2017年06月03日

カルトと政治の匕首(あいくち)

13

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!

カルト政権政党の代表宅へのダイレクト抗議街宣!

2017 05 31 〜東京・葛飾区西亀有にて 公明党代表・山口那津男邸への糾弾行動〜
https://www.youtube.com/watch?v=WFftDjdjXuY&t=26s

2017 05 31 公明党代表・山口那津男邸への糾弾

https://www.youtube.com/watch?v=mnMsIsjAX1E

撮影:外撲協 撮影班

 既にお伝えしたように、さる5月31日、東京・葛飾区西亀有に位置する山口那津男邸への抗議街宣を敢行したものである。

:当ブログの関連記事

2017年06月01日 カルトの総本山へ!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52049153.html
2
画像:中央奥に見えるマンションが公明党代表・山口那津男の自宅


 実際に政権政党の代表が住む自宅を見て驚かれる方もおられることだろう。

 これは信濃町(新宿区)にある創価学会名誉会長・池田大作(故人か否か、生死が不詳)の自宅についても同じことが言える。

 一軒家だったが、造りそのものは質素。まるで一般庶民と変わらない生活ぶりを意外に思う方もおられるだろう。

 それもそのはず。情報化が進んでいない昭和時代ならともかく、運動会が開けるほどの庭園と城のような邸宅に住んでいれば信者・党員からの反発と不信感を招くことは必至。

 公明党の代表くらいならともかく、いかにカルト団体の最高権力者と言えども、やはり信者の目や世間的な体裁というのは一定程度、気にせざるを得ないのだろう。

 ただし、前述のように、これが情報化がさほど進んでいない昭和の時代やそれ以前なら、彼らの暮らしぶりというのもまた違っていたのかも知れない。

 豪邸に住み、自宅の庭だというのに迷子になりそうな広大な庭園を構えるなど、見栄を張ってナンボ、贅沢な暮らしぶりを見せつけてナンボの時代であったとしたら…。

 池田大作など、その出自からして、そう裕福ではない人間の場合、やはり生まれついての質素さというのは抜け切れなかったのだろう。

 しかしながら、最高権力者・池田の場合、創価会館から創価系の高校、大学、企業に至るまで、日本国内は言うに及ばず、世界中の創価施設が彼の所有物(私物)も同然であり、その資産・資金たるや莫大…。いかに自宅の造りが質素だろうと、その暮らしぶりに騙されてはいけない。

 表向きの暮らしぶりは質素、しかし、裏では豪勢極まりない暮らしぶりを謳歌しているなど、こうした裏とオモテの貌(かお)を使い分けるのも「堅気とヤクザの間のグレーゾーン」を生きてきた人間の狡猾さである。

 まるで神殿のような教団施設、その施設に設けられた広大な駐車場と敷地…これらは信者から吸い上げた莫大な上納金(お布施)で建てられたものであり、これが宗教法人に非課税でカルト団体までを野放しにしてきた結果である。

asou

:「創価・麻生会館問題」関連エントリー

2017年03月29日 創価「麻生会館」問題!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52043870.html

2017年04月02日 創価・麻生会館問題(2)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52044229.html

2017年04月07日 創価・麻生会館問題(3)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52044641.html

2017年04月12日 創価・麻生会館問題(4)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52045104.html

2017年04月18日 創価・麻生会館問題(5)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52045588.html

2017年04月29日 創価・麻生会館問題(6)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52046361.html
2017年05月19日 創価「麻生会館」問題(7)

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52048032.html

2017年05月31日 創価「麻生会館」問題(8)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52049046.html
a

 カルトを野放しにし過ぎた結果、創価学会に至っては創価の政治部門とも言うべき公明党が政権与党の座に位置して
久しい。

 「共謀罪(テロ等準備罪)」のような重要法案まで創価の意に沿った形で運用・適用されることが懸念されている。

 一方ではストーカー規制法のように、公明党の要求によって「恋愛感情のもつれに基づく犯行」に限定された法律は絶対にいじられることもなければ、その箇所が改正されることもない。

 臨時福祉の名目で全国民に(税金から)給付金が配られたと思いきや、実際には創価信者から選挙資金を吸い上げるための給付金…。

 創価信者の自衛官を死なせたくないためか、自衛隊の海外派兵と武力行使をも阻害…。

 全ては創価学会という一教団の利益・権益を維持・拡大させるためだけの政治が行なわれていると言っても過言ではない。

 ここまで憲法で定められた「政教分離の原則」に反した政党が政権与党になおも堂々と存在している。

 全ては信仰の自由の名の下に、カルトを野放しにし過ぎてきたことの帰結である。

 …日本の戦後社会の特徴は、「思想信条の自由」に基づいて共産主義者を野放しにし、信教・信仰の自由に基づいてカルト創価を野放しにしてきたことにあるだろう。

 政党助成金を受けないとする日本共産党のスタンスは立派だと思うかも知れないが、それだけ共産党が営利事業での政治資金を確立させた組織力の拡大と見なければならない。

 創価・公明党の場合は創価学会という宗教法人に非課税としてきたことが、創価の伸張と与党・公明党の増長に拍車をかけている。

 自公政権で公明党が国土交通相ポストを独占する状態が常態化。ヒトの移動が驚異的に発達した現在、鉄道、道路や公園などの公共設備、海上船舶、航空に至るまで、一番主要な部分で日本の在り方が歪められている。

 駅や公共施設では当たり前となった外国語の併記。それも複数の外国語の併記で、自民党政権による外国人労働者の受け入れ拡大とは(安価な労働力の導入でコスト抑止を狙う)財界の要望も然ることながら、海外の創価信者を日本に呼び寄せたい創価学会による要求も大きいのではないか?

 創価信者の外国人労働者が海の外から大挙やって来たところで、その生活を最初に支援するのは税金からの支出…。

 言ってみれば非課税のカルト創価が国民の血税を使って創価なる教団の利益・権益を拡大させることに狂奔している

 こういう状況にあって、私たち日本国民に出来得る反撃の手段とは何だろうか?

 もはや税金を払わないという「税金不払い闘争」しかない!

 常識的に考えて国民生活が重税で苦しめられている一方、カルト教団・創価のみが非課税でのうのうとしつつ新施設の建設にお金を使い、創価学会のために血税を好き放題使っているようなもの…。

 もはや税金不払い闘争しかないのである!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より

6・4 オール埼玉粉砕カウンター
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1241

c
今年も来ました!
今年もやります!

日本人が危機に立ち向かわずして…
日本人が戦わずして

誰が日本のために戦うのか!?

集団的自衛権
憲法の改正
安保関連法
共謀罪

これらは賛否も何も問うまでもなく、どう運用するかが問題!

これらの正しい運用、正しい適用を求めた良識派の意志を示します!

反日左翼集団『オール埼玉総行動』への粉砕カウンター!

あちらがオール埼玉なら、
こちらは愛国市民の「オール日本」である!

【日時】6月4日(日)
集合11:00 浦和駅西口交番前
出発11:30(カウンター場所まで)

【場所】浦和区高砂1−9路上近く
【持ち物】横断幕、拡声器、のぼり、団体旗等
【主催】牢人新聞社
【協賛団体】外国人犯罪撲滅協議会
【連絡先】渡邊昇 090‐8770ー7395

b

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドの「半ウヨ」を逆ウォッチするブログ!
sotokanda


今回の見どころ

今日も名無し工作員の支離滅裂さが全開!
名無しの匿名ゆえ、その言葉に責任感も本気度も皆無!


チョン糞ブタマの応援団(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12280192870.html
チョン糞ブタマネギとデブジローの絶妙コンビ(笑!!!!
http://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12280289601.html



701c9198-s 



Posted by samuraiari at 06:00│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
カルト邪教・集団ストーカー問題 | 外撲協(旧NPO外追) 抗議・街宣
この記事へのコメント
5
確かに、池田名誉会長の豪奢な生活・・・などが批判されたことは今までありません。見せ掛けであっても質素な暮らしをしていると思われます。その点において、麻原尊師などとは異なるのかもしれません。学位を買い漁るなども学会幹部の行動であるかもしれません。しかし、公明党結成の理由は「池田先生を護る」ことにあったことは周知の事実です。おかげで名誉会長の証人喚問は実現していません。後藤組との関係など棺桶に持っていかれては困ることが山ほどあります。生死は定かでないとしても、名誉会長の証人喚問が必要です。公明党が自民党と決裂すればすぐにでも実現します。そう遠い日のことでもないと思います。
Posted by morico13 at 2017年06月08日 22:15
>morico13さん

皮肉なことに証人喚問の実現で池田大作の生死が判然とするのかも知れませんね(笑)。

既に都議会では自公が決裂。この余波は国政にも及ぶでしょうね。
Posted by 有門大輔 at 2017年06月18日 01:16

コメントする

名前
URL
 
  絵文字