2017年09月13日

カルト国交大臣と空港

1
画像:ISに参加しようとシリアへの越境を試み、トルコ軍警察に身柄を確保された日本人の男
過去、中東の紛争地帯へ渡った日本人然り、日本が海外への出国を自由にしている以上、こうした若者(馬鹿者)が続出するのも致し方ない
のか…


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★関連ブログ『政教分離を求める会』
カルトへの課税が先だろ!(9月12日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=142

zei

 9月12日、石井啓一国土交通相(公明党)は外国人観光客を4千万人に増やすための財源として、訪日外国人や日本人までを含めた日本
からの出国者に「出国税」を課す案を発表した。

 現状でさえ年間1千万人を突破した外国人観光客に紛れ、犯罪者予備軍の外国人が少なくないというのに、ここに年間4千万人以上の外国人観光客を招くなど、狂気の沙汰でしかない。

 単純に考えて出国の度に税金がかかるというだけで日本への観光客(特にリピーター)は減少してしまうのではないかと思うが、それが政府・与党の意図するところであれば何も言うことはない。

 海外旅行など、日本人の出国にも影響が出てしまう。

 尤も日本人旅行者の場合、無防備に旅先を出歩いては悪質な客引き、スリ、かっぱらいの類から格好のカモにされ、最悪、命まで奪われてしまう例が後を絶たないので、海外への出国にブレーキがかかる状況は一概に悪いとは言えない。

 本来的には外国人が観光する以上に、日本人が国内を観光して回るくらいでなければいけない(海外を旅行する余裕があるのであれば)。

 それにしても、政府・与党が当初の目標とした外国人観光客1千万人をゆうに突破して、新たな観光客を呼び寄せるための財源が必要だとは妙な話だ。

 呼んでも呼んでも、さらなる財源が必要なら、呼ばないほうが良い。

 一部の観光業界は潤っているのかも知れないが、支那人(中国人)観光客の「爆買い」など、一時的には盛況な売り上げに見えても、その一方では日本人客の足が遠のくという悪循環を招いている。

 各地で大型デパートの撤退や閉店が相次いでいるが、そういう状況なのだ。日本に土着している日本人こそが消費しなければ潤わない。

 少々話は逸れるが、これは移民問題にも共通した傾向が指摘されている。

 米国では特にオバマ前政権時代に不法移民が増加。不法移民も生活必需品を揃えなければならないので、一時的には家電製品などが爆発的に売れ、好況に見えるかも知れない。

 しかし、長期的な視点で見ると不法移民によって米国人の雇用が奪われ、総体的な消費が減ったことにより、米国経済は冷え込んだ。

 労働にせよ、観光にせよ、長期的で総体的な潤いを外国人に委ねることほど危険なことはない。一部の経済界のみが利益を得るに過ぎない

 そもそも、観光立国政策に限らず、新たな財源が必要だと言うなら、政権与党・公明党の支持母体であるカルト『創価学会のような教団(宗教法人)にこそ重税を課さなければならないだろう。

 創価学会こそはまさにカルト花盛り。宗教法人はどこも新規の信者を獲得することが難しくなっており、創価学会とて現状維持が精一杯だと言われる。

 しかし、その中でも創価学会は全国各地の至るところに神殿のような教団施設を建てており、今年春には神奈川県川崎市麻生区の住宅街に(地元住民の強い反発を無視して強行する形で)新施設をオープンさせたばかりだ。

:創価・麻生会館関連のエントリー

2017年05月31日 創価「麻生会館」問題(8)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52049046.html

2fc664a9

 創価全体的に重税を課した上での住宅街での布教活動と言うなら、地域住民の理解も得られやすいに違いない。

 余談ながら、宗教団体の布教活動では創価学会のように政権政党の支持母体は却って動きが取り難く、昔のように過激で強引な布教活動は出来なくなりつつあるという。

 その一方、創価以外のカルト宗教団体が過激な布教活動に乗り出す傾向にある。集団ストーカー絡みの問題でも、創価学会以外のカルト団体についての話を聞くことが少なくない。

 創価も含め、カルト宗教が先細りになるのも当然。少子高齢化で若年層が激減している状況にあって新規入信者も少なくなるのは当然だろう。

 加えて90年代やバブル期のように好景気ではなく、学内のサークルを通じて最も勧誘しやすい大学生らが遊んでばかりいられるような状況ではなくなっているからだ(誰もが信仰している暇があったらアルバイトをしたい?)。

 入信者の新規獲得が難しくなり、カルトの各教団はますます先鋭化の度合いを強めていく。すると、ますます新規入信者が遠のいていくという悪循環を生んでいる。

 日本社会全体がそうだが、カルト宗教にとっても、まさに「冬の時代」だと言えよう。

 決してカルト宗教の肩を持つ意味で言うわけではないが、特に創価学会のようなカルト教団が組織内部を引き締め、少しでも新規入信者を増やそうとすれば、日本社会全体の景気を浮揚させるため、大々的な(現金の)バラ撒き政策でも行なう以外にない。

 公明党のような政権与党に巣食うカルト政党にとっても、是が非でも日本経済全体の浮揚を実行しなければならない状況にある。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆「公明党(創価)大臣」の責任!

テロ対策…入国管理…観光客…全てに絡む空港が危うい?

 公明党政権が打ち出した「出国税」に限らず、日本人の出国と国土交通省に絡む事件が相次いでいる。

 先ごろ、イスラム過激派組織ISに日本人妻の戦闘員が存在すると伝えられた。

is

 首相官邸としても事実関係の確認を急いでいるところだが、過去、ISへの参加または接触を試みて日本から出国した者が後を絶たない。

 戦闘行為への加担を目的とした渡航は日本国の法律で禁じられている。その意味では傭兵やフランスの外人部隊など、外国正規軍への入隊もそうなのだろうが、それらは日本国及び同盟国の利害に直接関係なく(関係の有無は時々の状況で違ってくるが)、また、当人らもやむにやまれぬサムライ・スピリットから自らの死地を海外の戦場に求めたものであり、本当の意味での「自己責任」での渡航である。従ってマスコミも日本人傭兵の存在を逐一問題にはしない。

 ただ、IS参加の場合は日本とて当該国として損害を被る恐れは十分にあり、目下、世界中の注目を集める過激派組織とあってマスコミも逐一、大々的に報道してしまう。

 現に、今回のように官邸関係者をも走らせる騒ぎになってしまっているわけで、こうした過激派への接触を試みた者らの渡航はパスポートを強制的に没収するなど、如何なる手段を以ってしてでも出国・渡航を禁じる措置が望ましい。

 それでもISに渡ってしまった者が出たわけだが、こうした時に「日本人」として帰国を促したり、説得を続けるのではなく、もう日本人としては認めない…日本生まれの日本人からも国籍を剥奪するくらいの強硬姿勢で臨むことが必要である。

 当人もそのくらいの覚悟で、自らの意思により、国の渡航禁止・自粛要請を無視してISに渡ったのだろう。

 その他、成田空港の搭乗口屋根にて女性(27歳)の変死体が発見された。

narita

 目立った外傷はなく、事故死と見られているが、マスコミ報道では敢えて「アジア系…」などと報道されたことが気がかりである。

 一応は日本人とのことだが、「帰化人」か何かではないかとも思われる。

 単に好奇心から及んだ若者特有の特異な行動(不法侵入)の結果、転落などの事故死であったのか、様々な憶測を呼ぶ。

 穿った見方かも知れないが、不法入国の手引き…もしくはテロの下見などに来ていたと考えられなくもない。

ari
画像:筆者(有門大輔)のツイートより


 仮にそうではなかったとしても、今回の不審死は空港内の安全管理について一抹の不安を残す。

 国土交通省では空港での見送り客の立ち入りエリアについて拡大することも検討しているようだが、空港とテロ対策…入国管理…観光客…日本からの出国など、全てに絡む国土交通大臣ポストが公明党(創価学会)議員に牛耳られて以降、特に国土交通省の迷走ぶりが目立つ。
 特に空港などはフリー・パス化が進んでいるも同然である。
 

:創価・公明党と国交省関連のエントリー

2017年08月18日 創価・公明党と国交相
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52055139.html


ami
画像上下:有志のツイートより、フィリピン人ホステスによる「日本人になりすました」驚愕の不法入国ニュース!
こういう状況にあって、空港の安全管理が蔑ろにされていることから「公明党大臣」の責任が厳しく追及されなければならない!

fi

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
9・16 横田基地日米友好祭1日目
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1300
9・17 横田基地日米友好祭2日目
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1291

2日連続、トランプ支持デモ(10・22)の前哨戦を行ないます!

主催:瀬戸弘幸
現場責任:『護国志士の会』局長・高木脩平


2ちゃんねる撲滅!

クソスレでの工作員の勝利宣言を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン糞ブタマのクソスレ勝利宣言(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12310211197.html



701c9198-s 



Posted by samuraiari at 06:00│Comments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
カルト・ストーカー問題 
この記事へのコメント
有門先生、いつも我が国を守る活動には本当に頭が下がります。

本日のブログに関するコメントではありませんが、先ほど、ニュースで一昨年のペるーきちがい男日本人六人殺しの屑きちが、何と精神鑑定で気違いということで無罪放免になるかもという断じて許せない記事を見ていてもたってもいられなくなりコメントさせて頂きました。

恐れていたことが現実になり、無罪放免になったら、それこそ私たちは立ち上がらなければならないと思います。そのときは必ず私もその活動に参加させていただきたく思います
Posted by 害人大嫌い at 2017年09月14日 00:06

コメントする

名前
URL
 
  絵文字