2017年05月19日

創価「麻生会館」問題(7)

souka
※画像と本文は関係ありません


★外対声明!(5月18日付)

民事訴訟を使え!!
国際結婚トラブル&在留資格に関する諸問題を解決へ!!
http://gaitsui.web.fc2.com/statement/seimei2017_05_18/2017_05_18.htm

seimei
★外国人犯罪・事件簿
http://gaitsui.web.fc2.com/2nd_section/jiken/jikenbo.htm


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆「工事説明会」議事録より

「カルト教団施設が存在する」イコール「擬似集スト的な要素」!?

 創価学会の「麻生会館」建設問題に関するエントリーも今回で7度目。

:「創価・麻生会館問題」関連エントリー

2017年03月29日 創価「麻生会館」問題!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52043870.html

2017年04月02日 創価・麻生会館問題(2)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52044229.html

2017年04月07日 創価・麻生会館問題(3)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52044641.html

2017年04月12日 創価・麻生会館問題(4)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52045104.html

2017年04月18日 創価・麻生会館問題(5)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52045588.html

2017年04月29日 創価・麻生会館問題(6)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52046361.html

 これまでは近隣住民からの要望書での懸念表明に対し、創価学会サイドの回答という形式でお伝えしてきたが、ここからは「工事説明会」における議事録より、お伝えしたい。
souka2

 神奈川県川崎市麻生区での麻生会館の建設をめぐり、事業主である創価学会と施工業者は平成10月に近隣住民を対象とした何度かの説明会を実施したが、平日などで不在の住民も多く、11月2日に改めて工事説明会の機会を設けていた。

 場所は三井百合丘自治会館。出席者は近隣マンションの住民など17名に対し、事業主である創価学会本部から山根局次長、平野副部長。同じく創価・神奈川の責任者として坂本事務局長、井手事務局次長、奥田主任。その他、施工業者ら。
souka3

 創価学会関係者が事業主として挨拶し、工事と会館完成後の概要について述べた後、近隣住民からの質疑応答に移る。

 …ここで創価学会と言うかカルト教団の体質について驚愕の事実が近隣住民より指摘されている。

【近隣マンション住民 匿名】
本日は工事以外の部分についても、この機会に発言させて頂きたく思います。

 実は創価学会に何らかの縁があるのか、これまで何度か転居してきた過程で、創価会館の付近に住んでいた経験があります。その経験も踏まえて質問と意見をさせて頂きます。

 特に思想や宗教について意見するつもりはありません。
 これまで(創価の)真向かいなどに住んだ経験と、集団が行動すると、どんなことになってしまうのか…という点について。

 先ほど日照時間についての説明がありました。(私たちが住む)マンション側に向かって非常に大きな窓が付くような設計になっていますね?

 そちらから見て、私たちがどのように見えるのかということを視覚的に説明して頂きたい。

 かつて(創価会館の付近に)住んでいた時、礼拝時はブラインドなどを閉めていましたが、終了後に信者らはやはりブラインドを全開に開けており、そちら(創価会館)から我々を見ていることがありました。

 自宅でリラックスしていた時間帯でしたので、非常に気になったものです。

 やはり見られている側として…例えば、(向かい側が)一戸建ての家であればその家族だけの人数で住むが、大人数の信者に見られるというのは非常にストレスです。

 今まで自由に暮らしていたところが、そのようにはなりません。

(中略)

 そして一番言いたいことですが、このようないきなりなやり方(急な着工)に全ての不安を感じます。(創価サイドは)地域に密着した…ということを言っていたが、ゴリ押しに感じてしまいます。

 例えば集団で信者が500人来て、朝から晩まで会館を使うことになるでしょう。

 創価学会に限らず、色んな人が集団となって来る騒音、行動、交通機関の利用を本当に管理出来るのですか?

 今現在、私どもの自室はバス停のすぐ側に位置していますが、今でもこの閑静な住宅のリズムの中で(話し声が)丸聞こえになっており、非常に大変ですよ。

 それが創価会館の完成で、どんな状況になるのかと思うとゾッとします。バスを待つ信者とその話し声。それが長くなります。そして車が増えるでしょう。

 実は今まで住んでいて真向かいに創価会館があった頃、信者たちの行動は、やはり『自分たちこそ正しい』という、その集団心理が作用していました。地域住民のほうが小さくなっていました。

 信者の中には横断歩道を渡らない人もいました。

 大人数の信者が往来する中、地域住民のほうが遠慮して、その合間を縫うように車を運転していたものです。

 黙っていたら麻生区でも大変なことになると思い、この場を借りて発言させて頂きました

以上

 これに対して創価学会サイドの回答は、「窓の閉会は清掃やメンテナンスの時以外は行なわない」「二重サッシやカーテン、フィルムなどで近隣住民の方が気にならないように運用、配慮したい」というもの。

 それでも人間の心理というのは分からない。創価・麻生会館のように大層ご立派で神殿のような施設にいると、下界を見下ろしたい(見下したい)という心境になったりする。

 しかも、自分たちこそが創価の教えに従って崇高な信仰をしているという驕り、高ぶりがどこかで生じたりする。

 これは飽くまでも想像だが、信者たちから見た近隣の景色はこう映るのではないか?

「あの家、見てごらん。改装工事なんかやってるよ」「あそこは建て替えなんかしてる」「へぇ〜おカネがあるんだね」「あんなことをやる余裕があったら、入信して御布施するべきだよね?」「私たちの信仰を無視して生意気だよね」

「あいつら(近隣住民)、何の信仰も無い狂った連中なんだよ」「それじゃ救われないね。現世利益がないよ」「おカネの使い方を間違えてるよね」

「あそこの家、豪勢な造りだよね? 何も信仰せずにシコタマ貯め込んだんだろうね。あれじゃ仏罰が下るよ」「まるで周りに見てくれと言わんばかりだよね。じっくり見てやろうよ」

 …などなど。これらは飽くまでも想像に過ぎないが、一般的な常識で考えて、上記の信者たちの会話は無理くりなものばかりである。

 だが、大人数の集団で、それも「聖域」の如し会館内で信仰を繰り広げている者らにとっては非常識な発想も常識となり、その思考や言動もおよそ世間のそれとはアベコベのものになりがちである。

 前述の近隣マンション住民の経験談にしても、見ていた側の信者たちに特段の悪意はなかったのかも知れないが、ただ、他家を見ているという不気味で奇異な行動はカルトという集団の中で正当化されてしまうこともあるだろう。

 次に交通の問題について。

 これは創価学会に限らず、一般的に普通の公立学校(中学校や高等学校)の通学でも起き得ることなのである。

 これは筆者(有門大輔)も在学中に経験したことだが、通学・帰宅途中に何十人、何百人もの生徒が道という道で端にも寄らず、道路を塞いでしまうため、通過車両とのトラブルは度々だった。

 あまりの酷さに然る業者が学校の職員室に怒鳴り込んで来たこともあったという。

 無論、学校側は全校集会の場などで繰り返し注意しているが、時が経てば再び同じトラブルが頻発してしまう。

 また、自転車で通行する近隣住民との接触事故やトラブルも日常茶飯事。通りによっては狭い道もあるわけで、そこを何十人、何百人もの生徒が毎朝毎日、行き交いしているのだからトラブルにならないほうがおかしい。

 さらには生徒の中には横断歩道で平然と信号無視をする者が後を絶たない。「車が来ていないんだから渡っちまえ」という発想である。

 それを見た小学生や幼稚園児も真似して信号無視をしてしまう。「あの人たち(中学生や高校生)がやっているから」といった具合である。

 そのため、付近では小学生や幼稚園児が車に轢かれそうな場面が何度かあって、信号無視についても近隣の父母らが学校側に苦情を寄せて来ることが度々だった。

 当時は昭和期の「団塊ジュニア世代」が中学・高校に通っていた頃。同じ制服を着た集団が大勢で通りを闊歩しているという安心感が集団心理として悪い方向に作用したのか、ついつい、つまらないことも仕出かしてしまう。

 書店の前でも通ろうものなら、店頭に平積みされた週刊誌(少年ジャンプなど)を何ら悪びれることなく、平然と手に取ったまま持ち去る(つまり万引きする)先輩方も目撃した。

 その他、他校との喧嘩沙汰や駅構内での喫煙など、とにかく、たかが中高生でも大軍団ともなれば厄介である。

 思い起こせばあの当時、地域の通りや駅構内も、まるで自分たちのためだけにあると心のどこかで錯覚していたのかも知れない。

 …その施設が創価学会だからとか、宗教団体だからという理由だけではない。ごく一般的な学校でさえ、この有り様だったのである。

 集団だから厄介。ここに宗教団体、ましてカルト信仰という要素が加味されればどうなるかは火を見るより明らかである。

 近隣マンション住民の経験談からも、創価などのカルト教団には俗に言う集団ストーカーを生む要素があることを改めて実感した。

 ましてや、それが閑静な住宅街のド真ん中にあって、カルト信者らの特異な体質は他地域より一層浮き彫りになるのではないか?


5月19日現在、今以って創価学会の公式サイトでは麻生文化会館の案内は掲載されていない。
創価学会 会館案内(神奈川県) http://www.kanagawa-soka.jp/hall.html

c4ae13f0

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドの「半ウヨ」を逆ウォッチするブログ!
sotokanda
左右を問わず、真の尊皇攘夷派が敵の牙城に斬り込む!!
ネラーたちをいかんなく嘲笑、ネトウヨの巣窟だろうと容赦なし!!


チョン糞ブタマネの新工作(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12275643604.html
チョン糞ブタマの同士討ち(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12275730353.html
チョン糞ブタマネの嫉妬(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12275898026.html

工作員
2ちゃんにしても
センス無し!

工作員
見当違いに
レス求め!

そのスレ
共謀につき
書き込むな!

今日詠みし歌


701c9198-s 



Posted by samuraiari at 06:00│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
カルト邪教・集団ストーカー問題 
この記事へのコメント
5
創価信仰などは自分たちの内輪でやっててくれていれば何の問題もありませんが、非創価の人々の生活態度などにも干渉するようになれば問題です。そんな道徳的にすばらしい方々が押し戴くのは池田大作?笑わせるのも体外にせよ!!

創価信仰を憲法で禁止せよ!!
Posted by morico13 at 2017年06月08日 17:54
5
>morico13さん

先日、某カルトの勧誘に遭いましたが、まぁ創価と似たようなもんです。

生活態度に干渉…と言うか病気の時のお見舞いなど、連中はそういう取り入り方が上手いのが事実なだけに侮れません。

以前、岩手県久慈市の東北地方に住む元支持者の人だったんですが、お姉さんが創価信者でした。
そのため、創価信者が自宅を訪れ、同じく信者であるお姉さんやご両親と談笑していたところ、殴り込みのように乱入して歓談の場をぶち壊し(笑)。

挙げ句、実姉に対して「(創価信者の)携帯番号を教えろ」だの、創価信者に電話して「絶対許さん!」ぐらいの勢いで食らいついたらしいです(笑)。

まぁそのくらいの勢いが必要なのでしょうかね…。
Posted by 有門大輔 at 2017年06月18日 00:37

コメントする

名前
URL
 
  絵文字