2018年07月03日

追及第2弾 カルト『霊波之光』東大宮・進出騒動!

11
画像:東大宮(埼玉県さいたま市)駅付近の病院跡地に建設が予定されているカルト『霊波之光』教団予定地


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


★動画ご紹介!

遂に南朝鮮系労組員が組織的に登場!?

【2018.07.01】その後の連帯ユニオンPart1〜奈良県大和郡山市エム・ケイ運輸にて〜

https://www.youtube.com/watch?v=nxzKRl60GKc
(撮影・制作:はとらずチャンネル


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


☆病院跡地に建設予定の教団施設!

未だ地域住民への挨拶一つないことに地元では不信感が蔓延?

 さる6月8日の当ブログでは東大宮駅(埼玉県さいたま市)の周辺に建設予定とされるカルト教団霊波之光の新教団施設について言及した。

:関連エントリー
2018年06月08日 カルト政党と「言論弾圧」条例!

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52076643.html

13
画像上:東大宮駅(東口)ロータリーを直進…

15
画像上:余談ながら駅ロータリーから真っ直ぐ伸びる大通りは延長工事で他の道路とも繋がるなど、東大宮周辺の繁栄は凄まじい?


14
画像上下:一つ目の角を右折して直進…
12

2
画像上下:高架に至る直前の左手角に、教団施設の建設予定地が存在する
建設業者用のプレハブ事務所は建てられているが、機材などは何も搬入されておらず、具体的な工事日程を策定中らしい(
あるいは教団施設のデザインがまだ決まっていないのか)
10

 まず、いきなり目について笑わされるのは霊波之光施設が建つことを示す看板。

1

 「暖かい心はあいさつから」などと書かれているが、移転に伴なって病院が取り壊されてから、霊波之光教団の施設建設が決まるまで、同教団から周辺住民にはいまだ一言の挨拶もない。

 建設に際し、何らかの挨拶くらいはあって然るべきだろうが、周辺で商売を営む人たちによると「何の挨拶も説明会らしきものもありませんよ」と話す。

 それで「挨拶から」とは随分と笑わせる話で、予定地には具体的な工事日程を知らせる看板はまだ立っていない。建設が本格化する直前に周辺住民への挨拶があるのかも知れないが、教団施設の予定地と示された看板を立てる前にするべきことはあるだろう。

 それと細かいツッコミで揚げ足を取るつもりはないが、「心あたたかい」で使う場合は「温かい」が正しいのではないか

 「暖かい」はどちらかと言うと、気温や気候が暖かい時に使うものだろう。

 逐一、細かいツッコミで揚げ足を取っているわけではなく、いかにも尤もらしいことを述べているようでも、こうした目立つ看板での表記からその本心までうかがえたりする。

 霊波之光に関係したことではないが、以前、然る知人が海外旅行のために飛行機を利用した時のこと。後から搭乗して来た乗客が荷物を入れようと座席上部のトランクを開けようとしていたところ、お節介なことなのだが、知人が「(荷物が)入っていますよ」と教えたところ、自分の荷物が入っていると思われたのか、その乗客から物凄い目つきで睨まれたという

 飛行機が離陸する直前、当該の乗客は何かの宗教をやっているのか、ひたすら祈り続けていたとのことだった。

 確かに信仰は自由であるが、宗教に嵌まった人に往々にして見られる傾向とは、世のため人のため、尤もらしく立派なことを言っているようでも結局は自分だけが救われたい…自分だけが助かりたいのだろうというのが世間一般の新興宗教への評価である。

 ただ、中には素晴らしい人も大勢おられることも事実で、筆者(有門大輔)とて政治・市民運動を通じ、祖父母や親の代から宗教を信仰している人を何人か知っているが、彼らから信仰を勧められたり、強要されたりしたことは一度もない。

 飽くまでも信仰は自らの意思であり、自由だという考えに根差しているからだと思われる。

 東大宮で建設予定中の霊波之光に話を戻そう。

 地元で商売を営む人たちは一様に懸念を表明する。

うちなんかはお客さんは増えるかも知れないけど、それで店の中の雰囲気がガラリと変わっちゃうことを懸念するよね。

 いきなり、挨拶が大事だって看板が立てられているのを見たけど、教団施設の建設工事をやりますっていう説明会らしきものは何もないんだもの。『えっ!? 普通はやらない!?』って思っちゃうよ

 建設に至る経緯を地元の然る古参が話してくれた。

前は大病院があったところだってのは知っていると思うけど、どうやら地主が土地を売り払ったらしいんだな。今どき駅近くとはいえ、あれだけ大きな敷地を一括で買えるのは宗教団体かパチンコ屋ということなんだろうね。

 凄い高値で売れたんじゃないかな?

 反対運動らしきものは何もない。それほど日本社会の活力そのものが衰退したってことなんだろうね。少子化で地元の商店主たちも子供たちが育って学校にも行かなくなって(卒業してしまって)、地元から巣立ってしまえば地域のことなんて、あまり関心もなくなってしまうだろう? ラブホテルが建とうが何が建とうがさ。自分たちの子供が学校に行っている頃は色々と関心もあっただろうけどね。

 この間、地元で寄り合いがあって、霊波之光の教団施設の話も出るには出たんだよ。でも皆、出来てしまうものは仕方がないっていう考えなのか、それっきりになっちゃったね。

 まぁ教団施設が出来て、信者が行列みたいに通行の妨げにでもなったりしたら、それはそれでトラブっちゃうかも知れないけどさ…

 別の商店主は次のように話す。

今どき地域を挙げた反対運動って言ったら、暴力団事務所かオウムの侵出くらいなものだよ。

 神奈川県の川崎市にある麻生区ってところは地元民が反対の横断幕出してたけど、あれだって結局は創価施設が出来ちゃったものね…。

 パチンコ屋だって、いくら住民が反対しても結局は出来ちゃったりしているもの…。

 お金にモノを言わせてってことなのかも知れないけど、これほど宗教とパチンコにしてやられるってのは、それだけ日本社会が高齢化して衰退してるってことかも知れない

 同じく然る地方では駅前に創価学会施設の侵出が取り沙汰されていたが、少子高齢化の悪影響がこういう形で表面化してしまうのかと思う。

 然る「集団ストーカー被害者」からの報告によると、霊波之光信者も絡んだ近隣トラブルでもあっただけに、東大宮での新施設の建設にも一抹の不安を覚える。

 では、施工主である霊波之光教団と、建設を請け負った業者について見てみよう。

1a

 施工主である霊波之光は「千葉県野田市山崎2683−1」に本部を置く。一方、新施設の建設を請け負った株式会社フォーサイト建設』(代表取締役:田口高弘は「千葉県野田市下三ケ尾434−13」に本社を置く。

 住所表記のみを見る限りでは地元を知る人でない限り、分かり難いのかも知れないが、地図で確認すると同教団とは目と鼻の先というくらい、勢力圏内とも言えるほどの隣り合わせ。

fo

 会社そのものが信者によって成り立っているのかどうかまでは分からないが、主要な取引先として霊波之光教団を堂々と会社の公式サイトに掲載しているあたり、教団お抱えの建設会社と言っても良いかも知れない。

fo2

 明確な反対表明をしたわけではない地域住民も問題かも知れないが、単なる一戸建てでもマンションやアパートでもなく、一企業でもなく、宗教関連それも広大な敷地に建てる教団施設について何らの事前説明も挨拶もないとすれば教団も然ることながら建設会社の姿勢と言えるかも知れない。

 前出の飛行機内で隣り合わせとなった乗客を睨みつけた信者の姿と、施設の建設にかかる教団側の姿勢がどこかオーバーラップしてしまう。

地主がまるっと広大な土地を売ってしまった以上は仕方がないのかな…というのが地元民の捉え方だね。でも決して『今度、宗教施設が出来るんだ』『バンザーイ』…みたいな歓迎ムードではないことも事実だよ。

 デパートやショッピングセンターが出来るのとは訳が違うもの。それどころか東大宮の地域そのものの景観がガラッと変わるんじゃないかという懸念は皆、口に出さないけど、思っていることも事実だね。

 だだっ広い敷地を一括購入するのは大いに結構。宗教絡みのトラブルが後を絶たないけど、どこの教団もどれだけのお金を信者から巻き上げてきたのかってのが世間の評価ってもんだよ。

 本当にクリーンなお金だけで施設が建つのかが気になるよね」(前出の古参の地元民)

 最近では神奈川県川崎市麻生区の創価学会施設の建設が顕著だが、地元からの反対運動があったにもかかわらず、結局は教団施設が完成してしまった。

:当ブログの創価・麻生会館への建設反対に関するエントリー

2015年03月15日 外人犯罪とカルト追放街宣・デモ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51973195.html

2017年05月19日 創価「麻生会館」問題(7)
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52048032.html

 この背景には創価学会を支持母体とする公明党が政権与党に位置し、同党が地方議会でも影響力を持っていることが多分に関係しているのだろう。

 一方、霊波之光の場合も一大教団施設が完成することで千葉・野田市の教団本部と同様、近隣に関連施設や信者が続々と入居することも懸念される。

 必然、集団ストーカーではないが、近隣住民とのトラブルも懸念されることから、決して歓迎・歓待されたものではないことを建設業者ともども知らなければなるまい。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


4
画像上:教団予定地に隣接するホームセンターと児童公園

3
画像上下:学校が建てられても良さそうな広大な敷地
もし少子化の時代でなければ真っ先に自治体が購入して学校が新設されたかも知れない!
9

7
画像上:更地に生えてきた雑草
多産化で子供の多い時代なら自治体が購入して公園でも作ったかも知れない!

8
画像上:病院時代と思しきレンガが往時の名残りを物語る…


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
糞スレッドで承認欲求を爆発させる似非ウヨ反日(媚韓)工作員を笑う同盟ブロガー!

sotokanda
チョン楠カルイシんスレ掛持ち(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12387800207.html
チョン楠カルイシん雑巾掛け(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12387899121.html
チョン楠カルイシんショオニンヨッキュー(嗤!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12388028058.html


gaitsui_top1



Posted by samuraiari at 06:00 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
カルト邪教政党・集団ストーカー問題 
この記事へのコメント
5
『霊波之光』なる教団についてはよく知らないのですが、オウムや創価級のカルトでしょうか?だとしたら討滅あるのみです。
Posted by morico13 at 2018年07月09日 03:56
>morico13さん

価値観が多様化した社会で、これまた価値観を多様化させる新興宗教というだけで日本社会には不要。
そもそもカルトこそは世間から敬遠されて当然です。
信仰は自由ですが、そのためにネズミ講やマルチ商法と同様、信者を集めることだけが目的化したカルトの放置は世のためになりません。

商店街が並ぶ東大宮に霊波之光は不要、それだけで立派な理由になります。

創価でさえ、郊外の大通り沿いに施設を建てているところがあるというのに、一地方の商店が並ぶ東大宮には不要でしょう。
Posted by 有門大輔 at 2018年07月11日 22:16
5
有門先生

ご教示有難うございます。そうであるならば追放と禁教必要です。「カルトを信仰する自由」は憲法で保護されません。オウム残党が未だに健在であることの恐ろしさも含めて理解しなくてはなりません。
Posted by morico13 at 2018年07月13日 18:08