2017年12月06日

北鮮工作船から支那人の大量襲来!

う2
画像:北朝鮮籍の自称・漁民ら
テレビ・カメラに向かって手を振る余裕
とても漂着してきた漁民とは思えない!
体格の良さからも軍工作員と見るのが妥当だろう


ami
画像:有志によるツイート
暴動を起こすまでもなく、支那人(中国人)がただ増えているだけで、日本の環境と日本人の国民生活が破壊されていく…!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


北朝鮮 ☆工作船の後に…

非常事態下における驚愕のシミュレーション

再び支那人(中国人)が大挙押し寄せる!?

 北海道・松前にたどり着いた北朝鮮船舶の乗組員らが離れ小島の避難所からテレビや冷蔵庫、発電機などの備品を盗んでいたことが判明した。

あ

 海上保安庁による立ち入り調査で、函館湾に曳航した船舶から日本製の家電製品を発見したことから事件が発覚した。

 北海道警察では窃盗事件も視野に捜査しているが、単なる漂流者として母国に還すわけにはいかないのではないか。仮に百歩譲って彼らが単なる漁民であり、漂着したとしても隙あらば強窃盗にも及ぶ「犯罪者予備軍」であることがこれで明らかになっただろう。

 まさしくヨーロッパの難民問題とまったく同じ。難民だからと甘い対応で受け入れては忽ち犯罪も起きるし、国際テロも引き起こされてしまう。

い
画像:北朝鮮工作員らの治療費は日本持ちで、観光客と同様、踏み倒しに?


 彼らは果たして政府見解の通り、単なる漂流者なのか?

 先ごろ、反米勢力対米自立実行委』『主権回復を目指す会西村修平氏は月例の反米街宣で「秋田県や北海道に漂着した難民の中で、日本に亡命したいと言っている者は一人としていない」「見上げたものだ」と評価した…。

★再掲 関連ブログ『沖縄・米領復帰運動』
反米勢力のレトリック!」(12月4日付) 北朝鮮擁護派には騙されない!
https://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-12333724021.html

nawa
 日本に亡命したいと言っている者は一人としていない?

 最初から「日本への侵入テスト」で意図的にたどり着いているのだから、日本に亡命したい…などと言うわけがない!

 船が難破した…遭難した…などなど、何とでも理由はつくもので、あれを単なる漂流者や漂着船と捉えることほど危険なことはないだろう。

 一連の北朝鮮漁船(工作船)による事件は、その気にさえなれば日本にはオンボロ船でも容易にたどり着ける…侵入出来ることを世界中に知らしめてしまった。

 今後、北朝鮮による(船舶での)武装難民が押し寄せるかも知れない。

 だが、世界中に知らしめたということは、それを模倣して日本に押し寄せて来る国がないわけはない。

 当の北朝鮮も一連の経過と日本側の対応を注意深く見ているだろうが、それ以上に日本側の出方を注意深く見ているのは共産・支那(中国)だろう。

 かつて02年(平成14年)5月に北朝鮮からの亡命者一家5人が日本への亡命を謀り、支那・瀋陽の日本領事館に駆け込んだ。その後を追った支那の武装警官隊が日本領事館内に立ち入り、一家5人を引きずり出した。

 武装警官隊の侵入に抗議をしなかった日本領事館側の対応などが世界的に波紋を呼んだものである。

 この事件以降、日本への支那人(中国人)の流入が爆発的に増えたと記憶している。

 尤も、事件のあった02年(平成14年)当時から在日支那人は多かったわけだが、さらに増えた。

 ヨーロッパの難民問題を見ていても分かるとおり、最初は正規雇用の外国人労働者受け入れであっても、それが事実上の移民問題に発展。遂には数百万人規模の難民問題に発展してしまったのが今日の状況だが、こと外国人問題では「以前から多かった」では済まされない。

 確かに支那人は以前から多いが、この15年くらいで脅威的に激増した。それでも日本人の感覚はまだ甘い。今後もさらに爆発的に、増えに増えまくると見なければならない。その増えに増えまくったのがヨーロッパ各国の現状である。

 日本はまだ、せいぜいが外国人労働者問題の段階から事実上の移民問題に拡大した段階だろうが、その後には数百万、数千万人規模の難民問題にまで拡大することを考えれば、現状認識の甘さが理解出来るだろう。

 そこへ来ての連続的な北朝鮮船舶の事件である。

 これを拿捕することもなく、拘束して刑罰に問うこともなく、易々と母国に還してしまうとは日本は何という甘い対応をとっていることか。

 日本に亡命したい…などと言われても問題だが、日本に亡命したいとは言っていないからこそ工作の疑いが濃厚であり、ますます拘束して刑罰に問う必要がある。

 今後、北朝鮮からの武装難民・工作船が大挙押し寄せることが考えられるが、その実、それ以上に脅威的なのは支那からの難民船(密航船)が押し寄せること。

 支那人の日本への不法入国は観光、留学・実習生など来日する名目はビザ緩和などで以前にも増して広がっているだろうが、それで密航船による不法入国がなくなったわけではない。

 むしろ、問題が二本立てにも三本立てにも四本立てにもなって複雑化、巧妙化しているのが現状だろう。

 それどころか、一連の北朝鮮船舶による事件で密航船による不法入国が再び激増する懸念がある。懸念があると言うよりも、そうなることは間違いない。

 ヨーロッパの難民問題にしたところで、自然発生的に増えてきた側面もあるだろうが、そうなるにしても難民を誘発する要因がヨーロッパ各国の側にあったのである。

 難民とは最初からそこに存在するものではない。受け入れてくれるところがあるとなれば、母国での普通の暮らしや職を捨ててまで派生してしまう。行った先に行き場がないので、そこに難民キャンプを張って群れてしまうのだ。
 それがヨーロッパでは、かつては観光名所として知られた大通りであったり、駅周辺はたまたEU本部周辺における惨状である。

 日本にも支那での生活を捨ててまで密航船に乗り込もうとする難民予備軍が動き出そうとしている。

 難民に紛れたイスラム過激派によるヨーロッパでの無差別テロと同様、北朝鮮からの武装難民による襲来テロは勿論だが、ここに数十万、数百万規模の支那人難民が一挙押し寄せてくれば、共産主義者・共産党による共産革命の実働部隊なって大規模暴動を起こすことが予想されるのだ。

 そういう状況で沿岸部など、洋上防衛の重要性が識者によって説かれているが、何をどう厳しく、厳重に警戒・警備を強化すれば良いのか、その基準はない。

 唯一、現在の日本のモデルたり得るのはアメリカ合衆国、特に移民・入国規制の強化に乗り出した現在のトランプ政権における入国管理・テロ対策でしかないわけだが、従って採り得る限りの手段を尽くしてアメリカン・スタンダードと言うかトランプ・スタンダード」を取り入れるしかない。

 今は一連の北朝鮮船舶による事件で、北海道やら秋田県やら、日本人の目は東北地方のほうばかりを向いているが、支那からの本格的な密航船・難民船の襲来となれば、真っ先に狙われるのは沖縄県。

 そういう時に現在の翁長・沖縄県政で有用な対応が取れるのか?

 あの沖縄の島々に数百万人規模の支那難民が押し寄せる事態を想像すれば空恐ろしい。在沖米軍基地周辺での大規模暴動が予想されるが、それが現実化した時に必然、沖縄はアメリカ領に再帰属しなければならない状況になると思われる。いや、日本が現状のままでいる限り、そうならざるを得ないのである。

 一方、日本本土では支那人難民の大暴動に恐れをなした日本人が、大地震や津波災害ではないが、どこかに避難して在日米軍の「トモダチ作戦」でも待つつもりなのか?

 支那・北京における天安門事件(89年)ではあるまいし、大暴動の群れに戦車で強行突入したり、無差別的な一斉射撃の決断を日本政府が下せるとも思えない。

か
画像:海保による不法入国摘発を想定した訓練風景

 現在のように各省庁・各部局での縦割りではなく、一部自衛隊から警察、海上保安庁、入国管理局にまたがり、超法規的に動き、時に米政府・司法当局との協力で動ける部隊の編成も必要だと思われる。

 北朝鮮も脅威であることに変わりはないが、有事の際、その出方が脅威なのは北朝鮮以上に共産・支那。

 特に朝鮮総連など、在日外国人による暴動・叛乱の拠点となり得る施設の制圧は言うまでもないことだろう。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


o0607046714084336497
 前出の関連ブログ『沖縄・米領復帰運動』(最新エントリー:反米勢力のレトリック!)から再度述べておきたい。

 12月2日当日の反米街宣で先陣を切った西村氏は「日本人は北朝鮮を最貧国として馬鹿にしているが、今や核弾頭とそれを飛ばすためのICBMを持った北朝鮮に対してはアメリカといえども戦争は起こせない」「どこの国も北朝鮮に手を出せないことを実証した」と述べている。

 だが、逆に言えば在日米軍による「核の傘」によって、いかにヤクザ国家の北朝鮮と言えどもアリバイ的なミサイル発射のみで、おいそれと日本を攻撃出来ないということを忘れるな!

 続く弁士である新右翼『一水会』会長・木村三浩「亀井静香が述べたように、安倍首相が親書を持って平壌へ行き、主権国家として主体性を以って(日朝首脳会談で)直談判すべきだ」とした。

 演説中、やたら「主体性」を強調した木村氏だが、要は安倍晋三首相が訪朝した「日朝首脳会談」で北朝鮮と対話せよ…ということだろう?

 全ては北朝鮮を利するための言動であり、巧みなレトリックであることはもはや明白。

 過去、当ブログにおける「北朝鮮マネー」云々の記述をめぐり、筆者(有門大輔)を「訴える」としていた木村氏だが、あなたは北朝鮮からカネを貰ったんじゃない!

 あなたの同志ともども北朝鮮に渡航し、日本の右翼を代表して「日本人の魂」を捨てて来たんだ!

 ある意味、あなたは既に死んでいる!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★近況報告
rounin
牢人新聞(渡邊臥龍主幹)の締め切り、発行に追われていました!
11〜12月号をまとめて作成中!
間もなく、読者様のお手元に届きます! 乞うご期待!



★「行動する保守運動カレンダー」より
12・8 第16回 移民反対街宣IN永田町
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1353

1353-1

12・10 ヘイトスピーチ問題集会
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1347
1

2ch b
川崎集会めぐり、糞スレで極左丸出しの在日工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠ブタマの12/10!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12333645036.html
チョン楠ブタマとカワサキ大掃除!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12333831198.html


anticult

701c9198-s 



Posted by samuraiari at 16:18│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
朝鮮総連・韓国民団粉砕 | 池袋中華街・中国人追放運動

コメントする

名前
URL
 
  絵文字