2009年07月12日

[対創価]荒川の決戦!

7・12 東京都議選の投票へ行こう!



応援クリック宜しくお願いします!

侍蟻を応援クリック 


ポスティング大作戦! IN東京・荒川区

カルト信者と官憲の妨害に遭いながらも在るべき「道理と社会正義」の確立を求め!



 先週末より日本を護る市民の会黒田大輔代表およびその会員らと共に、政教分離を考える会小川宣頼代表)が作成した創価学会と公明党の政教一致問題について、国民の勇気と良識を示すべくビラを配布するポスティング作業に従事している。

 選挙期間の真っ最中における行動だが、政教分離を考える会は選挙管理委員会に届け出された政治団体ではなく、また、そのビラにおける主張も政治や選挙に関わるものではない。
 飽くまでも宗教上、一宗教団体として法に沿った形であるべきと問うたものであり、そのための活動だ。

 住宅街などで一軒一軒の郵便ポストにビラを投函するポスティング作業は実に地味なもので、街頭演説活動のように目立ったものではないが、その内容が「創価学会批判」となると、その反応は凄まじい。

 私が参加した今回の行動は、主に東京都荒川区内で行なわれたものだが、創価学会信者宅にも投函されたビラを見た者からの通報を受けたのか、その地区の創価学会関係者と思われる者らがたちどころに集まって、ポスティングをしている私たちの背後から忍び寄り、執拗に後をつけ回してさながらストーカー行為に及ぶ。

c8a51e49.jpg

0dab3b21.jpg











《写真》
ポスティングを行なっていた日護会会員(右側)に執拗につきまとったカルト学会員らしき男ら(○印)


 創価学会本部が置かれる東京・信濃町周辺では通りがかった一民間人の通行を複数の信者が妨げ、どこへ何の用で行くのかを問い質したという話はよく聞かれるが、公道を通行する自由がこのような形で侵害されるとは!
 果たして法治国家でこのような蛮行が許されるのだろうか?

 カルト信者と思しき者らはビラを投函する私たちに、すぐさま威嚇と罵声を浴びせてきた。

「何を配っているんだ!?」

「選挙違反だ!?」 「警察に通報するぞ!」

 ちなみに前述したように、東京都議会議員の選挙期間中とはいえ今回の政教分離を訴えるビラの配布は何ら法に抵触するものではない。

 その歴然たる証拠をお見せしよう!

 このビラ配布が学会員らの間で話題騒然になった頃、公明党が発行する公明新聞は以下のような報道を行なった。

公選法違反 計画的、悪質な犯行
公明区議が警視庁に

 東京・荒川区議会公明党の萩野勝議員は9日、東京都議会議員選挙の選挙運動期間中である今月(7月)8日に荒川区内で公明党を中傷するビラが多数枚配布されたことに対し、同ビラを作成・配布した「政教分離を考える会」代表の小川頼宣と氏名不詳者らを公職選挙法違反(政治活動の規制違反罪)で、警視庁南千住警察署長に告発を申し立てた。
 告発状によると、「考える会」の小川は、選挙運動期間中に政治活動用ビラの頒布が禁じられているにもかかわらず、「公明党は、創価学会の教義を実現するために作られた政党です」との大見出しを付したビラを作成、氏名不詳者と共謀して荒川区内で配布した。
 小川は、今月5日に都内で開かれたシンポジウムで講師として登壇した際、都議選投票日の直前にビラを荒川区などで配布する旨予告していたものであり、萩野区議は「本件犯行は予告通りに実行された、極めて計画的かつ悪質な犯行」であるとして、厳重な処罰を求めている。
http://www.komei.or.jp/news/2009/0710/15030.html

 公明党の区議まで動き、私たち「行動する保守」運動のビラ配布が公職選挙法に当たるとして警視庁南千住警察署に告発を申し立てたものだが、この告発はものの見事に「不受理」とされたのだ!

 言わば門前払いとして処理された格好だが、私たちのビラ配布について信者と思しき者らは執拗に「警察に告発までされている」旨のみを強調して違法性を印象付けようと躍起になる。
 そこが閑静な住宅街であれ、彼らは辺り憚らず執拗にそのような主張を繰り返した。

「ふざけたビラを配るな!」 「トンでもないビラだ!」

 彼らは執拗に罵声を浴びせてきたが、果たしてその内容を吟味したのだろうか? そもそもビラに書かれた内容は公明党議員らの発言を羅列したのみで、彼らが述べてきたことを基に創価−公明の関係を批判しているに過ぎない。

 同区内における信者と思しき者らのストーカーまがいの行為は実に広範囲、多人数、長距離・長時間にわたって延々と行なわれた。

 最初、町中で携帯電話を片手に何やら喋りながら走り回っている男らの姿が目についた。

 何度も同じ通りを行ったり来たりしている。そうこうしている内に、どこからともなく現れた数人の男らが町中で何やら話し込んでいる。中には自転車で辺りを徘徊し、何度も往復している者も。

 その目はどこかイっているようで、何かに血走る狂気が彼らの全身からヒシヒシと感じられた。

 普段なら人通りの少ないであろう地域で、急にポスティングをしている私たちの周辺に人通りが多くなり、何やら不穏な空気が漂い始めた。

「今、警察を呼んだから」

 男らの内、いかにも創価学会幹部と思しき一人が話しかけてきた。一種の脅しである。

 ポスティング作業をしていた一同も集まり、すぐさま日護会(日本を護る市民の会)会員も110番通報した。

 何らの違法性もないのにつけ回され、挙げ句の果てには「警察を呼んだ」と、さも当然のように言うのだからタチが悪いことこの上ない。

 警察が駆けつけるまでの間、住宅街の一角において学会員と思しき者らと私たちとの対峙が続く。

「迷惑しているんだよ」

 おもむろに一人がポスティング行為を批難したが、自宅のポストに迷惑で必要のないビラが投函されていたとしたら、読まずに捨てれば良いだけ。中には興味のある必要なビラもあって、とっておく場合だってあるだろう。

 その選択は「受け取った側」に委ねれば良いだけだ。

 私たちは何も一軒の郵便ポストに何十枚、何百枚もの同じビラを投げ込んでポストを満杯状態にするような迷惑行為を行なっているわけではない。

 おそらく、商業目的など様々な他のビラも投函されるであろうポストに、宗教問題について訴える主張のビラを投函させて頂いたのみだ。
 ごく一般の住民らに「取」と「捨」の選択肢も与えるな、また、そのような機会があってはならないとする発想は何ともカルト宗教ファッショと称される学会の構成員らしい。

 青少年に有害とされるピンクチラシであろうと、人によっては情報として有り難がる者もいるではないか。

 まして政教分離という当然のことを紙媒体として伝えて、創価学会なる特定の宗教団体にとって、よほど不都合なことがあるのだろうか。

「こんな紙でやらずに、口で言えよ!」

 私に対して、また別の一人がポスティングを批難することを言った。

 対して私は答える。

「何を言っているんだ!? 紙で伝えるなど古今東西行なわれていたことではないのか? 言葉を文章にして人々に伝える手段は人間が神様から授けられた能力だ!

 お前ら創価学会だって必要・連絡事項を紙で伝えることがあるだろうが!」

 学会員と思われる男は「それはそうだが…」と一応は納得したようなことを言うが、彼らは議論が成り立たなくなると急に口汚い罵声を浴びせてくる。

「こんな中傷ビラじゃ世間を説得することは出来ないよ」

 こうした手法はインターネット上で「創価信者」と思しき者らによる書き込みとまったく同じである。ひたすら相手を罵倒することに終始。これが彼らの戦法である。

「何で俺たちに直接言わずに、こんなビラを撒くんだ!? 俺たちには直接言えないのか!?」

 どちらの言っていることが正しいか、それを決めるのは飽くまでもビラを受け取った人々だと返したが、やはりビラを撒かれて困ることを彼ら自身が露呈した。

 それにしても、よほど「上層部」から強い指示が出ているのだろうか。彼らは頻繁に携帯電話を取り出して誰かと話し、その指示を逐一仰いでいた。

 やがて警察官が駆けつけ、一通り双方から事情を訊く。

 特に「制服」に見られた傾向だが、やや創価寄りの見解を示す警察官もいて、東京都議会で警視庁の予算権限を手中に収めている公明党の影響力の強さを思い知らされる。
 ちなみに現場における事情聴取の最中、私たちは提示を求められた免許証を渡し、警察官は氏名、住所など必要事項を書き写したが、その内容を学会員と思しき男らに見せたことは特筆されるべきだろう。

 これが今や警察や裁判所など司法が国民からの信頼を失墜させた端的な例だ。

 外国ではマフィアによって警察や裁判所までの司法が買収され、他殺が「自殺」と断定されて処理されるような暗黒の史実もあるが、今まさに日本がそのような状況になりかねないのである。

 特定の宗教組織に不利益な活動はその一切が封じられ、何ら法に抵触しない行ないが「犯罪」として断罪されるような事態も起きかねない。

 「中立公正」を謳う警察では私たちの言い分にも理解を示してはくれるが、何らの違法性がないにせよ、110番通報があったということで警察署で「事情聴取」はされる。
 ポスティングの過程で、各地域で何度もこれを繰り返された。

 歩いて数分の最寄りの所轄警察署であれ行けば幾ばくかの時間はとられる。こうして創価批判のポスティングを中断させることも彼らの「戦法」なのである。

 そして何より警察署へ赴くのは飽くまでも「任意」であり、また、ビラの配布にかかる注意事項や警告があったわけではない。

 単なる事情聴取に過ぎないわけだが、これを学会員と思しき者らは「警察からも注意を受けたはずだ!」「今日で2回目だぞ!」「逮捕されるぞ!」として散々悪口雑言を浴びせてきた。

 一体、誰がいつ警察から注意を受けたと言うのだろうか?

 このように、あたかも違法性があるかのようなイメージ操作を行なう彼らの手口は、日頃インターネット上で誹謗中傷を繰り返す書き込みと同様である。

 警察に告発がなされたことが何だと言うのか? 結果は不受理で事件性がないと判断されたのだろう! 

 警察署に同行を求められて事情は訊かれたが、それが何だと言うのか? 注意を受けた覚えもなければ警告を受けた事実もない!

 このような者らが政権与党の座を占め、東京都議会で絶大なる影響力を持っている限り、真の安全や国民生活の向上はない。在るべき道理や社会正義を確立するべく意を改めて強くした次第だ。

 もう一つエピソードをご紹介しておきたい。

 あまりにも執拗且つ卑劣なカルト創価信者と思われる者らのストーカーまがいの行為に対して、私たちが怒りをあらわに声を荒げた際、彼らは「お前、なんて言葉を使っちゃいけませんよ」などと綺麗事を装っていた。

 しかし、事が自らに不利益に運びそうになるや「おい、コラァ!!」と自ら前言を翻すように口汚い言葉を発する辺りもネット上で中傷を繰り広げる者らと実によく似通っている。

643478fa.jpg











《写真》
荒川区内のマンション玄関にかけられていた「特別警戒」の呼びかけは日本語に加えて支那語、韓国語が併記されていた!

何たる体たらくか!?

荒川区長の西川太一郎はしっかりしろ!

真面目にやれ!!

公明票にへつらっちゃ駄目だよ!



応援クリック宜しくお願いします!

侍蟻を応援クリック 





☆移民の受け入れに反対する署名サイト

http://www.shomei.tv/project-59.html


http://www.murayamadanwa.com/



Posted by samuraiari at 02:30 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのトラックバック
◆千葉英司大先生との裁判のお知らせ
千葉英司・元東村山警察副署長に会おう! &カルト鬼ごっこの報告【行政書士、社労士のぼやき】at 2009年07月12日 21:19
ある方から頂いた情報によると概算で、 05年都議選の公明党議員への総投票数786292票 今回の都議選の公明党議員への総投票数716936票 7万票減りました。具体的に地域の状況を見ると、
都議選総括 & 裁判のお知らせ【行政書士、社労士のぼやき】at 2009年07月14日 01:19
◆告知 当会会員が独自に企画、調整、実行する カルト撲滅のイベントです。私は、30日の方に 参加する予定です。
告知&情報提供【行政書士、社労士のぼやき】at 2009年07月17日 13:25
この記事へのコメント
お疲れ様です。

チョンカルトの妨害工作を直に見る事が出来ましたね。

コチラも同じ事を体験してます。
ヤツラには対応マニュアルでも付くって有るかの様です。

日常生活上から街宣時に見られる事です。

ストーキングと罵声による妨害をもって逆告訴出来ないですかねー。
Posted by 草莽愛知実行委員会 at 2009年07月12日 11:31
ポスティングご苦労様です。
カルト教団は気持ち悪いですね。

ところで、最後の「特別警戒」の写真ですが、あれは犯罪者またはその予備軍に対する警告なので良いのではないか?と思いました。
Posted by 天ぷら at 2009年07月12日 11:36
>支那語、韓国語が併記されていた!
つまり、そのマンションの管理人が連中に「警察と入管が目を光らせているぞ!」と警告しているということですね。
一体何が問題なんですか?
Posted by やまだたろう at 2009年07月12日 11:37
やまだたろうさんへ

荒川区内のマンションに韓国語、支那語で警告しなきゃいけないくらい治安が悪化してる。荒川区長はしっかりしろって意味だろ!
Posted by ☆彡 at 2009年07月12日 12:09
警察=行政
裁判所=司法
Posted by ホヨン at 2009年07月12日 13:29
偽装結婚:偽装婚姻届提出容疑で4人逮捕 /新潟

県警捜査3課と新発田署などの合同捜査班は7日、新発田市上館、中古車販売業、
ロシア国籍のキム・スタニスラフ被告(30)=窃盗罪で起訴済み=ら4人を
電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、4人は共謀し、偽装結婚と知りながら、
08年6月、キム、須永両容疑者の婚姻届を目黒区役所に提出したとしている。

捜査班は5月、山形県の運送会社から大型トラックなどを盗んだとして、
キム容疑者を逮捕した。【黒田阿紗子】

毎日新聞 2009年7月9日 地方版
Posted by 国際的偽装結婚 at 2009年07月12日 13:59
日蓮教は基本的に自分たちの宗派が少しでも
批判されたら相手をどんな手を使ってでも潰そうと
してきます。そうしないと不幸になるというのが日蓮
の教えだからです。
そもそも警察になぜ浸透していたのかこれで理由が
わかりましたね。もはや言論弾圧社会、特定の宗派の批判をすると弾圧されるイスラム社会のようになるんでしょうか。
Posted by ぽ at 2009年07月12日 18:22
やまだたろうさんへ

すみません。私が読み間違いしました。
「特別警戒」の写真のあとに「何たる体たらくか!?」って書いてあったので写真のことかと勘違いして、その下ちゃんと読んでいませんでした。(><)
Posted by 天ぷら at 2009年07月12日 19:08
北海道の牧場、中国人研修生2人立てこもり

北海道警帯広署は12日、いずれも中国籍で、
北海道音更町豊田の農業研修生李彭勝(20)、焦渭南(28)の両容疑者を
暴力行為等処罰法違反(集団的脅迫)容疑で現行犯逮捕した。
発表によると、2人は12日午前5時50分頃から約1時間にわたって、研修先の牧場内の自室前にコップ1杯のガソリンをまき、刃物を持って立てこもり、「中国の領事館を呼べ」などと中国語で要求し、 場の経営者(42)を脅した疑い。
2人は、駆けつけた同署員の説得に応じて投降した。
李容疑者は今年5月、焦容疑者は昨年8月から研修を受けていた。
牧場は日頃から態度が悪い2人の受け入れをやめる予定で、
11日夜に、2人と研修生派遣元の団体の間で話し合った。
その際、李容疑者は約200万円を要求する騒ぎを起こしていたという。

(2009年7月12日20時32分 読売新聞)
Posted by 今日の中国人犯罪 at 2009年07月12日 21:15
奈良市長も33歳の民主です。クロちゃんを筆頭にかなり反民主の街宣をやりましたが、やはりほとんど地方選には影響を与えていません。街宣ではダメなのか、あるいは単なる反対運動ではダメなのか分かりませんが、いずれにせよ戦術の再検討が必要です(私は当然後者の意見ですが)。
Posted by 金子吉晴 at 2009年07月12日 21:19
5
侍蟻さん 日々の活動、本当にお疲れ様です。小生、体調不良の為、帰国致しております。小康を得ましたので、書き込みさせて頂きます。金さえ有れば、学歴・経歴・居民証・旅券すべて買えない物の無いC国では、簡単に別人に為れます。書類は当局発行の本物です。4月に社員から聴いた話ですが、相場はギリシャが250万、日本が300万だそうです。追加料金を払うと、別人の書類でっち上げて、成田経由で米国の親戚訪問を行います。帰路は、夜、成田着翌日夕方発C国行きの航空券を手配するそうです。すると入管から、3日有効の千葉県内、移動自由のビザをもらって堂々と入国出来るそうです。真偽の程は定かでは有りませんが、次から次と悪知恵の働く連中と感心しております。ちなみに半月後、その社員の親族はギリシャへ行きました。こんなC国ですが、外国人管理に関しては、日本政府も見習って欲しいものです。永住権はC国人と結婚しない限り、まず無理です。就労Zビザは1年更新、留学生はバイト禁止です。政治活動・宗教活動は厳禁で、厳重な取り調べの上、国外退去処分に為れば良い方で、服役する可能性が高い。形骸化していますが、外国人がC国人宅に宿泊する時は、管轄の派出所に届けないと駄目とか、様々な規制が有ります。脱税は時効無し。こんな管理が日本で行われていたら、カルト宗教や不逞外国人の跳梁も無かったものをと思うのは、私だけでしょうか? 長々と失礼しました。 次回は、侍蟻さんのお許しを頂ければ、C国人なら誰でも知っている反日日本人を書き込みしたいですが! 侍蟻さんと、お仲間の御活躍を期待しております。偽装日籍華人の独り言でした。
Posted by ミナミのおっちゃん at 2009年07月12日 22:16
公職選挙法違反で逮捕!
Posted by 白い粉 at 2009年07月13日 03:32
せとさんのブログから来ました。
「ポスティング大作戦!」、いいですね。
選挙期間中でも使えるのはスゴイです。

ただ、ちょっと一言。
吹き出しの発言の資料根拠を記載しておくべきです。

*○年○月○日、○○○大会(東京)で
「・・・・・・・・・○○○○○○○○○○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○○○○○○○○○○・・・・・・・・・・・・」
と発言しました。

のように、小さな文字でもいいから、発言にまつわる記事を載せておくべきです。少々長文になってもかまわないと思います。(ウラ全面とか)

一般の読者が、「反創価の単なるイヤガラセではなさそうだ」「どうも本当らしい」と納得させることができれば、本当にスゴイ爆弾になると思います。

Posted by sima at 2009年07月13日 14:56
先週の新聞で、元中国残留孤児が政府の援助を受けながら、「尊厳の持てる老後生活」を日本で送っている事が取り上げられましたが、わたしは、この事に関して少なからず違和感を持っています。
死那が札付きの反日国家であると言う事は別としても、これらの人たちにとっては、長年住み慣れた国ではないでしょうか。
過去に悲惨な思いをしたとしても、現地の里親に引き取られて、それなりに中国人として順応していったはずです。ましてや中には現地女性と結婚したと言う人もいます。
そうした慣れた所を捨ててまで、なれないはずの異質な環境に、援助を受けてまでいつこう発想が理解できません。
慣れた場所ならば、別段援助抜きでも暮らしていけるでしょう。ましてや、結婚した女性にしてみれば、元残留孤児以上に全く縁もゆかりもないよその環境に順応しなくてはならない苦労があるはずなのに、誰もそうした事には詮索しないのでしょうか。
後編へ続く
Posted by DUCE at 2009年07月13日 16:34
前編からの続きです
こんな事を書くと、ある筋から「欧米の人は受け入れてもアジアの人は受け入れようとしない差別だ」と言う反発が生じますが、わたしはむしろ反対だと思います。
わたしは平等の発想から、現地での暮らしが慣れているのならば、無理して日本で暮らすこともあるまい。ましてや、援助を前提だなんて乞食根性じゃないかと思っています。
要するに、差別をするなと主張している連中は、潜在的に差別意識があるから、援助を前提に日本移住を当然視しているのだと思います。
ちなみに、元残留孤児がアメリカで育っていたならば、援助があるからといっても、日本移住を望むでしょうか。
Posted by DUCE at 2009年07月13日 16:34
3
各位 外国人犯罪に関する情報を有り難う御座いました。当ブログは外国人問題がメインですので、可能な限り新規エントリーにて取り上げていきたく思います。

>草莽愛知実行委員会さん
ご苦労様です。
本来なら「つきまとい」という東京都の迷惑防止条例で彼らが厳しく注意されるべき集団示威行為です。
こちらが「人権侵害だ」と叫んだことに対して、さしも平和や人権を謳う創価信者と思しき者らも虚を突かれ、返す言葉がありませんでした。^^
末端信者は搾り取られるだけ搾り取られて、こき使われ、哀れなものです。救ってあげなければ!
Posted by 管理人 侍蟻 at 2009年07月13日 23:50
3
>天ぷらさん
>やまだたろうさん
ここは日本です。しかも首都・東京。日本国民たる荒川区民に呼びかけるのに何故、支那語や韓国語が必要なのですか? そのように外国人にへつらうような姿勢が問題です。いつから日本は多民族・多文化の国になったのでしょうか?

>金子吉晴さん
民主党の躍進は当初より予定されていました。頻度であったにせよ少数の街宣活動で歯止めがかかるはずがありません。むしろ自民党の下野によって、こちらサイドのエセ保守もあぶり出せる好機と見るべきです。自民党はもう超タカ派に再生しなければ政権の奪回は不可能と見るべきでしょう。
Posted by 管理人 侍蟻 at 2009年07月13日 23:53
3
>ミナミのおっちゃん
ご苦労様です。激励を有り難う御座いました。
以前にシンポジウムで登壇して述べさせて頂いたことですが、そのように国ぐるみで不正・成り済ましを容認しているような反日国家ですから、正常な国家間関係が成り立つはずがありません。
必要なのは友好ではなく、形を変えた戦争を仕掛けられているという認識だと思います。
ところでミナミのおじ様はどこの地域からアクセスされていますか? 差し障りがなければメールにてお知らせ頂きたく思います。^^

>simaさん
ご指摘を有り難う御座いました。次のポスティング大作戦に大いに生かせればと思います。そうですね。公明党議員らの発言であることは事実ですから。
Posted by 管理人 侍蟻 at 2009年07月13日 23:57
3
>DUCEさん
私も昔からそのような思いを抱いていました。生き別れになった肉親と再会するまでは良いとしても、その後の生活は元通りに支那で暮らしていても良いのではと疑問に思っていました。
援助云々での受け入れ、不法滞在フィリピン人児童の問題にも通ずると思います。まるで母国での生活は悲惨だと言わんばかりに。
乞食根性を示すのかのように残留孤児の家族を装った支那人の不法入国・不法滞在も次々に明るみに出ましたね。そうした不法入国ブローカーの暗躍もあったのではと思います。

:追伸
外国人犯罪に関する情報を寄せられた方々、TBをくれたクロダイさん、まことに有り難う御座いました
Posted by 管理人 侍蟻 at 2009年07月14日 00:03
3
>Posted by ぽ 2009年07月12日 18:22

創価では教えとしては素晴らしい御託を並べているのだろうと思います。だから信者が本気になって教祖・池田が言う理想国家・理想社会の実現に向けて奔走するのでしょう。それが警察官であろうと検察官であろうと裁判官であろうと。
彼らの狂信的にまで達した領域を見るに、偏向教育の恐ろしさを痛感します。日本が過去に侵略をした、支配したと教え聞かされれば、素晴らしい国に対する忠誠心も芽生えません。逆に国を貶めるような言動に与する無気力な役人を増やすのみです。
創価がそうであるように、一般的にも日本が素晴らしい歴史を持つ国だと教え聞かせることで生じるパワーを感じた次第です。
Posted by 管理人 侍蟻 at 2009年07月14日 00:10