2011年04月28日

日本の治安崩壊…

侍蟻を応援クリック! 
応援クリック宜しくお願いします!


不当判決だ! −血税から支那人凶悪犯の遺族へ賠償−

司法自ら警察官の法に基づく職務遂行を否定する偏向裁判!

110428_1438~01

 つくづく、この裁判の行く末は分からない。

 平成23年4月28日、東京高裁第424号法廷(裁判長:前田順司)で奇妙奇天烈、不可解な判決が下された。

 5年前の平成18年6月23日、栃木県上都賀郡西方町真名子で警察官に凶器を持って襲いかかった支那人(中国人)の男が死亡。その遺族が栃木県を相手に5千万円もの賠償請求訴訟を起こしていた民事裁判で、遺族である妻と子供3人に対し一人頭255万円合計1020万円の賠償命令を下したのである。

 死亡したのは事件当時38歳の羅成(らせい)。外国人研修生として来日し岐阜県内の会社に勤めていたものの失踪し、栃木県内を徘徊して警察官の職務質問を受けた事件当時は不法滞在者であった。
 仮にこの時、不法滞在が露見して摘発されたとしても、大人しく捕まっていれば入国管理局への収容を経て母国に強制送還されるのみで済んでいたのである。

 それを職質から逃れるため、県警の平田学(ひらた・まなぶ)巡査に対して殴る蹴る、押し倒す、引き倒す、引き回すなどの暴行を加えた上、平田巡査が携行していた拳銃を奪おうとした挙げ句、逃げ込んだ民家の庭先で石灯籠を振りかざし、再三にわたる警告を無視して凶器を平田巡査の頭上に振り下ろそうとしたのだから撃たれたとしてもやむを得ないだろう。

 撃たれて自業自得、死亡して自業自得で、日本人なら身内がこのような凶悪犯罪を起こしたとしたら仮に本人が死亡していたとしても恥ずかしくて人前には出られない、まして発砲した警察官や自治体を相手に訴え出るなどということは常識で考えれば想像にも及ばない。
 その想像にも及ばない厚顔無恥なことでも平然とやってのけるのが支那人や朝鮮人、また人権派と称される反日弁護士らのメンタリティなのである。

 それにしても波乱の連続であった。

 最初、遺族らは訴訟代理人の鬼束忠則・日隅一雄らを通じ、平田巡査を「特別公務員暴行陵虐致死罪」で宇都宮地検に刑事告発したのに併せ、民事賠償請求訴訟に及ぶ。
 宇都宮地検の判断は不起訴。民事でも宇都宮地裁の一審判決は原告側(支那人凶悪犯の遺族)の訴えを全面棄却。

 しかし、刑事告発の不起訴を不服とする遺族の「不審判請求」を宇都宮地裁が容認し、一転して平田巡査は刑事裁判で罪を問われることに。併せて民事でも控訴。

 先の2月10日の判決では所謂「付審判裁判」で検察官役を担った弁護士(裁判所が指定)の起訴内容をことごとく否定する形で「120%の無罪判決」が言い渡されており、民事・刑事両裁判の一審で完膚なきまでに平田巡査の正当防衛と職務遂行の正当性が立証されたにも関わらず、5千万円には届かない5分の1とはいえ約1千万円を栃木県民の血税から支払えとする極めて不可解な判決が下された。

110428_1439~04 法廷で判決の言い渡しを終え、閉廷間際に一貫して警察官の発砲を支持する街頭行動を展開してきた市民団体『主権回復を目指す会』の西村修平代表が激しく憤り、その怒声が法廷内に響いた。

「不当判決だ! 裁判官個人が死亡した支那人凶悪犯の子供らに対して『可哀想だ』『何とかしてあげたい』といって自分のポケットマネーから出す分にはいくらやってもらっても構わないが、これでは国民はますます司法というものに信を置けない! あの前田順司という裁判官は俺の抱えている訴訟でもそうだけど、こんな不可解な判決ばっかり下している、ロクでもない偏向裁判官だ!」

 今後、栃木県側は控訴に踏み切り最高裁で民事上の争いが継続されるものと思われるが、無罪か有罪かのシロクロを問うて覆る可能性の低い刑事裁判と異なり、幅のある民事において原告側(支那人凶悪犯の遺族)に配慮した司法判断が下されたとしたらやる瀬なく、その爪痕は深い。

 現在、法に基づく拳銃使用に及んだ警察官が国民の生命・財産を守った英雄として表彰されるどころか、逆に刑事裁判で罪に問われるような事例が全国的に起きている。
 奈良県では車上荒らしの犯行に及んだ末、制止命令を無視して危険運転での逃走を企てた在日朝鮮人容疑者に発砲し、これを死亡させてしまった警察官、萩原基文・東芳弘両氏が特別公務員暴行陵虐罪どころか「殺人罪」に問われている。

 まるで警察官が各地で凶器を手にテロ行為を繰り広げているかのような扱いだが、凶悪犯に立ち向かうために国民の血税で貸与され、携行している銃器を使うという国家社会の道理は大人でなくとも分かり得ることなのに、本末転倒なことが司法で繰り広げられているものだ。

 これまで支那人はじめ外国人犯罪者の間では「日本の警察官は発砲しないから出来るだけ抵抗して逃げろ」が合い言葉であったとされるが、それが司法において改めて立証されてしまった。

 裁判の終了後、街頭演説活動のため東京高裁前に集まった我々の周辺にいた警視庁関係者の誰もが賠償命令の判決にショックを隠し切れなかったのか、いつもと様子が異なり、固まって何事かを話し合うミニ会議の後も終始、表情を曇らせていたのが印象的であった。


110428_1439~02
110428_1440~01

 事実上、逆転での大敗訴を受け、警察の姿勢にも深刻且つ甚大な影響を及ぼすのではないか。おそらく世界で最も拳銃を使用する頻度の低い日本の警察はますます拳銃使用を制限・制約された風潮に支配されるだろう。

 それでも発砲に及ばざるを得ない時がある。それが違法だと言うなら、世間に道理を問えば良い…これまで我々はそのように主張してきたが、その道理を問うた結果が今回の判決である。

 外国人犯罪者はもとより外国からも侮りを受けることになる治安上の足枷となった今回の裁判を受け、警察組織がどこまで一丸となって外国人犯罪という脅威に立ち向かえるか、どこまで日本の官民、日本国そのものが一丸となって外国人の凶悪犯罪に立ち向かえるか、それが今、問われている。

110428_1439~01
 
侍蟻を応援クリック! 応援クリック宜しくお願いします!

−−− −−− −−− −−− −−− −−− −−− −−− −−−
title02




☆署名活動のお知らせ

【第6回街頭署名署名活動・有楽町】

平成23年4月29日(昭和の日)午後2時から5時まで
【場所】東京・有楽町、有楽町マリオン前に集合し、他団体などがマリオン前を使用している場合は、近隣に移動する予定です。

【連絡先】事務局 渡邊昇 携帯090−8770−7395


パチンコ節電の戦い!

http://trygoojuy.web.fc2.com/jndp-01patinkosetudenyookyuu.htm

−−− −−− −−− −−− −−− −−− −−− −−− −−−

インターネット有害・違法サイトの通報が過去最多!

アングラ化の温床を絶て!
 
no_2ch_0

侍蟻を応援クリック! 応援クリック宜しくお願いします!


Posted by samuraiari at 19:54│TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
警察官 刑事告発・賠償請求問題 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/samuraiari/51733251
この記事へのコメント
信じ難い判決。これでは警察官が適切な職務遂行が不可能。犯罪がペイする社会が到来した。愛国者は勝手に自衛策を講じよう。
Posted by 問題解決 at 2011年04月28日 20:27
5
裁判官なんてものは、この学歴社会のトップが着く職業です。つまり、自虐教育を一番理解している歪な人達なので、まともな思考を持っていると期待するだけ無駄でしょう。

今回の裁判は不審判請求を宇都宮地裁が受け入れての裁判です。これはとんでもない配慮です。中国人を勝たせる為の裁判としてハナから用意された裁判だったと言っても過言ではなかったと思います。

日本人として受け入れがたいです。
Posted by みたいな実 at 2011年04月28日 20:47
お久しぶりです
朝日新聞が喜々として支那人の逆転を書いていたのでまさかと思いましたがやはりこの事件でした…


狂ってるとしか言いようがない判決ですね
左?(というよりもはやただのキチガイ)と在日や特亜人は歓喜しているでしょう…
この国にはマトモな感覚すら失われてしまったのか というよりキチガイの左巻きどもの目指すものに近づいていっているのか
…本当に憤りしかありませんね こんなの絶対間違ってると思う

治安の崩壊、野蛮な特亜人のやりたい放題が急速に悪化していくのが何故わからない…

有門さんはこの事件に関しての街頭活動を一生懸命取り組まれていたからこそ悔しさもあると思います ですが諦めずに今後とも排外運動を頑張って下さい
Posted by 多文化強制 at 2011年04月28日 20:56
この判決・・・何か尖閣諸島の漁船事件の時と同様 後ろで仙谷由人官房副長官が関わっていないだろうか?? 小生のバカな推測かな・・・ 
Posted by ネオ東條英機 at 2011年04月28日 21:06
5
この前田と言う裁判官こそ職権乱用の罪に問われて然るべきです。警告なしに発砲したのが違法とか言ってるそうですが、正当防衛や緊急回避の場合に、警告する義務とか暇があるんでしょうか?警察の職務遂行を妨害し、必要のない義務を押し付ける不当な判決です。もしやりすぎだと言うなら警察官がシナ人の暴力によって死ぬことはなかったと裁判官が証明すべきです。
Posted by nk at 2011年04月28日 21:39
こんな時に、とは思いましたがこれは酷い。
日本は終わってるな。

もう福島原発の再臨界を切望する。
日本は浄化されるべきだ。

放射線による被害者は、罪人。
因果応報の悪因悪果でしかない。

いっそ爆発して日本中の支那朝鮮人を殲滅して欲しい。
Posted by 名無しさん? at 2011年04月28日 21:46
ええ〜?
警官が凶悪犯罪者を射殺するのは悪い事、っていうのが裁判所の見解なの〜?
昔から思ってますけど、高裁や地裁の裁判官を弾劾出来る法整備が必要ですよね
というかこんな判決が罷り通るようじゃ、裁判所なんか要らないですよ、法治国家にとって有害な存在です
Posted by 通りすがりの支持者 at 2011年04月28日 21:50
昭和27年4月28日を想い 今朝はベランダに日の丸をかかげて意気揚々と仕事に出かけましたが こんな判決にあうとは予想もしていませんでした 日本人は水鉄砲で身を守れとでもいううのか
Posted by 三番茶 at 2011年04月28日 22:37
こういう時って苦情はどこに言えばいいの???
東京高裁?
Posted by 千葉県民 at 2011年04月28日 22:55
抗議先は
仙谷由人官房副長官が 良いのでは 沖縄地検の例もあるし 良くも悪くも現内閣の最高実力者
Posted by ネオ東條英機 at 2011年04月29日 00:27
警視庁の公安部のダンナ方は 修平さんや有門さん達しか 支持者が居ないのを さびしく思わないのかな? 
警友会などOB組織を 動員して抗議するのが仲間ではないか
外国なら 裁判所に警察官達が抗議に押しかけるであろう
Posted by ネオ東條英機 at 2011年04月29日 00:58
悔しいです.
Posted by 00 at 2011年04月29日 07:57
今回は高等裁判所の判決である、ここは上告して最高裁判所の判決を待とうではありませんか。
必ずや正義が勝つと確信しています。

その為にも、西村修平さん、有門さん達の大きな声が支えになると思っています。
Posted by 不当判決 at 2011年04月29日 08:06
この撃ち殺されたシナの糞野郎は、犯行がシナであったら、
死体もその辺に捨てられるか見せしめにされて廃棄処分されるカスだ。
一円(シナであれば一元)の価値もない、ただの「凶悪犯罪者」の一味に
日本国民の血税をやる必要はない。
それにしても日本には国賊が多すぎる!!
Posted by 怒り!! at 2011年04月29日 10:08
昭和の日おめでとうございます

問題解決さま:
>これでは警察官が適切な職務遂行が不可能

本当に情けないですね。宅間守という怪物を作り出したのも戦後の司法制度だと思っています。この危険をどう周知したらよいのか・・・

有門さま:
本当に残念な結果です。でも皆さまの裁判所前での啓発活動にはいつも感謝しています。こんな判決がでていることを普通の日本人は知らない。こんな状態は放置できない

Posted by iza snowdrop at 2011年04月29日 16:39
山菜のタラの芽で有名なタラの木はトゲトゲで身を固めています。他の動物に食べられない為にとなってます。

タラの木は荒れ地や皆伐した山や造成地に生える木です。つまり、初期の植生を形成する植物となります。
目立つ場所に生えるので動物達のターゲットに成りやすいですが、トゲトゲで身を守るのです。

これら初期の植生の草木は次の植生の草木が成長するまでの命です。また、次の植生もその次の植生の為となるべく存在します。植物は全て自己犠牲の中で一個の生命活動をおこなってます。

乾いた荒れ地を好むタラの木は太陽をこよなく愛します。タラの木よりも背の高い次の植生によって太陽の光がタラの木へと届かなくなれば生まれて来なくなります。ω・´自然の理は偉大なのです。
Posted by みたいな実 at 2011年04月29日 18:25
裁判官に「裁判所とは治安の司法面での担い手」という意識が欠けているのではないかと思わせる判決ですな。
警察権執行者に眼前の犯罪者の家族にも思いを馳せよと云わんばかりの本判決は対峙者に「死ね!お前らの家族の事なんぞ知った事か!!!」と言うような態度を裁判官が取れば現場の警官等の士気を大いに削ぎ、最悪殉職警官の山(中村橋派出所事件二警官のように殺害され、挙句の果てに拳銃を奪われる)を作り出しかねない危険性を孕み、警告を義務付けられては治安崩壊・被害者(遺族含)泣寝入・犯人天国の悪夢の三拍子が日本を覆ってしまうでしょう。
Posted by 特亜消尽 at 2011年04月29日 20:57
>山菜のタラの芽で有名なタラの木はトゲトゲで身を固めています。他の動物に食べられない為にとなってます。

ω・この部分なのですけど、実は食べられちゃうのです。
ω・←これとか鹿とかにも食べられちゃうんです。以前、山にお仕事行ってたときに鹿が二本足でたちながら上手にタラの芽食ってました。そこらへんにウンコもいっぱい落ちてました。
タラの芽群生地帯で鹿のウンコがいっぱい落ちてたら、人が採っていったんぢゃなくて鹿が食っていった可能性もあるんだとそのときに発見しました。
ちなみに以前、木こりの先輩に聞かされた事があるのですけど、ここら辺の山菜は人ぢゃなくて動物に食われて無くなっちゃったんだよ!と。そのとき、う〜んなるほど、何でも人のせいにするもんぢゃないなと思いました。

ω・う〜ん、それにしても日本国民防衛党 党首 祭山 隆志さんの植物に対する見識の深さに脱帽である、素晴らしい内容のメールをいただきまして・・・大したものです。

Posted by みたいな実 at 2011年04月29日 21:11
有門氏やここに集う方々には、残念なことに全く通じないことは解っている。
有門氏やここに集う方々には、福島の子供などどうでもいいのだろう。

だがシツコクも書き続けていた。
どうやら原発事故は、ここに集う方々の国の話ではないようだ。

小佐古参与「官邸の対応場当たり的」と辞職届
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110429-00000571-yom-pol

記者会見した小佐古氏は、辞任理由について、「今回の原子力災害で、官邸の対応はその場限りで場当たり的だ。提言の多くが受け入れられなかった」と語った。
具体的には、政府が示した年間20ミリ・シーベルトという小学校の校庭の利用基準などを挙げ、「この数値を小学生などに求めることは許し難い」と指摘した。

手遅れということだと思う。
まあ、ここの皆さんにはまるで関係ない国のことだと思う。
私は、自分の国のことだからどうあってもあきらめられない。
日本の未来を担う子供達を救いたい。

Posted by 名無しさん? at 2011年04月29日 21:25
名無しさん?さん
とりあえず、あなたが何かしら具体策を打ち出して牽引する事を先決にするべきではないでしょうか?ブログの非難をしてるだけでは説得力に欠けます。

皆さん、誰だって何とかしたいと思ってますよ、でも具体策なんてものはなかなか思いつかないです。とりあえず、何が出来る事か何が出来ない事かを考えて被災地の子ども達に有意義な事は何なのかを考えましょう。

政府でやるべき事以外でも民間でやれる事はいくらでもあるはずです。

Posted by みたいな実 at 2011年04月29日 22:02
名無しさん?へ
本日 有門さん達のパチンコ節電署名運動に行き署名し話をしてきました 少しでも柏崎刈羽の休止中の原発の再稼動を遅らすきっかけになると思いますよ これだって これ以上原発事故を予防することに なりませんか?

福島の子供達を自宅で 山村留学のように引き受けるのも良いと思いますが
受け入れ校がなければ 無理かも・・  

 
Posted by ネオ東條英機 at 2011年04月29日 22:40
アフリカの難民の子でも見ての感想のようだ。

「政府が示した年間20ミリ・シーベルトという小学校の校庭の利用基準」
これは自国民を政府が殺すという意味。

「有意義な事は何なのか」こんな感覚でモノをいうこと自体が人ごとだと感じる。
あなた方にとって、フクシマは外国にあるかのようだ。
Posted by 名無しさん? at 2011年04月29日 22:47
名無しさん?さん。
でも、残念ながら実際人事であるのはあなたそのものですよね、色々と云われるだけで実際は何もなさってないわけですし、それでも繰り返し何か出来ないか何か出来ないかと言ってるだけでは人のふんどしで相撲をとる事しか考えない既存の政治屋さん達と同じ性分でしかないですよ。

Posted by みたいな実 at 2011年04月29日 22:56
>ネオ東條英機

有門さんは、柏崎を再稼働に反対ではないでしょう。
その旨は、こちらで説明されたと思う。
せとさん、西村さんと、有門さん、金友さん、在特会とはこの件では考え方が違う。
現に、本日の東電エリア伝記使用率は91%で相当ヤバい。
有門さん、金友さん、在特会は、原発の維持を表明している。

有門さんは、吐いた唾を飲まない、もののふである。
この件に関しては、拝外共々考えを変える必要などない。

Posted by 名無しさん? at 2011年04月29日 22:57
自分個人でできることはヤッているよ。
ただ、ままりに多くの国民がこの件に関して危機感が無い。
ここに集まる人は、同じ様に感じていると勘違いしていた。

しかし、巷の人たちと同じだったということ。
結局のところ「ただちに影響はない」から後回しということ。

もういいや、民主党が政権政党をとった時から、
既に日本は終わっていた。
いや、もっと前から終わっていたのかもしれない。

平和ボケした国民は救いようが無い。
Posted by 名無しさん? at 2011年04月29日 23:05
>有門さんは、吐いた唾を飲まない、もののふである。
この件に関しては、拝外共々考えを変える必要などない。

^・ω! 名無しさん?さん。それならば、排外がどうの!とか原発がどうの!とかもあなた自身も言うのを控えるべきぢゃないでしょうか?
つまり、考えを変えるなと他人に言うくらいならば自信もそうあるべきでしょう。
とどのつまり、もう言う事がわかりきってる事なので、今更、言うな!となる。

あなたの思い描いたとおりとなってしまったら、読者は進展の無い水掛け論を見せられるだけになってしまいます。

そんな状況は辟易するだけですよ。
必要に応じた柔軟な対応が説得力を作り出す事ができるのです。

状況に応じて原発必要論不必要論が出てくるのは必然的な事象です。
Posted by みたいな実 at 2011年04月29日 23:11
>ここに集まる人は、同じ様に感じていると勘違いしていた。
>ただ、ままりに多くの国民がこの件に関して危機感が無い。

日本人ならば大抵の皆さんは関心ありますよ、ただ、政府の流す情報が滅茶苦茶なので、自信の思考行動を形成するための材料にするには乏し過ぎて期待が出来ないでいるのです。

それと、ここに集まる人を同じように感じてたと言うわりには非難的な発言が多いと思います。でも、同じだと思いますよ原発問題でゆれても、あなたにもみたいな実にも誰にしても原発問題の本質を今、変える事は出来ないですからね、悔しがってる事しか出来ませんよね。実際に。
Posted by みたいな実 at 2011年04月29日 23:21
そして自分も平和ボケだったことが解った。

生まれた時からぬるま湯につかっているから、
熱湯の熱さも、氷水の冷たさも解らない。

これから先、日本も殺伐とする。
貧しくなり、悲観のあま狂人化する輩も増えるだろう。
自殺者、失業者、犯罪者の増加。女、子供が夜出歩けないような街。
そして、放射能汚染により人生を奪われた人たち。

いろんな意味で強くないと生きられない世界。
それはそれで仕方ないし、それほどわるいものでもない。
Posted by 名無しさん? at 2011年04月29日 23:22
5
数年前、細木数子が「日本は平安時代末期の羅生門の様な世に陥り、世が荒れ果て腐敗没落混沌化する」という様な予言をしていたが、ピッタリ的中しそうですな。
Posted by 支那殲滅 at 2011年04月30日 02:01
細木数子せんせい また テレビ復活??? しそうかな
Posted by ネオ東條英機 at 2011年04月30日 02:30
結局、あなたは行動で示しあらゆる困難に立ち向かう。
口先だけの私と違って、あなたは英雄だ。

もうテロしかありませんかね〜?
勝手に先代達が作り上げて押し付けてくる法律などに従う必要もなし。
Posted by 血盟団の末裔 at 2011年04月30日 12:48
>>もうテロしかありませんかね〜?

NATOによる空爆依頼--臨時政府樹立-----辞めることも無く、辞めさせることも出来ないのか?死の灰を散布中の官邸引きこもりの死民運動家を複数の精神科医が「至急入院させないと国家、国民を傷つける可能性が有り」と診断し、都知事が承認すれば強制入院させられるそうだが。
http://ameblo.jp/kashim007/entry-10836500605.html
Posted by 空爆依頼 at 2011年05月01日 12:34
3
各位 たくさんの熱烈なご意見を有り難う御座いました。


>名無しさん?

優先順位として福島原発こそ国家にとって喫緊の難題ですが、一個人として私ではどうしようもありません。
震災に関わる電力問題も然り、現状でも国家社会にとっての難題は多岐・広範に及びます。
目の前にある事柄に、手の届く範囲から取り組んでいく以外にありません。
栃木県の「発砲」裁判によって日本の治安状況は「崩壊」という表現に表わされるように、反日勢力によってますます殺伐なものになりつつあります。対するこちら陣営からも殺伐としたものにするよう働きかける以外に解決法はないんですよ。
貴方は貴方が出来ることから、私は私がやるべき事柄から、共に取り組んでいきましょう。
次回からコメント欄の論旨を別方向にもっていくことを意図した投稿は大変申し訳ないのですが、削除させて頂きます。
Posted by 有門“排外”大輔 at 2011年05月02日 03:10