2015年08月02日

日本を破滅の危機から救い出せ!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆8/2 安保推進デモ! IN銀座

何が日本国を破滅の危機から救い出すことが出来るのか?

 平成27年8月2日(日)、東京・銀座の水谷橋公園を出発地点として『行動する保守運動』の主催による「安保法案を支持する国民大行進」が開催された。

 安保法制をめぐり、左翼勢力が戦争法案なるネガティブ・キャンペーンを展開。マスコミが一斉的な偏向報道に終始して安全保障関連法案の趣旨を捻じ曲げる中、日本の安全を憂慮する多くの方が炎天下、デモに参集したものである。

a
主催者である桜井誠
本日のデモは安倍政権を支持するためのデモではありません! 無論、安倍政権を支持する人もいるし、批判している人もいる! 外国人移民の受け入れなど、内政問題においては安倍政権にも問題はありますが、これは安保法制つまり日本の安全保障をどうするのかの問題です!
日本のマスコミはとかく「世界がこう言っているから安保法制はダメだ」などと書き立てますが、世界の多くの国々、特に東南アジアは日本の集団的自衛権の行使と安保法制を歓迎し、そして期待しているんですよ! 日本の武力保持と交戦権の行使がダメだと言っているのは支那(中国)・朝鮮だけです!

bb1
ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰
日米同盟支持の保守派はこれまで「アメリカのポチ犬だ」と言われてきました。しかし、この安保法制が通ればそれも終わりです。何故なら日本がアメリカに守ってもらうのではなく、日本がアメリカを守るんです! 日本の周辺で米軍が攻撃を受けた際、日本が助けて共に戦うのは当然じゃないですか!?
フィリピンには既に日本の自衛隊が派遣されました。フィリピンは自国の憲法で外国軍の駐留を認めない、と定めているんです。ところが、フィリピン大統領は憲法を無視し、国の安全が最優先であるとしての自衛隊駐留を認めました。大事なのは憲法よりも国の安全! そのために戦うのが国家です。

cde
画像左上:村田春樹
炎天下に私をデモに動員した桜井誠さんじゃなくて、安保法制を「戦争法案」などと捻じ曲げる左翼が非常に腹立たしい(笑)! 世界中どこの国も集団的自衛権を保持しているんですよ。もしも、集団的自衛権の保持・行使が左翼マスコミの言うように戦争に繋がるんだったら、世界中、戦争じゃないですか! 日本も国家として当たり前の集団的自衛権を持って、行使しても良いんですよ!


画像中央:日本の同盟国と共に歩み、戦っていくとの意志表明から、今回のデモでは日章旗、旭日旗に並んで星条旗も用いられた


画像右上:『在特会(在日特権を許さない市民の会)』の八木康洋会長
朝日新聞によると、シールズによる反戦デモに参加しても雇用は保障するので心配するなということらしいです。でも、そんなのは到底信用出来ません! 安保法制を含め、もはや朝日新聞の言っていること、書いていることを信用する人はいませんし、私たちはもう朝日には騙されません!


fg
画像左上:出発直前の様子
画像右上から時計回りに:デモ行進の様子

hi
今回のデモにおいても妨害勢力によるカウンターがあったが、炎天下の暑さのせいか、その勢いには陰りが見られ、終着地点の日比谷公会堂へ一直線に向かう通りでは既に姿は見えなくなっていた


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆日蓮系か…創価不満分子か…?

8/1 左翼系による「公明党」糾弾デモ IN上野〜浅草

12
 安保法制については方々で触れられている通りなので、当ブログでは別の観点から安全保障関連法案をめぐる一連の動きを追っていきたい。

 『政教分離を求める会』のブログにも画像のみを掲載してもらった。

珍妙な創価/公明党批判デモ
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=81

 行動する保守運動主催の安保法制支持の国民大行進より前日の8月1日(土)のこと。東京・上野で珍妙なデモの一行を見かけた。

 総勢が30名くらい。その主張を聞いていると「安倍内閣から子供たちを守れ!」「憲法を壊すな!」「集団的自衛権に反対!」「沖縄・辺野古の埋め立てを認めないぞ〜!」などとするもので、「また、いつもの左翼デモ」かと思っていたら、参加者の誰もが「創価学会は恥を知れ!」だとか「公明党は恥を知れ!」とするプラカードを掲げていた。

34
 安保法制に反対の左翼系デモには違いないが、どうやらその主たるスローガンは安保法制を推進する自民党と連立政権を組む『公明党』と、その支持母体である『創価学会』へ向けた批判デモ」であるようだった。

 シュプレヒコールからは集団的自衛権の行使容認に絡め、「創価学会は何が平和の宗教だ〜!?」「公明党は何が平和の政党だ〜!?」とするコールが流され、「公明党・創価学会は日蓮の教えに学べ!」とする旨も主張されていたものである。

 沿道にいた警視庁関係者をつかまえ、事情を聞いてみたが、どうもその正体が判然としない。

 マスコミ報道に流されているような一般の市民団体であり、やや左寄りで、公明党・創価学会への批判姿勢が強いのか…? いや、普通の市民の集まりなら、それこそ「辺野古移設反対」や「安保法案に反対」などと偏ったことは主張していないだろう。

 日蓮系の左派グループなのか? そこに創価学会内部の不満分子も混じっていたりするのだろうか?

 安保法制が本格審議され始まって以来、公明党・創価学会の内部も大混乱している。今年3月に名誉会長である教祖・池田大作が亡くなったのではないかとする情報が内外で飛び交っているようだ。もし亡くなっているとしても、もっと以前だと思うが、何を根拠にしているのか、今年3月という説で伝えられていると言う。

 公明党は自民党との連立パートナーであり、安保法制推進のスタンスにある。学会内部は青年部や壮年部など男性信者を中心に「公明路線」のようだが、対する婦人部などは安保法制反対の左翼勢力に同調する傾向が強いとされる。

 安保法制反対の左翼勢力には別名「志位ルズ」などと揶揄される新学生運動勢力シールズの台頭など、目を惹く点も強いのだろう。

 それ以前に公明党は平和の政党であることを前面に謳い、創価学会は平和の宗教であることを前面に謳ってきた手前、信者にとっては左翼勢力やマスコミから戦争法案の如く喧伝(けんでん)される法案の推進には、自らの思想信条・信仰から受け容れ難く、耐え難いことなのだと思われる。

 これは世間一般にも言えることだが、せめて学会内部で「平和とは憲法のみでは守れない」「自ら戦って勝ち取り、守るものだ」とする本当の平和主義がきちんと教えられ、周知徹底されていれば、事実上の内部分裂のようなことにはならなかったのだろうが、公明党・創価学会にとっては偽りの平和主義がここへ来て、却って仇になった。
5
 公明党にとっても安保法制を推進せざるを得ない事情と言うのもあるだろう。安保法制など、ぶっちゃけアメリカからの要請で、さらに言えば「そのようにしてくれ」とする圧力も同然である。日本国として、その要請には応えなければならないとする裏事情もあるのだろう。

 一説によると、もし、公明党が安保法制に正面切って反対しようものなら、「米国内の創価学会をカルト認定する」という圧力があったとも伝えられる。アメリカ合衆国で創価学会がカルト認定されようものなら、その打撃はフランスでカルト認定されたことの比ではないくらいに大きいものとなろう。

 そうした米国からの圧力への反発もあり、ゆえに創価学会内部では反米的な意味合いから左翼や反米右翼に肩入れする向きがあるとの見方もある。

 日本でも自民党が「政教分離の原則への違反」を持ち出してくることは想像に難くない。

 つまり、公明党にとっては安保法制を推進しても分裂を招き、反対すればなお政党・教団にとって危うい事態となる。まさに行くも地獄、戻るも地獄の中で、上層部が法案を推進し、政党・教団内部では事実上の大分裂が起きているというのが実状だろう。

 また、ポスト池田体制での権力争いの一環だろうが、創価内部には政治から完全に手を引こうとする勢力と、これまで通り権力の座に縋(すが)ろうとする勢力の熾烈な主導権争いもあると伝えられる。

 いっそ公明党・創価学会として安保法案に挙って反対するシナリオのほうが面白かったとは思うが、それでも教団内部なのか外部なのか、はたまた日蓮内部なのか、左翼系とはいえ、こうした公明党・創価学会への真正面からの批判デモが起き始めたというのは画期的なことである。

 安保法制反対、辺野古工事反対といった左翼系の主張には到底賛同出来ないが、公明党・創価批判との観点からのデモは珍しく、且つ頼もしい。

 これまで行動する保守運動系など右派では創価学会・公明党批判のデモや街頭行動が度々行なわれているが、左系の創価・公明党批判のデモが開催されたことは画期的であったと言えよう。

7
初代教祖である牧口常三郎の名前を書き、「緊急通達 学会員に告ぐ! 裏切り公明党を即解体せよ!」とするプラカードを掲げた人もいた
さすがに初代体制の頃を知る創価信者は存在しないだろうが、牧口初代の系譜を受け継いだ戸田城聖教祖の頃を知る信者はいる
創価学会は三代目会長の池田大作体制から急変した
古くからの信者にとっては戸田二代目の頃に回帰して、静かに信仰だけをやろうとする向きが強いのかも知れない
それもそのはず、信者にとって選挙の度に駆り出され、選挙活動で信心を計るように這いずり回されては敵わない
だいたい、信心が厚いとか薄いとか、信心が足りなければ何か問題があるのだろうか?
人それぞれ、信仰の度合いというのがあるだろう

6
自公政権の安定が日本を破滅させるとする旨のプラカード
我々とは趣旨が正反対に異なるが、ある意味では当たっている!


 8月2日の行動する保守運動主催の安保法案推進デモもそうだが、最近の傾向を見ていて思うことは左右ともに「日本を守る!」「日本を守れ!」とするフレーズを掲げていること。

 無論、守るの意味は正反対に異なり、守るのは憲法ではなく、国民生活の安全である。そのためには武力の保持ならびに交戦権の行使はやむを得ないと言うか当然である。

 2日当日のデモでは妨害に出現したカウンター勢力が我々に対し、国賊!」「売国奴!」「帰れ!なる罵声を浴びせ続けたが、国賊で売国奴であり、帰るべきはどちらかという話である。

 安保法制に反対…まではともかく、暴力的な言動で以って自由な言論を封殺しようとする現代日本で最悪の国賊、売国奴どもから国賊、売国奴などと言われたくはない。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

☆「行動する保守運動カレンダー」より

8・8 東京新聞への抗議行動!
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=832
o0317045013382395069

8・8【行動する保守運動】 反靖国・反天皇・反原発 極左キャンドルデモへのカウンター

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=834


☆琉球在特会 声明(5)
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12056990370.html
t02200165_0800060013382944352


2ちゃんねる撲滅!
BLOG侍蟻 『2ちゃんねる』誅滅実行!

sankei
sankei2
前産経新聞ソウル支局長を起訴した裁判!

検察側の証拠書類として2chへの投稿!

もはや国家、司法としての体を成さない!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

【同盟リンク一覧】

setohiroyuki 14fbb11f

garyou shishinokai

azumaebisu seikyou-bunri

【賛助金の振込先】

ゆうちょ銀行 記号 10100 番号 68224881
名前:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:6822488

ゆうちょ銀行 記号 10120 番号 59476111
名前:政教分離を求める会
その他の金融機関からの振込みはこちら
店名:〇一八(ぜろいちはち) 店番:018 預金種目:普通預金 口座番号:5947611


三菱東京UFJ銀行 秋葉原支店(普通)3869967 有門大輔



Posted by samuraiari at 21:44 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ | カルト邪教政党・集団ストーカー問題
この記事へのコメント
5
真夏の闘争お疲れ様でした!!!!

企業では、「志位ルズ」に参加している学生の特定を開始しています。仕事をせずに労組活動を行うことが目に見えていますから・・・そもそも非合法活動に加わるならば、普通の道には戻れないことを覚悟して然るべきなのです。連中はそんなこと全く考えていないでしょうね・・・

初代・二代の会長時代は「国家のために」を前面に押し出していた創価学会ですが、大作が権力を掌握した時から変わりました。もう設立の理念は消え去り、完全に「池田教」になっているといえましょう。米国でもカルト認定が近そうですね・・・何度も書きますが、カルトを信仰する自由はないというのが「人権大国」の考えなのです!!

軍事力の裏付けのない無責任な平和主義を唱える賊に鉄槌を!!!!
Posted by morico13 at 2015年08月02日 23:10
5
>平成27年8月2日(日)、東京・銀座の水谷橋公園を出発地点として『行動する保守運動』の主催による「安保法案を支持する国民大行進」が開催された。


参加者の皆様、暑い中お疲れ様でした。


>沿道にいた警視庁関係者をつかまえ、事情を聞いてみたが、どうもその正体が判然としない。
日蓮系の左派グループなのか? そこに創価学会内部の不満分子も混じっていたりするのだろうか?


警察官がしどろもどろって事は…創価なんですかね?


>安保法制が本格審議され始まって以来、公明党・創価学会の内部も大混乱している。今年3月に名誉会長である教祖・池田大作が亡くなったのではないかとする情報が内外で飛び交っているようだ。もし亡くなっているとしても、もっと以前だと思うが、何を根拠にしているのか、今年3月という説で伝えられていると言う。


これは初耳です。
3月云々が本当なら凄い情報ですよ。
Posted by 大和民族再興 at 2015年08月03日 06:49
5
各位 ご意見を有り難う御座います。

>morico13さん
高校の頃、就職説明の学習会で、普段はうざったい先公が「自衛隊を否定すれば(企業の採用試験に)落ちるよ」と言った時、教室内が一瞬静まり返って、重たい沈黙になったのが印象的でした。当時、自衛隊のPKO活動が始まった頃でもありました。普段はあまり表面化しませんが、保守思想をベースとして成り立っている社会なのだと思います。一見は左翼が我が物顔で我が春を謳歌しているように見えますが。
影武者がいるわけでもないでしょうに、いつまでも池田死亡を隠し切れない創価は決断の時を迫られますね。亡きカリスマの幻影を負い続けるか、池田教から脱するか…?

>大和民族再興さん
創価の不満分子というのはあり得ますね。台東区内は創価勢力の影響というのはそう強くないと思いますが、別の見方をすると信者の間では「原点回帰志向」が強いのかも知れませんね。
…中には「リュウ」と称したバリバリの池田教信者も住んでいましたが(今もいるのかは分かりません)。
Posted by 有門大輔 at 2015年08月04日 14:06
5
私も先天的に弱視でなければ防衛大に入って石原莞爾のように「下剋上」を目指したのですが・・・(笑)仮に「志位ルズ」によって首相や防衛大臣、国家公安委員長らが殺害・拘禁され、治安維持の指揮系統が消滅した時、独自の行動によって幕府なりなんなりを武力を背景に打ち立てる気概がある自衛隊幹部は存在するのか大いに興味があります。
Posted by morico13 at 2015年08月04日 23:12
5
有門さん、デモ参加の方々お疲れ様でした。m(__)m

記事とコメ欄を読んで思い出した事が有ります。
組織的ストーカー=集団ストーカーに遭っている私は、仕事をしていた時に休みを利用して、デモに参加し始めましたが、月に1度の土曜休みやお盆など長い連休は、ほぼ仕事を入れられました。
建設関係の肉体労働系なのに。
行く予定のないデモの時でも。


Posted by 雪 at 2015年08月06日 00:25
5
>morico13さん
私もたぶん先天的な弱視の部類に入るのでしょう。
非常時に自衛隊を中心に武断政権を打ち立てる、そういう世論・風潮にしていく使命があると思っています。

>雪さん
激励を有り難う御座いました。
卑劣な足止め工作なのでしょうか。
建設工事関係で言えば群馬県の前橋地裁前で街宣をやった時、やたら何台ものダンプカーが繰り返し繰り返し、前を走行していたのを思い出します。
Posted by 有門大輔 at 2015年08月07日 00:47