明治期にかけて、いくらでもいるだろう。

 勉強会の終盤、四宮先生からは上野の西郷隆盛像のほか初代警視総監だとか靖国神社の大村益次郎の銅像など、首都・東京の主要箇所に建てられている銅像が旧薩長藩閥の出身者であり、明治政府が足軽上がりの「足軽政府」と形容されていたことに触れられた。

 正直、四宮先生から、こういう形で明治期からの旧薩長藩閥政治の実態に言及されたことは目から鱗(うろこ)だった。

 現在の安倍晋三首相など旧長州藩の末裔による政治によって外国人労働者や移民の受け入れに狂奔する開国(売国)政治が公然と行なわれている。

 しかし、筆者(有門大輔)に限って言えば昭和後期から平成の今に至るまで近代日本に生まれて生きてきた者として、現在まで続く旧西南藩閥体制の一切を排除せよと主張することはしない。

 どちらか一方を排除して、どちらか一方を引き入れたところで同じことの繰り返しだし、第一その一方(旧幕側)はもう存在しない。

 勉強会の席上、リンゴ販売の関係で質疑応答の時間になって到着した極右ブログ日本よ何処へ瀬戸弘幸主宰からは「戦前、支那大陸や朝鮮半島の人脈と密接に繋がった岸信介ら『満鉄(満州鉄道)人脈』の系譜に斬り込んだほうが良い」との提言がなされた。

 その系譜については、別の機会に譲ることとしたい。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!

舛添東京都知事リコール活動、第七弾! デモin練馬【デモ前集会】
https://www.youtube.com/watch?v=a41OcX7Z63I

舛添東京都知事リコール活動、第七弾! デモin練馬

https://www.youtube.com/watch?v=EYtQqG1q7Zc

舛添東京都知事リコール活動、第七弾! デモin練馬【デモ後挨拶】
https://www.youtube.com/watch?v=JV02NJJPkBQ
sencaku38さん)


【2015/1/25】舛添東京都知事リコール活動第七弾!in練馬デモ1

https://www.youtube.com/watch?v=9DJs47Y0fio

【2015/1/25】舛添東京都知事リコール活動第七弾!in練馬デモ2
https://www.youtube.com/watch?v=1NErAriYvKA
(撮影者:ts25mumonさん)


【日侵会】舛添(ますぞえ)都知事やめろ! デモin練馬 1/2

https://www.youtube.com/watch?v=e7QiMITOA24

【日侵会】舛添(ますぞえ)都知事やめろ! 街宣in練馬 2/6
https://www.youtube.com/watch?v=Ip49dSkfp2I

【日侵会】舛添(ますぞえ)都知事やめろ! 街宣in練馬 3/6
https://www.youtube.com/watch?v=qr9HAmJn1r8

【日侵会】舛添(ますぞえ)都知事やめろ! 街宣in練馬 4/6
https://www.youtube.com/watch?v=KxB9_Q_0M5c

【日侵会】舛添(ますぞえ)都知事やめろ! 街宣in練馬 5/6
https://www.youtube.com/watch?v=2zPxJ9keM4g

【日侵会】舛添(ますぞえ)都知事やめろ! 街宣in練馬 6/6

https://www.youtube.com/watch?v=pN5rXqry2UE
(撮影者:癸生川三郎さん)


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

2ch
ジム・ワトキンス新管理人による西村博之からの2ch強奪は、

アメリカ合衆国による「2ちゃんねる封じ」の第一段階である!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01

  
Posted by samuraiari at 13:31このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2015年01月25日

イスラム国の人質殺害

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★「テロとの戦い」も然ることながら…

独善的に思い上がって出国、黄泉の国にまで旅立つ愚か者を止めよ!

isuramu2isuramu2
 イスラム過激派組織ISIS(イスラム国)で人質にされていた湯川遥菜氏(42歳)が殺害されたとの情報が飛び交っている。

 イスラム国の戦闘員による動画が全世界に流れてから、期限とされた72時間(3日間)を経過。日本政府の公式声明でも「殺害を否定する根拠はない」と発表されるなど、その死がますます現実味を濃くしている。

 結論から言って危険地帯へ自らの意思で赴き、足を踏み入れたのだから致し方ない。
B74Y79PCAAEVEov
 国会議事堂前では右翼だか左翼だか判別がつき難い頭の良くなさそうな連中が安倍晋三首相への抗議街宣を行ない、「イ・ノ・チを守れ〜!」「2人をス・ク・エ〜!」などというコールを伴奏付で叫んでいたようだ。
B73jH5hIQAEb3w0
 命を守れ?? 2人を救え???

 何よりも生命を大切にすべきは、イスラム国の支配地域である中東へ赴いた当人らだったのではないか!?

 誰も行ってくれと頼んだわけではないし、国として「行け」と命令したわけでもない。自分の意思で行くことを回避する手立てもあったはずだ。

 「全ては安倍のせいだ」とする向きもあるようだが、一体、安倍晋三首相や日本政府に何の責任があるのか?

 自分自身の生命と安全、まずは自分自身が気をつけなければ他の誰が守ってくれるわけでもない。

 人質にされ、殺害されたとされる人も様々な思惑があって異国の地に赴いたのだろうが、たとえそれがどんな正義感だろうと使命感だろうと慈悲・慈愛に基づいたものだろうと、国の渡航禁止勧告を無視して赴くようであれば単なる独善的な思い上がりでしかない。

 人間、何かを成し遂げる時に刑務所に行くくらいの覚悟、死ぬくらいの覚悟で赴かなければならない時もあるが、こんな自分の命を粗末にするような奴が誰かの命を尊重出来るとは思えない。

 命を守れだとか生命尊重などということは、絶えず危険地帯への渡航を自粛せよ、行ってはいけません、禁止ですと政府情報で呼びかけてきた日本政府に対して言うべきことではないだろう。

 政府の勧告を無視して危険地帯へと赴いた2人、そして、これから危険地帯へ行こうとしている、行くかも知れない愚か者の連中に対して呼びかけるべきことだ。

 それでも俺は行く、私は行くとする者は「遺書」を書いてから行け!

 過激派の勢力圏である危険地帯へ赴いていおいて、海外旅行気分で帰って来られると思うな!

 そして行った以上は日本政府や日本社会の庇護を期待してはならないし、そのようなものは一切無いと思え!
ref_lref_l
 人質の一人、後藤健二氏の母親は記者会見の席上、「息子はイスラム国の敵ではない」と述べた。当人とその母親の思想信条がどうなのかは知らないが、確かにそうかも知れない。

 敵ではないから人質にはならないと思っていたのか? 自らの浅はかな思慮が日本中を巻き込んだ、どれだけの人々に迷惑を及ぼすかも考えに及ばない愚か者の発想である。

 記者会見で最も気になった母親の発言。「イスラム国から息子(健二)の釈放…」としてくだりである。
kenji
 1997年に発生した左翼過激派集団『MRTA(トゥパクアマル革命運動)』による「在ペルー日本大使公邸占拠事件」が起きた当時もマスコミ報道を通じて使われた表現だが、この表現の使い方一つで左翼過激派に対する印象もイスラム過激派に対する印象も180度異なってしまう。

 釈放とは国なり政府機関が正当なる事由で逮捕・勾留した者への身柄拘束を解くことである。刑務所などの収容施設からの出所も然り。

 マスコミも大々的に釈放と伝えてしまっているようだが、国際テロの過激派組織に公的なお墨付きを与えてしまうも同然だ。

 2人の行動は軽率ではあったが、過激派組織による不当な身柄拘束であり、この場合に使うべきは「犯人グループが人質を解放…」といったように飽くまでも「解放」であるべきだろう。

 この言葉遣い一つで、アナタの息子さんとアナタのイスラム国における役割とは、「人質になって日本社会を混乱させることだったのではないか?」と言われても致し方がない。

 釈放…という表現一つでイスラム国とグルだったのではないかと?

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

以下、過去エントリーに寄せられたコメント(未承認、未公開)を紹介

投稿記事:イスラム国と人質事件
投稿日時:2015-01-25 08:18:08
投稿者名:佐藤
投稿IP:58.1.150.190

自衛隊に期待するより、己1人でさえも報復をしようと思わない右翼はいったい何をしているのであろうか?。
単なる街宣車おたくであるのか?。

以上

で、お前はどんな報復をしたのか?
ほれ、イスラム国の蛮行は日本人に対するレイシズムじゃないか!?
敵ではないはずの日本人まで殺しているぞ。
お前がまず行動してから言えよ。
国会前で街宣していたオタクの一人はお前か?

以下、同じくメールで寄せられた意見と返信
mail


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


日々飛び交う「ネトウヨ」なる愛国者への罵声も一種のネット・テロだ!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01

  
Posted by samuraiari at 17:35このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2015年01月24日

民主党の行方

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★岡田新体制での劇的変化の要素?

「労働鎖国」による雇用と賃金死守で党が化ける可能性…?

minsyu2minsyu2
 さる1月18日に行なわれた民主党代表選では元代表で副総理経験者の岡田克也氏が新代表に選出された。

 代表選に出馬したのは岡田氏のほか元幹事長の細野豪志氏、元厚労相の長妻昭氏の3人。1次投票では細野氏がトップ。2位の岡田氏との決選投票になったが、長妻陣営が岡田氏の支持に回り、逆転した格好だった。

 しかし、長妻陣営のすべてが岡田支持へ回ったわけではなく、新代表に当選した岡田氏が決選投票で133票だったのに対し、細野氏は120票という僅差。

【1次投票】
細野豪志 298票
岡田克也 294票
長妻 昭 168票

【決選投票】
岡田克也 133票
細野豪志 120票

minsyuminsyu
 1月22日には岡田新体制が発足。長妻氏や蓮舫氏を代表代行に、枝野幸男幹事長を続投、決選投票を争った細野氏を政調会長に据え、「オール民主党」を強調している。

 個人的には若き細野氏を代表とする民主党がどう動くのかを見てみたかった気もする。しかし、テレビキャスターとの不倫騒動が報じられた細野氏のこと、ライブドア堀江騒動での偽メールという迂闊な問題で辞任に追い込まれた前原誠司代表(当時)の時と同様、ちょっとしたことで足元をすくわれるなど脇の甘さと脆さも感じていた。

 岡田氏にとっては衆院選敗北の責任を取って辞任した平成17年以来、実に10年ぶりの代表職となるが、民主党の代表選を振り返ってみると、再選して代表を継続したケースを除き、同じ者が2度3度代表に選出された直後に民主党はドラスティックな動きを展開している。ここは自民党支持でアンチ民主党の方々も肝に銘じておくべきだろう。

【歴代の民主党代表】(赤字は複数回の選出)
菅直人
鳩山由紀夫
菅直人
岡田克也

前原誠司
小沢一郎
鳩山由紀夫(民主党政権時代)
菅直人(〃)
野田佳彦(〃)
海江田万里
岡田克也

 まず、菅直人氏が2度目の代表に選出された後には小沢一郎・自由党(当時)との合併を実現させている。そして鳩山由紀夫氏が2度目の代表に選出された直後には民主党が衆院選で圧勝(平成21年)、鳩山内閣・民主党政権が発足した。菅氏が3度目の代表に選出されて鳩山氏の次の首相に就任。政治資金の問題であわや辞任かと思われた直後に3・11東日本大震災と原発事故が発生!

 そして今回、岡田氏が2度目となる代表に就任。

 その岡田・民主党は方々で「旧態依然」「古い民主党体質」として評価されている。「連合をはじめとする労働組合への依存と決別出来ず」「労組依存から脱却出来ない」(現代ビジネス)とも。

minsyu3
minsyu4
 しかし、それこそが「民主党の強み」ではないか?

 先ごろ、安倍内閣・自民党政権は外国人労働者(技能実習生)に介護職を担わせる厚労省の中間報告をまとめた。

 同報告では「日本語能力の乏しい外国人が担う単純な肉体労働になりかねない」と指摘されているが、安倍・自民党では外国人技能実習生の枠を拡大して「外国人単純労働者」の受け入れを正式決定(昨年)、今年度より国家戦略特別区域の名目において受け入れを本格始動させようとしている。

以下、ニュースより引用

gaijin
介護、一定の日本語力を 外国人技能実習で要件 厚労省中間報告

産経新聞 1月24日(土)7時55分配信
 厚生労働省は23日、外国人が日本で働きながら技術を学ぶ「外国人技能実習制度」の対象職種に介護分野を加えることに関し、受け入れの要件として一定の日本語能力の確保を柱とする中間報告をまとめ、厚労省の有識者検討会に示した。介護施設での技能実習に限定し、受け入れ側も適切に指導できる施設を対象とするのが望ましいとした。平成28年度中の実施を目指す。
 制度は外国人の母国への技術移転を通じた国際貢献が目的。現在、機械加工や食品製造、農業など68職種を対象に約15万人を受け入れている。政府は介護の充実を成長戦略の一環と位置づけており、深刻化する介護職不足を補う狙いもある。
 技能実習は工場や建設現場が中心だが、介護分野が追加されれば対人サービスの職種は初めてとなる。ただ、「日本語能力の乏しい外国人が担う単純な肉体労働になりかねない」「介護サービスの質が担保されるのか。利用者の不安を招く」との懸念がある。
 中間報告によると、介護現場は日本語によるコミュニケーション能力が不可欠として、実習生に「一定の日本語能力を要件とすべきだ」と明記した。
 現在の対象職種は実習生に日本語能力の要件を設けていないが、介護に限り、日常的な場面で使われる日本語をある程度理解できる日本語能力試験の「N3」程度を目安とした。利用者の自立支援といった介護の理念など専門知識の必要性も強調した。
 実習現場は施設に限定すべきだとした。利用者の自宅に訪問するサービスでは「1対1」となり、適切な技術指導が難しいと指摘。受け入れ側は経営が安定し、設立後3年以上の施設が望ましく、小規模施設は受け入れ人数を制限した。

以上

 こうした外国人労働者及び移民の受け入れというのは、実は民主党政権下では一度として議論さえされたことがなかった。それが自民党政権になった直後(と言うよりも自民党政権になる直前の平成25年末より)、外国人労働者への門戸開放が議論され始まった。

 自民党が財界・企業各団体を支持母体としているのに対し、民主党が労組系を中心とした支持母体であったためだろう。

 確かに民主党は首相に就任する直前の鳩山氏が「日本列島は日本人だけのものではない」と発言したようにトンでもないバカと売国奴の集団には違いないのだろうが、それでも実行力は無かった。
 翻って現在の自民党政権は実行力が有り過ぎるだけに、政権発足の日から関係省庁が外国人労働者受け入れに関する報告書を発表する有り様であった。

 この辺りの経過については一昨年8月の拙ブログ・エントリーでも触れている。

以下

2013年08月19日 「読売・移民推奨への反駁!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51908291.html

 まだ民主党政権の頃、与党にあった同党ではそれほど外国人労働者や移民の受け入れには積極的な発言が出なかった。

 国民世論の目が厳しかったということもあろうが、民主党の支持母体が労働組合を中心としていたためだろう。

 外国人労働者や移民が増えれば労働者の賃金は上がらず、必然的に固定される。そうした反発を民主党が懸念したため、同党の政権時代には殆ど、皆無と言って良いくらいに外国人労働者の受け入れや移民の受け入れは議論されたことがなかった。

 労組に加入する外国人労働者も増えているが、今や企業はどこも青色吐息。労組の主体は自治労など公務員労組が主体であるため、総体的に労組が外国人労働者・移民を嫌うという傾向に依然変わりはないようだ。公務員でも部分的には外国人でも就けるが、全体で見れば外国籍の者に門戸を閉ざした分野が圧倒的に多い。

 ところが、企業経営者の支持層が主体となった自民党現政権に戻り、一気に外国人労働者・移民への門戸開放論が勢いを増してきたのではないか。経営陣としては安い労働力を使いたい、賃金を上げたくない、物価を固定したい、物を量産して売り捌きたい…たった今のこと、目先の利益が全てであって、外国人労働者・移民受け入れの結果、10年後または20年後、まして30年後に日本がどうなっていようと彼らの眼中にはないのだ。

2013年08月20日 「第2弾 読売・移民推奨への反駁!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51908444.html

2013年08月21日 「第3弾 読売・移民推奨への反駁!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51908581.html

以上

☆非自民政治の「鎖国状態」が実現した3年間…

 『連合』など労組系が主な支持母体であったからこそ、民主党は外国人労働者への門戸開放に一切着手することなく、結果的にではあるが、「労働鎖国」を継続して日本人勤労者の賃金を守ろうとしてきたという側面は客観的に評価出来る。

 もし自身が民主党代表であったとしたら…岡田克也氏の立場であったとしたら、どのようにして自民党との違いを鮮明して、自民党との明確な対立軸をつくり出すだろうか?

 労組依存などと言われるかも知れないが、「外国人労働者の締め出しと労働鎖国を実現することによって日本人勤労者の雇用と賃金を守る」、これしかないのではないか。

 保守層はイメージ的なものから民主党政権時代に同党本部前での座り込みデモなど、民主党の売国姿勢を糾してきたという側面もあるにせよ、民主党としてはただの一度も外国人労働者への門戸開放に踏み切ったことはなかったし、議論さえもしていなかったことを客観的に評価しなければならない。

 労組はオワコン(終わったコンテンツ)とも言われるが、労組系を支持母体とする政党がしっかりとその声を政策・政治に反映させていないからオワコンでないものもオワコンだとされてしまう。労組系を支持母体とする政党がしっかりと労組の主張を反映させた時、必ず労組も本来の姿へと立ち返る。

 今現在、アンチ安倍・アンチ自民で労働者・失業者を守ろうとする立場が日本共産党に取って代わられようとしている。このままではかつての安保闘争時代のように保守と左派(自民と共産)で国会を二分する状況が到来しかねない。

 民主党の売国で言うなら、野田佳彦首相(当時)の民主党政権でこそ「竹島問題」への政府見解で「韓国による不法占拠」という侵略性について初めて言及され、「尖閣諸島の国有化」も野田内閣で実現した。自民党政権では中韓両国及び米国の顔色を伺って到底実現には漕ぎ着けられていなかっただろう。
 民主党政権時代は、どこの国からもまともな外交相手とは見なされていなかったのかも知れないが、その民主党政権でこそ、ある意味「鎖国状態」が実現していたのである。

 現在の安倍内閣で元の木阿弥にされてしまったが、パチンコに大打撃を与えた「貸金業法の改正案」も政権に就く以前の民主党が国会提出に踏み切り、実現させたものである。

 おそらく50年後あるいは100年後の日本人の自民・民主両党に対する評価は、現在の有権者による評価とは180度異なっているのではないか?

 筆者(有門大輔)がこうして民主党とその政権時代を客観的に評価するのも、もし100年後あるいは200年後の日本人が何らかの形で拙ブログの記事を目にした時、平成時代の政治史を正当に評価してもらうためだ。

 前原誠司のように若く、小沢一郎のように外様で、海江田万里のように政権転落後に就任した者らは民主党代表として陽の目を見ることはなかったのかも知れないが、鳩山由紀夫・菅直人に並んで党内の実力者である岡田克也による2度目の登板。

 党として大きく化ける可能性はあると見ている。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆妨害勢力と民主党そして共産党…

 余談ながら今年1月4日、我々はブログ『日本よ何処へ』(瀬戸弘幸主宰)の呼びかけで東京・板橋区の大山駅前にて、民主党所属の参議院議員・有田芳生への抗議街宣を開催しようとした。
unnamed4
 この抗議街宣は妨害勢力である男組らの激しいカウンターと場所の不法占拠により頓挫せざるを得なかったものだが、この時、有田も現場にいたことを自身のツイッターで公言している。
arita c
 後の民主党代表選の最中、有田の盟友である長妻昭がカウンターに加わる男が経営するラーメン店に立ち寄ったことがインターネット画像や動画でも紹介されていることから、有田・長妻の取り巻きには男組関係者をはじめとする妨害勢力も加わっているのだろう。

 さる1月4日のカウンターには、現在はCRAC(クラック)と称するしばき隊の代表で、『反原連(首都圏反原発連合)』など共産党系に近しい野間易通(のま・やすみち)も姿を見せていた。カウンターという括りでは同じなのだろうが、高橋直輝や山口祐二郎ら男組を中心とする面々の群れには加わらず、大山駅前から帰途に着く我々に付きまとおうとするなど、全体的にその行動はどこか浮いているように見えた。同じく、しばき隊メンバーで共産党への支持(投票)を明言する小林雄二も最初はカウンターの群れには加わらず、駅のホームから我々に罵声を浴びせたり、動画を撮るなどしていた。
unnamed2
 明確な色分けや線引きはないのだろうが、男組を中心とする層はどちらかと言えば有田ら民主党系、野間らしばき隊(CRAC)を中心とする層はどちらかと言えば反原連・共産党系と言えるだろうか?


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★1・25デモのお知らせ

行動する保守運動カレンダー」より

舛添東京都知事リコール活動、第七弾! 【舛添(ますぞえ)都知事やめろ! デモ&街宣in練馬】
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=619

619-1619-2

★1・25勉強会のお知らせ

第四十七回 日本の心を学ぶ会

テーマ 吉田松陰とその精神を学ぶ

7a02a2cd
【日時】平成27年1月25日(日)午後6時00分より
【場所】文京区民センター会議室 2−B会議室

東京都文京区本郷4-15-14
地下鉄春日駅 下車1分(大江戸線、三田線)
後楽園下車3分(丸の内線、南北線)JR(水道橋)
【主催】日本の心を学ぶ会(代表:渡邊昇)
【講演】「和歌に学ぶ吉田松陰とその精神」
四宮政治文化研究所代表 四宮正貴氏
【司会者】林大悟
【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

2ch
2chはアメリカ人が乗っ取った時点で「殺生与奪」権は米国の手中に!

2ch
ユーザーはいつ如何なる形で米国が閉鎖に踏み切るかを覚悟せよ!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01

  
Posted by samuraiari at 17:22このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2015年01月23日

第2弾 反移民社会・日本!?

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★サピオが有るか無いかとしつつ、

「有る」とした在日特権の問題!

前エントリーより続く

2015年01月22日 「反移民社会・日本!?
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968208.html

sapio3sapio4

☆桜井誠・在特会と「行動する保守運動」の勝利!!

 『SAPIO』2月号では在日韓国・朝鮮人が持つ「在日特権」について「あるのかないのか徹底的に調べてみた!」と題する特集が組まれた。

 特集の中では、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』や「行動する保守運動」へのバッシングで知られるジャーナリスト・安田浩一の記事が見開き2ページで、在特会の研究 会員数1万5000人にまで達した組織の行方 橋下市長との公開対談によって在特会は崖っぷちに追いこまれていると題して掲載されていた。
sapio9CCF20150123_00000
 まず、この記事から検証していきたい。

 安田の記事では在特会は橋下徹・大阪市長からもヘイト団体であり、差別主義者の集団としての烙印を押された、だから崖っぷちに追い込まれた、もう終わりだ、と言いたげな論調に終始している。
 その他にも国連でヘイトスピーチ・デモが激しく弾劾されているとか、警察庁からの締め付けも厳しくなってきた、ヘイトスピーチ・デモに対するカウンターによるデモ封じも強まるばかり、さらには京都・朝鮮学校への抗議行動をめぐって最高裁で在特会への賠償命令(約1,200万円)が確定した、などなど。在特会に対する国内外の風当たりがいかに強いか、その経過を書き立てている。

 しかし、その内実はまったく異なっているだろう。

 かねがね前会長の桜井誠氏が同会の会長職に在任していた頃より、「在日特権がなくなった暁には在特会を解散する」と表明してきたとされるが、今や在日特権なるものは「有るか」「無いか」の次元ではなく、有ることを前提に「どこを、どのように見直すべきか」の段階に入ってきたと言える。

 桜井氏と対談した橋下市長にしたところで、ヘイトスピーチの一言で一蹴するのではなく、特別永住制度(資格)の問題については維新の党として見直しに向けた動きに着手することを公言してもいる。何より、橋下市長はそれ以前より特別永住制度の問題には「見直すべき」として言及していた。

 SAPIOの在日特権特集においても麗澤大学の八木秀次教授とて、「ヘイトスピーチは論外だが、『特別永住制度』は見直すべきだ」と明言した。

 同誌編集部の「検証」コーナーにおいても「生活保護から通名使用まで『在日特権』の真実とウソがわかった」と題されているように、「有るか、無いか」と謳ってはいるが、有るには有る、その根幹の部分である特別永住制度についてどうするか、どのタイミングで見直すべきかという段階に突入しているのだ。

 あまり表沙汰にはなっていないが、自民党政権をはじめとする与野党の各政党でも特別永住制度をどのように見直すか、そのためのプロジェクトチームが既に立ち上げられていると言う。

 水面下でこうした動きが広がっている以上、在特会をはじめとする行動する保守運動は決して崖っぷちにいるわけでもなく、終わりでもない。

 むしろ在特会は在日特権の問題を各政党間の俎上に乗せ、世間的な関心が高いか低いかは別として、在日特権という問題を政治・社会問題のレベルに押し上げることに大成功したのである!

 ほんの数年前なら、まだ一部のネット右翼が騒いでいるだけの在日特権問題が遂に、日本社会に横たわる一つの、大きな問題として取り扱われるようになった。

 安田浩一は在特会・行動する保守デモについて、「ネット掲示板などにみられる犖世い段し瓩慮生豐恭个髻△修里泙渭上に持ち込んだに過ぎない」としているが、そのネットから派生した市民運動が韓国との外交問題にまで発展し、在日特権問題を軸に政治を動かさんとまでしている。

 在特会・行動する保守運動はまさに戦前・戦後を通じた日本の近代政治史に一つの金字塔を打ち立てたのである。

 安田はまた、「朝鮮人を日本から叩き出せ!」「殺せ!」とする在特会デモでのコールについて「聞くに堪えない」としながら、「なぜそこまで醜悪な言葉を連呼しなければならないのか」、何度もデモ参加者に問いつつも「納得できる答えが返ってきたことはなかった」としているが、その疑問と質問の大前提からして間違えているのではないか?

 聞くに堪えないのは身に覚えがあるからと言われても仕方がないだろう。これまで何人の日本人が朝鮮人によって生命・財産を奪われ、女性に至ってはどれだけの辱めを受けてきたのか?

 数限りない朝鮮人による犯罪と横暴を目の当たりに憎悪(ヘイト)の念を抱かないほうがおかしい、怒り出さないほうがおかしい。それがヘイトスピーチだとするなら大いに結構だが、むしろヘイトスピーチをしないほうがどうかしている。
d6e6eae6
 第一、ヘイトでも何でもない。日本の反朝鮮デモなど世界レベルで見ればまだまだヘイトの域には達していないだろう。ギリシャの極右勢力メンバーが「移民を(殺して)石けんにしてやる!」と述べたが、このくらいのことを言って初めてヘイトの域である。どうだろう? 実に耳障り良く、何とも心地よい響きではないか!

 こうした屈辱と屈服の日本社会にあって在特会のような愛国市民運動の台頭は歴史的な必然であり、在特会が崖っぷちにあろうとなかろうと、在日特権問題(特別永住制度の問題)を追及する動きは政界をはじめ、各界に不可逆的なくらいに波及したのである。

 昨年12月、桜井氏は在特会の会長職を退任。二代目として八木康洋・新会長の体制が発足。桜井氏の退任と同会からの退会は、在日特権を追及する動きが一定以上の目的を達成出来たとする目論見からであり、自らの会長続投に固執する必要はないと判断したからだと思っている。

 新体制の八木・在特会は街頭での行動を抑える方針を表明。会の内外では様々な意見が飛び交ってもいるが、同会が新体制となった以上は、その意思を尊重したい。

 桜井・在特会の時代で政治の俎上に乗った在日特権問題を、どのようにして「国会の俎上」に乗せるか? もはやその段階に到達している。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆SAPIOの「在日特権」検証を喝破!

 「在日韓国・朝鮮人の受給率が高い」とされる生活保護の問題。

 サピオの特集記事では、厚生労働省の役人(総務課広報室)の言葉を引用し、「生活保護の支給は、所得や財産などをチェックして自治体が決めます。それは、他の外国人でも同じです。韓国・朝鮮籍の受給者は、高齢化に則して少しずつ増えていますが、日本人も含めて全体的に微増している。特定の国籍の方が大幅に増えたとは言えません」として、生活保護の受給における特権など存在しないと言いたげだが、「日本人も含めて全体的に微増…」などと、何故に約1億2500万人の日本人と平等に考える必要があるのか?

 約53万人の在日韓国・朝鮮人とでは明らかに分母が違うだろう。

 在日朝鮮人の生活保護受給者は約3万8000人。その受給率は7%と言うのだから大変な数字である。日本人全体の受給率が1.6%であることから、在日受給者の異常な多さが分かろう。

 他の外国人と受給する条件が同じだからと、それで良いというわけでもない。日本国民を対象とした社会保障が外国籍の者にまで適用されるようでは、日本国籍など意味をなさない。朝鮮人に限らず、フィリピン人(6.6%)や中国人(1.3%)、ブラジル人(1.5%)など、日本人以外への生活保護支給を直ちにやめるべきだ。一見は同等に見えても、こと日本にあっては、その同等こそが日本人への差別であろう。

 朝鮮人ほか外国人の社会保障・生活保障に関することは彼らの母国に求めるべきであり、それは各種学校である「朝鮮民族学校」への補助金についても同様である。

 朝鮮学校への補助金については(支給要項に合わないため)凍結している自治体もあれば、補助金制度そのものを廃止して学費補助の形をとっているなど、自治体によってはばらつきもあるが、「外国人学校への補助金は同一のルールで行なっている」と言う県もある。

 民族教育に関する助成金の申請は母国に対して行なえ、と言ったところだろう。

 高校授業料の無償化については、朝鮮高校は対象外となっているが、これなどは在日特権を厳しく追及する在特会・行動する保守運動の追及があったればこその対象外だったと言える。もし激しい反対運動が起きていなければ、かつてと同様、なし崩し的に朝鮮高校も対象内とされていただろう。在日特権を追及した愛国市民運動による賜わりものである。

 そして在日が持つ通名(日本人名での通称)

 芸能人の芸名や作家・漫画家などのペンネームとは異なり、在日の通名は住民票や運転免許証など公文書での使用も可能である。そのため、銀行口座の開設で通名を脱税に悪用したケースもあったようで、その他、何通りもの通名で健康保険証を詐取した事例もある。

 かつてはコロコロ変えることが出来た在日の通名も今ではそう簡単に変えることは出来ないし、通名の変更は原則禁止である旨がサピオ誌で紹介されていた。

 しかし、犯罪に悪用されるとか、変えることが出来る出来ないに関わらず、一人の外国人が別の日本人名を名乗ることを認めていること自体がおかしい!

 紛れもない在日特権の一つ、通名(日本人名)も直ちに廃止されるべきだ。

 その他、「日本人には分からない苦悩」と題した在日3世の主張も在日特権特集で掲載されていたが、日本は法制度として在日への差別は行なっておらず、一私企業が採用において在日を拒否したり、個人が「朝鮮人は嫌い!」と差別するのは「差別する個人の権利」だ。それを日本社会全体による差別云々と言うようでは、まったくもって話にならない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!

橋下・大阪市長は「日本人へのヘイトスピーチ」にも言及していた!?

在特会の桜井会長 変態毎日と売国朝日を厳しく叱りつける! 記者は反論できず
https://www.youtube.com/watch?v=_o96MMvrUkw&feature=youtu.be



★1・25デモのお知らせ

行動する保守運動カレンダー」より

舛添東京都知事リコール活動、第七弾! 【舛添(ますぞえ)都知事やめろ! デモ&街宣in練馬】
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=619

619-1619-2

★1・25勉強会のお知らせ

第四十七回 日本の心を学ぶ会

テーマ 吉田松陰とその精神を学ぶ

7a02a2cd
【日時】平成27年1月25日(日)午後6時00分より
【場所】文京区民センター会議室 2−B会議室

東京都文京区本郷4-15-14
地下鉄春日駅 下車1分(大江戸線、三田線)
後楽園下車3分(丸の内線、南北線)JR(水道橋)
【主催】日本の心を学ぶ会(代表:渡邊昇)
【講演】「和歌に学ぶ吉田松陰とその精神」
四宮政治文化研究所代表 四宮正貴氏
【司会者】林大悟
【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

ネット発の愛国市民デモは「在日特権」を浮き彫りにした最大の功労者!

そのネット右派層を「ネトウヨ」と罵倒することこそ日本人へのヘイトだ!

絶対に許してはならないネット上の重大なヘイトクライムに他ならない!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01

  
Posted by samuraiari at 21:19このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 

2015年01月22日

反移民社会・日本!?

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★極右ルペン前党首からの諫言!!

事実上の移民社会…その実、移民社会には程遠いという日本への救い?

sapio
 小学館発行の『SAPIO(サピオ)』(2月号 1月4日発売)は「2015年 大提言特集 〜わが国を再生するための70人の知恵〜 これで日本は甦る」と題した特集で、国内外の識者に日本の針路を問うというものであった。

 拙ブログのコメント欄にも情報が寄せられていたが、同誌28ページにはフランスの極右政党『国民戦線』のジャン・マリー・ルペン前党首が日本の移民政策について言及していた。

 奇しくもサピオ2月号が発行された直後のフランスの首都パリでは、イスラム過激派による無差別の銃撃テロ事件が発生。世界中を震撼させたイスラム・テロの真っ只中、ルペン前党首が「移民政策を推し進めれば日本はフランスの二の舞になる」とした提言は迫真に迫るものだったと言えよう。
e872d8dd-s
 フランスでのイスラム・テロはフランス国内で拡大の一途を辿るイスラム・コミュニティから派生。ルペン前党首の記事でも70年代半ばからイスラム系移民がどうやって増加していったのか、その経過について触れられている。

 外国からの労働者を受け入れ、その家族の呼び寄せまで容認して国籍を与えた結果、人口6,500万人のうち約1,500万〜2,000万人がイスラム系移民で占められてしまった。二重国籍を容認しているフランスでは約80万人のアルジェリア系移民が故国においてもフランスにおいても選挙権を持っていることに言及されているが、外国人参政権の問題が度々持ち上がる日本にとっても外国人の存在は切実な問題だろう。
sapio8
 ルペン前党首によると、パリ郊外にはマリ系移民が故国の首都に次ぐ最大の同胞コミュニティーを形成していると言う。

 同じ人種、同じ言語で共同体の中での生活が成り立ってしまうため、移民に対してフランス社会に適応しなくても良いという誤ったメッセージを送る結果になってしまっている。

 フランスは今、かつて我々がイメージしたフランスではなく、イスラム国家に変貌しつつあると言う。

 ルペン前党首は「テロリストは人々を簡単に殺すため、降伏するか殺されるかの選択になる」とした上で、全てのイスラム系移民が結果的にイスラム過激派のテロに協力することになると述べる。

 まさにフランス社会は基本的な安全さえも侵されている状況なのだ。

 かねがねルペン前党首は自身が党首として国民戦線を率いてた頃より、日本が踏み切らんとしている移民の受け入れには諫言(かんげん)を込めて反対を表明してきたが、この度の記事においても繰り返し警告を発している。「フランスのように移民を大量に招くことになる」「やめたほうが良い」と。

 フランスでのイスラム・テロに続き、この1月には中東でイスラム国の戦闘員によって日本人2人が人質に取られ、日本政府に対しては2億ドルの身代金が要求されている。

 東京新聞がイスラムの預言者ムハンマドの風刺画を掲載したとして、在日のイスラム教徒ら50人が発行元の中日新聞東京本社前で抗議行動を起こし、謝罪記事の掲載などを求めて同社の担当者に文書を手渡した。

 こうした状況に鑑み、日本は今一度、現行の外国人(受け入れ)政策について抜本的に見直す時に来ているのではないか?

 約1億2,500万人の日本には、約200万人の外国人が在留しているとされる。しかし、この統計さえもどこまで本当なのか分からない。事実上の移民社会とも言えるほど(特に首都・東京の)街中に氾濫する外国人の多さを見ていると、その僅か200万人という数さえもウソのように思えてくる。

 法務省の統計によると不法滞在外国人は約8万人。だが、不法外国人は最大で約30万人とされた頃より、その5倍の150万人を下らないと言われていた。

 入国管理局による摘発が進み、合法化(在留特別許可の付与)によって減少したのは事実だとしても、実際には依然として40万人以上の不法滞在者が存在するのではないか?

 合法的に在留する外国人についても同様。5倍10倍とまでは言わないが、実数は公式発表の3倍くらいいるのではないか…? 昔から日本人は大本営発表なる偽りの政府発表(戦果と統計)に騙されてきた。現に今だって回復するどころか近未来には着実に悪化する景気対策に騙されているのかも知れない。

 在日外国人の実数については自分自身、正直錯覚を覚えてしまう。果たして政府の統計通りなのか? それとも…?

 特に氾濫する首都圏など街中での外国人の目に余る多さは、すぐにそのカラクリが分かる。先ごろ、政府は平成26年度の訪日外国人が過去最多の1,341万人に達したと報じた。
gaijin
 なるほど。街中に氾濫する外国人は実は短期滞在の外国人が多かったりする。バックパッカーも相当数に上るだろう。過日、床屋で聞いた話だが、観光で来た外国人が立ち寄って髪を切ることも少なくないと言う。

 観光など訪日外国人が多過ぎるがゆえのイメージだったのか…?

news2398882_6
 しかし、そう考えると事実上の移民社会…などと言われる日本社会の姿も単なるイメージだということが分かる。いや、「国際化」に次いで「共生社会」そして「事実上の移民」…などと言っていること自体が既に為政者(移民推進派)のイメージ戦略に乗せられていることの証左と言えるかも知れない(筆者自身も危機的な状態に向かっているという意味で度々使ってきたが)。

 日本は移民社会に向かっているように印象操作されているが、実はまだまだ移民社会には程遠いところにいるのかも知れない。そういう側面も成り立つだろう。

 ルペン前党首からの大提言を銘記し、移民に侵略されつつある日本を甦生させることに務めるべきである。

次エントリーでは同じくSAPIOで特集された「在日特権」問題に斬り込みます!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

以下、過去エントリーに寄せられたコメント(未承認、未掲載)への返信

2015年01月16日 「第3弾 無法の表現
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51967525.html

投稿記事:第3弾 無法の表現
投稿日時:2015-01-21 08:06:25
投稿者名:名無し
投稿IP:126.253.167.230

もちろんたけしの事務所にも拡声器持って抗議に行くんでしょ?
陛下への不敬には変わりないですしね!
一貫性持って行動しないと、貴方方の活動や愛国心なんて嘘っぱちになりますからね。
たけし事務所へのシュプレヒコールを期待してますよ!

以上

たけしの言動が「陛下への不敬に変わりない」って凄い勝手な解釈とこじつけですね。
たけし自身が不敬に及んだわけではないでしょう。
たけしの事務所に抗議? 行きませんよ。それがどうして一貫性の話になるのでしょうね?
あなたこそ「名無し」などと名乗ってはネット上でさえ自分の意見もろくに表明出来なさそうに見えますが?
何かを一貫して継続されてきたことなんてあるんでしょうか? きっと無いのでしょうね。あるわけありません。

たけし事務所には行きませんが、記事を掲載した東スポ紙には行きます!

(ちなみに、ビートたけしは同紙の客員編集長を務めています)

☆渡邊昇氏のブログよりご紹介!

二〇一五年睦月廿日
東スポの記事、不敬発言の「たけしの世相斬り」
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55109389.html

以下、同じく拙ブログの過去エントリーに寄せられたコメント(未承認、未掲載)より

投稿記事:第3弾 無法の表現
投稿者名:もきゅっと名無しさん
投稿日時:2015-01-21 16:20:39

反日、天皇軽蔑、魚釣島と中国国旗、日本国旗に×印、韓国礼賛の歌詞、
百人見れば百人が反日、抗日と見るだろう。擁護するのは在日か、朝鮮人、
何度も下手なお詫び、謝罪はやめておけ、お詫び、謝罪の段階を超えたわ。
帰化を取消して、紫綬褒章を返上して母国朝鮮へ帰れ、
狭い日本に居座る場所がもったいない、とっとと韓国に帰って行け。

以上

中韓による反日行動や桑田による曲への見解は同意しますが、ネット上に氾濫する所謂「桑田在日説」「帰化説」については慎重な立場です。

ネット右翼的な発想も必要ですが、そこに傾き過ぎることなく、物事を客観的に見る視点も重要です。


★1・25デモのお知らせ

行動する保守運動カレンダー」より

舛添東京都知事リコール活動、第七弾! 【舛添(ますぞえ)都知事やめろ! デモ&街宣in練馬】
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=619

619-1619-2

★1・25勉強会のお知らせ

第四十七回 日本の心を学ぶ会

テーマ 吉田松陰とその精神を学ぶ

7a02a2cd
【日時】平成27年1月25日(日)午後6時00分より
【場所】文京区民センター会議室 2−B会議室

東京都文京区本郷4-15-14
地下鉄春日駅 下車1分(大江戸線、三田線)
後楽園下車3分(丸の内線、南北線)JR(水道橋)
【主催】日本の心を学ぶ会(代表:渡邊昇)
【講演】「和歌に学ぶ吉田松陰とその精神」
四宮政治文化研究所代表 四宮正貴氏
【司会者】林大悟
【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


ネット右派層の台頭はインターネット社会における時代の必然!

ネット右派層への匿名掲示板における差別こそ直ちに規制せよ!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01

  
Posted by samuraiari at 22:50このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動