2016年05月30日

愛国者のALL JAPAN

1
画像:主催者の渡邊昇・牢人新聞代表の主唱で反日左翼・オール埼玉追放をコール

★動画ご紹介

極左・オール埼玉総行動へのカウンター(1)2016/5/29
https://www.youtube.com/watch?v=r3pFmkQ_IaA

極左・オール埼玉総行動へのカウンター(2)2016/5/29

https://www.youtube.com/watch?v=2ehJQySjqcU
(撮影:Boljoaさん)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆参加報告 5/29 IN浦和

主催:牢人新聞社 協賛:外国人犯罪撲滅協議会ほか

反日左翼『オール埼玉総行動』デモへのカウンター!

平和のために戦う愛国者こそがオール・ジャパンだ!

 平成28年5月29日(日)、埼玉県・JR浦和駅西口付近にて『牢人(ろうにん)新聞社』(渡邊昇代表)の主催で、反日左翼オール埼玉総行動デモへのカウンター(迎撃)が行なわれた。

 再来月に参院選を控えた時期での左翼デモの開催。オール埼玉が目論んでいるのは単に安保関連法や集団的自衛権の廃止、憲法改正の阻止だけではない。

 埼玉県には県選出の参議院議員として自民党、公明党そして野党一党の議員が存在する。(デモの背後にいる日本共産党としては)ここに何としても革新系の議員を誕生させたい…そのためにデモ集会を通じて左翼勢力を結集させたい…その一環としてオール埼玉と銘打ったデモ集会が継続されている。
3

★動画ご紹介

【第一挺団・通過】極左・オール埼玉総行動へのカウンター!in浦和 2016/5/29
https://www.youtube.com/watch?v=PffrHXyftXw

【第二挺団】極左・オール埼玉総行動へのカウンター!in浦和 2016/5/29
https://www.youtube.com/watch?v=5jWl9UOerdY

【残りの挺団】極左・オール埼玉総行動へのカウンター!in浦和 2016/5/29
https://www.youtube.com/watch?v=753_-omsDWc
(撮影:sencaku38さん)


☆左翼勢力の凋落…デモ動員数が激減!

 それにしても左翼勢力も動員力が落ちた。オール埼玉は昨年も同様のデモを行なっているが、当時はデモ前の集会に約5千人を動員。実際のデモ行進にも約4千数百人が参加した。

 しかし、今年はデモ前の集会に約4千人。実際のデモ行進には約1千人が参加した程度だったという。

 当初、このオール埼玉が当日のデモ出発地点とした『北浦和公園』は、渡邊代表が使用申請をしていたが、同公園を管理する近代美術館の市職員によって不当にも後から申請したオール埼玉への貸し出しが認められたものである。

 この辺りの経緯については当ブログでも触れている。

:関連エントリー

2016年05月20日 「右派市民グループへの世情を考察」(※後半部分)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52016002.html

 そのため、当日の行動は当初予定されていた公園内での演説活動ではなく、浦和駅付近の公道でオール埼玉デモを迎え撃つカウンターに変更されたものだ。
 我が『外撲協(外国人犯罪撲滅協議会)』としても協賛・参加したものである。

★動画ご紹介

極左・オール埼玉総行動へのカウンター オール弁士
https://www.youtube.com/watch?v=3dkSr-O3DrA
(撮影:neguser1さん)

 当日のオール埼玉デモを間近に見ても思ったことだが、まず、若い層の参加者というのはいない。

 大半が60年代70年代の安保闘争を楽しんで、年金を享受している爺さん婆さん連中であった。若い世代は全体のごく一部。若い母親に至っては夏日の炎天下だというのに、左翼イデオロギーのデモに幼い子供の手を引きながら市中を引き回していた。 

 マスコミ報道で喧伝(けんでん)されるように、安保法制反対の左翼デモは隆盛、活発化どころか、まったく盛り上がりに欠けたものであることが各地での左翼行動に示されている。当日のデモでは見かけなかったが、学生らの緊急行動と称したシールズとて、ごく一握りの特異な若者らによる奇行と言えるだろう。

 シールズにしてもオール埼玉にしても、老いも若きも左翼というのは憲法九条さえ守っていれば平和が保たれると思っている。中国が絶対に攻めてくるはずがないと盲信してやまない。

 こんなアホどもが1万人…とまではいかなくとも当日のオール埼玉デモにおいても約4千人が集結した。日本全体での潜在的な数まで含めたアホ左翼にしても総体的には一握りなのだろうが、それでも、こんなアホ左翼連中が街中を公然と闊歩している。…この時点で日本の戦後社会は明らかな失敗だったのである。

 憲法九条などで平和が保たれるはずがない、戦争を止められるはずもない。平和とはその辺の道端に落ちていたり、最初から保障されているものではない。

 平和とは自ら戦うことで勝ち取り、維持していかなければならない。

 逆のことも言える。憲法で交戦権や武力の保持・行使を明記したところで、それで平和が保たれるものではない。

 やはり実際に必要な武力は行使しなければならないし、戦わなければならない。自衛隊や軍隊だけが国の安全のために戦ってくれるものではないのだ。

 それ以前の段階で、我々一般国民こそが戦わなければならない。現にオール埼玉やシールズのような左翼を最大限に持ち上げる偏向マスコミが日本社会の情報を一手に握っている。
 まるで安保関連法の成立で戦争が起きるとか人が死ぬと言ったことを喧伝している。

 左翼の増長を阻止するとともに、そうしたマスコミの捏造・歪曲というものを徹底的に暴き、世論を正しくリードしなければならない。

 国と平和を守る基本的なことも言えなくなった現代日本にあって、国と平和を守る方法を知っており、そのために戦う愛国者こそは真の「オール・ジャパン」である。

 世論やら総意を装ったオール埼玉などという、まやかしには良識ある日本人は誰一人として騙されない。

2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介

反日左翼オール埼玉総行動 vs カウンター牢人新聞社 渡邊昇,行動する保守 JR浦和駅西口於 平成28年5月29日
https://www.youtube.com/watch?v=Kz1ubFCF3Q8

反日左翼オール埼玉総行動 vs カウンター牢人新聞社 渡邊昇,行動する保守 JR浦和駅西口於 平成28年5月29日
https://www.youtube.com/watch?v=MimxNHYmQNU

この顔見たら110番 中核派のゲリラ顔図鑑 JR浦和駅西口於 平成28年5月29日
https://www.youtube.com/watch?v=hFoKmwiEpdI

この顔見たら110番 中核派のゲリラ顔図鑑 JR浦和駅西口於 平成28年5月29日

https://www.youtube.com/watch?v=ZSbc77_DdR4
(撮影:日本を今一度せんたくいたし申候。選挙を義務化せよ!投票前にこのチャンネルを100本見るべし。


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞のかなわぬ勤王(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12165455387.html
何とも戦えず、立ち向かえない卑怯者の隠れ家が匿名掲示板
自ら社会から隔離・排除されることを選ぶ左翼・在日工作員



701c9198-s  

  

Posted by samuraiari at 21:49このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年05月29日

有田とヘイト規制そして難民問題

あい
画像:参議院議員・有田芳生は今夏の参院選に向け、6月11日(土)午後5時より、東京・渋谷区の会場『ギャラクシー銀河系』(神宮前5−27−7B1F)にて政治資金パーティ有田芳生さんと共生社会をつくる会の開催を予定しているという


※上記の情報は宣伝ではありません


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


偽善の協奏(狂想) ☆自公の舛添、民進の有田

欧州オーストリアに比して政治、マスコミ、有権者意識、全てで遅れ取る日本…

masu
 東京都の舛添要一都知事は『新党改革』の党首時代に、同党から組織対策費用として、政党交付金を含む1,050万円を受け取り、その使途が明らかにされていないという新たな疑惑が浮上した。

 その舛添知事、28日には記者会見を行なったようだが、激しい剣幕で弁明していたという。

 この舛添知事と双璧をなす存在が参議院議員の有田芳生だと言って良い。共通点はともに討論番組やニュース報道などテレビに出まくって顔と名前を売った後に政界に転身しているということ。その意味では前大阪市長の橋下徹氏も似通っている。加えて舛添も有田も橋下も、いずれもヘイト規制という点でも共通していると言えよう。

 都知事が「自公の舛添」なら、かたや「民進の有田」。

 民進党の前進である民主党が政権を獲った当時(平成21)の有権者は大多数が存命である。おぞましいことだが、もし世が民進党の天下であったとしたら、有田のような政治家が都知事に名乗りを挙げていたかも知れない。

 その有田、この6月には共生社会をつくる会と称した政治資金パーティの開催を東京都内で予定している。

 有田らが共生しよう…共に生きようと呼びかけているのは、これまで有田が「カウンター」と称される右派市民デモへの妨害に度々加わっていたように、ズバリ犯罪者予備軍の外国人との共生と言っても過言ではない。

 さる5月24日には衆院本会議での可決でヘイトスピーチ規制法が成立した。
heito
 だが、そもそも「行動する保守運動」や『在特会(在日特権を許さない市民の会)』をはじめとする右派市民団体によるデモ行進とは、09年の不法入国フィリピン人一家カルデロン騒動に見られるように不法滞在外国人の追放や行き過ぎた移民・難民の無制限な受け入れを阻止せよとして始まったものである。その他、在留資格や生活保護などの社会保障において、外国人への過度な保護を廃止しようとして。

 それをしばき隊の総称で知られる妨害勢力が「ヘイトだ」「差別だ」と言っては、ヘイトスピーチなる表現を悪用して右派市民デモへの妨害に用いているに過ぎない。

 国会議員として、しばき隊によるデモ妨害に(強力に)加担していたのが有田であり、ヘイトスピーチ規制法の成立に狂奔したのも有田なのだ(ただし、法案自体は与党推進の議員立法によるもので、有田らが求めた罰則規定などは盛り込まれていない)。

 その有田、先ごろは神奈川県川崎市内で6月5日に予定されている右派市民デモの開催を認めることがないよう、自治体の関係各所に左派系・在日系団体とともに申し入れを行なったようである。

aritaheito2
 結果、川崎市の福田紀彦市長はデモ開催を予定していた右派市民団体に、デモ出発地点として必要な公園での集会を認めない方針であることを明らかにした。

 明らかにヘイト規制法を背景とした有田や左派系・在日系団体による右派デモ潰しの一環である。
 川崎市に多く居住しているとされる在日朝鮮人が日本における元祖的存在だが、右派市民デモで主張しているのは、難民つまり不法入国者の受け入れをやめよう、そうした不法入国者とその子孫を我が物顔で闊歩させるような歪(いびつ)な社会を是正しようというものである。

 難民問題のメッカは欧州だが、その欧州は現在どうなっているか?
a
 今なお陸路のみならず、地中海を難民船で渡って欧州入りしようとする難民が後を絶たない。

 特にドイツでの被害が伝えられているが、何万、何十万人の規模で欧州各国に雪崩れ込んだ難民の群れは街中で乱痴気騒ぎを起こしては当該国の国民である地元住民から物資を略奪、公共物を破壊、警官隊が出動するまでの騒ぎに発展した暴動を日々起こしている。昨年大みそかの夜にはドイツ人女性が強姦・強盗の被害に遭う凶悪事件が同時多発した。そうした凶行は日常においてもなお。

 難民収容施設は後進国の難民キャンプそのもの。職員さえも生命の危険に晒されている。

 まさに難民は侵略者であり、到底メディアで伝えられるように移民などという代物ではない。その移民さえも一たび入り込めば際限ない受け入れを余儀なくされ、たちまち労働市場どころか、一国さえも乗っ取られかねない。

 他地域と陸続きの欧州に限らず、それが将来的には四方を海に囲まれた日本でも起きようとしている。現にこれまでも在日朝鮮人70万人という不法入国者が押し寄せ、なし崩し的に彼らを特別永住外国人として合法的に扱った結果、子々孫々にわたる特権的な在留資格の付与を余儀なくされているのではないか。

 そうした無法者の難民(不法入国者)をなおも増やせと言わんばかりに、共生と謳っては外国人犯罪者とその予備軍の合法化を図ろうとしているのがヘイト反対を掲げた有田のような議員である。

 他方、欧州での政治レベルも有権者の意識は日本よりも遥かに高い。メディアの意識も日本より格段に高い。

 ドイツに隣接するオーストリアでは極右・自由党のノルベルト・ホーファー国民議会(下院)第3議長(45歳)が先の大統領選で、緑の党元党首のアレクサンダー・ファンデアベレン(72歳)との一騎打ちにて約3万票の僅差で敗れた。ヴェルグ・ハイダー党首亡き後、このノルベルトがオーストリア極右の新たなカリスマだ。
1
画像:オーストリア極右・自由党のノルベルト・ホーファー

 まさしく、国を二分する大統領選だと言って良い。難民規制・追放を掲げたノルベルト自由党に対し、アレクサンダー陣営はかつて二大政党として存在した国民党などの票も取り入れて、ようやく接戦を制した有り様である。

 留意しなければならないのは、難民反対の極右・自由党と対立陣営が大統領選の票を二分したからと言って、その対立陣営への投票者が必ずしも難民ウェルカム・難民受け入れ大賛成ではないということ。

 前述のように大統領選で敗れたとはいえ、極右・自由党の台頭・躍進によって緑の党と国民党とで成り立たせてきたオーストリアの二大政党制は崩壊した。

 政界のみならず、オーストリアは大量に雪崩れ込んだ難民問題を契機に、劇的な変化を遂げようとする一大転換点にある。

以下、当ブログのコメント欄に寄せられた欧州の「難民問題」情報より

2016年05月17日  「〔新連載3〕移民社会を目指すな!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52015757.html#comments

最近、こんな本を読みました。「イギリス・ニッポン言わせてもらいまっせ」高尾慶子著(展転社)。
この本の著者は、在英期間が長い方で、イギリスに移民が殆ど居なかった時代を知っています。その頃のイギリスは、整然とした美しい国でした。ところが移民の流入によって瞬く間に荒廃していく様を直接見たのです。
今やイギリスは、移民がテロや暴動を起こし、イギリス人と移民が衝突し、福祉の予算が移民に食い物にされるようになりました。道にはゴミが錯乱し、落書きがあちこちに書かれ、女性が強姦される荒んだ有様です。
彼女は、高齢化だから、福祉の予算を確保できるから移民を入れろという主張に対して、無知蒙昧と切って捨て、「移民街に住んでみてほしい」、移民が本国から親族を連れて来たために福祉費用が増大し、イギリス人が重い負担を強いられている実態をみて欲しい、とか言ています。
彼女の友人でノルウェー人と結婚した方がいるのですが、ノルウェーも又移民がおらず、ノルウェー人だけの国だったときは、平和で安全の国だったのに移民の流入で、それが過去のものになりました。同国では強姦加害者の65%が移民です。
日本が移民を入れたら、同様に治安が確実に悪化すると警告しています。彼女がこの本を書いたのは、2002年です。彼女は、10年以上前から「手遅れになる前に」日本が移民を入れることの危険性を警告していました。
彼女の警告の正しさは、欧州全域における移民難民問題の大混乱が証明しているといえるでしょう。
「賢者は他人の失敗に学ぶ。愚者は自分で試さないと学ばない」この言葉を知識人に送っています。
欧州の現実を見れば、賢者どころか猿でも学ぶでしょう。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年05月17日 15:00

ネトウヨ批判の源流「排外・好戦的なのは大衆」という嘘にご用心
http://ironna.jp/article/261
非常に興味深い論文なので読んで頂きたいのです。これによりますとハーバード大学のロバート・パットナム教授は研究によって、移民が流入すると社会的に連帯感が低下する、つまり多文化共生は社会そのものを分解に向かわせるということを実証したのです。注目すべきは、彼が熱心な多文化共生推進論者だったことです。多文化共生推進論者が多文化共生を全面否定する研究結果を発表したのですから、学会は大騒ぎになりました。
また、ハーバード大学の移民問題研究者のジョージ・ボージャス教授は、研究によって移民が既存の国民に与える影響をGDPの0,2%と算出(つまり事実上ゼロと同じ)し、移民労働者と競合する労働者の賃金が低下し、移民を利用する企業が個人だけが利益を得ると結論づけました。
いわば、移民政策とは所得格差を拡大させ、国民の貧困化促進政策に他ならないというものです。

もう答えは出ているのです。移民による経済効果はほとんどないし、治安悪化やテロに対処するために国民は負担を強いられる。
更に移民自身が高齢化したり、移民が本国から親を連れてくるために逆に高齢化が深刻化、複雑化する(ニュージーランドでは、移民が親を連れて来たために平均年齢は50歳以上です。このままでは年金の財源が食いつぶされると政府は青くなっています)。
移民推進派の論拠は、既に崩壊しているのです。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年05月17日 15:30

2016年05月22日 「沖縄県での事件を受けて
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52016194.html#comments

ドイツ、移民による盗難件数が急増
ドイツで移民による盗難件数が急増している。警察情報をユンゲ・フライハイトが伝えた。
警察によると、その理由は、犯罪組織が移民危機を利用し、意図的にヨーロッパに泥棒を送りこんでいるためだ、という。
「ドイツで外国人の容疑者数が急増しており、一方ドイツ人の犯罪者は着実に減少している」と刑事警察長ホルガー・ムンク氏。
氏によれば、こうした犯罪組織は主にルーマニア、アルバニア、グルジアなど東ヨーロッパのものだという。
http://jp.sputniknews.com/europe/20160519/2164811.html

もし「最近ドイツで変わったことと言えば何だと思う?」と質問されたら、答えは簡単だ。最近のドイツ人はソーセージよりも銃をもつことの方を優先している。ドイツのニュース雑誌「フォークス」が報じたところによると、バイエルンの移民危機によって、相手を殺してしまわない程度の護身用小型ピストルの販売が、去年爆発的に増加したということだ。小型ピストルの所有を警察によって許可された住民の数は、この2年の間に倍以上になったという
http://jp.sputniknews.com/cartoons/20160518/2156824.html

移民や難民を入れて治安が良くなった例はありません。移民がいなかった頃のイギリスやドイツや北欧諸国を知っている人達は一応に治安の良さをほめちぎっていますが、移民の流入によって治安が悪化したことを嘆いています。
刑務所を見れば、その国の社会状況がわかるといいますが、府中刑務所の囚人の2割が外国人であるじ実は、如何にわが国が外国人犯罪によって食い物されているか示しているといえるでしょう。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年05月22日 22:18

以上

 翻って日本の場合、ヘイト規制法成立を推進した公明党』(創価学会のような政権与党のせいで、来たる夏の参院選にて憲法改正を争点とすることさえ危ぶまされているような危うい状況にある。

 ヘイト反対、差別反対などというキレイゴトを言ってさえいれば、マスコミ受けも世間受けも良く、有田のような議員が再び当選するような状況にある。

 有田のような議員を擁する野党・民進党が賛成に回り、与党が推進したからと言って、その対極にある右派市民デモが決してヘイトスピーチや差別を行なっているわけではないし、ましてヘイトや差別が良いなどとは言っていない。

 右派市民デモでは無意味に「日本以外の国、地域の出身者と子孫を地域社会から排除することを扇動」しているわけではないし、それら在日外国人の「生命や財産に危害を加えること」を目的とはしていない。

 排除することを扇動するからには相応の理由たる「大元の原因」があり、危害を加えることを告知するようなコールにしたところで、在日の犯罪や横暴に対して反撃するという「防衛的観点」からのものである。決して能動的な過激コールではないし、それがデモの主たるテーマでもない。

 一概に「排除することを扇動する不当な差別的表現」…とされているが、元々の主張は日本人に対しても、他の外国人に対しても差別的且つ特権的な在留制度を是正せよというものである。

 本来的に正当性のある右派市民デモが今やヘイト、差別主義のレッテルを貼られ、マスコミぐるみで社会的に抹殺・封殺されようとしている。

 そうした状況で、有田のように一方ではヘイト規制という名の右派潰しを推進し、共生を掲げることで不法者の入国と不法者が日本社会で増長することを助長しようとしている国会議員に対し、「NO!」を突きつけなければならない。

 差別反対やヘイト反対という表現を悪用しての右派潰し、そして不法者をのさばらせた共生社会をつくるという偽善に立ち向かう勇気が日本人に求められている。

う

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★ツィッター戦線で大暴れ!!

有門“侍蟻”大輔twitter
https://twitter.com/samuraiari


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞の逆効果スレ(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12164458952.html
右派デモは効果的でも、匿名掲示板における左翼工作員の罵声こそ逆効果!
ただでさえ悪い匿名掲示板の評価をなお貶めるのみならず裏付けるばかり!



701c9198-s
 

  
Posted by samuraiari at 03:41このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年05月26日

春先の外国人犯罪NEWS

a
画像:逃亡先の中国・上海にて、元中国人留学生(工作員?)の友人(右側)と歩く姿が確認された大石ゆり容疑者


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


ブラジル人逃亡犯 ☆祝! 日本への引き渡し決定?

殺害…死体遺棄…成りすまし出国の発覚から2年越しで全容解明なるか

b
 平成26年5月、大阪・西成の准看護師・岡田里香さん(当時29歳)が殺害され、東京・八王子市内のトランクルームから遺体となって発見された事件で、岡田さんに成りすまして中国へ出国していた日系ブラジル人の元同級生・大石ゆり容疑者(31歳)について、このほど中国の裁判所が日本への引き渡しを認めた。

以下、当ブログのコメント欄に寄せられた情報より

2016年05月20日 「右派市民グループへの世情を考察
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52016002.html

准看護師遺体事件 日系ブラジル人の大石ゆり容疑者(31)日本への引き渡し認める

必見!!日系ブラジル人の女の画像が見られます。

2014年、大阪市の准看護師の女性が、東京都内のトランクルームで遺体で見つかった事件で、中国の裁判所は、身柄を拘束している容疑者の日系ブラジル人の女について、日本への引き渡しを認めた。
2年前、潜伏先の中国・上海で、FNNのカメラがとらえた女。
日系ブラジル人の大石ゆり容疑者(31)。

この事件は、2014年5月、大阪市西成区の准看護師・岡田里香さん(当時29歳)が、東京都内のトランクルームで遺体で見つかったもので、大阪府警は、死体遺棄などの疑いで、大石容疑者の逮捕状をとっている。
大石容疑者は事件のあと、岡田さんのパスポートを使って、中国に不法入国していて、身柄を拘束した中国側が、日本側に引き渡すかどうか、審理を続けていた。

関係者によると、中国の最高裁判所にあたる「最高人民法院」は、引き渡しを認める判断を下し、20日午前、上海の裁判所を通じて、大石容疑者と日本側に伝えた。
ただ、実際に日本に引き渡すかどうかは、中国政府に決定権があることから、日中関係などを考慮して、慎重に検討するものとみられる。
Posted by 情報提供 at 2016年05月22日 00:14

c
以上

 当ブログでも何度となく追及してきた大阪・准看護師殺害事件であるが、改めて事件の概要に触れておきたい。

 小学生時代の同級生である大石容疑者が岡田さんを殺害したと見られることは先にも触れたが、この事件では大石容疑者が大阪から東京まで岡田さんの遺体を宅急便にて発送したことで話題になったものだ。

 大石容疑者は岡田さんの携帯メールを使用して、岡田さんが勤務する病院宛に休養の連絡を入れるなど、岡田さんが生きていると装い、事件の発覚を遅らせようとした。

 さらに大石容疑者は岡田さんのキャッシュカードを奪って派手な買い物をした挙げ句、岡田さん名義のパスポートで中国へ出国するなど偽装工作に抜かりはなかった。

 岡田さんは事件の直前、ネットの会員制サイトに「信じられない裏切りに遭った」とする旨を記しており、いつも明るい話題を振りまくことで知られていた岡田さんの異変にネット仲間が不審に思ったと言う。
 おそらく、大石容疑者との間で何らかのトラブルに巻き込まれ、そのことで大石容疑者を責め立てたのか話し合おうとしたのか、その時点で殺害されたと見られる。

 なお、この事件では大石容疑者と日本でも行動を共にしていた中国人女子留学生の存在がクローズアップされている。東京で大石容疑者と同居していたこともある中国人留学生のようで、大石容疑者が中国へ逃亡してからも同容疑者と上海市内を歩いていた中国人の女だ。

 前述のように、大石容疑者は大阪から東京へと岡田さんの遺体を梱包した上で人形だと偽り、宅急便にて発送している。通常、遺体になっても人間の身体は重いものだが、発送の直前、岡田さんの体内からは全ての血液が抜かれていたため、軽くなっていたという。

 …遺体から血液を抜き取る方法など誰もが知っているものではない。おそらく大石容疑者と終始、行動を共にしていた中国人留学生が何らかの形で事件に関わっているのではないかと見られる。しかも、人体から血液を抜き取る方法など、スパイ工作員レベルの訓練を受けたと思しき中国人留学生が。

 かくして岡田さんに成りすまして中国へ出国、逃亡した大石容疑者だったが、岡田さんの遺体発見とパスポートによる出国記録から大石容疑者が浮上。大阪府警は指名手配の上、外交ルートを通じて中国側に引き渡しを求めていた。

 2年前、事件発覚の当時は大々的に報道され、中国側の出方が注目されたが、時間の経過とともに事件への関心は薄れつつあった。そのため、事件発覚から丸1年が経過した昨年5月末、当ブログとしても再度事件に言及している。

:関連エントリー

2015年05月31日 「ブラジル人犯罪を風化させるな!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51981539.html

 そして、事件発覚から丸2年が経過しようという、この段になって中国の裁判所が日本への引き渡しを認めた意義は大きい。

 関係者らの地道な外交努力を評価したい。もし、日本側が強く(大石容疑者の)身柄引き渡しを要求しなければ、中国は易々とブラジルへの強制送還に踏み切っていたかも知れないからだ。

 事件を忘れまいとした世論の成果だとも言えよう。

 ただし、ここへ至るまでも決して順風満帆ではなかったと思われる。この度の決定は、中国の裁判所が「じゃあ、日本に引き渡してやっても良いんじゃねぇか」と言っただけに過ぎず、中国政府として日本への引き渡しを決定したわけではない。

 日中間での交渉の過程では、大石容疑者と行動を共にする元中国人留学生については一切不問に付すとし、仮に事件への関与があったとしても逮捕状を取ったり、身柄の引き渡しを要求しないことが条件になっているなど、日本側として何らかの譲歩があったものと思われる。もしかすると、中国人留学生のほうが犯行を主導した主犯格であるのかも知れない。

 とにかく、第一義的に大石容疑者の日本への身柄引き渡しを実現すること。そして事件の全容を解明することが急務である。

 その上で元中国人留学生が事件に関与していたとすれば追及し、実際に身柄を押さえられるかどうかは別として逮捕状を取るなりすれば良いだけの話である。
 逮捕状さえ取っていれば、易々と日本を出入りすることは出来まい。

 それにしても他人名義のパスポートでの不正な出国から中国への入国まで、容疑者とは別人の顔写真も貼られているだろうに見抜けないものだろうか?

 ここにも行動を共にしていた元中国人留学生(工作員?)が中国政府(共産党)とのパイプを利用したのではないかと思えなくもない。

 早期に大石容疑者の引き渡しを実現させ、真実が供述されることを待ち望みたい。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★ツィッター戦線で大暴れ!!

有門“侍蟻”大輔twitter
https://twitter.com/samuraiari

 同じく、外国人犯罪による遺体遺棄事件として目下、日本中の注目を浴びているのが沖縄県うるま女性遺体遺棄事件

 この事件は、どうも左翼偏向マスコミが通り魔的な強姦事件から殺人・遺棄事件に発展したと誘導したがっているように思える。反米軍基地の左翼運動を盛り立て、辺野古移設を阻んで嘉手納からも米軍基地を追い出そうと画策して。

 同事件は、平成7年に発生した米海兵隊員らによる少女暴行事件とは別種のような気がする。

 共通点と言えば若い女性が犠牲になったことだが、決定的に異なるのは今回の事件では被害者が死亡しているということ。マスコミ報道とは事実が異なると仮定して、いくらでも歪曲・捏造は出来る。

1
何故、容疑者を死刑にしろ!…という要求が出てこないのか? 左翼連中が言うはずもないだろうが、それにしても県民決起(左翼決起?)の大集会まで開催して「事件は許せない」としておきながら、その矛先が事件とは何の関係もない米軍基地・将兵? 日本政府?

2
事件報道では、性犯罪であることを示す記述を見ない
3
4
強姦目的の通り魔的犯行が計画的だとしても、遺体を運ぶことを想定してスーツケースまで用意するだろうか? 性犯罪と言うよりも最初から殺害のみを計画していたように思えてならない
5
殺人は殺人でも、憎悪や怨恨に似た強い殺意が感じられてならない。強姦や通り魔的な犯行など、平成7年の少女暴行事件に似せるため、強引にもそっちへ持って行っていないか?


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★日米共栄圏IN沖縄
沖縄県限定『売春合法化』構想!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12164040260.html
南国で『赤線』復活と性風俗活性化の夢!


★集スト問題相談所ブログ
アイドル ストーカー殺人未遂
http://blog.livedoor.jp/syutokensp/archives/60561879.html
x


★「行動する保守運動カレンダー」より
5・29 極左・オール埼玉総行動へのカウンター
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1015

★渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
第六十二回日本の心を学ぶ会のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55509611.html


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞よか五十六最優先!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12163742469.html
チョン糞の半島回帰(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12163780761.html
半島帰国直前のチョン糞の叫び(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12164074680.html

元「行動する保守運動」関係者らによる若手ネット右派への粘着!
左翼・在日勢力に与して妥協した愚か者が保守運動を堕落させる!
左翼・在日ともども匿名掲示板ではなく実名やHNでやってみよ!



701c9198-s

  
Posted by samuraiari at 03:32このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 

2016年05月24日

東京都・沖縄県両知事の反日狂想曲♪

no title
画像:舛添要一・東京都知事の公金流用に関する説明では都民はおろか、全国民が到底納得しない

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆参加報告 IN中央区〜港区

舛添リコール・デモ行進

辞任だけでは済まされない売国知事による反日狂想曲

 平成28年5月22日(日)、東京・中央区〜港区にかけて、『日侵会(日本侵略を許さない国民の会 =菊川明美代表=)』の主催による「舛添リコール・デモ」が開催された。

 同デモの開催は今年3月に続いて2度目。

ari
画像:私事ですが、筆者(有門大輔)は今年1月に東京・台東区から埼玉県川口市に転居。
そのため東京都民として舛添リコールに率先的な協力が出来なくなってしまったことを大変申し訳なく思います。
当日、デモ前の集会で菊川代表より挨拶の機会を賜りましたが、今回だけは辞退させて頂き、済みませんでした。

ari2
 議員時代から都知事の現在まで、公金の私的流用や使用での公用車使用、公金を無駄遣いしての豪勢な外遊などの問題が追及された舛添要一・東京都知事だが、今度は政党代表時代の政党交付金の着服が告発されている。

 この知事については単にリコールや辞任だけでは済まされない。刑事告発の上で厳しく処罰されなければなるまい。

 従って舛添リコールや辞任で終わり…ではないのだ。この都知事は刑罰に問うた上で獄に繋がなければなるまい。

 逮捕を免れんとするため、舛添は現在、都知事の座に必死でしがみついている。いかに不正が白日の下に晒されようと、職務で信頼を取り戻すなどとしている。だが、その職務遂行と言えば保育園の拡充をよそに、新宿区での韓国人学校の増設に狂奔している。老人保養施設に至っては在日朝鮮人優先の施設を建設しようとしている。

 日本人である東京都民よりも在日朝鮮人を優遇しようとする…日本人の保育よりも韓国人ニューカマーのための学校増設が急務だとしている…。こんな日本人差別の都知事が必要か? また、それが都知事の職務なのか?

 22日当日、「日本人差別の東京都知事は要らないぞ!」「舛添リコールを実現するぞ!」とするコールが銀座や新橋などの歓楽街に響き渡った。

 舛添をリコールしなければならない、舛添を辞任に追い込まなくてはならない。それも刑事罰に問うて厳しく処罰するために。

masu2
masu

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 東京都知事は速やかな辞任そして刑事罰の追及が必要ですが、それに輪をかけて酷いのが沖縄県知事です。

 沖縄県うるま市の女性が失踪後、遺体となって遺棄されているのが発見され、嘉手納基地勤務の米軍属が逮捕された事件で、翁長雄志・沖縄県知事が同事件をいかんなく政治利用しております。

 翁長知事が同事件を重視するのは、ひとえに工事が中断して滞っている辺野古移設を政府に白紙撤回させ、反基地の反米運動に最大限、利用することが目論見だからでしょう。

 もう、政治利用という段階ではありません。故人を愚弄するかのように事件を悪用しているとさえ言えます。

 東京都知事は辞任、処罰が妥当ですが、翁長雄志の場合は恥辱にまみれさせて失墜させなければなりません。

以下、筆者のツイートから紹介!

☆ツィッター戦線で大暴れ!!

有門“侍蟻”大輔twitter
https://twitter.com/samuraiari


onaga
沖縄軍港の浦添基地への移設工事は着々と進んでいます。
沖縄県知事として辺野古移設を妨害し、今回の女性遺体遺棄事件を機に「米軍基地があるから事件が起きた」と騒ぐ翁長さん、浦添基地との整合性が全然取れていませんぜ?
この問いには翁長支持派も完全沈黙しているようですが?

onaga2
中国人民解放軍が沖縄に進駐した暁には、それこそ事件どころでは済まない次元の蛮行が組織的・集団的に起きそうです!

onaga3
沖縄独自でも良い…沖縄県警を進化させた『警察予備隊(自衛隊の前進)』でも発足させてから米軍基地追放を主張してみては?

onaga4
翁長さん、沖縄県を日本から分離・分断して引き離そうとしているのは、あなた自身だよ!

onaga5
安倍晋三首相としても事件が起きた以上、体裁を繕って翁長さんのメンツも立てなければならないのですから大変です。
「沖縄県知事が安倍首相に抗議」って…今回の事件で安倍さんは何も悪くない!

onaga6
怒りの矛先が違っているでしょう?
こと外国人犯罪で言うなら日本の官民一体で支那(中国)・朝鮮に向かって文句を言わなければなりません!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
5・29 極左・オール埼玉総行動へのカウンター
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1015

★渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
第六十二回日本の心を学ぶ会のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55509611.html


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞のキライなネット右翼アゲ(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12163086826.html
一番無能な味方は匿名掲示板左翼工作員に与する匿名保守派
味方にして頼りにならず足手まとい、敵にして呆れ果てる醜態!



701c9198-s  

  
Posted by samuraiari at 01:53このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ | 日米共栄圏IN沖縄県&対中防衛

2016年05月22日

沖縄県での事件を受けて

no title
画像:沖縄県警に移送されるシンザト容疑者

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆今こそ説く日米共栄圏の理念

沖縄・うるま女性殺害事件を「政治利用」する卑劣さ!

日米分断を目論む反日左翼とマスコミに乗せられるな!

 沖縄県うるま市在住の女性が行方不明になり、その後、遺体となって殺害されているのが発見されました。

 沖縄県警は通行車両から元海兵隊軍曹の米軍属であるフランクリン・シンザト容疑者(32歳)を逮捕しました。

 しかし、この事件、マスコミ報道が過熱して翁長雄志・沖縄県知事が上京、安倍晋三首相と会談するなど、政治問題や日米間の外交関係にまで発展しています。

 元より事件そのものは刑事事件として厳正に裁かれるべきですが、本来的に政治や外交問題に発展するような次元のことではありません。

 そこはマスコミが意図的に捏造・歪曲し、強いて意図的に、政治・外交問題にまで発展させられた…と言うべきでしょう。

 特に沖縄県内での米兵犯罪の場合、刑事罰として厳正に処理されていれば良いことで、基地問題や米軍追放の機運にまで発展してしまうというのは不可解なことです。
4
 さらに過熱するマスコミ報道ですが、こうした事件で懸念されるのはイメージ先行で印象操作されてしまうということです。

 例えば「狭山事件」や「袴田事件」がそうです。私はあの事件は限りなくクロだと思っていますが、えん罪を主張した同和団体・左翼勢力による運動を過大に宣伝するマスコミ報道により、凶悪事件がまるでえん罪同然に扱われている傾向にあります。

 その逆のパターンとして、えん罪であるはずが凶悪事件として扱われるのも問題でしょう。沖縄県での事件では、米軍属が女性を殺害したことは事実かも知れません。しかし、本当にマスコミ報道で言われているような偶発的に発生した、強姦目的の「通り魔的」な犯行だったのでしょうか?
9
 過熱する一方のマスコミ報道ですが、ここで客観的に、冷静に事件を捉える必要があります。

 それでは、筆者(有門大輔)が「沖縄うるま女性死体遺棄事件」についてツイートした内容からご覧ください。


有門“侍蟻”大輔twitter
https://twitter.com/samuraiari

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


1
翁長知事は訪米して米政府関係者とは誰とも会えず仕舞い。何の成果も挙げられない傷心の帰国でした。その直前に沖縄県で発生した米軍属による女性遺体遺棄事件。翁長知事はここぞとばかりに上京。まさに翁長知事のため、沖縄県内の偏向マスコミ(沖縄タイムス、琉球新報など)が挙って事件を政治・外交問題化させたとも言えます。
nawa
ツイートで言及した「県条例」ですが、無理難題であることを承知の上で、左翼の沖縄県知事に提言しております。敢えて差別的な県条例制定を提言させて頂きました。
aho3
さっそくアホ左翼が噛みついていたようですが、本気で米軍を沖縄県から追い出すつもりなら是非! 浦添基地の建設を容認している一方で、辺野古移設を妨害している翁長知事にはそんな気概はなさそうですが(苦笑)。

2
米兵犯罪を擁護する…というのは「敢えて」と注釈を入れています。無条件で擁護しているわけではありません。
それにしても初期の報道で「死因が特定されない」というのは不可解ですね。後の報道では「米軍属が殴った」とか「刃物で刺したと供述した」とされていますが、刺し傷などがあればすぐに死因が特定されていたのでは?

アメリカのオバマ大統領が広島県を訪れるということで広島県警がアタフタしていると聞きますが、そのアメリカでは大統領予備選の真っ只中。最有力候補はドナルド・トランプ氏ですが、ヒラリーかサンダースかと言われる中で大統領交代、あるいは政権交代は確実な情勢。それを前に発生した沖縄県内での事件。何か政治的な意図を感じます。
3
ここなんですよ! 本当に偶発的にウォーキング中の女性が狙われた事件であったのか?
「両者に面識はなかったと見られる」との報道もありましたが、その後は「女性が殺された!」「遺体で発見された!」「残忍だ!」「犯人は米軍の軍属だ!」と強調する報道ばかりが先行しているのではないでしょうか?

aho8
そして旧『しばき隊の現CRAC(クラック)が筆者・有門のツイートに噛みついてきました!
よっぽど韓国人経営の焼肉屋を擁護したいみたいですね(笑)。道交法違反は道交法違反、殺人罪は殺人罪として裁かれるべきは当然だと思いますが?
「レイシスト」「差別主義者」「ヘイト」と非難される私が外国人犯罪擁護(?)で叩かれるとは、ある意味で名誉なことです。
1011
それにしてもCRACも左翼も、せっかく米兵犯罪という外国人犯罪を叩いているのですから、日米同盟がどうとか、基地問題がどうとか騒ぐのではなく、純粋に外国人犯罪としての処罰を追求したらどうなんでしょうか?

57
通り魔的な犯行…と思わせるような事件報道一色ですが、加害者と被害者の接点が見え隠れしているんですよね。

6
そう! マスコミは被害女性が死亡したという事実を以って、平成7年に発生した海兵隊員による少女暴行事件の時のような機運を再現・再燃させようとしていると思えるんですよ。
でも、その結果として普天間から辺野古への米軍基地移設が決まったわけで、その決定さえも反故にして在沖米軍を追い出そうとしているのが左翼勢力です!

1213
殺害、遺棄したのは事実だとして、偏向報道というフィルターを通しても、どうしても容疑者に通り魔や強姦魔的な悪意って受けないんですよね。
平成7年の少女暴行事件の時とは違い、「作られた空気」とでも言うんでしょうか…。

14
マスコミは行方不明当時と事件発覚直後は顔写真入りで号外まで出しておいて、今になって被害者に配慮…ですか? 被害者が誰であるかを伏せることで、ますます少女暴行事件の時(平成7年)と同じ空気を作り出そうとしているのではないかと思えるんですよね。全てはマスコミの都合です。

15

16
ツイートでも記したことですが、犯罪・事件として厳正に裁き、容疑者を死刑に処せ!…ぐらい書けば良いのです。それを何で米兵犯罪イコール基地追放の反米機運に持って行こうとするのか?
日米同盟・安保と在日米軍の駐留は安全保障上、当然のことです。翁長知事も述べましたが、「米軍基地が存在するから米兵犯罪が起きる」の主張は誤りです。

他方、まったく別次元の話ですが、在日朝鮮人による犯罪は約70万人の在日朝鮮人という「不法入国者の子孫」を野合的に合法化させたことで起きています。
不法滞在外国人の凶悪犯罪にしても同様。日本にいること自体が犯罪。強制送還が当然の不法滞在外国人を野放しにしてしまったがために起きています。

aho2
これまたアホ左翼からの突っ込みです。
…ですから犯罪は犯罪として裁き、処罰すれば良いのです。事件を政治利用して日米の分断を図り、基地追放を図る反日左翼こそ被害者の女性を愚弄しています。

a
米兵犯罪を大々的に報じるのは構わないでしょう。
ただし、日頃からボランティア活動に取り組んだり、日米友好・親善のために尽力している米兵らの取り組みも正しく報道しないとフェアとは言えませんね。まして米兵が人命救助をすれば尚更。先の熊本地震における「トモダチ作戦」でのオスプレイ出動も正しく評価して報道しなければフェアではありません。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆辺野古潰しを画策した「少女暴行事件」の再現!?

bc
画像:日米合同演習より


 平成7年と言えば、今回の被害女性(享年21歳)が生まれた年になるだろうか?

 あの事件から21年後の今日、うるま女性遺体遺棄のような事件が起きたというのも奇しき因縁である。

 繰り返すが、マスコミは事件の政治利用を画策し、現在工事が中断している辺野古移設を潰そうとしている。かつて少女暴行事件で米軍基地の普天間からの追い出しを画策し、今度は辺野古に来させまいと画策しているのだ。

 この事件に限ったことではないが、米兵犯罪が問題化する度、在沖米軍の最高責任者が県庁を訪れて謝罪している。米軍としても将兵の外出自粛など綱紀粛正に努めてきた。

 他方、前述のような在日朝鮮人の犯罪で朝鮮総連の最高幹部や韓国民団の最高幹部が謝罪したことがあるのか? 在日社会としても自浄作用が働いているとは思えない。むしろ日本での犯罪など奨励される一方だ。

 対する米軍にはMP(憲兵隊)も存在する。軍法会議・軍事裁判も存在する。まして米兵犯罪は在日朝鮮人のように通名で報道されたりはしないし、マスコミ報道による手心も一切加えられない。

 確かに「思いやり予算」を米国側が搾取しているという側面はあるが、そもそもの原因は自国の安全を他国に委ねてきた日本側にあると言えよう。

 次期大統領選で共和党での指名獲得を確実にしたトランプ氏は「在日米軍の駐留経費は日本側が全て負担すべきだ」として日本はおろか極東からの撤退を示唆している。

 アメリカの側から日本に三下り半を突きつけるかも知れないし、今のまま在日米軍を追い出せたところで、すぐさま中国人民解放軍が侵出して来るだけだろう。

 共産中国への防衛ラインの構築と極東アジアの平定のために日米同盟は不可欠であり、日本での自主防衛どころか、逆に日本の自衛隊を米国内に駐留させるくらいでなければならない。

 むしろ在沖米軍は日本の経費100%負担で、尖閣諸島に新設した基地に駐留させるくらいの戦略的駐留が必要である。

 今夏の参院選では沖縄県の防衛も含め、ますます安全保障や憲法問題を争点にしなければなるまい。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
5・29 極左・オール埼玉総行動へのカウンター
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1015

★渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
第六十二回日本の心を学ぶ会のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55509611.html


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞よかワン公ニャンニャンの市民権(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12162387966.html
犬猫の生命は朝鮮人・中国人ほか外国人よりも重い!
まして匿名掲示板在日工作員より存在意義がある!



701c9198-s  

  
Posted by samuraiari at 11:57このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日米共栄圏IN沖縄県&対中防衛 

2016年05月20日

右派市民グループへの世情を考察

ari1
画像:平成28年3月に警察庁より発行された治安白書『警備情勢を顧みて 平成27年 回顧と展望』(焦点 第285号)の「第4章 公安情勢」にて右派市民グループをめぐる動向として、『外撲協(外国人犯罪撲滅協議会)』の旗とともに筆者(有門大輔)瀬戸弘幸・ブログ『日本よ何処へ』主宰らの画像が掲載された


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 ハッキリ言ってモザイクは余計である。

 上掲の画像は昨年12月6日に鶯谷(東京・台東区)でデモを開催した時のもの。共謀罪推進を掲げたデモ行進であった。

 それにしても「違法行為の取締り」の項目にて、暴力事件の記述と並べて掲載するとは、どういうことか?

 警察当局としては、右派市民グループと反対勢力(しばき隊などカウンター勢力)との間で生じる違法行為を未然防止する観点から厳正公平な立場で必要な警備措置を講じているとされている。

 暴力事件としては、「26年9月に都内の路上において、デモ行進中にデモに反対する男性を金属製の棒で突くなどしたとして、右派系市民グループの男を平成27年5月に暴行罪で逮捕しました」とある。

 そのデモへの反対勢力のことについても触れなければ片落ちというものだろう。
nabe2
 時期的に桜田修成氏(『新社会運動』代表)によるデモ行進の時の事件だったと分かるが、ちなみに当方の主催で行なったデモ行進では一切の(反対勢力との)衝突も起きていないし、一人の逮捕者を出したこともない。

 逆に(平成26年7月6日に早稲田で当方が開催した)デモへの妨害を仕掛けた極左学生が逮捕され、後にこれが極左学生やしばき隊の巣窟リベルタンへの家宅捜索の突破口となった(なお、この時、極左学生から暴行を受けたのは協賛団体代表として参加してくれていた渡邊昇氏である)。

ari2
ari3
画像:ここでも筆者が昨年5月17日に秋葉原(東京・千代田区)で開催した「外国人犯罪追放デモ行進」の画像が使われていた

 「右派系市民グループをめぐる情勢」としては、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』をはじめ右派系市民グループによる徒歩デモは平成27年中、全国で約70件に及んだとされている。

 そうした右派系市民グループは引き続き、内外の諸問題に過敏に反応して外国公館等に対する抗議など、デモによる自らの主張を訴えるものと見られ、その過程で反対勢力とのトラブルから生じる違法行為の発生が懸念される…と結ばれている。

 白書の文中では、「極端な民族主義」「排外主義」とされているが、「外国公館等に対する抗議行動」と正しく分析されているところを評価したい。それこそがデモにおける主たるスローガンであり主張である。
 また、所謂「ヘイトスピーチ」として批判を浴びているのは、「一部の(デモ)参加者による過激な言動」と正しく捉えられている。決してデモ自体が外国人への危害を加えると主張しているわけではないし、意味もなく、一概に在日外国人の排除を主張したものでもない。

2
画像:見開きでイスラム過激派『ISや北朝鮮人民軍、極左デモと並んで右派の代表格であるように筆者らが並んで掲載されているのは何だか恐縮である

以下、過去エントリーのコメント欄に寄せられた激励のコメントをご紹介!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52015504.html#comments

 ご無沙汰しております。

 久々にコメントしようとしたらブログタイトルが変わっていたので驚きました。鎖国、素晴らしい響きです。我が国にこそ、鎖国が必要です。有門様の思想はいつも世間より一歩前(勿論、正しい一歩)を行っている点が優れた所だと思います。鎖国に近くなれば治安も良くなり、日本国民だけで労働をまかなわねばならないので所得が殆ど国内だけで循環し(給料は円で貰うから当然の話です)景気も良くなるのは自明の理ですから。

 パゲ鮮人知事の辞任はリコール運動を待つまでも無く実現しそうですね。有門様を始めとする護国勢力の活動が有ったのは言うまでも無いことですが、さすがの自民も庇い切れなくなったのでしょうか?まあ、ここは虚心坦懐に辞任を待ちたいと思います。

 政治と金という話ですが、もう一方の曲者・ガソリーヌ山尾は自分のことは棚に置き未だにエラソーにテレビ出演なんかしてますね。虫酸が走ります。こ奴も何とかせねばなりませんね。
Posted by 素浪人 at 2016年05月15日 18:28


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆右派への差別と弾圧・妨害…

『埼玉県立近代美術館』の怠慢と不正を徹底追及!!

 来たる平成28年5月29日(日)には、友誼団体『牢人(ろうにん)新聞社』の渡邊昇代表が埼玉県さいたま市内の『北浦和公園』にて、「5・29憲法を考える埼玉県集会」と題した街宣活動を予定していた。我が『外国人犯罪撲滅協議会』としても協賛していたものである。

 予定時間は午前9時30分から終日の予定で。

 渡邊代表はそのための申請もしていたのである。

渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
告知された極左1万人集会より先に集会場の申請を済ませました
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55505446.html

 ところが、当日、北浦和公園をデモ行進の出発地点に、同公園での集会を予定していたとする左翼勢力が午前中での公園使用の申請を出してきた。

 あの集団的自衛権や憲法改正に反対し、安保関連法の廃止を求めたオール埼玉総行動なる反日左翼の一行である。

 北浦和公園を管理するのは埼玉県立近代美術館。埼玉県庁の管轄ということになるが、近代美術館のみは予算も人事権も県庁からは独立した形態である。

 つまり公園申請を受け付けるのも、許可を決定するのも県庁ではなく、近代美術館。
 この近代美術館、どういった層の職員が在職するのか分からないが、公園申請のために何度も足を運んだ渡邊代表の目撃談によると、右足を引きずった障害者の女性が白昼やって来ては給与を受け取るためのサインか何かをして、職員に「どうも有り難う」と言いながら、すぐ帰って行ったという。

 この場面だけを見た限りでは何とも断定出来ないが、勤務実態のない「幽霊職員」に公金から給与が支払われているのでは?…と勘繰る向きがあったとしてもおかしくはない。

 即ち左翼勢力かカルト勢力かは知らないが、何らかの特定勢力による利権にあやかっている幽霊職員もいるのではないかと。

 29日の公園申請だが、順序としては渡邊代表が先、オール埼玉総行動の左翼勢力はその後だったのである。

 ところが、近代美術館サイドは先に申請した渡邊代表への公園使用許可を午後3時からとし、オール埼玉の左翼勢力側に午前中の公園使用を認めたのである。

 順序がまったくの逆だが、「時間調整のための(渡邊代表との)協議を行ないます」としていながら、渡邊代表には何の相談もなく、この決定だったのだ。

 公園使用の許可証を発行するにあたり、さる5月19日(木)午後1時、近代美術館サイドは説明と称して渡邊代表を呼んだ。この説明を聞くために筆者(有門大輔)も急きょ同行したものである。
4 双方の公園申請を取り扱って決定を下したのは近代美術館の管理担当課長・仲宗根克子。 

近代美術館 管理担当
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
TEL 048-824-0111  FAX048-824-0119


 しかも、この説明にあたって管理担当課長は役所として、埼玉県警及び所轄警察署に「出動」を要請していた。

 …前述のように、それまで何度か近代美術館に足を運んでいた渡邊代表だが、たかが公園使用を申請して許可をもらうだけのことで、美術館側が申請の取り扱いをめぐって訳の分からないことをしたせいである。

 警察への出動を要請した件について、「何故、一県民が公園使用を申請しているだけの問題で警察に出動を求めなければならないのか?」と問い質した渡邊代表に対し、管理担当課長である仲宗根克子は「渡邊さんが…大きな声を出されたりして…私が…怖かったから…」などと回答したが、そもそも個人攻撃で恫喝しているわけでもないし、恐喝・脅迫するための大声でもない。

 公正・公平に申請を取り扱うべき役所が、何故に左翼勢力に優位なように事を取り扱おうとするのか、何故に一県民からの申請を不利に取り扱うのか、それを問い質す過程で少々声を大にしてしまうのは当然の反応だろう。

 この件について、説明の場に同席した管理担当課長の上司が「過剰な対応をしてしまい、すみませんでした」と謝罪した。

 肝心の公園使用の時間について。

 29日の午前中から午後にかけて申請していた渡邊代表だが、近代美術館(管理担当課長・仲宗根)の一存で午後3時から、対する左翼勢力に午前中の使用を認めている。

 左翼勢力の側がデモのために午前中の公園使用としたいとしていたのは分かるが、近代美術館・仲宗根の判断で先に申請していたほうを午後3時からに、後から申請した左翼勢力に午前中の使用を認めたのは頂けない。
 これでは左翼からの何らかの圧力に屈したか、最初から(思想信条的に)左翼勢力に与しての所業だと思われても致し方ないだろう。

渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
埼玉県職員が極左と内通か?!
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55511986.html
 先に申請していた渡邊代表に何の話もなく、何故に「午後からのほうが重要だ」と判断出来たのか? 明らかに左翼勢力に配慮しての職務の怠慢である。

 近代美術館の館長を埼玉県議会に召喚して追及されなければならない問題であろう。

渡邊代表の話
結果として僕の側が100対ゼロで譲歩させられたような形です。左翼側がどういう譲歩(※)をしたって言うんですか? しかもこちらは正規の申請手続きに沿って午前中からの告知を出しています。ここで譲歩したように思われたら僕が『役所(近代美術館)から何らかの便宜を図ってもらったんじゃないか』とか『交換条件で役所の仕事でも受注したんじゃないか』と思う人もいるかも知れない。
 声を大にしたのは、まさにそこなんです。僕だって埼玉県庁には顔馴染みもいる。いつも『お世話になります』『有り難う御座いました』『宜しくお願いします』という形でやって来たんですよ。今回の近代美術館のような対応をされたのは初めてですよ。埼玉県庁の職員だって近代美術館の対応には皆、驚いていますよ。少々声を荒げてしまったのも当然でしょう。
 (近代美術館は)警察に出動を要請するまでもありません。僕はそんなやり方ではなく、正々堂々、正面から追及します

※近代美術館サイドは左翼勢力の集会が午後の時間帯まで長かったのを「正午までに短縮させました」と説明している。なお、3時からの使用許可とした渡邊代表とは3時間の時間差が出来たわけだが、この点について管理担当課長の仲宗根克子は「警察からの指導によるもの」と説明した。

 しかし、県警サイドでは関係者に確認したところ、「そんな指導はしていない。公園使用の時間については管理担当である近代美術館の所管であり、うちのほうから『時間をこうしなさい、ああしなさい』とまで指導することはない」としている。

 おそらくは管理担当課長のその場逃れの方便と見るのが妥当だろう。

 冒頭で記した通り、オール埼玉総行動は29日、集団的自衛権や憲法改正に反対し、安保関連法の廃止を求めた集会とデモを行なう。だが、国家が危機に立ち向かって戦わずして誰が戦うのか。

 反戦・平和を口実に好き放題を言って国を危ぶませんとする左翼の公園使用こそ、本来は見合されて当然である。

 なお、前に渡邊代表が下記の通り告知をした「5・29 憲法を考える埼玉県集会」は時間や場所を見合わせる予定だと言う(後日、詳細な決定事項を改めて発表)。

【日時】5月29日(日)午前9:30から12:30頃まで
【場所】北浦和公園(JR北浦和駅西口近く)
【持ち物】横断幕、拡声器、街宣車(公園内に乗り入れ可能)、のぼり、団体旗等
【主催】牢人新聞社
【協賛団体】外国人犯罪撲滅協議会
【連絡先】渡邊昇 090‐8770ー7395


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★集スト問題相談所ブログ
9歳の女の子が行方不明?
http://blog.livedoor.jp/syutokensp/archives/60247130.html
suto

★日米共栄圏IN沖縄
元米兵犯罪を反基地闘争に政治利用するな!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12162041624.html
nawa2

★「行動する保守運動カレンダー」より
5・22舛添知事リコール直前デモin銀座
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1005

★渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
第六十二回日本の心を学ぶ会のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55509611.html


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞ネラーが嫉む日本人の代表(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12162063819.html

自らの言論に責任を取らぬ匿名掲示板の輩!
他人の変遷、翻意を批判する資格などない!



701c9198-s  

  
Posted by samuraiari at 03:06このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年05月18日

有田&舛添の売国協奏曲♪

1
画像:インターネット上より、舛添要一(東京都知事)と有田芳生(民進党比例参議員)のコラ画像
二人とも立場や政治信条は異なれど、ろくでもない政治家であるという点で共通している


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆公金流用問題、再燃!!

「疑惑のデパート」「疑惑の総合商社」に終わりなし?

 一旦は収束したかに見えた舛添要一・東京都知事による公金の不正な私的流用問題だが、ここへ来て舛添知事が国会議員時代にも政治資金を不正流用していた問題が再燃している。

 そして何よりも今度は都知事選で舛添氏を支援した与党内からも同知事を追及する向きが出てきたことに着目すべきだろう。

 やはり、東京都知事を交代させようという何らかの策略が動き出していると思わざるを得ない。

 自民党からは谷垣禎一幹事長が、公明党からは山口那津男代表からのコメントがそれぞれ紹介されていたが、特に公明党などは当たり障りのない見解に終始しているとしか思えない。

 前回の公費流用問題から間を置かず、今度は舛添知事がかつて代表を務めていた『新党改革』時代に政党交付金400万円をネコババしたとして元党関係者からの告発が週刊誌に掲載されたのだ。

 今、舛添知事をこれまでの「ツケ」が一気に襲いかかっている。一度出た疑惑を謝罪と返金で火消ししても再び別の疑惑が浮上…。やはり、この男に次はないようである。

 夏の参院選と同時期か、参院選を待たずして新たな東京都知事を選出するための準備は、既に水面下で始まっているのかも知れない。
3
画像:この光景が辞任会見となる日も近し?

★「行動する保守運動カレンダー」より
5・22舛添知事リコール直前デモin銀座
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1005

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆ヘイト規制に気勢を上げる有田

カウンター勢力から結びつく「黒幕(?)」との点と線

 そして参院選と言えばヘイトスピーチ解消法の改正に向けて気勢を上げる有田芳生(ありた・よしふ 民進党比例参議院議員)。

 ヘイトスピーチ解消法案は先ごろ参院で可決、衆院においても審議を経て、可決・成立は間違いないと見られる。しかしながら、今国会で性急にも成立を見ることとなるヘイト解消法だが、有田にとっては罰則規定が設けられなかったことから、さぞかし不満の残る与党推進での法案成立だったと言えよう。

 同法案では当初盛り込まれるはずだった在日米軍兵への(左翼過激派による)ヘイトスピーチも対象とする案が野党への配慮か、外されたと聞いているので、こちらとしても後々の見直しは大いに歓待である。

 そもそもヘイトスピーチとは「行動する保守運動」など右派系市民デモに対して、妨害を仕掛けるしばき隊などカウンター勢力が便宜的に持ち出した表現である。

 ヘイト(憎悪発言)と言われれば、議員なら誰もが「無くすべきだ」「良くない」と回答するのは当然だろう。アニメなど文化作品への規制が懸念された「児童ポルノ」と同様、それが良いか悪いかと聞かれれば誰もが「悪い」と答えざるを得ないレッテル貼りをして規制せよと要求し始めたのだから、やり方としては実に卑劣である。

 有田の質問に答える形で安倍晋三首相が国会にてヘイトスピーチに否定的な見解を表明。当然と言えば当然の回答である。

 その安倍首相の意を受けて訪韓した舛添要一・東京都知事はヘイトスピーチ規制を確約。これも当然の反応だったのである。しばき隊などのカウンター勢力は連日、東京都庁前で東京都としてのヘイト規制を求める街宣活動を開始した。

 ヘイトスピーチ規制はもはや左翼など特定の勢力だけが主張していることではなく、否応なく右派・保守系の議員までが口にせざるを得ない状況まで来てしまったということは事実だろう。
 ただ、有田のような元共産党員で極めて左派的な議員でさえ拉致問題の解決を主張しているように、誰もがヘイト規制そのものには表立って反対し難いだけに、最大公約数で推進派が多数を占める事項となっただけの話だ。

 問題は、誰が、どのような形で法規制を設けるかという段階だった。それが冒頭で述べたように与党推進によるヘイト解消法の成立であったわけだが、その内実は極めて公正的だったと言える。

 移民・難民の受け入れ反対…不法滞在外国人の追放…敵国とも断定出来るような敵性国家との国交断絶の要求…特別永住資格など在日外国人への特権的な入管制度の見直し…外国人への生活保護や奨学金廃止など、これまで行動する保守運動・右派系デモで主張していたことを、そのまま継続すれば何ら問題はないことが法制定で改めて示された。

 「死ね!」「殺せ!」のような危害を加えると示唆したコールだけが問題とされたのみで、それらはデモにおける主たるスローガンでも主張でも何でもない。

 そのヘイト解消法の改正に取り組まんと、有田は参院選に向けて気勢を上げているところだろうが、6月4日(土)には東京都中野区の中野サンプラザにて『有田芳生を応援する会』実行委員会(代表:樋者正昭有田芳生後援会会長)「参議院議員 有田芳生を応援する会」を開催するようである。

※上記の情報は宣伝ではありません

 前述のように、行動する保守運動など右派系市民デモにおいては移民の受け入れ反対や不法外国人の追放、入管制度の見直しなどを主張したものであり、そこに揚げ足を取るようにヘイトだ差別だと言っては暴力的な言動で妨害を加えてきたのが、しばき隊などカウンター勢力である。そのカウンターでは有田も何度となく、行動を共にしている。

 特に先日、神奈川県川崎市内で開催された『維新政党・新風』と行動する保守運動関係者による街頭演説活動へのカウンターにも出没した憂国我道会山口佑二郎など、旧『男組』の面々と近しかったことが確認されている。

 実際、有田は国会での質疑で河野太郎・国家公安委員長を向こうに、この川崎街宣で現場に居合わせた右翼団体関係者による暴力沙汰にも言及しており、その後、山口らが当該の右翼民族派団体に抗議行動を仕掛けた。その山口、然る暴力団組織の名前を勝手に後ろ盾として名乗っていたと言うのだから恐れ入る。

 関係が無いと言えば無いのだろうが、点と線は確実に繋がる。有田と数十年来の知己であり、特に親しいとされるのが新右翼一水会(いっすいかい)』代表の木村三浩氏。
 右翼でありながら元共産党で思想的にも程遠いと思われる有田と知己であるとは、一方で舛添知事の前任者である猪瀬直樹・前東京都知事から徳洲会まで木村氏の人脈の広さを物語っているが、その一方で同じく新右翼の系列で、山口らとも近しかったのが(山口から見て先輩格の)木村氏である。

 山口の憂国我道会も加盟する全憂会議(全国憂国者会議)主催の勉強会に木村氏が講師として招かれたり、アメリカを批判した反米デモで木村氏と山口らが行動を共にしている場面が度々確認されている。

 先日、木村氏の一水会主催で勉強会が行なわれた席上、然る民族派団体関係者が同じく会場にいた山口を指し、「あれ…山口ってんだろ? おたくの関係筋?」と木村氏に尋ねた。木村氏は即座に「いいえ、違います」と否定したようだが、関係者は「(一緒にいたり、呼んだりしていると)勘違いされるよ」と木村氏に警告を発したという。

 勘違いも何も、客観的に見ても点と線は結びつくのではないか? 木村氏と山口ら憂国我道会及びその他のカウンター勢力そして有田まで。


Bsqi7-oCIAADMnr
画像:「逮捕上等」の言葉通り、数々の刑事事件で摘発を受けた男組(カウンター勢力の一派)関係者らと酒を酌み交わして記念撮影に収まる有田芳生(山口の姿も見られる)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★日米共栄圏IN沖縄

日米印海軍による沖縄演習と翁長知事の訪米
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12161260924.html
nawa
沖縄県内で全学連テロリストを逮捕!
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12161608049.html

aka


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
行動界隈に踊るチョン糞界隈(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12161387925.html

チョン糞ネラーはサタンの化身(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12161566529.html

学歴主義はチョン糞ネラーの唯一の砦(笑?!?!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12161677901.html

こちは捏造、歪曲、中傷、差別、妄想、火病の総合商社!
奴らの手にかかれば火のないところに煙の立つ匿名掲示板



701c9198-s  

  
Posted by samuraiari at 23:24このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年05月17日

〔新連載3〕移民社会を目指すな!

ここ数年、テレビをまったく見なくなり、自宅にテレビさえも置いていない筆者(有門大輔)には何の番組だか、よく分かりませんが、火曜日に放送される報道番組のコーナー「喧嘩上等!バトルスタジアム!!」で外国人移民の受け入れをめぐる激しい討論が行なわれたようです。

mitu
フィフィ「外人は暴動を起こすので移民は入れるな」、三橋貴明「労働者が増えて経済成長した国は存在しない

「日本は難民を受け入れるべきか?」 フィフィ、三橋貴明らが生激論
 少子化が進む日本の労働力確保や、活力の維持のためには移民の受け入れが必要ではないかといった議論が存在する。
 10日に生放送されたAbemaTVの報道番組「Abema Prime」の火曜特集「喧嘩上等!バトルスタジアム!!」では「日本は移民国家になるべき!賛成?反対?」がテーマで、議論が行われた。
 少子高齢化に伴い、労働人口が減少している日本にとって、外国人の受け入れは自然の流れであり、「外国人がサポートとして働いてくれるなら賛成」など、街の声がスタジオで紹介された。
 一方「例えば居酒屋などで外国の店員さんが増えているが日本人の店員さんの方が安心できる」などという反対意見もあり、日本はどうあるべきなのかスタジオの出演者が賛成か反対かを表明して生激論が繰り広げられた。
 ブラジル・サンパウロ市生まれで1990年に日本に留学し、移民やメディアを研究する傍ら、ジャーナリストとしても活動しているアンジェロ・イシ氏は「私は最初は短期留学のつもりで日本にやってきた。しかし、日本で暮らしているうちに日本の素晴らしさがわかり、それで今は日本で生活している。実際に、日本に来て日本人以上に日本酒が好きになり、そのまま日本酒製造の仕事に就いた外国人もいた」と意見。日本は移民国家になることに賛成だという。
fifi
 これに対し、エジプト出身のタレント・フィフィは反対意見をぶつけた。「日本人が外国の人に安心して仕事をお願いできるかと言ったらそうではない。日本人は宗教についての理解もまだ乏しいという問題もある。ヨーロッパで起きている暴動などについてももっと学ぶべきだと思う」と、述べた。
 作家で経済評論家の三橋貴明氏も反対だという。「労働者が増えて経済成長した国はない。それがわかってない人に経済を語ってほしくない。外国人を入れて何とかしようという問題ではないのだ」と、強い口調で述べた。三橋氏によると、労働者を増やすのではなく、1人当たりの生産性を向上させることによって経済は成長するのだという。
https://abematimes.com/posts/797470
imin
三橋貴明氏とフィフィ女史の意見に全面的に賛同します。移民で成功した国はありません。唯一、移民としての模範を示し得たのが南米や北米に移住した日本人移民であったと思いますが、農地拡大など、ごく一部分の成功以外は現在の欧州も然り、全て失敗だったと言えます。

労働移民を秩序正しく受け入れている国もありますが、シンガポールやドバイなど、ごく一部の小国に過ぎません。では、日本がそれらの国々の真似を出来るでしょうか?
外国人に居住や行動の制限を課し、女性には定期的な妊娠検査を義務付け、違反があれば速やかに強制送還することは、おそらく政府でさえ絶対的な保障は出来ないでしょう。外国人違反者を鞭打ち刑に処し、人権無視の過酷な牢獄生活を強いることが出来るでしょうか?

それが出来ない…シンガポールやドバイのような真似が出来ない以上、日本は労働移民の国にはなり得ません。である以上、やるべきではありませんね。

※そのシンガポールでさえ移民の急増により、アイデンティティの危機に晒されていると言われます。かつて労働移民の国として一時的に上手くいった国であっても、やがて移民によって国を滅ぼされることを物語っていると言えるでしょう。
本稿においては、過去のシンガポールの成功について述べていますが、リー・クアンユー首相(当時)の時代を過ぎ、上手く労働移民を受け入れ、上手く労働移民を排除してきたかに見えるシンガポールでさえ現状は危機的であると考えられます。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆「欧州の内戦」激化!!

 ドイツでは難民収容施設への放火・襲撃事件が相次いでいます。

ari
画像:筆者のツイートより

 ドイツは労働移民の国・ドバイにもシンガポールにもなれませんでした。不法移民(難民)による侵食の草刈り場となっています。収容施設への放火・襲撃事件と言えば乱暴なイメージを受けるかも知れませんが、昨年末の大晦日におけるドイツ各地で発生した難民によるドイツ人女性への暴行・強盗事件の数々を見れば当然の反応と言えるでしょう。

 いよいよドイツ人による本格的な反撃が始まりました。かつて90年代初頭、ドイツでは極右が台頭。ドイツ政府はそれを封じ込めましたが、それでもこの状況です。外国人問題が好転したわけでもありません。むしろ、外国人移民・難民の問題がますます深刻化していく状況で、いかに政府が封じ込めようと封じ込めるものではないでしょう。

sakura
画像:「行動する保守運動」の主唱者・桜井誠氏によるツイート

 昨年は6件の放火・襲撃だったのが今年は100件近くに激増しています。難民によるドイツ人女性を標的とした襲撃事件は日常的に発生しています。

 桜井氏のツイートにもあるように、放火・襲撃による報復が良い悪いの次元ではありません。国もどうすることも出来ない以上、反撃の手段はそれしかないのです。最終的にはそうならざるを得ません。

 行動する保守運動など右派系市民デモを妨害するカウンター勢力は、「ヘイト反対」「差別反対」を口実に、欧州に倣った人種・民族差別禁止法の導入を主張していますが、日本よりも遥かに厳しい法規制が設けられたドイツでさえ、こうした状況です。

 警察当局が看過していると言えば語弊がありますが、それほど難民施設への放火・襲撃が相次いでいる中で、当局が何も情報を掴めないはずはありません。無論、掴み切れない部分もあるでしょうけど、実行者に関する情報を掴んでいても摘発には及べない段階へと来ているのではないでしょうか?

 数百万単位の難民が雪崩れ込み、その難民による乱暴狼藉はドイツのみならず、全世界が知るところです。反難民の向きを強引に封じ込めようとすれば、今度はドイツ国民の反発が政府に向かうことは必然です。

 外に対しては良い顔をしたい、しかし、内からの反発が起きても困るという状況で立ち往生しているのがドイツの現状と言えるでしょう。

 まさに欧州の内戦です。ドイツだけではありません。フランスもスウェーデンもオランダもスペインもベルギーもスイスもノルウェーも…欧州の先進国はどこの国もドバイやシンガポールのような労働移民の国にはなれませんでした。

ari2
画像:筆者のツイートより

 前述のように日本人移民をはじめ、かつて世界中から移民が押し寄せたブラジルではスラムという貧民街が形成されています。スラムは犯罪者集団による治安の悪化と事故多発の温床となります。

 労働移民…のはずが、不法移民の国では話になりません。外国人労働者の受け入れ拡大を進める日本も、こうした状況に近づいています。繰り返しますが、ドバイやシンガポールになれない以上、そのような愚行を冒すべきではありません。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆戦前の(悲劇の)再現だ!

 外国人労働者への優遇措置の一方、日本人労働者が虐げられている現状がある。糞偏向メディア『朝日新聞』からの引用だが、「貧困女子」という言葉が聞かれるようになった昨今、以前なら考えられなかった普通の層の女性までが性風俗に参入している。

 しかも、朝日の記事では単に生活のため…ではなく、大学に通う3歳下の弟の学費や実家への援助のため、風俗嬢となった27歳の女性が紹介されている。
fuu
fuu2
 かつて戦前、飢饉の農村部では遊郭への少女の身売りが相次いだが、形を変え、再びそうした状況が到来している。戦前は朝鮮半島への莫大な投資の一方、国内で肝心の日本人が救済されないという悲劇があった。
 現在では国ぐるみでの他国への進出・統治こそないが、労働者や留学生・実習生として外国人を(優遇的に)受け入れる一方、日本人の女性が性風俗に従事しなければならない事態を招いている。自主防衛など戦前の良い部分は真似て構わないが、戦前の悪い部分を引き継いだり、繰り返しているようでは話にならない。

 戦前日本は朝鮮半島や台湾そして満州国(中国北東部)とともに国内外で多民族の移民国家を形成しようとした。その夢は大東亜戦争の敗戦とともに終焉するが、今度は日本国内でそれを目指そうとする方向性にある。

 百歩譲ってODA(政府開発援助)など援助金の支出までは良いとして(共産中国への援助は絶対に良くないが)、日本に押し寄せた外国人にまで生活保護や(無償の)奨学金を与えるようなことはやめにしなければならない。

 同時に時給をほんの200〜300円アップさせる程度で性風俗に従事しなくても救われる女性が大勢いる。

 外国人労働者の受け入れ拡大と同時に…本格的な外国人移民の受け入れを前に始まっていた賃金の抑制を解消し、労働賃金をアップさせることで日本人労働者の質を高めることに努めなければならない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆日本はシンガポールになれるのか?

超エリート集団が率いる「成功したファシズム型」の自由社会?

1 前置きが本題のようになってしまい、本題が最後に来てしまったが、これから日本で外国人移民・労働者の受け入れを拡大しようと言うからには、それで成功している国に倣わなければならない。では、その国の水準に近づけるか? その国と同じシステムを作れるか?

 当ブログでの新シリーズ「移民社会を目指すな!」の連載では労働移民の国・シンガポールの繁栄・発展のプロセスについて触れた。

 シンガポールでは労働移民は飽くまでも「調整弁」であり、都合の良い時に受け入れ、都合が悪くなれば排除する、またぞろ必要になれば強制送還した外国人労働者をすぐまた呼び戻す…そのようなことを自由自在に繰り返す。そこにはシンガポール国民の高い知的水準による国民的コンセンサスがしっかりと得られている。

 では、その国はどうして作られたのか? 同国は時のリー・クアンユー首相ほか3人の側近を含め、エリート中のエリートである超エリート4人組を中心に作られた与党・人民行動党によって事実上の一党独裁体制が構築された。一応は選挙制度のある自由民主主義だが、その実、国民に徹底したエリート思想を浸透させ、外国人から見ても弛(たる)んでいない国民性と社会をアピールするため、国民の行動と生活逐一に干渉しては「成功したファシズム型」の自由社会を形成したのである。

 まず、それには政権政党と政府・官僚から徹底して汚職を排除。クリーンさを前面に高い罰金と厳罰を科すことで国を率いる者から襟を正させたのだ。

 …日本でこれを言うと社会党や共産党のようなイメージになってしまうが、そうした綺麗事を言うつもりはない。

 議会政治と汚職・不正は半ば一体であり、不治の病のようなもの。であるならば日本の場合、国会から都道府県、区市町村に至るまで議会政治の一切を「完全世襲制」にしてしまうというのはどうだろう?

 今だって国会から地方議会に至るまで2、3〜4世の世襲議員で占められ、事実上の世襲も同然である。国会議員は地元の選挙区に帰れば昔で言う藩主、領主も同然。
 議会を完全世襲制にするという案には政治好きな選挙民から敬遠される発想だが、選挙の度に莫大な費用もかからない、議員個々もパーティやら何やらで政治資金を掻き集めなくても済む、出所の怪しげな献金を受け取るようなこともない。

 その代わり、賄賂などで不正を働けば忽ち打ち首なり、切腹に処す制度を作ってはどうだろうか?

 結局、外国人労働者を受け入れるというのも、そういうことだと思うのだ。必要な時は受け入れるが、いざ必要なくなれば出て行ってもらう、それに従わなければ過酷な鞭打ち刑も容赦しませんよ…ということなのだ。それをエリート層から徹底させる。

 ヘイトスピーチ・デモとして「死ね!」「殺せ!」のコールが批判の集中砲火を浴びているが、外国人労働者を受け入れるからには、それこそ国外退去の命令に従わない外国人労働者を東京湾など海に叩き込む覚悟がなければならない。

 それを実行する覚悟もなく、些細なコールでヘイトだ差別だと騒いでいるような左翼マスコミばかりが幅を利かせるような社会では外国人移民・労働者の受け入れは無理なのではないか?

 マスコミの問題にしてもシンガポールは国内から外国のメディアまでを徹底規制した。労働組合も徹底規制した。日本でこれをやろうとすれば、議会政治を完全世襲制にして自民党も共産党もへったくれもないという状況にしなければならない。

 しかし、議員は良くても、有権者がそれを是とするだろうか?

 外国人移民がどうのこうのの前に、為政者からしてシンガポールのような超エリート層による支配体制を作れそうにないので、下手に真似をしてはいけないのである。

以下、前エントリーのコメント欄より、欧州での難民問題についての情報を掲載

2016年05月13日 「〔新連載2〕移民社会を目指すな!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52015322.html#comments

オーストリア首相辞任、大統領選敗北の引責 移民問題で極右台頭
http://www.afpbb.com/articles/-/3086511

記事は読んでいただくとして、オーストリアで反移民の大統領の誕生の可能性が出てきました。しかし、移民や難民の制限を主張する政党が極右なのでしょうか?移民や難民によってオーストリアの幼女や老女、少年まで強姦され、国民が銃で武装しなければならない状況で制限を設けない方がどうかしているのです。

メルケルの移民政策反対デモと、その反対デモがぶつかる
ドイツの極右派がアンゲラ・メルケル首相の移民政策に対し抗議した。1000人近くの極右派が、5月7日、ドイツの首都ベルリンに集まり、ドイツ政府の移民政策を非難し、「メルケルは去らねばならない。国民は我々だ。」とスローガンを叫んだ。
一方、同じ場所に集まった4500人近くの活動家は、移民反対に反対の意を唱えた。
警察は、スローガン合戦を行う2つの集団を互いに近づけなかった。このデモで警察官13人が負傷した。
2015年110万人の移民が入国したドイツでは、この状態をどのように乗り越えたらいいのかという不安が日々どんどん高まっている。
http://www.trt.net.tr/japanese/shi-jie/2016/05/08/doitu-merukerunoyi-min-zheng-ce-fan-dui-demoto-sonofan-dui-demogabutukaru-486528
 これも極右です。移民に反対すれば極右ですか?ドイツはドイツ人の国です。そのドイツ人が外来の異人種に犯され、殺される状況になれば自衛に出るのは当然です。極右ではなく普通の人達です。
これは、そのデモの映像です。
https://www.youtube.com/watch?v=SsltnFZYsLg
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年05月13日 14:11

http://harekumoriyuki.blog.fc2.com/
再びスウェーデン在住の日本女性の報告です。ストックホルムのナッカ市で難民施設の建設の話が持ち上がり、住民達が反対の抗議を市におくっているとのこと。
犯罪、特に性犯罪の多発や不動産価格の下落を心配しているのです。こうした心配は全く根拠のないものではなく、現実に難民達による犯罪や暴動が多発している以上、住民達が不安と恐怖に怯えるのは当然すぎるほど当然です。
彼女の感想です。
「住民たちの不安と悲痛な心の叫びが伝わってきます。しかしながら市長の態度はそれを無視して難民施設を作るつもりのように見えます。
市民の安全を犠牲にしてまでそうする必要はあるのか?市民の反対を押し切ってでも難民施設を作る理由は何なのか?これでも市民は幸福度が高いと言えるのか?色々な疑問が湧いてきます。難民に寛容な国だとか言われているらしいけれども、そういう表現は全くもって褒め言葉などとは思えず、市民に残酷な犠牲を強いるという意味の痛々しい表現に見えてしまうのです。 」

 移民にせよ難民にせよ、押し付けられる側にしてみれば迷惑どころの話ではなく、殺人や強姦事件が起きたら人生そのものを台無しにされてしまうのです。そして負担や犠牲を強いられるのは、弱い人達なのです。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年05月13日 14:18

http://www.gatestoneinstitute.org/7995/migrants-rape-austria
 オーストリアの現状です。
 記事によるとウィーンの駅で女性がアフガニスタン人移民の三人組にトイレで集団強姦される事件が起きました。他にも10歳の少年や13歳の少女まで襲われています。
ウィーンでは、難民申請者の3人に1人が犯罪者として告発されています。更にウィーンでは北アフリカからの移民ギャング団が、麻薬取引の縄張り争いなどの抗争を繰り返し、暴力事件の半分は彼らが関与していると警察高官は述べています。
こうした移民による麻薬売買や性犯罪は深刻で、オーストリアの警察官組合は移民犯罪に対応するために、警察官の大量増員を主張しています。
 以上、移民や難民を入れたオーストリアの報告でした。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年05月14日 15:00

以上

 もはや警察官の増員でどうにかなる次元の問題ではない。だいたい警察官の増員と言っても採用して訓練を施すには最低1年くらいは要するでしょう。

 今必要な措置は軍を動員し、とにかく難民を収容施設から一歩も出さないこと。それに難民が反発して暴動でも起こそうものなら即座に発砲・射殺も辞さないこと。それに尽きます。

 なお、コメント欄には掲載(公開)していませんが、下記掲載のようなコメントもありました。
koumei
 仰せの通りだ。日本も既に移民に乗っ取られたも同然。しかし、事を大仰に伝えるだけでもいけない。それでは「公明党批判」から矛先を逸らしたいカルト創価工作員の書き込みだと勘違いされてしまいますよ。

 公明党が与党の座にある以上、こと労働移民の受け入れ計画においても批判すべきは当然! 何せ公明党が与党に…いや、議会にいるおかげで入管法をいくら改正したところで、在日朝鮮人を特権的に扱った特別永住制度」「入管特例法は廃止されません。

 つまり、公明党が与党に存在する限り、在日特権は永遠になくならないのです。新たな移民問題と併せ、そこを叩かねばなりません!

12
画像:5月某日、埼玉県越谷市内の公営団地内を一巡
当ブログにて集中連載した集団ストーカー裁判の現場となった団地
特に異常な事態や傾向等は確認されず
43

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★関連BLOG日米共栄圏IN沖縄
沖縄県・本土復帰44周年
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12160710569.html


★「行動する保守運動カレンダー」より
5・22舛添知事リコール直前デモin銀座
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1005

★渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
第六十二回日本の心を学ぶ会のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55509611.html


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞ネラーの新しい糞スレ(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12160542721.html
チョン糞の教育レベルと凶暴度合(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12160776710.html
チョン糞ストーカーの名誉毀損(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12160919788.html
チョン糞共産党がクソスレで火病(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12161193798.html

言論の自由(?)における暴力!
言論の自由(?)における中傷!
中核派による街頭での暴力事件が発生!
匿名掲示板での言葉の暴力に共通する!



701c9198-s  

  
Posted by samuraiari at 12:56このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 

2016年05月14日

舛添問題とネット右派の功績

1
画像:記者会見で追及に答える舛添要一・東京都知事


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆辞任も時間の問題!?

舛添要一・東京都知事による公金流用・無駄遣い・外遊問題!

一貫して韓国学校問題などを追及し続けたネット右派の勝利!
masu3
 舛添要一・東京都知事による公金の私的流用問題は、一旦は収束したかに見える。

 当初、週刊誌などで高級ホテルでの宿泊や公金を私的流用しての家族旅行、公用車での別荘通いなどが追及され始まり、東京都の定例記者会見でそのことを追及された舛添知事は記者の質問を遮るなど、見るからに疚(やま)しさがうかがえた。

 その後、「説明責任を果たす」と自信満々に述べた舛添知事だったが、マスコミに追及されればもう逃げ切れない。そう判断したのか、早々と謝罪して流用したとされる公金について返還すると表明した。
masu4
 しかし、一連の問題、今に始まったかに見えるが、既に数年前より「行動する保守運動」系の『日侵会(日本侵略を許さない国民の会 =菊川明美代表=)』が中心的且つ集中的に追及していた。

 行動する保守運動系で舛添問題の追及が始まったのは都市外交と称した舛添の訪韓を契機としたものだった。

:日侵会による最初の舛添追及行動

2014年08月11日 「舛添要一への辞任要求行動!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51950875.html

2553690d0c41c4f4

:直近の舛添リコール・デモ

2016年03月26日
【東京】舛添都知事リコール・デモ参加報告
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1858632.html
cf3c4b6b-s

 マスコミでも舛添知事による高級ホテル宿泊問題などが取り上げられ、一度は風化したかに見えた舛添問題だったが、やはり疚しい奴というのは図らずもボロを出すものである。
masu5
 今回はマスコミの追及から逃れられたかも知れない。しかし、遠からず、さらに大きな問題で舛添は追及される羽目になるだろう。舛添としては問題が大きくなる以前に不正を認めて潔く辞任していれば良かったものを、余計に大きく追及される羽目になるのではないか?

 東京都には舛添知事の決定による新宿区での韓国学校建設に対して、ゆうに1万件を突破する抗議・苦情が寄せられていると言う。

masu
masu2
 ここまで舛添問題が大きく取り上げられることとなったのは、ひとえにマスコミ報道がたけなわの頃も、マスコミ報道が風化しかかった頃も、一貫して舛添追及の手を緩めなかった日侵会の菊川代表ら行動する保守運動・ネット右派層の功績であり、勝利である。

 あれほど大々的に表面化した一連の舛添問題。舛添知事にとって、もう次はない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆左翼ではなく、ネット右派層を中心とした追及!

 そもそも舛添知事が東京都知事に就任した経緯から振り返ってみたい。

 前都知事の猪瀬直樹氏が現金5千万円を借りた「徳洲会問題」で辞任したことは知られているが、猪瀬氏と『徳洲会』の双方と親しかった右翼団体一水会(いっすいかい)』木村三浩代表が「罪」を被らなかったことで猪瀬辞任が起きている。

 然る右翼民族派団体の幹部は語る。
猪瀬の問題が出た時に、アイツ(木村)が身体を張って猪瀬を守らなきゃならなかった。その為にてめぇが傍に居たんじゃなかったのかという話だろう?

 右翼ってのも言ってみれば一種のゴロツキだよ。政治家にタカって懐にカネを仕舞うのも、甘い汁を吸うのも、てめぇの器量でやっていることなら、それはそれで良いんだよ。でも、いざご主人様がピンチって時には、てめぇが頭から泥を被る覚悟がなけりゃ用心棒にも何にもならない。単なる穀潰しだったのかよって話だろ?

 俺は紹介しただけで関係ないよ…仲介なんてしてないよ…って逃げちまうんじゃ用を足さねぇんだよ。

 木村が『俺がカネを借りた』『俺が使ったんだ』と言えば猪瀬のところまで追及はいかなかった。木村のところで止めてなきゃならなかったんだよな。

 あのまま猪瀬が都知事のままで居たとしてごらん? 東京都から莫大な利権が右派陣営に転がり込むことだって、あったかも知れない

 そもそも猪瀬氏が現金を借りただけの問題が、どこから誰にリークされて、どういう意図で追及され始まったのか、その経過を知りたいものである。

 猪瀬辞任を受け、2年前の1月に東京都知事選が始まり、舛添知事が当選を果たす。ちなみにこの当時、都知事選に出馬した元空幕長・田母神俊雄氏は現在、政治資金の問題で逮捕・起訴されている。

 都知事選に次いで衆院選では『公明党』重鎮の選挙区から出馬したことで話題を集めた田母神氏は、全国区への出馬を検討している直前に政治資金の問題が持ち上がったもので、明らかに出馬封じの政治的意図が絡んでの逮捕・起訴であることは間違いないだろう。
1
 この都知事選の最中、舛添知事に批判的だったのはしばき隊など宇都宮候補を支援した左翼勢力であった。一連の舛添問題は左翼勢力からの追及ではなく、ネット右派層を中心とした追及であることに注目して頂きたい。

 舛添リコール・デモなど行動する保守運動系による動きに対し、しばき隊など左翼勢力はまったくと言って良いくらいに沈黙そして静観を決め込んだ。

 東京五輪の招致そしてその実現に向け、東京都知事としてヘイトスピーチ規制を言い出したのも舛添、韓国に渡って韓国大統領に媚びて来たのも舛添。売国に狂奔した都知事がネット右派層によって引き摺り下ろされんとする格好の事例をつくったのである。

 マスコミではそれ以前、それこそ舛添知事が厚労相の時代から、あるいはそれより前の段階からの不正を掴んでいながら、それを抑え込むことに躍起となった勢力がいたと見て間違いない。

 今回、週刊誌をはじめとするメディアでそうした不正追及の向きが噴出したということは、抑え込んでもなお抑え込み切れなかったほど、舛添知事に不正が多い事実を物語っている。

 知事就任の以前…舛添知事が国政選挙に当選した頃、または一番最初に都知事選に出馬した頃(平成11年 石原慎太郎氏が初当選)より顔と名前を知られていた舛添知事だったが、元は学者としてテレビ朝日の『TVタックル』などテレビに出まくっていたことによる。

 テレビにレギュラー出演したことで顔と名前が知られ、後に政界に転じたケースとしては元大阪府知事で、前大阪市長の橋下徹氏に共通する。橋下氏は弁護士として、舛添知事は学者として。

 今回の舛添問題への追及では橋下氏や元ライブドア社長の堀江貴文氏など、著名人や他の自治体首長からも批判の声が上がった。方々から批判の声が上がれば、その政治生命は終わったも同然だ。

 抑え込んでも噴出したマスコミの追及をどうにか抑え込んだのか、はたまた舛添知事に対する何らかの警告だったのか? 一度は抑え込むことに成功したとしても、保育園の増設よりも韓国学校の増設や在日朝鮮人優遇の老人ホーム建設を優先させるような東京都知事に対しては、いずれ、より大きな形で追及の声が再燃することは間違いない。

 いや、ネットをはじめとする舛添追及の向きは以前にも増して高く、強く、激しくなっている。

 一連の舛添問題追及が示してくれたこと。…それは、いかに高い得票による選挙結果を背景にしていようと、いかにマスコミ規制によって不正が隠され、やりたい放題の都知事であっても、忽ち引き摺り下ろされ、謝罪・訂正して延命を図れば図るほど、より事態を悪化させるという格好の前例を示せた。

 次はどういう人が都知事に就任するかという問題よりも、またぞろすぐに都知事選をやり直すような候補では困るというのが東京都民の率直な思いであろう。

 有権者が投票に際し、しっかりとした考慮と判断において選択することを促した舛添問題だと言える。

masu5

★「行動する保守運動カレンダー」より
5・22舛添知事リコール直前デモin銀座
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1005

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 知事の問題は東京都ばかりではない。沖縄県も然り。翁長雄志・沖縄県知事は普天間から辺野古への米軍基地移設を妨害しているが、その一方では辺野古より遥かに大きい浦添基地の建設を容認するという二枚舌ぶり。

 その辺野古移設の妨害による影響だろうが、『USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)』の沖縄誘致に大失敗した。明らかに公約違反である。

 翁長知事を後押しする琉球新報などの左翼偏向メディアは「USJ沖縄誘致の失敗は政府の責任だ」「政府の後押しがなかったせいだ」として責任問題を国にすり替え、「そもそもUSJは沖縄県に必要なかった」などと言い始めている。

 知事がやりたい放題の不正と職務怠慢をやらかし、売国に狂奔しては偏向メディアという大応援団に守られているというのは東京都も沖縄県も構図として似通っている。

 辺野古妨害で日米同盟と民間レベルでの日米友好を阻害しておきながら、USJ誘致で公約不履行となるや国に責任転嫁しては政府批判を繰り広げる翁長県政こそ沖縄県から葬り去ろう。

★関連BLOG日米共栄圏IN沖縄
『USJ沖縄進出』断念の背景とは?
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12160092561.html

nawa

★集スト問題相談所ブログ
沖縄と各地の行方不明事件
http://blog.livedoor.jp/syutokensp/archives/59951536.html

suto

★優良ブログご紹介

舛添問題然り、昔から世間は「政治とカネ」の問題ばかりを追及していますが、「政治と宗教」「宗教とカネ」の問題こそ重大です! あるいは「政治とカルト」「カルトと非課税」と言えましょうか?

元労働大臣の村上正邦氏が以前、ご自身のブログで「創価とカネ」について色々書いておられます!

村上正邦の「不惜身命」その25(投稿日: 2011年11月9日)
http://blog.shunpunokai.com/?p=151

日本の年間防衛費の何倍もの額がカルトも含めた宗教法人に非課税とされています!

政治とカルト、宗教とカネの問題こそ追及されなければなりません!



★渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
第六十二回日本の心を学ぶ会のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55509611.html


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
チョン糞アル中がクソスレで語るオレ様政治論(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12160012082.html

匿名掲示板における左翼工作員の主張とは公人の発言を借りたネット右翼批判!
左翼・在日・同和勢力の代弁者と化してネットに粘着しているのは連中のほうだ!



701c9198-s

  
Posted by samuraiari at 22:04このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2016年05月13日

〔新連載2〕移民社会を目指すな!

heito
画像:右派市民デモに対して、歩道橋からカウンターのプラカードを掲げる妨害勢力
「共に生きよう」などという発想は地球規模での話にしてくれと言うに尽きよう
右派市民デモでは地球上から殲滅させよ…などという主張はしていない


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆ヘイト対策に狂奔する亡国(公明党)政権

超エリート主義とは正反対に偏差値バカばかりを生み出すカルト政党

 この5月13日にも参院本会議では「ヘイトスピーチ対策法」が成立する運びとなった。同日中にも衆院に送付される運び。

heito2heito
 与党の修正案では、憲法上で保障された表現の自由との兼ね合いから罰則は設けられなかったが、本法案では罰則の有無以前にヘイトスピーチの定義として、「生命や身体に危害を加える旨を告知し、著しく侮辱するなど、外国出身者であることを理由に、地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」とされている。

 そもそも「行動する保守運動」をはじめ、右派系市民デモでは外国人に危害を加えることを目的としていない。デモや街宣の呼びかけで、些か刺激的な表現はあったかも知れないが、それらは機運を盛り立てるための一種のアジテーションに過ぎない。何ら実効性を伴なわない刺激的表現だったのだ。

 実効性が伴なわないと言うよりも、それを公権力において実行出来る社会にしていこうと呼びかけたものであり、何もテロリズムを告知・奨励したものではない。

 また、それらのデモ告知は外国人であるという理由だけで排除を呼びかけたものでもない。『在特会(在日特権を許さない市民の会)』にしても『日侵会(日本侵略を許さない国民の会)』にしても、我々(外撲協及び護国志士の会)にしても、不法滞在など犯罪を起こした外国人、日本に対して反日的または日本を弱体化させるような動きをする外国人を排除しようと呼びかけたものである。

 さらには日本に対して極めて敵性の強い反日国家、即ち敵国と表現しても過言ではない国との国交断絶を呼びかけたものであり、移民受け入れのように無制限な外国人の受け入れを厳正に規制せよと呼びかけたものである。

 表現の仕方や個々の捉え方によって幅はあるし、デモ参加者の全てが主催者の主義主張や思想信条に徹頭徹尾、賛同しているわけではない。

 それこそ行動する保守運動一つとっても個々で考え方は千差万別であって、十把一絡(じっぱひとから)げにヘイトと規定することは出来ないだろう。

 確かに憎悪的な表現や行き過ぎた主張もあったのかも知れないが、それらをヘイトスピーチ・デモとして断罪するというのであれば、そうした言動が起きるに至った大元(在日特権など外国人への過度な特権、保護の付与)を正さなければなるまい。過度な特権的待遇の付与は在日外国人を増長させる懸念があるし、実際問題そうした傾向は否定出来ないのではないか?

 事実、今回のヘイト対策法の成立を主に歓待しているのは左翼勢力だが、その左翼勢力は沖縄県などの反基地闘争において、相手が在日米軍兵であるというだけで著しく侮辱し、在日米軍兵(外国出身者)であるというだけで地域社会からの排除を扇動している。そればかりか、米軍関係者が乗った車両に飛び乗ったり、大勢で基地フェンスをなぎ倒さんばかりの勢いで飛びかかかるなど、それこそ「生命や身体に危害を加えるような言動」に終始しているのだから、何らかの対策が求められていたのだ。

 ある意味ではだが、筆者(有門大輔)としても、このヘイト対策法の成立を歓待したい。

 しかしながら、同法が行動する保守運動など右派系市民デモへの規制を念頭に置いていることは間違いない。外国人への過度な保護のみを念頭にしたヘイト対策法は、別名「日本人差別法」と言えるものであり、ヘイト対策法そのものが外国人、特に在日韓国・朝鮮人への特権的な法律であると言える。

 このヘイト対策法を与党として成立させるのは自民党となっているが、その背後で積極的に動いていたのは公明党であることは間違いない。何せ参院法務委員会の委員長は他ならぬ公明党議員である。

 昨年、安保関連法の成立で自衛隊の武器使用に制限をかけて足を引っ張ったのも公明党、来たる夏の参院選で憲法改正を争点化することに反対しているのも公明党である。
masu
 現在、公金の私的流用がマスコミでも追及され始まっている東京都の舛添要一知事は「説明責任を果たせる」として辞任の意向はないとの姿勢を強調しているが、「徳洲会事件」で猪瀬直樹前都知事を引きずり降ろして以降、舛添擁立を自民党に無理やり飲ませたのも公明党、法務省での人権問題調査で桜井誠氏(行動する保守運動の主唱者で、在特会の前会長)に対して法的制裁を加えようとしたのも公明党、ヘイト対策法の成立で自民党のタカ派議員に旗降りをさせたのも公明党、日韓合意で捏造の戦時売春婦強制連行を安易に謝罪させたのも公明党、先日の日中外相会談で来日中国人へのビザ緩和を確約させたのも公明党と見て間違いない。

 与党内でヘイト対策法、即ち右派市民デモ弾圧を公明党が主導的に実行した背景とは何か?

 おそらく、自民党と行動する保守など右派系市民デモの完全な分断である。

 飽くまでも憶測の域を出ないが、自民党の政調会長筋から選挙運動に際し、行動する保守運動系のデモ参加者を排除せよと言う指令が出ているとされる。こうした措置が事実だとすれば公明党への配慮と考えるのが妥当だろう。
zimin
 前出の亡国政策・外交により、保守層が自民党から離れた場合、自民党はますます公明党が支持母体として持つ創価学会』票への依存体質を強めるだろう。
 そのため、公明党サイドは自民党に対して保守層が離れていくような要求を次々に突きつけているのではないか?

 そう考えた場合、ヘイト対策法の成立と、行動する保守運動・右派系市民デモによる言動は、実は本質的にあまり関係がないのかも知れない。

 現在、自民党は実質的に第2公明党に成り下がり、その内実は公明党政権と断言しても過言ではない。

 自民党政権が進めようとしている移民受け入れ計画についても然り。同じく政権与党であり、連立パートナーである公明党からは積極的な反対論というのを一切聞かない。

 反対がないということは是認したも同然であり、むしろ是認どころかヘイト対策法(外国人優遇措置)と同様、裏では公明党こそが主導的且つ積極的に移民受け入れ計画を推進していると見るべきではないか?

 当ブログとしては、この公明党政権を厳しく弾劾するものである。

★外対声明! 「公明党・創価学会」を糾弾せよ!
http://gaitsui.web.fc2.com/statement/seimei2016_05_11/2016_05_11.htm
koumei

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆シンガポールに倣え!

少子高齢化を解消し、発展・繁栄につながる国家の条件

 すっかり前置きが長くなってしまったが、ここからが移民問題における本エントリーの本旨である。

:前エントリー

2016年05月11日 「〔新連載1〕移民社会を目指すな!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52015144.html

 前掲の記事ではシンガポールで高学歴者が多く子供を生むシステムの導入に取り組み始めたことに触れた。

 リー・クアンユー首相(当時)は1984年4月11日、テレビ放送にて改めて理念の骨子を説明。具体的にはシンガポール国立大学への入学に際して要求される語学試験の基準を緩和して合格点を下げた。
 語学試験での合格点が高く評価されると、どうしても女性の合格者が男性の合格者を上回ってしまう。必然、女性大卒者が多くなって、それが女性大卒者の未婚や晩婚化に拍車をかけ、少子化傾向を助長している。

 語学の合格点の緩和後、実際に男性合格者が女性合格者を上回るようになったと言う。…この点、小学校から英語教育を導入しようとしている現在の日本も見習わなければならない。いくら駅構内や公共施設に英語併記や中国語・ハングルの併記を増やしたとしても、日本国民の根本的な問題の解決にはなっていない。

 いかに「大学全入時代」とはいえ、偏差値バカと低学歴ヘイトの学歴差別主義者ばかりを生み出しては、その偏差値バカが官僚となり、政治家となって国をリードしている現在の日本とは大きな違いがあるのが分かる。

どのような社会であれ、エリートがいなければならない。大衆を先導し、しかも最初に倒れる危険さえ厭(いと)わない、責任あるエリートが必要なのだ。エリートをいかに生み出すか、シンガポールの将来はそのためのシステムをいかに作るかにかかっている」(リー・クアンユー首相 84年4月11日 テレビ放送にて)

 かつて近代国家で人口(増加)政策に成功したのはナチス・ドイツだけだと評価したことがあったが、ここにシンガポールも加えなければなるまい。
 政府が仲介する形で、一定水準の基準を満たした者に限定し、国家予算を投じて結婚を斡旋した。女性向けの結婚斡旋セミナーでは結婚や育児の喜びを徹底して啓蒙したのだ。

 …やたら女性の社会進出や、子供を預けるための外国人家政婦を導入してまで女性を社会に引っ張り出そうとする現在の日本政府とは大違いである。

 1965年にマレーシアから独立したシンガポールは当時、人口約150万人ほどが暮らす、淡路島程度の面積の小島。当時、インドネシアはマレーシアの独立を認めておらず、そこから分離・独立したシンガポールもなおさら独立国として認められていなかった。

 インドネシアとマレーシアは、シンガポールにとって最大の貿易相手であると同時に、いつでもシンガポールを制圧するだけの軍事力を有していたと言う。

 …この辺り、時代背景や脅威の質は異なれど、中国や韓国、北朝鮮、ロシアといった敵性国家または敵国に隣している現在の日本の状況と似たところがあるのではないか。

 その上、シンガポールには、インドネシアやマレーシアと同様、華人とマレー人の民族対立を抱えていた。

 そうした国際環境の中で生き抜くため、シンガポールは国家による徹底した管理体制を作り上げたのだ。

もしも政府が国民の個人的問題、例えば隣人が誰なのか、どうやって生計を立てているのか、騒音を出していないか、どこに唾を吐くのか、どの言語を話すのかについて干渉しなかったとしたら、今日の我々の繁栄はなかっただろう」(リー首相 86年)

 具体的には独立以降、一貫して与党の地位にあった『人民行動党』がシンガポールでの事実上の一党支配体制を築き、メディアに対しては徹底した規制を敷いた。シンガポール政府に批判的な外国メディアに対しても、容赦なく販売部数を制限。

 労働者によるストライキを基本的に違法として、戦闘的労組は解体。

 国民の容姿や服装、素行に対してまで徹底的に干渉した。

 …この点、「ヘイトしばき」と称し、フーテンかチェ・ゲバラ(キューバの革命家)かぶれの服装をしては街中を闊歩しているしばき隊のような連中がいる日本とは大違いである。
 挙げ句、個人の自由だと称しては同性愛までを公的に認知せよという要求が飛び出して、一部でそれが認められてしまう現在の日本とも。

 沖縄タイムス琉球新報など、本土の偏向メディアが可愛く見えてしまうくらいの左翼マスコミが幅を利かせ、左翼系労組が組織的に挙って沖縄県内に展開しては米軍基地建設を妨害している日本の状況とも大違いだ。

 辺野古での基地移設がどうのの前に、労働者への賃上げを実現していれば、左翼系労組など堂々潰せていたに違いない。

 メディアどころか、一般の外国人でさえ日本政府と日本国民を悪し様に言っても咎められないばかりか、公然と賞賛されてしまう世の中…。

 在日外国人は存在しても、(シンガポールでのマレー人と華人のように)日本国民の中で民族対立など存在しないというのにヘイト対策法で、さも民族対立が存在するかのようにされてしまう。

 巷では民家の間における騒音による集団ストーカー行為が横行し、外国人が公道で唾を吐いても誰にも咎められない、個人の権利で外国人との国際結婚(偽装婚や国際結婚詐欺を含む)に国も口出ししない、2ちゃんねるのようなインターネットの匿名掲示板では左翼と外国人工作員が言いたい放題、夜の町中でも外国人が母語を大声で話しても何ら憚らない…。

 こんな社会では絶対に少子高齢化は解消されないし、絶対に発展・繁栄にはつながらないのである。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★移民国家の実状と外国人犯罪情報!
cyon
画像:朝鮮人によるイスラム過激派を騙っての京都御所への爆破予告
アホの極みであり、強い反日思想に基づく日本それも皇室に対する破壊工作の一環として、業務妨害罪どころか死刑に処さなければならない!

ryu
画像:返済不要の奨学金給付策を見送り!?
外国人留学生への奨学金・帰省費用・宿舎提供を廃止すれば、すぐにも無条件で実現される政策である
公明党のような政権政党こそが悪い!


:過去エントリーのコメント欄より

2016年05月11日 「〔新連載1〕移民社会を目指すな!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52015144.html#comments

http://harekumoriyuki.blog.fc2.com/
スウェーデン在住の日本女性からの報告を紹介したいと思います。
スウェーデン警察は53の危険地域を3つの水準にわけ公表しました。
そして、Sarskilt utsatta områden(特に危険な地域)として「大変多くの問題を抱え、公的機関による早急な状況改善の努力が求められる。地域では警察が任務を遂行することが困難で、暴力的な宗教的過激主義が育ち、並行社会構造(異文化社会)が存在している。」とし、移民地域が特に危険地域として子弟しています。
スウェーデンにおいては、殆どが危険地域=移民居住地域となっており、彼女の住む町も指定はされていないものの麻薬の密売が行われる移民の居住地域が存在するとのことです。以下、彼女の意見をご紹介します。
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年05月11日 12:02

どうして難民反対政党のSD(スウェーデン民主党)の
人気が年々上昇しているのか、悪い事なのになぜあちこちの難民施設が放火されるのか、理由の一部が浮かび上がってきます。
 何の罪もないスウェーデン人の一般市民が危険な移民地区の恐怖にさらされるなんて、なんかおかしいじゃないか?と疑問を感じ、社会の悪化をくいとめようとする人々が現れるのも自然な成り行きだと言われざるを得ません。それが放火などの乱暴な形でなされてしまうのは残念な事ですが、そこまで切羽詰ってしまっている証拠ともいえるので、そうした人々の事をひたすら無視や批判するのみで意見を認めないとしたら、それは非民主主義的な対応であるし、乱暴な行為を食い止めるのも難しいのではと思います。
 社会主義の人々はこうした警察の客観的なレポートに対して、警察を偏見的だ、ヘイトだ、ナチスだと罵るのでしょうか。このレポートを見て警戒心を抱く人に対して、差別主義だの極右だのと叫んで攻撃するのでしょうか。
引用終わり
Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年05月11日 12:04

 これが、移民を入れたスウェーデンの現状です。一般のスウェーデン人が移民の犯罪の恐怖に怯え、スウェーデンに暮しながら正常な生活が営めない現状が浮かび上がってきたます。
 政治家や経団連のお金持ちはよいですよ。彼らは、移民のいない場所に居を構え、警備員や警備施設の充実した家を購入する経済力がありますから。しかし、それができない一般人はどうしたらいいのでしょうか?
 欧州で移民反対の政党が支持を伸ばし始めていますが、低所得者層や年金生活者が多いそうです。これは、わかる気がします。
 何故なら、そうした人達は自宅周辺に移民が住み着き、ゴミだらけにされ、騒音や悪臭や治安悪化に悩まされても引っ越すことができないのですから。
 特に逃げたり抵抗することができない高齢者は犯罪の標的になりやすいので、移民達の強盗や強姦の被害にあうのです。
 移民を入れれば、負担を強いられ、苦しむのは高齢者をはじめとする弱い人達のなのです。昨年ペルー人に妻子を惨殺された男性は毎日仏壇の前で泣き暮らしているといいますし、大晦日ケルンで痴漢行為にあった女性は悪夢にうなされ、外出できない状況です。2011年にノルウェーでは、14歳の少女が移民に集団で強姦され自殺しましたが、こうした移民犯罪の被害者に対しては誰も責任を取りませんし、補償は一切でないのです。

Posted by 名無しの権兵衛 at 2016年05月11日 12:18

以上

結論:ナショナリズムこそが一般国民にとっての「最大の武器」であり「唯一の逃げ場」だということでしょう。「愛国心が臆病者の逃げ場」とする旨を説いた学者もいるようですが、トンでもない話です。何らの武器も手段も持たない小心者の国民は堂々そこへ逃げ込んで良いのです!


★関連ブログ『日米共栄圏IN沖縄』
露と消えた沖縄USJ、そして辺野古の警備騒動
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12159279622.html


★「行動する保守運動カレンダー」より
5・22舛添知事リコール直前デモin銀座
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1005


★渡邊昇氏のブログ『一介の素浪人』より
第六十二回日本の心を学ぶ会のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55509611.html


2ちゃんねる撲滅!
侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!
sotokanda
同盟ブログからのご紹介♪
愛知勢とチョン糞ネラー(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12159173144.html
チョン糞の発想丸だしクソスレ(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12159366247.html
チョン糞スレ出入のダメダメ感(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12159550908.html
チョン糞カウンターの出張り先(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12159662069.html
チョン糞が突っ突く信仰問題ってナンダー(笑!?!?
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12159777743.html

匿名掲示板左翼・在日工作員には絶対に「真の世論」は作れない!
あるのは真の世論に対する中傷と陰口、やっかみ、僻みのみである!



701c9198-s

  
Posted by samuraiari at 02:26このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 | カルト邪教政党・集団ストーカー問題