2017年09月10日

変貌する中華街と渡来人の聖域?

3
画像:横浜・中華街
既に十数年前より支那人(中国人)ニューカマーの台頭が指摘されていた


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆共生の意味を考察する!

居住は認めても「支那人(中国人)自治区」を認めるな!

 神奈川県の横浜・中華街でゴミ出しルール違反が社会問題となっている。

4
画像:筆者(有門大輔)のツイートより


 中華街では既に十数年も前から支那人(中国人)ニューカマーの問題が指摘されていた。

 飲食店を中心に中華を堪能出来る街として、日本人にも広く、そして長く親しまれてきた横浜・中華街だが、確かに街中で散見され始めた支那人ニューカマーの姿から、街の景観が変わりつつあるのが分かった。

 それから十年近くが経過。

 支那人ニューカマーが増えた結果がゴミ出しルール違反による景観の悪化と、地域の環境破壊である。

 中華街のような半ば異文化圏の存在が一概に悪いとは思わない。武家時代から支那人ほか外国人居留区というのは存在したわけで、その名残りとして各地の中華街が現在に至るまで存在する。

 食文化を中心に味わえる異国情緒。そうしたものが存在するのは一向に構わない。本当の意味での文化交流がそこには存在したわけで、「正しい意味での(多文化)共生」が実現出来ていたと思う。

 ただ、現在のように日本の人口1億2千万人から見れば微々たる数かも知れないが、数十万から今や200万人をゆうに突破しようかという数の外国人流入はもはやマイノリティ(少数派)などと言える次元ではない。

 日本周辺の状況を見渡せば、それこそ毎日のように支那人民解放軍の艦船やら軍機が尖閣諸島沖に出没しては、やれ紀伊半島だ、やれ伊豆沖だと領海・領空侵犯の範囲を広げつつある。

 こうした状況で支那人民との間に正しい共生を図れるわけがない。

 異文化交流の本家である横浜・中華街でさえ、さんざんな状況だというのに、ここに池袋(豊島区)チャイナタウンなど作らせれば、どういう状況になるかは火を見るよりも明らかだろう。

 先日は遂に白昼堂々と公道上での支那人によるレイプ(未遂)事件が発生したが、ただでさえ殺人やら傷害、誘拐など、支那人犯罪が横行しているというのに、無法地帯の状況に拍車をかけるようなものだ。

 横浜・中華街の場合も同様。飲食店に勤める…または飲食店オーナーとなった支那人ニューカマーによる露骨なルール無視が、ゴミが常に散乱するという街の環境破壊をもたらした。

 全ての元凶は支那人ニューカマーの増加と増長にあると言えるだろう。

 前述のように、武家時代のように幕藩政治が居住範囲を定めた支那人居住区のうちは良かった…近代に入ってからも「普通の中華街」として存在しているうちは良かった…。

 だが、問題は現代になってからだ。

 もはや中華街は「支那人自治区」の治外法権になりつつある!

 居住区でもない、中華街でもない…支那人ニューカマーの自治区という無法地帯になりつつあることが問題である。

 ゴミ出しルール違反による環境破壊は必然、日本人買い物客の足を遠のかせ、支那人ニューカマーばかりを寄り集めさせる…そして必然的に治安の悪化をもたらす。

 池袋チャイナタウン計画に対しても依然、愛国市民勢力が反対の声を挙げ続けているが、横浜・中華街までチャイナタウンの支那人自治区にしてはいけない!

 ゴミ出しルール違反による街の汚染は支那人ニューカマーが全ての元凶であり、日本人の美意識を何ら考慮しない支那人ニューカマーどもが持ち込んだ異文化との衝突という「民族問題」である。

 横浜・中華街への支那人ニューカマーの侵食をこれ以上、許してはならない!


★外撲協 公式サイト(広報より)
2017年09月02日 【東京】『護国志士の会』月例・池袋街宣(第10回)
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1885755.html
1eefdf5c-s

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆南朝鮮の文化侵略!

渡来人に便乗する在日朝鮮勢力の卑劣な民間交流?

 次は埼玉県内での問題より。

 同県日高市に在住される方より、高麗(こま)神社についての情報提供を頂いたものだ。

 余談ながら日高市は格安の中華チェーン店で知られる『日高屋』の創業者の出身地。元は個人経営の中華料理屋だったが、チェーン店として各地に展開する企業に発展。

 店舗の店員には支那人アルバイトも少なくない日高屋だが、特に在日支那人だとか、そういった外国系の影響は一切ないものと思われる。

 では、本題に移ろう。

 日高市在住の方より、「高麗神社に隣接している聖天院というお寺、表向きは風神雷神など普通なのですが、奥は韓国です。『恨みを忘れない』というモニュメントがあります。

 先日、高麗神社、聖天院に行き、ここは南朝鮮かと思うくらい、気分が悪くなりました。15年前に行った時は田舎の歴史ある地域でしたが、それが今では下品きわまりなくなっていました。
 来月、お祭りがあり、無関係な韓国踊りが披露される予定だそうです
」との情報を頂いた。

 この高麗神社については、当ブログでも以前に何度か連載している。

:当ブログの「高麗神社」関連エントリー

地方で胎動する排韓機運! 平成25年8月13日付
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51907544.html

続・地方で胎動する排韓機運! 平成25年8月15日付
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51907808.html

韓日共生・同化の聖地をぶっ壊せ! 平成25年8月30日付
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51909834.html

埼玉・日高より日韓断交の狼煙! 平成25年10月14日付
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51915682.html
1
画像:現在の高麗神社とその周辺の様子

2

 古来に日本へ渡って来た渡来人の子孫たちは元来、近代(明治〜大正〜昭和〜平成)にかけて新たにやって来た朝鮮人とは別格の存
在として扱われてきたように思う。

 そこに近年では韓国民団やら何やらが絡み、南朝鮮(韓国)の舞踏披露など、民間交流に名を借りた文化侵略が露骨になってきたようである。

 と言うよりも高麗神社の存在自体が南朝鮮からの文化侵略の橋頭堡として利用されているのではないか?

 今上天皇陛下が韓国との関係について「ゆかりを感じる」と仰せになられたのは広く知られるところだが、陛下の仰せの通りで歴史的にも「ゆかり」はあるだろう。

 同様に支那大陸との交流も長く、広く、浅からぬものだ。

 ただ、それらは「ゆかり」を感じられるような時代の話であって、現在の日韓または現在の日中関係とは切り離して考えられるべきである

 それよりも何よりも、古来のゆかりを口実に露骨な文化侵略を繰り広げてくる韓国民団など南朝鮮勢力の所業は断じて許せたものではない


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
9・16 横田基地日米友好祭1日目
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1300
9・17 横田基地日米友好祭2日目
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1291

2日連続、トランプ支持デモ(10・22)の前哨戦を行ないます!

瀬戸弘幸先生ならびに『護国志士の会』主導の行動となります!

1282-1


2ちゃんねる撲滅!

『護国志士の会』叩きに必死なクソスレの工作員を嗤う同盟ブログ!

sotokanda
チョン糞ブタマ並みの知能(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12309230544.html
チョン糞ブタマのスレ立て修行(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12309321948.html


701c9198-s 



Posted by samuraiari at 22:37│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
池袋中華街・中国人追放運動 | 朝鮮総連・韓国民団粉砕
この記事へのコメント
高須クリニックVS大西ケンスケ 民進党
国会で高須医院長の嫌がらせをしてから
山尾(アニー)元検察官も不倫で離党。
愛知県刈谷市八幡町に自宅がある大西ケンスケ
鍵アカにしてあるし、愛知県安城市の大西事務所は電話に出ない。
民進党、次から次に文春に悪事を暴かれ消えることになるかも
Posted by 民進党は解党してほしい at 2017年09月11日 10:08
横浜中華街にはもう10年以上行っておりません 
毒餃子や下水油のニュースでもう食べるのは無理です・・

日本における外国人の排斥には、残念ですが、「有事」しかないように感じます
尖閣で有事が起きればシナ人を
朝鮮で有事が起きれば朝鮮人を排斥できます

こちらにも被害が出るでしょうが仕方ありません。
それ以外に外国人による侵略を止める方法は全くないのですから・・
Posted by miku at 2017年09月11日 22:41

コメントする

名前
URL
 
  絵文字