2018年06月11日

新幹線殺傷事件と安全・平和

x
画像:「新幹線殺傷事件」で女性らを助けに入った梅田耕太郎さんの犠牲を伝える記事より


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


j
画像上下:一方、米朝首脳会談のため、ドナルド・トランプ米大統領と、北朝鮮の独裁者・金正恩が相次いでシンガポール入り
i

☆勇敢な行動と悔やまれる死…

拝んで享受出来ず、タダでも買えない安全と平和!

 6月9日、東京発・新大阪行きの東海道新幹線車内で無差別殺傷事件が発生。

 車内に乗り込んだ小島一朗容疑者(22歳、愛知県岡崎市)が持ち込んだ鉈(なた)で乗客の女性ら2人を相次いで襲撃。最初、隣の座席に座っていた女性に切りつけ、騒ぎに気づいて逃げようとした別の女性に背中から切りつけて怪我を負わせたもの。

 この非常事態に小島容疑者より二つ後の座席に座っていた会社員・梅田耕太郎さん(38歳、兵庫県尼崎市在住)が同容疑者を制止。ナタを手にした容疑者と揉み合いになって車輌中央部のあたりで馬乗りになられ、切りつけられて亡くなられた。

 新幹線は小田原駅で緊急停車。駆けつけた警察官によって小島容疑者は現行犯逮捕された。

 凶行に至った動機は「ムシャクシャした」「誰でも良かった」という破滅願望によるもの。

 しかし、この事件は不幸にも亡くなられてしまった梅田さんの勇気ある行動によって被害が最小限に食い止められたと言える。もしも、梅田さんの咄嗟の制止がなければ、被害はさらに広がっていたかも知れない。

 普通、目の前でナタを振り下ろして人を殺傷するという非日常的で異常事態を目の当たりにした時、人はなかなか動けない。信じられない光景を眼前に、その事実を受け入れるまでにも瞬間的ながら時間を要するものだ。

 その異常事態を察知するや瞬時に行動に移した梅田さんの身を挺したアクションにより、2人の女性が救われ、他の乗客の安全が守られたと言えよう。

 亡くなられた梅田さんに対し、被害に遭われた女性が「すぐに助けて頂いたのに本当に申し訳ない気持ちで一杯です」とのコメントを発表された。

a
画像上下:ニュース映像より

h

 被害者の女性らとて何の理由もなく、いきなり一方的に襲われた事件であり、その被害女性が「申し訳ない」という呵責の念に苛まれるとは
何とも居た堪れない。

 日本社会の一人として、勇敢な行動で被害を防いだ梅田さんに対し、感謝の言葉を贈るとともに、故人のご冥福をお祈りしたい。

 ここ近年、特に戦後この方、あまりにも平和が長過ぎたせいか、凶悪事件の発生を目の当たりにしても日本人の感覚は鈍感になり過ぎていた。もっと分かりやすく言うと治安は崩壊していた。

 かなり以前のことだが、東京都内の繁華街で通り魔事件が発生した際、容疑者を取り押さえたのは偶然、地方から出張で上京していたサラリーマンたちだった。

 力ずくで容疑者を取り押さえたサラリーマンたちの勇敢な行動に対し、通りがかりの都民らが放った言葉は「暴力はやめなさいよ」という信じられないもの…。

 容疑者に対して言うべき言葉であって、本末転倒である。「水と安全はタダ」という治安大国における平和信仰だったのだろう。ここまで日本人の精神は鈍化していた。

 類似したケースは他にもある。

 平成12年に佐賀で発生した西鉄バスジャック事件の際、バスの車窓から脱出した男性の行動が批難された。乗客の女性の一人はバスジャック犯の少年(当時)から「ここに誰が座っていなかったか?」と確認され、「もし座っていましたと答えていれば私は殺されていたと思います」と事件当時の恐怖を回想する。

 一人脱出したことで他の乗客まで危険に晒したことが批難されたわけだが、別の女性乗客は「男の人たちが助けてくれると思っていたのに」と事件後に憤りを露わにしていた。

 また、平成19年に大阪府池田市で発生した宅間守(死刑確定後に即死刑を執行=故人=)による池田小・無差別殺傷事件では事件現場から逃げ出した教師の行動が批難に晒された。

 …逃げた人々の行動を擁護するわけではないが、いずれも平和や安全を守るための武力、実力行使というものを遠ざけて人目に触れないようにしてきた帰結である。

 警察官が携行している拳銃でさえ、人目には触れ難いように分厚いホルスターに収納されている。警備会社も警備員が携行する警棒は極力、人目に触れないように神経を使っている。

 その警察官による発砲が起きた際にも、どこか警察官の発砲こそが問題であるかのように報道されてしまう。警察官の発砲を受けて「怖い」とする近隣住民のコメントが報道されたりするが、本当に怖いのは警察官が発砲するまでに至る凶悪犯罪が起きてしまうことである。

 治安を守ることが職務の警察官に限らず、危険を顧みずに身を挺した人の行動があまりにもおざなりにされてしまう社会である。ゆえに余計に凶悪犯罪が増えてしまう。

 これも十数年前のことになるが、休日の行楽客で賑わう東京・台東区の上野公園で母娘が支那人(中国人)の強盗に襲われて所持品を奪われそうになる事件があった時、偶然その犯行現場に居合わせた海上自衛官が身を挺して2人を守ろうとしたところ、支那人強盗に刺されて重傷を負うという事件があった。

 まだブログなるシステムも存在しなかった時代。当時ネット上ではかなり話題になったものだが、その後の続報が何もないので立ち消えになってしまった。

 マスコミも酷い。普段は自衛官が不祥事を起こした時だけは大々的に報じるくせに、職務外でプライベートの自衛官が被害に遭った時は死亡したのか、無事に回復したのかも一切報じていない。

 こうなってくると何かの事件を目の当たりにしても身を挺しようという人は少なくなってしまう。たとえ世間やマスコミからの称賛がなくとも、それでも身を挺する人がいるので、どうにか治安が保たれてきたのだろう。

 今回の新幹線殺傷事件では不幸にも梅田さんという勇敢な方が亡くなられてしまったが、故人が勤めていた会社や親族のみならず、日本社会そのものにとって有為な人を失ってしまったことが悔やまれてならない。

 あのように犠牲になられた方のためにも、治安と平和がタダではないと正しく認識出来る社会にしなければならない。

 奇しくも新幹線殺傷事件の起きた6月9日は10年前、東京・秋葉原で無差別殺傷事件が起きた日だった。

 マスコミでも特集が組まれていたが、大阪・池田小で無差別殺傷事件が起きたのが17年前の6月8日。佐賀・西鉄バスジャック事件が起きたのは18年前の5月3日。

 この5月〜6月という季節は何かと大きな事件が起きやすい季節なのかも知れない。

 繰り返し、梅田さんの死は残念でならないが、梅田さんのように凶悪事件に勇猛果敢に立ち向かう日本人が増えてきたことも事実である。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


bei
 平和や安全がタダで享受出来るなら北朝鮮による日本人拉致事件など起きていない。

 日本人拉致事件こそは戦後日本にあって最大の外国人犯罪である。北朝鮮の工作員が堂々工作船で日本に不法入国し、日本人をさらってまた北朝鮮へと戻る。これほど日本の主権を舐め切った話もない。

 特に拉致事件が集中的に起きた70年代辺りに日本の世論が高まっていればその後の状況もかなり違ったものになっていただろう。

 間もなくシンガポールで米朝首脳会談が開かれる。

 会談によって北朝鮮の非核化は進むだろう…北朝鮮は譲歩もするだろう…会談で拉致事件にも触れられるだろう。だが、会談のみで全ての決着はつかない。

 トランプ米政権こそは本当に北朝鮮を軍事討伐するのではないかと見ている。

 北朝鮮の独裁者と直談判など、米国のどの歴代大統領もやらなかったことである。まるで主役と悪役が一対一の直接対決でファイナル・バトルを繰り広げるハリウッド映画の王道を地で行くものだ。

 トランプ大統領は直接会談で一応の決着をつけて最後通牒を突きつけるとともに、それが反故にされた直後に直接的な武力行使があると見ている。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★動画ご紹介!
反日経験について留学生が話す!想像以上だった

https://www.youtube.com/watch?v=5ZT0jKbRJBQ
KENアメリカ留学生


2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで「汚れ役」の似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブログ!

sotokanda
チョン楠“オオタマステイシ”ん誕生(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12382588896.html
チョン楠オオタマステイシん汚れ仕事(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12382666501.html
チョン楠オオタマカルイシん殉死(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12382830232.html


gaitsui_top1



Posted by samuraiari at 23:59│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「護国の鬼」シリーズ 
この記事へのコメント
5
故人の勇敢な行為に敬礼!!

何もしなかった輩に批判する資格はありません。

故人の勇姿は末永く語り継がれるでしょう。

1800年前の三国時代の英雄たちと同列ということです。

英雄に感謝!!
Posted by morico13 at 2018年06月26日 23:48
>morico13さん
まさしく! 最敬礼以外にありません!
Posted by 有門大輔 at 2018年07月03日 11:50

コメントする

名前
URL
 
  絵文字