2010年06月22日

今一度、戦列を見直す!

☆ご報告 6・22 IN池袋

創価と暴力団の結託を追及する新聞配布活動!

100622_1136~0001
 平成22年6月22日、私どもが管理部を務めるせと弘幸BLOG『日本よ何処へ』(通称・せと弘幸事務所)は日本を護る市民の会黒田大輔代表)や在特会関係者らの協力を得て、東京・池袋駅東口周辺にてビラ・新聞の配布活動を展開した。
 これは広域指定暴力団・山口組の元直系組長が自らの自叙伝で明らかにした創価学会との癒着について、街頭にて改めて追及すべく広報紙として製作したものだ。

※告知
24日(木曜日)
「JR浦和駅」東口の改札を出たところで「午前10時」
集合
周辺でポスティング活動を開始
 

 私どもはこれまで「行動する社会運動」(行動する保守より変遷)の一環として創価学会・公明党を追及する活動に曲がりなりにも関わり、その過程で民事賠償請求訴訟を起こされるに至ったものだが、何も創価学会は設立当初の牧口時代や二代目教組・戸田の時代から悪かったというものではないし、創価そのものが悪いとも思わない。
 そこで権力を掌握した者とその取り巻きら一部が危険な暴走をした結果、引き起こされたことを踏まえ、言わば貧乏人のための宗教であった「元の姿に戻れ」というものである。

 この「元の姿に戻れ」は在日朝鮮人が支配力を占めるに至らせたパチンコなどのアングラ産業や暴力団社会、ひいては単なる外国人に過ぎない在日朝鮮人について外国人登録証の携行義務を免除し、事実上、日本人と変わらない扱いをする「日本人差別」即ち増長に次ぐ増長を許した在日特権の廃止という命題を帯びた日本社会そのものに言えることだろう。

排外的ナショナリズムに基づく運動こそは真の義勇兵・義勇軍

 「行動する社会運動」に携わって最も敵の存在を肌身で感じたのは反創価・公明のポスティング活動を展開した時、執拗なストーカー行為に直面した時であった。中には自らを創価幹部と明らかにした者もいたため書くのだが、町中を行き交う誰もが創価信者ではないかと錯覚させる心理戦略は敵ながら天晴れといったところだろう。

 対創価について造詣のある然る先生の「誰が敵味方かは判別し難い。向かって来る奴が敵だ!」とする言葉が印象的であった。
 この「敵」という概念について考えてみたい。

 先ごろ未確認情報ながら人口過多の支那(中国)で「一人っ子政策」を撤廃したというニュースを耳にした。もっとも撤廃といったところでかなり以前から事実上廃止されていたも同然で、あの国のやることは何でもアリで賄賂と偽造が当たり前だが、確実に言えることは支那人(中国人)増加に一層拍車がかかり、支那での棄民政策イコール日本への支那人流入にさらに拍車がかかるということだ。

 もう北朝鮮が、支那がいつ崩壊するかといった楽観的観測は直ちに捨て去るべきであり、むしろ日本国がいつ崩壊するか(いつ支那人の日本乗っ取りが完成するか)を憂慮すべき段階に達して久しい。

 この支那・南北朝鮮などの周辺国と在日の支那・朝鮮人、それに与し様々な反日法案の成立を画策する民主党現政権はじめ極左過激派・人権派、日教組、部落開放同盟、暴力団組織そして前述の創価学会・公明党などは我々とは対極に位置する存在である。

 ではそれ以外ではどうか?
 保守と目された自民党はあの体たらくであり、そこからいくつもの保守系新党が派生し注目を集めてはいるものの前述のような周辺国からの脅威や日本国内の民族問題に言及し得ない政党なら、いかに優れた政策を掲げていようと真に我々の味方とは言えない。それらを支持する保守派団体然り。

 そして世論は先の衆院選においても、おそらく今夏の参院選においても民主党を信任することが濃厚な体たらく…。
 
 何よりも国民生活の向上と保護を使命・職務としている霞ヶ関の官公庁からして法務省などは率先的に外国人への門戸開放に勤しんでいる。現行の官庁も自治体も警察行政も「行動する社会運動」の観点からは到底、国民生活の保護・向上に立脚したものではない。
 やさしい警察だの人権重視だの、御題目は大いに結構だが、それが外国人をも対象とする(日本人差別する)とあっては何の為の国・社会なのか、日本人とは、日本国籍とは何の意味を持つのかと言いたくなろう。

 マスコミに至っては朝日新聞などの偏向マスコミからは袋叩き、産経など保守系と黙されるメディアは完全黙殺を決め込んでいる。

 伝えられるところによると、在特会らの行動については既存の右翼民族派勢力もさらに批難の向きを強めているようで、在特会の行動は「口汚い」、在特会の行動に参加する者らを「教化せよ」とまで述べる向きもあるようだ。

 話を戻すと「行動する社会運動」以外は「オール敵」なのが実状である。「日本国そのものが敵」と言い替えても過言ではない。
 つまり我々は世が世であればいつ斬り捨てられてもおかしくはないのである。 
 
 しかし、逆に言えば我々もまた「敵」である日本国に対して物理的な危害を加えることを目的としていない。「真の国益」「真の国民生活の保護」「真の安全」を実際的な行動において示そうとするがゆえに奇異・特異な存在として扱い、またカルト視する向きもあるにはあるが、前記した敵勢力の全てが一枚岩に我々を敵視し、弾圧を加えてくるわけでもない。

 からまで、からまで、からまで、現在の日本国は人権・人道また利益至上主義に狂奔するあまり門戸全面開放・亡国へまっしぐらだが、その中においても現状の価値基準とはまったく対極にある「排外的ナショナリズム」が芽生え、それが開花して正当な市民権を獲得する可能性は僅かでも存在するのである。

 先ごろ、「行動する社会運動」の提唱者で国民直接参加型運動のパイオニアである西村修平主権回復を目指す会代表は関東各地で反日映画ザ・コーヴの上映を阻止する抗議行動を展開し、実際に上映中止に追い込む成果を見た。
 その反発として文化人らが名を連ねる上映賛成派がシンポジウムを展開させ、マスコミでもそれらの動きが大きく報道されるに至った。その上映賛成派の働きかけを受けたためか、各映画館がザ・コーヴの上映を決定。

 …言ってみれば一つの島を占領するために攻め続け、それを実現したと思ったら周辺の島すべてを敵勢力に押さえられ包囲されたようなものだ。
 しかし、イルカ虐殺だのクジラ乱獲だの捏造によって日本人を貶める日本人への人種差別・偏見には猛然と怒りの声をあげるという排外的ナショナリズムの橋頭堡を構築することには着実に成功したのである。

 反日的な動きに対して抗議、それを「言論弾圧」と言い換える老獪・巧妙な情報操作が仕掛けられ、さらに反日的な動きが強まる…。
 だが、現状打破を目指す運動に対して敵勢力の妨害が出てこない都合の良い運動などない。敵からの攻撃に対して反撃、報復されてまたその応酬…。
 それが現状打破の運動、その繰り返しなくして国民・民族が強さと誇りを取り戻すことなどないのである。

 右派・保守派が盛んに口にする日本人としての誇りなど過去・先人の栄光にすがったものであり、外からの侵略を目の当たりに行動しない、戦わない者が口にする日本人としての誇りほど筋違いなものはない。

 西村代表が常々口にすること。それは「我々敗残兵(ゲリラ)はひたすら生き残る!」ということ。
 侵略行為に反撃してさらに強い報復を受ければ、時間をかけてでも大勢を整えてより強い反撃を仕掛ける。その為には生き残っていなければ意味がない。

 現状とは対極にある排外的ナショナリズムが移民問題に苦しむ欧州各国で台頭の兆しを見せているように、必ず日本でもそれが求められる時が到来するに違いない。
 自ら生きている間にそれが陽の目を見ることはないにせよ、それを次に繋ぐ為にひたすら生き残る。その思いを同じくする義勇兵の生存確認こそわが戦列(義勇軍)の見直しである。

極右の旗へ集え! 
応援クリック宜しくお願いします。


14b86164.gif








☆連続街宣! グーグルと虐日映画『ザ・コーヴ』

P1440612s
写真:21日の抗議街宣の様子
P1440613s
盗撮(盗品)を販売(上映)するシアター・イメージフォーラムは恥を知れ!

SS=ザ・コーヴ、グーグルの動画削除は日本人への人種差別だ
<偽装を凝らした毒物の販売に表現の自由を認めるな>

日時:平成22年6月23日(水)

(1)グーグル本社 11:30集合
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町 26-1セルリアンタワー 6 階
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&rlz=1T4SUNA_jaJP243JP244&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E5%8C%BA%E6%A1%9C%E4%B8%98%E7%94%BA+26-1&um=1&ie=UTF-8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E5%8C%BA%E6%A1%9C%E4%B8%98%E7%94%BA%EF%BC%92%EF%BC%96%E2%88%92%EF%BC%91&gl=jp&ei=07IZTOaQI83XcZmS-akK&sa=X&oi=geocode_result&ct=title&resnum=1&ved=0CBYQ8gEwAA
TEL: 03-6415-5200
FAX: 03-6415-5201
P1440615s

(2)シアター・イメージフォーラム
【住所】東京都渋谷区渋谷2‐10‐2 【電話】03(5766)0114
http://www.imageforum.co.jp/map.html

呼び掛け:主権回復を目指す会 せと弘幸Blog『日本よ何処へ』 NPO外国人犯罪追放運動

連絡:西村修平(090−2756−8794)

※雨天決行 プラカードの持参歓迎
P1440616s
P1440617s



Posted by samuraiari at 20:48 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのトラックバック
ユーチューブは使わなくなってしまったな・・。 口蹄疫の義捐金は↓からできるようになりました。自民党のHP経由での入手ですがそれでもよければどうぞ!! ☆お知らせ 上記画像については、 http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51541310.html参照。 S...
公務員採用人数の偏り【東京のばかやろーブログ】at 2010年06月23日 08:02
★ある自治体・・・ 首長が変わったら、予算が無いの理由で 終戦記念日の懇親会無し。老齢の方々の 送り迎えの福祉バスの廃止をした。 言語道断である。
国民が知りたいことを報道しないゴミ・・・!!!【母さんによる徒然・・・】at 2010年06月23日 11:34
この記事へのコメント
創価の問題だって、自民党が悪いんだし…

同様に本来、(いはゆる「保守」)は“民族主義”こそ強調されるべきなのだ。
ところが、自民党(及び派生)に見られる(いはゆる「保守」)とは、市場絶対のネオリベラル社会を守りたいだけだったのだ。
彼らは、平然と村山談話だって受け継ぐ。 戦後歴史観を絶対としておきながら、免罪符を得る為に“似非国防”を語る。
さらに近年では、一層リベラル化しているではないか。
なにが麻生だ、奴は紛れもない売国奴。 奴は“吉田体制”そのもの。 “軍事より経済優先”ということに軸がある。 クラスター爆弾禁止署名だってしてるぐらいだもんね…
奴は、“強い日本人”を否定してるんだよ!!







だいたい、今もっとも主張されるべきは排外主義だよ。
いはゆる保守が、“排外主義”という流れに沈黙してること自体が罪。
安全地帯から、指を指して“行動する運動”を馬鹿にしている保守。 そんな奴らに日本民族の命運を握らせないぞ。 今回、参院選で自民党は徹底敗北し、屈辱を味わえ。
本来ならば、率先すべきことをやらない。 腐った保守共に責任があるんだ!!

批判するのなら(排外主義を)、好き勝手だが、批判すればするほど自分自身が惨めになっていくだけだぞ。
Posted by ナルセ at 2010年06月22日 22:55
私は、民族主権を唱えているので、蟻さんの意見には非常に近似している考えです。排外的ナショナリズムという思想行動こそが次代を切り拓き、日本民族を救済する唯一の道だと思います。

Posted by けんぶつ at 2010年06月22日 23:02
排外主義ではない!とわざわざいっても、日本が好きと称したシナ朝鮮人につけこまれるだけ、シナ朝鮮人にもいいひともいると大量移民の宣伝に利用されるだけ。
Posted by たカメ at 2010年06月22日 23:46
ザ・コーブを名古屋で放映しようとしている大迷惑です。

名古屋シネマテーク
郵便番号464-0850
愛知県名古屋市千種区今池1丁目6-13
今池スタービル2階

電話052-733-3959
http://cineaste.jp/
名古屋市立図書館、偽、捏造、慰安婦展示会の時のようにに抗議活動すると放映中止になるのなら抗議活動したほうが良い。
(抗議の電話をしても反撃してくるし愛知県の極左セクトの宣伝の拠点)
Posted by 外国人不要 at 2010年06月23日 06:42
まったく同感の至りです。
一日中仕事で出掛けられないので、街宣に参加することが出来ませんが、
電話、メールぐらいなら出来ますので、
グーグル、アンプラクド、各映画館へ、猛烈な電話攻撃をさせて貰います。
電話で取引をしている仕事ですので、電話攻撃はお手の物です。
Posted by 怒れるサラリーマン at 2010年06月23日 10:06
ザ・コーブで橋頭堡を作っただの勝利だのかきつづづっているけど、結果から言えば目先のことしか見えない連中の大惨敗。
実際にニコ動のコメント反応でも内容は批判が多かったし、あれは公開そのものには異議をとなえず、「連中はこんなもんで汚い宣伝をしているんですよ」とすべきだった。
違法動画を見たから知っているとか公衆の面前でほざいた金友はその言葉の愚劣さ、行為の愚劣さもさることながら、
「俺たちは見ても洗脳されないが貴様ら一般人はあれを見たら洗脳されるから公開に反対するんだ」と宣言したに等しい。
その、自分たち以外をバカにした判断は金友のみならずこのブログ主にも言えることだ!
目先のことに右往左往する輩に、運動を率いていく資格なし!
もう少し考えて意見表明、行動しろ!
Posted by U酷 at 2010年06月23日 12:34
「ヤード」に一斉立ち入り 外国人犯罪拠点の疑い

 「ヤード」と呼ばれる郊外の自動車解体作業場の多くが、盗難車ビジネスなど外国人犯罪の拠点となっている疑いがあるとして、警察当局などは22日、古物営業法などに基づく立ち入り検査と、盗品等有償譲り受け容疑などでの家宅捜索を全国で一斉に始めた。
 立ち入りは約440カ所、捜索は宮城、埼玉、神奈川、新潟、警視庁、愛知、岐阜、三重、大阪、兵庫、福岡の11都府県警による計15カ所。
 外国人犯罪対策を目的に都道府県警が一斉に立ち入りや捜索を実施するのは異例。11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合を前にしたテロ対策も念頭に、実態解明を急ぐ。
 ヤードをめぐっては、盗難車の解体・密輸出拠点のほか、不法滞在者の隠れ家となったり、偽造外国人登録証や手りゅう弾を隠していたケースもあり、「テロリストの潜伏先となる可能性がある」(捜査関係者)とも指摘されていた。
 神奈川県小田原市などのヤードでは、県警が入管難民法に基づき立ち入り調査などをし、同法違反容疑でガーナ人の男(46)とイラン人の男(31)を逮捕した。


2010年06月22日火曜日
Posted by 自動車窃盗とヤード、テロリスト at 2010年06月23日 13:45
貴金属店のショーケースから高級腕時計などを盗んだとして、戸部署が16日までに、窃盗の疑いで、ペルー国籍の無職男(39)を逮捕していたことが分かった。同署は同日、男からの依頼で盗品の一部を質入れしたとして、盗品等処分あっせんの疑いで、厚木市山際、ペルー国籍の無職カスティージョ・ミヤシロ・アキラ・ミゲル容疑者(23)も逮捕した。
男は店員が別の客の応対などで目を離しているすきに、特殊な工具でケースを開錠したり、無施錠のケースを狙ったりしていたといい、被害総額は約850万円に上るという。
逮捕、起訴されたのは、座間市さがみ野1丁目、アルディレス・ブエノ・オダル・ウェンデル被告=公判中。
同署の調べによると、同被告は2005年8月から今年2月、横浜市緑区や藤沢市、相模原市や東京都内などの貴金属店6店舗で、ショーケースに陳列されていたルイ・ヴィトンやシャネルなどの高級腕時計やネックレス、ブラックダイヤなど計64点(販売価格計約850万円)を盗んだ、とされる。
捜査関係者によると、同被告は店員の少ない店を狙い、品定めするふりをしてケースの施錠状況を確認。錠を閉め忘れているケースから盗んだほか、金属工具を使ってわずか数秒で開錠していた。陳列商品をウエストポーチに入れ、走り去らずに堂々と店を後にしていたという。
同被告は盗んだ品を質入れしていたほか、知人に売りさばいていた。同署の調べに「妻の収入だけでは生活費が足りなかった。ペルーの家族にも送金していた」と供述している。
Posted by 貴金属強盗 at 2010年06月23日 13:55
>Posted by U酷 at 2010年06月23日 12:34

そう言うことじゃ無いと思うのだが、
日本人、日本文化を捏造してまで、貶め侮辱する表現を、
野放しにするなと言うことだ。
ザ・コーヴは、盗撮と言う人権侵害に抵触、マグロ解体シーンを挿入、デタラメ水銀毒データーを挿入するなど捏造、歪曲してまでの日本人、日本文化の侮辱、毀損は侮辱罪に抵触し、そのデタラメな映像表現は、民法90条の公序良俗に反する自由は認められないに該当するのだよ。

何でも観でも自由が認められている訳じゃないぐらい知ってるだろうよ。
Posted by ザコーヴ上映は法律違反、道義違反、犯罪だ at 2010年06月23日 15:02
5
移民と言うから分かり辛い、侵略者と言うのが相応しい。
侵略者は否定しなくては為らない、打ち据えて消し去らねば為らない、それが当たり前だと信じる。
Posted by 瓢 at 2010年06月23日 16:28
>Posted by U酷 at 2010年06月23日 12:34
仮にコーヴの肉牛版が(騙し撮りの上)豪州で上演されたらどうなるか?
自国の牛食文化・牛肉産業を侮辱され 豪人は怒るのが当然ではないか?

この問いは繰り返されたけれど 反日勢力からは一度も回答がありません
都合の悪い質問に 答えようにも答えれないとはこれ 
すなわち言論で負けたということではないでしょうか

あなたがたは言論を放棄し 上映という名の暴力に訴えようとしている
Posted by 三番茶 at 2010年06月23日 18:10
「訴訟・訴訟!!」には、ご用心!!!

2割そこそこの勝率でも、ドンドン訴訟を起こす創価学会。
オーム真理教も、全く同じ手口でした。

この日本では、真剣に国を憂うる人々には付いて回るリスク(脅し)です。

そして、最近台頭している《訴訟保守》は、要注意!!!

誘いに乗って、のこのこコメントなど書き込んだ日には、アドレスから
「2割訴訟」を起こされかねない。

心ある保守の皆さん、くれぐれもお気をつけください。
Posted by 《訴訟保守》にご用心。 at 2010年06月23日 19:19
保守の定義は色々とあるものだけれども、ひとつ大きなものとして国体の維持は保守で国体の否定は革新であることは間違いないことだと思うんだが・・・みたいな実の思想は国体の否定なのである。

これだと困った事に左翼である。

う〜ん右に行きすぎると左にゆくみたいだ。

その社会を完全否定するに近ければ近いほど、保守であるわけがなくなる。

ただ、言わしてもらえば国体とゆー観念自体の存在を消してしまえば【日本を愛する】気持ちが保守の最大の定義ではなかろうか?
元来がそーいったもんだと思う。
そーなれば、みたいな実は立派な保守である
=`・ω・´=ほしゅだすよ

日本は明治に入ると朝鮮人を日本人にしてしまう。
それからの日本は今に至るまでグダグダな社会を成立させてしまった。

明治の頃は戦争が強くてよかったではないかとゆー人もいるが、んなもんは江戸時代までの貯金であるのは明確だ。
戦争が一朝一夕で強くなるわけなかろう。

この国体が間違ってた事は今現在の社会を見れば一目瞭然である。

日増しにおかしくなってゆく。
だんだん、日本ぢゃなくなってゆく。
変えなきゃ駄目なのだ。



Posted by みたいな実 at 2010年06月23日 20:10
ヤードの外人は、とりあえず逮捕されたし報道もされました。

刑事弁護人 51 を検索するとご理解頂けると思いますが
愛知県刈谷市の派遣会社や刈谷商工会議所は、
ブラジル人従業員が逮捕され有罪が確定しても
仕事はまじめにやるので解雇せず、
刈谷市は犯罪者ブラジル人であふれかえるのでした。
(この事件テレビ、新聞、週刊誌にもブラジル人の逮捕情報載らず)
Posted by 愛知県刈谷市泉田町 at 2010年06月23日 23:03
みたいな実さん、おはようございます。
>この国体が間違ってた事は今現在の社会を見れば一目瞭然である。

この「政体」・・・戦後民主主義体制・・・と言うべきではないですか?
たかが60年の自由・平等の「世迷いのアダ花」が「民主党」でしょう、立派に咲きました。
米印自民やシナチョン製民主が、わが日本の国体を具現している訳がない。

危機的状況下では、真の「保守」は「保攻」であらねばならないのです。
日本を守るために、日本の国体を十全に回復するために。

「攘夷」の気概なくして、保守たり得ません。
Posted by 山桜 at 2010年06月24日 10:09
(・ω・)/こんぬつわ 山桜さん。

みたいな実は10日くらい前に秋田の玉川温泉行ってきたのだ。
山奥にあるんだけど、そこらの山がいまだにコブシの花が咲いてたよ(早春に咲くヤツ)。
山桜もつぼみから2・3分咲きくらいだった。
今頃、満開かも。
う〜ん寒いんだねえ、今年は異常気象なのである。
玉川温泉って知ってる?
有名だよね、夜中に到着して、車中泊まりして開店を待ってたんだけど、岩盤浴は24時間営業だった(しかも無料)。
失敗したなあ、情報不足であったのだ。
ここは岩盤浴もかなり有名らしいよ。
デカいのなんのって、敷地内全部岩盤浴な感じだたーよ。


>この「政体」???戦後民主主義体制???と言うべきではないですか?

残念ながら、みたいな実は国体を否定してる人なのである。
かといって、共産主義者でもなければ社会主義者でもないのである。
日本は戦前からおかしかったと思ってるのである。
だって、戦前時代に朝鮮併合して朝鮮人を日本人にしちゃったんだよ。
いらないよ、朝鮮人なんて。
日本人にとって、こんな迷惑な話はあったもんぢゃない。と思ってるのである。
これは、この国体の最大のミスリードだと思う。

戦後は切り離されただけマシな体制だと思ってるくらいなんだ。
ただ、最近はまた不穏な空気になってきてるけど・・・。
その不穏が100年前に現実に興ってたのである。
くわばら くわばら
Posted by みたいな実 at 2010年06月24日 19:11
●「ザ・コーヴ」問題とは?

「ザ・コーヴ」問題とは「表現の自由」の問題などではない。「表現の自由」以前にこれは「犯罪行為摘発」の問題なのである!

映画「ザ・コーヴ」とは、犯罪者による、犯罪を目的とした、犯罪的手段によって創られた「犯罪行為」そのもの、なのである!

シーシェパードという外国のテロリスト組織、すなわち犯罪組織が企画、製作し、
日本の、和歌山県の太地という伝統あるイルカ猟、鯨猟の町を誹謗、中傷して名誉毀損することを目的に、
騙し撮り、そして盗み撮りという犯罪行為によって製作された、
まさに「犯罪」の集大成であるのが、ドキュメンタリー映画と体よく装ったこの「ザ・コーヴ」なるものの正体であり、この問題の本質なのである!

もし、麻薬シンジケートや売春シンジケートという犯罪組織が、「麻薬は楽しい、麻薬はハッピーですよ!」とか「売春は楽しい、売春はハッピーですよ!」という麻薬、売春を広めるためのキャンペーン映画を、エンターテインメント性を盛り込んだドキュメント映画と巧みに偽装して製作し、これをドキュメンタリー映画と体よく装って、世界中で一般公開して上映させようとしたらどうなるか?

これが「表現の自由」になるのだろうか?
まともな国ならば、その政府、当局が「犯罪の流布」として「上映禁止」命令を出して上映を差し止めさせた上で、この映画の製作者たちを摘発して逮捕しようとするだろう。

これが「まともな常識」というものである!

この「ザ・コーヴ」なる映画とは、まさにこうした類のものなのであり、とてもまともなドキュメンタリー映画などというシロモノではない!


Posted by 松本英志 at 2010年06月24日 22:26
もしも、本当にイルカ猟鯨猟の是非を問い、イルカ、鯨の保護を訴えたいという主旨のドキュメンタリー映画を製作しようとしたのならば、イルカ猟鯨猟に反対している人間たちの見解だけではなく、イルカ猟を行っている太地の漁師たちにインタービューして、彼らの意見、考え方というものも十分に聞き、相対立する双方の意見、考え方というものを対比させて見せることで、その映画を観る観客たちにその是非を問い掛ける、という構成でなければならないことは論を待たないであろう。

また当然に、太地のみではなくイルカ猟の行われている日本の各地、また、世界各地のイルカ猟というものを網羅している、という構成でなければならない。

ところが、この「ザ・コーヴ」は終始一貫、イルカ猟鯨猟は「悪」と一方的に決め付け、しかも日本の、それも和歌山県の太地町だけに的を絞り、太地を「イルカ虐殺の悪の地」として一方的に糾弾する、という完全に一方的な姿勢を貫き、しかも映画の製作手法は騙し撮りと盗み撮り、という唯一、犯罪捜査の場合のみにそれも捜査当局だけに許される非常手段を、犯罪でも何でもない合法的な漁業を行っている漁民に対して、しかも犯罪捜査の権限を持っているわけでもない単なる外国の民間団体が行使する、という逆に行った側が「犯罪行為」として摘発の対象とされるようなことまでして撮影し、完成させた映画なのである!
しかも、この映画の企画と、製作の主体は、既に世界各国の捜査当局からテロ団体として認定されている「シーシェパード」なのである!
Posted by 松本英志 at 2010年06月24日 22:27
まさに犯罪組織による、特定の人々に対する誹謗中傷と名誉毀損、さらには漁業という生業に対する業務妨害という生存権に関わる人権侵害までをも行う犯罪を目的とし、さらには犯罪捜査の場合のみにそれも捜査当局だけに許される目的詐称と隠し撮りによる映像撮影という民間人が行えば「犯罪」となる手法を使って撮影し製作する、というまさに犯罪行為の集大成、それも外国人の団体による犯罪行為そのものであるものが、この「ザ・コーヴ」なる映画の本質的な問題、なのである!

つまり、これは本来ならば日本の政府、当局が「犯罪行為」として摘発の対象とすべきものなのであり、行政命令か裁判所の司法命令として「上映差し止め」を命じた上で、この製作者たちを摘発して処罰すべく動き出す、という類のものなのであり、「表現の自由」か否かなどというレベルの問題ではないのである。

ところが、あきれたことに現在の日本の政府、当局、そしてマスコミやジャーナリスト、文化人と称している人間たちは、これが「犯罪行為」であるという認識すら持つことができないほどに、その認識力が退化しているのである!

犯罪者が、犯罪目的で、犯罪的手段によって創った「犯罪行為の集大成」である「映画作品」と称しているものを、何と「表現の自由」を守るべきだとして、有料で劇場公開して一般の観客に見せるべきだ、と主張し擁護しているのである!

こんな「表現の自由」が認められるならば、麻薬シンジケートや売春シンジケートといった犯罪組織が製作した麻薬、売春拡散のための宣伝フィルムも、立派に「表現の自由」の対象となって、堂々と有料で劇場公開できることになってしまうだろう。

もはや「公序良俗」もクソもあったものではない。
Posted by 松本英志 at 2010年06月24日 22:28
現在の日本人というのは、やっていい事と悪い事の区別も、それが犯罪行為であるか否かの判断すらもできなくなっているほどに、そのモラルも社会認識も退廃し、精神が退化しているのである!

こんな状態だから、犯罪者が大手を振ってのさばり、それどころか犯罪者を取り締まろうとした警察官が逆に訴えられて裁判にかけられ、凶悪犯罪者を阻止しようとしてやむなく発砲し、相手を死傷させた警察官が犯罪者の親族から告訴されて、逆に刑務所行きになろうとしている、という本末転倒が公然とまかり通っているのである!

支那人、朝鮮人を始めとした外国人凶悪犯罪者の横行、不法入国不法残留者の居座り、そしてそんな連中を「キレイゴトのいかさま論法」を駆使して盛んに擁護したがるマスコミや文化人、そして政治家や官僚、裁判所という公権力の場にいる者たちにまで、精神の腐敗と堕落、退廃が横行しているからこそ、この「ザ・コーヴ」なる「犯罪」もまた、「表現の自由」なる「キレイゴト」の口実の下で日本で大手を振ってまかり通ろうとしているのである。

外国人による凶悪犯罪、不法入国不法残留という犯罪の横行と、それを盛んに擁護したがるマスコミや文化人、政治家や官僚、裁判所という公権力の場にいる者たちの精神の腐敗と堕落、退廃は、まさにこの「ザ・コーヴ」問題と完全に通底している(つながっている)のである!

この「ザ・コーヴ」を「表現の自由」の名の下に上映させようとしている者たちとは、まさに「犯罪の擁護者」なのであり、現在の日本人の腐敗、堕落し、退廃した精神の現れそのもの、なのである!
Posted by 松本英志 at 2010年06月24日 22:28
5
各位 ご意見ならびにTBを有り難う御座いました。
非常に醜いコメントをくれた「U酷クン」への反論を例に、社会運動かく在るべきかを説きましょう。

>結果から言えば目先のことしか見えない連中の大惨敗
目先のことしか見えないのは映画公開による弊害を考えない君のほう 今後、ザ・コーヴより酷い映画が製作・公開されることが予想される。その度に行動する者を批判することに終始するつもりか? さしずめ君は殺されるその瞬間まで何にも気付かないし行動も起こせない。

>実際にニコ動のコメント反応でも内容は批判が多かったし、
>あれは公開そのものには異議をとなえず、「連中はこんな
>もんで汚い宣伝をしているんですよ」とすべきだった。
どうせ批判するなら映画館前でやるべきだろうな。製作・配給サイドにとっては映画への賛否などどうでも良くて、収益になるか否かが問題。わざわざ奴らの収益に貢献してやる必要はないでしょう。ザ・コーヴのような映画が出来上がる度に、それこそ汚い商売を増長させますよ。
Posted by 管理人 侍蟻 at 2010年06月27日 00:05
>違法動画を見たから知っているとか公衆の面前でほざいた金友は
>その言葉の愚劣さ、行為の愚劣さもさることながら、「俺たちは
>見ても洗脳されないが貴様ら一般人はあれを見たら洗脳されるから
>公開に反対するんだ」と宣言したに等しい。

君の言葉こそ愚劣だよ 誰もが実は分かっている。しかし、誰も行動しないから行動によってザ・コーヴのような映画上映が望ましくないことを説く必要がある。君こそ「一般人」だのと人を見下すな!

>その、自分たち以外をバカにした判断は金友のみならずこのブログ主
>にも言えることだ!目先のことに右往左往する輩に、運動を率いていく
>資格なし!もう少し考えて意見表明、行動しろ!

君はいい加減に屁理屈考えるのをやめて行動すべきだな。自分だけ高みにのぼったつもりで高所から批難するだけの輩にモノを言う資格なし
Posted by 管理人 侍蟻 at 2010年06月27日 00:06