2012年03月31日

「帰化人」体制が謳う共生社会

極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします!

 国会内が騒然…としたかに見えた消費税アップをめぐる対立激化(?)は案の定、早くも終息の気配を見せている。

 その間、僅か一日足らず。

 代表の亀井静香と所属議員らの対立は溝が生じたまま「同居」が伝えられ、元民主党代表の小沢一郎グループに至っては何人が辞表提出…などとセンセーショナルに報じられたものの総体的な気勢は上がらず、逆に小沢の凋落を示す結果に。

 消費増税法案の採択という切迫した事情があるため、双方が焚きつけた対立構図の演出を早めに切り上げる必要があったのだろう。

 議会政治は一事が万事この調子。どんなに売国法案だろうが危険法案だろうが、国民生活を圧迫・破壊しようが、だからと言って議員を辞してでも阻止しようという者は1人として存在しない。

 適度なところで矛を収め、結局は元の政党・議席に戻るショーを見せられることで有権者の側は納得せざるを得ない。

 そもそも議会政治という枠のみで、この中から選択せよ、その結果として起きたことはお前らの責任だと突きつけられることほど乱暴なものはないのではないか。

 議会政治の枠内でしか選択肢を与えられていないのだから最初から選択肢は限られているし、それで何かが良くなるわけはない。

 極端な話、選挙権など外国人にくれてやって良い。日本の愛国者なら議会政治の枠を飛び越えて、近代以降とは別の体制を目指そう、とうにそういう段階に達していて然るべきである。

☆亡国の無限ループをする元凶!

日本人が難民と化す未来へ導く「帰化人」体制…

 かねてより言われていた消費増税が具体的に始動したことで何かと多忙を極める首相・野田佳彦だが、さる30日の記者会見では「死刑制度の存続」について是非を問われた。

 現段階で生存している死刑囚は132人にも上る。先に3人の死刑囚への刑を執行した程度で余計なことまで追及される総理大臣というのも因果な「商売」だが、世論調査に鑑みて「国民の85%以上が死刑もやむなしとしている以上、直ちに廃止させることは困難。当面は存続させるべき」との考えを示した。

 選挙権も然り。外国人に安易に与えられては堪ったものではなく、日本国民固有の権利という大前提を存続させるべき。

 こんなことを聞くまでもない。死刑制度は最高刑として存続されて当然である。その当然の法制度が内外からの批判の嵐で100人以上もの死刑囚が未だ生存しているという「法制度の形骸化」を招いた。

 形骸化させ、やがて廃止すべき法制度は他にあるだろう。その最たるものは何と言っても「帰化制度」である。

 追及する必要のないものを執拗に小突き回し、追及すべきものには何ら言及せず、むしろ奨励さえしている。これが今の日本で起きている現状だが、民主党政権が「成り済ましの帰化人政党」とまで言われているように、政財官界のどこまで侵食したのか分からないほどに「帰化人」体制となってしまった近代社会で当然、起こるべき現象と言えよう。

 その民主党政権下では2010年度から3年間の予定で開始されたアジア唯一の「難民受け入れ事業」について、このほど内閣府特命担当相(共生社会政策)の中川正春はさる30日、来年度までの予定期間を2年間延長して行なうと発表した。
nakagawa
 難民受け入れ事業とは何ぞやと思うが、どうやら「第三国定住」と呼ばれる受け入れ事業のようで、既にどこかの国へ避難していた難民を日本が受け入れているらしい。

 同大臣は記者会見で「受け入れ体制の拡充や日本語教育の充実などを図っていく」としているが、国連の提唱する第三国定住…とやらに何か意味があるのかと思う。避難先にいるならそこでの生活支援を施せば良いことだ。

 これまでに日本が受け入れた数はタイに避難していたミャンマー人45人だが、国際社会に向けたアピールに過ぎないと思われる。難民らの母国が軍政であろうと、雑多な民族・人種を抱えるその国の事情があってのことで、民主化・民主主義などというグローバル・スタンダードとして未だに持て囃される価値観に踊らされているとトンでもない目に遭う。

 さて、ここで問題にしたいのはその第三国定住の難民受け入れ事業ではない。

 中川正春という特命担当大臣が担っている「共生社会政策」に「おや?」と思った方もいるのではないか。

 一般的には少子化担当、消費者担当などと呼ばれているようだが、要するに少子化社会で青少年から高齢者、障害者など老若男女を問わぬ消費者の生活にどう取り組んでいくかを内閣特命として課せられたもので、そこには男女共同参画や外国人との共生も含まれている。
 それを一まとめに「共生社会政策」と称しているのだと思うが、最初からそうだったのか、いつの間に共生を冠するようになったのか。

 それにしても何故にここまで「共生」なるものが高らかに提唱され、受け入れる必要のないポーズのような難民支援政策に乗り出しているのか。果てはどう少子化を打開するかを考えるはずの大臣までが移民の受け入れ…である。

 思うに日本が近代以降、既に「帰化人」体制になってしまっていることと無縁ではないように思う。民主党政権で官房副長官を務める誰々が帰化人だ、何々人の成り済ましだ…といったことはよくインターネット情報で聞かれることだが、事は政界に限ったことではない。

 政財官界、司法・立法・行政・マスコミとその周辺に至るまで、あらゆるところに帰化人とその子孫が浸透してしまった。

 帰化が問題だとするなら、帰化制度そのものを止めれば良いのに、インターネット情報でも保守・右派の表立った社会運動からもそうした向きは起きてこない。それ以前に保守派からして石平や金美齢のような帰化人を「先生!」として崇めているのだからどうしようもない。

BlogPaint
 インターネットでどこのSNSサイトでも良いので「帰化」で検索をかけると、在留資格のない不法滞在外国人への帰化手続を促して商売にしている悪徳行政書士だか専門家がいかに多いことか。悪事に手を染める行政書士こそ一所懸命に仕事をしている。

 その手口は日本人との偽装国際結婚なのだろうが、このままで行くと数十年後、日本における帰化人問題は今以上に複雑になり、社会の中枢では帰化人が今以上に露骨に幅を利かせていることだろう。

 今でさえ政権与党もどこも帰化人だらけとなって共生…などと言っては新たな外国人受け入れに躍起となっているくらいなのに、このまま進めば生っ粋の日本人を公然と奴隷扱いしている未来が待ち受けているかも知れない。

 在日外国人への補助金はおろか、海外にいる外国人にまで子供手当て云々が言われている中にあって消費増税も然りだが、死刑制度など何ら弄(いじ)くる必要のない法制度が弄くり回され、外国人参政権法案やら移民受け入れ計画など在りもしない法制度のことばかりが云々されている。

 …その一方では帰化制度というものには、政府・体制はおろか在野からもこれを追及する向きが皆無に等しい。
BlogPaint
 巷では帰化を前提とした偽装国際結婚を斡旋する悪徳業者(行政書士事務所)が野放しにされてインターネット・サイトやら新聞広告にまで帰化のススメが氾濫している。その業者自体が中国人や朝鮮人など外国人だったり帰化人だったりするのでどうにもならないところまで来てしまっている。

 こういう悪徳業者が跋扈しているということは、入管行政や帰化・国籍事項を扱う法務省(入管局及び民事局)からして明らかな悪事を看過している状況を物語っていよう。

 こうした現実が「帰化人」体制を物語っている。

 近代以降のこの体制を覆さない限り、今度は日本人が難民と化す未来へ刻一刻と近づいているのであって、それは既に現実のものとなってもいる。

 その体制を覆す手段が選挙というのでは救いがないし、そんなことだから亡国の無限ループをしているに違いない。

極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします!

画像 009
※写真 かつて関連ブログに書き込まれた「殺害予告」で県警からの協力要請があった


『2ちゃんねる』強制捜査 「削除要請」放置の集大成!!

警察に限らず官公庁、企業、個人からの要請をことごとく却下!

速やかに削除するのは管理・運営陣にとって不都合な情報のみ!

一旦でも書き込まれれば貴方の個人情報も放置の上に晒し放題!

打倒2ちゃんねる

「ネット右翼」はネット情報を有効に活用出来る人たち、

ネトウヨ2ちゃんねるに入り浸る右翼モドキか新右翼クズレ!

douwa
 
みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop



Posted by samuraiari at 20:58│TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/samuraiari/51828820
この記事へのトラックバック
上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。 広がらない極右の議論(帰化制度以前の考え方(帰化在特会問題)3) http://yuukinohan.exblog.jp/14954271の続き   騙されるネット右翼 http://yuukinohan.exblog.
在特会の問題は行動保守の問題でもあり私達の責任かもしれない。【東京のばかやろーブログ】at 2012年04月01日 23:25
この記事へのコメント
帰化人を一人入れたら又一人と増えるのは当たり前の話しであって、それを否定して来なかったので日本国の主権はその帰化人らに乗っ取られてるザマ、それでもまだ日本人は選挙に頼ろうとする精神状態でいます。

選挙と言うものが資金力があるものが勝つどころか、その土俵をも作るのも資金力がある者らによってです。

何十兆円にも及ぶパチンコ産業から麻薬産業までを牛耳る在日勢力に選挙で勝てるわけがありません。

存在する立候補者が既に在日らの手が回ってるであろう証拠は、在日闇産業に対しての否定をしない事でも判断できる。

市井の大衆が立候補者なんか禄に擁立なんてできません。いくら人数が居ても無理です。逆に一人であってもお金さえあれば擁立は簡単に出来るんです。

そうつまり、民主主義と言うものが多数決で決まるだなんて事が嘘でしかないと言う事は既に民主主義の前提に存在してます。

日本人がその事を認識してくれれば取るべき行動は選挙をボイコットする事となるはずだが、近代以降の飼い慣らされた今の日本人では、政治参加とは選挙をボイコットをしない事だと勘違いをしています。

一人、二人の立候補者でも擁立できたらば何とかなると夢を見るのもいい加減にしてほしい。

パチンコやら麻薬屋・金貸しら、他、あらゆる反日売国勢力らはいくらでも議員を送ってます。送らない訳がないでしょう。

議員のほとんどがそれらの丁稚でしかない訳であるのに何を期待して選挙に行くのか?

選挙に参加をする行為は選挙と言う詐欺行為の正当化に協力してるだけ。

日本人は悲しいかな、願いの叶わぬ選挙に行っては政治参加をしたと思い込む事により自己満足をしてるだけです。

ので、丁半博打と一緒で選挙が終われば後は天に任せては毎日ぐためく日々を次の選挙まで続け、生涯をその繰り返しで生き続けているだけの穀潰し生涯となってます。
Posted by みたいな実 at 2012年03月31日 22:03
現状では、帰化でもそれ以外でも一人受け入れたら、その人間の立場に便乗して何倍もの人間がセットでやってきます。中国残留孤児しかり、国籍法改悪に伴う私生児の母親しかり、フィリピン移民の子孫しかり、国際結婚しかり。いちいち当人に資格や能力がなくとも、誰かの立場に便乗してきます。
そう言えば不法滞在者の子供に対して、「子供に罪はない」などと言う人が往々にしていますが、これも所詮は親の立場に便乗して日本に居つけるだけに過ぎないのであって、親の悪行次第によって退去に連座しなくてはならないのが当然でしょう。
もし、親の悪行から分離できる余地があるとしたら、親に依存しないで独立して定住できるかどうかを改めて詮索する所から始めるのが筋であります。にもかかわらず、現実はその反対を行っているとしか言いようがなく、「罪のない」子供を基準に親の滞在を認めよと言う主張がまかり通ると言うあべこべ状態です。
Posted by 桜井一也 at 2012年03月31日 23:56
これ程、1つの記事を読むのに時間を要するブログは初めてです
帰化制度に対する僕の認識は甘かったです
帰化条件の厳格化と、犯罪を犯したり、日本を毀損する等の反社会的行為をした者は日本国籍を剥奪し祖国へ送還する この程度でした
何故、帰化制度そのものを廃止するという発想が無かったのか自分でも不思議なぐらいですが、物事には順序があって、いきなり廃止は難しいだろうと思っていたのかもしれないです

有門さんの主張と言うか思想に辿り着くのは容易ではないと思います
まだ全部の記事を拝読していないので(解らない所を調べたり考えたりしながらなので、なかなか先に進めません)有門さんの思想に対して全面的に大賛成とは失礼ながら、今は書きません
僕は日々、色々な情報や考え方を持つ人の意見を目にして、その度に自分が正しいと思ってたことが違っていたり、修正したりを繰り返しているからです
なので、自分の思想は、とハッキリ呼べるものが定まっている状態ではないと思います
まだまだ知識がなくて無知な部分があるから、的外れな愛国を叫んでいるだけかもしれないという不安も、有門さんのブログを読んで思ったりもしてます
ただ、日本を貶める輩や売国奴は絶対に許せないのと、日本を愛し守りたいという想いだけは強くあります なので、僕達が微力ながらやってるチラシのポスティングなどは、先ずは何も知らない人達に初歩の初歩を伝える為です
貴ブログは、レベルが高すぎて(コメ欄もですが)僕がコメントできる場ではないです 知識を得、勉強する場のようです


どわさん、僕は有門さんのブログをまだ少ししか読んでないですけど、極右翼とは思ってません かなり難しいですが、すんなりと入ってはきます

それでは、寝ます
駄文ばかりで失礼致しました
Posted by 未成年 at 2012年04月01日 02:01
未成年さんの仰ることが本当で多くの人がそう考えるいるのならば、私もブログの書き方を考えなければいけないなあ。

>未成年さんへ
>帰化条件の厳格化と、犯罪を犯したり、日本を毀損する等の反社会的行為をした者は日本国籍を剥奪し祖国へ送還する この程度でした
>何故、帰化制度そのものを廃止するという発想が無かったのか自分でも不思議なぐらいですが、物事には順序があって、いきなり廃止は難しいだろうと思っていたのかもしれないです

 そういう人は大概外国人参政権(外国人への地方参政権付与)の問題から入る人が多いと思います。

 ですが、本当に基本から考えるとなると、日本人の権利を外国人に与えるかという問題ですから、たかだか権利の一つに過ぎない参政権を議論に夢中になることが間違っている。

 前もブログで書いたのですが、保守系右派系の運動を支える人達は抽象的思考と具体的思考の往復が言ったり来たりするのが難しい。具体的な権利である外国人参政権や生活保護の権利は割と早く気がつくが、それより一段上の抽象的な言葉の権利ということとの往復が苦手です。

 もっと酷いのになると、西部 邁さんの「権利は福沢諭吉の時代は権理だったんだ。」というレベルの抽象論同士の行き来しかできない。もともと権利は英語で「right」で正しいという意味なので人権や権利にはエゴは存在しないという左派系の憲法学者のテキストには昔から書いてあります。それを西部氏は最近になって引き写し保守右派系の皆様は「ハハーッ」と這い蹲ってお聞きになる。

広がらない極右の議論(帰化制度以前の考え方(帰化在特会問題)3)
http://yuukinohan.exblog.jp/14954271/

帰化制度以前の考え方(帰化在特会問題)
http://yuukinohan.exblog.jp/14934062
Posted by yuukinohana at 2012年04月01日 07:31
☆日本の保守運動は近代主義の当否を論ずる以前の問題☆

 ‘本人の権利は外国人に与えて良いのか?

 ◆ζ本人の権利の1つである参政権や選挙権を外国人に与えてよいのか?(外国人参政権問題)など。

 この2つの順番で議論するのが左派系の近代憲法学者においても普通だしテキストにもそう書いているのが普通です。

 ところが、この二つをわざと入れ違いに議論している、混同させている。△諒ばかりが盛んに主張されている。理由は二つあって、1つ目は未成年さん達のように苦手な人にも分かるようにする為。2つ目は、韓国人北朝鮮人の人も運動に取り込むため。在特会の初期は1つ目に重点があったが、人も集まり朝日新聞にも報道され認知されてきてから2つ目に重点を移してきた。

 一般に団体と言うのは認知されてくるとこういうことが多いですが余りにもひどい。

 この構図をまず理解してください。

仮に上記の順序で議論するとしても保守派は次の議論をします。

「外国人も徴兵に応じる義務を果たせば日本人としての権利を認めてもいいのではないか?」という議論。

 これも余りにも理解していないとしかいえない。何度も私は書いていますが、「日本人は兵隊になる権利」「軍人になる権利」があるのです。つまり、上記の保守派は兵隊になることを100%義務としかとらえていないのです。

 エドマンド・バーグだのエドマンド・バーグが推進した近代の憲法なり人権なりを読んだ人ならわかるのに言わない。よく読んでもいないし勉強もしていない。してないのにしたふりをしてバーグの語録だのをツイッターやらブログやらで配信する人が散見されます。そしてその垂れ流しに協力する人たちの目を覚まさせないといけない。

広がらない極右の議論(帰化制度以前の考え方(帰化在特会問題)3)
http://yuukinohan.exblog.jp/14954271/
帰化制度以前の考え方(帰化在特会問題)
http://yuukinohan.exblog.jp/14934062
Posted by yuukinohana at 2012年04月01日 07:44
>桜井一也さんへ

>現状では、帰化でもそれ以外でも一人受け入れたら、その人間の立場に便乗して何倍もの人間がセットでやってきます。中国残留孤児しかり、国籍法改悪に伴う私生児の母親しかり、フィリピン移民の子孫しかり、国際結婚しかり。いちいち当人に資格や能力がなくとも、誰かの立場に便乗してきます。

それはそうなのですが、元々日本人はそういうことが多いように感じます。
南出喜久雄弁護士だったと思いますが、DV家庭内暴力に襲われている児童を児童相談所が保護しようとしたことを 「親子を引き離すな」「子供連れ去り」「誘拐事件」などと糾弾する程ですから。

犯罪行為が行われても引き離すことも出来ない国家が不法滞在のマフィアが介在する偽装結婚国際結婚を排除することが出来ると考えるのがおかしい。

そして、こういう弁護士などの言うことを真に受けて宣伝しまくった遠藤健太郎氏とそれと組んでブログでも取り扱った有門大輔理事長の問題だということでしょうか?。つまり、my日本だのわけのわからないSNSは同時に行動保守の問題でもあり、NPOの問題でもあるということでしょうか。戸塚ヨットスクールも含めてああいう事件が起きたのは遠藤氏達の責任でもあるようにも見えます。

同じ右派や保守を批判するなら当然自分達の内部の批判もするのは当然なのでしょうから。
Posted by yuukinohana at 2012年04月01日 07:57
未成年氏、こちらは時事問題を扱うにしても2ちゃんレベルでは無いので読むのに時間を要します。本来、読むのに時間を要する事は当たり前な事なのかもしれません。

いわゆる、愛国陣営が帰化制度の廃止の発想が出来ない理由は簡単です。
なぜならば日本は長らく帰化こそが愛国政策であるという洗脳がなされてきました。

国籍を一緒に、皆で国旗国歌を掲げ天皇万歳三唱する、これが明治以降、人工的に作られた愛国です。

つまり国籍が一緒なほど愛国夢遊病となるようシツケられてきたのが近代です。

それが為に天皇が利用され八紘一宇や日鮮同祖論、教育勅語を工作されては日本人は押し付けられた。これ全部、共生社会を作る為の理念、政策、教育です。

これが為に戦後の今となっても共生洗脳の呪縛から日本国民は覚まさないでいます。

戦後も引き続き共生政策は、トップを天皇から国連へとシフトしては日本国民を洗脳し続けています。

そこでどうしようも無い現象が昨今起きてます。

それはどういう事かと言うと、戦前回帰です。つまりトップを国連から天皇に戻したいといった思考です。

これでは中身が変わりませんね、意味無しです。

中身が変わらない為に共生思想が生き続けていってるのです。

昨今、目覚めたと連呼する方が多くいますが、その目覚めた部分は上っ面な部分でしかなく、はっきり言って何も目覚めていなかったと言う事はこちらのブログを素直に読む力がある方ならば分かる事だと思います。

今、なので多くの人を本当に目覚めさせようと努力をしている次第ですが、見ての通り日本は右から左まで夢遊病者に覆い尽くされています。

が、何も我々も最初からこの主義主張・思想にたどり着いてたわけではありません。積み重ねた結果最近たどり着けました。

ただ、未成年氏のようなコメントが入ると努力した結果が出た感じで嬉しい限りです。
Posted by どわ at 2012年04月01日 08:31
3
夢の島とか 人工的な場所での隔離・送還をさせる仕組みも必要なのかと。
害人を受け入れて水かさを増せば少子・高齢化問題が解決するようなアホな政治屋の思惑で受け入れ扉を開けっ放しにしてる無策な所に漬け込まれている現状に嫌気がさす(ウンザリ)

主さん アンタ政治家になり法律を作って世の中を変えてくれよ。

国民の声を挙げて云々とかも大事だけどさ、
結果的に法律を作らければその意義はないもんな
このザル法をなんとかしてくれよ(怒)
Posted by ぐり― at 2012年04月01日 08:35
1
■2ちやんねる運営に関するニュース一覧■◇◆2ちやんねる管理会社、実体なし…日本で運営か 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)◆◇www.yomiuri.co.jp/national/news/20120327-OYT1T00043.htm?from=main3覚醒剤売買に関する書き込みを放置

◇◆元管理人側に広告収入 2ちやんねる覚醒剤書き込み放置 当時の運営関与か (産経新聞)◆◇sankei.jp.msn.com/affairs/news/120329/crm12032908080000-n1.htmインターネット総合犯罪掲示板「2ちやんねる」で覚醒剤の購入をあおる書き込みが放置されていた事件で、2ちやんねるの開設者で元管理人の西村博之氏(35)が役員を務める会社が最近まで同サイトの広告収入の一部を受け取っていたことが28日、関係者への取材で分かった。警視庁などの削除要請にもかかわらず、犯罪を助長する書き込みが誰の意思で放置されたのかが、事件解明の焦点になっている。



■最悪のくそ野郎だ・・・・・コイツ等が日教組や全教などの「いかれた」教職員組合と同類で、日本の平和秩序を破壊しようとして、ネットで工作をしている。つまり、覚醒剤やセックスで、子供を誘惑に誘う、真の「子供の人権」の敵と言うことになる。
何しろ「生徒の権利手帳」には、「セックスする自由がある」と書いてある。とんだ教育だ。
民主党政権と官僚機構にもこうした「危険思想」があることになる。これは絶対に許されない。
ローマ法王が、「共産主義、社会主義は時代遅れ」と話された。「ダツ原発」とか言って、被災者を「政治利用する古典的手法」は止めろや。
まあ、「バカにつける薬はない」と言うから、もうお手上げだ。振り込め詐欺と同じ手法に騙されてはいけない(怒)
Posted by つっちー応援■ at 2012年04月01日 09:38
なるほど、排害社の最新エントリー一つ前が

移民に「総量規制」スイスの叡智

と言う記事が書かれているが、ここでの昨日の記事に反応して書かれた内容であろう事は読んでて良く分かるが、一見すると帰化に反対しているような雰囲気を出しているが、反対をしていない。

言わんがする事は、金友氏が帰化人であり、消化した帰化人であると言う事を遠回しに言い訳がましく書かれてあるといった判断をするのは私ひとりだけではなかろう。


Posted by どわ at 2012年04月01日 10:35
5
>yuukinohanaさん へ

某法律家を目指されてる?ユーキノハナさんに言うわけじゃないですが、気にさわったら、すいませんm(__)m

なんていいますか、まぁその所謂、自称、保守系の弁護士でもあるらしい(笑)?、、、南出喜久治弁護士に限りませんが、
左だろうが右だろうが、弁護士ほど胡散臭い職業もないってくらい、胡散臭い職業ナンバー1、2、3に入るんじゃないかしらと、南出弁護士を観察して改めて思った昨今です。

政治家にも現に弁護士がいっぱいいるくらいだし(笑)

いろんな援助もあって(笑)、また弁護士として商売にもなるんでしょうかね(笑)。ここの南出界隈の連中も何かと子供をダシにするの好きですよね。

今後は、虐待されてる子供の痛みはそっちのけに、親子を引き離すのかバラバラにするのかという、
これまた対立軸での戦法で商売する弁護士により子供が更に犠牲に晒される事を心配します。

トンでもない!

Posted by Rty at 2012年04月01日 19:34
明治政府は人間社会のみならず動植物の生態系をも破壊しました。大量の洋犬を導入されましたがそのお陰で狂犬病等の伝染病が蔓延しそれまで生態系の頂点にいた日本オオカミが絶滅したと考えられています。因みに日本オオカミと言うのはユーラシア大陸に住むオオカミとは違い日本列島のみに住む固有種でどちらかと言うと山犬に近い種だったそうです。
Posted by 輿水 東 at 2012年04月01日 20:42
yuukinohanaさん、どわさん
僕の私見になりますけど、帰化廃止の発想がないのは、外国人参政権の問題から入る人が多いからや、帰化こそ愛国政策であるという洗脳とは、少し違うように思います(明治時代にまで遡ると、僕にはまだ全く解らない世界ですが)
在日や特亜連中の帰化は反対と主張してる人達は、かなり多いし、特亜以外の外国人に対しては、あまり帰化反対だとかは無いですが、それでも日本への愛国心もないのに便宜上、帰化するという理由での帰化には反対と主張している人達も多いと思います

参政権の問題よりは、日本国に忠誠を誓えるか、日本国への愛国心はあるのか、が基準になっている人達が多いんではないかと思います

僕はサッカーが好きなんですけど、日本に帰化した選手の中で、特にラモス瑠偉さんの日の丸や君が代に対する発言などを知ると、スゴク単純なんですけど嬉しくなり感動してしまうんです 日本人でありながら日の丸・国歌アレルギーの反日日本人が居る中、ラモスのような人なら帰化してもいいし、逆に帰化してくれて有り難う、とまで感じてしまう程です(同じく帰化した在日韓国人だった、李忠成とよく比較されてますが)僕や僕の友人も、同じ思いだったんで(今は、複雑ですけど)

それに、僕は上っ面だけでも目覚めたと言ってる人達は、まだマシな方だと思ってます 少なくとも帰化人の存在、在日や同和の特権などの問題を知ってるだろう人達だからです(誤った方向に行けば危険かもですが)
現実は、全く何も知らない人達の方が多いんです
僕の高校や塾の友人の中には、在日という言葉すら知らなかった友人も居たし、大人でも9条の存在を知らず、日本は戦争が出来ない国ではなく、しない国だと言ってた人もいます 全くもって無関心な人達がどれほど多いか、愕然とします

文字数一杯になったので、続きをコメントします
Posted by 未成年 at 2012年04月02日 00:06
続きです

なので、既にコメントしましたが、本当に初歩的なことを伝えるチラシをポスティングし、拡散しないといけないのが、残念ながら今の現状です

yuukinohanaさんと、どわさんへの返答になってないかもしれないですが…

やはり、僕にはたくさん勉強し、考える時間が必要だと思いますから、有門さんのブログへコメントするのを控えさせて頂きます

有門さん、yuukinohanaさん、どわさん、こちらのブログの常連の方達とは、知識量も見識も足りないですから

おやすみなさい
失礼致します
Posted by 未成年 at 2012年04月02日 00:16
5
各位 真摯なご意見を有り難う御座いました。返信が遅くなりましたので、個々人への返信は割愛させていただきます。

>未成年さん
>それでも日本への愛国心もないのに便宜上、帰化するという理由での帰化には反対と主張している人達も多いと思います

その逆に日本への愛国心があるとされる者の帰化は是として奨励してきたわけです。その時点で紛い物の愛国であり、だから帰化イコール愛国という洗脳にしてやられているわけです。こんな人なら帰化も歓迎、ぜひ帰化してほしい…逆輸入などと持て囃されてもいますが、帰化人たちの立派な言動って日本人がやっていて当然のこと。それを何故わざわざ帰化させてまで見習う必要があるのか。親日的な外国人だとか反日的な日本人だとか、個々のケースでは語れない問題です。

:追伸
文末に「。」が付かないのは何故でしょうか? 癖ですか? いえ、ちょっと気になったもので。
Posted by 有門“排外”大輔 at 2012年04月04日 22:40
有門さん、コメントを控えさせて頂きたかったんですけど、僕が有門さんのブログにお邪魔したんで、コメントさせて頂きます(まだしっかりと考えが固まってないから、いま思うことをコメントします)

先ずは、個々のケースでは語れない問題なのは重々、承知してます。
洗脳されてるって言われれば、そうかもしれないですけど、帰化=愛国って意味が、僕の読解力のなさからなのか、今ひとつ解らないです(帰化を推進したい訳じゃないし、特に特亜連中は無条件に帰化反対!)


それと、現実的に考えてみて帰化廃止は、かなり難しいと思います。何か、日本や日本にも影響するぐらいの世界的な有事があれば、一気に帰化廃止も可能かもしれないですが…
まだ、帰化要件の厳格化なら出来る可能性も高いと思うから、段階的に進めていくしかないと思います。
で、最終的に帰化廃止へと持っていければいいんですけども。

続きます。
Posted by 未成年 at 2012年04月05日 21:48
続きです。

それと、帰化人達の立派な言動って、日本人がやって当然のことですけど、それが出来てる日本人がどれだけいるのか、です。 日本人がだらし無いだけなのか…
敢えて言うなら、帰化推進派や、僕がそうであったように、帰化廃止の発想にまで至ってなくて、帰化条件の厳格化を求めてる人達、双方にとって、日本へ愛国心のある(あるであろう)外国人の帰化っていうのは、都合がいいんじゃないでしょうか。


えーと、あと、
文末に句点を付けないのは癖みたいです。メールにも句点付けてないし、授業で写したノートを確認したんですけど基本、横書きしてるものは句点をあんま付けてないです。
縦書きのは、ちゃんと句点があるんですけど…。縦書きの方が、ちゃんと書けてます。
てか、気になりましたか?なんか、ちょっと笑った。今回は意識して句点を付けました。

それでは、失礼します。
おやすみなさい。

Posted by 未成年 at 2012年04月05日 22:08