2015年02月28日

集スト裁判完結と新たな凶行の予兆?

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

日常から継続的に…
 ★広島・川崎事件を想起させる

中国からの帰化人被告が退去した直後に始まった新たな組織的犯行?

KIMG0623
画像:中国人が多く、カルトの影響力が強いことで知られる埼玉県某市を荒川・河川敷から写す

 さる2月13日に、さいたま地裁越谷支部で行なわれた「越谷・集団ストーカー裁判」の続報をお伝えしたい。

 実際に裁判所へ来られた他の集団ストーカー被害者の方々も、その後の動向についてはかなり注目しているようだ。

原告:梅野祐亮・允子
被告:張 鋭(通名:江本鋭次)
事件番号:平成26(ワ)第839号

150213_1411~010001150213_1410~030001

 13日の裁判(非公開形式の進行協議)では和解に至ることで合意を見たが、今週、ようやっと裁判所から原告である梅野祐亮さんらの元に正式な和解成立の文書が届いたという。

 最初に断っておかなければならないが、梅野さんらは望んで和解に至ったわけではない。被告である中国からの帰化人・張鋭こと江本鋭次に賠償金等の支払い能力がないこと、集団ストーカー行為を認めて謝罪したこと、速やかに現在の住居(梅野さんらの向かいの棟)から立ち退くことを条件としたほか、梅野さんらが出来得るギリギリの要求を突きつけての和解に至ったものである。

 訴訟代理人を通じ、梅野さんの手元に裁判所からの正式な和解合意文書が届いているようだが、以下に梅野さんらが示した和解条項案を掲載しよう。

koshigayakoshigaya2
 なお、梅野さんからのメールには訂正される箇所が記されていたので、そのメールを転載する形でご紹介しておきたい(メールは梅野さんがブログ日本よ何処へ瀬戸弘幸主宰宛に送信したもの)。

以下、転載

瀬戸先生こんにちは。梅野祐亮です。先日の埼玉地方裁判所越谷支部での第2審の結果を御報告致します。

有門さんにも御足労頂きまして、母も勇気を頂いたと感謝しております。有難う御座いました。

訂正される事項について以下、重要なポイントを纏めます。

1項の条項の文面の本件脅迫行為を本件と記す。

4項の罰則規定を変更し、期日までに退去しない場合の違約金を設定。尚、接触禁止の規定はあくまでも有効である事。

5項の違約金が一万円から千円に変更。

上記の変更に加え、当家側からの意思表示として被告側が期日までに退去せねば民事上の強制執行と並行し即座に刑事告訴に踏み切る旨を口頭にて追加し、被告側が和解事案を認める次第となりました。

ビジネスで言えば現状、あくまでも「契約書」に合意、捺印した段階であり、「退去」という具体的な商品はまだ届いていませんが(苦笑)簡潔ではありますが上記裁判結果を御報告致します。

平成24年度から延々と続いた長く、そして苦しい闘いでした。本件裁判結果を機に母の病状が回復に向かい、当家も健全な社会生活を取り戻す事が出来ればよいのですが………油断は出来ません。

以上、転載終了


 張こと江本被告の引っ越しは13日の裁判の翌日、つまり14日から早くも作業が始まった。その翌日の15日にかけて家財道具などの撤去が行なわれ、速やかに梅野さんの周辺から立ち去ったことになる。

 これで一件落着かと思いきや、そうはならない。拙ブログや日本よ何処へブログのコメント欄で「根本的な解決にはならない」「また同様の手口が繰り返される」と憂慮した投稿者がいたように、「仕掛ける側」は手を替え品を替え、人を替えて仕掛けてきた。

 裁判の後、梅野さんから寄せられたメールより抜粋する形でお伝えしよう。

以下、転載 

先日、日曜の早朝6時から7時位の間、母が自治会の駐車場係を務める外来駐車場において出入り口を塞ぐ様な停め方をしている不審車両がいました。
母が駐車禁止の張り紙を持って降りていったら、中から柄の悪い50代位の男と30代位の男が出てきて母に暴言を吐き因縁を吹っかけてきました。
マトモに話し合いの出来る輩ではないと判断し、もう一人の駐車場係の担当者を呼び現場を見て判断して貰う事にして、いざその担当者が現着した途端、激しくクラクションを鳴らして逃走しました。
統一地方選を前にして、いよいよ大の大人の部外者まで動員し手段を選ばず当家を叩き出さなければいけない状況にきたのかな?って感じさせる一悶着でした。

以上、転載終了

 梅野さんからの報告では張こと江本被告が引っ越した2月15日の翌日、16日から22日にかけて集中的に行なわれたようである。

 梅野さん宅はお母様の允子さんが現在、自治会の駐車場当番を担当しているが、梅野さん宅が月々契約している月極め駐車場に堂々、熊谷ナンバーだとか見知らぬ他市ナンバーの車が停められていると言う。車が違えば乗っている人も違っている。梅野さんらが「無断駐車禁止」の貼り紙を持って外に出ると、無断で停車している車の中からセンサー・カメラが向けられているのが分かった。

 ある時、その無断停車の状態を証拠映像として記録しようとカメラを手に駐車場へ出て行くと、それまで停められてはエンジンを吹かしたり、物音を延々と立てていた車が急発進・猛スピードで逃げ出したと言う。

 車を無断停車させているばかりか、車から降りてきた男たちが鉄パイプで何かを叩き、激しい物音をマンション敷地内に響き渡らせるとは相当に悪質である。車が立ち去った後には騒音を立てていた鉄パイプだけが、何かを示唆するように置かれていたり…。

 結局、一人の帰化人ストーカーが立ち去って出て行ったところで、入れ代わり立ち代わり、集団ストーカー行為が繰り広げられている。

 まるで、それまで張鋭こと江本鋭次が繰り広げていた嫌がらせを入れ代わりで引き継ぐかのように。それも、よりいっそう集団的に。

 2月22日以降は目立った嫌がらせは鳴りを潜め、ゴミを散乱させるなど、陰湿な嫌がらせが繰り広げられるにとどまっているようだが。

 張こと江本が出て行った翌日からすぐ、そうした嫌がらせが繰り返されるようになったということは何らかの因果関係を示している。

 また、江本が退去する前後、梅野さんらが住むマンション号棟には鍵の交換と称した業者が出入りしては建物内を徘徊していたらしいが、埼玉県の公団管理担当に問い合わせると、そうした鍵の交換を依頼・発注していないことが判明している。この業者を装った侵入者についても防犯カメラの映像に捉えられており、江本退去後の嫌がらせの一環として証拠映像となることだろう。

 まさに梅野さんらにとっては、裁判で終わり…ではなく、むしろ刑事告訴も視野に、ここからが正念場である。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆現在進行形で起きている「司法の崩壊」!

 中国人による犯行・犯罪に関連することとして言及しておきたい。

 平成25年つまり一昨年、ちょうど2年前の3月に広島県の江田島(えたじま)市にあるカキ養殖会社で社長ら2人を殺害、従業員7人に重軽傷を負わせた元実習生の中国人・陳双喜被告(32歳)に対する裁判員裁判(広島地裁)で2月27日、検察側は無期懲役を求刑したと言う。

以下、ニュースより引用
etajima
9人殺傷、中国人の元実習生に無期懲役を求刑
読売新聞 2月27日(金)11時31分配信
 広島県江田島(えたじま)市のカキ養殖会社で2013年3月、2人が殺害され、7人が重軽傷を負った事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われた中国人の元技能実習生・陳双喜被告(32)の裁判員裁判の公判が27日、広島地裁であり、検察側は無期懲役を求刑した。
 論告では「凄惨(せいさん)な犯行で、遺族の処罰感情は強く、死刑も考えられる」としたが、「外国での仕事で孤独感にさいなまれていた環境も考慮すれば、死で償わせるべきだとは言えない」と述べた。判決は3月13日。
 この事件では、陳被告が勤めていた「川口水産」のカキ加工場で、経営者の川口信行さん(当時55歳)と従業員の橋下(はしした)政子さん(同68歳)がスコップで殴られたり、包丁で胸を刺されたりして死亡した。
 検察側の論告後、川口さんの妻と娘、橋下さんの夫らの意見をそれぞれの代理人弁護士が陳述。「理不尽な犯行でかけがえのない肉親を奪われた。非道な犯人が死刑にならないのであれば正義はない。死刑をお願いします」などと訴えた。
 陳被告は、初公判当日の今年1月19日、収容先の広島拘置所で職員に暴行したとして出廷しなかった。第2回以降の公判には出廷しているが、3回の公判で不規則発言を繰り返し、審理の途中で上岡哲生裁判長に退廷を命じられた。
 これまでの被告人質問では「取り返しのつかないことをした。申し訳ありません」と謝罪しているが、殺意の有無や動機については「わからない」としている。

以上

 9人を殺傷した大事件だと言うのに、検察は「死刑も考えられる」としながら、被告から見た外国(日本)で「孤独感に苛まれていた」といった理由で「死を以って償わせるべきではない」として無期懲役の求刑だと言う。

 孤独感に苛まれているのは日本人労働者とて同様であり、こんな理由で死刑が回避されるなら、人一人を殺傷したぐらいなら罰金刑で済むのではないか?

 殺害された川口信行さん(事件当時55歳)や従業員・橋下政子さん(同68歳)の遺族の代理人を務める弁護士は「理不尽な犯行でかけがえのない肉親を奪われた。非道な犯人が死刑にならないのであれば正義はない。死刑をお願いします」と訴えたが、当然だろう。

 陳被告は自らの事件が裁かれた裁判だというのに拘置所職員に暴力を振るうなどして出廷を拒否、第3回目の公判では不規則な発言を繰り返して裁判長から退廷を命じられるなどしたそうだが、どこまで反省の「は」の字もない中国人被告の傍若無人ぶりを増長させるのだろうか。

 殺意や動機については「分からない」と答えたそうだが、刃物やスコップで人を襲えばどうなるかなどは当たり前のこととして想像がつくものであり、訊くまでもない。

 体たらくな検察側の求刑を上回る死刑判決が下されることを望む!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆川崎・中1殺害事件の行方

kawasaki
 司法の崩壊は広島での事件にとどまらない。

 川崎市内で発生した中1男子・上村(うえむら)遼太君殺害事件で、18歳の少年をはじめ3人の容疑者が逮捕されて取り調べを受けているが、3人とも容疑を否認している。

 主犯格とされる18歳の少年は母親と弁護士に付き添われて出頭したようだが、出頭前より綿密な打ち合わせが行なわれていたものと思われる。

 今回の事件では神奈川県警は警察庁長官が同事件に言及して初めて重い腰を上げ、ようやく逮捕に踏み切ったようだが、県警としては「司法の崩壊」を熟知しているからこそ、川崎で起きた大事件についても及び腰だったのではないか?

 今後、罪を立証、起訴して刑事裁判にかけたところで、「パラレル・ワールド」とも言うべき被告と被告の代理人弁護士によってトンデモな主張が法廷で展開され、決まり切った判決(おそらく無期懲役)よりも軽い刑罰で済まされるかも知れない。

 最近のケースでは前述の中国人実習生による殺傷事件に顕著だが、殺意の有無について「分からない」で済まされ、孤独感に苛まれていたとか、そんな甘えた理由で凶悪犯罪が死刑を回避されるほどに許されてしまう…。

 もう日本の司法は滅茶苦茶である。

 例えば川崎での事件にしても刃物で上村君の首を切ったことは認めても、「上村君が暴れたために首に突きつけただけのナイフで切れてしまった」とか「上村君が自分で服を脱いだ」「(顔のアザは)本当に上村君が階段で転んだ」などなど、裁判においてトンデモナイ主張が展開されては、それが認められたりするかも知れない。

 無論、世論は大ブーイングだろうが、現代日本で最高権力である司法はまるでお構いなし。

 もっとビックリしたのは18歳の少年容疑者の父親がコメントを発表したが、息子の無実を主張し、まるで他人事のように事件捜査で協力出来ることは協力したいと述べられる神経だ。
kawasaki2
 この主犯格の少年については、さっそくマスコミで擁護的な報道がなされている。「きちんと挨拶をする子」「優しい子」「リーダーぶっておらず、誰かに従うタイプ」などなど、周辺住民や友人によってこんな報道がなされているが、むしろ普段から誰彼構わず凶暴性を剥き出しにしている者などいないだろう。どんな凶悪犯であったとしても、近所の人に会えば挨拶もするだろう。優しい側面もあるに違いない。

 しかし、これらが凶悪事件に関わっていないとか、上村君を殺害していないことを立証するものにはなり得ない。

 中国からの帰化人による集団ストーカー犯罪も然り、広島での中国人実習生による殺傷事件も然り、川崎での中1殺害事件も然りだが、たとえ司法が許したとしても日本の世論として断じて許してはならない!

 まして陰湿且つ執拗な集団ストーカー犯罪の場合、川崎や広島でのような複数を対象とした、あるいは集団的な犯行による凶悪事件に結びつかないとも限らない。

 大惨事に至る前に、未然に防ぐため、今の段階で速やかに摘発せよ!!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★NPO外追公式サイトより「外国人犯罪事件簿」ご紹介
http://gaitsui.web.fc2.com/2nd_section/jiken/jikenbo.htm


★動画ご紹介 反グローバリズム保守連合(主催)と『護国志士の会』

2/26 IN新宿アルタ前 移民反対月例街宣

移民も外来種【月例】反グローバリズム連合街宣in新宿【遠藤修一1】

https://www.youtube.com/watch?v=vw3lGmULYJE

移民も外来種【月例】反グローバリズム連合街宣in新宿【有門大輔】
https://www.youtube.com/watch?v=aJf569rN1h0

移民も外来種【月例】反グローバリズム連合街宣in新宿【荒井泉】
https://www.youtube.com/watch?v=lha9tk9HknM

移民も外来種【月例】反グローバリズム連合街宣in新宿【高木修平】
https://www.youtube.com/watch?v=Z5r2ZF5becs

移民も外来種【月例】反グローバリズム連合街宣in新宿【遠藤修一2】
https://www.youtube.com/watch?v=AjfDrA-u09M

移民も外来種【月例】反グローバリズム連合街宣in新宿【質問コーナー】
https://www.youtube.com/watch?v=n-YtJAWYink
(撮影者:sencaku38さん)


【月例】移民受け入れ断固反対街宣in新宿/反グローバリズム連合2015/2/26

https://www.youtube.com/watch?v=BEtH_O9vbEA
(撮影者:Boljoaさん)



行動する保守運動カレンダー」より

大嫌韓デモ ver.2 in 銀座
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=721

o0450031713112726433o0450031713093126953


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


日本人愛国者への「ネトウヨ」「クソネトウヨ」なるヘイトスピーチを許さない!

【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  

Posted by samuraiari at 23:29このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック カルト邪教政党・集団ストーカー問題 | 外国人犯罪

2015年02月27日

川崎中1殺害と移民社会

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★頻発する在日・混血少年の凶行

異文化による弊害とイスラム過激派の影響を受けた残忍な犯行手口

B-f5jefCIAA3pMY
 今月20日、川崎市の多摩川河川敷で、中学1年生の上村(うえむら)遼太君(13歳)が全裸で、首を刺されるなどして殺害されているのが発見された。

 警察は既に、殺害された上村君の上級生やLINE仲間から事情聴取しているとされ、犯人特定と逮捕は時間の問題だと思われる。

 上村君についてはマスコミでも散々報じられているが、大好きなバスケットボールを通じて上級生らと付き合うようになり、事件発生の前より常習的に先輩たちから万引きを強要されたり、暴行を受けるなどしていたと言う。

 テレビ報道でも微笑みながらも目に痣(あざ)をつくった上村君の痛々しい画像が繰り返し放送されていたが、こうした暴行の傷痕が確認された段階で親も学校も周囲も何とか最悪の事態を食い止められなかったものかと非常に残念でならない。

 上村君に暴行を加えた上に、殺害したと目される少年少女らのグループについてはインターネット上で情報が出回っている。

 地元を徘徊する日ごろから素行不良な者などすぐに目につきやすいが、その犯人が在日朝鮮人だとも、はたまた欧米人との混血ハーフだといった情報が伝えられている。
BlogPaintBlogPaintBlogPaint
※犯人についての拡散情報はソースが不確定ですので、拡散にはご留意下さい

 今回の事件の何が残忍かと言って、上村君の衣服や靴を脱がせた上で全裸にし、両手両足を縛って首を刃物で掻っ切っているところにあると言えるだろう。

 明らかに昨今話題のイスラム過激派ISISの殺害方法を真似たものだろう。

 ところで、2月26日、我々は東京・新宿のアルタ前で移民反対の街宣活動を行なった。

☆参加報告 反グローバリズム保守連合(主催)と『護国志士の会』

2/26 IN新宿アルタ前 移民反対月例街宣

150226_1908~020001
画像:外国人の賃金よりも日本人労働者の雇用確保と賃金アップを図れと主張した移民反対街宣

 主催団体の『反グローバリズム保守連合』(遠藤修一代表)は毎月、最終木曜日に新宿アルタ前で移民受け入れ反対の街頭演説活動を行なっている。

 しかし、先月29日の街宣は、在特会デモへの妨害でも知られるしばき隊関係者が十数名で押しかけ、掴みかからんばかりの罵声が飛び交う混乱の中で中止を余儀なくされた。

 今年最初の街宣になるはずだった先月が中止に追い込まれているため、今月の街宣が今年最初の開催となったものだ。

 この中で遠藤代表は「アメリカでの黒人差別は同じアメリカ人にたいするもの。しばき隊が私たちに対して言っているのは『在日への差別』。在日とは韓国・朝鮮人など外国人を指すものであり、外国人との明確な『区別』であって差別には該当しない」「日本にあっては私たち日本人こそが主体でなければならない」旨を説いた。
150226_1937~010001150226_1931~020001
 当日の街宣で多くの人数を動員した『護国志士の会』の高木脩平局長は、鎖国政策と排外政策が行なわれていた時代として武家幕藩の時代と、海外ではナチス・ドイツの時代を挙げ、いずれもの時代でそれぞれの人々は豊かな暮らしを築いていた旨に言及。

 そして愛国バンド『フジモンズ』の荒井泉氏は、川崎での上村君殺害事件に触れ、その手口がイスラム過激派を真似たものでイスラム文化が日本社会に悪しき影響を多大に及ぼしていることを指摘した。

 筆者(有門大輔)も演説させて頂いたが、演説の大部分は新聞コラムで「外国人との住み分け」に言及した曽野綾子女史(日本財団・元会長)の発言を引用するなどしてイスラム問題に割いた。

 異様な衣装をまとったり、街中で大合唱したり日本人には度し難い信仰という習慣、そして未だ奴隷を売り買いしたり、首を刎(は)ねるような残忍な殺害を平然とやってのけるイスラム社会の野蛮さに言及したものである。

 上村君の話に戻そう。犯人グループの少年少女らは暴行を加えるに飽き足らず、遂に上村君を殺害したのではないかと思うが、手段もさることながら殺害するという行為自体をイスラム文化に感化されたのではないか。

 伝えられるところによると、イスラム・バッシングのプロパガンダとして流していた欧米のメディアも殺害という行為自体はセンセーショナルに伝えなくなったと言う。イスラム過激派による殺害報道で欧米社会に、逆に感化をもたらしてしまいかねないからだという。

 それに引き換え、日本のメディアの何と愚かしいことか。川崎での事件が大々的に報じられるや各地で少年が誰を殴打して死亡させたとか、そんなニュースが流されている。

 川崎での事件だろうと、どこの事件だろうと、加害者が少年少女であろうと氏名も顔写真も公表すべきであり、人一人を無残にも死なせてしまったからには厳罰に処すべきだろう。犯行時18歳未満であれば法的には死刑の適用はないが、18歳未満だろうと死刑を適用するようにすべきである。

 これから日本に移民が増えるということは、移民の少年少女が増えるということである。

 現にここ最近、起きた大きな凶悪犯罪は、いかに混血や事実上の移民によって引き起こされていることか。2年前の2月末日には東京・吉祥寺でルーマニア人の今井アレックスによって通行人の女性(22歳)が殺害されている。犯行目的は遊ぶカネほしさ。被害者との間に面識はなく、たまたま通りかかった末の惨劇である。
 今井アレックスは犯行時17歳で、来日5〜6年目。ルーマニア人の母親が日本人男性と再婚したため、来日して日本で暮らしていた。

 同年10月に吉祥寺から近くの三鷹で発生した池永チャールストーマスによって引き起こされた高3女子へのストーカー殺人事件。
 被害者とは以前は交際関係にあったが、破局するやプライベート画像をネット上に流出させるリベンジ・ポルノに及んだ上に、物理的に殺害するに至っている。

 そしてこのほど、川崎で発生した上村君への殺害事件を引き起こした在日・混血とされる少年少女ら。

 今現在でさえ事実上の移民の子供らによる凶悪事件が頻発し、今後、我々が考える以上にショッキングな事件が移民の子供らによって引き起こされる状況にあって、少年犯罪は従来の少年犯罪とは同列に考えられない時点に来ていると思う。

 加害者が少年だから…子供だから…と言う向きもあるが、では子供だから少年だから殺害されても良いのか?

 川崎で思い出すこと。一昨年の5月、川崎市内で行なわれた「行動する保守運動」系のデモに馳せ参じたが、集合場所で女子中学生らが興味を持って見入っていた。

2013年05月12日 「犯罪擁護/帰化人ネオ愚連隊の牙城
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51894992.html

★2人の女子中学生にネオ愛国市民の胎動を予兆!

75022573 5月12日当日のデモで私の胸に最も深く刻まれた未来への確かな手応え。

 それはデモの開始直前、集合場所となった公園付近で地元と思われる女子中学生2人が集会の様子を見ていた。運動クラブの帰りなのか、2人ともジャージ姿。

「これってデモ? 何のデモ?」「え? 何のデモだろ?」「何のデモ? ねぇ何のデモ?」

 付近にいた筆者(有門大輔)が「悪い外国人を追い出すデモだよ」と教えてあげると、2人は口々に話し始める。

「悪い外国人いっぱい居るじゃん!」「ほらフィリピン人とかね」

 外国人との共生がどこよりも進行する川崎市内のこと。おそらく2人が通っている学校にも(不法滞在)フィリピン人の子供や日本人とのハーフ(混血児)が少なからず通学しているのだろう。2人の話しぶりから、ごく身近な外国人について話しているのではないかとうかがえた。あるいは教職員かも知れない。

… … …
 おそらく当時で、今年殺害された上村君と同じ歳くらいの中学生であったと思う。

 その彼女らでさえ川崎市周辺それも学校内か地域内に好ましくない外国人(在日や混血を含めた)が少なくないことを熟知していた。

 否応なく移民社会になろうとする以前より18歳未満の者への処罰の在り方が見直されていれば、未然に防げた事件も多数あったのではないかと思えるだけに、残念でならない。
half
画像:芸能人が公然と「ハーフ会」などというイベントを開催しては混血・帰化人タレントばかりが集う
有名・無名に限らず、これほど混血・帰化人が幅を利かせているのが現在だ


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆隠岐諸島の思い出と上村君事件

 川崎で殺害された上村君だが、小学校6年生の時まで島根県の隠岐(おき)諸島で暮らしていたと言う。

 今回の事件は川崎市内の中学生が殺された…のではなく、隠岐諸島出身の中学生が川崎で殺害されたと捉えることが出来よう。
oki
 余談になってしまうが、筆者・有門は17〜18年ほど前、一度だけ隠岐諸島に赴いたことがある。季節はちょうど今ぐらいの2月。

 「竹島問題」について、同島から最も近い隠岐諸島で地元の人たちの反応を聞いてみたかっただけの一人旅だ。ただし、隠岐諸島からも竹島は160キロ離れていて決して距離的に近くはない。

takeshima 当時は現在のように「竹島の日」も制定されておらず、世間的な関心も低かった。何せ隠岐諸島でタクシー運転手に聞いたところ、「戦後、竹島に行った人はいないので、この辺り(隠岐諸島)でも誰も竹島のことを知らんよ」というような状況だった。

 そのタクシー運転手の幼馴染に、水産庁関係の外郭団体で役員を務めていた方がおり、既に退職して島根県内(本土)に住んでいるということだったので、訪ね歩いた。竹島問題にも詳しい当人に尋ね当たったが、竹島問題に関する地元の動向を探るという意味では核心に迫ったことは掴めなかったと思う。

 しかし、筆者が隠岐諸島からの土産物を手に訪れたことにより、疎遠になっていた島のタクシー運転手と元水産団体役員の方の間には再び親交や連絡をもたらす結果になったのではないか。何よりも自分自身が行動することに意義があったと思う。

 船に乗って隠岐諸島を去る際、船の航路に合わせて島の周りをタクシーが走っているのが見えた。件の運転手が筆者を見送るように、いつまでもいつまでも、ずっと。

 上村君が隠岐諸島を去る際も、島中の人たちが彼を歓送したという。「いつかこの島に戻って暮らしたい」とする上村君は島の人たちの期待を背負って神奈川県川崎市へと向かった。

 同島の出身者での有名人は柔道家の横地治男氏(故人)がいる。

:関連エントリー

2010年12月26日 「出でよ獰猛なる志士!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51638311.html

 隠岐諸島は大小複数の島によって成り立つが、大きく分けて島前(どうぜん)と島後(どうご)に分かれる。

 上村君が暮らしていたのは「西ノ島」のある島前だが、筆者が赴いたのも二つのうち島前だった。当時は携帯電話の電波も届かない。見るからに田舎の港町。地域唯一のスーパーらしき雑貨店。やたら広い割に、当たり前のことだが、地元民しか来なさそうなレストランで食べたフライが美味しかったのを覚えている。島を歩いている最中に入った寂れた喫茶店で飲んだホット・オレンジ・ジュースがやけに美味しかったのを思い出す。

 当時は漁民から住民まで誰しもが「竹島なんて関係ねぇ」といった風情だったが、印象として悪くはない、良い人たちだった。

 その島のために尽くそうと将来を誓っていた少年が殺害されたのが川崎での事件である。


追記
観光のシーズンオフにも関わらず、隠岐諸島の民宿『竹並旅館』には2晩も続けて大変お世話になった。ご飯も美味しく、部屋も快適で非常に良い旅を提供してもらった。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


行動する保守運動カレンダー」より

大嫌韓デモ ver.2 in 銀座
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=721

o0450031713112726433o0450031713093126953


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


『2ちゃんねる』の功績は過去の遺物!

今や日本人差別の温床と成り果てている!


【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  
Posted by samuraiari at 05:30このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 

2015年02月25日

曽野女史の移民「居住区」制限論

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★隔離政策を国ごとに今一度見直せ!

完全住み分け論で、移民受け入れならぬ「移民迎え入れ」に徹底反駁!

2c9458dca8ae86ba073ce31b35fe8936 さる2月11日、産経新聞のオピニオン・コーナーにある「透明な歳月の光」と題されたコラムにて、元『日本財団』会長・曽野綾子女史が掲載した移民問題に関するコラムが「アパルトヘイトだ」とか「差別だ」とするバッシングにさらされた。

 在特会デモへの妨害勢力として知られるしばき隊(現CRAC)の関係者なども素早く反応、ツイッター上などで激しく反発しては噛み付いている。

 では、そのコラムの内容を実際に精査してみよう。

 曽野女史のコラムは「労働力不足と移民」「『適度な距離』保ち受け入れを」と題されている。

 「最近の『イスラム国』などの問題を見ていると、つくづく他民族の心情や文化を理解するのは難しい、と思う」という書き出しで始まっているが、ご尤もだ。難しい…と言うよりはまず不可能に等しい。

 ISIS(イスラム教スンニ派過激組織)がどんなに国家に等しい共同体を持ち、社会らしきコミュニティを構築していようと、その実態やサダム・フセイン政権下の残党を中心に各国からならず者たちが寄り集った過激派集団であり、身近なものに例えてみれば「武器を手にしたしばき隊」のようなもので、これが隣に住んでいるかと思うと気が気でない。

 ISISでなくともイスラム圏という日本人の常識では度し難い宗派・信仰の者というのは到底、理解し得ない。

 例えばブルカ一つとってもかなり異様。いつだったか夏の暑い日に、東京都内の駅ホームでブルカをかぶった女性がいたのを見たことがあるが、それが一人でさえかなり異様な光景だというのに、数人、数十人が束になって歩いている光景はかなり異様である。

 まして、それが街中の至るところで散見されるようになると、不気味なことこの上ない。そんなイスラム社会の異様さ(文化)を受け入れよ、交われと日本人に強要することこそ、「日本人への差別」であり、日本人へのエスニック・クレンジング(民族浄化)に等しいではないか。

 ブルカをかぶったイスラム教徒の女性がそこら中に氾濫するなど、それはもう日本社会ではない。

150217-01
 曽野女史のコラムは、日本で若年層の人口が減るばかりであり、労働力補充のためにも労働移民を認めなければならないとしている。積極的な移民受け入れの推進論者ではないが、消極的に認めざるを得ないというスタンスではあることが伺える。

 労働分野での外国人受け入れについて曽野女史は「資格だの語学力だのといった分野のバリアは取り除かねばならない」として、ある程度の日本語が出来なければならないとか、衛生上の知識がなければならないということはない、としているのだ。

 孫が祖父母の面倒を見るといった、どこの国にもある家族の構図を例に挙げているが、ならばこそ各家庭で孫たちが面倒を見れば良いと思う。

 先ごろ、理化学研究所が開発した「介護支援ロボット」がネットニュースで紹介されていたが、介護の分野でもオートメーション化は進んでいる。外国人の介護士に頼らずともロボットの研究・開発に勤しんで国が積極的に補助金なりを投じれば良いと思う。
kaigo
 オートメーション化の進化は驚異的であり、そう遠くない将来にはバスやタクシーなど交通機関はすべてロボット操作での運行が可能になるところまで来ているのだ。自動車のみならず、飛行機まで(ただし、パイロットの雇用の関係もあり、なかなか完全機械化に至るには時間がかかるだろうが)。

 現に20年以上も前からニュートラムなど運転手のいない無人の電車が運行したりしているが、それなどは近未来における完全機械化を示唆していた。

 そして、曽野女史のコラムはいよいよ「問題」とされる核心部分に差し掛かる。

 繰り返すが、曽野女史は積極的な移民受け入れの推進ではなく、財界を中心に外国人移民・労働者を受け入れよとする向きが強まっている現状への是認という形で受け入れの在り方を説いているものと思われる。

しかし、同時に移民としての法的身分は厳重に守るように制度を作らねばならない。条件を納得の上で日本に出稼ぎに来た人たちに、その契約を守らせることは、何ら非人道的なことではないのである。
(中略)
 外国人を理解するために、居住を共にするということは至難の業だ
」(曽野女史・コラムより)

 何も(外国人を)受け入れるなと主張しているわけではない。受け入れるなら日本人との間で相互に軋轢や不信感を生まないように、彼ら移民の身分も保障するために、居住区だけは別にしたほうが良いという主張なのである。

 前述のようにイスラム移民が多数、自身の隣家に住み着くことを考えれば空恐ろしい。最近ではイスラム圏の異様さを見る度に中国人や朝鮮人など、まだマシな部類ではないかと思えるほどだ。

 曽野女史のコラムは続く。

599822lもう20〜30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった。
 南アのヨハネスブルクに一軒のマンションがあった。以前それは白人だけが住んでいた集合住宅だったが、人種差別の撤廃以来、黒人も住むようになった。ところがこの共同生活は間もなく破綻した。
 黒人は基本的に大家族主義だ。だから彼らは買ったマンションに、どんどん一族を呼び寄せた。白人やアジア人なら常識として夫婦と子供2人くらいが住むはずの1区画に、20〜30人が住みだしたのである。
 住人がベッドではなく、床に寝てもそれは自由である。しかしマンションの水は、1戸あたり常識的な人数の使う水量しか確保されていない。
 間もなくそのマンションはいつでも水栓から水のでない建物になった。それと同時に白人は逃げ出し、住み続けているのは黒人だけになった
」(同)

 かつての南アフリカ共和国のアパルトヘイト(人種隔離政策)を肯定しているとして、ここが曽野女史が方々から猛烈なバッシングを浴びせられた所以だろう。

 だが、アパルトヘイトを人種差別の代名詞であるかのように否定的に捉える傾向こそ、ここらで見直すべきではないか。

 周知の通り、南アではマイノリティ(少数派)の白人とマジョリティ(多数派)の黒人が一国の中で居住区や行動圏を別にしながらも国・社会を形成してやっていられたのである。

 確かに少数の白人が多数の黒人を強権的に隔離したという側面は事実であるとしても、それも互いが混在して軋轢や衝突、混乱を生み出さないための最良の措置だったと言えるのではないか。

 アパルトヘイトの撤廃で白色人種と黒色人種が混在化した結果、どうなったかは曽野女史が同国で実際に見たとおりのことだろう。

 居住区が分かれて隔離されていれば最初から軋轢も衝突も起きない、どちらかが出て行ったり、どちらか一方が独占的に居住するような事態も起きないのである。

 曽野女史のコラムにある最後の言葉を引用しよう。

爾来(じらい)、私は言っている。
 『人間は事業も研究も運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住区だけは別にした方がいい』
」(同)

 曽野女史のコラムについては一般社団法人 移民政策研究所所長である坂中英徳も批判している。元入管局長で、財界と自民党の肝いりで移民受け入れプロジェクトの旗振り役を務めているトンでもない売国奴の親父である。

以下、坂中のブログより引用
「移民の受け入れ方法について、いろいろ議論するのはいいことだと思います。ただし、移民に対し基本的人権を保障しなければなりません。日本国憲法が保障する居住移転の自由や職業選択の自由を移民に保障する必要があります。
 日本人が消えてゆく。日本人がいなくなって社会が消えてゆく。日本文化の担い手がいなくなって日本文化が消えてゆく。それを食いとめる最有力の国家政策として移民を迎え入れるのです。真の保守で憂国の志のある日本人なら、心から移民を歓迎するはずです。移民に対して冷たい態度をとる人は本当の愛国者ではありません。
 日本が居住移転の自由を認めない日本国憲法違反の制度、国際法違反の人種隔離政策(アパルトヘイト政策)をとることはありません」

以上

 坂中は「日本人がいなくなって社会が消えてゆく。日本文化の担い手がいなくなって日本文化が消えてゆく。それを食いとめる最有力の国家政策として移民を迎え入れる」としているが、今や移民の受け入れでもなく移民の迎え入れ…ときたものだ。

 少子化・人口減少という事象よりも何よりも、移民の受け入れ自体が日本も日本人も消滅させる亡国に他ならない。

 坂中は日本国憲法で国民に保障された居住移転の自由や職業選択の自由を移民にも保障する必要があると持ち出しているが、話は逆であり、今や日本人のほうこそ危険地帯をはじめとする海外への移動や国内での居住移転の自由をどこかで制限されなければならない。

 例えば…選挙のたびに創価学会の信者は地方から東京都内に住所を移転するなどして公明党候補への投票をアップさせるなど、人海戦術の選挙戦を展開している。そして選挙後はまた元の地方へ住民票を戻すといった。

 こうした信仰団体による特定政党(それも政権与党)への政治関与を防ぐ意味からも、際限のない自由が認められた居住移転もどこかで制限がかけられるべきだ。

 その他、地方から上京して何の目的や目標があるのか定かでなく、ただ惰性的に都心部に暮らしている者も少なくない。こうした自由が一方で人口過多を招き、もう一方では過疎化を招いている。
 そうした状況を是正するためにも際限なく認められた居住移転の自由もどこかで制限がかけられなければならない。

 最悪、移民が来ることになっても…と言うか現状では間違いなく増加するであろう労働移民について居住区を厳に制限するとともに、日本人もまた憲法で保障された居住移転の自由を逆手にその恩恵にあやかっているばかりではいけない。

 最も良いのは日本人は日本列島で、朝鮮人は朝鮮半島、中国人は中国大陸、イスラム信徒はイスラム圏で住むといったように、各民族・各人種及び各宗派が、それぞれの生存圏で住み分けることであろう。

 日本国という共同体こそは、「日本人にとっての最大の居住区」である。

 日本人にとっての居住区は何を置いても最優先に守られるべきだろう。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


o0317045013224172898
「行動する保守運動カレンダー」より

【月例】移民受け入れ断固反対街宣in新宿/反グローバリズム連合
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=713


2ちゃんねる撲滅!

BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

今や「ネトウヨ=2ちゃんねらー」という図式こそ、

現代の日本社会に出現した新たな差別構造である!


【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  
Posted by samuraiari at 23:24このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 

2015年02月24日

田母神氏、使途不明金問題

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★『次世代の党』潰しの一環だ!

新たな愛国勢力の台頭まで阻もうとする権力側の謀略に与してはならない!

tabo1-590x380
 元航空幕僚長で昨年の都知事選から同年末の衆院選を東京12区で戦った田母神俊雄氏について、田母神事務所での3千万円の使途不明金問題が持ち上がっている。

 支持者からの寄付などで集めた政治資金1億数千万円のうち約3千万円を、事務所の会計責任者である男(50歳代)が私的に流用していたことが明らかになったものだが、流用していたのはその会計責任者であり、田母神氏本人が関わっていたわけではない。

 「田母神論文」に端を発して幕僚長を更迭され、国会での喚問から在野の志士として日本再建に邁進してきた田母神氏には右派・保守層からの支持が一手に集まる。

 『頑張れ日本!全国行動委員会』の会長を務め、街頭行動に奔走してはその発言が何かと注目を集めた田母神氏だが、こういう人気者の周りには必ず、お金にしようと企む者らが寄り集う。

 巧妙に取り入っては内部の撹乱や分断・分裂を画策したスパイ工作員の類とは異なるが、ある意味で田母神氏の足を大きく引っ張った輩であることに違いはあるまい。

 田母神氏と言えば5年前、筆者(有門大輔)らも田母神氏を中心とした講演会を開催しようというプロジェクトの中枢に参画しようとしたことがある。

 結果的に我々の参画は頓挫してしまったが、何者かによって『在特会(在日特権を許さない市民の会)』に連なる「行動する保守運動」勢力を排除しようという目論見があったのだろう。

 この時から世間での田母神フィーバーをよそに、「ああいう人間もいつかはボロを出す時が来る」「今に見てろよ、いつかこっ酷い目に…」とは思っていたが、その田母神氏が窮地に立たされた今、まさか自分が援護する側に回ろうとは思ってもみなかった。

 これだから人生は面白い、とてつもなく面白い!

 筆者・有門の態度を変節漢と捉えようと大いに結構だが、それを言うなら今の今まで田母神事務所に出入りしては「田母神さん田母神さん!」と散々ヨイショしては選挙で田母神コールを連呼し、美味しい思いにも与(あずか)ってきた者らが手のひらを返し、いっせいに田母神バッシングを繰り広げることこそ変節漢ではないか!

 以下の画像に掲載した多摩川ボートこと溝上邦明なる輩は、昨年末の衆院選の折は勝ち馬に乗れと言わんばかりに田母神陣営の選挙戦に馳せ参じては連日随行していたというのに、この段になってツイッターで激しく田母神攻撃を繰り広げている。
photoB0TCM
画像右上:選挙戦の最中、自慢の自信作だったのだろうが、田母神応援の特大プラカードを掲げる多摩川ボートこと溝上邦明
後に多摩川こと溝上は「今にしてみれば恥ずかしい」旨を述べているようだが、この時点から恥ずかし過ぎるくらいに恥ずかしい!
こんなプラカードを堂々掲げられた当人の気持ちにもなってみろ!

この溝上(多摩川)だけが田母神氏に叛旗を翻すくらいなら大した影響もないが…むしろ、溝上に応援されても迷惑なだけで有り難くない?

 選挙期間中、聴衆の一人に罵声を浴びせてトラブルとなり、田母神事務所の選挙スタッフから選挙ジャンパーを脱ぐように指示されたことで田母神氏への逆恨みでもあったのか?

 余談ながらこの多摩川ボートこと溝上はかつて警察に逮捕されて留置場に放り込まれた折、運動仲間が警察署前で激励街宣してくれたことに「涙が出るほど嬉しかった」と伝えている。
 ここまではごく普通のことだが、後にその運動仲間に対して「ずいぶんと余計なことをしてくれたな!」などと180度異なることを述べて因縁をふっかけたりしているのだ。何が何だか訳が分からない。

 多摩川こと溝上のケースなどは末端レベルのことなのでどうでも良いが、問題なのは田母神氏の側近とも言える立場にいながら、政治資金を私的に使い込むなどして田母神氏の顔に泥を塗った連中である。

 叩けば埃が出るというのが政治家という商売。叩いて埃の出ない政治家などいないと考えたほうが良いだろう。

 先ごろ、「政治とカネ」の問題を追及された西川公也農水相が突如辞任を表明したが、政治とカネにまつわる問題は誰しも多かれ少なかれ抱えているもので、それがいつ、どのようなタイミングで表面化するか、それだけの問題なのだ。
nishikawa
 金額で言えば今回の田母神騒動の比ではないくらいの疑獄は過去にいくらでもあったし、現在でも田母神騒動の一方で舛添要一・東京都知事による2億5千万円もの私的流用が何ら追及されていないことのほうがおかしい。
tochiji
画像:マスコミがいっせいにスキャンダルを沈黙し、共産党までが賞賛する舛添都政は相当な問題があると見たほうが良いだろう

 田母神騒動が持ち上がるや『チャンネル桜』代表の水島聡社長なども田母神氏への非難を強めているとされるが、袂を分かつたからと批判の集中砲火を浴びせるとは何とも卑劣だ。

 思うに、ここで田母神事務所の使途不明金問題と田母神バッシングが持ち上がった背景には、田母神氏が副代表として衆院選に立候補するに至った『次世代の党』潰しの目論見があることは間違いない。
hiranuma_PC
 先の衆院選で衆議院では2議席に減らした次世代の党だが、来たる統一地方選で党再生を期している。田母神氏もまた来夏の参院選に向けて再起を期している。

 外国人への生活保護支給問題などタブーに言及した次世代の党が田母神氏を頭にして再び台頭して来るようなことがあっては敵わないとする者らによって田母神扱き下ろしと次世代の党潰しが画策されたのだろう。衆院選を通じた次世代の党そして田母神氏への包囲網は依然として継続されているのだ。

 公明党(創価学会)と連立を組む自民党政治が駄目だからと野党も駄目、躍進したとはいえ共産党などさらに駄目。そういう状況下にあって次世代の党こそは派遣労働などに甘んじる右派・保守層(特に若年層)の支持を集める受け皿になる可能性がある。

 それを潰したいと画策する者らによって田母神事務所の使途不明金問題が表沙汰にされたと捉えられよう。

 事は次世代の党だけの問題ではない。次世代の党に続き、守旧派の自民党政治にも左翼政党にも与しないとする新たな愛国政党・勢力が台頭する可能性も秘めている。

 そうした真の愛国政党・勢力の台頭を快く思わない権力闘争によって仕掛けられたのが一連の田母神騒動ではないか。

 ここで安易に良識に委ねた田母神バッシングに与するような愚行を犯してはならない。
nabenabe2

 拙ブログとしても田母神氏へのエールを贈り、田母神氏の再起を祈念する!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


o0317045013224172898
「行動する保守運動カレンダー」より

【月例】移民受け入れ断固反対街宣in新宿/反グローバリズム連合
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=713

2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


「ネトウヨ」と非難する側こそ要注意の監視対象であり、
「日本人差別主義」の摘発、隔離・収容の対象である!



【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  
Posted by samuraiari at 17:06このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2015年02月23日

弱者への共感と日本の心

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★参加報告 『日本の心を学ぶ会』第48回

勉強会の開始直前、東京都が「カジノ撤退」決定との吉報!!

150222_1817~010001
 平成27年2月22日(日)、『日本の心を学ぶ会』(渡邊昇代表)による第48回目となる勉強会が東京・文京区の文京区民センターで開催された。

 当日の演題は、かの「2・26事件」が起きた2月26日も近いということもあり、「昭和維新運動を考える」。

 講師と講演内容は下記の通り。
【講演】
昭和維新運動と北一輝 鷂郵姐先生(ブログ『日本よ何処へ』主宰)
昭和維新運動と現代  四宮正貴先生(『四宮政治文化研究所』代表)

150222_1902~010001
 終了後の自己紹介&質疑応答の時間に報告がてらに述べさせて頂いたが、この勉強会が開催される直前、東京都議会が「カジノ構想」から撤退・立候補辞退を表明したことが知らされた。

 日本の心を学ぶ会の渡邊代表は『パチンコ廃止を求める会』の事務局長を務め、日本の心を学ぶ会役員・会員もパチンコ廃止を求める会の運動と重複しているので、格好の場で吉報をもたらすことが出来た。
4773bd1f
 カジノ構想はセガサミー・ホールディングス』(総帥:里見治などパチンコ業界が推進しており、日本人からの現金収奪の「違法賭博」であるパチンコの公営化にも直結するものとして、同会はパチンコと併せてカジノ構想についても反対運動を展開していたものである。

 かねがね、現在の舛添要一東京都知事はカジノ誘致・推進には消極的であり、東京都政の優先順位としては低く位置づけ、「カジノの収益に頼る必要はない」「カジノをやらないと経済が良くならないとは思わない」と断言していたものである。

以下、過去ニュースより引用

kajino
カジノ誘致、なぜ本命・お台場が劣勢に? 有力3候補地めぐり企業と自治体の動き活発化
 カジノ建設候補地の大本命とみられていた東京・お台場だが、ここへきて誘致に向けた雲行きが怪しくなってきた。統合型リゾート(IR)導入の先頭に立っていた猪瀬直樹・前東京都知事から都政を引き継いだ舛添要一知事が、カジノ誘致に関心が薄いことが影響している。石原慎太郎・元都知事と猪瀬氏の時代に練り上げ、推進されてきたお台場カジノ構想に対し、舛添知事は消極的な発言を繰り返し、推進派の民間企業は当惑している。
 舛添知事は6月6日の記者会見で都のカジノ構想について「私にとって優先課題ではない。カジノをやらないと経済がよくならないとは思わない」と言い切った。東京五輪までに会場建設とインフラ整備で、やらなければならないことは山積している。優先順位としては東京五輪が上であり、カジノ開業を東京五輪に間に合わせる必要はないと舛添知事は考えている。
 現在、全国の建築現場は材料費・人件費の高騰や人手不足で四苦八苦している。そうした中で本格的なカジノを建設するとなると、ますます建築費が高騰するのは目に見えている。そもそも東京は日本で最も経済力がある自治体であり、カジノの収益に頼る必要はない。こうした舛添知事の消極的な姿勢により、政府が東京をカジノ整備地に指定する可能性は低くなったとの見方が広がっている。(後略)
(2014.09.18 Business Journal)

以上

 そして東京都としてカジノ構想からの正式な撤退が決定したと言う。石原都政の時代より前の猪瀬都政を通じて推進されてきた東京都としてのカジノ推進は終焉を迎えた。

t02200147_0800053313016383032t02200147_0800053413016382409t02200147_0800053413016383031
 昨年、東京都内や埼玉県内など各地でカジノ構想反対・パチンコ廃止を掲げたデモ行進と署名活動を継続・展開してきたパチンコ廃止を求める会としても非常に喜ばしい結果がもたらされた。

 しかし、今回の東京都のカジノ撤退は最終的には舛添知事や公明党(創価学会)が主張したことによる決定であり、創価・公明党問題を追及する『政教分離を求める会』、そして『日本侵略を許さない国民の会』を中心に舛添リコールを推進する「行動する保守運動」全体にとっては必ずしも喜ばしい限りではない。

 それでも地道に継続してきたカジノ反対運動が功を奏した結果をひとまず喜びたい。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆パチンコ弱者と真の愛国者

150222_1910~010001
画像:会場内が満席となった48回目の勉強会


 勉強会の主題は、財界の横暴が極まる昭和初期、芸者遊びに耽っては札に火を灯して明かりにするような富豪が我が世を謳歌する一方、東北など飢饉の農村では遊郭への娘の身売りが相次いだ。

 まさに「財閥富を誇れども、社稷(しゃしょく)を思う心なし〜♪」といった状況だったのである。

 そうした状況を是正しよう、正そう、「君側の奸」である悪い者を取り除けば必ず良い国、良い社会が到来すると信じた青年将校らが武力決起した。

 2・26事件とは同列には語れないかも知れないが、今年1月半ば、大手パチンコ・メーカーのセガサミー・グループの総帥宅に銃弾を撃ち込んだ者こそは現代における本当の愛国者である。

2015年01月17日 「パチ屋への発砲と媚韓外交
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51967640.html
☆セガサミー会長宅、襲撃される!!
☆現代の「ギャンブル王」を取り巻く利権争いの末の警告か?

868a5255-s
 パチンコこそは十代の若者から一般家庭の主婦、生活保護受給者までを狂わせる現金収奪である。

 パチンコをやる側が悪いという自己責任を論(あげつら)う向きもあるだろうが、単なる自己責任では済まされない。

 射幸性(しゃこうせい)を煽り、パチンコ・マネーにモノを言わせた過大なるCM広告で人々を誘い込み、強い中毒性で嵌めては借金を重ねてでもパチンコに狂い続けては破産から自殺に至る者が何万人いようと、景品交換所との三点交換方式による換金の違法性を何ら省みることのないパチンコ産業。

 パチンコに狂っては有り金を注ぎ込み、破産・自殺に至った人々の犠牲の上にパチンコ経営者らのパチンコ御殿は建っている。

 セガサミー総帥である里見なる人物が日本人なのかナニジンなのか、その出自は分からないが、そんな奴の自宅は撃たれた(討たれた)としても当然だろう。

 弱者を生み出し、その弱者からなおも収奪し続けるパチンコこそは安倍晋三首相をはじめ議員・政党に取り入っては警察権力に手厚く守られた現代における討つべき成金である。そして何よりパチンコ弱者とは、強い中毒性に絡み取られた親がパチンコに熱中している間、車中への放置で死亡した乳児であり、事故死した幼い子供らである。

 いつの時代もそう。22日当日の勉強会でも2人の講師が述べられたのは富める者がいる一方で虐げられた貧しき者らがいる、富者がいる一方で貧者が、強者がいる一方で弱者がいる。その貧富の差が拡大して世が狂い、富める強者がますます横暴を極める乱世にあって真の愛国者が起つ。

 勉強会で述べられたのは武力決起の背景にあるものは「弱者救済」の発想。そこに付け加えられるべきものがあるとすれば「弱者への共感」である。

 今や死語となった「中流」を装いつつ他者への優越感に浸ることなく、自らも同じ立ち位置から共に戦おう、起ち上がろうと呼びかける志に基づく行動。

 こと2・26事件においても、その「誠の志」が後世、何十年、何百年経とうとも人々の心を打ってやまない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆川口市より「多文化共生」反対・廃止の狼煙!

 今回の勉強会には埼玉・川口市より、自民党公認で、来たる4月の統一地方選に立候補予定の青山聖子さんが参加されていました。

 西川口周辺を地盤とされる青山さんは西川口一帯における外国人犯罪の多発と治安の悪化を非常に憂慮されています。

 一昨年には中国人の少年グループと接触した日本人男女3人が刃物で危害を加えられて瀕死の重傷を負わされるという凶悪事件も発生しています(その後、死亡?)。
7d2bc70c
 西川口駅の周辺では数年前、風俗店への集中摘発が行なわれましたが、その間隙に怪しげな中国人が続々入り込み、中国人によってアングラ化した雑居ビルが相当数、存在すると言われます。

 すべては川口市で発動された多文化共生政策に起因するものではないでしょうか?

 今や「新大久保の埼玉バージョン」「池袋の埼玉版」とまで言われる西川口一帯ですが、青山さんはその多文化共生政策に真っ向から反対を唱えて来たる本戦に臨まれようとされています。

 怪しげな外国人の激増と外国人犯罪の多発、治安の悪化を憂慮され、何としても川口そして西川口を再生しようと努められる青山さんを応援します。

 青山さんが運動における師として仰がれている村田春樹先生(『自治基本条例に反対する市民の会』会長)には筆者(有門大輔)も長年、大変お世話になっております。

 右を見ても左を見ても中国人で聞こえてくるのは中国語…そんな川口・西川口の状況に、当の川口市民は「息が詰まりそうな日々だ」と述べています。

 そのような川口市の治安状況を何としても是正させ、元の川口市を川口市民の手で取り戻しましょう!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


投幸(投稿)性を煽る匿名掲示板は、

外国人嫌悪よりも「日本人へのヘイト」を煽る!


【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  
Posted by samuraiari at 05:30このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2015年02月22日

韓国による「本当の侵略」!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

2/21国交断絶デモ ★ソウル道路陥没と技術提供

議員も政府も駄目なら在野から民間でこの侵略に立ち向かうしかない!

150221_1557~010001 平成27年2月21日(土)、東京都千代田区外神田〜御徒町〜上野公園にかけて「日韓断交デモ」が開催された。

 同22日の「竹島の日」を翌日に控えたこの日、首都で日韓断交デモが開催されたことの意義は大きい。

 最近、韓国の首都ソウルでは道路陥没が頻発しているとのニュースが頻繁に報道される。実際には前々からそうした陥没や陸橋の崩落が頻発していたのだろうが、それがここへ来て一気に陥没報道のラッシュ。

 地震や下水道の老朽化により、ソウル市内では約1千件の道路陥没が発見されたそうだ。だが、これなどは判明している限りであり、実際にはその数倍の欠陥道路が存在するのではないか。

 元々ソウルは東京都に比べて地質が脆弱…などとも言われているが、単に朝鮮人がいい加減な道路設計をして、いい加減な工事をしたがゆえに道路陥没などという事態が相次ぎ、犠牲者が出ているだけの話ではないか?

 地質が弱いなら相応の道路施工と都市設計をしなければならないし、そこに日本と同じようなビルを建てたり、日本と同じような都市設計をすることに無理がある。

 いっそ韓国は日本の統治によって近代化される以前の、土人の生活にでも戻れば良い。アスファルトをひっぺ返し、土の上を歩くような。

 今月1日よりソウル市長の朴元淳が5泊6日の予定で日本を訪問したことをご記憶の方もおられるだろう。弁護士出身で、韓国での反日弾劾裁判で天皇陛下に強姦罪での有罪判決を下したあの反日・朴元淳が。

★動画ご紹介! 『日本侵略を許さない国民の会』主催

2015/2/3【緊急抗議街宣】昭和天皇を冒涜するテロリストは出て行け!
https://www.youtube.com/watch?v=yWN0H118o6c


以下、ニュースより引用

ソウル市長が東京訪問 道路陥没対応など学ぶ
聯合ニュース 2月2日(月)14時27分配信
【東京聯合ニュース】ソウル市が、韓国より20年進んでいると評価される日本の道路陥没防止技術を積極的に導入し、道路陥没対策で事後対応から未然防止へと方針を転換する。
 1日から5泊6日の日程で日本を訪問中の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は2日午前、昨年道路が陥没した東京都内の現場を訪れ復旧した道路を視察した。
 東京はソウルよりも地質がぜい弱で、地震や下水管の老朽化で毎年約1000件の道路陥没が見つかる。
 だが、予防対策を取ることで事故につながるケースは1%未満にとどまっている。
 東京都は下水管が使用から30年を過ぎると道路が陥没する割合が高くなるとして、老朽化が進んだ下水管の取り換え工事を進めている。都が下水道管理に使う予算は年間6兆9579億ウォン(約7430億円)で、ソウル市(6910億ウォン)の10倍以上に当たる。
 ソウル市によると、ソウルの年間道路陥没件数は681件(2014年7月基準)で、このうち下水管の老朽化による陥没件数が85%を占める。
 ソウル市と東京都は2日、「道路陥没対応業務技術協力に関する行政合意書」を交わし、道路陥没先進技術分野での交流を進めていくことで一致した。
 ソウル市は東京都から陥没道路の調査方法や復旧に関するノウハウなどを学び、自主開発した舗装路面のくぼみを見つけるシステムなどを教える朴市長は同日午後、道路や消防災害安全の専門家に会い意見を聞く。また、東京ゲートブリッジを訪問し、橋梁維持管理システムを見学する。
 またソウル市は過積載車両による橋梁の損傷を防止するため、日本の先進システムを積極的に導入していく方針だ。

以上

 東京都内の道路を視察したりするために訪日したとのことだが、道路陥没が相次ぐ韓国・ソウルで事業展開をしたがっている日本企業(財界)が存在する。

 ソウル市長の朴元淳はそのため東京に招かれ、そのために訪日して、日本企業が韓国で事業展開するためのプレゼンテーションが政治レベルでお膳立てされたものである。

 ソウルでの地下鉄の導入に際して日本の技術を提供しようというのは日本企業が事業展開する端的なケースだが、何故に韓国に行ってまで事業展開をし、日本の高度な技術をくれてやらなければならないのか。

 下水管の老朽化で道路が陥没しようが、地下鉄ごと朝鮮人が生き埋めになろうが、日本には関係がない。欠陥道路が原因で何台の韓国製自動車が壊れようと、何人が死のうと日本人としては知ったことではないのである。

 つい最近も突如、道路の陥没により歩行中の朝鮮人男女が5メートルという深さの穴に転落。ニュース映像にもなって放送されていたが、こうしたニュース映像が流される必要性は何なのか? その意味が分からない。
kanbotsu2

(1)
kanbotsu3

(2)
kanbotsu4

(3)
kanbotsu5

(4)
kanbotsu6

(5)
kanbotsu

 韓国ソウルで何としても事業展開したい日本の建設業者がいる。それら財界の意向に沿ってマスコミはソウルでの道路陥没のニュースをセンセーショナルに伝え、同じく財界をスポンサーとする自民党政権は韓国大統領宛の親書を贈り、東京都知事を特使とした屈辱的な「都市外交」を展開させ、そして今また自民党の古参議員・二階俊博(総務会長)が何と1,400人を率いて訪韓。韓国大統領の朴クネと会談しては歴史認識についてただ頷いて鵜呑みにするだけの売国外交に終始した。

 民主党政権時代、同党の幹事長(当時)・小沢一郎が134人の民主党議員と、その他の関係者を含めると630人を引き連れて中国を訪問した「訪中団」が話題になったが、今回の二階訪韓はそれを遥かに上回る1,400人!

 いかに自民党政権の対韓売国外交に期待している財界の意向が強く、勢いが増しているかを物語っている。

 そのせいだろうが、近々発表に向けて作成中の「安倍談話」は韓国そして中国の顔色をうかがった歴史認識に基づいて作成されようとしている。

abe
 韓国側は安倍談話の発表によって、過去、日本がアジアへの侵略や慰安婦強制連行を謝罪した「河野談話」及び「村山談話」の破棄に踏み切れば「両国関係は破綻する」旨を伝えてきたと言う。

 ここまで韓国が日韓断交に至るプロセスを詳細に解説してくれているのだから、是非とも向こうから関係を断絶してもらいたいものである。

 韓国のものは韓国のために使い、日本のもの(技術・資材)も韓国のために使う…。戦前の「日韓併合」から形を変えた韓国への投資であり、そのためには韓国に媚びへつらおうが土下座しようが構わないという商人(あきんど)の発想に基づいた屈服の対韓外交が展開されている。

 首相・安倍晋三は未だ訪韓・首脳会談には至らないが、アホな親書を贈り、舛添要一のようなアホな都知事が訪韓したのに続いて二階のようなアホな国会議員が訪韓しては朴クネからの言い伝え(厳命)をそのまま持ち帰って来ている。
o0560030813224890541
 ただ、相手国の主張を聞いて「まったくその通りです」(二階)などというのはアホでも言えることだろう!

 この人間には自分の考え、自分たちの思いというのはまったく無いのではないかと思われても致し方あるまい。

 ただ相手の言うことに頷いて聞いていれば良い…そんな楽な外交はないし、そんなものは外交でも何でもない。政治家でなくとも社会人なら「君ねぇ、もう学生じゃないんだよ」と窘(たしな)められるようなレベル。日本の政権与党による外交はそんなレベルなのだ。

 だいたい国会議員に超党派の『日韓友好議員連盟』は存在しても、『日韓断交議員連盟』なるものが存在しないことがおかしい!

 民主主義の議会政治なら、そういう対極の価値観に基づく議員組織が台頭していて然るべきだろうに、いかに日本の政治が150年の長きにわたって「親韓」…いや「媚韓」に偏重しているかを物語っていよう。

 かつて、戦前日本の日韓併合に基づく朝鮮半島統治は「日本の侵略」「日本の植民地支配」とされてしまっている…それが戦後の今や我が国固有の領土・竹島を本当に侵略して実効支配(不法占拠)する韓国に対し、日本が莫大な経済援助に続き、ロケット打ち上げから地下鉄・道路施工の都市設計に至る技術提供…もうブラック・ジョークの漫画である。

 議員が駄目なら在野より民間レベルでやるしかない!

 かくして竹島の日を前日に控えた21日、日韓断交デモが開催された。主催は『東京青少年の会』の冨成一秋会長。

 電脳都市・秋葉原に隣接し、中国人に次いで朝鮮人観光客も多い外神田界隈から在日韓国・朝鮮人が特に多い御徒町から湯島、上野を通過したデモには大きな意義があったと言える。

 今、韓国から、朝鮮人からの侵略を跳ね除けなければならないのは日本人の側である。

 併合でも統治でもない、今あるのが本当の侵略である!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!

150221_1544~020001150221_1546~010001
2・21 竹島奪還!日韓国交断絶国民大行進 in 帝都【竹島返せがヘイトスピーチ?(1)】
https://www.youtube.com/watch?v=dPX4wm67k7Y&spfreload=10

150221_1541~010001150221_1601~020001
2・21 竹島奪還!日韓国交断絶国民大行進 in 帝都【竹島返せがヘイトスピーチ?(2)】
https://www.youtube.com/watch?v=Ou0go4u6_u8&spfreload=10
(撮影者:sencaku38さん)


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


韓国批判が即ち「ネトウヨ」認定される新たな差別構造!

愛国者の慟哭がネトウヨの一言で一蹴されてはならない!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  
Posted by samuraiari at 05:30このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 

2015年02月21日

国際テロに備えたイスラム観

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

「風刺画」転載本 ★トーハンが配送・流通停止の要求を拒否!

近未来、日本の出版界・言論界を標的とした無差別テロを示唆した不当な抗議

BlogPaint
 平成27年2月20日(金)、在日パキスタン人協会のイスラム教徒らが東京・新宿区に本社を置く大手出版商社トーハンを訪れた。

 今年1月、フランスでイスラム過激派による無差別テロの引き金にもなったとされる「シャルリー・エブド」風刺画の転載本が『第三書院』から出版されたことは周知の通りだろう。

 発売日は2月10日で、この段階から在日イスラム教徒らは預言者ムハンマドの風刺画転載について激しく抗議していたが、それが遂に取り次ぎ元にまで飛び火したような形である。

 発行元に対する抗議ならまだしも、トーハンは言わば、出版業界における配送センター。早い話が全国の出版社から集められた書籍を注文に応じて各所に配送する流通センターであり、「本の宅急便」である。

 ただの配送・流通センターに抗議を申し入れるとは、在日パキスタン人協会が向けた矛先はちょっと…いや、ちょっとどころかかなり筋違いではないか。
150220_1505~020001
 前述のようにトーハンは日々、全国の何百、何千という出版社から集められる書籍を注文に応じて配送・流通させているのみである。宅急便や郵便がそうであるように、顧客から預かった品を自社の判断で勝手に抜き取ったり、排除したりすることは出来ない。

 在日パキスタン人協会の一行はトーハンに来る前には御茶ノ水(千代田区)の『日販(にっぱん)』に寄って抗議を申し入れたようだが、そこでも彼らが思うような回答・反応が得られなかったことは早々と伝えられていた。

☆痛快! イスラム団体の抗議を一蹴

 在日イスラム教徒からの抗議に屈して風刺画の転載本を配送・流通させないと決定したのは『栗田出版』。圧力に負けて、随分と無理難題を呑まされたようだ。

 在日パキスタン人協会の一行が御茶ノ水の日販を後にしたのが午後3時20分頃という情報がトーハン側に伝えられた。社員を通じて取材に赴いていた筆者(有門大輔)らにも。当初、トーハンとの約束は3時だったが、その時点でとうに約束の時間を過ぎている。

 …1時間経っても来ない。1時間半が経過しても…。

 自ら抗議を申し入れて対話の場を設けてくれと要請しておきながら、約束の時間を大幅に遅れるとは何事か! この時点で抗議も要請もあったものではないだろう。

 筆者・有門らも3時前にはトーハン本社前に到着して待機していたが、それらしき人影は一向に見当たらない。トーハン社員らも玄関口で待機、時折、外の様子を見に来ては立ち尽くしているが、在日パキスタン人協会の者らは現れない。

 こちらを佐々木小次郎に仕立てて、自らは宮本武蔵にでもなったつもりなのか?

 「我々日本人の常識では考えられないですね」とする筆者の問いに、トーハンの社員も「そうですね」と苦笑する。これが日本人同士の契りなら、とうに反故になっているところだ。

 欧米人もそうした傾向が見受けられるが、イスラム教徒というのも相当に時間にルーズなのか。一事が万事この調子では到底、日本人との共生・共存など望むべくもない。

 一行の到着を待つ間、トーハンの見解を訊いてみた。

飽くまでも淡々と、粛々と述べるのみです。出来ないことは出来ませんと」(トーハン社員・森氏)

 予想していたことだったが、トーハンとしては日販と同様、風刺画の転載本について配送・流通を差し止めるような考えは一切無いと言う。最初からその姿勢を感じ取っていた。

 在日パキスタン人協会の連中と連絡が取れ、「あと30分くらいで到着する」との回答を得たのは午後4時30分頃。…さすがに遅れ過ぎたと思ったのか、イスラム教徒らは「日を改める」旨も打診したようだが、トーハン社員の責任者は「今日中にハッキリと回答して終わらせよう」との意向を示した。

 時間にルーズな相手を待ち続ける辛抱強さ、忍耐、そして大幅に遅れてやって来た相手を客人としてもてなす寛容さ、抗議の申し入れに対して真正面から回答する真摯さ、どれを取っても日本人らしい。

 結局、在日パキスタン人協会の一行がトーハンに到着したのは午後5時を過ぎた頃だった。定刻より2時間少々の遅れ。玄関脇の通用口からは業務を終えて帰途に着く社員が続々、ゾロゾロと出てき始めた。
150220_1706~010001150220_1707~030001
 黄色い乗用車で乗りつけた。当初、大人数で押しかけて来ては大々的な抗議でも繰り広げるのではないかと予想していたが(そのため動員に時間がかかったなど)、来たのは長老らしき男と付き人が2人の3人だけだった。
 長老らしき男は歩くのがやっとの状態で、玄関の段差一段を上がるにも付き人の肩を借りるほど。

 トーハン社員に迎え入れられて建物内へ。トーハン社員の責任者は当初より、「こちらの業務内容と方針を伝え、30分くらいで切り上げる予定です」と話していた。
BlogPaint150220_1716~010001
 終業時間のため玄関入り口やショーウィンドウはシャッターが閉められ、辺りはすっかり薄暗くなった5時45分頃、通用口から社員らに付き添われたイスラム教徒ら3人が出て来た。応対した社員らが車のところまで見送りに。

 長老を乗せて付き人らが運転席と助手席にそれぞれ乗り込むと、車は足早に立ち去った。

 応対したトーハン社員の森氏が話す。

当社としましては全国の出版社から日々何千、何万もの書籍が配送・流通している中で、その一つを当社の判断で抜き取ったり、排除したりすることは出来ませんと業務内容をお伝えしました。

 相手方の反応は『そこをやるのがあなた方に課せられた責任だろう?』というものでした。

 『あの本(風刺画の転載本)を排除するという選択をすることが出来る。その選択をしなければ、あなた方にとっても我々にとっても互いに不幸を招く』という旨を述べましたね。

 ええ、段々と興奮してきて、威圧的・高圧的とも取れる申し入れでした。

 『預言者ムハンマドを風刺するということは、あなた方の父親を風刺することにも等しい。それをやられた時、あなた方ならどう思うか?』という旨を申し入れられました。

 『抗議デモをやることになるかも知れない』ということも示唆していましたね。

 こちらとしては配送・流通という仕組みを申し述べ、要望にはお応え出来ないことを伝えさせて頂いた次第です

BlogPaint
 抗議の申し入れを終え、建物内から出て来た長老ほかイスラム教徒らの表情は残念極まりないといった顔つきだった。

 発行元への抗議で出版を差し止められなかったからと、配送・流通センターにまで抗議を申し入れるとはイスラム団体の要求もムチャクチャである。

 発行元が配送・流通を抑えてくれと言うならあり得る話だろうが、発行元で止められなかったからと配送・流通の段階でストップしろ…などとは、到底通る話ではない。ただの嫌がらせではないか。

 おそらく、件の在日パキスタン人協会の一行は栗田出版においても日販においても同じ内容を申し入れたものと思われる。栗田出版は不当な圧力に屈してしまったようだが、日販に続き、トーハンは頑として妨害とも思える配送・流通停止の要求を突っぱねた。

 余談だが、トーハンは筆者・有門が二十代の頃、書籍を納入したり注文の確認をするためによく赴いたことを思い出す。それこそ毎日のように頻繁に(日販にも何度か赴いた)。

 そうした経緯もあるので、この度、トーハンが配送・流通差し止めの要求を突っぱねたことは個人的にも非常に嬉しい。

 抗議のデモをやるかも知れないとは、「テロをやるかも知れない」の間違いではないのだろうな?

 ムハンマドの風刺を父親の風刺に例えて述べているが、それを言うなら無差別テロは自分の家族が被害に遭ったにも等しい、あなた方のご家族が無差別テロの犠牲になったとしたらどう思うか?…そのようにお返し申し上げたい。

 イスラム団体の申し入れは何とも身勝手である。

風刺画
 風刺画を問題にするが、そもそも何故にフランスをはじめ各国で風刺画などという媒体が持ち上がっているのか?

 簡潔に言えば「売れるから」なのだろうが、では何故に売れるのか?

 それほど各国でイスラムの問題が切実だからこそ、風刺画によって世相を皮肉っているのだろう。風刺とは文字通り、世相を皮肉ったものである。

 フランスをはじめ各国にいかにイスラム教徒の移民2世3世が蔓延っては治外法権のスラムを形成し、横暴を極めているか。その対立が抜き差しならない状況にあるか?

 日本とて、一たび風刺画の転載本を出版するとなれば関係各所に筋違いで身勝手な抗議がなされ、それが聞き入れられないとなるや、抗議デモをするとか不幸になるぞ!…とか脅迫紛いの申し入れがなされる。

 それほどイスラム教徒の存在が日本においても切実な問題となりつつあることを物語っていよう。

 ここは日本であり、断じてイスラムの戒律が通るような国ではない。今回のイスラム団体による抗議が物語っているのは、こと日本にあってもそれほどイスラム勢力の影響力が強まり、在日イスラム教徒が増加しているという事実だ。

 日本にあってイスラム教の女は異教徒とまぐわってはいけないとか、一夫多妻だとか、何々を食べてはいけないとか、この時間に祈りを捧げなければいけないといった戒律がまかり通っては敵わない。

 今回の申し入れで在日パキスタン人協会の一行が述べた「互いにとっての不幸」とは直接的ではなくとも、遠くない将来におけるテロや流血の争いを示唆したものではないか?

 フランスでは風刺画週刊誌が無差別銃撃テロの被害に遭った。

 その風刺画の転載本を発行したことで発行元の出版社やトーハンのような配送・流通センターに何らかの危害が加えられる未来を予言と言うか示唆したものと受け止められよう。

 日本でもそう遠くない近未来に欧州で頻発しているような出版社・言論界を標的としたイスラム過激派による無差別テロが起きるかも知れない。いや、必ず起きるだろう。

 当日、トーハン周辺では警視庁の外事課と思しき刑事らが無線機のイヤホンを装着して待機・張り込みをしていたが、国際テロの発生に対して厳重警戒するとともに、日本にいる怪しげなイスラム団体・教徒への摘発を可及的に遂行することが望ましい。

 警察力だけの問題ではなく、国民世論としてイスラム過激派による無差別テロに厳しい目を向け、関心を高めるべきだ。

 もはや「ISISとイスラム教は別だ」とか「アルカイダとイスラム教は違う」といった綺麗事を言って現実から目を背けているような状況ではない。

 過激派テロもイスラム教も同一、同義との認識の下、イスラムという存在を認識しなければならない。

 イスラム・フォビア(嫌悪)を堂々掲げよう!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

行動する保守運動カレンダー」より

第四十八回日本の心を学ぶ会 【昭和維新運動を考える 】
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=722

o0450031813221481859



2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


風刺画は表現の自由であるが、「クソネトウヨ」は表現の自由では済まされない!

蔓延る日本人差別はその表現を強めて定着化する状況にあり、断じて看過するな!

やがて来る国際テロの非常時に備え、今のうちに規制すべき表現を規制しておけ!


【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  
Posted by samuraiari at 01:17このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2015年02月20日

ナンペイ強殺事件の転機に思う

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★銃器犯罪への世間の強い関心

未解決ながらも凶悪事件を風化させまいとしてきた「世論の勝利」!

nanpei4
 東京・八王子市大和田のスーパー『ナンペイ』で平成7年7月30日、女性店員3人が殺害されたナンペイ強盗殺人事件から今年で20年目を迎える。

 その間、警察や被害者の友人・知人らが事件を風化させまいと懸命な呼びかけに奔走。このブログを開設してからは毎年事件が起きた日の前後には関連エントリーを掲載してきたし、事件解決に結びつきそうな情報がマスコミ報道で持ち上がるたびに言及してきたものである。

 銃刀法違反で捕まったガンマニアみたいなオッサンが事件への関与をほのめかしたり、麻薬密輸事件に絡んで中国で死刑執行を待つ日本人死刑囚が事件に関与した中国人を知っていると匂わせたり…。そのためカナダ在住の中国人について旅券法違反(他人名義の旅券で日本から出国)で逮捕状を取り、同国での裁判沙汰を経て日本への身柄引き渡しが実現、旅券法違反で起訴して裁くも事件の全容解明に至る手がかりは掴めず…。
nanpei2
:関連エントリー

2012年07月25日 「八王子ナンペイ事件と移民国家
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51849234.html
☆全ての在日社会に責を問う!
☆「移民国家」である近代で起きた一つの大きな悲劇!

2013年09月26日 「ナンペイ事件が急展開!?
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51913474.html
☆参考人か? 容疑者か? 日加間での引き渡し
☆旅券法違反容疑の取り調べで一大凶悪事件は全容解明へ?

2013年11月03日 「ナンペイ事件と日中関係
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51918229.html
☆解明の鍵を握る中国人 日本への引き渡し決定!
☆媚中の安倍内閣・自民党政権に、大事件に対する見解を問う

2014年07月31日 「夏の外国人犯罪特集(1)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51949368.html
☆八王子ナンペイ強殺から19年
☆事件を風化させず、毎年集う人たちが存在し続けるのが最大の進展!

nanpei3
… … …
 そして、このほど事件現場に残された粘着テープから犯人らしき者の指紋の一部が科学捜査で発見されたと言う。

 テープに残された指紋の一部が約10年前に死亡(病死)した前科者の男の指紋と一致したという情報で、事件当時、その男が八王子市大和田に隣接する多摩地区で生活していたという事実も判明している。

 ナンペイ強殺事件は筆者(有門大輔)が二十歳で上京した最初の夏に起きた事件であり、事件の経過は筆者個人の歩みにも重なる。

以下、ニュースより引用
nanpei
<ナンペイ事件>発生20年新局面 捜査幹部「裏付け全力」

 女子高校生ら女性3人が射殺された「スーパーナンペイ大和田店」の強盗殺人事件から19年7カ月。現場に残された粘着テープに付いた犯人の指紋の一部が、約10年前に死亡した男と一致したことを突き止めたことで、警視庁八王子署捜査本部の捜査は大きな局面を迎えた。死亡した男が事件に関与したのか。捜査1課幹部は「やれる捜査はすべてやる」と話し、裏付けに全力を挙げる方針を示した。

 現場に残された物証は「銃弾」「1種類の足跡」「粘着テープ」。捜査本部によると(1)犯行に使われた拳銃は38口径のフィリピン製スカイヤーズ・ビンガム(2)足跡から犯人は広島県内のメーカーで製造されたスニーカーを履いていた可能性が高い(3)テープは都内のメーカーで製造された−−ことを突き止めた。
 このうち粘着テープについては、被害者以外の汗が付いていたが、最新の技術でもDNA型は検出できなかった。さらに、指紋の鑑定には12個の特徴点が必要だが、粘着テープに付いた指紋には8個の特徴点しかなく、犯人特定の決め手には欠けていた。
 しかし捜査本部は8個の特徴点に着目。約10年前に死亡した男と一致していることを突き止めた。男は事件当時、多摩地区で生活していた事実もつかんだという。
 事件は95年7月30日に起きた。スーパー閉店直後、稲垣則子さん(当時47歳)と女子高校生の矢吹恵さん(当時17歳)、前田寛美さん(同16歳)は店舗2階の事務所で帰り支度をしているところを襲われた。犯人は女子高校生2人を背中合わせにして粘着テープで後ろ手に縛り上げ、口をテープでふさいだ。3人は頭部を撃ち抜かれ金庫にも弾痕があった。捜査本部は、犯人は金庫内の現金を奪おうとしたが、3人が金庫のダイヤル番号を知らなかったため激高し、金庫にも発砲したとみていた。
 荒っぽい手口から、薬物事件の前歴者、暴力団関係者、不良外国人らが関与した可能性があるとみて捜査する一方、売上金が1週間で最も多く金庫に保管されている日曜日の夜に襲撃されたことから内部事情に詳しい者が関与した疑いもあるとみて捜査していた。

以上

 見立てから言うと、前科もある者が重大な犯行に至るのに、犯行に用いる粘着テープに指紋を残したりするだろうか?

 現場に残された遺留物の中からはタバコの吸殻も科学鑑定にかけられているようだが、何らかの証拠物を残すとも考え難い。

 ただ、犯行は複数によるものとも考えられるため、約10年前に死亡した男が何らかの形で関わっていたとも考えられるし、テープに指紋の一部を残してしまうというドジをやらかさないとも限らない。

 前述のタバコの吸殻にしても、20年前と言えば今ほど科学鑑定の緻密さが周知されていなかったことから、何らかの遺留物を残すような間抜けが犯人グループの中にいたとしても不思議ではないだろう。
21633b89
 ナンペイ強殺事件ではアルバイトの女子高生・矢吹恵さん(当時17歳)と前田寛美さん(同16歳)、パート従業員の稲垣則子さん(同47歳)がいずれも拳銃で頭を撃ち抜かれて殺害されるという類を見ない残忍な凶悪事件。

 事件から15年後の平成22年には殺人などの凶悪事件に関する公訴時効が撤廃されているが、この時効撤廃もナンペイ事件を契機としたようなものである。

 これまで、いくつもの殺人事件が未解決のまま迷宮入りしたりしているが、平成の世で発生した3人を瞬時に銃殺するという凶悪事件が単に迷宮入りで済まされて良いはずはない。

 捜査担当の警察幹部も「やれる捜査は全てやる」と断言しているだけに、何としても指紋の一部を残した男が事件にどう関わったのか、その全容解明が待たれる。

☆警視庁HPによるナンペイ強殺事件への情報提供の呼びかけ

大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/jikenbo/hatioji/jiken.htm

 思い起こせば平成7年というのは凄惨な事件が頻発した年だった。オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きたのも平成7年。少女絡みで言えば沖縄県でニガー(黒人)の米兵3人による暴行事件が起きたのもこの年。カルト絡みで言えば創価学会・公明党問題を追及していた東村山市の市議会議員が同年9月、東村山駅付近のビルから転落死を遂げている。

 多くの凶悪事件や不審な出来事が起きては瞬く間に忘れ去られていく世にあって、人々の記憶に残る形で銃器に関わる事件が平成7年中になかったか…? それがあった。

 前述のオウム事件の最中、同年3月に東京都内で国松孝次・警察庁長官(当時)が何者かによって狙撃されて瀕死の重傷を負わされている。

 これまた前述の銃刀法違反で逮捕されたガンマニアのオッサンが国松長官狙撃への関与をほのめかして束の間話題になったが、これも伊達や酔狂の域を出なかった。実に人騒がせである。

 警察庁のトップを狙うなどは、まるで行動パターンを把握していたかのような何とも大胆不敵な犯行であるが、ナンペイ強殺事件とは引き金を引く際に「躊躇(ためら)わない」という点で共通している。

 そのためナンペイ事件も暴力団関係者か外国人犯罪者という線を視野に捜査が進められていたようだが、ナンペイ強殺事件後の特筆すべき点は事件を風化させまいと周知に努めて奔走してきた人々の尽力も然ることながら、事件を忘れまいと記憶し続けた世論もまた凄い。

 先述のように凶悪事件が起きる度にセンセーショナルに報じられては忘れ去られていくのが世の常。その中でナンペイ事件のみは関係者が銃器犯罪の根絶を毎年訴え続け、また世論もそうした声に応えた。
 余談ながら前出のオウム事件の際、然る警察官は「世間からの情報提供や協力が迅速且つ率先的に行なわれたので非常に助かった」と事件当時を回顧している。イスラム過激派による国際テロにも共通しているが、国民世論を敵に回した凶悪犯罪には共感や同情は一片もない。

 ナンペイ強殺事件を銘記している人々の記憶。これこそが事件後の何よりの収穫であり成果である。今やスーパー・ナンペイの店舗は取り壊されて駐車場に様変わりしていても、事件が人々の記憶に残り続けている。事件当時は生まれていなかった世代の人でもナンペイ強殺事件を知っている。これが大きい。
f420153aced851d9
 事実、ナンペイ強殺事件後、よほど大がかりな組織犯罪を除いて、強盗事件で銃器が使われたことはそうそうなかったのではないか?

 強盗をやる側の犯罪者にとっても下手に銃器を使えばナンペイ強殺事件に結び付けられたりしかねない、そうした警戒感が銃器を使用した犯行を思いとどまらせたケースもあるだろう。

 15年前や10年ほど前には、遠からず警察と犯罪者の間で銃撃戦が常態化する近未来像が予見されていた。今のところだが、そこまでの事態の悪化は見られない。

 銃撃戦が常態化する治安状況など1990年代前半から予見されていたというのに、それをギリギリのところで阻んできたのは警察による捜査・摘発への尽力とともに、ナンペイ強殺事件のような銃器を使った凶悪犯罪に世間が関心を示し続けてきた成果と言えよう。

 もし世間がここまで銃器犯罪に強い関心を示さなければ、日本の治安状況はもっと悪化していたはずである。

 日本を信じてみたい。そう思うのはこういう時だ。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆『NPO法人 外国人犯罪追放運動』公式サイトより「外国人犯罪 事件簿」ご紹介!

http://gaitsui.web.fc2.com/2nd_section/jiken/jikenbo.htm

行動する保守運動カレンダー」より

第四十八回日本の心を学ぶ会 【昭和維新運動を考える 】
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=722

o0450031813221481859



2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


日本人に対するインターネット上のヘイト発言こそ速やかに糺(ただ)せ!

日本人に対する無差別殺傷こそはネット上の「犯行予告」無しに発生する!


【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  
Posted by samuraiari at 01:51このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 

2015年02月19日

サザン抗議と中韓

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

zakSPA!サイト ★中川淳一郎による日本人ヘイトを正せ!

サザン桑田への抗議を回顧するとともに、次なる中韓抗議へのステップアップ!!

zak
 サンケイ・グループの『週刊SPA!』ウェブサイトのzakSPA!にて、さる1月11日に我々が行なった「サザンオールスターズによる不敬への抗議行動」について書かれていると支持者の方から知らされたのは2月16日のことだった。

:関連エントリー

2015年01月12日 「無法の表現
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51967112.html
☆サザン桑田佳祐とアミューズへの抗議!
☆公序良俗に反した言動に限定した追及!

0366c242
 「渡邊(昇)さんと有門さんらのサザン抗議が批判されていて、中川に『クソネトウヨ』として貶されている」との知らせ。「渡邊さんや有門さんらの抗議でサザン桑田が謝罪したのが中川はよっぽど悔しかったんでしょ」と。

 さっそく同サイトを確認してみると、記事は1月28日付のものだった。確かに名指しこそはないが、1月11日に東京・渋谷で桑田佳祐が所属するアミューズ前で抗議行動を行なったのは我々しかいない。

サザンに「反日」レッテルはお門違い 抗議するなら韓国や中国に乗り込め
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20150128/zsp1501281130001-n1.htm

 掲載されているウェブサイトはザックザックだかザックスパだか知らないが、「雑誌SPA!とzakzakのコラボレーション・コンテンツ」と謳われている。その上、「夕刊フジ」と銘打たれていたり、同じサンケイ・グループで細分化されているものがコラボだとか言っているので、どこが責任の所在なのか外部の者には分かり難い。

 一報をくれた支持者の方も産経デジタルに苦情を申し入れてくれたそうだ。次いで筆者(有門大輔)も電話したが、クソネトウヨという表現について言葉を濁しつつも適切ではないと言いそうで皆目、要領を得ない。
1d73a3b2
 そしてサザン抗議を総指揮した『牢人新聞社』の渡邊昇代表がサンケイ・グループに苦情の電話。

 最初、ネット上に事の顛末を掲載したのは渡邊代表。渡邊代表のツイッターとブログからご紹介しておきたい。

nabesan3
ブログ『一介の素浪人』より

二〇一五年如月十八日
産経のご指示通り、『中国韓国に乗り込め』と行きましょう!!
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55144071.html

二〇一五年如月十八日
いい加減にしろ!!産経新聞 お客様サービス!!
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55145132.html

 渡邊代表が電話した際に担当者とのやり取りの最中、向こうが勝手に電話を切ってしまった。そのため渡邊代表がかけ直すとサンケイはサンケイでも、インターネット上に公開されている「お客様サービス係」ではなく、サンケイ・グループにつながり、そこのインフォメーションでようやく件のサイトがSPA!系列のものだと判明。

 サンケイでもまったく畑違いのところにかけているのだから、応対に出た社員に記事のことが分かるはずもない。それにしても向こうもいい加減なものだ。グループ系列では同じであっても、会社が違うのだから「うちの記事ではありません」と言えばそれで済む話なのに、ろくに記事の内容も把握しておらずに、「はい、はい」とかかってきた苦情の電話を取り合えず「聞いておけば良いや」程度にしか考えていない。

 それでは本題に入ろう。

 我々のサザン抗議を非難していたのは中川淳一郎という輩。

 中川の名はネット問題、特に2ちゃんねるに関連することで聞くことが多い。ネット問題に精通した評論家であり、ゆえに2ちゃんねるに関わる問題でも意見を求められることが少なくないのだろうが、その当人が2ちゃんねるレベルの批判に終始しているようでは仕方がない。

 記事はzakSPA!の担当者が中川にインタビューする形式で始まっている。

以下、引用

サザンに「反日」レッテルはお門違い 抗議するなら韓国や中国に乗り込め
 
Q.サザンに「反日」のレッテルが張られているが……?
  ↓
基本的知識もなく、言いやすいところに思いつきで抗議する情けない連中がネトウヨだ!

 ◇

 オレはネトウヨに対してはかなり寛容な態度を取り続けてきたが、もう情けなくなってきた。主張するのはいい。だが、その主張が単なる言いがかりに成り下がっているのである。もともとネトウヨの主張は根拠不十分なものが多いのだが、さすがに1月11日に行われた「サザンオールスターズに反省を促す抗議活動」は酷すぎた。

 昨年末に行われたサザンオールスターズのライブにて、昨年11月に受章した紫綬褒章をボーカルの桑田佳祐がズボンのポケットから出したり、「オークションに出品する」などとジョークを述べたことを問題視し、デモの主催者は「不敬」と表現した。

 さらに、紅白歌合戦で生中継された『ピースとハイライト』のステージ映像では日の丸に「×印」がついた画面と、「中国領土 釣魚島」と書かれた映像が出てきたことに対して“国旗日の丸に対する侮辱的行為、尖閣諸島をあたかも中共の領土と思わせる行為、これらは「表現の自由」の則を著しく逸脱した行為であり、国体破壊”と述べた。

 だが、待てよ! 桑田佳祐は紫綬褒章を受章したとき「下劣極まりない音楽をやり続けてきた私が、このような高貴な章をいただけるとするならば……」と謙遜したうえで、感謝の気持ちを述べている。今回の「オークション発言」にしても、桑田なりの照れ隠しだろう。

 日の丸の「×印」については、中韓のどちらかの反日デモの際に彼の国の人間がやったことであり、釣魚島についても、中国人による主張を紹介したのみである。サザンはあくまでも「国と国がいがみ合うのではなく、平和になればいい」という意味の歌詞を唄っており、それを表現するにあたって、世界各国のデモや、紛争の様子を映像で紹介している。中韓と日本の話だけを問題にしているわけではないし、ましてや中韓に共感してもいない。一応謝罪文を桑田は出したが、面倒な世の中になった。

■“魚釣島”と書いて無知が白日の下に……

 また、このデモの主催者が無知でバカな点については“「中国領土 魚釣島」などと記載された……”と書いたことにも表れている。尖閣諸島の中国語名は「釣魚島」である。こういった基礎的知識もないまま、単なる思い込みでサザンを「反日勢力」扱いしているのだ。

 あのよ、サザンがどんだけ日本に貢献してきたと思ってるんだよ。多額の税金を払い、老若男女を楽しませてきた。それだけで国への貢献は絶大だろう。抗議するんだったらソウルや北京に乗り込んでガチで韓国人や中国人とやり合えよ。在ソウル日本大使館前の慰安婦抗議「水曜集会」でもいいぞ。文句を言いやすい日本の有名人ばかり相手にしやがって、このクソネトウヨどもめ!

◆紅白での「チョビ髭」パフォーマンスもやり玉に

 紅白歌合戦にライブ会場から中継で出演したサザン。桑田がチョビ髭姿で現れたことから「ヒトラーを喚起させる」と話題に。安倍首相夫妻がライブ鑑賞に訪れた際に替え歌をしたことや、テレビ番組で「アベーロード」なる歌で首相を風刺する映像が発掘されるなど、波紋。15日、事務所と本人が謝罪文を発表。

以上、引用終了

 中川の主張に対してはzakSPA!の記事の下にあったコメント欄に書き込めば良かったのだろうが、どういう不具合なのか、書き込めなかったので取り合えず自身のツイッターに掲載した。

arika
arika2
 概ねツイッターに掲載した通りなのだが…。

 最初に「サザンに反日レッテルはお門違い」「抗議するなら韓国や中国に乗り込め」とあるが、サザンへの抗議は中韓の問題とは関係がない。我々の抗議行動においても抗議文では紫綬褒章の問題についてのみ言及したものであり、飽くまでも表現の自由に関する部分では何ら云々していない。

 こういうところでマスコミ報道に煽られたのか、安直に混同しているようでは中川という輩もネット右翼のことをどうこうと笑えない。

 それに何故に抗議するのに中国や韓国といった外国にまで行かなければならないのか?

 これとは逆に中韓から反日活動家が日本に上陸しては日本国内で反日行動を繰り広げている。それに対して我々は「帰れ!」「自分の国でやっていろ!」ということを主張している。

 日本の主権が及ばない外国に行ってまで何故に日本人が抗議しなければならないのだろうか?

 外国に行けとか、向こうの国でやってみろ…という種の批判はネット上で、これまで何度も目にしてきたが、皆目意味が分からない。

 名前しか知らなかった頃はもうちょっとマシな部類の人間かと思っていたが、中川というのもこのレベルの輩のようである。

 サザン桑田佳祐の日本社会への貢献度は筆者も知っているつもりである。それについては否定しない。良い曲を歌っている。十代の頃から筆者もよく聴いていた。舞台で少々卑猥なパフォーマンスもあるのかも知れないが、彼の実力に裏打ちされたものなので、それ自体は表現として否定されるべきものではない。

 だが、それが不敬行為を看過する免罪符にはなり得ないし、だからと言ってサザン桑田を反日扱いしているわけでもないし、反日認定したこともない。

 それを、あたかも我々がサザン桑田を反日扱いしているとか、反日認定したとか、それこそネット右翼をひと括りにした画一的なものの見方ではないか。

 そして中川の批評で最も酷かったのはクソネトウヨという表現である。これはもはや批評というレベルの問題ではなく、メディアを使った一方的な誹謗中傷の類だろう。

 ネトウヨという表現自体も侮蔑的ではあるが、それでも広く使い始められているだけにまだ理解のしようもある。だが、そこに「クソ」と付けば、このインタビュー内容をそのまま掲載したメディアの品格というものが疑われる。

 何よりも中川淳一郎という一個人がネット右派層への憎悪(ヘイト)に基づいて発した表現に違いない。

 これではネット上でネット右翼を日々激しく罵るブサヨ(左翼)と何ら変わらないのではないか。

 何も杓子定規で正しく、綺麗な日本語を使うことばかりが良いとは思わない。閣僚や公人ではあるまいし、時に挑発的で少々刺激的な表現を使ったからと言って、それ自体が否定されるべきものでもない。

 ただ、それがクソ…と付くようなら、2ちゃんねるでネット右翼を嘲笑することに狂奔する無法の言論と同レベルのものではないか。
hage
 筆者の側も時に挑発的で少々刺激的な表現を以って締め括ろう。こうした自称・評論家のハゲによる侮蔑的な言動の数々を見過ごしていたら、いつの日かネトウヨなる表現はおろか糞ネトウヨが当たり前の表現として世間に蔓延り、ネット右派層への物理的な迫害にも直結すると懸念するものだ。

 この場を借りて、zakSPA!の記事に厳しく抗議を申し入れてくれた支持者の方に篤く御礼申し上げたい。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆いざ池袋のチャイナタウン、新大久保のコリアンタウンへ!

 さて、今回の中川による「乗り込め」教唆を以って、さっそく中韓にでも赴こうかというところだが、手短なところで「中韓の人々」がより多く集っている地域でのゲリラ街宣が望ましい。

 今や「国内国家」とも形容される東京・池袋にある事実上のチャイナタウン、そして新宿区新大久保に位置する新宿行政公認の多文化共生地域「コリアン・タウンなど、既に牢人新聞の渡邊代表は準備に取りかかっている。
nabesan2

nabesan
 私ども『NPO法人 外国人犯罪追放運動』としても合同でこのゲリラ街宣の準備に着手しているものである。

 乞うご期待!!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

行動する保守運動カレンダー」より

第四十八回日本の心を学ぶ会 【昭和維新運動を考える 】
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=722

o0450031813221481859


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!


ネット右派層への差別的・侮蔑的な表現の氾濫は、

やがて物理的なリアル差別・迫害へと発展する!


【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  
Posted by samuraiari at 02:11このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街・中国人追放運動 | 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶

2015年02月18日

イスラムによる侵略の序章!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

デンマーク首都コペンハーゲン ★無差別銃撃テロ発生!

今世紀の世界を騒がせる「イスラムの侵略」が序章を告げた!!

tero5tero4
画像:デンマークの警察が公開した首都コペンハーゲンで起きた連続銃撃テロの容疑者

 フランスでの無差別テロと中東での人質殺害に続き、デンマークの首都コペンハーゲンでもイスラム過激派によるテロが発生した。

 表現の自由が討論されていたカフェで、「少なくとも30発の銃声が聞こえた」と言われるくらいだから、相当な無差別な銃撃テロであったのだろう。

 この無差別銃撃テロでは警察官3人が負傷、市民1人が死亡している。実際には40〜50発の発砲があったのかも知れない。

 次いで同じくコペンハーゲンにあるユダヤ教礼拝所で男が自動小銃を乱射する事件が発生。警察官2人が負傷、市民1人が死亡した。

以下、ニュースより引用
tero
デンマークで発砲、4人死傷 ムハンマド風刺画家出席
 ロイター通信によると、デンマークの首都コペンハーゲンで14日、表現の自由に関する会合が開かれていたカフェで発砲事件があり、市民1人が死亡し、警官3人が負傷した。会合にはイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を描いたことがあるスウェーデン出身の画家ラルス・ビルクス氏や駐デンマーク仏大使が参加していたが、2人にけがはなかったという。
 同通信によると、ビルクス氏は2007年にムハンマドを犬にたとえた絵を発表し、イスラム過激派組織から脅迫を受けていたため、治安当局が厳重な警戒を敷いていた。犯人は複数で、発砲後に車で現場から逃走したという。
 英BBCによると、犯人は(英語ではない)外国語で叫んでいたといい、目撃者の情報として「少なくとも30発の銃声が聞こえた」などと伝えた。
朝日新聞デジタル 2月15日(日)1時53分配信
tero2

デンマーク:政府が非難「発砲はテロ」 礼拝所でも銃撃
【ベルリン】デンマークの首都コペンハーゲンで14日午後3時半(日本時間同日午後11時半)ごろ、表現の自由などを討議する会合が開かれていたカフェで男が自動小銃を乱射し、40歳の男性1人が死亡、警官3人が負傷した。15日未明(同午前)にはコペンハーゲンのユダヤ教礼拝所でも銃撃があり、1人が死亡、警官2人がけがをした。両事件の関連は不明だが、当局は捜査を急いでいる。
毎日新聞 2015年02月15日 09時47分
tero3

以上

 デンマークの警察は発生当初より2つの事件が同一犯グループによるものと見て捜査。後に容疑者のうち誰かを射殺したとのニュースが伝えられた。

 フランスに続いてデンマーク…。この最近の欧州での傾向を見ていると、ちょうど10年前にはフランスでイスラム系移民による暴動が頻発。瞬く間に欧州各国でイスラム系移民による暴動が頻発した。
 元より暴動が起きる、もしくは暴動が表面化する要因というのはあったのだろうが、それが何かをきっかけとして暴発。

 かつては暴動の連鎖反応であったが、それが今や主流なのは無差別の銃撃テロ。いや、正確には暴動と銃撃テロの2本立てになったと言えよう。

 それでも約10年前にはロンドンでバスが爆破される無差別テロが起こり、スペインの首都マドリードでも列車を標的とした爆破テロが発生した。この時、中東に出兵していたスペインはイラクからの撤退を表明。

 テロを仕掛ける側、イスラム過激派にとってはこうした無差別テロで対イスラム姿勢の国々を心理的に消耗・疲弊させ、対テロの戦線から続々離脱させることにある。

 一つの国が離脱すれば、またどこかの国が離脱、そしてまた…こんなことを繰り返していたら対イスラムに真っ向臨む国は存在しなくなってしまう。
 気がついた頃には欧州各国は完全なイスラム化…これがテロを仕掛ける側の狙いだが、実際に欧州各国はどこも事実上イスラム化してしまっている。

 これが欧州各国が直面する現代におけるイスラムとの戦いである。

 そう考えてみると、かつてのイスラム過激派によるテロは大量殺戮と物理的・心理的ダメージの大きい爆破テロが鳴りを潜め、各国で無差別の銃撃テロが主流となっていることが分かろう。

 摘発する側のテロ封じも功を奏していることの証左であり、決してテロに屈服しているわけではないし、テロに打ち勝てる要素というのも非常に大きいのである。

 しかしながら、銃撃テロも被害は甚大であり、物理的・心理的ダメージが大きいことに変わりはない。

 銃撃によるテロも人質殺害も確かに凄惨ではあるが、ここで屈してはならないし、それを封じ込める勝算も大きいのである。

 「テロとの戦い」は言い換えればキリストVSイスラムの戦いであり、ユダヤVSイスラムの戦い、そしてキリストVSユダヤの戦いでもある。

 第2次世界大戦以降、欧州各国が移民や外国人労働者の受け入れに狂奔してきたのは、労働力を欲したというエゴも然ることながら、ユダヤ的な世界観に基づいた発想である。

 そのユダヤこそが食糧品店や学校が相次いでイスラム過激派テロの標的とされたのは痛快な限りだが、国境無きグローバリズムというユダヤ的な価値観・世界観も音を立てて崩れつつある大きな契機と言えよう。

 その意味で移民暴動や国際テロの頻発で見通しは暗いかのように見える各国の行き先も、見方を変えればとてつもなく明るいのである。

 それにしても欧州の場合、第2次大戦以前は中東から北アフリカにかけて宗主国として関わりを持っていた以上、外国人移民・労働者の受け入れに踏み切ろうものなら、忽ちイスラム系移民によって席巻されることは目に見えていただろうに、イスラムとの戦いを何百年にもわたって繰り返して来た割には欧州、キリスト教文明圏の人々でさえ、そのあたりに警戒感が及ばなかったのか?

 なるほど。人というのは個々人の人生においてもそうだが、時代が違えば生きる人も違う、何故にと思うような同じ失敗を繰り返してしまうものなのだろう。

 日本の場合、戦前の進出政策で朝鮮人の流入によって苦しめられては渡来人の襲撃・侵略に見舞われた武家時代からの過ちを繰り返してしまい、今また中国大陸からの溢れんばかりの「侵略者」の流入に苦しめられている。友好の名の下、留学や実習、労働の名目で来日するのだから送り出す側にとって、これほど低リスクで安い侵略というのもないだろう。

 未だ冷戦構造がそのまま残る極東アジアにおいて、共産中国からの中国人流入によって中国人と結託した反日左翼による共産テロの嵐が吹き荒れる未来像が見て取れる。

 テロとの戦いは決して対岸の火事ではない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆欧州と極東の先進国が直面する人口侵略

国籍離脱の自由とともに国が持つべき「国籍を認めない威厳」!

 昨年11月、アルジェリア系移民のフランス人である夫(26歳)とともに日本から出国した日本人女性(29歳)がトルコに入国後、消息が途絶えていると言う。

 日本政府は昨年10月中、2度にわたって女性にシリア方面へは出国しないように自粛を求めていた。それを無視しての渡航であり、今後、イスラム過激派組織ISISなどに人質にされたとか、何らかのセンセーショナルな形で表舞台に姿を現しては日本国に庇護を求めるような愚かな真似だけはしてくれるなよとだけ申し上げておきたい。
tero6
 おそらくイスラム教徒(過激派シンパ?)と思しき夫に篭絡されたモテナイ系の左翼かぶれの女なのだろう。政府の要請を無視して、愚かな選択をしたものである。

 その他、ISIS支配地域のシリアに渡ろうとしたジャーナリストがパスポートの返納を強いられたのは「移動の自由」を定めた憲法に違反するなどと未だに騒いでいるようである。「表現の自由」にも抵触するとか。

 今後は裁判でも争うことを示唆しているようだが、政府の勧告や要請を無視して危険地帯へ渡航した者に関しては、日本政府としても「日本人とは認めない」ことを明言してはどうだろうか?

 ISISではアメリカ人も人質になったりしているが、当人もアメリカ政府への庇護は求めなかったし、自身を交渉の道具にするようなことは求めないと家族への手紙でしたためた。自国民の保護を最優先とする人命尊重のアメリカでさえ、自らの意思で危険地帯へ渡航した者に関しては冷淡とも言える姿勢を貫いている。
 何としても、戦争してでも自国民を取り返すのも国家であれば、自らの意思に基づいて危険地帯へ渡った者については冷淡とも言えるスタンスを貫くのもまた国家の姿勢である。

 日本の憲法には自国民の「国籍離脱の自由」が定められているが、これとは逆に国が危険地帯へ渡って人質となったりした者については日本国籍の保持を認めない、日本人とは認めない、そういう権限と言うか威厳があっても良いだろう。
2014-11-19-5-512x244
 話は逸れるが、国際結婚詐欺などで母国に妻子がありながら、日本政府に偽の独身証明書を提出して日本で日本人女性と重婚していたりするケースを外国人犯罪に関連して見聞きする。その大部分がパキスタン人などイスラム系に絡むものであった。

 国際結婚に関して定められたガイドラインに明らかに違反しながら、国際結婚(詐欺)によって一たび与えられた日本国籍や永住資格を取り消されることもなく、のうのうと日本で暮らしながら母国との間を行き来している。

 自ら危険地帯へ渡った愚か者について日本国籍の保持を認めない…そういう国の姿勢が不良外国人に与えられたまま剥奪、取り消しになるケースが皆無な国際結婚詐欺の事件においても積極的な国の関与を促すことに繋がると確信するものである。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

書き込むこと、主張することが目的の巨大匿名掲示板は、

左翼や在日、カルトなど舌先三寸の輩を跳梁跋扈させる!


【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

  
Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ | 国際結婚トラブル被害者支援行動