2018年07月30日

護国志士の会街宣! ブクロの平穏を取り戻せ!

8
画像上:池袋街宣の様子(7月29日 駅西口にて)
画像下:演説する高木局長
1

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★動画ご紹介!

川崎市「保守系集会潰し」(今年6月3日)における暴力事件の決定的瞬間!

この暴力事件について川崎警察署が被害届を受理しない真相に迫る!

追跡!川崎言論弾圧事件〜暴力事案その1
https://www.youtube.com/watch?v=A6cOiLLEdWE
(制作:はとらずPlusさん)

kawa z
画像上下:集会参加者の男性を押し倒した瞬間(丸印)
kawa x

kawa y

kawa
画像上:男性が仰向けに倒されるまで一部始終をカメラが捉えていた!


kawa2
画像上:押し倒した実行犯の男は、当日の妨害を呼びかけた団体『ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネット』共同代表の三浦和人であると判明している!

この暴力事件について川崎警察署が有耶無耶にした場合、これを検察に刑事告発する考えだ!


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆ご報告 7/29 IN池袋西口

『護国志士の会』主催

カウンター(妨害)封じのシークレット(無告知)街宣!

「行動する保守運動」拡大と、妨害勢力しばき隊の発生・激突の地にあって…

2
画像上:演説する「行動する保守運動」の長老格・千田氏(左)と、主催者の荒井泉・護国志士の会練馬支部長(中央)、高木脩平・同会局長(それぞれ撮影・配信担当)
画像下:街頭行動でのトレードマークとなった護国志士の会の横断幕
6

 平成30年7月29日(日)、『護国志士の会』(高木脩平局長)による月例の池袋街宣が開催された。

 当日の街宣は妨害勢力『しばき隊による妨害(カウンター)を封じる狙いから、インターネット上での事前告知・拡散は一切行なわず、無告知で開催されたものである。

 考えてみれば「行動する保守運動」系による池袋街宣が行なわれたのは今年でちょうど10年前。当時、池袋駅西口界隈中華街(チャイナタウン)」構想が持ち上がり、それに対する反対行動が大々的に展開され始めたものである。あの頃もちょうど夏に差し掛かった頃だったと記憶している。

 その池袋での街頭行動に端を発し、しばき隊の前身とも言えるナショナル・フロント(國民前衛)』と称する謎の一派が出没。

 都内各地で行なわれるデモ街宣・集会の場に度々出没しては茶々や暴力紛いの言動で妨害を繰り返し、遂には新宿での(外国人参政権反対)デモ行進に対し、支那(中国)残留孤児3世の少年(当時17歳)を使った催涙スプレーでの襲撃事件まで引き起こす。

 その一派は後に、JR上駅前にて筆者(有門大輔)と、行動する保守運動の提唱者・瀬戸弘幸氏(ブログ『日本よ何処へ』主宰)に対する拉致未遂・暴行事件を引き起こして以降は関係者が(別件で)刑務所に収監されるなどしたため、一時的に鳴りを潜めたが、どうやらかねてより行動する保守運動には否定的だった新右翼『一水会』会長・木村三浩の「舎弟格」であったことが判明している。

 上野での事件(平成22年)から約3年後、それら右翼崩れのナショナルフロントを含め、極左系を主体とした妨害勢力しばき隊が正式に発足。

 以降、関東圏は言うに及ばず、全国規模で右派系デモ街宣への妨害を活発化。関東では新大久保(東京・新宿区)のほか、池袋(豊島区)、西川口(埼玉・川口市)、川崎市(神奈川県)での妨害に特に注力した。

 池袋でのデモ街宣はそのつど、チャイナタウン粉砕のほか、長野・聖火リレーでの支那人(中国人)暴動への抗議や日中国交断絶、支那人犯罪への糾弾など、主にチャイナ・ネタとして行動する保守運動系の各団体によって行なわれてきた。

 それから丸10年、池袋街宣の当初は十代の現役高校生として参加していた高木局長率いる護国志士の会が主な街頭行動の場として使用している。

3

 池袋という地域性に相俟って、行動する保守運動にあっても伸び盛りの二十代の若手が牽引しているせいか、池袋街宣へのしばき隊による妨害は卑劣さを増すばかり。

 そのため、定められた周での開催ではなく、毎月ランダムに土日・祭日などを利用し、また池袋に限らず、都内各所で街頭行動を展開するとしたものである。

 その効果はてき面、いつもはしばき隊としばき隊ブースで塞がれている駅前西口広場のエリアが実に風通しが良い。

7
画像:街宣中の池袋駅西口広場の様子


 駅頭を行き交う通行人の人々もスムーズに通行が出来る。足を止めて聴きやすい。関心を持ってくれた通行人の方と言葉を交わす機会が増えた。

 何よりも静か!

 マイクと拡声器を通じた音量も確かに騒がしいことに変わりはないが、今まで、それ以上に騒がしかったのは演説を掻き消そうと喚き散らしては罵詈雑言を飛ばすしばき隊による騒音である。

 駅周辺の人々や待ち合わせで広場にいた人たちも、どこか和やかなムードだったのに気がついた。

5
画像:高木局長の演説に聴き入る通行人


 これ一つとっても、いかに妨害勢力しばき隊という連中がデモ街宣を妨害するのみならず、周辺の人々や通行人の平穏な市民生活を阻害しているかが明らかだろう。

 デモ街宣を開催している右派系・保守系団体だけではない。周辺の人々や通行人の方々、地域一帯にとって、しばき隊とはとてつもなく迷惑な連中であるかが改めて立証されたと言えよう。

 肝心の街宣活動だが、今回の演説では女性参加者の演説が一際、際立っていたと言える。

 しばき隊の内実が主に反原発派」「(沖縄での)反基地勢力で構成されていることは事実として、「原発に反対だから問題があると言っているのではありません。きちんと理論立てた原発廃止なら、それも尊重されるべき運動です。

 ですが、今年の夏も非常に暑い酷暑です。お年寄りから子供まで、既に多くの方が熱中症で亡くなられています。

 こんな状態でエアコンを止めたら、それこそ死亡者続出ですよ。風力発電とか火力発電とか色々と綺麗事は言われますけど、それよりも現実的にエネルギー確保と供給はこの夏にあっても絶対に必要じゃないんですか?」(女性参加者)とする演説が聴く人の胸を打つ。

4


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき… 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで無産階層の似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン楠カルイシんクソスレ戦略家(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12394149275.html
チョン楠カルイシんクソスレ操作(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12394254248.html
チョン楠カルイシんクソスレ生産(哂!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12394340069.html


gaitsui

  

Posted by samuraiari at 17:57Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2018年07月29日

LGBT大炎上と杉田議員に思う

2
画像:LGBT問題に関する寄稿をめぐり、左翼・偏向マスコミの総攻撃に晒される杉田議員


:当ブログのLGBTに関する過去エントリー
2018年05月18日 LGBTの政治悪用と日本の門戸破壊!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52075247.html


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆「子供を作らない、つまり生産性がない」?

記事で主張されている「論点」は、そこじゃないんだよ(怒)!

 杉田水脈(みお)・衆議院議員が『新潮45』に寄稿された「LGBT」に関する記述に対し、左翼勢力・偏向マスコミが騒いでいる。

 件の記事にて、杉田議員は性的マイノリティとされるLGBTを非難したわけではなく、むしろ一定の理解を示しつつ、公金による行き過ぎた支援ではなく、不妊治療などに支援して少子化対策を急ぐべき旨を述べられたものである。

4
画像上下:新潮45に寄稿された杉田議員による記事の見出し
1

 与党の国会議員として、LGBTに言及することでご自身に在らぬ誹謗中傷が集中することを恐れずとした杉田議員に大いなる敬意を表するとともに、その上で少子化対策に言及されたことに御礼申し上げたい。

 この杉田議員の所謂「LGBT発言」に対して、LGBTと称する左翼一派が自民党本部前(永田町周辺)に結集して抗議行動という名目で、暴動紛いの馬鹿騒ぎを起こしたようだ。

3
画像:自民党本部前での馬鹿騒ぎの様子
抗議すべきは出版社に対してであって、相手を違えているのではないか?


 偏向マスコミ毎日新聞が報じたところによると、その数、約4千人としているが、実際はその10分の1程度の4百人に過ぎないのではないか?

 然る保守系の性的マイノリティの方からうかがったところによると、同じく性的マイノリティの知人が杉田議員に批判的なリツイートをしていたことを残念がっていたものの、当人は自民党本部前での馬鹿騒ぎにまでは便乗しなかったようだ。

 マスコミでは参加人数だけを誇張し、決して報道されることはないが、所謂LGBTとされる人たちの中には杉田議員による発言を否定的に捉えながらも、街頭での馬鹿騒ぎには便乗しなかった慎重派も多数存在する。

 では杉田議員によるLGBTに関する寄稿のどこが問題とされたのか?

 杉田議員の記事は下記のブログに、その全文が掲載されている。

杉田水脈著『「LGBT」支援の度が過ぎる』を全文書き起こす(転載歓迎)
http://blog.livedoor.jp/skeltia_vergber/archives/51543955.html

 当該の記事は素晴らし過ぎて、当ブログにあっても全文を転載したいところだが、要所のみ、その一部を抜粋してご紹介したい。

「朝日新聞や毎日新聞といったリベラルなメディアは『LGBT』の権利を認め、彼らを支援する動きを報道することが好きなようですが、違和感を覚えざるをえません。発行部数から言ったら、朝日新聞の影響の大きさは否めないでしょう。

 最近の報道の背後にうかがわれるのは、彼ら彼女らの権利を守ることに加えて、LGBTへの差別をなくし、その生きづらさを解消してあげよう、そして多様な生き方を認めてあげようという考え方です。

 しかし、LGBTだからと言って、実際そんなに差別されているものでしょうか。もし自分の男友達がゲイだったり、女友達がレズビアンだったりしても、私自身は気にせず付き合えます。職場でも仕事さえできれば問題ありません。多くの人にとっても同じではないでしょうか。

 そもそも日本には、同性愛の人たちに対して、『非国民だ!』という風潮はありません。一方で、キリスト教社会やイスラム教社会では、同性愛が禁止されてきたので、白い目で見られてきました。時には迫害され、命に関わるようなこともありました。それに比べて、日本の社会では歴史を紐解いても、そのような迫害の歴史はありませんでした。むしろ、寛容な社会だったことが窺えます。

 どうしても日本のマスメディアは、欧米がこうしているから日本も見習うべきだ、という論調が目立つのですが、欧米と日本とでは、そもそも社会構造が違うのです」(杉田議員の記事より

 …欧米の猿真似とは、まさしく杉田議員のご指摘通り。特に移民受け入れに顕著である。

 少子化だ→労働人口が不足する→欧米みたいに外国からの移民を受け入れよう…と言うのがマスコミも専門家も一致する見解である。

 しかし、その一方で起きている移民・難民暴動やテロ、伝染病の蔓延、生活支援のための社会コストの増大にはマスコミはまったくと言うくらいに触れていない。

 そして、杉田議員による記事でも指摘されているが、いかなる性的マイノリティに対しても、それを社会制度として差別したり、罰するような法律さえ存在しないということ。

 性的マイノリティに対する受け止め方は個々で様々だが、これほど寛容性に満ちた「自由社会」も他には存在しない。

 引き続き、杉田議員の記事から検証していきたい。

「例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。

 しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。

 彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。

 にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです」(

 …この「生産性がない」の部分だけが切り取られ、さも非人道的なイメージで杉田議員が貶められている。

 自民党本部前での馬鹿騒ぎでは、杉田議員による寄稿が「差別」「ヘイトスピーチ」だとして一方的に断罪、糾弾されていた。マスコミも嬉々として、その様子を報じている。

6
画像:毎日新聞サイトによるニュース記事より


 LGBT擁護と称して馬鹿騒ぎを繰り広げた左翼勢力と、マスコミの目論見は杉田議員の寄稿をきっかけにLGBT差別をでっち上げ、ヘイト規制強化に次いで自民党批判から安倍内閣の倒閣にあることは間違いないだろう。

 杉田議員の記事を見ても分かる通り、「生産性がない」とした一部分のみを切り取った謂われなき非難であり、各地での右派市民デモ街宣に対するしばき隊による妨害もこれとまったく同様、差別・ヘイト問題のでっち上げに他ならない。

 そもそも、犯罪を起こす外国人を叩き出そう…入管法上の特例措置(特別永住制度)をなくそう…日本人を拉致したり、日本の領土を侵略する敵国を征伐しよう…国交を断絶しよう…と主張したことのどこが差別で、どこがヘイトなのか?

 性的マイノリティである同性愛者が子供をつくらない、即ち生産性がない…というのは事実であって、「生産性」云々は子供をつくらず少子化解消に貢献しないことを端的に述べた表現である(生産性を云々するなら、某匿名掲示板に象徴されるネット掲示板こそは不毛な議論から脱線した果ては誹謗中傷合戦で、生産性がない最たるものだ)。

 だからと言って杉田議員はLGBTを規制すべきだとか、性的マイノリティを処罰せよなどということは主張していない。杉田議員による寄稿の「主題」「論点」はそこにはない。

 杉田議員が主張したかったのはLGBTに過度な保護をするよりも、不妊治療に公的補助を手厚くするなどして、いかに少子化解消・出生率の向上に寄与するかであって、自民党本部前で馬鹿騒ぎを繰り広げた左翼連中はそこをまったく読めていない。
 日本語を読めていない、文章を理解出来ていない者らによる自民党本部前での馬鹿騒ぎであったと結論付けられるだろう

 杉田議員の記述にさらに当ブログなりに付け加えたい。不妊治療への手厚い公的補助に加え、「堕胎罪」を制定する。

 そうした生まれてきた子供についてはLGBTの人でも性的マイノリティでも同性愛者でも、誰でもが養子縁組が出来るような仕組みを作り出すこと。

 単身者での養子縁組が無理なら、婚姻関係になった同性愛カップルが自分たちの子供として養子を取れるようにすれば、まったく生産性がないということにはならない。

 無論、児童性愛者による犯罪も増えるかも知れないが、そこは現行法で厳しく対処することとして、そうしたリスクをも承知の上で、それを乗り越えて少子化解消・出生率の向上に努めなければ日本国の未来もない。

 一連の自民党本部前における杉田議員ならびに安倍政権に対する抗議行動と称した馬鹿騒ぎには、未確認情報ながら、しばき隊の某幹部がいたとする情報があるほか、社民党議員の福島瑞穂の姿が確認されているそうだ。

 北朝鮮や沖縄・基地妨害勢力と繋がりのある極左労組『連帯ユニオン関西地区生コン支部』(執行委員長:武建一を支持母体とする福島瑞穂など論外だが、もし日本で憲政史上初の「女性宰相」、女性初の総理大臣ということになれば、杉田水脈氏のような議員こそ望ましい!

 曲がりなりにもLGBT問題に触れることで多方面からの非難が予想されながらも、それを恐れずに少子化問題や家族・夫婦の在り方に言及して下さった揺るぎない信念の杉田議員こそはこの21世紀にあって女性首相に相応しいと思う。

 杉田議員自身がツイートしたと記憶しているが、国会での審議に取り組んでいる最中、同議員のご尊父が「中国への年金情報の漏洩を何故問題にしないのか?」と叱責したとされる。

 そのように杉田議員を教育して育ててこられたご尊父も素晴らしい方なのだろう。

 同じく女性政治家としては、モデル出身の実業家で、ドナルド・トランプ米大統領の娘として、補佐官としてイヴァンカ・マリー・トランプ女史の言動が何かと注目を浴びる。

 21世紀の日米両国の関係は「杉田水脈首相−イヴァンカ・トランプ大統領」で良いのではないか?

(同じく女性政治家としてはフランス極右『国民戦線』党首のマリーヌ・ルペンもいるが、こちらは日本の新右翼『一水会』会長の木村三浩とも滅法親しく、いつ親北朝鮮派に転じるか分からないので、とりあえず置いておく)

5
画像:杉田議員を攻撃するメディアの記事より


 杉田議員を総攻撃して槍玉にあげるマスコミの中には、同議員を「極右」と形容する向きもあるが、極右と言われようとも、いや、極右と言われるからこそ、いつの日か自民党も国民も「この人しかいない」と引き立てる時が来るように思える。

 21世紀の日米同盟関係が「ミオ&イヴァンカ」と評される日が来るまで…!


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆野武士が美女に…!? 間近で見た実体験

 再び杉田議員による寄稿からの抜粋となるが、以下。

LGBとTを一緒にするな

 ここまで私もLGBTという表現を使ってきましたが、そもそもLGBTと一括りにすること自体がおかしいと思っています。T(トランスジェンダー)は『性同一性障害』という障害なので、これは分けて考えるべきです。自分の脳が認識している性と、自分の体が一致しないというのは、つらいでしょう。性転換手術にも保険が利くようにしたり、いかに医療行為として充実させて行くのか、それは政治家としても考えていいことなのかもしれません」

 レズやゲイ、バイセクシャルとされるLGBに、Tのトランスジェンダー(性同一性障害)を巻き込んだのも左翼とマスコミの巧妙な策略だろう。

 当の性同一性障害者にとっても良い迷惑ではないか? 性的マイノリティでも何でも構わないが、それよりも一部の馬鹿どもが街頭で声高に権利ばかりを主張することは、その他の性的マイノリティの方々にとっては大変な迷惑だろう。

 余談として性同一性障害について述べておくと、その人なりに幼い頃から大きな悩みがあったことと思うが、男として、また女としてこの世に生を受けたからには、その生を全うするべきではないかというのが私見である。

 ただ、当人らが自らの意思で性転換に踏み切り、その結果、幸せならばその生き方を尊重したい。

 昨年、保守運動関係にあって間近で見た「男性から女性へ」の転身を図ったケースだったが、右派系の硬派な学校の出身者で、まだ「男性時代」にデモ行進や勉強会でお会いした際には髭をたくわえ、野武士然としたイメージだった方が性転換を決断した直後、長身の美女に変貌しつつあったことに小さな衝撃と感動を覚えた。

 まだ男性ホルモンが残っているせいか、その骨格には男性時代の名残りがあったが、これからますます変貌を遂げていくのだろう。

 伝え聞くところによると、精神的にも肉体的にも相当キツイらしい。元来が男性の体内にはないもの(女性ホルモン)を注入しているのだからそのはずで、美容にも元来の女性以上に費用がかかることだろう。

 ネットで調べた限り、(男性から女性への性転換に関して)自らの意思で踏み切った性転換とはいえ、それまでの男性器を失ったことへのショックで自殺する例もあるらしい。

 この人のために「女になるんだ」という素敵な男性(ひと)と出逢って立派に女性になってもらいたいものである。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき… 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで全てが揃っていない似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠カルイシんクソスレ勝利宣言(哂!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12394005830.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 12:31Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ 

2018年07月28日

ネパール人容疑者家族の不当告訴!

nepa6
画像上下:死亡したネパール人容疑者の遺影を前に、記者会見する容疑者の家族
nepa4

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★動画ご紹介!

川崎市での在日・極左勢力による保守系集会潰し(今年6月3日)で、被害者らによる被害届の受理が難航しています!

所轄・川崎警察署が被害届の受理を拒み、一連の暴行事件を揉み消す目論見ではないかと見られています!

しかし、ここへ来て、左寄りとも見られた川崎市の態度に変化の兆しが見え始めました!

先ごろ、同市の有識者会議の席上から聴聞に訪れていた在日朝鮮人(6月3日の集会潰しにも居合わせた当事者?)が退席を命じられるという一幕がありました!

原則、非公開である有識者会議から部外者、それも集会潰しの当事者かも知れない者が排除されるのは当然でしょう!

【川崎言論封殺事件】我々を差別・排外主義者にしたい理由(1)

https://www.youtube.com/watch?v=TL1a2-z7g7c

【川崎言論封殺事件】我々を差別・排外主義者にしたい理由(2)

https://www.youtube.com/watch?v=8nlXEDHHXYo
(制作:はとらずPlusさん)


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆決して「被害者」に非ず…

家族による不当な告訴・告発、訴訟で賠償金狙いが見え見え!

 東京地検で昨年(平成29年)3月、取り調べ中のネパール人容疑者が突如、意識を失い、搬送先の病院で死亡するという事故が発生した。

nepa5
画像上:東京地検
画像下:ニュース記事より
nepa

 死亡したネパール人容疑者と、その家族が今年7月26日、取り調べにあたった検察官らを氏名不詳のまま、警視庁新宿署に業務上過失致死で告訴したという。

 拘留中の外国人容疑者が死亡した事例としては、栃木県の鹿沼警察署の留置場で糖尿病を悪化させた支那人(中国人)容疑者=住居不法侵入の現行犯で逮捕・拘留中=が死亡し、その家族が同署担当官(留置係)らを民事・刑事の両方で訴え出たことがあった。

 そのため、我が『NPO法人 外国人犯罪追放運動』としても宇都宮地裁前にて街頭行動を展開。裁判の傍聴記録を発信するとともに、支那人犯罪者家族の訴えがいかに不当であるか、留置に関わった警察署に一切責任はない旨を説く活動を展開したものである。

:当ブログの関連エントリー

2014年06月27日 司法の偏向と「官」の弱腰
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51945701.html
宇都宮地裁 中国人容疑者「留置場死亡裁判」
断じて和解での決着など認められない!

2015年06月27日 祝! 「留置場死亡裁判」で不起訴!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51984122.html
朗報!! 良識ある民意の勝利!!
留置場で死亡の中国人容疑者の家族による不当な刑事告発と書類送検
宇都宮地検が嫌疑不十分で「不起訴」及び「起訴猶予」の当然なる判断!


 結果、この裁判は民事では栃木県側が和解金を支払い、刑事では(刑事告発された警察官らを)不起訴・起訴猶予とすることで完全決着を見た。

 そもそも住居不法侵入の現行犯で逮捕され、鹿沼署に留置された支那人容疑者はその段階で重度の糖尿病にあったものと見られ、留置場で症状を悪化させた段階では助からなかったものと思われる。

 一方、昨年3月に東京地検での取り調べ中に死亡したネパール人容疑者の場合はさらに性質が悪い。

 約6年前に来日し、ネパール料理店に勤めていたものの、失職。その後、新宿・新大久保の路上で生活していたそうだが、来日ネパール人とネパール料理店の激増で人材過多になって職にあぶれたのだろう。勤務態度も悪かったのでクビにされたのではないか?

 さっさと母国へ帰れば良かっただろうに、昨年3月13日、新大久保の店舗でオモチャのお金(偽札?)を使って買い物をしようとしたために店員に通報され、駆けつけた警察官の御用に。

 その際、所持金は22円で、他人名義のクレジットカードを所持していたという。このカードの持ち主から紛失届けが出されていたため、占有離脱物横領の容疑で警察に逮捕されていたものである。

 一応は所持者が紛失したものをネコババした容疑であったが、実際はどのようにして入手したのかは分からない。もしかすると酔って路上に寝ている人の懐から盗み出した物だったのかも知れない。

nepa2
画像上下:ニュース記事より
nepa3

 そのように窃盗疑惑まであったネパール人が取り調べ中に意識不明に陥り、結果、死亡してしまったわけだが、そこへ至る留置場の段階から大暴れして縄や拘束具を付けられる羽目に。

 刑事手続き上、取り調べのために連行された東京地検でも検察官の机を叩くなど、なおも暴れ出そうとしたため、拘束具の一部を取り付けたままの取り調べとなった。

 その最中、前述のように白目を剥いて意識不明の重体に陥り、搬送された病院で死亡したわけだが、全ては留置場で暴れ出したネパール人容疑者本人に起因している。

 それを行政の責任だとか、その場に居合わせた検察官が適切な処置を施さなかったなどで検察官を刑事告訴するなどは何とも盗っ人猛々しい。

 記事では医学的見地から人工透析をしていれば助かった旨も記述されているが、元々人工透析が必要な病でも抱えており、それが逮捕・留置のショックとストレスに重なって暴れ出し、拘束具を付けられたことで血圧でも高くなったのではないか?

 死亡したネパール人容疑者の妻は来日して記者会見の席上、「夫が死亡した真相を知りたい」旨を述べたそうだが、全ての事実は明らかになっている。

 これほどガラス張りで事実関係が明らかにされるのは日本の検察、警察にしか見られないことだろう。

 10年以上前、栃木県の西方町(現・栃木市)で支那人容疑者が警察官の発砲を受けて死亡した時にも、容疑者の家族が同じことを述べていた。

 だが、これが支那の警察・検察であったとしたら、何も事実関係が明かされないままに、何を訊ねても完全にシャット・アウトの門前払いだろう。

 取り調べを担当した検察官を刑事告発し、刑事上および民事上の賠償を求めるようなことをする以前に、警察沙汰にまでなってしまった亡き夫の愚行を恥じなければならないが、そのような「恥の概念」は彼ら外国人には通用しないらしい。

 従ってネパール人を含め、彼ら外国人との共生は絶対に不可能である。

 それにしても、ネパール人というのも他の外国人と同様、ロクなことをしない。
nepa7

 ネパール人が女子中学生に強制わいせつ行為に及んだとかハレンチ罪に及ぶような事件が頻発している上、5〜6年前に大阪・阿倍野ではネパール人が日本人の若者らと喧嘩の末に死亡するという事件も起きているが、これとて事件の発端からして再検証が必要である。

:当ブログの関連エントリー
2013年08月25日 「ネパール人殺害事件」控訴審
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51909069.html

 当時、マスコミ報道では死亡したネパール人の(日本での)追悼式の様子まで報道してネパール人イコール被害者(被差別者?)を印象付けようと躍起なネパール人追悼キャンペーンを展開していたものだが、こうまでマスコミ報道で必死になっていたことが実に怪しい。

 若者らとの喧嘩に至る直前、ネパール人の男が女性にイタズラしたとの事実は触り程度に報じられたのみで、やたら日本人の若者が激しい暴行を加えたことを繰り返し強調するのみ。

 激しい暴行の背景には、反撃されて逆襲されることを恐れたことの裏返しとも取れるだろう。

 激しい暴行に裏打ちされた強い怒り、強い憤りを感じるほどのハレンチな行ないにネパール人の男が及んだ結果とは考えられないか?

 単に暴力沙汰が起きた…ネパール人の男が死亡した…日本人の若者が激しい暴行に及んだ…これが事実だとしても、この事実関係のみに囚われてはいけない。

 新大久保で偽札行使、カード窃盗疑惑の上に東京地検で死亡したネパール人を見るに、「ネパール人イコール破廉恥罪というイメージしかない。

 全てはネパール人こそ元凶で、ネパール料理店の林立と来日ネパール人の激増により、一定数の犯罪者予備軍がいるというのは他の外国人と変わらない。

 他の外国人と同様、一律にネパール人の来日・在留を厳しく制限していく必要がある。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき… 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで分断画策がスベリまくる似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン楠カルイシんクソスレ林立(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12393818061.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 20:36Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 警察官 刑事告発・賠償請求問題 

2018年07月27日

新生・沖縄と新・安全保障体制!

pekin
画像上:支那・北京のアメリカ大使館付近で発生した爆発を報じるニュース映像より


★関連ブログ『沖縄・米領復帰運動
反米勢力による「悪の枢軸」擁護?(7月27日付)
https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12393747916.html
北朝鮮と同じくテロ国家を支える愚!
大同を口実に、エネルギーと安全保障を語る勿れ!


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆寝返った売国奴の命運と断末魔の叫び…!

 沖縄県の翁長雄志知事が(米軍基地)建設工事中の辺野古埋め立て承認を取り消した。

nawa
画像上下:筆者・有門大輔のツイートより
nawa2

 痩せ細って往時の姿は見る影もなく、まるで骸骨のような翁長知事の現状だが、病状は相当に悪いことをうかがわせるに余りある。

 翁長県政での辺野古工事がどうなろうと、どうせ先はそう長くはなさそうなので、次の県知事選挙と新しい県知事の意向に任せれば良い。

 これまで沖縄県では基地建設妨害をめぐっては(極左)妨害勢力がサル山の猿の如く大暴れし、ゾンビの群れの如く基地フェンスに群がったり、まるでゲリラの如く通行車両に「私設検問」を科したりと、やりたい放題が続いてきた。

 だが、ここへ来て(辺野古)移設反対派の筆頭たる翁長知事の体調不良に加え、本土(関西)にあっては沖縄での建設妨害勢力への資金と人員を供給してきた極左労組『連帯ユニオン関西地区生コン支部』(執行委員長:武建一周辺への強制捜査の手が及んでおり、供給源からして非常にガタついてきた状況にある。

 タイム・リミットが来るまでの時間はとてつもなく長かったが、筆者・有門の見立てでは瓦解する時は一気にやって来るものと見ている。

 物事は何でもそうだと思うが、一つの要因だけで動くことはなかなかない。いくつもの要因が重なって、まさに神がかり的な見事なまでのタイミングで(妨害勢力の)崩壊が音を立てて始まるものと見ている。

 これより前、沖縄・高江(東村国頭郡)での米軍ヘリパッド建設をめぐっては、妨害勢力の急先鋒として添田充啓(元『男組』組長=しばき隊=)が沖縄防衛局職員を押し倒して頭部に重傷を負わせるという(妨害勢力にとっての)奮迅を見せ、那覇地裁での裁判では有罪判決ながら執行猶予をもらうも、直後に謎の病死(怪死)を遂げている。

★再掲 関連ブログ『沖縄・米領復帰運動』より
反米勢力の急先鋒の死…!(5月26日付)
https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12378885144.html

 この添田にせよ、かつては自民県議として辺野古移設の推進役であった翁長知事にせよ、所謂「裏切り組」「寝返り組」の悲壮な末路がそこに示されているように思えてならない。

nawa3
画像上下:筆者・有門のリツイートと返信より
nawa4

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆極東アジア情勢は沖縄から激変を!

台湾〜香港までにかけての自由主義圏で、旧日本人の「新・日系人」が雄飛する時代?

 沖縄と日本を取り巻く周辺の状況を見ていきたい。

 沖縄県にとって目下、最大の脅威は支那(中国)からの侵略に違いないが、先日、その支那の首都・北京では米国大使館付近で爆発が起きている。

 筆者・有門の見立てでは、いよいよウイグル辺りに潜伏したイスラム過激派『ISが動きを活発化させた戦端ではないかと見ている。かつてはアルカイダで、現在のイスラム過激派テロの主軸はIS。

is
画像:筆者・有門大輔のツイートより


 …と言うよりも、それ以外には考えられない。

 支那・共産主義独裁政権の崩壊は日本の右派・保守派が望んでいるところだろうが、それは怒涛の如く支那大陸に雪崩れ込んだイスラム過激派戦士によってもたらされるのかも知れない(それでも、そう簡単には倒壊しないだろうが)。

 共産主義の支那独裁政権も確かに日本にとっては大きな脅威だが、この21世紀中にも、隣の支那大陸には支那独裁政権に代わってトンデモないイスラム帝国が誕生するかも知れないことを北京・爆破騒動が物語っている。

 欧米諸国は中東や北アフリカなど、地理的に重要で大きな(石油)利権があるところにはイスラム過激派問題にも積極的な関与を強めているが、極東アジアそれも支那大陸でのこととなれば「そんなものは放っておけ」となるのではないか?

 事実、これまでどんなに支那政府(人民解放軍)によるチベットやウイグルへの非道な侵略・蹂躙が現在進行形で起きていようとも然して関与してこなかった事実がそれを物語っている。

 一方、先ごろ非核化で合意した米朝間では、北朝鮮から朝鮮戦争時における米兵の遺骨が米国側に返還された。

ikotsu
画像:ニュース記事より


 今回の米兵遺骨の(掘り起こしによる)収容をめぐって北朝鮮は米国側に費用を要求。トランプ米政権は今回の遺骨収容・返還に際しては払わないが、次回以降、今回の分とまとめて支払うとした。

 余談ながら日本の旧統治下であった北朝鮮での遺骨収容では、敗戦までの残留日本人の遺骨収容に新右翼『一水会』会長木村三浩と、国会議員の有田芳生(立憲民主党)らが狂奔して取り組んでいる。

 米国に対してさえ遺骨収容に関する費用を要求する北朝鮮が日本にだけ費用を請求していないとは考えられない。

 当然、日本側からも相当な費用(公費)が支出されていると思うが、その遺骨収容事業に際して木村氏や有田議員らは北朝鮮から一銭のキックバックも受け取らず、まったくの無償(ボランティア)で取り組んできたと言うのだろうか?

 仮にそうだとすれば、木村・有田両氏は相当、金銭的、経済的に裕福な人たちなのだろうと推測するに相当する。

 猪瀬直樹東京都知事(当時)による借入金騒動然り、カネにまつわる騒動で関与が度々取り沙汰されながら、自分は一銭も受け取っていないとは、あまりにも出来過ぎた話だと思えてしまう。

 それはともかく、朝鮮半島にせよ、支那大陸のウイグルやチベットにせよ、欧米とてソロバン勘定で利益が上がらなければ、いかに人権・侵略問題があろうと人も国も理性だけではそうそう動かない。

 日本にとっても朝鮮半島有事に加え、支那大陸内外での動乱など、極東アジアにあって非常な危機的状況に直面している

 極端な話、朝鮮半島はどうでも良いとして、実質的な日本の盟邦である『台湾』も心配だし、支那大陸にあっては『香港』のことが何よりも気がかりだ。

 香港では1997年の支那への返還以来、20年以上で「何が一国二制度だ!」と言うくらいに自由が抑圧されて久しく、イギリス領に復帰したいというのが香港人の本心に違いない。

 半島有事とそれに伴なって起きるであろう支那による動乱に対しては(前述のイスラム過激派による動きも含め)、日本一国のみならず、台湾と香港に連なる「自由主義圏ライン」でこれに対処しなくてはならない。

 そこに日台の同盟国であるアメリカを「新・安全保障体制」にどう引き込むかが問題だが、例えば尖閣諸島近海・東シナ海での油田開発には日米のみならず、台湾・香港をも引き込むことを検討しなければならないのではないか?

 戦前の『満州国』の焼直しのような構想だが、やはり、それには沖縄県が「アメリカ領」に復帰することが望ましいのだと思う。

 そう書くと、「沖縄を売り渡す気か」とか「売国奴」といった反発があるのは百も承知だし、「北海道のみならず、樺太・北方四島から沖縄までが日本固有の領土だ」とする真っ直ぐな信条もよく分かる。

 だが、沖縄県が戦後の一時期のように再び米領に帰属することで、アメリカからの投資によって産業・雇用を増やすのみならず、米国の一州になることの意義を考えてもらいたい。

 沖縄の人口約145万人(平成30年現在)が元日本人(旧日本人)として居住する地域が国外に誕生するのである。

 わざわざ日本人が移住せずとも、沖縄の人口約145万人がソックリそのまま「新・日系人(新・日系米国人)」としてアメリカ大統領選への選挙権を持つのである。

 単に在沖米軍が沖縄を守るという次元の話にとどまらない。新生・沖縄の新・日系人が合衆国民として沖縄を守っていく

 日米両国を軸に、旧日本人の新・日系人が台湾や香港の人々との往来・交流を重ね、新たな経済圏・共栄圏を築いていく。

 極東アジアの自由主義圏で壮大な夢は尽きない。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき… 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドでシノげない似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠カルイシん自称高学歴(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12393632366.html
チョン楠カルイシん偲ぶ会(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12393758709.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 23:11Comments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 日米共栄圏IN沖縄県&対中防衛 

2018年07月26日

外国人犯罪と新・入管庁!

bura
画像上:ネット動画より(日本でもブラジル人犯罪が一層、凶悪化の兆し)
画像下:愛知県半田市での麻薬常用者のブラジル人による篭城事件より
bura7

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


『安全保障省』へのステップアップ!?

いよいよ入国管理局から『入国管理庁』へ!

公安調査庁との組織再編・統廃合を目指せ?

seifu
画像:ニュース記事より


 政府・法務省(上川陽子法相)は7月24日に開かれた閣議後の記者会見で、同省管轄の入国管理局について『入国管理』に格上げする考えを示した。

 当ブログでは入管局について、他部局との再編・統廃合で『安全保障省』の創設を提言したことがあるが(関連エントリーご参照)、いよいよそのステップアップの第一段階になるものとして大いに評価したい。

:当ブログの過去関連エントリーより
2017年11月30日 敵兵を招く「第五列(公明)」の正体!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52062763.html

 奇しくも、直近のブログ記事(7月24日付)では入管局と、公安調査庁(法務省管轄)との合併を提言した直後だけに、単に「局」から「庁」への格上げにとどまらず、権限と組織の拡大に繋がるような再編・統廃合であることが望ましい(まったくの余談ながら、警視庁公安部の陰に隠れるように、これまで水面下で動いてきた公安調査庁の動きはここ最近、保守運動関係者から聞く限りで明らかにおかしい)。

:当ブログの直近の関連エントリーより
2018年07月24日 川崎事件と新橋街宣の再検証
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52079667.html

 しかし、実際には外国人労働者(介護要員)の受け入れ拡大に際して新たな在留資格の創設など、労働開国を主眼とした入管庁への組織再編である。

 安倍政権は2020年までにベトナムやインドネシアからの介護従事者を1万人受け入れるとしているが、1万人もの外国人介護士の受け入れを進めて、当人だけの受け入れで済むわけがない。必然、家族・親族の受け入れまでを認めるとするもので、大略50万人…悪ければ100万人の受け入れを決定したも同然である。

seifu4
画像:同


 まさしく本格的な移民社会そのものだが、受け入れるにせよ、受け入れないにせよ、いずれにしても在留期限を過ぎても居座る外国人については誰かが責任を持って強制的にでも母国へ還らせなければならない。

 そのためにも入国管理部局の権限・組織の拡大は不可欠で、外国人犯罪の摘発にこそ当局は(言い方は不適切かも知れないが)、ゲシュタポ並の権限強化が必要である。

 続いても法務省関連の動きだが、7月26日、法務省は残るオウム死刑囚6人に対して刑を執行。既に今月6日には麻原彰光(松本千津夫)ら元オウム幹部7人への刑が執行されており、これで一連のオウム犯罪について全ての刑事上の刑罰が執行されたことになるという(受刑中のオウム信者も含めて)。

 上川法相は24日に「死刑執行命令書」に署名しており、それを受けて刑が執行されたもの。

seifu2
画像上下:同
seifu3

 まったくの偶然ではあるが、当ブログの前エントリーでは凶悪犯罪者への死刑適用を述べた直後の死刑執行だった。

:当ブログの前エントリーより
2018年07月25日 茨城・暴行殺人のフィリピン人犯罪
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52079716.html

 腐り切ったものに何を期待しても無駄だし、甦生させようにも費用と時間の無駄になるだけだ。腐り切ったものを放置していても余計に被害が拡大するだけだし、それよりも新しく生まれてくる生命に期待したほうが良い。

 オウム事件にしたところで、加害者たる死刑囚らが百万言を費やそうとも、百億円の賠償金を支払おうとも、亡くなった人は帰っては来ないし、サリン事件では元通りに戻らない後遺症だってあるだろう。加害者たるオウム死刑囚にとって出来ることは死んで詫びるしかない。

 腐り切ったものを排除さえすれば、必ず新しく生まれてきたものがより良く育つ!

 マスコミでは今回の死刑執行についても誰それが抗議したとか、相変わらず腐り切った報道しかしていないが、世の中は間違いなく良い方向に向かっていることを日々ブログを執筆していて実感する。

ari t
画像:筆者・有門大輔のツイートより


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆外国人犯罪の撲滅に!

フィリピン「ドゥテルテ」方式を導入せよ!

 以下、直近のブログ・コメント欄に寄せられた外国人犯罪情報をお知らせします。

bura2
画像上下:ニュース映像より
Bura2 A

 アマゾンの密林がどういう基準になっているのかは知りませんが、南米ブラジルの密林と同じ感覚で猟をやられ、公金を騙し取られては敵いません。

 7月24日、愛知県半田市というところで薬物常用者の男が刃物を手に自宅に篭城するという事件が発生しました。

bura3
画像上:同


 逮捕されたのは30歳のブラジル人容疑者でした。

bura4
画像上:同(警察署に連行される容疑者)


 事件発生の第一報を聞いた時、愛知県という土地柄、ブラジル人による犯行ではないかと思いましたが、やはり、そうでした。

 元々薬物の使用で警察から家宅捜索の令状が出ていたようです。

bura5
画像上:同


 ところが、刃物を持ち出して無駄に抵抗し、篭城したために大勢の警察官が駆けつけ、余計に大捕り物になってしまいました。

bura6
画像上:同


 「令状を持って来い」(容疑者)と言ったって、その令状を持って警察が来ているはずですが、これだから薬物常用者というのは意味不明で話が通じません。

bura8
画像上:同


 それにしても食い物の違いか、非常に体格の大きなブラジル人容疑者です。

 次は愛知県に隣接して、同じくブラジル人が多いことで知られる静岡県浜松市より、自宅で大麻を栽培していたブラジル人夫婦が逮捕された事件。

bura9
画像上:同


 夫婦2人での栽培とのことですが、組織犯罪の関与があることは間違いないでしょう。

beto
画像上:同


 関東にあってもブラジル人が多いことで知られる群馬県太田市ですが、ベトナム人も急増しています。

 外国人コミュニティの恐ろしさとは当該の外国人が増えてコミュニティを作ることにもありますが、その他の外国人までが住み着いてコミュニティを作り出すことにあります。

 こちらは還暦近いベトナム人が化粧品5点(約1万3千円相当)を万引きしたことで摘発された事件ですが、ベトナム人の場合、これまでの外国人による万引きとは異なります。

 件のベトナム人容疑者は「母国の家族に送りたかった」と供述していますが、詭弁でしょう。家族…ではなく、母国の盗品販売組織に送るため、小出しに万引きを繰り返していたと見られます。

 自宅をガサ入れ(家宅捜索)すれば分かることですが、すぐに他の盗品も発見されるのではないでしょうか? もし、発見されなかったとしたら、今回は手始めの万引きで、これから盗品販売組織に送るための商品を盗み始めたところだったのかも知れません。

 いずれにせよ、窃盗する時は単独犯でも、その背後には大がかりな国際的組織犯罪が関与しているという点で、他の外国人による万引きとはまったく異なります。

 麻薬の栽培にせよ、マーケットで万引きする窃盗にせよ、組織犯罪に繋がっているということを忘れてはなりません。

 ことベトナム人の場合、日本政府は労働者の受け入れ拡大を進めていますが、必然的に一定数か一定数以上のベトナム人犯罪まで招き起こしてしまっているのが現実です。

 次はネット動画からのご紹介となりますが、かなり以前、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が「麻薬王」とされる実業家を呼び出し、「(麻薬の取り引きをやめないと)殺すぞ!」と迫ったことがニュースになっていたようです(コラ画像でなければ)。

fi

 一見は乱暴に見えるかも知れないドゥテルテ大統領ですが、国内の麻薬撲滅作戦では支那(中国)系マフィアの排除に一定以上の成果を挙げているのではないでしょうか?

 今や麻薬汚染列島となった日本もこれに倣わなければなりませんね。

 北朝鮮との問題だって日本に仕掛けられた現代版アヘン戦争そのもの!

 ドゥテルテ方式でなければ『朝鮮総連』だって潰せません!

 凶悪なベトナム人・ブラジル人犯罪とも渡り合えません!


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき… 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで「ブサヨ」丸出しの似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン楠カルイシこみんてるん(哂!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12393363888.html



gaitsui

  
Posted by samuraiari at 21:57Comments(9)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 

2018年07月25日

茨城・暴行殺人のフィリピン人犯罪

mito2
画像:フィリピン人殺人犯・ランパノ被告に対する裁判の様子を描いたイラスト


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆真の主犯格を追え!

母国に逃げ帰った奴らこそ死刑台に!

 7月25日、茨城県の水戸地裁(小笠原義泰裁判長)にて、14年前に茨城大農学部の女子学生・原田実里さん(当時21歳)が殺害・遺棄された事件の判決公判が開かれ、フィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ被告(36歳、岐阜県瑞穂市在住、工員)に対して求刑どおり、無期懲役の判決が下された。

:当ブログの関連エントリー

2017年09月06日 茨城・強姦殺人事件でフィリピン人逮捕!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52056509.html
mito9
画像上:逮捕時のランパノ被告
画像下:ニュース記事より
mito

 事件はランパノ被告ら3人のフィリピン人が強姦目的で通行人の女性を物色。徒歩で散策中の原田さんを車に拉致し、暴行した上で発覚を恐れ、最初から殺害するつもりの計画的で悪質な犯行だった。

 十分過ぎるほど死刑に相当すると思うが、そこは犯行当時20歳代前半という若さ、未熟さが考慮されたのだろうか?

 しかし、成人していればそのような若さ、未熟さゆえの暴走で済まされるような結果ではない。

 こういうところが日本の司法の甘さだと思うが、事件発覚までの被告の生活態度、素行が求刑と判決に反映されたのかも知れない。

 事件をめぐっては当時、原田さんの交際相手だった男性も犯行を疑われたし、遺族にとってもこの14年間は容疑者が捕まらず、もどかしさと屈辱を味わったことを思えば、返す返すもこれほどの凶行で死刑が求刑されなかったことは無念だ。

 この事件では共犯者として2人のフィリピン人が国際指名手配中である。

 ランパノ被告が事件に主体的に関わったことは事実だが、拉致・暴行そして殺害を提案したのは共犯者とされる2人のほうで、同被告はどちらかと言うと追随する立場にあったのかも知れない。フィリピン人の同胞同士、遊び仲間の延長上で、どちらが上でどちらが下ということもなかったのだろう。

 事件を起こした平成16年から3年後の同19年になって3人は、うち1人(共犯者)の母親に事件について告白。ここからが彼らフィリピン人の悪辣なところだが、その母親が「捕まらないうちに」と3人に日本からの出国を促す。

 共犯者2人は同年中に日本を発っており、以来、一度も再入国していないが、ランパノ被告だけが出入国を繰り返した。

 事件後も日本にとどまった理由について「家族のためにも稼げるから」としたランパノ被告だが、おそらく恋仲になった人のために日本にとどまり、結婚・出産でますます日本を離れられなくなったのだろう。

 自分が子供を持つ親となったことで被害者遺族の苦悩が初めて分かったとするランパノ被告は共犯者の中では人間らしい心を持っていたのかも知れない。周囲に事件への関与を仄(ほの)めかしたことが犯行発覚の決め手となったが、絶えず贖罪の気持ちがあったと思われ、そう考えれば死刑回避という検察側の選択にも納得がいく。

 残る2人の共犯者(主犯格?)こそは絶対に逮捕して死刑台に立たせないといけない。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆忌まわしきコンクリ殺人の記憶…!

元・不良少年で元創価信者が語る「更生」の意義と新世代への期待!

 通行中の女性を物色し、危害を加えて拉致、暴行、監禁の上に殺害・遺棄した事件としては昭和最後の年(63年=1988年=)に東京・綾瀬(足立区)で発生した女子高生コンクリート殺人事件を思い出す。

 あの事件の発生から今年(平成30年=2018年=)で、ちょうど30年目だ。

 茨城での女子大生拉致・暴行・殺害と手口が類似しており、よくある事件と言えばよくある事件なのだろうが、特に女子高生コンクリ監禁・殺人は少年犯罪としても、一般の刑法犯としても群を抜いて手口の酷さが犯罪史上と人々の記憶に残る

1
画像上:事件のサブ・リーダーとされる者に関するネット情報
画像下:監禁場所となった少年(共犯者)の家が熱心な共産党員の家庭だったことを報じる記事

2

 余談ながら筆者・有門大輔は今年6月より東京・足立区(竹ノ塚)に在住しているが、それより前月の5月には足立区内で新居となる物件を探し回っていた。

:関連エントリー
2018年07月06日 『NPO外追』復活!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52078514.html

 足立区内での物件探しでは同区在住の創価学会脱会者・集団ストーカー被害者の皆様にお世話になったが、綾瀬界隈で物件めぐりをしている最中、その付近が女子高生コンクリ監禁・殺人事件のあった現場だと教えられた。

 事件からちょうど30年目の節目となった時に私が足立区に住むこととなったのも奇しき縁だが、亡くなられた被害者にそっと手を合わせた。

3
画像:亡くなられた被害者(ニュース映像より)


 これまた余談ながら、足立区内でマンション・アパートを見ているうち、コンクリート監禁殺人事件のあった88年前後に建てられた建物が多いことに気付く。そういう好景気の時代だったのだろう。

 結局、条件面で折り合わなかったために綾瀬界隈での入居が決まらず、現状のように竹ノ塚界隈での入居となった。

 前述のように創価脱会者・集団ストーカー被害者の皆様にお世話になったわけだが、そのうちの一人であるAさん(47歳)は足立区のご出身であり、何と女子高生コンクリ監禁・殺人の主犯格らと同級生で、その当時は顔見知りだったという。

※注 Aさん自身はコンクリ監禁・殺人には一切関わっていない

 以下はAさん自身が話す。

「私が通っていた中学校は当時、区内でも随一のワルの学校として知られていました。イキのいい不良が多いという年代的なもの、時代的なものも関係していたのでしょうね。

 私たちの学校には『ケンカ番長』の異名をとるほどの不良がいましたが、このケンカ番長は喧嘩沙汰以外ではあまり悪さはしませんでした。きっと喧嘩のほうにエネルギーが傾いていたのだと思いますが、当時としては健全な不良だったと言えるかも知れませんね。

 そのケンカ番長に追随していた一人が私で、13歳の時から煙草も吸っていましたし、麻雀もやっていましたし、バイクにも乗っては悪さをして警察沙汰になり、警察署のご厄介になったことも数え切れません。教護院(現在の児童自立支援施設)の一歩手前まで行きました。

 代々私の実家が創価学会』信者の家庭だったということもあり、母子家庭に加えて、そういう生活環境の悪さが私自身を非行に走らせたのでしょうね。

 15歳前後の頃はケンカ番長を先頭に、足立区内から隣の区(葛飾区)まで一帯の中学校に喧嘩を仕掛ける日々を繰り返しました。

 その他校の一人に、あの女子高生コンクリ監禁・殺人の主犯格であるがいたんですよ。

 主犯格のMもケンカ番長にはビビッたのか、早々に白旗をあげていました。そんな具合でケンカ番長は当時の中学生世代の間では地域一帯で『顔役』のようになっていましたね。

 結局、MにせよOにせよ、犯罪史上に残る女子高生コンクリ殺人とか、世間では戦々恐々と語られますが、自分たちより弱い相手にはトコトン強く出て、死ぬまでいたぶっては嬲り殺しにする奴らなんですよ。

 あの事件で出所してからも悪事を繰り返しては消息不明になったりしたでしょ? 女子高生コンクリ殺人で監禁していた同時期に別のところで別の強姦事件やかっぱらいを繰り返していましたからね。

 ああいう奴らは絶対に更生なんてしませんよ」

 Aさんはその後、ケンカ番長らと交流する機会も減っていき、進学した都内の高校を卒業。転職を繰り返したりもしたが、今では会社員として、かつての「不良少年」からすっかり更生し切っている。

 ちなみにAさんは高校時代、居酒屋でバイトをしていたが、そこでバイト仲間として入って来たのが後の女子高生コンクリ事件でサブリーダーだったとされるOだという。

 今から30年前で当時Aさんも、MやOと同じ16〜17歳。

「足立区も区としては広いほうですが、綾瀬界隈はそんなに大きな街ではありませんからね。街中や公園で屯(たむろ)していれば、別の学校の不良とも会うことが度々あるわけですよ。

 何十人、何百人といた不良少年は皆、顔見知りだったりするわけで、会えば『よぉ!』『どうしてんだ?』といった具合で、その中にMやOもいました。(コンクリ殺人)事件前のことです。

 ただ、あの事件以降、綾瀬界隈にいた不良少年たちは大部分が絶滅した恐竜のように一斉にいなくなりましたね。街中でも見かけなくなりました。相当数が別件でパクられたり、よその土地に移ったんじゃないでしょうか」(Aさん

 明日なき暴走と言えばそれまでだが、若さゆえに破滅的な犯行に至った者はまず更生することは出来ない。

 そもそも更生する要素があれば、Aさんのように破滅的な犯行に至る前に気付いて引き返し、更生を果たしている。

 さらに言えばカルト信仰や共産思想からも脱却を果たしている。

 不良少年から更生したAさんは後に代々の創価学会信仰からも脱会し、生涯「2度目の更生」を果たした。

 少年犯罪についても、一般の刑法犯についても同じことが言えるが、死刑に相当する罪の者は死刑に処して国家として抹殺する以外にない。

 更生が不可能な者らに更生を期待しても無駄で、それよりも新しく生まれてくる者らに期待したほうが良いだろう!

 抹殺しても必ず新しい者が次から次へと生まれてくる!

 茨城の事件についても同じことが言える!


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき… 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで「余命3秒」の似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠カルイシんア・・餓死(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12393136665.html
チョン楠カルイシん余命3秒(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12393184554.html



gaitsui

  
Posted by samuraiari at 23:51Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 | カルト邪教政党・集団ストーカー問題

2018年07月24日

川崎事件と新橋街宣の再検証

酷暑中お見舞い申し上げます!

大干ばつのような晴天が続き、25日以降も猛暑が伝えられている最中、関東ではようやく今夜、久方ぶりに雨が降り出しました。

かと思えば、西日本は豪雨による水害被害が深刻な真っ只中!

ほど良く晴れて、ほど良く雨天が理想的ではありますが、こればかりは天の配剤ですので、人間の力では如何とも仕様がありません。


seto
画像:先日の新橋駅前街宣(7月22日)より
演説する瀬戸弘幸氏(ブログ『日本よ何処へ』主宰)


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★動画ご紹介!
神奈川の闇 〜もはや語るだけでヘイト扱いされてしまう!〜

https://www.youtube.com/watch?v=BIL53EqmMnQ

神奈川の闇 〜講演会を暴力で中止に追い込む非道〜

https://www.youtube.com/watch?v=rCEYnHzxfXU
(制作:はとらずPlusさん)


★NPO外追 公式サイト(広報)より
2018年07月22日 【東京】自由社会を守る国民連合 第1回街宣
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1897235.html


★動画ご紹介!
瀬戸弘幸 氏 6.3川崎言論弾圧事件を許さないin新橋  自由社会を守る国民連合 H30/7/22

http://www.nicovideo.jp/watch/sm33568773

高木脩平 氏 6.3川崎言論弾圧事件を許さないin新橋  自由社会を守る国民連合 H30/7/22

http://www.nicovideo.jp/watch/sm33569047
(撮影:neguser1さん)


 「行動する保守運動」関係のカメラマンが所有していた動画サイトYoutubeアカウントも一連の言論弾圧によって軒並み削除・取り消しの憂き目に!

 ヘイトスピーチ…差別…と言いさえすれば、いかなる言論も容易に封じられてしまうご時勢である!

 しかし、それらネット空間ではこれまで動画サイトなど、有用なツールを無料で使用出来る利便性を享受してきたため、誰もが異議一つ申し立てられない!

 今、右派・保守派の言論と「発言力」、いかなる状況にあっても行動と行動によって発進し続ける意志が試されている!


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆追い詰められた反日勢力

在日の巣窟・川崎市こそが奴らと全面衝突の主戦場!

 先の新橋街宣(7月22日)における各弁士の主張は、さる6月3日に川崎市での講演会が潰されたことに一点集中した

 当日の街宣を呼びかけた瀬戸弘幸氏からして6月3日の川崎集会を呼びかけた主催者である。

 NHKニュースではものの見事に歪曲・捏造されてしまったようだが、会場となった川崎市教育文化会館前に大挙、押し寄せたのは在日・極左勢力の動員で集まった総称しばき隊

 その中には(妨害の)呼びかけ団体であるヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットもいた。

 ある参加者は会場への入場を不当に阻まれ、大勢に押され、揉みくちゃにされる中で道路上に倒された人もいた。持参したプラカードを破損された人もいる。

 現在、当日の参加者らによる所轄・川崎警察署への被害届が進められているところだが、22日当日の街宣でも瀬戸氏の演説で説明されたように同署は被害届を受理しようともせず、事件当日(6月3日)、会館入り口にて(警察官らの)眼前で起きた暴力事件を「なかったこと」のようにしているとさえ見受けられる。

 こうした右派・保守系によるデモ街宣、屋内集会に対する妨害は平成25年(2013年)初頭より活発化。それから早や5年…。

 当初、反原連(首都圏反原発連合)共産党支持者を母体とする所謂しばき隊は、東京・新宿区(新大久保)や池袋でのデモ街宣に集中して「カウンター」と称する妨害行為を活発化。

 その後、同種の妨害は関東圏から中部圏、関西圏にまで全国規模で瞬く間に拡大。大勢でプラカードを掲げ、あらん限りの罵声を浴びせては演説を妨害する「しばき隊手法」は右派・保守系議員の選挙演説にも及び、遂には総理大臣の街頭演説にさえ、大挙動員での罵声が浴びせられては妨害が繰り広げられるようになった。

 まさに政治的な街頭行動にあっては、街頭はしばき隊シンドロームが蔓延した世の中となったのである。その意味で、しばき隊を勢いづかせることとなった安倍政権によるヘイトスピーチ規制法の制定・施行は、まさしく自らの首をも絞める自殺行為となって跳ね返ってきた。

 今年1月以降、筆者・有門大輔らは瀬戸弘幸氏とともに関西圏での極左労組『連帯ユニオンへの討伐行動に馳せ参じたものだが、関西圏での行動する保守運動関係者らによると、つい最近開催された関西勢総結集の街頭演説活動(7月16日、海の日)でも妨害者は2人程度にとどまったという。

 一頃、関西圏でも妨害勢力しばき隊が活発化する傾向にありましたが、ここ最近は著しい衰退傾向が伝えられています。

 この5年半に及ぶ右派・保守派との激しい衝突の最中、彼らしばき隊とて、その勢力を拡大・分散させてしまい、当初からの顔ぶれも入れ替わり、逮捕者や内ゲバ(銭ゲバ)、不祥事によって勢力を衰退させたことは間違いありません。

 もはや妨害勢力しばき隊とて、限られた勢力を一点集中させるほかなく、首都圏とりわけ「在日の巣窟」とされる川崎市のような地域を「最後の砦」として主戦場に位置づけているのでしょう。

 妨害勢力しばき隊こそが目下、必死で追い詰められた状況にあるのです!


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆反日勢力の定義!

 22日の街宣で主催陣の一人である高木脩平・護国志士の会局長の演説より振り返ってみたい。

 6月3日の川崎集会への妨害にしてもそうだが、これを呼びかけて集会潰しを行なった妨害勢力しばき隊とは、要するに反日勢力

 何を以って反日と定義するのか?

 「差別問題」「ヘイトスピーチ問題」をでっち上げているからだ。これまでの「慰安婦(戦時売春婦)強制連行」や「南京大虐殺」にしてもそうだが、日本と日本人を嘘で貶めることを反日と定義する。

 まさしく、差別・ヘイトスピーチ問題のでっち上げこそは日本と日本人を嘘で貶める反日勢力の所業に他ならない。

 最近、「行動する保守運動」系にあっても、以前のようにネットで大々的な告知は打たず、「無告知」での開催で、街宣の開催自体は内部連絡ツールで取り合うことが主流となっている。

 もはや、反日妨害勢力しばき隊による妨害で、街頭演説自体が街宣の体を成さなくなったためである。

 一種の妨害対策であるわけだが、行動する保守運動の関係者から伝えられるところによると、『公安調査庁』(法務省)がやたら妨害勢力との衝突を煽るような傾向にあると聞く。

 一体、誰のどういった思惑や指示により、各々の調査官が動いているのかは知らないが、それゆえなのか、街頭行動での衝突・対立構造を極力、最小限にとどめたい警視庁サイドは公安調査庁を嫌っているとも伝えられる。

 私見だが、公安調査庁は同じく法務省管轄で、慢性的な人手不足とされる『入国管理局』と合併したほうが良いのかも知れない。

 2020年東京五輪を控え、法務省の重大事案は出入国管理だ。国内の右派・保守派と、それらと対立する極左・反日勢力との間で下らぬ策を弄している場合ではない。

 それはともかくとして、右派・保守派による主張は都合が悪いとする者らによって作り上げられた実働部隊が妨害勢力しばき隊である。

 性質の悪いことに在日・極左のみならず、新右翼『一水会』会長・木村三浩のように右翼民族派を称する者の中にもこれに与するどころか、「黒幕」然として率先的に極左系議員と極左活動家の間を取り持って仲介し、顔つなぎや人員の提供を行なう者までいるとされるのだから何とも呆れてしまう。

 彼らの常套手段は「話し合おう」というもの。これは前出の極左労組・連帯ユニオンによる「団体交渉をしよう」「労働争議をしよう」に似通っている手口だが、まず交渉やら争議、話し合い、対話、議論が出来るレベルにないのだから話にもならない(余談ながら前出の新右翼・一水会も先代・鈴木邦男会長時代のキャッチフレーズは「言論で勝負」)。

 都合が悪くなれば「知るか!」「黙れ!」で到底、話し合いが通用するような相手ではない。

 議論しよう…対話しよう…交渉しよう…これほど言い繕って、その体を装っている有形無形の連中も他に存在しない。

 こちらとしては道理に基づいて粛々と為すべきことを為すまでだ。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


1
画像上:高木局長の演説中、怪しげな男(手前)…
2
画像上:撮影しつつ筆者(有門)が男の前に出てガード!
3
画像上:男と正面対峙すると、やたら酒臭い!
ただの酔っ払いかも知れないが、歓楽街には昔の左翼学生運動に夢破れた左翼崩れも少なくないので要注意だ!

4
画像上:話を聞けば案の定、常套手段で「うるさい」だとか…
5
画像上:演説者の弁士に手をかけようとしたので、これまたガード!
6
画像上下:耳を塞いだお決まりのポーズ!
うるさいなら、どこかへ立ち去れば良いだけの話なのに!

7
最近の街宣妨害では酔っ払いを装った絡みもあるので要注意だ!

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪

★関連ブログ『集スト問題相談所

だれだ、こんな事をしてるのは?!(7月22日付)
男子高校生を狙った集スト事件?!
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/27617156.html

suto

★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき… 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで有害・無益な似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン楠カルイシんエルジービーテー(哂!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12392676398.html
チョン楠カルイシんクソスレ ヘタ打ち(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12392754618.html
チョン楠カルイシんドンヅマリ(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12392904981.html
チョン楠カルイシんフーゾク通い(哂!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12392991805.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 23:58Comments(12)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 | NPO外追 抗議・街宣

2018年07月22日

自由社会を守る国民連合の戦い!

4
画像左上:7月22日、JR新橋駅前にて実施した『自由社会を守る国民連合』による無告知での街頭演説活動で演説する高木脩平・護国志士の会局長
画像右上:自由社会を守る国民連合の幟(のぼり)を手にした瀬戸弘幸氏(ブログ『日本よ何処へ』主宰)


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


7
画像:協力者が作成したプラカードを手にする瀬戸氏


 さる6月3日の神奈川県川崎市での保守系集会への妨害について、NHKが朝のニュースで歪曲報道を行なった。

 動画では主催者(瀬戸弘幸氏)が大写しになった直後、会場(川崎市教育文化会館)前で乱痴気騒ぎを繰り広げる妨害勢力『しばき隊の様子が写されたが、テロップもナレーションによる説明もなし!

 …まるで事情を知らない人がニュースを見れば会館前で暴動を起こして騒いでいる側が「保守系」「右派」であるかのようなイメージ操作が行なわれていたというのだ!

 そして、お決まりの朝鮮人の「お涙頂戴劇」の演出! さも馬鹿騒ぎを繰り広げた保守系・右派によって在日朝鮮人が泣かされているかのような演出だったという!

 まさにNHKによる確信犯的な歪曲報道を断じて許してはおけない!

★動画ご紹介!
NHK報道糾弾〜NHKの一方的な偏向報道〜
https://www.youtube.com/watch?v=_1qwewCH1A0
(制作:はとらずPlusさん)


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆活動報告 7/22 IN新橋駅前

自由社会を守る国民連合 第一回 街頭演説活動!

「表現の自由」「言論の自由」を守るための戦い!

左翼・共産勢力の妨害と「言葉狩り」に屈さない!

1
画像:新橋駅前での街宣の様子


 平成30年7月22日(日)、『自由社会を守る国民連合』による第一回街頭演説活動が東京・港区のJR新橋駅前にて開催されました。

 同連合は人気愛国ブログ『日本よ何処へ』主宰の瀬戸弘幸氏の提唱によって呼びかけられたもので、我が『護国志士の会』や『NPO法人 外国人犯罪追放運動』が主体となって今回の街宣が企画・実行されました。

 街宣活動という「実務」そのものは通常通りに行なわれ、滞りなく終了したものだが、今後の新展開に向けて動き出す「運動体」としては非常に反省点が残る内容だったことを参加者の皆様に対し、この場を借りて陳謝します。

 なお、今回の街宣活動は一般には無告知で開催されたものである。にも関わらず、右派系各団体の方々が遠方より馳せ参じて下さったことに感謝申し上げます。

 同日の街宣活動で司会的に先陣を切らせて頂いた筆者・有門大輔からは、何ゆえの「自由社会を守る」と表現した戦いなのかについて説明させて頂いた。

 一般的に自由社会を守る〜と聞いても一体、何が不自由なのか…どこで、どういった形で自由が抑圧されているのかというのが疑問だと思う。

 しかし、こと近代にあって、いや、前近代からこの方、現代ほど自由が抑圧された時代というのもない。

 例えば「テレビが面白くなくなった」と言われて久しいご時勢である。新橋駅頭を道行く人の中にも「早く帰ってテレビを観よう」とか「あの番組を見逃したくない」と思っている人は少なくなったのではないか?

 最近、ネットでも昭和時代のテレビの面白さを懐かしみ、「昭和回帰」を渇望する向きが散見される。

 特に昭和50年代〜同60年代にかけては「テレビ黄金期」と言っても過言ではなかっただろう。ゴールデンタイムを過ぎた頃には女性の裸体が公然と放送されるなど、バラエティ番組を観てもドラマを観てもエロの要素が盛り沢山だった。

 偏向放送局の4番バッターとして知られるTBS系ながら、ドラマ『毎度おさわがせします』が人気を博していた時代も今や遠い昔…。あの頃はまだTBS系も今より遥かに正常だったのではないか。

 限りなくエロの要素が盛り沢山ながらも、大人も子供も家族が揃って観て愉しむことの出来る番組が多かったように思う

★動画ご紹介!
ドラマ『毎度おさわがせします』第1話
https://www.youtube.com/watch?v=EIPehfk69OY&feature=share
若き日の中山美穂や木村一八らの活躍が初々しい!


 不倫ネタや覗き、痴漢、破廉恥行為のほか、現在で言う青少年健全育成条例に抵触するような設定がありながらも、どこか緩やかなエロ、健全なエロを題材にしつつ、最終的には家族愛を再確認する脚本も素晴らしかった。

 ところが、どれもこれも現在のテレビでは即、放送禁止になるような内容ばかりだとされる。

 それほど規制、規制、規制で規制に次ぐ規制によって放送禁止のNGが連発される時代となっている。

 若手芸能人らが新橋辺りの居酒屋談義よろしく、延々と喋りまくっているだけのテレビを観ていて何が面白いのか? 誰が観ようと思うのか?

 そして政治家をはじめとする公人らへの言葉狩りの数々…。国会議員が来賓として招かれた結婚式場で挨拶。「子供は3人以上、産むのが望ましい」という何の変哲もない発言をしただけで記者会見まで開かされて謝罪と発言の撤回を強要される…。

 当該の議員にとっては、あわや議員辞職・失職ともなりかねない事態であったが、何の問題もない発言をしただけの議員が謝罪・撤回にまで追い込まれるのが現在の社会である。

 子供を何人産むかは夫婦間が決めれば良いことであって、単に式場で来賓として招かれた政治家が何を言おうと、そんなものは聞き流せば良いだけの話である。

 2人目を産んだ段階で、「そう言えば結婚式の時に誰々先生も3人つくれって言ってたから3人目にチャレンジしようか」となるか、「今の経済状態なら1人でやめておこうか」となるかの話だろう。

 そしてもう一つは総理大臣による街頭演説さえ公然と妨害されている事実。

 安倍晋三首相が選挙時の街頭演説で「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」とした発言は未だに記憶に新しい。

 …ちゃんと「こんな人たち」と人間扱いしているのだから何の問題もないはずだが、「こんな人たち」という発言さえ問題にされてしまう世の中である。

 安倍首相や安倍政権がやろうとしていることに対し、批判するのは構わない。私たちとて毎月、自民党本部前での(移民=外国人労働者の受け入れ拡大=反対の)抗議街宣を継続してきたものだ。

 首相や政権がやっていることに対して批判する自由もあるし、反対する自由もある。

 しかし、街頭演説の場へ集団ストーカーの如く、組織的・集団的に押しかけては罵詈雑言、罵声の限りを浴びせて演説の内容を掻き消すような行ないは許されたものではないし、(首相の)演説を聴きに来た人たちの「聴く権利」を侵害している。

 自分たちの気に食わない者に対しては限りなく罵声を浴びせても構わない…何をしても構わないとする思い上がりは安保法案や共謀罪(テロ等準備罪)などの採決の時にも国会前での馬鹿騒ぎ(反対騒動)でも繰り広げられたし、「反原発」のデモもそうだ。沖縄県での基地建設への妨害にも通ずる。

 全ては「左翼」「共産主義シンパ」による所業なのだが、履き違えた自由の名の下に、ここまで左翼・共産勢力を跳梁跋扈させてしまったのが現代日本である。

 こうも履き違えた自由が蔓延ってしまうと、人々の「真の自由」が阻害されてしまう。

 結果、本エントリーの冒頭と紹介動画でお伝えしたように川崎市で開催される予定だった保守系集会までが左翼・共産勢力によって組織的・集団的に妨害され、潰されてしまった。

 まさしく左翼・共産勢力そして在日が結託した暴動そのものであり、真の自由が阻害され、言論・表現の自由が不当にも潰されてしまっている。

 そのため、安倍・自民党政権による政策・立法に本エントリーでも公然と抗議したい。

 安倍・自民党政権によるヘイトスピーチ規制法によって、ここまで(在日を含む)左翼・共産勢力を増長させ、言論弾圧が蔓延していますとして。

 街宣当日、各弁士が川崎市での集会潰し(言論封殺)に異議を申し立て、その実状を訴えるとともに、早急に現行法での処罰を求めた。

 ヘイトスピーチ規制法こそは差別問題(?)のでっち上げ! 安倍政権は早急な同法の見直しが必要である!

2
画像上:演説する瀬戸氏
画像下:演説する菊川かをり女史
3

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき… 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで「北朝鮮利権」にありつけない似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠カルイシん北チョン利権(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12392436531.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 23:45Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 抗議・街宣 

2018年07月21日

多文化共生とヘイト規制による治外法権化!

1
画像:2年前の平成28年8月21日の「西川口・防犯アピール行進」より
筆者(有門大輔)がまだ埼玉県民(川口市民)だった頃に西川口にて開催した行進だった

★NPO外追 公式サイトより
2016年08月21日 【埼玉】西川口・防犯キャンペーンのアピール行進
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1868097.html


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆これが西川口から右派市民デモを排除した結果だ!

 週刊誌『週刊ポスト』が報じたところによると、埼玉県川口市の西川口一帯が「(日本語を話せなくても)中国語だけで暮らせる街」と伝えられている。

ari
画像:筆者・有門のツイートより


 食用ガエルあたりはともかくとして、「犬食」という日本文化には到底相容れない料理も普通に提供されているという。

 とりわけ西川口は埼玉の西川口」「東京の池袋(豊島区)」「東京の新大久保(新宿区)」「神奈川の川崎といった具合に、首都圏にあっても特に多文化共生という名の侵略度合いが進んだ地域の一つとして知られる。

 この4つの都市で開催された右派系市民運動による「多文化共生反対」デモ街宣にあっては、特に妨害勢力『しばき隊による妨害が酷い地域でもある。

 事実上のチャイナタウンと報道されるくらいにチャイナ化が進んでしまっているとしたら川口市における多文化共生政策のお陰だろうが、これが右派系市民デモを(ヘイト規制の名において)排除した結果だろう。

 断言して多文化共生とは、その特定地域に外国人ゲットーの治外法権をつくらせるもの以外の何ものでもない。

 昔風に言うなら租界そのものなのだが、既に警察行政の介入さえも許さない一角になりつつあるのではないか。埼玉・川口より東京都を挟んだ神奈川県川崎市などはその典型例で、さる6月3日には在日・左翼勢力の呼びかけによって、同市内(川崎市教育文化会館)で開催予定だった右派市民団体の講演会が中止に追い込まれている。

 同会館前に大挙押し寄せた、しばき隊を含む妨害勢力によって参加者や講師の先生までが入場を阻まれ、眼前で繰り広げられていた入場妨害の暴力的言動を神奈川県警は現行犯逮捕・摘発するに至っていない。

 間もなく、妨害を煽動したヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットの共同代表の一人への捜査が始まるのではないかと見られているが、もし逮捕となった場合、川崎市は同市内にて呼びかけられた在日・左翼勢力の煽動で地元・所轄署の周りを取り囲み、第二、第三の西成(釜ヶ崎)暴動に発展するのではないかと見ている。

 西成暴動とは1960年〜70年代、90年代初頭にかけ、大阪府大阪市西成区の「あいりん地区(通称:釜ヶ崎)」で起きた日雇い労働者による反警察暴動だが、その背後には極左過激派による煽動があった。

 暴動の現場となった、あいりん地区は東京都の山谷(台東区)とともにドヤ街(寄せ場)として有名な地域だ。ただ、現在の山谷も外国人バックパッカー向けの安宿が林立するなど、往時の面影とは大きく変貌しつつある。

 それはともかく、多文化共生の名において外国文化圏の治外法権を放置し続ければ、いざ行政が介入しようとした時には川崎市に似通った状況を招いてしまう恐れがある。

 何せ西成(暴動)の次は川崎市か、その次は…などと言われているのが現在の状況なのだ。

 既に、前述のように右派市民団体がデモ街宣をする度に激しい罵声、暴力的言動での妨害は常態化しており、多文化共生に加えたヘイト規制(法・条例)がこうした妨害勢力の横暴に拍車をかけている。

2
画像上下:西川口ほか各地におけるデモ街宣妨害こそ事実上の「暴動」に他ならない!
3

 川崎市での在日問題にも共通しているが、多文化共生の名において外国人の治外法権をつくらせ、それに右派市民が反対や異議を唱えるや激しい妨害に晒されてしまうヘイト規制というの名の(左翼・共産主義者による)暴力奨励…。

 川口市のためにも川崎市で、川崎市のためにも川口市での戦いをここで頓挫・停滞させてはならない。

 今に犬食どころか、人肉食まで提供される状況はすぐ眼前に迫っている。

4


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆多文化共生による環境破壊!?

 西川口…池袋…新大久保…川崎と、各地における多文化共生とヘイト規制によってもたらされた「治外法権」化について述べたが、実際、多文化共生を強制されるとはどういうことなのか?

 単に街中が異国情緒になるとか、そういった問題だけではないようだ。

 (当ブログ)過去エントリーのコメント欄に寄せられた情報より、検証してみたい。

2018年07月18日 朝鮮人強姦魔による凶行!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52079256.html#comments

 支那(中国)では南米より持ち込まれた微生物を媒介した「新型エイズ」とも称されるシャーガス病の蔓延が懸念されているという。

nanbei
画像:ニュース記事より


 シャーガス病とは南米で600〜700万人が伝染しているとされる伝染病で、全世界への拡大が懸念されるほど脅威的な伝染病だ。

 このシャーガス病を媒介する昆虫とて、南米人の往来や南米からの物資によってもたらされる。

 その他、輸血での感染も指摘されており、在日外国人も献血で協力してくれようとする気持ちは有り難いが、特に南米系の多い愛知県ほか中部・東海地方は危険である。

 かの「薬害エイズ事件」がそうだったが、外国からの輸血が発端となっているし、外国人の来日増加とエイズの蔓延も決して無関係ではなかっただろう。

 伝染病・感染症に加えて環境汚染も甚大である。

 前出の「多文化4大都市」とは異なるが、神奈川県横浜市の「横浜・中華街」では付近の川でミズクラゲの大量発生が大問題となっているという。

hama
画像:同


 横浜・中華街もまた支那人ニューカマーの激増で往時の面影より大きく変貌しつつあるとされるが、ブラジル人による中部・東海地方でのゴミ出しルール違反と同様、支那人によるゴミ投棄と無関係ではないのではないか?

 海に近い横浜市のこと。海から川へとミズクラゲが流れ着いて来たのかも知れないが、それも餌となる何かが川にあるとか、それが大量発生した原因でもあるだろう。

 治安を含めた街の景観が云々…といった次元にとどまらず、夥しい環境破壊までもたらす多文化共生を異国情緒…などと持て囃している場合ではない。

shina
画像上下:ニュース記事より
支那人にとって違法がまかり通るところはどこでも我が領土・領域?
shina2

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


 続いては愛知県でのニュースより、お伝えします。

 愛知県一宮市ではトルコ人の男が同じくトルコ人の男性を刺したとして逮捕されました。

toruko
画像:ニュース記事より


 マスコミ報道ではトルコ人とされていますが、おそらくクルド系トルコ人で、クルド人同士の内輪揉めの喧嘩の末の殺人未遂だったのでしょう。

 埼玉県川口市や蕨市でもクルド人が増加していますが、大抵がクルド人同士の喧嘩が多いとされます。

 一方、愛知県名古屋市の複合施設が外国人観光客の人気スポットとなっているようです。

aichi
画像:同


 名古屋市に豊田市など、愛知県の繁栄は凄まじいものがあります。かつては愛知県民にさえ「来ても見るところがない」とまで言われた愛知県ですが、都市部・中心部における繁栄はトヨタ自動車など、(安価な)外国人労働者を雇用した一部財界の利益によってもたらされたと言っても過言ではなく、その他の地域では南米人によるスラム化が拡大していることを忘れてはなりません。

 前述の多文化共生による治外法権化とも関係してきますが、現実問題、不良ブラジル人によって治外法権化が急スピードで進行中です。

 今夏、西日本では集中豪雨による被害が甚大ですが、同レベルの災害が中部・東海地方で発生した場合、間違いなくブラジル人による略奪・暴行、暴動が発生するでしょう。
 もしかすると、関西および関東・首都圏での暴動の比ではないかも知れません。

 以下、有志と筆者によるツイートより、世界各国における外国人暴動と生活破壊の実態!

ami
画像上下:有志によるツイートより
ami2

ari3
画像上:筆者・有門によるツイートより


★動画集ご紹介!

ブラジル 誘拐の瞬間!
https://www.youtube.com/watch?v=652x3ZLf-Ko
yuukai
画像上:防犯上、鍵付きの鉄柵が常識のブラジルですが、宅配業者に家人が対応中、真ん前に横付けした車と車から降りてきた男たちに異変を察知した家人は家の中に逃げ込もうとします!

yuukai2
画像上:一瞬の隙を突き、一気に誘拐犯の男たちが雪崩れ込みます!

yuukai3
画像上:家人を誘拐して連れ去る誘拐犯グループ!

これがブラジルでの現状です!


ブラジル人 飲酒運転 暴走
https://www.youtube.com/watch?v=XF8D_V6MT-E

南米からの感染症・伝染病
https://www.youtube.com/watch?v=vjf9Rh-MaOE


 次はベトナム人犯罪より。

 福島県と奈良県とでそれぞれ、化粧品などの窃盗を繰り返したベトナム人窃盗グループが再逮捕されました。

beto2

画像上下:ニュース記事より
beto

 マスコミ報道では繰り返し「万引き」などと表現されていますが、外国人の単独犯がちょっと盗みをしたのとはレベルも規模もまったく違います。

 盗んだ商品を母国ベトナムに送り、転売していたという「日本−ベトナム」間にまたがった国際的な組織犯罪です!

 もはやベトナム人マフィア組織による犯行と捉えなければなりません。

 再逮捕されたベトナム人容疑者らは「日本は盗みやすい」と供述してます。だから続々ベトナム人犯罪者が来日します。

 ただちにベトナムからの来日・入国を厳しく規制しなければならない状況なのです。

 他方、23年前の夏に発生した八王子スーパー・ナンペイ強殺事件で新事実が明らかになりました。

ari2
画像:筆者・有門のツイートより


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


カンパのお振込先

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動


2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで語るに落ちた似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda

チョン楠カルイシんゼンエー講座(哂!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12392070044.html
チョン楠カルイシんクソスレ取調室(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12392223627.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 22:53Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街・中国人追放運動 | 外国人犯罪

2018年07月20日

特報! 連帯ユニオン「武王朝」の終焉に向け…!

1
画像:連帯ユニオン関西生コン支部会館前(7月18日)
夕刻、幹部が乗っていたのか、高級外車が慌しく連なって出かけて行った…


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★人気愛国ブログ『日本よ何処へ』より

2018年07月18日 緊急報告 滋賀県警が連帯捜査開始
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53287741.html

2018年07月19日 【滋賀県】企業恐喝未遂・強迫・強要事件(1)
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53287839.html


★動画ご紹介!

武建一・連帯ユニオン関西生コン支部執行委員長の絶対的独裁体制の綻びと終焉…!?

【2018.07.18】滋賀県警が脅迫・強要・恐喝未遂で生コン協同組合の数カ所を家宅捜査

https://www.youtube.com/watch?v=AuRdIQe6M98
(撮影・編集・政策:はとらずチャンネル


ari2
画像:筆者(有門大輔)のツイートより


 既にネットでも大きな話題となっていますが、滋賀県にある生コン協同組合湖東生コンクリート協同組合に滋賀県警のガサ入れ(家宅捜索)
が入りました。

namakon
画像上下:ネット・ニュースより
rentai

 同協同組合は連帯ユニオン関西地区生コン支部』(執行委員長:武建一の配下にある「別働隊」と目される協同組合で、工事用セメントの受発注をめぐり、企業を恐喝した恐喝未遂容疑での家宅捜索でした。

 当初のニュースでは「容疑が固まり次第、逮捕する方針」と伝えられていましたが、既に東近江市内などの生コンクリート業者で形成される湖東生コンクリート協同組合の副理事長・北川義博容疑者(59歳)と、組合の理事・朝夷健治容疑者(67歳)ら4人が恐喝未遂容疑で逮捕されています。

 滋賀県内の生コン業界では連帯ユニオンが絶大な力と勢力圏を持っており、建て前上は労働運動であることに加えて、一種の「サンクチュアリ(聖域)」と目されていました。その聖域に大きなメスが入り、「関西生コン業界のドン」「極左労組のフィクサー」と見られた武建一ら連帯幹部の立件に向けた包囲網が着々と狭まっています。

 それは同時に、連帯ユニオン・武建一を有力な支持母体、スポンサーとしてきた社民党議員の福島瑞穂辻元清美ら「極左議員」にとっても大きな痛手であり、彼女らにとっても只事ではないことでしょう。

 SNS上では次のようなツイートが注目を集めると同時に、人々の失笑を買っています。

yuushi
画像:有志によるツイートより


 これまで辻元だとか、福島瑞穂のように「自衛隊が被災地に来れば強姦事件が起きる」などとトンデモな妄言を吐く馬鹿議員が国会にいたために
、あらぬデマが飛び交う元凶となりました。

 話は逆です。「福島が国会に議席を持てばデマが飛ぶ」というのが真相でしょう。

fuku

 それはともかく、生コン業者で形成される生コン協同組合と称し、県内で組織の意に沿わない会社があると見るや、受発注の取り引きに口を挟み、従わなければ「実働部隊(連帯ユニオン関生街宣部隊)」を差し向けるとして会社への攻撃は言うに及ばず、社長宅など個人攻撃も平然と繰り広げるとは、まさに「労組マフィア」と形容出来る(一説には亡くなられた方への「故人攻撃」もあった?)。

 こうした連帯ユニオン配下の生コン業者が跳梁跋扈しては支配体制を維持、継続することは良識ある生コン業者にとっても由々しき事態である。

 今後、徹底した事件の全容解明と、明確な指揮系統にあって指示・命令を下した者らへの摘発が進むことを切に望む!


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


 それにしても、連帯ユニオンと関係が深いとされる政治家は辻元清美や福島瑞穂だけではありません。

 あのトンデモな元首相・鳩山由紀夫もズブズブの関係にあったとされています。

2

 そして連帯ユニオン近畿地区の顧問であり、門真市議会議員の戸田ひさよし(画像下)。

5

 何だかマフィアのボスみたいな風貌で登壇していますが、この連帯近畿顧問・門真市議の戸田は、かの部落解放同盟の関係者としても知られています。

 あの人権擁護法案もそうだったのですが、それに類似した法律・条例のヘイトスピーチ規制を推進した黒幕も部落解放同盟であったとされます。

6
画像:ヘイト規制について集会を開く戸田


 戸田ひさよしとは元・新右翼『一水会』会長の鈴木邦男もかねてから、かなり懇意だったようですね(画像下)。

7

 同じく鈴木邦男と連帯ユニオンが推す福島瑞穂の対談(画像下)

8

 こちらは同じく連帯ユニオンが推す辻元清美と鈴木邦男のツーショット(画像下)

9

 鳩山由紀夫を挟んで、現・新右翼『一水会』会長の木村三浩(左)と鈴木邦男のスリーショット(画像下)

13

 その木村三浩を囲んでの飲み会で、弟子の一人として耳を傾ける者に、沖縄県の基地建設妨害で暴れ回った挙げ句、那覇地裁で有罪判決を受け、直後、謎の病死(怪死?)を遂げた添田充啓(元『しばき隊』、元『男組』組長)の姿も(画像下)!

14

 鈴木・木村両名とも懇意である国会議員・有田芳生(現『立憲民主党』)と戸田ひさよしのツーショット(画像下)

16

 …連帯ユニオンと武建一を基点に極左議員…部落解放同盟…右派デモ妨害…しばき隊…似非右翼…元首相…ヘイト規制…沖縄県・基地建設妨害…北朝鮮などなど、これほど見事に繋がる「点と線」もないだろう。


4
関西では武建一が、

そして関東では、 『ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネット』共同代表の三浦知人が暴行事件(さる6月3日の川崎・保守系集会への妨害における参加者への暴行事件)に関わったのではないかと見られています!

東西「極左リーダー」両雄がいつ司直の手にかかるか、そのカウントダウンが始まった?
3

★動画ご紹介!
川崎言論封殺事件〜講演会参加者への暴力行為の考察〜

https://www.youtube.com/watch?v=J80RAErOUks
(編集・制作:はとらずPlus

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


 滋賀県での家宅捜索が入った際、連帯ユニオン関生支部の絡みでは次のようなニュースも報じられました。

kannama
画像上:ニュース記事より
画像下:筆者・有門のツイートより
ari
 連帯ユニオン関生支部への加入とは、反社会勢力もしくは共産勢力への加入と見なされての解雇だったのでしょうかね?

 会社側の判断は至極正当に見えますが?


 こちらは今年3月13日、我らの一行が関西の地で連帯ユニオン糾弾行動を開始して以降、初めて連帯ユニオン関生に家宅捜索が入った時の映像です。

 筆者・有門と他1名が現場に急行して撮影したものですが、おかげ様で再生回数が148回を突破しました!

 毎月約1万回づつの再生回数アップです! 有り難う御座います!

★動画ご紹介!
【2018.03.13】速報!! ついに連帯ユニオン関西生コン支部家宅捜索


https://www.youtube.com/watch?v=fOE1fKVaqzg&t=41s

視聴回数 1,482,483回

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
8・3 再開のとき 第17回 移民反対・多文化共生反対街宣IN永田町

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1435


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行
店名:〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番:018
預金種目:普通預金
口座番号:6822488
(記号10100 番号68224881)

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動


2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで「自称・高学歴」な似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠カルイシん南北統一(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12391599032.html
チョン楠カルイシん強制捜査(哂!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12391665406.html
チョン楠カルイシん陰毛食い(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12391761746.html
チョン楠カルイシんクソスレ レンターイ(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12391840308.html
チョン楠カルイシんレンタイ ショッカー(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12391941868.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 00:22Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 連帯ユニオン・妨害勢力しばき隊への糾弾行動