2017年12月31日

悪徳労組と南米人犯罪!

年末のご挨拶

今年一年も本ブログへのご支援を賜り、まことに有り難う御座いました。

来年も一層奮迅する所存ですので、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。

BLOG『侍蟻』主宰
外国人犯罪撲滅協議会議長
有門大輔


rouso
画像:愛知県で外国人を雇用していた雇用主自宅への陰湿な抗議街宣を繰り広げる労組関係者
さも奴隷同然の扱いを受けていたとして外国人元労働者を擁護する労組関係者だが、その真偽は分かったものではない


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆日系ペルー人による凶行!

埼玉・杉戸町の産廃工場で男性従業員が死亡!

 悪徳労組ユニオン及び関西生コン支部(関西生コン 執行委員長・武建一)による横暴さは、ここ最近の2度にわたるエントリーで取り上げたとおりである。

:悪徳労組に関する当ブログの直近エントリー
2017年12月24日 反日勢力の黒幕を暴く!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52064616.html
y
2017年12月30日 悪徳労組・連帯ユニオンの相貌!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52065060.html

yunion5

 特に週刊文春に掲載された記事では、ユニオン・関西生コン関係者が運輸会社に押しかけ、あらん限りの因縁を吹っかけて同社課長をうつ病での入院にまで追い込んでいる。

 労働争議の要求と称した暴動紛いの騒動には社民党副党首で現職国会議員の福島瑞穂も駆けつけており、法定の勤務時間を超えるとした役所(運輸局)への申し入れでは何らかの圧力をかけたのではないかとする疑義が強まっている。

 当該の運輸会社は大きな事故や損害を生じさせたわけではない。

 ユニオン・関西生コンは、こうした言いがかりにも等しい労働争議の要求という暴動紛いのストライキを各地で展開させており、特に関西地方ではゼネコンや生コンクリート協同組合への攻勢を強めている。

 中でも生コン協同組合からユニオン・関西生コンには年間十数億円の巨額の資金が流れていたとされ、北朝鮮擁護や沖縄県での(米軍)基地建設妨害など、相当数の資金と人員を極左過激派の活動に投入していたと考えられるのだ。

 そのユニオン・関西生コンへの巨額の資金流入が完全STOPしつつある現在、来年にかけて一斉的な攻勢に出てくるものと見られる。

 今回のエントリーでは、埼玉県杉戸町にある産業廃棄物処理工場での凶悪事件に焦点を当ててみたい。

 同社で日系ペルー人の従業員が同僚の肛門にエアーコンプレッサーで空気を注入させ、死亡させるという凶悪事件が発生していた。

peru1

 この事件で逮捕されたのはペルー人のビアビセンシオ・ナカモト・トミー・ジョエル容疑者(36歳)。通称トミー・ナカモト。

 事件についてはスポーツ紙や週刊誌で報じられているが、今年12月16日正午ころの昼休み中、同僚同士でふざけ合っていたナカモト容疑者は同僚男性(44歳)の作業服の上からエアーコンプレッサーで肛門に大量の空気を注入。

 これだけなら単なる事故死に見えなくもないが、事件当時の状況はナカモト容疑者が同僚男性を押さえつけて犯行に及んでいる。

 しかも、このナカモト容疑者。マスコミ各紙で伝えられるところによると、お金や女性にまつわるトラブルが絶えないなど、普段からの生活態度が相当に素行不良であったようだ。

peru2
画像:ナカモト容疑者について伝えるネット・ニュースより
peru3
peru4

 記事によると、ナカモト容疑者の他の同僚らも単なる「事故死」とは捉えていないようだ。普段の素行の悪さが、ふざけ合いの中での凶行に発展したとも思われる。

 外国人労働者の受け入れ拡大に狂奔する日本政府は、日系4世を念頭に、新たに年間数千人程度の受け入れを拡大する方針を示した。

 在留期間は5年間ごとの更新と定め、「特定活動」の資格を与えるとしているが、資格検定は日本語能力の向上だという。

nikkei

 戦前・戦後にかけてブラジルやペルーなど南米各国に大量移住した日本人移民の子孫も4世5世が社会の中核を占めつつある。

 日本政府の日系人受け入れ拡大計画はそれを念頭に置いたものだろう。

 しかし、日本語能力だけで言うなら埼玉・杉戸での凶行に及んだトミー・ナカモト容疑者も子供の頃から日本にいたので日本語はペラペラ。母語のスペイン語やポルトガル語も出来るとされる。

 だが、産廃処理工場には勤務していたのかも知れないが、普段の生活態度は素行不良。職場でのトラブルは度々…。

 よく外国人労働者の受け入れ問題をめぐり、「真面目に就労している人もいる」などといった意見も聞かれるが、これが真面目に就労していた外国人の実態だったのである。


次エントリーに続く 
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52065239.html

  

Posted by samuraiari at 22:03このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブラジル人犯罪・日系人特権問題 | 連帯ユニオン糾弾行動

2017年12月30日

悪徳労組・連帯ユニオンの相貌!

yunion5
画像:週刊文春の最新号に掲載された福島瑞穂(社民党副党首)と悪徳労組・連帯ユニオン関西地区生コン支部の関係!

以前、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』関係者とたかが記念撮影をしただけの大臣が追及されたことに鑑みれば、こちらも徹底追及されなければ到底つり合わない!

…と言うよりも、福島議員の支持母体である以上、物心両面での連帯ユニオンからの支援は事実であり、徹底糾弾されて当然!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


渡邊臥龍氏のブログ『一介の素浪人』より
鷂郵姐先生に呼応し連帯ユニオンを打倒せよ!!
http://blog.livedoor.jp/surouninn_garyou/archives/55661780.html

★関連ブログ『反カルト共同戦線
身内のカルト信者(12月28日付) カルトとの関係断絶は根元から!!
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/23225203.html

定説:集団ストーカーとは特定の組織・集団が利益(金銭もしくは組織・集団の結束強化など)を得る目的で繰り広げる組織犯罪である!


yunion
画像:有志らが作成した連帯ユニオン糾弾のステッカー


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆ヘイト規制の支持母体!

これこそが「本当の集団ストーカー犯罪」だ!

 連帯ユニオン(全日本建設運輸連帯労働組合)及び同関西地区生コン支部(関西生コン)が社民党副代表の福島瑞穂辻元清美ら左翼議員と密接に繋がっていることは当ブログ12月24日付のエントリーで述べた通り。

:連帯ユニオン関連の過去エントリー

2017年12月24日 反日勢力の黒幕を暴く!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52064616.html

 そればかりか、沖縄県での米軍基地建設妨害にも加担。今年3月12日には大阪市内4労組を動員し、辺野古基地建設反対を掲げて250台のミキサー車を連ねたパレードを春闘に合わせて実施している。

 その前年には、基地建設妨害に際して逮捕された山城博治(基地建設妨害勢力のリーダー)を関西生コンの集会に招いており、その山城が逮捕された際には同執行委員長の武建一が保釈を求める行動を起こしているのだ。

 沖縄県での基地建設妨害への加担…つまり、極左過激派・中核派とも連携している不可分の関係にあると言えよう(ィキペディアより)。

 そして、このほど関西生コンと福島瑞穂との関係が週刊誌『週刊文春』にて追及され始まった。

 その関西生コンによる『大阪広域生コンクリート協同組合』加盟業者への「ストライキ」「労働争議」と称した業務妨害は、かのしばき隊による右派デモへの妨害を彷彿とさせるものである。

★動画紹介
連帯関生支部の労働争議と称した恐喝・恫喝行為 宇部三菱大阪港SS

https://www.youtube.com/watch?v=cXUlXytjubw


 大勢で押しかけ、罵声を浴びせては暴力的な言動で恫喝。しばき隊の場合は「差別反対」「ヘイト阻止」と称したデモ妨害であったが、関西生コンの場合はストライキや団体交渉と称した業務妨害である。

 言論の自由の下に公安条例で認められたデモに対する妨害か…通常の会社業務に対する妨害か…その違いでしかない。

 しかも、しばき隊と関西生コンはともに沖縄県での基地建設妨害にも関わっており、関西生コン自体が在特会ほか右派市民運動団体『行動する保守運動』へのヘイト規制を求めた動きを活発化させていたことが確認されている。

 大阪府の門真市議会議員である戸田久和(ひさよし)は連帯ユニオンの近畿地方本部顧問。

 関西方面の右派市民運動関係者の間では、門真市の左翼市議…としての側面ばかりが強調される戸田だが、その実態は連帯ユニオンそのものだったと言えよう。

4
 「議会のしばき隊」として、反在特で、ヘイトスピーチ規制推進の集会を開くなど、右派市民運動への言論弾圧を活発化させていた戸田ひさよし(画像上)だが、ユニオンの役員として関西生コン執行委員長の武建一とともにユニオン総会での集合写真に収まっている(画像下)。

 集合写真ではキューバの革命家であるチェ・ゲバラの肖像画が掲げられるなど、そのセンスや志向はしばき隊そのものだ。
2

 さらに、右派市民運動・行動する保守運動系デモに対してヘイトスピーチであると左翼と一緒になって批判しているの新右翼『一水会』(会長:木村三浩だが、同会の前会長である鈴木邦男氏は同会顧問として福島瑞穂と対談しているばかりか、ユニオン近畿顧問の戸田ひさよしと相当な親密ぶりであることがうかがえる。

1
画像上:鈴木邦男と福島瑞穂
画像下:戸田ひさよしと鈴木邦男
3

 飽くまでも推測でしかないが、在特会・右派市民デモ(行動する保守運動)をめぐり、それに妨害を加えるしばき隊と連帯ユニオン…極左・中核派…新右翼・一水会など、相関関係で点と線が結びつく。

 対談やら写真など、そこに出た鈴木氏の思惑でしかないのかも知れないが、現在の一水会会長である木村氏がかねがね在特会や行動する保守運動(右派市民運動)系デモに対して批判的であったことを考えれば、思想傾向や利害関係で完全に一致すると言えるだろう。

 然る平成28年6月5日に神奈川県川崎市で、行動する保守運動デモが潰された時、妨害勢力側に議員の一人として登場したのは(現在、悪徳労組・連帯ユニオン関西生コンとの関係が追及され始まっている)福島瑞穂。

 そして沖縄県では関西生コン・武建一が支援するリーダー・山城とともに、木村三浩氏の直弟子とも言えるしばき隊の添田充啓(別名:高橋直輝)が基地建設妨害をめぐる傷害事件で逮捕されている(現在は保釈中)。

 何より、関西生コン関係者が北朝鮮を訪れているのと同様、新右翼・一水会の木村氏や鈴木氏も過去、北朝鮮を訪れているし、つい最近では今年5月にこれまた木村氏の直弟子である山口祐二郎(しばき隊、前出の添田を「兄貴」として慕う)も北朝鮮を訪れている。

 ヘイト規制をめぐり、全ての点と線は結びついてくると言えるだろう。

 関西生コンによるストライキに名を借りた業務妨害の話に戻るが、業者への恫喝から会社敷地内に入り込んでの威圧はしばき隊と同様、まさに営利を目論んだ集団ストーカー行為と言える。

 これまで大阪広域生コンクリート協同組合からユニオン関西生コンに対しては年間十数億円が流れていたと言われるが、その不正な資金の流れを完全ストップさせた結果、ユニオン関西生コンが総攻撃に出てきたという。

 現在のところ、ストに名を借りた嫌がらせや暴動は収束しているが、再び関西生コンが攻撃を仕掛け、労働現場に襲いかかることが予想されている。

 ついでながら付記しておきたい。

 ユニオン関西生コンへの不正な資金の流れがストップしたのと同時期、関東や関西でのしばき隊による右派デモ妨害の動きは動員数の減少など、勢いに陰りが見えてきたと言われる。

★動画集
連帯関生支部の労働争議と称した恐喝・恫喝行為 株式会社関西宇部
https://www.youtube.com/watch?v=JMso5Yiungw
yunion4
連帯関生支部の労働争議と称した恐喝・恫喝行為 株式会社関西宇部

https://www.youtube.com/watch?v=gzun6aGYjMo

yunion3

連帯ユニオンと関西生コンの威力業務妨害
https://www.youtube.com/watch?v=sU3dIA1ueWc

yunion2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
1・2 一般参賀、靖国神社昇殿参拝
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1358


2ch b

門真市議で連帯ユニオン役員の
戸田ひさよしはウィキペディアによると
相当な2ちゃんねる(現5ちゃんねる)ユーザー!

糞スレで2ちゃんねらー戸田ひさよしかも知れない
名無し(ブサヨ工作員)を笑う同盟ブロガーによる記事をご紹介!

sotokanda
チョン楠ブタマのチョン糞部落探訪!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12339766281.html
チョン楠の新大久保アガシ!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12339861403.html
チョン楠ブタマはクソスレ一筋!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12340065889.html
チョン楠ブタマのお年玉!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12340161044.html


anticult

701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 00:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 連帯ユニオン糾弾行動 

2017年12月28日

生活保護と南米系外国人!

1
画像:生活保護受給者の4分の1を外国人(ブラジル人ほか南米系)が占めたことにより、自治体の財政が圧迫されていると主張する大泉町(群馬県邑楽郡)村山俊明町長


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆真っ先に減額そして打ち切れ!

そもそも外国人労働者とその家族の受け入れ自体が間違いだ!

 政府は来年10月より、受給世帯の67%で生活保護費を引き下げる見通し。

 生活保護で支給されるうち、生活扶助について総額160億円程度を減らすという。

 低所得層に合わせて引き下げるとしたもの。即ち生活保護の受給者増の根本原因とは、普通に就労して得る最低賃金よりも生活保護をもらったほうが楽な生活が出来るということにあった。

 そこが生活保護の不正受給まで増やしてしまった原因であり、そこに貰えるモノは貰ってやれと言わんばかりに外国人のタカリを増やしてしまった。

 生活保護を低所得層に合わせて引き下げるなど、これほど矛盾に満ちた政策もない。「合わせる」べきは生活保護受給と同等か、それ以上に最低賃金を上げることで低所得層を支援しなければならない。

 単に生活保護を引き下げるのみでは、貧困スパイラルを拡大させるのみだろう。

 安倍内閣は「貧困は改善する」と自画自賛しているようだが、低所得層に合わせて生活保護を引き下げるというのでは、貧困の深刻化による自らの政策破綻を認めるも同然ではないか。

 低所得層への支援による消費拡大こそは当ブログにおいても、かねがね主張してきたことである。

:生活保護に関する当ブログの直近エントリー
2017年12月21日 生活保護と安保政策!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52064351.html

 一方、生活保護の受給増で何が問題と言って、不正受給と外国人による受給が問題だろう。外国人による生活保護受給の場合は、最高裁でも「憲法違反」との判決が下されており、受給自体が不正と言える。

 生活保護のうち、真っ先に減額するなり、打ち切るべきは外国人への支給。

 いきなり打ち切りは無理だとしても最低限、外国人への生活保護支給から真っ先に減額すべきだったのである。

5
画像上下:生活保護の不正受給をめぐり、事件発覚の当初は素顔を撮られても堂々と振る舞っていたかに見えた朝鮮人容疑者が逮捕当日、フードにマスク、サングラスで素顔を隠していたのは最高傑作!
6

 今や大手を振って堂々闊歩している外国人の生活保護受給者だが、では、かつての日本人がどのようにして生活保護を受給していたのかを振り返ってみたい。

 以下に登場するのは60歳代後半の女性で、遡ること50数年前の昭和30年代半ば頃…。

うちは姉妹も多く、貧しかったので生活保護を受けていましたが、それだけで恥ずかしかったものですね。

 でも、その分、勉強もスポーツも頑張りましたよ。

 当時、生活保護のお金でやっと親に運動靴を買ってもらえたぐらいでね。それはそれは、もう嬉しかったです。

 ある時、運動場に出ようとしたら、買ってもらったばかりの私の靴がなかったんです。当時は大きな下駄箱に乱雑に皆の靴が入れられているだけでしたから。

 どこへやってしまったのか、探していたら他の子の靴だけが一足残されていました。私はてっきり誰かが私の靴を自分の靴と間違えて履いて行ったんだわ…と思い込み、その子の靴を借りるつもりで履いて運動場に出ました。

 ところが、そうではなかったんです。

 うちの家が生活保護を受けているという理由だけで、まるで私が他の子の運動靴を盗んだかのように仕立て上げられました。

 盗んだだろ!…盗んでない!…の騒ぎになっているうちに先生が来て、私のなくなった靴を、そこら中を一緒に探してくれました。

 先生が大きな下駄箱を動かして、その裏を見た時、何と私の運動靴が投げ捨てられていました。きっと『生活保護を受けている家のくせに生意気だ』という理由で誰かが嫌がらせをしたんでしょうね。

 それでも勉強もスポーツも頑張った分、学校では健康優良児に選ばれました。砲丸投げの球技も一所懸命に取り組んだので、ともに県大会への出場も決まりました。

 でも、地元の名士でPTA会長もしていた人の娘だった同級生の子はそれが面白くなかったんでしょうね。

 『あなたが県でも最優秀に選ばれたら許さないから』と因縁をふっかけられたものでしたよ。

 県での健康優良児の選抜には筆記テストもあったんです。私は全て回答が分かっていましたが、学校でのイジメとかに怯えました。だから、分かる回答も何も書かずに、わざと落選するように答案用紙を提出したんです。

 ですが、先生は分かっていましたね。

 授業が終わった放課後の教室に呼び止められ、『お前、答えは分かっていたんだろ? あんなテスト、お前が分からないはずがないよな?』と問い詰められました。

 …私は泣きながら真相を話しましたね。

 私のことをよく理解してくれていた先生でしたよ。最後にこう言ってくれました。『お前、きちんと学校を卒業して一人前の女になったら俺の嫁さんになれ! 泣くな! お前は俺の嫁さんになる女だろ!』って

…   …   …
 ちなみに当該の男性教師と女性との間にその当時は勿論、後々も何の関係もない。現代ならすぐさま教師と生徒の不貞や破廉恥行為に発展していそうな場面だが、昔の教師…と言うか昔の男は女子の励まし方を知っていたのだろう。それは男が真に男たり得た時代でもある。

 こうして、かつての日本人が恥を忍び、周りからの偏見や迫害に晒されて歯を食いしばりながらも生活保護を受給しつつ、懸命に生きていたことを思えば、現在のように我が物顔で当然のように生活保護を受給している外国人が大手を振って闊歩していることは許し難い。

 外国人への生活保護支給は全国各地で年間1千200億円。年々積もり重なり、その額ン十兆円というから考えてみれば恐ろしい。

 先ごろ、政府は海上自衛隊護衛艦『いずも』を戦闘機の離着陸も可能な空母型に改造する計画を打ち出し、日米同盟の強化に努めるとしたが、外国人への生活保護支給がなければ今頃は何隻の空母を保有出来ていたのかという話だ。

5
画像:読売新聞の記事より


 そうして増えに増え続けた外国人への生活保護支給は各地の自治体で財政を逼迫し始めている。

 群馬県邑楽郡(おうらぐん)の大泉町ではブラジル人ほか外国人が生活保護受給の4分の1を占めるとして話題になった。

3

 多数のブラジル人を雇用するトヨタ自動車工場のある愛知県豊田市や静岡県浜松市が特に顕著だが、何故にこうもブラジル人やらペルー人といった南米系外国人が増加してしまったのか?

 南米人の生活保護の受給増による自治体の財政圧迫は、まさに南米人の増加にこそ起因する。

 以下、南米人犯罪に関する当ブログの直近エントリーに寄せられたコメント欄より、ご紹介したい。 

2017年12月22日 熊谷ジョナタン事件の裁判!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52064451.html
2017年12月26日 不法滞在ブラジル人兄弟
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52064750.html

政府は年度内に日系4世まで条件付きで日本国内で最長5年の就労を認める方向のようです。
しかしながら、滞在中に家庭を持つことも考えられます。
一見すると、5年という期限を設けて就労の制限をしているように感じますが、人間ですから5年の制限の間に色々なことが起こると思います。
今回のブラジル人兄弟のような事例が恒常的になって行くと思います。

西成、湖南市をめぐって本日帰京しました。
滋賀県では、ベトナム人が南米人に代わって増えているそうです。
地元の人々には、あまり犯罪に対する危機感は感じませんでした。
周りの景色も、正に日本の原風景で、よく言えば悠々と生活をしているように感じますが、やはり、田舎なのですね。
Posted by ●侠 at 2017年12月26日 20:15

※●の字が変換出来ませんでした

以上

2

 すぐさま…最長5年という期限付きでの外国人労働者の受け入れ問題は、不法滞在外国人による在留特別許可を求めた裁判にも通ずると思った。

 日本で就労した5年の間に、当該の外国人労働者はかつての在日朝鮮人と同様、「母国での生活基盤を失った」「帰るところがない」「日本で生まれた子供が母国での生活に順応出来ない」…などなどの理由で日本への居座りを主張し始めるだろう。

 きょうび不法滞在の外国人でさえ裁判に訴え出る状況だ。正規に受け入れられた外国人労働者なら尚更、法廷闘争に打って出るだろう。

 近未来の日本で予想されるのは正規に入国した外国人労働者による法廷闘争ラッシュである。

 ことブラジル人やペルー人など南米人の受け入れについて述べておきたい。かつて日本人移民がブラジルやペルーなど南米に受け入れてもらったのだから、今度は日本が受け入れる番だという意見もあるが、そうした安直な道徳論は終わりにしてもらいたい。

 外国人移民・労働者の受け入れは全て受け入れた側のエゴ。「受け入れます」と言う国があるから「送り出す」側の国が存在する。

 かつてブラジルやペルーなど、日本人移民を受け入れた南米圏は農地拡張で労働力を欲した。その結果として日本人が移住したものであり、そこで失敗した者らは泣く泣く帰国の途に着いているし、新天地で成功を成し遂げたのも移住した日本人の頑張りがあったからであり、何もブラジルやペルーなどの南米各国が日本人移民に特段の便宜を図ったわけではない。

 従って、かつて日本人移民が受け入れられたからと、今度は日本の側が南米人労働者とその家族の受け入れを強いられる謂われはない。

 そうした南米系外国人への生活保護の支給も同様。

 順次、減額そして打ち切りで当然!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★画像で見る南米人の横暴!

2
日本でひき逃げ事件を起こし、母国ブラジルに逃げ帰って「代理処罰」による裁判を受け、極めて微罪で済まされた日系人被告
(日本人への)差別意識に満ちているのは、そちらのほうだろう!

3
愛知県知立市で発生したブラジル人の薬物常習者による警察官からの拳銃強奪と発砲事件の現場検証(警察官が右腕に被弾して負傷)

4
ブラジルでの五輪開催中、日本人が標的になった窃盗・強盗事件が相次いだ
一人の男性はブラジル人の女十数人に群がられ、ポケットのスマホや財布を盗まれたことに気付いたという
こんな国から日本へ来ている連中がどういう行動を起こすかは想像に難くない!
6
群馬県邑楽郡大泉町にてブラジル人のカーニバル
夜に大音量での喧騒も周囲にまったくお構いなし

★外撲協 公式サイト(広報)より
【群馬】大泉町 ブラジル人カーニバルと「多民族共生・移民国家」の現実(24年7月29日)
http://gaitsui.web.fc2.com/1st_section/kouhou2012_07_29/2012_07_29.html

1
一昨年9月、埼玉県熊谷市で発生したペルー人による6人殺害事件!
2
大阪府で発生したブラジル人による准看護師殺害事件!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
1・2 一般参賀、靖国神社昇殿参拝
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1358


2ch b

糞スレで自虐ネタ披露の在日ブサヨ工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda

チョン楠ブタマとモリトモ!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12339374543.html
チョン楠ブタマがクソスレで物乞い!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12339519047.html
チョン楠ブタマとナマポ!!!!

https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12339665466.html



anticult

701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 01:35このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブラジル人犯罪・日系人特権問題 | 「護国の鬼」シリーズ

2017年12月26日

不法滞在ブラジル人兄弟

1
画像:元同級生の准看護師・岡田里香さん(事件当時29歳)を殺害し、本人に成り済まして支那(中国)に逃亡、その後、日本に身柄を引き渡されたブラジル人の大石ゆりことオオイシ・ケティ・ユリ容疑者(今年1月)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆提訴中の強制送還を!

国は「ここでこそ」好ましき前例をつくれ!

 埼玉県在住の不法滞在ブラジル人兄弟が強制退去処分の取り消しと、在留特別許可を求めて東京地裁に提訴した。

bura

 さる12月21日(木)、東京地裁にて第一回口頭弁論が開かれたという。

 埼玉県在住の不法滞在外国人と言えば、フィリピン人のノリコ・カルデロンが有名。こちらが13歳くらいの時に日本での在留を求めて騒ぎを起こしたのに対し、今回、提訴して騒ぎを起こしているブラジル人兄弟は兄が20歳の専門学校生、弟が18歳の高校3年生。

 2人は不法滞在の母の下に生まれた。10年前の平成19年(2007年)に仮放免が認められたというが、この時に速やかに国外退去していれば兄は10歳、弟は8歳でブラジルでの生活に馴染み、何の問題もなかった。

 ここまで長引いた問題を10年後、兄が30歳、弟が28歳になる段階まで長引かせてはならない。

 今回、2人が20歳、弟が18歳という年齢になってから訴えを起こした背景には、背後で支援する人権団体の意向も絡んでいるものと思われる。

 前出のノリコ・カルデロンが中学生の段階で家族ともども訴えを起こした結果、両親は国外退去で本人だけが特別在留を認められたケースに鑑み、兄弟2人での訴えで、兄が成人、弟が18歳になった段階で司法がどう判断するか、国がどのような措置を取るかを見極めようとしているものと思われる。

 だからこそ、ここで安易に在留を認めるようなことをして、悪しき前例をつくってはならない。

 兄が20歳で弟が18歳ならまだまだ若い。

 飽くまでもマスコミ報道による記事からの推測だが、兄弟2人での訴えで同じく不法滞在の母親がいないということは、おそらく母親は既に国外退去で強制送還されているのだろう。

 ノリコ・カルデロンがフィリピン人の両親と母国語でコミュニケーションをとっていたであろうことから考えて、この2人の兄弟もブラジル人の母と母国語でコミュニケーションをとっていたであろうことは間違いない。

 十分に母国でもやっていけるだろう。

 裁判では2人は「強制送還されれば著しい不利益が生じる」との何とも身勝手な主張しているとのことだが、到底信用に値しない。

 裁判でどう判断するか…と言うよりも、裁判の最中でも強制送還は出来る。訴訟代理人である弁護士さえいれば、当人が母国に強制送還されようと裁判自体は継続出来るからだ。

 従って裁判の結果がどうなるか…裁判の結果を受けて国がどう対処するかよりも、ここで国が強制送還に踏み切り、裁判・提訴という手段を不法滞在外国人の「延命措置」「免罪符」にすることを終わりにしなければならない。

 その「好ましき前例」を日本国政府につくっていただきたい。

 ブラジル人及び南米人、それも一応は日系とされる者による凶悪犯罪で特に知られるのがオーイシ・ケティ・ユリ疑者による大阪・準看護師殺害事件と、埼玉・熊谷市でのペルー人のナカダ・バイロン・ジョナタン被告による6人殺害事件。

 ともに(一応は)日系とされる南米人による犯行であり、ここ2〜3年内で特に世間を震撼させた事件として知られる

 大阪での準看護師殺害事件ではオーイシ容疑者が元同級生の看護師に巧みに接近。緻密な計画性と元同級生に対しても魔性のような冷酷さ。殺害後も遺体を東京都内のトランクルームに送り届けるなど、サスペンス映画顔負けの猟奇的犯行が世間を震撼させた。

 一方、埼玉・熊谷での無差別な凶行は粗暴犯の中の粗暴犯とも言うべき荒々しさ。ジョナタン被告への裁判は来年1月26日に開始される。

:当ブログの関連エントリー
2017年12月22日 熊谷ジョナタン事件の裁判!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52064451.html

1
 今年1月、逃亡先の支那(中国)から日本への身柄引き渡しが実現したオーイシ容疑者にしたところで、事件の裏づけが取れ次第、来年(平成30年)中にも裁判が始まるものと思われる。

 この大阪での看護師殺害事件のオーイシ容疑者は子供時代に両親とともに来日。十代の頃に一度ブラジルに帰国。その後、日本に戻り、永住許可の更新を申請したが、不許可とされている。その後、在留の更新をしなかったがために不法滞在となった。

 その間、親友の支那人(中国人)留学生が支那に帰国するため、自分もついて行きたかったが、日本での不法滞在であるため、正規のパスポートで出国することが出来なかった。

 そのため、元同級生であった准看護師の岡田里香さん(事件当時29歳)を殺害して当人に成り済まし、日本から出国することを計画。そして実行した。
3
 この時も再会した元同級生のうち、過去に海外渡航歴のある人や両親・家族と同居している人は標的から外し、海外渡航歴がなく、一人暮らしの岡田さんを狙うという計画性の緻密さ。

 元同級生らとの何気ない世間話から過去や素性を聞き出し、標的を絞ったというのも何とも冷酷である。

 このオーイシ容疑者にしたところで、ブラジルに帰国したまま日本に戻ってこなければ…あるいは在留に関する手続きをきちんとしていれば起きなかった事件なのだろうが、永住許可の更新が不許可とされたことなど、普段の素行や生活態度の悪さに起因していたのだろう。

 不法滞在のまま日本にいたことがさらなる凶行をもたらしてしまった。

 岡田さんに成り済まし、親友とともに支那に行くことまでは成功したが、瞬く間に破滅的状況を招いてしまったのである。このオーイシ容疑者とジョナタン被告、この2人については「死刑」で断固、処断しなければならない。

 埼玉在住のブラジル人兄弟にしても同様。

 不法滞在のまま日本で友達と親交を深め、勉学を続けていてもロクなことにはならない。

 本人らのためにも速やかに帰国の途に着き、正規の形で日本に再入国することをオススメする。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★「行動する保守運動カレンダー」より
1・2 一般参賀、靖国神社昇殿参拝
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1358


2ch b
人前に出られない糞スレの在日ブサヨ工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン楠ブタマのイヴ!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12338779940.html
チョン楠ブタマのフェラ券!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12339073463.html
チョン楠ブタマの街頭デビュー!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12339258318.html



anticult

701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 12:30このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブラジル人犯罪・日系人特権問題 

2017年12月24日

反日勢力の黒幕を暴く!

y
画像上:連帯ユニオンによる北朝鮮攻撃妨害のデモ行進
画像下:連帯ユニオンの集会で挨拶する福島瑞穂(左)と辻元清美
x

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


1
画像上:参賀に行かれた有志の皆様、大変お疲れ様でした。


北朝鮮のみに非ず!!

南朝鮮(韓国)による日本人拉致事件だ!!

4
画像上下:12月23日の夕刻からは韓国での不当拘束が続いている有志の早期奪還を目指した決起集会が開かれました(講演する瀬戸弘幸氏=ブログ『日本よ何処へ』主宰=)!
5

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆連帯ユニオン・関西生コンなる支持母体!

沖縄・基地建設妨害…北朝鮮擁護…反原発…共謀罪&安保関連法廃止…ヘイト規制etc

 関連ブログより、お知らせします。

★旧・集スト相談所ブログより
極左勢力の集スト(12月23日付)
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/23107627.html

2

代表の有門大輔です。
関西方面の集団ストーカー被害者の方から相談を受けました。

建設・土木業の方でしたが、集ストを仕掛ける側はユニオン系労組団体です。
労組団体と言っても、その実態は労働争議に名を借りた極左過激派の活動と言えそうです。

事の発端は早朝、約60人ほどの労組員(複数団体)が押しかけ、「団体交渉に応じよ!」と要求してきました。

建設・土木業の社長は一まず「ほな(では)、何月何日に話し合いに応じよう」と回答し、その場は収束したかに見えました。
しかし、大挙押しかけた労組員は一向に帰ろうとせず、会社敷地内に屯しています。

見かねた社長が「お前ら何しとんねん? はよイなんかい(早く帰らんかい)!」と指示したところ、忽ち屯していた労組員らが口々に騒ぎ始めます。「帰れて何やねん?」「それがこれから話し合いをしましょうっていう態度か?」などなど、社長に因縁をふっかけ始めました。

社長は「そうやないけど(そうじゃないけど)、交渉は何月何日にしますて言うたやろ。こんなところに大勢でおられたら」と言うか言わないかのうちに、忽ち数十人の労組員が社長一人を取り囲んで大騒ぎを始めました。

労組側は最初から話し合いなどする気はなかったのです。最初から大勢で社長一人を締め上げる気でいました。彼らの目的は労働現場を混乱させ、事業を停滞させる嫌がらせにあります。

取り囲まれた社長のことが心配になった社員らが寄って来ますが、労組員らは数十人で人垣をつくり、他の者を一切寄せ付けず、なおかつ、人垣の中で何が起きているのか分からない状況をつくります。

まさに! 集団ストーカーの格好のケースですが、こういう見えないところで横暴の限りを尽くすのが集ストの手口です。

大勢の労組員に一人取り囲まれた社長は襟首を引っ張られ、引き倒されそうになります。「何すんねん(何すんだよ)、やめんかい!」と手を振りほどこうものなら、忽ち労組員は社長に対して「暴力振るうなよ!」「暴言吐いたやろ!」などと、さらに詰め寄ります。

自ら攻撃を仕掛けておいて、相手のほうが暴力的な言動に及んだかのように装い、演出する。…これも集ストの手口ですね。

遂に社長は引き倒され、労組員が殺到する中で陰湿な暴力を受けて負傷するに至りました。

(後略)

以上、転載終了

 ツィッターでは次のようなご意見が寄せられています。

6
画像:有志によるツイートより


 「団体交渉」「争議」「協議」という話し合いとは称していますが、彼ら労組は最初から話し合う気などサラサラありません。

 相手の揚げ足を取り、因縁を吹っかけては集団で騒ぎを起こし、労働現場を騒乱状態に陥れて会社での業務を妨害、破壊することが目的です。

 労組・労働運動とは称していますが、労組・労働運動を騙ったゴロツキ集団の仕業と言えましょう。到底、真っ当な労働運動・労働闘争とは思えません。

 問題の労組ですが、ザッと調べた限りでも次のことが明らかにされています。

 正式名称が全日本建設運輸連帯労働組合。略称、全日建。愛称が連帯ユニオンと称されています(ウィキペディより)
 中でもユニオンの連帯労働組合関西地区生コン支部関西生コン)』は社民党や新社会党の支持団体としても知られます。

 今年春には関西生コンの集会にて、打倒安倍政権として選挙闘争を確認し合い、民進党の辻元清美と社民党副党首の福島瑞穂が挨拶しているそうです。

 また、関西生コンはのりこえねっとを支持しており、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』や『行動する保守運動』への批判など、右派市民デモ妨害への共闘でも支持表明。

 過去には関西生コン関係者が北朝鮮にも渡航。金日成・金正日主義研究(旧称『キムイルソン主義研究』)の常任委員を関西生コン幹部が務めているなどはほんの一部分で、極左・北朝鮮関係との関係は表裏一体というくらいに深く、広いものと思われる。

 その他、沖縄県での米軍基地への建設妨害には全国から多数の左翼系労組団体が集結していることを考えれば、「日本最強の階級的左翼労組」とも称されるユニオン・関西生コンこそは沖縄に極左テロリストを送り込む母体であるとも形容出来よう。

 まさに労働争議・団体交渉などは飽くまでも口実であって、労組・労働運動の皮をかぶった極左マフィアと言えます

 交渉…話し合いと称して集団で押しかけ、集団で取り囲んでは威圧的且つ暴力的な言動で潰しにかかる構図は右派デモ妨害のしばき隊』『男組の手口にもまったく似通っていますね。

 と言うか、しばき隊の手口こそは極左マフィア労組ユニオンの手口を模倣したものだったと言えるでしょう。

 関連ブログにも記した前掲の業者社長への嫌がらせと業務妨害も、きっかけは単価の値下げで、その分を労働者に還元せよとの主張でした。

 しかし、各地・各府県にまたがって何億円、何十億円と積もり積もった(単価値下げ分の)金額が一円たりとも労働者には還元されることなく、毎年毎年、極左ユニオン・関西生コンに渡っていたというのが実態でした。

 その極左ユニオン・関西生コンを通じ、沖縄県での米軍基地建設妨害や反原発、共謀罪・安保関連法廃止、右派デモ潰しなど、数々の反日活動に莫大な資金が流れていると見られます。

 沖縄・基地建設妨害と安保関連法の廃止による日米安保・同盟の分断…反原発デモと原発停止による社会混乱と景気低迷…共謀罪への妨害による治安・秩序の破壊…ヘイト規制推進による右派デモ集会への言論弾圧…。

 これらは全て極左・しばき隊そしてユニオン・関西生コンの反日行動に通ずることです。
しかも大挙して押しかけ、大人数で妨害を仕掛けては圧倒するパターンも似ていますね

 まさに反日行動の主たる資金源の一つは、そこにあると言っても過言ではないでしょう。

 さらにそれら反日勢力が北朝鮮情勢に相俟って攻勢を強め、ことユニオン・関西生コンに至っては労働争議に名を借りた社会混乱を巻き起こそうとしているとしか考えられません。

 ユニオン・関西生コンによる共産革命の一環であると見ることが出来るでしょう。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


ユニオンに対しては過去、東京都内でも行動する保守運動として抗議活動を展開しています。

★動画ご紹介!
NDK映像【せと弘幸 氏】東京ユニオン左翼ゴロツキ労働組合に凸撃街宣!(1)平成28年9月20日
https://www.youtube.com/watch?v=ZQGQ8Jov-w8
NDK映像【せと弘幸 氏】東京ユニオン左翼ゴロツキ労働組合に凸撃街宣!(2)平成28年9月20日
https://www.youtube.com/watch?v=-nrCLhUiaMA


一方、ユニオン関係者に対しては同じ右翼陣営でありながら、三島由紀夫気取りで共闘を呼びかけるような新右翼の馬鹿者どもも、おります。
7
8
その新右翼『一水会会長の木村三浩氏は極左・労組と同様、沖縄の米軍基地についても度々言及していますが、「共謀罪」の創設についても極左・労組と同様、かねがね反対を表明していました(サムネイルをクリックで拡大)。
9
イラクへの渡航も然りだが、あなた(木村三浩氏)の場合、北朝鮮に行っていることが何よりの問題だ!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★反カルト共同戦線サイトより
被害者の声
なぜ集団ストーカー行為をするのか?

東京都在住Bさん(元創価班)
https://cultanti.web.fc2.com/escape2.html#a02

3


2ch b
イヴに糞スレで在日ブサヨ工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠ブタマに蕎麦出前!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12338231265.html
チョン楠ブタマの知性啓発セミナー!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12338433793.html
チョン楠ブタマをエフェクト!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12338661070.html


anticult

701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 18:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 連帯ユニオン糾弾行動 

2017年12月22日

熊谷ジョナタン事件の裁判!

1
画像:熊谷6人殺害事件を引き起こしたナカダ・バイロン・ジョナタン被告


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆全ては国の責務だ!

死刑制度と遺族への賠償そして「日系人特権」問題!

 一昨年9月、埼玉県熊谷市の住宅街で幼女らを含む6人殺害事件を引き起こしたペルー人のナカダ・バイロン・ジョナタン被告の初公判が来年1月26日(金)に決定した。

【熊谷事件(ナカダ事件)初公判】
日時:平成29年1月26日(金)午前10時〜
場所:さいたま地裁(浦和)

:当ブログでの熊谷事件の関連エントリー

2015年09月17日 緊急! 熊谷ペルー人の凶行
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51992250.html

2015年09月20日 熊谷ペルー人凶行の続報
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51992558.html

2015年09月25日 熊谷事件と日系南米人そして外国人犯罪
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51993066.html

2015年09月26日 熊谷事件とペルー人コミュニティ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51993117.html

2

 所謂ジョナタン事件裁判は同年3月9日まで計12回にかけて行なわれるそうだが、この事件ではジョナタン被告が精神錯乱状態で無罪、強制送還になることが懸念されている。

 万一そのようなことになれば、被害者一人頭につき、相当額の賠償金を国が支払わなければなるまい。

 仮にジョナタン被告を何らかの刑罰に問うことが出来たとしても、国にはその責務がある。

 90年(平成2年)の入管法改正以来、日本政府は日系人に限定して南米からの労働者受け入れを進めてきた。

 その結果、ブラジル人に至っては約20万人が存在するが(最大時は30万人いたが)、日本政府が外国人労働者の受け入れ拡大を本格化させた現在、再び増加に転じるものと思われる。

 南米圏での日系人による(偽装結婚・養子縁組などの)戸籍売買で日系人に成りすました偽装も相当数に上ると見られ、これまでも「ニセ日系人」によると思われる凶悪犯罪が発生していた。

 過去、広島県で発生したペルー人のトレス・ヤケ受刑者による木下あいりちゃん暴行・殺害事件はその典型だが、そうした凶悪事件が実際に起きながらも…ニセ日系人の存在を見抜けぬまま受け入れを進めていたにも関わらず、一昨年には埼玉・熊谷でのジョナタン被告による6人殺害事件が引き起こされた。

 結果論とはいえ、事件発生の直前、一度は身柄確保に至る機会がありながらもジョナタン被告を図らずも取り逃がしてしまったことが悔やまれるが、現実問題として起きてしまったことは致し方ない。

 これまで薬物常用など、精神錯乱状態にあった者については起訴されることさえなく、刑事罰に問われなかったのが慣例だったが、国民的関心が特に高く、世論の反発も非常に大きい熊谷でのジョナタン事件では何としても刑事罰に問わなければならない。

 …とはいえ、実際の裁判でジョナタン被告自身が審理を維持、継続出来る状態にないと判断された場合、前述のように無罪放免も同然に強制送還となる懸念もある。

 裁判所としては世論の手前、アリバイ的に初公判と審理日程の決定を公表したと思えなくもない。

 それでなくとも埼玉県内での事件では、同じく一昨年秋に西川口(川口市)で発生した支那人(中国人)による男性殴打・撲殺事件で然したる理由が明らかにされないまま、さいたま地検(浦和)によって支那人容疑者が不起訴とされた経緯がある。

 ジョナタン事件にしたところで、検察からして世論の手前、アリバイ的に起訴するところまで持って行ったと思えなくもない。

 かくして起訴されたジョナタン被告は通り一遍の裁判にかけられることなり、弁護側は可能な限りの法廷戦術を駆使して同被告を無罪放免に持って行こうとするだろう。しかし、ジョナタン被告の罪は有無を言わさずに死罪(死刑)に該当するものであり、死罪でなければ国民世論は到底納得しない。

 ジョナタン事件の裁判では、たとえ精神錯乱状態であれ何であれ、死刑判決が言い渡される初のケースとなることが望ましい。

 実際的には難しいかも知れないが、それが国民世論が望む方向性だ。

 日本人の犯罪についても同様のことが言えるが、死刑を正しく適用して死刑制度を正しく実行しなければ犯行への抑止力たり得ない。外国人犯罪の場合、なおさら果断に死刑を適用・実行しなければ抑止力たり得ない。

 もう一つ。ペルー人を含め日系人を弾力的且つ無秩序に受け入れてきた日本政府には、ことジョナタン事件で被害者遺族に補償・賠償する責務がある。道義的にも法制度的にも。

 無論、現行制度で補償の範囲も額も限られているだろう。事件の特異性と重大性に鑑みたとしても、そうした法制度の枠を超えた補償なり賠償なりは難しいだろうが、少なくとも国の側から可能な限りの(被害者遺族への)補償・賠償に向けた取り組みをしなければならない。

 さらに日系人特権とも称されるペルー人やブラジル人など日系人への優遇的な受け入れ制度。

 これこそ熊谷ジョナタン事件にあって、「死刑判決」を言い渡さなければならない制度である。

 南米人労働者の受け入れで愛知県のトヨタ自動車など一部の企業は潤ってきたのだろうが、その一方で南米人犯罪により、幾多もの日本人が犠牲になることを強いられてきた。

 熊谷ジョナタン事件こそは、その最たるケースである。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


3
画像上:筆者(有門大輔)のツイートより
目下、沖縄県でもベトナム人が急増している!
日本人と支那人に次いで日本人とベトナム人、支那人とベトナム人との三つ巴、四つ巴の民族対立が懸念される!

4
画像上:同
農業分野でも外国人労働者の受け入れが進む!
農業分野での外国人の寡占化が進む一方、農場から失踪した外国人の不法就労・犯罪化が懸念される!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
12・21 【月例】朝鮮総連を殲滅せよ!移民・難民受け入れ断固反対新宿街宣/反グローバリズム国際保守連合
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1364
12・23 天長節 天皇誕生日 一般参賀
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1357
12・23 反天連カウンターin原宿
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1365

2ch b

糞スレで在日ブサヨの暇人工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン楠ブタマのシフト制!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12337833622.html
チョン楠ブタマの大福餅!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12337930601.html
チョン楠ブタマ、クソスレに眠る!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12338177651.html


anticult

701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 07:30このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブラジル人犯罪・日系人特権問題 

2017年12月21日

生活保護と安保政策!

namapo2
画像:衆議院会館にて生活保護費引き下げに反対のプラカードを掲げる人たち
安倍やめろ!」「死ね!」と同様、まるで『しばき隊』によるカウンター(デモ妨害)そのもの!
共産党か、公明党か、口利きで生活保護を受給した人たちが生活保護費引き下げに対し、「組織的」に反対しているようにしか見えない


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆時給・最低賃金なる盲点…

外国人を含めた「不正受給」こそが大問題だ!

 12月18日、政府は生活保護費の引き下げを公表した。

 これに対し、生活保護受給者を含む約160人が衆院会館で院内集会を開催。おそらく左派系議員の手引きなのだろうが、たかが百数十人の集会が大々的に報道されたものだ。

namapo

 決して生活保護の全てが悪いとは言わないが、外国人への生活保護の(不正)支給にしたところで防衛費に換算すれば、ゆうに空母数隻、駆逐艦数隻くらいは保有出来る額が垂れ流され続けてきたというから恐ろしい。

 是非とも、最高裁判決で違憲判断が下された外国人への生活保護支給の実態を見直し、その分を正当に日本の防衛費などに回して安全保障を確立させてもらいたいものだ。

 生活保護支給をめぐる議論では、我々「行動する保守運動」の陣営でも意見は多様である。

:運動関係者A(元刑務官)
政府は備蓄米という非常時の食糧を蓄えています。それとて賞味期限が来れば順次、廃棄処分となっているのが実態です
 その備蓄食糧を廃棄処分より前に、握り飯として生活保護を受給しているような生活困窮者に配給すれば良いんです。どうせ棄てる物なら有効に活用したほうが良いでしょう。

 私が勤務してきた刑務所で見た実態ですが、犯罪を繰り返して何度も刑務所に来ているような連中はまさに『犯罪ウィルス』に侵された連中で、世間一般とはまるで別人種です。悪事を働くためなら、とにかく知恵をフル活用させるような連中なんです。

 人権向上で刑務所が居心地の良いところになると、刑務所でタダ飯にありつこうと犯罪を繰り返す奴が増加します。刑務所に来るか、生活保護を受給するかのどちらかというくらいに。出所しても就職先にはありつけません。
 そもそも刑務所に収監中は『人権停止中』なのですから、受刑者の人権向上が図られること自体おかしなことです。

 生活保護もそれと同じ。生活保護受給で居心地が良ければ、そのぬるま湯から自ら抜け出そうとしなくなるでしょう。それが人間の性(さが)です。

 生活保護と刑務所だけは居心地を良くしてはなりません。極端な話、生活保護受給者にはカネをやらずに、握り飯だけを食わせておけば良いのです

 …同じ陣営内にあっても、これとは対極の意見もある。

:運動関係者B
日本経済全体という視点から考えれば生活保護での支給額を減らせという向きもありますが、これが大きな誤り。

 今の日本経済はとにかく国民にカネを使わせて消費を増やさなければ総体的な経済は回らない。むしろ、生活保護受給者をバンバン増やしてカネを使わせる方向に持っていけば日本経済は活性化するでしょう。

 無論、外国人の生活保護受給だとか、在日系パチンコだとか、一部の在日勢力だけが潤う違法賭博への浪費は論外ですが、消費者たる国民が財布の紐を固くしてカネを使わなくなっていることが問題です

 …どちらも、それぞれに言い分があり、傾聴に値する主張ではあろう。

 ただし、群馬県邑楽(おうら)郡大泉町のように生活保護受給者の約4割がブラジル人によって占められ、自治体の財政を圧迫しているという現状もあるので、とにかく外国人への生活保護支給はイの一番に切り捨てなければならないが、それが出来なければ他の自治体に統合させるしかない。

 ただでさえ少子高齢化・人口減少に加え、毎年の自殺者や堕胎によって一つの自治体が消滅するくらいの人口が減り、出生を阻まれている状況下…。

 財政の向上が見込めず、将来的には過疎化が懸念される自治体は順次、統廃合されていく以外にないだろう。

 前述の運動関係者らによる生活保護支給をめぐる見解で、決してその中庸を取るわけではないが、生活保護の支給額がどうと言うよりも、見直すべきは「最低賃金」のほうではないか?

 生活保護支給で何が問題と言って、正当に働いて最低賃金を得るよりも、働かずに生活保護をもらったほうが良い暮らしが出来ていることが問題だ。
 それが生活保護の不正受給を増長させ、生活保護受給者の向上心を妨げてきた。

 正当に働いても生活が苦しいのなら、働かずに生活保護を受けたほうが良いとなるのは当然だろう。

 従って生活保護支給額は現状のままで、時給千円のところが千五百円になり、二千円となり、生活保護を受けるよりも正当に最低賃金を得たほうが遥かに良い暮らしが出来るとなれば必然的に不正受給も減ってくるのではないか?

 むしろ自ら生活保護受給の生活から脱却しようと、生活保護受給者の向上心を促すことにも繋がるだろう。

 日本経済全体で見ても一般の消費者も消費を増やすが、生活保護受給者もこれまで通り消費していくことで活性化に繋がるのではないか?

 些かの変動はあっても、約20年前と時給が変わっていないことが問題視された。時給が変わっていないということは貨幣価値が変わっていないことと同義だ。

 例えば「一万円」と言えば大変な金額だが、筆者・有門大輔の子ども時代とそう価値は変わっていない。そのくせ物価は上がり、消費税は増額される一方…。

 私事で恐縮だが、筆者・有門が生まれた昭和40年代後半はまだ大卒の初任給が4〜5万、5〜6万程度だったと聞いたと記憶している。

 今でこそ三千円は大した額に思われないが、当時としては三千円の手当てと言えば大変な額だったという。

 それから約20年を経た平成初期。筆者・有門は二十歳になっており、往時と比べて隔世の感があると思ったものだ(ちなみに筆者・有門が二十歳で上京した当時は千円〜千五百円もあれば国産ウナギを食べられていた。それが現在では二千円を出しても支那産=中国産=ウナギを食べるのがやっとの状況になっている)。

 問題は平成初期から現在までの20〜30年間だが、この間で時給も貨幣価値もさほど変わっていないとすれば、この間の為政者がいかにボンクラであったかを物語っている。

 しかも、研修・実習に名を借りた外国人労働者の受け入れが進められたのも平成初期からだった。

 戦後この方、昭和20年代の朝鮮戦争特需から同40年代の高度成長期を経て同50年代までは良かったとしても、昭和60年代つまり平成時代に入って今日に至るまでがガタ落ちだったというのがハッキリと分かる。

 かつて日本人なら恥を忍んで受給した生活保護は今や過去最多の受給数に。

 生活保護支給の問題を総体的に見直すのであれば、それよりも時給・最低賃金。

 少なくとも2020年東京五輪までの景気高揚が見込まれる状況にあって、外国人を受け入れてまで安値の労働力を買い叩かずとも、高度成長期(昭和40年代)の人手不足を賃金格差の是正で乗り切ったように、時給・最低賃金さえ上がれば目先の人手不足は大幅に解消されるはずである。

 将来的には怠慢な者らの生活保護の不正受給も、外国人の生活保護受給も減っていくのではないか?

 日本人にとっては一万円は一万円、十万円は十万円の価値でしかないが、外国人の場合は生活保護費であろうと、母国に送金さえすれば何倍、何十倍もの価値を持つのだから生活保護支給一つとってもフェアではない。

 繰り返し、第二次朝鮮戦争も懸念される最中(しかも今度は戦争特需が見込めない状況にあって)、無駄に生活保護費として国外流出している分が正しく安全保障政策にも使われることを望む。

 その姿勢のアピール一つで日本を取り巻く国内外の状況は激変してくるだろう。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
12・21 【月例】朝鮮総連を殲滅せよ!移民・難民受け入れ断固反対新宿街宣/反グローバリズム国際保守連合
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1364
12・23 天長節 天皇誕生日 一般参賀
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1357
12・23 反天連カウンターin原宿
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1365

2ch b

糞スレでブサヨ&カルト工作員の常套句を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠ブタマと愛国政党!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12337317978.html
チョン楠ブタマのブサヨ臭!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12337416658.html
チョン楠ブタマとカルトとブサヨ!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12337744164.html


anticult

701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2017年12月20日

移民社会と外国人犯罪!

1
画像上:押収されたベトナム人窃盗団による盗品


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


a
画像上:然る関係筋より、年末のご挨拶で来年度のカレンダーを戴きました♪
陸上自衛隊最強部隊『第1空挺団』のカレンダーです♪
自室に飾っています♪ 有り難う御座いました♪


外国人ギャング(予備軍)同士の抗争!!

5
画像上:さる12月12日、千葉地裁にてベトナム人の若者を殺害したタイ人被告(24歳、元水産会社従業員)に対する初公判が開かれた

事の発端は外国人の若者同士による喧嘩、乱闘であり、棒で襲ってきたベトナム人に対してタイ人被告が刃物で応戦の末に殺害するに至っている!

まさに外国人ギャング(予備軍)同士の抗争と言えるだろう!


★外撲協 公式サイト(広報)より
2017年12月17日 【埼玉】浦和定例(第14回)演説会
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1889740.html

10

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆「人口増減」議論に乗るな!

外国人(犯罪者)よりも自然・野生動物との共生を!

 人口増減と移民受け入れ是非をめぐる問題だが、まず、当ブログ過去エントリーのコメント欄より、ご紹介したい。

以下

2017年12月04日 「外国人」依存症を正せ!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52063166.html#comments

>無制限での更新を可能にするとのことだが、外国人技能実習生を外国人労働者にして、終いには「事実上の移民」にしてしまおうという魂胆だろう

財界は既に移民増を織り込んだ上で経営計画を立てているようです。

移民流入で人口増も。JR東海の需要に不安なし JR東海 葛西敬之・代表取締役名誉会長インタビュー(上)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/030200118/030600004/?n_cid=nbpnbo_twbn

toukai
この葛西というのは保守派には受けのいい奴でしたが、とんでもない食わせ者ですね。

人口減少が問題なら、まずそれを食い止めるための手段を徹底的に講じるべきです。それでもなお止められない場合に、人口減の問題点と移民という対策のプラスマイナスを国民に開示したうえで国民にその是非を問うのが政治家の役割でしょう(私はそれでも反対ですが)。ところが、安倍政権は、ヘイト法により国外出身者に対する国民の批判を封じた上で、なし崩し的に野放図な移民政策を進めようとしています。日本がヨーロッパの轍を踏むことは、もはや避けられないように思われます。

最近読んだJBプレスの記事です。

外国人留学生の惨状を報道しない朝日新聞の姑息
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51735

受け入れるなら受け入れるで、日本人と同じ賃金や待遇を保証し、滞在期間や条件をきちんと管理すべきではないでしょうか。今のようなやり方は外国人、日本人の双方にとって不幸な結果しかもたらさないように思います。

現在「留学生」や「技能実習生」という美名の下で奴隷的労働に甘んじている外国人あるいは彼らを利用したい勢力が、いつか「慰安婦」という名の「売春婦」と同じように日本に牙を向くような気がしてなりません。

安倍晋三とその背後のグローバリスト財界人も、朝日新聞も、口では「多文化共生」、「反差別」、「反ヘイト」などと綺麗事をいいますが、彼らこそ、人間を市場あるいは労働力としかみない人間のクズです。
Posted by 弁信 at 2017年12月05日 18:00

>弁信さん
移民阻止の観点から、やたら日本人の結婚と出生率の上昇(要するに子作り)を奨励する向きがあります。
私は一概に賛成しません。あらゆることにお金がかかり過ぎ、教育現場は崩壊したも同然。家庭内の体罰さえ問題視される状況で、高所から結婚やら出産を煽る向きには与しません。

それで人口増加に成功すれば良いですが、人口増に転じないまま、人口減が止まらなければ「では移民の受け入れに賛成しますね?」という話にもなってしまうでしょう。

移民推進派は少子高齢化・人口減少を口実に移民の受け入れを推進しています。従って人口を増やさなければならない…という強迫観念に囚われ、人口増減の議論に乗ってしまった段階で負けです。

現代の日本人として主張しなければならないこと。
それは少子高齢化・人口減少でも日本はやっていけることを実際の政治で実証しなければならないのです。
Posted by 有門大輔 at 2017年12月18日 21:34

有門様
いつもご丁寧な返信ありがとうございます。

上のコメントで「私はそれでも反対ですが」と書いたとき、また書き込んで見直したとき、移民推進側に「人口減のデメリット>移民受け入れのデメリット」と証明されてしまったら、それでも反対を貫けるのだろうかと漠然と感じたことを思い出しました。

「人口減少が問題なら」と書いたのは、それが本当にいわれているように問題なのかという保留のつもりもあったのですが、正直いうと、人口減少や高齢化については、メディアやネットで喧伝されていることだけではなく、自分の身の回りでも今まで見たことのない風景が広がりつつあることに対する恐怖心のようなものがあったのも事実です。

有門様のご返信を読んで、だいぶ前ですが、江戸時代は人口減少期だったという話を書評か何かで読んだことを思い出しました。今、「江戸時代 人口減少」で検索してみますと、いろいろなデータや議論が出てきますね。

この問題については、もっと落ち着いて考えてみる必要があると感じ入った次第です。
Posted by 弁信 at 2017年12月19日 11:00

以上

 概して移民推進派は、日本の少子高齢化と人口減少を口実に「移民の受け入れ」を主張している。

 これに対して産めよ増やせよ…の人口増加政策は必要だが、徒に人口増加を急ぐ向きにも与しない。

 人口増加に寄与しないからと、では、産まない女性や子供をつくらない夫婦は無用の長物ということなのか? …そんな馬鹿な話はない。

 近代国家で唯一、人口増加に成功したケースとしては数千万単位の結婚・出産支度金を支出したナチス政権時代のドイツだ。日本も然り、少子高齢化と人口減少に喘ぐ現在の先進各国もナチス・ドイツを真似ればとは思うが、なかなか、そうはならない。

 長い歴史の中で幾度か人口減少時代を経験している日本には、日本なりの対処の仕方があるのだろう。

 少子高齢化・人口減少(で労働力不足)を口実に外国人受け入れが進められている以上、少子高齢化・人口減少が何故に悪いのか?…本当に悪いのか?…が検証されなければならない。

 少子高齢化・人口減少で労働力まで減るなど当たり前。そんなことは分かり切っている。だが、少子高齢化・人口減少の不安を徒に煽ることが望ましいことなのか?

 少子高齢化・人口減少で労働力が激減した状態でも、どのようにやっていくことが出来るのか?

 そのために各分野で人工知能ロボットの導入が進められているのではないのか?

 少子高齢化社会でもやっていける…むしろ、狭い日本列島で人口減少こそ望ましい…といった方向に発想の転換を図らなければならない。

 少子高齢化・人口減少が危機である…といった発想に乗せられた時点で移民推進派に負けてしまっている。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 そうした少子高齢化・人口減少の煽りだろう。

 経済界を中心に外国人労働者の受け入れが拡大されている。特に近年ではベトナム人。

 ベトナム人の受け入れ拡大に伴ない、急速にベトナム人犯罪が増加。特に目立つケースは組織的な窃盗事件。
2
 同胞を標的にした強盗事件が頻発しているのも初期の外国人犯罪(支那人=中国人=犯罪)に共通している。熊本県では今年7月、遂に日本人が被害に遭う強盗事件が発生した。

 昨年12月には千葉県銚子市でベトナム人とタイ人の若者同士による「対立ギャング抗争」が発生。殺人事件にまで発展している。

 筆者(有門大輔)の知人には、その千葉県に在住する方もおられるが、自宅付近の市内にはベトナム人実習生のための研修センターがつくられているという。以前は労務者用の宿舎だった建物をそのまま応用して。

 夜な夜なベトナム人が外出に繰り出しては屯(たむろ)しているのは不気味なことこの上ない光景らしいが、これまた筆者・有門の知人で茨城県鹿島市に在住していた方は同市内での自宅を手放し、他県に移住を決断した。

 何でも鹿島市内でベトナム人実習生のための合宿・研修センターがつくられ、そのため付近のスーパーや居酒屋の客はベトナム人だらけだという。
7
 今のところ合宿・研修センターは1〜2箇所程度だが、この分だと3〜4箇所、5〜6箇所に増えていくのも時間の問題だと思われる。

 全国規模で頻発しているベトナム人犯罪の状況から考えて、目下、ベトナム人が急増する鹿島市内の過疎の町においてもベトナム人犯罪が頻発するのは間違いない。

 それでも腕に覚えありでベトナム人窃盗団など来ようものなら「ブチ殺してやる!」とか「最低一人とは刺し違える!」「海外ではもっとヤバイ所に住んでいた」と言うくらいの方なら良いが、大抵の日本人がそうではない。

 大都会ならともかく、高齢層ばかりが多くなってしまった過疎の町ではベトナム人追放の機運を高めようにも高まるような状況にはない。
8
 遠くない将来的には「限界集落」になることが確実な過疎の町には野生動物が出没するばかりだが、そこはとうに人間が住むような場所ではなくなっている。

 強引に人間が住む場所として維持しようとすれば、鹿島市でのケースのように外国人(ベトナム人)実習生でも大挙引っ張って来なければ商業施設も何ももたない。

 もう既に限界集落や過疎の町からは国や自治体が強制的にでも退去・移住を促し、元の野生動物に還すべき時に来ていると言えるだろう。

 人家に押し入っては強窃盗を働く懸念のある外国人(ベトナム人)より、自然や野生動物との共生と住み分けを考える時に来ている。

9
画像:ベトナム人窃盗団による窃盗・盗品売買のケース


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!
朝鮮総連系保険会社などを捜索、現金数千万円隠した疑い
https://www.youtube.com/watch?v=UY2GjaWpeos


★「行動する保守運動カレンダー」より
12・21 【月例】朝鮮総連を殲滅せよ!移民・難民受け入れ断固反対新宿街宣/反グローバリズム国際保守連合
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1364
12・23 天長節 天皇誕生日 一般参賀
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1357
12・23 反天連カウンターin原宿
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1365

2ch b

糞スレで「リベルタン工作員」を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン楠ブタマの天ドン!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12337178118.html
チョン楠ブタマの最底辺ルポ!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12337231340.html


anticult

701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 00:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 | 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動

2017年12月18日

武装難民が日本上陸!?

10
画像:演説する渡邊主幹


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆活動報告 12/17 IN浦和駅前

牢人新聞社&外撲協 月例:埼玉県時局演説会(第14回)

既に北朝鮮・武装難民が日本上陸を果たしたこの期におよんで…!?

8

 平成29年12月17日(日)、『牢人新聞社』(渡邊臥龍主幹)と我が『外撲協(外国人犯罪撲滅協議会)』は埼玉県のJR浦和駅前(東口)にて第14回目となる月例の時局演説会を開催した。

 前回(11月)に引き続き、ネットでの告知なしで、限られた人にのみ告知したものだが、その分、参加者及び支援者の集まりが一層濃密になったものである。

 浦和駅前ではクリスマス・シーズンとあって様々なイベントが行なわれるなど、年末ムードが色濃くなって北風が吹く中、今年最後となる演説会を展開したものだ。
7
 演説の主たるテーマは必然的に北朝鮮による工作船侵入と日本人拉致事件。

 クリスマス・シーズンとあって世間一般的には家庭に帰れば暖かいご飯が待っている。しかし、北朝鮮に拉致された日本人被害者はそうした家庭での暖かいご飯を食べることも、家族とともに新年を迎えることも出来ない。

 13歳で北朝鮮に拉致された横田めぐみさんに至っては拉致から40年が経過して、現在53歳。先日、増元るみ子さんのお母堂様が亡くなられたと報じられたが、拉致被害者家族も続々80歳を超える老境に達している。

 そうした中、拉致被害者を取り返すどころか、ミサイルや工作船の侵入で攻撃、侵略に晒される一方の日本…。

 安倍(首相)を無能だ…無力だと批判するのは簡単だ。しかし、その無能で無力な政権をつくってきたのが私たち有権者なのではないか。無力、無能なのは私たち国民も同様。

 来る年来る年、クリスマスに浮かれ、正月気分に浮かれるのではなく、拉致被害者の奪還を国民の総意として政府に迫らなければならない。

 政治とは未来の子どもたちへの贈り物。50年前…100年前…150年前の日本人が何を思って未来の子どもたちに何を遺し、どのような政治を私たちに贈ってくれたのか?

 国民の一人たりとも不当なる主権侵害で国外に連れ去られることなく、真に安全で平和且つ豊かな社会を遺し、贈ってやろうではないか!…とする参加者の演説が聴衆の胸を打つ。
3
画像:演説する堂田さん


 筆者・有門大輔からは弾道ミサイルの脅威も然ることながら、たかがオンボロ漁船を装った工作船による侵入事件は紛れもなく、北朝鮮からの攻撃であり、侵略である旨から話させて頂いた。

 どう考えても漂着などではないが、漂着漂着とマスコミ報道で伝えられている工作船の数は飽くまでも判明している船舶のみ。

 既に相当数の工作船に乗った北朝鮮スパイ工作員が日本国内に潜入・潜伏し、テロ破壊工作を進めていると考えなければならない。

 工作船…つまり武装難民は既に日本国内に入り込んでおり、いつテロリストとして破壊工作を実行してもおかしくはないと考えられる。

 工作船侵入も然ることながら、本物の漁船(?)の暗躍も夥(おびただ)しく、凄まじい。

 北朝鮮漁船に加え、南朝鮮(韓国)漁船が日本海沖に氾濫。寿司屋やスーパー店頭に並ぶイカの乱獲で、日本の漁業関係者は死活問題というくらいに深刻な打撃を受けている。

 南北朝鮮の不法操業によるイカ漁だけではない。私たち日本人の食卓に並ぶべき海産物という海産物が南北朝鮮漁船の不法操業によって奪い尽くされている。

 日本人の食糧が奪われた…海産物という日本人の財産が奪われたも同然。

 もしかすると、日本の漁業関係者が軒並み失業していくという事態も考えられる。

 特に日本海側の漁業関係者から軒並み全滅となれば、沿岸部から都市部に至るまで、魚類を扱うスーパーや飲食店も打撃を受けずにはいられない。

 全てを安価な輸入品に頼ることとなるが、日本人が日本にいながら日本の海から獲れたての魚介類を食べられないとしたら、これほどの不条理というのもない。

 まさに国民生活が圧迫されるばかりか、封殺されている。

 そこに加えて弾道ミサイルや工作船侵入と来れば、新たな拉致事件が起きる懸念もあるし、日本の漁業関係者はますます漁業をし難くなるだろう。

 こうした状況下にあって、「海の警察」たる海上保安庁は放水銃で一定程度は(南北朝鮮の)密漁船駆逐に成果を挙げているものの、根本的な事態の打開には至っていない。

 海上の管轄には水産庁や海上自衛隊も存在するが、唯一、海の上での警察権限と装備を持つのは海上保安庁のみ。

 ところが、海上保安庁を所管するのは『国土交通省』であり、その国交省で主に歴代大臣を務めてきたのはカルト創価学を支持母体とする政権与党の公明党

 かつては太田昭宏も国交相を務めたし、北側一雄といった公明党の名だたる幹部も国交相を務めた。そして現在の国交相は公明党の石井啓一

 カルト創価を母体とする公明党が国交省を牛耳って以降、特に海保による沿岸防衛が弱体化せしめられている。

 事実、小笠原諸島・伊豆大島沖およびその他の海域での支那(中国)漁船団によるサンゴの乱獲には何ら有効な手を打てていない。沖縄・石垣市の尖閣諸島沖での支那工作船の侵入は言うにおよばず。

 この期におよんで公明党代表の山口那津男は中韓を歴訪。おそらくは北朝鮮問題で日中韓首脳会談の道筋をつけたものと思われるが、もはや対話の段階にはなく、いかにして北朝鮮に制裁を加えて打撃を与えるかの段階にあって、つくづく日本の外交を歪めてくれるものだ。

 それに関連してか、先日は南朝鮮から野党議員が来日。制度上、定められた指紋押捺を拒絶して日本に入国したと騒ぎになった。外国議員による日本入国に際しての何たる横暴か…。指紋押捺に関する入国管理政策の管轄は法務省入管局であるものの、とかく外国人に緩やかな施策ばかりを講じることに狂奔してきた国土交通省としても決して無関係とは言えまい。

 既に拉致事件が発生した昭和時代からの延長上であるが、現在進行形で繰り広げられる北朝鮮工作船の侵入、そして南北朝鮮漁船による不法操業に対しては、断固「銃撃」「砲撃」でこれを制止しなければ根本的な事態の打開たり得ない。

 さる01年暮れに北朝鮮工作船による侵入が明るみになり、海保の射撃で撃沈して以降、月日が経つこと16年。

 それ以降、領海侵犯・不法操業が幾多も繰り返されてきたというのに、一件たりとて海保による射撃、撃沈の例が皆無だということのほうが信じ難い。

 今年10月の衆院選では5議席を減らすなど、与党としては大敗北した公明党だが、選挙運動を下地で支えるカルト創価信者からして動員数が減っている上に信者(運動員)個々の負担は増すばかり。挙げ句、安保政策をめぐって内情は分裂状態に等しい創価・公明勢力を政権政党から引きずり下ろそうと主張させて頂いたものだ。

 締めの挨拶では渡邊主幹より、支那・南北朝鮮に加え、朝鮮総連、創価学会といった日本を覆い尽くす魔物どもを引っぺがそうと呼びかけたものだ。

1
画像上:演説する中澤氏

2
画像上:演説する鈴木氏

4
画像上:初参加の方も堂々演説

5
画像上:元刑務官の緑丸氏による演説

6
画像:締めの挨拶を行なった渡邊主幹

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
12・21 【月例】朝鮮総連を殲滅せよ!移民・難民受け入れ断固反対新宿街宣/反グローバリズム国際保守連合
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1364
12・23 天長節 天皇誕生日 一般参賀
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1357
12・23 反天連カウンターin原宿
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1365

2ch b
糞スレで「裸の王様」状態の在日工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠ブタマの年越し勘違い!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12337113217.html


anticult

701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 抗議・街宣 

2017年12月17日

難民(不法入国者)へのオモテナシ?

a
画像:ユーチューブでも日本語字幕付きの予告編が公開されているドイツ映画はじめてのおもてなし
何に対するおもてなし? 何故に不法入国者(難民)に対しておもてなし?
まさにメルケル現ドイツ政権による難民プロパガンダ映画だ!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


ou
画像上:一方、ドイツの隣国オーストリアでは極右・自由党が連立政権入り!
十数年前には故ハイダー党首(当時)率いる自由党が連立政権入りした際には内外から大々的な批判があったものだが、今や堂々の連立政権入り!
その後、ハイダー党首は謎の事故死(?)を遂げるが、オーストリア極右は甦って来た! 現党首のセバスティアン・クルツ氏は31歳の若手! 必ずや新しい芽は続々出てくるものだ!

画像下:オーストリア自由党の活躍!
所構わぬ禁煙措置は単なるアメリカン・ナイズで、一方では青少年にまで麻薬を蔓延させていることに目を向けよ!
ou2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆トンデモ独映画の日本上陸!

難民(不法入国者)ウェルカムを言う者らの相当なおかしさ!

 トンデモナイ映画が公開されるようだ。

 ちなみに筆者(有門大輔)はまだ未見だが、機会があれば批判的観点から鑑賞してみたい。

 観てから批判するが、観る前からも批判する。そして愚かにも共感してしまう人をたとえ一人でも防ぎたい。

★動画 映画『はじめてのおもてなし』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=tmklOzR8LgI

※動画・画像は宣伝ではありません

 要は難民の受け入れを美化した映画であり、表現規制の問題からストレートに難民受け入れを批判出来ないため、コメディ・タッチで皮肉の描写をしているのなら良いが、こういう映画があるからドイツほか先進各国は難民を受け入れてしまう。それは日本とて例外ではない。

 それではユーチューブ・サイトに掲載された映画情報から紹介しておきたい。

<作品情報>
作品名:はじめてのおもてなし
【解説】ミュンヘンの閑静な住宅街に暮らすハートマン家のディナーの席で、母アンゲリカは難民の受け入れを宣言。
 教師を引退して生き甲斐を失った彼女は、夫リヒャルトの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に迎える。
 家族は、「はじめてのおもてなし」に張り切るが、ある時、大騒動が起きてしまう。さらに、ディアロの亡命申請も却下に。果たして、崩壊寸前の家族と天涯孤独の青年は、平和な明日を手に入れることが出来るのか?
配給元:セテラ・インターナショナル

以上

 日本で言えば日教組の左翼教師みたいなものかも知れないが、難民受け入れに踏み切った家庭の主婦は国に例えればメルケル首相のようなもの。

 夫(父)や息子・娘らが野党や国民のようなもので、この映画で描かれているのは一家をモデルとした「国の縮図」なのだろう。

b

 それにしても留学生のホーム・ステイではあるまいし、まるで捨てられた犬猫を引き取るような感覚で難民を受け入れられては家族も敵わない。

 家族の猛反発は当然。

c

 それでも主人公の決断を人道的に描くところが何とも偽善的。

d

 一番身近な家族(国民)を最優先に助けずして、誰を助けると言うのか?

 家族の反対を押し切って難民の受け入れに踏み切ったと思われ、さっそく難民収容センターに面接へ行くが、「十代の子ども」を希望したところで出てくるのは15歳と偽った中年ばかり。

e

 現実世界でもそうだが、あからさまに見え透いたウソでも平然と言う奴らがゴマンと存在する。

z

 ドイツへ(不法入国して)来た動機を尋ねられるも、難民の口を突いて出る「この国が好き」というのは、入国が容易で難民に寛容である現行のシステムが好きなだけだろう。

f

 かくしてハートマン一家の邸宅に難民の男が招かれることになるが、ここからが大騒動の始まり。

g

 歓迎パーティが開かれることになったようだが、一家庭で描かれている姿はドイツほか欧州各国の姿そのもののようだ!

h

 おそらく、近隣に住む他の難民まで招き入れ、まるでどこの国かと見紛うような馬鹿騒ぎに発展したのだろう。

i

 その光景を目の当たりに、家族が激怒するのも当然。

j

 遂には地域ぐるみの難民排斥デモにまで発展してしまうのは現在のドイツを見ても、その通り!

k

l
 同映画のキャッチ・コピーは「あり得ない出会いが教えてくれる」…というものだが、そんな馬鹿な話があるわけない!

m

 実際には「あり得ない出会いによってドイツ人が多大なる被害に遭っている」の間違いだろう。

 そして、お約束の難民による母国での悲劇の披露。…だが、実際には母国で普通に暮らしていた者まで、より良き生活を求めて難民の群れに加わったものである。

n

 日本でもクルド難民はさも戦乱から逃れて来たようなイメージだが、実際には戦乱も何もない平穏な地域から、日本でのより良い生活を求めて一族で来日したような者ばかりだと言われる。

 難民は最初からそこに存在するわけではない。どこそこの国で受け入れてもらえる…という誘発に駆られて発生するものだ。その結果、行き場をなくした連中がキャンプを張って、スラムと化した地域で不良化したものである。

 その他、不法滞在外国人の中には「母国で政治的迫害を受けている」と偽り、あわよくば難民認定を得ようと目論む者が後を絶たない。

 難民が語る悲劇など、同情を惹くためのお決まりパターンだと言えよう。年齢とともに、過去、経歴まで偽るのは連中の常套手段であり、連中の世界観では「それ(ウソ)を見抜けない側が悪い」ということになる。

o

p
 それでもなお難民に寛容な妻に愛想を尽かした夫が家を出て行くシーンもあるようだが、難民に恐れをなし、続々ドイツを離れるドイツ国民の姿に重なり合ってしまう。実際に自衛手段はそれしかない。

 日本でも外国人が激増・密集した地域からは続々日本人が退去しているようだが、愛知県ならブラジル人居住区の『保見団地』が有名であり、我が埼玉県でも最近ではクルド人の増加により、蕨・川口市内のアパートから続々日本人住民が脱出し、その後、二度と日本人住民は戻って来ない(入居して来ない)とされる。

 遂にハートマン一家の難民に「国外退去」命令が出される。

q

 紆余曲折を経て、家族と難民が仲良く記念撮影…?

r

 これがこの映画で言いたいことなのだろう。

 現実はそう綺麗事ではいかない。現に難民排除を掲げた極右勢力が「現状打破勢力」として台頭している。

 彼ら極右こそは映画プロパガンダにも負けず、「新しい時代の主役」なのだ。決して難民とそれを擁護する側が新しい主役などであるわけがない。

 予告編に挿入されたシーンで難民同士が語り合うシーンがある。

x
y
 さすがに当の難民から見ても無防備且つ無警戒な難民ウェルカムはおかしいという皮肉ではないかとさえ思える。

 少しどころではないだろう。難民ウェルカムなどと言っている者はどこの国にあっても、かなり、おかしい!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


1
画像上:筆者・有門のツイートより
知らぬ間に、日本でも次々に表現規制が強まっている!

画像下:表現規制の一方、元性犯罪者の格闘家が世界大会を目指すとしたことがさも美談のように新聞紙面に踊る?
武芸に勤しむのは大いに結構だが、それとて出所後間もない自身の立場を弁え、人知れず、静かに鍛錬を重ねるのが「もののふ(武士)」としての在るべき姿ではないか?
2

 映画上映をめぐる問題では日本の捕鯨を批判した反日映画ザ・コーヴ上映への抗議行動を思い出す。

 …この当時、新右翼一水会元会長の鈴木邦男と正面衝突し、「ゴキブリと朝日新聞の提灯持ち(鈴木邦男)にだけはなりたくない!」とまで言い放った西村修平(主権回復を目指す会代表)が今や一水会の面々と共闘していることを思えば隔世の感がある。

★関連ブログ『沖縄・米領復帰運動
反米勢力とエルサレム(12月17日付) しばき隊・通称「ゴブリン」が初登場!
https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12336924568.html

あ

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
12・17 自衛隊さんありがとう!日の丸行進と共産党解体のデモ
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1339
2
上記の自衛隊激励デモは我ら『護国志士の会』(高木脩平局長)としても全面的に協力させて頂いております!


12・21 【月例】朝鮮総連を殲滅せよ!移民・難民受け入れ断固反対新宿街宣/反グローバリズム国際保守連合
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1364
12・23 天長節 天皇誕生日 一般参賀
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1357


2ch b

糞スレで忠犬ハチ公ならぬ
ストーカーの在日工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda

チョン楠ブタマの年末ジャンボ!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12336792854.html


anticult

701c9198-s 

  
Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ