2018年06月08日

カルト政党と「言論弾圧」条例!

1
画像上:解体工事後、更地になっていた頃の旧東大宮総合病院跡地
画像下:建設工事に着手される直前の跡地
2

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪

☆ネオ商業タウン東大宮への『霊波之光』の侵出!

信者数の激減と投票率の低迷、教団の維持…!

言論弾圧法・条例の背後にある創価の介在こそが「反日勢力」の必死さを物語る…?

 東大宮在住の住民から寄せられた情報だが、旧東大宮総合病院跡地(〒337−0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5−18)にカルト宗教団体『霊波之光の新施設が侵出するという。
higashiomiya
画像:旧東大宮総合病院跡地には何が建てられるのか、ネット上でも少なからぬ注目を集めていた!
特に地元住民にとっては死活問題であり、カルト教団の侵出も前々から囁かれていた!

 東大宮には二十代の頃から何度も赴いている。

 かつて師事した政治運動上の師である故・篠原節(『民族思想研究会=国家社会主義者同盟=』代表)が生前、その付近に在住していたためだ。

 カルト団体の急先鋒として政権与党(自公連立政権)に巣食う創価学会ではないが、霊波之光もまた新興宗教であり、カルト団体の一種には違いない。

 実際問題、集団ストーカー絡みの相談では、霊波之光信者らとのトラブルも少なからず聞き及んでいた。

★関連ブログ『集スト問題相談所

http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/

 少子高齢化や人口減少も関係しているのだろうが、昨今の新興宗教をめぐる情勢として、どこの教団も新規信者の獲得に苦心しており、カルトの急先鋒たる創価学会とて現状維持に汲々としていると伝えられる。

 特に創価学会などは信者数の激減が選挙での動員数、投票数の低迷に表われている。「集票マシーン」としての機能を失えば、政権政党から転落する日もそう遠くはないのではないか?

★関連ブログ『政教分離を求める会
新潟県知事選挙と政教一致(6月6日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=162

 今どきの大学生や若者は好景気で浮かれたバブル期の頃とは異なり、カルト宗教に嵌っている暇はない。

 そのため、カルト教団は学内のサークルなどに巧妙に姿かたちを装い、新規信者の獲得に必死だという。

★ブログご紹介『Jungle 壱丁目壱番
危険な団体による勧誘について(5月15日付)
https://ameblo.jp/selections--31919/entry-12376036684.html

 むしろ、政権与党(公明党)の支持母体である創価学会などは政権政党の手前、昔のようにあまり強引な勧誘は行なえず、代わって中小のカルト団体がかなり乱暴な勧誘をする傾向にあると伝えられる。

 そうした余波なのだろうか、霊波之光がJR東大宮駅付近にて病院跡地の敷地を買い取り、侵出するという。

 地図で見てもらえば分かるが、同駅の東口を出て大通り一つ目の角を右折して直進。極めてエキチカ(駅の近く)に教団施設が新設される。
higashiomiya2
画像上:地図で見た東大宮駅の周辺
画像下:上空からの写真で見る駅周辺
まだ病院の解体工事が行なわれていた最中だと思われる
higashiomiya3

 土日ともなれば駅から教団施設へと向かう信者の群れでごった返す光景が予想され、然る地元住民は「町の景観が変わっちゃうよ〜」と、自身の商売にも影響することを憂慮する。

 東大宮駅の一帯は今、開発途中で今後、大型商業タウンとして活性化する傾向にある。

 駅東口から真っ直ぐ伸びる大通りは整理・延長される見通しで、駅東口から見て左側の旧商店街は取り壊しと再建に着手。

 そうした活性化の最中にカルト教団までが侵出してきた格好だが、地元住民の一人は「地元で団結して反対の声を挙げてこなかったのも侵出を許してしまった要因だろうね。だからカルト教団も出てきてしまうし、パチンコ店だってそうだね」と話す。
 
 今どきエキチカの大きな敷地を一括で購入するなど、新興カルト宗教かパチンコ店くらいなものだろう。

 前述のように宗教団体はどこも落ち目の傾向にあるし、パチンコ店とて傾斜産業と言われて久しい。かつては21兆円産業とまで言われたパチンコも20兆円の収益を切るようになって久しい。

 古参の信者が続々亡くなっていく一方で新規信者の獲得が難しく、現状維持が精いっぱい。傾斜産業であるパチンコについても同様のことが言えるが、落ち目になっているからこそエキチカに広大な敷地を買い取り、新しい教団施設や新店舗をオープンさせてテコ入れと一発逆転の勝負に出ているのだろう。

 しかし、いくら地元住民が団結して反対の声を挙げようと、カルトもパチンコも結局は侵出してしまうのが昨今の傾向だ。

 昔に比べてそれだけ反対する力も弱まっているのかも知れない。

 その中でも神奈川県川崎市麻生区の住宅街において、創価学会の麻生新会館の建設に反対した地元住民らはよく戦えたほうだと思う。

 自治会をはじめ地元住民らと建設業者、施工主(創価学会)と再三にわたる協議を重ね、口頭と書面にて教団新施設の建設に対する憂慮を伝えてきた。

:当ブログの創価・麻生会館への建設反対に関するエントリー
2015年03月15日 外人犯罪とカルト追放街宣・デモ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51973195.html
2017年05月19日 創価「麻生会館」問題(7)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52048032.html

 我々としても川崎市麻生区に赴いて反対行動に取り組んだ創価・麻生会館の建設は結局、工事に着手されて会館を完成させてしまった。

 しかし、教団施設の開館後にあっても地元住民らの懸念と反対表明は決して無駄ではない。いつか「それ見たことか」「だから反対だったんだ」という民意が生かされる時が必ず来るし、カルト教団施設の建設反対から「カルト教団追放」の機運へと発展すると確信する。

 だからこそ、カルト教団施設の建設より前から政治に無関心であってはいけないし、政治に無関心でいればいつか東大宮でのように自身らの生活に直接影響する問題を招いてしまう。
3
画像:東大宮に存在した頃の東大宮総合病院
現在はさらに医療施設・機能を充実させてバージョンアップし、大宮により近い土呂(とろ)に移転した

 カルト絡みの問題で重大なことに触れておきたい。

 先日(6月3日)の、これまた川崎市内における「川崎時局講演会」(主催:瀬戸弘幸・ブログ『日本よ何処へ』主筆)に対する左翼・共産勢力による妨害は凄まじいの一言に尽きるものだった。

 会場となった川崎市教育文化会館前に大勢で押し寄せては不当に陣取り、講演会への参加者の入場を体当たりの罵声で阻害するなど、一種の暴動であり、暴力と言えるものだった。

 駅構内から公道を通じ、馳せ参じて来た参加者を待ち伏せしての集団ストーカー行為とも形容出来る。

 おそらく、この川崎言論弾圧事件は日本の戦後史における大々的な言論弾圧事件として後世に語り継がれる歴史的瞬間となるだろう。

 その川崎市では保守系市民の自由な言論を弾圧するヘイトスピーチ規制条例が左翼勢力の主導で制定されつつあるが、その川崎市政の背後には創価学会(公明党)が深く介在しているであろうことは間違いない。

 川崎市に限らず、国会におけるヘイトスピーチ規制法にしても表向きの立役者は有田芳生(立憲民主党)であり、西田昌司(自民党)であるとされているが、参院法務委員会の委員長ポストを牛耳る公明党によって推進・成立されたことは間違いない。

 大阪市でのヘイトスピーチ規制条例にしてもそう、東京都(小池百合子知事)にて今年秋にも成立が図られるヘイトスピーチ規制条例にしても、その背後には必ず創価・公明党が介在している。その他、同条例が推進される自治体にあっても…。

 まさに創価・公明勢力こそはヘイト規制なる言論弾圧にあって影の主役なのだ。

 もしかすると6月3日の川崎言論弾圧事件にあっても、相当数のカルト創価信者が加担しているのではないかと推察されるが、法・条例の制定に至る言論弾圧にはカルト創価の浅からぬ介在があることを忘れてはならない。

 前述のカルト教団施設の侵出問題や信者数の激減にも関係することだが、カルト創価勢力も自身らの教団の衰退を目の当たりに、法規制や条例で自らへの批判を逸らそうと「最後の悪あがき」に必死なのだろう。

 逆に言えば、左翼勢力ともども、法規制や条例で言論弾圧に必死な側こそ追い詰められている!

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪

★動画ご紹介!
川崎市時局講演会(1)2018/6/3

https://www.youtube.com/watch?v=6SSd-JlufRw

川崎市時局講演会(2)2018/6/3


https://www.youtube.com/watch?v=DPKYdLg6omI

川崎市時局講演会(3)2018/6/3


https://www.youtube.com/watch?v=gZTfT7Z7vCE
(撮影・制作 ぼるじょあ氏)

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドでの存在自体が「敗北宣言」な似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブログ!
sotokanda
チョン楠オオタマネギイシん身代り(哂!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12381874091.html
チョン楠オオタマネギイシん全財産はクソスレん中(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12382068211.html


gaitsui_top1


Posted by samuraiari at 06:00 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
カルト邪教政党・集団ストーカー問題 
この記事へのコメント
カルト団体の侵略・・・創価学会であれば与党が背後にいるので一自治体では対抗できないでしょうが、その他のカルトでさえ防げない現状が来ているのですね・・・カルトに対する批判も「ヘイトスピーチ」とされてしまえば日本社会は終焉を迎えます。やはり末法の世・・・
Posted by morico13() at 2018年06月08日 09:15
カルト特措法を日本第一党には作って頂きたいです。

イギリスではカルト組織に関わる人は公務員になれないそうですし、海外先進国ではカルト組織の危険を、教育現場で教えているところも多いそうですから、日本の国益の為にもカルト特措法は必要です。
Posted by 宮内庁皇室が創価学会関係者に乗っ取られている。 at 2018年06月09日 11:47
>morico13さん
>Posted by 宮内庁皇室が創価学会関係者に乗っ取られている。 at 2018年06月09日 11:47

カルトが与党にいれば自民党は引きずられる一方でしょう。

野党に強硬な右派政党が求められます。
Posted by 有門大輔 at 2018年06月15日 23:07