2020年02月29日

対馬の未来、日本の未来!

1
画像:対馬市長選での選挙運動中の荒巻靖彦候補

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

nawa

★関連ブログ『ネオ共栄圏&沖縄・米領復帰運動

【告知】反中・パンデミック阻止行動(デモ)のお知らせ(2月28日)
4

現状維持の衰退か…現状打破の繁栄か?

観光客頼みの売国から脱却して高度核処理施設の建設へ!

 対馬での市長選が最終局面となりました。

 『日本第一党』(桜井誠党首)の推薦候補として同市長選を戦う荒巻靖彦候補は最後の追い上げに入っています。

:関連ブログの『ネオ共栄圏&沖縄・米領復帰運動
対馬市長選と沖縄の未来!(2月23日付)

★動画ご紹介!
荒巻靖彦【対馬市長選挙・第一声!字幕あり】令和初の天皇誕生日!あらまき靖彦・電源三法交付金

荒巻ブログ』より動画集のご紹介!

 今回の対馬市長選で荒巻氏が立候補した意義は大きい。

 もし荒巻氏の立候補がなければ現職の比田勝尚喜が難なく無投票で再選していただろう。まず、荒巻氏の立候補で対馬の人々に選択と考慮の大きな余地を切り開いた。

ara
画像上下:ネットニュースより
nagasaki

 昨年9月の段階では比田勝氏しか立候補を表明していなかった。その現職である比田勝氏が会見で述べたことは「日韓関係の悪化による韓国人観光客の激減」への憂慮…。

 その韓国人観光客の誘致という何の目新しさもない、観光頼みの今までの繰り返しであり、観光立国政策に狂奔してきた国との繋がりを強調するにとどまった。

 一方、大阪府から対馬市長選に名乗りを挙げた荒巻候補は高レベルな「放射性廃棄物の地層処理施設」新設による新たな「財源」を掲げての立候補である。それも地層という地理的条件から対馬での建設についての根拠を明確にした。単なるパフォーマンスでの立候補ではない。

ポスター
画像:荒巻靖彦後援会サイトより
nawa

 以下、拙ブログのコメント欄に次のようなコメントが投稿されていたので、こちらで返信しておきたい。

愛国政治と売国政治!(2月24日付)

まぁ、けど 自分の家の傍に核処理施設があれば正直嫌だろう?

自分で対馬で生活拠点を持ち 手本を見せてならまだしも…。

設置する住民方の覚悟を考えたら なかなか難しいのではないか? って思うな。

アタマの中でこの地域の算盤を弾くのはいいが 、まずは当人がこの地域の骨を埋める覚悟がなければそれこそ絵に描いた餅かと。

住民感情を考えれば簡単ではないよな。

Posted by ぐりー at 2020年02月24日 11:03

以上

 まずもって核処理施設への嫌悪感を煽ることで、韓国人への観光頼みの現状をどうするのかという問題から話を逸らしている。

 本稿での前述のように、現職候補さえ「日韓関係の悪化」による観光客の激減…などと現状維持の発想しか出て来ず、観光頼みとなった対馬の現状から脱却しようという姿勢は微塵もない。

 高レベルな核処理施設の建設を忌避して、では、反日国家・韓国からの韓国人観光客が媒介する新型肺炎コロナ・ウイルスをどうするのかという話になってくるだろう。

 観光業界も観光頼みの為政者も口を開けば「日韓関係」などと言うが、反日姿勢剥き出しの国との関係の悪化も何もあったものではない。

 元より日本国にとって関係は悪いというのに、こと日本人だけが我慢、忍耐を強いられる謂われはないだろう。そこまで韓国側に諂(へつら)っては韓国人観光客の誘致に勤しむ必要があるのか?

 そんなことでは対馬も然ることながら、日本そのものがいつまで経っても観光客頼みから脱却することは出来ない。

 韓国との関係悪化で観光客が来なくて云々…などという嘆かわしき現状を打破して新しい対馬の未来を創っていこうと市長選に打って出たのが荒巻候補である。

 日本という国ぐるみで観光客頼みの観光立国政策に狂奔してきた結果がどうだったのか? 支那人(中国人)観光客による国保を悪用した「医療ツアー」や「医療費踏み倒し」の問題も然ることながら、ひとたび新型肺炎コロナ・ウイルス騒動が持ち上がるや、国も人々も右往左往して戦慄した状況にある。

 むしろ、日本以上に感染拡大が起きている韓国からの観光客などは来てもらわないほうがよっぽど有り難い状況だ。観光業界はともかく、それが対馬市民にとっても日本国民にとっても率直な思いに違いない。

 対馬を含め、日本ぐるみで観光客頼みに狂奔してきた元凶は自民党幹事長の二階俊博。…もし、二階俊博がそこらへんの街中を護衛も付けずに歩いていたら間違いなく殺されているだろう。

 それほどまでに観光客頼みに狂奔してきたことへの不信感と、観光立国政策の旗頭を担った二階俊博への反発は強まっている。今や二階俊博は自身の地元・地盤である和歌山県内さえも大手を振って闊歩出来ない状況にあるのではないか?

 筆者(有門大輔)も連帯ユニオン問題で和歌山県に滞在していた頃に目にしたものだが、和歌山県内の高速道路の拡充に象徴される二階俊博による地元への貢献、功績をまざまざと見せ付けられたものだ。生コン業界をはじめ、地元業者との密接な繋がり…。

 だが、その和歌山県内でさえコロナ・ウイルス感染による犠牲が拡大し、日本全体でみればなおのこと、二階俊博が旗頭となってきた観光立国政策は立つ瀬がないし、見る影もない。むしろ、観光客頼みの立国政策こそが仇となって地元への貢献も利権もあったものではない。

 同様のことは対馬にも言えるわけで、あのまま韓国人観光客の往来が頻繁に行なわれていたとしても、コロナ・ウイルス感染拡大でそれこそ対馬は壊滅的で壊死状態に陥っていたかも知れない。まさに島そのものが…。

 荒巻候補が掲げた核処理施設の建設は誰もが内心では忌避したがることかも知れないが、対馬が現状から前へ進むためには絶対にやらなければならない。しかも対馬こそが地層的、地理的に適していて国からの交付金と財源が見込まれる上に核処理技術が超高度であれば尚のこと。

 本土からやって来るのは交付金だけではない。施設の維持・管理のために往来する企業関係者・出入りの業者は相当数に上るだろうし、新しく移り住む人、対馬に留まり続ける人、その経済的効果は計り知れず、必然、本土からの「日本人の観光客」が増えるはずだ。

 そうすれば観光客頼みで韓国に下手に出るような情けない日本の在り様ではなくなるに違いない。

 誰が対馬に骨を埋める覚悟があるのかどうかの問題ではなく、一人でも多くの日本人に対馬に骨を埋める気持ちを持たせるように対馬を日本人にとって魅力的にしなければならない。

 荒巻候補が掲げた高度核処理施設の新設は対馬が観光客頼みの現状を打破し、前へ前へと進めるかが問われており、それは引いては日本国そのものに問われている姿勢である。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”進歩的チョン糞ネラー(笑!!!!”


gaitsui
  

Posted by samuraiari at 09:31Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ(政界・政局その他) 

外国人学校「補助金」裁判!

1
画像:東京地裁前にて筆者・有門大輔(支持者の方が撮影)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

4
画像上:『日本国民党』(鈴木信行代表)発行の「しんぶん国民」を贈呈されました!

まことに有り難う御座いました!

nawa

★関連ブログ『ネオ共栄圏&沖縄・米領復帰運動

【告知】反中・パンデミック阻止行動(デモ)のお知らせ(2月28日付)


★東京地裁周辺の風景♪

2
画像上:極左・反原発グループの「(違法)テントが撤去されて以降、すっかり整備されて見違えるようになった経済産業省前

3
画像上:その反原発グループは今や椅子とテーブルを並べて正門付近に居座っている

genpatsu3
画像上:ネットニュースより
こうした連中をよそに、女川原発が新規制基準の審査にパスするなど、各地の原発が着々と再稼動に向けて動き出しているのは非常に喜ばしい!

5
画像上下:焼き肉をご馳走になりました♪
6

7
画像上:塩カルビ

支持者の御一方からは先日、深酒と寝不足で準備不足のまま臨んだ記者会見が不出来だったことなどを指摘されましたが、裁判の「本割」で勝てとの叱咤激励を受けました(「しかし、あなたにも朝まで付き合わせた責任の一端はあるでしょう」と反論)!

★動画ご紹介!
【2020.01.29】外国人学校補助金への住民訴訟記者会見 〜東京地裁司法記者クラブにて〜

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆報告 2/28 IN東京地裁

『NPO法人 外国人犯罪追放運動』

原告にとって非常に心強い「援軍」による一撃!

 令和2年2月28日(金)午後2時より、東京地裁(803号法廷、鎌野真敬裁判長)にて足立区の外国人児童・保護者への補助金返還請求をめぐる住民訴訟の第一回口頭弁論が開かれました。

 第一回目の今回は原告(筆者・有門大輔)と被告である足立区の側の双方に陳述と提出書類の確認のみ。

 被告側である足立区からは訴訟代理人を通じた答弁書が2月22日の段階で筆者・有門(原告)の手元に届いたわけだが、被告側からは「追っての主張」が3月末までに提出されることが今回の第一回口頭弁論で確認された。

touben
画像:被告(足立区)からの答弁書

 筆者(原告)が住民訴訟を提訴したのが昨年11月下旬だったことを考えると、この間、約3ヵ月間の期間がありながらも被告側からは十分な答弁がなされなかったとも言える。

 その被告側からの答弁書では概ねおいて全面的に争うとの姿勢だが、昨年秋の住民監査請求で筆者(有門)からの請求を退けた内容以上のものは出ていない。

:住民監査請求に関する記事
2019年10月15日 【東京】朝鮮学校児童・保護者への補助金廃止を求めた住民監査請求!

2019年11月09日 朝鮮学校「住民監査請求」の回答!

 一方、筆者の側は提訴以降、足立区内外にあって朝鮮学校ほか外国人学校への補助金廃止についての様々なアクションを展開することが出来たものだ。

:補助金廃止要求に関する記事
2019年11月28日 【東京】「外国人学校」補助金への住民訴訟を提訴!

2020年01月11日 【東京】「拉致被害者奪還」「朝鮮学校補助金廃止」要求街宣&西新井リサーチ

2019年12月08日 東京23区の「外国人学校補助金」全廃を目指して!

 昨年12月上旬には原告である筆者の側も裁判所からの補正命令を受けているが、裁判での「請求の趣旨」に関してはこのたびの第一回口頭弁論でも裁判長より改めて指示があり、再び補正することになっている。

 それよりも本稿では第一回口頭弁論の丸一週間前となる2月18日に「証拠」書類の写しを追加で提出しているので、そちらについてお知らせしておきたい。

 かつて大阪府にて「補助金審査委員」を務めた中小企業診断士より、足立区での外国人学校児童・保護者への補助金支出について、明確な「反対の意見表明」を得られたものだ。

 以下にその全文を掲載したい。

意 見 書

 東京都足立区における「外国人児童・生徒保護者負担軽減補助金」について、これに反対の意見を表明する。

 東京都足立区のWEBページに「2019(平成31)年度 補助金・助成金予算一覧表」(https://www.city.adachi.tokyo.jp/zaise/ku/kuse/documents/31hojokintosyo310201.pdf)がある。

 その中に、「外国人児童・生徒保護者負担軽減補助金」という名の補助金が、足立区単独(足立区独自の施策的補助金)で予算計上されている。この施策は平成4年から、外国人学校の児童・生徒の保護者に対し、学費の一部を助成し保護者の負担軽減を図るという理由で『区の条例なし』に続けられており、平成31年度の予算は12,240千円を継続施策として計上されている。

 この補助金の対象は、以下の通りである。

次のすべてに当てはまる方が対象となります。

1.区内在住で、外国人学校に在籍する児童・生徒の保護者の方。※両親が死亡等により存在しない時は、その児童・生徒と生計を一にする監護・養育者の方が対象になります。

2.外国人学校の授業料を納入する義務を負う保護者で、すでに授業料を納入された方。

3.保護者のうちの少なくとも1人が、外国籍を有すること。

 つまり、対象の中に一切、所得に関すること(所得制限)が書かれていないのである。

 言い換えると、所得の低い外国人の子どもにおいても、所得の高い外国人の子どもにおいても、足立区に住む小中学生の外国人の子どもに補助をしているのである。

 これを数値で表すと以下のようになる。

 足立区に住む外国人学校に通う小中学生(平成29年4月1日現在で172人:但し申請数)に一人当たり月額6千円の補助を行っていることから、足立区平成30年度事務事業評価調書(平成29年度事業実施分)30ページより

12,240,000(事業費)/172人 ≒ 7万2千円(一人当たり年額)

 もしこの4分の1(43人)の小中学生が年間所得200万円の両親のもとに育てられており、それ以上の所得には補助金の制限を設ければ、12,240,000(事業費)/43人 ≒ 28万5千円(一人当たり年額)となる。

 実際、外国人学校へ通うには年間およそ300万円/人かかるため、これでも十分な額ではないかもしれない。

 しかし、日本語サポートを受けながら公立小中学校へ通うためには、決して少額ではないと考える。

 以上、足立区の当補助金の実施には反対の意見を唱える。

令和2年1月28日

中小企業診断士(元大阪府補助金審査委員)

以上

 無論、裁判への提出書類では実名入りだが、実際に大阪府という自治体で補助金支出に関する審査委員を務めていた方からの明確な反対表明だ。これ以上に心強い「援護射撃」はない。

 それにしても今回の第一回口頭弁論は同法廷にて注目の裁判が相次いだ関係もあったのか、多数の衛視を配置しての非常に物々しい警戒態勢の中で開かれた。

 支持者の方によると傍聴席には足立区職員らしき傍聴者がいたそうで、そのほか、法廷内にはかつて外国人犯罪絡みの裁判で「動する保守運動」として激しく衝突した衛視らの懐かしい姿もあったが、現在の法廷闘争ではそうした裁判所との衝突を目的としたものではなく、飽くまでも事実関係と道理に沿って自治体・行政の不正支出を正すことを目的としたものである。

 次回は4月7日(火)午前11時30分より。引き続き、淡々と法廷闘争を戦っていきたい。

皆様からのご支援に御礼申し上げます。

『外国人学校への補助金廃止を求める訴訟基金』

【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行

記号:10100

番号:68224881

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動

※他の金融機関からのお振込みはこちら

店名:〇一八(ぜろいちはち)

店番:018

預金種目:普通預金

口座番号:6822488

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞トンスルランド(笑!!!!”
”チョン糞マジョリティはマイノリティ(笑!!!!”


gaitsui
  
Posted by samuraiari at 00:07Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 調査活動 | 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶

2020年02月27日

杉田水脈議員の国会質疑と「連帯ユニオン」報道!

画像1面
画像:連帯ユニオンによる被害を受けた生コン工場

 先ごろ、杉田水脈(みお)議員により、単一の労組から89人もの逮捕者を出した全日本建設運輸連帯労働組合(連帯ユニオン
)関西地区生コン支部についての国会質疑が行なわれた。

 答弁に立った警察関係者からは「労働運動であれ刑法に抵触するような暴力行為は認められない」「警察からの報道規制に関する要請は一切していない」との答弁がなされたものである(しかし、最前線の警察が及び腰であったことは事実であり、それゆえ報道が控えられてきたことも事実でしょう)。

★動画ご紹介!
【最新必見国会】自民 杉田水脈議員 まさかの関西生コンの真実を確認する!煽り野党にも、謙虚に注意を促す、報道されない自由を激白、真実を暴露する!



【前編】水脈ちゃんの身が心配!国会で連帯ユニオン(通称 関生)を取り上げる 【JapanADch】200225


【後編】国会で連帯ユニオン(通称 関生)を取り上げる 辻元清美に嫌味も【JapanADch】200225


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


cult

★関連ブログ「カルト撲滅&『ストーカー規制法』改正運動!

左翼思想による洗脳と集団ストーカー!(2月26日付)
915d248d

カルト教団媒介のウイルス感染!(2月27日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=363
daiichi


gaitsui

★NPO法人外追 公式サイト(広報)より
2020年02月22日 【東京】「竹島の日」港区と韓国大使館への抗議行動!
4

2020年02月24日 【東京】既成政党への抗議行動!(リレー演説会)
29

玉木雄一郎・国民民主党と在日勢力・組織?

 「連帯ユニオン質疑」に踏み切った杉田水脈議員についてはさる1月、玉木雄一郎国民民主党代表)が夫婦別姓導入の国会質疑を行なった際の所謂「ヤジ」が問題視されたが、真にマスコミ報道で追及されなければならないのは夫婦別姓により特別永住外国人(在日韓国・朝鮮人)が戸籍・出自を明らかにすることなしに婚姻に踏み切れる戸籍無効化であり、この玉木・国民民主代表による国会質疑の背後にはいかなる組織・勢力が介在するのか…ということだろう!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 以下、2年前に連帯ユニオン問題に取り組み始めた当初、瀬戸弘幸氏以下『連帯ユニオン討伐隊』が発行していた機関紙『告発!』(画像上下)にて、筆者・有門大輔が記した記事を一挙ご紹介します。杉田議員によるマスコミの「連帯事件」完全黙殺が国会で指摘されたこの折、長文になりますが、お読み頂ければ幸甚の至りに存じます。
kokuhatsu

告発! 労働運動を騙る恫喝組織

決別宣言!

タカリのプロ集団『連帯ユニオン』 関西地区生コン支部による威力業務妨害事件!

まるでヤクザのみかじめ料!

画像4面(上)
画像上:連帯ユニオンによる脅しのビラ

画像4面(中)
画像上:辻元清美と武建一の関係を追及するマスコミ誌の記事

画像4面(下)
画像上:連帯ユニオンによるデモなど日本を破壊する左翼運動に年間十数億円もの不明金が渡っている?

 昨年十二月十二日から『全日本建設運輸連帯労働組合(連帯ユニオン)関西地区生コン支部』は近畿一円で一週間にわたり、車両千五百台を動員し、セメントや生コン運送の運賃引き上げを要求してゼネストと称した暴動紛いの騒ぎを大々的に展開。このストは同十八日始業時で解除された。

 では、その過程で連帯ユニオン関西生コンはどのようなことを仕出かしたのか? 上掲の写真は左翼サイトのレイバーネットに掲載されていたものだが、この工場は三菱セメントの工場である。

 生コン各社はこのような大手のセメント工場からセメントの原材料を買って、自分の各工場に運び込み、そこで練ってミキサー車で工事現場に運び込む。
 このような大企業のSS工場に対して連帯ユニオンは当日、244人の活動家を動員して妨害を試みた。
三菱セメント
大阪SS、堺SS、尼崎SS、神戸SS、舞鶴SS、姫路西SS、高砂SS、海南SS
住友大阪セメント
堺第二SS、なにわSS、大阪SS、東神戸SS、向日町SS、和歌山SS、朝来SS、新宮SS、下津SS、姫路第二SS、淡路SS、赤穂SS
太平洋セメント
京都SS、大阪SS、堺SS、神戸SS、姫路SS、和歌山SS、由良SS
トクヤマセメント
大阪SS、岸和田SS、海南SS、神戸SS、姫路SS、由良SS
麻生セメント
大阪SS、尼崎西SS、由良SS、姫路SS

 これらの工場に活動家が連日押しかけた。

十二月十二日(火曜日) 244人
十二月十三日(水曜日) 222人
十二月十四日(木曜日) 215人
十二月十五日(金曜日) 176人

 この数字から見るに彼らの最大動員数は250人ほどだ。しかも、そのうち過激な活動家は50人ほどで、他の人達は活動家ではなく、動員された普通の労働者だったと思われる。

 この大手メーカーの工場からセメントの原材料を運ぶ仕事を邪魔するのが今回のゼネストの狙いだった。即ちヤミの労組対策資金を打ち止めされた連帯ユニオンや関西生コンがその復活を迫って行動に出た。

 単にカネをゆする為の行動であり、本来の労働運動などとはまったく無縁なものだった。では、どのような事が起きたのか?

 宇部三菱セメントの工場などに早朝から押しかけて、原材料の搬出を妨害する行動は労使交渉でも何でもなく、威力業務妨害に過ぎない。

 連帯ユニオンや関西生コンの抗議と称する妨害行動は四日間に渡って続いたが、これで工場の操業はストップして原材料の供給を受けられない各会社の生コンクリート工場は営業が出来ない。

 これに対して中小企業の経営者で組織する大阪の協同組合は、これまでとはまったく違った対応を取ることを決議した。

 即ち左翼労組の嫌がらせに屈することなく、戦う道を選択した。もう、これまでのようにゼネストが行なわれれば、その脅しに屈して言うことを聞いてきた、これまでの解決方法を拒否した。

 よって彼ら連帯ユニオン関西生コンは何の成果も上げることが出来ずにストライキの解除を決定するしかなかった。闘争に入る前には無期限のゼネストに突入する!…などの勇ましいことを宣言していたにも関わらず、敗退するしかなかった。

 この連帯ユニオンや関西生コンは極左の活動家が牛耳る組織であり、北朝鮮などへの度々訪朝団を送っている札付きの連中である

 そのような危険な過激分子をこの日本社会にのさばらせておくことはもう出来ない。朝鮮総連の関連会社の資産凍結や捜査が進む中で、このような過激な労組に活動資金を与え続けることなどは絶対に許されない。

 協同組合側は団結して、この過激派の要求には断固屈しないという方針を改めて表明した。それが警察への威力業務妨害での告訴に示されている。

 これまでであれば、なぁなぁで済ませて来たことをせずに、司法当局に刑事事件として訴える。また、莫大な損害に対しては民事訴訟を提起する。

 この動きに対して連帯ユニオン関西生コンは今後どのように攻撃してくるのか? 更に人数を動員してゼネストに再び打って出て来るのか?

 極左労組は卑怯にも経営者や家族まで含めた個人攻撃をし始めた。社長の顔写真入りの誹謗中傷ビラを同社長の自宅付近でばら撒くいつもの行為。

 更には自宅や会社に活動家が集まって声を上げる脅迫行為。しかし、どのような嫌がらせを行なおうが、それは失敗に終わる。何故ならば、もう、そのようなこれまでの汚い手段が通用しないほどに国民の関心が高まって来たからだ。

 左翼労組のやりたい放題、法を無視するような暴力的な騒動に対しては警察への徹底した取り締まりを求める署名活動も始まる。最終的には6万人の署名を求めて立ち上がった。

 しかし、この極左労組がこれで黙って引き下がることはないだろう。これからがまさに正念場を迎えることになる。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

『連帯ユニオン関西生コン支部』の正体は極左暴力集団・過激派!

労働争議を騙って私腹を肥やすゴロツキの「労組マフィア」!

労働運動を装い、私利私欲に塗れた暴力団紛いの業務妨害と付きまとい…

ユニオン配下のゴロツキ労組が団体交渉と称し生コン業者の家族・知人にも総攻撃!

画像2面(上)
和歌山県での和歌山県生コンクリート工業組合・丸山克也理事長への嫌がらせ街宣では、これを撮影していた社員に関西生コン労組員らが恫喝!
労組員の一人は撮影車輌の前に躍り出て激しいダイビングを繰り広げて転倒する「当たり屋」顔負けの白々しい演技!
いかにも痛そうな表情で路上に座り込む姿はどこか余裕も感じられる吉本新喜劇風?
画像2面(下)

ヤクザ顔負けの恫喝生コン業者への因縁

県条例にも違反する組織的な「集団ストーカー犯罪」行為!

組合活動を騙った業者・関係者への激しい威嚇!

 『大阪広域生コンクリート協同組合』とそれに連なる各府県の生コン業者たちがユニオン関西地区生コン支部(委員長・武建一、以下「関西生コン」)に巧妙にタカられ、掠(かす)め取られてきたのは何故だろう?

 大阪広域生コンクリート協同組合の役員は次のように述べる。「兵庫県の尼崎でオバちゃんに乗っ取られた家族が家族同士で殺人事件まで起こしてたでしょ? 傍から見てたら『何であんなオバちゃんに?』『そこまで支配されてしまうわけ?』と思うでしょ?
 それと同じことやと思うんですよ
 要はどこの世界にも、その世界なりの「魔物」が棲息しているということだろう。それを断ち切る勇気があるかどうかの問題である。

 大阪広域生コンクリート協同組合に加盟する業者と人々の思いとは、本来なら支払う必要のない「環境整備費」という名目の不当な代価を生コン1立米(リューベイ)当たり百円、年間にして4億円の巨額を関西生コンに支払う羽目になろうとも、「みんなが潤えば良い」「みんなで儲けたらええやん」「少しでも現場の労働者に還元されるんやったら…」「それで業界全体が上手く回るんなら武(建一)さんの言うことを聞いとこやないか」という思いだったことに尽きる。

 しかし、実際は何年も積もり重なり、何億円と。大阪府や京都府、和歌山県、兵庫県など各府県全体で見れば数十億円、数百億円という巨額が労働者に何ら還元されることなく、ただ、ひたすらゴロツキ労組・関西生コンに流れ、彼ら関西生コンのごく一部だけが私腹を肥やす結果に終始してきた。

 「おかしいやないか!
 大阪広域生コンクリート協同組合をはじめ、関係者の怒りが積もり積もって爆発した! 関西生コンとの決別を一同決意したものだが、関西生コン側の関係労組を動員した嫌がらせは広範で、組織的なものだった。

 早朝、20〜30人くらいで押しかけ、加盟業者の敷地内に停車したミキサー車でゼネラル・ストライキを決行すると宣言。加盟業者が生コン運搬に関する契約解除を示唆すると今度は「下請けに仕事を寄越せ!」と強要。別の運送業者に依頼して生コンの運搬をしようものなら武の息がかかった業者と労組員が行く手を阻み、強引に割り込んでは「雇わんかい!」と威圧。威力業務妨害の「組織犯罪」である。

 和歌山県にある加盟業者の『湯浅生コン』(柳瀬岩生代表取締役)に対しては、早朝、60人ほどの労組員(複数団体)が押しかけ、「団体交渉に応じよ!」と要求。

 柳瀬社長は一まず「ほな、何月何日に話し合いしよう」と回答し、その場は収束したかに見えたが、大挙押しかけた労組員は一向に帰ろうとせず、会社敷地内に屯(たむろ)。

 柳瀬社長が敷地内から退去するよう促したところ、忽ち屯していた労組員らが口々に騒ぎ出す。柳瀬社長に因縁をふっかけ、数十人の労組員が柳瀬社長一人を取り囲んで大騒ぎを始める。

 関西生コンら労組側は最初から話し合いなどする気はなく、最初から大勢で柳瀬社長一人を締め上げる気でいたのだ。目的は労働現場を混乱させ、全面的に事業を停滞させる嫌がらせにあったと言える。

 取り囲まれた社長のことが心配になった社員らが寄って来たが、労組員らは数十人で人垣をつくり、他の者を一切寄せ付けない。なおかつ、人垣の中で何が起きているのか分からない状況をつくった。見えないところで横暴の限りを尽くす卑劣な手段だ。

 大勢の労組員に一人取り囲まれた柳瀬社長は襟首を引っ張られ、引き倒されそうになる。「何すんねん、やめんかい!」と手を振りほどこうものなら、忽ち労組員は柳瀬社長に対して「暴力振るうなよ!」「暴言吐いたやろ!」などと、さらに詰め寄る。

 自ら攻撃を仕掛けておいて、相手のほうが暴力的な言動に及んだかのように装って演出。これも狡猾なやり口だ。
 遂に柳瀬社長は関西生コンら労組員らに引き倒され、殺到する中で陰湿な暴力を受けて負傷するに至った。肩に足跡が残るくらいの陰湿で集団的な暴力だったという。
 社員らの通報で和歌山県警が駆けつけて来たが、労組員の幹部らしき男が「これは労働争議です」などと称して警察の介入を阻む

 ようやく事態は一旦収拾したが、関西生コンら労組側は「(柳瀬)社長が勝手に転んだ」「暴言を吐いて暴力を振るっておきながら被害者を装っている」「労組を悪者にしようとしている」などと主張。自ら言ったことを実行していたのは労組側のほうではないか。

 前述のように大勢の人だかりだったので、その場に居合わせた人からも目撃証言は取れていないし、証拠映像・画像もない。ただ、柳瀬社長が持っていたICレコーダーには労組員らの罵声が録音されていた。ただし、それとて前述のように関西生コンら労組員は威嚇や脅迫にならない文言だけを使っていて、嫌がらせや「集団リンチ」の手口は非常に狡猾であった。

奴らはダテに中核派の弁護士を呼んで勉強会をやっているわけではありませんよ。法律的な問題とか、きちんと勉強していますね。労組なんて言ってますけどね、もう中身は学生時代から左翼運動をやってた完全な極左過激派で、中核派ですわ」(柳瀬社長)

 まさに「集団ストーカー犯罪」の如く関西生コンら労組による嫌がらせだが、これにとどまらない。
 絶えず、会社(湯浅生コン)の付近でストーカー行為のように労組員が出入りの車や人をチェックしているという。それも同一の労組員が四六時中張り付いているわけではない。

 張り付きの労組員は、その日や時間帯により絶えず入れ代わる。この辺りも同一の人間がやっていれば「つきまとい防止」を定めた和歌山県条例にも引っかかることを警戒してのことだろう。

 さらに関西生コンら労組の嫌がらせは柳瀬社長個人にとどまらない。柳瀬社長の娘さんが勤務されている和歌山市役所にまで押しかけては執拗な抗議。公共工事にも絡む正当な抗議であれば市役所に限らず、和歌山県庁にも行って良さそうなものなのに、何故か柳瀬社長の娘さんが勤務する和歌山市役所にだけ集中している。

 労組側の組織的な嫌がらせ(集スト行為)は『和歌山県生コンクリート工業組合』の丸山克也理事長の知人にまで及ぶ。
 同理事長の知人が自宅から車で出かけてスーパーへの買い物など、複数の車が絶えず尾行しているという。単に後ろにくっ付いて走行していれば明らかな「つきまとい」「ストーカー行為」となり、軽犯罪法に引っかかるのを労組側も熟知しているものと思われる。

 入れ代わり立ち代わり、違う顔ぶれの労組員が車での追尾を続け、必ず何十メートルか離れた状態で、また別の労組員が運転する車が行く手で待ち伏せ、追尾を繰り返しているという。
 何とも巧妙で卑劣な関西生コンら労組の嫌がらせである。

 和歌山県生コンクリート工業組合の丸山理事長らは「警察自体が可能な限り、法律を適用して騒ぎを収めようとしてくれていますが、『労組』とか『労働運動』自体を理解し切れていないのが実状ですね。
 どこから手をつけて、どこを止めれば良いのか、官民が協力して労組・労働運動の全貌を把握することが必要です。たとえ、つきまとい防止とか軽犯罪法違反で摘発しても、ユニオンとか関西生コンとか、『本丸』には踏み込めずに決定打にはなっていないのが実状です」と話す。

 単に労働状況や賃金の是正をめぐる不満からの暴動ではない。労組運動やストに名を借りた関西生コンによる集団的・組織的な嫌がらせであり、「労働テロ」「労組テロ」と言っても過言ではないのだ。
 しかも、関西生コンは昨今問題の北朝鮮や沖縄県での米軍基地建設をめぐる妨害・破壊工作で逮捕された者らとも通じているなど、極左暴力集団・中核派そのものであり、その関西生コンに年間ン十億円とも言われる巨額のお金が垂れ流され続けてきたという問題である。

 今、その関西生コンとの悪しき関係、悪しき慣例を断ち切ろうとの壮大な戦いである。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

極左「極悪」暴力労組・連帯ユニオンによる『極東一生コンクリート工業蝓への嫌がらせ!

これが連中の言う労働運動・争議の実態に他ならない

早朝七時に大勢での訪問…

「社長、おめでとうございます」

その第一声から始まる企業恫喝・恐喝の総攻撃!

 大阪府内および和歌山県内など近畿一帯で極悪労組『連帯ユニオン』への糾弾街宣が本格化した。

 『大阪広域生コンクリート協同組合』に加盟するコンクリート工業会社『極東一生コンクリート工業株式会社』(大阪市西成区、尾田左知子代表取締役)が連帯ユニオンからの攻撃を受けたという。

 それもつい先日、今年(平成三十年)元旦のことである。

 連帯ユニオンの労組員たちが元旦の午前七時キッカリに極東一生コンクリート・尾田社長の自宅インターフォンを鳴らして押しかけて来たのだ。連帯ユニオンによる「自宅前街宣」は七時から八時にかけ、計ったようにキッカリ一時間。

 たとえマトモな訪問での正月の挨拶にしても、朝の七時などは、ちょっと考えられないくらいに早い時間帯である。
 それでも法律的に問題がなければ何でもOKというのがゴロツキ労組・連帯ユニオンの姿勢である。「社長、おめでとうございます」
 これが連帯ユニオンの第一声だったそうだが、連中は約二十人も引き連れて押しかけて来た。…単なる訪問や挨拶ではなく、二十人なら「押しかけた」という表現が相応しい。

 世間の一般常識として、単なる訪問や挨拶なら二人くらい、どんなに多くても三人までだろう。それ以上での訪問となると押しかけどころか、喧嘩騒ぎをしに来たと思われても仕方がない。
 正月の挨拶だとしても、あまりにも非礼過ぎる。これでは、おめでとうも何もあったものではないだろう。
 しかも、尾田社長宅の周辺は閑静な住宅街。

 連帯ユニオンはさっそく社長宅のド真ん中で抗議声明を読み上げている。
 「雇用責任を果たせ」とか何だとか…。
 実は元旦に連帯ユニオンによる尾田社長宅への「押しかけ」があったのは4年ぶりのことで、極東一生コンクリートの社長が現在の尾田社長に交代してからは今回が初のこと。

 尾田社長の実父であられた先代社長の頃にも元旦などに連帯ユニオンが押しかけて来ているが、この時より「雇え」「採用せよ」などと無理難題を突きつけてきていた。

 先代社長の頃には連帯ユニオンとの間で業務妨害をめぐる裁判沙汰にもなっていた。
 その裁判は最高裁まで争って会社側(先代社長)が勝訴、連帯ユニオンが敗訴している。
 なお、この当時、先代社長が連帯ユニオンによる街宣に対して、裁判所に「仮処分」を申し立てていたが、連帯ユニオン側は構わずに押しかけて来ている。それも正月の元旦にも関係なく。
 連帯ユニオンは敗訴すれば「不当判決だ」と大騒ぎ、勝訴すれば「我こそ正義だ」と言わんばかりの大威張りで押し寄せて来ている。

 この先代社長が数年前に他界した際、連帯ユニオンはスローガンを大書きした街宣車を葬儀場周辺にグルグル徘徊させ、無言の圧力をかけていたという。標的が死亡してもなおも執拗な無言の圧力…。今どき、カルト宗教の信者でもやらなさそうな陰険さである
 まったく以って許せたものではない。

 極東一生コンクリート工業の社長が現在の尾田左知子社長に代替わりし、社長宅の引っ越しも終わって4年間は連帯ユニオンが来ることもなく、平穏な時代が続いていたという。
 しかし、尾田社長が就任4年目の今年元旦にして、再び連帯ユニオンが押しかける事態になった。

 実は一昨年末(平成二十九年末)から、この極東一生コンクリート工業の工場には頻繁に連帯ユニオンが押しかけて来ていたそうだ。それも3〜4日間にかけて連日。
 連帯ユニオンの主張は執拗に同じことの繰り返し。

 既に裁判で決着している問題をまたぞろ持ち出しては主張している。よほど街宣で主張するネタがないのだろう。
 そもそも「個別協議に応じろ」とする連帯ユニオンの主張とは何なのだろうか?

 確かに極東一生コンクリート工業の取引先や周辺では倒産した会社があるが、それも極東一生コンクリート工業とは何ら関係のない問題で倒産しているのだ。
 倒産に関係がないどころか、現在の極東一生コンクリート工業の尾田社長は倒産した会社社長に対して、さんざんお金まで融通していたのだ。
 その倒産会社に連帯ユニオン関係者が勤務していただけのことで、極東一生コンクリート工業に責任があるかのような転嫁は何ともムチャクチャな要求である。
 極東一生コンクリート工業の尾田社長はこれまで縁のある人には出来るだけの誠意を見せてきたという。まことに度量の深い人だと言えよう。

 その極東一生コンクリート工業の尾田社長に対して、(契約にもない)「枠を増やせ」だとか、「守れ」と要求しているのが連帯ユニオンである。本当の解雇とは何の関係もない問題での主張ばかりだ。
 連帯ユニオンと関わりながら、連帯ユニオンを知る会社経営者は誰もが逃げ出しているという。
とてもやないですけど、何の資本関係もない会社にまで押しかける連帯ユニオンは正常な労働団体とちゃい(違い)ますよ」「ず、常識が通用しませんわ
 これが極東一生コンクリート工業の尾田社長たち「業界の人々の本心」である。

 なお、今回、不当に言いがかりのような因縁を吹っ掛けられた極東一生コンクリート工業の尾田社長の御家庭では、ご主人が自宅で会計事務所代表として玄関先に看板を出しておられるという。
 連帯ユニオンによる不当な抗議行動で、そのご主人の会計事務所が抗議をされていると勘違いした近所の方も少なくないとされる

 極東一生コンクリート工業の尾田社長と御家族は長年付き合いのある弁護士と相談の上、連帯ユニオンに対して内容証明を送ることにしたという。
 会社経営者に対する不当な言いがかりと集団的な圧力。それが経営者のみならず、その御家族の業務や生活まで脅かしているのだ

 まさにゴロツキ労組・悪徳労組による労働争議に名を借りた嫌がらせで、一種の「集団ストーカー犯罪」だと言えよう。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★講演会のお知らせ♪

日 時:令和2年4月12日(日) 18時30分より

場 所:文京シビックセンター(スカイホール)

テーマ:関西生コン事件について

講 師:鷂郵姐、渡邊昇

内 容:関西生コン事件の全貌 約1時間

    武建一討伐の運動内容 約1時間


★動画ご紹介!
川崎における行動保守運動アーカイブvol.3-1 〜【2016.1.31】川崎発 日本浄化デモ第二弾!反日を許すな!〜

川崎における行動保守運動アーカイブvol.3-2 〜【2016.1.31】川崎発 日本浄化デモ第二弾!反日を許すな!〜

川崎における行動保守運動アーカイブvol.3-3 〜【2016.1.31】川崎発 日本浄化デモ第二弾!反日を許すな!〜
(編集:はとらずチャンネル


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞が嫌いな反革命(笑!!!!”
”チョンカスの早朝作業(笑!!!!”
”チョン糞ホシュの直会スレ(笑!!!!”
”朝一のチョンバカネラー(笑!!!!”
  
Posted by samuraiari at 23:32Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 連帯・反原発・妨害集団しばき隊・ヘイト規制 | カルト政権(政教一致とストーカー規制法)・その他の政局

2020年02月25日

既成政党へのリレー演説大会!

40
画像上:四谷三丁目交差点にて創価・公明党糾弾の演説開始!
画像下:首相官邸前で演説する筆者・有門大輔
ari

30
画像上:永田町の立憲民主党本部前にて令和タケちゃんの演説!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆報告 2/24 終日抗議行動!

IN四谷三丁目(公明・創価)〜永田町(立憲民主・国民民主・自民)〜官邸前

『日権会』『令和タケちゃん』『NPO法人外追』『政教分離を求める会』主催

新型コロナ・ウイルス(武漢肺炎)…夫婦別姓…ヘイトスピーチ規制への抗議!

 令和2年2月24日(月曜日、祭日)、我が『日権会(日本人の権利を守る市民の会)』と撃退系・報道系YouTuber令和タケちゃん、『NPO法人 外国人犯罪追放運』『政教分離を求める会』は東京都内箇所にて各党への抗議行動を展開した。

 筆者(有門大輔)は所用のため、四谷三丁目交差点での創価学会・公明党糾弾の演説活動からの合流・参加となったものだ。

38
画像上下:四谷三丁目交差点にて、人為的とも言える形でウイルス感染拡大を招いた公明党政権の無策無能ぶりを糾弾した各弁士
36
34

41
画像上:演説場所となった四谷三丁目交差点に位置する消防博物館の鼓笛隊人形がマーチを演奏♪ 有楽町マリオンに並ぶ地元の名物か? どうでも良いことだが、一番手前の女のコの人形を「パンチラ」させたのには意味があるのだろうか? 制作者のイタズラ心が透けて見える? フェミニストなど口うるさい婦人団体から余計な苦情が来なければ良いが…

 …特に連日、参議員議員である秋野公造をTV出演させ、「中国人への入国規制は言い過ぎだ」として感染拡大が軽微なものであるかのように印象操作した公明党の責任は重大。

 国民の生命・安全が第一どころか、二の次三の次になっている一方、習近平の国賓招聘に狂奔する自公政権の在り方を厳しく糾弾したものだ。

:拙ブログで創価・公明の責任を追及した直近のエントリー
2020年02月05日 習近平とともにウイルスも国賓招聘!?

 当日の街頭行動は概ね拙ブログでこれまで主張したとおり。街頭演説にてブログ内容を改めてなぞったものである。その他、当日の四谷三丁目交差点での行動は関係ブログにも掲載されているのでそちらもご参照頂きたい。

cult

★関連ブログ「カルト撲滅&『ストーカー規制法』改正運動!

2/24 四谷〜活動報告(2月24日付)

 この四谷三丁目での行動より前、日権会と令和タケちゃんらは代々木にある日共(日本共産党)本部前やJR千駄ヶ谷駅前にて反共の街頭演説を展開。その様子を同じく関連ブログに掲載しているので、そちらもご参照頂ければ幸いだ。

nawa

★関連ブログ『ネオ共栄圏&沖縄・米領復帰運動

反共演説と行動の報告!(2月25日付) 沖縄へ届け、反共の奏(かな)で♪

suto
画像上:代々木の日共本部
画像下:日権会と令和タケちゃんらの一行を追尾してきた集団ストーキングの如き共産党員らは日共親衛隊のメンバーか?
suto2

 余談ながら…カルト絡みの集団ストーカー」事件で、日共本部に救いを求めて相談に赴き、実際に日共に入党までしてしまう「集スト被害者」の方が少なからずおられます(ほぼ全員が後に離党していますが)。
 しかし、日共に救いを求めても何の解決にも救いにもなりませんので、藁をも掴む思いで日共に救いを求めるような真似は是非ともお控え下さい。

 日共から派生した反原発グループを母体とする所謂しばき隊』なる妨害集団が保守系デモ参加者に付きまとうような蛮行を繰り広げているのが現状です。

 …四谷三丁目での演説を終え、昼食と小休止の後、一行は永田町に移動して野党第一党である立憲民主党への抗議行動を展開した。

32
画像上:立憲民主糾弾の演説を行なう弁士
画像下:演説する筆者・有門
ari4

29
画像上:立憲民主党本部のド真ん前で檄を飛ばす令和タケちゃん
コロナ・ウイルスの感染拡大よりも「桜を見る会」への追及が大事なのか!?

 コロナ感染拡大より桜を見る会への追及を優先するとした立憲民主議員の石垣のりこなどはまさに国民の生命・安全を守る議員としての責務放棄を宣言! この石垣から枝野幸男、辻元清美、有田芳生に至るベテランから新人まで立憲民主にはろくな議員が揃っていないものだ。

 特に石垣のりこに至っては昨年の参院選に立候補した際、選対本部長を務めたのは「ノイホイ」のHNで知られる菅野完。性犯罪や暴力事件が追及されるなど、曰くつきの者だ。

 筆者・有門からは演説にて立憲民主の有田らが旗振り役となったヘイトスピーチ規制法に言及。コロナ・ウイルスに感染している危険性の高い支那人(中国人)の入国規制は当然。それをヘイトだとか差別などとはヘイト規制法の悪影響極まりない。しかもヘイト規制では感染症患者への差別も規制対象にしているようだが、ウイルス感染者の入国拒否と隔離は合理的理由に基づく明確な「」だ。

:拙ブログのヘイト規制への批判に関する直近のエントリー
2020年02月03日 コロナ・ウイルスと外国人犯罪!
2020年02月15日 川崎市「思想警察」の脅威?

 …立憲民主の前から引き上げたその足で同じく旧民主党から分派した野党第二党である国民民主党の本部へと向かう。

28
画像上下:国民民主を糾弾した各弁士(下は筆者・有門)
ari3
26

 国民民主党本部前での抗議行動では筆者・有門からは武漢肺炎(コロナ・ウイルス)の問題を離れ、肺炎騒動とほぼ同時期に発生した国会での夫婦別姓の代表質問に焦点を絞った。

:拙ブログの夫婦別姓に関する直近のエントリー
2020年01月25日 「結婚しなければ良い」の事実!
2020年01月28日 「夫婦別姓」質疑と通名、ヘイト問題!?

 夫婦別姓の代表質問をしたのは国民民主党代表の玉木雄一郎。これに対してヤジを飛ばしたとされる自民党の杉田水脈議員ばかりがマスコミ報道で槍玉に挙げられていたが、本当に追及されなければならないのは玉木による夫婦別姓の代表質問。

 夫婦別姓は中共(中国)や南北朝鮮がそうだが、夫婦間に生まれてきた子供は両親どちらかの姓を選べるわけでもなく、否応なく父方の姓を名乗ることになる。つまり、夫婦別姓で妻となる女性は「家系に入れない」ことを意味するわけで、それこそただの子供を産む機械。…何が「女性の権利」だ? フェミニストであればむしろ夫婦別姓には抗議しなければならないのに日本のフェミニストがやっていることは本末転倒だ。

 夫婦別姓が良ければ入籍せずに事実婚で構わない。こと在日韓国・朝鮮人は通名(日本人名)を名乗っていたりするが、在日男性が入籍する場合、通名である日本人名での入籍は認められない。そのため入籍には本名である「金」やら「李」やら「朴」の苗字に結婚相手を入籍させなければならない。

 自ずと入籍の際に国籍が明らかにされてしまうわけだが、夫婦別姓での結婚が法的に認められると入籍の際に国籍が明らかにされることがなくなるわけで、ますます成り済ましによる外国人(朝鮮人)スパイを暗躍しやすくしてしまう懸念がある。

 従って国会で夫婦別姓導入を要求する代表質問を行なった玉木雄一郎の背景には総連か民団か知らぬが、何らかの朝鮮勢力が介在しているのではないかということがマスコミ報道で追及されなければならない。

 国会質疑中のヤジなどどうでも良い問題で、代表質問の内容も然ることながら、玉木雄一郎とその背後関係こそはよっぽど重大な問題だ。

 …国民民主の本部前を引き上げてからは政権政党たる自民党本部前にて抗議行動を展開。自民党本部前での抗議行動は先月(1月)19日以来、約1ヵ月ぶりのことだった。

★NPO外追 公式サイト(広報)より
2020年01月19日 【東京】習近平「国賓招聘」反対アクション!

 自民本部前では以前、月例での移民反対の抗議行動を継続しており、支持者の方からはその行動の再開を求める向きもあった。継続的ではない上に形は異なっているが、今日こうした形で再始動している。

16
画像上:自民党本部前に掲げられた横断幕

24
画像上:自民党本部への抗議文の手交へ向かう抗議団

21
画像上:令和タケちゃんによる自民党本部前での檄!

19
画像上:令和タケちゃんによる抗議文朗読!

18
画像上:抗議文の手交!

:抗議文

自由民主党へ

中共武漢発のコロナウイルスなる武漢肺炎は日本で猛威を奮っている。日本での感染拡大を許してしまったのは政府と与党第一党の貴党の責任である。我々日本国民はコロナウイルス感染拡大を阻止するため与党第一党である貴党に対して以下のことを要求する。

1.中共人及び中共に滞在歴のある外国人の入国を禁止する措置を発動するよう政府に要求せよ。
2.マスク及び防護服を国外に持ち出すことを禁止する措置を発動するよう政府に要求せよ。
3.日本国民が最優先されるよう政府に要求せよ。

日本国民有志一同

14
画像上下:自民党本部前での抗議演説!
11

 自民党本部前での抗議演説では外国人単純労働者(事実上の移民)受け入れとともに、支那人の入国規制には踏み切れない元凶たるスポンサー企業トヨタ自動車と同社が中心企業となっている日本経団連を追及したものだ。

:拙ブログの自民スポンサー・トヨタへの言及エントリー
2020年02月24日 愛国政治と売国政治!

 …当日の抗議行動の最後は首相官邸前へと向かった。

10
画像上:首相官邸前での抗議演説!
画像下:首相官邸前での抗議演説では飛び入りの方も演説!
春節に併せた支那人への来日ウェルカムがウイルス感染拡大を加速させたものであり、政府与党の責任は大きい!
6

9
画像上下:首相官邸前の風景
警察による物々しい警戒の最中、官邸から要人を乗せた高級車が次々出動?
7
8

2
画像上:首相官邸前でトリの演説を務めた令和タケちゃん

5
画像上:その最中、明らかにSPと見られる屈強な男たち(画像中央)が周囲を警戒するように歩哨に立つ!

もしや!? 安倍首相!? ご帰還!?

4
画像上:何台もの護衛車輌に守られながら首相官邸に入って行く政府専用車
安倍晋三、聴いているか!?」とヤジを飛ばした…安倍首相の目には抗議行動の様子がどう映っただろうか?

 …首相官邸前での抗議演説では主にウイルス騒動の最中での「緊急事態条項の新設」、「国家緊急権」の発動に言及したものだ。

:拙ブログでの緊急事態条項の新設に関するエントリー
2020年02月06日 コロナ・ウイルス騒動への「国家緊急権」発動!

 この緊急事態条項の新設も公明党(山口那津男によって阻まれたものだが、国がやらないから国民一人ひとりが一個人で「中国人(入店)お断り」などのビラを張り出し、私人としての自衛権を発動しなければならない羽目になったものに他ならない。

 京都府では旭化成という大企業の課長さんが街頭の電柱に「中国人来るな!」とする旨のビラを張り出し、京都府警によって摘発された。平時の日常では考えられない事態だ。

:拙ブログの過去エントリーより
2020年02月21日 大企業課長の「中国人阻止」ビラ!

 筆者・有門からは最後、要人警護のSPらを前に「いずれ政府要人を標的とした『直接行動』は必ず起きる! その動きは右翼や保守派とされる者らではなく、むしろ一般人によって引き起こされる!」旨を述させて頂いた。

 当日の令和タケちゃんの動画チャンネルでのライブ中継では、平均約1万人が視聴していたものである。最近の動画配信では後々削除されることを懸念し、ライブ中継での配信手段にシフトしているという。

1
画像上:抗議行動の終了後は懇親会で〆

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!
川崎における行動保守運動アーカイブvol.1 〜【2014.11.16】日本人弾圧のファシスト福田紀彦川崎市長と反日勢力から川崎を護るデモ〜


川崎における行動保守運動アーカイブvol.2 〜【2015.06.07】反日を許すな!川崎デモ〜

(編集:はとらずチャンネル


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞ネラーの親の顔(笑!!!!”
”チョンカスの英訳講座(笑!!!!”


gaitsui
  
Posted by samuraiari at 18:28Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック NPO外追 抗議・街宣 

2020年02月24日

愛国政治と売国政治!

ara4
画像:荒巻靖彦後援会サイトより
対馬市長選に立候補して選挙戦を戦っている荒巻靖彦候補

1
画像:安倍晋三首相(左)と、内山田竹志・トヨタ自動車代表取締役会長の売国ツーショット

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

奉祝! 今上陛下、お誕生日おめでとうございます!
heika


cult

★関連ブログ「カルト撲滅&『ストーカー規制法』改正運動!

近隣「騒音テロ」の集スト!(2月23日付)

★動画ご紹介!
荒巻靖彦【対馬市長選挙・第一声!】令和初の天皇誕生日2020/2/23



nawa

★関連ブログ『ネオ共栄圏&沖縄・米領復帰運動

対馬市長選と沖縄の未来!(2月23日付) 荒巻候補の政策を「他山の石」とせよ!
ara3

 令和2年2月23日(日)、対馬市長選が告示されました。

 『日本第一党』推薦の荒巻靖彦候補が現職候補との一騎打ちで争います。

 荒巻候補による「核処理施設」の対馬誘致による対馬独自の経済政策、聴くと胸が躍ります。戦後日本から、こういう政治に託す夢がなくなってしまったのが選挙をつまらなくしてしまった一因と言えるでしょう。経済政策に裏打ちされた愛国心、これを亡くした結果が今日の売国経済界を主体とする亡国外交です。

 対馬島民が危機感を持ってくれれば荒巻候補は絶対に勝てる。現在の市長である現職候補は観光政策のみを言っては観光産業におもねり、現状維持に精一杯…。

 「第一産業を守る」(現職候補)などと主張しているようだが、財源もなしに一体、何をどうやって守るつもりなのか? その主張自体がありきたりで滑稽だ。荒巻候補の出現がなければ無投票再選だっただけに、現職候補にとっては思わぬ伏兵によって覆される人生の分岐点かも知れない。

 荒巻靖彦氏が対馬市長になれば日本の政治は確実に面白くなる。政治も面白くなければ国民には見向きもされない。

 現地・対馬から伝えられる情報によると、荒巻陣営がチラシ配りをしていたところ、運動員に市長陣営が色々訊ねてくるような場面もあったという。

 核処理施設の誘致とその安全性を本気で島民に説いて回れば確実にイケるのではないか!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆安倍首相・二階幹事長のスポンサー企業トヨタ…

自民党との「縁故政治」「縁故主義」なる対中売国の背景!

1
画像:安倍晋三首相(左)と内山田竹志・トヨタ自動車代表取締役会長による売国ツー・ショット
内山田竹志はトヨタ自動車代表取締役会長のほか、一般社団法人日本経済団体連合会副会長、東和不動産株式会社監査役、内閣府総合科学技術・イノベーション会議非常勤有識者議員を務めるなど、自民党政治には特に強い影響力を及ぼす「売国財界人」だと言えよう!

 平成2年(1990年)以降、日本国内の雇用が減った背景には、(1)安価な外国人労働力の受け入れ(2)海外の工場移転などが挙げられる。

 トヨタ自動車はフィリピンに工場を2箇所建設しており、日本国内の工場が閉鎖されて日本人失業率が悪化する原因にもなった。

toyota
トヨタ公式サイトより 
https://global.toyota/jp/detail/4063440
toyota2

 ちなみに中共(中国)でのトヨタ工場は8箇所から9箇所に増設されており、トヨタを生粋の日本企業と表現するのは不適切である。何よりトヨタのアジア地域での本社は豊田市のある愛知県ではなく、「法人税が安いシンガポール」となっている点に着目!

 一方、ドイツは国内の工場を海外に移転させず、国内の雇用を守っている。

 輸出が47パーセントを占めるドイツに対して、工場が海外に移転している日本は17パーセントに過ぎない。

 豊田一族と縁戚関係にある安倍首相はトヨタ自動車の宣伝を行なうことも多い。まるでトヨタのCMキャラクターそのものだ。


 トヨタ自動車は中共での工場を9箇所にまで増やしており、日本国内を走行しているトヨタ車はメイドイン・チャイナ(中共製)である。

 そういったトヨタ自動車からの要請を受けての独裁者・習近平の国賓待遇の招待なわけだが、安倍首相の縁故主義」「縁故政治が剥き出しになったものであり、トヨタ自動車(経団連の盟主)と安倍一族の関係を指摘しない限り、習近平の国賓招聘問題については解決が見られないだろう。

以下、過去ニュースより

奥田会長、中国主席と極秘会談 小泉特使? 先月末、「靖国」めぐり意見交換か
 日本経団連の奥田碩会長(トヨタ自動車会長)ら経団連首脳が九月三十日に中国・北京を訪れ、胡錦濤国家主席と会談していたことが二十二日、分かった。小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関する意見交換が話題にのぼったと推測される一方、短時間の会談だったため「深い話はなかった」との指摘もある。極秘訪中は当分、さまざまな波紋を呼びそうだ。
 日中関係筋によると、奥田会長らは胡主席と二十分程度会談。どのようなやりとりが行われたかは不明だが、主に胡主席から日中関係の促進について意見を聞く形で進行したという。小泉首相の靖国神社への参拝問題が両国経済に与える影響について意見交換した可能性が高いほか、奥田会長が小泉首相の意向を伝えたとの見方も出ている。
(産経新聞) - 10月23日2時44分更新

 対中外交に関しては二階俊博・自民党幹事長の責任が追及されるが、二階幹事長のスポンサーがトヨタ自動車であるという事実にはマスコミが言及しない背景には、トヨタの過剰な広告収入があることは間違いない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★「行動する保守運動カレンダー」より
2・29  新型肺炎から日本人の命を守ろう!国民大行進IN銀座

4

習近平を国賓として日本に招聘している場合じゃない!
今、我が国は支那からもたらされた
新型肺炎蔓延の危機で緊急事態に直面しています。
海外からは加害国日本(汚染国)として報道され
新型肺炎の拡散防止に無策の我が国の実態が知れ渡り
後進国日本は支那中共とともに危険視される事態になっています。
日本政府は国民の命を守るために支那への忖度を止めて
パンデミック阻止のために全力を尽くすべき!

【実施日時】令和2年2月29日(土)
13:00集合 13:30デモ隊出発
※ デモ終了後に 首相官邸前 にて抗議街宣を予定しています。

13:00 常盤公園 集合
13:30 デモ隊出発
14:30 日比谷公園 着
移動
15:00 首相官邸前 集合 抗議街宣
16:00 終了(予定)

【集合場所】
常盤公園 (中央区)
JR総武線 新日本橋駅 下車徒歩4分
東京メトロ 大手町駅 / 半蔵門線 三越前駅 下車徒歩4分

首相官邸前
丸の内線/千代田線 国会議事堂前駅 3番出口直ぐ

【生放送】ふわっち、Youtube Live にて13時から生中継!

【主催】日本第一党

【総指揮】桜井誠

【現場責任者】岡村幹雄 (桜井誠・選対本部副本部長)

【注意事項】
現場責任者・スタッフの指示に必ず従って下さい
公式・非公式を問わず撮影が入るため各自対応下さい
国旗・旭日旗・Z旗の持ち込み大歓迎
香港旗、ウイグル国旗の持ち込み大歓迎
抗議内容に沿ったプラカードの持ち込み歓迎

【取材申し込み】
以下の取材申請フォームから 2月22日(土) までに申し込むこと
2月22日過ぎの申請は受けません。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞 志士会スレにフィーバー(笑!!!!”
”チョンカスの他言語レスと多言語スレ(笑!!!!”


gaitsui
  
Posted by samuraiari at 08:30Comments(7)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ(政界・政局その他) 

2020年02月22日

「竹島の日」と対韓アクション!

5
画像:「竹島の日」(2月22日)、韓国大使館前での令和タケちゃんらによる抗議行動!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

cult

★関連ブログ「カルト撲滅&『ストーカー規制法』改正運動!

集ストの実態と相貌!(2月22日付)
cult

★『日権会(日本人の権利を守る市民の会』ブログ
竹島について学ぼう(1)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆報告 2/22 IN麻布十番・韓国大使館前

『日権会』『令和タケちゃん』主催

入国禁止措置とウイルス阻止、敵国との国交断絶を目指して!

4
画像上:韓国大使館前で抗議文を読み上げる令和タケちゃん
画像下:韓国大使館
3

2
画像上:韓国大使館付近の二の橋交差点にて抗議行動を繰り広げた右翼・民族派の宣伝車輌

 令和2年2月22日、島根県制定の「竹島の日」の当日、『日権会(日本人の権利を守る市民の会)』会員と撃退系・報道系YouTuber令和タケちゃんは東京・港区麻布十番にある韓国大使館前にて抗議行動を展開した。

 韓国による竹島不法占拠をめぐる同大使館への抗議行動は、当方の関係では1週間前となる2月15日にも『日本国民』(鈴木信行代表)の主催で行なわれ、筆者(有門大輔)らがこれに参加した。

★NPO外追 公式サイト(広報)より
2020年02月15日 【東京】『日本国民党』主催「国民演説会」(参加報告)

 こちらの関係では2周連続での対韓アクションとなったものである。

 22日は竹島の日を制定した島根県でも県主催の式典が行なわれており、こちらには関東より日本国民党の鈴木代表ら党員の方が赴かれたようだ。

 島根県での竹島の日式典に対しては例年、韓国から来日した反日活動家らが猛抗議の反日パフォーマンスを繰り広げていたが、今年は武漢肺炎(新型肺炎コロナ・ウイルス)の感染拡大を口実に来日を見送ったという。

 しかしながら、韓国こそは第二の感染拡大地帯と称された日本を上回る勢いでコロナ感染者が拡大しており、中共(中国)は当然のことながら、こうなってくると韓国人犯罪者の多さと併せて韓国からの入国も直ちに禁止しなければならない。

 自民党周辺に巣食う韓国系カルト『統一教会』(国際勝共連合)勢力は安倍政権による「入国規制措置」を阻害したのではないかと伝えられるが、中共からの入国規制がやがて韓国からの入国規制にも波及することを恐れ、そのための工作として安倍政権による入国規制をさせないように裏で暗躍したと考えられる。

 竹島侵略についてもそうだが、日韓間に領土問題を引き起こさせている敵国たる韓国との間で日韓ノービザ制度などやっている場合ではないだろう。

 この武漢肺炎の感染拡大の折、未だに韓国からの入国規制はおろか、相互ビザ免除措置を従来どおり継続しているなどは日本国にとっての自殺行為でしかない。

 韓国による竹島不法占拠に話を戻そう。

 竹島をめぐっては日本国として竹島の日を制定し、政府主催の竹島の日式典を執り行なわなくてはならない。

 例年どおりの慣例のようなものだが、島根県・竹島の日に対しては韓国側が決まり切った抗議を申し入れてきた。これなどは日本固有の領土を不法占拠しておきながら、日本の一自治体に対する内政干渉以外の何ものでもないだろう。

take
画像:ネットニュースより

 日本政府も安倍政権も悪い。自ら選挙公約に掲げた国としての竹島の日を制定することなく、島根県にのみ竹島の日の式典開催を丸投げしているようなものであり、竹島という領土問題を島根県に丸投げしたにも等しい。

 もはや島根県独自で島根県警を再編するなりして、竹島奪還のための独自の軍隊でも編成するしかなくなってくるのではないか?

 韓国大使館への抗議演説中、YouTuberの令和タケちゃんが元自衛官らしく「自衛隊独自で出来ること」に言及。武力行使の単独決定の権限は自衛隊にはないが、「自衛隊独自で出来ることがある! それは訓練をすること! 竹島近海なりで竹島奪還に向けた訓練を展開すれば韓国に対する最大の圧力になる!」旨を述べたものだ。

 筆者・有門からはさる15日に韓国大使館付近で行なった演説内容を再度、以下に掲載しておきたい。竹島奪還も然ることながら、韓国と韓国人を媒介した武漢肺熱の感染拡大も懸念され、韓国からの入国禁止と日韓国交断絶が急務である最中、韓国側の猛反発を想定内に竹島の日制定が急務である。

以下、拙ブログの過去エントリーより

 政府主催による竹島の日の制定が意味するところは何か? 単に「竹島は日本固有の領土です」と宣言するのみに非(あら)ず。

 これまで昭和の時代より、竹島近海では多くの日本人漁民が韓国に拿捕・抑留という名で「拉致」されて著しい人権侵害を受け、時に韓国軍による銃撃を受けて虐殺もされた。

 北朝鮮による日本人拉致事件と同様、韓国によって虐殺された日本人の名前一人ひとりを公文書に明記して後世に遺し、国民に知らしめるための竹島の日制定でなくてはならない。

 即ち国による竹島の日制定こそは事実上、韓国に突きつける「日韓断交宣言」でなくてはならない旨を述べたものだ。

以上

 今回の韓国大使館への抗議行動より前、中共に5万枚のマスクを寄贈した港区の港区役所に対する抗議行動が行なわれた。

1
画像:この東京タワーが建った頃には華々しい東京五輪(64年)が開催されたが、果たして今年の五輪開催は問題ないのか?

6
画像上:防護服着用で港区役所への抗議演説を行なう令和タケちゃん
画像下:港区役所
7

以下、港区と韓国大使館に投函された抗議文

港区長へ

コロナウイルスなる武漢肺炎は日本で猛威を奮っている。東京都でもすでに感染者が発生している。貴殿は港区民の財産である貴重なマスクを5万個支援物資と称して中共に送った。これは中共国民を優先し港区民の生命を軽視した行為である。日本において最優先されなければならないは中共国民ではなく日本国民の生命である。貴殿は港区民の生命を守るために区民のためのマスクを確保すべきである。港区長は恥を知れ!

日本国民有志一同


To Republic of Korea 

You have illegally occupied our inherent  territory Takeshima Islands since 1952. You took them with military background. It is obviously a military invasion. They belong to Japan. You have to immediately withdrew the military from them and return them to us if you hope to keep a good relationship with us. Otherwise, we will exterminate the invaders without mercy. We have a right to take a military action to retake them. We hope you take a good decision.

Japanese Citizens 

大韓民国政府へ

貴国は1952年から我が国固有の領土竹島を不法占拠している。貴国は軍事力を背景に竹島を強奪した。これは明かな軍事的侵略である。竹島は我が国固有の領土である。貴国が我が国と友好を望むのであれば、直ちに貴国の軍を撤退させ竹島を返還せよ。さもなくば、我々は侵略主義者を無慈悲に殲滅する。我々は竹島を奪還するために軍事行動を起こす権利を持っている。我々は貴国の賢明な判断を期待する。

日本国民有志一同

 なお、韓国大使館付近の駐車場ではパヨク(左翼)らしきオタクが令和タケちゃんと日権会会員らへの盗撮に勤しんでいたが、タケちゃんと会員が尋問したところ、冗談なしの真顔で涙目になりながらガタガタと震え、その場で盗撮画像を消去したという(笑)。

 港区役所前でのタケちゃんライブ配信の視聴者は約1,600名、韓国大使館前でのライブ配信の視聴者はほぼ1千人だったそうだ。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞カーニバル真最中(笑!!!!”
”チョン糞の犬叩き文化(笑!!!!”
”チョン糞3流スパイの教育(笑!!!!”
”チョン糞サルの山(笑!!!!”


gaitsui
  
Posted by samuraiari at 23:49Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 朝鮮総連・韓国民団粉砕/日韓国交断絶 

2020年02月21日

大企業課長の「中国人阻止」ビラ!

bira
画像:京都市内にて旭化成・基盤マテリアル事業本部の課長が電柱に張り出したビラ

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

cult

★関連ブログ「カルト撲滅&『ストーカー規制法』改正運動!

『政教分離を求める会』の活動方針(2月21日付) ストーカー規制法の改正へ向け!


★動画ご紹介!
【電話凸】新型コロナウイルスの件で大分市役所に抗議してみた!市職員と大喧嘩!?【武漢市にマスク3万枚を送り、大分市民にはマスクを渡さない大分市の実態】


大分市民の生命・安全よりも、武漢市民の生命・安全を優先した佐藤樹一郎・大分市長の売国を徹底糾弾!!

東京都だけではない! 武漢市と姉妹都市関係にある大分市が大分市民のためのマスク3万枚を中共(中国)に無償提供!?

国際協力を口実に備蓄用マスクを送っているが、マスク不足は日本国内こそ喫緊の問題! 武漢に送る前に大分市民に提供するのが自治体としての筋だ! 大分市民よりも武漢市を優先する大分市の愚行! 友好都市なら市民よりも優先順位が高いのか? マスク不足で困窮しているのは大分市民のほうだ! 大分市は誰のための行政をやっているのか? 非常事態なのは大分市のほうだ! 大分市長は中共に忖度した自らの落ち度を認めよ!

【脱共産党】元共産党員にインタビュー!海外に行き愛国心に目覚めた!【貴重映像】

(制作:令和タケちゃん

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆「武漢肺炎」騒動で一気に表面化!?

日本社会にうっ積する反チャイナ機運は爆発寸前?

 新型肺炎コロナ・ウイルスなる「武漢肺炎」への日本国内の感染者は100人を超したと報じられた。潜在的な感染者を含めた実数はその数倍に上るだろうか?

 こうした国内での感染拡大と、依然として規制される気配のない支那人(中国人)入国に対する強い反発からだろう、このほど京都府京都市祇園(東山区)の路上にある電柱に支那人来日を拒む趣旨のビラを貼ったとして、旭化成・基盤マテリアル事業本部MMA事業部(京都市東山区清水4丁目)に勤務する内山哲志課長(58歳)が市屋外広告物条例違反で京都府警によって逮捕された。

asahi
画像:ネットニュースより

 ビラの内容も然ることながら、旭化成という誰もが知る大企業の社員、それも課長という管理職の方がビラ張りを実行したこともセンセーショナルだった。

 その内容は不要来感染中国!と支那語(中国語)で書かれたもの。

 一連のウイルス騒動の発生以降、自身の店舗に中国人お断りの貼り紙を張り出したことが度々ニュースになっていたが、飲食店経営者以外の一サラリーマンによる街頭でのビラ張りが摘発された初めてのケースと言えるのではないか? 日常的にもなかなか思い当たらないケースだ。

 京都府警の調べに対して内山課長は「中国で新型コロナが蔓延している。感染した中国の人には日本に来て欲しくないという思いを抑えられなかった」と主張。

 拙ブログの前エントリーにて、「日本人の『反中感情』に一気に爆発的な火をつける懸念がある」と記したが、それが現実のものであることを示したエピソードだと言える。

:拙ブログの前エントリー
2020年02月20日 コロナ・ウイルス(武漢肺炎)騒動と反チャイナ!

 街頭でのビラ張りという軽犯罪法違反行為が社会的立場を考慮して市条例違反での摘発・送検となったのかどうか、そのあたりの背景は分からないものの、かつて20年以上も前になるが、同じく街頭でのビラ張りで検挙、罰金刑を受けた身として内山課長の行動を讃えたい。

 会社側(旭化成広報室)は「ビラの内容は当社のスタンスを表明しているものではない。当社の社員が京都の方や中国人の方を含め、たくさんの方々にご迷惑をおかけし、大変申し訳ない。今後、社員の処分を含めて検討する」との見解を表明したが、企業の一社員としてはともかく、一人の日本人としては何ら恥ずるようなことではないので、どうか今後の社会人生活にあっては胸を張って生きて頂きたいものだ。たとえ社内ではどのような処分が下されようとも。

 昨今ではインターネットを通じた情報発信や意見表明などは誰もが出来る時代。しかしながらコロナ・ウイルスという武漢肺炎の感染が拡大しているのはネット上ではなく、特に人通りの多い街中。

 端的に人々に日本人としての憤りと懸念を素早く、且つ広範に伝えるためにはビラ張りというアナクロな手法ということになるだろう。

 何より、拙ブログのさらに過去のエントリーでは、「言論格差」について述べた。「いずれ『直接行動』に及んで自らの表現手段を先鋭化させていく」とも…。

:拙ブログの過去エントリー
2020年02月17日 茨城から各地へ、新たな芽吹き♪

 言論格差や直接行動とは何も右派・保守派運動に限ったことではない。特に何らの政治・社会運動にも関わっていない世間一般の人の場合、自らの激しい憤りや懸念を表明するには直接行動という手段に出る以外にないだろう。

 むしろ今後、テロリズムを含めた直接行動には、右翼・民族派を含めた政治運動に関わる者らとその周辺よりも世間一般の人々が及ぶ可能性のほうが高いと見ている。

 一昔前は右翼・民族派などの組織に属しながら「ノーマーク、ノーリスト、ノーネーム」のいわゆる「潜在右翼」による直接行動が公安警察からは警戒されたものだが、それが今や時々の国際情勢に相俟って世間一般の誰がどのような行動を起こしたとしても何ら不思議ではない。それも食い詰め者のような鉄砲玉ではなく、社会的地位のある者までが。

 逆に言うと、それほどに武漢肺炎をめぐる支那人来日への政府の不手際、怠慢に対しては日本人の怒りがうっ積していること、即ちそれほど日本社会に「反中(反チャイナ)機運」が隆盛していることを物語っているだろう。

 そうした日本人の(政権与党・政府に対する)不信感と不満を背景とした企業課長によるビラ張り事件だったと言える

 無論、習近平「国賓招聘」に相俟ってのコロナ・ウイルス騒動の発生であるだけに、右派・保守派運動の活発化も反中・反チャイナ機運に大きく寄与したであろうことは言うまでもない。

 そして忘れてはならないのは企業課長によるビラ張りに象徴されるように、一連の武漢肺炎騒動に対する日本人の怒りはそこに至るまでに「伏線」があったということ。

 これまで尖閣諸島をめぐり、沖縄・尖閣近海での度重なる中共人民解放軍による侵略行為、中共漁船(工作船)による日本領海での資源の乱獲・不法操業、日本国内で多発する支那人犯罪、支那人留学生への(無償の)奨学金支出、支那人への生活保護支出など、多岐にわたるチャイナをめぐる問題でうっ積した日本人の怒りがコロナ騒動を契機に表面化したことを物語るのが企業課長によるビラ張りだったと言える。

 その世間の反中・反チャイナ機運を受け、来週には『日本第一党』(桜井誠党首)による反中デモ・抗議街宣が都内で開催されようとしている。

 よもやこれに対して「差別だ」「ヘイトだ」「レイシズムだ」などと騒いで抗議と称した妨害を繰り広げる愚か者などいるまいな(笑)?

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★「行動する保守運動カレンダー」より
2・29  新型肺炎から日本人の命を守ろう!国民大行進IN銀座

4

習近平を国賓として日本に招聘している場合じゃない!
今、我が国は支那からもたらされた
新型肺炎蔓延の危機で緊急事態に直面しています。
海外からは加害国日本(汚染国)として報道され
新型肺炎の拡散防止に無策の我が国の実態が知れ渡り
後進国日本は支那中共とともに危険視される事態になっています。
日本政府は国民の命を守るために支那への忖度を止めて
パンデミック阻止のために全力を尽くすべき!

【実施日時】令和2年2月29日(土)
13:00集合 13:30デモ隊出発
※ デモ終了後に 首相官邸前 にて抗議街宣を予定しています。

13:00 常盤公園 集合
13:30 デモ隊出発
14:30 日比谷公園 着
移動
15:00 首相官邸前 集合 抗議街宣
16:00 終了(予定)

【集合場所】
常盤公園 (中央区)
JR総武線 新日本橋駅 下車徒歩4分
東京メトロ 大手町駅 / 半蔵門線 三越前駅 下車徒歩4分

首相官邸前
丸の内線/千代田線 国会議事堂前駅 3番出口直ぐ

【生放送】ふわっち、Youtube Live にて13時から生中継!

【主催】日本第一党

【総指揮】桜井誠

【現場責任者】岡村幹雄 (桜井誠・選対本部副本部長)

【注意事項】
現場責任者・スタッフの指示に必ず従って下さい
公式・非公式を問わず撮影が入るため各自対応下さい
国旗・旭日旗・Z旗の持ち込み大歓迎
香港旗、ウイグル国旗の持ち込み大歓迎
抗議内容に沿ったプラカードの持ち込み歓迎

【取材申し込み】
以下の取材申請フォームから 2月22日(土) までに申し込むこと
2月22日過ぎの申請は受けません。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞バカ保守の火病(笑!!!!”
”チョン糞第一党(笑!!!!”
”キョドるチョン糞スレ(笑!!!!”


gaitsui
  
Posted by samuraiari at 23:12Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街・中国人追放運動 

2020年02月20日

コロナ・ウイルス(武漢肺炎)騒動と反チャイナ!

3
画像:コロナ・ウイルス感染拡大をめぐり、日本第一党による厚労省への抗議行動!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

nawa

★関連ブログ『ネオ共栄圏&沖縄・米領復帰運動

コロナ騒動で中共に忖度した結果!(2月20日付) 五輪代替地への名乗りが全てを象徴…?
ei

★動画ご紹介!
新型コロナウイルス感染症・守ろう国民の命! 桜井誠・緊急街宣 at 厚生労働省


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆「感染拡大」阻止とともに…!

各国政府が抑止したかった為政者たちが恐れる「もう一つの拡大」?

 一連の新型肺炎コロナ・ウイルス(武漢肺熱)騒動で大臣以下、厚労省関係者による記者会見が行なわれたようだが、政府・自治体は感染者の国籍という一番重大な問題をひた隠し続けている。

 誰がどう考えても支那人(中国人)の入国と日本国内での自由な行き来が感染拡大の主要因であることは間違いないが、誰もが内心では分かり切っている事実について国としては最後の最後まで隠蔽し続けるつもりなのだろう。

1
画像上下:ネット情報より
2

 この支那人を媒介しての感染拡大ルートは日本のみならず、欧米など他国でも公的には伏せられているとされる。

 特に欧米各国は支那人を媒介しての感染拡大ルートを公的に認めることで、それが反チャイナ(反中)機運から一気に移民・難民(不法入国者)追放の「極右運動」の拡大に転化・飛び火することを恐れたのだろう。

 まさに新型肺炎コロナ・ウイルスという武漢肺炎の感染拡大とともに、各国政府が阻止したかった「もう一つの拡大」とは、一連の騒動を発端とした極右勢力(政党)の伸張・大躍進だった。

 それもこの世界的な大混乱に乗じて、選挙という手段を経ることなく、「無血革命」的に極右政党が政権と全権を掌握する事態までもが懸念されたためだ。

 日本でも同様のことが考えられる。

 目下、右派政党『日本第一党』(桜井誠党首)が連日、武漢肺炎騒動への政府による意図的・人為的とも言えるミスと初動対応の遅れを糾弾する街頭行動を展開しているが、政府が公的に支那人を媒介しての感染拡大ルートを認めることで日本人の「反中感情」に一気に爆発的な火をつける懸念がある。

 その大混乱に乗じて桜井誠・日本第一党勢力が党勢を拡大するなどは、永田町と東京都庁の為政者たちにとっては悪夢のシナリオでしかない。

 実際問題、日本第一党による党勢拡大の予兆はあるわけで、つい先日の茨城県那珂(なか)市での市議選では日本第一党の推薦候補が当選を果たし、同党が地方議会で初議席を獲得するなど、躍進の足がかりは出来つつある。

 他方、欧米では武漢肺炎騒動が勃発するやいなや、直ちに支那人の入国を規制するなどの厳しい措置に乗り出したが、それらは全て感染拡大の阻止も然ることながら、大混乱に乗じた極右勢力の伸張を阻むためでもあったと考えられよう。

 政府・政権からして中共(中国)と支那人の入国に対して厳しいスタンスを採ることで、同時に極右台頭・躍進の芽を摘むためでもあったと考えられる。政府・政権からして極右的に厳しい入国規制を科すことで国民の生命を守るとともに。

 各国政府の為政者たちにとって、極右台頭と極右による全権掌握こそはコロナ・ウイルスの感染拡大以上に恐れたものに他ならない。

 一方、日本では武漢肺炎への初動対応の遅れと中共に配慮(?)した人為的ミスの連発が日本を「第二の敗戦直後」の混乱に導きかねない。

 利権と財界の思惑どおり、東京マラソンだ…東京五輪だ…習近平の国賓招聘だ…などとやっているうちに、肝心の五輪を再びロンドンで開催しようかとイギリスが名乗りを挙げ始めている(事実、サッカーW杯など、国際的なスポーツ・イベントが直前になっての開催国の変更は度々起きている)。

 世界各国が反チャイナで中共を封じ込めようというこの時期に五輪開催どころか、日本と日本人までが中共とともに「日中」もろとも各国から除外されて封じ込められつつある。

 欧米の果断なる措置とは対照的に、日本は中共からの要請どおりに大ごとにしないことで中共という発生源と、支那人を媒介した感染拡大ルートの問題をやり過ごそうとした。

 従って日本にとっても大損どころか致命的な結果を招いているわけだが、日本人が反中(反チャイナ)・抗中で結束するチャンスはある。

 日本第一党としては桜井党首が立候補を予定している東京都知事選と同様、マスコミによる完全黙殺・情報封殺の最中、どこまで人々の心を掴めるか否かにかかっているだろう。

 いずれにしても在特会時代と同様、大国難に乗じて日本第一党が党勢を拡大させる方向であることは間違いない。問題はその党勢拡大の規模と程度である。
 
最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★「行動する保守運動カレンダー」より
2・29  新型肺炎から日本人の命を守ろう!国民大行進IN銀座

4

習近平を国賓として日本に招聘している場合じゃない!
今、我が国は支那からもたらされた
新型肺炎蔓延の危機で緊急事態に直面しています。
海外からは加害国日本(汚染国)として報道され
新型肺炎の拡散防止に無策の我が国の実態が知れ渡り
後進国日本は支那中共とともに危険視される事態になっています。
日本政府は国民の命を守るために支那への忖度を止めて
パンデミック阻止のために全力を尽くすべき!

【実施日時】令和2年2月29日(土)
13:00集合 13:30デモ隊出発
※ デモ終了後に 首相官邸前 にて抗議街宣を予定しています。

13:00 常盤公園 集合
13:30 デモ隊出発
14:30 日比谷公園 着
移動
15:00 首相官邸前 集合 抗議街宣
16:00 終了(予定)

【集合場所】
常盤公園 (中央区)
JR総武線 新日本橋駅 下車徒歩4分
東京メトロ 大手町駅 / 半蔵門線 三越前駅 下車徒歩4分

首相官邸前
丸の内線/千代田線 国会議事堂前駅 3番出口直ぐ

【生放送】ふわっち、Youtube Live にて13時から生中継!

【主催】日本第一党

【総指揮】桜井誠

【現場責任者】岡村幹雄 (桜井誠・選対本部副本部長)

【注意事項】
現場責任者・スタッフの指示に必ず従って下さい
公式・非公式を問わず撮影が入るため各自対応下さい
国旗・旭日旗・Z旗の持ち込み大歓迎
香港旗、ウイグル国旗の持ち込み大歓迎
抗議内容に沿ったプラカードの持ち込み歓迎

【取材申し込み】
以下の取材申請フォームから 2月22日(土) までに申し込むこと
2月22日過ぎの申請は受けません。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞スレの結党大会(笑!!!!”
”チョン糞スレッドの御期待(笑!!!!”
”チョン糞の耳にタコ(笑!!!!”


gaitsui

3
  
Posted by samuraiari at 20:47Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街・中国人追放運動 

2020年02月19日

偏向マスコミVS愛国市政!

nakashi
画像:那珂市議会議員選挙の最終日、当選を果たした原田ようこ先生と握手を交わす葛飾区議会議員の鈴木信行先生(『日本国民党』代表)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


cult

★関連ブログ『カルト組織による集団ストーカーを撲滅!

公明“売国YouTube”と緊急事態法(2月17日付)

政教分離を求める会 活動月報(1月半ば〜2月半ば)

★動画ご紹介!
2/17 神奈川新聞社前抗議街宣

(制作:しろへび放送局

【原田陽子 当選】茨城県那珂市議選挙!速報!ご当選おめでとうございます!!

(制作:令和タケちゃんサブチャンネル

【共産党 撃退】ドッキリ企画!渋谷の反日おばさんに安倍総理饅頭をプレゼントしてみた!衝撃のリアクション!?#25
(制作:令和タケちゃん

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆東京新聞の第一党ネガキャン!

不当で卑劣なバッシングを跳ね除け、反共・反カルトの施策を!

 先日の茨城県那珂(なか)市での市議会議員選挙で、『日本第一党』(桜井誠党首)の推薦候補であった原田ようこ氏(同党茨城県本部長 =無所属新人=)が当選を果たしたことで、偏向メディア東京新聞がさっそく2月18日付の紙面で噛みついたようだ。

:拙ブログの関連エントリー
2020年02月02日 茨城・那珂市に新しい芽吹きを!

2020年02月17日 茨城から各地へ、新たな芽吹き♪

tsu
画像:選挙戦の最終日、原田氏の応援に馳せ参じた日本国民党党員・九十九晃氏のツイートより


 原田氏の当選は、日本第一党には入っていない筆者(有門大輔)にとっても非常に喜ばしい。

 もはや「愛国競争」時代に突入した右派・保守陣営は「自分さえ良ければ…」という時代ではない。自ら高みに上ってお山の大将に成り上がり、悦に入っている場合ではないのだ。

 右派・保守陣営として総体的な底上げがなければ、結局は自分たちの運動体も伸びない。

 自分さえ良ければ…自分たちさえ良ければというセクト主義にも似通った発想と足の引っ張り合いが右派・保守陣営としての運動体を低迷させては弱体化させてきたのが戦後日本での右派・保守運動の在り方だった。

 他の地方での一議員の誕生を目の当たりに、同じく議員を目指す者は自らの糧とすれば良いし、良い意味での刺激と励みにすれば良い。

 議会政治とは一線を画す者であっても、右派・保守陣営の議会進出が進むにつれ、在野での必要な役割や使命は自ずと出てくるものだろう。それが国が動く、時代が動くということである。

1
画像:東京新聞の記事より

 さて、東京新聞の記事だが、松村真一郎の記者名で、他の那珂市議会議員の言葉を引用する形で「市議会での排外主義政策の主張」を警戒する向きが強まっている…といったニュアンスで伝えている。

 …その「他の市議」というのは誰なのか? どうせ、そんなことを言うのは決まって共産党か公明党の市議ではないか?

 余談ながら筆者・有門が秋葉原(東京・千代田区)で外国人犯罪追放のデモ行進を行なった際、然る政党の「市議団がさも千代田区議会を代表するかのように妨害(カウンター)に出没した。
 …後日、筆者は千代田区議会の事務局に抗議の申し入れに赴いたものだが、ネットからプリント・アウトした市議団の面々の画像を見るや、議会事務局の方々は「決まってコイツらか」といった反応で苦笑していたのを思い出す。

 東京新聞の記事では、那珂市議会のベテラン市議(?)の言葉を引用し、「日本第一党の主張と姿勢が噛み合うのかが疑問」「市政の審議が関係のない問題に割かれるのではないか」「党の主張に偏らず、市政を真剣に考えて欲しい」などと、さっそく日本第一党系市議の登場で議会が紛糾するかのように伝えている。

 市議選の前後の原田氏の主張・政策はその一端を聴いた限りでも見事なくらいに市政とマッチしているので以下、拙ブログの過去エントリーより引用して再掲したい。

 街頭での防犯カメラや街路灯の増設、歩道・自転車道の増幅、大災害に備えて女性のための避難所の整備など、原田女史の主張・政策には大いに共感します。

★動画ご紹介!
【原田ようこ後援会】主催 街頭周知活動 2020.1.19
 
(制作:原田ようこ後援会

 防犯カメラの増設が犯罪捜査や事件解決に寄与したことには異論がありません。茨城県に滞在していて思うことですが、大通りからはずれた住宅街の内地ではまだまだ街路灯が少なく、まさしく暗闇のような通りが少なくありません。

 これでは防犯上も好ましくないことは勿論ですが、各地で防犯カメラ・街路灯が拡充されたこの21世紀にあっても昭和時代に埼玉県狭山市で発生した「狭山事件」のような事件の発生も懸念されるでしょう。それでなくとも少女ら児童が行方不明になったり、犠牲になる事件は後を絶ちません。

 歩道・自転車道の確保も重要。「車社会」の地方では歩行や自転車での通学が軽視されがちです。学校や塾への送り迎えでも車が主流になった現在ですが、徒歩や自転車による児童の通学・移動も軽視してはならないでしょう。親御さんたちが安心して私塾に通わせることも出来ません。

 1日当日は未明、茨城県を震源地とする大きな揺れに襲われました。瞬間的に東日本大震災が想起されるところですが、こうした大災害にあって特に避難所に集るのは女性と子供です。その女性らが避難所にあって更衣する際にも相応の設備・施設の拡充が求められます。特に「地震・災害大国」とされる日本にあっては。

 こうした「女性目線」の政治が地方議会にあっても欠かせませんが、那珂市議会では現在、女性議員が僅か1名。その僅か1名の女性市議さえ今期限りでの引退を表明しています。

 「女性議員ゼロ」の危機に瀕している那珂市議会ですが、しっかりとした政治意識を持った新たな女性議員の台頭が待たれるところでしょう。

以上

 その他、「外国人介護士の手に頼らない日本人介護士による介護」「那珂市独自の(介護福祉)支援制度の創設」は今日の高齢化社会にあって急務である。

 そもそも共産・公明の市議などは口では「平和」や「共生」「寄り添う」…などと主張しながら、実際はその正反対の市政に狂奔してきた結果が今日の各地での惨状に繋がってきたのではないか?

2
画像上下:同
3

4
画像上:常陸大宮市の三次市長から原田氏に贈られた為書き
拙ブログでは原田氏の当選が決定するまで公表を控えてきた

 さらに東京新聞の記事では案の定、原田氏に贈られた為(ため)書きと祝辞についても噛みついている。偏向マスコミや反日勢力は必ず食らいつくと思っていたが、やはり来た。

 常陸大宮市の三次真一郎市長が原田氏に贈った為書きと、水戸市議会の木本信太郎市議による原田氏への祝辞を日本第一党と結び付けての批判だが、最初に「排外主義政策の政治団体・日本第一党」などとレッテル貼りした卑劣極まりない印象操作によるネガティブ・キャンペーンの一環だ。

 所謂ヘイトスピーチ規制法・規制条例についても同じことが言えるが、何を以って排外主義とするのかの定義も曖昧でしかない。

 それよりも明確に共産などと謳っている政党の候補者や現職議員が存在することのほうが本来的には問題であり、カルト創価学会を支持母体と明言する公明党のような候補者・現職議員が存在することのほうが問題だろう。こちらこそはネガキャンどころか、政治活動そのものが厳しく規制されていなければならない。議会進出などはもってのほか。

 市政の一環を通じて、こうした共産・公明の現職市議とそれらの支持団体の暗躍を制限することこそが本来的に望ましい。

 那珂市議会で議員となられる原田ようこ先生には全国に先駆けて、愛国市政の先駆者となって頂きたいものである。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”チョン糞のクソスレ副業(笑!!!!”
”チョン糞ネラーのホンマモン(笑!!!!”
”チョン糞の統失が発症(笑!!!!”
”チョン糞びびる青年第一党(笑!!!!”
”チョン糞ストーカー出没(笑!!!!”


gaitsui
  
Posted by samuraiari at 06:00Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ(政界・政局その他) | 連帯・反原発・妨害集団しばき隊・ヘイト規制

2020年02月17日

茨城から各地へ、新たな芽吹き♪

★祝! 那珂市議会議員選挙

原田ようこ先生、ご当選おめでとうございます!!

日本第一党、初の議席獲得の吉報は茨城県からもたらされた!

1
画像:那珂市議選の最終日
当選を果たした原田先生を挟み、日本第一党最高顧問の瀬戸弘幸氏(左)と、東京より応援に馳せ参じた葛飾区議会議員で日本国民党代表の鈴木信行先生
鈴木先生は民族派活動から維新政党・新風を経て、同党から分離・独立した新風東京都本部(後の日本国民党)を立ち上げ、葛飾区議選での当選を果たすなど、(自民党ほか既成政党への鞍替え組を除き)「行動する保守運動」系で議会進出を果たした第一人者だと言える
2
画像:選挙ポスターより

★NPO外追 公式サイト(広報)より
2020年02月15日 【東京】『日本国民党』主催「国民演説会」(参加報告)
3

 鈴木先生は東京都港区麻布十番での竹島奪還の「国民演説会」を終えた直後、同演説会の主催者である九十九晃氏と共に茨城県那珂市での選挙応援に直行されたものです。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

naka
画像:昨夜(2月16日午後9時)の段階での開票結果より

 令和2年2月16日に投開票の那珂市議会議員選挙では、『日本第一党』(桜井誠党首)の推薦候補で、同党茨城県本部の原田ようこ本部長が当選を果たした。

 原田本部長は平成30年12月9日、那珂市議選の補選で2,821票もの得票がありながら5位で惜敗したのに続いて二度目の挑戦で見事当選を果たされたものである。

 日本第一党にとっては地方議会ながらも初の議席獲得。今年にかけて東京都知事選への立候補を予定している桜井党首をはじめ、各地で立候補を予定している地方本部の党員にとっては大きな刺激となっていることだろう。

makoto
画像:桜井誠・日本第一党党首からの当選祈願

『日本第一党』公式サイト https://japan-first.net/

那珂市議会議員選挙の結果について
daiichi
画像:日本第一党公式サイトの声明より

 那珂市での市議選と原田先生の主張・政策、そして茨城県民の気質については拙ブログの過去エントリーでの言及しているので、当該のブログ記事より引用・再掲したい。

:拙ブログの関連エントリー
2020年02月02日 茨城・那珂市に新しい芽吹きを!

☆忘れ得ぬ、茨城県有志の言葉!

 個人的に思うこととして茨城県民へのイメージは硬く言えば質実剛健でどこかざっくばらん。軟らかい言い方をすれば程よく関東っぽくて程よく東北っぽい。何となくだが、関西気質にも通ずるところがあると思っている。

 筆者(有門)にとって茨城県は運動関係の有志に知人がいながら、同県にあっては社会運動に携わる機会が皆無に等しい。その周辺である栃木県や千葉県、群馬県では社会運動の機会があっても、こと茨城県だけが…。

 何を隠そう、筆者が代表(理事長)を務める『NPO法人 外国人犯罪追放運動』は役員4名のうち2名が茨城県民なのだ。その茨城県民である有志が熱く語っていた言葉を常々思い出す。

 …あまり選挙戦には似つかわしくない話題だが、茨城県は戦前の「5・15事件」にも連なる右翼結社『血盟団』の発祥の地として知られる。戦後、血盟団の生き残りの一人であった菱沼五郎氏(後の小幡五郎氏)が政界入りし、茨城県議会議長まで務めた。菱沼氏はつい最近とも言える平成初期まで茨城県政に君臨された。

 その茨城県にあって同県出身の有志が常々語っていたのは、「腐り切ったもの、腐敗・腐食したものはいくら再生して立て直そうにもどうにもならない! 絶対に駄目! 腐り切って腐敗・腐食したものは排除するしかない! 排除すれば…必ず『新しいもの』が出てくる! 必ず新しいものが芽吹いてくる! 新しいものにこそ未来を託さないと駄目!」ということ。

 茨城県有志は常に「新しいもの」「新しく芽吹くもの」を主張した。そのためには新しく出てくるもの、新しく芽吹くものを阻む腐り切って腐敗・腐食したものを排除しなければならないと。

 この茨城県有志の発想は戦前日本にあって、腐り切って腐敗・腐食した支配層を一掃し、新しいもの、新しく芽吹くものを台頭させようとした血盟団の発想に通ずる。

 …ここ最近、埼玉・熊谷で幼子を含む6人を殺害したペルー人被告や新幹線車内での無差別殺人を引き起こした被告、さらには兵庫・淡路島で無差別殺傷を繰り広げた「自称・電磁波ストーカー被害者」の被告が死刑回避で無期懲役に減ぜられたりしたことが世論の強い反発を招く。

 その他、一般常識で考えて極刑以外の刑罰が考えられない少年犯罪者による凶悪事件は枚挙に暇がない。

ああいう根元から腐り切って腐敗・腐食した連中をどう更生させて生まれ変わらせようとしても無駄! 腐り切って腐敗・腐食したものは社会から排除するしかない! 排除して更地になった大地には必ず新しい芽が芽吹く! 新しい芽だけが立派な樹木に育つ! 新しい芽を育てないと駄目!」(茨城県有志)

 まさに茨城県の那珂市議会にあっても、新しい女性議員が芽吹いて台頭しなければならない。

18
画像上:那珂市の風景

以上

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆「言論格差」による二極化!?

ヘイト規制法による弾圧・封殺に立ち向かう戦後日本人の責務!

 冒頭に続き、那珂市議選での日本第一党系候補の勝利・議席獲得は今後の「行動する保守運動」にとっても大きなターニング・ポイントとなるのではないか?

 ともすれば伝統的な既成保守勢力(自民党筋)などはヘイトスピーチ規制法」と各地での同規制条例が行動する保守運動が原因となって作られたとして行動する保守運動系に対しては厳しい見方をしているとも聞く。しかし、ヘイト規制法ならびに同条例が施行されたことにより、運動体としての在り方を研鑽・洗練してきたことが先の那珂市議選での勝利に直結したと見ることも出来る。

 あのままヘイト規制法も条例もなく、行動する保守運動系の「独走」が続いていたとすれば地方選での勝利どころか、日本第一党さえ登場していたかどうかも分からない。

 とにかく自前の議員を出すこと…議席を取ることに特化した運動体へのシフト転換は一連のヘイト規制法・条例の施行が一因であったと見ることも出来る。

 その意味で4年前の東京都知事選に在特会会長(当時)の桜井誠氏が立候補して自らの主張を世論に問うて戦い、後に『日本第一党』を結党したのは運動体を率いてきたリーダーとしての責務の履行であったと言えるだろう。

 ヘイト規制による言論弾圧・封殺時代を目前に、選挙運動と議会を通じての「言論空間」の獲得と確立。そのためのアドバルーンとしての東京都知事選への立候補と、マスコミの偏向報道による完全黙殺の最中にあってもネット上での話題沸騰に努めることは桜井誠氏でなければ出来なかったことだろう。

 本来、既成政党・勢力以外の地方議会での議席獲得は『維新政党・新風』の時代で実現していなければならなかった。

 しかし、そこは国政選に拘った時の情勢というのもあったのだろう。後に新風を母体とした運動体から、または新風での選挙運動を経験した者らが日本第一党や日本国民党といった独自の政党を立ち上げる動きを派生させて今日に至った。

 行動する保守運動が時に反日勢力や警官隊と激しい衝突を繰り返しながらデモ集会などの街頭行動を継続し、そこに『頑張れ日本!全国行動委員会』などの保守勢力が追随したことを思うと、今後、自民党に付随している既存の保守系団体からも独自候補擁立や政党化の動きが広がっていくと見ている。

 だが、神奈川県川崎市での罰則付きのヘイト規制条例のように、言わば戦前・戦中の「治安維持法」の逆バージョンの如く言論弾圧・封殺に相俟っての新旧保守勢力の議会進出は同時に保守運動の世界に「言論格差」という二極化をもたらすと見ている。

 即ち議席を得て議員となって発言する言論空間を持った層と、そうでない層…。議席を持てば議席を持った者同士で寄り合うのは必然だが、その一方で議席を持たない層はヘイト規制による言論弾圧・封殺が強まる最中、いずれ「直接行動」に及んで自らの表現手段を先鋭化させていくのではないか?

 本来的には厳しく規制されていなければならない共産主義勢力とカルト宗教勢力が結託してヘイト規制法・条例を制定しては運用する側になっているのだから、その濫用ぶりも歪(いびつ)だ。

 いずれにしてもヘイト規制法・条例制定の発端などとされる行動する保守運動による街頭行動だが、それほど行動が活発だからこそ、為政者らが「在日(朝鮮人)問題」など自らの怠慢を隠蔽するために立法化したようなもの…。悪いのはそれら在日問題をはじめとする戦後日本の諸問題を放置してきた為政者ら(既成政党)の側。

 その為政者ら既成政党を選んだのが戦後日本における民主主義である以上、新旧保守勢力の政党化による議会進出にせよ、巷で頻発する直接行動にせよ、戦後日本を正す行動(責務の履行)として何ら否定されるべき性質のものではない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★動画ご紹介!
静から動へ!魂の日本第一党 〜厚労省猛抗議!のついでに東京新聞本社へ〜


新型肺炎最新情報 〜死亡の神奈川県渡航歴なし80代女性の地域を特定〜


日本第一党東京都庁緊急街宣 〜新型肺炎対応での小池都知事に抗議〜
(制作:はとらずチャンネル

【2017.07.16】川崎デモリベンジ敵陣潜入映像Part1初公開 〜威力業務妨害で損害賠償請求訴訟を提起〜


【2017.07.16】川崎デモリベンジ敵陣潜入映像Part2初公開 〜威力業務妨害で損害賠償請求訴訟を提起〜
(編集:はとらずチャンネル =動画提供:とある有志=)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”クソスレの孤独ネラー(笑!!!!”
”チョン糞の夜明の一レス(笑!!!!”
”チョン糞酒無し人生(笑!!!!”
”チョン糞工作員のスレ工作(笑!!!!”


gaitsui
  
Posted by samuraiari at 18:58Comments(6)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 「護国の鬼」シリーズ(政界・政局その他) | 連帯・反原発・妨害集団しばき隊・ヘイト規制