2017年08月31日

池袋・支那人強姦未遂事件!

1
画像上下:8月28日早朝、池袋駅北口の路上で公然と発生した支那人(中国人)による強姦未遂事件!
通行人がその一部を動画で捉え、インターネット上では前代未聞の事件に話題騒然!

bukuro

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆遂に治外法権(チャイナタウン)!?

名実ともに街中で公然と蛮行・凶行がまかり通る社会…!?

 8月28日早朝、東京・豊島区の池袋駅北口付近にて、支那人(中国人)と見られる男が下半身裸の状態で女性に襲いかかるという強姦(未遂)事件が発生。在日支那人が「池袋チャイナタウン」を建設しようと目論む一角であり、夜ともなれば支那人ホステスの溜り場となる一角だ。

 特に人通りの多い街中で公然と発生した凶悪な性犯罪で、その様子が偶然にも通行人によって撮影されていた。

 本当に日本なのか?…支那(中国)ではないのか!?

 …事件の大胆不敵さと、あまりの衝撃にインターネット上では大変な話題となっている。

2

 この手の事件というのは大抵が人気(ひとけ)のない夜道や密室空間で起きるもの。ゆえに人通りの少ない夜道には気をつけろと言われる。

 それが朝の通勤ラッシュの時間帯、それも人通りの多い街中で公然と発生するという前代未聞の事件。

 第三国人と言われる朝鮮人アウトローが横暴を極めた戦後の混乱期を彷彿とさせるが、事態はそれ以上に酷いと言えるかも知れない。

 些か話は逸れるが、北朝鮮のミサイル一発に全国民がJアラート(国民保護サイレン)で右往左往する様が現代版の空襲警報であったとすれば、街中で堂々と発生した支那人による強姦未遂事件こそは戦後の混乱期である71年前と何ら変わっていないことを示して余りある。

bukuro2

 池袋での事件について警察は詳細を一切公表していない。

 容疑者がどういう素性の支那人で、被害者の国籍がどこで、何歳の方であるのかも…。

 事件が拡散されることで日本国民の反支那(反中国)感情に一気に火がつくことを恐れているのだろう。

 伝えられるところによると、支那人容疑者と被害女性は以前、交際関係にあって、支那人容疑者の男が復縁を迫り、これを拒絶した女性に乱暴狼藉に及んだとのことだが、それとて実際のところはどうなのか分かったものではない。

 容疑者が薬物などを常用していたのではないかとも思われるが、もしかすると、偶然に通りかかった女性を襲ったのかも知れない。

 いずれにせよ、自らの要求を通し、欲求を満たすためなら、どこでどのような行為に及び、それを誰に見られようと何ら構わないとする発想はいかにも支那人らしい発想だと言えよう。

★動画
中国人が池袋で…

https://www.youtube.com/watch?v=YEWYeWzZSaI

 彼らの母国である支那では、白昼の街中で公然と、日本社会の常識では考えられない暴力沙汰も頻発しているようだが、それが遂に日本でも起きたと言える。

 これまでも観光客など支那人の傍若無人ぶりは目にあまるものだったが、今回の池袋での事件は、それさえもまだ控え目だったことを示していよう。

 今回の池袋での事件は、通りかかった人たちが制止に入り、警察に引き渡したことで一件落着を見たものと思われるが、今後こうした異常な犯罪は増加傾向にある。

 例えば池袋での事件はまだ単独犯だったのでどうにかなったが、これが欧州ドイツで難民の群れによって引き起こされたように「集団強姦」という形で発生するかも知れない。

 現にJR赤羽駅付近(東京・北区)の公衆トイレでは偽装難民による日本人女性への婦女暴行事件が起きている(しかも被告のクルド人は無罪放免で釈放?)。

 ただでさえ人通りの多い街中で、それこそ大勢の人だかりで群がられたりしていると、たとえ白昼の公道と言えども、周りからは一見して何が起きているのかも分かり難い。

 現に大晦日のドイツで夜に発生した集団強姦事件はそういう状況だったのではないか?

 いかに被害者が周囲に救いを求めようと、周りには聞こえ難いし届かない。そもそも人だかりの中で何が起きているのかさえも分かり難い。そうした被害に遭う日本人女性が出てくるのではないかと懸念される。

 大勢でやれば怖くない…の喩えではないが、集団でやれば日本人は何も手出し出来ないことが池袋では単独犯で堂々と行なわれた。

 それが大勢での集団ともなればなおのこと(事件の)頻発が懸念されるが、そこまで支那人が日本社会で増長してしまったことを物語っていよう。

 実際、池袋での事件が起きるような「前兆」というのは各地で頻発しているわけで、繁華街では深夜、ホステスの女子が黒人の男に強引に手を引っ張られたとか、支那人や朝鮮人から拉致・誘拐同然の強引なナンパがあったりと、類似した事件は日常から起きてもいる。

 日本人が黙っていれば白昼だろうと早朝だろうと、同様の事件は起きてくるだろう。

 今回の池袋の街頭での強姦未遂事件を非公表にしたまま、有耶無耶にしてはならない。

 たとえ多少なりとも暴走の危険はあっても、事件を通じ、日本社会に支那人ほか外国人増加の脅威を伝える必要がある

 今のままでは支那人ほか外国人の暴走を看過する一方である。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


事件のあった北口付近では、我が『護国志士の会』(高木脩平局長)が月例街宣を行なっており、池袋での強姦事件を
受け、来たる9月2日(土)、開催が決定しました!

★「行動する保守運動カレンダー」より

9・2  第十回 護国志士の会 池袋定例街宣
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1290
昨年9月から練馬支部街宣として始めた池袋定例街宣も、お陰様で1年を迎えました。
今後は練馬支部長の主催と第1日曜日にこだわらずに開催していきますので宜しくお願い致します!

今回のお題は…「防犯」にしようと思いましたが支那人による強姦事件と北朝鮮のミサイル発射で頭に来たので「北朝鮮問題、外国人犯罪、移民難民問題等」に変更します。多少脱線しても構いません。妨害者は全て北朝鮮や犯罪支那人の手先とみなします。

9月2日(土)15時からJR池袋駅西口「いけふくろう」前にて行います。


★本日の予定(行動する保守運動カレンダー」より)

8・31 多摩陵(たまのみささぎ)参拝
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1286
3
8・31 【月例】有田芳生徹底糾弾・移民・難民受け入れ断固反対新宿街宣
反グローバリズム国際保守連合

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1289

4

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
糞スレにて、性犯罪を起こしそうな在日工作員の欲求不満を嗤う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン糞ブタマネの目覚しはJアラート(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12305938710.html
チョン糞ブタマのオキニ(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12306142152.html
チョン糞ブタマネの15の夏(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12306246889.html


701c9198-s 

  

Posted by samuraiari at 01:49このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街・中国人追放運動 

2017年08月29日

緊急!総連本部前

13
画像:朝鮮総連本部の正面玄関前にて抗議のコール!

12
画像:抗議当日の総連本部前

14

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆北朝鮮弾道ミサイル発射!

総連本部前にて「行動する保守運動」の緊急抗議行動!

16
画像:朝鮮総連付近での日本国民怒りのシュプレヒコール


 平成29年8月29日午前6時過ぎ、北朝鮮が弾道ミサイルを発射!

 北海道上空を超え、海に着弾!

 1時間を経ないうちに「行動する保守運動」代表の桜井誠氏(『日本第一党』党首)が東京・千代田区の朝鮮総連本部前での抗議行動を呼びかける!

 一方、埼玉県内で発射の第一報を聞いた我々一同も『牢人新聞社』の渡邊昇主幹を先頭に、東京都内へ向けて出発!

 高速道路を車で移動、10時過ぎには千代田区の朝鮮総連本部前に到着!

 既に桜井氏らの一行による抗議行動は始まっていた!


2
画像上:朝鮮総連本部へ向かう通路は警察によって封鎖されていた
11
画像上:そのため総連玄関前での抗議文投函は限られた人数づつで4班に分かれて赴いた
4
画像上:周辺では右翼民族派の街宣車も出動!
警戒中の警察官との間で非常に物々しい雰囲気になりながらも、街宣車からは我ら行動する保守運動の抗議行動に対して
「頑張って下さい!」との激励の言葉がかけられた

☆懸念される「東京大空襲」の再現!?

 奇しくもミサイル発射の当日、渡邊代表の知人らが北海道より上京、埼玉県に滞在している最中だった。

 その北海道関係者が地元の方々と取り合った連絡によると、本土よりも相当に緊迫した北海道の状況がリアルタイムで伝えられたものである。

 建物や地下街に避難しようにも大都会のように、そうそう都合の良い建物が身近に存在するわけでもない。そもそも、どこかに避難しようと、それで助かるという類のものでもない。

 「Jアラート」なる国民保護サイレンが携帯電話メールから弾道ミサイルの発射を全国民に知らせたようだが、これこそは、まさしく「現代版の空襲警報」だ!

 約70年前の大東亜戦争でもB29爆撃機の飛来を空襲警報で知らせ、日本国民が防空壕に避難することが繰り返された。

 つくづく、あの戦争当時と状況は何も変わっていないのだと思わされる。

 しかも、今度は米軍の爆撃機ではなく、北朝鮮の弾道ミサイル。

 この戦後71年間、日本は経済大国・先進国としての地位を築いた。既に北朝鮮を遥かに凌ぐ最新鋭の兵器・装備を保有してもいるだろう。その気になれば核保有だって出来るはずである。

 それらを、いつでも行使出来る体制さえ整えていれば、ミサイル一発に全国民が右往左往する事態にはなっていない。

 まさに国家が国民の生命・財産を守ることを蔑ろにしてきたことの帰結である。

 日本人拉致に加え、覚せい剤の密輸、数々の対日テロ…そして核とミサイルによる軍事的恫喝…この71年間の日本国とは何だったのかと思う。

 このままでは数十発、数百発のミサイルが日本本土に撃ち込まれる事態が続くかも知れない。その度に日本国民が避難を余儀なくされるように。まさに東京大空襲の再現である。最悪、原爆投下の再現もあり得る。

 北朝鮮がミサイルで日本を攻撃してくればアメリカが反撃してくれる…国際社会が云々…とはよく聞かれることだが、誰がそのようなことを絶対的に保障してくれているのか?

 かつて日本人拉致被害者の家族が「日本を信じる」とした思いへの「応え」が今、問われている。

 今回のミサイル発射を受け、テレビでは「なお、破壊措置はありません」などと報じていたが、正しくは「やろうと思っても北朝鮮が奇襲的に撃つと何も出来なかった」と報じられるべきではないか?

 昭和19年の大東亜戦争中、関東地方の上空に初めて偵察用のB29が侵入して来た際、陸海軍の防空部隊が為す術もなく、B29をそのまま生きて帰したことが今回、再現されたようなものだ。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆夢の「渡邊昇&桜井誠」のタッグ!

 今回の抗議行動で良かったと思うこと。

 それは呼びかけ人である桜井誠氏が昨年来、都知事選に出馬して以降、日本第一党の設立…都議選への進出に至るまで、長からず疎遠になっていた渡邊昇・牢人新聞社主幹との共闘に至ったことである。

 別段不仲だったわけではないが、なかなか運動の場でも両者が顔を合わせる機会はなかった。特に桜井氏が政治に本格進出して以降は…。
1
3
 それが今回の北朝鮮危機を通じ、桜井氏が呼びかけたハンドマイクのみでの抗議行動に、図らずも渡邊主幹が街宣車用
の大型スピーカーを持参して馳せ参じ、精強なる抗議行動がさらに精強に!

 危機に際しては立場や路線、方針の違いを乗り越えた共闘が実現する…これもまたピンチはチャンスでもあることの格好の例えなのだろう。

5
画像上:今回の抗議行動では、日本第一党より八王子選挙区で都議選に出馬した岡村氏も八王子より馳せ参じた!
7
画像上:演説する渡邊昇・牢人新聞社主幹
8
画像上:抗議文を読み上げる桜井誠氏
15
画像上:日本人拉致など北朝鮮問題を一貫して追及してきた佐藤氏
9
画像上下:参加者らが手にしていた抗議のプラカード
10

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆日本一の愚か者ども!
「反米勢力」の偽善性と反日性を衝く!

 どんなに日本が危機に瀕しても絶対に共闘してはならない連中が存在する!

 反米勢力『対米自立実行委員会』の山口祐二郎はミサイル発射当日、ツイッターで「北朝鮮との対話」「友好」などと呼びかけている。

yama
※注意 画像は宣伝ではありません
yama2

yama3

 確か対米自立実行委は有楽町マリオン前での街宣で、北朝鮮による自主防衛を絶賛していた。その一方、日本の自主防衛は非難して北朝鮮のような国と対話せよ…友好的になれ…などと言うのか? これが反米勢力の偽善性であり、反日性である。

 こんなものは非国民どころか、売国奴、国賊という表現すら勿体なく、アカ(共産主義者)と言うに相応しいだろう。

 今年5月には渋谷区議会議員の芦沢一明(民進党)とともに北朝鮮を訪問した山口だが、その人脈・系譜をたどると、共闘関係にかつて行動する保守運動を率いた『主権回復を目指す会』代表の西村修平

 さらには直属の先輩格に『一水会』代表の木村三浩(訪朝経験あり)! さらに木村の長年の盟友であり、しばき隊として右派市民デモ妨害でともに行動した民進党参議員の有田芳生(同じく訪朝経験あり)!

 さらに木村三浩の知己としてクリミア半島に同行した元首相の鳩山由紀夫(同じく民進党=当時は民主党=出身)!

 などといった具合に民進党の系譜にたどり着く。

yama4

 こうした北朝鮮シンパと共闘する一方、主権回復を目指す会代表の西村修平に至っては、朝鮮総連本部が位置する千代田区の然る自民党区議会議員とは初当選の頃から選挙を支援する間柄である。

 この自民党所属の千代田区議会議員に対しては、公開質問状などで、これら反米勢力・親北朝鮮勢力への見解を質すとともに、間接的な関係について問うてみたい!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

2ちゃんねる撲滅!


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 18:43このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 

2017年08月28日

小池知事の英断と朝鮮人暴動!

☆「大虐殺」の夏!?

共産勢力の猛威と戦争の危機そして大暴動…!

koike
画像:小池百合子東京都知事は、関東大震災(大正12年9月1日)直後における虐殺(?)で犠牲になったとされる
朝鮮人追悼式に都知事としての追悼文を送らないと決定した!

これまで、「三国人」発言で知られる石原慎太郎都知事(当時)時代から歴代の都知事が追悼文を寄せていたことから鑑
みれば、「(虐殺には)根拠が無い」として追悼文を送らないとした決定は、どの都知事よりも強硬姿勢だと言えよう!


もしかすると…この人なら公明党(カルト創価学会)さえも従順に手なずけるかも知れない!?

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 まったく信じ難いことに、世の中にはトンデモなデマが平然と「史実」として語り継がれていることがある。関東大震
災直後の被災地における「朝鮮人虐殺」もその一つだろう。

 平成12年4月、自衛隊の観閲式にて、災害時における不法滞在・不法入国の三国人による騒擾事件に言及した石原知事は方々からバッシングを浴びた。

 この頃、シンスゴなどの在日朝鮮人や左翼を中心に『石原やめろネットワーク』などが形成されたのを思い出す。現在で言えば『しばき隊』や『のりこえネット』のような存在だが、その批判対象が石原知事のような政治家から一介の右派市民団体に移っていることに時の流れを感じてしまう。

 何より、筆者(有門大輔)自身こそ、その右派市民団体の一翼を担っているわけだが、現在で言われるヘイトスピーチと同様に、当時は石原知事がマスコミ各紙で激しくバッシングされていた。

 当時の石原都政にはそうした批判をかわす狙いもあったのだろう。この石原都政の時代より、関東大震災の朝鮮人追悼式には都知事より追悼文が送られることが慣例となった。

 それにしても十数年に及ぶ石原都政の時代ほど欺瞞的な都政もない。都民として都内に在住した「歴史の証人」「当事者」として記憶していることだが、「不法外国人の一掃」「不良中国人を東京都から叩き出す」とした一方、石原都政では池袋(豊島区)に「事実上のチャイナタウン」と言えるほどに中国人(支那人)を跋扈させてしまったのである(見方によっては新宿・歌舞伎町を浄化して池袋に集めたとも捉えられるが)。

 平成28年8月、小池都政の発足直後の朝鮮人追悼式では、小池都知事は追悼文を送付している。

 しかし、今年3月の都議会で自民党の古賀俊昭都議会議員より、「虐殺されたとされる朝鮮人の人数」についての追及を受け、9月1日の追悼式への追悼文の送付を取りやめとした。

 たとえ、つい最近とも言える十数年前から始まった慣例とはいえ、悪しき慣例は早期に断ち切ったほうが良い。

 小池都政では、「大空襲や大震災など全ての犠牲者を弔う法要で都知事として哀悼の意を表しており、個別の行事での追悼文を差し控えた」と回答したが、いずれにしても追悼文の送付を取りやめたことは正しい選択だったと言える。

 一般的に言われることとして、関東大震災直後に「朝鮮人が暴動を起こした」とするデマに煽られて自警団が朝鮮人を虐殺したという経緯だが、朝鮮人暴動はデマではなく、後の平成時代に石原知事が指摘することとなる「三国人の騒擾事件」そのものの事実だったのである。

 大正当時の新聞記事にもその事実が確認されているのだ。

e

 朝鮮人が家々に火を放ち、凶器を携えて暴動を起こしたのである。暴動が起きれば、これを鎮圧するのは当然。

 恐ろしいことに、戦前のように軍隊も存在した…憲兵隊も存在した…その時代さえ大震災などの混乱に乗じて朝鮮人が暴動を起こして日本人が犠牲になったという事実である。

 これが、この平成の世ともなると空恐ろしい。

 現に…! 右派市民デモへの妨害で知られる『しばき隊』のような共産主義勢力が外国人と結託し、平時の日頃から既に暴動紛いの騒ぎを起こしているではないか!

 そのしばき隊が勢い余って総理大臣の街頭演説にさえ公然と妨害に現われた。

 暴動は災害時に起きるのではない。平時の段階から既に三国人暴動の芽は出て来ているし、既に暴動は起きてもいる。

 しかも…! 物理的な破壊や暴力を伴なう大規模暴動は災害時のみならず、戦争など戦乱に乗じて起きることが懸念される。

 北朝鮮の弾道ミサイルが度々問題になっているが、北朝鮮が日本やアメリカ領土グァムに攻撃を仕掛けた場合、北朝鮮としても報復による大攻撃を受けることは想定内だろう。

 だが、北朝鮮が物理的な攻撃に至るタイミングとは、どういうタイミングだろうか?

 それは日本国内で在日朝鮮人及び左翼・共産勢力が暴動に及び、首都・東京を制圧するタイミングと条件が整った段階ではないか!?

 無論、そのタイミングでは在日外国人の中で最多を占める在日支那人(中国人)の動向も見過ごせない。

 その意味で、前出のしばき隊などが「ヘイトスピーチ規制」を錦の御旗に猛威を振るっている状況というのはとてつもなく恐ろしい。

 思い起こせば、今年8月ほど「虐殺」に関するキーワードが持ち上がった月日というのもない。

 8月6日と9日の(広島・長崎への)原爆投下の日には、反米勢力のほか右翼民族派の各団体がアメリカ大使館(東京・虎ノ門)前で抗議行動を行なったが、目下、日本に核攻撃の脅威を及ぼしているのは他ならぬ北朝鮮。

 むしろアメリカはドナルド・トランプ大統領が日本に核保有を促しているほどであり、日本から主体的な動きではなく、かつて日本に原爆投下したアメリカの側からこれを促されてしまうところが何とも情けない。

 同じく9日には我々『護国志士の会』(高木脩平局長)として他の右翼民族派団体とともに、ロシア(旧ソ連)大使館前での抗議行動を展開しているが、その旧ソ連と同じく共産主義国家(北朝鮮)による対日攻撃の危機はますます高まっている。

 他方、アメリカではヒラリー民主党支持の左翼・共産主義者が反トランプ暴動を引き起こし、さながらアメリカ版しばき隊として不法移民と結託し、白人団体のデモ集会に襲撃を仕掛けている。

 難民問題がクローズアップされた欧州とて、グローバリストの衣をまとった左翼・共産主義者によって難民が招き入れられているという側面もあるだろう。

 まさに全世界的に「共産主義との戦い」の真っ只中にある。

 そしてこの8月、大手整形外科で知られる『高須クリニック』の高須克弥院長がナチス・ドイツによるガス室でのユダヤ人虐殺に疑義を呈し、しばき隊など左翼から不当な猛バッシングを浴びるに至っている。ナチス・ドイツこそは共産党を解体に追い込んだ近代国家唯一の政権政党だ。

:関連エントリー

2017年08月27日 高須院長バッシングに思う
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52055759.html

 ユダヤ人社会の総本山『フリーメーソン』にも属する高須院長は医学的見地からガス室での大虐殺に疑問を呈し、検証の必要性を述べたまでで、これが即ちナチスを擁護したとか、ナチスを肯定または信奉しているということにはならない

 翻って東京都の小池百合子知事が朝鮮人追悼式への追悼文の送付を取りやめたからといって、これが即ち朝鮮人虐殺を肯定したとか、擁護したということにはならない。

 むしろ本当に朝鮮人虐殺があったのか?…そもそも朝鮮人による暴動がデマだったのか?…朝鮮人による暴動は事実だったのではないか…ということを再検証する機会を提供してくれたものとして、小池知事の英断を支持したい。

 北朝鮮によるミサイル攻撃に乗じた在日及び左翼・共産勢力による暴動が懸念される最中、朝鮮人暴動を再検証することは有意義なことだ。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


d
画像:有志のツイートより
アメリカで不法移民を強硬摘発した元保安官が社会的に抹殺された状態にあった…!
トランプ政権は当該の元保安官への恩赦を決定!
そのトランプ政権を激しく非難しているのがマスコミであり、左翼・共産勢力に他ならない!


yama
画像:ニュース映像より
本家『六代目山口組』ならびに『神戸山口組』から分裂した『任侠山口組』(織田絆誠代表)は、朝鮮半島有事に際し、
任侠団体としての行動に決意を固めていると伝えられる

★参加報告

『日本の心を学ぶ会』第76回勉強会

8/27 IN文京区民センター

占領政策と今日の日本を考える!

b
 平成29年8月27日(日)、『日本の心を学ぶ会』(渡邊昇代表)主催の第76回目となる勉強会が東京・文京区民
センターで開かれた。

 今回の勉強会では休憩時間中の雑談にて、不敬発言を繰り返していた参加者に対し、講師の四宮正貴先生(『四宮政治文化研究所』代表)が激昂。件の参加者に退席を命じるという一幕があった。

 関係者によると「四宮先生が激怒されたのは朝ナマに出て田原総一朗に激昂した時以来のことではないか?」とされる
a
 ネットでは皇族に関することでも様々な有象無象の情報が飛び交っている。そうした根拠の無い情報については簡単に鵜呑みにすることなく、自身で正しく精査する能力を身に付けることが望ましい。

 現に「何の証拠も無いじゃないか!」と指摘されて根拠を明確に示せなければ、ただの噂話の類に過ぎない。

 ただし、他の参加者(右翼団体会長)からは「ただ講師の話を聴き、良い子ちゃんぶった質問をしているだけでもダメ。議論を戦わせる場でもあるのだから、時に講師を激昂させるほどの活発な議論があっても構わない」とする意見も出た。

 その他、参加者同士の間でも活発な議論が交わされたものだが、主催者の渡邊代表から「我々は運動家であり、井戸端会議や評論をしているわけじゃない。ニュースを聞いて、アレが悪い…コレが悪い…あの政治家が悪い…あの政策が悪いと述べるだけで物事を丸投げしちゃいけない! 我々はこう考える…だから我々はこう動くという起承転結を見つけなきゃいけない! そのための勉強会だ」とする言葉が参加者の胸を打った。
c

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
糞スレで性犯罪者予備軍の在日工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン糞ブタマ族のオワコン(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12305145307.html
チョン糞ブタマの失恋(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12305246150.html
チョン糞ブタマネの発情、欲情(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12305356404.html
チョン糞ブタマの深酒(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12305439854.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 19:19このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 

2017年08月27日

高須院長バッシングに思う

takasu5
画像:ネット上にあった整形外科・高須クリニックの画像より
同医院の高須克弥院長がナチス擁護の発言を行なったとしてしばき隊ほか共産勢力から袋叩きに遭っている


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★秘宝館の探訪記♪

14
画像上下:ナチス・ヒトラー記念館の通称で知る人ぞ知る『風雲文庫』のパンフレットより
15


ヒトラー記念館『風雲文庫』を見学!
ナチ同志に遅れること二十数年…?

 平成29年8月26日(土)、筆者・有門大輔ら「行動する保守運動」関係者数名は、人気愛国ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰(『日本第一党』最高顧問)の案内により、静岡県熱海市にある『風雲文庫』を訪れた。

 個人経営の同博物館には戦前日本の資料や軍服、軍装が展示されているほか、ナチス・ドイツアドフル・ヒトラー総が愛用した机やベッド、生活用品などが展示されており、往年のナチス・ファンにとっては堪らない秘宝館である。

 『国家社会主義者同盟(民族思想研究会)』時代のかつての同志は皆、二十数年前または十数年前にここを訪れているが、遠方でもあり、なかなか機会に恵まれなかった筆者・有門がここを訪れたのは今回が初のこと。大変遅れ馳せながら、かつての同志らの軌跡を追った今回の探訪だった。

12
画像上:静岡県熱海市を訪れたのは約3年半ぶり…

34
画像上:入り口付近にて、風雲文庫の創設者によって書かれた格言!

56
画像上:険しい上り坂を進み、入り口からさらに険しい山道を歩いて博物館を目指す!

1311
画像上:ようやっと五重塔として立つ博物館にたどり着く!

129
画像上:錆び付いた鉄の扉が往年の存立を物語るが、ここへ導かれたのもまた運命!?


※博物館内での撮影は一切禁じられていますので、外観のみご紹介させて頂きました。


★動画 熱海市街 風雲文庫・記念館(館内撮影禁止)
https://www.youtube.com/watch?v=235gG1btC2M&feature=youtu.be


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆大虐殺がなかったことへの反省?

ガス室…南京…そして朝鮮人虐殺すらなかった戦後社会のウソ

 整形外科で有名な『高須クリニック』の高須克弥院長がナチス擁護の発言を行なったとして左翼勢力から総攻撃を受けているという。

 整形にまったく興味のない筆者・有門大輔などは「イエス! 高須クリニック!」のCMでしかその名を聞いたことがなかった。ただ、整形外科とは美容のみならず、事故などの負傷でかかることもあるわけで、誰がどのようなことで整形外科の世話になるとも分からない。

 わざわざ掲載するまでもなく、高須院長とは整形外科の経営者であり、私財を投じたチベットへの救済活動や日本国内においては震災などの被災者への救済活動でその名を知られている。

 とりわけ自前のヘリでの被災地入りのほか、特に近年では保守・愛国的な発言が目立つ。右派または保守的な考え方を持つ経営者はいくらでも存在するが、医療関係者でもありながら、ここまで目立った言動をする方というのも珍しい。

 良し悪しは別として、その風貌と相俟って、エキセントリックながら的確で分かりやすく、ズバズバとした物言いが人々の心を掴んだのだろう。

 高須院長をめぐる騒動について、以下、当の高須院長のブログより引用する形で掲載したい。

★『高須院長のブログ』より
「ナチスクリニック」だと!
https://ameblo.jp/drtakasu/entry-12303700607.html

靖国神社でスピーチしてからサヨクの皆さんのターゲットにされたらしい

僕への攻撃には慣れているが

サヨクは攻撃しやすいところにしか攻撃しない

イデオロギー的には中立の西原理恵子へのTwitter攻撃がひどい

西原理恵子を攻撃している人たちを

シラミ潰しに片付けているうちに

今度は高須クリニックに攻撃をかけてきた

僕の時代はドイツ医学を教えられたものだから

僕の恩師はドイツ留学した方々が多い

僕もドイツのキール大学整形外科で教えを受けた

尊敬する教授をTwitterで紹介し

blogで戦前のドイツ医学の素晴らしさを紹介した

これをサヨクの諸君は

高須クリニックはナチスのクリニックだ

「ナチスクリニック」だとSNSでキャンペーンをはり

さらに僕のblogやTwitterから

恣意的な表現を見つけだして英文に翻訳して海外に発信し始めた

恩師たちはナチス政権下の大学に留学なさったが、日本人はアーリア人至上主義のナチズムには絶対に染まらない

当時の日本は白人列強に支配されていたアジア植民地を解放する、有色人種のリーダーだった

戦略的な事情でナチス政権下のドイツと同盟を結んだがイデオロギーは真逆だったのだ

そんなことも知らないサヨクの人たちに丁寧に説明したがちっとも理解してくれない

何故わからないんだろう?

Twitterフォロワーから通報があった

高須クリニックや僕や西原理恵子に対するナチスがらみの嫌がらせは

「しばき隊」というグループが組織的に行っており

有田芳生代議士がリーダーなんだそうだ

ナチスクリニックはすでに有名キーワードになっているそうだ

生活圏を攻撃されたら

防衛するのは基本的権利だと思う

有田芳生先生にTwitterで質問を出した

24時間以内に返事がいただけないなら

事実と認めたものとみなし

リーダーを提訴することに決めた 

返事待ち なう

以上

 高須院長を激しく攻撃した民進党国会議員の有田芳生(よしふ)との間では、「高須院長VS有田」の法廷闘争にまで発展しそうで、こちらも見ものである。

 高須院長も左翼からの攻撃やレッテル貼りには慣れているのだろうが、ナチスとしてのレッテル貼りや攻撃には、こちらのほうが慣れている。

 過去、ナチス・ハーケンクロイツの旗を掲げたデモ街宣を幾度となく主催した経験として言えることだが、高須院長は
所謂「ネオナチ」だとか、そういった考えとはまったく相容れない考え方の持ち主だ。むしろ、ナチス的なものとは対極の位置にあると言って良い。

nachinachi2
画像上:我が牢人新聞社・外撲協として浦和で行なった定例街宣より


 その高須院長が何故に「ナチス擁護」だとか、「ナチ須(ナチス)クリニック」などと非難されるのか?

 全ては「保守」「愛国」としての高須院長の言動を封じたいとする左翼・共産勢力の思惑だろう。

 妨害勢力の側からしてみれば、高須院長の発言はとにかく影響力がある…放置しておけば、やがてその資金力とも相俟って絶大な保守運動を展開する…そのため、叩けるうちに叩いて、とにかく影響力を削いで潰しておけといったところだろう。

 そのため、少しでもナチス擁護であるかのように捏造・歪曲の印象操作をし易いところで高須院長を貶めたい…その一点にあると言って良い。

 高須院長の考え方というのは、高須院長自身の以下のリツイートに集約されている。

takasu4
画像上:高須院長によるリツイートより引用
四角部分にあるように、ツイートした側は既に削除しているようだが、高須院長のリツイートは依然、掲載されたまま
この状態が全てを物語っている!


 高須院長の一連の発言は、ナチス・ドイツが第二次大戦の敗戦国であることは事実としても、ナチ収容所のガス室で毒
殺されたとされるユダヤ人被害者がどれも餓死または病死の症状であったと医学的見地から述べている。

 そこに疑問を持って、事実は事実、捏造は捏造であるとハッキリさせなければならないとしたものである。

 かねがね高須院長がユダヤ人社会の総本山である『フリーメーソン』の一員であることを公言していたことは知られているが、その高須院長がナチス擁護派であるわけがないし、ましてナチス信奉者であるわけがない。

 思うに戦前日本によるとされる南京大虐殺のでっち上げもそうだが、戦前・戦中の日独両国による大虐殺があったとされ、その日独を倒して打ち立てられた正義が戦勝国史観の戦後体制として現在までの国際秩序を覆っている。

 その戦後も70年以上を過ぎ、そろそろ見直すべき点は見直さなければならないのではないかとする向きがフリーメーソンの一員であることを公言する人(高須院長)からも出てきたこと自体は非常に喜ばしい。

 日本もそうだが、全世界的にも戦後秩序、戦後体制というものを名実ともに終わらせなければならないところへ来ている。

 高須院長が経営する高須クリニックへの爆破予告が警視庁ホームページに書き込まれもした。

takasu

 これこそは如何なる手段を使ってでも異論を封殺しようとする共産主義者の所業である。

 だいたい、ナチスや日本が大虐殺をしたといって、ヨシフ・スターリンや毛沢東、ポルポト、金日成など共産主義こそ20世紀中、3億人を下らない人々を虐殺している。共産革命による大虐殺の数々こそ紛れもない歴史的事実である。

takasu3
画像:高須院長による有田芳生と旧ソ連・共産主義を非難するツイート


 他方、東京都の小池百合子知事は大正期の関東大震災直後、被災地で虐殺(?)されたとされる朝鮮人の追悼式典に
知事としての追悼文を送らないことを決定。

 在日朝鮮人及び左翼勢力、偏向マスコミから猛烈な謂われなきバッシングを浴びているが、そもそも根拠のない虐殺説に今まで東京都の首長が追悼文を寄せていたこと自体がおかしい。

koike


 小池都知事の決定には、高須院長も賛辞のリツイートをした。

takasu2

 在日朝鮮人を擁護する左翼・共産勢力はこうした事態こそ恐れているがゆえ、高須院長や小池知事を捏造・歪曲してでも叩くのである。

 戦後、およそ戦前・戦中の「強制連行」説や差別、大震災直後の朝鮮人虐殺といった捏造情報によって日本社会に根を張ってきた自分たちのウソが暴かれていくことを極度に恐れている。

 ゆえにナチ・ガス室での大虐殺に絡め、南京大虐殺から朝鮮人虐殺に至るまで疑問を持ったり、批判したりする言動を封殺しようと世界ぐるみで躍起になっている。

 ナチスのユダヤ人虐殺もそうだが、南京大虐殺も関東大震災での朝鮮人虐殺も根拠がハッキリしないどころか存在しない。肯定も否定もない。大虐殺という事実すらなかったのだから。

 しかし、昨今の北朝鮮ミサイル問題とそれに絡む在日社会の動向、そして紀伊半島沖にまで出没した支那(中国)軍機による侵略行為を見るにつけ、大虐殺をしておかなかったことこそ現代日本人は反省しなければならない。

 大虐殺があったか、なかったか? なかった! それこそ反省しなければならない!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★渡邊臥龍氏のブログ『一介の素浪人』より
「第76回 日本の心学ぶ会 占領政策と今日の日本を考える」

http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55634005.html

ce52ab11
【日 時】平成29年8月27日 午後1時から

【場 所】文京シビックセンター  四階会議室B
住所:東京都文京区春日1−16−21

◎東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅 5番出口【直結】

◎都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅  文京シビックセンター連絡口【直結】

◎JR中央・総武線水道橋駅 【徒歩約10分】

【講 演】
「戦後体制と國體隠蔽―戦勝国の日本弱体化は今日実を結んでいる―」
講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所

【司会者】林大悟

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!

ナチ信奉者をゲイに仕立てる馬鹿過ぎな在日工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda

チョン糞ブタマの馬鹿ンス(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12304984083.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 01:24このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2017年08月25日

移民・難民スパイラル時代!

gai2
画像:8月23日、愛知県名古屋市内のマンションで拳銃を所持して立て篭もり事件を引き起こしたイタリア人容疑者


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★夏季 研修会 IN静岡県

2

この8月終盤、「行動する保守運動」関係者が集まった研修会が静岡県内の某所で開催されました。

今後の闘争に向け、濃厚な議論が交わされましたが、その内容の一切は非公開とさせて頂きます。

1


☆欧米人来日者が示唆するもの?

移民・難民問題とは即ち国外脱出の連鎖反応である!

 8月23日、愛知県名古屋市内のマンションで拳銃を持ったイタリア人の男(53歳)が自室に篭城、その後、逮捕されるという事件が起きた。

 冒頭で紹介したように、筆者(有門大輔)は愛知県に極めて近いところに滞在していたため、非常に気になった事件だ。

gai

 事件の第一報を聞いた時、筆者の脳裏には数年前、元暴力団員の男が立て篭もった愛知県内での篭城事件が思い浮かぶ。

 あの時の事件では被弾した警察官が死亡している。

 警察官に殉職者を出した上、人質はおらず、残るは拳銃を手にした容疑者のみ…。強行突入は時間の問題かと思われたが、意外や説得による容疑者の投降で事件は幕を下ろした。

 無論、警察としても発砲せずに事件を解決出来ればそれに越したことはないのだろうが、それにしても同僚の中から殉職者を出しているというのに、よく説得のみで事件を解決に導いたものだと思ってしまう。

 愛知県では、これまた数年前、知立(ちりゅう)市でブラジル人の男(50歳代)が薬物を常習した上に通行人に襲いかかり、駆けつけた警察官から拳銃を強奪して発砲する事件が起きている。この事件でも警察官が右腕に負傷した。

 …こう書けば愛知県警がどこか弱腰のようになっているようにも思えるが、さにあらず。

 ここ数年内だけでも記憶している限り、愛知県では県警察官が人に噛み付いた狂犬に拳銃を発砲、少年と言えども凶悪犯に発砲するなどの成果を挙げている。

 銃器を使った篭城犯への対処でも、強行突入が必ずしも良いとは言わないが、どこかの県警でモデル・ケースのように強硬手段で事件を解決に導く「前例」をここらでビシッと見てみたいものだ。

 それはともかく、逮捕されたイタリア人容疑者の自室からは麻薬が押収されており、突発的な錯乱状態の末の篭城劇だったと見られる。

 それにしても何食わぬ顔で市民社会で生活している外国人が当たり前のように拳銃を所持している事実は恐ろしい。

 …一方、東京都内では泥酔した米国人がタクシーに乗車。

 車内で運転手に絡むなどしてトラブルを引き起こしたのか、運転手に殴りかかった上、運転中のハンドルを掴むなどして運転を妨害。米国人を乗せたタクシーは中央区銀座の路上で停車中のタクシーに衝突した後、ビルに突っ込むという大惨事を引き起こした。

gai3

 東京都内では特に浅草界隈で欧米からの観光客が増えているという。裕福な欧米人がタクシーをガイド代わりに使うことも少なくなく、そのためタクシー運転手の間では英会話が必修になっているとまで言われる。

 少々の英会話も出来なければ、「ノー・イングリッシュ」などと言っている間に上質の客を逃してしまうからだ。

 先日、都内を走行していたタクシー運転手は他のタクシーで乗車を断られたドイツ人観光客を乗せたという。英語を話せるドイツ人だったようで、運転手は持ち前のカナダ留学経験を生かし、「英会話は度胸だ!」と言わんばかりに買い物までガイドして多額の運賃を稼いだそうだ。

 愛知で篭城事件を起こしたイタリア人にせよ、都内でタクシー追突事件を起こしたアメリカ人にせよ、欧米人による外国人犯罪も増加傾向にあることは憂慮される。

 確かに欧米人の場合は、在日朝鮮人や支那人(中国人)のように政治問題としての脅威も順位も高くはない。中部・東海地方のブラジル人やペルー人など南米人よりも低い。

 しかし、観光も含めて欧米人の来日者が増えている背景には、難民問題による欧米社会での住み難さも関係しているのだろう。

 周知の通り、欧州ではアフリカ中東からの難民で各国が崩壊したも同然。富裕層は東欧をはじめ、各国に脱出する傾向にあると言われる。

 アメリカとて数千万人規模の不法移民で決して住みやすくなっているとは言えないだろう。そうした欧米人がさほど移民・難民問題が表面化していない日本を目指す。

 総体的な数としては支那人・朝鮮人には及ばないのだろうが、それでも今後、欧米からの来日者(脱出者)は増加してくると見られる。

 他方、日本からも海外への脱出が相次いでいる。

 芸能人ほか、富裕層にはハワイなどに移住して子育てをするケースが目立つという。行き先はハワイ米国のほか、オーストラリアやニュージーランドなど。

hawai

 日本人富裕層が海外での子育てを希望する理由は単純。日本では子供を育て難い…色んな意味でお金が無駄にかかり過ぎる…と言うに尽きるだろう。

 まさに移民・難民問題に端を発する脱出劇は、欧米から日本へ…そして日本からオセアニア州や米国などへと連鎖するものなのである。

 この移民・難民スパイラルに歯止めをかけるためには、それこそ「日本をアメリカにする」一方で、「アメリカを日本にする」などの策を真剣に議論しなければならない。

 それは、どういうことか? 例えば北朝鮮ミサイル問題でグァムへの修学旅行を取りやめにした高校が出てくるほど、グァムが安全保障で揺れている。
 グァム住民の中にはトランプ政権の米国からの離脱を要求する声が出てくるほどだ。

 そのため当ブログでは、ならばいっそ、沖縄県を戦後の一時期のようにアメリカ領に再復帰(逆返還)させる代わりに、グァムを日本領に編入させる「等価交換」をしてはどうかと提唱している。

 言い換えれば沖縄県に「アメリカ」を持って来させる代わりに、グァムに「日本」を持って行く。

 「極東アジアのグァム」となった沖縄に移住して子育てをしようという日本人富裕層は増えるだろうし、無論、日本領となったグァム(太平洋の沖縄県)に移住する日本人も増えるだろう。

 今以上に沖縄とグァムとで日本人とアメリカ人の往来は活発化するだろうし、日米双方にとって経済効果と安全保障強化など、メリットは計り知れない。

 沖縄&グァムの等価交換はともかくとして、この21世紀初頭、中長期の観光も含め、欧米からの脱出者(移住者)は増える。

 難民問題に喘ぐドイツなどは約10年間で10万人以上が国外脱出(国外移住)しており、今後、年間だけでも数万人規模の脱出に増えたとしてもおかしくはない。しかも、それは欧米全体で起きてくる傾向である。

 必然、日本へ移住して来る欧米人も増えるだろうが、それは単に欧米人による日本での犯罪が増加するといった次元の問題にとどまらない

 同じ先進国同士でありながら、それだけ日本に脱出して来る人が増えるということは、連鎖的に日本からも国外脱出者(国外移住者)が爆発的に増えることを意味している。

 まさに日本人こそが移民・難民となって、好むと好まざるに関わらず、日本国を追われる状況は既に到来していたのである。

 企業などの産業も含め、国外移設・国外移住の悪しきスパイラルにここらで真剣に歯止めをかけなければならない。

 トランプ米政権の保護主義政策は日本にとって他人事ではないどころか、日本とて最たる当事者なのだ。

:外国人技能実習生と観光客による犯罪を有志のツイートより掲載!

gai4

gai5

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★静岡県でのバカンス画像ご紹介!

3
画像上下:夜の花火大会♪
4
画像上下:老いも若きも、男も女も大はしゃぎ♪
5

6
画像上:地元の夫婦?


7
画像上下:ホテル周辺の猫
9

8
画像上:ホテル周辺の電線上で見かけた野性のリス


★渡邊臥龍氏のブログ『一介の素浪人』より
「第76回 日本の心学ぶ会 占領政策と今日の日本を考える」

http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55634005.html

ce52ab11
【日 時】平成29年8月27日 午後1時から

【場 所】文京シビックセンター  四階会議室B
住所:東京都文京区春日1−16−21

◎東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅 5番出口【直結】

◎都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅  文京シビックセンター連絡口【直結】

◎JR中央・総武線水道橋駅 【徒歩約10分】

【講 演】
「戦後体制と國體隠蔽―戦勝国の日本弱体化は今日実を結んでいる―」
講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所

【司会者】林大悟

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!

衆道を誤ったクソスレの似非ウヨ工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン糞ブタマ族の履歴書(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12304428312.html
チョン糞ブタマ族の衆道(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12304671241.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 23:29このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 | 日米共栄圏IN沖縄県&対中防衛

2017年08月24日

米国が直面する二つの戦争!!

3

画像:演説するドナルド・トランプ米大統領


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆共産勢力との全面衝突だ!

「第2次南北戦争」と「第2次朝鮮戦争」!!

 米メディアは「白人至上主義は何故アメリカで容認されないのか?」とするプロパガンダに躍起である。

 先日の南部バージニアでの妨害に顕著だが、白人団体のデモ集会やその主張が容認されていないのではない。白人主義を容認していないの左翼・共産主義者のみである。

5
画像:筆者(有門大輔)のツイートより


 「反トランプ」プロパガンダでトランプ政権をこき下ろそうとするメディアの報道姿勢は、日本も米国も変わらない。

 およそ「人種差別主義の代名詞」とされるKKK(クー・クラックス・クラン)のような白人団体であっても、その主張は概ね米国社会にあって容認されている。

 そもそも黒人や有色人種への激しい憎悪や迫害といったイメージで見られがちなKKKであるが、その主張は白人社会のテリトリーを守るといったもので、他地域への侵出など攻撃的なイデオロギーは持っていない。
2
画像:白人団体の儀式
こうした、おどろおどろしいイメージが白人主義の凶暴性として喧伝(けんでん)されるに至った!
その構図は日本で右派市民デモが「ヘイトスピーチ」「レイシズム」とのレッテルを貼られている状況に似通っている!


 自分たちのテリトリーさえ守られれば良い。黒人や有色人種の侵出によって脅かされた白人の低所得層による至って穏健で穏当な主張。そ
れがKKKなどの白人団体の概ねの思想である。

 ドナルド・トランプ大統領はそうした白人の低所得層の支持によって選出されている。

 そのトランプ大統領がバージニア暴動で白人団体を名指ししなかったことがメディアで批判を受けている。名指しで批判されなければならないのは白人団体のデモ集会を襲った左翼・共産主義者の側だろう。

1
画像:警察による物々しい警戒態勢の中、デモ行進に臨む白人団体に対しては共産主義者が取り囲んでの横暴!
この構図はまさに、共産党系のしばき隊による右派市民デモへの妨害に通ずる!


 バージニア暴動での衝突を機に、現代のアメリカにおける社会情勢を第2次南北戦争に擬える向きがある。

 さながらトランプ政権とその支持層が黒人奴隷の使役を肯定した「南軍」なら、反トランプの民主党とその支持層が黒人奴隷解放を掲げた「北軍」といった構図だ。

 反トランプで親「北部」一色のメディアにとっては、後は誰を「リンカーン」役に据えるかの問題なのだろう。

 しかし、「黒人奴隷解放の父」などと持て囃され、美談ばかりが伝えられる傾向にあるリンカーンこそが最も残虐な「インディアン粛清」を行なったとの側面で評する向きは少ない。

 自らの政略のためには自らが最も蔑み、被差別対象とした(黒人含む)有色人種をも利用するのは当然というのがリンカーンの人間性だったのだろう。

 このリンカーンの冷酷さは現在の民主党支持の左派層(共産主義者)にも通ずる。日本でも外国人擁護の人権団体やしばき隊こそ(日本人への)差別意識の激しい憎悪に根差している。

 アメリカにせよ日本にせよ、不法移民の(在留に関する)権利擁護は一見、人権意識に根差しているように見えて実は当該国民への差別に他ならない。

 中でも日本での在日韓国・朝鮮人への在留上の特権措置(特別永住)などは日本人と、他の在日外国人の両方への差別問題である。

 そこへ来るとトランプさんこそは移民規制で合衆国民の雇用を守り、移民の強制送還で移民を送り出す側の国の発展を期しており、まことに穏やかな主張だと言えよう。

 トランプさんにせよ、KKKなどの白人団体にせよ、ヘイトスピーチなどと言われる日本の右派市民デモにせよ、グローバル化が進んだ現代にあって移民規制を主張する側こそ、実は穏健な性向であることは最大のパラドックス(逆説)だと言える。

 そこへ来るとインディアン大虐殺の粛清を行なったリンカーンにせよ、街中で暴動やデモ集会への襲撃、南部軍の将軍像を引き倒して破壊した反トランプ派こそは「合衆国への(共産主義者の)破壊工作として厳しく名指しで批判されなければならない。

 1865年4月14日、リンカーンを暗殺したジョン・ウィリクス・ブースは、リンカーンが共和制を廃して絶対君主制を敷くのではないかと懸念していたという。

 まさに黒人との共生・混住で絶対君主制を目指したリンカーンの発想は、現代風に言うなら左翼・共産主義そのもの。古今東西、差別反対や奴隷解放など、綺麗事を並べ立てて権力を握った者にクリーンな奴はいないということだろう。

 その共産主義紛いの連中が現代ではヒラリー民主党支持者に姿形を変え、反トランプを旗印にアメリカ版の共産革命をやろうとしている。

 アメリカは今、左翼・共産革命の色合いを濃くしているが、第2次南北戦争とはズバリ移民擁護を掲げた共産主義者との内戦」「内紛」なのである。
6
画像:国家社会主義者サラさんのツイートより
まさに白人団体・白人主義を否定する連中の言説がマヤカシだと分かる

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆ネオ日米安保体制へ!

反共そして反グローバリズムなる同盟関係の機軸!!

 もう一つ。

 米国が直面する戦争の危機は第2次朝鮮戦争

 しかし、米朝が戦火を交えた1950年代の朝鮮戦争とは異なり、現在では北朝鮮が大量破壊兵器と長距離の弾道ミサイルを有している時点で状況がまったく異なっている。

 北朝鮮はグァムへの直接攻撃を示唆(本当の狙いは日本だが、敢えてグァムを名指しにした陽動作戦との見方もある)。

 前述の反トランプ・プロパガンダにも通ずるが、北朝鮮によるグァム攻撃を口実に、グァムの米領離脱を煽る向きが強まっている。

4
画像:筆者・有門のツイートより


 北朝鮮がどうと言うよりも、米国内の反トランプ派(ヒラリー民主党支持派)が北朝鮮に呼応したと言ったほうが正解だろう。

 まさに左翼・共産勢力は国境や立場の違いを超え、トランプ政権と日米同盟打倒のため、連動しているのである。

 グァムの住民が本当に米領からの離脱を欲しているのであれば、沖縄県を米領復帰させる代わりにグァムを日本に帰属させる「等価交換を行なうのもアリだろう。

 ただし、沖縄とグァムの双方にそれぞれ米軍と日本の自衛隊が駐留することを認めることとする。

 まさしく日本が米国を守り、米国が日本を守る、日米の相互防衛に基づく「ネオ日米安全保障体制(日米共栄圏)」が実現する。何よりも極東アジアの安定は勿論、沖縄とグァムとで、日本が旧領を含めたアメリカ領土を守るという意味合いが一層強固になる。

 南北戦争の当時は勿論だが、1950年代の朝鮮戦争当時とも状況は大きく異なっている現代。日米安保・同盟の在り方もその機軸を変えなければならない。

 日米同盟が軍事同盟であると同時に「経済同盟」でもあることは常識。

 日本がトランプ米政権の「保護主義」政策に協調を強め、アメリカ国内やメキシコなどのアメリカ周辺への自動車メーカーの進出・展開などは論外として日本国内への引き戻しを行なう。
 必然、日本経団連など売国財界の言いなりに、外国人労働者受け入れ拡大に狂奔する現在の安倍内閣・自民党政権による「売国政策」を是正していくことにも繋がると思うのだ。

 短い視野で見れば日本にとって損なことも少なくないのだろうが、何よりも目下、共産勢力との第2次南北戦争を戦うトランプ米政権の側面援護をしなければならない。

 日米同盟が「反共同盟」であったという原点に立ち返り、そこに「反グローバリズム同盟」を加味することが望ましく思う。

 北朝鮮や支那(中国)のような共産国とは政治体制で相容れないが、そもそもグローバリズムのような経済同盟は価値観を等しくする特定の国同士でやっていれば良い。

 戦前・戦後にわたり、日本は多分にアメリカ文化を受け入れて吸収してきたが、在日朝鮮人や支那人(中国人)のように在日アメリカ人2世3世などの在日問題は起きていない。

 軍事・経済そして民間交流までを含めたネオ日米安全保障体制(同盟)の確立を急げ!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★渡邊臥龍氏のブログ『一介の素浪人』より
「第76回 日本の心学ぶ会 占領政策と今日の日本を考える」

http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55634005.html

ce52ab11
【日 時】平成29年8月27日 午後1時から

【場 所】文京シビックセンター  四階会議室B
住所:東京都文京区春日1−16−21

◎東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅 5番出口【直結】

◎都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅  文京シビックセンター連絡口【直結】

◎JR中央・総武線水道橋駅 【徒歩約10分】

【講 演】
「戦後体制と國體隠蔽―戦勝国の日本弱体化は今日実を結んでいる―」
講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所

【司会者】林大悟

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!

糞スレッドで女日照りの在日工作員を笑う同盟ブロガー!
sotokanda
チョン糞ブタマのノミハート(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12304094084.html
チョン糞ブタマネがクソスレでラブコール(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12304146207.html



701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 23:16このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日米共栄圏IN沖縄県&対中防衛 

2017年08月23日

お盆中の外国人犯罪!

☆相次ぐ凶行と不法…!!

各地における外国人犯罪の動向を一挙公開!!

6
画像:8月22日未明、東京・世田谷区のコンビニで発生した韓国籍の朝鮮人・金輝俊容疑者(40歳)による殺人未遂
事件!
店から出てきた38歳の女性客が突然、金容疑者に刃物で首を襲われた!
2人に面識はなかったが、発作的、火病的な凶行はいかにも朝鮮人らしい!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 このお盆中にも各地で外国人犯罪が起きています。

 長野県長野市では8月16日午前零時過ぎ、58歳の夫を包丁で殺害しようとした韓国籍の朝鮮人妻が殺人未遂で逮捕されています。

kan2

★動画 口論の末?夫を刃物で・・・韓国籍の女、殺人未遂の疑い(17/08/16)
https://www.youtube.com/watch?v=SMYoVat7H-M


 8月中、東京都と長野県で立て続けに朝鮮人による殺人未遂事件が起きました。

 世田谷での殺人未遂もそうですが、容疑者は決まって「していません」「殺すつもりはなかった」などと供述します。

7
kan

 明らかに殺意があった犯行でも(罪を軽くするため)殺意を認めない…容疑そのものを認めない…シラを切り通すのは外国人犯罪の常套手段ですが、こういう容疑者の「主張」を報道する必要はありません。

 出来れば被害者の「証言」を報道することのほうが重要でしょう。

 「怖かった」「殺されそうだった」「命の危険を感じた」などなど。容疑者の主張を報道するなら、誰よりも事件当時の状況を知っている被害者の証言も報道しなければフェアではありません。

 そして8月15日、大阪府内の公立学校に通う不法滞在ペルー人児童が在留特別許可を求めてトンデモな訴えを起こしました。

 まず、有志のツイートより引用させて頂きます。

1
2

 訴えを起こしたのは不法滞在のペルー人母子。

 大阪府内の公立高校に通う1年生の長女(15歳)と中学2年生の長男(14歳)、その母親(51歳)の計3人。

 母子の訴訟代理人を務めているのは空野佳弘(そらの・よしひろ)という弁護士。

 この空野、過去には来日間もない支那人(中国人)48人が大阪市に生活保護を「集団申請」した際、48人の在留許可申請で代理人を務めているなど、トンデモナイ弁護士だと言えるでしょう。

 来日前より日本の社会保障にタカる算段は出来上がっているわけで、まさに欧州で起きている難民問題は、日本でも同様のことが起きているのです。

 では、不法滞在ペルー人母子の件をニュース記事より見ていきましょう。

 マスコミが極度に偏った情報を伝えている時、これに是正を加えたり、時に全否定したりするのがネット情報の役割に他なりません。


☆不法滞在ペルー人母子の身勝手!

反日弁護士・教育者ともども呆れ果てたトンデモな主張の一部始終!

5

 まず、姉弟は20年以上前に来日したペルー人不法滞在者の両親の間に生まれている。

 生まれてこの方、日本を出たことがないそうだが、不法滞在の身でありながら、日本を自由自在に出入り出来るわけもない。全ては両親の責任である。

 父親は既に(不法滞在の容疑で)逮捕され、昨年、母国ペルーに強制送還されているという。

 そして母子3人も大阪入国管理局より、今月(8月)中に強制送還すると通告されていた。

 …ここに大阪入管の「温情」が示されているのである!

 はじめに父親だけを母国に強制送還する。半年か1年か、その間に母国に妻子を迎えるだけの生活基盤が出来るだろう。続いて妻子である母子3人にも「母国へ帰りなさい」という通告である。

 日本に居座り続けたい…と駄々をこねるなど、その間に父親(夫)が妻子を迎えるための準備を何もしていなかったということ。本人らの責任でしかない。

 姉弟はペルーの母語であるスペイン語を殆ど話せないということだが、まだ十代の半ばなら両親の母国であるペルーでの生活にも順応しやすいだろう。

 第一、母語(スペイン語)も話せないのにペルー人である両親とどうやってコミュニケーションをとっていたのか? 凶悪犯罪者の供述ではあるまいし、いい加減、この手のウソはやめにしてもらいたい。

 確信犯なのか知らないが、このような不法滞在外国人の主張(ウソ)を真に受けて掲載するマスコミもどうかしている

 姉弟は強制送還について「自分たちには何の落ち度もない」としているが、落ち度があったのは自分たちの両親であり、親の怠慢こそ憎むべきだろう。

 日本の大学・高校への進学を目指しているそうだが、是非とも母国ペルーの大学・高校にて日本に関する学科でも専攻してもらいたい。

 そこが本来のあなたたちの居場所である。

以下、ニュース記事より引用

高校1年生の姉は、記者会見で、「自分たちにとっては、ペルーに『帰る』のではなく『行く』という感覚で、ことばができないから学校で授業も受けられない。裁判に勝って、家族が平和に暮らしていけることだけを願っています」と述べました。
また、中学2年生の弟は、「日本で生まれ育った僕たちをどうしてペルーに行かせるのかわからない。日本にずっと住み
続けたい」と訴えました。
提訴のあと記者会見した母親のネリ・モレノさんは、「入国管理局は、すごく厳しくて大変です。本当に苦しい生活のな
か、子どもたちは勉強したい、大学に行きたいと願っています」と述べ、残留を認めてほしいと訴えました。
また、代理人の空野佳弘弁護士は、「強制送還を止めるには提訴しかないと考えた。子どもたちはペルーに行っても教育
に適応できず、送還は子どもたちの前途を閉ざすに等しい。ペルーに送ることが子どもの利益になるのか、裁判所に判断
を求めたい」と述べました。
15歳の姉が通っている大阪の府立高校も、姉や家族の在留許可を求め、校長名で、法務大臣宛ての嘆願書をまとめまし
た。
嘆願書では、「姉は、欠席や遅刻もなく、規則正しい学校生活を送っています。成績も順調で、友人関係にも恵まれ、吹
奏楽部でも熱心に練習に励み、厳しい生活環境に負けず、懸命に生きています。今、ペルーに行かされれば、彼女の社会的自立は大きく後退してしまいます。国連の『子どもの権利条約』の観点から、彼女の学ぶ権利を保障していただきたく
、そうすればきっと日本とペルーの懸け橋となる人材として、社会で活躍してくれます」とつづっています。
一方、3人に強制送還を通告している大阪入国管理局は、NHKの取材に対し、「退去強制令書に基づいて、適正に手続
きを進めており、子どもの権利条約にも反しないと考えている」としています。
また、3人が訴えを起こしたことについては、「訴状が届いたら、内容を確認して適切に対処したい」としています。
日本で生活する外国人の問題に詳しい大阪大学大学院の村上正直教授は、「ずっと日本で暮らしてきた子どもたちが、ペ
ルーで生活を始めるのは簡単ではなく、母親も含め日本での生活を認めるべきで、今後もこうしたケースが増えていくと考えられる。不法残留であっても、さまざまな事情を考慮して滞在を認めるのが在留特別許可だが、日本では、ほかの先進国と比べて基準が明確ではなく、ブラックボックスのような状態だ。基準をわかりやすくし、個人の利益を考えて柔軟
に判断していくことが大切だ」と話しています。

以上

 記者会見にて、不法滞在ペルー人母子の長女は「自分たちにとっては、ペルーに『帰る』のではなく『行く』という感覚」などと述べているが、行くという感覚で自主的に帰国してくれれば良い。すぐに日本に対しては「行く」感覚に変わってしまう。

 中学2年生の長男は日本で生まれ育った僕たちをどうしてペルーに行かせるのか分からない」などとしているが、正しくは両親の母国であるペルーに「帰らせる」のである。

 母親は入管の厳しさと生活の苦しさを主張しているが、生活が苦しいのは日本人も同じか、それ以上。そもそも法の番人たる入管の対応が甘いわけがない。

 この8月中にも強制送還すると通告されたため、駆け込み寺のように人権団体に救いを求め、お盆前後の慌しい時期に提訴に踏み切ったのだろう。

 しかし、法務大臣の裁量で特例的(人道的)に付与される在留特別許可を求めた裁判は、当人らが日本に存在せずとも、訴訟代理人(弁護士)である空野がいれば審理は継続出来る。

 後のこと(裁判)は空野に任せるとして、母子3人を速やかにペルーへと強制送還することが望ましい。

 なお、長女が通学している府立高校では学校長名での嘆願書をまとめて法務大臣宛てに出しているという。…この程度の人間が校長を務めているのだから、日本の公教育というのもたかが知れている。

 嘆願書では長女の通学や就学態度は良好、成績良好で級友らとの関係も良好、クラブ活動にも賢明に励んでおり、「きっと日本とペルーの懸け橋となる人材となって社会で活躍してくれる」としている。

 …だからこそ! そういう人材なら、きっと母国ペルーも喜んで迎え入れてくれるだろう。そういう優秀な人材こそペルーも欲しているだろうし、ペルーに必要なのである。

 母子3人の母国ペルーへの強制送還は、間違いなく彼らの「利益」となるだろう。

 「退去強制令書に基づき、適正に手続きを進めており、子どもの権利条約にも反しないと考えている」とした大阪入管の職務遂行は極めて正当であり、速やかに、粛々と強制送還を履行しなければならない。

 引用した記事中、大阪大学大学院の村上正直という教授が「在留特別許可の付与に関する基準が明確ではない」としているが、村上自身がインタビューで述べているように「様々な事情を考慮して滞在を認めるのが在留特別許可」である以上、基準が明確になるわけがない。

 自分で述べていて、てんで矛盾することを言っている。大丈夫なのか、この人(笑)?

殺人未遂などの凶行も「日本人へのヘイトクライム(憎悪犯罪)」です!

しかし、不法滞在などの「犯罪の(なし崩し的な)合法化」も日本人へのヘイトクライムの一環に他なりません!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


以下、各地での外国人犯罪を有志のツイートを交えて、お伝えします。

4
3
8

こちらのサイトもご参照下さい!

★外撲協 公式サイト(外国人犯罪・事件簿)より
http://gaitsui.web.fc2.com/2nd_section/jiken/jikenbo.htm

★渡邊臥龍氏のブログ『一介の素浪人』より
「第76回 日本の心学ぶ会 占領政策と今日の日本を考える」

http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55634005.html

ce52ab11
【日 時】平成29年8月27日 午後1時から

【場 所】文京シビックセンター  四階会議室B
住所:東京都文京区春日1−16−21

◎東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅 5番出口【直結】

◎都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅  文京シビックセンター連絡口【直結】

◎JR中央・総武線水道橋駅 【徒歩約10分】

【講 演】
「戦後体制と國體隠蔽―戦勝国の日本弱体化は今日実を結んでいる―」
講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所

【司会者】林大悟

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!

糞スレッドで無報酬・無給の無能工作員を嗤う同盟ブログ!

sotokanda
チョン糞ブタマネ艦長(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12303569863.html
チョン糞ブタマのサベツ被害(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12303860137.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 14:36このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 

2017年08月21日

難民対策なる安全保障!

☆総合火力演習
見学報告
8/20 IN自衛隊 富士演習場

9
画像上下:富士・火力演習のワンシーン

平成29年8月20日、静岡県の自衛隊駐屯地にて火力総合(予行)演習が開催されたので、これを見学してきた。

火力演習では戦車や攻撃用ヘリ、迫撃砲、装甲車輌による華々しい兵器ショーが実施されたものである。

見学者の心にまで響く振動と爆音、さながら「大きな花火大会」に観客席から歓声が沸き続けた。
62

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆朝鮮動乱で懸念される支那(中国)からの難民問題の連鎖!

 日本ではこの8月下旬、二週連続で自衛隊・富士駐屯地での大々的な総合火力演習(一般公開)が行なわれている。

 しかし、何と言っても実践的な軍事訓練は米軍との合同演習だろう。

 北朝鮮のグァム攻撃(弾道ミサイル発射)宣言を受け、トランプ政権のアメリカ合衆国は米韓合同軍事演習を行なうと発表した。

 韓国が主体的に軍事演習…と言うよりもアメリカの主導で北朝鮮牽制の軍事演習というのが実際のところだろう。

beikan

 北朝鮮は反発を示しているようだが、弾道ミサイルの発射実験に対し、米国が総兵力を動員した「兵器ショー」のようなもの。

 現代においては双方の演習こそが軍事的パフォーマンス合戦で「戦争の一環」となっている。

 少々話は飛ぶが、北欧フィンランドで発生したイスラム過激派による無差別テロ事件に視点を移したい。

fi

 18歳のモロッコ人テロリストによって2人が死亡、8人が重軽傷を負った事件で、被害者のうち死亡した2人が女性、負傷者8人のうち6人が女性だったことが判明した。容疑者は女性ばかりを標的にしたものと思われる。

 イスラム移民・難民による無差別テロは今後、二つのケースに大別していくものと見られる。

 従来のように人通りの多い場所で無差別の大規模テロに及ぶか、もう一つは女性や子供、老人、障害者など弱者ばかりを標的にするケース。その二本立てになっていくのみだろう。

 フィンランドは事件後、駅や空港など公共の交通機関での警戒を強化している。

 その他、スペインで発生した無差別テロはフランスとの国境沿いにある山あいの町リポイを拠点とするモロッコ人組織による犯行との見方が強まっている。

tero3

 最近のケースではイタリアとオーストリアの国境地帯での緊張状態に顕著だが、国境線に軍の派兵は当たり前。

 北朝鮮情勢の極東アジアの一方、欧州にあっても第3次世界大戦をも想起させる軍事衝突の懸念が日増しに強まっている。

tero
画像上下:先進各国の移民・難民情勢を伝える有志のツイート
「移民規制」はトランプ米政権だけのことではない!

tero2

 難民の襲来こそは安全保障問題。難民の居住を認めればヨーロッパ諸国民の住居がなくなってしまう。そのため、先進各国ではどこの国も移民の受け入れ規制に乗り出している。移民の受け入れが忽ち、難民の受け入れに拡大してしまうからである。

 このように欧州と極東アジアとで戦争の危機が同時進行しているが、注目したいのは欧州はイスラム問題、極東アジアでは北朝鮮という共産主義の問題といった具合に、それぞれ別次元の問題が同時進行しているということ。

 思い起こせば第2次世界大戦の時も欧州戦線と、アジアでの大東亜戦争といった具合に別次元の戦争が同時進行していた。

 対ソ連戦で敵を共産主義一本に絞れれば最善だったのだろうが、共産主義と資本主義、ソ連や支那(中国)と米英の両方を敵に回した以上、欧州とアジアで別次元の戦争が争われたのは致し方なかったのかも知れない。

 と言うか、世界的な大戦争が起きる時というのは、まったく別次元の戦争が同時進行で争われるものなのかも知れない。

 北朝鮮が一旦はグァムに弾道ミサイルを飛ばすと宣言したものの、「米国の出方を見る」としたように、仕掛ける側(北朝鮮)にとっても、その(同時進行の)タイミングを見計らっているというのもあるだろう。

 富士での陸自の総合火力演習を見たから言うわけではないが、日本なりの主体的な防衛(軍事演習)について考察してみた。

 昭和期の朝鮮戦争でも戦争特需はあったものの、日本が何で打撃を被ったかと言って朝鮮半島からの不法入国(難民の襲来)だったのである。

 この朝鮮難民の存在こそは、後々の現在まで在日問題として大きな禍根を残している。

 難民対策をめぐっては警察や入国管理局、海上保安庁のみでは人員的な限界があるだろう。自衛隊、特に陸自を使った沿岸部での不法入国者の摘発とその訓練は、日本が唯一採り得る主体的な軍事訓練と言える。

 日本の沿岸部には森林地帯や山岳地帯が多く、格好の対テロ訓練ともなり得るだろう。陸自隊員による沿岸部での不法入国者摘発には一小隊につき、警察官1人でも同行させて「警察任務」として実施させる。

 火力による演習もミサイル迎撃訓練も良いが、朝鮮動乱で懸念されるのは人々が混乱している時に少人数で行なわれるテロ・ゲリラ事件や国内での外国人暴動によって混乱が拡大されること。

 大量破壊兵器や重火器による攻撃よりも懸念されるのは、(小規模であっても)難民の襲来や暴動である。

 そして北朝鮮以上に警戒しなければならないのは支那(中国)の動向。

 周知の通り、陸続きの中朝国境地帯では北朝鮮から支那への難民が流出している。

 欧州の難民問題を見ていても東欧から西欧への移住が、イスラム圏から欧州への移住を招き、今また西欧から東欧への移住といったように逆転現象が起きるなど、難民問題というのは連鎖的に拡大していく。

 日本がらみでも02年の瀋陽・日本総領事館への北朝鮮難民の駆け込み事件(瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件)が知られているが、難民問題の連鎖は極東アジアとて例外ではない。

 思い起こせば北朝鮮問題が騒がれ始めたここ20数年の間に支那からの来日者が激増した。

 北朝鮮からの支那への難民が、今度は支那から日本への不法入国となって連鎖している。

 朝鮮動乱とそれに絡む北朝鮮からの難民問題で警戒しなければならないのは、北朝鮮から日本への難民問題も然ることながら、北朝鮮難民の問題支那大陸から日本への難民問題となって連鎖することである。

 欧州のように国境線に軍を配置しても、やって来る難民はどうしてもやって来てしまう。

 日本のように四方を海に囲まれている上に無警戒の状況では尚更。

 難民対策の是非こそは「日本国防衛」の格好のアピールである。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★富士総合火力演習の画像ご紹介!

4

5

1

7

3

8


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
10・22 日米同盟、強化・推進デモ
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1282

f8dbe5ad-s

2ちゃんねる撲滅!
超不人気・不評な糞スレの在日工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda

チョン糞ブタマのヘタな釣り(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12303276456.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 13:45このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 

2017年08月20日

欧米のテロ事情

denka
画像:眞子内親王殿下のハンガリー・ブダペストご訪問を伝えるニュース映像より


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆全ては共産主義者の仕業だ!

難民への対処めぐり、対照的なヨーロッパの現状…?

 眞子内親王殿下はこのほど、ご尊父であられる秋篠宮殿下とともに東欧ハンガリーのブダペストへご旅行なされた。

 既にご結婚が内定しておられる眞子内親王殿下は帰国後に婚約発表の記者会見を控えており、おそらく、今回のご旅行が独身時代、最後のご尊父とのご旅行となられることだろう。

 ところでハンガリーのブダペストと言えば、つい最近、駅構内にまで難民が溢れ返ったことで話題になっていた。

 しかし、ハンガリーをはじめとする東欧諸国は難民に対して厳しいスタンスで臨んだものだ。

 もし、ハンガリーが西欧のように難民に曖昧な態度を示していたとしたら、おそらく今頃はイスラム過激派テロと難民による略奪・暴動によって街の景観はすっかり損なわれ、日本の皇族方のご旅行先に選ばれるという栄誉には浴せなかったことだろう。

 無論、これまでマダガスカルやラオスを訪れられた秋篠宮殿下・眞子内親王殿下らのご旅行先の選定でブダペストが選ばれた背景には、陛下らが専攻なされているライフ・ワークとしての民族学の研究もあったに違いない。

 しかし、それでも難民による治安の悪化が起きていたとしたら、やはり、ハンガリー・ブダペストが陛下らのご旅行先として選ばれることはなかっただろう。

 世間一般で想像されがちなように、何故に西欧スペインのマドリードやフランスのパリ、イギリスのロンドン、ドイツのボンやフランクフルトではなく、東欧がご旅行先として選ばれたのか、それを考えなければならない。

 ハンガリー・ブダペストが難民問題に苦慮していたのは、つい1〜2年前のことではなかったか?

 国の対応一つで、状況はここまで異なるのである。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆十代テロリストへの発砲・射殺も当然!

 北欧のフィンランドではモロッコ人による無差別テロが発生。

 通行人に次々刃物で切りつけ、2人が死亡、8人が重軽傷を負わされている。

 容疑者は18歳のモロッコ人で警察官の発砲により、足に被弾して取り押さえられたという。

34
画像:フィンランドでの無差別テロの発生現場には供養の花が添えられた


 一方、スペインのバルセロナで発生した無差別テロには17歳の少年が関与。この少年はバルセロナでの事件後に現場から逃走。約8時間
後に同国のカタルーニャで発生した無差別テロにも関与。警察によって射殺された5人のテロリストのうちの1人だった。

 マスコミはやたら「18歳」「17歳」という点を強調するが、若年層というのは警察による射殺を否定する口実にはならないだろう。

 たとえ十代であろうと、無差別に人を殺傷するテロ事件を引き起こした以上、警察によって発砲の対象になるのは当然である。

5
画像上下:スペインでのテロ事件を伝える有志のツイートとニュース映像より
tero

6
画像上:フランスでの移民・難民によるテロと犯罪の温床を伝える有志のツイート

 眞子内親王殿下や秋篠宮殿下が訪れられたハンガリーとは対照的な東欧と西欧の実情である。

 一方のアメリカ合衆国では、これまた大変な事態が起きている。


☆これが「共産主義者」の相貌だ!

 アメリカ合衆国では、南北戦争での南軍の将軍像を引き倒して破壊するという暴動が発生。

 先日、南部バージニア州で白人団体のデモ集会が共産主義者によって襲撃されるという事件が発生したばかりだが、その延長上で将軍像の引き倒しと破壊が行なわれたと言えよう。

12
画像上:米合衆国の南部で南軍の将軍像を引き倒して勝利の雄叫びをあげる共産主義者の群れ…


 南軍の将軍像破壊もまた共産主義者の仕業である。

 日本では幕末の明治維新が起きる少し以前、アメリカ合衆国内で争われた南北戦争は「黒人奴隷解放」を掲げた北軍の勝利という美談として伝えられる。

 余談ながら日本でも明治以前(武家・幕藩時代)の日本の良さを見直す動きが強まっているが、アメリカでも南北戦争時代における南部アメリカの在り方を評価し直す動きが強まっているのではないか?

 そうした動きを恐れた共産主義者が将軍像の破壊に至ったのだと思う。

 先日の南部での白人団体デモ集会への襲撃について、ドナルド・トランプ米大統領が白人団体を批判しなかったことに批判が強まっている

 だが、批判されなければならないのは襲撃、暴動を引き起こした共産主義者の側だろう。

 トランプ政権は後に「批判は全てに当てはまる」との公式声明を発表したが、共産主義者への批判こそ明確に為されなければならない。

 1991年のソ連崩壊・冷戦構造の崩壊で、欧米では、およそ共産主義者は死滅したとされていた。だが、アメリカには星条旗を燃やし、将軍像を破壊して嬉々とする共産主義者が存在した。

 トランプ当選の大統領選から移民規制を前面に掲げたトランプ政権への批判…白人団体デモ集会への襲撃、暴動そして将軍像の破壊にまでテロ行為を拡大、暴走させた。

 正確にはヒラリー民主党支持者として潜在的に存在し続けたのだが、これは旧社会党や極左が民主党(現・民進党)に衣替えした日本の状況と似通っているだろう。

 その民進党支持者や共産党支持者を中心に、右派市民デモ妨害のしばき隊が形成されたわけだが、アメリカ南部で猛威を振るう共産主義者の姿は、日本のしばき隊にも重なっている。

 と言うよりも、再び猛威を振るい始めた共産主義者の動向は日本もアメリカも共通しているのだろう。

 このまま手をこまねいて事態を放置していれば、日米両国のしばき隊」「日米両国の共産勢力が結託するかも知れない。既に水面下では何らかの接触もあると見るべきだろう。

 再びイスラム過激派テロが相次ぐ欧州(西欧)に話を戻すが、ここにも共産主義者がグローバリスト(地球市民主義者)に姿形を変え、潜在的に存在し続けた。

 旧・共産主義者のグローバリストこそがアフリカ中東からのイスラム難民を欧州へと招き入れた張本人である。

 皮肉なことに旧・共産圏の東欧では共産主義時代の名残りがあったせいか、難民への厳しい対処が可能であったものの、西欧ではEU(欧州連合)の存在もあったせいか、グローバリズムの発想が邪魔して、どこの国も難民排除に概ね失敗した。

 西欧ではイスラム難民、米国では中南米からのヒスパニック移民(経済難民)の受け入れが躍起に煽られている。

 東欧と国境を接するイタリアなどの西欧各国は、国境地帯への軍の急派をめぐり、深刻な状況になる一方だ。大戦争(第三次世界大戦)の危険性もあるが、全ては共産思想にも通ずるグローバリズムを打倒するための戦いでなければならない。

 日本でも本家しばき隊「安倍死ね」デモなどで猛威を振るっているが、今こそ日米で「反共」「防共」のための戦いに乗り出さなければならない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


banon
画像:トランプ政権の「影の立役者」であるスティーブ・バノン氏が首席戦略官を退いたことを伝えるニュース
しかし、すぐに要職に復帰して、再びトランプ大統領と二人三脚で前進し続けるだろう!


★「行動する保守運動カレンダー」より
10・22 日米同盟、強化・推進デモ
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1282



2ちゃんねる撲滅!
リアルでも「空気」な糞スレの名無し工作員を嗤う同盟ブログ!
sotokanda

チョン糞ブタマの金豚打倒(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12302814515.html
チョン“クス”ブタマの名コンビ(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12302996781.html



701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 

2017年08月19日

スペイン無差別テロ事件!

tero2tero4
画像左上:スペイン・バルセロナで発生した無差別テロに使用された車
事件後、警察当局が押収
画像右上:スペイン東部カタルーニャで発生した無差別テロ事件で現場検証する警察官ら


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆世界「観光立国」狂想曲の時代…?

隣国同士でも観光に赴く時代ではなく、まして中韓と交流の必要もない!

 8月17日夕刻、スペイン・マドリードで無差別テロが発生。

 観光客で賑わう目抜き通りを暴走した車が次々に人をはね、13人が死亡、100人以上が重軽傷を負った。

 警察は事件に関わった複数人の男の身柄を確保。事件後、イスラム過激派IS系の組織が犯行声明を出したという。

tero

 バルセロナでの事件から数時間後、同国東部のカタルーニャでも車が群集に突っ込む無差別テロ事件が発生。

 こちらの事件では7人が負傷。警察が容疑者と見られるテロリスト5人を射殺している。カタルーニャでの摘発に際しては犯人グループとの間で銃撃戦が起きたとも伝えられる。

tero3

 バルセロナと言えば1992年オリンピックの開催地となったことで日本人のみならず、世界的に知られた地名である。カタルーニャもまたサッカー欧州リーグでその名を聞く。

 今回の事件で改めて思ったことは、日本人も相当なノー天気だが、イスラム過激派テロが相次ぐご時世だというのに未だ世界中からヨーロッパを訪れる観光客が後を絶たないということである。

 我が国の外務省も無差別テロで日本人が犠牲になった段階で、欧州への渡航に厳しい制限を設けるなり、渡航自粛勧告を出すようになるのだろうか?

tero6
画像:バルセロナ事件を伝える有志のツイートより

 
 この21世紀初頭は移民」「難民に続き、観光客が重要なキーワードになるかも知れない。

 マスコミで移民…難民…などと表現される連中が不法入国者なのは当たり前。不法滞在か合法滞在かを問う以前に、移民・難民とはもはや不法入国・不法越境の代名詞となっている。

 観光客も同様。
 無差別テロの標的とされるのは観光客で賑わう観光地であり、犠牲になるのも観光客なら、観光を装って入国して来る者の中にもテロリス
トは存在する。

tero5
画像:観光客増加政策に懸念を表明する有志のツイートより


 我が日本も国を挙げた観光立国政策に狂奔しているが、外国からの観光客を受け入れるということは外国人観光客を無差別テロに巻き込む
危険性もあるし、逆にテロリストの入国を容易にしてしまうという危険性もある。

 無差別テロにおける加害者と被害者、その双方の受け入れ拡大に狂奔しているのが観光客の誘致合戦である。

 従って、外国人観光客の受け入れ拡大に観光産業の促進を委ねる我が日本の観光立国政策も非常に危うい政策だと言えよう。

 無論、日本人の性質から言っても、なかなか全体的に「やめよう」という向きにならなければ止まらない事情というのも分かる。国を挙げた観光立国政策の最中、自分一人が異なる主張をするにも勇気を要することだろう。

 誤解を招くことを承知で言えば、欧州での無差別テロはもっと起きてくれたほうが良い。…そのように思っている自分が自分の中に、もう一人存在するということも事実だ。

12
画像:「行動する保守運動」にも積極的且つ精力的に参加してくれている親日スペイン人のダニエル氏は母国スペインでの無差別テロ事件に
何を思う?

 欧州での無差別テロが、それこそ9・11事件をも凌ぐレベルであればあるほど、観光客(ならびに移民・労働者)の受け入れに無警戒な日本人のボケ頭も少しは冷えてくれるに違いない。

 やれ、中国(支那)から何百万人の観光客が来てくれた…韓国から何十万人の観光客が来てくれた…東南アジアのどこそこの国から観光客が来てくれた…などという次元で喜んでいる場合ではない。

 喜ぶポイントが違っているのだ。

 行き過ぎた外国人観光客の誘致にようやく歯止めがかかった…日本に犯罪者を送り出しているも同然の国との間で観光ビザ免除措置がようやく終わった…これでテロ・犯罪発生のリスクは多少なりとも軽減するだろう…その点を喜ばなければならない。

 スペインほか欧州各国での連続的な無差別テロ事件の発生が物語っていることは、欧州はもはや戦場、紛争地帯も同然になったということ

 そして、たとえ同じ欧州同士で、すぐ隣の国であれ観光に赴くのは危険であるということ。

 自分の国にいても危ないかも知れないが、たとえ隣国であっても易々と観光に赴くにもリスクがつきまとう時代である。

 日本にとっても同じことが言える。いくら支那(中国)や韓国から観光客が来ているとしても、では日本の側から中韓への旅行に行きましょうかという気にはなれない。

 かたや共産国、そして世界有数の反日国家であり、いくら政府が観光を促進していようと、正常な神経ならそうそう赴くことは出来ない

 従って、あちら様からも日本に来て頂く必要はない。

 もし、政府が今のまま観光立国政策に狂奔し続け、外国人観光客受け入れのための更なる便宜を図ることに狂奔し続けると言うなら、まことに不本意で恐れ多いモノの言い方だが、それこそISなどテロリストに期待(?)するしかなくなってしまうだろう。

 どういうことかと言えば、日本でも無差別テロの頻発で、観光客を送り出す側の国から日本への渡航を自粛・禁止してもらうようにするしかない。

 前述のように、海外で日本人旅行者が無差別テロに巻き込まれ、死亡者が続出するような事態になれば、日本からも当該国への渡航を自粛するようになるかも知れない。

 だが、反対に観光を通じて付き合いのある国からも日本への渡航を自粛・禁止してもらうくらいでなければ、交通網と情報網が驚異的に発達した現代の観光立国狂想曲はとても終わりそうにない。

 欧州の隣国同士であっても観光で人が往来するような時代ではないし、まして極東アジアの日本の場合、中韓両国などという敵国も同然の国々と観光でも付き合いを強いられる筋合いはない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!

糞スレを徘徊するチョン糞ホシュを観察する同盟ブログ!
sotokanda

チョン糞ブタマの義理人情(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12302619617.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 00:38このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動