2018年11月30日

軍事行動なる国の責務!

yonago
画像:安倍政権による改憲や軍事行動あらば「支持する」とした米子市の伊木隆司市長
同市長の発言に対してはネット上でも非常に支持・賞賛が高まっている!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!
川崎「ヘイト問題勉強会」2018.12.02告知

https://www.youtube.com/watch?v=E35DJjDoMs8
(制作:はとらずPlus


★動画ご紹介!
【山口いのち 迎撃隊長 その1】天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年
(2018)11月25日(日)

https://www.youtube.com/watch?v=tTsPzOCKuec

【有門大輔 顧問】天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)
https://www.youtube.com/watch?v=JhQr4I6LMgI

【太田康久 氏】天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)
https://www.youtube.com/watch?v=DrZwa_66V_8

【旅丘 会員】天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)
https://www.youtube.com/watch?v=0upKfYmpVI0

【千田 氏】天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)
https://www.youtube.com/watch?v=cLnipfwERdM

【高木脩平 局長 その1】 天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)

https://www.youtube.com/watch?v=xTJZkhWM6O4

【高木脩平 局長 その2】 天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)
https://www.youtube.com/watch?v=7UJ2Y3v6Zlc

【荒井泉 練馬支部長】天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)
https://www.youtube.com/watch?v=1lr_HDQsFx0

【高木脩平 局長 その3】 天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)
https://www.youtube.com/watch?v=4YDRoaiCkG4

【山口いのち 迎撃隊長 その2】 天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)
https://www.youtube.com/watch?v=B9H3GJo1Gjc

【「江戸南」代表 菊川かをり 氏】天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)
https://www.youtube.com/watch?v=z9dNH0IxAfA

【反天連を迎撃!】天皇陛下・皇室の素晴らしさを周知及び反天連への抗議行動!in原宿 平成30年(2018)11月25日(日)

https://www.youtube.com/watch?v=60vXw8ETRvs
(撮影・制作:護国志士の会チャンネル


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆米子市長の勇気ある発言!

パチンコ規制や朝鮮総連解体・閉鎖なる制裁・報復に向けて!

 米子市の伊木隆司市長が北朝鮮による日本人拉致事件に絡み、安倍政権による改憲や軍事行動を支持するとした発言が大きな反響を呼んでいる。

yonago2
画像上:伊木・米子市長の見解を伝えるニュース記事より
画像下:筆者・有門大輔のツイートより
朝鮮半島絡みの問題では、一連の「募集工」判決を受け、南朝鮮(韓国)自治体との相互交流を停止するなど、自治体レベ
ルでの尽力が目立つ!
ari

 マスコミは同市長の発言を撤回・翻意させようと躍起なようだったが、憲法改正やそれに伴なう軍事行動があった場合を想定しての発言さえ謝罪・撤回を要求されるようでは敵わない。これこそマスコミによる「言葉狩り」に加え、ヘイト規による言論封殺の悪影響と言えるだろう。

 拉致事件など、自分の子供が拉致されたとすれば国ぐるみの報復は当然。誰しも自身の問題に置き換えてみれば分かりやすい。

 それを数十年間、長らく放置され続け、未だに家族を取り戻すことさえ叶わない被害者家族のことを思うと言葉を失ってしまう。

 拉致事件の解決に向け、軍事行動や改憲の一切をタブーとするかのような風潮こそ、どうかしている。

 拉致事件に関連して「軍事報復」「軍事制裁」こそは、むしろ活発に議論されなければならない問題。既に対北朝鮮政策は経済制裁に次いで軍事制裁の段階へと来ている。

 (北朝鮮系)パチンコ規制や朝鮮総連の解体・閉鎖とて、それが経済制裁の範疇で出来ないのなら、軍事制裁の範疇として実行しなければならない!

 と言うよりも、朝鮮総連という「在日組織」に絡む問題は、警察力での対応に限界があるのなら、軍事制裁の一環として行なわれるべきことである。

 軍事行動…と言えば誰もが軍機・軍艦で砲弾をぶっ放したり、大軍で敵地へと上陸して行く光景を思い浮かべがちだが、そうした物理的な大衝突に限らず、国内での外国組織への規制にも軍事行動が有効だ。

 現行の自衛隊による治安出動のみでは追いつかない。

ari2
画像上下:筆者・有門のツイートより
空母の実戦配備など、事実上の憲法改正の動きは着々と進んでいる!
むしろ、憲法の側が追いついていないだけなのだ!

在日外国人への生活保護支給など、現行憲法に反してまで行なう必要はないので、日本人拉致被害者の奪還のため、こちら
こそ現行憲法に反する形であっても、緊急的且つ超法規的に軍事行動を実行しなければならない!
ari3

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆沖縄の未来と安保!

カルト教団の変遷と分裂、極左労組の衰亡…!

 以下、沖縄県での問題で、現職の玉城デニー県知事による尖閣諸島ほか離島の安全保障への無関心ぶりが伝えられる。

 離島の住民間では「東京都への編入」を冗談半分で口にする向きも見られるという。関連ブログより、お伝えしたい。

★関連ブログ『沖縄・米領復帰&日米英ネオ共栄圏』より
 「沖縄・離島の東京編入論と反日知事と反米・親北勢力」(11月29日付)
https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12422279297.html

nawa

 東京都でもどこへでも、沖縄県自体がアテにならないのなら是非、編入を促したい。東京都と言わず、例えば尖閣諸島を所管する石垣市(石垣島)ほか、沖縄本島を除いた群島のみでアメリカ領に再編入するというのもアリだろう。

 普天間基地(宜野湾市)に代わる新しい米海兵隊の拠点は、新生・米領イシガキ島にでも建設する。台湾にも支那(中国)にもより近いところに基地が新設されるので却って良いのではないか?

 もはや左翼とカルトの巣窟で、保守派では県知事選に勝てなくなった沖縄本島をある意味、棄てる。

 尖閣近海に埋蔵されている油田の日米共同開発に加え、アメリカからの投資でイシガキ市だけが爆発的に潤うというのも良いだろう。

 その上で、沖縄本島が米州化の動きに追随して来るようなら、それはそれで是とする。

 むしろ、性急に沖縄を丸ごと米領復帰させるよりも、段階的に行くほうが効率的かも知れない。

 沖縄県での首長選に見られた傾向だが、現在のデニー県政を選出したのは左翼勢力と、公明党支持から造反した末端の創価学会信者。

 自民党と連立政権を組む公明党は、支持母体のカルト『創価学会からして信者数の減少により、選挙での集票マシーンとしての組織維持が困難になりつつある。そのため、今後、こと安保政策においても自民党への徹底追従を余儀なくされる局面が増えてくることだろう。

 創価・公明党は段々と戦前・戦中の『国柱会』的なポジションを色濃くしつつあるが、こうした右傾化とは裏腹に、先の沖縄県知事選でも末端信者の造反が相次いだ。

 実際問題、これまで反戦平和(非武装)をスローガンに、かつては池田教とまで形容された創価学会にあって、現在では「池田(大作)先生の教えに反する」と指摘した池田信奉者こそパージされつつあるという。こうした創価内部での「逆転現象」は、池田大作の死亡説が囁かれ始めた約10年前から段々と顕著になってきたとされる。

 事実、創価内部では池田大作の存命中には絶対にあり得なかった建造物の取り壊しが行なわれ始めたのも今から数年前…。

 そうした池田信奉者へのパージが先の沖縄県知事選にあっても末端信者の造反という形で表面化したのではないか?

 今後、創価内部にあっては日蓮の教えに反しまくった挙げ句に破門された池田時代に逆行して日蓮回帰が進み、公明党にあっては前述の北朝鮮による日本人拉致事件に鑑み、創価信者の被害者家族を候補者として擁立しようとする動きが見られるかも知れない。

 政権与党及び、その支持母体である創価・公明党にあっても内部から安全保障に対するスタンスは激変してくると予測するものだ。

 他方、沖縄県での基地建設妨害や県知事選では、連帯ユニオン関西地区生コン支部(執行委員長:武建一)のような極左労組が大々的に活動資金や政治資金を拠出してきたであろうことは想像に難くない。

 しかし、その連帯ユニオン関生支部もドンである執行委員長・武建一ら主だった幹部の相次ぐ(企業恐喝や威力業務妨害などによる)逮捕・起訴で組織的にはガタガタだとされる。

★動画ご紹介!

連帯ユニオン関生支部糾弾History 〜武谷新吾書記次長編 Part1〜

https://www.youtube.com/watch?v=BTVZDSn5gYA

連帯ユニオン関生支部糾弾History 〜武谷新吾書記次長編 Part2〜
https://www.youtube.com/watch?v=eU9clBkxiEc&t=166s

【2018.11.28】関生支部幹部ら8人逮捕 〜因縁つけ工事妨害疑い〜
https://www.youtube.com/watch?v=AxnuCufX-vA&t=4s
(制作:はとらずチャンネル

 その他、反原発における国会前での騒乱など、関西地方のローカル組織ながら、反日活動にあっては全国規模どころか南北朝鮮にもまたがるとされ、反日資金源とも形容出来るのが連帯ユニオン。

 こうした反日マネーの供給源たる連帯ユニオンに大打撃を与えるためにも、果断なる安保政策と軍事行動の実行が有効であることは論を俟たない。

3
画像上下:東京・台東区蔵前にある連帯ユニオン中央本部付近の駐車場にて、連帯ユニオンの街宣車
その隣に写っているベンツらしき高級車は同本部の幹部様が所有する自家用車だろうか?
4

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


1
画像上:大阪・野田新橋筋商店街にて
画像下:同じく大阪・阿波座にある隠れ家的なたこ焼き屋にて
タコの大きさと、トロ〜リとした中身ながらモチモチとした食感が大人気の決め手です!
2


62d14f5d
画像:青林堂より、12月8日発売予定のジャパニズム


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

チョン楠ブタマネギnクソスレn真実(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12422121679.html
”チョン楠ブタマネのアガスリ!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12422281595.html
”チョン楠ブタマとキーパイセン!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12422339903.html


gaitsui

  

Posted by samuraiari at 01:04このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 | 日米英仏ネオ共栄圏IN沖縄県&対中防衛・自衛軍出動

2018年11月28日

入管法改悪と連帯ユニオン

もはや米国は事実上の完全「鎖国」状態!!

bei
画像上:軍警察の動員でメキシコとの国境地帯を完全封鎖した米国
画像下:有志によるツイートと筆者・有門大輔によるリツイート
ari3

メキシコのティフアナに集結したヒスパニック系不法入国者の群れは、遂に米国への不法越境を目論み、フェンスをよじ登る暴挙に出た!

既に国境を越えて不法入国を果たした者もいるらしいが、米国政府はメキシコ政府に対し、不法入国者の群れを順次、中南米の母国へと強制送還するよう強く求めている!

欧州へのアフリカ中東系の不法入国者も然り、中南米各国からメキシコ経由で米国への不法越境を目論む不法入国者の群れは、それまで母国で普通に暮らしていた者が大半である!

そうした者らまで不法入国の群れに続々加わっては陸続きの米国行きを目指す…ここが不法入国問題の最も恐ろしいところに違いない!

ドナルド・トランプ米大統領は「必要に応じ、メキシコとの国境地帯を恒久的に閉鎖する」と示唆したが、もはや米国こそは事実上の完全「鎖国」状態にある!

これが自国第一主義なる政府の当然の措置であり、当のメキシコにあっても不法入国者追放の機運は高まっているという!

各国は軒並みトランプ政権による措置に倣わなければ、どこの国も自衛出来ないところへと来てしまった!

ところが、極東アジアの日本だけは米国の(軍事・経済の)同盟国でありながら、米国の動きとは正反対に外国人労働者の受け入れ拡大という暴挙に臨もうとしている!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★NPO外追・護国志士の会 公式サイト(広報)より
2018年11月25日 【東京】極左過激派・反天連へのカウンター街宣!
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1900832.html

shishi

★動画ご紹介!
連帯ユニオン関生支部糾弾History 〜Episode-2- sample映像〜

https://www.youtube.com/watch?v=lSThVsFMdHM
(制作:はとらずチャンネル

第4回川崎時局講演会開催告知

https://www.youtube.com/watch?v=Mf9eVGpiO_s
(制作:はとらずPlus


★関連ブログ『集スト問題相談所
社民/八王子市議への集スト事件!(11月27日付)

http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/29768829.html

suto

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆連帯摘発と衆院通過…

野党議員の急先鋒・辻元清美にとってのダブル・パンチ?

nyuukan
画像:入管法改悪の衆院本会議通過と、法相への不信任案の否決を伝えるネット・ニュースより


 さる11月27日、入管法改悪案が衆院本会議を通過して参院に送付された。

 野党は衆院法務委員長への不信任案に続き、山下貴司法相への不信任案で対抗措置を採ったが、アリバイ程度の対抗措置で審議を引き延ばしたのみ。

 不信任案はいずれも自公政権によって否決されており、単なる悪足掻きに終始した。

 入管法改悪にかかる衆院本会議で、これに賛成したのは自公政権と野党からは日本維新の会。…思わず日本「移民の会」などと形容したくもなるが、自公に加えて維新の会の与野党「自公維」のトリオによって事実上の移民受け入れ案が衆院で可決された。

 いずれもヘイトスピーチ規制法・条例の制定にも積極だった党であり、まさに「移民推進政党」の与野党連合だったと言える。

 それにしても、政府・与党が成立させるとした重要法案はどんなに反対があろうと、強行的に推し進められてしまう。

 もう法案と言うよりは現政権による一種の「国策」と言えるのではないか?

 いかに財界・企業団体をスポンサーとする自民党政権とはいえ、ここまで強行採決で拙速ながら成立を急ぐとは、悪い意味で神がかり的だとも言える。

 今回、野党側として先陣を切っていたのは立憲民主党の国対委員長・辻元清美

yatou
画像:野党の反発を伝えるニュース映像より抜粋


 辻元清美が惜しみなく前面に出ていた機会に起きた関連事件ということで触れておきたい。

 入管法改悪案が衆院通過した同日の11月27日、滋賀県警は同県大津市内の大手住宅メーカーの施工現場にて、現場責任者らに因縁をふっかけて威力業務妨害をしたとして極左労組『連帯ユニオン関西地区生コン支部(執行委員長:武建一)の幹部ら8人を逮捕した。

rentai2
画像上:連帯幹部の逮捕を伝えるネット・ニュースより
画像下:筆者・有門のツイートより
ari2

 滋賀県内での事件をめぐっては、既に同執行委員長の武建一が別の恐喝未遂容疑や威力業務妨害で逮捕(及び起訴)されており、その武の配下であり、同じく別の恐喝未遂容疑で逮捕・起訴されていた連帯幹部を含む計8人が今回逮捕された。

 その連帯ユニオン関生と武建一を最大のスポンサーとして政治資金の提供を受けていたと思われるのが入管法改悪への反対でも奔走(?)していた辻元清美。

 ここで長らく筆者・有門が追及してきた「移民問題」と、一連の「連帯ユニオン問題」がようやくリンクしたものである

 以上、ここまでは事象を追ったものだが、以下、入管法改悪をめぐる動きに連帯ユニオン問題を絡めて検証していきたい


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆その実、安倍政権の外国人規制?

留学生受け入れの厳格化と日系人特権の事実上の廃止?

 入管法改悪に伴なう外国人「単純」労働者への全面的とも言える門戸開放は誰が見ても悪い。

 だが、近年の重要法案に関する動向を見ていると、安保法制から特定秘密保護法、共謀罪など、いずれもの重要法案採決の際には必ず野党勢力とそれに連なる暴徒が国会前で騒乱を繰り広げては足を引っ張って来た。特に治安や安全保障に直結する重要な法案で。

 こと入管法改悪については自公政権の暴走に対し、一見、こればかりは野党が正論を言っているようにも見える。しかし、これを額面通りに受け取って良いのだろうか?

 つまり、本稿でも「改悪」「改悪」と敢えて強調することで入管法の改正を「悪」と断定しているが、必ずしも悪いことばかりとも言えない。

 辻元のような反日の野党議員が猛烈に反対する法案は日本国にとって良い法案で、その逆は悪い法案と考えれば便利なバロメーターだが、その背景を今一度、検証する必要がある。本エントリー冒頭で述べたように米国トランプ政権が事実上の鎖国とも言える措置を採っている最中、同盟国・日本の、それも安倍政権がそこまで暴挙を冒すだろうか?

 実は安倍政権で、特に入管法の改正が取り沙汰されて以降、外国人留学生の受け入れ審査は極めて厳格化されている。

 留学生のはずが事実上、コンビニなどで労働力の補完として偽装留学の労働移民と化してきた状況を受けてのものだ。

 ベトナム人など受け入れが始まれば目に見えて外国人留学生の姿が目に付くようになったが、この先、僅か数年で目に見えて激減してくるのではないか?

 その他、逃亡した者も含め、技能実習生や外国人による犯罪が何かと取り沙汰される昨今だが、逆に言えば安倍政権下で警察庁に対し、特に外国人刑法犯の摘発強化が指示された結果と見ることも出来る。

ami
画像:有志によるツイートより


 そればかりではない。特に愛知県はじめ中部・東海地方でブラジルやペルーなど、日系南米人(現状で20数万人)の存在が問題視されてきた。これまで日系2世3世に対して、ほぼ無条件で定住資格(いわゆる日系人特権)が付与されてきた帰結だ。

 それが安倍政権下の現在、日系4世以降への定住資格の付与はその条件が厳格化され、ハードルが高くなった。その結果、定住資格の申請者(来日者)自体が激減している。

ari
画像:筆者・有門によるツイートより


 この日系人特権こそは在日朝鮮人への特別永住資格(いわゆる在日特権)と同様、2世3世から4世5世へと子々孫々にわたって付与されることが危惧されていた。日系南米人にせよ在日朝鮮人にせよ、既に3世の世代が高齢化に差し掛かっており、4世5世が働き手の時代となっている。

 いわゆる日系人特権のほうは3世までで事実上、終止符が打たれつつあるわけだが、今後、釣り合いをとる意味で在日朝鮮人への特別永住資格も子々孫々にわたって無条件の状態が見直されることになるかも知れない。

 留学生にせよ、日系人にせよ、安倍政権でこそ、かつてないほどに制度運用が厳格化されている。

 こうした背景を見れば今国会での入管法の改正は何を物語るのか?

 入管法の改正が審議入りする直前、安倍晋三首相は再三にわたって「移民政策ではない」ことを強調した。ゆえに改正案では特定技能の1号だか2号だか、条件をクリアすれば永住資格の付与も家族の呼び寄せも出来るとしている。

 即ち在日朝鮮人と同様、外国人のまま、ほぼ移民同然に暮らせるようにと。

 …ここから考えられることは、将来的に在日朝鮮人の特別永住資格を、他の外国人労働者(一般永住者)と同等レベルの永住資格にまで引き下げる(つまり特別永住資格を廃止する)ということ。

 辻元ら連帯ユニオン関生を支持母体とする反日議員はもしかすると、入管法の改正に伴なう外国人労働者の受け入れ拡大より先を見てモノを言っているのかも知れない。

 武建一をボスとする連帯ユニオン関生は特に北朝鮮や南朝鮮(韓国)との関わり合いが深い。連帯関生が位置するユニオン(関生)会館(大阪市西区川口)には度々、韓国民団の関係者も出入りしていることが確認されている。

 辻元ら反日議員は、「政局」ゆえに与党主導の入管法の改正に反対したという側面もあるだろうが、その真意は在日朝鮮人の「在日特権(特別永住資格)」を死守せんがための国会内での反対闘争だったと見ることも出来るのではないか?

 さらに言えば韓国民団や朝鮮総連といった在日組織の権益を守るための。
(前述の通り、一連の捜査と相次ぐ幹部の逮捕で、仲間の極左勢力から軒並みソッポを向かれている連帯関生としては南北朝鮮の外国勢力にすがりつくしか生き残る策はないのかも知れない)

 繰り返し、外国人労働者の受け入れ拡大は大問題であり、法改悪の売国には違いない。

 しかしながら単純に考えて現状の国会と日本社会の在り様で、「外国人の受け入れ阻止」やら「外国人の排除」を公然と謳った法律が可決・成立するわけがない。

 外国人労働者の受け入れ拡大を謳いつつ、その一方で元祖・事実上の移民(在日)」とその組織を規制するための策略だったとすれば脱帽する他ない。

 引き続き、参院での審議を注意深く見ていきたい。

gai
画像:議員会館にて
野党が掻き集めてきた逃亡の元技能実習生ら
実習先から逃亡して不法就労(犯罪)に手を染めていた外国人が堂々議員会館での聴取とは…?
その場で一斉検挙して全員、強制送還しなければならない!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


62d14f5d
画像:青林堂より、12月8日発売予定のジャパニズム


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョn楠カルイシnクソスレ広場(嗤!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421815403.html
”クソスレでグへへnヤツのゴミブログ(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421826357.html
”チョン楠ブタマに落書!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421975415.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 06:00このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 | 連帯・反原発・妨害集団しばき隊・ヘイト規制

2018年11月26日

反天連カウンターと左翼・共産主義との戦い!

1415
画像:護国志士の会によって展開された東京・原宿での反天連へのカウンター街宣!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!
【川崎市の社会貢献団体の実態1】 〜超胸くそノーカット映像記録その1〜

https://www.youtube.com/watch?v=VOc8YmktXi8

【川崎市の社会貢献団体の実態2】 〜超胸くそノーカット映像記録その2〜


https://www.youtube.com/watch?v=RMRiT4bggpY
(制作:はとらずPlus


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆報告 11/25 IN原宿・宮廷ホーム

護国志士の会主催 極左・反天連へのカウンター街宣!

陛下・皇族方ゆかりの地で反日ゾンビの行列に怒りの咆哮!

13
画像上:日曜日の原宿・竹下通り
画像下:大晦日の初詣など、滅多に開かれることのない原宿駅の宮廷ホームは、陛下が列車をご利用なされる際に使われて
いたホームだ
3

 平成30年11月25日(日)、我が『護国志士の会』(高木脩平局長)は東京都渋谷区の原宿・宮廷ホーム付近にて、JR原宿駅前を通過した極左・反天連(反天皇制運動連絡会)行進へのカウンター街宣を展開し、反天連に激しい抗議行動を繰り広げたものだ。

 ここで引用することさえ口憚られるような天皇陛下と皇族方に対する悪口雑言の限り…。何度も繰り返し述べてきたことだが、もはや極左・反天連の行進はいかに公安条例の許可を受けたものであれ、公序良俗に反するどころか、反日的・国賊的な行動そのもの。その行進そのものが暴動」「騒乱と形容しても良いだろう。

 いかに憲法で「言論の自由」が保障されているとはいえ、まずもって言論や表現の名に値しない。こういう破廉恥極まりないゾンビの行進が公然と認められていること自体、現代社会の異常性である。

 巷間よく「ヘイトスピーチ・デモ」なるものを何かと問題視する報道もあるが、この反天連による行進こそは天皇陛下と皇族方への悪口雑言の限りを尽くした皇族ヘイトと言えるだろう。

 当日、護国志士の会は総勢15名を動員し、原宿・宮廷ホーム付近に陣取って反天連へのカウンター街宣を展開し、反日行進の暴動に対し、これを厳しく糾弾したものだ。

1
画像上:明るい時間帯から宮廷ホーム付近に陣取った護国志士の会
その位置づけこそは皇室を護るかの如し!

2
画像上:口火を切ったのは当日の反天連カウンター街宣を企画した同会の山口いのち迎撃隊長(埼玉支部長)

7
画像上:護国志士の会の高木脩平局長
反天連による反日行進の数日前、明治神宮の倉庫が何者かによって放火された事件に言及!
過去、朝鮮人テロリストによって靖国神社に爆発物が設置されたり、鳥居が放火されたほか、各地の神社仏閣が汚損テロの被害に遭っていることから、朝鮮人もしくは極左過激派の犯行と見るのが妥当だろう!

4
画像上:当日は地方からも有志がカウンター街宣の為に馳せ参じてくれた!

5
画像上:「不敬罪の復活」で反天連を取り締まれ!…と主張する弁士

6
画像上:「行動する保守運動」の古参参加者である千田氏による極左・反天連の反日暴動に対する糾弾!

8
画像上:護国志士の会の荒井泉・練馬支部長
反天連の老害ジジババこそ家で寝てなさい!

9
画像上:演説中、個人的に撮影に来ていたカメラマンもこちら側に続々集結!

10
画像上:辺りが暗くなってきて、反天連が近づくに連れ、街宣トーンもヒートアップ!
反論出来ない陛下や皇族方に対する悪口雑言こそヘイトスピーチであり、卑怯者の所業です!」(江戸南さん)

11
画像上:ひっきりなしに往来する車のライトに照らされ、「反日勢力による日本人差別と戦う!」とした護国志士の会の横断幕が一層、人目を惹く

12
画像上:そして機動隊に両サイドを守られながら反天連行列の通過!
まるで死者の行進(ウォーキング・デッド)そのものである!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆ヘイト規制・条例の埒外?

左翼・共産主義者は保護対象にはあらず!

 反天連による破廉恥行列が到着・通過する直前、弁士の一人を務めた筆者・有門大輔から述べさせてもらった一言は以下の通り。

東京都では今年秋、ヘイト規制の人権条例が制定されました! 国会でもヘイト規制法が成立・施行されています!

 これらヘイト規制では外国人から障害者、性的マイノリティ、女性、高齢者、子供、部落出身者など、様々な保護対象が規定されていますが、『左翼』『共産主義者』などイデオロギーの括りでは一切保護対象にされていません!

 これからここを通過する反天連なる極左過激派の集団にあらん限りの罵声を浴びせましょう! 堂々『死ね』と言ってやりましょう!

 事実、ヘイト規制法にあっては本邦外出身者である外国人をはじめ、様々な保護対象が区分されている。このことは今年5月16日付の当ブログ・エントリーでも言及した。

17
:当ブログの関連エントリーより

2018年05月16日 都人権条例と外国人によるヘイトクライム!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52075127.html
画像上下:法務省人権擁護局がガイドライン・ブックで発表したヘイト規制の主な対象
16

 確かにヘイト規制をめぐっては、そこに日本人も等しく対象として加えられていないのは大問題だ。ヘイト発言とは何も日本人から外国人に対して行なわれるものばかりではない。

 実際問題、基地建設をめぐる在日米軍将兵への悪口雑言などは、日本人左翼の側から外国人である米軍将兵に対して投げつけられている。皇族方も然ることながら、左翼による攻撃はいつも立場上、表立って反論・反駁出来ない人ばかりを標的に繰り広げられている。ここが彼らの卑劣極まりないところだ。

 しかし、同時にヘイト規制法では左翼・共産主義者など、特定のイデオロギーの括りでは一切保護対象には規定していない。

ari
画像:今年11月18日の日韓断交デモ(大阪)の直後、筆者・有門によるリツイートより


 即ち、相手が左翼」「極左」「共産主義者という括りでなら「死ね!」「東京湾(大阪湾)に叩き込め!」というデモ街宣コールも一切ヘイト規制には引っかからない。

 ともすれば、我々の闘争・運動(ネット発の右派市民運動「行動する保守運動」)とは、ヘイト規制の絡みで「日本人VS朝鮮人」「日本人VS支那人(中国人)」という括りで捉えられがちであった。

 だが、運動の目的とは何も朝鮮半島の朝鮮人を根絶やしにすることでもなければ、支那(中国)大陸の支那人を根絶やしにすることまでを目的としたものではない。

 まして日本国内にあって、何らの政治行動にも反日行動にも携わっていない(善良な)外国人を標的に「追放せよ」などと主張したものではない。

 それが日本人であれ外国人であれ、極左・左翼的で反日的な、共産主義者に煽動されたと思しき共産主義的な行動に狂奔する言わば「左翼・共産主義勢力」の追放を主眼としたものである。

 ゆえに、たとえ保守を標榜しようとも、新右翼や民族派を標榜していようとも、いかに政権与党・自民党であろうと、容共的に反日主義・反日勢力に寛容だったり、与するような言動に対してはこれを厳しく諌めては糾弾してきたものだ。

 朝鮮人…支那人…何処そこ出身の何々人…反日…パヨク…などなど、そういった曖昧且つ出身国別にぶった切りに区分けするのではなく、明確に敵を左翼・共産主義者(とその手先)といった具合にイデオロギーで区分けする時に来ているのではないか?

 右派系デモへの妨害で知られるしばき隊にも通ずることだが、反安保(反基地)…反原発…反ヘイト(その実、日本人ヘイト)など、日本人の権利と主張を害する言動は、全て共産党や左翼に共通する傾向である。

 ヘイト規制・条例が「日本人VS朝鮮人(及び外国人)」から「保守・愛国陣営VS左翼・共産主義者」へと誘導する体制側の思惑だったとすれば、これはもう、政府関係者の策略に脱帽するしかない。
 どちらがどちらを罵倒しようが、中傷合戦しようが、全てヘイト規制・条例の埒外。

 どの道、北朝鮮や支那(中国)など、核保有にまで至った共産主義国家群が存在する極東アジアにあっては21世紀の今もなお冷戦構造の真っ只中にあり、日本もその影響をモロに受けている以上、共産主義勢力との対決は不可避である。

 堂々、左翼に対する左翼ヘイト、共産主義者に対する共産ヘイトを公然と主張しよう。

 それでこそ憲法で言論の自由が保障された自由社会にあっては正常である!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★関連ブログ『政教分離を求める会』より
創価内部から“大作時代の終り”(11月26日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=188

souka5


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョン楠オオタマネギイシん△カンケー(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421423309.html
”チョン楠カルイシんキッス券(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421591338.html
”チョン楠カルイシんクソスレ1本釣(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421693496.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 22:54このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 抗議・街宣 

2018年11月25日

自民議員の「日韓断交」への言及!

1
画像:明日の会主催によるタウンセミナーの様子


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!

【対談】日本第一党 瀬戸弘幸最高顧問×中村和弘神奈川県本部長

https://www.youtube.com/watch?v=3WPMo8sHDNA

第4回川崎時局講演会開催告知

https://www.youtube.com/watch?v=Mf9eVGpiO_s
(制作:はとらずPlus

【速報】関生支部トップに逮捕状!出荷業務妨害容疑で幹部ら3人も逮捕!

https://www.youtube.com/watch?v=7PVfLCoypK0
(制作:はとらずチャンネル


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆愛国タウンセミナー参加報告

現職の自民党国会議員が公の場で「日韓断交」に言及!

2
画像:埼玉選出の国会議員からのメッセージを代読する秘書の方


 平成30年11月24日(土)、『日本の明日を考える埼玉県民の会(略称:明日の会)』主催による第5回「日本の明日を考えるタウンセミナー」がさいたま市民会館うらわ会議室にて開催された。

 昨年7月の同セミナーの第1回目には筆者・有門大輔も参加させて頂き、畏れ多くもご登壇の機会を頂いたものだ。

:当ブログの関連エントリー

2017年07月04日 民族派の愛国心と矜持!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52051556.html

 それから回を重ねること計5回。今年1月からは関西圏での「連帯ユニオン討伐行動」に随行したため、関東圏での集会に参加する機会もめっきり減ってしまったが、今回は在京中の時期と重なったこともあり、参加することが出来たものである。と言うか、この集会に参加するための在京であったと言っても良い。

 セミナーでは、村田春樹先生をはじめ、「行動する保守運動」関係にあっても、お世話になっている方々に久々の再会が叶ったこともあり、大変に有意義な参加となった。

 当日のセミナーの主題は憲法問題。

 改憲、創憲、現行憲法の破棄による帝国憲法の復元など、意見は様々だが、憲法の一語一句さえいじることを許さない護憲が論外である点は良識派・愛国者の間で意見が一致するところだ。

 憲法を変える、変えないの問題ではなく、どこをどのような形で改めるかが求められている。

 今回のセミナーでは時間の関係上、主に憲法九条の問題に焦点が絞られたが、天皇の地位を定めた「憲法一条 天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であってこの地位は主権の存する日本国民の総意に基づく」とされた点は特に早急な改正が必要だろう。

 国民の総意でなくなってしまえば、国民統合の象徴も象徴でなくなってしまう。国民の総意というのも、その時々、様々であり、いかようにも変化・変遷してしまう言わば無責任なもの。

 話をセミナーに戻すが、安倍内閣の改憲案は自衛隊の存在を憲法上に銘記するというもの。これまで憲法九条で武力、交戦権の放棄を謳っている手前、自衛隊の存在は言わば政府が認知しない「私生児」と形容されてきた。

 その意味で自衛隊の存在を銘記するとした安倍政権の改憲そのものについては評価したい。

 ただ、自民党が政権に返り咲いた当初にマニフェストで掲げていた「国防軍」の創設がどうなったのか? それがセミナーでの講演でも問われていた。

 選挙時のマニフェストなど、言ってみれば大風呂敷。政権に返り咲いたところで、『創価学会』を支持母体とする公明党と再び連立を組んだ時点で当初の改憲など不可能…よしんば改憲出来たとしても自衛隊の銘記くらいに落ち着くであろうことは予測出来たこと。

 安倍政権に話題が及んだので、この機会に触れておきたい。現在の安倍政権下で成立・施行された「ヘイトスピーチ規制法」は確かに悪い。しかし、保守派の誰もが懸念したかの「人権擁護法案」や「外国人参政権法案」は安倍晋三首相をはじめとする自民党内の超保守派が阻んできたことも事実である。

 自民党内外でどのようなバーター取り引きがあったのか分からないが、ヘイト規制法成立・施行の背景には、そうした駆け引きがあったであろうことも忘れてはならない。左翼勢力が長きにわたって反対運動を繰り広げ、歴代の自民党政権下では10年以上にわたって成立しなかった共謀罪も、「テロ等準備罪」という形で成立が図られたのも安倍政権。

 憲法問題について、質疑応答の際、参加者から「現行憲法には国会議員や公人は憲法を遵守、尊重しなければならないと書かれています。即ち改憲を主張すること自体が憲法違反とされるのではないか? これは現行憲法を押し付けたGHQの策略でしょうか?」との問いに対し、現行憲法を尊重することと改憲を主張することは何ら矛盾しないとの見解が講師より述べられた。

 外国人への生活保護支給が「憲法違反」であるとの判例もある。現行憲法に沿って正しく外国人への生活保護支給は即時廃止されなければならない。
 その一方で日本の安全保障にとって、どのような憲法の在り方が望ましいか? それを問うための「言論の自由」はこれも現行憲法に沿って等しく尊重されなければならない。

 以上、憲法問題への参加者の興味は尽きなかったところだが、講師の先生からは「徴兵制の是非は別として、徴兵が現行憲法で禁じられた国民の酷使に当たるので、徴兵制は望ましくない」とした安倍首相の国会答弁が問題視された。

 各国では徴兵を神聖な義務、使命として憲法に謳われている旨が紹介されたものである。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 基調講演の次に、和田政宗参議院議員より、「国政報告」が行なわれた。

※支持者の方よりメールにて、誤字があったと連絡を受けておりましたので訂正します。大変、失礼しました。
 和田先生は現在、自民党にあって広報本部副本部長の要職にあり、NHKアナウンサー出身の同先生は筆者・有門と同じ昭和49年のお生まれの74世代(1974年生まれ)。

 右派系、保守系の国会議員として今、最も左翼勢力から狙い撃ちにされる先生だ。筆者・有門とはまったく活動のフィールドは異なっているが、今後のご活躍が最も期待される愛国議員である。

4
画像:登壇された和田先生
人口4万人以上の国で、憲法で国土防衛の責務について触れていないのは日本のみ」(和田先生)


 マスコミ報道はまったくアテにならない。南朝鮮(韓国)最高裁での判決が「徴用工」判決などと報じられているが、和田先生によると「正しくは『戦時における朝鮮人労働者』『募集工』です」とされており、言うならば「募集工」判決と表記するのが正しい。

韓国最高裁の判決に対して、国際司法の場に持ち込むというのが自民党政権としての対応です。

 国際司法では相手側(韓国側)が調停を是としない限り、審理にはなりませんが、相手側が拒む場合はその理由を開示しなければなりません。

 それによって韓国側のウソが全世界に知れ渡ります。

 欧州の関係者の間では『韓国など放っておけ、どこにある国かも分からない』と言われたりもしますが、隣国である以上、きちんと対応しなければならないことを主張し、ご理解を得ました。

 また、然る米軍関係者の方によると、トランプ政権が北朝鮮攻撃をいつ指示するとも分からない最中、日米韓による緊密な同盟関係が重視されております。その最中に募集工判決で日韓関係がバラバラにされたことで米国としても激怒している状況が伝えられました」(和田先生)

 関心がない国には関心がないが、関心のある国は南朝鮮での募集工判決と、それに対する日本の出方に非常に注意を払っている。やはり、日本として毅然と対応しなければならない問題だ。

 そして和田先生からは南朝鮮への対抗措置として、「外交上の疑義が生じている以上、韓国からのノービザ入国の廃止を提言したい」「日韓議員連盟の解散、これは自民党内にも親韓派が少なくありませんので非常に難しいところではありますが、解散させるべき」とした上で、「韓国との国交そのものの在り方を見直す必要があります」との旨が述べられた。

 現職の与党・自民党議員として、南朝鮮との国交断絶を示唆した発言はこれが初のことではないか?

 過去、当時は自民党幹部の亀井静香氏が南朝鮮に苦言を呈したことはあったが、ここまで厳しい見解ではなかった。

 これほどにまで踏み込んだ発言をされた和田先生の見解に、現在の日韓関係、自民党政権の対韓姿勢が集約されていると言っても過言ではない。

 日韓間は着々と国交断絶なる在るべき形へと向かっている。

 確かに日韓断交の実現は難しいかも知れない。しかし、難しいから出来ません…では終わらせず、日韓断交を要求して「嫌韓デモ」を継続してきた右派市民団体・行動する保守運動の参加者たちは決して現状には折り合いをつけなかった。

 難しいことだからこそ長い道のりでも挑む。難しいことだからこそ実現に臨む。その思い(愛国心)が人々を突き動かし、ようやく実を結びつつある。

6
画像上:ふじみ野市市議先生のご挨拶
ふじみ野市にあってもジェンダーフリーに次ぐLGBT条例なる共産革命が及ぼうとしています!
かつては労働者を煽り、現在では性的マイノリティを煽っています!

5
画像上:主催者より閉めの挨拶
ここで聴いたことを単に聴いただけで終わらせないでください! 皆さんの行動に移してください!


7
画像上:ジャーナリストの西村幸祐先生
保守言論人として様々なタブーに言及される西村先生から、当日参加の高木脩平・護国志士の会局長は度々激励のお言葉を頂いている

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョン楠ブタマネ総会屋!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421225428.html
”チョン楠ブタマの親友はセキネのレーコちゃん!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421297245.html
”クソスレでチョン楠ブタマん陰口(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421350966.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 13:13このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 

2018年11月24日

移民政策より酷い「日本型移民受け入れ」!

5
画像:自民党政権の肝いりで、移民推進の旗振り役となってきた元入国管理局長の坂中英徳
昭和20年5月の生まれであり、その3年前の昭和17年に出生している武建一(連帯ユニオン関生支部執行委員長)とも
世代的にそう変わらない所謂「老害」世代
坂中は記者会見での質疑応答で安倍政権による外国人技能実習制度の拡大を批判したが、皮肉なことに安倍政権による外国人労働者の受け入れ拡大こそは、坂中が提唱した日本型移民受け入れとも言える…


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★『連帯ユニオン』総括・最前線!

 最初に、このほど出版社『青林堂』より、同社発行の『ジャパニズム』(2018年12月8日発売号 =画像下=)に瀬戸弘幸氏(ブログ『日本よ何処へ』主筆)とともに、僭越ながら筆者・有門大輔の記事が掲載されました。

1

 まったくの想定外でしたが、並み居る著名な先生方とともに、筆者・有門の氏名まで載せて頂き、大変恐縮です。

 雑誌媒体の表紙に名前が載るというのは、ここで言うのも何ですが、大変なことです。まだ、筆者・有門が二十代前半で物書きとして駆け出しの新人だった頃、『瀬戸弘幸事務所』で刊行していた雑誌媒体に筆者・有門の氏名が目次にさえ載ることは当然ながら、ありませんでした。

 これも機関紙やウェブ上で日々文章を書き連ねてきたことの積み重ねで、曲がりなりにも今年1月から大阪での『連帯ユニオン』討伐行動に随行し、ユニオン会館への警察による家宅捜索・摘発の第一報をレポートしてきたことの結果であると思っています。

 何よりも、師匠である瀬戸氏の庇護によるところが大きかったでしょう。

 そして国会議員の先生方をはじめ、論壇にて保守系の論陣を張っておられる先生方までが寄稿するほどにジャパニズムという媒体が「保守系メディア」として確立されたことを嬉しく思います。

 連帯ユニオンもそうですが、その保守系メディアに対し、労働争議・団体交渉と称しては悪辣な嫌がらせを繰り広げた東京ユニオンによる卑劣な所業は断じて許せたものではありません。

 引き続き、悪徳労働組合への糾弾の一助となりますよう、精強な論陣を張って参りますので、宜しくお願いします。

平成30年11月24日
ブログ『侍蟻』主筆
『NPO法人 外国人犯罪追放運動』理事長 有門大輔


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!
【速報】関生支部トップに逮捕状!出荷業務妨害容疑で幹部ら3人も逮捕!

https://www.youtube.com/watch?v=7PVfLCoypK0
(制作:はとらずチャンネル

3
画像上下:3人の幹部と、「ドン」である執行委員長の武建一が再逮捕された当日、連帯関生支部の前から引き上げる大阪府警の捜査車輌(11月21日)
4

2
画像上:家宅捜索と摘発の翌日、どこかへ出動していた帰りなのか、連帯ユニオンの街宣車がユニオン会館のほうへと走行していた(大阪市西区にて)

 家宅捜索の当日、近隣を通行していた初老の男性は武建一について、次のように述べていた。

あそこの親分(武建一)、徳之島(鹿児島県大島郡)の出やろ。

 俺の知り合いに徳之島の出の人が居ってな。武と同年代や。同郷ってだけやねんけど、武建一のこと訊いたら『知っとる、知っとる』って言うとった。

 若い頃はヤクザ崩れで愚連隊みたいなこと、してたらしいわ。今で言うたら半グレみたいなもんや。同郷って言うだけで知ってる人が居るくらいやし、地元でも相当、悪名、馳せとったんやろな〜

 その武建一は遂に司直の手に下ったが、今後、新たな武建一が、より性質の悪い形で台頭してくる恐れがある。

 それが目下、外国人移民・労働者の受け入れ拡大に伴ない、外国人の労働組合という形で、政府も制御不能な状態で跳梁跋扈することが懸念されている。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆安倍政権による外国人労働者受け入れ拡大…

その実、それこそが日本型「移民政策」となっている事実!?

6
画像:日本型移民受け入れ(?)の推進役となってきた坂中英徳へのインタビュー記事見出しより


 外国人労働者の受け入れ拡大に伴なう入管法改悪の国会審議を見聞きしていると、つくづく民意が堕落した民主主義とは最悪の制度に成り下がるのだと思う。

 外国人労働者と言っても事実上の移民。事実上の移民を受け入れれば治安が悪化する…労働市場が混乱する…取り返しのつかない禍根を残す…などなど。野党や世論からの追及に対して、与党はそれを納得させ得る答弁が何ら出来ていない。

 納得させ得る答弁など出来ようはずもないのだが、それほどに途轍(とてつ)もない、後世に残るであろう売国政策を、与党は拙速に今国会での成立を図ろうとしている。

 …民主主義の議会にあって審議の内容など関係がない。与党が終始劣勢で満足な答弁も出来ず、野党からの追及がどんなに正鵠を射ていたとしても、議論の優劣も何ら関係がない。

 唯一関係があるのは、「どちらが多数」で「どちらが少数」であるか?

 どんなに世紀の法改悪だろうと、売国政策であろうと、多数決で全てが決してしまう。多数決こそ全て。多数決は道理に適っているのだろうが、その多数決を支える側の民意が低ければどうしようもない。どんな糞な法案でも通ってしまう。

 加えて与党も糞なら野党も糞。だから「人手不足」の一言で思考停止になった入管法改悪も通ってしまう。

 労働力の不足など、過去にも賃金の是正やオートメーション化で乗り切っているが、特に機械化による完全無人化・自動化はかつてないほどに驚異的な発展を遂げている上に、今後も各分野で人手を要しないほどに発達が見込まれる。

 ところで、今回の外国人労働者受け入れ拡大に伴なう入管法改悪…。よくヨーロッパなど他の先進国での移民受け入れが失敗例として引き合いに出されるが、それ以上に酷い。

 移民として、即ち「新たな日本人」として受け入れようという発想でもなく、「特定技能資格」の1号やら2号やら、能力次第で家族の呼び寄せも永住も出来ると定めている。

 つまり、外国人のまま移民同然の「特権的待遇」を徒に拡大して付与しようとしている。

 外国人のまま…も何も、かつて日本人移民が船に乗って大海を渡り、南米や北米に移住した当時とは異なり、移動手段は交通網の発達によってかつてとは比べ物にならない。インターネットや国際電話・携帯電話の普及で情報化もかつてとは比べ物にならないご時勢にあって、日本人に帰化しようがしまいが、あまり意味を持たない。

 外国人のまま移民同然の特権…は、日本の戦後史にあって同様の事例を見つけることが出来る。

 終戦直後の混乱期から朝鮮戦争時代(1950年代)に不法入国して来た(後の)在日朝鮮人がそうだが、現在の欧米への不法入国者と同様、政治難民などではなく、単なる不法入国者とその子孫。

 戦中、国を挙げた総動員で(日本臣民として)徴用された朝鮮人など、その大部分は戦後、日本政府が用立てた帰国船で帰国の途に着いているというのに、逆に不法入国して来ては不法に住み着いた。

 愛知県のトヨタ自動車工場で「期間工」として雇用されるなどした後、入管特例法の「特別永住制度」に基づき、子々孫々に渡るまで特別永住資格を付与されて現在に至る。

 時を経て90年代初頭、外国人技能研修制度(後の技能実習制度)が導入されたのと時期を同じくして、日系人資」(所謂、日系人特権に基づき、主にブラジルやペルーなど南米からの日系人労働者とその家族の来日(逆移民)が容易となった。

 この在日朝鮮人への法的地位の保護と、日系人の特権的な受け入れ…。

 そのいずれにも関わってきたのが元入国管理局長の坂中英徳(さかなか・ひでのり)である。

7
画像上:坂中のプロフィールより
画像下:移民推進派の坂中を紹介した支那(中国)メディアの見出しより
8

 法務省官僚として坂中が後の在日朝鮮人らの法的地位の保護を提唱した「坂中論文」を発表したのが1970年代半ば。

その後、1982年には韓国籍以外の者にも「特例永住許可」が付与され、その地位が確立。

 91年には韓国籍・朝鮮籍、台湾籍などに分かれていた特例永住が「特別永住資格」に一本化された。

 同じく90年代初頭に坂中が主導した日系人受け入れが始まり、ほぼ同時期に導入された外国人技能実習制度(当時は研修制度)の拡大によって、2010年代も後半となった現在、事実上の移民である外国人労働者の受け入れ拡大が全面的に展開しようとしている(坂中自身は技能実習制度に対しては「奴隷的制度」「役人の天下りのためのトンデモない制度」として否定的)。

 ただ、ここでは坂中一人を「売国奴」として糾弾しようとか、吊るし上げようとか、始末しようと主張しているわけではない。

 あらゆる物事が動き始めている最中、元入国管理局長のジジィ一人をどうにかして、どうにかなるような問題ではない。

 だが、押さえておかなければならないポイントは、1940年代後半〜50年代、60年代にかけて朝鮮人の不法入国が始まり、その朝鮮人が不法ながら定住し始めて久しくなった70年代半ばに朝鮮人保護を謳った坂中論文、そして80年代前半には韓国籍以外の者にも特例永住許可が付与され始め、後の特別永住資格(91年)に一本化されるに至ったこと。

 ちなみにこの80年代前半、日本は国連の難民条約への批准を受け、それまでの出入国管理令を現行の「出入国管理及び難民認定法」に改めている。

 続く90年代に日系人受け入れと、外国人技能研修・実習制度の導入…。00年代には法務省を退官した坂中が自民党の肝いりで日本型移民の受け入れを提唱した活動を本格化させた。08年当時、「行動する保守運動」としても坂中が主賓となった移民受け入れ集会への抗議行動を展開したものである。

 それが今からちょうど10年前のこと(当時は福田康夫内閣)。

 ただし、坂中が主張しているのは飽くまでも正規の移民受け入れであり、前述のように坂中自身は安倍政権による外国人技能実習制度の拡大について、「悪い制度を拡充するというのは恥ずべきこと。(移民政策への)第一歩どころか、汚点を残す」として否定している。

 しかし、何とも皮肉なことに、日本型移民受け入れの推進役として旗振りを務めてきた坂中の意に反して推進されているからこそ、安倍政権による外国人労働者の受け入れ拡大はある意味で日本型移民受け入れと形容出来る(坂中自身は絶対に認めないだろうし、絶対に否定するだろうが)。

 事実、外国人のまま移民同然に扱うという政策は、まことに皮肉ながら坂中自身が主導・提唱した在日朝鮮人への法的保護や日系人の受け入れを叩き台としているであろうことは間違いない。実際、法務省にはそうして入管特例法を設け、入管法を改悪してきた戦後史があるからだ。

 1990年当時、日系人の単純労働を認めた出入国管理及び難民認定法の骨子作りを主導した坂中が、ほぼ同時期に創設された外国人実習(研修)制度に否定的なのは、同じ法務官僚でありながら、その権益には携われなかったことによるものではないか?

 ゆえに坂中は日本型移民受け入れ…などという独自の移民政策の発案で新たな権益の確保に必死なのだろうが、繰り返し、このジジィ一人を締め上げたり、ジジィ一人が死んだところでどうなる問題でもない。

 在日朝鮮人の問題も日系人受け入れの問題も、既に坂中の手を遠く離れて久しく、まして安倍政権による外国人労働者の受け入れ拡大に伴なう権益には坂中は一切関わっていないからだ。

 坂中論文を契機とした在日朝鮮人への特別永住制度(在日特権)にしたところで、不法入国の朝鮮人を一斉排除することが理想的ではあっても、当時の状況に鑑みればその全てを否定することも出来ない。日系人の受け入れも今にしてみればトンデモな売国には違いないが、空前の好景気に沸く当時の状況に鑑みればギリギリの選択だったのだろう。

 入管法改悪をめぐる与野党の議論が喧しいが、誰がどう言ったとか、どの党が何をしたといった目先のニュースばかりを追うのではなく、今日の外国人労働者の受け入れ拡大が朝鮮人への特権付与と日系人の受け入れの延長上にある「売国の集大成」として捉えなければならない。

 所謂、在日特権(特別永住制度)の廃止及び日系人の受け入れ(日系人特権)廃止と外国人労働者(事実上の移民)受け入れ拡大の阻止(技能実習制度の廃止)。これらをセットとして捉えなければならない。

 今国会もしくは次期国会で外国人労働者の受け入れ拡大を阻止した後に、その先をどうするのかが国民世論に問われている。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!
【対談】日本第一党 瀬戸弘幸最高顧問×中村和弘神奈川県本部長

https://www.youtube.com/watch?v=3WPMo8sHDNA

第4回川崎時局講演会開催告知


https://www.youtube.com/watch?v=Mf9eVGpiO_s
(制作:はとらずPlus


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョン楠カルイシん本業(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420710970.html
”チョン楠カルイシんクソスレ レンタイ(哂!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420780385.html
”チョn楠カルイシnクソスレ裏切(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420896146.html
”クソスレn落目nオオタマネギ(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420929628.html
”チョン楠ブタマの未来!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420999168.html
”チョン楠ブタマのステータスはクソスレ!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12421150537.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 12:23このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 | ブラジル人犯罪・日系人特権問題

2018年11月22日

労働移民と悪徳労組!

5
画像上:大阪市西区川口の連帯ユニオン会館(関生支部)前で、家宅捜索のため、正面玄関口で警戒中の警察官に何かを話しかけ、挑発を繰り返す連帯労組員(右端)

★『連帯ユニオン』摘発最前線!

6
画像上:ユニオン会館敷地内を移動する家宅捜索・警戒中の警察官ら


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 平成30年11月21日(水)、大阪府警は威力業務妨害容疑により、大阪市西区川口に拠点を置く連帯ユニオン関西地区生コン支部(執行委員長:武建一)』のユニオン会館への家宅捜索を行ない、同支部の幹部らを同容疑で逮捕するとともに、既に別件で起訴されている武建一被告を再逮捕したと発表した。

rentai
画像上下:連帯ユニオンへの摘発を報じるネットニュースより
rentai2

 直接の逮捕容疑は昨年12月半ば、大阪市港区の生コン製造・販売会社にてミキサー車の前に立ち塞がり、出荷業務を妨害したというもの。

 現場でこれらの威力業務妨害を主導したとして、連帯関生の書記長や元副執行委員長、執行委員ら幹部が逮捕されたものだが、これらの組織犯罪が武建一被告を最高責任者として、その配下の者が行なったとして同被告の再逮捕となったものだ。

 とりわけ、今回の摘発で執行委員の西山直洋容疑者(50歳)が逮捕されたことの意味は小さくない。

 これまで西山容疑者は数々の決起集会や沖縄県での(米軍)基地建設妨害の現場に赴いており、登壇しては我々『連帯ユニオンを糾弾する有志一同』をレイシスト呼ばわりしては、さも我々が首相官邸の指示によって連帯討伐行動に乗り出したかのようなトンデモな陰謀論をぶち上げてきた、言わば連帯関生の「行動隊長」的な立場と目されている。

 こと連帯関生にあって、下の者からの信任は書記長の武洋一(今回の摘発で逮捕された容疑者の一人)や書記次長の武谷新より厚いかも知れない。

 本日早朝、関生会館前での一連の摘発劇をレポートしたものである。

1
画像上下:筆者・有門大輔のツイートより
2

 連帯ユニオンの関生会館で家宅捜索が行なわれていた最中、日課の散歩の最中だったのか、通りがかった一人の男性が筆者・有門に話しかけてきた。

「(関生会館で)何かあったん? ガサ入れ? 皆、黙ってるけど、ここの連中(連帯関生)、この辺りでも評判ようないよ(良くないよ)。
 もう大分、前のことになるけど、ここの連中が街宣車で騒いで地域に居られんようになった人もいてる。又聞きでしか聞いてないから、よう知らんけど、それが原因でか死んだ人もいてるらしい。

 駐車場を又貸しにしてた問題らしいけど、ここの連中も、攻められた側も、両方が悪かったらしいんやけどね。そんなんで夜逃げした人とか、亡くなった人とか、ようけ(沢山)居るんとちゃうかな(違うかな)?

 今は整然と(街宣車を)並べて停めとるけど、昔は酷かったで。道路の両サイドに平気で街宣車を停めとったもんや。

 西署に通報しても全然動きよらへん。結局『港湾の管轄や』て言うて、通報しても見にも来んかった。あんまり悪事ばっかし重ねとったら、こないに(こういう風に)なるんやろね」

 連帯ユニオン関生支部は単身でも加入出来る労組として一定の存在価値はあったのかも知れないが、その一方で積もり重なった悪事を清算する段階へと来ている。

★動画ご紹介!
【速報】関生支部トップに逮捕状!出荷業務妨害容疑で幹部ら3人も逮捕!

https://www.youtube.com/watch?v=7PVfLCoypK0
(制作:はとらずチャンネル


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆外国人受け入れ反対のイデオロギーは唯一つ!

「自国第一主義」こそは21世紀における新たな国際スタンダード!

え
画像:入管法改悪をめぐる新聞報道の見出しより


 関東圏に展開する大手中華チェーン店『日高屋』で外国人従業員が3分の1を占める労働組合が結成されたと報道された。

 かねてより、外国人従業員が多いチェーン店だとは思っていたが、衆院で入管法改悪の審議が本格化した今後、外国人労働者の受け入れ拡大に伴ない、全国の各分野でこうした労働組合が続々結成されていくことが憂慮される。

 労働問題にも関係が大有りなこととして、以下にトンデモ弁護士外国人技能実習生問題 弁護士連絡会共同代表・指宿(いぶすき)昭一の見解が紹介された動画を掲載したい。

 「人権侵害の温床となる外国人技能実習制度は即刻廃止すべき」と題されてはいるが、単に受け入れ反対派かと思いきや、さにあらず。

 外国人技能実習制度を廃止して、完全な労働者としての権利・保障の下に受け入れよとするものだ。おそらく、与党案の入管法改悪に反対する野党もこのトンデモ弁護士の見解に概ね沿ったものに違いない。

★動画 人権侵害の温床となる外国人技能実習制度は即刻廃止すべき
https://www.youtube.com/watch?v=16mLQrOH3rE&feature=youtu.be
※動画は宣伝ではありません

 指宿なる弁護士の言っていることは、丸っきりのデタラメである。外国人労働者を受け入れる、受け入れないの議論こそ重要だろう。

 最初から受け入れありきでの議論こそ共産主義的な発想で自由社会を否定する「イデオロギー」に他ならない。

 指宿は「外国人の増加と外国人犯罪の増加は何ら検証されていない」などと述べているが、外国人技能実習生の受け入れ拡大が治安悪化に結びついているのは当然ではないだろうか? 現に7千人もの逃亡者(不法滞在者)が生じているわけで、数々の刑事事件で元実習生が摘発されている。

3
画像上下:有志によるツイートより
直近の外国人犯罪ニュースの見出し
4

 技能実習制度が本来的に機能していない状況を挙げて、だから外国人労働者として受け入れよというのは無茶苦茶な発想である。結果、技能実習制度で来る奴も労働者として来る奴も増えるだけの話だ。
 労働力が足りないと言うなら13歳以上からのアルバイトを可能にすれば大抵の人手不足は解消されるのではないか。

 外国人技能実習制度について、指宿は実習生問題に関わる弁護士として致命的なことを述べてしまっている。要するに「彼ら彼女ら実習生らは働きたい」「日本に出稼ぎに来たい」と。
 …技能の習得ではなく、単なる就労を目的としての来日なら、それこそ外国人技能実習制度はそれを悪用する企業側だけの問題ではない。それを悪用して来日の手段としているのは実習生の側も同じであり、その実習生側の落ち度を連絡会の代表弁護士である指宿自身が述べてしまった。

 日本側も技能習得による「技術移転」で国際貢献を果たすとの美名で設けられた実習制度だが、それを迎え入れる側も迎え入れられて来る側も、両方から形骸化して実質、単純労働力の補完手段となってしまったのが実状だ。

 指宿弁護士は動画の中で「解決方法は簡単」として、外国人労働者の全面合法化を主張しているが、それこそ短絡的な発想に過ぎない。

 外国人労働者の全面合法化で、技能実習制度を悪用する外国人は激減するなどと述べているが、何の解決にもなっていない。今度は連帯ユニオンのような悪徳労組の跳梁跋扈ではないが、労働条件をめぐり、より悪辣な問題が起きるだけだろう。

 動画の中でも述べられた90年代の当時の内閣による「外国人の単純労働者は受け入れない」という閣議決定には相応の理由がある。平成時代で言えばまだ初期の頃。日本の政治もまだ正常に機能していた。

 指宿はまた、 「外国人を受け入れないとする間違ったイデオロギー(思想)に基づいて(単純労働者を)受け入れないことが決められた」としているが、むしろ、外国人労働者を絶対的に受け入れなければいけないという考え方こそ危険で間違ったイデオロギーである。

 正さなければならないのは外国人単純労働者を受け入れないとしつつ、技能実習生だとか日系人の受け入れ日系人特権といった「その場凌ぎ」の政策でなし崩し的に事実上の移民を受け入れてきた、それら制度そのものだろう。安価な労働力を求める財界の御用聞きをする一方、世論に配慮したつもりで外国人労働者を受け入れないとしながら、なし崩し的に受け入れる結果となってきた時の政権による失政は厳しく総括されなければならない。

 この外国人を受け入れないとするイデオロギーについて、指宿は「戦後の入管政策として北朝鮮や中国(支那)といった社会主義の国から人を受け入れてしまえば日本の資本主義が転覆してしまうことを恐れた結果」としているが、戦後の冷戦構造下、共産主義防止の観点から当然のことではないか。加えて言うなら、資本主義云々よりも敗戦直後の日本が恐れたのは日本社会そのものが変質してしまうこと。当時の入管政策が正しく機能したことによって、今日までの社会が守られてきた。

 さらに指宿は単一民族国家思想の問題まで持ち出した上で「完全に神話」と切って捨てているが、日本が色んな人種が交配した結果、今の社会になったというのは事実としても、折角まとまったものをここで新たに外国人を受け入れて無用な混乱を招く必要はない。

 神話…と言うが、国や共同体に神話があってどこが悪いのか?

 …と、ここまでは指宿のイデオロギーに付き合ってみたが、外国人を受け入れないとするイデオロギーの基本にあるのは単一民族思想や共産主義防止よりも、「日本が第一」ということに尽きる。

 要するに日本人の雇用が第一、日本人の生活が第一、日本人の安全が第一!

 決まり文句のように指宿へのインタビューでも「排斥的」「排外的」とする文言が出てきたが、何も日本だけが「自国第一主義」を貫けと言っているわけではない。

 米国のトランプ政権から始まったアメリカン・ファーストによる米国(自国)第一主義は今や東欧から一部西欧、日本にも労働者を送り出す南米ブラジル、そして遂にメキシコでも始まった。「トランプが正しい!」「メキシコ政府は貧困対策を最優先に!」「米国に不法移民を送り出すな!」として。

ari
画像:有志によるツイートより


 むしろ、東南アジアなど、日本に労働者を送り出す側の国々でも、同様に自国第一主義を貫いてもらいたい。貴重な人材を日本に送り出している場合ではない、母国の再建・再生にこそ尽力せよとして。

 排斥的ではなく、排外的でもなく、自国第一主義こそは不法移民と偽装難民で溢れた世界各国を救う。

 事実上の移民である外国人留学生や事実上の単純労働者である外国人技能実習生、難民を偽装した不法滞在外国人で溢れた日本とて例外ではない。

 自国第一主義のイデオロギーこそは21世紀における新たな国際スタンダードである。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョン楠ブタマの居場所!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420479331.html
”チョン楠ブタマはカマグチん若衆!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420539303.html
”チョン楠オオタマネギイシんタイマン!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420607460.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 00:03このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 連帯・反原発・妨害集団しばき隊・ヘイト規制 | 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動

2018年11月20日

日米・不法入国者との全面戦争!

bei
画像上:アメリカとの国境付近で、不法入国者による暴動を警戒するメキシコの警官隊


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


bei2
画像上:中南米より、メキシコ市を経由してアメリカとの国境地帯に集結した不法入国者の群れはメキシコ国旗を掲げ、連日、暴動紛いの騒ぎを起こしています! (追記と訂正:信じ難いことですが、当のメキシコにあっても米国への不法入国糾弾とトランプ支持の機運が急速に高まっているようです。不法入国者と愛国グループの小競り合いのようです。良識あるメキシコ人の愛国心に敬意を表します!)

bei3
画像上下:アメリカにあっても、当のメキシコにあっても不法入国者の流入を侵略と形容する向きもありますが、その捉え方が当然です!

bei4


 一方、我が国の川崎市(神奈川県)にあっては、既に日本国内に深く入り込んだ不法入国者の子孫たち(在日朝鮮人)が我が物顔で、日本人の自由集会を妨害して潰さんとする暴挙に出ています。

★動画ご紹介!
第4回川崎時局講演会開催告知

https://www.youtube.com/watch?v=Mf9eVGpiO_s
(制作:はとらずPlus


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 同じく、不法入国者の子孫たちである在日が多いことで知られる大阪府では先日、右派系市民団体『行動する保守運動』による「日韓断交デモ」が開催されました。

2
★NPO外追・護国志士の会 公式サイト(広報)より
2018年11月18日 【大阪】日韓断交デモ(参加報告)&連帯ユニオン幹部糾弾
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1900649.html
1


 当日のデモの後、兵庫県内の別の場所で妨害勢力『しばき隊』メンバーの在日朝鮮人(54歳)と遭遇した荒巻靖彦氏(『行動する保守運動・関西』代表)が小競り合いとなり、両者が相被疑で兵庫県警垂水署によって逮捕されました。

 妨害勢力の在日朝鮮人は孫国一容疑者です。

ara
画像:ネットニュースより


 孫容疑者をはじめとする妨害勢力は、デモ行進の最中は罵詈雑言を浴びせて公安条例に基づく許可を受けたデモを妨害し、デモ終了後は主要参加者である荒巻氏を別の場所に呼び出しては締め上げようとしました。

 結果、相被疑による逮捕ではありますが、しばき隊なる妨害勢力の主たる者らが在日朝鮮人であるとの実態が改めて浮き彫りになったと言えるでしょう。

 デモ行進に対しては罵声で妨害を加え、デモ参加の中心人物を呼び出しては恫喝と暴力で「自由な言論」を封殺しようとする…これが孫容疑者ら妨害勢力しばき隊のやり方であるわけですが、言論に対してまったく言論で応戦しようともしません。

 主要人物を呼びつけては「話し合い」と称しつつも、陰に隠れた暴力的な言動でデモを潰そうとするのが妨害勢力しばき隊のやり方です。

 ところでメディアは荒巻氏を『在特会(在日特権を許さない市民の会)』などと表記していますが、正確にはデモは在特会の主催ではありません。

 これはまだ産経新聞の報道なので、この程度の報道にとどまっていますが、メディアの意図するところは「ヘイトスピーチ・デモ」であり、そのヘイトデモに参加する者が暴力事件を起こした…と言いたいのでしょう。

 一方の孫容疑者が属する対立団体については何も触れていません。

 これが偏向報道に他ならないのです。

 朝日新聞や毎日新聞など、左翼的に偏向した報道のメディアばかりの日本社会ですが、この背景について考えてみましょう

 再びアメリカ合衆国の問題に戻ります。

☆何故、メディアは左翼的偏向なのか…?

トランプ・バッシングと不法入国騒動に見る米マスコミのフェイク・ニュース

 ホンジュラスやグアテマラなど、中南米からメキシコを経由してアメリカとの国境地帯に到着した不法入国者の群れ…。

 メディアはこれら不法入国者の群れを「移民」やら「キャラバン」などと称している。

あ
画像上:国境付近での衝突を伝える新聞記事より抜粋
い

 本来、ホンジュラスやグアテマラと国境を接するメキシコ政府こそ、その段階でメキシコへの入国を阻止しなくてはならない。

 仮にメキシコ市までの侵入を許したとしても、その段階で侵攻を食い止めなければならない話だろう。

 他国からメキシコへの不法入国を許した段階で、当のメキシコ人までが我も我もと移民キャラバンなどと称される不法入国者の群れに連なってしまう。これは欧州へのアフリカ中東からの難民などと称された不法入国者の流入と構図は同じだ。

 ドナルド・トランプ大統領はアメリカへの亡命(?)を希望する不法入国者の群れについて、「母国を恐れ、母国を憎しみながらも母国(メキシコ)の国旗を掲げている。彼らは難民などではない。アメリカへの不法入国者だ」との旨を述べた。

う
画像:同


 事実、メキシコ人不法入国者らはアメリカへ逃れるのではなく、貧困と暴力、犯罪という悪循環をもたらしたメキシコ政府にこそ事態の是正を求め、母国の再建にこそ尽力すべきだろう。

 自らがアメリカ合衆国に不法入国を試みるのではなく、そんなにアメリカが良ければメキシコそのものをアメリカ合衆国の一州にするくらいの発想で臨んでみてはどうか?

 それはともかく、メディアは不法入国者の群れを移民キャラバンだの難民キャラバンだのと称しては不法移民の正当化を図る。

 その不法移民を排除、強制送還、入国拒否しようとするトランプ政権が「悪」だとするトランプ政権へのこれ以上にないネガティブキャンペーンであり、実に悪質なトランプ・バッシングだ。

 何せ当の米メディアからして『全米ライフル協会』について、「右翼」「ファシスト」というレッテル貼りをする有り様。

 全米ライフル協会は言わば正しい銃所持を推奨するための団体に過ぎない。銃社会のアメリカにあって銃所持で自衛を図るのは当たり前のことだと思うが、銃社会のアメリカにあって銃所持の重要性を主張する団体が右翼とかファシスト呼ばわりとはメディアからして共産主義そのもの。それこそアメリカのメディアも典型的な左翼メディアである。

 前述のトランプ・バッシングに顕著だが、ある側面では日本のメディアを凌駕するくらいに保守系の存在しない左翼メディアっぷりだと言えよう。

 …と言うよりも日本のメディアがアメリカのメディアにどっぷりと染まって左翼化していると言ったほうが正しい。

 戦後この方、独自の諜報機関も情報収集部門も持たない日本という国は、メディアにあっても外国、即ちアメリカからの配信頼み…。

 そのアメリカのメディアが左翼・共産主義にどっぷりと浸かった状態では、日本のメディアも右に倣え(?)で左翼・共産主義的になってしまうのは必然。

 その実、日本の民間メディアこそアメリカン・スタンダードから脱し切れていない。

 アメリカのメディアが不法入国者を移民・難民キャラバンなどと配信すれば、日本のメディアは盲目的に鵜呑みにして配信してしまう。

 このような在り様では、不法入国者(とその子孫である在日朝鮮人)の排除を主張する右派系市民デモがヘイトスピーチや差別・排外主義…などとメディアでレッテル貼りをされてしまうのもある意味で当然。

 無論、視聴者や読み手の問題というのもあるが、その実、メディアこそ左翼・共産的にとり憑かれた米メディアのアメリカン・スタンダード(と言うよりもユダヤ・スタンダード)から脱しなければならないのだ。

 テレビの視聴者、新聞の読者自身も自らの頭で能動的に考えなければいけないが、それ以前に情報発信者であるメディアからして自ら能動的に考え、米メディアの意向に左右されることをやめなければならない。

 不法入国者(在日朝鮮人)を移民・難民同然に扱う特権的待遇の廃止を要求する右派系市民デモ(行動する保守運動)が、まるで対立団体と抗争を繰り広げているかのような報道だが、事実はまったく異なっている。

 左翼・共産主義者の在日朝鮮人に扇動された妨害勢力が右派系市民デモへの妨害を強めた…!

 それこそが事実に他ならず、兵庫県での荒巻靖彦氏への事件はそれを象徴している!

か
画像:政府が強化しつつある外国人留学生の受け入れ規制
留学生の問題こそ、その実態、学業より労働がメインの「偽装移民(不法就労)」であり、受け入れ規制は当然だ!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!
せと農園の林檎収穫 〜2018.11.17福島県福島市〜

https://www.youtube.com/watch?v=lLVrW1xG2Ow

「白虎隊士」の自刃の場所と墓地 飯盛山を訪ねて 〜2018.11.18福島県会津若松市〜

https://www.youtube.com/watch?v=CMgPfgC6dUM

連帯ユニオン関生支部糾弾History 〜Episode-1- Sample映像〜

https://www.youtube.com/watch?v=MyVfLH_jye8
(制作:はとらずチャンネル



2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョン楠ブタマのアカハタ祭!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420072184.html
”チョン楠ブタマの襲名披露!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420254118.html
”チョン楠ブタマの総連特攻!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12420314380.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 23:51このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 

2018年11月19日

「さようなら南朝鮮」大行進!

12
画像上:出発直前の日韓断交デモ行進
画像下:大阪の御堂筋を行進する日韓断交デモ行進
18

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆参加報告 11/18 IN大阪・御堂筋

日韓国交断絶要求デモ! 『日韓断交共闘委・関西』主催

極左労組『連帯ユニオン』の近畿地方本部顧問の戸田ひさよし(門真市議)もカウンターに出没

関東勢の一人として首都・東京に引き続き、2週連続での東西での日韓断交デモ行進への参加

卑劣且つ執拗なるデモ妨害にもめげず、「敵国」である南朝鮮(韓国)を糾弾した人々の愛国心

5
画像上下:当日のデモ行進に用いられた横断幕とプラカード類
6

 平成30年11月18日(日)、大阪府にて『日韓断交共闘委員会・関西』の主催による「日韓国交断絶デモ行進」が開催された。

 当日、同委員会としてデモを主催したのは『日本第一党』大阪府本部の小林宏助・青年部長。

 これより約1週間前の11月10日(土)には東京都内にて、同じく日韓断交デモが開催されており、今週は大阪府内での開催となったものである。 

★NPO外追・護国志士の会 公式サイト(広報)より
2018年11月10日 【東京】日韓断交デモ(参加報告)
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1900436.html

 とりわけ、筆者・有門大輔は東京デモに引き続き、2週連続で東西での日韓断交デモへの参加となったものである。

 先刻承知の通り、南朝鮮(韓国)最高裁での所謂「徴用工」判決以降、日本企業による対韓強硬姿勢は素早く、且つ目覚しいものがある。ある意味で深刻化を極めているように見える日韓関係は、その実、極めて正常な状態になりつつあると言えよう。

 既に南鮮からの順次撤退を示唆する大手の日本企業もあるようだが、民間レベルにあっても全ての取引や交流を断ち切って引き上げることが望ましい。

 また、日本の地方自治体レベルでは南鮮からの訪日団の受け入れを拒否する向きもあるようで、日韓双方から国交断絶へと向けたレールは着々と敷かれつつある。

 元より、戦後70年この方、朝鮮人による犯罪・暴動の類は枚挙に暇がない。つい最近、支那(中国)に追い抜かれるまで不法滞在外国人の中では国籍別に南朝鮮がダントツを占めていた。これ一つとっても人的交流・往来の即時停止と国交断絶に資するだろう。

 歓楽街の風俗店では朝鮮人の売春婦が圧倒的に多いし、つい先々月も大阪・生野区では在日朝鮮人の窃盗犯によるパトカーへの衝突という凶悪犯罪が発生したばかり。

:当ブログの関連エントリー
2018年10月20日 在日朝鮮人の凶行!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52085245.html

 政治難民と称した不法入国者も、外国人による期間工(労働者)も朝鮮人こそ、その先がけだったと言える。

 何よりも国交のない北朝鮮は元より、南朝鮮こそは我が国固有の領土・竹島を不法占拠した敵国であり、これまで4千人以上の日本人漁民が拿捕・抑留されては殺傷されてきた戦後史を銘記しなければならない。

 政界や一部の財界首脳はどうか知らないが、大多数の日本国民にとっては好ましからざる隣国であり、総体的な国の利益として南朝鮮との国交の継続よりも、国交断絶がプラスに作用することが明白である以上、官民を挙げた日韓断交の機運を盛り立てる絶好機だと言えよう。

 徴用工判決以来、南朝鮮による挑発を通り越した敵対行為は明らか。竹島近海での海洋調査の宣言に始まり、安倍内閣による屈辱の「日韓合意」を嘲笑うかのように、日本からの恐喝基金団体である癒しの財団とやらを解散させたと宣告。

 つい先日は南鮮大統領のムン・ジェイン「日韓は真実を直視しなければならない」旨を述べた。既に解決済みの徴用工の問題のどこが真実だと言うのか?

 国を挙げた反日・侮日行為の数々に対し、良識ある日本国民からの回答は唯一つ。日韓国交断絶以外にない!

 今回の大阪での日韓断交デモにあっても、「移民反対デモ」(10月14日)と同様、その母体となって全国規模で開催に奔走してくれた『日本第一党』関係者の方々に当ブログからも篤く御礼申し上げたい。

 「移民反対」と「日韓国交断絶」、現下の日本にあって憂慮される喫緊の問題で、全国規模でこれを主張し、戦い抜ける「愛国勢力」は日本第一党を置いて他にない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★画像ご紹介!

1
画像上下:デモ開始前、集合・出発地点となった靱(うつぼ)公園の周辺
機動隊の護送車両が車列をなし、緊迫した物々しい雰囲気を醸し出す
2

3
画像上:デモ開始前の挨拶にて、南鮮国旗を用いた意義を説明する川東大了

4
画像上:出発前の集会風景

8
画像上:デモ行進での諸注意を説明する主催者の小林氏

7
画像上:挨拶する参加者
関東でのデモ行進の場合、主催者の指名によって挨拶する人が決まっていたりするが、大阪の場合(無論、主催者の指名もあるが)、「出たい人」「喋りたい人」が挨拶するというスタイルが大阪人の気質・気風を象徴していると言えよう

9
画像上下:関西の雄であられる荒巻靖彦氏(「行動する保守運動」関西代表)が到着!
さっそく罵声を浴びせて集会演説を妨害するしばき隊に向け、荒巻氏の怒号が妨害勢力の度肝を抜く!
お前らな! な! 朝鮮人! 日本に住まわせてもらってること忘れてイチビっとったらアカンぞ、おんどりゃあ! 日本が気に入らんのやったら、とっとと出て行かんかいワレ! 舐め腐っとったら承知せんどオンドレ! お前! サシで勝負するんやったら、さっさと俺の店、来んかい!

※注 イチビる=関西方面の方言で「調子づく」「調子に乗って騒ぐ」の意味
語源は市場が潤う「市日(いちび)」から来ている
10
11
画像上下:そしてデモ行進は隊列を組み、いざ出発の段階へ!
13
14

15
画像上:参加者を盗撮しようと、関東でもお馴染みのしばき隊カメラマンがカメラを構えて接近して来た!
なお、先月の移民反対デモと同様、今回のデモにあっても連帯ユニオン絡みの事件(名誉毀損罪と威力業務妨害罪)で筆者・有門の取り調べを担当している捜査官(大阪府警)も警備に従事していた

16
画像上:そして出た! 武建一(たけ・けんいち)の盟友であり、連帯ユニオンの近畿地方本部顧問にして門真市議会議員の戸田ひさよし(中央)

 バカンスではあるまいし、街中でサングラスをかけた風体はとても公人(市議)には見えず、マフィアかぶれの愚連隊崩れそのもの。

 今回、大阪府内での右派系市民デモとあって、これまで妨害勢力に膨大な資金を提供したと思われる連帯ユニオンも東京でのデモ妨害以上にチカラを入れてかかってきたのだろう。

 その連帯ユニオンによるチカラの入れ具合が戸田の登場によって示されている。関東ではあまり存在感のない連帯ユニオンだが、大阪以西にあってはまだまだその存在感に陰りがないことをアピールしようと必死なのだろう。

 これまで度々選挙戦にあっても右派系候補者に対する執拗な嫌がらせで知られた戸田だが、筆者・有門が間近で見るのは初のこと。

 集団ストーカーの如く参加者に付きまとっては罵詈雑言を浴びせる戸田は連帯ユニオン近畿地方本部の大幹部であると同時に左翼運動や同和団体『部落解放同盟にも通じ、カルト『創価学会の信者であるとも伝えられ、まさに左翼から同和勢力、カルト創価の反日が三拍子も四拍子も揃ったような輩。
※訂正:反創価で動いているとの情報がありましたので、訂正します

 デモ参加者の荒巻靖彦氏に対して、同氏の家族のことまで口にしつつ、「門真市の恥」「犯罪者」などと罵っていたが、反社会勢力かと見紛うような風体と門真市議(公人)とは思えない罵声の数々…。自らこそが門真市の恥そのものではないか?

 さらに戸田が属する連帯ユニオンの関西地区生コン支部からは同執行委員長の武建一をはじめ、幹部・労組員から20人以上もの逮捕者を出しており、既に起訴された武建一被告に至っては刑務所への収監(実刑)が確実視されている。

 かつて朝鮮人女優をCM起用したロート製薬への抗議行動を展開した荒巻靖彦氏に対して「企業恐喝」などの罵声を浴びせていたが、自らが属する連帯ユニオンこそは企業への恐喝未遂罪で武建一以下、何人もの逮捕者を出しては起訴までされているではないか!

 実は今回のデモ行進で、筆者・有門は自前の拡声器を持参したが、不覚にも乾電池を入れ忘れており、地声でのコールとなったが、拡声器を使えばスピーカーを通じて大音量が発せられるのは当たり前。これもたまには地声を飛ばす練習の機会だと、災い転じて福となす発想とした。

 「戸田! 武建一はどうした!?」「武建一の面会に行ってやれよ!」「武建一に差し入れしたか!?」…などなど。

 戸田のような輩が門真市議として当選出来たのも連帯ユニオン関生支部による多額の政治資金と選挙支援があってのもの。武建一ら幹部までが実刑確実で長期の社会不在を余儀なくされることに加え、高齢であることを考えると、連帯ユニオンそのものの先行きもそう長くはないだろう。

17
画像上:デモ行進の最中、一応は門真市議の戸田が罵声を浴びせ、同じく門真市を拠点とする荒巻靖彦氏がこれに応戦!

19
画像上:日韓デモ行進は御堂筋を経て道頓堀に到着!
歓楽街・道頓堀にあって「韓流の接待を断ろう!」のプラカードが冴え渡る

20
画像上:そしてデモの隊列は難波に到着!

21
画像上:終着点にて警官隊に囲まれる妨害勢力しばき隊
日韓断交に対し、「日韓」「友好」をコールしつつも、彼らこそ反社会勢力的であることを物語る構図だ!
公道を不法に占拠しているのも、妨害勢力しばき隊の側に他ならない!

22
画像上:終着点に到着した日韓断交デモ行進の隊列

皆様、大変お疲れ様でした! 有り難う御座いました!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!

2018/11/18 日韓国交断絶国民大行進 大阪

https://www.youtube.com/watch?v=i0yPJtfGLi0
日韓国交断絶街宣IN大阪 2018/11/18

https://www.youtube.com/watch?v=NMbTnmJrC54
(撮影:荒巻靖彦氏)



2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”クソスレn“ゲロデブ”n称号(哂!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12419894455.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 01:43このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 | 連帯・反原発・妨害集団しばき隊・ヘイト規制

2018年11月18日

入管法改悪と亡国の与野党!

bei
画像上:メキシコとの国境地帯に到着し、米国への不法越境を目論む不法入国者たち
フェンスに登った不法入国者たちがはしゃいでいるが、ここで撃たなければならない!

画像下:国境付近の街ティファナでは住民が集い、不法入国者たちに「帰れ!」「帰れ!」の大合唱!
この住民が自発的に集まっては国境線を死守せよとの団結力こそが国の強さ!
日本では逆に右派市民デモに対し、反対勢力(左翼勢力)が動員で呼び集められ、デモに対して「帰れ!」のコールを浴び
せているが、まったくもって本末転倒!
本来なら不法入国者の子孫である在日朝鮮人こそが「帰れ!」と言われて当然である!

bei2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆潜伏者(元外国人実習生)たちの言い分?

入管法改悪をめぐる審議で見えた野党勢力の真の目論見!

 外国人技能実習生のうち、実習先からの失踪(?)が「低賃金」によるもの…と報じられている。

1
画像上下:新聞記事の見出しより
23

 正規の労働…ではなく、飽くまでも「技能習得の実習」を名目としているのだから、低賃金なのはある意味で当然だろう。それを企業が「安価な労働力」として利用しているに過ぎない。

 とすれば、企業の姿勢こそは厳しく追及されなければならないし、その企業即ち財界の意向によって外国人労働者の受け入れ拡大が進められようとしている。

 たとえ「正規の労働者」として雇用するにしても、日本人労働者よりも安価で、低賃金で雇用されることには変わりはない。でなければ財界としても労働者として受け入れるメリットがないからだ。

 …と言うよりも、事実上の移民である外国人単純労働者を受け入れてしまえば、まず賃金の上昇は見込めない。安価な賃金での募集枠を外国人労働者と日本人労働者とで奪い合う、極めて悲惨な光景が思い浮かぶ。

 方々で指摘されているように、まさに財界の狙いはここにあり、低賃金の完全固定化を図り、利益を上げることのみに財界の目論見はある。

 人件費、労働コストを削減することでしか利益を上げることが出来ないというのは日本経済界をリードする者として何とも情けない限りだが、その「売国経済界」によってこそ外国人労働者の受け入れ拡大が進められていることに留意しなければならない。

 外国人労働者の流入で労働市場が安い働き手で溢れれば、早い話、雇用者側としては「お前(安価な労働者)の代わりはいくらでもいる」「低賃金が嫌ならさっさと辞めてくれ」と言うことに尽きる。

 外国人実習生を奴隷同然に酷使していたことが事実だとして、その一番批判されなければいけない財界・企業の音頭取りで与党・自民党が外国人労働者の受け入れ拡大(技能実習生の受け入れ枠拡大)が公然と行なわれようとしているのだから、これはもうブラック・ジョークとしか言いようがない。

 しかし、シンガポールやスイス、台湾のように国際的な取り決め(国連での条約など)に縛られない小国が外国人移民・労働者の受け入れで曲りなりにも成功したのは、外国人労働者への奴隷一歩手前くらいの厳しい取り扱いが許された社会だったからだろう。

ami
画像上下:有志によるツイートより
シンガポールでは外国人労働者の居住や婚姻、出産に関することまで厳しい取り決めがあり、女性の場合は妊娠が発覚すれば
即強制帰国!
日本の国会での入管法改悪をめぐる審議では、家族の帯同についての取り決めはあっても、居住や婚姻、妊娠に関する肝心な
ことは何も議論されていない!
ami2

 それらの国々でさえ、不法移民の問題は起きているわけで、それらの国々より経済大国としての役割を求められる日本の場合、外国人労働者を全面解禁してしまえばさらに凄惨な事態になることは目に見えている。

 それにしても今回、失踪…と言うよりも、より稼ぎの良い働き口を求めて「逃亡」「潜伏」または「ギャング化」したはずの元実習生らからの聞き取り調査がよく出来たものだ。

 最初から不法就労を目論んでいながら技能実習制度を利用して来日した者も少なくないだろうに、よく記者会見の如く公(おおやけ)の場に姿を現わしたものだと思わずにはいられない。

 お涙頂戴劇で人権侵害(?)の限りを主張する元実習生たちだが、都合よく、役者崩れの「泣き屋」でも引っ張り出したのではないかと思えてしまう。

ari
画像上下:筆者・有門大輔のツイートより
ari2

 周知の通り、国会衆院法務委では野党の善戦(?)によって、入管法改悪の審議入りが出来ない状況だと伝えられている。

 しかし、先の元実習生らからのヒアリングは主要野党によって国会内で開かれたものであり、要するに野党が連れてきた元実習生たちだということに留意しなければならない。

 その席上、元実習生らによる低賃金や実習先での暴力、パワハラ、イジメ…などが述べられたわけだが、要するに主要野党としては自公政権の主導による外国人労働者の受け入れには反対であっても、自分たちが主導する外国人労働者の受け入れなら良いと主張しているも同然。

nyukan
画像上:野党が欠席した衆院法務委


 衆院法務委での審議をめぐってはやたら辻元清美(立憲民主党国対委員長)やら山尾志桜里らの名前ばかり取り沙汰されているが、そもそも辻元清美のように、今夏、数十人もの逮捕者を出した極左・犯罪労組『連帯ユニオン関西地区生コン支部執行委員長:武建一)』を支持母体とするような国会議員が誠の志から外国人移民の受け入れに反対するわけがない。

 辻元のような極左議員に象徴されるように、野党の思惑は唯一つ。

 外国人労働者の賃金や処遇、待遇、社会保障が確保されれば、全面的な受け入れに賛同するというのが野党勢力の目論見に他ならない。

 財界主導で安価な外国人労働者の受け入れを推進するのが自公政権なら、対する野党は外国人労働者の権利、人権を最大限にした上で受け入れを始めよと主張するものであり、亡国の入管法改悪をめぐる審議を引っ掻き回してくれるのは有り難いが、受け入れ方の是非をめぐって争っているところが我が国議会の救いのないところである。

nyukan2
画像上下:入管法改悪の審議の様子を伝える記事見出しより
nyukan3

 与党も野党も体たらくである以上、「国民投票」という手段で国民世論に委ねることが最善だと思われるが、今のところ、審議の成り行きを見ている限り、国会会期の延長に次ぐ来年度の国会での継続審議に落ち着くのではないかと見ている。

 今国会での入管法改悪をめぐる審議では、外国人技能実習制度が事実上、安価な単純労働力の補完になっているとの実態を国会にて浮き彫りにしてくれたことだけは評価したい。

 問題は、だからと言って徒に外国人労働者の権利や人権の拡大に狂奔しないこと。

 むしろ、日本国の外国人政策をどうするのかが懸かった審議であり、受け入れありきの議論を抜本的に転換させる絶好機としたい。

 ことは自民党議員や安倍内閣だけの問題ではなく、それを支持する支持団体や党員、支持層の問題である。自民党の有力な支持団体の一つが財界・企業団体であるわけだが、大企業の末端にあっては直接的に外国人労働者と接するであろう部門・部署も少なくないだけに、他人事と思ってはいけない。

 国会や財界首脳など一握りの上層部よりも、むしろ下にいる者らの出方にこそかかっている!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
11・18 日韓国交断絶国民大行進 IN大阪
http://www.koudouhosyu.info/kinki/scheduler.cgi?mode=view&no=668

強請りたかりの常習犯、嘘捏造で、我が国を貶める泥棒韓国を許すな!
日韓基本条約を無視したあり得ない徴用工判決!
旭日旗で騒ぎ立て、アイドルグループの原爆バンザイTシャツなど、
司法からアイドル、訪日観光客まで国家ぐるみで反日の韓国とはもう仲良くできない!
太極旗を竹島から排除せよ!

我々は沈黙を美徳としない!声を大にして行動する!

日韓断交!韓国粉砕!日本国民よ、立ち上がれ!

実施日】平成30年11月18日(日)
10時30分集合
11時00分出発

【集合場所】靱公園(東側グランド付近)

【生放送】未定

【主催】日韓断交共闘委員会関西

【現場責任者】小林宏助

【お問い合わせ】gokokusonnoujyoui@gmail.com

【注意事項】
・当日は生中継・動画撮影が入る可能性がありますので各自対応をお願いします。
・韓国は旭日旗に異常な反応を示すので旭日旗は特に大歓迎です。
・もちろん、日章旗、Z旗の持ち込みも大歓迎!
・横断幕、プラカード、幟等は主催者が準備したものを積極的に持ってください。
・特攻服・チマチョゴリなど現場に相応しくない服装はご遠慮ください。
・危険物とキレイゴトの持込は厳禁です。
・責任者の指示に必ず従い秩序ある行動をお願いします。

【取材申し込み】
取材を希望されるメディア、マスコミの方は問い合わせ先のメールアドレスまで許可申請を行ってください

※ 当日申請は如何なる理由があっても許可致しません


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★関連ブログ『政教分離を求める会』より
世界宗教カラーのアピールに必死な創価の生残り戦略(11月17日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=187

souka


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”チョン楠ブタマん行き場(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12419279404.html
”チョン楠オオタマネギイシん自画自賛GJ(嗤!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12419343661.html
”チョン楠カルイシん分裂分断(哂!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12419424553.html
”チョン楠カルイシんクソスレ一文(笑!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12419565777.html
”チョn楠カルイシnクソスレ運動史(哂!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12419688043.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 00:02このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 

2018年11月16日

入管法改悪と国会審議!

1128
画像:入管法改悪を伝える新聞記事の見出しより
連日、外国人受け入れプロパガンダのオンパレードだ!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆ベトナム人犯罪が全てを物語る!

そもそも外国人労働者受け入れ政策を叩き台にした技能実習制度!

 入管法改悪をめぐる審議が衆院本会議で始まっている。

 政府・与党は来年度(2019年)より年間4〜5万人、以降5年間で26万人〜最大34万人の外国人労働者受け入れになるとの試算を打ち出した。

10
画像上下:同
11

 おそらく最大の34万人にもとどまらないだろう。最初の1年間こそ当初の試算どおりかも知れないが、忽ち日本へと殺到することになる不法入国者(経済難民)の群れはその試算に入っていない。

 我も我もと続々押し寄せる経済難民(不法入国者)の脅威を日本人はまだ知らない。政府のやり口も卑劣だ。そうした不法入国者の問題とはまったく切り離した答弁に終始している。

 つい先日もベトナム人犯罪グループによるドラッグストアでの常習的・組織的な窃盗事件が摘発されたばかりだが、元は実習生・留学生として来日しながら不法就労化してギャング化したもの。

9
画像上下:ベトナム人犯罪ニュースより
beto

ami2
画像上下:有志によるツイートより
ami3

 ベトナム人窃盗団の一人は難民認定申請をして難民認定を受けていたというから、その狡猾さにただただ、開口してしまう

 ここ数年だけでも7千人もの外国人技能実習生が実習先の会社から失踪しており、外国人労働者の問題と外国人犯罪は切り離せない。

 ベトナム人が総じて親日的だとしても、ベトナムという国自体が社会主義の独裁国家であり、日本とは正反対なくらいに政体が異なる以上、政体の異なる国からの受け入れはすべきではないだろう。百歩譲って受け入れるとしても、価値観や政体を日本と等しくしていなければ話にならない。

 何よりも親日的だからと…門戸を開放すれば忽ち犯罪増加で日本の治安悪化に直結することがベトナム人留学生・実習生の受け入れに示されている。概ねの傾向として親日的だからと決して心を許せたものではない。親日外国人による凶悪犯罪は他の外国人にも見られる。

 外国人労働者の受け入れ拡大は外国人技能実習制度を頼みの叩き台としていることが報道でも指摘された。

6
画像:入管法改悪に対する社説の見出しより


 外国人技能実習制度を頼み…も何よりも、「元の形」に戻っただけの話である。

 そもそも遡ること26年前の平成4年に導入された外国人技能実習制度(当時は「外国人技能研修制度」)自体が外国人単純労働者の受け入れを叩き台として作り出されたものだった。

 平成初期の頃…日本中が空前のバブル好景気に浮かれていた前後だが、外国人単純労働者の受け入れを打ち出した政府は国民世論の反発を恐れ、外国人技能研修制度(当時)の導入という形で世間の目を誤魔化している。

 時を同じくして、日系ブラジル人ら南米人労働者の特権的な受け入れ(所謂、入管特例法に基づく「日系人特権」)が開始されたのもこの頃だ。

 安価な労働力を欲する財界と、外国人の急激な増加に懸念を示す国民世論の狭間で、政府・与党は玉虫色のどちら付かずな政策に終始したのである。

 思い起こせば、つい先日とも言える平成初期にはまだ自民党政治は今よりは正常に機能していたのだろう。少なくとも国民世論の反発を恐れて、政府・与党と言えども大々的な外国人労働者への開国には踏み切れなかった。

 それが今では自民党政権が先頭での旗振り役となって、臆面もなく、大々的に事実上の移民とも形容すべき外国人労働者の受け入れ拡大に踏み切ろうとしている。

 国会での質疑で、外国人実習生の失踪について追及された山下貴司法相は「きちんとした受け入れ制度に基づき、国が定めた『特定技能』の資格に基づき、より高給な職種への転職も可能となれば(外国人労働者の失踪を)防げるのではないか?」とする旨を述べたようだが、つくづく日本人的な「性善説」に基づく発想でしか答弁していない。

 国が定めた特定技能資格にパスして転職する人は転職するだろうが、最初から日本に来ることのみを目的として、アリバイ的に実習先で実習を積んでいるかと思いきや、失踪して不法滞在化もしくはギャング化してしまうのはベトナム人実習生の例に明らかではないか?

 労働者としての受け入れも、難民としての認定も、健康保険の付与も、生活保護の支給も…全ては日本人的な性善説に基づく発想でしか行なわれていない。

ami
画像:有志によるツイートより


 日本人の考え方では、労働者として受け入れた以上は労働に従事してくれる…などと考える。かなり以前の話だが、東京都内の然る零細企業の社長が国際結婚の仲介業者を通じ、支那(中国)から支那人(中国人)女性を伴侶として迎え入れる計画を立てた。

 当の社長本人は「中国から若い嫁さんをもらって、会社を切り盛りして云々…」などと夢物語を述べていたが、一方の支那人がわざわざ高いお金を積んで日本へ来て、ろくに社員もいないようなブローカーの如き零細企業で細々と…やっているわけがない。

 大方は繁華街での不法就労で荒稼ぎすることを目論んだものであり、そこに日本人的な…それも昭和時代の人々の価値観で国際結婚を考えていたら、幾ばくかの報酬(現金)だけ掴まされてトンでもない目に遭ってしまう。

 結局、当該の零細企業の社長は周囲からの強い引き止めもあり、支那人女性との国際結婚は断念したが、外国人労働者の受け入れも同様である。真面目に就労だけしてくれる…などと考えるのは日本人的な性善説に基づく発想でしかない。

 難民認定も同様。難民…と聞けば日本人は母国での戦乱から逃れてきた可哀想な人たちという発想しか出てこないが、あわよくば母国での政治的迫害をでっち上げて難民認定を得ては、合法的に日本に居座りながら、他方では悪事に手を染める外国人がいるとは露ほどにも思わない。それがベトナム人窃盗団のケースにも顕著ではないか?

 生活保護も同様。日本人的な発想では、よほど生活に困った人しか申請しないものと思い込んでいるが、もらえるモノなら何でももらって楽してやろう…という発想の外国人がいるとは露ほどにも思わない。

 ここまでやられてまだ気づかない日本人は、今度は国民健康保険まで外国人観光客の受け入れ拡大に伴なって安易に付与し始めた。

 日本人的な発想では正当に治療費を支払う光景しか想像しないが、日本での観光ついでにタダ同然の治療・手術を受けて、治療費を踏み倒したまま母国に逃げ帰る外国人がいるとは想像だにしない。

 外国人技能実習制度の拡大に基づく労働者の受け入れも同様。忽ち群がった不法入国者に悪用され、年間5万人という枠さえも容易に突破されてしまう事態は目に見えている。

 国会での審議に話を戻そう。

 入管法改悪に狂奔する安倍・自民党政権があまりにも劣悪なため、山尾志桜里辻元清美といったロクでもない野党議員が立派なように見えてしまう。

2
画像上下:入管法改悪に基づく国会審議を伝える新聞の見出しより
7

 立憲民主党国対委員長であり、数十人もの逮捕者を出した極左・犯罪労組『連帯ユニオン関西地区生コン支部(執行委員長武建一)』をスポンサーとする辻元清美に至っては、「与党は今国会での成立ありきだが、日本の将来に禍根を残す。来年の通常国会まで審議を続けるべきだ」と主張したと伝えられる。

 曲がりなりにも労働者の権利拡大を主張する労働組合を支持母体とする辻元らしいスタンスと言えば辻元らしいスタンスだが、生まれながらにして生粋なのか、万年反日議員の彼女らが今から極右の反移民に転向するにして遅過ぎるし、手遅れだろう。

 しかしながら、入管法改悪をめぐる与野党の国会審議に、「次代の日本の政治家像」が示されている。

 安保・外交政策は与党・自民党の如く…日本人労働者の権益擁護にあっては入管法改悪に猛反対する野党の如く…。

 この双方の長引く議論の中から、日本人労働者の権益と日本の安保・外交政策を最優先に主張する次代の政治家が台頭することを望む。

 入管法改悪をめぐる国会審議は長引けば長引くほど良いし、組んず解れつの状態になればなるほど良い。

ari
画像:筆者・有門大輔のツイートより


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


5
画像:パキスタン人による盗難車の不正輸出事件を報じるニュースより
外国人による自動車解体・輸出業など、総じて犯罪の巣窟と見なさなければならない!


★動画ご紹介!
防弾少年団(BTS)東京ドーム公演前に抗議デモ!!『BTSは韓国へ帰るべきだと呼びかけ』


https://www.youtube.com/watch?v=ipLxbR8qSNg


ari2
画像:筆者・有門のツイートより

★「行動する保守運動カレンダー」より
11・18 日韓国交断絶国民大行進 IN大阪
http://www.koudouhosyu.info/kinki/scheduler.cgi?mode=view&no=668

強請りたかりの常習犯、嘘捏造で、我が国を貶める泥棒韓国を許すな!
日韓基本条約を無視したあり得ない徴用工判決!
旭日旗で騒ぎ立て、アイドルグループの原爆バンザイTシャツなど、
司法からアイドル、訪日観光客まで国家ぐるみで反日の韓国とはもう仲良くできない!
太極旗を竹島から排除せよ!

我々は沈黙を美徳としない!声を大にして行動する!

日韓断交!韓国粉砕!日本国民よ、立ち上がれ!

【実施日】平成30年11月18日(日)
10時30分集合
11時00分出発

【集合場所】靱公園(東側グランド付近)

【生放送】未定

【主催】日韓断交共闘委員会関西

【現場責任者】小林宏助

【お問い合わせ】gokokusonnoujyoui@gmail.com

【注意事項】
・当日は生中継・動画撮影が入る可能性がありますので各自対応をお願いします。
・韓国は旭日旗に異常な反応を示すので旭日旗は特に大歓迎です。
・もちろん、日章旗、Z旗の持ち込みも大歓迎!
・横断幕、プラカード、幟等は主催者が準備したものを積極的に持ってください。
・特攻服・チマチョゴリなど現場に相応しくない服装はご遠慮ください。
・危険物とキレイゴトの持込は厳禁です。
・責任者の指示に必ず従い秩序ある行動をお願いします。

【取材申し込み】
取材を希望されるメディア、マスコミの方は問い合わせ先のメールアドレスまで許可申請を行ってください

※ 当日申請は如何なる理由があっても許可致しません


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

”ネジまかれたチョン楠ブタマ!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12418895876.html
”チョン楠ブタマとハグする裏切者!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12419027152.html
”土曜の朝のチョン楠ブタマ!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12419117696.html
”チョン楠ブタマん過ち!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12419178760.html


gaitsui

  
Posted by samuraiari at 00:18このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 | 外国人犯罪ほか凶悪・組織犯罪