2012年04月03日

「帰化制度」廃止と社会運動

極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします!

☆大局を見失って本末転倒に陥る勿れ

問題の矮小化と狭小な視野は物事の本質を見誤る恐れ大!
 
img_565963_62606437_0
写真:帰化人礼賛の馬鹿本で愛国者から狂わされる

 当ブログのかつての同盟ブロガーで、『同特連(同和・カルト特権を許すな!ネット連合)』の前身団体にも加盟していた『東京のばかやろーブログ』で帰化制度と当ブログ・執筆者である私に言及されているので触れておきたい。

 件の記事は「在特会の問題は行動保守の問題でもあり私達の責任かもしれない。」と題して同ブログに掲載されている。
http://yuukinohan.exblog.jp/14966893

 こちらの記事は当ブログにもトラックバックがなされたもので、帰化問題に言及した3度にわたる連載記事もあるようだが、そちらについては当該ブログでご確認頂きたい。

 要約すると「行動する保守」運動の内部で「帰化問題」に対する議論や認識が深まらないのは、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』を追及したジャーナリスト・安田浩一の集中連載記事が雑誌『g2』に掲載された折、私・有門大輔が狂喜乱舞(?)したことで諸団体との間で深刻なネジレと溝を生じさせた、私の過度な個人主義的性質が遠因となって結果的に広がりを見せなかった、それを批判してこなかった自分たちの責任かも知れない…というもの。

 私の存在もそこまで大仰なものだったのかと、嬉しくもあり恥ずかしくもあるご指摘だが、帰化という近代以降の法制度に関わる国家的問題で、何故に「行動する保守」…といった一運動体に限定されなければならないのか。

 ひとまず同ブログに掲載された内容を一部抜粋することで問題点を考察してみよう。


>在特会のトップの桜井誠会長は実家の場所や家族の構成から何から何まで暴かれてしまい半狂乱になってしまったわけだ。
>そして、安田記者を「在日の人間だ」と在特会の人間は断定してしまった。
>そうなると、安田記者は「そんなことないよ」「なんでも在日の仕業にするな」と返され、それに言い返せなくなった桜井氏は「何でも在日のせいにするのはやめよう」「在日朝鮮人のかたでも韓国人でも受け入れます。帰化した方で日の丸を燃やしたりしないまじめな方なら受け入れます」
>と帰化した外国人も受け入れる姿勢を示した。示さざるを得なくなった。

>雑誌が発売された後、桜井会長が暴かれて有門氏がブログではしゃいだとき、
(中略)
>自己中心的に「自分が取り上げられたワッハッハ」としか考えられないのは驚くべきことだったと言える。

(中略)

>人間的に自分さえ良ければというところがありすぎだと思う。
>こういう人たちが「国家社会主義」とか個人主義を批判的にみる立場にあるということが恐るべきことだと言わざるを得ない。
>リベラル側よりも自己中心的個人主義的過ぎる。

(中略)

>こんなことをやっているから肝心の帰化制度批判などの議論も進まない。広がらない。
>在特会は協力しづらいだろう。
>自分の立場しか考えないから回りまわってこんなことになるのだ。


 一連の流れをザッと抜粋してみたが、この論法が不可解である。

 これでは「有門が言っていることだから帰化問題が議題にならない」と受け取れてしまう。

 在日朝鮮人の特権問題や外国人問題を追及する有志らに対し、私が「帰化人こそ問題だ!」と呼びかけているのはそれが「日本の愛国者として当然のこと」だからである。

 有門大輔の言っていることだからやらないのか? 他の誰々が提唱したことならやるのか?

 これではおかしい。本末転倒ではないか。愛国運動において本来的に、道理的に追及すべき問題で誰々が言っていることだから俺はやらない、言わないなどということがあるのだろうか。

 そんな問題を矮小化した視点と狭小な視野では、いつだって重要な局面で大局を見誤りかねない。

 単に私が気に食わなければ、有門という男を除外してやれば良いことである。何なら「有門は出入り禁止」「来るな!」とでも銘打って。いっそ、そのほうが分かりやすい。

 では逆に、有門の言っていることだからやらないとなれば、このブログでも再三「在日特権」問題への追及をやっているのだから、在日特権を追及するアンチ有門の愛国者はなべて在日特権への追及を控えなければならない。

 ここ最近の在特会の動向を見ていると、以前のように在日社会という「民族問題」への能動的な追及は鳴りを潜め、左翼デモなどへのカウンター攻撃が目につくし、在日への攻撃よりも日本人の左翼や官憲への対決姿勢が目立つ(これが在日特権への追及を自粛したことの表れかも知れないが)。

 安田というジャーナリストに反駁された程度で自分たちの主張を引っ込めたり、曲げたりしたというのもおかしい。

 自分たちが信念を持った言動なら狂信的にトコトンまで追及して、正面切って戦っている相手なら誰でも彼でも在日に仕立て上げてやれば良い。

 そうする前に挫け、腰砕けになって負けてしまったと言うなら、それだけの運動・闘争であったということだ。

 誰も在特会という一団体に何から何までやれと要求しているわけではない。帰化・在日朝鮮人の特別永住制度、同和などの問題は私たちが生きている間には解決しないかも知れないし、今世紀かかってもどう転んでいるか分からない。向こうも既得権益を守るためには死に物狂いだ。

 本日付のブログ『排害主義者宣言』(排害社)では「時代の流れとはそうしたものであり、最前線の活動家とは、新たに産まれる新時代の“助産婦”のようなものでしかないのかもしれない」と記されていたが、進化しなきゃいけないのは時代じゃない。

 お前自身が進化しなきゃならないんだ!
d0178541_22254314
 お得意の支那人(中国人)の排撃・排斥を言うのも大いに結構。トラメガ片手に主張し続けるスタイルで何ら構わない。しかし、悪しき因習・慣例を引き摺ったままではそれを後輩に踏襲させることを意味する。ここでタブーを作ってしまったら次世代もタブーを破れぬままである。

 最初は不法滞在外国人のみで次いで戦後体制の打破、やがて排外主義で次いで近代と同和・創価そして帰化人体制の打倒…。

 それが我がブログが歩んできた経過だが、今を生きている者らが日々進化せずして時代の進化もない。歴史を生きる者らが進化を遂げるから時代が進化を遂げて次世代への有用なバトンタッチが可能になるのである。

・・・ ・・・ ・・・
いつだって自分の立場しか考えないオオバカモンで自分本位な生き方しかしてこなかった私がしてやれることと言えば、こういう局面でこういうことを言ってやるくらいなもの。

本当は酒席などで面と向かって酔っ払いながら諭してやれば良いことなんですがね。
私は大の酒と酒席嫌いで、悪酔い出来る性質でもないのでPC伝いの「ネット酒乱」でご勘弁。

ちょっと自分の名がどこかで取り沙汰されれば有頂天。
時代、時代の節目で志士、革命家、変革者を自称する輩とは、このような軽率且つ無責任に物事を煽るロクデナシで御座います。

極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします!

打倒2ちゃんねる

削除要請の放置 『2ちゃんねる』特捜班が奔走!!

2ちゃんねるが警察の業務委託団体からの削除要請を放置した件数は、

昨年上半期(1〜6月)だけで3026件! 2009年の上半期から約6倍に激増!

業務委託団体インターネット・ホットラインセンターからの

削除要請無視3173件のうち90%以上が2ちゃんねる

警察庁長官肝いりの捜査は言論弾圧ではなく犯罪(麻薬売買)摘発!

だから2ちゃんねるに巣食う「ネトウヨ」は闘争以前に淘汰される!

douwa
解同大会、閉幕 http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11211101848.html

みたいな実さんのブログ

o0240032012536150939940003

gaitsuitop



Posted by samuraiari at 01:01│TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/samuraiari/51829267
この記事へのトラックバック
 活動報告・北朝鮮ミサイル発射抗議行動 朝鮮総連埼玉本部に先制パンチ  ←ブログランキング応援クリックお願いします。 朝鮮総連埼玉県本部に対しての抗議文が読み上げられ ...
活動報告・埼玉県浦和市朝鮮総連抗議行動【せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』】at 2012年04月08日 23:01
この記事へのコメント
>これでは「有門が言っていることだから帰化問題が議題にならない」と受け取れてしまう。

・。・
実際に有門さんの発信力は、ヘタレらにとってみたらそれだけの力があるのかも知れんが、なぜならばこやつら自身の運動帯が在日・同和との共闘団体だから、なので日本人しかいない運動帯を率いる有門さんを敵に回す事を恐れているだけ、だから被害者ぶって見せる事でこちらの言論をなるだけ抑えたいと言う魂胆が丸見えの戦術だね、通じんよ、んなもの。

>本日付のブログ『排害主義者宣言』(排害社)では「時代の流れとはそうしたものであり、最前線の活動家とは、新たに産まれる新時代の“助産婦”のようなものでしかないのかもしれない」と記されていたが、進化しなきゃいけないのは時代じゃない。
 お前自身が進化しなきゃならないんだ!

・。・
在特会やら排害社のような帰化人賛美の運動体がそもそも最前線?だろうが何だろうが存在しているのが間違いであって、これら帰化人と大同団結をしなければ何も出来ない運動体なんかには何も期待なんかしていないわけよ、右向きゃ排外だの在日特権廃止だのと口だけは威勢の良い事を謳ってる中、左向いたら在日・同和とガッチシ握手してるその姿勢において「極右」などと平気で口にする浅ましさ、けど、なるほど確かに既成の「極右」は全てがその姿勢であったわけだ、なぜならば極右は戦前回帰思考を持っているから、つまり、戦前の体制政府は帰化推進・帰化万歳・帰化がなければ日本は滅ぶなどと嘘を言っては日本人を騙くらかし朝鮮半島等との同化を進めそのインフラ整備に湯水の如く日本人の財産・生命を提供させた。つまり在日帰化人と同化している運動帯である「極右既成品」らにとってみれば戦前回帰は最大の願望と言うわけだ。

ただ我々、本物の極右を標榜する「極右翼勢力」にとっては戦前回帰とは否定する愚物でしかない。

Posted by みたいな実 at 2012年04月03日 07:19
スレ違いですが(いつもそうだが)

カリフォルニアのばあさんブログ

日本で遺伝子組換え農作物が承認されそうです。
http://blog.livedoor.jp/chiblits/archives/51831195.html
[引用開始]ゆいさん、情報提供有難うございます。
アメリカのモンサント社が除草剤グリホサートに強い遺伝子組替えされたセイヨウナタネやワタ、トウモロコシ等を日本でも栽培する許可を申請しています。 そして日本農林水産省はそれを許可しょうとしています。
詳しくはこちらをご覧ください。 農林水産省 プレスリリース
これが承認されて日本でも栽培が始まると種の汚染が始まり、大変な被害になります。
尚、毎日jpでも取り上げられています。 atsuSDさんが見つけてくださった記事です。 こちらも是非お読みください。
日本にも2001年から既に遺伝子組み換えされた種が入ってきているそうです。 トウモロコシは何と!95種も!
  atsuSDさん、URL有難うございました。
何故 遺伝子組換え農作物が危険なのが是非下のビデオをご覧ください。 以前日本で放送されたドキュメンタリーです。
巨大企業モンサントの世界戦略(前編) 遺伝子組換 バイオテクノロジー
前半 30分
後半 30分
日本で遺伝子組替えの農物作を栽培する事に反対の方は是非下のサイトで反対意見を送って下さい。 農林水産省は6月21日まで意見・情報の募集をしています。[引用終了]

Posted by みたいな実 at 2012年04月03日 09:09
有門氏に質問?

渋谷の鉤十字旗の参加したデモも関係していますか??
Posted by ネオ東條英機 at 2012年04月03日 09:10
外国で日本人なのに日本人を
いじめをしたり、だましたりするのは、帰化日本人です。
そういう人たちは日本人を売りに、
いろんなところでいばり、恥知らずをします。
それから、日本の新興宗教の人も、わが国で幅を利かせます。
日本のパスポートとブランドを信じさせて、
信者をふやしているのかもしれません。
トーイツ、ソーカ、コーフク、マックヤー、、。
私は国際結婚ですが、こちらで帰化しません。
パスポートはこちらのでも日本のでも世界中行けます。
日本で帰化を希望する人は、パスポートのため、
そして日本を恨むくせに、海外では日本人を売りにして、
どこでも大きな顔して不愉快です。困ります。
Posted by まみちゃん at 2012年04月03日 09:28
日本モンサント株式会社のホームページ
http://www.monsanto.co.jp/


既にこーいったゲテモノ企業が日本に浸食をしてるわけです。

遺伝子組み換え野菜を輸入していないといっても、遺伝子組み換え種は既に日本の農地にバラまかれてる。百姓は何も知らずに植えている。
それを国産だのと言ってはスーパーで堂々と売られてる。既に日本の農作物に安全は無い。日本モンサント社以外の種も、勿論、信用は出来ない、ほとんどの種が輸入されてる、その遺伝子がどーなってるかなんて分っかりませーん、日本の拝金商社が人件費惜しさに外国で経費削減ありきで作らしてる種の信用は一切無し。

問題はそれだけぢゃなく、例えば戦争が起き、エネルギーの提供が滞れば日本は戦争で負けると言われるが、他にも日本に対する農作物の種の提供をストップさせては兵糧責めという戦術も行われると言う事だ、日本が食える社会であるからと錯覚をさせられているが根源的に日本の農業は壊滅している。日本人はそこを良く認識をしなければならない。体制政府がついている嘘を見破れ!遅ければ遅いほど取り返しがつかない事となるぞ!人権教育を受けて洗脳されてる帰化人マンセーのお花畑保守でも流石に食に関しては敏感であろう。

脱する方法は、百姓に独自の組合を作らせ農協と決別させ、且つ、変な農作物を作るのを止めさせ、主に江戸時代以前から存在する野菜、つまり種子の収穫が出来る農作物だけを植えさせるよう、日本の食文化をも改革すべきだ。

外国農作物の排外無くして日本の自立は無し!
Posted by みたいな実 at 2012年04月03日 09:49
有門さんと在特会桜井会長の分断工作にも見えるし、
在特会もここが正念場で、桜井会長がどの様な発言、行動をするかで決まるように見えます。

ここは日本人の団結が必要な時と感じます。

Posted by いつでも夢を at 2012年04月03日 16:55
在特会は内部の朝鮮勢力を段階的にでも排除すべきだな。
Posted by 問題解決 at 2012年04月03日 18:02
拉致運動が韓国クラブ化した前例を見るまでもなく、日常的に朝鮮と接点が在るのと内部に抱えるのは全然意味が違う。
Posted by 問題解決 at 2012年04月03日 18:10
【字幕】アメリカ人が日本人のために署名のお願い
http://www.youtube.com/watch?v=0Ma9W2jE9xY
Posted by お知らせ at 2012年04月03日 22:59
こちらで取り上げられた二つの団体は良いことも沢山やってくれている(ように見える)ので、支持したいと思っている一般人も多いです。
でも見ないように努めても、どうしても見えてしまう胡散臭さ、払っても払いきれない朝鮮臭。
その為どこか信用出来ないと感じ、躊躇してしまうのが現実。
確信犯で靖国周辺でお金儲けをしている人は論外ですが、そうではなく、最初の段階の誤解によりその状況に入ってしまった方は、何とか現状を打破して頂ければ支持者も増えるし、本気で日本再生になると思います。
どんなに繕っても現体制に綻びが出ている事は多くの人が感じること。
知らず知らずの内にまさか自分が抵抗勢力になっていないか、自問が必要です。
「私の友人の在日はとてもいい人です。」といった私情が一番禁物。だから何?という事。その意味で混血は本当に厄介。
このエントリーは有門さんの意志を感じる内容。拍手。
Posted by 絶賛支持! at 2012年04月05日 12:07
5
各位 ご意見を有り難う御座いました。

>みたいな実さん
在日特権廃止…は良いとして、結果、全員が帰化では困ります。件の運動体に対して、私も「このエントリーを上げるまで」は心のどこかで一縷の望みを託して期待していたのでしょう。ですが、もう、それもオワリです。

>ネオ東條英機さん
回答が遅くなりました。あの渋谷デモには私も参加していましたが、関係しているとはどういうことでしょうか?

>まみさん
海外での情報を有り難う御座いました。私の知人にも米国人と結婚しながら帰化はしないという人がいますよ。帰化人の習性は日本の利点は散々利用しながら、帰属精神はどこまで行っても中国・朝鮮…。一度与えられた国籍が絶対に剥奪されることがない…という余裕が帰化人をますます付け上がらせています。

>いつでも夢をさん
>問題解決さん
敵は北朝鮮…は当然としても、それも独裁政権に固執することでまんまと乗せられましたね。今や韓国なら同胞も同然??
Posted by 有門“排外”大輔 at 2012年04月06日 01:11
5
>絶賛支持!さん
有り難う御座います。決まって出てくるのは誰々先生は帰化人ながら日本のために尽くす愛国者…一方で反日に勤しむ日本人がいる…とした指摘。どうするのかと問われても「剥奪」「帰化は不可」しかないでしょう。愛国の新日本人(帰化人)がいるなどと言う前に、反日で中国人・朝鮮人のまんまの帰化人が無数にいる現実が指摘されるべきです。
Posted by 有門“排外”大輔 at 2012年04月06日 01:16