2009年10月27日

「拉致問題解決内閣」の創設を!

侍蟻を応援クリック!
 
 
☆声明

同胞救済に見る南北朝鮮の「対日戦略」を警戒せよ!

韓国政府、対北食糧支援へ
 韓国の聯合ニュースは25日、韓国政府が早ければ今週中にトウモロコシ1万〜3万トン規模の対北人道支援計画を発表する予定と報じた。今月16日に開かれた南北赤十字による実務接触で、北朝鮮側が韓国に対して支援を公式に要請。支援が実施されれば、李明博政権発足後、政府レベルでの対北食糧支援は初めて。
(10月25日 産経新聞)

 過去、韓国の左派政権で行なわれたテロ犯罪国家・北朝鮮への「人道支援」は、保守派政権である李明博政権でも引き続き行なわれる見通しだ!

 北朝鮮が日本人をはじめ各国民を拉致したことは言うまでもないが、韓国も統一教会によって多くの日本人信者が連れ去られ、その事実を同国政府は把握していながら何ら実態調査に乗り出さない「拉致国家」である!

 南北ともに反日ならぬ日本を虐める「虐日国家・民族」であることは歴然で、両国からの日本人被害者を救出することこそ日本政府に科せられた至上の命題である!

侍蟻を応援クリック!


拉致問題 最優先事項であるとの大原則の下に進めよ!

拉致対策本部が初会合 「情報室」に予算・人員を集中投入
 政府は27日、鳩山政権としては初めてとなる拉致問題対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)の会合を首相官邸で開き、同本部の体制などを決めた。鳩山首相は「拉致問題は重要課題。今まで以上の体制で早期解決に向けて努力しなければいけない」と述べ、拉致問題解決に向けた取り組みの強化を指示した。
 新体制では、本部長の下に中井洽(ひろし)国家公安委員長・拉致問題担当相がトップを務める「本部事務局」と、テーマごとに参加メンバーを決める「関係府省連絡会議」を設置した。
 本部事務局長の直轄部署として、拉致被害者や家族を支援する「総務・拉致被害者等支援室」と政策の企画立案を担当する「政策調整室」、拉致被害者などに関する情報の収集・分析を担当する「情報室」の3室が置かれる。
 中井氏は、閣議後の会見で新事務局について「全体で(10人増の)40人態勢と決まった」と述べ、来年度予算での拡充が必要との考えを示した。
 情報室は前政権の拉致対策本部にも設置されていたが、スタッフはほとんどが他省庁との兼務で、実質的な情報収集や分析などの機能はなかったという。
 新体制の情報室は、「拉致被害者の早期救出」という本来の目的に向け、本部の中核的な機能を果たす組織となる見通し。人員と予算のほとんどは情報室に振り向ける方針で、事務統括の内閣審議官以外はすべて専従職員とする。公務員のほか民間からも人選を進め、幅広い情報収集の構えをとる。
 また、本部事務局には中井氏を補佐する事務局長代理を置き、政治家を充てる方針だが、政府全体で政務官などの数が不足しているため、体制発足時点では欠員とされた。
(10月27日 産経新聞)
clip_image001


何ゆえの反日法案への反対行動であるのか?

 これまで良識ある国民で形成された我々「行動する保守」運動は、主に「外国人参政権法案」や「人権擁護法案」といった所謂反日法案の反対・粉砕行動に重点を置いてきた。

 行動しないで語るに堕した既存の保守勢力への批判として、新たな運動体である「行動する保守」運動が主権回復を目指す会西村修平代表)や同盟ブログ日本よ何処へ(主宰:瀬戸弘幸)、『外国人参政権に反対する会・東京』(村田春樹代表)、在日特権を許さない市民の会(略称:在特会 桜井誠会長)らを中心として立ち上げられた。

 その表看板は時に「新風」(維新政党・新風の意)であり、時に「在特会」であるとして敵対勢力から狙い撃ちにされ、集中砲火を浴びせられ続けている。

 さて、わが国が抱える諸問題を見渡した時、何よりも早急的に取り組むべき課題は、北朝鮮による「日本人拉致事件」の解決を置いて他にあるまい。

 日本各地で広範に、数百人に及ぶ日本人が暴力によって、また騙されるような形で日本国外へ連れ去られた北朝鮮による拉致事件であるが、既に事件から二十年あるいは三十年以上を経過したケースも多い。

 拉致被害者本人も歳を食っているが、それらの家族も高齢化している。

 人は誰しも永遠の中で生きているわけではないのだ!

 だから拉致問題の解決が急がれなければならない!

 ロシアに奪われた北方四島や韓国に奪われた竹島など、領土というものはこの先もずっと形として原型をとどめてはいるだろう。そのため日本がそれら固有の領土を奪い返すチカラが備わったなら20〜30年、または50年先に取り返しても良いのである。

 ところが、生身の人間はそうはいかない。
 実しやかに伝えられているように既に亡くなった拉致被害者もいるのかも知れないが、今生存している拉致被害者を早急的に奪還し、極力、現状回復させることに努めるのが至極当然である。

 こうした日本の国家主権、国民生活の安全を考える上で何よりも最優先事項として取り組みが行なわれるべき拉致問題の解決に向けて、冒頭で前述した「外国人参政権法案」や「人権擁護法案」はそれを大きく阻害する恐れがあると見なければなるまい。

 拉致という国家犯罪を行なった北朝鮮の人民とその同胞たる韓国民が大多数を占める永住外国人に地方に限定とはいえ参政権を与えることは、拉致問題及び対北朝鮮政策に関わる地方自治体の施策・方針を歪めかねないし、人権の定義が曖昧な法案の下では朝鮮総連への批判行動さえも「差別」であるとして罰せられかねない。

 「行動する保守」運動として、これら反日法案への反対行動に取り組むに際しては、日本国が早急的に取り組むべき「人道問題」を念頭に置いたものであった。

 政権政党から野党、国民まで挙国一致で解決を目指すべき拉致問題をよそに、永住外国人への参政権を云々している場合ではないし、人道が著しく蹂躙された拉致被害者を置いたまま日本国内の、在りもしない差別問題を云々している場合でもないのだ。

 そんなことをしている暇があったら、日本は拉致事件という早急的に解決すべき人道問題を抱えているのではないか−、参政権の行使はおろか日本国内での生活さえも奪われた人々を取り返すべき責務があるのではないか−!?

 反日法案への「行動する保守」運動勢力による反対行動は、常にそのことを呼びかけてきた。

 さる4月、埼玉県蕨市における不法滞在フィリピン人カルデロン一家の追放デモ然り、海を渡って不法に入国してきた北朝鮮工作員によって国民の権利が侵害されるという拉致事件を経験したわが国が、不法入国の外国人に対して容易に在留を容認することがあってはならないとする観点から13歳の少女と言えども帰国すべきことを厳正に主張したものだ。

 ここまでで日本が早急的に取り組むべき問題と、「行動する保守」運動という良識ある国民が何を念頭に置いて諸問題に取り組んできたかがお分かり頂けたことと思う。

 右派・保守派に限らず、こうした喫緊の国家主権問題を前に、その活動に取り組む者個々の「思想的出自」や「活動の出自」から、やれ「国家社会主義ではダメだ」「自由経済主義でなければいけない」とする議論に終始することほど不毛なことはない。

 実際にある保守系ブロガーが、かつて『国家社会主義者同盟』なる団体で副代表として活動していた瀬戸弘幸や私どもにそのような難癖をつけてきたのである。
 遂に堪忍袋の緒が切れた私はその者の自宅前での抗議街宣を検討−と記したが、日本国にとって、また曲がりなりにも社会運動を志す者として、今エントリーで述べたように何が急務であるのかを説く意味でのものである。

 何を勘違いしたのか先ごろ、ある者は「(当ブログの)コメント欄で反対意見を書き込んだことが自宅前街宣の理由か?」と訊いてきたものだが、断じて違う(あまりにもピント外れで笑ってしまった^^ そこまで自身の発言に影響力があると考えるのは自惚れでしかない)
 コメント欄での意見のぶつけ合いは言論の自由として尊重されるべきものであり、ただ己が信奉する経済観を基に、「行動する保守」運動の中心的人物を不毛な議論に引き込もうとしたその姿勢を厳しく問うたものである。

 拉致問題に話を戻そう。

 鳩山・民主党政権は『拉致問題対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)』の初会合を開き、予算と人員を投入することで情報力と組織としての強化を図り、拉致問題を早急的に解決する姿勢を見せた。

 …しかし、拉致問題を解決するにあたって、専門的部署・組織を立ち上げる姿勢に私などは些か違和感を覚えてしまう。

 何故なら前述のように日本国にとって早急的に解決に取り組むべき問題が北朝鮮による日本人拉致事件である以上、内閣そのものが『拉致問題対策本部』でなければならない。
 通常の職責・任務に加え、その上で各省庁・担当大臣が拉致問題の解決に向けて何を為すべきか、その取り組みが「行動」として着手されなければならない。

 鳩山・民主政権は国民生活を云々するなら、まず拉致問題の解決に言及し、自らの内閣を「拉致問題解決内閣」であることを明言すべきだろう。

 一国の総理、自衛隊なる軍事組織の最高指揮官として拉致問題の解決に向けた効果的な「制裁・報復措置」に言及することが待たれているが、具体的な言動が伴なわず、ただ組織の拡充に着手するとした姿勢から既に雌雄は決していると思うものだ。

 その点、北朝鮮などはまだ筋が通っていることをやっているのである。

 金正日を頂点とする北朝鮮の独裁政権にとっては飢えたる人民など餓死したとしても当然で、自らを守る為に戦う「軍隊」こそが党であり国家であるとかねがね明言している。
 つまり仰せのように北朝鮮は政府が国民を食わせるために様々な施策を講じる国ではなく、北朝鮮という一つの武力組織なのだ。
 
 分かりやすく言えば日本にも自衛隊の基地がある。基地の中には病院があれば食堂もあり、クリーニング屋や自動車修理工場もあって遊技場もある。
 自衛隊基地のみで全てが賄える「一つの社会」で、北朝鮮の場合はこの「基地社会」が保たれれば全て良しと考えていると言えばイメージしやすいだろうか。 

 日本もこのくらい筋を通すべき段階にとうに来ているではないか!
 
 何を置いても拉致問題の解決を目指し、そのために組閣され、そのために奔走する内閣であることを実行しなければ如何に国民生活第一を説いても説得力は無いし、真の国民生活向上は図れないと思うのである。

侍蟻を応援クリック!


☆抗議街宣のお知らせ

白人の味方、日本敵視のジャパン・タイムズを許すな!

<日の丸に(fuckyou)ファック・ユーを叫ぶ白人女を擁護するジャパンタイムズの犯罪>
もう黙っていないぞ! ジャパン・タイムズと白人キリスト教徒の日本蔑視を!

【日時】
平成21年10月29日(木) 11:30集合
(抗議文の提出あり)

【場所】
ジャパン・タイムズ本社 最寄り駅JR田町駅
(芝浦口)
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E139.44.56.460N35.38.18.990&ZM=10

〒108−8071
東京都港区芝浦4−5−4 
TEL:03−3453−5312
FAX:03−3452−0659

 反日を稼業とする『ジャパン・タイムズ』は10月15日付で、「うるさい右翼どもに立ち向かう」としての投書を掲載した。
 我々はさる10月11日、反日キリスト教徒と「日本カトリック正義と平和協議」が麹町教会(聖イグナチオ教会)に集結して徒党を組んで靖國神社に乱入する企てに、断固とした抗議でもってこれを粉砕した。
 今夏、高金素梅ら反日シナ・台湾人らが靖國神社へ乱入して英霊を冒涜した前例に倣い、今度はカトリック教徒らが同様な振る舞いを演じようとしたからだ。

 教会前で整然と抗議活動を展開する我々を前に、スペイン系と思われる白人女が通り過ぎながら隊列に中指を突き立てながら「fuckyou」を浴びせた。
 米国ならば犯罪として処罰される言葉「死ね!クダバレ」に匹敵する禁句であり、身柄を拘束して人民裁判にかけなければならない。

 白人女を拘束しようとしたが警察に阻止され、その女は身柄の安全を保証されながら、反日の権化・聖イグナチオ教会にまんまと逃げ込んだ。

 主権回復を目指す会と<『語る』運動から『行動する』運動へ>は明言する。今後、このような侮辱的な言葉を吐く相手は決して容赦しない。その「安全」も保証しないと。さらに白を黒に言い換え、白人キリスト教徒の犬を演じているジャパン・タイムズに、それ相応の責任を徹底追及する。

※雨天決行 プラカードの持参歓迎

【呼びかけ】
主権回復を目指す会/せと弘幸Blog『日本よ何処へ』/NPO外国人犯罪追放運動/在日特権を許さない市民の会

【連絡】
西村修平(090−2756−8794)
有門大輔(090−4439−6570)

応援クリック宜しくお願いします!
 
侍蟻を応援クリック!

14b86164.gif










☆移民の受け入れに反対する署名サイト
http://www.shomei.tv/project-59.html

http://www.murayamadanwa.com/

 



Posted by samuraiari at 21:56 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
有門さんが「北朝鮮右翼」とホザくコシミズは、大バカ者です!
Posted by う〜む at 2009年10月27日 22:32
右翼」と⇒右翼」、と
Posted by う〜む at 2009年10月27日 22:33
>何を勘違いしたのか先ごろ、ある者は「(当ブログの)コメント欄で反対意見を書き込んだことが自宅前街宣の理由か?」と訊いてきたものだが、断じて違う(あまりにもピント外れで笑ってしまった^^ そこまで自身の発言に影響力があると考えるのは自惚れでしかない)。


「自宅街宣」の対象が柳生大佐であることを自白しましたか。

じゃあ、なんで凪さんの問いかけから逃げてたんでしょうか?

Posted by りゅう at 2009年10月28日 00:31
41. Posted by 管理人 侍蟻 2009年10月23日 00:50

>凪
自らの意に沿うように執拗に強要されたのはこちらのほうです。いつ私が第三者から見えない密室で、一体誰に抗議街宣すると述べたのか、過去のエントリーから固有名詞などを出している箇所を指摘せよ!


↑有門氏は、こんなこと言って誤魔化してました。

今回も、「固有名詞」出していないからOKと思ってるんですか?

該当の発言は柳生大佐のものです。

それで、自宅街宣はやるんですか?
やらないんですか?
Posted by りゅう at 2009年10月28日 00:34
「コメント欄での意見のぶつけ合いは言論の自由として尊重されるべきもの」なんでしょう?

「国家社会主義ではダメだ」「自由経済主義でなければいけない」とする議論だって、「言論の自由として尊重されるべきもの」でしょうが。

自宅街宣する理由になっていませんね。
Posted by りゅう at 2009年10月28日 00:55
記事とは関係無い話になってしまいますが

今回の護衛艦と南朝鮮貨物船の衝突事故。

さっそくマスコミがいかにも自衛隊が悪いみたいな報道の仕方で大暴れしてますねぇ・・・

これどう考えても南朝鮮の船が悪い。

南朝鮮の船は右舷に傷があります。

この海域は右側航行が規定で決まってる。

なぜ南朝鮮の船の右舷に傷があるのでしょうか。

これは南朝鮮の船が本来通ってはいけない左側から強引に追い越しをかけたからです。

これは朝日によると南朝鮮の船の船長も認めているようです。

しかし朝日は南朝鮮の不利になる船長の話の部分を削除してしまったそうですがw

日テレは全国ネットで「観艦式の帰りで気が緩んでいた、許せん」みたいなことを言い放つ。

他にも検索すると自衛隊が悪く見えるような記事ばかりです。

どうしてこんなことになってしまうのか悔しくてなりません。

何とか彼らを守ってあげることは出来ないものでしょうか。

Posted by 幕張のテトラポッド at 2009年10月28日 04:17
朝日が削除した船長の話の部分
「前を走っていた船を追い越そうとしたときにぶつかった。前から(自衛隊の護衛艦が)来ているのはわかって、早めにかじを切ったがぶつかった。大きく揺れて、すぐに火が出た」と話した。

これと他所での情報等を見ると、どうやら上に私が書いた内容とは状況が違うようです。すみません・・・

しかしいずれにせよ南朝鮮の船がやってはいけない事をして事故になったのは間違いないようです。

参照
http://www.kjclub.com/UploadFile/exc_board_60/2009/10/27/s_pj.jpg
http://www.kjclub.com/UploadFile/exc_board_60/2009/10/28/vlnews003747.jpg
Posted by 幕張のテトラポッド at 2009年10月28日 04:44

政治・経済における左右は外国のことは知らないが、日本では

 天皇制にかんして容認か否定かで右派左派が

 経済に関しては自由主義・社会主義で右派・左派が決まると思う。

 おおまか、天皇制容認であればいいかなと思うが、その程度で考えないと共闘はできないと思う。

Posted by けんぶつ at 2009年10月28日 08:23
3
鳩山によって、自衛隊が悪いことになっているんですが
http://inanna-search.net/index.php?cmd=search_en&cat=link&sword=%8C%EC%89q%8A%CD%81%40%8F%D5%93%CB%81%40%94%B5%8ER&sort=Date&page=1
Posted by ぶんた at 2009年10月28日 16:43
日本の護衛艦・くらまと、
韓国のコンテナ船・カリナ・スターが衝突した事件ですが、
初めは新聞(ネット版も含む)・動画で関連記事を見ても分かりませんでしたが
船がどう衝突したかミニチュアで説明したニュース動画を見て、
あれは韓国側が当たり屋行為をしたんだと判断しました。
Posted by 匿名 at 2009年10月28日 19:46
ここのブログも妨害者にマークされているようですし、
管理人様もいちいち妨害者の相手をしない方がよろしいのでは。
妨害者の行動は終始揚げ足取りばかりですから。
Posted by アントン at 2009年10月28日 22:17
逃亡、計算高い目論見、単に気が変わった…
どのような理由によるものであろうとも自宅街宣を思い止まったことを評価します。仮に私の警視庁への情報提供が一因であるならば、警察の手を煩わせないように有門大輔氏の住所、アパート名、部屋番号まで情報提供した甲斐があるというものです。私怨で相手方や近所の住人に迷惑をかけることは許されませんからね。今後いわゆる「行動する保守」が内ゲバを始めようとした場合には制止するべく動かせていただきます。ただ、それは一般人の迷惑防止のためであって、いわゆる「行動する保守」にシンパシーを感じているからではないので念のため。それでは終わらない「行動する保守」ごっこを他人に迷惑をかけずに良識をもってお楽しみください。
Posted by at 2009年10月28日 23:22
倭軍のボロ船大炎上ww ま、乗ってるのが倭猿どもだから無理もないかww あひゃひゃwwww
Posted by 倭船轟沈でネトウヨ涙目w at 2009年10月28日 23:58
 上の物言い、ヒトモドキか?
Posted by KY at 2009年10月29日 02:26
「日本では天皇制にかんして容認か否定かで右派左派が
経済に関しては自由主義・社会主義で右派・左派が決まる」???
・・・ってことは
 
「世界では太陽が東から昇るが
日本では西から昇る」
ということか?
(そういうこともあり得る)?
 
おいおいおい・・・・
2.26事件で刑死した北一輝は当時
日本特殊論の国体論や儒教的天皇観に反対して
「普遍的 世界に通用する合理的科学的な皇室のありかた 国家のありかた」
を唱えたんだぞ!
 
「北一輝って誰?」だって?
北一輝というのは戦前 今から70年も前の「国家社会主義者」だよ。
だからねぇ・・・
「日本の常識は世界の非常識」が当然と主張する輩は
”北一輝からでさえ70年も時代遅れ”
ということになる。
Posted by 柳生大佐 at 2009年10月29日 12:20
5
各位 ご意見を有り難う御座いました。

>凪さん
どこをどう読まれて「思い留まった」と結論付けられたのでしょうか? またぞろ根拠無きネット情報にでも踊らされたのでしょうか?

それはともかく、先日、今さらながらに貴方らしき人物に確信が持てました。これまで立川や川越、三鷹でも見かけていましたが、「やはり、あれか…」という具合に。

歳の頃は…おっとっと!
容姿に関することでも貴方がたの基準では晒してはいけない「個人情報」というやつになるのですかな?

段々と皆さんの顔が見えてきました。
Posted by 管理人 侍蟻 at 2009年10月30日 17:21
傍観していた感想といたしましては、ブログ主様は、例の件におき、「思い留まった」と私も解釈していたのですが、躊躇も踏みとどまりもしておられなかったのですね?


師匠の訴訟の件と同じくして、今後も柳生の件に関して動きがあることを期待しております。


愛国は儲かりますか?
Posted by まかる at 2009年10月30日 19:47
有門大輔氏

思いとどまっていないのですか?
自宅街宣が脅迫罪や威力業務妨害罪の構成要件を満たし、他人の自宅に街宣することを示唆してコメント欄への投稿の内容について強要することすら脅迫罪の構成要件を満たす可能性があることを承知の上での発言でしょうか。覚悟を決めてご回答ください。
Posted by at 2009年10月30日 23:34
だからさあ、自宅街宣、やるのか。やらないのか。

答えてください・・・って聞いてるんですけど。

自分で言い出したことなのに、何で答えられないのかなあ?

だから逃げてるって言われるんですよ。
Posted by りゅう at 2009年10月30日 23:44
貴殿にお聞きしたいのですが、株式会社スポーツ・アイの旧経営陣と交代して貴殿や瀬戸弘幸氏が取締役として経営権を掌握しましたよね。経営手腕を買われて経営陣交代となったのであればなぜあれほどあっけなく破産したのでしょうか。それとも経営権を掌握したのは会社乗っ取りだったのですか。
貴殿の2ちゃんねるでの削除要求に関連して貴殿が株式会社ケイバンの取締役であることも明らかになっていますが、その会社も目的をすべて変更して株式会社福島自治企画と全然異なる会社のようになって福島市に会社移転しましたね。
そしてこの株式会社ケイバン、株式会社福島自治新聞社、株式会社岩崎企画、特定非営利活動法人外国人犯罪追放運動が本店所在地を同じビルの同じ部屋に置いてますよね。この不自然な事実は一体どういうことですか。
Posted by at 2009年10月30日 23:45
そもそも「Fack you」と述べることより「自宅街宣を計画中」と述べることの方が重大な脅迫行為ですよね。まずはご自分の行っている行為を自省してから他人を批判すべきではありませんか。
そのようなことを言っていると貴殿が西村修平氏の訴訟代理人の発言を捏造したことや訴訟関係のエントリーや創価学会カテゴリーを削除して民事訴訟に巻き込まれないように工作してきたことがすべて無駄になりますよ。もう少し考えて発言してはいかがですか。
Posted by at 2009年10月30日 23:55
どわ! 話題が一気に核心へと・・・。

まあ、侍蟻さんは、自分で凪さんを挑発したんですから、きっと全部、答えてくださるんでしょうねえ。

侍蟻氏の華麗な反論がみてみたいー!
Posted by りゅう at 2009年10月31日 00:17