2017年11月13日

我が国の道義!

2
道義国家建設」と書かれた横断幕を背に浦和街宣


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆ご報告 11/12 IN浦和駅前

主催:牢人新聞社&外撲協 「第13回埼玉時局演説会」

『田母神道場』道場生らの超強力援軍で邪教粉砕と憲法、選挙問題その他etc…!

 平成29年11月12日(日)、『牢人新聞社』(渡邊臥龍主幹)と『外撲協(外国人犯罪撲滅協議会)』による月例の埼玉時局演説会(第13回目)が開催された。

 この演説会は毎月第二日曜日に開催されていたが、今年6月の開催以降、渡邊主幹のお仕事の都合や夏季のお盆などが重なり、実に約半年ぶりの再開となったものだ。

:前回の埼玉時局演説会の様子(外撲協公式サイト広報より)
2017年06月11日 【埼玉】浦和定例(第12回)演説会
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1882203.html

 今回の時局演説会では動画配信等はなく、事前のネット告知も行なわず、敢えて近しい運動関係者にのみお知らせしており、まったくの無告知形式で行なわれたものである。

 なお、今回は恒例の如く第二日曜日の開催となったが、今後、埼玉時局演説会は週や曜日に関係なく、主催者らの都合により、ランダムながら定期的に開催を目指すものである。

 最初に演説したのは渡邊主幹。

1

 10月の衆院選後、これに勝利した自民党政権は改憲に動き出しているが、渡邊主幹は「そもそも明治以来、日本にも制定された憲法とは何か? 横暴の限りを尽くした王族が国民との間で取り交わした一種の『契約書』である! 約束を守れないから契約を交わす! 約束を守れない奴らが契約を交わすんだ! では、日本の天皇が建国以来、日本人に対して非人道的な弾圧をしたのか? していない! 日本人は約束を守る! だから日本には憲法なんて必要ねぇんだよ! 道義に基づいた政治をやれば良いんだ!」と喝破したものだ。

3
画像:様々な運動団体の役職を兼任する者らが参加しているため、埼玉時局演説会では様々な団体の幟が立つ

8
画像:参議院議員・有田芳生への糾弾の幟に並び、枝野幸男への糾弾の横断幕!
極左・民進党コンビへの糾弾となったのは偶然ではなく、道義に基づいて行動してきたことの必然性!


 続いて演説した筆者・有門大輔からは片務的な日米安保の是正(アメリカに守られるばかりではなく、逆に日本がアメリカを守る態勢に)、憲法改正を阻害する公明党(創価学会)を政権与党から駆逐せよということに言及させて頂いた。

★関連ブログ『政教分離を求める会』
改憲妨害勢力/公明(創価) (11月12日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=153

souka2
 浦和での街宣で創価・公明党ネタを選んだのは、日曜日の駅前という場所が特に複数からなるカルト宗教団体の勧誘の場になっており、因縁を吹っかけて来るような創価学会信者や、はたまた創価学会が大嫌いという「カルト被害者」が通りがかることを意識してのもの。

 特に北朝鮮有事という戦乱の勃発が確実視される最中にあって、第一義的に宗教勢力、ましてカルト勢力というのは押さえておかなければならない。そのカルト勢力・邪教集団が政権政党に巣食っているなどは論外。
 その公明・創価学会が憲法改正を阻害する足かせになっているとしたら、害悪以外のなにものでもないだろう。

 先の衆院選で自民党は勝利した。しかし、連立パートナーである公明党は5議席を減らして共産党とともに敗北した。創価学会員をフル動員しての選挙戦における「地上戦」では最強と謳われた公明党・創価学会が敗北。

 公共(創共)両勢力の敗北、これ一つで衆院選を行なった意味は大きい。
 これまで自民党が政権転落して民主党(当時)政権となった09年衆院選を除き、近年のケースで公明党だけが負けるパターンというのは皆無に等しかっただけに、公明党・創価学会を敗北させた有権者の良識を改めて讃えたい。

 続いて登場されたのは、かの元空幕長・田母神俊雄氏の『田母神道場』から個人参加のお二方。

4
画像:田母神道場の堂田さん

6
画像:同じく久我さん

※注意:団体(田母神道場)としてのご参加ではありません

 その他、初参加の方も運動に関わった経緯を述べられた。

5

 参加者からは演説会の場所がサッカーが盛んな浦和ということもあり、日本の選挙をJリーグから「日本代表」を投票で選抜している状況に擬えた分かりやすい説明での演説がなされた。

 確かにサッカーの「サ」の字も知らない有権者なら「キング・カズ(三浦知良)」をダントツに選出してしまうだろう。その他、ラモスさんや釜本さんら、とうに引退した人の名前を書いてしまうかも知れない。

(個人的にはキング・カズこと三浦知良が50歳代で日本代表に選ばれることがあれば、各国の代表チームにも前例のないケースを見てみたい気はするが…)

 知名度や組織票だけで選ばれてしまう日本の選挙はそれくらいにレベルが低い。

有権者のうち、若い人たちがあまり投票に行かないので日本の政治は50歳代以上向けの政治になってしまっている。若い人たちが投票に行けば日本の政治は十代、二十代の人たちのほうを向くようになります!

北朝鮮による拉致問題を解決する方法! それは日本の全国民がブルーバッジをつければ良いんです! そうすれば政治は拉致問題解決に向けて動かざるを得ません! 今年中にも拉致被害者が返って来ますよ!

日本の自衛隊は毎日、領空侵犯に対してスクランブルしています。自衛隊機は必ず二機飛びます。一機が撃ち落されてからでないと日本の自衛隊は反撃出来ません! それが今の日本が置かれている状況なんです! 専守防衛と言えば聞こえは良いですが、専守防衛とは即、『本土決戦』が始まるということですよ!

日本人の留学生が米国のシェアハウスに住んでいた時、トイレから出て手ぬぐいがなかったので廊下に掲げられていたアメリカ国旗・星条旗で手を拭いてしまいました。次の日からはどこの国の留学生もその日本人留学生とは口を利きませんでした。
 自分の国のことを訊かれて何も答えられない…分からない…こんな人がいくら英語を話せても国際人としてはまったく
通用しません!

アメリカ人が星条旗の描かれたTシャツを着てもファッション、イギリス人がユニオンジャックの描かれたバッグを持っていてもファッション、日本人だけが日の丸を掲げれば『右翼』って、おかしくないですか!?

 …などなど。参加弁士からも多彩な内容での演説がなされました。

 なお、今回の街宣には現役大学生や学校教員の方が興味を持たれ、話しかけて来られるということがありました。

 これもまた、参加者が顔や素性を隠すことなく演説していることが多分にプラスに働いたのでしょう。
7

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★画像ご紹介!

 埼玉・浦和で時局演説会が行なわれている一方、東京・新宿では『草の根 神奈川の会』(山本正治代表)の主催によ「共産党」糾弾街宣が行なわれていました。

 『護国志士の会』関係者が撮影した画像をご紹介します。

10

9

11
画像上:護国志士の会の高木脩平局長

12
画像上:女性弁士らの堂々とした演説が通行人の注目を惹く

13
14
画像上:主催者の山本氏


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★「行動する保守運動カレンダー」より
11・17 (仮)第15回 移民反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1346
9



2ch b

社会と家庭から孤立した糞スレの在日工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda

チョン楠ブタマの孤独死!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12327699602.html
チョン楠ブタマの選挙速報!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12327862706.html


701c9198-s 



Posted by samuraiari at 05:54│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ | カルト邪教・集団ストーカー問題

コメントする

名前
URL
 
  絵文字