2015年01月29日

帰化人集スト裁判のご報告!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★裁判傍聴記 1/28 INさいたま地裁越谷支部

元中国人の男が「集団ストーカー行為」を認めた画期的な瞬間!!

150128_1103~020001150128_1103~020001
画像:さいたま地裁越谷支部

 平成27年1月28日(水)午後11時30分より、さいたま地裁越谷支部第2法廷(蛭田円香裁判長)にて集団ストーカー犯罪の頭目を訴えた民事賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が開かれた。

 この裁判については拙ブログの1月27日付エントリーでも告知していたが、原告である梅野祐亮さんから集団ストーカー被害の実態と裁判の開始が知らされていたものだ。

2015年01月27日 「集スト裁判の告知!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968658.html

場所:さいたま地裁越谷支部
原告:梅野祐亮・允子
(訴訟代理人:弁護士法人アームズ法律事務所 弁護士:浅水尚伸、中村信行、麻王秀一郎、出口和歌子、加藤善大)

被告:張 鋭(通名:江本鋭次)
事件番号:平成26(ワ)第839号

 本題に入る前に訂正しておかなければならない。先のエントリーで梅野さんら原告を「梅野夫妻」としたが、正しくは「梅野さん親子」「母子」であった。

※訂正とお詫び
 埼玉県越谷市の団地に居住する「梅野さん夫妻」は少なくとも平成25年3月頃より、同団地に居住する元中国人の男らから様々な嫌がらせを受けてきたという。

… … …
 原告は、筆者(有門大輔)より一歳年上の梅野祐亮さんとその母・允子さん。允子さんはご子息であられる祐亮さんともども言葉遣いも丁寧で、一言で言えば上品なタイプ。年齢は70歳前後くらいだと思われるが、控え目な雰囲気と常に相手を気遣われるお人柄の良さがにじみ出ていた。清楚な感じで、「淑女」といった表現が似合うだろうか。

 裁判所に到着すると初対面の允子さんが実際の集団ストーカー被害について話してくれた。

もう、こんなことが数年来にわたって繰り広げられるなど、私もこれまでの人生で経験したことのないことであり、人間というものの恐ろしさをまざまざと見せ付けられた思いです。
 異民族と言いますか、特定の(カルト)団体に属すると人間というのを、こうまで歪めてしまうのかと非常に恐ろしい思いがしています。

 昔の江戸時代の十手(じって)と言うんでしょうか、捕り物に使う武器を手にした中国人の方がマンションの通路に並べて干した何枚もの布団や座布団をひっきりなしにバンバン、バンバンと力強く、それこそ『キチガイ』のように叩いては騒音を立てていました

 允子さんら梅野さん母子は、おそらく普段は「キチガイ」などという表現は使わないのだろう。そうした表現を使わない人でも、そのようにキツイ表現で以って説明するほどに集団ストーカー行為による嫌がらせは陰湿で長期間にわたって執拗に継続されてきたと見られる。

 ある時など、十手でマンションの手すりや金属部分を叩いては敷地内に響き渡るような激しい音を立て、そのせいで允子さんは左耳の聴力に支障を来たしたことが検査で判明している。これなどは、もう傷害事件の類だろう。

 嫌がらせを繰り広げる中国人の男は5階からわざと階下に落下させた布団を取りに階段を降りて行ったが、また戻って来る際に片手に持った十手を振り上げながら階段を上ってくる様子は狂気の沙汰でしかない。

 梅野さんらが外出する際には必ずと言って良いほどに伴走でもするかのように後を尾行して来る。梅野さん宅で所有している自転車のタイヤが刃物で切られたことなど5〜6回ではないと言う。

 その被告である中国からの帰化人・江本鋭次こと張鋭が裁判所に到着した。傍らには息子と思しき男を伴なっている。

 開廷と同時に張被告も入廷。張被告は入廷から被告席に座り、閉廷に至るまで終始、マスクを外さなかったので、その表情を覗うことは出来なかったが、昭和45年生まれということが判明しているので年の頃は44〜45歳といったところか。家族は息子のほかに妻を持ち、飲食業に携わる妻がいる一方、自身は「専業主夫」を自称していると言う。

 張被告はグレー色のジャージにスニーカー、青いマフラー、フードの付いたコートを着用しており、一見は二十代後半から三十代くらいにも見える。身長175センチくらいの痩せ型。

 何と言うか短く刈り込みながら髪の毛はボサボサ。その顔つきと雰囲気から中国人だと分かる人には分かる。どことなく凶暴そうな雰囲気で、何らかの凶悪犯罪に及んで被告席にいたとしても不思議ではないくらいの薄気味悪く、得体の知れない風貌だ。

 「出来れば裁判などやりたくなかった。今回が初めてです」という梅野さん母子は当然ながら裁判に至る前、張被告に口頭で迷惑行為をやめるように注意した。

 注意でもしようものなら、忽ち逆ギレしては凶暴性を剥き出しに食ってかかって来そうな出で立ちだ。事実、梅野さん母子が暴力的な言動で以って威圧されたことなど数え切れない。挙げ句、「デス・プリント」と称される「死亡」と書かれた紙を梅野さん母子に示してくる有り様である。

 どういう凶行に及ぶとも分からない者が威圧・威嚇しながら、自分の住む階から1階まで自転車を上げ下げする光景は、何のつもりでそんなことをやっているのですかと聞きたくもなるが、意味不明で奇異な言動の数々は実に恐怖である。

 こんな連中の標的にされては生きた心地がしない。梅野さん母子もご他聞に漏れず、真っ当で正常な日常生活を営めなくなってしまった。

 裁判は始まってすぐに原告側(梅野さん母子)の訴訟代理人(弁護士)と、張被告による別室での「弁論準備手続き」に入り、閉廷。

 弁論準備手続きの最中、待合室で待機していた梅野さん母子が話す。

昔、お付き合いで1年間だけ『聖教新聞』を購読していたことがあります。ただ、私たちは創価学会の信者ではありませんでした。その後もお付き合いのある方から新聞の購読や集会、入信へのお誘いは受けていたのですが、あまり面と向かってハッキリと断ると角が立つと思い、『時間がありましたら…』という程度にそれとなくお断りはしていました。
 きっと私どものような障害者を抱える家庭は(創価学会に)入信して当然だろうという周りの反感があったんだろうと思います

 梅野允子さんには障害を抱える息子さん、つまり祐亮さんの弟さんがおられる。デイケア施設に通っていたりするが、その施設の職員も創価学会信者で占められているのではないかと思われる。

 原因はそこにあったと考えられるのだ。マンション中に響き渡るような音を立てて梅野さん以外のご家庭が黙っているとは思えない。やはり周囲の暗黙裡の容認、不作為の共犯関係があってのことと考えられるだろう。

 ある時、それまで允子さんと懇意にしていた別の階に住むご家庭の主婦が、元中国人のストーカー男と同様に布団を叩いて、そそくさドアの中に隠れるように入っていく光景に出くわした。
とても快く接して下さった方でも、あんな風に態度を豹変させるのかと信じられない思いでした。そこのご家庭はお子さんが中学校に通っているということもあり、子供が学会の繋がりで苛められたりはしないかと恐怖心に駆られ、それで私たちに対しても冷たく態度を翻したのではないかと思っています」(允子さん)

 集団ストーカー行為は時に元中国人の男が自分の息子とその友達まで加担させ、明らかに地域ぐるみで自家用車など梅野さん宅の所有物に嫌がらせを繰り広げることもあったが、飽くまでも主体であり「先兵」だったのは江本こと張被告。

 無論、嫌がらせを発見した現行犯で警察に通報したこともあったが、バイクで駆けつけた警察官が迂回して様子見していたかと思ったら、集ストを繰り広げる者らが逃げるように促した後で事情聴取に来るなどということも。時には事情聴取や様子見にさえ来なかったと言う。

 我々も創価学会批判のポスティング活動を展開した時(平成21年の都議選と衆院選)、さんざん創価学会信者らの妨害に遭ったが、向こうは地元の公明党議員まで駆り出してきたりした。地元の議員なら所轄警察署にも顔が利く。こちらの個人情報が警察官を通じて漏れていたのだ。

… … …
 梅野さんが提訴した昨年末より、張被告の側からは「精神異常ゆえ、そのような行為(集ストなど嫌がらせ)に及んでしまいました。申し訳ありません。賠償金は払いませんが、今年3月までに今の住居を引き払います」ということを条件に和解案を示してきたという。

 注目の第2回口頭弁論平成27年2月13日(金)午後2時30分より、同地裁越谷支部第2法廷にて。

 今回の口頭弁論では集団ストーカーの主犯格が自らの罪を認めて謝罪(心から反省などはしていないだろうが)、これまで謎のベールに包まれていた集スト犯罪の実態が初めて表沙汰になったという意味では画期的な瞬間であり、画期的な裁判だったと言える。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆異様だった越谷支部、越谷の街、

そして駅ホームに居た「元中国人被告」とその息子…!!

 それにしても異様だったのは、さいたま地裁越谷支部の雰囲気である。着いた直後から、異様さが目と鼻についた。裁判所に隣接する駐車場が創価学会の敷地だったということと関係しているのかどうか分からないが、職員や来訪者の全てがカルト信者独特の目つきや顔つきである。

 着いた直後、法廷前には3人の清掃員が作業をしているだけだった。しかし、何らかの裁判が行なわれていたり、始まる直前の時間帯でないのにも関わらず、3〜4人の職員が法廷前に立ち、暗に何かを見張っているような雰囲気だった。

 集スト犯罪に見られる「仄(ほの)めかし」ではないのだろうが、1人の職員は法廷から廊下を通って事務室へ、事務室から廊下へ、そしてまた法廷へと出入りを繰り返していた。

 何よりも街の雰囲気もどこか異様である(そう思えただけかも知れないが)。帰りの道中、飲食店に立ち入ろうとしたが、店員から明らかに空いているはずの席を「予約」だとか「待ち合わせ」だと告げられ、「少々お待ち頂けますか?」などと言われた。「いらっしゃいませ〜♪」という店員の明るい声が売りのチェーン店であるにも関わらず、声の張りもなく、店の雰囲気も異様だったので帰ることにした。

 そして東京への帰途に着く越谷駅のホームでは信じ難い光景を目にした。

 閉廷から暫く経っているはずなのに、法廷で見た江本鋭次こと張鋭被告とその息子がいるではないか!!
BlogPaintbbdfef6e
 単なる偶然にしては、あまりにも恐ろしい!!

 彼らは同じホームから筆者・有門とは別方向の電車に乗って行ったが、その際、張被告が何気に何かを攻撃するかのような動作を一瞬見せた。単に身体を動かしただけかも知れないが、その異様な立ち居振る舞いは集スト被害者を大いに脅かすことだろう。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆カルトと異民族をめぐる凶行!?

 愛知県では名古屋大学生による殺人事件が発生。「人を殺してみたかった」とする女子大生が70歳代の女性を斧で惨殺するという犯行手口だった。
Aw3swX520150127-00000030-ann-000-2-view
 一説には殺害された女性がカルト教団への入信を強引に勧誘していた矢先に発生した事件だとも伝えられる。
 ネット上には加害者である女子大生(19歳)の画像が出回るなどしており、その顔つきからも「犯行手口といい、動機といい、日本人では考えられない」とする評価がもっぱら。一方、殺害された女性もまた日本人らしからぬ風貌だと評判だ。

☆書籍ご紹介!

sutosuto2
画像:集団ストーカー犯罪撲滅を目指す団体の代表者が発行した単行本

『集団ストーカー認知・撲滅』(発行:パレード 発売:星雲社)

安倍幾多郎(あべ・きたろう =HN:馬苦路さん=)



2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

ネット右派層に限らず、日本人を標的にした組織犯罪!

集スト犯罪の陰湿さはリアルでもネットでも変わらず!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611

top01

index-bnr

hp_01



Posted by samuraiari at 01:02 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
カルト・ストーカー問題 
この記事へのコメント
5
 越谷は創価帝国なんですか!?創価帝国首都八王子を拠点にしているのでなんとなくわかる気がします・・・創価批判を展開している右翼は意外に多くないので先生方にも刺客が向けられるかもしれません・・・お気をつけて!!
 獰猛なエイリアンを野に放った責任は万死に値しますね!!
Posted by morico at 2015年01月29日 05:26
5
>「昔、お付き合いで1年間だけ『聖教新聞』を購読していたことがあります。ただ、私たちは創価学会の信者ではありませんでした。その後もお付き合いのある方から新聞の購読や集会、入信へのお誘いは受けていたのですが、あまり面と向かってハッキリと断ると角が立つと思い、『時間がありましたら…』という程度にそれとなくお断りはしていました。 きっと私どものような障害者を抱える家庭は(創価学会に)入信して当然だろうという周りの反感があったんだろうと思います」

 集団ストーカー行為は時に元中国人の男が自分の息子とその友達まで加担させ、明らかに地域ぐるみで自家用車など梅野さん宅の所有物に嫌がらせを繰り広げることもあったが、飽くまでも主体であり「先兵」だったのは江本こと張被告。


勧誘を断ったからカルトに逆恨みされて、組織がシナ人の信者に嫌がらせをさせたわけですね?
この鬼畜カルトは『仏法は国法(国の法律)や世法(世間のルール)より重い』とほざいて、加えて邪宗撲滅を呼号してますから勧誘を断った相手にここまでやるんですよ。
それで功徳がある…という考え方です。
今回のような例で泣き寝入りしている被害者は全国にゴロゴロいるはずです。
自民党が本当に保守派だの愛国派だのと自称するなら、こういう鬼畜集団から票を貰ってのほほんとしてるのではなく、それこそ愛国心を発揮して積極的に鬼畜集団を潰さなきゃいけない。

行動保守の活動家の方々や田母神先生は鬼畜集団との対決姿勢を明確にしている。
こういう姿勢は実に素晴らしいと思います。
Posted by 大和民族再興 at 2015年01月29日 21:23
越谷市が創価学会を始めとする新興宗教団体や在日朝鮮人・漢民族中国人が徘徊している街という様相のようですが、これは越谷市だけでなく、日本国内の主要都市でも類似した環境下にあるのではないかと考えると、今回の越谷市で起きたストーカー事件は飛躍し過ぎかもしれないですが、最近話題になっている欧州で問題になっている移民問題の日本版とも言えるのではないかとも感じました。
長文で失礼しました。
そして、傍聴お疲れ様でした。
Posted by BBB at 2015年01月30日 00:11
被告が犯罪を認め謝罪した事は大きな意義があります。精神疾患を装うあたりが腹立たしいですが。
この裁判は全国の被害者にとっても勇気を与えてくれるものとなるでしょう。
ご報告ありがとうございました。
Posted by えくぼ at 2015年01月30日 14:39
5
各位 ご意見を有り難う御座いました。

>moricoさん
北朝鮮並のSOUKA帝国は「信濃町」だと思いますが、あそことて地元住民から歓待されているわけではありません。帝国を覆せる土壌はあります。越谷に限らず、SOUKA帝国は各地に及びます。

>大和民族再興さん
被害者の方は述べておりました。「彼ら創価は信仰の自由と言いながら、それ以外の信仰の自由を認めない」と。言い換えれば「信仰しない自由」を認めないことと同義です。信仰しない者は敵同然に卑劣で執拗なストーカー攻撃を繰り広げる…それがカルトであり、現実にそういう奴らがいるものなんですね。

>BBBさん
>えくぼさん
事実上の移民である元支那人による集ストですからね。欧州でも近隣に住む移民を射殺したような近隣トラブルの拡大版があるようですが、移民との衝突の一形態であり、それを推奨しているのがカルトです。
Posted by 有門大輔 at 2015年01月30日 18:24
5
はじめまして。報告情報ありがとうございます。

他からの情報では、加害者はうつ病など精神障害であるように診断書を提出したようですね。

>梅野さんが提訴した昨年末より、張被告の側からは「精神異常ゆえ、そのような行為(集ストなど嫌がらせ)に及んでしまいました。申し訳ありません。賠償金は払いませんが、今年3月までに今の住居を引き払います」ということを条件に和解案を示してきたという。

特定の人(被害者)だけをターゲットにして集団ストーカーを行ったのは明らか。障害異常が認められて、加害者立ち退きだけで和解なんてありえない。
司法には適正に判断し対処していただきたいものです。
Posted by いっちゃん at 2015年01月31日 17:55
5
>いっちゃん
はじめまして。ご意見を有り難う御座いました。
加害者の手段はいつものパターンですね、精神障害だとか何だとか。

仰せの通り、立ち退きだけで和解など有り得ません。
最低限、県外にでも立ち退くことと可能な限りの賠償は当然。それでも全然足りないくらいです。
この問題は引き続き、報告します。
Posted by 有門大輔 at 2015年02月01日 00:01
はじめまして。
いつも動画などで活動を拝見させていただいております。

私も創価学会による集団ストーカーの被害歴3年の者ですが、同じような被害者
が起こす事件が後を絶ちません。
●【兵庫県淡路島5人刺殺事件】平野達彦容疑者のTwitterが怖すぎる…統合失調症の無職で、殺害逮捕前に電磁波被害と集団ストーカー被害を訴えていた【facebook】
http://blog.livedoor.jp/aoba_f/archives/43724696.html

ただ逆にこの犯罪行為がテレビで取り上げられるようにもなりました。
●…BAZOOKA!!!トワイライトゾーン 続・訴えてる人に聞いてみました
https://www.youtube.com/watch?v=KHgRLUbXsFk
●BAZOOKA 訴えてる人に聞いてみました3
https://www.youtube.com/watch?v=k2mSlejNTIM
Posted by 大庭孝広 at 2015年03月26日 02:28
5
>大庭孝広さん
はじめまして。いつも有り難うございます。

自称・電磁波ストーカー被害者の平野達彦容疑者による惨殺事件は何とも陰湿で非道なものでした。思うに電磁波ストーキングをひたすら主張していた平野容疑者こそ実は「ストーカー」だったのではないでしょうか。事実、同容疑者は5人殺害という甚大な被害をもたらしました。
電磁波ストーカー被害者全般にも言えます。電磁波電磁波と騒いでは年中、誰かに粘着しては誰しも電磁波否定を立証することさえ馬鹿馬鹿しくなってしまうのですから、もうお手上げ状態…。そもそも電磁波被害を主張する人たちこそ、電磁波攻撃に関わる機器等を「物証」として挙げなければならないのですがね。その物証(機器)一つ出てこないのがおかしいのではありませんか?
電磁波を立証出来ないから電磁波を云々して主張する方々は論点を逸らしたり、責任転嫁したり、都合の良い想像で口から出任せを言うしかなくなります。そうなってくると、ますます電磁波被害というのが怪しくなります(そうならなくても同じですが)。
私の身近に創価ストーカー問題に取り組んでいた市民団体の元幹部がいますが、その方が以前、電磁波被害者の方々と一緒にポスティングをやった際、かなり陰湿な嫌がらせ(報復)をされました。その元幹部が電磁波被害を否定していたからではないかと考えられます。
…何だか嫌がらせの手口が陰湿で、まるでカルトではないかと思えてしまいました。
そう言えばデモの参加者でも自分の存在がどれほど大きいと勘違いしているのか妙な自称・被害者がいますよ。話を聞いているのもウンザリするので立ち去ろうかと思うと「逃げないで下さいよ」なんて言うんですから。
「創価以外のカルト」が相当数、自称・被害者の中に紛れているのではないかと思います。
本当の集スト被害者が誤解されるので、もうウンザリなんですけどね。
Posted by 有門大輔 at 2015年03月26日 22:33