2017年09月30日

不法滞在イラン人と『しばき隊』

9
画像:不法滞在外国人への退去強制命令処分に対し、取り消しを命じると言う偏向判決を相次いで下している藤山雅行


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆偏向裁判官を糾弾する!

法廷での極左的・しばき隊的な法の解釈を許さない!

 9月29日、名古屋高裁(藤山雅行裁判長)にて不法滞在イラン人への退去強制命令の取り消しを命じる偏向判決が下された。

iran

 まず、この高裁(二審)判決に至る経過を順に振り返ってみよう。

 この不法滞在イラン人の男(34歳)は7年前、他人名義のパスポートで日本に不法入国。

no title

 一昨年(平成27年)3月、名古屋入国管理局に出頭し、不法滞在で日本からの退去強制処分を受けている。

1

 その前年(平成26年)、この不法滞在イラン人の男は同処分の取り消しを求めて提訴しているが、時を同じくして日本での在留資格を持つ日系ブラジル人の女と結婚していたという。

2

 名古屋地裁(一審)への提訴は、おそらく(悪徳の)行政書士事務所や人権団体を通じての訴訟だったと思われるが、日系ブラジル人の女との国際結婚もブローカー組織を通じての入れ知恵だったと思われる。

 南米などからの日系人の(優遇的な)在留・就労も在日特権」問題の一つだが、他の外国人との(偽装)国際結婚によって不法滞在を助長する恐れがある。

 ブラジル人など、日系南米人の優遇的な受け入れの弊害がこういう形で出てくるというのも、日本が移民社会になってしまったことを物語っているだろう。特に日系南米人は名古屋など、愛知県に多い。

 昨年の一審の名古屋地裁での判決では、日系ブラジル人の女との婚姻関係は「安定して成熟したものとは言えない」、つまり、偽装国際結婚の疑いがある…もしくは長続きはしないとの判断から退去強制処分の取り消しを求めた不法滞在イラン人の訴えは退けられた。

3

 これが当然の判決である!

 しかし、一審判決後の今年3月、不法滞在イラン人の男は日系ブラジル人の女との間に子供をつくっている。
4

 偽装国際結婚では「目的」のためなら、女の側が偽装結婚相手の子供を生むことも珍しくはないようだ。おそらく、これも背後で裁判を支える人権団体もしくは偽装国際結婚ブローカーを通じての入れ知恵だったのだろう。

 そして不法滞在イラン人が控訴に踏み切った名古屋高裁での判決がこのほど言い渡されたわけだが、同高裁の裁判長・藤山雅行は「婚姻関係は成熟したもの」「(不法滞在イラン人の男が)強制送還となれば一家離散となる」「著しく人道に反する」として国に対し、退去強制処分の取り消しを命じるという恐るべき偏向判決を下した。
5
6

 この藤山雅行という裁判官は、当ブログの過去記事で確認されるだけでも、不法滞在外国人に有利な退去強制命令取り消しの偏向判決を二件も下している。

:偏向裁判官・藤山雅行に関する当ブログのエントリー

2016年12月03日 初冬の「凶悪犯罪」最前線!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52033410.html

2017年03月23日 日米欧が直面する「難民テロ」!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52043376.html

 生まれてきた子供は日本での在留資格を持つとされる日系ブラジル人の母親が育てれば良い。

 一概に日本で育てることも好ましいと思えないが、不法滞在は生まれてきた子供の父親である不法滞在イラン人の男にあるのだから、養育に関しては当人同士で話し合い、イランなりブラジルなり、どちらかの母国に揃って移住するというのが筋である。

 両者がどういう出逢い方をしたのか知らないが、このような問題を日本国に持ち込まれたままでは困る。

 また、両者の婚姻関係が限りなく偽装国際結婚に近い形であった場合、「子供さえ作れば不法滞在も合法化」という悪しき前例となってしまうだろう。

 これこそは偽装国際結婚ブローカーや偽装婚に関わる悪徳行政書士をさらに増長させる結果となる。まさしく犯罪助長の偏向判決と言えよう。

 誰の人道に反すると言って、これこそ日本国民の人道を著しく侵害した偏向判決に他ならない!

 名古屋入国管理局は今回の高裁判決を受け、最高裁に上告するかを検討するとしているが、常習的な偏向裁判官である以上、断固、最高裁に上告しなければならない。

7


8
画像上:有志のツイートより


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆不法外国人擁護の司令塔?

「しばき隊議員」を悩ませる「右からのネジレ現象」を歓待!

 一方、埼玉・蕨での不法滞在フィリピン人一家のカルデロン問題に顕著だったが、こうした不法滞在外国人を擁護してきたのがしばき隊と言われる連中である。

 差別反対にヘイト反対…レイシストをしばく…などと言えば格好良いのかも知れないが、その実態はただの不法者への擁護でしかない。

 しばき隊は東日本大震災・原発事故以降の平成25年初頭、首都圏反原発連合など反原発グループを母体に、共産党支持者でもある野間易通(のま・やすみち)らを中心に結成された。

 その後、右派市民デモ(行動する保守運動)への妨害を皮切りに、他の保守団体や右翼民族派団体の街宣への妨害、選挙での保守系候補者への演説妨害、果ては安倍晋三首相の選挙演説にまで妨害に出現するなど、デモ街宣への妨害では既にその存在がひとり歩きして拡大している。

 その反原発グループやしばき隊と行動を共にしてきたのがジャーナリスト出身で、民進党参議員の有田芳生(ありた・よしふ)

 有田は過去、党にも極秘の北朝鮮渡航をしており、北朝鮮の当局者らと秘密裏に接触。やましいことがなければ堂々と行けば良いのに、やはり何らかの怪しい接触があったのだろう。

 まだ有田の場合は国会議員なので、北朝鮮と直接交渉との弁明もかろうじて成り立つのだろうが、在野にあって北朝鮮にまで行っている右翼がいるのだから、どうしようもない。

 その北朝鮮への渡航組やら、しばき隊での行動など、公私にわたり、しばき隊関係者と特に親しいのが有田。

 有田とはそういう思想傾向の人間である。

 このほど、その有田属する民進党は、小池百合子・東京都知事が代表に就任した『希望の党』と合併・合流する運び。「発車間際の駆け込み乗車」ではないが、「選挙間際の駆け込み合併」を各党間でラッシュすることはやめて頂きたい。誰がどこの党に属していて、どことどこの党が合併・合流したか、また、誰が離れて誰がくっ付いたのかが分かり難い。

 小池知事率いる希望の党に在籍することが決まりそうな有田に対しては、しばき隊の代表格である野間が有田バッシングを展開させているようだ。

noma
画像上:桜井誠・日本第一党党首のツイートより
画像下:報道機関のツイートより
noma2

 野間と有田をしばき隊で引き寄せる紹介者(仲介役)を務めたのは然る新右翼団体代表だったとされるが、それは別の機会に述べることとしたい。

 野間・有田の衝突と言って良いのか、こうした動きは非常に興味深い!

 まだ15年ほど前、当時より右派・保守陣営に特に人気の高かった西村真吾先生が議員として民主党(当時)に在籍。

 沖縄県だか尖閣諸島だかを日中共同で開発するとかの売国政策が政権公約(マニフェスト)として民主党のリーフレットにも掲載されており、巷では「西村(真吾)先生もよく、あんな党にいられるな」と訝しがる向きもあった。

 中には西村先生の元を去って行った支持者もおられたものと思われる。

 だが、時の政局の問題であり、西村先生とて好き好んで民主党に在籍していたわけでもないだろう。

 それとは正反対に現在、有田のような極左議員が希望の党という、ちょっと保守的なカラーを出している政党に在籍せざるを得ないなど、かつてとは逆に「右からのネジレ現象」が起きている。

 有田から離れるばかりか、有田をバッシングする元同志がいたとしてもおかしくはない!

 非常に良い傾向として、これを大いに歓待したい!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


noma3
画像:首都圏反原発連合代表のミサオ・レッドウルフによるツイート
小池知事(希望の党代表)が原発ゼロを打ち出したことで同党への支持を表明したのではないかと思われるが、小池知事は実際には原発再稼働ロードマップ(行程表)の必要性を説いていた再稼働推進派である!


★関連ブログ『集スト問題相談所』
カルトの勧誘方法(9月28日付)
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/20952603.html

cult


2ch b
クソスレでネット番長によるガキの喧嘩を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン糞ブタマのガキのケンカスレ(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12315167234.html



701c9198-s 

  

Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 国際結婚トラブル被害者支援行動 

2017年09月29日

支那人・朝鮮人問題に拘れ!

dora2
画像:半グレ集団『怒羅権』に関する事件を聞かない年はない


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆怒羅権(ドラゴン)の凶悪犯罪!

現在の日本社会で急伸長する外国系の反社会勢力!

 埼玉県川口市在住の投資家女性に暴行を加え、車中などに監禁した上、現金を脅し取ろうとしたとして警視庁組織犯罪対策課は支那(中国)系ギャング団『怒羅権のメンバーら男女6人を逮捕した。

dora

 直接の逮捕容疑は今年7月23日に池袋(東京・豊島区)のカラオケ店に被害女性を呼びつけ、現金を要求。ビール瓶を投げつけるなどの暴行を加え、女性に頭部打撲などの怪我を負わせた。

 女性宅に向かう車中に3時間以上も監禁。監禁と傷害、恐喝未遂の疑いで中国籍の男(57歳)ら男女6人が逮捕されたものである。

 被害女性とは投資ビジネスを通じて知り合い、トラブルになったという。

 かつて支那残留孤児2世3世らを中心に結成された暴走族グループ・怒羅権については当ブログでも度々触れている。

 年輪を重ねてもチンピラはチンピラのまま。暴走族にもいつか卒業の時期は来そうなものだが、最初から日本社会に対して反社会的に結成された集団はそのまま半グレ化し、ギャング団となって根付いてしまった。

 学校での差別や社会からの疎外感を不良化の理由に挙げているが、それとて日本に順応する気のない者らによる言い訳にしか聞こえない。

 今や日本社会で伸張している反社会勢力はこうした外国系ギャング団ばかり。

 しかも在日支那人(中国人)の増加に伴ない、半グレの各グループがニューカマーを取り入れるなどして、各地で急伸している。

 事件が起きた場所に留意して頂きたい。豊島区の西池袋…。目下、池袋チャイナタウン計画が進められようとしている一帯である。

 支那人のチンピラによる殺傷沙汰が頻発、先日などは遂に白昼堂々、支那人による公道上でのレイプ未遂事件まで発生した、その現場付近である。

 チャイナタウン計画で文化交流どころか、単に支那系ギャング団の溜り場を拡大するような話だろう。

 怒羅権など支那系ギャング団には刑法や摘発の強化で徹底して締め上げる以外にない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 余談ながら(余談でもないが)、当ブログでは北朝鮮情勢に絡み、反米勢力への糾弾を展開している。

 その反米勢力対米自立実行委員会山口祐二郎(反原発グループの元『しばき隊』、元『男組』若頭)は7年前だが、一度、東京都台東区内にあった我々の事務所(瀬戸弘幸事務所=当時=)に来たことがある。

 まだ、しばき隊が結成される以前の話で、所謂「ヘイトスピーチ・デモ」が今ほど騒がれていない頃の話。山口が新右翼『統一戦線義勇軍』に在籍していた頃のことである。

 この時は山口も瀬戸弘幸氏(ブログ『日本よ何処へ』主宰、後の『日本第一党』最高顧問)に対面しているし、挨拶を交わしている。

 せっかく事務所を訪問してくれたということで付近の韓国系焼肉屋にでも連れて行こうと思ったが、その店が定休日だったので同じく馴染みの中華料理屋で昼食を振る舞った。

 その際、池袋チャイナタウン計画と同計画への我々の反対行動に話が及び、山口の口から怒羅権に先輩だか知り合いがいると聞かされた。自分の耳でハッキリと直接聞いたので間違いない。

 後に、しばき隊に参画し、我々の「行動する保守運動系デモ」とは敵対する関係になってしまった山口は池袋でのデモ街宣も含め、我々に「差別やめろ」「ヘイトやめろ」などの罵声を飛ばすに至る。

 まだ、前述のような韓国系料理店や中華料理店など、普通に商売をしている在日外国人を擁護するためだけの行動ならともかく、怒羅権に先輩だか知り合いがいると言ったように、彼の周辺には好ましくない人間が少なくないように思う。

 …そういう好ましからざる外国人を擁護するための反差別・反ヘイトなのか。

 だから山口らの言う反差別も反ヘイトもまったく信用ならない!

 同じく、その山口に関わる、もう一つのエピソードを掲載しよう。


☆北朝鮮による反日プロパガンダの洗脳

改めて、つまびらかにされた日本人拉致被害者の生活実態!?

 北朝鮮情勢が緊迫している折、我々は再度、認識しておく必要があるだろう。

 このほど、福井新聞が報じたところによると、元拉致被害者の地村保志さんや妻・富貴江さんらの拉致後の北朝鮮での生活実態が伝えられた。

chimura

 拉致直後は映画や演劇を繰り返し鑑賞することを強いられ、戦前の日本による侵略(?)や植民地支配(?)について繰り返し、反日プロパガンダを洗脳されたという。

 反日プロパガンダの洗脳に使われたステージは、日本からの訪朝団に鑑賞させる時にも使われているようだ。

 拉致されずとも、自らの意思で北朝鮮に渡り、北朝鮮の反日プロパガンダをそっくりそのまま刷り込まれた者も存在する。

 前述の元しばき隊・元男組幹部の山口祐二郎は今年5月、渋谷区議会議員の芦沢一明(民進党)らと共に北朝鮮へ渡航しているが、向こう(北朝鮮)でポーズでの反日的な歴史観を述べているだけならまだしも、帰国後も北朝鮮で習わされたと思しき北朝鮮の歴史観をそっくりそのまま恥ずかしげもなく、ネット上で披露しているのだから話にならない(関連ブログ記事参照)。

★関連ブログ『沖縄・米領復帰運動』
反米派イコール「親北鮮派」の事実!(今年5月27日付)
https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12278501049.html

o0640036213947228938

 だから、こういう者らが述べている反米、対米自立などという主張もまったく信用ならない!

 アメリカと敵対する共産主義軍事独裁の犯罪国家・北朝鮮を擁護し、それでアメリカに対して何をどうするなどと言ったとろこで到底、説得力はない。

 一方では支那系ギャング団・怒羅権にも知り合いだかがいて、もう一方では北朝鮮に渡航して、向こうの歴史観をそのまま鸚鵡(おうむ)返しに述べると言うのか。

 ネット上では、行動する保守運動関係者を含め、ネット右派層が支那(中国)や南北朝鮮のことばかり論う向きに対し、「偏り過ぎているのではないか」と指摘する向きもある。
 …大抵が支那・朝鮮に関わる問題がクローズアップされている頃で、都合の悪い時だけ支那・朝鮮問題への偏重を指摘する向きは卑劣だ。

 少なくとも外国人問題全般を追及する当ブログにあっては、東南アジア系から中東系、南米系、欧米系に至るまで全ての外国人問題に言及している。

 偏っていたからと言って、それが何だと言うのか?

 昨今の情勢に鑑み、支那・朝鮮半島とその出身者に関わる事項は、政治的にも優先順位が1、2を争うくらいに高い。

 支那・朝鮮の問題こそ重点的に追及していこう!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


来たる9月30日、反中共(反中国)デーの翌日、支那人犯罪が多発、在日朝鮮勢力の尖兵・しばき隊による妨害が特に激しい池袋(西口)にて、『護国志士の会』(高木脩平局長)による月例街頭演説が開催されます。

来月(10月)は衆院選が始まってしまうため、10月予定を前倒ししての開催です。

★「行動する保守運動カレンダー」より
9・30 第十一回 護国志士の会・池袋街宣
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1312

1eefdf5c-s


shina
画像上:共産主義体制への回帰か!?
最近のネット情報における支那政府の支配強化を伝える記事
ライブドア・サイトでのニュース表記に誤字を発見!


shina2
画像:筆者・有門大輔のところへ届けられたメール
支那人の元容疑者から就職に影響するので、自身の名前が載った外国人犯罪情報を削除してくれとの要請だった!
指摘を受けた記事は削除したが、自ら容疑者になりながら一体、何が「プライバシーの侵害」なのか?


2ch b

クソスレでは偉ぶる在日工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン糞ブタマが自演で自滅(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12314681588.html
チョン糞ブタマのクソスレ偉人(異人伝(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12314841000.html
チョン糞ブタマのクソスレ人格(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12314915208.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街・中国人追放運動 | 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶

2017年09月26日

勉強会と昨今の運動論

2
画像:勉強会の様子(左は講師である『四宮政治文化研究所』代表の四宮正貴先生、その右に写るのは同じく講師の渡邊先生)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆参加報告 9/24 IN文京シビックホール

第77回『日本の心を学ぶ会』勉強会

「特定アジア」問題と運動の展望、北朝鮮・支那への対峙!

 平成29年9月24日(日)、『日本の心を学ぶ会』(渡邊昇代表)による第77回目の勉強会が東京・文京シビックホールにて開催された。

 当日の講師を務められたのは同会代表にして『牢人新聞社』主幹の渡邊昇先生。そして『四宮政治文化研究所』代表の四宮正貴先生。

 第一部となった渡邊先生の講演では講師が一方的に話す形式ではなく、参加者との意見交換を交えた対談・討論会形式で行なわれたものである。

 渡邊先生の信条は学んだことを実践として生かすこと。あの政治家が悪い、この政策が悪いなどと「責任の丸投げ」をするのではなく、各自がどう行動していくための勉強会なのか。それを追求されている。

 第二部となった四宮先生の講演では最近の極東アジア情勢では北朝鮮ばかりがクローズアップされているが、共産支那(中国)こそは北朝鮮以上に日本に軍事的脅威を及ぼす存在であることが再確認された。

 今や北朝鮮情勢は開戦前夜の状況。

 トランプ米政権は遂に北朝鮮からの入国を禁止するとした。

a
画像:筆者(有門大輔)のツイートより


 南朝鮮(韓国)に至ってはこの期に及んで、なお北朝鮮に援助しているような有り様。

 それで言うなら日本こそは朝鮮総連を通じたパチンコ・マネーの送金が未だ野放しにされている状況で、とても南朝鮮の状況を批判出来たものではない。

c

 四宮先生の講演では昨今の情勢に絡め、1950年代の朝鮮戦争に至った当時の状況について説明された。

時の米大統領だったトルーマンというのは馬鹿だから朝鮮半島から米軍の駐留部隊を引き揚げさせた。その途端に(戦争が)始まった

 北朝鮮の人民軍が突如、南下(侵攻)して宣戦布告。一度は朝鮮半島の南部にまで追い込まれた韓国軍だったが、米軍を中心とする国連軍が上陸。今度は北朝鮮の北部まで押し戻した。

 すると中朝国境地帯を越えて満州(中国北東部)まで攻め込まれることを懸念した毛沢東が義勇軍を編成して北朝鮮軍に加勢。

極東アジアの連合軍最高司令官だったマッカーサーは(満州に)原爆を落とせとまで言ったけれども、米国としてはそこまでの決断は出来なかった。結局、こう着状態となって38度線での停戦になるわけですが、当時、中国の人民解放軍の将軍らが居並ぶ軍議の席で、北朝鮮の金日成が口出しをしようとしたら将軍たちから黙らされてしまった。それほど金日成すらも蚊帳の外だったわけで、朝鮮戦争の実態はまさしく『米中戦争』だったわけです」(四宮先生)

 現在も似たような状況にある。北朝鮮情勢を見据え、ロシア軍と支那人民解放軍の艦船がロシアのウラジオストクにて合同軍事演習を展開。その際、日本の宗谷海峡周辺を威嚇的に通過したという。

 一方の米国は米軍機に北朝鮮上空を飛行させている。

d

 …メディアでは単なる「牽制」と報じられているが、この意味は非常に大きい。

 もし、ここで北朝鮮が一発でも攻撃すれば、その時点で「戦争勃発」である。

e

 …つまり、戦争はふとしたニアミスで今日にも、この瞬間にも始まってしまうのかも知れない。

 日本で、在日への差別やマイノリティへの差別が云々をしている場合ではない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆「反共」というタガ!

「筋論」としての反米勢力(親北朝鮮勢力)への糾弾!

 話を戻すようだが、渡邊先生による第一部講演と、四宮先生による第二部講演後の「質疑応答」の時間では昨今の運動関係のことがディスカッションされた。

 昨今の運動関係とは…ズバリ木村・西村問題である。

 朝鮮動乱の勃発を念頭に、日米同盟の重要性を唱えてきた当ブログ(及び関連ブログ)では度々反米勢力を追及してきた。

 単に反米や対米自立と言うならそれも結構だが、北朝鮮に渡航し、街頭行動では主権・独立を主張しているようでも、どこか北朝鮮を利するかのような融和的な姿勢はおかしいのではないか?…として。

 その過程で対米自立実行委員会や新右翼一水会代表の木村三浩氏、主権回復を目指す会代表の西村修平らを糾弾するに至った。その結果、木村・西村両氏が噛みついてきたというのが事の発端である。

:当ブログの直近の関連エントリー

2017年09月20日 対北朝鮮制裁を考察!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52057533.html

2017年09月21日 北朝鮮を完全破壊せよ!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52057662.html

2017年09月24日 反米(親北朝鮮)勢力への追及とその背景
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52057788.html

 参加者の間では自由闊達な意見交換が交わされたが、それらを集約する形で四宮先生が喝破された。

北朝鮮の核武装を『自衛』などと主張すること自体、(日本の右翼として)あり得ないことですよ。

 彼(木村三浩)は然る右翼の人たちの集まりで、『北朝鮮に行った時に金日成広場でマンセーしたんじゃないか?』と追及されて『二礼二拍手しました』なんて弁明していたけど、馬鹿かって言うんですよ。

 二礼二拍手っていうのは日本人が神様に対してするものでしょう?

 木村君にとっては金日成が神様なのかってことになるじゃないですか!

 北朝鮮に行った自民党の議員だって、みんな(金日成広場でのマンセーを)やらされているんですよ

 木村氏に限らず、政治家を含め、北朝鮮へ渡航した者らは全て横田めぐみさんら救出を待つ日本人拉致被害者を素通りしたということになる。

 戦前に朝鮮半島に居住した日本人の遺骨収容という名目もあるのだろうが、生きている拉致被害者よりも既に亡くなってから70年以上も経つ人たちの遺骨を優先したということにもなろう。

 当ブログで、さも「木村氏が北朝鮮からカネをもらった」かのようなニュアンスで書いたことに木村氏が猛反発したと聞く。だが、それを聞いた人々は一様に「(北朝鮮からカネ云々は)事実じゃないか!」という反応を示す。

 「逆にカネをもらってなかったとしたら『何でふんだくって来なかったんだ』と思う」とまで言う人も…。
3
 特に木村氏は先輩であり、一水会において常任顧問も務められる「身内」の四宮先生からも厳しい目を向けられていることに留意しなければならないのではないか。

 それほど北朝鮮へ行くこと自体、右翼、民族派、愛国者としての「」から大きくズレていることを示していよう。

 朝鮮戦争にも関わってくることだが、戦後の右翼運動にあって「反共(即ち反北朝鮮)」というスタンスから韓国(南朝鮮)との緊密な関係を保ち、日韓での反共運動が推進されてきた(その後、韓国は「反共政策」から反日政策に転換して今日の没落がある)。

 笹川良一氏(日本船舶振興会会長)や児玉誉士夫氏ら戦後右翼の大物と言われる人たちは評価は様々なれど、その時々の情勢にあって反共を一貫してきたことは事実だ。

 しかし、その逆に共産国である北朝鮮に渡って、いくら反米・対米自立と言えども北朝鮮擁護の右翼というのは聞いたことがない。

 かつて戦後の右翼運動にあって誰も踏み込まなかった領域に木村氏が踏み込もうとしている(と言うか既に踏み込んでいる)ことに対して追及したものである。

 韓国も反共政策を放棄し、反日に狂奔して堕落したが、日本も反共というタガが緩めば北朝鮮に渡ってしまう右翼まで出てきてしまう…。

 放っておけば反原発やらしばき隊やら国会前での「安倍死ね!」やら、一度は没落したかに見えた共産勢力が再び息を吹き返してきたのが現状である。

 やはり、自由主義圏の国にあって「反共」というタガを緩めてはならない!

 勉強会の話に戻すが、参加者からは「木村氏や西村氏があそこまであなた方(渡邊主幹と筆者・有門)に言われるということはね、それだけ、あなた方が成長したということなんですよ」との有り難いお言葉を頂戴した。
1
 西村氏の主権回復を目指す会の結成に携わった草創期の然る元会員は「西村の今日の暴走のきっかけを作ってしまいました(苦笑)。
 我々が関わっていた頃から彼(西村)には言っていたんですよ。裁判沙汰になるまで暴走するなと。それでも彼は暴走して裁判沙汰になった…。その度に『カネを都合してくれ』と。『もう、今回限りだぞ!』と釘を刺して忠告していたんですけどね…最後は『私はアンタ(西村)のATMじゃない!』と三下り半を突きつけました。

 仕事でもどんな世界でもそうですけどね、やはり引き際というものがある。それを見誤っちゃいけない」と話された。

 その西村氏は自身のブログで筆者・有門に対することを書いたようだが、ネット・バトルになっても不毛なので、それに対してもう、こちらからはアクセスもしないし、一切の反応・反駁等もしない。

 西村氏はメールでも関係各所に(自身の)ブログ内容を配信しているようだが、どこか北朝鮮が各国に配信した反米声明にも似通っているように思えてしまう。

b


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!
政府に対し国民の声を!デモ行進2017/9/24デモ前

https://www.youtube.com/watch?v=xDGY2Dy1YGc
政府に対し国民の声を!デモ行進2017/9/24

https://www.youtube.com/watch?v=XK_5cmAk0Ik
 (撮影:Boljoaさん)


★「行動する保守運動カレンダー」より
9・28 【月例】北朝鮮を殲滅せよ!移民・難民受け入れ断固反対新宿街宣/反グローバリズム国際保守連合
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1310
f


2ちゃんねる撲滅!
糞スレで在日工作員だけの「世界観」を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン糞ブタマの死ぬ迄ドーテイ(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12313520781.html
チョン糞ブタマの気概が危害(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12313653186.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 00:20このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2017年09月23日

移民問題への責任を問う!

ari
画像上下:雨天での街宣にてカッパを着込んで演説する筆者・有門大輔
ari2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆活動報告 9/22 IN永田町・自民党本部前

第13回「移民反対街宣」 外撲協主催

北朝鮮情勢(第二次朝鮮戦争)とヘイトスピーチ規制法!

4
画像:反対側の歩道から撮影した永田町街宣の様子


 平成29年9月22日(金)、我が『外国人犯罪撲滅協議会』の主催による永田町・自民党本部前での移民反対街宣を開催した。

 この街宣も数えること13回目。

 本来なら今月度は9月8日に開催する予定であったが、筆者・有門大輔の法事の関係で延期されていた。先々月の7月28日に開催して以来(8月度は夏季休暇であったため)、約2ヵ月ぶりの開催となった。

 当日も激しい雨天のため、1週間後に延期することも考えたが、雨の日に強行してこそ本物、雨の日にこそ来てくれた同志たちが本物…との思いで雨天開催に踏み切ったものである。

 然るマスコミ関係者も取材に来た中、非常に充実した街頭演説活動になったと自負するものである。

 本題である外国人移民・労働者問題の前に、北朝鮮情勢(第二次朝鮮戦争)について触れさせて頂いた。

 相次ぐ北朝鮮弾道ミサイルの日本列島縦断と近海への着弾は、我が国がミサイル防衛に関しては無力であることを物語っている。

 もしかすると奥の秘策があるのかも知れないが、それとて実際的な機能は、いざ報復をするとなった「その時」にならないと分からない。

 断言して我が国が対北朝鮮で採り得る実力行使とは、朝鮮総連を通じて北朝鮮に流れるパチンコ・マネーなどの資金源を断つことに他ならない。

 従って朝鮮総連という組織を完全破壊する以外にないだろう。その具体的方途はズバリ、朝鮮総連への「破防法」及び総連関係者への「外患誘致誘致罪」の適用以外にない。

 次に自民党政権が画策する増税についてだが、自民党が連立政権を組む公明党はカルト創価学会を支持母体としている。

 90年代のバブル期以降、およそ「お金持ちがいなくなった」とされる日本社会だが、消えたお金はカルト・マネーとなった宗教団体に集まっていた。創価学会をはじめ、非課税の宗教法人に課税することで消費税など逆に減税が出来るかも知れない。

 消費税減税ともなれば国民の所得は増え、購買意欲が高まって日本経済の活性化にも繋がるはずである。

 そして本題の外国人移民・労働者の問題では昨年9月、埼玉県熊谷市で発生したペルー人による幼子まで含めた「6人殺害事件」に言及。

 この事件では被告のナカダ・バイロン・ジョナタン(32歳)が精神疾患のため、公判を開くことさえ難しい状況だと伝えられる。

 しかし、ジョナタン被告のようなペルー人が日本に入国・就労していた背景には、日本政府が90年代初頭、日系人に限定して受け入れを緩和したことにある。俗に日系人特権と言われる「もう一つの在日特権」であるわけだが、外国人労働者の受け入れに世論の反発を和らげるため、日系人に限定しての受け入れを始めた。

 愛知県などに大工場を持つトヨタ自動車など、人手不足を理由にした企業・財界からの要請に応えての受け入れ開始であったわけだが、実際はコスト(人件費)抑止を目論んだ受け入れに過ぎない。

 それでも中部・東海地方を中心にブラジル人やペルー人の凶悪犯罪が多発。学校教育からドロップ・アウトした児童の不良化など、街の景観悪化が大変な問題になっている。愛知県の保見団地などは、その典型例と言えるだろう。

 そうした南米人の1人として来日したのがジョナタン被告だった。

 従って埼玉・熊谷で発生したジョナタン被告による6人殺害事件も、元をたどれば受け入れを緩和した日本政府にこそ原因がある。

 しかも、ペルーやブラジルなど南米では日系人からの戸籍売買(日系人との偽装結婚や偽装の養子縁組など)で日系人資格を取得したニセ日系人も少なくない。

 ジョナタン被告もまたニセ日系人ではないかと言われるが、本当の日系人であるか否か、それを審査して見抜けぬまま受け入れを拡大し続けてきた責任が日本政府にはある。

 さらに! そうした日系人の受け入れ緩和についても、前科者や精神異常者が紛れ込む恐れもあったわけだが、当然のことながら、それを審査して見抜く手段も日本政府にはなかった。実際にジョナタン被告のような精神疾患者が入国していた。

 もし、ジョナタン被告の罪を問えなかったとしたら(罪に問えたとしてもだが)、日本政府は熊谷事件の被害者遺族に対して被害者一人頭につき数億円から十数億円の賠償責任を果たさなければならない!

 もう一つはベトナム人による「脱走事件」。先月末、群馬県(邑楽郡)大泉町というところでナンバープレートを偽造した盗難車に乗っていたベトナム人容疑者が警察官の職務質問を受けた。その際、警察官の腕に噛みつき、片手に手錠をはめられたまま逃走。

 逃走中の様子がインターネット動画で公開されるなど、ニュースでも大きな話題を呼んだが、ほどなく埼玉県熊谷市内で身柄を確保されている。

 このベトナム人容疑者は一度は不法滞在で勾留されながら、「難民認定申請」をすることで保釈されていた。入管には定められた期限に出頭せず、不法滞在を続けたばかりか、偽造ナンバープレートの盗難車に乗っているところを現行犯で押さえられるなど不法行為を続けていたものである。

 確かにベトナムという国自体で言えば比較的、親日的な傾向にはあるが、外国人個々が親日的であるか否かは、また別の問題である。

 世間的にも勘違いされていることだが、親日的であることが必ずしも犯罪や問題を起こさないとは限らない。親日的な外国人でも凶悪犯罪を起こしている。また、何を以って親日的であるかも定かではない。

 昨今、安倍・自民党政権ではベトナムからの留学生や労働者の受け入れを拡大する方向にある。

 全般的には親日的かも知れないが、それでもベトナム人が増えて一種のコミュニティとなってくれば、そこに好ましからざる者が増えてくるのも必然であり、実際問題、組織的な窃盗事件や仲間内での殺傷沙汰など、ベトナム人による犯罪は増加傾向にある。

 いかに親日国からの受け入れであれ、外国人留学生・労働者の受け入れは危険であると自民党政権に対して抗議行動を展開したものである。

 その他、他の弁士からはヘイトスピーチ規制法や、右派市民デモへの妨害で知られるしばき隊に話題が及んだこともあり、前述の北朝鮮情勢も含め、北朝鮮シンパが増長している背景にはヘイトスピーチ規制法によって左翼・共産主義勢力が勢いづいてしまったことにあると言及した。

 沖縄県では米軍基地移設をめぐり、しばき隊関係者が沖縄防衛局の職員に重傷を負わせるという凶悪事件も発生したが、これもヘイト規制法のあおりにより、北朝鮮シンパのしばき隊が勢いづいたことに起因する。

 ヘイト規制法はネット右派層の間では有田芳生(民進党参議員)が推進したかのように言われているが、実際には自公政権こそが成立させている。

 そもそも安倍晋三首相が在特会など「行動する保守運動」との関係を追及され、左翼・共産勢力からのヘイトスピーチとの誹りを過度に恐れ、後退に次ぐ後退を続けてきた帰結としてヘイト規制法なるものを成立させてしまった。

 確かに政権与党として一度成立させた法律を廃止するというのは難しいだろうが、最低限、日本人へのヘイトスピーチも同様に規制する文言を付け加えなければフェアではない。

 来月度(10月度)の街宣は衆院選挙の時期と重なってしまうので開催は厳しいかも知れないが、今後も永田町街宣を継続させていくものである。

1
画像上下:永田町街宣に参加してくれた同志たち
2

3
画像上:『護国志士の会』の高木脩平局長
今や所謂「高木グループ」では永田町街宣を含め、池袋街宣、新宿街宣と3つの街宣行動が定期的に同時展開されている


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!

平成29年9月22日第13回 移民反対街宣IN永田町1(有門大輔)

https://www.youtube.com/watch?v=eKARoJIhb8A
平成29年9月22日第13回 移民反対街宣IN永田町2(有門大輔)
https://www.youtube.com/watch?v=ftXu-V--SV4
平成29年9月22日第13回 移民反対街宣IN永田町3

https://www.youtube.com/watch?v=Di9WLK3Oj6g
平成29年9月22日第13回 移民反対街宣IN永田町4

https://www.youtube.com/watch?v=wx6GCoD5WDM
平成29年9月22日第13回 移民反対街宣IN永田町5

https://www.youtube.com/watch?v=etVwgbYzI1Q
平成29年9月22日第13回 移民反対街宣IN永田町6

https://www.youtube.com/watch?v=H8mAQ30_f0M
平成29年9月22日第13回 移民反対街宣IN永田町7
https://www.youtube.com/watch?v=OgPzl0Ccod8
平成29年9月22日第13回 移民反対街宣IN永田町8
https://www.youtube.com/watch?v=c558SVUg8G0
平成29年9月22日第13回 移民反対街宣IN永田町9
https://www.youtube.com/watch?v=-pgQRKEPP3s

撮影:外撲協 撮影班

※撮影の皆様、雨の中での撮影そして収録後の編集、大変お疲れ様でした



2ちゃんねる撲滅!
糞スレでホモの在日工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン糞ゲスネラーのブタマ炸裂(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12312876750.html
チョン糞ブタマの成れの果て(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12312955678.html
チョン糞ブタマのオナスレ(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12313007104.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 12:12このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 | 外国人犯罪

2017年09月17日

「熊谷6人殺害事件」の全責任!?

kumagaya2
画像:一昨年9月の熊谷6人殺害事件で犠牲になった母娘3人の遺影が添えられた仏壇


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆日本政府が賠償せよ!

被害者遺族の悲痛な胸の内には厳罰で応えよ!

 埼玉県熊谷市で発生したペルー人による6人殺害事件から2年が経過した。

 この事件でナカダ・バイロン・ジョナタン被告(32歳)によって妻と娘2人を殺害された男性がマスコミのインタビューに応じた。

5
画像上:有志のツイートより
画像下:インタビューを報じたニュースより
kumagaya

 この事件をめぐってはジョナタン被告が精神疾患状態にあるとされ、公判を開くことさえ危うくなっていると伝えられる。

 熊谷事件について、当ブログやツィッターで寄せられた人々の反応を紹介したい。

1
画像上:筆者(有門大輔)のツイートより
画像下:筆者のリツイートより
2
3
6
7

以下、前エントリーのコメント欄より

2017年09月16日 日米友好祭とビラ配布活動!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52057280.html#comments

有門先生、愛国保守の同志の皆様、昨日は悪天候のなかのビラ配付、大変お疲れ様でした。
本当に有難うございます。御蔭様で大盛況のようでご用意していたビラがあっという間に無くなり、わずか一日で配付終了とは素晴らしいです。

参加できなかったのに大変申し訳ありませんが、このビラの豚金の絵、かっこよく書きすぎていませんか? 実物はこんなに痩せていないで姿形も醜い豚ですのに(笑)。

それから有門先生、ぺルーきちの他に茨城大学女子学生を無惨に殺害したフィリピン三きちも絶対に許せません! 両方とも絶対に死刑にすべきです。死刑でも飽きたりませんが。
本当にこいつらがきちがいとか犯行時、未成年者ということで無罪放免になるなら絶対に立ちあがります。確か、川口でシナ猿の立ちしょんべんを勇敢にも注意して惨殺された日本人の男性がいらっしゃいましたがこれも信じられないことにシナへの配慮から犯人は無罪放免になっているんですよね。

本当にシナは一番の敵国、北朝鮮の黒幕でもあるのになぜ配慮するのか、売国日本政府が矛盾して日本中にシナ猿を大量に移民させているのが全く不愉快で理解できません。

やはり害国と日本の文化は違いますよね。
日本人ならコイントスなんて遊びはしないし譲ってあったとしても映画等(日活の昔の小林旭の渡り鳥シリーズ等)で見
るとコインの裏表で役割りを決めたり勝負けを決めるだけですよね。コインの裏表で犯罪をしようなんて、まともな日本人の発想にはありません。
Posted by 害人大嫌い at 2017年09月17日 01:38

以上

 コメント中にあった茨城県での女子大生殺害事件では、事件発生から13年を経てフィリピン人容疑者を逮捕。共犯のフィリピン人2人についても国際手配されており、マスコミ報道では既にフィリピンに逃げ帰っていた容疑者らの動向が伝えられている。

:関連エントリー
2017年09月06日 茨城・強姦殺人事件でフィリピン人逮捕!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52056509.html

 この事件では主犯格のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35歳)ら3人はコイントスの裏表で男女どちらを狙うかを決めており、不運にも付近を通りかかった茨城大学農学部2年生だった原田実里さん(当時21歳)が拉致・誘拐され、監禁された上に暴行を加えられた挙げ句、首を絞められて殺害されている。
4

 こんな遊び感覚で乱暴された上に殺害されたとあっては、被害者遺族としても何ともやり切れない思いだろう。

 昭和の時代にも似たような事件があった。俗にアベック殺人事件と呼ばれているが、不良の若者グループが散策中のアベックを襲撃。凄惨なリンチやレイプを繰り広げた挙げ句、「(いっそのこと)殺してくれ」と懇願している被害者たちになおも暴行を加えて死に至らせた事件である。

 茨城県でのフィリピン人らによる女子大生殺害事件では、マスコミ報道で容疑者の人となりがさも良さそうに伝えられているが、これなどは凶悪犯の擁護報道と言うに相応しい。

 マスコミは普段の素顔と事件との意外性を狙っているのかも知れないが、問題は何の落ち度もない通りがかりの女性が遊び感覚で拉致・監禁・暴行され、そして殺害されたという事実である。

 こういう容疑者があたかも善人面して市民社会に溶け込み、素知らぬ顔をして暮らしていたとは性質が悪いことこの上なく、最高刑(死刑)を以って処罰する以外にない。

 熊谷での6人殺害事件に話を戻そう。

 特に地方に見られる傾向だが、まだ家族の誰かが帰宅していないからと、夜中であっても玄関を施錠していないことが普通に行なわれている。まして日中なら尚更。

 事件当時、そうした民家にジョナタン被告が容易に侵入し、被害の拡大を招いてしまったことが悔やまれる。

 この9月16日から17日、18日にかけて関東地方でも台風の接近のためか雨天が続いているが、2年前に熊谷事件が起きた当日の夜も雨だった。

 その雨の最中、埼玉県警は市内の住宅街にて各家庭を個別に訪問。他にも被害がないかを確認して回ったところ、最終的に6人殺害という被害を確認するに至っている。

 その凄惨な連続殺人を引き起こしたジョナタン容疑者が精神疾患で公判を開くことさえ出来なくなったとすれば、いかに司法の判断と言えども、これほど国民世論を舐めた話もないだろう。

 それでなくとも埼玉県では以前にも悪しき前例を残している。

 熊谷事件と同じく2年前の秋に川口市で発生した支那人(中国人)による日本人男性への殴打・撲殺事件で、さいたま地検は然したる理由説明もなく、証拠不十分として不起訴処分とした(以下、過去の外対サイトの声明を参照)。

★外対声明!(平成27年11月15日)
中国人暴行犯を不起訴!?
さいたま地検に厳重なる抗議をする!

http://gaitsui.web.fc2.com/statement/seimei2015_11_15/2015_11_15.htm

8

 一言で証拠不十分とか、精神疾患のため…と言ってしまえば司法としてはそれまでなのだろうが、国民世論として到底納得のいくものではない。

 ここでジョナタン被告を精神疾患で無罪放免も同然としてしまえば今後、外国人の精神異常者による凶悪犯罪をさらに招来する結果となるだろう。

 ペルー人のジョナタン被告が日本で凶悪犯罪を引き起こした大元を辿ると、日系の南米人に限定して受け入れを簡素化させたこと(日系人特権)に起因する。

 しかも! (戸籍売買などで日系人に成りすました)偽の日系人であるかどうかの真偽も見抜けないままに受け入れを安易にしてしまった。

 同じく偽日系ペルー人による凶悪犯罪としては広島県で発生した木下あいりちゃん暴行・殺害事件(06年)が最たるケースとして知られる。

 これも半ば精神異常のペルー人による犯行だったが、外国人移民・労働者の受け入れが議論されている頃、専門家の間では「どういう人間を受け入れるのか、その人選は日本側で行なえず、前科者や精神異常者を送り込まれるかも知れないと警告が発せられていた。

 ジョナタン被告ら精神異常を抱えた偽日系人の来日は、まさしく、単に入管上の条件を満たしているというだけで受け入れを緩和した日本政府にこそ原因と全責任がある。

 万一、ジョナタン被告の罪を司法が問えないとなった場合(罪を問えた場合もだが)、被害者遺族に対する補償などの全責任は日本政府が負え!

 一人頭、数十億円の賠償金でも人の命には代えられない!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


a
 以下、熊谷・川口両市そして茨城県での事件にも関連して、永田町・自民党本部前での「移民反対街宣」の日程が月22日(金)に決定しました。

 同街宣の開催は先々月以来、2ヵ月ぶりの再開となります! 是非ご参集願います!
b
★「行動する保守運動カレンダー」より
9・22 第13回 移民反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1307

c

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
ブサヨの火病が炸裂する糞スレを笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン糞ブタマ族の自己宣伝(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12311488929.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 23:50このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブラジル人犯罪・日系人特権問題 

2017年09月10日

変貌する中華街と渡来人の聖域?

3
画像:横浜・中華街
既に十数年前より支那人(中国人)ニューカマーの台頭が指摘されていた


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆共生の意味を考察する!

居住は認めても「支那人(中国人)自治区」を認めるな!

 神奈川県の横浜・中華街でゴミ出しルール違反が社会問題となっている。

4
画像:筆者(有門大輔)のツイートより


 中華街では既に十数年も前から支那人(中国人)ニューカマーの問題が指摘されていた。

 飲食店を中心に中華を堪能出来る街として、日本人にも広く、そして長く親しまれてきた横浜・中華街だが、確かに街中で散見され始めた支那人ニューカマーの姿から、街の景観が変わりつつあるのが分かった。

 それから十年近くが経過。

 支那人ニューカマーが増えた結果がゴミ出しルール違反による景観の悪化と、地域の環境破壊である。

 中華街のような半ば異文化圏の存在が一概に悪いとは思わない。武家時代から支那人ほか外国人居留区というのは存在したわけで、その名残りとして各地の中華街が現在に至るまで存在する。

 食文化を中心に味わえる異国情緒。そうしたものが存在するのは一向に構わない。本当の意味での文化交流がそこには存在したわけで、「正しい意味での(多文化)共生」が実現出来ていたと思う。

 ただ、現在のように日本の人口1億2千万人から見れば微々たる数かも知れないが、数十万から今や200万人をゆうに突破しようかという数の外国人流入はもはやマイノリティ(少数派)などと言える次元ではない。

 日本周辺の状況を見渡せば、それこそ毎日のように支那人民解放軍の艦船やら軍機が尖閣諸島沖に出没しては、やれ紀伊半島だ、やれ伊豆沖だと領海・領空侵犯の範囲を広げつつある。

 こうした状況で支那人民との間に正しい共生を図れるわけがない。

 異文化交流の本家である横浜・中華街でさえ、さんざんな状況だというのに、ここに池袋(豊島区)チャイナタウンなど作らせれば、どういう状況になるかは火を見るよりも明らかだろう。

 先日は遂に白昼堂々と公道上での支那人によるレイプ(未遂)事件が発生したが、ただでさえ殺人やら傷害、誘拐など、支那人犯罪が横行しているというのに、無法地帯の状況に拍車をかけるようなものだ。

 横浜・中華街の場合も同様。飲食店に勤める…または飲食店オーナーとなった支那人ニューカマーによる露骨なルール無視が、ゴミが常に散乱するという街の環境破壊をもたらした。

 全ての元凶は支那人ニューカマーの増加と増長にあると言えるだろう。

 前述のように、武家時代のように幕藩政治が居住範囲を定めた支那人居住区のうちは良かった…近代に入ってからも「普通の中華街」として存在しているうちは良かった…。

 だが、問題は現代になってからだ。

 もはや中華街は「支那人自治区」の治外法権になりつつある!

 居住区でもない、中華街でもない…支那人ニューカマーの自治区という無法地帯になりつつあることが問題である。

 ゴミ出しルール違反による環境破壊は必然、日本人買い物客の足を遠のかせ、支那人ニューカマーばかりを寄り集めさせる…そして必然的に治安の悪化をもたらす。

 池袋チャイナタウン計画に対しても依然、愛国市民勢力が反対の声を挙げ続けているが、横浜・中華街までチャイナタウンの支那人自治区にしてはいけない!

 ゴミ出しルール違反による街の汚染は支那人ニューカマーが全ての元凶であり、日本人の美意識を何ら考慮しない支那人ニューカマーどもが持ち込んだ異文化との衝突という「民族問題」である。

 横浜・中華街への支那人ニューカマーの侵食をこれ以上、許してはならない!


★外撲協 公式サイト(広報より)
2017年09月02日 【東京】『護国志士の会』月例・池袋街宣(第10回)
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1885755.html
1eefdf5c-s

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆南朝鮮の文化侵略!

渡来人に便乗する在日朝鮮勢力の卑劣な民間交流?

 次は埼玉県内での問題より。

 同県日高市に在住される方より、高麗(こま)神社についての情報提供を頂いたものだ。

 余談ながら日高市は格安の中華チェーン店で知られる『日高屋』の創業者の出身地。元は個人経営の中華料理屋だったが、チェーン店として各地に展開する企業に発展。

 店舗の店員には支那人アルバイトも少なくない日高屋だが、特に在日支那人だとか、そういった外国系の影響は一切ないものと思われる。

 では、本題に移ろう。

 日高市在住の方より、「高麗神社に隣接している聖天院というお寺、表向きは風神雷神など普通なのですが、奥は韓国です。『恨みを忘れない』というモニュメントがあります。

 先日、高麗神社、聖天院に行き、ここは南朝鮮かと思うくらい、気分が悪くなりました。15年前に行った時は田舎の歴史ある地域でしたが、それが今では下品きわまりなくなっていました。
 来月、お祭りがあり、無関係な韓国踊りが披露される予定だそうです
」との情報を頂いた。

 この高麗神社については、当ブログでも以前に何度か連載している。

:当ブログの「高麗神社」関連エントリー

地方で胎動する排韓機運! 平成25年8月13日付
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51907544.html

続・地方で胎動する排韓機運! 平成25年8月15日付
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51907808.html

韓日共生・同化の聖地をぶっ壊せ! 平成25年8月30日付
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51909834.html

埼玉・日高より日韓断交の狼煙! 平成25年10月14日付
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51915682.html
1
画像:現在の高麗神社とその周辺の様子

2

 古来に日本へ渡って来た渡来人の子孫たちは元来、近代(明治〜大正〜昭和〜平成)にかけて新たにやって来た朝鮮人とは別格の存
在として扱われてきたように思う。

 そこに近年では韓国民団やら何やらが絡み、南朝鮮(韓国)の舞踏披露など、民間交流に名を借りた文化侵略が露骨になってきたようである。

 と言うよりも高麗神社の存在自体が南朝鮮からの文化侵略の橋頭堡として利用されているのではないか?

 今上天皇陛下が韓国との関係について「ゆかりを感じる」と仰せになられたのは広く知られるところだが、陛下の仰せの通りで歴史的にも「ゆかり」はあるだろう。

 同様に支那大陸との交流も長く、広く、浅からぬものだ。

 ただ、それらは「ゆかり」を感じられるような時代の話であって、現在の日韓または現在の日中関係とは切り離して考えられるべきである

 それよりも何よりも、古来のゆかりを口実に露骨な文化侵略を繰り広げてくる韓国民団など南朝鮮勢力の所業は断じて許せたものではない


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
9・16 横田基地日米友好祭1日目
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1300
9・17 横田基地日米友好祭2日目
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1291

2日連続、トランプ支持デモ(10・22)の前哨戦を行ないます!

瀬戸弘幸先生ならびに『護国志士の会』主導の行動となります!

1282-1


2ちゃんねる撲滅!

『護国志士の会』叩きに必死なクソスレの工作員を嗤う同盟ブログ!

sotokanda
チョン糞ブタマ並みの知能(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12309230544.html
チョン糞ブタマのスレ立て修行(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12309321948.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 22:37このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街・中国人追放運動 | 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶

2017年09月09日

トランプ大統領の決断に従え!

1
画像:北朝鮮への攻撃準備も示唆したとされるドナルド・トランプ米大統領
トランプ政権による不法移民摘発について、左翼勢力とマスコミが必死のネガティブ・キャンペーンで突き上げる


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆不法移民と北朝鮮、日米同盟…

共産勢力の卑劣なレトリックに断じて乗せられるな!

 トランプ米政権はいよいよ北朝鮮への攻撃準備態勢を整えつつある。

 南朝鮮(韓国)からは在韓米人の順次撤退が始まるとされており、依然、北朝鮮との「対話のテーブル」には着かないとするトランプ政権の姿勢を大いに評価したい。

 もし、これがヒラリー民主党政権であったとしたら、今頃は北朝鮮との対話・交渉で、マスコミは平和外交などと大絶賛していたところだろう。

 米国内では不法移民への強硬姿勢で、マスコミやヒラリー民主党支持者(共産主義者)はトランプ政権への総力を挙げた突き上げに動いている。

ari3
画像:筆者(有門大輔)によるツイートより

 これは前述の対北朝鮮政策(攻撃態勢の準備)をも見越し、国内からトランプ政権を揺さぶろうとする左翼勢力の卑劣なやり方に他ならない。

 不法移民の強制送還など、前政権が猶予するとしただけで、その当然のことを現在のトランプ政権が履行するとしただけである。

 全米各地で(と言ってもごく一部だろうが)、不法移民の強制送還に抗議したデモは共産主義者が不法移民を煽動した『移民暴動』他ならない。

ari2

 米国の足を引っ張り、日米同盟を引き裂こうと画策する工作員は日本国内(日本人)にも存在する。

 あたかも北朝鮮が核を持ったぞ!…日米が軍事的挑発を繰り返したせいだ!…だから北朝鮮が自衛のために核を保有した!…さぁ北朝鮮との対話のテーブルに着け!…外交しろ!…交渉に応じろ!…と言わんばかりの北朝鮮シンパの隠れ共産主義者が。

 1950年代の朝鮮戦争は共産革命による武装蜂起で、北朝鮮が南北の武力統一を目論んだ南朝鮮への侵攻で始まった。

 米軍や国連軍の支援で38度線まで押し戻したところで一時的に停止になった。その間、北朝鮮の本質はおろか、体制さえも独裁者の顔が代わったというだけで何ら変わっていない。

 再び核ミサイルの脅威で、北朝鮮からの侵攻が始まろうとしているのだ。

 それを日米など自由主義圏が協力して食い止め、討伐しようとの動きは当然のことでしかない。

 そこに揺さぶりをかけて北朝鮮を利することしかしていないのがヒラリー民主党支持の共産主義者であり、日本国内の反米勢力である。

★関連ブログ『沖縄・米領復帰運動』
反米勢力(親北朝鮮勢力)の嘘!(9月8日付)
https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12308862031.html

o0838042714022569043

 断言して、不法移民を煽動し、反トランプ抗議デモと称した動きは北朝鮮を利するための共産主義者による反トランプ暴動であり、一
方の日本国内での反米行動とは、米国からの独立・主権に名を借りた反米勢力による反日・反米工作である。

 この9月よりトランプ米政権は米国人による北朝鮮への渡航を一律禁止とした。おそらくはヒラリー民主党支持の隠れ左翼(共産主義者)が繰り返し、度々北朝鮮との間を往来していたのだろう。

 今時、米国人でも、そんなゲテモン好きしか北朝鮮に赴く者などいないに違いない。

 日本でも同様。北朝鮮に渡航する者など、北朝鮮に「特別なルート」「特別な人脈」があるを通じてしか渡れない。

※その意味で、かなり以前、然る警視庁公安関係者から「親族が北朝鮮に渡航したことがある」と聞かされたが、それが未だに私の中で妙に引っかかっている
※また、北朝鮮に渡航した「新右翼関係者」(上掲の関連ブログ参照)について公安部がどのように捉えているのかも非常に興味深い


 それら北朝鮮への渡航組の実態とは、日本の対米自立での主権・独立は主張していても、その実、北朝鮮を礼賛(北朝鮮の歴史観と核武装など
を肯定)することに終始。加えて、全員が揃ってネット右翼及び右派市民デモ(行動する保守運動)に否定的なのも一致している。反米と言うか反基地・日米同盟分断のためには反基地の極左勢力とも結託することを何ら厭わないばかりか、積極的に結託しているように思う。

 さらに全員が「反原発派」であることなど、気味が悪いくらいに一方向を向いている。

 まさに日本とアメリカとで、スケールこそ違えど、似たような状況に直面しているのは単なる偶然とも思えない。反トランプ暴動で「トランプ●ね!」ぐらいは普通に言われていると思うが、これなどは左派学生による国会前での抗議や首相演説に対して掲げられた「安倍●ね!に重なっているだろう。

 不法移民(不法滞在外国人)への擁護と北朝鮮への擁護…日本とアメリカとで、ともに共産主義との戦いに直面している。

 従って、こうした親北朝鮮勢力の(隠れ)左翼・(隠れ)共産主義者とは断固として戦わなければならない。

 強制送還など不法移民への強硬姿勢をどんどん主張していこう!

 北朝鮮との外交交渉には断じて応じるなと主張していこう!

 決して戦争を好ましく思っているわけではないが、北朝鮮への攻撃を断固として主張していくことこそ正しいのである。

 むしろ平和を欲しているからこそ、争いのタネになるような不法移民は強制送還せよと主張しなければならず、北朝鮮のようなならず者国家を討伐せよと主張しなければならない。

 不法移民の排除(母国への強制送還)を主張するから差別なのか? 断じて違うはずだ!

 同様に、北朝鮮への攻撃を是とするから平和を乱す好戦派なのか? 断じて違うはずだ!

 左翼・共産主義者のレトリックはいつも卑劣で同じ手段。こうした甘言に戦いの当事者たる我々が惑わされてはならないのである。

 同時に、日米同盟の堅持にせよ然り! 如何なる甘言を弄してでも日米間を分断・離間させようとする者らの工作に乗せられてはならない


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★ニュースとツイより、

国内外の問題ダイジェスト版!

asou

 麻生太郎副総理がナチ礼賛(?)の発言を行なったとして叩かれ、発言を撤回しました。8月末のことです。

 しかし、「いくら動機が正しくても何百万人と虐殺したヒトラーはダメ」とした発言は何らナチ礼賛ではなく、高須克弥・高須クリニック院長の時もそうだったが、単にナチに関連することに発言しただけの人が叩かれる例があまりにも目立つ。

 …おそらくは、ナチを一端でも口にすることを封じてしまおうとする言葉狩りが新たな次元に来たとしか思えない。

 ナチスに対する見解は「反朝鮮親朝鮮の間でも非常に顕著である。

 例えばヘイトスピーチ・デモの首謀者(?)として偏向メディアや左翼勢力からバッシングされる桜井誠・日本第一党党首は、かつて筆者(有門大輔)らが各地で展開したハーケンクロイツ・デモに対して「どんどん、やったほうが良い!」と激励をくれた。桜井党首の懐と度量の大きさを見た。

 一方、現在対米自立実行委員会の一員として、北朝鮮に渡航した新右翼関係者と行動を共にする主権回復を目指す会代表の西村修氏に至っては、然る議員先生の選挙事務所にて「…共産党の(議会での)追及が怖い」と言うのだから、もう全然話にならない!

 次は欧州の話題です。

 イタリアで幼い少女が国内で感染することはあり得ないマラリアに罹って死亡しました。

ari
3
4

 マスコミでは「アフリカに渡航した子供と接触した」と控え目に報道しているが、アフリカからイタリアへの難民が媒介したと堂々と報道すれば良いのです。それ以外に考えられません。

2
5

 欧州では人が大勢集まるイベントなどは(移民・難民による)性犯罪や無差別(爆弾・銃撃・車での突入)テロの標的にされます。

 極力、行政などの判断で各々、小さなイベントに細分化していくことが望ましいでしょう。

 異なる文化や信仰を持ち込むばかりか、犯罪に加えて無差別テロそして感染症まで持ち込む移民・難民による侵食こそはアフリカ中東から欧米への「逆・植民地支配」に他なりません!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より!
10・22 日米同盟、強化・推進!トランプ支持デモ(瀬戸弘幸主催)
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1282
1282-1


2ちゃんねる撲滅!
品性下劣なエロネタしか持たぬクソスレの工作員を嗤う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン糞ブタマの御家ゲイ(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12308728602.html
チョン糞ブタマのスレ替え(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12308991253.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日米英ネオ共栄圏IN沖縄県&対中防衛 

2017年09月08日

朝鮮動乱から戦時体制への移行!

11
画像:韓国の釜山にて、42歳の日本人女性の行方不明を伝えるニュース


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆海外渡航とパチンコ

即時、我が国の「観光立国政策」を停止せよ!

1
画像:筆者(有門大輔)のツイートより

12
画像:ニュース映像より


 今月(9月)1日、釜山の国際空港から南朝鮮(韓国)に入国した一人旅の日本人女性(42歳)が行方不明になって
いると報じられた。

 ビーチでの行方不明…。ただでさえ、日本人(女性)旅行者の強姦被害が相次いでいる南朝鮮のこと。何らかの事件に巻き込まれたと見られる。

 日本国内でさえ女性の一人旅は色々な危険がつきまとう。昔は自殺などを懸念した旅館から宿泊を断られるようなことも普通にあったくらいだ。

 まして、それが韓国を一人旅など…それこそ本当の自殺行為にも等しい。

 しかも、朝鮮半島は目下、「戦争状態」にある。日々、北朝鮮による核ミサイルの実験や、遂には電磁パルス攻撃まで伝えられるに至ったが、日米韓の軍事挑発に北朝鮮が自衛しているのではない。

 この60数年にわたって停戦状態にあった「朝鮮戦争」が再び始まったというだけなのだ。従って、その約60年間、日本人が普通に渡航していた南朝鮮と言えども決して平和だったわけではない。38度線を境に絶えず対峙は続いていたわけで、戦争の対極にあるのは平和ではない。

 ただ、一時的に戦争が停止した状態にあった。戦争の反対≠平和…それを今日までの朝鮮半島が示してきたのである。

 従って朝鮮半島への渡航は即時、禁止されていなければおかしい。相互での観光ビザなし渡航などもってのほか。

 女性の行方不明事件についてネット上では「自己責任」論が強い。確かに自己責任の部分もあるが、一個人の責任だけにしてしまえば問題はそこで終わりだ。南朝鮮の正確な状況を精査しない旅行者個人も悪いが、政府やマスコミも悪い。やれ「韓流」やらで渡航を煽るだけ煽り、戦争状態という事実を隠蔽して真実を伝えないのだから。

 マスコミは中東圏での過激派による日本人拉致・誘拐については大騒ぎするが、南朝鮮での女性の行方不明事件や強姦被害についてはダンマリ。これがますます南朝鮮での日本人女性の被害に拍車をかける。

 誰でも彼でも安易に南朝鮮に渡航することが出来る今の状態が宜しくない。

 国交のない北朝鮮はおろか、南朝鮮にさえ相互ビザ免除どころか、渡航の自由さえ制限されていて当然である。

 先日、シリアへの渡航を計画していたジャーナリストへの旅券返納命令を妥当とする東京高裁判決が下された。

8

 本来的には、南北を問わず、朝鮮半島への渡航に対しても同様でなければいけない。日本人であるか在日(朝鮮人)であるかを問わず、まず、朝鮮半島へは人を出さない。

 信じ難いことに、この9月7日にも朝鮮労働党幹部らとの会談と称して北朝鮮へ渡航した国会議員がいる。それ以前にも今年5月、朝鮮半島情勢が緊迫している状況にあって渋谷区議会議員の芦沢一明(民進党)や民間の政治運動家(?)である山口祐二郎(対米自立実行委員会)らの一行が北朝鮮を訪れている。

 彼らは帰国後、さも一端の外交をして来たかのようなしたり顔。後者の山口とその仲間たちに至っては「北朝鮮擁護」という本心を見え隠れさせつつ、アメリカ大使館前での反米活動に狂奔しては日米同盟を離間させる破壊工作に公然と及んでいる。

 北朝鮮に連れ去られた日本人拉致被害者が20年も30年も帰って来られない状況だと言うのに、自ら好んで北朝鮮へ渡った者らには再入国を禁ずる(日本人として認めない)くらいでちょうど良い。

 国交のない北朝鮮はともかくとして、何故にこうも南朝鮮への日本人の渡航を煽るのか?

 その背景には現行の観光立国政策が多分に作用している。

5

 日本に外国人観光客に来てもらい、日本の観光産業を潤わせるためには、日本政府の建て前として日本からの海外旅行も奨励しなければならない。

 従って今なお、日本からの韓国(南朝鮮)旅行が煽りに煽られているのである。

 これが営利至上主義に狂奔した国の姿というやつだろう。政府からマスコミぐるみで韓国旅行が煽られている。

 もはや戦時となった朝鮮半島情勢に鑑みて、日本政府が真っ先にやらなければならないこと。

 それは現行の観光立国政策を即時停止! 日本から日本人の海外への渡航…特に朝鮮半島については中東やアフリカ圏と同様、渡航を厳しく制限しなければならない!

 それが朝鮮半島が戦争状態にあるということを正しく認識させるとともに、戦時に則した状況を作り出す。

 やれ日本への年間の外国人旅行者が1千万人を突破したなどと喜んでいる場合ではない。

 海外へ旅行に行けなくなった日本人は否が応でも国内を旅行するしかなくなる。

 観光産業は何ら停滞を懸念する必要はない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆北朝鮮系パチンコへの圧力?

水面下で着々と進められる戦時体制への移行(戦後体制からの脱却)?

 北朝鮮情勢を踏まえ、随所で動きは見られる。

 先日、福岡県警によってパチンコ店より出玉やメダルと引き換えに客に提供した特殊景品を買い取った風営法違反(自家買いの禁止)容疑で、パチンコ店経営者の男(59歳)が逮捕された。

 直接の容疑は、パチンコ店を経営する立場にありながら、今年6月、客が獲得したメダルと引き換えの特殊景品を同店敷地内に設置した景品買取所(通称:景品交換所)」にて従業員を使って買い取った疑い。

9

 パチンコ店の敷地内に通称・交換所があることなど珍しくない。ただ、体裁としては古物商という別会社による買い取りとなっている。

 実質的にはパチンコ店で買い取っている(現金と交換している)も同然なのだが、ギャンブルではなくするために体裁を繕っている。

 例えば私たちが民間で賭場を開いたりすれば、忽ち捕まってしまう。パチンコ店の場合、民間業者が駅前や街中などで公然と賭場を開いているも同然なのに、それが看過されている。しかも、その経営者の9割が在日朝鮮系…。

 最近でこそパチンコの出玉を制限するといった措置も採られているようだが、いっそ出玉やメダルとの交換は昔のように菓子及び日用品などの景品のみにして、普通のゲームセンター(遊技場)に戻せば良い。

 それはともかく、福岡県でのパチンコ経営者への摘発は、もしかするとアメリカ政府より日本政府に対して「北朝鮮の兵糧(核ミサイル開発の主たる資金源)となっているパチンコを潰してくれ」との要請があったのかも知れない。

 仮に米国からの要請があったとしても、それを受けて一気に進むというものではないが、出玉制限といい、パチンコへの実験的且つ段階的な締めつけが始まっているのかも知れない。

 パチンコ規制もそうだが、ドナルド・トランプ米大統領から核保有を促されたりと、与党・自民党議員の間からも「核三原則の見直し」を求める声が上がり、巷では(在日米軍基地に配備されているであろう)核弾頭の「日米共同管理まで提唱され始まっている。

 よく「戦後レジームからの脱却」「戦後体制の打倒・打破」といったことが言われるが、こと「戦時体制への移行」にあっても私たちの日本というのはアメリカが描いたシナリオから一歩も外へ出ることを許されないのかも知れない。

 北朝鮮及び朝鮮総連、その傘下のパチンコ業者まで含めて、その締めつけに際しても徹頭徹尾、アメリカとの協調関係・同盟を抜きに語れない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より!
10・22 日米同盟、強化・推進!トランプ支持デモ(瀬戸弘幸主催)
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1282
f514d_1510_68963f3b_c5853a64
9・10自衛隊激励街宣!
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1294


★外撲協 公式サイト(広報)より
2017年08月29日 【東京】北朝鮮のミサイル発射に対する緊急抗議行動(参加報告)
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1885729.html

maxresdefault
2017年03月05日
 【東京】パチンコ換金廃止アピール行進(協賛・参加報告)
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1877816.html

10


★関連ブログ『集スト問題相談所』
北朝鮮と電磁波攻撃(9月7日付)
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/20377892.html

230eefa1


2ちゃんねる撲滅!
朝鮮戦争で割れる糞スレの南北工作員を嗤う同盟ブログ!

sotokanda
チョン糞ブタマのTBS参戦(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12308543145.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 00:06このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 

2017年09月06日

茨城・強姦殺人事件でフィリピン人逮捕!

fi4
画像:13年前に茨城県美浦村で発生した女子大生殺害事件で逮捕されたフィリピン人のランパノ・ジェリコ・モリ容疑
者(35歳)
このほか、共犯者として2人のフィリピン人が国際手配されている


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆日本で多発する移民の性犯罪!

目下、街中では不良外国人の若者ばかりが増殖中!

fi3

 13年前に茨城県美浦村で発生した女子大生強姦致死及び殺人容疑でフィリピン人のランパノ・ジェリコ・モリ容疑者(35歳)が茨城県警によって逮捕された。このほか、2人のフィリピン人が共犯者として国際手配されている。

 まず、警察の地道な捜査が実を結んだことを評価したい。

ami
画像:茨城県での事件で逮捕を伝えた有志のツイート


 この事件で殺害されたのは当時、茨城大学農学部の2年生だった原田実里さん(当時21歳)。

 モリ容疑者のほか、2人の共犯者はそれぞれ33歳と31歳の男で、事件当時は未成年者だったという。

 おそらく、事件はモリ容疑者の主導で引き起こされたのではないかと見られるが、事件後、発覚を恐れたと思われる2人の共犯者が既に日本から出国していたというのに、モリ容疑者だけは平然と日本での生活を続け、善良な市民を装っていたのだから何ともふてぶてしい限りだ。

 警察では数年前よりモリ容疑者を絞り込んでいたそうだが、同容疑者は迂闊にも周囲に事件への関与を仄めかすことを述べていたという。

 通常、こうした共犯者のいる犯行というのは共犯者が別件で逮捕されるなどして自供したりするものだが、主犯格らしきモリ容疑者自ら事件への関与を吹聴して発覚するというのは何とも間抜けである。

 以下、モリ容疑者の逮捕時から時系列的にニュース報道を列挙したい。

fi

 凶悪犯罪が起きる度、周辺の人々は「子煩悩な人だった」「優しい人だった」「きちんと挨拶をする人」…などなど、マスコミは「良い人だった」オンパレードの報道だが、いかに凶悪犯と言えども年中無休の24時間フルタイムで凶悪犯であるわけがない。

 犯行に至った、その瞬間が凶悪犯の相貌なのである。

 そのようなことよりも、生前の被害者のお人柄や学業への姿勢を可能な限り伝えてもらいたい。そういう善良な人が謂われなき被害に遭ったことに視聴者が激しい憤りを感ずるように。

 モリ容疑者は逮捕時から犯行を認めていた。被害者の衣服に残されたDNAもモリ容疑者のDNAと一致。

fi2
fi5
fi6

 事件当時の状況について、被害者の原田さんとモリ容疑者らとの間に面識はなく、モリ容疑者らが車で女性を物色中、偶然目についた外出中の原田さんを車で拉致。

 その後、性的暴行を加え、首を絞めて殺害したと見られる。

 よくありがちな不良の若者らが強姦目的で通行中の女性を物色、車で拉致して輪姦した上、殺害までしてしまった類の事件である。

 最近でも大学サークルでの「海の家」における集団強姦事件が世間を騒がせているが、通行中の女性を拉致(と言うか強引なナンパ)して強姦…という類の事件は昔に比べて減っているのではないかと思う。(日本人の)不良の若者自体が激減したためだ。

 …ただ、その代わり、不良外国人の若者ばかりが激増してしまった。

 東京都内でも一昨年(平成27年)12月、JR赤羽駅(北区)付近の公衆トイレ内で自称クルド難民の男らによって女性が強姦されるという事件が起きている。

 驚くべきは共犯とされたクルド人2人のうち、1人には無罪判決が下されているのだ。

:当ブログの関連エントリー
2017年07月31日 JR赤羽駅・クルド人による強姦事件!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52053869.html

 それ以前にも渋谷の駅前で中東系外国人の男から執拗に声をかけられた十代の少女が駐車場に引きずり込まれ、わいせつな行為をされるという事件も発生した。

 欧州ではイスラム系難民による女性への集団強姦事件が大変な問題になっている。ドイツでは大晦日から元旦にかけての夜、多数の女性が被害に遭ったことで世界的なニュースとなった。

 同様のことは既に日本でも前々から起きていたのである。
ari
画像:筆者(有門大輔)のツイートより


 ネットを見ている人なら分かるが、教師や医師、警察官、自衛官の不祥事ばかりが鬼の首を獲ったかのように大々的に
報道されているので分かり難いだけで、実際は不良外国人によるわいせつ、強姦事件こそ頻発しているのである。

 街中では、不良外国人の若者ばかりが増殖し、氾濫、徘徊していることを警戒しなければならない。

 今回、時間はかかったものの不良フィリピン人の摘発が示していることは、おそらく子供の頃から日本で暮らしていたであろうフィリピン人が強姦・殺害事件を引き起こすまでに成長し、事件後、なおも当然のように日本で暮らしていた紛れもない移民社会ということである。

 移民社会ともなれば親日的な国の出身者も、反日的な国の出身者も関係がない。

 外国人及び外国系による性犯罪こそ警戒しなければならない時代にあって、茨城県での事件の続報が通り一遍であるものの、伝えられていることをとりあえずは是としたい。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 その他、各地で起きた外国人犯罪について。

 東京・豊島区では泥酔した支那人(中国人)が運転するスポーツ・カーが女性をはねた上、店舗に突っ込むという事件が発生。

taka
画像上:高木脩平・護国志士の会局長のツイートより

ari2
画像上:筆者(有門)のリツイート


 人口大国であるがゆえ、人命が軽視されがちな支那(中国)出身者による運転こそは、まさに「走る凶器」。キチガイ
に刃物…にも等しい。

 若者の車離れが進んで車が飽和状態にある今日、車社会の在り方を見直さなければならない。

 こうした危険運転を繰り返す外国人(移民)を受け入れてまで車を生産したいのが車メーカーの目論見である。


★元『男組』組長の添田充啓(別名:高橋直輝)に痴漢疑惑!?

 性犯罪に関することとして、以下のブログ記事を掲載しておきます。

 反ヘイト・反差別を自称して、我々のデモ街宣(行動する保守運動)に再三妨害を仕掛けていた反原発グループの元『男組』組長・添田充啓(別名:高橋直輝)に痴漢疑惑が持ち上がっています。

元男組代表 添田充啓(高橋直輝)氏に受けた痴漢被害について
http://jfxaprt17.blogspot.jp/2017/09/blog-post.html?spref=tw&m=1

soeda

 問題の事件は、彼ら自称・反ヘイト勢力の間での飲み会(と、その帰り際)で起きたとされていますが、沖縄で防衛省
職員に大怪我を負わせ、一躍、反基地・極左勢力で英雄になりそうだった添田が何とも破廉恥な罪で(しかも仲間内から)突き上げを食らっているものです。

 これまで『護国志士の会』の高木脩平局長に対して、あらぬ性犯罪のデマを口にして来た添田とその一派ですが、今度は自分たちの性犯罪が…それも「真実」として追及されているのですから、つくづく因果応報、自業自得というものでしょう。

 それにしても添田組長…こうした破廉恥な形で(自称)反ヘイト勢力を追われることとなりましたが、かつては在特会デモの参加者でありながら、しばき隊に寝返り、その後、男組組長に収まったまでが人生の絶頂期。やはり「ネトウヨ」からの転向組は永遠に奴らの間では信用されないようですね。

 舎弟分の山口祐二郎(対米自立実行委員会)が身を寄せている新右翼『一水会』の木村三浩代表のところへ相談に行かれてみても良いのでは?

 かつては勉強会で同氏からの「薫陶」を受けた身。イデオロギー面のみならず、色んな助言をくれることでしょう。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 以下、過去エントリー「婚約会見に水差した北朝鮮!」(9月3日付)のコメント欄に、「一般人」と名乗る人から、
下記転載のようなコメントがありました。

2017年09月03日 婚約会見に水差した北朝鮮!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52056289.html

有門氏 あなたは、似非保守か? それとも馬鹿か?
小和田恒が、売国官僚であることは、有名だ。国連に従軍慰安婦問題報告書のクワラスワミ報告が出された時、日本の外
務省が反論文を提出しようとしていたのを止めたのは、小和田恒だ。あの時政府として、反論文が出されていれば、現在の慰安婦を巡る日本が抱える問題も起こらなかったと言えるだろう。桜井よし子氏が小和田恒が反論文を潰したと名指しで言及している。雅子皇太子妃が、宮中祭祀を蔑ろにしているのは、事実である。それが、鳥居をくぐれない創価学会信者であるからと言われれば、納得がゆく。小和田家の先祖が3代遡ると先祖が誰だかわからないというのも事実だ。婚約時、宮内庁が先祖を調べると言ったが、同和解放同盟の強い抗議により、調査を断念している。同和解放同盟を動かせるバッググラウンドを持った皇太子妃であると言うことは明らかだ。新潟に在る小和田家の墓石が、台座と上の墓石がバラバラだ、と書いたのは、工藤美代子氏だ。背乗りの可能性が有ると言うことだ。だいたい、近所に住んでいるだけで、その一家の出自等分かる訳が無い。自分の近所に在日、背乗り、帰化人がいたとして、通名を使われていれば、分かる筈も無い。だいたい、有名人なら、在日疑惑を言われる人は多いが、中田英寿氏のように、家系図を示して否定したり、ビー
トたけし氏もハッキリ否定している。

以上

 承認制コメント欄での掲載承認はしていませんが、こちらにて一般論として返答させて頂きます。

 異論、反論・反駁ではありません。飽くまでも一般論としての見解を述べておきます。

 雅子皇太子妃のように民間から皇室に嫁がれるというのは、たとえ自身で望んだことであっても大変なことです。

 身体的、精神的な疲労は並大抵のものではなく、おそらく、人間の限界を超えているのではないかと推察します。

 雅子皇太子妃は皇太子殿下とご結婚され、皇室に入られるまで、(生活レベルは違うでしょうけど)生活のリズムという点では私たち所謂「平民」と変わらなかったわけです。

 まだ「小和田雅子さん」だった頃、皇太子妃はそこら辺のスーパーにて一人でお買い物をされていてもおかしくない方でした。ゆえにマスコミは騒ぎ立て、囃し立てたのでしょう。

 そうした雅子皇太子妃が心身を崩され、ご公務や宮中祭祀に支障があってもやむを得ないことです。

 宮中行事を蔑ろにした…とか、鳥居をくぐる、くぐらない…解放同盟など同和勢力を動かせる…など、どのような根拠があって言われているのでしょうか?

 根拠のないデマを「ネットで書いてあるから」と、吹聴して回り、皇室を貶めることで反天連(反天皇制運動連絡会)や偏向マスコミ以下…ということになりかねません。

 皇族・皇室に関する話題は私たち平民の知的好奇心をくすぐるものかも知れませんが、極力、触れない、話題にしないよう務めるべきではないでしょうか?


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
9・10自衛隊激励街宣!
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1294



2ちゃんねる撲滅!
糞スレで工作員同士の「同性愛」を嗤う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン糞ブタマのエリア分解(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12308213615.html
チョン糞ブタマの同志愛は同性愛(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12308334899.html



701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 23:33このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 

前原・民進党の仕事?

maehara
画像:さる9月1日の党代表選で民進党代表に選出された前原誠司氏


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆労組政党の原点へ!?

泥舟となった民進の生き残り策は「前原党」になるしかない!

min

 色んな行事や出来事が重なり、すっかり遅くなってしまったが、こちらの話題も取り上げておきたい。

 さる9月1日の野党・民進党の代表選で、前原誠司氏が新代表に選出された。この度の代表選は前代表・蓮舫の辞任に伴なうもの。

 最初に断っておくと、筆者(有門大輔)はどの政党・議員と言うよりも、現行の議会政治そのものに否定的なスタンスである。従って民進党はおろか、与党・自民党にも期待感は少ない。

 ただ、現実の政治・政界にあっての是々非々は述べておきたい。

 まず、今回の民進党代表選について、かつて枝野幸男事務所前にて糾弾行動を展開した我が『牢人新聞社』(渡邊昇主幹)の立場として、「攻めどころが多い」という点では枝野幸男が代表になったほうが、その後の展開として面白かったであろうことは事実である。

★外撲協 公式サイト(広報)より
2016年04月26日 【埼玉】枝野幸男(民進党幹事長)事務所前 糾弾行動
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1860565.html

 ただ、北朝鮮問題など停戦状態にあった「朝鮮戦争」が再び動き始めた今、日本という国の行く末にとっては日米同盟・協調関係を重視する「前原誠司・民進党代表」が望ましかったと言える。

 「朝鮮戦争の再開」という非常時にあって、前原・民進党にとっては政権交代を云々するよりも、いかに安倍・自民党との翼賛体制を構築するかに腐心することが望ましく、且つ現実的であると思う。

 いっそ自民・民進両党でリベラル左派を排除、加えて連立政権から公明党(創価学会)を叩き出し、維新の会や都民ファーストの会までひっくるめた救国連立政権の樹立でも目指したほうが良いのではないか?

 それはともかく、前原氏の民進党代表への就任は何だか感慨深く、懐かしくも思えてしまう。

 …民進党の前身である『民主党』にて前原氏が代表に就任したのは12年前。奇しくも、あの時の代表選も9月の実施だった。

 代表経験者の菅直人(後の首相)と一騎打ちで代表選を争い、当時43歳の前原氏が初の代表就任となった。

 それまで鳩山由紀夫と菅直人がそれぞれ交互に代表を務めてきた同党にあって、遂に若手ホープが民主党の舵取りをするに至った瞬間である。

 この点、昨年発足した右派政党『日本第一党』にも似たことが言えるが、現代表である桜井誠氏とそのグループ以外の人たちが主導権を握ったところから初めて政党としてのスタートである。

 確か議員投票で前原氏が96票、菅直人が94票という2票差での際どい接戦を前原氏が制した。

 時の民主党が190議席を保有していたのか、有効投票が190票で菅直人の94票が読み上げられた直後、前原陣営から歓声が湧き上がるのかと思えば、前原誠司96票でようやく歓声が上がったことに評論家の故・三宅久之氏から「民主党は計算が弱いんだ(笑)」とTVタックル(テレ朝系)で茶化されていた。

 代表選の当日、所用で外出中のため、テレビ・ニュースもネットも見ることが出来なかった筆者・有門は夕刻にファミレスで会った(運動関係の)後輩に「民主党の代表選、どうだった?」と訊いたところ、「2票差で若いほう(前原氏)が勝ちました」と聞かされた。

 この平成17年当時はまだスマホもタブレットもなく、外出先でリアルタイムなネット情報を確認するにも容易ではなかったのである。

 その時から丸12年…その間、民主党政権時代があって党政調会長や外相、国交相を務めた前原氏が再び野党の党代表になったことを思えば、時の流れを感じるとともに懐かしくも思えてしまう。

 代表選前より前原新代表は共産党などとの野党連合に見直しの考えを示していた。蓮舫体制で形成されつつあった野党連合構想の軌道修正が前原新体制で行なわれていることを評価したい。

 前原・民進党が採るべきは共産党などとの野党連合…ではなく、朝鮮戦争の再開を見据えた自民党との翼賛体制である。

 問題は山積している。

 前原新代表は党人事に着手したが、代表選で前原氏を推した前原グループで、幹事長への起用が取り沙汰されていた山尾志桜里氏について、党内からの反発を受けて起用を見送った。

 山尾氏と言えばユーキャンの流行語大賞選考で「日本死ね」が選ばれた際、授賞式に立ち会ったことがネット上で大きな反発を買った議員。その政治スタンスは改憲や集団的自衛権の行使に反対の立場で、ヘイトスピーチ規制法には賛成…。極めて左翼偏重の傾向が強い議員であり、いかなる理由であれ、党執行部への起用見送りは正解だろう。

 前原・民進党の何が良いなどと絶賛するつもりはないが、せっかく仕切り直しに向けて勝利したであろう代表選。12年前に偽メール事件で躓いた時のように、尻切れトンボで終わることはしてもらいたくない。

 対北朝鮮での協調姿勢の一方、与野党の「対立軸」を鮮明にして自民党を突き上げる方途はいくらでもある。

 代表選の直前、前原新代表は労組『連合』本部を挨拶回りで訪れていたが、良かれ悪かれ、民進党の最大の支持母体は労組。民進党こそは「労組政党」。

 中でも連合の意向は無視出来ず、前原新体制では蓮舫らが「共産党との野党連合」を打ち出したことでギクシャクした連合との関係修復に取り組んでいると伝えられる。

 目下、労働市場にあって、賃上げ・雇用拡大では外国人労働者への規制は急務。前原新体制では労組政党の原点に立ち返り、労働者の味方を気取る共産党以上に厳しい外国人移民・労働者への規制を打ち出さなければならない。

 同時にそれは外国人労働者の受け入れ拡大に狂奔する自公政権への「最大の牽制」となるだろう。

 前出の前代表・蓮舫の「二重国籍」問題にもケリはついていない。代表職こそ辞任したものの、議員辞職にまで至っていない蓮舫を辞職させ、返す刀で自民党内の二重国籍議員の存在を逆に追及していくという手もアリである。
minshin
画像:代表選直後の前原氏ら
一緒に手を繋いでいる、その人たちこそ最大のガン?


 議員辞職で言うなら、朝鮮戦争に絡む事項として、党にも極秘で訪朝した有田芳生のような議員を党から追放または辞職させることで国民世論からの好印象は飛躍的にアップするかも知れない。

 代表選を争った枝野幸男が原発の即時ゼロを掲げていたのに対し、前代表の蓮舫が連合からの猛反発を受けて「2030年を目処に原発ゼロ」としたことを踏襲したように、原発廃止に消極的な前原新代表を消極的ながら評価しておきたい。

 以上、朝鮮動乱と内政に鑑みつつ、ネット右派層が特に大嫌いな民進党の新体制を敢えて評価してみたが、この国難に際して民進党が台湾・民進党と比較して、「日本の民進党」になれるかどうかは前原新代表のハラ一つだ。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
9・10自衛隊激励街宣!
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1294


★関連ブログ『集スト問題相談所』
集スト問題と共産党(9月4日付)
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/20327592.html


2ちゃんねる撲滅!
糞スレより工作員の「南北代理戦争」を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン糞ブタマを洗濯したく申し候(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12307788545.html
チョン糞ブタマのランダム名無し(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12307895382.html
チョン糞ブタマの代理戦争(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12308108692.html


701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ