2016年04月30日

極左の真逆を行け!

12
自称・反ヘイト団体において発生した内ゲバ事件を報じた『週刊実話』(平成28年5月12・19日合併号)の記事より


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!

反天連カウンター 菊川 あけみ 氏 H28/04/29
https://www.youtube.com/watch?v=w66id1pDLHo

反天連カウンター 高木 脩平 氏  H28/04/29
https://www.youtube.com/watch?v=Hdobmrj-qyM

反天連カウンター しげぞう 氏  H28/04/29
https://www.youtube.com/watch?v=5RVnjfOLW6E
(撮影:neguser1さん)
kiku
画像:反天連へのカウンターを主催した日侵会菊川明美代表
反天連が言うような『天皇制』なんて制度自体が存在しないんですよ!


☆反天連カウンター 4/29 IN新宿

愛国者は極左と真逆に天皇陛下を中心とした安全・経済大国目指す!

 平成28年4月29日、『日侵会(日本侵略を許さない国民の会 =菊川明美代表=)』による極左・反天連(反天皇制運動連絡会)デモへのカウンター(迎撃)が新宿にて開催された。

 当日は埼玉県を出発する時間が遅くなってしまい、それでも街宣が行なわれているであろう時間帯に新宿駅付近のガード下に到着したが、今回は反天連デモの通過が予想よりも早かったせいか、筆者(有門大輔)が駆けつけた頃には既に愛国者の迎撃隊は解散した後であった。

 しかし、終了後の懇親会にて、反天連カウンターに参加してくれた『護国志士の会』の高木脩平局長らと合流。同会の若き志士たちの元気な姿を先月来、直に確認することが出来たので良かった。

 筆者が新宿に居られた時間が限られていた関係で、彼らには喫茶店でのお茶と軽食くらいしか振る舞ってやれなかったのが残念だったが、それでも若き志士たちが元気いっぱい動いてくれていたことを頼もしく思う。
takashige
 毎度のことながら極左・反天連は天皇陛下や皇室を罵倒しながら公道で徒党を組み、街中を公然と徘徊している。それは、もはや不敬…などと言う次元のものではなく、天皇陛下への侮辱であり冒涜に他ならない。

 反天連の罵詈雑言は天皇陛下に対するものにとどまらない。

 安保関連法の廃止、沖縄・辺野古への基地移設の阻止、原発再稼動の阻止など、これらの妨害工作を全て反天皇の名において行なっているところが断じて許せない。

 安保関連法や集団的自衛権の発動にしたところで、国の安全を守るためには必要な手段であり、重要な措置である。日本の防衛のためには沖縄県での防衛と日米両軍による協力が不可欠だ。そのための基地の整備は急がなければならない。

 原発にしたところで電気が足りてさえいれば良いというものではない。生産性の向上のためには、電力の供給拡大即ち、原発の全面的な再稼動が急務である。

 侵略…差別・人権侵害…環境汚染など、有りもしない問題が全て「天皇制に起因する」と喧伝(けんでん)している反天連の主張は捏造・歪曲による一種の反日ショー劇場でさえある。

 なかった侵略があるとされ、有りもしない差別や人権侵害そして環境汚染が全て天皇(独裁)制にあるかのように喧伝されているのだ。

 良識ある日本人は反天連など極左勢力が言う方向とは真逆を行かなければならない。

 天皇陛下が国の頂点に君臨しているとか、そのような階級闘争的な次元の話ではない。天皇陛下を中心とした国体(国の形)である。上も下もなく、帝(みかど)が中心なのである。

 天皇陛下を中心に、国の安全のためには必要な法律と防衛権を行使し、同盟国軍との協力関係において共同作戦を遂行して強国であることを欲する、必要なエネルギー施設を稼動させて富国であることを欲する。

 安保関連法と防衛権、共同作戦を遂行する同盟国軍の基地、現存するエネルギー施設など、これらは全て現下の日本にとって必要なものばかりである。

 天皇陛下への侮辱と反天皇を口実にした反安保、反基地、反原発を主張する極左勢力・反天連こそは日本にとって不要なものである。

 何が不要と言って反天連ほど不要極まりないものはない。

★動画ご紹介!

【菊川あけみ 氏】反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29

https://www.youtube.com/watch?v=zLrCiRrkCK0

【高木修平 氏】反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29

https://www.youtube.com/watch?v=8p5QpF9M_r8

【しげぞう 氏】反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29

https://www.youtube.com/watch?v=xpQS-N-_BsI

【道添隆寛 氏】反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29
https://www.youtube.com/watch?v=RZgC41EXKEs

【千田 氏】反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29
https://www.youtube.com/watch?v=7jWJOcP4gi0

【村田春樹 氏】反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29
https://www.youtube.com/watch?v=LLalNQ7dNec

反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29
https://www.youtube.com/watch?v=yCyhjGWmg-s
【デモ隊に抗議中】反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29
https://www.youtube.com/watch?v=K6wFTPAXbs0

【デモ隊通過中】反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29
https://www.youtube.com/watch?v=cM8swtwKM6A
【菊川あけみ 氏 総括】反天連カウンター街宣in新宿 2016/4/29
https://www.youtube.com/watch?v=-11m9or9seA
(撮影:sencaku38さん)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆レストランで英語での注文!?

日本でありながら日本人同士(?)で日本語が通じない移民社会

 反天連カウンターが終了した後、護国志士の会の同志らと合流したことは前述の通りである。

 全員でファミリーレストランに入った時のこと、日本名の名札を付けた女性店員が接客したが、顔つきと言葉の訛りから東南アジア系外国人(おそらくタイ人?)であることが分かった。

 ファミレスに限らず、コンビニエンスストアでも日本名の名札を付けながら明かに外国系と思しき店員を見かけたりするが、帰化した上での通名なのか、それとも店内のみにおける日本人名なのか?

 日本語で注文をするが、東南アジア系と思しき店員は日本語で応対しながらも要領を得ない。おそらく生まれながらに日本語を駆使する生粋の日本人なら普通に理解出来た注文である。一応は日本語が話せるのだろうが、その店員の日本語能力では理解し難かったのだろう。

 仕方がないので護国志士の会会員で、英語を話せるシゲゾウ氏が英語で注文を繰り返す。「ワン・セット…フォー・ドリンク」 互いに英語でのやり取りで、その店員はようやく正しい注文内容を理解した。

 …注文を終えて店員がテーブル席を去った後、一同は呆気にとられた。

 日本にいながら、ここが日本でありながら、一応(?)は日本人の店員を相手にたかが飲食物の注文をするのに、何故に日本語で通じないのか? 何故に英語で注文しなければすぐに疎通出来ないのか?

 これは、もう漫画の世界である。

 今後、外国人移民・労働者や帰化人が増えるに連れ、同様の光景はファミレスやコンビニに限らず、病院や建設現場、学校、役所、工場内など各界で普通に見られるようになるだろう。と言うか既にそうなっている。

 移民社会の恐ろしさを説く前に、「だから英語が重要なんだ」「英語を日本の第二母国語(公用語)にしなければ」といったアホな意見がますます幅を利かせてくるだろう。

 その前に、何よりも外国人移民・労働者の流入そして帰化制度自体を厳格化させ、こういう状況を防ぐことが最優先である。

 なお、カウンター終了後の懇親会では筆者が厚意で負担したお茶代以外、全ての飲食費を護国志士の会会員が各々で賄っている(ブロガー仲間より、某匿名掲示板で飲食費に関する捏造・歪曲の中傷投稿が継続されていると聞かされたため、予め断っておく)。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆反差別(反ヘイト)運動の実状

『週刊実話』で取り上げられた内ゲバ事件と対策法めぐる動向
21
 29日は愛国者(行動する保守運動)の側から極左・反天連へのカウンターが行なわれたものだが、逆にしばき隊など妨害勢力からの行動保守系デモへのカウンターはどうなのか?

 本エントリーの冒頭にあるように、『週刊実話』(平成28年5月12・19日合併号)がダイジェスト版コーナー「ニュース・スクランブル」にて、自称・反ヘイト(反差別)団体内部における内ゲバ事件を取り上げている。

 記事は政治問題として、「暴力事件を増加させそうな(自公提出)ヘイトスピーチ規制法案のザルっぷり」と題されていた。

 与野党が合意して成立を図らんとしているヘイトスピーチ対策法について「ヤワな法案」「却って暴力事件を頻発させる」「罰則がないため、裏をかいて好きなだけヘイトスピーチが出来る」などと評されているのだ。

 中でも目を惹いたのはヘイトスピーチとされるデモと同様、反ヘイトのカウンター勢力が暴力集団であるかのように捉えられているところ。

以下、記事より一部抜粋
「両者はたびたび街中で激突し、逮捕者を出してきた。一昨年12月、反差別活動にかかわっていたA氏が仲間に言い掛かりを付けられ、全治3週間の重傷を負わされた事件を取材した記者が語る。
この事件は、やよりジャーナリスト賞受賞ライター(中略)が加害者でかかわっていながら、周辺が隠蔽工作を図りました。罰金刑が2名に下されましたが、少しの勘違いや思い込みで仲間である人間を半殺しにしてしまう猗榛絞民親悪瓩詫解出来ません。法が施行されても同様の事件が起きる可能性は高いでしょう
(中略)
問題は猯梢惘牒瓩ら、この法案が反対されていることだ。
片や罰則付きで、第三者機関に調査権を持たす人権擁護法案的なものを作りたい。片やそんなの勘弁、そもそも、相手国(韓国・北朝鮮・中国を念頭に)では日本人がヘイトされているのに、何で日本だけ? という不公平感、ですからね』(前出・法曹関係者)」
以上

※注意:文中にあるライターによる暴行事件への関与については、週刊実話も謝罪と訂正を表明したと伝えられる

 反差別・反ヘイトと称した運動(及び団体)は関わっている面々が悪過ぎることもあり、ヘイトスピーチとされる右派市民デモ以上に胡散臭く思われ始めたようである。と言うか、それが実状である。

 ヘイトスピーチ・デモとされる右派市民運動がその実、外国人犯罪と外国人への特権問題、敵国との国交断絶なる、ごく正当な主張であることに気付いている人は気付いている。

 それにしても左右混成部隊のしばき隊は左派系弁護士に噛みついて左から叩かれ、一方では右翼民族派団体に「似非右翼」と噛みつき、挟み撃ちの八方塞に陥りつつある。
 そして、その親玉(もしくは黒幕)は某右翼の論客であり、某国会議員だと言われる。


arita


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★日米共栄圏IN沖縄ブログ
国連勧告こそ沖縄県民差別だ!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12155298422.html



2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞に無き愛国心(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12154984622.html

チョン糞征伐の武勇伝(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12155077890.html

伊勢志摩しらんチョン糞ネラー(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12155246246.html

正論で勝負出来ぬ左翼・在日工作員ほど匿名掲示板を使いたがる!
左翼・在日工作員の対人能力の低さ、無さを如実に物語っている!
そもそも匿名掲示板で何を喚こうと一切の正当性・信憑性もない!



701c9198-s

  

Posted by samuraiari at 03:02このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年04月28日

ヘイト対策法をめぐる動き

toku
画像:関西有志らによる徳島県教組への直接行動
県教組の施設内にて幹部(中央)と掴み合いの事態に!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆デモへの妨害者の罵声に対して…

所謂「朝鮮人!」認定は、その行動目的からも一定の道理?
heito
 ヘイトスピーチ対策法案が与野党での合意により、今国会で成立する見通しだと言う。

 与野党間の修正合意では民進党からの要望により、「本邦外出身者を著しく侮蔑する」との文言がヘイトスピーチの定義として加えられた。

 民進党をはじめ野党としては合法滞在や不法滞在といった在留資格の有無に関係なく、外国人への攻撃性の度合いを重視したがっていることがうかがえる。

 しかし、現実問題として合法滞在であれ、不法滞在であれ、日本社会から侮蔑されるようなことをしているのだから、そうした反発があったとしても致し方ない。

:ヘイト対策法の関連エントリー

2016年04月06日 「ヘイト解消法が示す道標
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52011816.html

2016年04月08日 「移民社会に『NO!』の正当性
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52012015.html

2016年04月25日 「『ヘイト規制法』発動IN沖縄県
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52013552.html

 ヘイト対策法が一気に成立する運びとなってきたわけだが、ここ最近のヘイト法案をめぐる慌ただしい動きを振り返ってみよう。

cyon
 さる4月25日、高松高裁(香川県高松市)にて、徳島県教組の幹部らが『在特会(在日特権を許さない市民の会)』ほか「行動する保守運動」メンバーらを相手取った控訴審の判決が言い渡された。

 判決では「朝鮮学校に寄付したという理由で、被告が原告に対して『朝鮮の犬』などと罵声を浴びせたことは、『表現の自由』ではなく、人種差別思想の表われで、違法性が強い」とされた。

 昨年3月の一審判決(徳島地裁)では230万円の賠償命令が下されたのみであったが、今回の控訴審判決では賠償金が436万円に増額されたほか、前述のように判決文で人種差別問題に言及されている。

 ヘイト対策法の成立をめぐり、在特・行動保守系への風当たりが特に強くなっている昨今、誰が弁護を引き受けても在特・行動保守系にとっては厳しい判決となったことだろう。それは致し方ない。

cyon2
 それにしても、ある意味で興味深い判決理由である。

 よく在特会・行動する保守運動系によるデモでは、デモ妨害のカウンター勢力に対し、「朝鮮人!」「チョン公、帰れ!」と応戦している様子が見られる。言われた側は「俺(私)は日本人だ」「朝鮮人のレッテル貼りをするな」と返す。カウンター勢力のしばき隊に至っては敢えて「日本人の集り」であることを宣言した上で、デモに対して「ザイトク帰れ!」の罵声を浴びせている。
銀座-1-5
 ヘイト規制の動きをめぐっては平成25年初頭より、在特会・行動する保守運動系デモとカウンター勢力の間で衝突が激化した。新大久保をはじめ、東京都内・関東圏から全国レベルでの行動保守系デモとカウンター勢力のせめぎ合いは足掛け3年に及ぶ(カウンターの原型らしきものは平成22年頃より出没していたし、ネット上ではそれ以前よりアンチ勢力が存在した)。

 在特会・行動する保守運動の総体として「ネット右翼」の括りで論評されたりするが、「自分たちが気に食わない者は何でも朝鮮人に仕立てている」といったように誰彼構わず朝鮮人認定!…がネット右翼への総体的な評価だった。

 尤も「朝鮮人!」「チョン公!」という朝鮮人認定にしたところで、咄嗟に口を突いて出た言葉であって、全部が全部、朝鮮人というわけでもないので、これも一種のレッテル貼りと言えただろう。

 しかし、今回の判決では、たとえ日本人が日本人に対して「朝鮮人!」なる罵声を浴びせようと、それも差別に該当すると断定された。その裏を返せば日本人による右派デモにおいて、日本人が妨害を仕掛けてきたことに対し、「朝鮮人!」との罵声で返したところで一定の道理があると断定されたのと同義である。何せ「攻撃の対象ではなく、攻撃の目的から判断すべき」(判決文より)とされているのだから。
 行動の目的が在日朝鮮勢力またはその母国への批判にある以上、妨害勢力や反対者が朝鮮人であろうとなかろうと関係がないということが今回の裁判で明らかにされた。

 在特会・行動保守側として、「日本人が日本人を攻撃したのだから、人種差別には該当しない」(訴訟代理人)とする主張は全面的に退けられたわけだが、逆に言えば「日本人のしばき隊が日本人のデモ参加者を攻撃した」としても日本人差別(日本人への人種差別)に該当し得る。その逆バージョンだと考えれば分かり易い。
 何せ、しばき隊などは朝鮮擁護・外国人犯罪者擁護の観点からデモ参加者(日本人)への暴力的な言動(攻撃)を仕掛けているのだから。

 判決理由の中では徳島県教組という左翼勢力から四国朝鮮初中級学校(愛媛県松山市)に対して寄付金がなされたことも確認されている。徳島県教組への抗議行動が行なわれた約7年前…。主に関西地区の在特会・行動する保守運動関係者は、別の名目で集められた寄付金が朝鮮学校に渡ったのではないかとして、その事実を糾しに徳島県教組へ抗議しに行ったものである。

 全国レベルで朝鮮学校への補助金支出の自粛を求める通達が国から出されている今日、いかなる名目があろうと朝鮮学校への寄付金は言語道断と言うくらいに社会倫理に悖(もと)る。

 まして徳島県教組と四国朝鮮学校のケースは、日教組なる特定の左翼勢力と在日社会との蜜月関係を物語るものだろう。そのアンダーグランドな繋がりを追及した事実がマスコミ報道でも裁判でもまったくと言うくらいに触れられていない。

 だが、後世の人たちは、この事実を追及し、県教組本部の施設にまで直接行動で乗り込んだ有志らの勇気を銘記するだろう。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆内閣の労働開国に誰か文句を言ったか?

「行動する保守運動」とデモ妨害のカウンター勢力がともに致命的ミス?

imin
 政府与党は新たな成長戦略の概要で、日本経済のIT化を支える高度人材として専門知識を持つ外国人の受け入れを検討している。

 それら高度人材の外国人について、(日本での)永住資格の取得期間を短縮させる方向性だと言う。一説には「世界最短」とも言える取得期間とするよう短縮する方向性だと言われ、「日本は世界で最も永住資格を取りやすい国です」などと内外にアピールしたところで何の自慢にもならない。むしろ、日本の無警戒ぶりを世界中にアピールするようなものである。

 現行の入管法において、外国人が日本での永住資格を取得するには原則、日本に10年間在留していなければならない。高度人材は在留5年で申請出来るとされ、政府は新たな成長戦略において期間のさらなる短縮(おそらく3年)を目指していると見られる。来年の通常国会での入管法改正を目指しているとされ、すんなりと通るかも知れない。

 全ての外国人労働者ではないにせよ、何を基準に高度なのか、低度なのか中度なのかの基準も曖昧なまま、在留資格の緩和だけが進んでいる。

 高度人材…を言うなら、家庭の(経済的)事情から進学を断念したりする苦学生が少なくない中、国は無償の奨学金によって日本人の高度人材を育成するように努めなければならない。

 それをせずして一方では外国人の高度人材への門戸を開放し、もう一方では外国人の単純労働者(低度人材)への門戸まで開放している。

 今の日本の労働市場で何が喫緊の対策と言って、労働者の賃金を上げること、もう一つは外国人労働者を極力排除して日本人の雇用確保に努めること。

 かつては性風俗や水商売にまったく縁のなかった層の女性までが性風俗や水商売の世界に参入せざるを得ないのが今のご時勢である。最低賃金を300円アップさせるだけでも大多数の女性が性風俗や水商売に関わらなくても済むようになると言う。

 国会前では左派学生勢力SEALDs(シールズ)』によって安倍 晋三 から 日本を 守れ♪とする小気味良いリズミカルなコールが連呼されたが、彼らシールズが主張した「安倍晋三から日本を守れ♪」とは安保関連法ではなく、まさに労働問題において言われなければならなかった。ここが共産党とマスコミに踊らされた馬鹿者(若者)たちの限界である。
082814
 シールズ兄ちゃん姉ちゃんの学生とて、親のリストラや会社の倒産などによって苦心しながら大学で学んでいる者もいることだろう。数年後には自らが就職難や非正規雇用、低賃金、リストラ、失業、奨学金の返済といった問題に直面することは間違いない。

 シールズに与して反安保を叫んだしばき隊などカウンター勢力もアホである。労働問題に特化して、賃金アップや外国人移民・労働者の規制を全面に打ち出していれば、同じく非正規雇用・派遣労働者も少なくないとされる在特会・行動する保守運動界隈からも大多数のデモ参加者が転向するなり、流れるなりしたかも知れない。

 何もアメとムチを用いてリスクを冒してまでデモ参加者を一本釣りせずとも、在特・行動保守から参加者と支持層を引き離す方法はあったのだ。ゴロツキのチンピラを並べ立てて「ヘイトをやめろ」「差別をやめろ」と言ったところで余計に誰も寄り付かない。レイシストを懲らしめるとの大義名分(?)で愚連隊紛いの横暴を極めれば、世間一般からも敬遠されて眉をひそめられるばかり。カウンター勢力が反ヘイトと反安保に特化したため、在特・行動保守との間で対立を深め、互いの垣根を高くするだけに終始した(だからと言って双方が仲良くせよという意味ではない)。

 運動を継続する過程において、在特・行動保守にもミスはあったが、カウンター勢力の側も致命的なミスを犯している。

 労働問題に戻るが、約60万人の在日朝鮮人さえ何も手付かずな状態である日本政府が新たに受け入れる外国人労働者を厳正に管理出来るとは思えない。

 仮に労働力余剰となった場合、誰がどのように責任を以って彼ら外国人労働者を強制的に帰国させるのか、また国際的な批判を受けても強制的に帰国させることが出来るのか?

 その責任について何ら明記されていない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

 「行動する保守運動」の主唱者である桜井誠氏は先ごろ、民進党参議院議員の有田芳生を人権侵害で法務省人権擁護局に告発した。

sakura

 有田は、桜井氏の存在そのものがヘイトスピーチ(差別扇動)であるとツイートしたものです。

heito2

 その有田の周辺では何やら騒がしい状況となってきました。

arita


【2016/4/25】有田芳生に対する人権侵害の申し立て
https://www.youtube.com/watch?v=o1wu-EY_GlI


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★「行動する保守運動カレンダー」より
4・29 反天連カウンター
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=988


★渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
告知された極左1万人集会より先に集会場の申請を済ませました
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55505446.html


★外対公式サイトより
【埼玉】枝野幸男(民進党幹事長)事務所前 糾弾行動(4月26日付)
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1860565.html
gaitsui

★日米共栄圏IN沖縄ブログ
沖縄県人は先住・少数民族に非ず!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12154650487.html
nawa2


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞の組織的犯罪(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12154579417.html

中年童貞チョン糞ネラーの妄想(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12154745580.html

匿名掲示板左翼・在日工作員非人間性・非道さが一層浮き彫り!
匿名掲示板に象徴される如く左翼の繋がりは人と人の繋がりに非ず!
愉快犯を通り越した集団ストーカー犯罪なる罪の意識は皆無である!


701c9198-s

  
Posted by samuraiari at 22:41このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年04月27日

共産党なる悪魔との契り

62
画像:枝野事務所(右上)前にて、勧告文を朗読する(左上)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

13
画像左上:渡邊代表が用意した宣伝カーと寝る間を削って作成した横断幕
画像右上:演説する渡邊代表(右側)とビラを配布する筆者(左側)


☆ご報告 4/26 IN大宮

枝野幸男事務所前 抗議行動!

極左過激派核マルからの選挙支援、10年前の収賄事実の暴露などなど

 平成28年4月26日(火)、『牢人新聞社』(渡邊昇代表)と『外国人犯罪対策本部(外国人犯罪撲滅協議会)』は合同で埼玉県さいたま市にある民進党幹事長・枝野幸男(衆院埼玉5区選出)の事務所前で抗議行動を行なった。

ブログ『一介の素浪人』より「枝野幸男事務所前糾弾行動 ご報告
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55505156.html
4
 牢人新聞の渡邊代表からは、枝野と極左過激派核マルの影響力が及んだJR総連・JR東日本東労組との蜜月関係、官製談合・受託収賄の疑い、法律家でもある枝野に対して憲法概念について問い質す糾弾が行なわれた。

 筆者(有門大輔)からは枝野が幹事長として率いる民進党が先の衆院北海道5区における補選で、日本共産党などと野党連合を組みながらも敗れたことから触れさせて頂いた。

:関連エントリー

2016年04月26日 「枝野&有田の2大国賊
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52013665.html
5
 国家観が著しく異なる共産党との野合こそは今の民進党の体質を物語るものであり、自民党に勝つためには、政権に食い込むためには共産政権さえも是とするのが今の民進党のスタンスである。
 その党体質は実質、旧社会党そのものであり、自民党分派勢力として自民党の悪しき体質のみを受け継いだ旧民主党の頃よりも悪化していると言えよう。

 3・11東日本大震災に際しての反原発デモ以降、安保法制においてもマスメディアが左翼デモを盛んに盛り立てる折、共産党に相乗りした民進党の体質は先の衆院北海道5区補選にも見事に表われている。

☆安保政策が争点となった衆院(北海道5区)補選

有権者に浸透していなかった左翼による反安保・戦争法廃止キャンペーン

 この戦いは自公政権そして野党にとって7月に迫った参院選の前哨戦とも位置づけられ、全国的な注目を集める一戦となった。

 官房長官や文科相、元衆院議長、町村派会長など自民党政権や時々の内閣にあって要職を歴任した故・町村信孝氏の死去に伴なう補欠選挙。

 自公政権が推したのは故町村氏の次女の婿にあたる和田義明氏。
main_lcover
画像左上:和田義明氏の公式サイトより

 筆者は北海道5区での補選が話題になるまで和田氏についてはまったく知らなかったが、その風貌がどことなく故町村氏を彷彿とさせる。おそらく陣営内としても、その辺りを強く意識していたのだろう。

 和田氏の風貌についても、対立する野党候補を推す左翼勢力はインターネット上でも盛んにネガティブキャンペーンを展開していたものだ。しかし、和田氏の風貌を一目見て、何故に故町村氏の次女がこの方を伴侶に選ばれたのかがすぐに分かる。昔の日本女子は皆そうだった。どことなく父親に似た男性を伴侶に選ぶ。その古き良き家族像のイメージが有権者に広く浸透したのかも知れない。

 野党統一候補として池田真紀氏を推す共産党とそれに連なる左翼勢力は、全国的に反安保デモを展開している勢いからか、やたら安保関連法の廃止を全面に押し出した。

 そのせいか、北海道5区における衆院補選では一選挙区の争いとしては珍しく、安保政策が争点となった珍しい選挙だったとされる。

 その結果、自民候補が勝利した! その意義こそが大きい!

 日頃、共産党や共産系労組などが全国的に展開し、マスメディアが動員数を遥か多く水増ししてまで報道する反安保デモが北海道5区の有権者によって否決されたことを意味するものと言えよう。

 つまり、共産党ほか左翼勢力が喧伝(けんでん)しているような「戦争準備法の廃止」「安保関連法が戦争を招く」とする反安保キャンペーンなど有権者の間に浸透していないということである。

 逆に言えば、自民党政権が推進する安保関連法の成立をはじめ現行の安保政策が有権者により、改めて信任を受けた選挙結果だったと言えよう。

☆驚くべき高飛車で左翼的な高圧姿勢の秘書による応対

 翻って今後も共産党との「野合」「野党連合」「協力関係」を継続するとした民進党幹事長の枝野である。

 枝野に示される民進党のスタンスとは、民進党は共産党と協力して選挙戦を戦う、共産党と結託して自民党を倒す、共産党と手を組んで政権の奪取を狙うと宣言したことと同義である。

 枝野の共産党を多分に意識したスタンスは、その発言にも表われている。

 先ごろ、枝野は自衛隊に否定的な見解を示す発言を行なった。熊本地震の被災地にて、自衛官が懸命の救助作業に従事し、避難所の被災者への救済に奔走する最中、国会議員による自衛隊否定の発言は断じて許せたものではない。

 事務所前での抗議行動では勧告文を朗読し、これを枝野事務所の玄関に投函したものだ。

78
画像上:いざ枝野事務所へ
画像左下:事務所内のホワイトボードに書かれた三吉(みよし)」なる氏名の秘書は、渡邊代表が抗議行動のためのアポイントメントを取ろうとした際、電話口での応対で「枝野は選挙によって民意の信任を受けている。従って枝野が何をやろうと勝手である。抗議行動? そんなものは迷惑なだけだ。よそでやれ。勧告文? 用があるなら郵便で送れ」などと高飛車な態度に終始したと言う
まるで権力者に意見して楯突くことは許さん…とする共産主義者そのものの発想が根底にあるとしか思えない
910
画像右上:終了後、撮影班を前に抗議行動の趣旨と意義を説明した渡邊代表


 なお、今回の枝野事務所前での糾弾行動では、枝野の支援者らしき通行人が罵声を浴びせてくる一幕もあったが、その一方では「頑張って下さい」「まったくその通りだよ」「枝野はけしからん!」とする励ましの声もあり、表面化していないものの、反枝野の機運も潜在的には相当数に上るだろうと実感した次第だ。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【勧告文】

 枝野幸男はPL法や薬害エイズの問題で国会で追及し真相解明と和解を実現させた実績もあり、また対支那(中国共産党)に対しても平成7年に北京で開かれた国連世界人権会議に参加した際に『中国の核実験に反対する』横断幕を掲げたり尖閣諸島支那漁船衝突問題でも厳しい批判をした。また、チベット問題についても支那中共の弾圧を看過出来ず、胡錦涛訪日に反対するチベット議連の声明文の起草した経緯もある。台湾についても代表的な親台湾派であり李登輝総統を尊敬する程である。

 このように我々が共感出来る一面もありながら、敬神崇祖の道義精神を著しく欠如し國体論、国家観が相容れない要素を糾弾し、真のまことごごろを取り戻す政治家に目覚めるよう厳しく糾弾するものである。

 枝野幸男自身、伝統と歴史を重視する保守本流の政党が民主党と豪語するならば、皇国復古中興の道を歩め。

 法律家の立場でありながら現行占領憲法を保持する矛盾を克服せよ。

 立憲主義の本質は、神武肇國より皇祖皇宗の御稜威を蔑ろにし、階級闘争を好む共産主義を迎合の方便である。憲法はルソーの社会契約論を持ち出す迄も無く、王も法の下に平等にするという人間不信の性悪説によるものである。
保守を自称するならば恋闕の念をもたれよ。

 日本は天皇陛下を中心に一つの民族国家である。家族制度の崩壊は革命思想であり、民族国家の崩壊の一里塚である。選択的夫婦別姓制度を公約に掲げるのは止めよ。


★動画ご紹介

【2016/4/26】枝野幸男事務所前糾弾行動in大宮
https://www.youtube.com/watch?v=HbLkAPMNEj4
(撮影:ts25mumonさん)

渡邊昇「枝野幸男(ミンス党)事務所前糾弾街宣」主催 牢人新聞社,外国人犯罪撲滅協議会 平成28年4月26日
https://www.youtube.com/watch?v=1zx8tE7Fv6M

渡邊昇「枝野幸男(ミンス党)事務所前糾弾街宣」主催 牢人新聞社,外国人犯罪撲滅協議会 平成28年4月26日
https://www.youtube.com/watch?v=42mc8GXSsNc

有門大輔「枝野幸男(ミンス党)事務所前糾弾街宣」主催 牢人新聞社,外国人犯罪撲滅協議会 平成28年4月26日
https://www.youtube.com/watch?v=y1Hf4MlUqLk

渡邊昇,有門大輔「枝野幸男(ミンス党)事務所前糾弾街宣」主催 牢人新聞社,外国人犯罪撲滅協議会 平成28年4月26日
https://www.youtube.com/watch?v=2m6_RVOHf4M

渡邊昇「枝野幸男(ミンス党)事務所へ糾弾抗議文投函」主催 牢人新聞社,外国人犯罪撲滅協議会 平成28年4月26日
https://www.youtube.com/watch?v=u4yL6vwBbPw
(撮影:日本を今一度せんたくいたし申候。選挙を義務化せよ!投票前にこのチャンネルを100本見るべし。さん)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【賛助金のお振込先】

☆ゆうちょ銀行

記号:14190

番号:32182891

口座名:有門大輔(アリカド ダイスケ)

※他の金融機関からの振込みはこちら

店名:〇一八(ぜろいちはち)

店番:018

預金種目:普通預金

口座番号:3218289

☆三菱東京UFJ銀行
秋葉原支店(普通)3869967
口座名:有門大輔



2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞カルトとチョン糞パヨク(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12154281839.html
匿名掲示板ゆえ、なお剥き出しになる共産思想の体質!
今や所謂「ネトウヨ」に代わり、「パヨク」が氾濫する時代?


701c9198-s

  
Posted by samuraiari at 02:56このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年04月26日

枝野&有田の2大国賊

1
画像:民進党幹事長の枝野幸男(左)と同党比例参院議員の有田芳生
自衛隊に文句をあるのなら熊本県の被災地に行って言ってみよ!


枝野幸男事務所前糾弾行動のお知らせ

【日 時】平成28年4月26日(火) 午前11時集合 12時より抗議街宣

【場 所】枝野幸男事務所前  埼玉県さいたま市大宮区大門町2丁目108−5 第1永峰ビル

【持ち物】 街宣車を使用するので特に要りません。

【連絡先】 渡邊昇 090−8770−7395

【主 催】牢人新聞社 外国人犯罪撲滅協議会

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆民進党を叩き落せ!

枝野なる幹事長と枝野主導の人気・魅力の無さ明白に

 台湾の民進党は有名だが、日本の民進党はまるで振るわない。

 旧民主党を母体に、維新勢力の分派・残党がくっ付いて民進党としてのスタートを切ったようだが、まず、先の衆院選北海道5区の補選において、同党が幸先の良い(?)黒星発進となったことに、おめでとうを申し上げたい。

 民進党の枝野幸男幹事長は北海道での敗戦について、「投票率をもっと高くできれば勝ち得る。参院選や衆参同日選の場合はもう少し投票率が上がることが期待できるので、そういった層に働きかけていくことが重要だ」と無党派層に期待を寄せたが、どこに期待を寄せたところで結局は無駄でしょう。

 何故に負けたかと言って、率直にあなたたち民進党ほか野党にまるで魅力がないし、人気がないためだとしか言いようがありません。
edano3
edano4
 まず、民進党の支持率。前月(3月)調査より5ポイントも低い7.3%にとどまっています(対する自民党は2.3ポイント増の39%)。

 旧民主党+旧維新の党で民進党になったわけですが、旧民主党が約10%で旧維新の党が約1.4%でした。その2つがくっ付いて支持率上昇に相乗効果が出るのかと思いきや、却って支持率が下がっているのですから話になりません。

 誰と誰がくっ付いたところで民主党は岡田克也だとか枝野幸男だとか、民主党時代から代わり映えのない面々ばかりが党代表や幹事長に並んでいるのですから人気が出るはずもないでしょう。
 一方の旧維新勢力にしたところで橋下徹・前大阪市長という「顔」を失った途端に没落した『次世代の党』(現・日本の心を大切にする党)の教訓がまるで生かされていません。

 言ってみれば人気のない者同士がくっ付いただけなので、余計にマイナスが増大して政党支持率の低下に繋がったのではないでしょうか?
edano
edano2
 さらに、今回の北海道補選においても見られたように、民進党の何が悪いと言って日本共産党などと野党共闘戦線を構築したことにあると言えるでしょう。

 これがまだ共産党を「シロアリ」と酷評した前原誠司あたりが代表なり幹事長であったとしたら少しは政党支持率にも救いがあったのかも知れませんが、岡田−枝野ラインではどうしようもありません。

 周知の通り、民進党は自民党候補への対抗馬を共産党との野党共闘で一本化に絞って戦いましたが、共産党は独自候補も同然の選挙活動に終始しました。つまり、実質的には共産党候補への民進党の相乗りであったとも言えます。

 仮にも次の政権を担おうかという野党第一党の民進党にあって、独自候補も立てられず、共産党と野党連合を組んでいるようでは情けない。

 その北海道補選において敗れた当日の24日、枝野は記者団を前に「幅広い市民の皆さんに支援をいただき、接戦に持ち込めたことは次に向けて大きな一歩になった」と強弁しています。…共産党ほかしばき隊やカウンター勢力(右派系市民運動へのデモ妨害で有名)にも連なる左翼勢力が総動員で自民候補へのネガティブキャンペーンを展開しながらも票が及ばなかったことへの反省というものがまるでない。

 まだ性懲りもなく共産党との共闘を続けようと言うのでしょうか。

 仮にも民進党は安保関連法の対案を国会提出しています。対する共産党は日米安保条約廃棄や自衛隊解消を党の綱領に掲げるなど、その温度差や国家観の隔たりは明白です。

 民進党そのものでも民主党の焼き直しに過ぎないもので危険極まりないが、ましてや共産党と野合している民進党など野党に票を与えることはおろか、政権など到底任せられたものではありません。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆有田芳生が選挙事務所開き!?

右派への対抗・対立軸として垣根を超え始めた左翼勢力

 そして民進党と言えば参院選挙の比例第一位は有田芳生(ありた・よしふ)

 この有田は前出のしばき隊などカウンター勢力とともに度々右派系デモへの妨害に出没しております。つい先日も東京・新大久保(新宿区)でデモへの妨害勢力とともに沿道にいるのが確認されました。
13b496dd
画像:新大久保デモへのカウンターにて、沿道から警戒中の警察官に食って掛かる有田(○印)

 また、先ごろ、岡山県で保守系によって開催された拉致被害者奪還デモへの妨害に有田も姿を見せていたと言われます。

 …確か有田は拉致議連の議員でもあったはずですが、拉致被害者奪還デモに反対する勢力とともに行動するというのは、どういう了見でしょうか?
youhananishini-arita
画像:訪朝の直前、訪朝の意図を突っ込まれた有田(右側)

 さらに最近では、有田と度々行動をともにしていた者らが神奈川県川崎市内で行なわれた右派系団体の街頭演説活動に罵声や騒音を飛ばしてのカウンター(妨害)を展開。街宣の様子を見ていた者らと地元右翼団体構成員らとの間でイザコザに発展しています。この一件では有田が国会で取り上げたことにより、国家公安委員長が事件について答弁。

 地元右翼団体のメンバー数人が逮捕されたと言われます。

 有田に近しく、川崎街宣に赴いたとされるカウンター勢力のメンバーはイザコザの対立を煽った、助長したとの側面から決して無関係とも言えないのではないでしょうか?

 ここ最近だけでも街頭で話題の絶えない有田大センセイだが、このほど有田芳生後援会』『有田芳生事務所は選挙用と見られる「大山事務所」を東京都板橋区大山東町53−6に開設したと言う(宣伝ではありません)。

 その有田センセイ、国会では「ヘイト規制法案」の成立に誰よりも躍起となっていましたが、先ごろ、自公政権を主導として国会提出された「ヘイト解消法案」では在日朝鮮人に加え、沖縄県ほか日本に駐留する米軍将兵への中傷・差別的言動もヘイトスピーチに該当することとなりました。
:関連エントリー

2016年04月25日 「『ヘイト規制法』発動IN沖縄県
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52013552.html

 安保関連法廃止や辺野古移設反対を掲げる左翼・反米勢力とも行動をともにしている有田センセイの主導で事が進んでいるのなら、このような法案の内容にはなっていないでしょう。

 この一事からしても有田がヘイト解消法案推進・成立の動きからも蚊帳の外に置かれ始まっていることを物語るものに他なりません。
ab01205e
画像:ヘイト解消法案の推進議員の一員として川崎市内を視察した有田(○印)

 元共産党員の有田は民進党の比例参院議員でありながら、共産党の息がかかったと思しき左翼系の者らとも度々右派系デモへの妨害に出没している姿が確認されています。

 もしかすると…意図的ではないにせよ、現在の民進党の共産党との「選挙野合」はそうした有田の動きを擬えているようにも思えてなりません。

 …そういう時勢なのでしょうね。有田に限らず、民進党や共産党に限らず、左派・左翼・極左系がそれぞれの枠を超え、活躍著しい右派勢力への対抗軸・対立軸として結束せざるを得ないのでしょう。

 共産党と一身同体的になった民進党、そして民進党ともども左翼勢力が半ば一体化した中において、有田の落選を推進したいものです。

『有田芳生を落選させる会』
ご支援は下記口座にお願いします。

郵貯銀行 記号10110 番号18442111

※他の金融機関からは下記の口座を

店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
口座番号:普通預金1844211

代表 瀬戸弘幸
事務局長 有門大輔


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★集スト相談所ブログ
帰省への御同行
http://blog.livedoor.jp/syutokensp/archives/58937616.html


★政教分離を求める会ブログ
ヘイト規制と創価学会
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=109

aaaa

★日米共栄圏IN沖縄
米軍ヘイトを取り締まれ!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12153985844.html



2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞ナリスマシの劣化(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12153816001.html

医師でもない左翼工作員が人を病気症状とのレッテル貼り!
匿名ゆえに左翼・在日が何にでも成り済ますネットの弊害!



gaitsui

  
Posted by samuraiari at 02:56このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年04月25日

「ヘイト規制法」発動IN沖縄県

4fe70297
画像:キャンプシュワブのゲート付近にて米兵たち


★関連BLOG『日米共栄圏IN沖縄』

辺野古・係争委での翁長知事の不当性
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12152994237.html
nawa4
普天間抱える宜野湾市長の訪米
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12153430829.html
普天間基地

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆基地移設妨害の反日左翼勢力を摘発せよ!

☆祝! 「ヘイト解消法案」で米兵が保護対象!

当初の推進者である有田芳生(民進党)らの思惑とは別方向に?

当ブログに粘着する左翼ストーカー工作員の反応や如何に(笑)?

heito
 与党がヘイトスピーチ対策としての解消法案を参院に提出した。

 人種・民族への差別を煽るヘイトスピーチ抑止が目的であるが、このほど同法案では「在日米軍人」が保護の対象となることが明らかとなった。

 それもそうだろう。特に辺野古への基地移設の妨害に顕著だが、左翼「過激派」勢力による在沖米軍将兵へのヘイトスピーチは凄まじいの一言に尽きる。

 米軍キャンプの金網にへばりつき、フェンスを倒さんばかりの勢いで揺さぶり続ける左翼テロリストたちの所業は、まるで本能的に米軍関係者に食いつかんばかりのゾンビそのものである。

 与党提出のヘイト解消法案は、在日コリアンへの保護はその通りでも、ますます当初のヘイト規制法案の推進者である有田芳生(民進党)らの思惑とは違った方向へと来ているのではないか?

 真面目な話、基地へ出入りする米軍関係者に激しい憎悪(ヘイト)発言を浴びせるような左翼テロリスト予備軍は、その言動自体を厳しく取り締まったほうが良い。

 しばき隊』(現CRACや左翼勢力とともに在日・在沖米軍への激しい憎悪を剥き出しにしてきた有田など、左翼系議員にとっては自らの行ないが、そっくりそのまま法規制という形で跳ね返ってきた格好と言えるだろう。

 「ヘイトを非難する人、その人がヘイトしている張本人」などと五七五ではないが、何かの標語をつくれそうである(笑)。

 さっそく沖縄タイムスなどの偏向メディアは、ヘイト解消法案における米兵保護を不満そうに伝えているが、「沖縄の人々は本邦外出身者(外国人)ではないためヘイトスピーチを受けても保護されない」などと記している。

 沖縄の人々ではない。沖縄タイムスが言いたいのは「沖縄県に動員されて暗躍する極左活動家がヘイトスピーチを受けても保護されない」ではないのか?

 米軍は沖縄から出て行け」???

 そんな発言をしながら基地移設工事や基地関係者の出入りを不当に妨害するような極左過激派は直ちに排除なり隔離・収容なりされたほうが良いだろう。

 記事にある専門家が懸念とは、左翼系学者が懸念…の間違いではないのか?

 同法案について然る自民党議員はインターネット上で、「沖縄在住の米国人へのヘイトスピーチにも関連する」「米国軍人に対する排除的発言が対象」と説明した。

 実際、沖縄・読谷村では米国人とのハーフの少女が極左過激派メンバーと見られる数人の男から卑劣にも殴る蹴るなどの激しい暴行を受けると言う事件が発生した。
 憎悪発言の段階で予防的措置が必要だろう。

 在日・在沖米軍の駐留に文句があるのなら、それこそヘイトスピーチ批判をしていた者らがさんざん自分たちで言っていたように「文句があるなら国(日本政府)に対して言え!」「デモや抗議街宣は(許可を取った上で)国会前でやっていろ!」という話である。

 しばき隊や有田など、右派系デモへの妨害勢力としてヘイト規制法の成立を推進していた左翼・反米勢力にとっては、まさかの壮大なるブーメランとなったのではないか?


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 当ブログにも在沖米軍への憎悪を剥き出しに、ヘイト発言を連発している粘着質の極左ストーカー工作員が相変わらずメールを寄越している。

 前回(4月21日付エントリー)で紹介した、あの輩である。

2016年04月21日 「日米同盟を考察する
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52013159.html

 それにしてもユーリコウと名乗る送信者はアホな奴である。

 そうやって沖縄県及び安保問題で絡み続けても、こちらにとっては沖縄県及び安保関連エントリーを掲載するためのネタ提供でしかない。

 そちらも一応は遊びのつもりでやっていたのかも知れないが、すぐムキになり過ぎているのが文面からもヒシヒシと伝わってくるよ(笑)。

sayo
 沖縄独立を主張している右派・保守派が存在するんですか?

 メジャーではないどころか、マイナー過ぎるので分かりませんでしたよ。もう少し、政治に関心のある者なら誰でも知っているくらいに頑張れと、その人たちに言っておいて下さい。

 どういうつもりか知らんが、こんなブログにも粘着してくる博識なアンチだっているくらいだから(笑)。

 そちらの構想によると、沖縄県は独立国となっても、連合制だか連邦制だかで天皇陛下を元首とする日本国に含まれると?

 なるほど…せいぜい琉球独立を言っているパヨク(左翼)どもに利用されないように頑張って下さい。と言うか、ユーリコウ君に見られるように、既に左翼に同化してもいるようですが(苦笑)。

 諸外国から? 沖縄県は日本におけるスコットランド程度の扱いに? 外国からそう思われているから独立するわけですか!?!?

 私なら絶対にそんなことはしない! たとえ外国が何と言おうと、「沖縄県は日本国である!」と言います。断言します!

 だいたい「外国からそう思われているから」…なんて言う理由で独立させたりしていたら、支那(中国)が「琉球はうちの物だ」「返せ」って言ったら沖縄県を割譲しなきゃいけなくなりますよ。

 これ…どう見たって反日糞サヨクの主張にしか見えません!

 沖縄独立にも様々な立場の人がいる???

 それ、特定秘密保護法の時も反原発の時も安保法制の時も…クソ左翼の決まり文句ですよ(苦笑)。世間一般の世論を装うためのね。しばき隊も似たようなことを度々言っていますよ。オタク…そのまんまだね。

 これじゃあ、いくら「沖縄が独立しても連邦制で今と同じ」とか「天皇陛下を元首にした連合制…」と言ったところで、沖縄独立論は理解も支持も得られないでしょうね。信用出来ませんもん!

 ちなみに…細かいことですが、なるべく呼称には沖縄県という風に「県」を付けてあげませんか? 全部そうする必要はありませんが、日本を構成する一地方ですし、なるべくなら…ネ。

sayo2
>その場その場の思いつきでどうせ書いてるんだろ? (メールより引用)

まったくの思いつき! 私、議会で政策を提言したり、学会で発表をやっているわけでもないんですよ。ブログに書いているんです、思いついたことを!

 麻薬を栽培する必要はない。単に麻薬合法区域として解禁特区にすれば良いと提言しているのみ。それを実行するかしないかは為政者の人たちが決めること。

 いいじゃないですか、芸能人もスポーツ選手もヤク中とギャンブル中毒が挙って沖縄県に行くようになれば。沖縄県は儲かりまっせ〜!

sayo3
>独立論以外の他の案も挙げてみようか?

いらん(笑)!

sayo4
 反日左翼と同じ詭弁…ではない。

 第一、在沖米軍兵の場合は断じて不法滞在・不法就労外国人ではないし、彼ら在日米軍兵は入管法に基づいて入国・在留しているわけでもない。

 それに沖縄県の場合は米軍と2大偏向マスコミ(琉球新報&沖縄タイムス)の存在に見られるように地域的に特殊であり、本土の場合と同一には論じられないというだけ。

>さぁ、コイツを見て頂こうか?

見る必要ない(笑)!

 文面に「或る面では」…とあるように、どうせレトリックやすり替えを用いてアメリカ人犯罪が多いように誘導しているだけだろう。

 朝鮮人犯罪が多いことはそちらも認めているし、アメリカ人犯罪も起きていることは事実だが、中国人犯罪やブラジル人など南米人による犯罪、東南アジア系外国人による犯罪、中東系外国人による犯罪、アフリカ系外国人による犯罪、西欧・東欧系外国人による犯罪が起きていることも事実。

 これら全てを包括的に叩き、日本から追放せねばならんのです!

 ちょうどいい! アメリカ人による殺人容疑が不起訴とされたので当ブログとして叩いておこう!

以下、4月22日付の過去エントリー(争いに賭かる生活レベルの上下)のコメント欄より
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52013264.html#comments

 去年7月、神奈川県三浦市の漁港で、アメリカ人の男が知人の女性の遺体を遺棄した罪に問われている事件で、横浜地方検察庁は処分保留となっていた殺人の容疑については18日不起訴処分にしました。
 横浜市保土ケ谷区に住むアメリカ人のグレゴリー・グモ被告(41)は、去年7月、三浦市三崎町小網代の漁港で、知人の東京・目黒区の契約社員秋田谷まり子さん(42)の遺体を袋に入れて海に投げ入れたとして、死体遺棄の罪に問われています。
 グモ被告は、秋田谷さんを殺害した疑いで再逮捕されましたが、去年9月、横浜地方検察庁は、殺人の容疑についてさらに捜査が必要だとして処分保留としていました。横浜地方検察庁は、18日、殺人の容疑について不起訴処分にしました。これについて検察庁は「捜査を継続したものの殺人罪で起訴するに足る証拠を集めることができなかった」としています。
 捜査関係者によりますと、グモ被告は「気づいたら死亡していたので、遺体を遺棄した。殺害していない」などと容疑を否認していたということです。
 この事件を巡っては、去年10月から死体遺棄の罪について裁判が続いています。
Posted by 情報提供 at 2016年04月22日 23:56

以上

 以前にはレイプ事件で逮捕された米国籍の黒人から電話があり、「事件は不起訴で釈放されました」「レイプ事件じゃありません」と連絡を受けたものだが、これとて怪しい。本当はレイプ事件なのに不起訴・釈放にされたのかも知れない。

 そして神奈川県三浦市の漁港で発生した女性の遺体遺棄事件。41歳のアメリカ人が遺体遺棄容疑で逮捕され、その後、殺人罪でも逮捕された。しかし、横浜地検は殺人罪で起訴するに足る証拠を集められなかったとして殺人罪での容疑については不起訴としたようだ。

 これとて分からない。埼玉・西川口で起きた中国人による殴打・撲殺事件(傷害致死容疑)もそうだが、最近、特に外国人絡みでは事件が有耶無耶にされるケースが目立つ。

 何もしていないのに勝手に死ぬわけがないだろう。殺害してしまったから死体を遺棄したのだろう。気付いたら死亡していたのなら、真っ先に警察に連絡すれば事件化しなかったことなど、容易に想像が及びそうなものである。

 この時点からして実に怪しい。

sayo5
ははは!

右派が反原発デモをしていたら即ち正しいのか?

放射能? 汚染? 根拠がないね。

原発にミサイル攻撃? 寝ぼけるな!

原発があろうとなかろうとミサイルが飛んでくれば犠牲はつきものだ。何も原発を増やそうと言う話ではない(増やしても良いとは思うが)。今ある原発を全て再稼動すれば良いという話。他のエネルギーに転換を図るなら、その間にやれば良い。

色々愛国を語っているようだが、左翼(パヨク)に利されただけの反原発はますます信用ならない!

sayo6
最後に来たメールは「追加」のような形だったが、突如として火病でも起こしたかのように「在日チョン」という罵倒が飛び出す辺り、ますますそれっぽいね。

誰が在日とか、それはともかく、少なくとも「在日」「朝鮮」「チョン」は今や悪口でしかないくらいに、反原発デモにおいても在日チョン糞の反日と横暴が酷いことを物語っている。それが証拠に「イタリア人みたい」とか「アメリカ人みたい」と言われて喜ぶ人はいるかも知れないが、朝鮮人みたい…と言われて喜ぶ人はいない。

幸福の科学を擁護しているわけではないなどという言い訳が通用すると思ってんのかって?

だって信者じゃないんだもん(笑)! 近くに関係者がいるわけでもないし、今まで接した限りでも嫌な奴はいても、「悪い人」って見たことがないね。まぁこれだけは事実として言えるよ。

吉田松陰に対して、自分自身も足元に及ばないことを認めているところが可愛いね。

まぁ口汚い罵声に対して罵声で返す気にもならないので、この辺で。


:追記
 下らない能書きはいらないんで、博識なユーリコウ君には翁長雄志・沖縄県知事が辺野古の埋め立てに反対する一方、浦添の埋め立て・基地建設を容認する理由について(共産党も反対しない)、同知事の代わりに解説をお願いするよ。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
「4・26枝野幸男事務所前糾弾行動」のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55503585.html
cb1f1fe7-s


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞の火病と妄想(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12153213568.html

チョン糞の誰よりもクソすぎる人生(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12153315166.html

o0415023113627509543
チョン糞の末期症状(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12153490973.html

匿名掲示板パヨク(左翼工作員)の投稿こそ有害情報
ヘイト批判に名を借りた共産主義による言論弾圧である!
日本人ヘイト・米兵ヘイトが自身に跳ね返って来ている!



gaitsui

  
Posted by samuraiari at 03:25このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日米共栄圏IN沖縄県&対中防衛 | 外国人犯罪

2016年04月23日

ネパール人ニセ難民の陰湿犯罪から

ab
画像:女性へのわいせつ行為で再逮捕されたネパール人のニセ難民ラビ・タパ容疑者


★外対公式サイト「事件簿」より
http://gaitsui.web.fc2.com/2nd_section/jiken/jikenbo.htm


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆既に大量襲来は始まっている!?

ニセ難民による認定申請から見る日本の驚愕未来!?

 直近の(当ブログ)エントリーに寄せられた外国人犯罪ニュースより見ていきたい。

以下 

2016年04月14日 「難民排除の正当性!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52012542.html#comments

飲食店で口論、相手に発砲 66歳男、殺人未遂容疑で再逮捕へ 十段の線条痕一致
 福岡県志免町の飲食店で3月、客の60代男性が拳銃で撃たれ重傷を負った事件で、銃刀法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された無職、崔勲容疑者(66)が持っていた拳銃と、男性の頭部から見つかった銃弾の線条痕が一致したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は容疑が固まり次第、殺人未遂容疑で再逮捕する方針。(以下略)
http://www.sankei.com/west/news/160404/wst1604040112-n1.html

時速155キロで都道暴走…飲酒検問逃げ、タクシー2台に追突
 東京都内の都道を時速155キロで暴走、追突事故を起こし3人に重軽傷を負わせたとして警視庁交通捜査課は7日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで中国籍の会社員、王岩峰容疑者(38)を逮捕した。
http://www.sanspo.com/geino/news/20160408/tro16040805000004-n1.html
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年04月14日 11:17

難民申請ネパール人の男 女性に“連続わいせつ”
 嘘の難民申請で滞在中のネパール人の男が、20代の女性にわいせつな行為をしたとして再逮捕されました。男は他にも2件のわいせつ事件に関与したとみられます。
 ラビ・タパ容疑者(29)は去年7月、東京・品川区のマンションで20代の女性に無理やり抱きつき、わいせつな行為をした疑いで再逮捕されました。容疑を認め、他に2件の強制わいせつ事件で逮捕・起訴されています。ラビ容疑者は2008年に語学留学生として来日し、在留資格が切れると2012年に難民申請していました。難民かどうかの審査期間中は日本で滞在が可能で、ラビ容疑者は「友人から仕組みを教えてもらった」「誰でも申請できるし、審査中は仕事もできるので申請した」「仲間内では『難民ビザ』と呼んでいた」と供述しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072434.html
3
偽装難民による性犯罪です。難民制度の甘さを悪用したわけですが、こうした手口は口コミで広がり、指南役が存在していることをうかがわせます。

これは、今年に入って起きたドイツの移民や難民の性暴力です。その数は、skyrocketed (ロケットのように急上昇)といえるほど増加しています。
http://www.gatestoneinstitute.org/7557/germany-rape-migrants-crisis
被害者は7歳の幼女から、中高年、高齢者、少年、障害者にまで及び、犯行場所は駅、公園、校庭、駐車場、スーパー、プール、旅館など公共の場であり、集団で行われるのが特徴であり、中には30人に襲われた例もあります。
これは何を意味するか?性犯罪者はどの国もいますが、犯行場所は密室や人気のない夜道などです。つまり犯罪者自身はやっていることを犯罪だと自覚はしているわけです。しかるにこうした移民難民の性犯罪は公共の場で起きています。つまり「強姦痴漢=犯罪」という等式が頭の中に存在しないことを示唆しています。(続く)
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年04月14日 11:48

こうした手合いを教育し、社会に適合させるなど不可能だと断言できます。「産屋で引いた風邪は一生ついて回る」というように、異質な環境で育った人間の思考回路を変えるなどどうやったらできるのか教えてほしいものです。
何度強調してもしすぎることはないのは、移民や難民が流入すれば、被害にあうのは一般の日本人であり、特に女性や子供、高齢者が狙われるのです。
外国人犯罪者は相手を選びません。誰もが被害者になるのです。そして、被害者になっても誰も補償してくれず、泣き寝入りするしかないのです。
夏でも半袖のシャツを着れない、水着にもなれない、外出する際は催涙スプレーを携行し、ビクビクしなければならない、移民や難民を入れた国々では、そうした社会になりつつあるのです。
そうした社会の中で暮らしたいと思う人はいないでしょう。移民や難民を拒絶することは差別でも排外主義でもなく、日本国民の基本的な人権なのです。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年04月14日 12:15

以上

 福岡県内の飲食店で口論となって拳銃で撃たれるとは恐ろしい社会である。

 拳銃で撃った朝鮮人と被害者男性は知人同士のようだが、それぞれ別々に来店。崔勲容疑者(66歳)はバッグに拳銃を所持していたようで、これではオチオチ酒など飲んでもいられない。酒の席でどんな口論を吹っ掛けられるとも分からない。

 と言うか崔容疑者は暴力団関係者なのだろうか? バッグに拳銃…とは、そのもののスタイルである。揉め事で即発砲…気性の激しい九州地方でなら起きそうな事件ではある。

 東京都では飲酒運転の挙げ句、車を暴走させてタクシー2台などに衝突させた中国人暴走犯が逮捕された。

 中国籍の会社員、王岩峰容疑者(38歳)は3月4日夜、中華料理店に立ち寄った後に車を運転。警察の飲酒検問に引っかかって逃走。
 都道で制限速度50キロのところ155キロですっ飛ばして逃走を図った。豊島区内の上池袋交差点でタクシー2台などに追突。3人に重軽傷を負わせ、車を乗り捨ててまで逃走を図っている。

 飲酒運転での違反や罰金に問われることを恐れたのだろうが、人をひき殺してでも逃走しようとするあたりが日本人とは根本的に感覚が異なる。

 現場に残されたエアバッグに遺留物として王容疑者のDNAが付着していたことなどから同容疑者が浮上。警視庁交通捜査課は3月7日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで王容疑者を逮捕。同課では「危険運転致傷」の疑いも視野に捜査を進めている。
 凶暴で悪質な中国人逃走犯には断固、危険運転致傷罪も適用すべきだろう。

 ここまでは朝鮮人と中国人による凶悪犯罪について触れたが、本稿での本題はここからである。

1
 今年1月、難民申請中のネパール人ラビ・タパ容疑者(29歳)が東京・渋谷区内で女子中学生をトラックの荷台に無理矢理連れ込み、わいせつ行為に及んだ上、怪我を負わせた強制わいせつ容疑で逮捕されたことについては当ブログでも触れた(容疑自体は昨年2月)。

:関連エントリー

2016年01月27日 「事実上の難民大国?
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52005050.html
2
 そのネパール人のラビ・タパ容疑者が別の女性へのわいせつ容疑で再逮捕された。タパ容疑者は他にも2件以上の余罪があると見られる。

 事件は昨年7月、東京・品川区内のマンションで20歳代の女性に無理やり抱きつき、わいせつな行為をした疑い。渋谷での事件で逮捕されて以降、身柄を押さえた警視庁はタパ容疑者による余罪を追及していたのだろうが、この手の事件を起こしているやつと言うのはやはりと言うべきか、叩けば埃が出るかの如く、余罪が出てくるものである。

 さらに、問題なのはタパ容疑者が来日した経緯について。

 過去エントリーでも触れたが、同容疑者は08年に語学留学生として来日。在留資格が切れると12年には難民認定を申請。難民であるか否かの審査期間中は日本での滞在が可能であり、この難民申請について同容疑者は「友人から仕組みを教えてもらった」「誰でも申請出来るし、審査中は仕事も出来るので申請した」「仲間内では『難民ビザ』と呼んでいた」と供述していると言う。

 タパ容疑者に限らず、殆ど…全てと言って良いくらいの難民認定申請中の外国人がニセ難民、偽装難民であることを示す供述とも言える。

 かつて不法就労について、外国人は日本では勿論のこと、来日する以前、母国にいる段階から「日本へ行って、どこそこの誰々を訪ねれば職にありつける…」といった情報を掴むことが出来た。その情報網のネットワークはインターネットが普及する以前から。

 それが現代では不法就労に加え、難民認定申請や生活保護受給に関する情報まで出回っている。同胞のうち、誰かが人権団体などの支援で難民認定申請をすれば、その手口は瞬く間に広がってしまう。

 タパ容疑者もその情報網を駆使して来日し、語学留学の名目で来日した不法就労目的であったと見られる。彼らのネットワークは来日するための手段を通じても駆使されている。留学生としてのビザが切れると、すぐに難民認定申請。その期間中に一応は合法的に就労し続け、恐れ多くも女性への強制わいせつという悪事を繰り返していたものと見られる。

 同じく難民申請中の外国人(ニセ難民)による性犯罪としては、昨年12月、東京・北区内のJR赤羽駅付近にて、クルド系トルコ人の男らが泥酔した女性を保護するフリをしてトイレに連れ込み、集団で強姦したとして今年2月にプナルバシ・オンデル容疑者(22歳、埼玉県川口市前川在住、解体作業員)と16歳の無職少年が逮捕されている。

:関連エントリー

2016年02月25日 「自称クルド系難民による凶悪犯罪!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52007929.html

 よく欧州で起きた難民問題について、「日本にも難民が押し寄せたら…」「難民による暴動が起きたら…」という言い方がされるが、難民は既に日本に押し寄せている。

 特に難民認定制度外国人への「生活保護」支給。この2つが大きなネックとなって、日本の社会保障を食い荒らそうとする外国人が各国から押し寄せている。

 今の日本政府の見解は「日本は移民国家ではない」「移民は受け入れていない」とするものだろうが、ヨーロッパも最初はそうだった。ドイツにせよフランスにせよ、どこの国にせよ、外国人の受け入れ方に程度の差や方法の違いはあれ、外国人労働者が「事実上の移民」になったところは今現在の日本に似ていて、今度は移民と難民の区別がつかない段階へと進んでしまった。

 国の社会保障に縋(すが)り、血税を食い荒らそうとする外国人が増え過ぎて、にっちもさっちも行かなくなったところへ、一気に大量難民の流入である。これらは何も昨年になって表面化したことではなく、十数年もの、数十年もの年月をかけて昨年末の難民騒動に発展したものだ。

 日本も今、深刻な難民問題の端緒にある。やがて数十万人、数百万人の難民が押し寄せる未来へ向けて…。

 安倍内閣は一昨年、外国人『単純』労働者の受け入れを正式に表明した。…今までは「外国人単純労働者は受け入れない」とする閣議決定が「諸外国への抑止力」となってきたが、その抑止力というタガが外れてしまった。

 昨年、今年、そして来年の間ではそう極端な事象は見られないだろう。しかし、着実且つ急速に来日外国人は増え、一気に大量難民が襲来する未来へと向かっているのである。
4
 欧州ほど深刻ではなくとも安心はしていられない。既に昨年秋にはトルコ人とクルド系トルコ人の大乱闘が東京都内で発生している。こうした人種間・民族間の軋轢と衝突は増加の一途を辿ると見られる。
5
 埼玉県蕨市などはワラビスタンと称されるほどにクルド系外国人の姿ばかりが目立つようになってしまった。

:関連エントリー

2016年03月04日 「ワラビスタンを駆逐!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52008674.html

 我が国の基本的な人権問題とは何か?

 移民や難民を厳しく規制して制限することは差別でも排外主義でもヘイトでもレイシズムでもなく、「日本国民の基本的な人権」を守るための措置であり、それを新たな抑止力として閣議決定する内閣を望む。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

以下、過去エントリーのコメント欄より

2016年04月19日 「日本人最優先で救済の道理
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52013086.html#comments

今ドイツでは移民の流入で次のような問題が起きています。

ドイツの移民問題の教訓――宗教の違い、病気、誰が費用を払うのか
https://archive.is/jC3tV
 詳細は読んで頂くとして、起きていることとしては「移民達の間で起きている宗教の違いによる暴力沙汰」「ドイツでは撲滅したか、稀にしか存在しない病気や病原菌を移民が持ちこんだこと」です。
 移民施設内で起きているイスラム教徒とキリスト教徒との対立、イスラム教におけるスンニ派とシーア派の対立、サラフィ主義者(イスラムのウルトラ過激派)などのテロリストの勧誘の場になっていること。既に殺傷事件に発展しているなどです。
 移民がドイツでは撲滅した、あるいは稀に存在しない病気や病原菌を持ちこみ医療関係者は過酷な環境で対処しなければならない状況になっていることです。何しろドイツでは撲滅したので予防接種のためのワクチンや治療薬が少ないので、医療関係者は無防備で移民達の治療に当たらなければならないのですから、まさに命がけです。
 当然膨大の費用が必要になり、それは全てドイツ国民の負担になります。
テロリストや犯罪者の流入も恐ろしいですが、移民が持ちこむ伝染病も脅威ですし、自分的にはこちらの方が恐ろしい。
この記事では、元内務大臣の言葉を引用し、「メルケル首相の移民対策を「過去に前例を見ない政治ミスだ」と言ったと報告している。更に、「国家を危険に晒すまでに無邪気で夢想的な国は世界のどこにも存在しないと確信している」と述べ、メルケル首相の移民への対応判断を痛烈に批判した。」としています。移民や難民の受け入れは国そのものを危険にさらすことであり、拒絶は差別でも排外主義でも防衛であることをドイツの状況は示しています。
 多文化共生だの、平成の開国だの寝言をいっている人は、ドイツの状況をよく見るべきです。

Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年04月20日 00:34

【移民危機】ブルガリアの自警団、移民を縛り上げ
ブルガリアの自警団が、地面に横になった移民3人を縛り上げているアマチュアビデオ映像が浮上した。ブルガリアのBTVニュースが11日に大きく取り上げた。自警団のひとりは縛った相手に「ノー、ブルガリア。トルコに戻れ」と告げている。(一部抜粋)
http://www.bbc.com/japanese/36021888

ブルガリアでは、移民排除のために自警団が結成され、実際に移民を拘束しています。自警団のバス部品業者のディンコ・バレフ氏は、移民を拘束する映像によって、今やブルガリア国民の間で大変な人気者になっているとのことです。
移民を排除し様とする自警団にブルガリア国民が拍手喝さいを送っているわけです。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年04月20日 00:38

急増加する移民高齢者対策は:
 高齢者に語学教育は不可能に近いです。現在スウェーデン人の高齢者を受け入れられる高齢者施設は不足しているのに、さらに近年移民高齢者が増加し、その対策はほとんどできていません。
 外国人の社会習慣で家族が高齢者の面倒を見るのが普通ですが、狭いアパートの中に三世代が生活することは多くの問題を抱えています。そして言葉の問題から移民者は、施設の中に入ることを嫌います。ストックホルムの郊外にある高齢者施設には、12ヶ国の高齢移民者が入居していますが、それらの国の言葉を話す介護職員は少なく、介護職員は良い対策もないまま毎日を過ごしています。(一部抜粋)
http://fukushi-sweden.net/welfare/fukusi.joho/2015/imintaisaku%201501.html

 移民を多く入れたスウェーデンの現状です。移民のための社会保障費の支出が増大し、政府の経済政策の負担になっていることと、更に移民の高齢者が急増して、深刻な問題になっているとのことです。
 生活習慣も違う移民の高齢者に対応できる介護職員が少なく現場は頭を抱えているわけです。
 移民が高齢化問題の解決策になるどころか、移民を入れると将来的に移民自身の高齢化という問題に直面しなくてはならない、移民は高齢化問題を複雑、深刻にさせるということをスウェーデンは示しています。
 少子高齢化だから移民を、だからではなく、少子高齢化だから尚更移民をいれてはならないのです。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年04月20日 00:47

オーストリアのザルツブルクでは、ソマリアから来た難民がシラミ媒介性回帰熱に感染していることがわかりました。
現在この病気はエチオピアとスーダンで流行しており、治療をしないと致死率が70%とも言われています。
患者は現在集中治療室にいて、同じ難民センターの人間たちは衣類の高温洗濯、向こう6週間の集中シラミ退治、家具などの消毒を対策として行っています。
http://newobserveronline.com/invaders-bring-deadly-fever-salzburg/

日本でも、次のような事が起きています。
これも“爆買い”の置き土産?殺虫剤も効かない「スーパー南京虫」増殖にホテル戦々恐々

戦後の生活環境の改善などに伴って、日本や先進諸国では40年ほど前にほぼ制圧されたはずの南京虫。いったい、なぜこんなに増殖しているのか−。
「訪日外国人の増加に比例して、再び国内で南京虫に関する相談件数が増えてきた」 大阪府の担当職員はこう分析し、警戒感を強める。(以下略)
http://www.sankei.com/west/news/160311/wst1603110003-n1.html

未確認ながらも中国人観光客が持ちこんだ可能性が高いのです。どのような形であれ、外国人を国内にいれることは病原菌を持ちこむ可能性があることを自覚すべきです。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年04月20日 01:10

我が国は、移民受け入れの議論を本格的に行うようです。
宗教団体をバックに持つ、少数与党が推進しているのかもしれませんが、十数年後には、貧富の差がますます激しくなるかもしれません。
--------------
安倍晋三首相は19日夕の産業競争力会議で、新たな成長戦略について「(人工知能やロボットなど)第4次産業革命を担う優秀な人材を海外から呼び込みたい」と述べた。
その上で「永住権取得までの在留期間を世界最短とする」と表明した。
IT(情報技術)分野などで優れた外国人を日本に招き、国際競争力の強化を目指す。
「日本の若者には第4次産業革命の時代を生き抜き、主導してほしい」とも語り、初等中等教育からプログラミング教育を必修化する方針を示した。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL19HP8_Z10C16A4000000/
2016/4/19 18:54
Posted by 名無し at 2016年04月20日 14:01

以上

 自民党政権そのものにも問題はあるが、あまり表面化はしないものの、こと移民受け入れ計画にあっても公明党なるカルト教団にも連なる政党が連立政権に位置することも大きな問題だろう。

 今年も恒例のカルト政権政党への糾弾デモを開催したいものである。


_85966766_refugeex2a
以下、話題の「難民イラスト」に次いで作成された数々の作品(亜流も含む?)をネットから拾いましたので、一挙ご紹介します。
bc520707
在日批判のイラストや帰化人批判、左翼批判など色々なバージョンが出来ていて面白いですね♪
5e8a62b5-s

9f3d49fa

65fdfbf0

CRuw4jyUwAAZXQj

o0800056613557108115

以上

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★4・24の予定

行動する保守運動カレンダー」より

平成28年 熊本地震災害チャリティー2676live
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=976


渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
「4・26枝野幸男事務所前糾弾行動」と「日本の心を学ぶ会 勉強会のお知らせ」
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55503585.html
548750f6-s


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪

チョン糞出張サービス(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12152998307.html
深夜−朝方 チョン糞の火病(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12153101092.html

左翼工作員匿名掲示板で説く言論規制思想弾圧
言論の自由ならぬ無法を振りかざすのが共産主義者



gaitsui

  
Posted by samuraiari at 16:23このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 

2016年04月22日

争いに賭かる生活レベルの上下

★BLOG『日米共栄圏IN沖縄』

解決策は「辺野古移設」以外にない!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12152587397.html
nawa3
画像:オスプレイが配備された普天間基地
この最新鋭の輸送機は熊本地震の被災者救済にも大いに役立っている


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆戦うことを忌避した代償?

生活レベルを落としてまで、極貧になっても平和を望むか?

 九州大震災(熊本地震)の発生から早くも1週間が経過した。

 その間も「学生緊急行動」と称したSEALDs(シールズ)なるアホ左翼の学生勢力は各地、特に沖縄県で集団的自衛権と安保関連法に反対する愚行を展開したようである。
s
 シールズなる連中の主張をざっくりと大まかに言うと、戦争(戦争準備も含めて)反対、自衛隊の派兵反対、同盟国軍(米軍)との共同作戦の展開に反対…ということらしい。日本を無防備、無抵抗の状態にして反戦も平和もへったくれもないだろうと思うが、却って他国からの日本侵略・侵攻を容易にしようとしているとしか思えない。

 一昨年の集団的自衛権の解釈変更(行使可)に続き、安保関連法が成立した昨年中はシールズの猛威が吹き荒れた。…吹き荒れたと言うよりは、マスコミの偏向報道によって吹き荒れたことにされてしまった。

 各地で起きたシールズを含めた左派系デモでは数百人が数千人の動員にされ、千人にも満たない動員でも数万人レベルの動員であったかのように伝えられている。
 かつて国会を包囲した安保闘争デモには質量ともに到底及ばない動員力だというのに…。

 シールズは「シュウダンテキ ジエイケン ハ イラナイ!」のコールとともに、「自衛官を死なせるな!」「自衛官に人殺しをさせるな!」とした主張を展開している。

 危機に際しては侵略者を殺害してでもこれを排除しなければならない使命と任務を背負っているのが軍隊であり、危機に際しては誰よりも真っ先に危険地帯に赴くことを職務としているのが軍隊である。

 いい歳をした大学生ともあろう者らが、そういう基本的なことも分からずに、ただ物理的な「死ぬ」「殺す」を問題にしているのだから大学生のレベルが疑われてしまう。これが主婦に人殺しをさせるのかとか、学生に人殺しをさせるな…という主張ならまだ分かるが、自衛官が行かなくて誰が行くのかという話である。

 シールズのアホ学生はまた、「侵略が起きたらどうするのか?」との問いには「侵略なんて起きるはずがない」「中国がそんなことをするはずがない! もっと勉強しろ!」とまで言う。…君たちこそデモなどしている暇があったら学業でもいい、バイトでもいい、クラブでもいいので他に精を出すことがあるんじゃないのかと言うに尽きる。

 若くして完全に脳の思考回路がアレな方々だが、侵略など既に始まっている。

 「酒を酌み交わし、話し合いで侵略を阻止する」という旨を真顔で述べたアホ大学生もいるようだが、武力を行使して戦火を交えず、話し合いで解決出来ればそれに越したことはない。誰もがそう思っているはずだ。そのために武力の保持と武力を行使するための法整備が必要である。

 武力を背景とした優位な交渉が可能になる。武力・軍事力で劣勢にあっても、いざ戦火を交えればタダでは済まんぞ、勝ったところでその代償は高くつきまっせ〜と相手に思わせるくらいの死に物狂いの覚悟でもあれば良いが、シールズ学生が言うようなメルヘンチックな対話路線が国際政治で通用するはずがない。

 しかしながら、シールズの行動とシールズの行動を伝えるマスコミ(偏向)報道には一定の「訴求力」がある。悔しいことだが、世間一般への訴求効果というものが…。

 何せ熊本県の被災地で活躍する在日米軍の輸送機オスプレイにしたところで、一件のオスプレイ事故があれば、それを大々的に誇張して伝えるマスメディアによって未だ「オスプレイは事故が多い」ということを妄信している人も少なくない。
 沖縄県で米兵犯罪が大々的に報道されれば、さも沖縄県では米兵ばかりが犯罪を起こしているように錯覚してしまう(実際、大多数は沖縄県民による犯罪ばかりだというのに)。

 街頭とマスコミを通じて伝えられるシールズの主張は簡潔、明快。戦争は嫌だ…という誰もが抱く心理につけ入り、だから軍備を持ってはいけない、だから集団的自衛権を保持してはいけない、安保関連法は廃止しなければならないというもの。そうすれば平和が保たれると…。

 まったくの間違いだらけだが、戦後の戦争を知らない世代ばかりとなり、反戦…平和…非武装…人命最優先…といった世間一般に受け入れられ易そうなスローガンが並ぶ。

 すっかり前置きばかりが長くなってしまった。

 ここからが本稿における「本題」だが、戦争を回避する、戦うことを忌避することによって日本国民が支払いを余儀なくされる代償とは何だろうか? つまり、戦争する、戦うこと以上に嫌なこと?

 戦わずして敗れれば日本は他国に易々と侵略されてしまう、日本人は奴隷にされてしまう、日本が(共産中国に侵略・支配された)チベットやウイグルのようになってしまう…とは右派・保守派に散見される主張である。

 …しかし、これではあまりにも漠然とし過ぎていて現代日本人にはリアリティーがない。

 安全保障に関する話題でノンポリの人でも意外な一言を発することがあった。「生活レベルを落としてまで平和を望まない」と。

 生活レベルを落とすくらいなら、即ち貧乏、極貧になってまで平和であるくらいなら、戦争をしたほうがマシ、戦ったほうがマシという意見である。

 なるほど、戦後日本人は戦争を忌避して、戦うことを忌避して、平和の代償として生活レベルを落とし続け、貧乏になっていくばかりである。

 よく「戦後の経済復興」「敗戦の焦土からの復興」ということが言われるが、果たして戦後日本人は本当に豊かになったのだろうか?

 かつてジリリン!…とけたたましい音を立てた黒電話は、スマホになって通話どころかメール通信や写真撮影・動画配信からネットへの接続、位置情報の確認、現金代わりにクレジット支払い、テレビの鑑賞までが可能となり、しかもそれを子供までが所有するようになっている。だが、それは科学技術が発達したというだけで、本当の意味で日本人が豊かになったかという問題とはまた別次元の話である。

 例えば戦後すぐ南朝鮮(韓国)によって我が国固有の領土・竹島を奪われた。これによって竹島近海での漁業は出来なくなったわけだが、その分、日本人の食卓に回ってくるべき竹島近海で採れた魚介類・海産物が回ってこなくなったことを意味している。同じことはロシアに侵略された北方四島についても言える。

 北方領土や竹島だけではない。つい最近、伊豆諸島や小笠原諸島沖に大量の中国工作船団が出没。サンゴというサンゴ、海産物を乱獲して立ち去ったわけだが、日本人が享受すべき自然の恵みが横暴にも強奪されているのである。

 かつて清貧と言われた時代の日本人は採れたて、新鮮な魚介類や農作物を食していたように思うが、それが今ではスーパーの食品コーナーには輸入品ばかりが立ち並び、沿岸部の漁村でさえスーパーで購入した輸入品の魚介類を食するのが普通だという状況に違和感を覚えてしまう。日本人が当たり前のように食し、学校給食の定番であった鯨(くじら)肉に至っては、鯨が絶滅どころか海中に氾濫しているというのに高過ぎて手が出ない。

 そして尖閣諸島近海に埋蔵されている油田。日本が中国軍機や艦船を寄せ付けないほど、しっかりと戦っていれば今頃は誰もが自由に尖閣諸島へ行き来し、東シナ海の油田と同様、尖閣近海の油田開発もとうに実行されて日本人の生活レベルは向上していたのである。

 極めつけは在日米軍の駐留。筆者(有門大輔)としては日米同盟は現実問題から絶対堅持のスタンスだが、在日米軍の駐留を否定する人もいる。
 日本が戦うこと、戦争することを忌避せず、独自の防衛力を持っていればとうに在日米軍は撤退していて、莫大な思いやり予算も必要なかったのである。

 加えて在日外国人への生活保護や外国人留学生への(無償の)奨学金など支出していなければ、日本独自で何隻の空母や潜水艦を建造出来て、どれほどの雇用を生み出せていたんだというくらい莫大な額に上っている。

 ことほど左様に戦争すること、戦うことを回避・忌避し続ければ、日本人はどんどん自らの食い扶持を減らして生活レベルを落とし続け、貧乏になり続けている。

 エアコンや冷蔵庫、台所のキッチン、テレビやPCなど科学技術の発達によって戦後日本人の生活は利便性が増しているように見えて、その実、貧しくなり続けている。

 断言しよう! 戦後の驚異的な経済復興を遂げた一方、現代日本人は輸入した危険な食物ばかりを口にするほど貧乏の極致へと追いやられてきた。

 衣類に至ってはメイドイン・ジャパンでは手が出ず、メイドイン・チャイナばかりが店先に並ぶ。それもこれも、対中貿易・対中進出しか頭にない売国商人が厳しく対峙すべき日本の対中外交を歪めてきた結果である。または、そのような売国商人を跳梁跋扈させた結果とも言えよう。
shina
 世間は『神戸山口組』と『六代目山口組』による暴力団抗争で賑わっている。一連の山口組抗争で最も潤っているのは誰か? それまで息絶え絶えで売り上げが冷え込んでいた出版業界である。山口組や暴力団に関連する情報誌や単行本の売れ行きは飛ぶ鳥を落とす勢い。

 江戸の喧嘩は華の何とやら…という言葉もあったが、ことほど左様に争い事というのは世間の耳目を惹き、何らかの活性化をもたらすものだ。

 だからと言って暴力団抗争が良いとか、戦争をすることが正しいとは言わないが、賃金の抑制による収入減の一方で消費税は増税される一方、若年層はますます家庭を築くための生活基盤をつくれず、少子化に拍車をかけて世間一般の消費は落ち込み、「悪の連鎖」「負のスパイラル」の真っ只中にあって、この閉塞感を抜本的に打開するにはハッキリ言って「戦争」しかない

 明日をも知れぬ身になって初めて人は獰猛的な消費意欲や性欲を増し、戦争状態に備えた様々な雇用が創出されて賃金も上昇する、日本の社会保障(生活保護など)を食い荒らそうとする外国人は来日を敬遠する、若年層の日本人男女がくっ付いて少子化が多産化に転ずる。社会が活性化する…。

 偽善的な反戦平和のシールズ・デモに踊らされるのは大いに結構だが、このまま生活レベルを落とし続け、極貧になってまでシールズ兄ちゃん姉ちゃんが言うような平和を望むのかという話である。

 何も勝てる見込みのない無謀な戦争をしようというわけではない。日本の場合、その気になりさえすれば勝てるだけのモノ(兵器)は備わっている。

 平和を欲するあまり、戦争すること、戦うことを忌避するということは、生活レベルを落とす、貧乏になり続けることと同義である。

 生活レベルを落として極貧になってまで平和を望むか? 戦争を戦って勝つことで真に良い暮らしをするか?

 選挙の度、景気問題に最も敏感な現代日本人が鋭敏に感じ取らなければならない。

 この真理は今も昔もまったく変わらない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆在日工作員による日本人ヘイトの極致!

 以下、SEALDs(シールズ)に関連する話題として。

 白鳥友紀(しらとり・ゆうき)なるシールズ・シンパがツィッターでトンデモなツイートをした(画像右下)。
takashibaki
 『護国志士の会』の高木脩平局長がツイートして拡散してくれたものだが(画像左上)、何でも白鳥は「九州の日本人が何人死のうが知ったこっちゃないが、原発事故で韓国に迷惑がかかるから救助なんかより原発を止めるのを最優先しろ。日本人って本当に自己中な奴らだな。」(原文ママ)との暴言をツイートしたのである。
shibaki2
画像:白鳥のツィッターより
日本人ヘイトの他はエロ画像やアイドル系のリツイートが多い


 自身のプロフには在日朝鮮人であり、反戦主義のシールズ・シンパで反安倍のスタンスであることが示されている。

 高木局長が自身のツイートで説明してくれているが、この白鳥友紀なる輩、以前は在特会・行動する保守運動系のデモ参加者であった。私もデモ現場で何度か見かけたことをハッキリ覚えている。私が現場責任者として新大久保でデモ行進を行なった時にも、この白鳥はいた。

 護国志士の会より有事朗(ゆうじろう)」と称する男(後に除名処分)がデモ妨害のカウンター勢力しばき隊サイドに寝返った際、この白鳥も一緒に寝返ったとされる。…確かに最近のデモでは白鳥の姿を見かけることは一切なかった。それどころか、カウンターの群れで何度か見かけたような気がする。

 こちらサイドのデモ行進に参加していた頃は、素行の良くない者らとつるみ、女性参加者を盗撮したり、護国志士の会会員をはじめデモ参加者に金銭をタカったりと問題行動が絶えなかったようである。

 むしろ寝返ってくれて正解だったが(と言うか最初からスパイ的な行動だった?)、トンでもない輩が紛れ込んでいたものである。

 原発関連で言うなら、左翼・在日勢力が主体となった反原発デモのような無法の輩を跳梁跋扈させたことで電気料金の値上げや生産性の低下に陥っている。

 早期に原発を全面再稼動させることもまた、内なる敵との戦いであり、日本国のための戦争である。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★4・24の予定

行動する保守運動カレンダー」より

平成28年 熊本地震災害チャリティー2676live
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=976


渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
「4・26枝野幸男事務所前糾弾行動」と「日本の心を学ぶ会 勉強会のお知らせ」
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55503585.html
548750f6-s


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞ネラーの天下国家論(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12152504638.html
kuso
チョン糞ホシュの離婚歴(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12152612120.html

匿名掲示板での中傷で得られるものより失っていくもののほうが大きい!
左翼・在日工作員はネットでもリアルでも不幸になっていく一方である!



gaitsui

  
Posted by samuraiari at 01:53このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年04月21日

日米同盟を考察する

nawa3
画像:熊本大地震の被災地で救援活動に大活躍する在日米軍のオスプレイそして自衛隊との共同作業


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★BLOG日米共栄圏IN沖縄

nawa
ブログ名称変更のお知らせ
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12152264258.html

オスプレイ出動と沖縄県の偏向マスコミ
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12152236835.html

在日米軍「オトモダチ作戦」再び…!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12151457019.html
nawa2

☆米大統領選 共和・民主両党指名争いが熾烈化する最中にあって…!

軍事産業界の目論見と同盟関係のメリットそして沖縄県へのカネのなる木

 最新の米大統領選に関する動向は、共和・民主両党での指名獲得へ向けた投票がニューヨーク州で行なわれ、共和党はドナルド・トランプ氏が、民主党はヒラリー・クリントン氏がそれぞれ勝利した。

 おそらく数年前ならトランプ氏の芽はなく(トランプの存在自体を誰も知らない?)、ヒラリークリントン新大統領誕生で間違いなかったが、時勢はドナルド・トランプ新大統領を据えようとしているようだ。

 トランプ氏はやはり商売人らしく大道芸人のような要素がある。ただ、トランプ氏がそう言っているから多くのアメリカ国民が支持しているわけではなく、これからのアメリカの方向性をドナルド・トランプという一種のピエロを使って、分かりやすく且つ情熱的に語らせている。

 オバマ氏が大統領になった時は誰もがオバマ・チェンジに熱狂し、トランプ氏が大統領になる時は誰もがトランプ旋風に熱狂するように仕向けられるのだろう。
 アメリカの支配者が誰なのかは分からぬが、トランプを大統領に据えてアメリカはこういう方向性で行くよ…ということである。

 確かにトランプ氏が掲げる政策には大風呂敷な側面はあるだろうし、米国民の間でもトランプ氏に冷ややかな視点もあるだろう。だが、それらをひっくるめてトランプ大統領誕生の方向性にあるのだと思う。肯定的であるにせよ、否定的であるにせよ、「トランプ大統領の誕生」が本格的な話題になっている時点で勝負はついている。

 アメリカ大統領選へ向けた指名争いが熾烈化を極めている一方、九州大震災での被災者救済では在日(在沖)米軍からの有用な協力を得られた折、日米同盟の在り方について考察しておきたい。

 ちょうど反日糞サヨクの粘着ストーカー野郎からのメールも溜まっていたところである。

nichibei
 特に「四角」で囲った部分に注目だが、この者が言っているのは、さる4月12日付の当ブログ・エントリーについてである。

:関連エントリー

2016年04月12日 「日米同盟と沖縄問題への極論
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52012356.html

 特段、米民主党を賛美したわけではない。そこはアメリカ人っぽく、良いことを率直に良いと言ってみたまでである(笑)。米民主党政権について言うなら尖閣諸島が日米安保の適用対象と明言してくれたことも、当たり前のことながら率直に評価しておきたい。

 現在のオバマ米大統領が反日的で、親中国的であることは、つとに知られている。家族連れで中国に長期滞在しているから現在のアメリカ合衆国の凋落があるのだろう。

 アメリカの国力衰退の原因は、アメリカ国内のお金や技術が中国に流出してしまったためである。だから、その次はトランプ新政権の誕生で、アメリカは内向きの政策を実行しようとしている。
 メキシコとの国境地帯に城壁を築いての不法移民の流入阻止、日本や韓国をはじめアジアからの完全な軍撤退など、トランプ新政権下でのアメリカは間違いなく内向きの政策になる。

 性急な同盟国からの撤退は極東アジアでの軍事バランスの崩壊をもたらし、大戦争の元にもなり得るが、それこそがアメリカの軍事産業界の狙いかも知れない。そのためのトランプ大統領誕生であるのかも。
 アメリカの軍事産業もまた潤うためには世界のどこかで戦争を誘発したがっていることは間違いない。しかも一度に大戦争…というシナリオではなく、シナ中共による沖縄侵攻など、ジワリジワリとした戦争の誘発で長期的に潤う算段ではないか。

 トランプ大統領の誕生は間違いないと思われるが、日本としては改憲や国軍創設を急ぐことも然ることながら、同時にアメリカが日本(特に沖縄県)を守るに足る(アメリカにとっての)国益があることを示す必要があるだろう。尖閣諸島近海の油田での日米共同開発など。

nichibei2
 別段、『幸福の科学』を擁護しているわけではないが、同教団の関係者から実害を受けたこともないし、創価学会のように巷で被害者の会…のような動きも聞いた事がないので攻撃もしていないというだけである。強いて言えば「良いカルト」と悪いカルトの(差別ではなく)区別である。

 教団もしくは『幸福実現党』の政策や主張、言動で賛同すべき点もあるだろうが、それ自体が同教団・同党に帰依することを意味するものでもないだろう。

 事実、某保守系の運動に携わり、幸福実現党関係者から何らかの教示を受けた者であっても受け入れられる部分と、到底受け入れられない部分はある。世の中、リアルではそういうものである。

 そちらの主張を「都合よくトリミングして事実を捻じ曲げるな」とする旨が記されているが、こちらこそ幸福の科学全てを信仰しているように捻じ曲げられて非常に心外である。

 それはともかく、そちらからの主張に答えるにもブログで掲載するにも「限り」というものがある。何に焦点を絞って、何を重点的に取り扱うかは管理者(執筆者)の裁量・権限であり、全文掲載しようが一部をトリミングして掲載しようが、こちらの勝手であろう。

nichibei3
 荒らし常習犯の常套句でもある「嘲笑してからかっている」「遊んでいる」と言いつつも、随分と小まめに反論を加えてくるものだ。こちらには、そこまで暇はないというのに。

nichibei4
 さる4月12日付のエントリーでお訊ねしたこと、「沖縄県をどうしたいのか?」という問いについて真摯にご回答頂けたようである。

 本土が搾取していたかどうかは別として、沖縄県の主体性を重視したような尤もらしいことが書かれていた。

 だが、問題は「ここ」から!

nichibei5
 やはり出た! 沖縄(本心では琉球?)独立

 筆者(有門大輔)が引き出したかったのは「ここ」である。ここを表面化させただけで後はどうでも良い。黙っていれば知らぬ者は騙し続けられたのかも知れないというのに、この者は「次いで…」などと言いつつ余計なことまで書いてボロを出してしまう。「ああ、何だ、やっぱり沖縄独立の左翼だったのか」「中共の手先かよ」…といった具合に。

 ついでながら言っておくと、筆者・有門としては、このエントリーを通じてメールを送ってきた主と討論をしているわけではない。反日左翼の実態を浮き彫りにして公表することに主たる目的がある。

 沖縄県民の自主性を尊んでいるようで、その実、沖縄県を日本(日米)から分離・独立させ、共産中国が沖縄を手中に収めやすいように動いているとしか思えない。

 引用文のうち、四角で囲った部分より以下は希望的観測であり、沖縄(琉球)独立を尤もらしく正当化させるための口実だろう。

 なお、当の沖縄県でさえ、琉球独立などという主張に賛同する向きは皆無なようなので、あまりおかしな夢を見てはいけない。

 筆者・有門とて沖縄県をゴミ箱だとは思っていない。沖縄県での「カジノ・パチンコ特区」構想にしたところで、むしろ観光を主な産業とする沖縄県に「カネのなる木」を植えようという発想である。

 それだけではない!

 先日、然る支持者の方から「大麻取締法の解禁・大改正」のお願いとするメールを頂いた(送信者の情報については伏せさせて頂きます)。

be
 だからと言うわけではないが、今やスポーツ界から芸能界、青少年から主婦に至るまで日本列島は各界・各層において麻薬汚染が著しい。先日、元プロ野球選手の清原が逮捕されたセンセーショナルなニュースは記憶に新しい。

 そこまで大麻かシャブかヘロインか覚せい剤か何か知らないが、そんなに良いと言うなら、どこか麻薬解禁特区にでも行って勝手にやっておれという話だろう。

 そこで思いついた構想が沖縄県での「大麻(解禁)特区」構想である!

 元々有名スポーツ選手や芸能人は沖縄県内に別荘を持っていたりする者が少なくないのだから、シャブがやりたければ沖縄県を解禁特区にして思う存分やらせてやれば良い。

 当たり障りのない主張や政策など言わないし、書かない。当ブログだからこそ大胆に書く。

 カジノ・パチンコに次いだ沖縄県「大麻(解禁)特区」構想については今後、順次書かせて頂くこととする。

 反日糞サヨクの粘着ストーカー君はこれを受けて、またぞろ歪曲、捻じ曲げをやって誹謗中傷をするかね?

 ちなみに私はクスリ(麻薬)もギャンブルもやらんがね。

nichibei6
 九州大震災における火事場泥棒に対する当ブログの見解に対して、件の粘着左翼がケチをつけてきたものだが、映画蛍の墓などという左翼脳全開の作品がリアルな世界観とは、相当重症な左巻き脳である。

 尤も、あの作品自体は素晴らしい出来映えであり、誰しも主人公の清太と節子の幼き兄妹には同情心を持ってしまうものだろうが。

 しかしながら、左翼の卑劣且つ巧妙なレトリック、すり替えの一形態である。

 日本中が戦火だった時代、それも親に死なれて親戚からも切り捨てられた幼い兄妹(戦災孤児)と、敢えて火事場である被災地に盗みを働きに行くプロ窃盗団を同列に語るとは…?

 このようにして左翼は日本人を貶める。

 それにしても、右派・保守または右翼といった層は左翼・共産主義へのアンチテーゼとして自らの立ち位置と思想信条を理解しているが、その点、左翼は偏重した自らの思考こそが常識であると信じて疑わないのだから性質が悪い上に異常である。

kuma
戦時下でもない被災地で、プロの(外国人)窃盗団による火事場泥棒に気をつけろ!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★外対公式サイトより
2016年04月16日 【東京】熊本支援・日の丸募金活動
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1860052.html


★4・24の予定

行動する保守運動カレンダー」より

平成28年 熊本地震災害チャリティー2676live
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=976


渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
「第1回 牢人新聞社街頭演説会の御報告」&「日本の心を学ぶ会 勉強会のお知らせ」
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55500375.html
ce52ab11-s


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞のカキコは一銭の募金にもならず(笑!!!!

http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12152003373.html
匿名掲示板で「行動する保守運動」を中傷する者、その実、元行動保守!
社会から取り残され、市民運動からも取り残された敗残者の溜まり場だ!
BlogPaint


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 00:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日米共栄圏IN沖縄県&対中防衛 

2016年04月19日

日本人最優先で救済の道理

kuma5

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆被災者なる難民問題

救済は外国と外国の子供よりも自国民を最優先に…!

 9月14日に発生した九州大震災(熊本地震)は5日を過ぎてもなお、震度5レベル前後の揺れが続き、熊本県民とりわけ避難中の被災者らを不安がらせている。

:関連エントリー

2016年04月17日 「九州大震災
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52012814.html
2016年04月18日 「『日の丸募金』が背信の互助精神を正す!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52012912.html

 熊本県での地震発生の報を同県への移動(後に断念して引き返す)の車中で見聞きしたもので、発生の当初から思わされたことだが、大地震が起きる1時間、いや30分…それこそ地震が起きるその時まで普通に自宅で生活していた人々が地震発生の数分後には寒空の下に放り出されている。

ab
 今回の大地震でも揺れの激しいところ、揺れが少なくて軽かったところ、土砂災害や地割れが起きたところと起きなかったところなど、地域によって明暗も分かれた。

 人の運命も一寸先は闇、紙一重…といった表現で言われるが、今日の今日まで自分の自宅で暮らせていた人が難民キャンプのような避難先の収容施設に身を寄せなければならなくなってしまう。

 これとは事情は異なるが、欧州に雪崩れ込んだ難民にも似たようなところがある。今日の今日まで、つい今し方まで母国で普通に暮らしていた者が他国へ逃れる人の群れを見て、出勤・通学するのをやめ、家や職を捨てて難民の群れに加わっている。ある者は夫婦・家族ともに難民の群れに加わり、またある者は家族を捨ててでも…。

nanmin しかし、それらは難民当人らの意思であり、戦災があろうと政情不安があろうと、そこ(母国)に留まっている人は留まっているのだから内戦や政情は他国へ(不法に)押しかける理由にはならない。

 一方、熊本県における大地震の場合は「天災」であり、自宅から避難した人々の意思によるものではない。その意味で九州大震災・熊本地震の被災者こそは本当の意味で、最優先に「救済されるべき難民」なのである。

 日本は大震災の被災者という膨大な数の「難民」を国内に抱えている。より良い生活を求め、どこか適当な国に逃れようとして寄り集まった人たちではない。

 しかも、被災者とは九州・熊本大震災の被災者ばかりではない。5年前の東日本大震災とて、未だ全ての被災者が震災以前の現状まで回復していない。
 親を失い、家族を失った「震災孤児」が学業の機会まで奪われ、未来への希望まで奪われるというのはやる瀬ないものだ。

 被災の度合いというレベルでは津波が起きなかった分、東日本よりはマシかも知れないが、それでも家屋を失った被災者が生活に困窮しているという点では変わらない。

 九州大震災より5年前の東日本大震災の時より早急に手立てが講じられているべきであったが、日本は外国人への生活保護も一切支給しない、外国人留学生への(無償の)奨学金の提供もしない、外国への如何なる援助金の支出もしないという方針を明確にしなければならない段階へ来ている。

 だいたい外国人留学生に提供してやるような(豪勢な)宿舎があるなら、被災者に提供して入居させてやれという話だろう。外国人留学生などにくれてやるような奨学金や里帰りの費用があるなら、その血税を震災孤児のためにこそ活用しなければならない。

 職場も失い、当面の生活の目途も立たないような被災者は各被災地でゴマンといるのだから、生活保護が欲しいのは(日本人)被災者のほうだという話である。

 どこの共産国にいくらくらいの血税が援助金として垂れ流されているのか知らないが、再開発のための援助金が必要なのは何処よりも被災地である。

 この期に及んでも、各地では左派系学生運動シールズが反米軍基地のデモを行なったり、難民ウェルカムを主張したアホ左翼が街中に氾濫していると言う。

 在日米軍は熊本県の被災地に最新鋭輸送機オスプレイを急派。食料や支援物資、仮設の銭湯を提供した自衛隊ともども熊本県の被災者から拍手喝采で歓待されている。

 救援活動に従事する在日米軍や自衛隊を安全圏で罵倒したりせず、被災地に赴いて自説を主張してみろという話だろう。

:関連ブログ

★琉球(日米)共栄圏
在日米軍「オトモダチ作戦」再び…!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12151457019.html

nawa
 難民ウェルカムのアホ左翼にしたところで、断じて外国からの難民に救いの手を差し出している場合ではない。救わなければならない難民とは日本国内にゴマンと存在する。

 いや、正確には救わなければならない難民というのは「非正規雇用」の派遣労働や失業者、苦学生という形で依然、日本社会に存在していたのである。

 しかし、それらは「ネットカフェ難民」と言われるように都市部・繁華街の喧騒に隠され、あまり表面化することはなかった。日本人の苦学生にしても同様。日本人苦学生が進学を断念したり、社会人になっても(たとえ失業しても)莫大な奨学金の返済に追われている一方、中国人ほか外国人留学生が無償の奨学金を提供されていたり、無償の留学生宿舎を与えられている上、里帰りの渡航費まで提供されている事実を知れば誰もが仰天してしまう。

 非正規雇用という不安定な雇用形態の中、しっかりとした生活基盤を築けないため、若年層が家庭を築けない(結婚出来ない)、必然的に出産も減少している。その一方、1千万人とも言われる外国人移民の受け入れを政府与党が推進しているなど正気の沙汰ではないが、その事実を知りさえすれば誰もが仰天して激しく憤るものなのである。

 正規雇用になれないのも稼げないのも本人の責任だとする自由主義経済そのものの発想もあるが、単に個人の自己責任では済まされない次元へと来ている。現実問題として少子高齢化という形で日本社会に重くのしかかっているのだから。

 日本政府がこれまで続けてきた政府開発援助(ODA)こそが現在の共産中国による軍事膨張・覇権主義を助長してきた事実など、日本国民は知っている。知ってはいながら、(ODA拠出を)やめさせなければならない、中国への援助金の支出などやめさせなければならないという声を大にして発信する機会がなかった。尖閣諸島をはじめ、日本近海に出没してはサンゴなど海産物を乱獲した中国の工作船の他、在日中国人による反日行動(08年の長野・聖火リレーでの騒乱など)は全て日本政府が拠出した援助金が活動資金になっているなど、もはやブラック・ジョークの域である。

 大震災・津波によって発生した被災者の存在とは、それまで日本社会に増幅した「潜在的な難民」を表面化させる一つの契機であったと思う。

 救うべき難民はここにいるよ、よその家(外国)やよその家の子供(外国人)よりも自分たちの子供(日本国民)こそ最優先に面倒見なければならないよ…として。

 要するに、それまで日本社会が怠ってきた「難民出現」という事実が被災地・被災者という形で一気に、端的に噴出して表面化したものである。
kuma2kuma3
 被災地で避難生活を強いられる人々は、それでもなお日本政府を頑なに信じている。

 結果、救援物資・機材を備えた自衛隊の早期出動と、日本国として締結した同盟関係において在日米軍も出動してくれたことにより、被災者は一時的に救われている。

 問題はそこから、元の生活と平定を取り戻すまでに、日本政府がいかに無駄な援助金の拠出をやめることが出来るか、東日本然り、熊本県然り、復興へ向けた「本気度」はそこに賭かっている。

 東日本と同様、復興のために外国人の労働力も必要…外国人の観光客を呼ばなければならない…などと言い出したら怒りを通り越して笑うしかないが、移民や難民の類を受け入れよとする向きは少なくなってきているのではないか? 当然、日本政府としてもなかなか言い出し難いものである。

 先ず最優先に救済しなければならない難民は日本国内に、日本人難民として多種多数が存在する。

 その事実が認識されただけでも復興の意義は大きい。

 日本人最優先で差別問題など、まったく関係がない!
kuma4

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★集スト相談所ブログ
ブラジル人 集団ストーカー
http://blog.livedoor.jp/syutokensp/archives/58592018.html

P1010966


★渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
この春より高校に入学しました
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55502588.html

fdcb001f-s


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞の必死の焦りの・・(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12151620455.html

チョン糞が嫉む日の丸募金(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12151806441.html

匿名掲示板における左翼工作員の焦りは愛国運動が功を奏した証左!
匿名掲示板で陰から中傷に終始する左翼工作員との差は開くばかり!



gaitsui

  
Posted by samuraiari at 23:25このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年04月18日

「日の丸募金」が背信の互助精神を正す!

1
画像:護国志士の会による募金活動の様子


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆『護国志士の会』による熊本救援活動!

浅草〜赤羽〜秋葉原での行動にて内通者・裏切り者が出現?

 平成28年4月16日(土曜日)、筆者(有門大輔)が副長を務める『護国志士の会』(高木脩平局長)は東京都内各所で熊本支援の募金活動「日の丸募金」を展開した。

行動する保守運動カレンダー」より
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=996

 その前々日より発生した九州大震災(熊本地震)での被災者への救援を目的としたものだ。

:関連エントリー

2016年04月17日 「九州大震災
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52012814.html

 奇しくも筆者・有門が熊本県での地震情報を九州入りの事前にキャッチ、九死に一生を得た直後、護国志士の会の迅速な対応・行動について、同会の一員として非常に頼もしく思う。

 同会による募金活動は浅草、赤羽、秋葉原など東京都内でも特に人が多く行き交う主要箇所で行なわれた。
23
 当日の募金活動について、高木局長は「熊本県で震度7の地震が起き、東日本大震災の事を思い出し、今すぐに何が出来るか考え、募金活動をする事にしました。
 ただ募金活動をするだけではなく、地震発生直後から人命より反原発・反日擁護・反自衛隊活動を優先する野党を中心とした勢力や、北朝鮮が大好きな募金詐欺団体に心ある方々が騙されないよう呼び掛けていきたい
」と説明。

 5年前の東日本大震災の直後、高木局長は当時の『在特会(在日特権を許さない市民の会)』会長であった桜井誠氏らと共に救援物資を届けるため、被災地の東北に赴いている。
 東京都内もまた被災地でありながら、非常事態下で「志願兵」の1人として高木局長が桜井氏と行動を共にしたものだ。

 そうした行動の経験から、今回の迅速な行動が発案・実行されたものだろう。

 予想されたことではあったが、アンチ在特のしばき隊』(現CRAC)に連なる妨害勢力が募金活動について嫌がらせの妨害ツイートを飛ばしていた。
4taka
 しかし、高木局長はそのような嫌がらせもまったく意に介さない。

 募金活動の行動予定を発表した段階から、高木局長は「妨害、嫌がらせは警察のご協力のもと徹底的に排除します。普段我々を妨害している勢力の共闘は一切お断りします」との声明を発表していたこともあってか、しばき隊としばき隊に連なる妨害勢力は現れず。

 代わりに、妨害勢力と「内通している」とされる「行動する保守運動」関係者(?)のが募金活動の現場に出現したようである。

kuma3
画像:高木局長のツイートより

 Kという人物はそもそも民主党(現・民進党)政権時代の「民主党(現・民進党)本部前座り込み抗議」の中心的メンバーであったと聞いている。半ば座り込みメンバーのまとめ役として行動する保守運動においても頭角を現したようだ。

 人気極右ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰が東京・文京シビックホールにて初めて、しばき隊の野間易通(のま・やすみち)との討論会を開催した際、Kは討論会後の質疑応答にてアンチ在特の論客である野間も一瞬タジタジになるような鋭い質問を浴びせたことで、関係者の間でも行動保守内部の理論的指導者になるのではと目されたこともあった。
 Kは年齢とその知識からも「お前がやらなきゃ誰がやるんだ」というくらい絶好のポジションにいたわけであり、黙っていてもそうなっただろう。

 しかし、Kはその後、しばき隊関係者とのツーショット写真などが出回り、しばき隊の最高幹部クラスとされる人物を「良い人!」と絶賛するなど、その奇行が行動保守内部でも大いなる不信を買った。

 前出の瀬戸主宰が平成25年8月、東京・日野市の万願寺で「原発再稼動推進デモ」を開催した際、Kはしばき隊にでも篭絡されたのか、一部の行動保守関係者と共に万願寺デモには批判的なスタンスを取っていたものである。
taka2
 Kの立ち回りについて見聞きする限り、しばき隊との接触や対話を重視した場合と、拒絶した場合とでは、そう変わりはないのかも知れない。

 だが、その内実については大きな差…それも天と地ほどの差があることに良識ある方々ならお気づきのことだろう。

 曲がりなりにも行動する保守運動という「大義」を貫く者として在るべき道理に沿った者と、そうでない者とでは、同じような立ち回りをしても人々からの尊崇や評価には大きな隔たりがある。

 本物の英雄と、そうでない者とで、その違いは些細なものであり、ほんのちょっとした小さなものであるが、結果の違いはあまりにも大きい。

 その点、しばき隊が台頭した当初より一貫して敵との対話(悪魔の誘い)を拒絶してきたのが護国志士の会の高木局長である。

 今後も若き志士の一貫性に大いに期待するとともに、これを支えたい。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

 一方、護国志士の会の元幹部(除名)が高木局長と募金活動を中傷していると思しき心無いツイートを飛ばしていた(画像左下、中央)。

photo3photo2photo
 その者による中傷は『しきしま会』にまで及ぶ(画像右上)。

 被災地における中国人や朝鮮人による火事場泥棒に言及することの、どこがヘイトで何がカルトなのか?


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆救難部隊とともに自衛隊による治安出動を!

 多くの人が予想したとおり、熊本県の被災地では火事場泥棒の空き巣や事務所荒らしが頻発している。

kuma
 瓦礫の下から不明者がいないか、今も懸命の捜索・救助活動が行なわれているが、瓦礫の山で不明者ではなく、「不審者」が発見されるような笑い話にもならない事件が現実に起きている。

kuma2
 既に16日から17日午前中にかけて、20件以上もの110番通報が寄せられた。

 住民が避難した後の住居や事務所などで空き巣事件が続発していると見られ、熊本県警はパトカーによる巡回を強化している。

 だが、警察力だけでどうにか出来る問題ではなく、警察力だけで対処し切れるような状況でもない。

 内閣として「火事場泥棒のような、恥ずべき、到底日本人によるものとは思えない卑劣な犯行には断固対処する」として救難部隊の増員とともに、自衛隊に「治安出動」を命じてもらいたいものである。

 火事場泥棒などは、非常時にあって助け合いの精神が強い日本人の発想とは程遠い。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★4・24の予定

行動する保守運動カレンダー」より

平成28年 熊本地震災害チャリティー2676live
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=976


渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
「第1回 牢人新聞社街頭演説会の御報告」&「日本の心を学ぶ会 勉強会のお知らせ」
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55500375.html
ce52ab11-s


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞 御得意の寝返り(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12150727829.html

無芸なチョン糞ネラー(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12149856718.html

チョン糞とブサヨとネラー(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12149858196.html

匿名掲示板左翼工作員こそ人間性を喪失したネット人格の最たるケース!
如何なる良識も、美徳も、道理も通用しないネット人間からは人権を剥奪せよ!



gaitsui

  
Posted by samuraiari at 01:55このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ