2018年10月15日

全国一斉・移民反対デモの成功!

10
画像上:10・14反移民デーの大阪デモにて、行進を先導した「せと大和魂号
画像下:御堂筋をパレードした移民反対の大行進
15

最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


hanimin
画像:筆者・有門のツイートより
日本第一党公式ツィッターよりリツイートを頂きました

関西勢の勢いは変わらず熱い! 全国のどこの地域よりも勢いのある行動だったと自負出来る!

★動画ご紹介!

【大阪】日本第一党主催 全国一斉行動 10月14日は『反移民デー』
https://www.youtube.com/watch?v=hE056rZCn8U&t=1795s
(制作:荒巻靖彦氏)


☆活動報告 10/14 IN大阪市西区〜難波

反移民デー全国一斉行動 大阪デモ行進

約100名が集った自公政権への叛旗と雄叫び!

9
画像:集合場所・出発地点の新阿波座公園にて、公園内での集会に対する妨害勢力しばき隊の動きを警戒する警官隊


 平成30年10月14日(日)、『日本第一党』(桜井誠党首)の主催による移民反対の全国一斉アクションが開催された。

 当日の行動では北海道、東京都、愛知県、大阪府、福岡県の五大都市で反移民デモ行進が行なわれたほか、各府県の主要都市にて反移民街宣が同時刻開始(一部地域を除く)で展開されたものだ。

 とりわけ大阪でのデモ行進に対しては、妨害勢力『しばき隊が総結集を呼びかけてのデモ妨害が予想されただけに、非常に緊迫した状態でのデモ開催となったものである。

 事実、開始前より公園付近に屯(たむろ)したしばき隊が激しい罵声を飛ばす中、デモの開始が宣言された。

3
画像上下:デモ開始前の風景(支持者らと談笑する瀬戸氏、その背後では朝鮮メディアが参加者にインタビュー)
今回のデモにあっては実質的な総責任者である瀬戸弘幸氏(日本第一党最高顧問、ブログ『日本よ何処へ』主筆)が盛んにデモ
への参加を呼びかけ、「ブログを見て来ました」という大勢の瀬戸ファンが詰めかけたことにより、約100名からの動員を見ることが出来た
警察関係者も「大阪府にあっては近年稀に見る(右派系での)デモ動員だった」と述べている
4

 大阪府でのデモ主催者・現場責任者は飽くまでも日本第一党大阪府本部だったが、デモ申請手続きの関係上、書類上では筆者・有門大輔が言わば「現場責任者代行」のような形で裏方として、お手伝いさせて頂いたものである。

 筆者・有門としてはデモ行進中、『NPO外追(外国人犯罪追放運動)』の旗さえ掲げさせてもらうことが出来れば、それで良かった。後は日本第一党大阪府本部に滞りなく、デモ行進を遂行してもらえればそれで良かった。

13
画像:先日の川崎街宣(日本第一党神奈川県本部主催)に続き、第一党関連の行動では2度目の登場となったNPO外追の旗
主催者の許可を得て、半ば特権的(?)に掲げさせてもらったものである


 デモ出発前の集会にて、筆者・有門も主催陣の一人の如く挨拶させて頂いたものだが、その中で述べたことは「与野党から財界、マスコミまでオール移民賛成派の中で唯一、移民反対を掲げたのは日本第一党! 妨害勢力しばき隊のような猿群れの連中は『日本の恥』などと騒ぐが、反移民デモに集った方々こそ日本の誇り!」ということに尽きる。

 …確かに、伝統右翼の本筋とも言うべき真打ちや本当の自民党政治を知る人々から見れば、選挙団体どころか保守運動としても「まだまだだ」とか「薄っぺらい」と思われるのかも知れない。

 実際、今日の移民問題に「政党」として言及していくことになれば、国内の雇用法をどうするのかとか、緩和・撤廃し過ぎた規制をどう戻すのかとか、より深いところに斬り込むことが求められるし、日本第一党自体がまだまだ磨かなければならない点はあるのだろう。

 参加者の中には「在日(問題)博士か」と言うくらいに自作の「在日ファイル」を手に、在日朝鮮人問題や南北朝鮮に関する問題を説いて回る人も存在する。南朝鮮(韓国)の財閥・企業グループCEO(経営最高責任者)がチンピラ・ヤクザと変わらない蛮行に及んだ事実を懇々と話された。

 現在の移民受け入れに見られるように、日本の財閥とて戦前・戦後を通じ、経営者層は裏で何をやっているのか分かったものではないロクでもない連中ばかりだと言っても過言ではない。

 南朝鮮の財閥経営者にせよ、それがデマだとすればタダのヘイト(憎悪)になってしまうが、事実である以上はヘイトでも何でもない。事実であれば知っておいても損ではない情報だ。

 デモ終了後の懇親会の席上、主催者・参加者らの歓談を見聞きしていて思う。

 妨害勢力しばき隊はやたら「ヘイト」「ヘイト」などと言うが、本当に憎悪(ヘイト)に満ちている者の集まりなら、懇親会の席上もドンヨリとしたものになっているだろうし、そうなる前に参加者相互が自滅して空中分解、自然消滅している。

 事実のみを追及して道理を突きつけ、終わりに皆が笑い合えるような運動ならそれで良いと思う。大阪弁風に言えば「それで良いやん」。

 何のかんのと言われても運動体は継続しているし、日々前進している。大阪府では一度はデモでの動員数が落ち込んでも移民問題という危機に際して再び志ある人々が再結集する形となった。

 平たく言えば紳士然とした議会や財界の連中がロクデナシの集まりなら、人間そのものがそう立派なものではないし、高尚なものではない。

 運動体そのものにどう問題があろうと、それを言い出せば現在の日本世論の在り方こそがよほど問題だし、よっぽど異常。

 そうした異常社会にあって全国規模で移民反対デモを展開出来たことは、未だ少数派とは言え、画期的な瞬間である。

 いつの日かこの運動体が移民によって職を奪われた人々…移民によって生命・財産を奪われた人々…移民によって苦しめられ、悲しまされた人々の「」と「」「」に寄り添い、共に戦える日が来ることを確信している。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪


1
画像上下:公園での集合風景
8

2
画像上下:当日のデモ集会で現場責任者として挨拶する日本第一党大阪府本部の山根呂浩本部長
7

5
画像上:主催者として挨拶する瀬戸弘幸


6
画像上:力強く反移民行進の意義をアピールする日本第一党大阪府本部の小林宏助青年部長


16
画像上下:休日で賑わう御堂筋を堂々行進の反移民勢力!
11

12
画像上:警戒体制を敷く大阪府警の警官隊


14
画像上:いよいよデモは執着地点へ!


 なお、今回のデモ行進には「関西の雄」として知られる荒巻靖彦氏や川東大了氏、村上利一氏らも参加。そのことによって妨害勢力しばき隊がヒートアップしたが、デモ行進の隊列がより活気づいたものである。

 東京都からは『日侵会(日本侵略を許さない国民の会)』の菊川明美代表も参戦されたものである。


最右翼勢力を支持!
BLOG RANKINGクリックお願いします♪



2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
sotokanda

クソスレnリベルタン(笑!!!!
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12411904317.html


gaitsui



Posted by samuraiari at 05:00│Comments(5)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
NPO外追 抗議・街宣 | 「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動
この記事へのコメント
>妨害勢力しばき隊はやたら「ヘイト」「ヘイト」などと言うが
10年前の国籍法改悪、カルデロン事件においてフィリピン人受け入れを支持した連中こそ、ヘイトと言うに値するのではないでしょうか。
奴らの本音としては、日本が中華。フィリピンは夷狄なのです。
多文化共生と言うのも、所詮は日本の中でしか完結する気がなく、日本にいれて当然と言う環境の中で要求される「別腹」であって、少なからずの外国人にしてみれば日本から追い出されるくらいならば、捨ててかかっているじゃないですか。
Posted by 桜井一也 at 2018年10月15日 08:30
>筆者・有門としてはデモ行進中、『NPO外追(外国人犯罪追放運動)』の旗さえ掲げさせてもらうことが出来れば、それで良かった。

今回も有門さんの勇気ある行動に感謝します。
日本人にとっての移民問題は経済面と犯罪が最重要課題です。

>なお、今回のデモ行進には「関西の雄」として知られる荒巻靖彦氏や川東大了氏、村上利一氏らも参加。
>そのことによって妨害勢力しばき隊がヒートアップしたが、デモ行進の隊列がより活気づいたものである。

ただ、この動画だけを拝見すると、在特会のデモと勘違いされてしまう恐れがあるので、ヒートアップの部分はカットするか、又は音声を消すなどの工夫があれば、もっと印象が良かったのではと思います。

Posted by 在日問題 at 2018年10月15日 13:57
>桜井一也さん
多文化共生の相互主義で、逆に日本人が彼らの国へ行っても日本の文化・習慣は通してくれませんものね。そもそも、来日希望者は多くても、彼らの国へ行く日本人も少ないでしょうけど。
相互往来の面から言ってもフェアではなく、日本側だけが多文化ナンチャラを強要されるようでは不当というものでしょう。

>在日問題さん
激励を有り難う御座いました。
何を言っても在特とレッテル貼りをされますね。酷い報道ですと「在特関係者の主体とする政治団体」などと伝えられていました。
少々ヒートアップしても、そこは第一党こそが未来の政党・議員らの在るべき姿で押し通しましょうか(笑)。
Posted by 有門大輔 at 2018年10月18日 00:43
5
結局のところ、「攘夷」を決行できる体制を創る必要があるわけです。それは「議会制民主主義」ではなく「朝廷」や「幕府」の再興でしかないのです。朝廷を蔑ろにしたという問題はありますが、元寇を退けたのは鎌倉幕府が存在したからです。敵対国家を退けられるのは「幕府=軍事政権」しかありません。オリンピックの予算を核開発と空母建造に回すしかありません。「国際社会」など核を持ってしまえば関係ありません。北朝鮮が生き延びることはもはや確定しましたが、これは軍事政権と核兵器の賜物です。軍事力増強以外日本に生き延びる方法はありません。
Posted by morico13(日本は日本民族のもの) at 2018年10月18日 06:02
>morico13さん
攘夷を実行出来る体制=即ち真に「保守」出来る体制が必要なわけですが、それで安倍自民党政権の応援…などとやっている保守運動の在り方そのものが間違っていますね。
欧州もそうですが、議会政治にあって極右政党の台頭そのものは望ましいものの、それでどうにかなる次元ではありません。
欧州も日本も米国も、同時に議会制民主主義から脱却しないとなりませんね。
Posted by 有門大輔 at 2018年10月18日 10:04

コメントする

名前
 
  絵文字