2018年12月07日

入管法改悪と自国第一主義!

abe
画像:参院法務委での安倍晋三首相(手前)と山下貴司法相


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆右にも左にも存在する売国奴!

今年、下半期の「反移民」ほか闘争の経過を総括!

 外国人労働者の受け入れ拡大などを定めた入管法の改悪が参院法務委を7日にも通過、続く参院本会議での可決・成立が確実な見通しとなった。

 野党側は法務委で横山信一委員長(公明党)の解任決議案を提出したが、衆院法務委・本会議での採決と同様、無駄な時間稼ぎと引き延ばしであり、アリバイ的な抵抗でしかない。

 今回の参院でのやり取りで誰が何したコレしたには然したる興味はない。

 最初から可決・成立ありきの法改悪であり、八百長プロレスのような国会審議での攻防を見聞きしても、結果は見え切っていた。追及する野党の面々が悪過ぎるし、何より、外国人技能実習制度の相次ぐ拡大で、既に受け入れ拡大の土台は出来上がっていたと言えるだろう。

 ちょうど10年前だが、外国人移民受け入れのシンポジウムに参加したことがある。そこに集ったのは左翼など一人とて存在せず、企業経営者や業界団体などの富裕層ばかりで、こういう人たちが自民党政権を支えているのかと思った。

 所謂、広い意味での「保守派層」であるわけだが、世間全般から見れば外国人政策への批判デモ集会で知られる「行動する保守運動」とて至ってマイノリティ。

 外国人労働者の受け入れ拡大は自民党政権こそが推進しているわけで、その自民党政権を支えているのが経営者や業界団体といった所謂「リア充」な富裕層。そこに、いくら反対を唱えたところで個々人の力で「組織」に打ち勝つことはそう容易ではない。

 皮肉なのは丸10年前に移民推進シンポが開かれた頃の自民党は福田(康夫)内閣であり、自民党政権の肝いりで同シンポを主導していたのは「日本型移民の受け入れ」を説く元入管局長の坂中英徳

:当ブログの関連エントリー

2018年11月24日 移民政策より酷い「日本型移民受け入れ」!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52087580.html

 それから10年後の現在が二度目の安倍内閣であるわけだが、その安倍内閣では坂中も批判的な外国人技能実習制度を拡大させる形での外国人労働者の受け入れが審議真っ最中である。

 そもそも同制度の前身たる「外国人技能研修制度」創設の段階から、入管幹部という法務官僚でありながら制度の利権にはありつけなかったであろう坂中が、今回もまた蚊帳の外で干されているような状況は見ていて面白おかしい。

 実習制度の拡大も、移民としての受け入れも、同じ自民党政権でやっていることは似通っていても、似て非なるもので、系統違いで「売国奴たちのシェア(名声や利権)」がまったく異なるというのも興味深いものだ。

 さて、前述のように入管法改悪は自民党政権こそが主導しているので、政府ぐるみでこれを実行されてしまうと大多数の保守派層を敵に回してしまうも同然。まして議会で多数派の自民党がやっているからこそ、阻止するのも至難の業…と言うか不可能に等しい。

 それよりも、内蔵部の工事…というわけではないが、反日国会議員のスポンサー(金主)となり、反原発や沖縄での基地建設妨害など、あらゆる反日運動への資金・人員を供給してきた極左労組『連帯ユニオン関西地区生コン支部(執行委員長武建一)』のような「反日組織」を徹底糾弾し、その親玉である武建一ら幹部の追い落としに奔走した一連の連帯ユニオン討伐行動こそは大変な成果があったと自負するものである。

 この連帯ユニオン討伐行動は、瀬戸弘幸氏(ブログ『日本よ何処へ』主筆、『日本第一党』最高顧問)の主導によって展開されたものだが、今回の入管法改悪をめぐる国会審議では、この連帯ユニオン関生支部をスポンサーとする辻元清美(立憲民主党国対委員長)こそが阻止、反対に狂奔していたのも奇しき因縁と言えよう。

 さながら、「売国奴が売国奴を追及している」のが国会審議の実状だと言える。

 今年1月より始まった近畿地方での連帯ユニオンへの糾弾・討伐行動により、毎月、自民党本部前の永田町交差点で継続してきた「外国人移民・労働者受け入れ反対街宣」は休止せざるを得なかった。

 それでも8月から9月にかけては連続で開催したものだが、国会での入管法改悪の審議に入る直前の10月、筆者・有門大輔が属する『護国志士の会』(高木脩平局長)がそれまで共闘関係にあった保守系団体との決裂が決定的となったため、再び休止状態に陥ったものである。

 それ以降、依然チャイナタウン化が進み、支那人(中国人)不良留学生による凶悪犯罪が相次ぐ池袋駅西口での護国志士の会月例街宣など、同会による単独行動へのテコ入れにシフト・チェンジしたものだ。

 ただし、今年10月14日には日本第一党(桜井誠党首)の主催による「全国一斉・反移民デー」にて、大阪での反移民デモ行進で、瀬戸氏ともども主催者・現場責任者を代行する形でお手伝いをさせて頂いたことの意義は大きい。

★NPO外追・護国志士の会 公式サイト(広報より)

2018年10月14日 【大阪】反移民デー全国一斉行動・大阪デモ行進(参加報告)
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1899744.html

2018年12月02日 【神奈川】川崎・時局講演会
http://blog.livedoor.jp/gaitsui2/archives/1900977.html

 そして12月2日、川崎市での講演会からの帰り際、同じく参加者の保守団体の代表より、休止状態となった永田町・自民党前での移民反対街宣について訊かれ、「来年以降、新たな陣容を組み直して再開させること」で合意した。

 来年になってしまうと、入管法改悪は成立した後となってしまうが、当該の保守団体代表との話し合いでも留意しなければならないと思ったことは、入管法の改悪は何も今回に限ったことではないということ。

 しかも外国人移民・労働者に関わる問題とは今日明日で解決することではない。先進各国をはじめ、殆どの国が内在する問題が移民・異民族問題であり、この21世紀中にかけても解決の兆しさえ見えるかどうか分からない問題である。

 日本は既に事実上の移民社会となってしまっているが、たとえ名実ともに移民社会になってしまったとしても、反移民のスタンスに変わりはない。

 入管法はより悪い形で改悪されることも覚悟しなければならない。

 ただ、私たちは一度のみならず、二度三度の入管法改悪で壊れるほど、ヤワな日本人であってはいけない。

 前述のように移民問題は殆どの世界各国に共通する問題であり、欧米に至ってはメキシコと国境を接するトランプ米政権が軍隊の急派によって国境線を死守する事態となっているし、それより前には欧州では軍隊を国境線に張り付かせて不法入国者の阻止に奔走する状態が当然のこととなって久しい。

 未だ極右政権の樹立がならず、EU(欧州連合)の枠組にしがみついた為政者たちが統治する欧州にあっては、いつ軍の蜂起によるクーデター騒ぎが起きてもおかしくはない。

 日本でも、いざなれば、それを煽動すれば良い。と言うよりも、どこかの国で反移民の軍事クーデターが起きればそれがどういう形で極東アジアの日本にも波及するとも分からない。さらに言うならば最終的には、それ以外に方法はないのかも知れない。

ari
画像:筆者・有門大輔のツイートより


 我が護国志士の会にあっては「完全合法」の「非暴力」が会員として、運動体としての総意だが、喫緊に超法規的措置でやらなければならないことはやったほうが良い。

 所謂、実力行使は刑法と、刑法による法治主義によって成り立つ政府がダメだと言っているだけで、現行憲法で禁じられた(内閣府の見解としてダメと言っているだけの)交戦権がその実、「日本という国そのもの」には存在するのと同様、超法規的措置で出来ることならやらなければならない。

 その時に、かの昭和維新で旧軍部の青年将校らが決起した2・26事件のように、悪い者(売国奴)を排除さえすれば、必ず新しい者が台頭するという発想も良いが、何を主眼として、どういう形で何を目的とするか?

 その明確なビジョンは必要である。それがなかったがゆえに2・26の青年将校らは詰めの甘さで、結果的に失敗したと言える。

 しかも、当時の日本は統治という形で朝鮮半島をも抱えていたがゆえ、明治維新のような昭和時代の維新(維新の再来)はならなかった。

 やはり、現在の国際社会がそうであるように自国が第一、自国民(の雇用と生活)が第一の「自国第一主義」以外にない


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


arita
画像上:どういう経緯で死亡かも判然としないまま、立憲民主党の有田芳生が外国人実習生の死亡事例を持ち出した!
画像下:筆者・有門のツイートより
有田のように国に仇為す売国奴の追い落とし(落選)にとどまらず、その先にある悪しき朝鮮(異民族)勢力の一掃、関係の断ち
切りという明確なビジョンがなければならない!
辻元清美と同様、朝鮮半島とも浅からぬ関係にある極左労組・連帯ユニオンへの摘発が進む中、その実現はそう遠くない?
ari2

以下、直近の外国人犯罪ニュースより

1
画像上:東京都内でイラン人による麻薬密売の摘発!
イラン人犯罪はかつての偽造テレカ密売から麻薬密売が主流になって久しい!
偽造テレカは携帯電話の普及で需要がなくなったが、麻薬汚染が拡大する日本にあって麻薬の所持のみで厳罰適用がイラン人犯
罪を減少させる唯一絶対の方法だ!
画像下:ネパールからの帰化人がネパール人に(ネパールでの)偽造免許証を売りつけ、日本での運転免許証を不正に取得
させていたとして逮捕された!
こうした犯行が外国人による日本での危険運転と大惨事を招く!
2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


62d14f5d
画像:青林堂より、12月8日発売予定のジャパニズム

ジャパニズム46 amazon.com


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ

1fc8e0a4-s

”チョン楠オオタマネギイシん亡霊スレ!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12423951884.html
”チョン楠カルイシんクソスレ国営化(哂!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12424000914.html
”チョn楠カルイシn疑惑=デマ(嗤!!!!”
https://ameblo.jp/sotokanda-rensei/entry-12424085288.html



gaitsui



Posted by samuraiari at 06:00│Comments(5)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
「移民・労働者」「留学・技能実習生」「観光客」受入反対運動 
この記事へのコメント
5
>所謂、実力行使は刑法と、刑法による法治主義によって成り立つ政府がダメだと言っているだけで、現行憲法で禁じられた(内閣府の見解としてダメと言っているだけの)交戦権がその実、「日本という国そのもの」には存在するのと同様、超法規的措置で出来ることならやらなければならない。

移民受け入れは国家の存亡の危機である以上、法治主義など意味がありません。一定の地位を獲得した移民が日本の法など尊重するわけがありません。人権を盾に外国人街を形成して日本人を排除していくに決まっています。移民に加担する売国議員や売国弁護士は山ほどいるので、法治主義云々では手が付けられないでしょう。そうなれば差し違える覚悟で愛国者が移民とその加担者たちを殺すしかありません。数年後にはその状況になっているでしょう。覚悟を決めてこれから生きていかないといけませんね。
Posted by morico13(morico1119と同一人物) at 2018年12月07日 19:01
いつもお世話になっております。本当に日本の崩壊が奸賊売国政治家どものせいで近づいております。この頃、銀行のATMに行っても隣は外人です!中韓のみか、わけのわかんない外来種です!電車にのっても同じ車両どころか隣に外人、これも中韓のみならず、わけのわかんない外来種が隣に座ります。変な病気を移されそうで本当に気持ち悪い!完全に人種のるつぼです。

恐らく、もう五年もしないうちに昼間も一人で歩けなくなり強盗殺人事件が起きまくるのでしょうね。それなのに売国政府は何もしてくれないどころか更なる増税、社保料や水道代の値上げで日本国民を苦しめる!上がるのは税金と物価だけで日々の生活が苦しくなる一方です。

日頃、温厚な有門先生も、ついに仰せのように最後は軍事クーデターしか無いでしょうね。今度の参議院選挙で自民党には投票しないと言う人が多いですが、入ってきてしまった外来種、侵略者を駆除するには軍事クーデターしかありません!
Posted by 害人大嫌い at 2018年12月07日 23:35
>morico13さん
>害人大嫌いさん

ご意見を有り難う御座いました。
軍事クーデターと矛盾するような話ですが、この議会制民主主義の社会にあって、やはり投票率というのは重要なのでしょうね。かく言う私も投票自体を放棄したことがありますが、選挙の度に投票率が30何%だとか…。投票に行かないということは選挙を通じた政治そのものに関心がない…誰かにお任せしますという意思表示をしたも同然です。
そうではなくて、与党にも野党にも、保守にも革新にも誰にも入れたくないなら「白紙投票」で投票すべきなんですよね。よく入れたい候補者がいない…といった意見を聞きますが、ならば白紙投票しかありません。黙って白紙投票で投票所に行けと。投票率が70%80%なのに、実際に候補者に入っていないとなれば…選挙にも候補者にも既存政党にも興味はないが、「政治」そのものへの関心を失ったわけではないという意思表示に他なりません。
選挙制度も候補者も既存政党も関心がない「大多数」は、それ以外の政治手段を渇望している…ということになるでしょう。
Posted by 有門大輔 at 2018年12月07日 23:45
5
ホリエモンは「移民街が出来たら近づかなきゃいいだけじゃん。俺たちに直接的に迷惑かけるわけじゃないからどうでもいいよ。」と言っています。残念ながら、このような意識が日本人の多数派であることは間違いありません。移民が選挙権を得て市町村議会→都道府県議会→国会へと進出してきたらもう手遅れなのです。狭い地域に密集して住んでいる移民の組織票は圧倒的になります。国会はともかく、移民が多く住むであろう東京・大阪・愛知・埼玉・神奈川あたりの都道府県議会を押さえられたら日本は終わりです。余裕かましているホリエモンなどの富裕層も晴れて財産没収の上、この世を去ることになります。
Posted by morico13 at 2018年12月08日 00:19
安倍、麻生も人相が悪いが、山下って本当に目つきがするどくって悪い顔してんなと思ったら、このブログの山下の恐ろしい顔と言ったら…。

まさに己の私利私欲のためなら国民の命など平気で殺せる悪党ですな!

日本史上、最悪の害人日本侵略法と言える売国法をゴリ押し独裁で成立させて日本国民が害人の犯罪で殺されようが知ったことないよね!自分たちはSPに守られて犯罪とは全く無縁だもんね。

鳩山が日本は日本人の物ではないと言って批判を浴びたけど政府自民党はそれを完全化したね。最悪の政党、自民党、公明党!こいつらに憎しみと怒りでいっぱいだ!

こいつらのせいで、間もなく、完全に日本は日本人だけのものでは無くなる!最近、色の黒い、多分ネパールあたりだと思うが、乳母車を押しているのを見ると、こいつらのせいで社保も含めて税金が糞高くなっているのかと思うと憎悪で侵略者どもを殺したくなる自分がいます
Posted by 害人大嫌い at 2018年12月08日 22:22

コメントする

名前
 
  絵文字